沖原 謙Ken Okihara

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
大学院教育学研究科健康スポーツ科学講座教授
メールアドレス
okiharahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 理学修士(ネバダ州立大学)
  • 教育学学士(早稲田大学)

研究分野

  • 複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

研究キーワード

  • DLT法
  • 組織分析
  • ゲーム分析
  • サッカー競技

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  2. 2019年, 学部専門, 2ターム, 球技B(サッカー・ソフトボール)
  3. 2019年, 学部専門, 1ターム, スポーツ経営学
  4. 2019年, 学部専門, 4ターム, スポーツ経営学演習
  5. 2019年, 学部専門, 2ターム, 球技指導演習B(ゴール型・ベースボール型)
  6. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  7. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 教職実践演習(中・高)
  8. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 教科教育学講究(健康スポーツ教育学領域)
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 教科教育学特別研究(健康スポーツ教育学領域)
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 教科教育学講究(健康スポーツ教育学領域)
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 教科教育学特別研究(健康スポーツ教育学領域)
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 健康スポーツ教育学特別研究III(スポーツ学)
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 健康スポーツ教育学特講III(スポーツ学)
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 健康スポーツ教育学演習III(スポーツ学)
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 健康スポーツ教育学特別研究III(スポーツ学)
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 健康スポーツ教育学演習III(スポーツ学)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 体育の事故における訴訟と判例に関する研究, 広島大学教育学部紀要Ⅰ, 42巻, pp. 131-138, 19940301
  2. サッカーゲームの分析法の開発について -ポジショニングの評価とその基準の視点から-, 広島大学教育学部紀要Ⅰ, 43巻, pp. 163-169, 19950301
  3. サッカーにおける新しいゲーム分析の試み-3D画像分析による再現-, サッカー医・科学研究, 17巻, pp. 171-176, 19971201
  4. サッカーゲームにおける得点時間帯に関する研究-競技レベルの差に着目して-, サッカー医・科学研究, 17巻, pp. 165-170, 19971201
  5. サンフレッチェ広島vs横浜マリノス戦のゲーム分析に関する研究?サッカーにおける"コンパクト"度に関する研究?, サッカー医・科学研究, 20巻, pp. 4-7, 20001201
  6. ゲーム分析のための新しい指標の構築-日本代表vsUAE戦より,画像解析から得られる基礎データをもとに-, サッカー医・科学研究, 21巻, pp. 164-168, 20011201
  7. サンフレッチェ広島vs横浜マリノス戦のゲーム分析における基礎的データに関する研究 -3Dとコンピュータの利点に着目して-, サッカー医・科学研究, 20巻, pp. 19-24, 20001201
  8. わが国における『生涯スポーツ』概念の実情と学校体育との関連についての研究, 日本教科教育学会誌, 15巻, 1号, pp. 7-16, 19910701
  9. 学校クラブ活動顧問の活動内容と責任範囲について -週休二日制を想定して-, 広島大学教育学部紀要, 41巻, 2号, pp. 177-183, 19930301
  10. ボール供給方向の違いがサッカーのインサイドキックに及ぼす影響, 運動とスポーツ科学,21, 21巻
  11. 064国C10 体育事故訴訟が教育界に及ぼす影響について : 判決の構造的機能を通して, 日本体育学会大会号, 44号, 19931005
  12. ★, Correlation between subjective self-evaluation of gait and gait correction -Using simply captured images-., The ICHPER・SD Asia Journal of Research, 10巻, 2号, pp. 47-52, 2018