田中 信治Shinji Tanaka

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
病院内視鏡診療科 内視鏡診療科 教授
ホームページ
自己紹介
消化器内視鏡医学

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 消化器内科学

研究キーワード

  • 病態
  • 大腸癌
  • 悪性度
  • 内視鏡
  • 炎症性腸疾患
  • 消化管腫瘍
  • 消化器病

所属学会

  • 日本消化器内視鏡学会, 2001年
  • 日本消化器病学会, 2001年
  • 日本消化管学会, 2001年
  • 日本胃癌学会, 2001年
  • 日本大腸肛門病学会, 2001年
  • 日本消化器がん検診学会, 2001年
  • 日本内科学会, 2001年
  • 日本大腸検査学会, 2001年
  • 日本カプセル内視鏡学会, 2009年
  • アメリカ消化器内視鏡学会, 2001年
  • アジア炎症性腸疾患研究会, 2009年
  • 国際臨床病理学会, 2009年

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  2. 2017年, 学部専門, 集中, 臨床実習・臨床実践学
  3. 2017年, 学部専門, 集中, アドバンスト医学実習
  4. 2017年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  5. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 内視鏡医学特別演習
  6. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 内視鏡医学特別演習
  7. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 内視鏡医学特別実験
  8. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 内視鏡医学特別実験

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Endoscopic Submucosal Dissection as Total Excisional Biopsy for Clinical T1 Colorectal Carcinoma, DIGESTION, 91巻, 1号, pp.64-pp.69, 20150101
  2. Major predictors of portal hypertensive enteropathy in patients with liver cirrhosis, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 30巻, 1号, pp.124-pp.130, 20150101
  3. Rebamipide Improves Chronic Inflammation in the Lesser Curvature of the Corpus after Helicobacter pylori Eradication: A Multicenter Study, BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL, 20150101
  4. Successful Use of Adalimumab for Treating Pyoderma Gangrenosum with Ulcerative Colitis under Corticosteroid-tapering Conditions, INTERNAL MEDICINE, 54巻, 17号, pp.2167-pp.2172, 20150101
  5. Towards safer and appropriate application of endoscopic submucosal dissection for T1 colorectal carcinoma as total excisional biopsy: Future perspectives, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 27巻, 2号, pp.216-pp.222, 20150101
  6. A Computer System To Be Used With Laser-based Endoscopy for Quantitative Diagnosis of Early Gastric Cancer, JOURNAL OF CLINICAL GASTROENTEROLOGY, 49巻, 2号, pp.108-pp.115, 20150201
  7. mTOR and PDGF Pathway Blockade Inhibits Liver Metastasis of Colorectal Cancer by Modulating the Tumor Microenvironment, AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY, 185巻, 2号, pp.399-pp.408, 20150201
  8. Double-balloon endoscopy is safe and effective for the diagnosis and treatment of small-bowel disorders: Prospective multicenter study carried out by expert and non-expert endoscopists in Japan, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 27巻, 3号, pp.331-pp.337, 20150301
  9. Impact of revisions of the JSCCR guidelines on the treatment of T1 colorectal carcinomas in Japan, ZEITSCHRIFT FUR GASTROENTEROLOGIE, 53巻, 4号, pp.291-pp.301, 20150401
  10. Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum (JSCCR) Guidelines 2014 for treatment of colorectal cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 20巻, 2号, pp.207-pp.239, 20150401
  11. Rate of Unintended Helicobacter pylori Eradication in the Vietnamese, HELICOBACTER, 20巻, 2号, pp.156-pp.157, 20150401
  12. Risk factors and management of positive horizontal margin in early gastric cancer resected by en bloc endoscopic submucosal dissection, GASTRIC CANCER, 18巻, 2号, pp.332-pp.338, 20150401
  13. Feasibility of a novel colonoscope with extra-wide angle of view: a clinical study, ENDOSCOPY, 47巻, 5号, pp.444-pp.448, 20150501
  14. JGES guidelines for colorectal endoscopic submucosal dissection/endoscopic mucosal resection, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 27巻, 4号, pp.417-pp.434, 20150501
  15. Local Recurrence After Endoscopic Resection for Large Colorectal Neoplasia: A Multicenter Prospective Study in Japan, AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 110巻, 5号, pp.697-pp.707, 20150501
  16. Predictive factors for complications in endoscopic resection of large colorectal lesions: a multicenter prospective study, SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 29巻, 5号, pp.1216-pp.1222, 20150501
  17. Time Trends in Helicobacter pylori Infection and Atrophic Gastritis Over 40Years in Japan, HELICOBACTER, 20巻, 3号, pp.192-pp.198, 20150601
  18. Next-generation narrow band imaging system for colonic polyp detection: a prospective multicenter randomized trial, INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE, 30巻, 7号, pp.947-pp.954, 20150701
  19. Interobserver and intraobserver agreement for gastric mucosa atrophy, BMC GASTROENTEROLOGY, 15巻, 20150804
  20. Major predictors and management of small-bowel angioectasia, BMC GASTROENTEROLOGY, 15巻, 20150825
  21. Pulverized konjac glucomannan ameliorates oxazolone-induced colitis in mice, EUROPEAN JOURNAL OF NUTRITION, 54巻, 6号, pp.959-pp.969, 20150901
  22. Evaluation of dual-wavelength excitation autofluorescence imaging of colorectal tumours with a high-sensitivity CMOS imager: a cross-sectional study, BMC GASTROENTEROLOGY, 15巻, 20150902
  23. Diagnosis of Helicobacter pylori-induced gastritis by serum pepsinogen levels, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 30巻, 10号, pp.1473-pp.1477, 20151001
  24. Evaluation of the clinical efficacy of colon capsule endoscopy in the detection of lesions of the colon: prospective, multicenter, open study, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 82巻, 5号, pp.861-pp.869, 20151101
  25. Two Cases of Severe Ulcerative Colitis with Colonic Dilatation Resolved with Tacrolimus Therapy, Case Rep Gastroenterol, 9巻, pp.272-pp.277, 20150901
  26. Evaluation of dual-wavelength excitation autofluorescence imaging of colorectal tumours with a high-sensitivity CMOS imager: a cross-sectional study, BMC Gastroenterol, 15巻, pp.110, 20150902
  27. Early squamous cell carcinoma of the anal canal resected by endoscopic submucosal dissection, Case Rep Gastroenterol, 30巻, 9号, pp.120-pp.125, 20150901
  28. Next-generation narrow band imaging system for colonic polyp detection: a prospective multicenter randomized trial, Int J Colorectal Dis, 30巻, pp.947-pp.954, 20151001
  29. ★, Evidence-based clinical practice guidelines for management of colorectal polyps, J Gastroenterol, 50巻, pp.252-pp.260, 20150801
  30. (2)分割 EMR,ESD の治療成績, 臨牀消化器内科, 30巻, 9号, pp.1209-pp.1218, 20150901
  31. 早期大腸癌の術前内視鏡診断の限界と近未来, 医学のあゆみ, 大畑秀穂編,医歯薬出版株式会社,東京,2015 253, 10, 987-992, 2015., 253巻, 10号, pp.987-pp.992, 20151001
  32. 大腸ESDの適応, 大腸がんperspective, 2巻, 1号, pp.20-pp.26, 20150401
  33. 大腸鋸歯状病変の内視鏡診断, 胃と腸, 50巻, 13号, pp.1657-pp.1666, 20151001
  34. 大腸腫瘍の内視鏡的アプローチ:どこまで診断でき,どれだけの治療ができるか, 内科, 116巻, 6号, pp.1134-pp.1138, 20150601
  35. 鎮静に関連する訴訟の現状とガイドラインの運用について, 臨牀消化器内科, 30巻, 5号, pp.595-pp.599, 20150501
  36. 潰瘍性大腸炎の寛解維持療法と長期マネジメント, 内科, 116巻, 4号, pp.585-pp.589, 20150401
  37. 日本消化器内視鏡学会編「大腸ESD/EMRガイドライン」作成の目的と概要, INTESTINE, 19巻, 5号, pp.427-pp.430, 20150501
  38. 内視鏡治療 ポリペクトミー,EMR,ESD, 大腸腺腫・大腸がん,千海俊幸編,最新医学社,大阪, 20151228
  39. 局在別にみた咽頭腫瘍に対するESD治療成績, 消化管の臨床, 21巻, pp.7-pp.14, 20151201
  40. Characteristics of Metachronous Gastric Tumors after Endoscopic Submucosal Dissection for Gastric Intraepithelial Neoplasms, GASTROENTEROLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 20140101
  41. Comparison of Small-Bowel Mucosal Injury between Low-Dose Aspirin and Non-Aspirin Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs: A Capsule Endoscopy Study, DIGESTION, 89巻, 3号, pp.225-pp.231, 20140101
  42. Advanced Method for Evaluation of Gastric Cancer Risk By Serum Markers: Determination of True Low-Risk Subjects for Gastric Neoplasm, HELICOBACTER, 19巻, 1号, pp.1-pp.8, 20140201
  43. C-reactive protein is an indicator of serum infliximab level in predicting loss of response in patients with Crohn's disease, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 49巻, 2号, pp.254-pp.262, 20140201
  44. Clinical validity of the expanded criteria for endoscopic resection of undifferentiated-type early gastric cancer based on long-term outcomes, SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 28巻, 2号, pp.639-pp.647, 20140201
  45. Is It Possible to Discriminate Between Neoplastic and Nonneoplastic Lesions in Ulcerative Colitis by Magnifying Colonoscopy?, INFLAMMATORY BOWEL DISEASES, 20巻, 3号, pp.508-pp.513, 20140301
  46. Is small-bowel capsule endoscopy effective for diagnosis of esophagogastric lesions related to portal hypertension?, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 29巻, 3号, pp.511-pp.516, 20140301
  47. Predictors of incomplete resection and perforation associated with endoscopic submucosal dissection for colorectal tumors, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 79巻, 3号, pp.427-pp.435, 20140301
  48. Condition of muscularis mucosae is a risk factor for lymph node metastasis in T1 colorectal carcinoma, SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 28巻, 4号, pp.1269-pp.1276, 20140401
  49. Endoscopic features and management of diminutive colorectal submucosal invasive carcinoma, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 26巻, pp.78-pp.83, 20140401
  50. Continued use of low-dose aspirin does not increase the risk of bleeding during or after endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer, GASTRIC CANCER, 17巻, 3号, pp.489-pp.496, 20140701
  51. Risk factors for delayed bleeding after endoscopic submucosal dissection for colorectal neoplasms, INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE, 29巻, 7号, pp.877-pp.882, 20140701
  52. Characteristic Epithelium with Low-Grade Atypia Appears on the Surface of Gastric Cancer after Successful Helicobacter pylori Eradication Therapy, HELICOBACTER, 19巻, 4号, pp.289-pp.295, 20140801
  53. Clinical outcomes of endoscopic submucosal dissection for superficial Barrett's adenocarcinoma, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 80巻, 2号, pp.239-pp.245, 20140801
  54. Combining molecular targeted drugs to inhibit both cancer cells and activated stromal cells in colon cancer, CANCER RESEARCH, 74巻, 19号, 20141001
  55. Factors associated with technical difficulties and adverse events of colorectal endoscopic submucosal dissection: retrospective exploratory factor analysis of a multicenter prospective cohort, INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE, 29巻, 10号, pp.1275-pp.1284, 20141001
  56. Interaction between bone marrow-derived mesenchymal stem cells and tumor cells induces expression of fibronectin in human colon cancer cells, CANCER RESEARCH, 74巻, 19号, 20141001
  57. Clinical outcome of endoscopic submucosal dissection for entire circumferential superficial esophageal squamous cell carcinoma, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 29巻, pp.99-pp.99, 20141101
  58. The preventive effects of low-dose enteric-coated aspirin tablets on the development of colorectal tumours in Asian patients: a randomised trial, GUT, 63巻, 11号, pp.1755-pp.1759, 20141101
  59. Usefulness of transabdominal ultrasonography for improved safety of capsule endoscopy in patients with crohn's disease, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 29巻, pp.89-pp.89, 20141101
  60. Differences in K-ras and mitochondrial DNA mutations and microsatellite instability between colorectal cancers of Vietnamese and Japanese patients, BMC GASTROENTEROLOGY, 14巻, 20141130
  61. 大腸病変に対するendocytoscopyの使用経験, 広島医学, 67巻, 1号, pp.18-pp.22, 20140101
  62. Computer-aided colorectal tumor classification in NBI endoscopy using local features, MEDICAL IMAGE ANALYSIS, 17巻, 1号, pp.78-pp.100, 20130101
  63. Digestive Disease Management in Japan: A Report on The 6th Diagnostic Pathology Summer Fest in 2012, DIGESTION, 88巻, 3号, pp.153-pp.160, 20130101
  64. Is Occult Obscure Gastrointestinal Bleeding a Definite Indication for Capsule Endoscopy? A Retrospective Analysis of Diagnostic Yield in Patients with Occult versus Overt Bleeding, GASTROENTEROLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 20130101
  65. Relationship between Narrow-Band Imaging Magnifying Observation and Pit Pattern Diagnosis in Colorectal Tumors, DIGESTION, 87巻, 1号, pp.53-pp.58, 20130101
  66. Endoscopic submucosal dissection for residual early gastric cancer after endoscopic submucosal dissection, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 77巻, 2号, pp.298-pp.302, 20130201
  67. Stroma-directed imatinib therapy impairs the tumor-promoting effect of bone marrow-derived mesenchymal stem cells in an orthotopic transplantation model of colon cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 132巻, 4号, pp.813-pp.823, 20130215
  68. A novel extra-wide-angle-view colonoscope: a simulated pilot study using anatomic colorectal models, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 77巻, 3号, pp.480-pp.483, 20130301
  69. High Expression of Gastrin Receptor Protein in Injured Mucosa of Helicobacter pylori-Positive Gastritis, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 58巻, 3号, pp.634-pp.640, 20130301
  70. Warning for unprincipled colorectal endoscopic submucosal dissection: Accurate diagnosis and reasonable treatment strategy, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 25巻, 2号, pp.107-pp.116, 20130301
  71. Usefulness of positron emission tomography in primary intestinal follicular lymphoma, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 19巻, 12号, pp.1992-pp.1996, 20130328
  72. Characteristic magnifying narrow-band imaging features of colorectal tumors in each growth type, INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE, 28巻, 4号, pp.459-pp.468, 20130401
  73. Multicenter prospective study for clinical and endoscopic efficacies of leukocytapheresis therapy in patients with ulcerative colitis, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 48巻, 4号, pp.412-pp.418, 20130401
  74. Quantitative identification of mucosal gastric cancer under magnifying endoscopy with flexible spectral imaging color enhancement, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 28巻, 5号, pp.841-pp.847, 20130501
  75. Risk analysis of submucosal invasive rectal carcinomas for lymph node metastasis to expand indication criteria for endoscopic resection, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 25巻, pp.21-pp.25, 20130501
  76. Small Bowel Abnormalities in Patients with Compensated Liver Cirrhosis, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 58巻, 5号, pp.1390-pp.1396, 20130501
  77. ★, The detection of nonpolypoid (flat and depressed) colorectal neoplasms in patients with inflammatory bowel disease, Gastroenterology, 144巻, 7号, pp.1349-pp.1352, 20130601
  78. Feasibility of spiral enteroscopy in Japanese patients: Study in two tertiary hospitals, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 25巻, 4号, pp.406-pp.411, 20130701
  79. Outcome of endoscopic submucosal dissection for gastric neoplasm in relationship to endoscopic classification of submucosal fibrosis, GASTRIC CANCER, 16巻, 3号, pp.404-pp.410, 20130701
  80. Effectiveness of polaprezinc for low-dose aspirin-induced small-bowel mucosal injuries as evaluated by capsule endoscopy: a pilot randomized controlled study, BMC GASTROENTEROLOGY, 13巻, 20130704
  81. Clinical usefulness of classification by transabdominal ultrasonography for detection of small-bowel stricture, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 48巻, 9号, pp.1041-pp.1047, 20130901
  82. Current status of endoscopic resection strategy for large, early colorectal neoplasia in Japan, SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 27巻, 9号, pp.3262-pp.3270, 20130901
  83. Differentiation between sessile serrated adenoma/polyp and non-sessile serrated adenoma/polyp in large hyper plastic polyp:A Jananese collaborative study, Molecular snd Clinical Oncology, 1巻, 1号, pp.53-pp.58, 20130901
  84. Risk factors for vertical incomplete resection in endoscopic submucosal dissection as total excisional biopsy for submucosal invasive colorectal carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE, 28巻, 9号, pp.1247-pp.1256, 20130901
  85. Clinical outcomes of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer in patients with chronic kidney disease, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 28巻, 10号, pp.1632-pp.1637, 20131001
  86. Endoscopic prediction of deep submucosal invasive carcinoma: validation of the Narrow-Band Imaging International Colorectal Endoscopic (NICE) classification, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 78巻, 4号, pp.625-pp.632, 20131001
  87. Clinicopathologic features of hyperplastic/serrated polyposis syndrome in Japan, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 28巻, 11号, pp.1693-pp.1698, 20131101
  88. Combining Molecular Targeted Drugs to Inhibit Both Cancer Cells and Activated Stromal Cells in Gastric Cancer, NEOPLASIA, 15巻, 12号, pp.1391-pp.1399, 20131201
  89. Change in malpractice claims in Japanese gastroenterological practice, Am J Gastroenterol, 107巻, 1号, pp.143-pp.144, 20120101
  90. Clinical validity of endoscopic submucosal dissection for submucosal invasive gastric cancer: a single-center study, GASTRIC CANCER, 15巻, 1号, pp.97-pp.105, 20120101
  91. Computer-aided system for predicting the histology of colorectal tumors by using narrow-band imaging magnifying colonoscopy, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 75巻, 1号, pp.179-pp.185, 20120101
  92. Evaluation of Individual Risk in Nonvariceal Gastrointestinal Bleeding Patients with NSAID Administration: A Multicenter Study in Japan, DIGESTION, 86巻, 3号, pp.187-pp.193, 20120101
  93. Gastric Cancer Development after Helicobacter pylori Eradication Therapy: A New Form of Gastric Neoplasia, DIGESTION, 85巻, 1号, pp.61-pp.67, 20120101
  94. Identification of novel HCV deletion mutants in chronic hepatitis C patients, ANTIVIRAL THERAPY, 17巻, 8号, pp.1551-pp.1561, 20120101
  95. Role of Natural Killer T Cells in the Mouse Colitis-Associated Colon Cancer Model, SCANDINAVIAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 75巻, 1号, pp.16-pp.26, 20120101
  96. Compliance with standard precautions among gastrointestinal endoscopists and andendoscopy nurses in Japan, Am J Infect Control, 40巻, 1号, pp.80, 20120201
  97. Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum (JSCCR) guidelines 2010 for the treatment of colorectal cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 17巻, 1号, pp.1-pp.29, 20120201
  98. Regression of rectal MALT lymphoma after antibiotic treatment in a patient negative for Helicobacter pylori, Clin J Gastroenterol, 5巻, 1号, pp.59-pp.63, 20120201
  99. Removal of a sewing needle penetrating the wall of the third portion of the duodenum by double- balloon endoscopy, Clin J Gastroenterol, 5巻, 1号, pp.79-pp.81, 20120201
  100. Surface plasmon resonance-biosensor detects the diversity of responses against epidermal growth factor in various carcinoma cell lines, BIOSENSORS & BIOELECTRONICS, 32巻, 1号, pp.202-pp.207, 20120215
  101. Outcome of patients who have undergone total enteroscopy for obscure gastrointestinal bleeding, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 18巻, 7号, pp.666-pp.672, 20120221
  102. Serum screening for detection of high-risk group for early-stage diffuse type gastric cancer in Japanese, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 27巻, 3号, pp.598-pp.602, 20120301
  103. Clinical outcomes of endoscopic submucosal dissection and endoscopic mucosal resection for laterally spreading tumors larger than 20 mm, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 27巻, 4号, pp.734-pp.740, 20120401
  104. Microvascular structure and perfusion imaging of colon cancer by means of contrast-enhanced ultrasonography, ABDOMINAL IMAGING, 37巻, 2号, pp.297-pp.303, 20120401
  105. CURRENT STATUS AND FUTURE PERSPECTIVES OF ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION FOR COLORECTAL TUMORS, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 24巻, pp.73-pp.79, 20120501
  106. USEFULNESS AND SAFETY OF SB KNIFE JR IN ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION FOR COLORECTAL TUMORS, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 24巻, pp.90-pp.95, 20120501
  107. New reduced volume preparation regimen in colon capsule endoscopy, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 18巻, 17号, pp.2092-pp.2098, 20120507
  108. Diagnostic Yield of Capsule Endoscopy vs. Double-Balloon Endoscopy for Patients who have Undergone Total Enteroscopy with Obscure Gastrointestinal Bleeding, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 59巻, 116号, pp.955-pp.959, 20120601
  109. Management of T1 colorectal carcinoma with special reference to criteria for curative endoscopic resection, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 27巻, 6号, pp.1057-pp.1062, 20120601
  110. Efficacy of adding sodium alginate to omeprazole in patients with nonerosive reflux disease: a randomized clinical trial, DISEASES OF THE ESOPHAGUS, 25巻, 5号, pp.373-pp.380, 20120701
  111. IL28B polymorphism is associated with fatty change in the liver of chronic hepatitis C patients, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 47巻, 7号, pp.834-pp.844, 20120701
  112. Clinical outcomes of endoscopic submucosal dissection for rectal tumor close to the dentate line, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 76巻, 2号, pp.444-pp.450, 20120801
  113. Retrieval of serum infliximab level by shortening the maintenance infusion interval is correlated with clinical efficacy in Crohn's disease, INFLAMMATORY BOWEL DISEASES, 18巻, 8号, pp.1480-pp.1487, 20120801
  114. Validation of a Simple Classification System for Endoscopic Diagnosis of Small Colorectal Polyps Using Narrow-Band Imaging, GASTROENTEROLOGY, 143巻, 3号, pp.599-pp.U79, 20120901
  115. Laterally spreading tumors in the colon and rectum, EUROPEAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY, 24巻, 10号, pp.1123-pp.1134, 20121001
  116. The impact of narrow band imaging for colon polyp detection: a multicenter randomized controlled trial by tandem colonoscopy, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 47巻, 10号, pp.1099-pp.1107, 20121001
  117. Bile Acid Promotes Intestinal Metaplasia and Gastric Carcinogenesis, CANCER EPIDEMIOLOGY BIOMARKERS & PREVENTION, 21巻, 11号, pp.2101-pp.2107, 20121101
  118. Clinicopathological features of minute pharyngeal lesions diagnosed by narrow-band imaging endoscopy and biopsy, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 18巻, 44号, pp.6468-pp.6474, 20121128
  119. Clinical features of pharyngeal intraepithelial neoplasias and outcomes of treatment by endoscopic submucosal dissection, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 76巻, 6号, pp.1095-pp.1103, 20121201
  120. PARP6, a mono(ADP-ribosyl) transferase and a negative regulator of cell proliferation, is involved in colorectal cancer development, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 41巻, 6号, pp.2079-pp.2086, 20121201
  121. Clinical features of gastrointestinal follicular lymphoma: comparison with nodal lymphoma and gastrointestinal MALT lymphoma, Digestion, 83巻, 3号, pp.191-pp.197, 20110101
  122. Current Status of Narrow-Band Imaging Magnifying Colonoscopy for Colorectal Neoplasia in Japan, DIGESTION, 83巻, 3号, pp.167-pp.172, 20110101
  123. Target biopsy or step biopsy? Optimal surveillance for ulcerative colitis: a Japanese nationwide randomized controlled trial, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 46巻, pp.11-pp.16, 20110101
  124. Advantages of endoscopic submucosal dissection versus endoscopic oblique aspiration mucosectomy for superficial esophageal tumors, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 26巻, 2号, pp.275-pp.280, 20110201
  125. Genetic pathways of multiple esophageal squamous cell carcinomas, ONCOLOGY REPORTS, 25巻, 2号, pp.453-pp.459, 20110201
  126. Improved visibility of lesions of the small intestine via capsule endoscopy with computed virtual chromoendoscopy, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 73巻, 2号, pp.299-pp.306, 20110201
  127. Impaired gastric response to modified sham feeding in patients with postprandial distress syndrome, NEUROGASTROENTEROLOGY AND MOTILITY, 23巻, 3号, 20110301
  128. Plaunotol Induces a Comparative Increase of Acidic Mucin Fraction in Gastric Juice, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 58巻, 106号, pp.663-pp.668, 20110301
  129. Prevalence and impact of musculoskeletal pain in Japanese gastrointestinal endoscopists: A controlled study, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 17巻, 11号, pp.1488-pp.1493, 20110321
  130. MID-TERM PROGNOSIS AFTER ENDOSCOPIC RESECTION FOR SUBMUCOSAL COLORECTAL CARCINOMA: SUMMARY OF A MULTICENTER QUESTIONNAIRE SURVEY CONDUCTED BY THE COLORECTAL ENDOSCOPIC RESECTION STANDARDIZATION IMPLEMENTATION WORKING GROUP IN JAPANESE SOCIETY FOR CANCER OF THE COLON AND RECTUM, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 23巻, 2号, pp.190-pp.194, 20110401
  131. AIM TO UNIFY THE NARROW BAND IMAGING (NBI) MAGNIFYING CLASSIFICATION FOR COLORECTAL TUMORS: CURRENT STATUS IN JAPAN FROM A SUMMARY OF THE CONSENSUS SYMPOSIUM IN THE 79TH ANNUAL MEETING OF THE JAPAN GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY SOCIETY, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 23巻, pp.131-pp.139, 20110501
  132. Anti-stromal therapy with imatinib inhibits growth and metastasis of gastric carcinoma in an orthotopic nude mouse model, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 128巻, 9号, pp.2050-pp.2062, 20110501
  133. CLINICAL USEFULNESS OF NARROW BAND IMAGING MAGNIFYING CLASSIFICATION FOR COLORECTAL TUMORS BASED ON BOTH SURFACE PATTERN AND MICROVESSEL FEATURES, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 23巻, pp.101-pp.105, 20110501
  134. Elimination of hepatitis C virus by short term NS3-4A and NS5B inhibitor combination therapy in human hepatocyte chimeric mice, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 54巻, 5号, pp.872-pp.878, 20110501
  135. PROCEEDINGS OF A PRELIMINARY WORKSHOP AT GASTRO 2009-NARROW BANDING IMAGING IN DIGESTIVE ENDOSCOPY: CLINICAL OUTCOME OF CLASSIFICATION (OMED-JGES EDUCATIONAL MEETING HELD ON 22 NOVEMBER, 2009), DIGESTIVE ENDOSCOPY, 23巻, 3号, pp.251-pp.266, 20110701
  136. Primary gastrointestinal follicular lymphoma involving the duodenal second portion is a distinct entity: a multicenter, retrospective analysis in Japan, Cancer Sci, 102巻, 8号, pp.1532-pp.1536, 20110801
  137. Helicobacter pylori cagA polymorphism and gastric inflammation: An international comparison between Japanese and Brazilian patients, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 46巻, 9号, pp.1051-pp.1056, 20110901
  138. Improved detectability of small-bowel lesions via capsule endoscopy with computed virtual chromoendoscopy: A pilot study, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 46巻, 9号, pp.1133-pp.1137, 20110901
  139. Intestinal tuberculosis with hoarseness as a chief complaint due to mediastinal lymphadenitis, Case Rep Gastroenterol, 5巻, 3号, pp.540-pp.545, 20110901
  140. Rapid Emergence of Telaprevir Resistant Hepatitis C Virus Strain from Wildtype Clone In Vivo, HEPATOLOGY, 54巻, 3号, pp.781-pp.788, 20110901
  141. Frequent somatic mutations of mitochondrial DNA in traditional serrated adenomas but not in sessile serrated adenomas of the colorectum, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 26巻, 10号, pp.1565-pp.1569, 20111001
  142. RISK FACTORS FOR BLEEDING AFTER ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION OF GASTRIC EPITHELIAL NEOPLASM, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 23巻, 4号, pp.290-pp.295, 20111001
  143. The Water-Soluble Extract from Cultured Medium of Ganoderma lucidum (Reishi) Mycelia (Designated as MAK) Ameliorates Murine Colitis Induced by Trinitrobenzene Sulphonic Acid, SCANDINAVIAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 74巻, 5号, pp.454-pp.462, 20111101
  144. Low Prevalence of Helicobacter pylori-negative Gastric Cancer among Japanese, HELICOBACTER, 16巻, 6号, pp.415-pp.419, 20111201
  145. Quantitative analysis of colorectal lesions observed on magnified endoscopy images, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 46巻, 12号, pp.1382-pp.1390, 20111201
  146. A New Method for Intraluminal Gastrointestinal Stromal Tumor Resection Using Laparoscopic Seromuscular Dissection Technique, DIGESTIVE SURGERY, 27巻, 6号, pp.461-pp.465, 20100101
  147. A Water-soluble extract from culture medium of ganoderma lucidum mycelia suppresses the development of colorectal adenoma, Hiroshima J Med Sci, 59巻, 1号, pp.41280, 20100101
  148. Natural Course of Lugol-Voiding Lesions in Patients with Superficial Esophageal Squamous Cell Carcinoma, DIGESTION, 82巻, 1号, pp.60-pp.65, 20100101
  149. Relationship between Helicobacter pylori Tyrosine-Phosphorylated CagA-Related Markers and the Development of Diffuse-Type Gastric Cancers: A Case-Control Study, DIGESTION, 82巻, 1号, pp.10-pp.17, 20100101
  150. Synchronous and Subsequent Lesions of Serrated Adenomas and Tubular Adenomas of the Colorectum, PATHOBIOLOGY, 77巻, 5号, pp.273-pp.277, 20100101
  151. VALIDITY OF ACTIVITY INDICES IN ULCERATIVE COLITIS: COMPARISON OF CLINICAL AND ENDOSCOPIC INDICES, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 22巻, 1号, pp.39-pp.44, 20100101
  152. Characteristics of esophageal squamous cell carcinomas and lugol-voiding lesions in patients with head and neck squamous cell carcinoma, J Clin Gastroenterol, 44巻, 2号, pp.e27-33, 20100201
  153. MULTICENTER QUESTIONNAIRE SURVEY ON THE CURRENT SITUATION OF COLORECTAL ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION IN JAPAN, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 22巻, pp.S2-pp.S8, 20100701
  154. Non-polypoid colorectal neoplasms in ulcerative colitis, Gastrointest Endosc, 20巻, 3号, pp.525-pp.542, 20100701
  155. A duodenal follicular lymphoma associated with the lesion mimicking MALT lymphoma in terminal ileum and Bauhin valve, MEDICAL MOLECULAR MORPHOLOGY, 43巻, 3号, pp.174-pp.177, 20100901
  156. Characterization of colorectal tumors using narrow-band imaging magnification: combined diagnosis with both pit pattern and microvessel features, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 45巻, 9号, pp.1084-pp.1092, 20100901
  157. Efficacy of ecabet sodium enema on intractable rectal ulcer after piecemeal endoscopic mucosal resection for rectal tumor, Clin J Gastroenterol, 3巻, 6号, pp.285-pp.288, 20100901
  158. Expression of platelet-derived growth factor (PDGF)-B and PDGF-receptor beta is associated with lymphatic metastasis in human gastric carcinoma, CANCER SCIENCE, 101巻, 9号, pp.1984-pp.1989, 20100901
  159. Present Status and Perspectives of Colorectal Cancer in Asia: Colorectal Cancer Working Group Report in 30th Asia-Pacific Cancer Conference, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 40巻, pp.i38-pp.i43, 20100901
  160. CURRENT STATUS IN THE OCCURRENCE OF POSTOPERATIVE BLEEDING, PERFORATION AND RESIDUAL/LOCAL RECURRENCE DURING COLONOSCOPIC TREATMENT IN JAPAN, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 22巻, 4号, pp.376-pp.380, 20101001
  161. Potential role for vascular endothelial growth factor-D as an autocrine factor for human gastric carcinoma cells, CANCER SCIENCE, 101巻, 10号, pp.2121-pp.2127, 20101001
  162. Outcome of endoscopic submucosal dissection for colorectal tumors accompanied by fibrosis, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 45巻, 11号, pp.1329-pp.1337, 20101101
  163. Quantitative analysis and development of a computer-aided system for identification of regular pit patterns of colorectal lesions, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 72巻, 5号, pp.1047-pp.1051, 20101101
  164. Mesenchymal stem cells enhance growth and metastasis of colon cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 127巻, 10号, pp.2323-pp.2333, 20101115
  165. Helicobacter pylori dupA and gastric acid secretion are negatively associated with gastric cancer development, JOURNAL OF MEDICAL MICROBIOLOGY, 59巻, 12号, pp.1484-pp.1489, 20101201
  166. Predicting the absence of lymph node metastasis of submucosal invasive gastric cancer: expansion of the criteria for curative endoscopic resection, Scand J Gastroenterol, 45巻, 12号, pp.1480-pp.1487, 20101201
  167. 大腸側方発育型腫瘍の概念と内視鏡診断, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 58巻, 3号, pp.153-pp.162
  168. Support Vector Machineを用いた大腸内視鏡画像診断支援タイプ識別システム, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報
  169. 大腸内視鏡画像診断支援のためのVisual Word特徴量変換システム, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報
  170. 大腸内視鏡診断支援のための高速な特徴量抽出システム, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報
  171. 大腸T1(SM)癌のリンパ節転移リスク, 日本臨床, 74巻, 11号, pp.1823-pp.1827
  172. 大腸ESD/EMRガイドラインの正しい運用のために 1.Overview−新ガイドライン作成の経緯, 臨牀消化器内科, 31巻, 1号, pp.9-pp.12
  173. 大腸T1(SM)癌に対する取り扱いの時代的変遷, INTESTINE, 20巻, 1号, pp.57-pp.62
  174. 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療戦略とESDの実際, 消化器の臨床, 19巻, 1号, pp.71-pp.76
  175. 大腸カプセル内視鏡の現状と課題-前処置を中心に-, J.Colon Exam, 32巻, 2号, pp.45-pp.52
  176. プロトンポンプ阻害薬投与に伴う胃粘膜, 胃と腸, 51巻, 4号, pp.491-pp.496
  177. 大腸ポリープの診察, Medical Practice, 33巻, pp.117-pp.122
  178. 潰瘍性大腸炎の拡大観察, 炎症性腸疾患Imaging Atla-診断の極意と鑑別のポイント-, pp.102
  179. 大腸通常型腺腫,腺癌の拡大内視鏡診断−深達度診断を中心に−, 胃と腸, 51巻, 5号, pp.655-pp.671
  180. 潰瘍性大腸炎に対する内視鏡診断, Medical Practice, 33巻, 5号, pp.739-pp.744
  181. 消化管ポリポーシスー診断と治療の進歩 序説, INTESTINE, 20巻, 3号, pp.229-pp.232
  182. 超音波内視鏡検査が診断に有用であったリンパ濾胞内浸潤を認めた0-Ⅱa+Ⅱc型大腸T1癌の1例, 胃と腸, 51巻, 4号, pp.403-pp.406
  183. 早期大腸癌:通常内視鏡による診断, 消化器内視鏡, 28巻, 3号, pp.445-pp.451
  184. 除菌後発見胃癌の内視鏡的特徴と病理像-Helicobacter pylori除菌治療により胃腫瘍は正常化するのか?-, 胃と腸, 51巻, 6号, pp.759-pp.765
  185. State of the art, Resected and discardは患者さんの治療に貢献するかー臨床医の立場から, 大腸がんperspective 3, 3巻, 1号, pp.36-pp.37
  186. スコープの種類とその特性を知る, 消化器内視鏡, 28巻, 4号, pp.525-pp.530
  187. 大腸腫瘍内視鏡診断の最前線, 日本消化器内視鏡技師会会報, 56巻, pp.113-pp.117
  188. 大腸カプセル内視鏡, 胃と腸, 51巻, 7号, pp.872-pp.880
  189. 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡的摘除の現況と将来展望, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 58巻, 8号, pp.1311-pp.1323
  190. 広角内視鏡 (extra-wide-angle-view colonoscope) の開発と有用性, 胃と腸, 51巻, 7号, pp.944-pp.948
  191. 高齢者の大腸癌-大腸ESD・T1癌を中心に, Modern Physician, 36巻, 11号, pp.1182-pp.1187
  192. The Japan NBI Expert Team (JNET) 大腸拡大 Narrow Band Imaging (NBI) 分類の紹介, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 58巻, 11号, pp.2314-pp.2322
  193. 大腸癌の疫学と早期診断・治療の進歩, Pharma Medica, 34巻, 12号, pp.9-pp.13
  194. 大腸癌の術前内視鏡の実際, 消化器内視鏡, 28巻, 12号, pp.2000-pp.2007
  195. 広範な潰瘍形成を来した胃GISTの1例, 胃と腸, 51巻, 9号, pp.1109-pp.1113
  196. 出血を契機に発見した大細胞型胃内分泌細胞癌の1例, 日本消化器病学会雑誌, 113巻, 8号, pp.1393-pp.1400
  197. 大きな大腸腫瘍に対する内視鏡的摘除後の局所遺残再発-本邦における多施設共同前向き試験, INTESTINE, 20巻, 4号, pp.410-pp.413, 2016

著書等出版物

  1. 2014年10月, 渡辺 守・田中信治編: これで納得!画像で見ぬく消化器疾患Vol.2大腸, これで納得!画像で見ぬく消化器疾患Vol.2大腸, 医学出版, 2014年, 10, 単行本(学術書), 編著, Japanese, 渡辺 守・田中信治編:, 9784287112014, 205
  2. 2014年11月, 田中信治編: 大腸 EMR/ESD  : case studyで病変に最適な治療戦略を学ぶ 改訂版, 大腸 EMR/ESD 改訂版, 羊土社, 2014年, 5, 単行本(学術書), 編著, Japanese, 田中信治編, 389
  3. 2014年11月, 田中信治編: 大腸腫瘍診断 : 豊富な写真で上がる診断力、case studyで磨く実践力改訂版, 羊土社, 2014年, 11, 単行本(学術書), 編著, Japanese, 田中信治編, 9784758110532, 302
  4. 2006年03月, 大腸EMR・ESDの基本手技-コツとピットフォール,適応の決め手. 田中信治編,メジカルビュー社,東京,2006, メジカルビュー社, 2006年, 03, 単行本(学術書), 編著, 9784758303248, 286
  5. 2014年06月30日, 新しい画像強調内視鏡システムNBI/BLIアトラス, 日本メディカルセンタ, 2014年, 06, 単行本(学術書), 編著, 田尻久雄 監修 加藤元嗣, 田中信治, 斎藤 豊, 武藤 学 編集, 9784888752626, 236
  6. 2012年09月25日, 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像 上部消化管, 日本メディカルセンタ, 2012年, 9, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 田尻久雄 監修 長南明道, 田中信治, 武藤 学 編集, 9784888752411, 460
  7. 2012年09月25日, 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像 下部消化管, 日本メディカルセンタ, 2012年, 9, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 田尻久雄 監修 田中信治, 長南明道, 武藤 学 編集, 9784888752428, 376
  8. 2015年10月25日, 消化管疾患診療のギモン・シツモン・アンコモン,梅澤俊彦編,, 血便, 日本医事新報社,東京, 2015年, 201510, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 田中信治ほか, 978-4-7849-6440-6, 160, 33-36
  9. 2015年, 内視鏡医のための大腸ポリープマネジメント-発見・診断・治療からサーベイランスまで-,松田尚久,堀田欣一編, 1 大腸ポリープ発見率向上のためのSrategy ②画像強調内視鏡検査, 日本メディカルセンター,東京, 2015年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 田中信治ほか, 9784888752817, 242, 48-53
  10. 消化器疾患最新の治療 2015-2016,菅野健太郎,上西紀夫,小池和彦編, 小腸の良性腫瘍, 南江堂,東京, 2015年, 03, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 岡 志郎, 田中信治, 978-4524265947, 502, 220-221
  11. 2016年, 新しい診断基準・分類に基づいたNBI/BLI/LCI内視鏡アトラス = NBI/BLI/LCI Endoscopic Atlas Based on New Criteria and Classifications : Advanced Diagnostic Endoscopy, 日本メディカルセンタ, 2016年, 単行本(学術書), 共編著, 田尻久雄 監修,加藤元嗣,井上晴洋,田中信治,斎藤 豊 編, 9784888752909
  12. 2014年, 大腸EMR・ESD : case studyで病変に最適な治療戦略を学ぶ, 羊土社, 単行本(学術書), 編著, 田中信治編, 9784758110525
  13. 2006年, 大腸EMR・ESDの基本手技 : コツとピットフォール,適応の決め手, メジカルビュー, 2006年, 単行本(学術書), 編著, 田中信治編集, 475830324X
  14. 2005年, 小腸・大腸, 文光堂, 2005年, 単行本(学術書), 共編著, 田中信治, 河南智晴著, 4830618434
  15. 2004年, 消化管拡大内視鏡診断の実際 : 観察のコツと診断のポイント, 金原出版, 2004年, 単行本(学術書), 共編著, 田尻久雄, 田中信治編集, 430710126X
  16. 2004年, 大腸内視鏡検査法 : ワンポイントアドバイス, 日本メディカルセンタ, 2004年, 単行本(学術書), 共編著, 五十嵐正広, 田中信治編, 4888751587
  17. 2016年, 訴訟にならない内視鏡診療 : 虎の巻, 東京医学社, 2016年, 単行本(学術書), 共編著, 日山 亨・日山恵美・田中信治・吉原正治  編著, 9784885632716
  18. 消化器内視鏡技師のためのハンドブック, 4.下部消化管検査, 医学図書出版,東京, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 監修: 日本消化器内視鏡学会/消化器内視鏡技師制度委員会,松井敏幸,赤松泰次,田村君英編
  19. メディカルスタッフのための臨床医学, 11.大腸がん—大腸がんの診断と治療—, 医薬ジャーナル社,大阪, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 岡 志郎, 田中信治
  20. 消化器研修ノート 改訂版第2版, 9.NSAIDs 関連腸炎, 診断と治療社,東京, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 監修 永井良三,五十嵐良典,榎本信幸,穂苅量太編
  21. 大腸疾患NOW 2016, 早期大腸癌の内視鏡治療の適応拡大 (p63-68) 早期大腸癌の内視鏡治療の適応拡大 (2) T1癌(SM癌)の内視鏡治療適応拡大の可能性 (p69-77) 内視鏡摘除後大腸T1(SM)癌の転移・再発に関する多施設共同研究 (p106-113), 日本メディカルセンター,東京, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 五十嵐正広,渡邉聡明,大倉康男編
  22. 潰瘍性大腸炎─明日から使える内科治療のコツと最新情報, 大きな大腸腫瘍に対する内視鏡的摘除後の局所遺残再発-本邦における多施設共同前向き試験, 日本メディカルセンター, 2016年, その他, 共著, 岡 志郎, 田中信治, 杉原健一

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 2014年12月09日, 招待
  2. 2014年12月09日, 招待
  3. 2014年11月24日, 招待
  4. 大腸がんの診断と治療, 第53回 日本薬学会 日本薬剤師会 日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月09日, 通常, 日本語
  5. 大腸ポリープ診療ガイドライン, 日本消化器病学会中国支部・第20回例会教育講演会, 2014年11月03日, 通常, 日本語
  6. 2014年10月18日, 通常
  7. Progress of diagnostic and therapeutic colonoscopy 大腸内視鏡診断と治療の進歩, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月26日, 通常, 日本語
  8. 大腸T1(SM)癌内視鏡診療の課題と将来展望, 日本消化器病学会中国支部 第19回教育講演会, 2014年06月22日, 通常, 日本語
  9. 早期大腸癌内視鏡診断・治療の最前線, 日本消化器病学会東海支部第120回例会, 2014年06月14日, 通常, 日本語
  10. ガイドライン改訂のポイント:内視鏡領域, 大腸癌治療ガイドライン講座-ガイドライン改訂特別番組-, 2014年04月18日, 通常, 日本語
  11. 早期大腸癌の診断と治療, 第111回日本内科学会, 2014年04月11日, 通常, 日本語
  12. 早期大腸癌の鑑別診断と内視鏡治療, JICA 第9回上級早期胃癌診断コース, 2014年02月13日, 招待, 日本語
  13. 2014年02月02日, 招待
  14. 大腸ESDを安全に行うための工夫 [特別発言], 田中信治, 第11回日本消化管学会総会学術集会, 2015年02月13日, 通常, 日本語, 第11回日本消化管学会総会学術集会, 東京都
  15. 大腸 T1 癌に対する内視鏡治療の課題と将来展望, 田中信治, 第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015年05月29日, 通常, 日本語, 第89回日本消化器内視鏡学会総会, 名古屋市
  16. 大腸腫瘍性病変の拡大観察, 第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015年06月01日, 通常, 日本語, 第89回日本消化器内視鏡学会総会, 名古屋市
  17. 大腸内視鏡診療の最前線, 第75回日本消化器内視鏡技師学会, 2015年10月10日, 通常, 日本語, 第75回日本消化器内視鏡技師学会, 東京都
  18. 大腸腫瘍に対する内視鏡診断および治療アプローチ, 田中信治, JDDW2015, 2015年10月11日, 通常, 日本語, JDDW2015, 東京都
  19. 2015年04月18日, 通常, 英語
  20. 大腸T1癌 内視鏡治療後の追加手術の適応は?, 田中信治, 大腸癌治療ガイドライン講座-ガイドラインQ&A編-, 2015年05月22日, 通常, 日本語, 大腸癌研究会, 広島市
  21. 内視鏡的摘除されたT1大腸癌の追加治療の適応基準〜最近の動向, 田中信治, 第15回日本消化器内視鏡学会東海支部ガイドライン研修会, 2015年07月12日, 通常, 日本語, 日本消化器内視鏡学会, 静岡市
  22. 2016年05月23日, 招待, 英語
  23. 2016年04月14日, 招待, 英語
  24. 2016年10月29日, 招待, 英語
  25. 2016年10月29日, 招待, 英語
  26. 2016年09月02日, 招待, 英語
  27. 2016年04月14日, 招待, 英語
  28. 2016年07月16日, 招待, 英語
  29. 2016年07月16日, 招待, 英語
  30. 2016年04月14日, 招待, 英語
  31. 2016年04月15日, 招待, 英語
  32. 2016年10月29日, 招待, 英語
  33. 2016年04月14日, 招待, 英語
  34. 2016年10月15日, 通常, 英語
  35. 2016年07月07日, 通常, 英語
  36. 2016年10月15日, 通常, 英語
  37. 2016年05月21日, 通常, 英語
  38. 2016年05月21日, 通常, 英語
  39. 2016年11月02日, 通常, 英語
  40. 2016年05月21日, 通常, 英語
  41. 2016年04月21日, 招待, 英語
  42. 2016年05月21日, 通常, 英語
  43. 2016年05月21日, 通常, 英語
  44. 2016年05月21日, 通常, 英語
  45. 2016年05月21日, 通常, 英語
  46. 2016年05月21日, 通常, 英語
  47. 2016年05月21日, 通常, 英語
  48. 2016年05月21日, 通常, 英語
  49. 2016年11月02日, 通常, 英語
  50. 第1回生体医歯工学共同研究拠点国際シンポジウム, 2016年11月10日, 通常, 英語, 東京都
  51. 2016年10月15日, 通常, 英語
  52. 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 英語, 横浜市
  53. 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 英語, 横浜市
  54. イレウスで発症した腹腔内索状物による空調潰瘍の1例, 井川 敦, 岡 志郎, 田中信治, 大谷一郎, 國原紗代子, 茶山一彰, 大毛宏喜, 嶋本文雄., 第21回小腸内視鏡研究会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 東京都
  55. 全身性強皮症患者に対するカプセル内視鏡検査の有用性, 井川 敦, 岡 志郎, 田中信治, 野島崇樹, 松尾佳美, 大谷一郎, 國原紗代子, 茶山一彰., 第13回日本消化管学会総会, 2017年02月17日, 通常, 日本語, 名古屋市
  56. スパイラル内視鏡の現況と将来展望-当院の使用経験を中心に-, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 第54回小腸研究会, 2016年11月12日, 通常, 日本語, さいたま市
  57. 大腸カプセル内視鏡の現況と今後の展開, 岡 志郎, 田中信治., 第57回日本人間ドック学会学術大会, 2016年07月29日, 通常, 日本語, 松本市
  58. 大腸肛門病専門医における内科医の位置づけと研修プログラムのあり方, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 第71回日本大腸肛門病学会学術集会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 伊勢市
  59. 潰瘍性大腸炎関連大腸腫瘍に対するNBIおよび色素拡大内視鏡観察の臨床的意義, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 東京都
  60. Blue laser imagingを用いた早期胃癌に対する内視鏡診断, 吉福良公, 佐野村洋次, 田中信治, 岡 志郎, 茶山一彰., 第13回日本消化管学会総会, 2017年02月17日, 通常, 日本語, 名古屋市
  61. 粘膜下異所性胃腺を伴う胃乳頭腺癌の1例, 吉福良公, 佐野村洋次, 田中信治, 黒木一峻, 佐々木美緒, 水本 健, 岡 志郎, 卜部祐司, 日山 亨, 有廣光司, 茶山一彰., 第13回拡大内視鏡研究会, 2016年09月17日, 通常, 日本語, 2016
  62. 生物学的製剤使用中に腸管穿孔をきたしたクローン病の5例, 宮森純子, 上野義隆, 田中信治, 野村元宣, 檜山雄一, 藤田 朗, 瀧川英彦, 佐上晋太郎, 影本賢一, 弓削 亮, 林 亮平, 卜部祐司, 北台靖彦, 茶山一彰., 第106回日本消化器病学会中国支部例会, 2016年11月12日, 通常, 日本語, 岡山市
  63. 巨大な食道癌肉腫に対し腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)を施行した1例, 黒木一峻, 佐野村洋次, 田中信治, 水本 健, 佐々木美緒, 吉福良公, 岡 志郎, 茶山一彰, 堀田龍一, 田邊和照, 大段秀樹, 有廣光司., 第15回腹腔鏡・内視鏡合同手術研究会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 広島市
  64. 径5mm大の十二指腸粘膜下層深部浸潤癌の1例, 黒木一峻, 佐野村洋次, 田中信治, 佐々木美緒, 水本 健, 吉福良公, 卜部祐司, 岡 志郎, 日山 亨, 大上直秀, 吉原正治, 茶山一彰., 第117回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2016年11月12日, 通常, 日本語, 岡山市
  65. 腺腫内癌(Tis)のEMR後2年の経過でT1b癌として局所再発した1例, 黒木一峻, 田中信治, 二宮悠樹, 保田和毅, 山下 賢, 住元 旭, 平野大樹, 水本 健, 田丸弓弦, 鴫田賢次郎, 佐野村洋次, 岡 志郎, 茶山一彰, 有廣光司., 第26回大腸Ⅱc研究会, 2016年09月18日, 通常, 日本語, 東京都
  66. 表在型Barrett食道癌に対するESD治療成績と予後, 黒木一峻, 佐野村洋次, 田中信治, 佐々木美緒, 水本 健, 吉福良公, 岡 志郎, 有廣光司, 茶山一彰., 第13回日本消化管学会総会, 2017年02月17日, 通常, 日本語, 名古屋市
  67. 予後からみた全周性食道癌に対するESDの妥当性と課題, 佐野村洋次, 田中信治, 茶山一彰., 第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 東京都
  68. 結節の大きさを指標とした細分類を用いた径20mm以上の大腸LST-Gに対する治療ストラテジー, 山下 賢, 田中信治, 岡 志郎, 鴫田賢次郎, 保田和毅, 水本 健, 平野大樹, 住元 旭, 田丸弓弦, 二宮悠樹, 林 奈那, 茶山一彰., 第16回EMR/ESD研究会, 2016年07月17日, 通常, 日本語, 東京都
  69. コリン欠乏食がマウスDSS腸炎に及ぼす影響とそのメカニズムの解明, 佐上晋太郎, 田中信治, 上野義隆, 宮森純子, 藤田 朗, 野村元宣, 林 亮平, 兵庫秀幸, 北台靖彦, 茶山一彰., 第44回日本臨床免疫学会, 2016年09月08日, 通常, 日本語, 東京都
  70. 大腸pT1癌リンパ節転移リスク因子に関する検討〜浸潤先進部における簇出、低分化胞巣の重要性〜, 山下 賢, 田中信治, 岡 志郎, 田丸弓弦, 保田和毅, 水本 健, 平野大樹, 住元 旭, 二宮悠樹, 鴫田賢次郎, 林 奈那, 茶山一彰, 嶋本文雄., 第86回大腸癌研究会, 2017年01月20日, 通常, 日本語, 盛岡市
  71. 短期間で形態および拡大観察所見が変化したSSA/P由来のpT1b癌の1例, 山下 賢, 田中信治, 田丸弓弦, 保田和毅, 水本 健, 平野大樹, 住元 旭, 二宮悠樹, 鴫田賢次郎, 林 奈那, 岡 志郎, 茶山一彰, 有廣光司, 嶋本文雄., 第26回大腸Ⅱc研究会, 2016年09月18日, 通常, 日本語, 東京都
  72. 広島地域における大腸ESDの有効性と安全性に関する検討 -広島消化管内視鏡リサーチグループ多施設共同研究-, 鴫田賢次郎, 田中信治, 松尾泰治, 寺崎元美, 中土井鋼一, 河野友彦, 東山 真, 金尾浩幸, 平田大三郎, 後藤栄造, 東 玲治, 中尾 円, 宮中芳浩, 甲斐広久, 桑井寿雄, 田村忠正, 岡信秀治, 古土井明, 濱田博重, 金 宣眞, 國広真己., 第118回広島消化器病研究会, 2016年04月09日, 通常, 日本語
  73. 高度線維化を伴う面状瘢痕合併大腸腫瘍のESD手技の克服法, 鴫田賢次郎, 田中信治, 岡 志郎, 林 奈那, 茶山一彰., 第13回日本消化管学会総会, 2017年02月17日, 通常, 日本語, 名古屋市
  74. JNET大腸NBI拡大分類の診断能と課題, 住元 旭, 田中信治, 茶山一彰., 第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 東京都
  75. NBI拡大観察が深達度診断に有用であった2例〜JNET Type 2B 亜分類の可能性〜, 住元 旭, 田中信治, 林 奈那, 鴫田賢次郎, 保田和毅, 山下 賢, 平野大樹, 田丸弓弦, 二宮悠樹, 岡 志郎, 茶山一彰, 有廣光司., 第13回拡大内視鏡研究会, 2016年09月17日, 通常, 日本語, 東京都
  76. 拡大内視鏡観察による大腸腫瘍の診断・治療ストラテジー〜IEEとpit pattern診断の棲み分け〜, 住元 旭, 田中信治, 山下 賢, 保田和毅, 平野大樹, 田丸弓弦, 二宮悠樹, 鴫田賢次郎, 林 奈那, 岡 志郎, 茶山一彰, 有広光司., 第86回大腸癌研究会, 2017年01月20日, 通常, 日本語, 盛岡市
  77. 大腸pT1b癌に対する完全摘除生検としてのESDにおけるEUSの意義, 住元 旭, 田中信治, 茶山一彰., 第102回消化器病学会総会, 2016年04月21日, 通常, 日本語, 東京都
  78. ESDを施行した粘膜下異所性胃腺を伴う胃乳頭腺癌の1例, 小根森陽子, 佐野村洋次, 田中信治, 黒木一峻, 佐々木美緒, 水本 健, 吉福良公, 卜部祐司, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 吉原正治, 有廣光司, 茶山一彰., 第117回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2016年11月12日, 通常, 日本語, 岡山市
  79. 狙撃生検で診断された潰瘍性大腸炎関連dysplasiaの臨床病理学的特徴と予後, 水本 健, 田中信治, 岡 志郎, 上野義隆, 茶山一彰, 第71回日本大腸肛門病学会学術集会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 伊勢市
  80. 当院で経験した大腸serrated polyposis symdromeの臨床病理学的特徴, 水本 健, 田中信治, 実綿倫宏, 佐野村洋次, 卜部祐司, 日山 亨, 岡 志郎, 茶山一彰, 嶋本文雄, 第102回消化器病学会総会附置研究会, 2016年04月23日, 通常, 日本語, 東京都
  81. 粘膜内病巣を保ちながらSM浸潤した0-Isp型T1b癌の1例, 大谷一郎, 田中信治, 平野大樹, 住元 旭, 田丸弓弦, 二宮悠樹, 鴫田賢次郎, 林 奈那, 岡 志郎, 茶山一彰, 有廣光司, 第26回大腸Ⅱc研究会, 2016年09月18日, 通常, 日本語, 東京都
  82. 大腸T1癌治療後の予後-広島消化管内視鏡グループ多施設共同研究-, 田丸弓弦, 田中信治, 茶山一彰, 第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 東京都
  83. 長期予後からみた大腸T1癌に対する完全摘除生検としてのESDの可能性, 田丸弓弦, 田中信治, 茶山一彰, JDDW2016 第58回日本消化器病学会大会,第92回日本消化器内視鏡学会総会,第14回日本消化器外科学会大会,第54回日本消化器がん検診学会大会, 2016年11月03日, 通常, 日本語, 神戸市
  84. 炎症性腸疾患〜診断と治療の最前線, 田中信治, 広島炎症性腸疾患患者会発足記念講演会, 2016年05月08日, 招待, 日本語, 広島市
  85. 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療の現状と限界[特別発言], 田中信治, 第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 東京都
  86. 大腸腫瘍の診断—現状と将来展望—, 田中信治, 第17回臨床消化器病研究会, 2016年07月23日, 通常, 日本語, 東京都
  87. 拡大内視鏡を用いたサーベイランス大腸内視鏡検査におけるsemiclean colonの意義, 二宮悠樹, 田中信治, 岡 志郎, 林 奈那, 茶山一彰, 第13回日本消化管学会総会, 2017年02月17日, 通常, 日本語, 名古屋市
  88. 抗凝固薬内服患者における大腸ESDの後出血のリスク, 二宮悠樹, 田中信治, 茶山一彰, 第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 東京都
  89. 小さな0-Is型下部直腸T1b癌の1例, 保田和毅, 田中信治, 住元 旭, 山下 賢, 平野大樹, 田丸弓弦, 二宮悠樹, 鴫田賢次郎, 林 奈那, 岡 志郎, 茶山一彰, 有廣光司, 第26回大腸Ⅱc研究会, 2016年09月18日, 通常, 日本語, 東京都
  90. 虫垂内進展盲腸腫瘍に対するESDのコツとピットフォール, 保田和毅, 田中信治, 岡 志郎, 山下 賢, 住元 旭, 平野大樹, 田丸弓弦, 二宮悠樹, 鴫田賢次郎, 林 奈那, 茶山一彰, 第34回日本大腸検査学会総会, 2016年10月07日, 通常, 日本語, 東京都
  91. リンパ濾胞様隆起を呈する大腸アフタ様病変の経過と予後の検討, 林 亮平, 上野義隆, 田中信治, 宮森純子, 野村元宣, 藤田 朗, 佐上晋太郎, 茶山一彰, JDDW2016 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年11月03日, 通常, 日本語, 神戸市
  92. 長期間にわたり小腸angioectasiaから出血を繰り返す血液透析患者の1例, 國原紗代子, 岡 志郎, 田中信治, 大谷一郎, 井川 敦, 茶山一彰, 第10回日本カプセル内視鏡学会学術集会, 2017年02月19日, 通常, 日本語, 名古屋市
  93. 食道癌ESD後に異時性多発病変の発症にADH1BとALDH2上の2つのSNPが関連する, 影本賢一, 卜部祐司, 越智秀典, 実綿倫宏, 岡 志郎, 北台靖彦, 田中信治, 茶山一彰, 第70回日本食道学会, 2016年07月04日, 通常, 日本語, 東京都
  94. 胃癌リスク分類A群中のHp感染群の生年区分別検討, 益田和彦, 吉原正治, 伊藤公訓, 木曽まり子, 小刀嵩弘, 保田智之, 松尾泰治, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰, 第55回日本消化器がん検診学会総会, 2016年06月11日, 通常, 日本語, 鹿児島市
  95. レセプター型チロシンキナーゼ、DDR1の胃癌遊走能、浸潤能に及ぼす影響, 弓削 亮, 北台靖彦, 瀧川英彦, 田中信治, 茶山一彰, 第25回日本がん転移学会学術集会, 2016年07月21日, 通常, 日本語, 米子市
  96. 切除範囲が幽門輪に達する早期胃癌のESD治療成績と術後狭窄のリスク因子, 黒木一峻, 佐野村洋次, 岡 志郎, 水本 健, 佐々木美緒, 吉福良公, 田中信治, 茶山一彰, 第16回EMR/ESD研究会, 2016年07月17日, 通常, 日本語, 東京都
  97. 除菌後胃癌の内視鏡診断におけるNBI拡大観察の重要性, 小刀嵩弘, 伊藤公訓, 保田智之, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 佐野村洋次, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰, 第49回胃病態機能研究会, 2017年02月18日, 通常, 日本語, 名古屋市
  98. 除菌後胃粘膜に出現する発赤陥凹性病変の特徴と適正な内視鏡的診断, 小刀嵩弘, 伊藤公訓, 保田智之, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰, 第22回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2016年06月24日, 通常, 日本語, 別府市
  99. 骨髄由来間葉系幹細胞による細胞-細胞間接触を介した、大腸癌細胞の上皮間葉系転換誘導, 瀧川英彦, 北台靖彦, 平野大樹, 弓削 亮, 田中信治, 安井 弥, 茶山一彰, 第25回がん転移学会学術集会, 2016年07月21日, 通常, 日本語, 米子市
  100. 造影CT撮影時の偶発症が関係した訴訟事例の検討, 日山 亨, 松尾泰治, 岡 志郎, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治, JDDW2016 第54回日本消化器がん検診学会大会, 2016年11月03日, 通常, 日本語, 神戸市
  101. 病院受診群における血清抗Helicobacter pylori抗体価実測値によるHp未感染診断の精度, 保田智之, 伊藤公訓, 吉原正治, 畑 幸作, 木曽まり子, 益田和彦, 小刀嵩弘, 田中信治, 茶山一彰, 第22回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2016年06月24日, 通常, 日本語, 別府市
  102. プロトンポンプ阻害薬内服者における内視鏡的胃粘膜所見の特徴, 木曽まり子, 伊藤公訓, 保田智之, 小刀嵩弘, 松尾泰治, 益田和彦, 佐々木敦紀, 河村 徹, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰, JDDW2016 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 神戸市
  103. 血清抗ヘリコバクター抗体陰性およびペプシノゲン法陰性の胃癌症例に関する多施設共同研究, 木曽まり子, 吉原正治, 伊藤公訓, 井上和彦, 中島滋美, 問部克裕, 小林正夫, 上村直実, 矢田智之, 岡 正志, 河合 隆, 保田智之, 松尾泰治, 小刀嵩弘, 田中信治, 茶山一彰, 第22回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2016年06月24日, 通常, 日本語, 別府市

受賞

  1. 2013年10月21日, Outstanding Paper Award(優秀論文賞), SASIMI2013 General Chair,Technical Program Chair
  2. 2007年06月, 日本ロボット学会第21回論文賞, 日本ロボット学会, 非接触剛性イメージャ
  3. 2005年10月, 第5回Hiroshima Journal of Medical Science優秀論文賞, 広島大学医学雑誌(英文), Effects of aged garlic extract (AGE) on colorectal adenomas: a double-blinded study
  4. 1999年, 日本消化器内視鏡学会賞, 日本消化器内視鏡学会, 最大径10mm以下の小進行癌大腸癌の特徴に関する臨床病理学的検討
  5. 2004年07月, 2003年度日本コンピュータ外科学会講演論文最優秀賞(013), 日本コンピュータ外科学会, 内視鏡用非接触硬さイメージャ
  6. 2003年10月, Finalist for best conference papaer award in 2003 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2003), IEEE Robotics and Automation Society (RAS), Touching stomach by air
  7. 1994年11月, 平成6年度広島医学会賞, 広島医学会, 大腸sm癌の内視鏡的治療適応条件~大腸sm癌149病変の内視鏡的・臨床病理学的検討から~
  8. 2009年11月, 広島大学 学長賞, 広島大学長, 本邦の内視鏡領域における中心的施設として全国はもとより海外に情報発信を積極的に推進
  9. 2005年10月, 平成17年度日本消化器内視鏡学会賞, 日本消化器内視鏡学会, Relationship between histopathological features and type V pit pattern determined by magnifying videocolonoscopy in early colorectal carcinoma
  10. 2015年05月23日, 第1回電子デバイス・回路・照明・システム関連教育・研究ワークショップ奨励賞, 一般社団法人照明学会中国支部長
  11. 2015年08月26日, 第168回システムとLSIの設計技術研究発表会優秀発表学生賞, 一般社団法人情報処理学会システムとLSIの設計技術研究会主査
  12. 2015年08月26日, 第168回システムとLSIの設計技術研究発表会優秀発表学生賞, 一般社団法人情報処理学会システムとLSIの設計技術研究会主査
  13. 2015年09月18日, 電子情報通信学会RECONF 10周年記念研究会 研究会優秀講演賞, 電子情報通信学会リコンフィギャラブルシステム研究専門委員会委員長
  14. 2016年01月20日, 優秀リコンフィギュラブルシステム講演賞 若手部門 研究会優秀講演賞, 電子情報通信学会リコンフィギャラブルシステム研究専門委員会委員長
  15. 2016年05月17日, LSIとシステムのワークショップ 優秀ポスター賞(学生部門), 電子情報通信学会・集積回路研究専門委員会委員長
  16. 2015年06月01日, Reviewer Awards 2015 of Gastrointestinal Endoscopy, 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会, Japan Gastroenterological Endoscopy Soaciety
  17. 2016年06月01日, Reviewer Awards 2016 of Gastrointestinal Endoscopy, 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 
  18. 2015年08月31日, 平成27年度日本生体医工学会論文賞・阪本賞, 日本生体医工学会, グリッドアクティブステレオを用いた三次元消化器内視鏡におけるキャリブレーション手法
  19. 2016年09月14日, 第173回システムとLSIの設計技術研究発表会 優秀発表賞, 一般社団法人情報処理学会システムとLSIの設計技術研究会主査 (日本情報処理学会)
  20. 2016年10月24日, Outstanding Paper Award SASIMI2016, General Chair Technical Program Committee Chair
  21. 2016年04月27日, 平成27年度日本生体医工学会 論文賞・阪本賞, 一般社団法人日本生体医工学会理事長

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 厚生労働科研費補助金(旧称)AMED革新的がん医療実用化研究事業, がん化学予防薬の実用化をめざした大規模臨床研究(臨床、大腸内視鏡部会), 2015年04月01日, 2016年03月31日
  2. 厚生労働科研費補助金(旧称)AMED革新的がん医療実用化研究事業, がん化学予防薬の実用化をめざした大規模臨床研究(臨床、大腸内視鏡部会), 2016年04月01日, 2017年03月31日

社会活動

学術会議等の主催

  1. 日本消化器病学会付置研究会・第3回消化管ポリポージス研究会, 当番世話人, 2016年04月, 2016年04月
  2. 第19回小腸内視鏡研究会, 代表世話人, 2015年02月, 2015年02月
  3. 第11回拡大内視鏡研究会, 当番世話人, 2014年09月, 2014年09月
  4. 第10回EMR/ESD研究会, 大会実行委員長, 2010年07月, 2010年07月
  5. 第22回日本消化器内視鏡学会重点卒後教育セミナー, 大会実行委員長, 2007年09月, 2007年09月
  6. 第9回小腸内視鏡研究会, 大会実行委員長, 2007年02月, 2007年02月
  7. 第9回広島消化管内視鏡ライブセミナー, 代表世話人, 2015年08月, 2015年08月
  8. 第6回広島EMR/ESDハンズオンセミナー, 代表世話人, 2015年11月, 2015年11月
  9. 第7回広島EMR/ESDハンズオンセミナー, 代表世話人, 2016年09月, 2016年09月
  10. 第26回日本消化器内視鏡学会中国セミナー, 2017年01月, 2017年01月
  11. 第11回広島消化管内視鏡ライブセミナー, 代表世話人, 2016年08月, 2016年08月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第8回広島消化管内視鏡ライブセミナー, 基本手技の標準化を目指して, 広島消化管内視鏡ライブセミナー, 2014年/08月, 2014年/08月, 企画
  2. 第5回広島ESD/EMRハンズオンセミナー, ESD/EMR 安全治療戦略, 広島ESD/EMRハンズオンセミナー, 2014年/10月, 2014年/10月, 企画
  3. 第15回市民公開講座, 大腸がんの診断と内視鏡による優しい治療, 主催:公益財団法人SGH財団 後援:公益財団法人日本対がん協会, 「こんなに進んだ大腸がん診療!」, 2017年/02月, 2017年/02月, 大阪市, 講師, 講演会, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2010年, 早期大腸癌, 編集員, 編集委員
  2. 2016年, Oncology, 編集員, 編集委員
  3. 2016年, 胃と腸, 編集員, 編集主幹
  4. 2016年, Gastrointestinal Endoscopy, 編集員, 編集委員
  5. 2015年, Digestive Endoscopy, 編集員, 編集委員
  6. 2016年, World Journal of Gastroenterology, 編集員, 編集委員
  7. 2016年, IBD Research, 編集員, 編集委員
  8. 2010年, 大腸癌Frontier, 編集員, 編集委員
  9. 2016年, 日本大腸検査学会誌, 編集員, 編集委員
  10. 2016年, INSTINE, 編集員, 編集委員
  11. 2016年, 胃がんPerspective, 編集員, 編集委員
  12. 2016年, GI Explore, 編集員, 編集委員
  13. 2016年, World Endoscopy Organization (WEO), 編集員, Education Committee Member