仙谷 和弘KAZUHIRO SENTANI

Last Updated :2020/04/01

所属/職名
大学院医系科学研究科(医)/講師
メールアドレス
kzsentanihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
病理診断を基盤にした研究を行っている。

基本情報

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 人体病理学

研究キーワード

  • 外科病理学

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  3. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  4. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学概論
  5. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  6. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  7. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  8. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  9. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  10. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  11. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  12. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  13. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子病理学特別演習
  14. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子病理学特別実験
  15. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 死因究明特別実験
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 病因病態学
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 研究方法論A
  18. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 研究方法論B
  19. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子病理学特別演習
  20. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子病理学特別研究
  21. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 死因究明特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Synchronous squamous cell carcinoma of the breast and invasive lobular carcinoma, APMIS, 115巻, pp. 1422-1425, 20070101
  2. Promoter methylation status of the DNA repair genes hMLH1 and MGMT in gastric carcinoma and metaplastic mucosa, PATHOBIOLOGY, 69巻, 3号, pp. 143-149, 2001
  3. Increased expression but not genetic alteration of BRG1, a component of the SWI/SNF complex, is associated with the advanced stage of human gastric carcinomas, PATHOBIOLOGY, 69巻, 6号, pp. 315-320, 2001
  4. Expression of RhoC is associated with metastasis of gastric carcinomas, PATHOBIOLOGY, 71巻, 1号, pp. 19-25, 2004
  5. Molecular pathobiology of gastric cancer, SCANDINAVIAN JOURNAL OF SURGERY, 95巻, 4号, pp. 225-231, 2006
  6. Increased expression of h-prune is associated with tumor progression and poor survival in gastric cancer, CANCER SCIENCE, 98巻, 8号, pp. 1198-1205, 200708
  7. Melanoma-associated antigen-A1 expression predicts resistance to docetaxel and paclitaxel in advanced and recurrent gastric cancer, ONCOLOGY REPORTS, 18巻, 2号, pp. 329-336, 200708
  8. Serum concentration of Reg IV in patients with colorectal cancer: Overexpression and high serum levels of Reg IV are associated with liver metastasis, ONCOLOGY, 72巻, 5-6号, pp. 371-380, 2007
  9. Gene expression profiling with microarray and SAGE identifies PLUNC as a marker for hepatoid adenocarcinoma of the stomach, MODERN PATHOLOGY, 21巻, 4号, pp. 464-475, 200804
  10. Immunohistochemical staining of Reg IV and claudin-18 is useful in the diagnosis of gastrointestinal signet ring cell carcinoma, AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY, 32巻, 8号, pp. 1182-1189, 200808
  11. Positive immunohistochemical staining of gamma H2AX is associated with tumor progression in gastric cancers from radiation-exposed patients, ONCOLOGY REPORTS, 20巻, 5号, pp. 1131-1136, 200811
  12. Immunohistochemical analysis of Reg IV in urogenital organs: Frequent expression of Reg IV in prostate cancer and potential utility as serum tumor marker, ONCOLOGY REPORTS, 21巻, 1号, pp. 95-100, 200901
  13. Characteristic gene expression in stromal cells of gastric cancers among atomic-bomb survivors, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 124巻, 5号, pp. 1112-1121, 20090301
  14. Transcriptome dissection of gastric cancer: Identification of novel diagnostic and therapeutic targets from pathology specimens, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 59巻, 3号, pp. 121-136, 200903
  15. h-prune Is an Independent Prognostic Marker for Survival in Esophageal Squamous Cell Carcinoma, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 16巻, 5号, pp. 1390-1396, 200905
  16. Serum olfactomedin 4 (GWI 12, hGC4) in combination with Reg IV is a highly sensitive biomarker for gastric cancer patients, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 125巻, 10号, pp. 2383-2392, 20091115
  17. Serial analysis of gene expression of esophageal squamous cell carcinoma: ADAMTS16 is upregulated in esophageal squamous cell carcinoma, CANCER SCIENCE, 101巻, 4号, pp. 1038-1044, 201004
  18. Serum concentration and expression of Reg IV in patients with esophageal cancer: Age-related elevation of serum Reg IV concentration, ONCOLOGY LETTERS, 2巻, 2号, pp. 235-239, 2011
  19. Olfactomedin 4 (GW112, hGC-1) is an independent prognostic marker for survival in patients with colorectal cancer, EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE, 1巻, 1号, pp. 73-78, 2010
  20. Identification of Transmembrane Protein in Prostate Cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap: Expression of CDON Is Involved in Tumor Cell Growth and Invasion, PATHOBIOLOGY, 78巻, 5号, pp. 277-284, 2011
  21. Desmocollin 2 is a new immunohistochemical marker indicative of squamous differentiation in urothelial carcinoma, HISTOPATHOLOGY, 59巻, 4号, pp. 710-721, 201110
  22. Molecular pathology of gastric cancer: Research and practice, PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 207巻, 10号, pp. 608-612, 2011
  23. Expression of cancer stem cell markers ALDH1, CD44 and CD133 in primary tumor and lymph node metastasis of gastric cancer, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 2号, pp. 112-119, 201202
  24. Deficiency of Claudin-18 Causes Paracellular H+ Leakage, Up-regulation of Interleukin-1 beta, and Atrophic Gastritis in Mice, GASTROENTEROLOGY, 142巻, 2号, pp. 292-304, 201202
  25. Cytokeratin Expression Profiling in Gastric Carcinoma: Clinicopathologic Significance and Comparison with Tumor-Associated Molecules, PATHOBIOLOGY, 79巻, 3号, pp. 154-161, 2012
  26. Upregulation of HOXA10 in gastric cancer with the intestinal mucin phenotype: reduction during tumor progression and favorable prognosis, CARCINOGENESIS, 33巻, 5号, pp. 1081-1088, 201205
  27. Cytokeratin 7 is a Predictive Marker for Survival in Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 19巻, 6号, pp. 1902-1910, 201206
  28. Primary mammary mucinous cystadenocarcinoma: Cytological and histological findings, DIAGNOSTIC CYTOPATHOLOGY, 40巻, 7号, pp. 624-628, 201207
  29. Infantile adenomyoma subclinically excreted into the patient's diaper, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 8号, pp. 532-537, 201208
  30. Liver-intestine cadherin induction by epidermal growth factor receptor is associated with intestinal differentiation of gastric cancer, CANCER SCIENCE, 103巻, 9号, pp. 1744-1750, 201209
  31. The Search for Secreted Proteins in Prostate Cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap: Expression of NBL1 Is Highly Restricted to the Prostate and Is Related to Cancer Progression, PATHOBIOLOGY, 80巻, 2号, pp. 60-69, 2013
  32. Reg IV Is a Direct Target of Intestinal Transcriptional Factor CDX2 in Gastric Cancer, PLOS ONE, 7巻, 11号, 20121102
  33. Expression of olfactomedin 4 and claudin-18 in serrated neoplasia of the colorectum: a characteristic pattern is associated with sessile serrated lesion, HISTOPATHOLOGY, 62巻, 7号, pp. 1018-1027, 201306
  34. Clinicopathological features of minute pharyngeal lesions diagnosed by narrow-band imaging endoscopy and biopsy, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 18巻, 44号, pp. 6468-6474, 20121128
  35. Claudin-based paracellular proton barrier in the stomach, BARRIERS AND CHANNELS FORMED BY TIGHT JUNCTION PROTEINS II, 1258巻, pp. 108-114, 2012
  36. MicroRNA-155 is a predictive marker for survival in patients with clear cell renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 20巻, 5号, pp. 468-477, 201305
  37. Resistin-Like Molecule Is Abundantly Expressed in Foam Cells and Is Involved in Atherosclerosis Development, ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY, 33巻, 8号, pp. 1986-1993, 201308
  38. New molecular staging with G-factors (VEGF-C and Reg IV) by supplementing TNM classification in colorectal cancers, ONCOLOGY REPORTS, 30巻, 6号, pp. 2609-2616, 201312
  39. NRD1, which encodes nardilysin protein, promotes esophageal cancer cell invasion through induction of MMP2 and MMP3 expression, CANCER SCIENCE, 105巻, 1号, pp. 134-140, 201401
  40. MicroRNA-143 regulates collagen type III expression in stromal fibroblasts of scirrhous type gastric cancer, CANCER SCIENCE, 105巻, 2号, pp. 228-235, 201402
  41. MicroRNA-148a is downregulated in gastric cancer, targets MMP7, and indicates tumor invasiveness and poor prognosis, CANCER SCIENCE, 105巻, 2号, pp. 236-243, 201402
  42. Alpha-fetoprotein-producing clear cell carcinoma of the gallbladder with neuroendocrine differentiation, MEDICAL MOLECULAR MORPHOLOGY, 47巻, 1号, pp. 54-56, 201403
  43. Identification of Novel Transmembrane Proteins in Scirrhous-Type Gastric cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap (CAST) Method: TM9SF3 Participates in Tumor Invasion and Serves as a Prognostic Factor, PATHOBIOLOGY, 81巻, 3号, pp. 138-148, 2014
  44. Overexpression of ZDHHC14 promotes migration and invasion of scirrhous type gastric cancer, ONCOLOGY REPORTS, 32巻, 1号, pp. 403-410, 201407
  45. Clinicopathological significance of MMP-7, laminin gamma 2 and EGFR expression at the invasive front of gastric carcinoma, GASTRIC CANCER, 17巻, 3号, pp. 412-422, 201407
  46. Signal peptidase complex 18, encoded by SEC11A, contributes to progression via TGF-alpha secretion in gastric cancer, ONCOGENE, 33巻, 30号, pp. 3918-3926, 20140724
  47. Identification of PRL1 as a novel diagnostic and therapeutic target for castration-resistant prostate cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap (CAST) method, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 32巻, 6号, pp. 769-778, 201408
  48. MicroRNA-145 is a potential prognostic factor of scirrhous type gastric cancer, ONCOLOGY REPORTS, 32巻, 4号, pp. 1720-1726, 201410
  49. Oligophrenin-1 Is Associated with Cell Adhesion and Migration in Prostate Cancer, PATHOBIOLOGY, 81巻, 4号, pp. 190-198, 2014
  50. New molecular staging with G-factor supplements TNM classification in gastric cancer: a multicenter collaborative research by the Japan Society for Gastroenterological Carcinogenesis G-Project committee, GASTRIC CANCER, 18巻, 1号, pp. 119-128, 201501
  51. T Categorization of Urothelial Carcinomas of the Ureter With CT: Preliminary Study of New Diagnostic Criteria Proposed for Differentiating T2 or Lower From T3 or Higher, AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 204巻, 4号, pp. 792-797, 201504
  52. Aberrant DNA Methylation of DLX4 and SIM1 is a Predictive Marker for Disease Progression of Uterine Cervical Low-Grade Squamous Intraepithelial Lesion, DIAGNOSTIC CYTOPATHOLOGY, 43巻, 6号, pp. 462-470, 201506
  53. Chlorinated Water Modulates the Development of Colorectal Tumors with Chromosomal Instability and Gut Microbiota in Apc-Deficient Mice, PLOS ONE, 10巻, 7号, 20150717
  54. Characteristic miR-24 Expression in Gastric Cancers among Atomic Bomb Survivors, PATHOBIOLOGY, 82巻, 2号, pp. 68-75, 2015
  55. Clinicopathologic and molecular characteristics of gastric cancer showing gastric and intestinal mucin phenotype, CANCER SCIENCE, 106巻, 8号, pp. 951-958, 201508
  56. High-grade epithelial-myoepithelial carcinoma of the parotid gland with mucous cell differentiation, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 65巻, 9号, pp. 490-494, 201509
  57. Significance of miR-148a in Colorectal Neoplasia: Downregulation of miR-148a Contributes to the Carcinogenesis and Cell Invasion of Colorectal Cancer, PATHOBIOLOGY, 82巻, 5号, pp. 233-241, 2015
  58. The relationship between inflammation and neoangiogenesis of epicardial adipose tissue and coronary atherosclerosis based on computed tomography analysis, ATHEROSCLEROSIS, 243巻, 1号, pp. 293-299, 201511
  59. The Potential Role of Inflammation Associated with Interaction between Osteopontin and CD44 in a Case of Pulmonary Tumor Thrombotic Microangiopathy Caused by Breast Cancer, INTERNAL MEDICINE, 54巻, 22号, pp. 2877-2880, 2015
  60. Regression of Cecal MALT Lymphoma after Antibiotic Treatment in a Patient with Helicobacter pylori Infection, INTERNAL MEDICINE, 55巻, 2号, pp. 135-139, 2016
  61. TSPAN8, identified by Escherichia coli ampicillin secretion trap, is associated with cell growth and invasion in gastric cancer, GASTRIC CANCER, 19巻, 2号, pp. 370-380, 201604
  62. Fukutin, identified by the Escherichia coli ampicillin secretion trap (CAST) method, participates in tumor progression in gastric cancer, GASTRIC CANCER, 19巻, 2号, pp. 443-452, 201604
  63. A case of tubulocystic carcinoma of the kidney with aggressive features, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 34巻, 4号, pp. 307-311, 201604
  64. Mouse model of proximal colon-specific tumorigenesis driven by microsatellite instability-induced Cre-mediated inactivation of Apc and activation of Kras, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 51巻, 5号, pp. 447-457, 201605
  65. Induction of KIFC1 expression in gastric cancer spheroids, ONCOLOGY REPORTS, 36巻, 1号, pp. 349-355, 201607
  66. The transcribed-ultraconserved regions in prostate and gastric cancer: DNA hypermethylation and microRNA-associated regulation, ONCOGENE, 35巻, 27号, pp. 3598-3606, 20160707
  67. Regulation of multidrug resistance 1 expression by CDX2 in ovarian mucinous adenocarcinoma, CANCER MEDICINE, 5巻, 7号, pp. 1546-1555, 201607
  68. Data set for volumetric and pathological findings of epicardial adipose tissue., Data Brief., 5巻, pp. 337-341, 201509
  69. Increased Calcineurin A Expression Is Associated with a Lower Relapse-Free Survival Rate after Colorectal Cancer Surgery, PATHOBIOLOGY, 83巻, 6号, pp. 308-315, 2016
  70. KRAS mutation leads to decreased expression of regulator of calcineurin 2, resulting in tumor proliferation in colorectal cancer, ONCOGENESIS, 5巻, 201608
  71. Intrahepatic cholangiocarcinoma coinciding with a liver metastasis from a rectal carcinoma: a case report, SURGICAL CASE REPORTS, 2巻, 20160909
  72. ALK(R1275Q) perturbs extracellular matrix, enhances cell invasion and leads to the development of neuroblastoma in cooperation with MYCN, ONCOGENE, 35巻, 34号, pp. 4447-4458, 201608
  73. Balloon Cell Malignant Melanoma in a Young Female: A Case Report and Review of the Literature, CASE REPORTS IN ONCOLOGY, 9巻, 1号, pp. 262-266, 2016
  74. Overexpression of KIF11 in Gastric Cancer with Intestinal Mucin Phenotype, PATHOBIOLOGY, 84巻, 1号, pp. 16-24, 201609
  75. Clinicopathologic characteristics and management of minute esophageal lesions diagnosed by narrow-band imaging endoscopy, ENDOSCOPY INTERNATIONAL OPEN, 4巻, 9号, pp. E927-E932, 201609
  76. Pure invasive micropapillary carcinoma of the esophagogastric junction with lymph nodes and liver metastasis, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 66巻, 10号, pp. 583-586, 201610
  77. Gasdermin C Is Upregulated by Inactivation of Transforming Growth Factor beta Receptor Type II in the Presence of Mutated Apc, Promoting Colorectal Cancer Proliferation, PLOS ONE, 11巻, 11号, 20161111
  78. KIF11 Is Required for Spheroid Formation by Oesophageal and Colorectal Cancer Cells, ANTICANCER RESEARCH, 37巻, 1号, pp. 47-55, 201701
  79. Overexpression of Transmembrane Protein BST2 is Associated with Poor Survival of Patients with Esophageal, Gastric, or Colorectal Cancer, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 24巻, 2号, pp. 594-602, 201702
  80. KIFC1 induces resistance to docetaxel and is associated with survival of patients with prostate cancer, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 35巻, 1号, 201701
  81. BRAF(V600E) cooperates with CDX2 inactivation to promote serrated colorectal tumorigenesis, ELIFE, 6巻, 20170110
  82. Clinicopathological significance of SPC18 in colorectal cancer: SPC18 participates in tumor progression, CANCER SCIENCE, 108巻, 1号, pp. 143-150, 201701
  83. Characteristic expression of fukutin in gastric cancer among atomic bomb survivors, ONCOLOGY LETTERS, 13巻, 2号, pp. 937-941, 201702
  84. Regeneration of rat corpora cavernosa tissue by transplantation of CD133(+) cells derived from human bone marrow and placement of biodegradable gel sponge sheet, ASIAN JOURNAL OF ANDROLOGY, 19巻, 2号, pp. 203-207, 2017
  85. The Expression of BTS-2 Enhances Cell Growth and Invasiveness in Renal Cell Carcinoma, ANTICANCER RESEARCH, 37巻, 6号, pp. 2853-2860, 201706
  86. Long-term follow-up study of gastric adenoma; tumor-associated macrophages are associated to carcinoma development in gastric adenoma., Gastric Cancer., 20170320
  87. Expression and function of Uc.160+, a transcribed ultraconserved region, in gastric cancer., Gastric Cancer., 2017
  88. Imaging features of papillary renal cell carcinoma with cystic change-dominant appearance in the era of the 2016 WHO classification., Abdom Radiol (NY)., 42巻, 7号, pp. 1850-1856, 2017
  89. Overexpression of the transmembrane protein BST-2 induces Akt and Erk phosphorylation in bladder cancer, ONCOLOGY LETTERS, 14巻, 1号, pp. 999-1004, 201707
  90. A comparison of clinicopathological features and prognosis in prostate cancer between atomic bomb survivors and control patients, ONCOLOGY LETTERS, 14巻, 1号, pp. 299-305, 201707
  91. Overexpression of PCDHB9 promotes peritoneal metastasis and correlates with poor prognosis in patients with gastric cancer, JOURNAL OF PATHOLOGY, 243巻, 1号, pp. 100-110, 201709
  92. Chronic kidney disease as a risk factor for recurrence and progression in patients with primary non-muscle-invasive bladder cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 24巻, 8号, pp. 594-600, 201708
  93. Combination therapy using molecular-targeted drugs modulates tumor microenvironment and impairs tumor growth in renal cell carcinoma, CANCER MEDICINE, 6巻, 10号, pp. 2308-2320, 201710
  94. Determination of the primary organ is difficult for poorly differentiated adenocarcinoma with signet-ring cells of the esophagus and urinary bladder., Am J Cancer Case Report, 2巻, 2号, pp. 108-111, 2014
  95. Long-term follow-up study of gastric adenoma; tumor-associated macrophages are associated to carcinoma development in gastric adenoma, GASTRIC CANCER, 20巻, 6号, pp. 929-939, 201711
  96. Expression and function of Uc.160+, a transcribed ultraconserved region, in gastric cancer, GASTRIC CANCER, 20巻, 6号, pp. 960-969, 201711
  97. Overexpression of KIFC1 and its association with spheroid formation in esophageal squamous cell carcinoma, PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 213巻, 11号, pp. 1388-1393, 2017
  98. Serous adenocarcinoma of retroperitoneum: a case report, INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL, 6巻, 4号, pp. 154-157, 201710
  99. Transcribed ultraconserved region Uc.63+promotes resistance to docetaxel through regulation of androgen receptor signaling in prostate cancer, ONCOTARGET, 8巻, 55号, pp. 94259-94270, 20171107
  100. An extremely rare case of Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma with differentiation to neuroendocrine carcinoma, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 68巻, 1号, pp. 41-46, 201801
  101. Pseudomesotheliomatous carcinoma of the pleura: an autopsy case of metastasis from a G-CSF-producing anaplastic carcinoma of the pancreas, APMIS, 126巻, 2号, pp. 166-170, 201802
  102. Tumor Necrosis Factor-alpha Gene Expression in Epicardial Adipose Tissue is Related to Coronary Atherosclerosis Assessed by Computed Tomography, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 25巻, 3号, pp. 269-280, 2018
  103. Clinicopathological and Prognostic Significance of Epithelial Gremlin1 Expression in Gastric Cancer, ANTICANCER RESEARCH, 38巻, 3号, pp. 1419-1425, 201803
  104. Imaging features of papillary renal cell carcinoma with cystic change-dominant appearance in the era of the 2016 WHO classification, ABDOMINAL RADIOLOGY, 42巻, 7号, pp. 1850-1856, 201707
  105. Overexpression of the Transmembrane Protein IQGAP3 Is Associated with Poor Survival of Patients with Gastric Cancer, PATHOBIOLOGY, 85巻, 3号, pp. 192-200, 2018
  106. Anastomosing haemangioma with fatty changes in the perirenal space: a lesion mimicking liposarcoma, BJR CASE REPORTS, 4巻, 2号, 2018
  107. Tubulocystic renal cell carcinoma: a review of literature focused on radiological findings for differential diagnosis, ABDOMINAL RADIOLOGY, 43巻, 7号, pp. 1540-1545, 201807
  108. Association between histological features of epicardial adipose tissue and coronary plaque characteristics on computed tomography angiography, HEART AND VESSELS, 33巻, 8号, pp. 827-836, 201808
  109. Preoperative risk classification using neutrophil-lymphocyte ratio and hydronephrosis for upper tract urothelial carcinoma, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 48巻, 9号, pp. 841-849, 201809
  110. Uc.416+A promotes epithelial-to-mesenchymal transition through miR-153 in renal cell carcinoma, BMC CANCER, 18巻, OCT 4 2018
  111. TDO2 Overexpression Is Associated with Cancer Stem Cells and Poor Prognosis in Esophageal Squamous Cell Carcinoma, ONCOLOGY, 95巻, 5号, pp. 297-308, 2018
  112. INTRAMURAL FLORID CYSTIC ENDOSALPINGIOSIS OF THE UTERUS AFTER MENOPAUSE, POLISH JOURNAL OF PATHOLOGY, 69巻, 3号, pp. 321-324, 2018
  113. Protocadherin B9 promotes resistance to bicalutamide and is associated with the survival of prostate cancer patients, PROSTATE, 79巻, 2号, pp. 234-242, 20190201
  114. Clinicopathological significance of RCAN2 production in gastric carcinoma, HISTOPATHOLOGY, 74巻, 3号, pp. 430-442, 201902
  115. KIFC1 Inhibitor CW069 Induces Apoptosis and Reverses Resistance to Docetaxel in Prostate Cancer, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 2号, 201902
  116. Clinicopathological significance of claspin overexpression and its association with spheroid formation in gastric cancer, HUMAN PATHOLOGY, 84巻, pp. 8-17, 201902
  117. Transcribed ultraconserved region Uc.63+promotes resistance to cisplatin through regulation of androgen receptor signaling in bladder cancer, ONCOLOGY REPORTS, 41巻, 5号, pp. 3111-3118, 201905
  118. Molecular carcinogenesis of gastric cancer: Lauren classification, mucin phenotype expression, and cancer stem cells, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 24巻, 7号, pp. 771-778, 201907
  119. Characteristics of 5015 Salivary Gland Neoplasms Registered in the Hiroshima Tumor Tissue Registry over a Period of 39 Years, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 5号, 201905
  120. Deficiency of Stomach-Type Claudin-18 in Mice Induces Gastric Tumor Formation Independent of H pylori Infection, CELLULAR AND MOLECULAR GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 8巻, 1号, pp. 119-142, 2019
  121. Helicobacter suis infection is associated with nodular gastritis-like appearance of gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma, CANCER MEDICINE, 8巻, 9号, pp. 4370-4379, 201908
  122. SEC11A Expression Is Associated with Basal-Like Bladder Cancer and Predicts Patient Survival, PATHOBIOLOGY, 86巻, 4号, pp. 208-216, 2019
  123. Synbiotics suppress colitis-induced tumorigenesis in a colon-specific cancer mouse model, PLOS ONE, 14巻, 6号, 20190626
  124. miR-130b Promotes Sunitinib Resistance through Regulation of PTEN in Renal Cell Carcinoma, ONCOLOGY, 97巻, 3号, pp. 164-172, 2019

著書等出版物

  1. 2009年-1月, 胃癌の発生・進展の分子機構, 細胞, 大上 直秀;仙谷 和弘;坂本 直也 他;坂本 直也
  2. 2011年-0月, 創薬シリーズ(5)トランスレーショナルリサーチ(16)トランスレーショナルリサーチに向けた病理学的研究--消化管がんの新規診断マーカー・治療標的の同定, 日本薬理学雑誌 : くすりとからだ : ファーマコロジカ, 大上 直秀;仙谷 和弘;坂本 直也 他;坂本 直也
  3. 2011年, トランスレーショナルリサーチに向けた病理学的研究-消化管がんの新規診断マーカー・治療標的の同定, 日本薬理学雑誌, 大上 直秀;仙谷 和弘;坂本 直也;安井 弥
  4. 2014年, 胃癌原発巣と転移巣の病理像., メディカルレビュー社, 単行本(学術書), 共著
  5. 2014年, 胃切除標本の取り扱い.

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. CTパターンを用いた尿管癌の術前病期診断., 後藤 景介、本田 有紀子、池田 健一郎、小畠 浩平、亭島 淳、仙谷 和弘、粟井 和夫、 安井 弥、松原 昭, 第103回日本泌尿器科学会総会, 2015年04月, 通常, 日本語
  2. 胃癌におけるBST2 発現は5-FU感受性と関連がある., 向井正一朗、大上直秀、仙谷和弘、Htoo Zarni Oo、大段秀樹、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月, 通常, 日本語, その他
  3. 大腸癌におけるSPC18の機能解析., 服部拓也、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月, 通常, 日本語, その他
  4. CAST法を用いて同定したBST2の食道癌における機能解析, 立本淑子、向井正一朗、PhamThi Binh Trang、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月, 通常, 日本語, その他
  5. 低異型度扁平上皮内病変進行におけるDNAメチル化異常., 坂根潤一、谷山清己、仙谷和弘、倉岡和矢、大上直秀、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月, 通常, 日本語, その他
  6. CAST法により同定されたOligophrenin-1の前立腺癌における発現と機能解析, 重松慶紀、後藤景介、林哲太郎、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月, 通常, 日本語, その他
  7. 前立腺癌における転写超保存領域T-UCRの発現調節機構, 関野陽平、後藤景介、石川 聖、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月, 通常, 日本語, その他
  8. 胃癌浸潤先進部におけるMMP-7,lamininγ2,EGFRの発現パターンとその臨床病理学的意義, 仙谷和弘、浦岡直礼、向井正一朗、服部拓也、大上直秀、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月, 通常, 日本語, その他
  9. Fukutin and CD10 expression in gastric cancer., Trang T.B Pham、Htoo Z.Oo、Kazuhiro Sentani、Naohiro Uraoka、Naohide Oue、Wataru Yasui, 第104回日本病理学会, 2015年04月, 通常, 日本語, その他
  10. 胃癌におけるスフェロイド形成関連遺伝子と癌幹細胞との関連, 大上直秀、向井正一朗、Pham T.B Trang、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月, 通常, 日本語, その他
  11. 食道扁平上皮癌におけるolfactomedin4発現に関する分子病理学的検討, 浦岡直礼、大上直秀、仙谷和弘、向井正一朗、服部拓也、野口 剛、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月, 通常, 日本語, その他
  12. Tubulosystic Carcinoma in the Left Kidney with Lymph Node Metastasis : Case Report., Maeda Y, Honda Y, Higaki T, Iida M, Date S, Goto K, Sentani K, Yasui W, Kitano H, Kajiwara M, Matsubara A, Tsuji S, Kuroda N, Matsuura N, Toyota N, Awai, 第29回日本腹部放射線学会, 2015年06月, 通常, 日本語, その他
  13. 胃癌細胞のスフェロイド形成におけるKIFC1の役割, 大上直秀、向井正一朗、Pham T.B. Trang、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第24回日本がん転移学会学術集会, 2015年07月, 通常, 日本語, その他
  14. Function analysis of Signal peptidase complex 18 in colorectal cancer, 服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第24回日本がん転移学会学術集会, 2015年07月, 通常, 日本語, その他
  15. CAST法を用いて同定したBST2の大腸癌における発現と機能解析., 今井健晴、向井正一朗、大上直秀、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第34回分子病理研究会, 2015年07月, 通常, 日本語, その他
  16. SPC18の大腸癌における組織腫瘍マーカーとしての意義, 服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第35回分子腫瘍マーカー研究会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  17. 大腸がんの新規治療開発に有用な2種類の異なるゲノム不安定性を持つ自然発生型大腸がんマウスモデルの確立., 檜井孝夫、安達智洋、斉藤保文、三口真司、新津宏明、河内雅年、下村 学、北台靖彦、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  18. StageII/III胃癌根治切除後のリスク層別化マーカー検索., 大島 貴、木村弥生、中居祐介、坂巻顕太郎、吉川貴己、宮城洋平、山中正二、利野 靖、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、今田敏夫、益田宗孝, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  19. Transforming growth factor beta receptorII(TGFBR2)変異大腸癌マウスモデルの作製と解析., 三口真司、檜井孝夫、安達智洋、斎藤保文、新津宏明、伊地知秀明、北台靖彦、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  20. 大腸癌自然発生マウスモデルにおける新バイオティクス投与が及ぼす影響の解析., 齊藤保文、檜井孝夫、安達智洋、三口真司、新津宏明、河内雅年、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  21. 大腸癌自然発生マウスモデルを用いたKRAS変異型大腸癌の遺伝子発現プロファイル解析., 新津宏明、檜井孝夫、川口康夫、仙谷和弘、大上直秀、安達智洋、齊藤保文、三口真司、河内雅年、佐田春樹、下村 学、安井 弥、大段秀樹, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  22. 胃癌におけるPCDHB9の発現とその意義., 向井正一朗、大上直秀、後藤景介、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  23. KIFC1は胃癌細胞のスフェロイド形成に重要である., 大上直秀、向井正一朗、Pham T.B Trang、仙谷和弘、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  24. 胃癌浸潤先進部におけるMMP-7、lamininγ2、EGFRの臨床的意義, 仙谷和弘、浦岡直礼、服部拓也、内藤 寛、坂本直也、大上直秀、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  25. 胃腺腫の長期経過に関する検討., 谷山大樹、谷山清己、倉岡和矢、在津潤一、齋藤彰久、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  26. 食道扁平上皮癌におけるPCDHB9の機能解析., 今井健晴、向井正一朗、大上直秀、後藤景介、仙谷和弘、大段秀樹、吉田和弘、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  27. 食道扁平上皮癌におけるolfactomedin4の発現とその臨床病理学的意義, 浦岡直礼、大上直秀、仙谷和弘、向井正一朗、服部拓也、野口 剛、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  28. SPC18の大腸癌における発現と機能解析., 服部拓也、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  29. DNA異常メチル化解析は子宮頸部重層扁平上皮内低異型度病変の予測に有用である, 坂根潤一、谷山清己、宮本和明、齋藤彰久、仙谷和弘、倉岡和矢、大上直秀、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  30. 転写超保存領域T-UCRの胃癌・前立腺癌における発現制御機構., 後藤景介、石川 聖、本間りりの、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  31. 食道癌におけるBST2の発現., 服部 結、大上直秀、Htoo Zarni Oo、向井正一朗、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  32. 膀胱癌における新規HER2標的治療薬T-DM1の有効性., 林哲太郎、Peter C Black、後藤景介、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、亭島 淳、安井 弥、松原昭郎, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  33. 腎細胞癌同所移植モデルにおける分子標的薬の微小環境への効果., 北野弘之、亭島 淳、林哲太郎、神明俊輔、永松弘孝、後藤景介、弓削 亮、品川 慶、仙谷和弘、Peter C Black、北台靖彦、安井 弥、松原昭郎, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  34. 膀胱癌におけるSPC18の発現と機能., 重松慶紀、後藤景介、関野陽平、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  35. 前立腺癌におけるPCDHB9は浸潤に関与する., 関野陽平、後藤景介、向井正一朗、重松慶紀、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  36. 大腸癌のマウスモデルを用いた新たなTGF-βシグナルターゲット癌関連遺伝子の同定., 三口真司、檜井孝夫、安達智洋、斉藤保文、新津宏明、河内雅年、佐田春樹、伊地知秀明、田中屋宏爾、北台靖彦、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月, 通常, 日本語, その他
  37. KRAS変異型大腸癌自然発生マウスモデルを用いた遺伝子プロファイル解析., 新津宏明、檜井孝夫、川口康夫、仙谷和弘、大上直秀、弓削 亮、齋藤保文、三口真司、河内雅年、佐田春樹、北台靖彦、安井 弥、大段秀樹, 第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月, 通常, 日本語, その他
  38. CAST法によって同定されたFukutinの胃癌における臨床病理学的意義., 今井健晴、仙谷和弘、Zarni Oo Htoo、大上直秀、安井 弥, 第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月, 通常, 日本語, その他
  39. 胃癌幹細胞およびスフェロイド形成におけるKIFC1の役割, 大上直秀、向井正一朗、今井健晴、T.B.Pham Trang、仙谷和弘、安井 弥, 第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月, 通常, 日本語, その他
  40. 大腸癌自然発生マウスモデルにおけるシンバイオテイクスが腫瘍形成に及ぼす効果の解析., 齋藤保文、檜井孝夫、安達智洋、惠木浩之、下村 学、三口真司、澤田紘幸、新津宏明、河内雅年、佐田春樹、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月, 通常, 日本語, その他
  41. インテグリンα8β1は筋繊維芽細胞分化を誘導して組織繊維化を促進する., 西道教尚、菅野啓司、杉山晶子、仙谷和弘、安井 弥、横崎恭之, 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学大会合同大会, 2015年12月, 通常, 日本語, その他
  42. CAST法によって同定されたFukutinの胃癌における臨床病理学的意義, 仙谷和弘、Htoo Zarni Oo、今井健晴、大上直秀、安井 弥, 第88回日本胃癌学会総会, 2016年03月, 通常, 日本語, その他
  43. SAGE法・CAST法から同定した胃癌関連マーカーとその意義., 大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、浦岡直礼、服部拓也、安井 弥, 第35回分子腫瘍マーカー研究会, 2015年10月, 通常, 日本語, その他
  44. 卵巣腫瘍., 浦岡直礼、仙谷和宏、安井弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第117回スライドカンファレンス, 2015年06月, 通常, 日本語, その他
  45. 胃腫瘍., 30. 浦岡直礼、仙谷和宏、安井弥, 第64回広島病理集談会, 2015年07月, 通常, 日本語, その他
  46. 乳腺腫瘍., 31. 服部拓也、仙谷和弘、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第118回スライドカンファレンス, 2015年12月, 通常, 日本語, その他
  47. 胃癌の組織学的多様性と粘液形質を制御する分子メカニズム, 仙谷和弘, 第8回分子病理セミナーinサザンセト, 2016年08月05日, 招待, 日本語, サンシャインサザンセト(山口)
  48. 膜貫通蛋白質PCDHB9は接着及び播種を促進し胃癌の予後不良に関与する, 大上直秀、向井正一朗、今井健晴、國安弘基、仙谷 和弘、坂本直也、大段秀樹、吉田和弘 、安井 弥, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 鹿児島
  49. 2016年06月24日, 通常, 英語
  50. 2016年07月21日, 通常, 英語
  51. 2016年07月21日, 通常, 英語
  52. 2016年07月21日, 通常, 英語
  53. 胃癌細胞のスフェロイド形成におけるKIFC1の役割, 大上直秀、向井正一朗、大島 貴、Pham T.B Trang、仙谷和弘、安井 弥, 第88回日本胃癌学会総会, 2016年03月17日, 通常, 日本語, 別府
  54. PCDHB9は胃癌細胞の接着性に関与する, 今井健晴、大上直秀、向井正一朗、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第88回日本胃癌学会総会, 2016年03月17日, 通常, 日本語, 別府
  55. CAST法によって同定されたFukutinの胃癌における臨床病理学的意義, 仙谷和弘、Zarni Oo Htoo、今井健晴、大上直秀、安井 弥, 第88回日本胃癌学会総会, 2016年03月17日, 通常, 日本語, 別府
  56. 原爆被曝者に発生した胃癌におけるFKTNの解析, Trang Pham Thi Binh、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、浦岡直礼、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  57. 胃癌におけるPCDHB9の機能および発現意義について, 向井正一朗、大上直秀、後藤景介、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  58. 胃癌におけるKinesin family member11の発現・機能解析, 今井健晴、向井正一朗、大上直秀、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  59. KIFC1は胃癌において高発現しておりスフェロイド形成に重要である, 大上直秀、向井正一朗、Pham T.B.,Trang、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  60. 膀胱癌におけるSPC18の発現・機能解析, 重松慶紀、後藤景介、関野陽平、仙谷和弘、大上直秀、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  61. マウス大腸正常粘膜及び大腸腺腫におけるCdx2発現消失の影響, 坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  62. 小胞体膜上分泌制御タンパクSPC18の大腸癌における検討, 服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  63. 食道扁平上皮癌におけるolfactomedin4の臨床病理学的解析, 浦岡直礼、向井正一朗、今井健晴、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  64. 転写超保存領域Uc.416+Aの胃癌における生物学的機能解析, 後藤景介、本間りりの、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  65. 胃癌における転写超保存領域T-UCRのDNAメチル化解析, 本間りりの、後藤景介、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  66. CAST法によって同定されたFukutinの腸型粘液形質胃癌における臨床病理学的意義, 仙谷和弘、Htoo Zarni Oo、向井正一朗、服部拓也、後藤景介、坂本直也、Pham Thi Binh Trang、今井健晴、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  67. 胃腺腫の長期予後に関する検討第2報, 谷山大樹、谷山清己、坂根潤一、在津潤一、齋藤彰久、倉岡和矢、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  68. CAST法により同定されたprotocadherin-β9の前立腺癌における発現と機能解析, 関野陽平、後藤景介、向井正一朗、重松慶紀、林哲太郎、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  69. 広島県腫瘍登録における唾液腺腫瘍の解析, 仙谷和弘、小川郁子、小笹晃太郎、定金敦子、歌田真衣、野間 純、山田博康、津谷隆史、梶原博毅、米原修治、武島幸男、安井 弥, 地域がん登録全国協議会第25回学術集会, 2016年06月02日, 通常, 日本語, 金沢
  70. Kinesin family member11の胃癌における発現・機能解析, 今井健晴、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第25回日本がん転移学会学術集会, 2016年07月21日, 通常, 日本語, 米子
  71. PCDHB9は胃癌において高発現し接着能及び播種を促進する, 大上直秀、向井正一朗、今井健晴、國安弘基、仙谷和弘、田邊和照、大段秀樹、吉田和弘、安井 弥, 第25回日本がん転移学会学術集会, 2016年07月21日, 通常, 日本語, 米子
  72. 胃癌におけるAnnexin A10 (ANXA10)発現に関する臨床病理学的検討, 石川 洸、坂本直也、関野陽平、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第35回分子病理研究会, 2016年07月15日, 通常, 日本語, 横浜
  73. CAST法により同定されたprotocadherin-beta 9の前立腺癌における発現と機能解析, 関野陽平、石川 洸、後藤景介、重松慶紀、林哲太郎、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第35回分子病理研究会, 2016年07月15日, 通常, 日本語, 横浜
  74. 食道癌におけるSPC18の発現・機能解析, 山本悠司、大上直秀、今井健晴、坂本直也、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第13回日本病理学会カンファレンス, 2016年07月29日, 通常, 日本語, 神戸
  75. 胃癌、大腸癌におけるmiR-148aの発現低下, 坂本直也、山本悠司、重松慶紀、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第13回日本病理学会カンファレンス, 2016年07月29日, 通常, 日本語, 神戸
  76. 大腸癌におけるmiR-148a発現低下と細胞生物学的機能に関する検討, 坂本直也、本間りりの、石川 洸、今井健晴、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 鹿児島
  77. CDX2P-CreERT2:Apcflox/flox;KrasG12Dマウスモデルを用いた大腸癌発生速度の検討, 河内雅年、檜井孝夫、安達智洋、斎藤保文、三口真司、新津宏明、佐田春樹、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 鹿児島
  78. Uc.160+の胃癌における発現調節機能と生物学的意義, 本間りりの、後藤景介、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 鹿児島
  79. 胃癌におけるKIF11の機能解析および発現意義, 今井健晴、大上直秀、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 鹿児島
  80. 胃癌におけるAnnexin A10(ANXA10)発現に関する臨床病理学的検討, 石川 洸、坂本直也、本間りりの、今井健晴、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 鹿児島
  81. KIF C1とKIF 11の胃癌における分子腫瘍マーカーとしての意義, 今井健晴、大上直秀、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第36回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2016年10月05日, 通常, 日本語, 横浜
  82. miR-148aは大腸癌の発がん・進展に寄与している, 坂本直也、日比野佑美、後藤景介、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  83. PCDHB9は胃癌の予後不良因子である, 大上直秀、向井正一朗、今井健晴、坂本直也、仙谷和弘、國安弘基、大段秀樹、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  84. CAST法によって同定したFukutinは胃癌の進展に寄与する, 仙谷和弘、Zarni Oo Htoo、向井正一朗、服部拓也、後藤景介、坂本直也、PT Trang、今井健晴、大上直秀、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  85. 胃腺腫癌化例における増殖細胞と腫瘍関連組織級の分布, 谷山大樹、谷山清己、在津潤一、齋藤彰久、倉岡和矢、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  86. 食道扁平上皮癌におけるKIFC1の発現と幹細胞の関連, 服部 結、大上直秀、服部拓也、今井健晴、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  87. 食道癌におけるSignal peptidase complex18の発現は予後不良因子である, 山本悠司、大上直秀、今井健晴、坂本直也、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  88. 大腸癌におけるSPC18の発現解析, 服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  89. Stage II/III胃癌根治切除後の再発リスク層別化マーカー検索, 大島 貴、木村弥生、坂巻顕太郎、宮城洋平、山中正二、吉川貴己、塩澤 学、大上直秀、仙谷和弘、利野 靖、安井 弥、今田敏夫、益田宗孝, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  90. CDX2P-CreERT2:APCflox/flox;KrasG12Dマウスモデルを用いたタモキシフェン投与量依存性腫瘍発育速度の検討, 河内雅年、檜井孝夫、安達智洋、齋藤保文、三口真司、新津宏明、佐田春樹、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  91. 膀胱癌におけるBST2の発現・機能解析, 重松慶紀、大上直秀、関野陽平、向井正一朗、後藤景介、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  92. CAST法により同定されたprotocadherin-β9の前立腺癌における発現と機能解析, 関野陽平、後藤景介、向井正一朗、重松慶紀、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  93. 転写超保存領域Uc.416+Aは去勢抵抗性前立腺癌と関連する, 後藤景介、本間りりの、関野陽平、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  94. 転写超保存領域Uc.160+の胃癌における発現・機能解析, 本間りりの、後藤景介、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  95. 食道扁平上皮癌におけるKinesis family member11の発現解析, 石川 洸、今井健晴、向井正一朗、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語
  96. KIF11は腸型胃癌の発生に関与する, 今井健晴、大上直秀、向井正一朗、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  97. 腎腫瘍, 本間りりの、服部拓也、黒田直人、仙谷和弘、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第119回スライドカンファレンス, 2016年02月06日, 通常, 日本語, 山口
  98. 甲状腺腫瘍, 服部 結、仙谷和弘、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第120回 スライドカンファレンス, 通常, 日本語, 香川
  99. 眼窩内腫瘍, 石川 洸、仙谷和弘、坂本直也、安井 弥, 第66回 広島病理集談会, 通常, 日本語, 広島
  100. 子宮頚部腫瘍, 石川 洸、仙谷和弘、服部 結、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第121回スライドカンファレンス, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 広島
  101. 子宮体部腫瘤, 服部 結、仙谷和弘、中山宏文、服部拓也、坂本直也、安井 弥, 第67回広島病理集談会, 2016年12月03日, 通常, 日本語, 広島
  102. 胃癌における転写超保存領域の生物学的機能解析., 坂本直也、後藤景介、本間りりの、関野陽平、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  103. 胃癌スフェロイド形成におけるKIFC1の関連, 大上直秀、今井健晴、田邊和照、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  104. 細胞接着分子PCDHB9は腹膜播種を促進し予後不良に関連する, 関野陽平、大上直秀、向井正一朗、田邊和照、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  105. 膜貫通蛋白質BST2はEGFRを活性化し予後不良に関連する, 重松慶紀、大上直秀、向井正一郎、田邊和照、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  106. 胃腺腫癌化例における腫瘍関連組織球の重要性, 谷山大樹、谷山清己、倉岡和矢、在津潤一、齋藤彰久、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  107. 胃噴門部における純粋型浸潤性微小乳頭癌の1例, 服部拓也、仙谷和弘、服部 結、大上直秀、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  108. 胃癌における粘膜内と浸潤部の組織学的多様性と臨床病理学的意義, 仙谷和弘、今井健晴、服部拓也、服部 結、谷山大樹、石川 洸、山本悠司、本間りりの、坂本直也、大上直秀、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  109. 好酸球増多が併存したラッセル小体胃炎の一例, 今井健晴、仙谷和弘、坂本直也、大上直秀、山下和臣、吉田和弘、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  110. 胃癌におけるAnnexin A10の臨床病理学的検討, 石川 洸、坂本直也、本間りりの、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  111. 胃癌細胞のスフェロイド形成におけるIQGAP3の重要性, 山本悠司、大上直秀、今井健晴、田邊和照、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  112. 胃癌におけるKIF23の発現・機能解析, 今井健晴、大上直秀、山本悠司、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  113. KIF11は腸型胃癌において高発現している, 今井健晴、大上直秀、山本悠司、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  114. 胃癌においてUc.160+はメチル化されている, 本間りりの、後藤景介、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  115. Signal peptidase complex 18(SPC18)の膀胱癌における発現・機能解析, 重松慶紀、大上直秀、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  116. 食道癌および大腸癌におけるKinesin family member 11の発現・機能解析, 今井健晴、山本悠司、大上直秀、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  117. IQGAP3の発現誘導と胃癌におけるスフェロイド形成, 大上直秀、山本悠司、今井健晴、田邊和照、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  118. SPC18の大腸癌における検討, 服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  119. 前立腺癌におけるUc.63+の発現解析, 関野陽平、後藤景介、本間りりの、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  120. CDX2の発現消失とBRAFV600E変異が鋸歯状腺癌発癌に寄与する, 坂本直也、仙谷和弘、Fearon Eric、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  121. 食道扁平上皮癌においてSPC18の発現は予後不良因子である, 山本悠司、大上直秀、今井健晴、坂本直也、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  122. A gastric cancer organoid library provides a hopeful resource for drug screening., 本間りりの、坂本直也、石川 洸、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  123. 胃癌におけるAnnexin A10(ANXA10)発現とその制御因子に関する臨床病理学的検討, 石川 洸、坂本直也、本間りりの、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  124. 胃癌における粘膜内と浸潤部の組織像の比較と臨床病理学的意義, 仙谷和弘、今井健晴、服部拓也、服部 結、谷山大樹、石川 洸、坂本直也、大上直秀、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  125. 胃噴門部における純粋型浸潤性微小乳頭癌の1例, 服部 結、仙谷和弘、服部拓也、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  126. Two cases of adenocarcinoma emerged from gastric adenoma after 15 and 18 years-follow, 谷山大樹、谷山清己、在津潤一、齋藤彰久、倉岡和矢、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  127. 大腸癌オルガノイドの遺伝子異常と薬剤感受性の相関, 福井嵩史、石川 洸、坂本直也、本間りりの、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語
  128. 腎管状嚢胞癌の画像診断所見, 本田有紀子、寺田大晃、中村優子、谷 千尋、馬場康孝、飯田 慎、関野陽平、仙谷和弘、安井 弥、後藤景介、林哲太郎、松原昭郎、粟井和夫, 第31回日本腹部放射線学会, 2017年06月30日, 通常, 日本語
  129. Long-term follow-up study of gastric adenoma;tumor-associated macrophages may relate to carcinoma development in gastric adenoma., Daiki Taniyama, Kiyomi Taniyama, Kazuya Kuraoka, Junichi Zaitsu, Akihisa Saito, Naoya Sakamoto, Kazuhiro Sentani, Naohide Oue, Wataru Yasui, 第36回分子病理学研究会フェニックスシンポジウム, 2017年07月21日, 通常, 日本語
  130. BRAFV600E cooperates with CDX2 inactivation to promote serrated colorectal tumorigenesis., Naoya Sakamoto, Akira Ishikawa, Ririno Honma, Daiki Taniyama, Kazuhiro Sentani, Naohide Oue, Eric R. Fearon, Wataru Yasui, 第36回分子病理学研究会フェニックスシンポジウム, 2017年07月21日, 通常, 日本語
  131. SPC18の膀胱癌における発現・機能解析, 重松慶紀、大上直秀、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第26回日本がん転移学会学術集会, 2017年07月27日, 通常, 日本語
  132. 膜蛋白質IQGAP3は胃癌の進行に関与する, 大上直秀、今井健晴、山本悠司、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第26回日本がん転移学会学術集会, 2017年07月27日, 通常, 日本語
  133. 腎癌におけるBST2の発現・機能解析, Pham Quoc Thang、関野陽平、大上直秀、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第26回日本がん転移学会学術集会, 2017年07月27日, 通常, 日本語
  134. 胃癌におけるAnnexin A10発現の重要性に関する検討, 石川 洸、坂本直也、本間りりの、深田佳穂、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第14回日本病理学会カンファレンス, 2017年07月28日, 通常, 日本語
  135. 胃癌におけるKIF23の発現解析とスフェロイド形成への影響, 浅井竜一、今井健晴、山本悠司、大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、吉田和弘、安井 弥, 第14回日本病理学会カンファレンス, 2017年07月28日, 通常, 日本語
  136. CDX2NU11/BRAFV600Eマウスモデルを用いた大腸鋸歯状腺癌の新規マーカー・治療標的の探索, 坂本直也、石川 洸、本間りりの、仙谷和弘、大上直秀、Eric R Fearon、安井 弥, 第37回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  137. BRAFV600E変異とCDX2不活化は大腸鋸歯状腺癌の発がんに協調して寄与する, 坂本直也、石川 洸、本間りりの、谷山大樹、仙谷和弘、大上直秀、Eric Fearon、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  138. ヒストン脱メチル化酵素UTXの膀胱特異的欠失による新規膀胱癌モデルマウスの作製, 小畠浩平、池田健一郎、中田雄一郎、世良康如、林哲太郎、金山麻裕子、仙谷和弘、堀江重郎、安井 弥、松原昭郎、本田浩章, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  139. Ptenハプロ不全はApc欠損マウス腸上皮細胞の発がんを促進する, 佐田春樹、檜井孝夫、斎藤保文、新津宏明、河内雅年、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  140. 胃癌進展におけるUc.63+発現の生物学的、臨床病理学的重要性, 深田佳穂、坂本直也、本間りりの、石川 洸、関野陽平、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  141. 胃癌におけるClaspinの臨床病理学的意義, 小林 剛、仙谷和弘、服部拓也、山本悠司、今井健晴、坂本直也、大上直秀、佐々木なおみ、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  142. 膀胱癌におけるKIF23の発現・機能解析, 重松慶紀、大上直秀、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  143. BST-2の発現は増殖能・浸潤能に関係する, Pham Quoc Thang、大上直秀、山本悠司、重松慶紀、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、浦岡直礼、Tiwari Mamata、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  144. 大腸癌幹細胞特異的な転写超保存領域の同定, 本間りりの、坂本直也、石川 洸、深田佳穂、関野陽平、恵木浩之、大段秀樹、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  145. 尿路上皮分化に基づいた免疫組織染色による分類は、膀胱癌の予後を層別化する, 林哲太郎、仙谷和弘、坂本直也、牟田口和昭、小畠浩平、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島 淳、安井 弥、松原昭郎, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  146. 大腸腺腫の癌化におけるCD204陽性腫瘍関連組織球の重要性, 谷山大樹、谷山清己、在津潤一、齋藤彰久、倉岡和矢、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  147. KIF23は食道癌・大腸癌細胞におけるスフェロイド形成に必要である, 浅井竜一、大上直秀、今井健晴、山本悠司、福永武史、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  148. 転写超保存領域Uc.63+はアンドロゲンレセプターを介してドセタキセル抵抗性に関与する, 関野陽平、坂本直也、後藤景介、本間りりの、重松慶紀、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  149. IQGAP3の発現は胃癌の予後不良と関連する, 大上直秀、山本悠司、今井健晴、田邊和照、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  150. RCAN2は胃癌における予後不良因子である, 服部 結、仙谷和弘、服部拓也、今井健晴、神明俊輔、坂本直也、大上直秀、新津宏明、檜井孝夫、大段秀樹、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  151. KIF23の発現は胃癌の予後と相関する, 山本悠司、大上直秀、今井健晴、浅井竜一、坂本直也、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  152. 胃癌進展におけるAnnexin A10の発現の重要性, 石川 洸、坂本直也、本間りりの、深田佳穂、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  153. 胃癌の組織学的多様性と癌関連分子の相関, 仙谷和弘、今井健晴、服部拓也、服部 結、谷山大樹、勝矢脩嵩、石川 洸、坂本直也、大上直秀、安井 弥, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語
  154. 早期胃癌の内視鏡診断についての検討-良性病変との比較も含めて-, 熊本 隆、仙谷和弘、安井 弥, 第94回日本消化器内視鏡学会総会, 2017年10月12日, 通常, 日本語
  155. 病理病期T3以上と診断される臨床病期T1腎癌の予測における腫瘍辺縁部形態の意義, 亭島 淳、林哲太郎、北野弘之、定秀孝介、神明俊輔、井上省吾、本田有紀子、仙谷和弘、粟井和夫、安井 弥、松原昭郎, 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月20日, 通常, 日本語
  156. 大腸癌幹細胞におけるT-UCRの発現, 本間りりの、坂本直也、石川 洸、深田佳穂、関野陽平、向井正一朗、仙谷和弘、大上直秀、恵木浩之、大段秀樹、安井 弥, 第28回日本消化器癌発生学会総会・第9回国際消化器癌発生会議, 2017年11月17日, 通常, 日本語
  157. PtenとApc変異大腸癌のマウスモデルとその発癌機序, 佐田春樹、檜井孝夫、斎藤保文、三口真司、新津宏明、河内雅年、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第28回日本消化器癌発生学会総会・第9回国際消化器癌発生会議, 2017年11月17日, 通常, 日本語
  158. IQGAPは胃癌の予後と相関する, 大上直秀、山本悠司、田邊和照、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第28回日本消化器癌発生学会総会・第9回国際消化器癌発生会議, 2017年11月17日, 通常, 日本語
  159. 食道扁平上皮癌においてSPC18の発現は予後不良因子である, 山本悠司、大上直秀、浅井竜一、坂本直也、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第28回日本消化器癌発生学会総会・第9回国際消化器癌発生会議, 2017年11月17日, 通常, 日本語
  160. 左環指腫瘍, 服部拓也、仙谷和弘、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第122回スライドカンファレンス, 2017年02月04日, 通常, 日本語
  161. 腎腫瘍, 服部 結、仙谷和弘、服部拓也、安井 弥, 第68回広島病理集談会, 2017年07月15日, 通常, 日本語
  162. 食道腫瘍, 勝矢脩嵩、仙谷和弘、服部拓也、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第123回スライドカンファレンス, 2017年06月24日, 通常, 日本語
  163. 皮膚病変, 勝矢脩嵩、仙谷和弘、大上直秀、佐々木なおみ、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第124回スライドカンファレンス, 2017年11月25日, 通常, 日本語
  164. Signal peptidase complex 18 (SPC18) contributes to proliferation and invasion capacity through EGFR pathway in bladder cancer., 重松慶紀、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017年11月09日, 通常, 日本語
  165. Identification of genes encoding transmembrane proteins expressed in gastric cancer., Naohide Oue, Takeharu Imai, Yuji Yamamoto, Kazuaki Tanabe, Hideki Ohdan, Naoya Sakamoto, Kazuhiro Sentani, Wataru Yasui, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月08日, 通常, 日本語
  166. The value and challenge of HER2 pathways in gastric cancer therapy., 12th International Gastric Cancer Congress, 2017年04月20日, 通常, 英語
  167. 胃癌のかたち・性格の多様性と遺伝子レベルの変化., 仙谷和弘, 第22回日本胃癌学会市民公開講座「これでわかる!世界トップレベルの胃癌診療」, 2017年03月11日, 招待, 日本語
  168. Precision medicineを目指したオルガノイドモデルによる胃がんの薬剤効果判定, 大上直秀、坂本直也、本間りりの、仙谷和弘、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 札幌
  169. トランスクリプトームによる胃がんの発生・進展の理解, 大上直秀、山本悠司、今井健晴、國安弘基、仙谷和弘、坂本直也、大段秀樹、吉田和弘、安井 弥, 第29回日本消化器癌発生学会総会, 2018年11月16日, 通常, 日本語
  170. がんの発生、転移、薬剤耐性, 仙谷和弘, 2018年12月01日, 招待, 日本語, 福岡
  171. 2018年03月15日, 通常, 英語
  172. 2018年04月14日, 通常, 英語
  173. 2018年04月14日, 通常, 英語
  174. 2018年05月15日, 通常, 英語
  175. 2018年05月15日, 通常, 英語
  176. 2018年12月06日, 通常, 英語
  177. 第90回日本胃癌学会総会, 2018年03月07日, 通常, 英語
  178. 第90回日本胃癌学会総会, 2018年03月07日, 通常, 日本語
  179. 胃癌細胞のスフェロイド形成におけるDSG1の重要性, 山本悠司、大上直秀、今井健晴、浅井竜一、田邊和照、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第90回日本胃癌学会総会, 2018年03月07日, 通常, 日本語
  180. KIF23の発現は胃癌の腸型粘液形質と相関する, 浅井竜一、大上直秀、今井健晴、山本悠司、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第90回日本胃癌学会総会, 2018年03月07日, 通常, 英語
  181. 第106回日本泌尿器学会総会, 2018年04月19日, 通常, 英語
  182. Kinesin family member 11の胃癌における発現・機能解析, 今井健晴、大上直秀、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第39回癌免疫外科研究会, 2018年05月17日, 通常, 日本語
  183. 胃腺腫の長期予後に関する検討;腫瘍関連組織球は胃腺腫における癌の発生に関与する, 谷山大樹、谷山清己、山本英喜、在津潤一、齊藤彰久、倉岡和矢、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  184. 胃癌においてAnnexin A10はPDX1を介して胃型形質を誘導する, 石川 洸、坂本直也、本間りりの、深田佳穂、谷山大樹、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  185. Uc.416+Aは腎癌においてmiR-153の制御を介して上皮間葉転換を促進する, 関野陽平、本間りりの、重松慶紀、服部拓也、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  186. 胃癌におけるUc.63+発現の生物学的、臨床病理学的重要性, 坂本直也、関野陽平、本間りりの、石川 洸、深田佳穂、谷山大樹、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  187. Pham Quoc Thang、大上直秀、関野陽平、山本悠司、重松慶紀、本間りりの、坂本直也、仙谷和弘、浦岡直礼、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  188. 胃癌細胞のスフェロイド形成におけるDSG1の重要性, 山本悠司、大上直秀、今井健晴、浅井竜一、田邊和照、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  189. 食道癌におけるPCDHB9の発現は癌の進行に関連する, 大上直秀、山本悠司、浅井竜一、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  190. 5-FU耐性胃がんオルガノイドの樹立とその解析, 鵜飼翔一、坂本直也、本間りりの、深田佳穂、谷山大樹、石川 洸、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  191. 胃癌におけるclaspinの発現と臨床病理学的意義, 小林 剛、仙谷和弘、服部拓也、山本悠司、今井健晴、坂本直也、大上直秀、佐々木なおみ、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  192. Kinesin family member23(KIF23)の膀胱癌における発現・機能解析, 重松慶紀、大上直秀、関野陽平、服部拓也、坂本直也、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  193. 転写超保存領域Uc.63+の大腸癌における発現と生物学的機能, 深田佳穂、坂本直也、関野陽平、本間りりの、石川 洸、谷山大樹、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  194. 浅井竜一、大上直秀、山本悠司、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  195. インテレクチン1の大腸癌における臨床病理学的意義, 勝矢脩嵩、仙谷和弘、大上直秀、Vishwa J.Amatya、武島幸男、服部拓也、坂本直也、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  196. 胃癌の組織学的多様性と癌関連分子との相関, 仙谷和弘、今井健晴、服部拓也、服部 結、谷山大樹、石川 洸、坂本直也、大上直秀、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  197. RCAN2の発現解析, 服部 結、仙谷和弘、服部拓也、今井健晴、神明俊輔、坂本直也、大上直秀、檜井孝夫、大段秀樹、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  198. 大腸鋸歯状腺癌におけるADAM28の発現・機能解析, 服部拓也、坂本直也、下田将之、堀江 航、石川 洸、本間りりの、仙谷和弘、大上直秀、岡田保典、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  199. 大腸癌における癌幹細胞特異的に発現する転写超保存領域の解析, 本間りりの、坂本直也、Pham Quoc Thang、石川 洸、深田佳穂、谷山大樹、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  200. 谷山大樹、谷山清己、山本英喜、在津潤一、齊藤彰久、倉岡和矢、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  201. KIFC1は前立腺癌においてドセタキセル感受性の制御に関与している, 小池優毅、関野陽平、重松慶紀、塩田真己、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語
  202. Protocadherin B9は播種を促進し胃癌の予後と関連する, 大上直秀、向井正一朗、大島 貴、坂本直也、仙谷和弘、國安弘基、安井 弥, 第27回日本がん転移学会学術集会・総会, 2018年07月19日, 通常, 日本語
  203. 胃癌細胞株のスフェロイド形成においてDSG1の発現は重要である, 山本悠司、大上直秀、今井健晴、浅井竜一、田邊和照、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第27回日本がん転移学会学術集会・総会, 2018年07月19日, 通常, 日本語
  204. 大腸腺腫の悪性化におけるCD204陽性腫瘍関連組織球の重要性, 谷山大樹、谷山清己、山本英喜、在津潤一、齊藤彰久、倉岡和矢、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第15回日本病理学会カンファレンス, 2018年08月03日, 通常, 日本語
  205. BRAFV600E変異、CDX2発現消失による大腸鋸歯状腺癌マウスモデルを用いた新規診断マーカー、治療法的の同定, 坂本直也、服部拓也、本間りりの、谷山大樹、仙谷和弘、大上直秀、Eric R Fearon、安井 弥, 第15回日本病理学会カンファレンス, 2018年08月03日, 通常, 日本語
  206. 大腸癌オルガノイドを用いた癌幹細胞特異的な転写超保存領域の発現・機能解析, 本間りりの、坂本直也、Phma Quoc Thang、石川 洸、深田佳穂、谷山大樹、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第15回日本病理学会カンファレンス, 2018年08月03日, 通常, 日本語
  207. 第91回日本生化学会大会, 2018年09月24日, 通常, 英語
  208. 大腸癌におけるDesmoglein1の予後予測マーカーとしての意義, 浅井竜一、大上直秀、山本悠司、坂本直也、仙谷和弘、大段秀樹、吉田和弘、安井 弥, 第38回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2018年09月26日, 通常, 日本語
  209. UTX欠失は炎症性微小環境形成を促進し、p53の機能欠失と協調して膀胱癌を発症する, 小畠浩平、世良康如、池田健一郎、林哲太郎、仙谷和弘、金山麻裕子、堀江重郎、安井 弥、松原昭郎、本田浩章, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  210. 食道扁平上皮癌において、TDO2は癌幹細胞と関連し予後不良因子である, Pham Quoc Thang、大上直秀、関野陽平、山本悠司、重松慶紀、本間りりの、坂本直也、仙谷和弘、浦岡直礼、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  211. 胃癌細胞由来Extracellular vesiclesは腹膜中皮細胞にmesothelial-mesenchymal transitionを引き起こす, 大上直秀、今井健晴、大島 貴、坂本直也、仙谷和弘、國安弘基、吉田和弘、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  212. 胃癌においてAnnexin A10はPDX1を介して胃型形質を誘導する, 石川 洸、坂本直也、本間りりの、谷山大樹、深田佳穂、鵜飼翔一、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  213. 胃癌におけるRACN2の解析, 服部 結、仙谷和弘、神明俊輔、服部拓也、今井健晴、関野陽平、坂本直也、大上直秀、新津宏明、檜井孝夫、大段秀樹、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  214. 胃癌の組織学的多様性と特徴的な癌関連遺伝子, 仙谷和弘、今井健晴、服部拓也、服部 結、谷山大樹、石川 洸、勝矢脩嵩、城戸 綾、坂本直也、大上直秀、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  215. 高島剛志、浅井竜一、山本悠司、今井健晴、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、吉田和弘、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  216. DSG1の胃癌における検討, 山本悠司、大上直秀、今井健晴、浅井竜一、田邊和照、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  217. 胃癌におけるClaspinの過剰発現とその臨床病理学的意義, 小林 剛、仙谷和弘、服部拓也、山本悠司、今井健晴、坂本直也、大上直秀、佐々木なおみ、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  218. Uc.63+はNF-kBシグナルの制御を介して胃癌の進展に寄与する, 坂本直也、関野陽平、本間りりの、鵜飼翔一、深田佳穂、谷山大樹、石川 洸、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  219. 大腸癌幹細胞特異的な転写超保存領域の機能解析, 本間りりの、坂本直也、石川 洸、深田佳穂、鵜飼翔一、谷山大樹、惠木浩之、大段秀樹、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  220. KIF23の腎癌における発現・機能解析, 重松慶紀、大上直秀、関野陽平、服部拓也、坂本直也、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  221. KIFC1は前立腺癌においてドセタキセル感受性の制御に関与している, 関野陽平、小池優毅、重松慶紀、服部拓也、坂本直也、塩田真己、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  222. Uc.63+の大腸癌における生物学的、臨床病理学的意義, 深田佳穂、坂本直也、関野陽平、本間りりの、鵜飼翔一、石川 洸、谷山大樹、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  223. 遺伝子プロファイル解析によるPtenハプロ不全大腸癌マウスモデルにおける腫瘍浸潤に関わるパスウェイの同定, 佐田春樹、檜井孝夫、河内雅年、新津宏明、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  224. 5-FU耐性胃がんオルガノイドの樹立とその解析, 鵜飼翔一、坂本直也、本間りりの、深田佳穂、谷山大樹、石川 洸、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  225. 大腸腺腫癌化における腫瘍関連組織球の重要性, 谷山大樹、谷山清己、在津潤一、山本英喜、齋藤彰久、倉岡和矢、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  226. 赤羽慎太郎、浅井竜一、大上直秀、山本悠司、惠木浩之、大段秀樹、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  227. Intelectin-1の大腸腫瘍における臨床病理学的意義, 勝矢脩嵩、仙谷和弘、大上直秀、Amatya Vishwajeet、武島幸男、服部拓也、坂本直也、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  228. 大腸癌におけるDSG1の発現と機能解析, 浅井竜一、大上直秀、山本悠司、坂本直也、仙谷和弘、大段秀樹、吉田和弘、安井 弥, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  229. BRAF600E変異とCDX2発現消失が大腸鋸歯状腺癌の発癌に寄与する, 坂本直也、服部拓也、谷山大樹、鵜飼翔一、仙谷和弘、大上直秀、Eric Fearon、安井 弥, 第29回日本消化器癌発生学会総会, 2018年11月16日, 通常, 日本語
  230. 大腸癌マウスモデルにおけるPtenハプロ不全による腫瘍浸潤に関わるパスウェイの同定, 佐田春樹、檜井孝夫、新津宏明、河内雅年、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第29回日本消化器癌発生学会総会, 2018年11月16日, 通常, 日本語
  231. 大腸癌におけるProtocadherin B9の発現は腫瘍形成と癌の進行に関与する, 浅井竜一、大上直秀、山本悠司、坂本直也、仙谷和弘、大段秀樹、吉田和弘、安井 弥, 第29回日本消化器癌発生学会総会, 2018年11月16日, 通常, 日本語
  232. 5-FU耐性胃がんオルガノイドの樹立とその特徴に関する詳細な解析, 鵜飼翔一、坂本直也、本間りりの、深田佳穂、谷山大樹、高島剛志、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第29回日本消化器癌発生学会総会, 2018年11月16日, 通常, 日本語
  233. CD204陽生組織球は大腸腺腫の悪性化に関与する, 谷山大樹、谷山清己、山本英喜、在津潤一、齋藤彰久、倉岡和矢、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第64回日本病理学会秋期特別総会, 2018年11月22日, 通常, 日本語
  234. 5-FU耐性胃がんオルガノイドの樹立及びその解析, 鵜飼翔一、坂本直也、本間りりの、深田佳穂、谷山大樹、高島剛志、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第64回日本病理学会秋期特別総会, 2018年11月22日, 通常, 日本語
  235. 大腸癌幹細胞特異的な発現パターンを示す転写超保存領域の解析, 本間りりの、坂本直也、Pham Quoc Thang、石川 洸、深田佳穂、谷山大樹、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第64回日本病理学会秋期特別総会, 2018年11月22日, 通常, 日本語
  236. ヒト食道癌におけるprotocadherin B9の高発現, 大上直秀、山本悠司、浅井竜一、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第64回日本病理学会秋期特別総会, 2018年11月22日, 通常, 日本語
  237. 腎癌において超存領域Uc.416+Aはsarcomatoid differentiationに関与する, 関野陽平、Pham Quoc Thang、本間りりの、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第64回日本病理学会秋期特別総会, 2018年11月22日, 通常, 日本語
  238. BRAFV600E 変異、CDX2 発現消失による大腸鋸歯状腺癌マウスモデルの樹立, 坂本直也、服部拓也、本間りりの、谷山大樹、深田佳穂、仙谷和弘、大上直秀、Eric R Fearon、安井 弥, 第41回日本分子生物学会, 2018年11月28日, 通常, 日本語
  239. オルガノイドを用いた大腸癌幹細胞特異的な転写超保存領域の解析, 本間りりの、坂本直也、Thang Pham Quoc、石川洸、深田佳穂、谷山大樹、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第41回日本分子生物学会, 2018年11月28日, 通常, 日本語
  240. 大腸癌における転写超保存領域Uc.63+の発現と生物学的意義, 深田佳穂、坂本直也、関野陽平、本間りりの、鵜飼翔一、石川洸、谷山大樹、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第41回日本分子生物学会, 2018年11月28日, 通常, 日本語
  241. 上行結腸病変, 服部 結、仙谷和弘、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第125回スライドカンファレンス, 2018年02月17日, 通常, 日本語
  242. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語
  243. 皮膚病変, 勝矢脩嵩、仙谷和弘、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第127回スライドカンファレンス, 2018年12月08日, 通常, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 大腸鋸歯状病変の発癌過程における分子病理学的制御の解明と鑑別診断への応用, 2013年, 2015年
  2. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 消化管癌転移巣の網羅的トランスクリプトーム解析と転移における癌幹細胞の意義, 2011年, 2012年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), SAGE法/CAST法で同定した胃癌関連遺伝子の腫瘍進展への影響と診断への応用, 2009年, 2010年
  4. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 肝線維化を抑制する活性化星細胞特異的インテグリンの抗体:作用機序解明と治療の展開, 2012年, 2013年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 消化管癌の組織学的多様性と超保存領域T-UCRからみた分子機構の解明と診断応用, 2016年, 2018年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), マトリックスタンパク質オステオポンチンの重合ー線維化形成における意義解明ー, 2015年, 2018年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 腫瘍登録実務委員会委員, 2016年04月, 2016年07月, 広島県医師会
  2. 日本病理学会学術評議員, 2017年04月
  3. 日本癌学会学術評議員, 2017年04月
  4. 日本消化器癌発生学会, 2017年04月
  5. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, マツダ株式会社 マツダ病院
  6. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 広島市医師会臨床検査センター
  7. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 中電病院
  8. 広島市医師会臨床検査センター, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  9. 中電病院, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  10. (財)放射線影響研究所, 2018年04月, 2020年03月, 疫学部専門委員
  11. 腫瘍登録実務委員会委員, 2017年04月
  12. 腫瘍登録実務委員会委員, 2018年06月, 2020年06月, 広島県医師会