今泉 和則KAZUNORI IMAIZUMI

Last Updated :2019/07/09

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) (医学)分子細胞情報学 教授
ホームページ
メールアドレス
imaizumihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2番3号 総合研究棟609号
TEL:082-257-5130 FAX:082-257-5134

基本情報

主な職歴

  • 1985年04月01日, 1991年04月30日, 田辺製薬株式会社, 安全性研究所, 研究員
  • 1991年05月01日, 1993年03月31日, 田辺製薬株式会社, 応用生化学研究所, 研究員
  • 1993年04月01日, 2000年11月15日, 大阪大学, 医学部, 分子脳機構(田辺)寄附講座出向(フルタイム)
  • 1995年04月01日, 1998年03月31日, 田辺製薬株式会社, 医薬拓新研究所, 研究員
  • 1998年04月01日, 2000年11月15日, 田辺製薬株式会社, 創薬研究所, グループリーダー
  • 2000年11月01日, 2004年11月30日, 奈良先端科学技術大学院大学, バイオサイエンス研究科細胞構造学講座, 助教授
  • 2004年12月01日, 2005年03月31日, 宮崎大学, 医学部第一解剖学講座, 教授
  • 2005年04月01日, 2010年08月31日, 宮崎大学, 医学部解剖学講座分子細胞生物学分野, 教授(改組により)
  • 2010年09月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 教授
  • 2012年04月01日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院分子細胞情報学, 教授(改組による名称変更)

学歴

  • 東京農工大学, 農学研究科, 獣医学専攻, 日本, 1983年04月, 1985年03月

学位

  • 博士(医学) (大阪大学)
  • 農学修士 (東京農工大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 医化学一般
  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学
  • 総合生物 / 神経科学 / 神経化学・神経薬理学

研究キーワード

  • 小胞体ストレス
  • アポトーシス
  • 疾患
  • 神経変性疾患

所属学会

  • 日本神経化学会 / 脳研究推進委員会委員,ブランディング委員会委員長,評議員
  • 日本生化学会 / 評議員,代議員,各種授賞等選考委員
  • 日本骨代謝学会 / 評議員,教育委員会委員
  • 日本解剖学会 / 評議員
  • 日本神経科学会
  • 日本分子生物学会
  • 臨床ストレス応答学会 / 幹事
  • 日本脳科学関連学会連合
  • 小胞体ストレス研究会 / 世話人
  • 日本細胞生物学会 / 代議員
  • Society for Neuroscience
  • The Asian Pacific Society for Neurochemistry

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 2ターム, 細胞科学[1医医]
  2. 2019年, 学部専門, 通年, 組織細胞機能学
  3. 2019年, 学部専門, 2ターム, 医学研究序論
  4. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  5. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 人体の機能
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学演習(分子細胞情報学)
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学演習(分子細胞情報学)
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学特別研究(分子細胞情報学)
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学特別研究(分子細胞情報学)
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子細胞情報学特別演習
  12. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分子細胞情報学特別演習
  13. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子細胞情報学特別実験
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分子細胞情報学特別実験
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  19. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  20. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  21. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  22. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 人体の機能
  24. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子細胞情報学特別演習
  25. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分子細胞情報学特別演習
  26. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子細胞情報学特別研究
  27. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分子細胞情報学特別研究

教育に関する受賞

  • 2015年03月23日, 広島大学医学部教員顕彰「Teacher of The Year 2014」, 広島大学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Calnexin promotes the folding of mutant iduronate 2-sulfatase related to mucopolysaccharidosis type II, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 514巻, 1号, pp. 217-223, 20190618
  2. NFAT5 up-regulates expression of the kidney-specific ubiquitin ligase gene Rnf183 under hypertonic conditions in inner-medullary collecting duct cells, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 294巻, 1号, pp. 101-115, 20190104
  3. Unfolded Protein Response-Dependent Communication and Contact among Endoplasmic Reticulum, Mitochondria, and Plasma Membrane, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 19巻, 10号, pp. 3215, 201810
  4. Shutdown of ER-associated degradation pathway rescues functions of mutant iduronate 2-sulfatase linked to mucopolysaccharidosis type II, CELL DEATH & DISEASE, 9巻, 20180724
  5. Neuronal activity-dependent local activation of dendritic unfolded protein response promotes expression of brain-derived neurotrophic factor in cell soma, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 144巻, 1号, pp. 35-49, 201801
  6. Axonal Activation of the Unfolded Protein Response Promotes Axonal Regeneration Following Peripheral Nerve Injury, NEUROSCIENCE, 375巻, pp. 34-48, 20180401
  7. Sec16A, a key protein in COPII vesicle formation, regulates the stability and localization of the novel ubiquitin ligase RNF183, PLOS ONE, 13巻, 1号, 20180104
  8. 小胞体と細胞核の連携ゾーン, 生体の科学, 69巻, 6号, pp. 536-540, 20181215
  9. 小胞体関連分解による変異タンパク質の分解と疾患の発症, CLINICAL CALCIUM, 28巻, 12号, pp. 1684-1689, 20181128
  10. 筋骨格系と小胞体ストレス特集にあたって, THE BONE, 32巻, 2号, pp. 151-152, 20180920
  11. 小胞体ストレス応答を介した軟骨形成, THE BONE, 32巻, 2号, pp. 191-195, 20180920
  12. 小胞体ストレスと疾患, 生化学, 90巻, 1号, pp. 51-59, 20180222
  13. The broad spectrum of signaling pathways regulated by unfolded protein response in neuronal homeostasis, Neurochemistry International, 119巻, pp. 26-34, 20170628
  14. 60th Anniversary of the Japanese Society for Neurochemistry, Journal of Neurochemistry, 141巻, pp. 788-789, 2017
  15. ER Stress and Disease: Toward Prevention and Treatment, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 9号, pp. 1337-1343, 20170901
  16. HISTORY「小胞体ストレス研究の黎明期 - 小胞体ストレスシグナル分子群の発見」, BIO Clinica, 32巻, 12号, pp. 1249-1253, 20171110
  17. ライソゾームに局在するユビキチンリガーゼRNF182のmTORCIシグナルへの関与, Pharma Medica, 35巻, 12号, pp. 90-90, 20171210
  18. 神経活動依存的な小胞体ストレス応答を介した樹状突起の伸長およびスパイン形成制御, Pharma Medica, 35巻, 12号, pp. 96-96, 20171210
  19. ライソゾームに局在する膜貫通型ユビキチンリガーゼの生理機能, Pharma Medica, 35巻, 11号, pp. 85-85, 20171110
  20. DNA損傷における小胞体膜貫通型転写因子OASISの役割, Pharma Medica, 35巻, 11号, pp. 83-83, 20171110
  21. The androgen-induced protein AIbZIP facilitates proliferation of prostate cancer cells through downregulation of p21 expression, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, pp. 37310, 20161117
  22. Genome-wide identification and gene expression profiling of ubiquitin ligases for endoplasmic reticulum protein degradation, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, pp. 30955, 20160803
  23. Multivesicular body formation enhancement and exosome release during endoplasmic reticulum stress, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 480巻, 2号, pp. 166-172, 20161111
  24. The physiological roles of ER stress transducer BBF2H7/CREB3L2 and its potential as a target of disease therapy, Medical Research Archives, 4巻, 4号, 201611
  25. Translocated in liposarcoma regulates the distribution and function of mammalian enabled, a modulator of actin dynamics, FEBS JOURNAL, 283巻, 8号, pp. 1475-1487, 201604
  26. The sarin-like organophosphorus agent bis(isopropyl methyl)phosphonate induces ER stress in human astrocytoma cells, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 41巻, 5号, pp. 617-625, 201610
  27. 小胞体膜貫通型転写因子OASISファミリーによる骨形成と骨吸収, THE BONE, 30巻, 2号, pp. 37-42, 20160725
  28. 小胞体ストレス応答, Pharma Medica, 34巻, 4号, pp. 125, 20160419
  29. Luman is involved in osteoclastogenesis through the regulation of DC-STAMP expression, stability and localization, JOURNAL OF CELL SCIENCE, 128巻, 23号, pp. 4353-4365, 20151201
  30. IRE1 alpha-XBP1 is a novel branch in the transcriptional regulation of Ucp1 in brown adipocytes, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, pp. 16580, 20151116
  31. OASIS modulates hypoxia pathway activity to regulate bone angiogenesis, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, pp. 16455, 20151112
  32. Promotion of Cancer Cell Proliferation by Cleaved and Secreted Luminal Domains of ER Stress Transducer BBF2H7, PLOS ONE, 10巻, 5号, pp. e0125982, 2015
  33. Modeling type II collagenopathy skeletal dysplasia by directed conversion and induced pluripotent stem cells, HUMAN MOLECULAR GENETICS, 24巻, 2号, pp. 299-313, 20150115
  34. OASIS is a Novel Cofactor of HIF1 alpha to Promote the Transcription Dependence on Hypoxia Response Element under the Hypoxic Condition, FASEB JOURNAL, 29巻, 2015
  35. 小胞体ストレス応答, 生体の科学, 66巻, 5号, pp. 492-493, 20151015
  36. 拡大する小胞体ストレス病-小胞体ストレスと疾患, 医学のあゆみ, 254巻, 5号, pp. 391-396, 20150801
  37. ★, Chondrocyte Proliferation Regulated by Secreted Luminal Domain of ER Stress Transducer BBF2H7/CREB3L2, MOLECULAR CELL, 53巻, 1号, pp. 127-139, 2014
  38. Master Regulator for Chondrogenesis, Sox9, Regulates Transcriptional Activation of the Endoplasmic Reticulum Stress Transducer BBF2H7/CREB3L2 in Chondrocytes, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 289巻, 20号, pp. 13810-13820, 2014
  39. Increased Susceptibility to Dextran Sulfate Sodium-Induced Colitis in the Endoplasmic Reticulum Stress Transducer OASIS Deficient Mice, PLOS ONE, 9巻, 2号, pp. e88048, 2014
  40. Fluvoxamine alleviates ER stress via induction of Sigma-1 receptor, CELL DEATH & DISEASE, 5巻, pp. e1332, 2014
  41. OASIS regulates chondroitin 6-O-sulfotransferase 1 gene transcription in the injured adult mouse cerebral cortex, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 130巻, 5号, pp. 612-625, 2014
  42. 小胞体ストレス応答性膜型転写因子OASISファミリー, 実験医学, 32巻, 14号, pp. 2233-2240, 2014
  43. 小胞体ストレス応答による軟骨形成制御, グルコサミン研究, 10巻, pp. 1-6, 2014
  44. 小胞体ストレス, 脳科学辞典, DOI:10.14931/bsd.821巻, 2014
  45. OASISファミリーによる小胞体ストレス応答の制御と生理的役割, 細胞工学, 33巻, 7号, pp. 739-744, 2014
  46. 骨軟骨代謝制御における小胞体ストレス応答の役割, 実験医学, 32巻, 7号, pp. 1086-1092, 2014
  47. 小胞体ストレス応答におけるトランスデューサーBBF2H7の小胞体内腔ドメインによる軟骨細胞の増殖の制御, ライフサイエンス新着論文レビュー, 2014
  48. Transcriptional Regulation of VEGFA by the Endoplasmic Reticulum Stress Transducer OASIS in ARPE-19 Cells, PLOS ONE, 8巻, 1号, pp. e55155, 2013
  49. F-box and WD Repeat Domain-containing-7 (Fbxw7) Protein Targets Endoplasmic Reticulum-anchored Osteogenic and Chondrogenic Transcriptional Factors for Degradation, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 288巻, 40号, pp. 28488-28502, 2013
  50. Involvement of endoplasmic reticulum stress in tauopathy, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 430巻, 2号, pp. 500-504, 2013
  51. 骨・軟骨形成と小胞体ストレス, CLINICAL CALCIUM, 23巻, 12号, pp. 67-74, 2013
  52. 骨の環境変化への適応と破綻, CLINICAL CALCIUM, 23巻, 11号, pp. 9, 2013
  53. 骨形成における小胞体ストレスシグナル, CLINICAL CALCIUM, 23巻, 11号, pp. 21-27, 2013
  54. 疾患における小胞体ストレスの役割, 基礎老化研究, 37巻, 3号, pp. 9-16, 20130920
  55. 脳虚血における小胞体ストレス応答の役割, 脳循環代謝, 24巻, 2号, pp. 56-61, 2013
  56. 脳神経を保護するアストロサイト-小胞体ストレスセンサーOASISの役割-, 神経内科, 79巻, 2号, pp. 238-246, 2013
  57. 小胞体ストレスと骨代謝, 骨粗鬆症治療, 12巻, 2号, pp. 69-72, 2013
  58. 小胞体ストレス応答による骨軟骨形成制御, 実験医学, 31巻, 6号, pp. 849-855, 2013
  59. オルガネラの制御と破綻, 脳21, 16巻, 1号, pp. 12-16, 2013
  60. 軟骨細胞におけるSox9を介した小胞体ストレスセンサーBBF2H7の発現制御機構, Pharma Medica, 31巻, 2号, pp. 166, 2013
  61. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7の小胞体内腔ドメインの新機能, Pharma Medica, 31巻, 2号, pp. 158-159, 2013
  62. ★, Unfolded protein response, activated by OASIS family transcription factors, promotes astrocyte differentiation, NATURE COMMUNICATIONS, 3巻, pp. 967, 2012
  63. Activation of OASIS family, ER stress transducers, is dependent on its stabilization, CELL DEATH AND DIFFERENTIATION, 19巻, 12号, pp. 1939-1949, 2012
  64. The Endoplasmic Reticulum Stress Transducer BBF2H7 Suppresses Apoptosis by Activating the ATF5-MCL1 Pathway in Growth Plate Cartilage, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 287巻, 43号, pp. 36190-36200, 2012
  65. Obesity-induced endoplasmic reticulum stress causes chronic inflammation in adipose tissue, SCIENTIFIC REPORTS, 2巻, pp. 799, 2012
  66. The Endoplasmic Reticulum Stress Transducer OASIS Is involved in the Terminal Differentiation of Goblet Cells in the Large Intestine, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 287巻, 11号, pp. 8144-8153, 2012
  67. 小胞体ストレスと骨代謝, THE BONE 4月号, 26巻, 2号, pp. 93-100, 2012
  68. 小胞体ストレス応答を介した骨軟骨形成制御, 生化學, 84巻, 1号, pp. 18-29, 20120125
  69. 小胞体ストレスセンサーOASISによる大腸粘膜杯細胞の分化制御, Pharma Medica, 30巻, 1号, pp. 111, 2012
  70. 小胞体ストレスセンサーOASISおよびBBF2H7の活性化機構の解析, Pharma Medica, 30巻, 1号, pp. 110, 2012
  71. The signalling from endoplasmic reticulum-resident bZIP transcription factors involved in diverse cellular physiology, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 149巻, 5号, pp. 507-518, 2011
  72. Physiological Unfolded Protein Response Regulated by OASIS Family Members, Transmembrane bZIP Transcription Factors, IUBMB LIFE, 63巻, 4号, pp. 233-239, 2011
  73. Endoplasmic Reticulum Stress Response Mediated by the PERK-eIF2 alpha-ATF4 Pathway Is Involved in Osteoblast Differentiation Induced by BMP2, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 286巻, 6号, pp. 4809-4818, 2011
  74. Distinct mechanisms are responsible for osteopenia and growth retardation in OASIS-deficient mice, BONE, 48巻, 3号, pp. 514-523, 2011
  75. Roles of endoplasmic reticulum stress transducer OASIS in fracture healing, BONE, 49巻, 4号, pp. 724-732, 2011
  76. ENU-induced missense mutation in the C-propeptide coding region of Col2a1 creates a mouse model of platyspondylic lethal skeletal dysplasia, Torrance type, MAMMALIAN GENOME, 22巻, 5-6号, pp. 318-328, 2011
  77. OASISファミリーの活性化機構と新たな機能, Pharma Medica, 29巻, pp. 88-89, 2011
  78. 小胞体ストレス応答による骨軟骨代謝の制御, Bio Clinica, 26巻, 7号, pp. 617-621, 2011
  79. Regulation of ER molecular chaperone prevents bone loss in a murine model for osteoporosis, JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM, 28巻, 2号, pp. 131-138, 2010
  80. Effects of the bisphosphonate risedronate on osteopenia in OASIS-deficient mice, JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM, 28巻, 4号, pp. 384-394, 2010
  81. Post-treatment of a BiP inducer prevents cell death after middle cerebral artery occlusion in mice, NEUROSCIENCE LETTERS, 484巻, 1号, pp. 43-46, 2010
  82. 小胞体ストレスセンサーOASISファミリーの生体内機能, Pharma Medica, 28巻, 12号, pp. 154-155, 2010
  83. 小胞体ストレスセンサーによる骨軟骨形成制御, 実験医学, 28巻, pp. 563-567, 2010
  84. ★, Signalling mediated by the endoplasmic reticulum stress transducer OASIS is involved in bone formation, NATURE CELL BIOLOGY, 11巻, 10号, pp. 1205-1211, 2009
  85. ★, Regulation of endoplasmic reticulum stress response by a BBF2H7-mediated Sec23a pathway is essential for chondrogenesis, NATURE CELL BIOLOGY, 11巻, 10号, pp. 1197-1204, 2009
  86. Increased vulnerability of hippocampal pyramidal neurons to the toxicity of kainic acid in OASIS-deficient mice, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 110巻, 3号, pp. 956-965, 2009
  87. Effect of an inducer of BiP, a molecular chaperone, on endoplasmic reticulum (ER) stress-induced retinal cell death, Investigative Ophthalmology & Visual Science, 50巻, 1号, pp. 334-344, 2009
  88. The protective effect of a newly developed molecular chaperone-inducer against mouse ischemic acute kidney injury, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 109巻, 2号, pp. 311-314, 2009
  89. 筋強直性ジストロフィーと異常スプライシング, 遺伝子医学MOOK , 15巻, pp. 96-101, 2009
  90. 骨軟骨形成と小胞体ストレス応答, Pharma Medica, 27巻, 8号, pp. 175-176, 2009
  91. 小胞体ストレス-小胞体ストレスから回避する化合物の探索, 分子精神医学, 9巻, 2号, pp. 199-202, 2009
  92. 骨代謝のダイナミクスにおける小胞体ストレス応答の役割, 実験医学, 27巻, 4号, pp. 505-510, 2009
  93. A molecular chaperone inducer protects neurons from ER stress, CELL DEATH AND DIFFERENTIATION, 15巻, 2号, pp. 364-375, 2008
  94. A protective role of unfolded protein response in mouse ischemic acute kidney injury, EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 592巻, 1-3号, pp. 138-145, 2008
  95. Involvement of endoplasmic reticulum stress in the neuronal death induced by transient forebrain ischemia in gerbil, NEUROSCIENCE, 151巻, 1号, pp. 111-119, 2008
  96. Induction of BiP, an ER-resident protein, prevents the neuronal death induced by transient forebrain ischemia in gerbil, BRAIN RESEARCH, 1208巻, pp. 217-224, 2008
  97. Nerve fiber analysis on the so-called accessory subscapularis muscle and its morphological significance, ANATOMICAL SCIENCE INTERNATIONAL, 83巻, 1号, pp. 55-59, 2008
  98. 新規骨粗鬆症モデル動物の開発と応用, 化学工業 , 59巻, 12号, pp. 922-926, 2008
  99. ERストレス, 血管医学, 9巻, 4号, pp. 325-330, 2008
  100. 疾患とERストレス, 血管医学, 9巻, 4号, pp. 345-351, 2008
  101. 小胞体ストレストランスデューサーOASISの骨形成における役割, 内分泌・糖尿病科 , 27巻, 3号, pp. 277-282, 2008
  102. 小胞体ストレス応答の多様性, 脳21, 11巻, 3号, pp. 293-298, 2008
  103. 小胞体ストレスと脳神経疾患, 脳21, 11巻, 3号, pp. 288-292, 2008
  104. OASISファミリータンパク質の生体内機能, Pharma Medica, 26巻, 6号, pp. 142-143, 2008
  105. 脳神経疾患における神経細胞死-小胞体ストレスからみた細胞死機構-, 脳21 , 11巻, 1号, pp. 60-64, 2008
  106. 膜内切断による小胞体ストレスセンサーの活性化, Cognition and Dementia , 7巻, 1号, pp. 55-62, 2008
  107. BBF2H7, a novel transmembrane bZIP transcription factor, is a new type of endoplasmic reticulum stress transducer, MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 27巻, 5号, pp. 1716-1729, 2007
  108. Molecular mechanisms responsible for aberrant splicing of SERCA1 in myotonic dystrophy type 1, HUMAN MOLECULAR GENETICS, 16巻, 23号, pp. 2834-2843, 2007
  109. Endoplasmic reticulum stress response in dendrites of cultured primary neurons, NEUROSCIENCE, 146巻, 1号, pp. 1-8, 2007
  110. A novel ER stress transducer, OASIS, expressed in astrocytes, ANTIOXIDANTS & REDOX SIGNALING, 9巻, 5号, pp. 563-571, 2007
  111. HMGA1a:Sequence-specific RNA-binding factor causing sporadic Alzheimer's disease-linked exon skipping of Presenilin-2 pre-mRNA, GENES TO CELLS, 12巻, 10号, pp. 1179-1191, 2007
  112. Involvement of endoplasmic reticulum stress after middle cerebral artery occlusion in mice, NEUROSCIENCE, 147巻, 4号, pp. 957-967, 2007
  113. Endoplasmic reticulum stress in myotonic dystrophy type 1 muscle, ACTA NEUROPATHOLOGICA, 114巻, 5号, pp. 527-535, 2007
  114. The human endogenous retrovirus envelope glycoprotein, syncytin-1, regulates neuroinflammation and its receptor expression in multiple sclerosis: a role for endoplasmic reticulum chaperones in astrocytes, JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 179巻, 2号, pp. 1210-1224, 2007
  115. Preferential localization of rat GAPDS on the ribs of fibrous sheath of sperm flagellum and its expression during flagellar formation, ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA, 40巻, 1号, pp. 19-26, 2007
  116. 分子シャペロン誘導剤の神経変性疾患治療への応用, 日本神経精神薬理学雑誌, 27巻, 2号, pp. 63-67, 2007
  117. 神経細胞死と神経変性疾患の最先端研究, 日本薬理学雑誌, 130巻, pp. 477-482, 2007
  118. アルツハイマー病の分子病理学, 宮崎県医師会医学会誌 , 31巻, 1号, pp. 1-8, 2007
  119. Autophagy is activated for cell survival after endoplasmic reticulum stress, MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 26巻, 24号, pp. 9220-9231, 2006
  120. Cleavage of the membrane-bound transcription factor OASIS in response to endoplasmic reticulum stress, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 96巻, 4号, pp. 1090-1100, 2006
  121. Altered localization of amyloid precursor protein under endoplasmic reticulum stress, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 344巻, 2号, pp. 525-530, 2006
  122. The pro-apoptotic human BH3-only peptide harakiri is expressed in cryptococcus-infected perivascular macrophages in HIV-1 encephalitis patients, NEUROSCIENCE LETTERS, 393巻, 2-3号, pp. 102-107, 2006
  123. 治療薬開発 小胞体ストレスのシャペロン誘導, Pharma Medica, 24巻, 7号, pp. 59-62, 2006
  124. グリア細胞の小胞体ストレス応答を制御する膜貫通型転写因子OASIS-新規小胞体ストレスセンサーOASISの活性制御機構と機能, 脳21, 9巻, pp. 98-102, 2006
  125. スプライシングと疾患, Meducal Science Digest , 32巻, 8号, pp. 330-334, 2006
  126. RNAスプライシング異常と難治性疾患, 蛋白質 核酸 酵素, 51巻, 14号, pp. 2287-2293, 2006
  127. 小胞体ストレスの観点からの神経細胞死, 臨床化学, 35巻, 4号, pp. 332-342, 2006
  128. ★, OASIS, a CREB/ATF-family member, modulates UPR signalling in astrocytes, NATURE CELL BIOLOGY, 7巻, 2号, pp. 186-194, 2005
  129. XBP1 activates the transcription of its target genes via an ACGT core sequence under ER stress, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 331巻, 4号, pp. 1146-1153, 2005
  130. Candidates for tumor-specific alternative splicing, Biochemical and Biophysical Research Communications, 334: 23-29, 2005., 334巻, 1号, pp. 23-29, 2005
  131. 細胞種特異的な小胞体ストレス応答機構, 実験医学 , 23巻, pp. 2766-2771, 2005
  132. 選択的スプライシングの巧妙さとその破綻-神経難病発症に関連する異常スプライシング, 蛋白質 核酸 酵素, 50巻, pp. 330-342, 2005
  133. Identification of regulatory cis-acting elements for alternative splicing of presenilin-2 exon 5 under hypoxic stress conditions, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 91巻, 5号, pp. 1191-1198, 2004
  134. Critical role for DP5/Harakiri, a Bcl-2 homology domain 3-only Bcl-2 family member, in axotomy-induced neuronal cell death, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 24巻, 15号, pp. 3721-3725, 2004
  135. Involvement of caspase-4 in endoplasmic reticulum stress-induced apoptosis and Ab-induced cell death, JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 165巻, 3号, pp. 347-356, 2004
  136. Endoplasmic reticulum stress and neuronal death, JOURNAL OF CHEMICAL NEUROANATOMY, 28巻, pp. 49-50, 2004
  137. Induction of neuronal death by ER stress in Alzheimer's disease, JOURNAL OF CHEMICAL NEUROANATOMY, 28巻, pp. 67-78, 2004
  138. Tra2b, SF2/ASF, and SRp30c modulate the function of an exonic splicing enhancer in exon 10 of tau pre-mRNA, GENES TO CELLS, 9巻, pp. 121-130, 2004
  139. Expression of truncated presenilin 2 splice variant in Alzheimer's disease, bipolar disorder, and schizophrenia brain cortex, BRAIN RESEARCH MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 127巻, pp. 128-135, 2004
  140. Apoptosis induced by endoplasmic reticulum stress depends on activation of caspase-3 via caspase-12, NEUROSCIENCE LETTERS, 357巻, pp. 127-130, 2004
  141. Role of ARF4L in recycling between endosomes and the plasma membrane, CELLULAR AND MOLECULAR NEUROBIOLOGY, 24巻, pp. 137-147, 2004
  142. JAB1 participates in unfolded protein responses by association and dissociation with IRE1, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 45巻, pp. 765-772, 2004
  143. 小胞体ストレス応答の全貌解明を目指して, 神経化学, 7巻, pp. 26-38, 2004
  144. アルツハイマー病と神経細胞死, 実験医学増刊号, 22巻, pp. 203-209, 2004
  145. アルツハイマー病研究の最前線と治療への挑戦, 脳21, 7巻, pp. 108-112, 2004
  146. 小胞体ストレスとアルツハイマー病, 脳21 , 7巻, pp. 129-136, 2004
  147. An intronic splicing enhancer element in survival motor neuron (SMN) pre-mRNA, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 278巻, pp. 15825-15831, 2003
  148. MDG1/ERdj4, an ER-resident DnaJ family member, suppresses cell death induced by ER stress, GENES TO CELLS, 8巻, pp. 189-202, 2003
  149. Induced HMGA1a expression causes aberrant splicing of Presenilin-2 pre-mRNA in sporadic Alzheimer’s disease, CELL DEATH AND DIFFERENTIATION, 10巻, pp. 698-708, 2003
  150. アルツハイマー病と小胞体ストレス, Medical Science Digest, 29巻, pp. 86-88, 2003
  151. Identification of a Cis-acting elements for the regulation of SMN exon 7 splicing, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 277巻, pp. 23271-23277, 2002
  152. FAD-linked presenilin-1 mutants impede translation regulation under ER stress, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 296巻, pp. 313-318, 2002
  153. The cytosolic inclusion bodies that consist of splice variants that lack exon of the presenilin-2 gene differ obviously from Hirano bodies observed in the brain from sporadic cases of Alzheimer's disease patients, NEUROSCIENCE LETTERS, 328巻, pp. 198-200, 2002
  154. The unfolded protein response is involved in the pathology of Alzheimer's disease, Annals of the New York Academy of Sciences , 977巻, pp. 349-355, 2002
  155. Endoplasmic reticulum stress and Alzheimer's disease, Mapping the Progress of Alzheimer's and Parkinson's Disease. Mizuno, Y., Fisher, A., Hanin, I. (eds), pp. 95-100, 2002
  156. Alzheimer病―発症機序の解明 ERストレス, CLINICAL NEUROSCIENCE, 20巻, pp. 647-649, 2002
  157. 小胞体ストレスと神経細胞死, BIO CLINICA , 17巻, pp. 42-46, 2002
  158. 培養交感神経細胞のアポトーシスとその制御因子, 自律神経, 39巻, pp. 61-68, 2002
  159. 小胞体ストレスと神経細胞死, 脳21, 5巻, pp. 116-120, 2002
  160. アルツハイマー病と小胞体ストレス, 細胞工学, 21巻, pp. 382-388, 2002
  161. Disturbed activation of ER stress transducers by familial Alzheimer’s disease-linked presenilin 1 mutations, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276巻, pp. 43446-43454, 2001
  162. Inter-changeable binding of Bcl10 to TRAF2 and cIAPs regulates apoptosis signaling, ONCOGENE, 20巻, pp. 4317-4323, 2001
  163. Activation of caspase-12, an endoplasmic reticulum (ER) resident caspase, through tumor necrosis factor receptor-associated factor-2 (TRAF2) dependent mechanisms in response to ER stress, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276巻, pp. 13935-13940, 2001
  164. Increased production of β-amyloid and vulnerability to ER stress by an aberrant spliced form of presenilin-2, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276巻, pp. 2108-2114, 2001
  165. Upregulation of the pro-apoptotic BH3-only peptide Harakiri (HRK) in spinal neurons of amyotrophiclateral sclerosis patients, NEUROSCIENCE LETTERS, 313巻, pp. 153-157, 2001
  166. 小胞体ストレスとアルツハイマー病, 分子精神医学, 3巻, pp. 267-275, 2001
  167. The unfolded protein response and Alzheimer’s disease, Biochemica et Biophysica ACTA, 1536巻, pp. 85-96, 2001
  168. Impairment of response to ER stress in presenilin 1 mutant, Neuroscientific Basis of Dementia. Tanaka, C., McGeer, P., Ihara, Y. (eds), pp. 193-199, 2001
  169. Two cis-acting elements in the 3' untranslated region of α-CaMKII regulate its dendritic targeting, NATURE NEUROSCIENCE, 3巻, pp. 1079-1084, 2000
  170. Regulatory mechanisms of TRAF2-mediated signal transduction by Bcl10, MALT lymphoma-associated protein, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 275巻, pp. 11114-11120, 2000
  171. Molecular cloning of a novel membrane glycoprotein, Pal, specifically expressed inphotoreceptor cells of the retina and containing leucine-rich repeat, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 20巻, pp. 3206-3213, 2000
  172. Are cerebrovascular factors involved in Alzheimer's disease?, NEUROBIOLOGY OF AGING, 21巻, pp. 215-224, 2000
  173. アルツハイマー病原因遺伝子プレセニリン1による神経細胞死のメカニズム, 実験医学, 18巻, pp. 356-359, 2000
  174. 変異プレセニリン1とアルツハイマー病の神経細胞死, Dementia Japan, 14巻, pp. 71-79, 2000
  175. 小胞体を起源とする神経細胞死, 脳21, 3巻, pp. 140-143, 2000
  176. アルツハイマー病発症機構の分子生物学的解析―Presenilin変異体の解析を中心にして―, 脳21, 3巻, pp. 155-164, 2000
  177. 弧発性Alzheimer病患者にみるプレセニリンスプライシング異常, 最新医学, 55巻, pp. 1641-1648, 2000
  178. 小胞体ストレスによる神経細胞死とアルツハイマー病発症機構, 実験医学, 18巻, pp. 1781-1786, 2000
  179. プレセニリンが引き起こす小胞体ストレス, 細胞工学, 19巻, pp. 1372-1379, 2000
  180. 脳の科学UP Date―小胞体ストレスによる神経細胞死, 脳21, 3巻, pp. 499-502, 2000
  181. ★, Presenilin-1 mutations downregulate the signalling pathway of the unfolded-protein response, NATURE CELL BIOLOGY, 1巻, pp. 479-485, 1999
  182. The cell death-promoting gene DP5, which interacts with the BCL2 family, is induced during neuronal apoptosis following exposure to amyloid β protein, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 274巻, pp. 7975-7981, 1999
  183. Accumulation of murine amyloid beta42 with a gene-dosage dependent manner in PS1 “knock-in” mice, EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 11巻, pp. 2577-2581, 1999
  184. A novel presenilin-2 (PS-2) splice variant in human Alzheimer's disease brain tissue, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 72巻, pp. 2498-2505, 1999
  185. IPP isomerase, an enzyme of mevalonate pathway, is preferentially expressed in postnatal cortical neurons and induced after nerve transection, MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 67巻, pp. 231-238, 1999
  186. アルツハイマー病と神経細胞死メカニズム―プレセニリン1変異体による小胞体ストレス応答性の障害―, 神経化学, 38巻, pp. 89-96, 1999
  187. Expression of pattern of a novel death-promoting gene, DP5, in the developing murine nervous system, MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 54巻, pp. 316-320, 1998
  188. Expression of an ADP-ribosylation factor like gene, ARF4L, is induced after transient forebrain ischemia in the girbil, MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 56巻, pp. 66-75, 1998
  189. 交感神経系ニューロンのプログラム細胞死, 脳21, 1巻, pp. 133-143, 1998
  190. Expression of zinc transporter gene, ZnT-1, is induced after transient forebrain ischemia in the girbil, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 17巻, pp. 6678-6684, 1997
  191. Molecular cloning of a novel polypeptide, DP5, induced during programmed neuronal death, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 272巻, pp. 18842-18848, 1997
  192. 神経細胞のプログラム細胞死, 化学と生物, 35巻, pp. 365-370, 1997
  193. プログラム神経細胞死の分子メカニズム(Ⅱ)―神経細胞死の際に誘導する新規遺伝子DP5の解析―, ブレインサイエンス, 8巻, pp. 437-444, 1997
  194. プログラム神経細胞死の分子メカニズム(Ⅰ), ブレインサイエンス, 8巻, pp. 335-342, 1997
  195. An ER stress sensor PERK is involved in Post-operative Subcojunctival Scarring in a Mouse Model of Glaucoma Filtration Surgery, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 56巻, 7号, 2015
  196. The biological regulation by the endoplasmic reticulum stress response, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 63巻, pp. S79-S79, 2013
  197. [Endoplasmic reticulum stress response in osteogenesis]., Clinical calcium, 23巻, 11号, 2013
  198. [Endoplasmic reticulum stress response involved in osteogenesis and chondrogenesis]., Clinical calcium, 23巻, 12号, 2013
  199. The roles of unfolded protein response in osteogenesis and chondrogenesis, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 118巻, pp. 53P-53P, 2012
  200. [Regulation of osteogenesis and chondrogenesis by unfolded protein respone]., Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 84巻, 1号, 2012

著書等出版物

  1. 2015年05月15日, 骨ペディア, 小胞体ストレスセンサー, 羊土社, 2015年, 05, 単行本(学術書), 共編著, P.67-69
  2. 2009年11月, 筋強直性ジストロフィーと異常スプライシング (最新RNAと疾患研究), メディカルドウ, 共編著, P.99-101
  3. 2007年08月, 新規小胞体ストレスセンサー(OASIS) (KEY WORD 精神 第4版), 先端医学社, 共編著, P.174-175
  4. 2004年11月, アルツハイマー病における神経細胞死 (分子脳・神経機能解剖学), 金芳堂, 共編著, P.597-602
  5. 2004年09月, Aberrant splicing of Tau transcripts in Frontotemporal Dementia with Parkinsonism linked to Chromosome 17. (Molecular Neurobiology of Alzheimer Disease and Related Disorders), Basel Karger, 共編著, P.205-214
  6. 2002年01月, アルツハイマー病とゲノム創薬 (ゲノム創薬の最前線), 羊土社, 共編著, P.109-116
  7. 2001年05月, 小胞体ストレスとアルツハイマー病の神経細胞死 (わかる実験医学シリーズ アポトーシスがわかる), 羊土社, 共編著, P.128-133
  8. 1999年08月, Differential display法 (バイオマニュアルUPシリーズ 新アポトーシス実験法 第2版), 羊土社, 共編著, P.289-294
  9. 1992年04月, NGFトキシン複合体を用いた痴呆モデル動物の作製 (新生化学実験講座第14巻, 発生・分化・老化), 東京化学同人, 共編著, P.520-531
  10. 1991年10月, 蛋白質標識法 (神経科学研究の先端技術プロトコール I.分子組織化学), 厚生社, 共編著, P.157-163

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 神経細胞で産生される小胞体ストレスセンサー由来小ペプチドの物性と動態解析, 蔡龙杰, 松久幸司, 齋藤敦, 今泉和則, 『広島神経医科学研究会』学生・若手研究者のポスター発表会, 2018年03月13日, 通常, 英語, 広島市
  2. ライソゾームに局在するユビキチンリガーゼRNF182はアミノ酸トランスポーターLAT1の輸送を調節する, 金子雅幸, 郭曉鵬, 今泉和則, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月09日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  3. 小胞体膜タンパク質OASISの核膜への局所的集積とその生理的意義, 浅田梨絵, 金子雅幸, 今泉和則, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月09日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  4. 小胞体ストレス応答シグナルの逆行性伝播は末梢神経の軸索再生を促進する, 大竹洋輔, 齋藤敦, 松久幸司, 今泉和則, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月09日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  5. 神経活動依存的な小胞体ストレス応答を介した樹状突起の伸長およびスパイン形成制御, 齋藤敦, 今泉和則, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月08日, 招待, 日本語, 兵庫県神戸市
  6. DNA品質管理を担う核-小胞体連携ゾーン, 今泉和則, 浅田梨絵, 金子雅幸, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月06日, 招待, 日本語, 兵庫県神戸市
  7. ライソゾームに局在するユビキチンリガーゼRNF182はmTORC1シグナルを介して神経分化を制御する, 金子雅幸, 金本聡自, 郭暁鵬, 今泉和則, 第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月24日, 通常, 日本語, 大阪府豊中市
  8. 腎線維化病態における転写因子OASISの役割, 守沖瞳, 尾花理徳, 山本彩葉, 金本聡自, 前田真貴子, 今泉和則, 中山博之, 藤尾慈, 第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月24日, 通常, 日本語, 大阪府豊中市
  9. The roles of UPR signaling in the regulation of physiological functions, 浅田梨絵, 今泉和則, Washington University School of Medicine Research Seminar, 2017年11月15日, 招待, 英語, セントルイス(アメリカ)
  10. Axon Regeneration Promoted by Signaling of the Unfolded Protein Response in Peripheral Nerve Injury, 大竹洋輔, 齋藤敦, 今泉和則, Society for Neuroscience 2017, 2017年11月15日, 通常, 英語, ワシントン(アメリカ)
  11. Dendritic expansion and spine formation regulated by signaling pathways of unfolded protein response, 齋藤敦, 今泉和則, Society for Neuroscience 2017, 2017年11月13日, 通常, 英語, ワシントン(アメリカ)
  12. 神経活動依存的な小胞体ストレス応答を介した樹状突起の伸長およびスパイン形成制御, 齋藤敦, 今泉和則, 第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月10日, 通常, 日本語, 奈良県生駒市
  13. ライソゾームに局在するユビキチンリガーゼRNF182のmTORCIシグナルへの関与, 金子雅幸, 金本聡自, 郭曉鵬, 今泉和則, 第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月09日, 通常, 日本語, 奈良県生駒市
  14. DNA品質管理を担う核-小胞体連携ゾーンの解析, 今泉和則, 金子雅幸, 浅田梨絵, 新学術領域研究「オルガネラ・ゾ―ン」公開キックオフ・シンポジウム, 2017年10月05日, 通常, 日本語, 東京都
  15. Lysosomal ubiquitin ligase RNF182 regulates mTORC1 signaling through recruitment of amino acid transporter LAT1 to lysosomes, 金子雅幸, 郭曉鵬, 今泉和則, 第60回神経化学会大会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 宮城県仙台市
  16. ER stress-dependent production of small peptides derived from ER stress sensors in neuronal cells, 松久幸司, 齋藤敦, 大竹洋輔, 柳田寛太, 大河内正康, 松本雅記, 中山敬一, 今泉和則, 第60回神経化学会大会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 宮城県仙台市
  17. Dendritic expansion and spine formation regulated by signaling pathways of unfolded protein response, 齋藤敦, 今泉和則, 第60回神経化学会大会, 2017年09月07日, 招待, 英語, 宮城県仙台市
  18. Signaling of the Unfolded Protein Response is Critical for Axon Regeneration after Nerve Injury, 大竹洋輔, 齋藤敦, 松久幸司, 今泉和則, 第60回神経化学会大会, 2017年09月07日, 通常, 日本語, 宮城県仙台市
  19. 神経分化時に発現が増加するユビキチンリガーゼRNF182の役割, 金子雅幸, 今泉和則, 第18回ORIGIN神経科学研究会2017, 2017年08月27日, 通常, 日本語, 大阪府河内長野市
  20. 神経活動依存的に発動する小胞体ストレス応答を介した神経細胞の機能制御, 齋藤敦, 今泉和則, 第18回ORIGIN神経科学研究会2017, 2017年08月27日, 通常, 日本語, 大阪府河内長野市
  21. 小胞体ストレス依存的に産生される小胞体ストレスセンサーBBF2H7由来小ペプチドの物性と動態解析, 松久幸司, 齋藤敦, 今泉和則, 第18回ORIGIN神経科学研究会2017, 2017年08月27日, 通常, 日本語, 大阪府河内長野市
  22. Skeletal cell differentiation and tissue formation regulated by endoplasmic reticulum-derived signaling, 齋藤敦, 今泉和則, The 14th Bone Biology Forum, 2017年08月18日, 招待, 英語, 千葉市
  23. 小胞体ストレス応答を介する細胞機能制御と骨軟骨形成, 今泉和則, 第30回Bone Research Joint Meeting, 2017年05月31日, 招待, 日本語, 大阪府吹田市
  24. 腎特異的に発現するユビキチンリガーゼRNF183の高浸透圧に対する誘導機構, 前岡侑二郎, 呉艶, 今泉和則, 金子雅幸, 第58回(平成29年度)日本生化学会中国・四国支部例会, 2017年05月21日, 通常, 日本語, 香川県高松市
  25. 小胞体関連分解によるムコ多糖症原因分子イズロン酸-2-スルファターゼの活性化抑制機構, 尾崎陽介, 金本聡自, 齋藤敦, 今泉和則, 第58回(平成29年度)日本生化学会中国・四国支部例会, 2017年05月21日, 通常, 日本語, 香川県高松市
  26. 小胞体ストレス応答系の多様性と生理機能・疾患との関わり, 今泉和則, 平成29年度日本生化学会九州支部例会, 2017年05月13日, 招待, 日本語, 宮崎市
  27. ライソゾームに局在するユビキチンリガーゼRNF182は神経分化時のオートファジーを調節する, 金子雅幸, 呉艶, 今泉和則, 第90回薬理学会年会, 2017年03月16日, 通常, 日本語, 長崎市
  28. 小胞体マイクロフラグメント解析による疾患病態の理解と臨床応用, 今泉和則, 公益財団法人住友電工グループ社会貢献基金 平成28年度 大学講座寄附 学術・研究助成 贈呈式典・交流会, 2017年03月02日, 招待, 日本語, 大阪市
  29. The biological roles of endoplasmic reticulum and its stress response, 今泉和則, 広島大学 カイロ大学 学術交流ワークショップ, 2017年02月21日, 招待, 英語, 広島県東広島市
  30. Endoplasmic reticulum stress and cellular homeostasis, 金本聡自, 今泉和則, Department of Medical Biophysics Lab Seminar, University of Toronto, 2016年12月06日, 招待, 英語, トロント(カナダ)
  31. ER-resident transmembrane transcription factor OASIS plays important role in DNA damage response, 浅田梨絵, 菊島健児, 崔旻, 今泉和則, Cell Biology 2016 ASCB Annual Meeting, 2016年12月05日, 通常, 英語, サンフランシスコ(アメリカ)
  32. HIF1aとヘテロダイマーを形成する小胞体ストレストランスデューサーOASISによる骨内血管形成促進機構, 今泉和則, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月30日, 招待, 日本語, 神奈川県横浜市
  33. 運動器研究におけるキャリアデヴェロップメントについて, 今泉和則, 日本骨代謝学会・第1回Skeletal Science Retreat(骨代謝スクール), 2016年11月27日, 招待, 日本語, 静岡県熱海市
  34. DNA損傷応答における小胞体ストレストランスデューOASISの役割, 今泉和則, 第11回臨床ストレス応答学会大会, 2016年11月11日, 招待, 日本語, 山口県宇部市
  35. 小胞体ストレス応答シグナルによる生理・病態制御, 今泉和則, 第43回佐島シンポジウム, 2016年10月21日, 招待, 日本語, 宮城県仙台市
  36. ライソゾームに局在する膜貫通型ユビキチンリガーゼの生理機能, 金子雅幸, 前岡侑二郎, 呉艶, 今泉和則, 第 11 回小胞体ストレス研究会, 2016年10月11日, 通常, 日本語, 岐阜市
  37. DNA損傷における小胞体膜貫通型転写因子OASISの役割, 浅田梨絵, 崔旻, 今泉和則, 第 11 回小胞体ストレス研究会, 2016年10月11日, 通常, 日本語, 岐阜市
  38. 小胞体ストレス条件下で増加する多胞体(Multivesicular body)形成機構の解明と生理的意義の検討, 金本聡自, 今泉和則, 第89回日本生化学会大会, 2016年09月26日, 通常, 日本語, 宮城県仙台市
  39. 前立腺がん細胞における膜貫通型転写因子AIbZIPの機能解析, 崔香, 崔旻、浅田梨絵、金本聡自、今泉和則, 第89回日本生化学会大会, 2016年09月25日, 通常, 日本語, 宮城県仙台市
  40. 神経系細胞における小胞体ストレス依存的多胞体(Multivesicular body)形成機構, 金本聡自, 今泉和則, 第59回日本神経化学会大会, 2016年09月09日, 通常, 日本語, 福岡市
  41. 神経分化時に発現が増加する膜貫通型ユビキチンリガーゼRNF182のオートファジーへの関与, 金子雅幸, 高井知子, 呉艶, 今泉和則, 第59回日本神経化学会大会, 2016年09月09日, 通常, 日本語, 福岡市
  42. アストロサイトの細胞分化における小胞体膜貫通型転写因子OASISの働き, 浅田梨絵, 崔旻, 今泉和則, 第59回日本神経化学会大会, 2016年09月08日, 通常, 日本語, 福岡市
  43. アストロサイトのDNA損傷における小胞体ストレストランスデューサーOASISの働き, 浅田梨絵, 崔旻, 今泉和則, 第17回ORIGIN 神経科学研究会, 2016年08月27日, 通常, 日本語, 福井県あわら市
  44. 膜貫通型ユビキチンリガーゼの組織特異的な機能, 金子雅幸, 前岡侑二郎, 呉艶, 今泉和則, 第17回ORIGIN 神経科学研究会, 2016年08月27日, 通常, 日本語, 福井県あわら市
  45. 破骨細胞の多核化に関与する小胞体膜局在転写因子Lumanは樹状細胞の抗原提示能を制御する, 金本聡自, 崔旻, 今泉和則, 第34回日本骨代謝学会学術集会, 2016年07月23日, 通常, 日本語, 大阪市
  46. 新たな小胞体ストレス応答経路――多胞体形成-エキソソーム分泌, 金本聡自, 今泉和則, 第68回日本細胞生物学会・第11回日本ケミカルバイオロジー学会合同大会, 2016年06月17日, 招待, 日本語, 京都市
  47. The sarin-like organophosphorus agent BIMP induces ER stress in human astrocytoma cells, 有馬陽介, 齋藤敦, 吉本寛司, 奈女良昭, 村田和大, 今泉和則, 長尾正崇, 第100次日本法医学会学術全国集会, 2016年06月17日, 通常, 日本語, 東京都
  48. 小胞体ストレスの細胞内メカニズムと疾患, 今泉和則, 山口大学医学部医学科特別専門講義, 2016年06月13日, 招待, 日本語, 山口県宇部市
  49. 前立腺癌細胞における小胞体膜貫通型蛋白質AIbZIPの機能解析, 崔香, 崔旻, 浅田梨絵, 金本聡自, 今泉和則, 第57回日本生化学会中国・四国支部例会, 2016年05月28日, 通常, 日本語, 高知県南国市
  50. 小胞体ストレス応答シグナルとその生理機能, 今泉和則, 第63回徳島大学糖尿病臨床・研究開発センター講演会, 2016年05月24日, 招待, 日本語, 徳島市
  51. 小胞体ストレス応答シグナルによる生体制御, 今泉和則, 京都大学大学院平成28年度基盤生物化学概論/生命科学概論(講義), 2016年04月26日, 招待, 日本語, 京都市
  52. 神経特異的ユビキチンリガーゼRNF182はオートファジー経路に関与する, 金子雅幸, 高井知子, 呉艶, 和田有希子, 今泉和則, 日本薬学会第136年会, 2016年03月27日, 通常, 日本語, 神奈川県横浜市
  53. 神経細胞死をオルガネラからみる ―神経疾患の治療を目指して―, 今泉和則, 最先端神経科学シンポジウム, 2016年03月19日, 招待, 日本語, 大阪市
  54. 小胞体ストレスセンサーOASISを介する細胞老化の分子機構, 今泉和則, 公益財団法人 東京生化学研究会 平成27年度助成研究報告会, 2016年03月03日, 招待, 日本語, 東京都
  55. 小胞体ストレスとその応答機構, 今泉和則, 第29回日本軟骨代謝学会, 2016年02月19日, 招待, 日本語, 広島市
  56. A trip to the world of endoplasmic reticulum stress, 今泉和則, 北海道大学獣医学部リーディングプログラム特別講義, 2016年01月22日, 招待, 英語, 北海道札幌市
  57. 小胞体ストレスとその応答機構による生体制御, 今泉和則, 第37回北海道大学獣医学学術交流基金群講演会, 2016年01月21日, 招待, 日本語, 北海道札幌市
  58. 小胞体ストレス応答による生体機能調節対応, 今泉和則, 第119回医工学フォーラム, 2015年12月08日, 招待, 日本語, 京都市
  59. 小胞体ストレスによる多胞体(multivesicular body)形成とエクソソーム分泌, 金本聡自, 松久幸司, 崔旻, 仁谷亮太, 村岡賢, 田原栄俊, 今泉和則, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会合同大会, 2015年12月04日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  60. 小胞体ストレストランスデューサーOASISはHIF1αのシグナル経路を介して骨の血管新生を制御する, 崔旻, 金本聡自, 崔香, 谷本圭司, 吉本由紀, 宿南知佐, 今泉和則, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会合同大会, 2015年12月03日, 招待, 日本語, 兵庫県神戸市
  61. IRE1a-XBP1経路による褐色脂肪細胞の熱産生遺伝子Ucp1の発現制御, 浅田梨絵, 今泉和則, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会合同大会, 2015年12月03日, 招待, 日本語, 兵庫県神戸市
  62. 近位尿細管特異的膜貫通型ユビキチンリガーゼRNF183の生理機能, 金子雅幸, 呉艶, 前岡侑二郎, 今泉和則, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会合同大会, 2015年12月02日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  63. 前立腺癌細胞における小胞体膜局在転写因子AIbZIP/CREB4の機能解析, 崔香, 崔旻, 金本聡自, 今泉和則, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会合同大会, 2015年12月01日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  64. 褐色脂肪細胞における小胞体ストレス応答の役割, 浅田梨絵, 今泉和則, 第10回小胞体ストレス研究会, 2015年11月30日, 通常, 日本語, 兵庫県淡路市
  65. 膜貫通型ユビキチンリガーゼの生理機能, 金子雅幸, 高井知子, 呉艶, 前岡侑二郎, 和田有希子, 今泉和則, 第10回小胞体ストレス研究会, 2015年11月29日, 通常, 日本語, 兵庫県淡路市
  66. 学生研究に対する広島大学の取り組み, 今泉和則, 第3回中国・四国地区医学生学術交流会, 2015年11月28日, 通常, 日本語, 愛媛県松山市
  67. 神経発達段階における新規ユビキチンリガーゼの生理的意義, 白石貫馬, 高井知子, 和田有希子, 今泉和則, 金子雅幸, 第3回中国・四国地区医学生学術交流会, 2015年11月28日, 通常, 日本語, 愛媛県松山市
  68. 腎臓に発現するユビキチンリガーゼRNF183とCOPII構成タンパク質Sec16Aとの結合の意義, 呉艶, 前岡侑二郎, 高井知子, 和田有希子, 今泉和則, 金子雅幸, 第128回日本薬理学会近畿部会, 2015年11月20日, 通常, 日本語, 大阪市豊中市
  69. ER Stress Transducer OASIS modulates hypoxia pathway activity to regulate bone angiogenesis, 崔旻, 金本聡自, 崔香, 今泉和則, Australian New Zealand Bone & Mineral Society Annual Scientific Meeting 2015, 2015年11月03日, 招待, 英語, ホバート(オーストラリア)
  70. Multivesicular body is formed after endoplasmic reticulum stress, 金本聡自, 松久幸司, 崔旻, 今泉和則, 第58回日本神経化学会大会, 2015年09月11日, 通常, 英語, さいたま市
  71. Expression profiling of ubiquitin ligases with transmembrane domain in the brain, 金子雅幸, 呉艶, 高井知子, 野村靖幸, 今泉和則, 第58回日本神経化学会大会, 2015年09月11日, 通常, 英語, さいたま市
  72. 小胞体ストレスとその応答システム-細胞分化・細胞死・疾患における役割-, 今泉和則, What’s New in Neuroscience & Medicine 13th, 2015年09月08日, 招待, 日本語, 広島市
  73. 膜貫通型ユビキチンリガーゼの組織特異的な機能, 金子雅幸, 高井知子, 前岡侑二郎, 呉艶,和田有希子, 今泉和則, 第16回ORIGIN神経科学会研究会夏のワークショップ2015, 2015年08月28日, 通常, 日本語, 山口県下関市
  74. 小胞体ストレス応答による生体制御と疾患, 今泉和則, 第25回日本病態生理学会大会, 2015年08月01日, 招待, 愛媛県松山市
  75. 小胞体膜局在転写因子Luman と破骨細胞融合因子DC-STAMP の結合による破骨細胞分化制御機構, 金本聡自, 小林泰浩, 山下照仁, 宮本健史, 高橋直之, 今泉和則, 第33回日本骨代謝学会学術集会, 2015年07月25日, 通常, 日本語, 東京都
  76. 小胞体ストレスセンサーOASIS はHIF1αと協調して骨組織の血管新生に関与する, 崔旻, 金本聡自, 吉本由紀, 宿南知佐, 今泉和則, 第33回日本骨代謝学会学術集会, 2015年07月23日, 通常, 日本語, 東京都
  77. 樹状細胞における小胞体膜局在転写因子Lumanの機能解析, 金本聡自, 崔旻, 今泉和則, 第1回日本骨免疫学会, 2015年06月30日, 通常, 日本語, 沖縄県宮古島市
  78. 近位尿細管に特異的に発現する膜貫通型ユビキチンリガーゼRNF183の生理機能, 金子雅幸, 呉艶, 前岡侑二郎, 今泉和則, 第127回日本薬理学会近畿部会, 2015年06月26日, 通常, 日本語, 岐阜県岐阜市
  79. 小胞体ストレス応答による褐色脂肪細胞の機能調節, 浅田梨絵, 今泉和則, 第56回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2015年05月30日, 通常, 日本語, 島根県松江市
  80. An ER stress sensor PERK is involved in Post-operative Subcojunctival Scarring in a Mouse Model of Glaucoma Filtration Surgery, 宮城秀隆, 金本聡自, 木内良明, 今泉和則, The Association for Research in Vision and Ophthalmology, 2015年05月04日, 通常, 英語, デンバー(アメリカ)
  81. OASIS Is a Novel Cofactor of HIF1α to Promote the Transcription Depend on Hypoxia Response Element under the Hypoxic Condition, 崔旻, 崔香, 金本聡自, 谷本圭司, 今泉和則, Experimental Biology 2015, 2015年03月29日, 通常, 英語, ボストン(アメリカ)
  82. 小胞体に局在するユビキチンリガーゼの発現分布, 呉艶, 今泉和則, 野村靖幸, 金子雅幸, 第88回日本薬理学会年会, 2015年03月19日, 通常, 日本語, 愛知県名古屋市
  83. 小胞体ストレス応答による生体制御と疾患, 今泉和則, 第61回広島麻酔医学会, 2015年01月24日, 招待, 広島市
  84. 骨・軟骨形成における小胞体ストレス応答の役割, 今泉和則, 第32回長崎骨粗鬆症研究会, 2015年01月14日, 招待, 長崎市
  85. 疾患と小胞体ストレス, 今泉和則, 広島大学分子内科学セミナー, 2015年01月13日, 招待, 広島市
  86. 小胞体ストレス応答が制御する細胞分化・増殖と疾患, 今泉和則, 宮崎大学医学部 第5回機能生化学セミナー, 2014年12月25日, 招待, 宮崎市
  87. 神経系における細胞ストレス, 今泉和則, 第57回日本神経化学会大会・第7回(2014年)神経化学の若手研究者育成セミナー, 2014年09月29日, 通常, 奈良市
  88. 小胞体ストレスと骨・軟骨形成, 今泉和則, 第32回日本骨代謝学会学術集会, 2014年07月26日, 招待, 大阪市
  89. 小胞体発動シグナルによる骨軟骨形成制御, 今泉和則, 第32回日本骨代謝学会学術集会学術賞受賞講演, 2014年07月25日, 招待, 大阪市
  90. 小胞体膜局在転写因子OASISファミリーによる生体制御機構, 今泉和則, 第23回日本Cell Death学会学術集会, 2014年07月18日, 招待, 東京都
  91. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7の分泌断片による軟骨細胞増殖制御, 今泉和則, 第87回日本内分泌学会学術総会, 2014年04月25日, 招待, 福岡市
  92. 骨軟骨形成における小胞体ストレス応答の役割, 今泉 和則, 群馬大学大学院医学系研究科医科学専攻「第12回大学院生によるワークショップ」, 2014年03月19日, 招待, 群馬
  93. 小胞体ストレスと軟骨代謝, 今泉 和則, 第10回グルコサミン研究会, 2014年02月15日, 招待, 東京
  94. 骨・軟骨形成における小胞体ストレス応答の役割, 今泉 和則, 第37回骨を語る会, 2014年02月14日, 招待, 青森
  95. 膜内切断後に細胞外に分泌される小胞体ストレスセンサーの生理機能, 今泉 和則, 第86回日本生化学会大会, 2013年09月12日, 通常, 横浜
  96. 小胞体ストレスによる生体制御 発生、分化、再生、疾患との関わり, 今泉 和則, 第17回眼創傷治癒研究会, 2013年09月01日, 招待, 広島
  97. 小胞体ストレス応答による骨軟骨形成制御, 今泉 和則, 第17回小児分子内分泌研究会, 2013年07月06日, 招待, 北海道
  98. 骨・軟骨の発生・再生, 今泉 和則, 第31回日本骨代謝学会学術集会, 2013年05月30日, 通常, 兵庫
  99. 小胞体ストレス応答を介する骨・軟骨形成, 今泉 和則, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年04月26日, 通常, 宮城
  100. 小胞体ストレス応答による生体機能調節., 今泉 和則, 第90回日本生理学会大会, 2013年03月28日, 通常, 東京
  101. 小胞体ストレスを介した軟骨形成の分子機構, 今泉 和則, 第26回日本軟骨代謝学会, 2013年03月02日, 招待, 大阪
  102. 小胞体ストレスセンサーOASISファミリーによる生体機能制御, 今泉 和則, 細胞センサーの分子機構・相互ネットワーク研究会, 2012年11月29日, 招待, 愛知
  103. 脳虚血における小胞体ストレス応答の役割, 今泉 和則, 第24回日本脳循環代謝学会総会, 2012年11月08日, 通常, 広島
  104. 小胞体ストレス応答による細胞分化・機能制御, 今泉 和則, 第3回Molecular Cardiovascular Conferense Ⅱ, 2012年09月09日, 招待, 北海道
  105. 小胞体ストレス応答によるアストロサイトの分化制御, 今泉 和則, 第12回日本NO学会学術集会, 2012年06月29日, 通常, 兵庫
  106. 生命科学の新概念-小胞体ストレス, 今泉 和則, 生物機能開発学専攻セミナー, 2012年06月11日, 通常, 広島
  107. The roles of unfolded protein response in osteogenesis and chondrogenesis., 今泉 和則, The24th Korean Society of Bone Metabolism, 2012年05月26日, 通常, 韓国
  108. The roles of unfolded protein response mediated by ER stress transducers, OASIS family members, in bone and cartilage formation., 今泉 和則, CSHL the 2012 meeting on Molecular Chaperones & Stress Responeses, 2012年05月02日, 通常, アメリカ
  109. 小胞体ストレス研究の新たな展開, 今泉 和則, 第43回北摂循環器研究会, 2012年04月18日, 招待, 大阪
  110. 生体制御における小胞体ストレス応答の役割, 今泉 和則, 日本薬学会第132年会, 2012年03月29日, 通常, 北海道
  111. The roles of unfolded protein response in osteogenesis and chondrogenesis., 今泉 和則, 第85回日本薬理学会年会, 2012年03月16日, 通常, 京都
  112. 小胞体ストレス応答による生体機能調節と疾患・創薬, 今泉 和則, 新適塾「難病への挑戦」第9回, 2012年02月06日, 招待, 大阪
  113. アストロサイトの細胞死防御機構におけるERストレスセンサーOASISの役割, 今泉 和則, 第1回アストロサイト研究会, 2012年01月27日, 通常, 東京
  114. The roles of unfolded protein response in differentiation of osteoblasts and chondrocytes., 今泉 和則, Tokyo Medical and Dental University The 6th Global COE International Symposium, 2012年01月24日, 通常, 東京
  115. 小胞体ストレス応答の新概念, 今泉 和則, 岐阜薬科大学セミナー, 2011年12月06日, 招待, 岐阜
  116. 骨軟骨形成における小胞体ストレス応答の役割, 今泉 和則, 第40回 広島整形外科先端医学セミナー, 2011年11月19日, 招待, 広島
  117. 小胞体膜局在型転写因子の活性化機構と生体制御シグナル., 今泉 和則, 第84回日本生化学会大会シンポジウム, 2011年09月22日, 招待, 京都
  118. The signaling of ER stress Response involved in Osteogenesis and Chondrogenesis., 今泉 和則, 8th Meeting of Bone Biology Forum, 2011年08月19日, 招待, 静岡
  119. 骨軟骨形成における小胞体ストレス応答の役割., 今泉 和則, 大阪大学大学院生体情報科学セミナー, 2011年07月29日, 招待, 大阪
  120. 骨軟骨形成における小胞体ストレス応答の役割., 今泉 和則, 九州大学大学院セミナー, 2011年06月28日, 招待, 福岡
  121. 骨軟骨形成における小胞体ストレス応答の役割, 今泉 和則, 第21回骨代謝セミナー, 2011年06月10日, 招待, 東京
  122. 小胞体ストレスを知れば病気が解る, 今泉 和則, 第4回医科学セミナー, 2011年04月20日, 招待, 広島
  123. 小胞体ストレス応答., 今泉 和則, 京都大学生命科学大学院セミナー, 2011年02月01日, 招待, 京都
  124. Physiological functions of OASIS family members, tissue-specific ER stress sensors., 今泉 和則, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月, 招待, 兵庫
  125. 小胞体ストレスセンサーOASISファミリーの活性化機能と新たな機能, 今泉 和則, 第5回小胞体ストレス研究会, 2010年10月29日, 通常, 東京
  126. 小胞体ストレスの新概念, 今泉 和則, 広島大学大学院脳神経内科学セミナー2010, 2010年10月27日, 招待, 広島
  127. Physiological functions of ER-resident transmembrane transcription factors, OASIS family members., 今泉 和則, The 3rd international symposium on protein community, 2010年09月15日, 通常, 奈良
  128. 生体機能を制御する小胞体ストレスの新概念, 今泉 和則, 福井大学医学部第321回学内セミナー(大学院セミナー), 2010年05月17日, 招待, 福井
  129. 骨軟骨形成と小胞体ストレス応答, 今泉 和則, 第6回宮崎サイエンスキャンプ, 2010年02月, 招待, 宮崎
  130. 小胞体ストレス応答の多様性と細胞の分化・成熟における役割, 今泉 和則, GCOE連携生医研セミナー, 2010年01月15日, 招待, 福岡
  131. 小胞体ストレス応答と骨軟骨組織の分化・成熟, 今泉 和則, 「骨とCaクラスター」ミニリトリート, 2010年01月, 招待, 兵庫
  132. 骨軟骨形成と小胞体ストレス応答, 今泉 和則, 第3回骨・軟骨フロンティア, 2009年11月28日, 招待, 東京
  133. The ER stress transducer, OASIS is required for bone formation through transcription of Col1a1., 今泉 和則, The 26th Naito Conference on Osteobiology, 2009年11月, 招待, 兵庫
  134. 骨軟骨形成と小胞体ストレス応答, 今泉 和則, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 通常, 兵庫
  135. 小胞体ストレスセンサーOASISファミリーの生体内機能, 今泉 和則, 第4回小胞体ストレス研究会, 2009年09月25日, 通常, 奈良
  136. 骨軟骨形成と小胞体ストレス応答, 今泉 和則, ゲノム医科学研究セミナー, 2009年09月19日, 招待, 東京
  137. 小胞体ストレス応答と生体制御, 今泉 和則, 理化学研究所セミナー, 2009年09月18日, 招待, 神奈川
  138. 小胞体ストレス応答と生体制御, 今泉 和則, 第13回Molecular Cardiovascular Conference, 2009年09月, 招待, 北海道
  139. 骨軟骨形成と小胞体ストレス応答, 今泉 和則, 第13回大阪小児骨系統疾患研究会, 2009年01月31日, 招待, 大阪
  140. 小胞体から発信される生体制御のシグナル, 今泉 和則, 神経科学セミナー, 2008年12月25日, 招待, 大阪
  141. 小胞体ストレス, 今泉 和則, 第10回感情・行動・認知(ABC)研究会, 2008年10月18日, 通常, 大阪
  142. 骨軟骨形成と小胞体ストレス応答, 今泉 和則, 第3回小胞体ストレス研究会, 2008年10月04日, 通常, 岐阜
  143. 神経系における小胞体ストレス応答の多様性, 今泉 和則, 第51回日本神経化学会大会, 2008年09月, 通常, 富山
  144. 小胞体ストレス-小胞体タンパク質品質管理と破綻の分子機構, 今泉 和則, 第146回日本獣医学会学術集会, 2008年09月, 招待, 宮崎
  145. ER stress transducer OASIS and bone formation, 今泉 和則, 5th Meeting of Bone Biology Forum, 2008年08月, 招待, 静岡
  146. RiPによる小胞体ストレスセンサーOASISの活性化とその機能, 今泉 和則, 第31回日本神経科学大会, 2008年07月, 通常, 東京
  147. Diversity of ER stress response., 今泉 和則, CINP Pacific-Asia Regional Meeting, 2008年03月, 通常, マレーシア
  148. 小胞体内タンパク質品質管理と生体制御, 今泉 和則, 宮崎大学医学部シンポジウム-生理活性物質による生体・病態制御と展開医療の教育研究拠点形成への展望-, 2007年12月25日, 通常, 宮崎
  149. 小胞体膜局在性転写因子の機能的多様性と生体制御, 今泉 和則, 第313回大阪大学神経科学懇話会-次世代の神経科学研究-, 2007年12月22日, 通常, 大阪
  150. OASISファミリータンパク質の生体内機能, 今泉 和則, 第2回小胞体ストレス研究会, 2007年10月22日, 通常, 大阪
  151. 小胞体ストレスセンサーOASISと骨形成, 今泉 和則, 日本解剖学会第63回九州支部学術集会, 2007年10月20日, 通常, 長崎
  152. 小胞体ストレス応答の多様性, 今泉 和則, 千里ライフサイエンスセミナー ブレインサイエンスシリーズ第20回「小胞体ストレスと脳神経疾患」, 2007年09月28日, 招待, 大阪
  153. 小胞体ストレスセンサーOASISと骨形成, 今泉 和則, 第4回骨と関節の代謝調節を考える基礎の会, 2007年09月, 招待, 千葉
  154. 組織・細胞種特異的小胞体ストレス応答と疾患, 今泉 和則, 平成19年度生理学研究所研究会-細胞死研究の新たな潮流と疾患研究への展開-, 2007年08月, 通常, 愛知
  155. スプライシング異常によるヒト疾患, 今泉 和則, 日本進化学会第9回京都大会, 2007年08月, 通常, 京都
  156. 小胞体ストレス応答の多様性と疾患, 今泉 和則, 第35回慶應ニューロサイエンス研究会, 2007年06月09日, 招待, 東京
  157. 小胞体ストレスと疾患, 今泉 和則, 第48回宮崎周産期セミナー, 2007年05月10日, 招待, 宮崎
  158. 骨形成不全を示す小胞体ストレスセンサーOASIS欠損マウスの解析, 今泉 和則, 日本薬学会第127年会, 2007年03月, 通常, 富山
  159. 小胞体ストレスセンサーOASISと骨形成, 今泉 和則, 第112回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2007年03月, 通常, 大阪
  160. 小胞体ストレスによって誘導されるオートファジー, 今泉 和則, 第80回日本薬理学会年会, 2007年03月, 通常, 愛知
  161. 神経変性疾患治療薬の開発-小胞体ストレスから神経細胞を救済する低分子化合物の開発-, 今泉 和則, 第39回精神神経系薬物治療研究報告会, 2006年12月08日, 通常, 大阪
  162. 筋強直性ジストロフィーにおけるSERCA1の異常スプライシング, 今泉 和則, 第2回神戸スプライシングカンファレンス, 2006年11月25日, 通常, 神戸
  163. 神経難病に関連した異常スプライシングの分子機構, 今泉 和則, 17th Forum in DOJIN 生命活動を支えるRNAプログラム, 2006年11月17日, 招待, 熊本
  164. 小胞体ストレス誘導性神経細胞死抑制薬の開発, 今泉 和則, 第37回病態代謝研究会研究報告会, 2006年10月21日, 通常, 東京
  165. 膜貫通型転写因子OASISファミリーと小胞体ストレス応答, 今泉 和則, 第1回小胞体ストレス研究会, 2006年10月13日, 通常, 宮崎
  166. 小胞体ストレス研究の新展開, 今泉 和則, 第8回ORIGIN神経科学研究会夏のワークショップ, 2006年09月, 通常, 松山
  167. 小胞体ストレス応答と疾患, 今泉 和則, 第30回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2006年09月, 招待, 鹿児島
  168. 小胞体ストレス応答の生物学, 今泉 和則, 福井大学医学部第221回学内セミナー(大学院セミナー), 2006年07月04日, 招待, 福井
  169. 細胞種特異的小胞体ストレス応答, 今泉 和則, 岐阜薬科大学生体機能分子学講座セミナー, 2005年11月05日, 招待, 岐阜
  170. 神経細胞における小胞体ストレスのin vivoイメージング-神経変性疾患の病態解明を目指して, 今泉 和則, 第36回病態代謝研究会報告会, 2005年10月22日, 通常, 東京
  171. 小胞体ストレス応答の多様性, 今泉 和則, 平成17年度生理学研究所研究会, 2005年10月17日, 通常, 岡崎
  172. The regulation of unfolded protein response by OASIS, a transmembrane bZIP transcription factor, in astrocytes. , 今泉 和則, International Symposium on Life of Proteins., 2005年10月, 通常, 兵庫
  173. 小胞体ストレス応答の諸相, 今泉 和則, 第2回インビトロジェンシンポジウム「バイオサイエンスの最先端」, 2005年09月, 招待, 神奈川
  174. Diversity of ER stress response., 今泉 和則, 第48回日本神経化学会大会, 2005年09月, 通常, 福岡
  175. 小胞体ストレスとその応答機構, 今泉 和則, 第2回Neuroscience Frontier Research Conference, 2005年08月20日, 招待, 千葉
  176. Diversity of endoplasmic reticulum stress response. , 今泉 和則, Seminar in the Centre for Research in Neurodegenerative Diseases, University of Toronto, 2005年08月05日, カナダ
  177. Molecular mechanisms of aberrant splicing in neurodegenerative disorders, 今泉 和則, Kobe Conference on splicing, 2005年06月, 招待, 神戸
  178. 神経難病発症に関わる小胞体ストレスとその応答機構, 今泉 和則, (株)シスメックス招待講演, 2005年03月, 招待, 神戸
  179. 神経変性疾患の新たな治療法開発を目指して-小胞体ストレスから救済する-, 今泉 和則, 科学技術シンポジウム in 宮崎2005, 2005年01月24日, 通常, 宮崎
  180. Endoplasmic reticulum stress and neuronal death in Alzheimer disease., 今泉 和則, 47th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry, 2004年09月, 通常, 大阪
  181. Neuronal apoptosis induced by endoplasmic reticulum stress., 今泉 和則, 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists., 2004年08月, 通常, 京都
  182. ニユーロンとグリアにおける小胞体ストレス応答の違いと細胞死制御のメカニズム, 今泉 和則, 第77回日本薬理学会年会, 2004年03月, 通常, 大阪
  183. アルツハイマー病研究の最前線と治療への挑戦, オーバービュー., 今泉 和則, 千里ライフサイエンスセミナー, 2004年01月16日, 招待, 大阪
  184. 小胞体ストレスとアルツハイマー病, 今泉 和則, 千里ライフサイエンスセミナー, 2004年01月16日, 招待, 大阪

受賞

  1. 2015年11月17日, 広島大学Distinguished Professor(特に優れた研究を行う教授職), 広島大学
  2. 2014年07月25日, 第32回日本骨代謝学会学術賞, 日本骨代謝学会理事長
  3. 2014年04月01日, 長瀬研究振興賞, 公益財団法人長瀬科学技術振興財団理事長
  4. 2013年08月06日, 平成25年度NAISTバイオ学術賞, 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科長
  5. 2012年11月, 第11回(平成24年度)広島大学長表彰
  6. 2004年, 井上フェロー賞

取得

  1. 特許権, 米国特許番号9695235, 2017年07月04日, BBF2H7(BBF2 human homologue on chromosome7)部分アミノ酸配列を有するペプチドまたはそれに結合する抗体を含む細胞増殖調節用組成物
  2. 特許権, 特許5240756, 2013年04月12日, 軟骨疾患のモデル非ヒト動物
  3. 特許権, 第5131700号, 2012年11月16日, 分子シャペロン発現誘導剤
  4. 特許権, 特許4940477, 2012年03月09日, OASIS遺伝子欠損マウス
  5. 特許権, EP:1989939, 2011年07月13日, OASIS遺伝子欠損マウス
  6. 特許権, 米国特許番号7847148, 2010年12月07日, OASIS遺伝子欠損マウス

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 「褐色脂肪細胞の小胞体ストレス応答による生体エネルギー制御機構解明」, 2015年, 2016年
  2. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 「小胞体ストレスセンサーによる細胞間情報伝達機構の解析」, 2013年, 2014年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 「小胞体ストレス応答による生体制御の分子基盤解明」, 2013年, 2015年
  4. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 「小胞体ストレスによる細胞機能調節の分子機構」, 2010年, 2011年
  5. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 「小胞体タンパク質センサーの機能的多様性と生体制御」, 2008年, 2009年
  6. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 「タンパク質品質管理と骨代謝のダイナミクス」, 2007年, 2008年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 「小胞体ストレス応答機構の制御による神経細胞死防御法の開発」, 2005年, 2007年
  8. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 「難治性疾患発症に関わる異常スプライシングの分子機構解明とその制御法開発」, 2005年, 2006年
  9. 科学研究費助成事業(特定領域研究(A)), 「神経難病発症に関わる異常スプライシングの分子機構解明とその制御法開発」, 2003年, 2004年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 「小胞体機能異常による神経細胞死の分子メカニズム解明とその制御法開発」, 2002年, 2004年
  11. 科学研究費助成事業(特定領域研究(A)), 「神経変性疾患原因遺伝子の異常スプライシング」, 2002年
  12. 科学研究費助成事業(特定領域研究(A)), 「小胞体ストレスを起源とする神経細胞死の機序解明」, 2001年, 2002年
  13. 科学研究費助成事業(特定領域研究(C)), 「アルツハイマー病における神経細胞死防御機序の開発」, 2000年
  14. JST CREST, 「小胞体ストレス応答の慢性炎症への関与----in vivo解析」, 2011年
  15. JST 重点地域研究開発推進プログラム 平成19年度「シーズ発掘試験」, 「分子シャペロン誘導剤による神経細胞死抑制法の開発」, 2007年
  16. JST 重点地域研究開発推進プログラム 平成18年度「シーズ発掘試験」, 「分子シャペロン誘導剤による骨粗鬆症治療法の開発」, 2006年
  17. 平成20年度厚生労働科学研究費補助金 創薬基盤研究事業, 「分子シャペロン誘導剤の認知症治療への応用の研究」, 2008年
  18. 平成19年度厚生労働科学研究費補助金 政策創薬総合研究事業, 「変異蛋白が誘導するストレスを原因とする神経(精神)筋疾患に対する治療候補化合物の開発に関する研究」, 2007年
  19. 厚生労働省 保健医療分野における基礎研究推進事業, 「骨粗鬆症治療戦略の開発と応用」, 2006年, 2008年
  20. 平成18年度厚生労働科学研究費補助金 政策創薬総合研究事業, 「蛋白立体構造異常を原因とするコンフォメーション病に対する病態解明と創薬探索システムの確立」, 2006年
  21. 平成16年度厚生労働科学研究費補助金 創薬等ヒューマンサイエンス研究事業, 「蛋白立体構造異常を原因とするコンフォメーション病に対する病態解明と創薬探索システムの確立」, 2004年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 代議員, 2018年06月, 2020年06月, 日本細胞生物学会
  2. 各種授賞等選考委員, 2018年01月, 2019年12月, 日本生化学会
  3. 評議員, 2011年06月, 2025年03月, 日本生化学会
  4. 中国・四国支部代議員, 2013年07月, 2017年06月, 日本生化学会
  5. 教育委員会委員, 2014年02月, 2020年02月, 日本骨代謝学会
  6. 評議員, 2011年05月, 2025年03月, 日本骨代謝学会
  7. 協力研究員, 2017年10月, 2019年03月, 東京都健康長寿医療センター研究所
  8. 脳研究推進委員会委員, 2017年05月, 2019年03月, 日本神経化学会
  9. ブランディング委員会委員長, 2017年04月, 2019年03月, 日本神経化学会
  10. 評議員, 2000年10月, 2025年03月, 日本神経化学会
  11. 選挙管理委員, 2016年10月, 2017年03月, 日本神経化学会
  12. 理事長, 2015年04月, 2017年03月, 日本神経化学会
  13. 理事, 2013年03月, 2017年03月, 日本神経化学会
  14. 会計担当理事, 2013年03月, 2015年03月, 日本神経化学会
  15. 奨励賞選考委員会委員, 2011年10月, 2015年10月, 日本神経化学会
  16. 広報担当理事, 2007年, 2009年, 日本神経化学会
  17. 評議員, 2016年04月, 2018年04月, 日本脳科学関連学会連合
  18. 評議員, 2004年12月, 2025年03月, 日本解剖学会
  19. 専門会員, 1989年08月, 2025年03月, 日本神経科学会
  20. 幹事, 2009年12月, 2025年03月, 臨床ストレス応答学会
  21. 世話人, 2005年10月, 2025年03月, 小胞体ストレス研究会
  22. 基礎医学委員会 形態・細胞生物医科学分科会, 2014年10月, 日本学術会議

学術会議等の主催

  1. 第7回小胞体ストレス研究会, 世話人, 2012年11月
  2. 第10回ORIGIN神経科学研究会夏のワークショップ, 世話人, 2008年09月
  3. 第1回小胞体ストレス研究会, 世話人, 2006年10月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第30回分子細胞情報学セミナー, 睡眠中の記憶固定化メカニズム, 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 坂口昌徳准教授, 2018年/03月/16日, 広島大学霞総合研究棟7F共同セミナー室, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  2. 第29回分子細胞情報学セミナー, 浸透圧ストレス応答を担うシグナル伝達分子の同定と解析 ~ゲノムワイドsiRNAスクリーニングによるシグナル伝達分子の網羅的探索~, 東京大学大学院薬学系研究科 細胞情報学教室 名黒功准教授, 2018年/02月/22日, 広島大学霞総合研究棟7F共同セミナー室, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  3. 第28回分子細胞情報学セミナー, 膜内切断プロテアーゼRsePによる特異的基質認識機構(小胞体ストレスセンサー活性化分子機構のモデルとして), 京都大学 秋山芳展教授, 2017年/04月/18日, 総合研究棟7階共同セミナー室, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  4. 第27回分子細胞情報学セミナー, 腎臓における低酸素・酸化ストレス応答機構, 東北大学 鈴木教郎准教授, 2017年/02月/12日, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  5. 第26回分子細胞情報学セミナー, SUMOylation, Synaptic Development and Neurodegeneration, University of Toronto, Canada Prof. Paul Fraser, 2016年/06月/07日, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  6. 第25回分子細胞情報学セミナー, 小胞体ストレスと腎臓病, 東京大学 稲城玲子特任准教授, 2016年/02月/12日, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  7. 第24回分子細胞情報学セミナー, Wntシグナル研究; “More Biochemistry”, ”More Biology”, “More Diseases”, 大阪大学 菊池章教授, 2015年/10月/05日, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  8. 第23回分子細胞情報学セミナー, 小胞体ストレス応答とゴルジ体ストレス応答, 兵庫県立大学 吉田秀郎教授, 2015年/02月/13日, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  9. 第22回分子細胞情報学セミナー, ゲノムから骨関節疾患へ-- 単一遺伝子遺伝病と多因子遺伝病の統合解析, 理化学研究所 池川志郎先生, 2014年/12月/18日, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  10. 第21回分子細胞情報学セミナー, 報酬・忌避学習と意思決定における大脳基底核神経回路の制御機構, 京都大学 疋田貴俊准教授, 2014年/10月/21日, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  11. 第20回分子細胞情報学セミナー, 骨リモデリングの制御機構の解明, 東京医科歯科大学 中島友紀准教授, 2014年/08月/01日, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  12. 第19回分子細胞情報学セミナー, 小胞体ストレス応答センサーの機能不全により起こる疾患, 奈良先端科学技術大学院大学 河野憲二教授, 2014年/01月/10日, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  13. 第18回分子細胞情報学セミナー, Bリンパ球の選択・分化とUPR, 東京医科歯科大学 鍔田武志教授, 2013年/10月/29日
  14. 第17回分子細胞情報学セミナー, オートファジーを標的とした難治疾患克服への戦略, 東京医科歯科大学 清水重臣教授, 2013年/06月/03日
  15. 第16回分子細胞情報学セミナー, Wntシグナルネットワークによる細胞機能制御とその異常による病態, 大阪大学 菊池章教授, 2013年/02月/13日
  16. 第15回分子細胞情報学セミナー, 生体多光子励起イメージングで解明する生きた細胞動態, 大阪大学 石井優教授, 2012年/08月/02日
  17. 第14回分子細胞情報学セミナー, アルツハイマー病Aβ蓄積量を規定するKinesin Light Chain1スプライシングバリアントの同定, 大阪大学 森原剛史講師, 2012年/07月/10日
  18. 第13回分子細胞情報学セミナー, 軟骨細胞分化制御機構の解析と軟骨細胞誘導, 京都大学iPS細胞研究所 妻木範行教授, 2012年/07月/03日
  19. 第12回分子細胞情報学セミナー, 中枢神経回路の障害と修復を制御する生体システム, 大阪大学 山下俊英教授 , 2012年/04月/13日
  20. 第11回分子細胞情報学セミナー, 転写因子による骨格形成の制御機構, 大阪大学 西村理行准教授, 2012年/03月/09日
  21. 第10回分子細胞情報学セミナー, 新規タキキニンペプチドと痛み, 宮崎大学 西森利數教授, 2011年/12月/19日
  22. 第9回分子細胞情報学セミナー, in vivoでアルツハイマー病の病理像を検出するプローブ開発, 東北大学 工藤幸司教授, 2011年/12月/09日
  23. 第8回分子細胞情報学セミナー, 損傷神経再生の組織像とその分子基盤, 名古屋大学 木山博資教授, 2011年/11月/25日
  24. 第7回分子細胞情報学セミナー, 難治性白血病発症機構の解析から見えてきたもの, 宮崎大学 森下和広教授, 2011年/08月/05日
  25. 第6回分子細胞情報学セミナー, Targeting Endoplasmic Reticulum for Combating Beta Cell Death and Neurodegeneration, University of Massachusetts Medical School 浦野文彦博士, 2011年/07月/27日
  26. 第5回分子細胞情報学セミナー, 加齢黄斑変性の病態と治療, 大阪大学 五味文博士, 2011年/06月/15日
  27. 第4回分子細胞情報学セミナー, SUMOylation and Alzheimer's Disease, University of Tronto, Canada. Dr.Paul E. Fraser, Professor., 2011年/05月/23日
  28. 第3回分子細胞情報学セミナー, 網膜疾患の病態解明のための分子生物学的アプローチと治療戦略, 岐阜薬科大学 原英彰教授, 2011年/04月/22日
  29. 第2回分子細胞情報学セミナー, 小胞体のタンパク質分解系ERADの破綻とアルツハイマー病, 千葉科学大学 金子雅幸博士, 2011年/02月/28日
  30. 第1回分子細胞情報学セミナー, ニューロプシン神経機能の多様性, 奈良先端科学技術大学院大学 塩坂貞夫教授, 2011年/01月/21日

学術雑誌論文査読歴

  1. 2016年, Journal of Neuroscience and Neurological Disorders, 1
  2. 2016年, Scientific Reports, 1
  3. 2016年, Journal of Cell Biology, 1
  4. 2016年, PLOS ONE, 1
  5. 2016年, BBA Molecular Basis of Disease, 1
  6. 2015年, Scientific Reports, 1
  7. 2015年, Nature Chemical Biology, その他, 1
  8. 2015年, International Journal of Molecular Sciences, その他, 1
  9. 2014年, Journal of Bone and Mineral Metabolism, その他, 1
  10. 2014年, Journal of Chemical Neuroanatomy, その他, 1
  11. 2014年, Journal of Cell Biology, その他, 1
  12. 2014年, Nature Cell Biology, その他, 1
  13. 2014年, Nature, その他, 1
  14. 2014年, Journal of Bone and Mineral Metabolism, その他, 1
  15. 2014年, Molecular and Cellular Biology, その他, 1
  16. 2014年, Bone, その他, 1
  17. 2013年, Biological Trace Element Research
  18. 2012年, Nature
  19. 2011年, Nature Cell Biology
  20. 2011年, Cell Structure and Function
  21. 2011年, Journal of Biochemistry
  22. 2011年, Cell Death and Differentiation
  23. 2011年, Cell Research
  24. 2011年, Journal of Bone and Mineral Metabolism
  25. 2011年, Biochemical and Biophysical Research Communications
  26. 2010年, Cancer Science
  27. 2010年, Traffic
  28. 2010年, 神経化学, 編集長, 編集主幹
  29. 2009年, 神経化学, 編集長, 編集主幹