中野 敏彰TOSHIAKI NAKANO

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
大学院理学研究科 生命理学講座 助教
ホームページ
メールアドレス
tosiakihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目3番1号理学部 理学部B棟B601
TEL:082-424-7329 FAX:082-424-7458
自己紹介
内因性及び環境因子が誘発するDNA損傷の検出と生物影響について研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2004年04月01日, 2006年03月31日, 日本学術振興会, 日本学術振興会特別研究員
  • 2006年04月01日, 2008年07月31日, 広島大学, 大学院理学研究科, 特別研究員
  • 2006年04月01日, 2008年07月31日, 安田女子大学, 非常勤講師
  • 2008年08月01日, 広島大学, 大学院理学研究科, 助教

学歴

  • 広島大学, 大学院理学研究科, 博士課程後期数理分子生命理学専攻, 日本, 2002年04月, 2005年03月
  • 広島大学, 大学院理学研究科, 博士課程前期数理分子生命理学専攻, 日本, 2000年04月, 2002年03月
  • 福井大学, 工学部, 生物化学工学科, 日本, 1996年04月, 2000年03月

学位

  • 博士(理学) (広島大学)
  • 修士(理学) (広島大学)

教育担当

  • 理学部:生物科学科, 理学研究科:数理分子生命理学専攻, 理学研究科:数理分子生命理学専攻

担当主専攻プログラム

  • 生物学プログラム

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学

研究キーワード

  • DNA損傷, DNA修復

所属学会

  • 日本放射線影響学会 日本環境変異学会 日本分子生物学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), 情報活用演習[1理生]
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 生化学A
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 遺伝子化学演習
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 遺伝子化学セミナー
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 遺伝子化学セミナー

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Aldehydes with high and low toxicities inactivate cells by damaging distinct cellular targets, MUTATION RESEARCH-FUNDAMENTAL AND MOLECULAR MECHANISMS OF MUTAGENESIS, 786巻, pp.41-pp.51, APR 2016
  2. Restriction-modification system with methyl-inhibited base excision and abasic-site cleavage activities, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 43巻, 5号, pp.2841-pp.2852, MAR 11 2015
  3. Induction of DNA-protein cross-links by ionizing radiation and their elimination from the genome, MUTATION RESEARCH-FUNDAMENTAL AND MOLECULAR MECHANISMS OF MUTAGENESIS, 771巻, pp.45-pp.50, JAN 2015
  4. Translocation and Stability of Replicative DNA Helicases upon Encountering DNA-Protein Cross-links, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 288巻, 7号, pp.4649-pp.4658, FEB 15 2013
  5. Detection of DNA-protein crosslinks (DPCs) by novel direct fluorescence labeling methods: distinct stabilities of aldehyde and radiation-induced DPCs, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 40巻, 18号, pp.e143, 2012
  6. T7 RNA Polymerases Backed up by Covalently Trapped Proteins Catalyze Highly Error Prone Transcription, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 287巻, 9号, pp.6562-pp.6572, FEB 24 2012
  7. Repair and biochemical effects of DNA-protein crosslinks, MUTATION RESEARCH-FUNDAMENTAL AND MOLECULAR MECHANISMS OF MUTAGENESIS, 711巻, 1-2号, pp.113-pp.122, JUN 3 2011
  8. Homologous Recombination but Not Nucleotide Excision Repair Plays a Pivotal Role in Tolerance of DNA-Protein Cross-links in Mammalian Cells, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 284巻, 40号, pp.27065-pp.27076, OCT 2 2009
  9. Genetic Analysis of Repair and Damage Tolerance Mechanisms for DNA-Protein Cross-Links in Escherichia coli, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 284巻, 40号, pp.5657-pp.5668, SEP 15 2009
  10. Nucleotide excision repair and homologous recombination systems commit differentially to the repair of DNA-Protein crosslinks, MOLECULAR CELL, 28巻, 1号, pp.147-pp.158, OCT 12 2007
  11. Assessment of the genotoxic potential of nitric oxideinduced guanine lesions by in vitro reactions with Escherichia coli DNA polymerase I, MUTAGENESIS, 20巻, 3号, pp.209-pp.216, MAY 2005
  12. Repair activity of base and nucleotide excision repair enzymes for guanine lesions induced by nitrosative stress, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 33巻, 7号, pp.2181-pp.2191, 2005
  13. Differential specificity of human and Escherichia coli endonuclease III and VIII homologues for oxidative base lesions, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 279巻, 14号, pp.14464-pp.14471, APR 2 2004
  14. DNA-protein cross-link formation mediated by oxanine - A novel genotoxic mechanism of nitric oxide-induced DNA damage, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 278巻, 27号, pp.25264-pp.25272, JUL 4 2003

受賞

  1. 第24回井上研究奨励賞受賞, 財団法人井上科学振興財団
  2. 2008年06月12日, young investigator award, International Workshop on Radiation Damage to DNA (IWRDD)