河西 英通HIDEMICHI KAWANISHI

Last Updated :2017/10/03

所属・職名
大学院文学研究科 総合人間学講座 教授
メールアドレス
kawanishhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(文学) (北海道大学)
  • 文学修士 (立命館大学)

研究分野

  • 人文学 / 史学 / 日本史

研究キーワード

  • 思想
  • 地域
  • 近代
  • 歴史学

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 研究指導IB
  2. 2017年, 学部専門, 1ターム, 研究指導IIB
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 日本近現代の社会と文化
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 国際課題研究(言語・文化)
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合人間学
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 人間文化学Ⅰ(日本文化論)
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 日本文化論講義A
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 日本文化論講義B
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 日本文化論演習A
  10. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 日本文化論演習B
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究指導Ⅰ(人間文化学)
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究指導Ⅰ(人間文化学)
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 日本文化論基礎演習
  14. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究指導Ⅱ(人間文化学)
  15. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究指導Ⅱ(人間文化学)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 伝承と歴史学, 語言文化比較研究, 2号, pp.43-pp.50, 2014.3.20
  2. 共生する世界文化―ビートルズとアジア―, 比較日本文化学研究, 7号, pp.217-pp.226, 2014.3.31
  3. 私の自由民権研究, 自由民権, 27号, pp.16-pp.20, 2014.3.31
  4. グローバル化のなかの地域史―グローバル・ヒストリー小論―, 比較日本文化学研究, 8号, pp.323-pp.334
  5. 書評・雨宮昭一『戦後の超え方』, 歴史評論, 780号, pp.105-pp.109
  6. 書評・井上勝生『明治日本の植民地支配 北海道から朝鮮へ』, 新しい歴史学のために, 287号, pp.37-pp.44
  7. 明治期地方政治思想における地域性, 国史研究, 68/69号, pp.56-pp.66, 19790301
  8. 明治期地方論の一考察, 日本近代国家と民衆運動, pp.77-pp.111, 19800901
  9. 初期議会下の一東北代議士の歩み, 国史研究, 71号, pp.21-pp.32, 19801001
  10. 地方主義とファシズム, 北大史学, 22号, 19820801
  11. 東洋自由党論, 歴史評論, 410号, pp.56-pp.75, 19840601
  12. 日本ファシズム連盟覚書, 上越教育大学研究紀要, 5巻, 2号, pp.133-pp.149, 19860301
  13. 大井憲太郎と初期議会自由党, 歴史評論, 443号, pp.120-pp.136, 19870301
  14. 青森県の大同団結運動, 国史研究, 80号, pp.41-pp.63, 19870301
  15. 明治20年代における海峡像の相克, 地域史研究はこだて, 6号, pp.1-pp.20, 19880101
  16. 明治期における北奥地域観, 北奥地域史の研究, pp.295-pp.324, 19880201
  17. 明治青年とナショナリズム, 近代日本社会と天皇制, pp.138-pp.163, 19880601
  18. 急進ファシズム文化運動の諸相, 上越教育大学研究紀要, 8巻, 2号, pp.173-188, 19890301
  19. 初期議会と自由党, 自由は土佐の山間より, pp.215-pp.224, 19890501
  20. 民衆思想史と「生活過程」論, 新しい歴史学のために, 195号, pp.13-pp.23, 19890501
  21. 民権後青年のナショナリズム, 自由民権, 4号, pp.3-pp.13, 19900301
  22. 戦後歴史学と生活過程論, 季刊・窓, 3号, pp.126-pp.138, 19901001
  23. 明治青年史についてのノート, 立命館文学, 521号, pp.559-pp.578, 19901001
  24. 翼賛運動と地方文化, 近代天皇制国家の社会統合, pp.181-202, 19910501
  25. 弘前事件の再検討, 国史研究, 89号, pp.1-pp.20, 19910701
  26. ファシズム文学と言論の自由, 社会文学, 5号, pp.34-pp.45, 19910701
  27. 生活過程概念をめぐる歴史研究の動向, 札幌唯物論, 36号, pp.68-pp.78, 19910901
  28. 民権期青森県地域新聞の展開過程, 国史研究, 92号, pp.1-pp.18, 19920301
  29. 在京青年会の位置と論理, 天皇制国家の統合と支配, pp.253-pp.270, 19921201
  30. 近代史からの接近, 海峡をつなぐ日本史, pp.299-pp.304, 19930701
  31. 日本近代史の一視点, 上越社会研究, 8号, pp.1-10, 19930801
  32. 「異域」を見る眼, 北方史の新視座, pp.198-pp.211, 19941001
  33. 自由民権(期)研究の現状と課題, 自由民権, 9号, pp.31-pp.39, 19960201
  34. 青年自由党と新潟県, 新潟県立文書館研究紀要, 3号, pp.29-pp.46, 19960301
  35. 近代東北の意識, 東北の歴史再発見, pp.183-pp.212, 19970901
  36. 北海民権家の軌跡, 近代日本と北海道, pp.268-pp.289, 19980401
  37. 民衆思想史の意識論, 歴史学研究, 721号, pp.23-30,62, 19990301
  38. 朝鮮認識と東北意識, 近代日本の内と外, pp.214-pp.234, 19991101
  39. 〈東北〉史の意味と射程, 歴史学研究, 742号, pp.90-pp.98, 20001001
  40. 民衆空間としての劇場, 青森県史研究, 5号, pp.24-pp.39, 20001101
  41. 歌謡の映像, 上越教育大学研究紀要, 21巻, 1号, pp.311-pp.330, 20011001
  42. 東アジアのなかの近代東北民衆, 「東北」の成立と展開, pp.167-pp.190, 20020301
  43. 近代と東北, 東北学, 7号, pp.293-pp.302, 20021001
  44. 地域と国家, 歴史表象としての東アジア, pp.163-pp.173, 20021201
  45. 近代初期の北奥民衆と風俗・思想, 日本思想史研究会会報, 20号, pp.165-pp.173, 20030101
  46. 可能性としての津軽, 社会文学, 19号, pp.24-pp.34, 20030901
  47. つくられる「東北」, 東北学への招待, pp.188-pp.193, 20040401
  48. 北方地域認識と日本海開放論, アジア民衆史研究, 9号, pp.33-pp.48, 20040501
  49. 津軽の地方主義と国民国家日本, 津軽の歴史と文化を知る, pp.44-pp.58, 20040601
  50. 歴史的考察力の形成空間としての東アジア, 越境する歴史教育, pp.223-pp.242, 20040601
  51. 高田事件, 上越教育大学研究紀要, 24巻, 1号, pp.171-pp.181, 20040901
  52. 現代社会と自由民権運動, 自由民権, 19号, pp.4-pp.14, 20060301
  53. ★, 地域の中の軍隊, 岩波講座アジア・太平洋戦争6, pp.3-pp.30, 20060401
  54. エルスワース・ハンチントン『気候と文明』の翻訳をめぐって, 地域と地理教育, pp.317-pp.327, 20071129
  55. 笹森儀助の「世界」, 日本歴史, 717号, pp.81-pp.82, 20080201
  56. 書評・高島千代/田﨑公司編著『自由民権〈激化〉の時代』, 歴史と経済, 231号, pp.56-pp.58
  57. 県境を超える北信越自由民権運動の世界, 地方史研究, 383号, pp.40-pp.42

著書等出版物

  1. 1997年11月, 近代日本の地域思想 , 窓社, 1997年, 11, 単行本(学術書), 単著, 河西 英通 , 374
  2. 1997年07月, 五所川原市史・史料編3下巻 , 市町村史, 青森県五所川原市, 1997年, 07, 共編著, 河西 英通 , 972
  3. 1998年03月, 五所川原市史・通史編2 , 市町村史, 青森県五所川原市, 1998年, 03, 共著, 河西 英通 , 951
  4. 2000年03月, 上越市史・別編7・兵事資料 , 市町村史, 新潟県上越市, 2000年, 03, 共著, 河西 英通 , 662
  5. 2000年10月, 黒埼町史・別巻・自由民権 , 市町村史, 新潟県黒埼町, 2000年, 10, 共著, 河西 英通 , 628
  6. 2001年04月, 東北 , 中央公論新社, 2001年, 04, 単行本(学術書), 単著, 河西 英通 , 212
  7. 2001年07月, 下北・渡島と津軽海峡 , 吉川弘文館, 2001年, 07, 単行本(一般書), 共著, 河西 英通 , 220
  8. 2002年03月, 青森県史・資料編近現代1 , 市町村史, 青森県, 2002年, 03, 共著, 河西 英通 , 761
  9. 2002年03月, 上越市史・資料編6近代 , 市町村史, 新潟県上越市, 2002年, 03, 共著, 河西 英通 , 718
  10. 2003年03月, 青森県史・資料編近現代2 , 市町村史, 2003年, 03, 共著, 河西 英通 , 809
  11. 2003年03月, 上越市史・通史編5近代 , 市町村史, 新潟県上越市, 2003年, 03, 共著, 河西 英通 , 725
  12. 2004年03月, 青森県史・資料編近現代3 , 市町村史, 青森県, 2004年, 03, 共著, 河西 英通 , 777
  13. 2005年04月, Tsugaru:Regional Identity on Japan's Northern Periphery , University of Otago Press, 2005年, 04, 単行本(学術書), 共著, 河西 英通 , 149
  14. 2005年08月, ローカルヒストリーからグローバルヒストリーへ , 岩田書院, 2005年, 08, 単行本(学術書), 編著, 河西 英通 , 273
  15. 2005年03月, 青森県史・資料編近現代4 , 市町村史, 青森県, 2005年, 03, 共著, 河西 英通 , 815
  16. 2007年03月, 続・東北 , 中央公論新社, 2007年, 03, 単行本(学術書), 単著, 244
  17. 2007年09月, ニシンの近代史―北海道漁業と日本資本主義― , 翻訳, 岩田書院, 2007年, 09, 共訳, 河西 英通 河西富美子 , 266
  18. 軍港都市史研究Ⅲ呉編, 清文堂, 2014年, 4, 単行本(学術書), 編著, 河西英通、中山富広、坂根嘉弘、平下義記、布川弘、砂本文彦、齋藤義朗、落合功、林美和, 978-4-7924-1008-7
  19. 地域のなかの軍隊3・中部 列島中央の軍事拠点, 吉川弘文館, 2014年, 12, 単行本(学術書), 編著, 河西英通、井筒康人、伊藤厚史、大串潤児、佃隆一郎、幅国洋、村瀬隆彦、本康宏史、吉田律人, 978-4-642-06475-0, 220, 1-6,106-134
  20. 2015年, 東北, ブリル, 2015年, 単行本(学術書), 単著, English, 978-90-04-27433-4, 177
  21. 地域のなかの軍隊8・基礎知識編, 吉川弘文館, 2015年, 6, 単行本(学術書), 共編著, 河西英通、秋山博志、荒川章二、一ノ瀬俊也、今西聡子、大瀧真俊、小田部雄次、小野寺香月、吉良芳恵、坂根嘉弘、坂本悠一、中野良、原田敬一、山崎拓馬, 978‐4‐642‐06480‐4, 247, 106‐123
  22. 軍港都市史研究Ⅳ要港部編, 清文堂, 2016年6月, 単行本(学術書), 共著
  23. 東北の近代と自由民権, 日本経済評論社, 2017年, 単行本(学術書), 共著, 345
  24. 青森県史資料編・近現代6 高度経済成長期の青森県, 青森県, 2014年, 03, その他, 共著
  25. 青森県史資料編・近現代7青森論, 青森県, 2016年, 03, その他, 編著
  26. 2017年03月, 青森県史資料編近現代8日記, 青森県, 2017年, 03, その他, 編著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Tohoku-Japan's Constructed Outland, 2014年02月19日, 通常, 英語, インドネシア・デポック市
  2. 「ふるさと」とは何か―その語りと歴史―, 周防大島文化交流講座, 2014年11月23日, 招待, 日本語, 山口県周防大島文化交流センター, 山口県周防大島文化交流センター
  3. 福島論―〈始点〉として考える―, 2015年02月28日, 通常, 日本語, 朝日カルチャーセンター, 福島市・コラッセふくしま
  4. 2015年06月22日, 通常, 英語, Association of Asian Studies, 台北・中央研究院