亭島 淳JUN TEISHIMA

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)腎泌尿器科学准教授
メールアドレス
teishimahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
亭島 淳

基本情報

主な職歴

  • 1994年05月16日, 1995年03月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 1995年04月01日, 1999年03月30日, 島根県立中央病院, 泌尿器科, 医員(研修医)
  • 2002年04月01日, 2004年09月30日, 医療法人社団玄同会 小畠病院, 泌尿器科, 部長
  • 2004年10月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2010年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 助教
  • 2010年04月01日, 2010年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 講師
  • 2010年04月01日, 2015年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 講師
  • 2015年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 准教授

学歴

  • 広島大学, 大学院医学系研究科, 博士課程, 日本, 1998年04月, 2002年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1988年04月, 1994年03月

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 泌尿器科学

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学II
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, The impact of change in serum C-reactive protein level on the prediction of effects of molecular targeted therapy in patients with metastatic renal cell carcinoma, BJU INTERNATIONAL, 117巻, 6B号, pp. E67-E74, 201606
  2. ★, The effect of kinetics of C-reactive protein in the prediction of overall survival in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with tyrosine kinase inhibitor, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 35巻, 11号, 201711
  3. ★, Prognostic significance of C-reactive protein in patients with intermediate-risk metastatic renal cell carcinoma treated with molecular targeted therapy, ONCOLOGY LETTERS, 8巻, 2号, pp. 881-885, 201408
  4. ★, Impact of neutrophil-to-lymphocyte ratio on effects of targeted therapy for metastatic renal cell carcinoma patients with extrapulmonary metastasis, CUAJ-CANADIAN UROLOGICAL ASSOCIATION JOURNAL, 11巻, 5号, pp. E207-E214, 201705
  5. ★, Normalization of C-reactive protein levels following cytoreductive nephrectomy in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with tyrosine kinase inhibitors is associated with improved overall survival, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 36巻, 7号, 201807
  6. ★, FGF19 Promotes Progression of Prostate Cancer, PROSTATE, 75巻, 10号, pp. 1092-1101, 20150701
  7. ★, Relationship between the localization of fibroblast growth factor 9 in prostate cancer cells and postoperative recurrence, PROSTATE CANCER AND PROSTATIC DISEASES, 15巻, 1号, pp. 8-14, 201203
  8. ★, Accumulation of FGF9 in Prostate Cancer Correlates with Epithelial-to-Mesenchymal Transition and Induction of VEGF-A Expression, ANTICANCER RESEARCH, 34巻, 2号, pp. 695-700, 201402
  9. ★, Restoration of fibroblast growth factor receptor 2IIIb enhances the chemosensitivity of human prostate cancer cells, ONCOLOGY REPORTS, 32巻, 1号, pp. 65-70, 201407
  10. ★, Restoration of FGF receptor type 2 enhances radiosensitivity of hormone-refractory human prostate carcinoma PC-3 cells, ANTICANCER RESEARCH, 28巻, 4B号, pp. 2141-2146, 2008
  11. ★, Impact of pre-implant lower urinary tract symptoms on postoperative urinary morbidity after permanent prostate brachytherapy, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 19巻, 12号, pp. 1083-1089, 201212
  12. ★, Impact of Laparoscopic Experience on the Proficiency Gain of Urologic Surgeons in Robot-Assisted Surgery, JOURNAL OF ENDOUROLOGY, 26巻, 12号, pp. 1635-1638, 201212
  13. Effect of Spatial Cognitive Ability on Gain in Robot-Assisted Surgical Skills of Urological Surgeons, JOURNAL OF SURGICAL EDUCATION, 73巻, 4号, pp. 624-630, 2016
  14. ★, Retention of robot-assisted surgical skills in urological surgeons acquired using Mimic dV-Trainer, CUAJ-CANADIAN UROLOGICAL ASSOCIATION JOURNAL, 8巻, 7-8号, pp. E493-E497, 201407
  15. ★, Psychological factor, metacognition, is associated with the advantage of suturing techniques acquired on a virtual reality simulator of robot-assisted surgery., International Journal of Urology, 21巻, 3号, pp. 349-350, 201403
  16. Usefulness of personalized three-dimensional printed model on the satisfaction of preoperative education for patients undergoing robot-assisted partial nephrectomy and their families, INTERNATIONAL UROLOGY AND NEPHROLOGY, 50巻, 6号, pp. 1061-1066, 201806
  17. ★, Combination therapy using molecular-targeted drugs modulates tumor microenvironment and impairs tumor growth in renal cell carcinoma, CANCER MEDICINE, 6巻, 10号, pp. 2308-2320, 201710
  18. ★, Prostate cancer detection by prostate-specific antigen-based screening in the Japanese Hiroshima area shows early stage, low-grade, and low rate of cancer-specific death compared with clinical detection., Can Urol Assoc J., 8巻, 5.0号, pp. 327-332, 2014
  19. A comparison of clinicopathological features and prognosis in prostate cancer between atomic bomb survivors and control patients, ONCOLOGY LETTERS, 14巻, 1号, pp. 299-305, 201707
  20. ★, Six-year experience of permanent prostate brachytherapy for clinically localized prostate cancer., 広島大学医学雑誌, 60巻, 4号, pp. 51-56, 20111201
  21. 新前立腺癌 最新の基礎研究と診断・治療 前立腺癌の分子生理学と発癌機序 前立腺癌の発癌・進展., 日本臨床, 74巻, 3号, pp. 80-86, 2016
  22. ★, Comparison of initial experiences of robot-assisted radical cystectomy with those of laparoscopic for bladdercancer., Innovations, 9巻, 4号, pp. 322-326, 2014
  23. ★, ロボット支援腎部分切除術-経腹膜アプローチ, Japanese Journal of Endourology, 26巻, 1号, pp. 7-12, 2013
  24. 腎癌に対する腎部分切除術., 西日本泌尿器科, 77巻, 2号, pp. 43-51, 2015
  25. 新時代の手術 ロボット支援根治的膀胱全摘除術, 泌尿器外科, 28巻, 3号, pp. 281-285, 2015
  26. ロボット時代の泌尿器科手術①-前立腺癌に対する新たなスタンダード Ⅱ.手術成績 性機能., 69巻, 10号, pp. 862-868, 2015
  27. ヒトREV1遺伝子のクローニングと機能解析, 長崎医学会雑誌, 75巻, 原爆特集号, pp. 246-248, 20000401
  28. Comparison of Renal Function after Partial Nephrectomy and Radical Nephrectomy for Renal Cell Carcinoma, UROLOGIA INTERNATIONALIS, 89巻, 2号, pp. 227-232, 2012
  29. Genetic analysis of radiation-induced mouse hepatomas, Proceedings of International Symposium on Radiation and Homeostasis (Ed. by Sugahara= T.)= Elsevier, pp. 151-156, 20020401
  30. マウス肝癌で発現が亢進している新規遺伝子cis-retinol/androgen dehydrogenase type3 (CRAD3)の機能解析, ホルモンと臨床, 51巻, 春季増刊号, pp. 80-84, 20030301
  31. 放射線誘発マウス肝癌におけるIGFBP-7遺伝子の役割, ホルモンと臨床, 49巻, 冬季増刊号, pp. 215-220, 20010401
  32. ヒト前立腺癌細胞株における繊維芽細胞成長因子7(KGF)とアンドロゲン受容体(AR)のクロストークに関する基礎的検討, ホルモンと臨床, 49巻, pp. 180-183, 20010401
  33. Interaction of ligand-receptor system between stromal-cell-derived factor-1 and CXC chemokine receptor 4 in human prostate cancer: a possible predictor of metastasis., Biochem. Biophys. Res. Commun., 320巻, 3号, pp. 656-663, 20040701
  34. 前立腺がんに対する125I密封小線源治療, 広島市医師会だより, 10巻, pp. 15-19, 20041001
  35. Lower urinary tract symptoms and risk of prostate cancer in Japanese men., International Journal of Urology, 13巻, 8号, pp. 1098-1102, 20060801
  36. Women's perception of male erectile dysfunction drugs in the general population., Maturitas, 56巻, 2号, pp. 216-222, 20070101
  37. 広島大学病院泌尿器科における体腔鏡下手術214例の臨床的検討, 西日本泌尿器科, 68巻, 9号, pp. 429-433, 20060901
  38. 膀胱癌の新しい内視鏡的診断ツール ―i-scan, narrow band image―, 広島医学別冊, 65巻, 5号, pp. 355-356, 20120501
  39. Murine and human SDF2L1 is an endoplasmic reticulum stress-inducible gene and encodes a new member of the Pmt/rt protein family, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 280巻, 1号, pp. 407-414, 20010112
  40. Urological retroperitoneoscopic surgery for patients with prior intra-abdominal surgery, EUROPEAN UROLOGY, 48巻, 1号, pp. 97-101, 200507
  41. Impact of radical perineal prostatectomy on urinary continence and quality of life: A longitudinal study of Japanese patients, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 12巻, 11号, pp. 953-958, 200511
  42. Lower urinary tract symptoms and risk of prostate cancer in Japanese men, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 13巻, 8号, pp. 1098-1102, 200608
  43. DNA methylation of the RIZ1 gene is associated with nuclear accumulation of p53 in prostate cancer, CANCER SCIENCE, 98巻, 1号, pp. 32-36, 200701
  44. Lower urinary tract symptoms after radical perineal prostatectomy, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 37巻, 7号, pp. 534-539, 200707
  45. Inguinal hernia after radical perineal prostatectomy: Comparison with the retropubic approach, UROLOGY, 70巻, 6号, pp. 1152-1156, 200712
  46. Dual segmental arterial supply to a single renal lobule: a study using semi-serial sections of mid-term fetuses, BJU INTERNATIONAL, 105巻, 3号, pp. 416-421, 201002
  47. Identification of Transmembrane Protein in Prostate Cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap: Expression of CDON Is Involved in Tumor Cell Growth and Invasion, PATHOBIOLOGY, 78巻, 5号, pp. 277-284, 2011
  48. Desmocollin 2 is a new immunohistochemical marker indicative of squamous differentiation in urothelial carcinoma, HISTOPATHOLOGY, 59巻, 4号, pp. 710-721, 201110
  49. The Search for Secreted Proteins in Prostate Cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap: Expression of NBL1 Is Highly Restricted to the Prostate and Is Related to Cancer Progression, PATHOBIOLOGY, 80巻, 2号, pp. 60-69, 2013
  50. MicroRNA-155 is a predictive marker for survival in patients with clear cell renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 20巻, 5号, pp. 468-477, 201305
  51. Therapeutic efficacy of narrow band imaging-assisted transurethral electrocoagulation for ulcer-type interstitial cystitis/painful bladder syndrome, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 21巻, pp. 57-60, 201404
  52. Rat Cavernous Nerve Reconstruction with CD133(+) Cells Derived from Human Bone Marrow, JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE, 11巻, 5号, pp. 1148-1158, 201405
  53. Identification of PRL1 as a novel diagnostic and therapeutic target for castration-resistant prostate cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap (CAST) method, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 32巻, 6号, pp. 769-778, 201408
  54. Patient-reported satisfaction and cosmesis outcomes following laparoscopic adrenalectomy: Laparoendoscopic single-site adrenalectomy vs. conventional laparoscopic adrenalectomy, CUAJ-CANADIAN UROLOGICAL ASSOCIATION JOURNAL, 8巻, 1-2号, pp. E20-E25, 201401
  55. Laparoendoscopic Single-Site Adrenalectomy sans Transumbilical Approach: Initial Experience in Japan, UROLOGY JOURNAL, 11巻, 4号, pp. 1772-1776, 2014
  56. Oligophrenin-1 Is Associated with Cell Adhesion and Migration in Prostate Cancer, PATHOBIOLOGY, 81巻, 4号, pp. 190-198, 2014
  57. Population perception of surgical approach in minimally invasive surgery, CUAJ-CANADIAN UROLOGICAL ASSOCIATION JOURNAL, 9巻, 1-2号, pp. E1-E4, 201501
  58. ★, 腎腫瘍に対する経腹膜的単孔式腹腔鏡手術, Japanese Journal of Endourology, 26巻, 1号, pp. 62-67, 2013
  59. 全国アンケート結果, Japanese Journal of Endourology, 27巻, 2号, pp. 241-245, 2014
  60. 高齢者の排尿の治療 (シンポジウム 高齢化社会における泌尿器科の役割 : 今,泌尿器科に求められているもの), 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology, 76巻, 7号, pp. 218-224, 201407
  61. 症例報告 当院泌尿器科における膀胱膣瘻閉鎖術の3例, 広島医学, 67巻, 3号, pp. 201-205, 201403
  62. 女性の泌尿器科疾患, 産婦人科の実際, 63巻, 3号, pp. 421-426, 201403
  63. Needlescopic-assisted laparoendoscopic single-site adrenalectomy, ASIAN JOURNAL OF SURGERY, 39巻, 1号, pp. 6-11, 201601
  64. A case of tubulocystic carcinoma of the kidney with aggressive features, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 34巻, 4号, pp. 307-311, 201604
  65. The transcribed-ultraconserved regions in prostate and gastric cancer: DNA hypermethylation and microRNA-associated regulation, ONCOGENE, 35巻, 27号, pp. 3598-3606, 20160707
  66. KIFC1 induces resistance to docetaxel and is associated with survival of patients with prostate cancer, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 35巻, 1号, 201701
  67. A phase III multicenter, randomized, controlled study of combined androgen blockade with versus without zoledronic acid in prostate cancer patients with metastatic bone disease: results of the ZAPCA trial, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 22巻, 1号, pp. 166-173, 201702
  68. Regeneration of rat corpora cavernosa tissue by transplantation of CD133(+) cells derived from human bone marrow and placement of biodegradable gel sponge sheet, ASIAN JOURNAL OF ANDROLOGY, 19巻, 2号, pp. 203-207, 2017
  69. Overexpression of the transmembrane protein BST-2 induces Akt and Erk phosphorylation in bladder cancer, ONCOLOGY LETTERS, 14巻, 1号, pp. 999-1004, 201707
  70. Chronic kidney disease as a risk factor for recurrence and progression in patients with primary non-muscle-invasive bladder cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 24巻, 8号, pp. 594-600, 201708
  71. Serous adenocarcinoma of retroperitoneum: a case report, INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL, 6巻, 4号, pp. 154-157, 201710
  72. Transcribed ultraconserved region Uc.63+promotes resistance to docetaxel through regulation of androgen receptor signaling in prostate cancer, ONCOTARGET, 8巻, 55号, pp. 94259-94270, 20171107
  73. Prospective study of robotic partial nephrectomy for renal cancer in Japan: Comparison with a historical control undergoing laparoscopic partial nephrectomy, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 25巻, 5号, pp. 472-478, 201805
  74. Imaging features of papillary renal cell carcinoma with cystic change-dominant appearance in the era of the 2016 WHO classification, ABDOMINAL RADIOLOGY, 42巻, 7号, pp. 1850-1856, 201707
  75. Anastomosing haemangioma with fatty changes in the perirenal space: a lesion mimicking liposarcoma, BJR CASE REPORTS, 4巻, 2号, 2018
  76. Tubulocystic renal cell carcinoma: a review of literature focused on radiological findings for differential diagnosis, ABDOMINAL RADIOLOGY, 43巻, 7号, pp. 1540-1545, 201807
  77. Preoperative risk classification using neutrophil-lymphocyte ratio and hydronephrosis for upper tract urothelial carcinoma., Jpn J Clin Oncol, 48巻, 9号, pp. 841-850, Sep, 2018
  78. Clinical features of prostate-specific antigen bounce after 125I brachytherapy for prostate cancer., J Radiat Res., 59巻, 5号, pp. 649-655, Sep,1, 2018
  79. Nationwide Japanese Prostate Cancer Outcome Study of Permanent Iodine-125 Seed Implantation (J-POPS): first analysis on survival., Int J Clin Oncol., Jun 22, 2018
  80. Editorial Comment from Dr Teishima and Dr Matsubara to Prognostic impact of the pretreatment aspartate transaminase/alanine transaminase ratio in patients treated with first-line systemic tyrosine kinase inhibitor therapy for metastatic renal cell carcinoma., Int J Urol., 25巻, 6号, pp. 603-604, Jun, 2018
  81. Editorial Comment from Dr Teishima and Dr Matsubara to Estimated glomerular filtration rate on postoperative day 1 is associated with renal functional outcome after percutaneous renal cryoablation for renal tumors., Int J Urol., 24巻, 7号, pp. 555-556, 2017 Jun 15
  82. Editorial Comment from Dr Teishima and Dr Matsubara to Clinical application of calculated split renal volume using computed tomography-based renal volumetry after partial nephrectomy: Correlation with technetium-99m dimercaptosuccinic acid renal scan data., Int J Urol., 24巻, 6号, pp. 440-440, 2017 Apr 18
  83. Editorial Comment to Surgical treatment of renal cell carcinoma: Can morphological features of inferior vena cava tumor thrombus on computed tomography or magnetic resonance imaging be a prognostic factor?, Int J Urol., 24巻, 2号, pp. 110-110, 2017 Jan 22.
  84. Preoperative risk classification using neutrophil-lymphocyte ratio and hydronephrosis for upper tract urothelial carcinoma, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 48巻, 9号, pp. 841-849, SEP 2018
  85. Uc.416+A promotes epithelial-to-mesenchymal transition through miR-153 in renal cell carcinoma, BMC CANCER, 18巻, OCT 4 2018
  86. Clinical features of prostate-specific antigen bounce after I-125 brachytherapy for prostate cancer, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 59巻, 5号, pp. 649-655, 201809
  87. Protocadherin B9 promotes resistance to bicalutamide and is associated with the survival of prostate cancer patients, PROSTATE, 79巻, 2号, pp. 234-242, 20190201
  88. Longitudinal analysis of laparoendoscopic single-site adrenalectomy and conventional laparoscopic adrenalectomy regarding patient-reported satisfaction and cosmesis outcomes, ASIAN JOURNAL OF SURGERY, 42巻, 3号, pp. 514-519, 201903
  89. Fibroblast Growth Factor Family in the Progression of Prostate Cancer, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 2号, 201902
  90. Transcribed ultraconserved region Uc.63+promotes resistance to cisplatin through regulation of androgen receptor signaling in bladder cancer, ONCOLOGY REPORTS, 41巻, 5号, pp. 3111-3118, 201905
  91. Endoscopic repair of the urinary bladder with magnetically labeled mesenchymal stem cells: Preliminary report, REGENERATIVE THERAPY, 10巻, pp. 46-53, 201906
  92. Body mass index as a classifier to predict biochemical recurrence after radical prostatectomy in patients with lower prostate-specific antigen levels, MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY, 6巻, 5号, pp. 748-752, 201705
  93. Current status of prognostic factors in patients with metastatic renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 26巻, 6号, pp. 608-617, 201906
  94. SEC11A Expression Is Associated with Basal-Like Bladder Cancer and Predicts Patient Survival, PATHOBIOLOGY, 86巻, 4号, pp. 208-216, 2019

著書等出版物

  1. 2012年02月, 手術手技:指導的助手からみた泌尿器科手術のポイント9 恥骨後式前立腺全摘除術(解説), 臨床泌尿器科, 2012年, 02, 単行本(学術書), 編著
  2. 2012年09月, 副作用の予防法と発症時の対応:口内炎、味覚障害、腎機能障害., 泌尿器ケア, 2012年, 09, 単行本(学術書), 編著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 広島大学病院泌尿器科におけるロボット支援腎部分切除術, 亭島 淳, 第48回泌尿器科手術手技関東地区研究会, 2013年02月, 通常, 日本語
  2. 転移性腎細胞癌に対するエベロリムスを用いたseqential therapy ー広島大学病院における経験ー, 亭島 淳, CORE-J 2012, 2012年09月, 通常, 日本語
  3. 2013年04月13日, 通常, 英語
  4. 腫瘍型間質性膀胱炎/膀胱痛症候群の治療におけるnarro-band imaging systemを用いた経尿道的焼灼術の有用性について, 梶原充, 池田健一郎, 稗田圭介, 井上省吾, 小林加直, 大原慎二, 亭島淳, 松原昭郎, 梶原充, 池田健一郎, 稗田圭介, 井上省吾, 小林加直, 大原慎二, 亭島淳, 松原昭郎, 梶原充, 池田健一郎, 稗田圭介, 井上省吾, 小林加直, 大原慎二, 亭島淳, 松原昭郎, 2013年04月27日, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 札幌
  5. 心理学的因子がda Vinciの鉗子操作習得に及ぼす影響, 亭島淳, 服部稔, 池田健一郎, 稗田圭介, 正路晃一, 宮本克利, 井上省吾, 小林加直, 大原慎也, 梶原充, 松原昭郎, 亭島淳, 服部稔, 池田健一郎, 稗田圭介, 正路晃一, 宮本克利, 井上省吾, 小林加直, 大原慎也, 梶原充, 松原昭郎, 第101回日本泌尿器科学会総会, 2013年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 札幌
  6. 腎癌患者の予後における被爆の影響, 池田健一郎, 池田健一郎, 亭島淳, 林哲太郎, 後藤景介, 仙谷和弘, 有広光司, 安井弥, 松原昭郎, 第101回日本泌尿器科学会総会, 2013年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 札幌
  7. 被爆者前立線癌の臨床病理学的特徴と予後ー非被爆者との比較, 正路晃一, 亭島淳, 林哲太郎, 神明俊輔, 秋田智之, 仙谷和弘, 武島幸男, 有広光司, 田中純子, 安井弥, 松原昭郎, 正路晃一, 亭島淳, 林哲太郎, 神明俊輔, 秋田智之, 仙谷和弘, 武島幸男, 有広光司, 田中純子, 安井弥, 松原昭郎, 被爆者前立線癌の臨床病理学的特徴と予後ー非被爆者との比較, 2013年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 札幌
  8. ヒト骨髄由来 CD133 陽性細胞を用いたラット陰茎海綿体神経の再生, 宮本克利, 井上省吾, 池田健一郎, 稗田圭介, 正路晃一, 小林加直, 大原慎也, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 宮本克利, 井上省吾, 池田健一郎, 稗田圭介, 正路晃一, 小林加直, 大原慎也, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 第101回日本泌尿器科学会総会, 2013年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 札幌
  9. Jun Teishima, Jun Teishima,Koichi Shoji, Tetsutaro Hayashi, Shigeki Yano, Kiyotaka Oka, Hirotaka Nagamatsu, Shinya Ohara, Akio Matsubara, 2013年05月, 通常, 英語
  10. Teishima Jun, 2013年05月, 通常, 英語
  11.  Prognositic Significance of C-reactive Protein in Intermediate-risk Japanese Metastatic Renal Cell Carcinoma Patients Treated with Molecular Targeted Therapy, Teishima Jun, 2013年05月, 通常, 英語
  12. 2013年05月, 通常, 英語
  13. 2013年05月, 通常, 英語
  14. 2013年05月, 通常, 英語
  15. 2013年05月, 通常, 英語, kanazawa( Japan)
  16. 2013年05月, 通常, 英語
  17. 第28回国際化学治療法学会, 2013年06月, 通常, 英語
  18. ヒト骨髄由来 CD133 陽性細胞を用いたラット陰茎海綿体神経の再生, 宮本克利, 宮本克利, 井上省吾, 池田健一郎, 稗田圭介, 正路晃一, 小林加直, 大原慎也, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 第10回泌尿器科再建再生研究会, 2013年06月, 通常, 日本語, 泌尿器科再建再生研究会, 東京
  19. 低強度体外衝撃波(ED1000)によるED治療の初期経験, 井上省吾, 井上省吾、藤原弘道、赤坂保行、西田健介、藤井照護、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎, 第153回日本泌尿器科学会広島地方会, 2013年06月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会広島地方会, 広島市
  20. 広島大学病院におけるロボット支援手術の臨床的検討, 稗田圭介, 稗田圭介、赤坂保行、西田健介、藤井照護、正路晃一、宮本克利、井上省吾、大原慎也、小林加直、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎, 第153回日本泌尿器科学会広島地方会, 2013年06月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会広島地方会, 広島市
  21. 転移性腎癌における非淡明細胞癌と淡明細胞癌の比較, 亭島 淳, 亭島 淳、池田健一郎、稗田圭介、正 路晃一、宮本克利、井上省吾、 小林加直、大原慎也、梶原 充、松原昭郎, 第44回腎癌研究会, 2013年07月, 通常, 日本語, 腎癌研究会, 東京
  22. 針状細径鉗子(MiniLap)を使用した単孔式腹腔鏡下左副腎摘除術の検討, 井上省吾, 井上省吾、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島淳、松原昭郎, Reduced Port Surgery Form in Morioka, 2013年07月, 通常, 日本語, 盛岡市
  23. The correlation of accumulated fibroblast growth factor 9 in prostate cancer cells with epithelial-mesenchymal transition and the induction of VEGFA expression., Teishima J, Teishima J, Yano S, Hayashi T, Shoji K, Oka K, Nagamatsu H, Ohara S, and Matsubara A, 2013年09月, 通常, 英語
  24. 2013年09月, 通常, 英語
  25. Trastuzumab-DM1 (T-DM1) is highly effective in HER2-overexpressing bladder cancer., 2013年09月, 通常, 英語
  26. Restoration of Fibroblast Growth Factor Receptor 2Ⅲb Enhances the Chemosensitivity of Human Castration Resistant Prostate Cancer Cells, 2013年09月, 通常, 英語
  27. 2013年09月, 通常, 英語
  28. 前立腺癌細胞におけるFGF9の集積は上皮間葉移行およびVEGFAの誘導に関与する, 亭島 淳, 亭島 淳、林 哲太郎、正路 晃一、岡 清貴、永松 弘孝、後藤 景介、神明 俊輔、松原 昭郎, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  29. 前立線癌細胞におけるFGF2Ⅲbの発現回復は化学療法感受性を増強する, 正路 晃一, 正路 晃一、亭島 淳、大原 慎也、松原 昭郎, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  30. FGF19は前立腺癌細胞の増殖を促進する, 永松 弘孝, 永松 弘孝、亭島 淳、正路 晃一、後藤 景介、岡 清貴、神明 俊輔、松原 昭郎, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  31. CAST 法により見いだされたPRL1の前立腺癌における発現と機能解析, 神明 俊輔, 神明 俊輔、林 哲太郎、坂本 直也、後藤 景介、仙谷 和弘、亭島 淳、松原 昭郎、大上 直秀、國安 弘基、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  32. 前立腺癌細胞における Reg IV の発現は細胞増殖および化学療法耐性 を増強する, 岡 清貴, 岡 清貴、亭島 淳、正路 晃一、後藤 景介、永松 弘孝、神明 俊輔、大原 慎也、林 哲太郎、大上 直秀、安井 弥、松原 昭郎, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  33. CAST 法により同定した前立腺癌新規バイオマーカーの OPHN1 は 前立腺癌の進展に関わる, 後藤 景介, 後藤 景介、林 哲太郎、神明 俊輔、坂本 直也、仙谷 和弘、 大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  34. 亭島 淳, 亭島 淳,小畠浩平,北野弘之,岡清貴,永松弘孝,稗田圭介,正路晃一,宮本克利,井上省吾,小林加直,大原慎也,梶原 充,三田耕司,松原昭郎, 分子標的治療を施行された転移性腎細胞癌の無増悪生存期間におけるCRPの影響, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 京都市
  35. 切迫性尿失禁を伴う過活動膀胱患者に対するフェソテロジン4mgの安全性、忍容性、有用性の検討, 梶原充, 梶原充, 稗田圭介, 正路晃一, 宮本克利, 井上省吾, 小林加直, 大原慎也, 亭島淳, 松原昭郎, 第65回西日本泌尿器科学会総会 , 2013年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会 , 佐賀市
  36. 前立腺癌患者における肥満と臨床病理学的因子の関連, 永松弘孝, 永松弘孝, 後藤景介, 亭島淳, 岡清貴, 正路晃一, 松原昭郎, 第65回西日本泌尿器科学会総会 , 2013年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会 , 佐賀市
  37. 筋層非浸潤性膀胱癌に対する膀胱内注入療法後の再発に喫煙が及ぼす影響, 西田健介, 西田健介, 北野弘之, 小林加直, 亭島淳, 藤井照護, 稗田圭介, 正路晃一, 宮本克利, 井上省吾, 大原慎也, 梶原充, 松原昭郎, 第65回西日本泌尿器科学会総会 , 2013年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会 , 佐賀市
  38. 総会賞ポスター2 腹腔鏡・ロボット 泌尿器科医におけるda Vinciの鉗子操作習得後のretentionについて, 亭島 淳, 亭島 淳、服部稔、井上省吾、稗田圭介、池田健一郎、大原慎也、梶原充、松原昭郎, 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 名古屋市
  39. 前立腺癌の検出における光力学診断の有用性の検討, 小林加直, 小林加直、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、井上省吾、大原慎也、梶原充、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 名古屋市
  40. 広島大学病院泌尿器科におけるロボット手術の取り組み, 稗田圭介, 稗田圭介,北野弘之、正路晃一、宮本克利、井上省吾、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 名古屋市
  41. 患者から見たLESSの評価-単孔式vs.従来法-, 井上省吾, 井上省吾、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 名古屋市
  42. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における針状細径鉗子の有用性, 井上省吾, 井上省吾、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 名古屋市
  43. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の現状と将来-Needlescopic Surgeryとの融合-, 井上省吾, 井上省吾、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島淳、松原昭郎, 第26回日本内視鏡外科学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本内視鏡外科学会総会, 福岡市
  44. ワークショップ23 泌尿器科ロボット支援手術におけるトラブルシューティング, 亭島 淳, 亭島 淳、井上省吾、稗田圭介、大原慎也、梶原 充、松原昭郎, 第26回 日本内視鏡外科学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本内視鏡外科学会総会, 福岡市
  45. 広島大学におけるロボット支援根治的前立線全摘除術の初期成績, 亭島 淳, 亭島 淳、稗田圭介、井上省吾、大原慎也、池田健一郎、藤井照護、西田健介、永松弘孝、川﨑真実、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原充、松原昭郎, 第29回前立線シンポジウム, 2013年12月, 通常, 日本語, 公益財団法人前立腺研究財団, 東京
  46. ハンナー領域を伴う古典的間質性膀胱炎/膀胱痛症候群に対するnarrow-band imaging systemを用いた経尿道的焼灼術について, 梶原 充, 梶原 充、井上省吾、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、小林加直、大原慎也、亭島 淳、松原昭郎, 第13回日本間質性膀胱炎研究会, 2014年01月, 通常, 日本語, 日本間質性膀胱炎研究会, 東京
  47. ヒト骨髄由来CD133陽性細胞移植によるラット陰茎再生の試み, 井上省吾, 井上省吾、宮本克利、藤井照護、西田健介、北野弘之、永松弘孝、稗田圭介、正路晃一、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島 淳、松原昭郎, 第24回日本性機能学会西部総会, 2014年01月, 通常, 日本語, 日本性機能学会, 山口市
  48. 針状細径鉗子(MiniLap)を使用した単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の検討~ Needlescopic surgery との融合~, 井上省吾, 井上省吾,北野弘之,稗田圭介,正路晃一,宮本克利,小林加直,大原慎也,梶原 充,亭島 淳,松原昭郎, 第10 回 Needlescopic Surgery Meeting, 2014年01月, 通常, 日本語, Needlescopic Surgery Meeting事務局, 鎌倉
  49. 2014年01月, 通常, 日本語
  50. ロボット支援手術での機器関連トラブルとその対処, 亭島 淳, 亭島 淳、井上省吾、稗田圭介、大原慎也、梶原 充、松原昭郎, 第22回中国四国前立線疾患研究会, 2014年02月, 通常, 日本語, 中国四国前立線疾患研究会, 岡山市
  51. ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の経験, 亭島 淳, 亭島 淳, 井上省吾, 稗田圭介, 池田健一郎, 大原慎也, 松原昭郎, 第6回日本ロボット外科学会, 2014年02月, 通常, 日本語, 日本ロボット外科学会, 福岡市
  52. 前立線癌の進行におけるRegⅣの役割, 亭島 淳, 亭島 淳、正路晃一、永松弘孝、後藤景介、北野弘之、岡清貴、大上直秀、安井弥、松原昭郎, 第23回泌尿器科分子・細胞研究会, 2014年03月, 通常, 日本語, 泌尿器科分子・細胞研究会, 山形
  53. 2014年03月, 通常, 英語, Asian Pacific Prostate Society (APPS)
  54. 2014年03月, 通常, 英語
  55. 2014年03月, 通常, 英語
  56. 2014年04月, 通常, 英語
  57. 前立線癌におけるReg Ⅳの意義, 亭島 淳, 亭島 淳、永松弘孝、北野弘之、後藤景介、 岡清貴、正路晃一、大上直秀、安井弥、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  58. パネルディスカッション  単孔式ないしはリデュースポートサージェリー:安全性と整容性の両立 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における整容性評価ー縦断的解析による従来法との比較ー, 井上 省吾, 井上 省吾、北野 弘之、稗田 圭介、正路 晃一、宮本 克利、大原 慎也、小林 加直、梶原 充、 亭島 淳、松原 昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  59. ヒト骨髄由来CD133陽性細胞移植によるラット陰茎再生の試み, 井上省吾, 井上省吾、宮本克利、藤井照護、西田健介、北野弘之、 稗田圭介、正路晃一、大原慎也、小林加直、梶原 充、 亭島 淳、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  60. 低強度体外衝撃波(ED1000)によるED治療の検討, 井上省吾, 井上省吾、藤井照護、西田健介、北野弘之、稗田圭介、 正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原 充、 亭島 淳、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  61. 前立腺癌細胞におけるFGFR2Ⅲbの発現回復は化学療法感受性を増強する, 正路晃一, 正路晃一、亭島 淳、大原慎也、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  62. FGF19は前立線癌細胞の増殖を抑制する, 永松弘孝, 永松弘孝、亭島 淳、後藤景介、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  63. わが国小学生を対象にしたインターネットリサーチを利用した過活動膀胱とQOLに関する疫学調査, 梶原 充, 梶原 充、池田健一郎、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、 井上省吾、大原慎也、小林加直、亭島 淳、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  64. 2014年05月, 通常, 英語
  65. 2014年05月, 通常, 英語
  66. FGF19 subfamily promotes progression in prostate cancer cells., 2014年05月, 通常, 英語
  67. 2014年05月, 通常, 英語
  68. 一般演題:転移性腎細胞癌に対するスニチブの治療成績, 亭島 淳, 広島腎泌尿器科学講演会2014, 2014年06月, 通常, 日本語, ファイザー株式会社, 広島市, 座長
  69. 腎部分切除術におけるRENAL nephrometry scoreを用いた術式別手術成績の評価, 重松慶紀, 重松慶紀, 亭島 淳, 井上省吾, 馬場﨑隆志, 小畠浩平, 関野陽平, 北野弘之, 稗田圭介, 永松弘孝, 郷力昭宏, 川﨑真実, 正路晃一, 梶原 充, 松原昭郎, 第155回日本泌尿器科学会広島地方会, 2014年06月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会広島地方会, 広島市
  70. FGF family in the progression of prostate cancer., Jun Teishima, Jun Teishima, Hirotaka Nagamatsu, Koichi Shoji, Hiroyuki Kitano, Tetsutaro Hayashi, Keisuke Goto, Akio Matsubara, 前立腺生物学シンポジウム 伊勢志摩2014, 2014年06月, 通常, 日本語, 鳥羽市
  71. ヒト骨髄由来CD133陽性細胞移植によるラット陰茎再生, 井上省吾, 井上省吾、宮本克利、藤井照護、西田健介、北野弘之、 稗田圭介、正路晃一、大原慎也、小林加直、梶原 充、 亭島 淳、松原昭郎, 第11回泌尿器科再建再生研究会, 2014年07月, 通常, 日本語, 泌尿器科再建再生研究会, 青森市
  72. 分子標的薬を投与された転移性腎細胞癌の治療効果予測におけるCRPの意義, 亭島 淳, 亭島 淳, 北野弘之, 小畠浩平, 永松弘孝, 稗田圭介, 正路晃一, 井上省吾, 梶原 充, 三田耕司, 松原昭郎, 第45回腎癌研究会, 2014年07月, 通常, 日本語, 腎癌研究会, 東京都
  73. 単孔式腹腔鏡下左副腎摘除における先端屈曲型クリップアプライヤーの使用経験, 井上省吾, 井上省吾、馬場崎隆志、小畠浩平、重松慶紀、関野陽平、稗田圭介、正路晃一、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎, 3rd Reduced Port Surgery Forum in Fukui, 2014年08月, 通常, 日本語, 3rd Reduced Port Surgery Forum 2014 in Fukui運営事務局, 福井市
  74. 転移性腎細胞癌に対する分子標的治療の効果予測におけるCRPの意義, 亭島 淳, 亭島 淳、北野弘之、小畠浩平、永松弘孝、稗田圭介、正路晃一、井上省吾、梶原 充、三田耕司、松原昭郎, 第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年08月, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 横浜市
  75. 陰茎プレチスモグラフィを用いた低強度体外衝撃波治療効果の評価, 馬場崎隆志, 馬場崎隆志, 小畠浩平, 重松慶紀, 関野陽平, 北野弘之, 郷力昭宏, 永松弘孝, 稗田圭介, 正路晃一, 井上省吾, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 日本性機能学会第25回学術総会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本性機能学会, 仙台市
  76. 演題1:当院におけるパゾパニブの使用経験., 亭島淳, 広島県腎癌学術講演会, 2014年09月, 通常, 日本語, グラクソ・スミスクライン株式会社, 広島市, 座長
  77. 去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法の予後予測, 北野弘之, 北野弘之, 馬場﨑隆志, 小畠浩平, 重松慶紀, 関野陽平, 郷力昭宏, 稗田圭介, 永松弘孝, 正路晃一, 井上省吾, 梶原 充, 亭島 淳, 松原昭郎, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  78. 去勢抵抗性前立腺癌におけるregIVの意義, 亭島 淳, 亭島 淳, 正路晃一, 山中亮憲, 後藤景介, 永松弘孝, 大原慎也, 林 哲太郎, 岡 清貴, 大上直秀, 安井 弥, 松原昭郎, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  79. Endocrine FGFs promote progression in prostate cancer., 永松弘孝, 永松弘孝、亭島 淳、後藤景介、松原昭郎, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  80. 腎細胞癌Xenograft モデルにおける発光imaging についての検討, 北野弘之, 北野弘之, 亭島 淳, 林 哲太郎, 神明俊輔, 後藤景介, 宮本克利, 弓削 亮, 仙谷和弘, Peter Black, 北台靖彦, 安井 弥, 松原昭郎, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  81. 通常
  82. 低強度体外衝撃波(ED1000)によるED治療経験, 井上 省吾, 井上 省吾、馬場崎 隆志、小畠 浩平、重松 慶紀、関野 陽平、北野 弘之、郷力 昭宏、永松 弘孝、稗田 圭介、正路 晃一、梶原 充、亭島 淳、松原 昭郎, 第14回日本Men's Health医学会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本Men's Health医学会, 千里市
  83. 通常
  84. ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の経験, 亭島 淳, 亭島 淳, 井上省吾, 稗田圭介, 池田健一郎, 大原慎也, 松原昭郎, 第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014年10月, 通常, 日本語, 日本内視鏡外科学会, 盛岡市
  85. 広島大学における単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の工夫 ―術式の標準化を目指して―, 井上省吾, 井上省吾, 稗田圭介, 梶原 充, 亭島 淳, 松原昭郎, 第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014年10月, 通常, 日本語, 日本内視鏡外科学会, 盛岡市
  86. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術におけるラーニングカーブと手術難易度の術前予測, 井上省吾, 井上省吾, 稗田圭介, 梶原 充, 亭島 淳, 松原昭郎, 第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014年10月, 通常, 日本語, 日本内視鏡外科学会, 盛岡市
  87. 泌尿器科医におけるda Vinciの鉗子操作習得後のretentionについて, 亭島 淳, 亭島 淳, 服部 稔, 井上省吾, 稗田圭介, 池田健一郎, 大原慎也, 松原昭郎, 第79回日本泌尿器科学会東部総会, 2014年10月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会, 横浜市
  88. 一般口演15「排尿機能・女性泌尿器」 間質性膀胱炎ハンナー領域の同定におけるi-scanの有用性;narrow band imageとの比較研究, 梶原 充, 梶原 充、正路晃一、北野弘之、小畠浩平、稗田圭介、郷力昭宏、馬場崎隆志、井上省吾、亭島 淳、松原昭郎, 第79回日本泌尿器科学会東部総会, 2014年10月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会, 横浜市
  89. 2016年03月14日, 通常, 英語
  90. 2016年05月19日, 通常, 英語
  91. 2015年03月22日, 通常, 日本語
  92. 2015年03月22日, 通常, 英語
  93. 2015年05月18日, 通常, 英語
  94. 2015年05月18日, 通常, 日本語
  95. 腎癌。Best of AUA in Japan 2015, 亭島 淳, Best of AUA in Japan 2015, 2015年12月05日, 招待, 日本語, 東京都
  96. 去勢抵抗性前立腺癌の治療, 亭島 淳, 第104回日本泌尿器科学会総会 卒後教育プログラム, 2016年04月25日, 招待, 日本語
  97. 腎盂尿管癌 診断と治療, 亭島 淳, 第81回日本泌尿器科学会東部総会 卒後教育プログラム, 2016年10月08日, 招待, 日本語
  98. 慢性腎臓病stageが腹腔鏡下・ロボット支援腎部分切除術の術後腎機能低下に及ぼす影響, 亭島 淳, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月25日, 通常, 日本語
  99. シンポジウム3 腹腔鏡下腎摘除(応用編)-ロボット支援腎部分切除術, 亭島 淳, 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016年11月18日, 通常, 日本語
  100. 分子標的薬を逐次投与された腎癌の予後における1st line薬剤の効果と中止理由の意義, 亭島 淳、大原慎也、藤井慎介、定秀孝介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、三田耕司、松原昭郎, 第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年09月22日, 通常, 日本語
  101. RARPにおおける機能温存のコツ., 亭島淳、井上省吾、小畠浩平、神明俊輔、稗田圭介、松原昭郎., 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2015年11月21日, 招待, 日本語
  102. ロボット支援腎部分切除術の導入と今後の課題., 亭島淳、井上省吾、小畠浩平、神明俊輔、稗田圭介、松原昭郎., 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2015年11月20日, 招待, 日本語
  103. ロボット支援前立腺全摘除術における性機能温存, 亭島 淳, 第40回日本外科系連合学会学術集会, 2015年06月18日, 招待, 日本語
  104. 転移性腎細胞癌に対する分子標的治療の効果予測におけるCRPの意義., 亭島 淳、北野弘之、小畠浩平、永松弘孝、稗田圭介、正路晃一、井上省吾、梶原 充、三田耕司、松原昭郎, 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015年04月21日, 通常, 日本語
  105. 『かかりつけ医のための泌尿器疾患診療のポイント』前立腺がんの治療と地域連携パス., 亭島 淳, 日医生涯教育協力講座, 2015年03月17日, 招待, 日本語

受賞

  1. 2008年, 学術奨励賞, 第60回日本泌尿器科学会西日本総会
  2. 2010年, 優秀賞, 第63回広島医学会総会
  3. 2011年, Olympus Award, Best of Laparoscopy and Robotics, 29th World Congress of Endourology and ESWL
  4. 2012年, Best Poster Award, 27th Annual Congress of European Association of Urology
  5. 2012年, 第11回Hiroshima Journal of Medical Sciences優秀論文賞
  6. 2013年, 第4回 学会賞, 第4回日本泌尿器内視鏡学会
  7. 2014年, 仁平賞, 広島大学泌尿器科同門会
  8. 2014年, Best Poster Award, 30th Anniversary Congress of European Association of Urology
  9. 2017年12月09日, Surgical Forum Award, 日本内視鏡外科学会, ロボット支援腎部分切除術の術前説明における3次元模型の有用性
  10. 2018年11月03日, 第70回西日本泌尿器科学会総会ヤングウロロジストリサーチコンテスト最優秀賞, 第70回西日本泌尿器科学会総会会長
  11. 2018年11月22日, 第64回日本病理学会秋期特別総会優秀ポスター賞, 第64回日本病理学会 秋期特別総会会長
  12. Best Poster Award, 34th Annual Congress of European Association of Urology

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 前立腺癌の神経内分泌分化に関わる新規バイオマーカーの同定と診断・治療への応用, 2012年, 2014年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), メタボリック症候群と前立腺癌に関与するFGFの分子機構解明と新たな治療戦略確立, 2012年, 2014年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), CAST法による前立腺癌の分泌・膜蛋白検索と診断・治療への応用, 2009年, 2011年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 前立腺癌のホルモン依存性消失におけるFGF受容体の関わりと新しい治療法への応用, 2007年, 2008年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 前立腺癌におけるアンドロゲンレセプター共役因子の機能解析と臨床応用, 2006年, 2007年
  6. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 前立腺癌におけるTip60のアンドロゲン依存性および放射線感受性への関与, 2005年, 2006年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ホルモン不応性ヒト前立腺癌に対する新しい治療法の開発, 2005年, 2006年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 内分泌性FGFsの分子機構解明による去勢抵抗性前立腺癌に対する新規治療戦略の確立, 2015年, 2017年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 去勢抵抗性前立腺癌オルガノイドの樹立とその解析による個別化医療の確立, 2018年, 2021年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 尿路上皮がんの抗がん剤耐性におけるp38 MAPKの役割と新規阻害薬の応用開発, 2017年, 2020年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), アンドロゲン応答性の転写超保存領域を標的とした前立腺かん新規診断・治療法の開発, 2017年, 2019年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), Jmjd3過剰発現マウスを用いたエピジェネティックな前立腺癌発症機序の解明, 2017年, 2019年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), Dual-Energy CT による構成元素解析に着目した腎病変CT診断法の開発, 2016年, 2019年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), がん幹細胞性制御遺伝子を標的とした膀胱癌の新規治療法の開発, 2016年, 2018年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(C), 去勢抵抗性前立腺癌マーカーRegⅣ・OLFM4を標的とした新規診断・治療開発, 2016年, 2018年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 磁気ターゲティングを用いた骨髄幹細胞移植による膀胱再生の開発, 2016年, 2019年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 去勢抵抗性前立腺癌オルガノイドの樹立とその解析による個別化医療の確立, 2018年, 2020年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 編集委員会編集幹事, 2015年06月, 2017年04月, 日本泌尿器科学会
  2. 編集委員会編集幹事, 日本泌尿器科学会
  3. ロボット支援手術部会技術教育小委員会部会員, 2014年11月, 2016年11月, 日本泌尿器内視鏡学会
  4. 広報委員会News Letters実務委員, 2016年01月, 2018年01月, 日本泌尿器科学会
  5. Newsletter実務委員, 2016年01月, 2017年04月, 日本泌尿器科学会
  6. 西日本泌尿器科査読委員, 2015年04月, 2017年04月, 西日本泌尿器科学会
  7. 試験分担医師, 2014年11月, 2020年10月, 神戸大学医学部附属病院
  8. 専門委員, 2014年04月, 2016年03月, 広島地方裁判所
  9. 専門委員, 2016年04月, 2018年03月, 広島地方裁判所
  10. 専門委員, 2018年04月, 2020年03月, 広島地方裁判所
  11. 非常勤医師, 2013年06月, 2014年03月, (医)社団玄同会小畠病院
  12. 非常勤医師, 2013年06月, 2014年03月, (医)社団光仁会梶川病院
  13. 非常勤医師, 2013年06月, 2014年03月, 中津第一病院
  14. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, 広島医療生活協同組合広島共立病院
  15. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, 安芸太田病院
  16. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, (医)あかね会
  17. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, 柳井医療センター
  18. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, 中津第一病院
  19. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, 総合病院福島生協病院
  20. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, 広島厚生病院
  21. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, (医)社団光仁会梶川病院
  22. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, (医)社団一陽会原田病院
  23. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, 中津第一病院
  24. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, 総合病院福島生協病院
  25. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, 広島医療生活協同組合広島共立病院
  26. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, 広島厚生病院
  27. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, 安芸太田病院
  28. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, (医)社団玄同会小畠病院
  29. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, (医)あかね会
  30. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, (医)社団光仁会梶川病院
  31. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, 柳井医療センター
  32. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, (医)社団一陽会原田病院
  33. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, 総合病院福島生協病院
  34. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 福島生協病院
  35. 福島生協病院, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  36. (医)社団光仁会梶川病院, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  37. 中津第一病院, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  38. 非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, 福島生協病院

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学病院における泌尿器癌の治療 -最近の話題ー, バイエル薬品(株), 山口泌尿器科懇話会, 2012年/11月, 2012年/11月, その他
  2. 広島大学における前立腺癌の治療, 広島県病院薬剤師会北支部・アステラス製薬株式会社, 第183回広島県病院薬剤師会北支部研修会, 2012年/07月, 2012年/07月
  3. 運営委員, 日本泌尿器科学会広島地方会, 日本泌尿器科学会広島地方会, 2012年/06月, 2012年/10月
  4. 広島大学病院および関連施設における腎癌治療の現状, ノバルティスファーマ株式会社, 岩国RCC治療カンファレンス, 2012年/05月, 2012年/05月, その他