泉 雄大YUDAI IZUMI

Last Updated :2019/06/03

所属・職名
放射光科学研究センター 放射光科学研究センター 助教
自己紹介
円二色性分光を用いた生体物質の研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2009年04月01日, 2010年03月31日, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2010年04月01日, 2010年08月31日, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2010年09月01日, 2013年03月31日, 高輝度光科学研究センター, 協力研究員
  • 2013年04月01日, 2016年03月31日, 日本原子力研究開発機構, 博士研究員

学歴

  • 神戸大学, 発達科学部, 人間環境科学科, 日本, 2001年04月, 2005年03月
  • 神戸大学, 総合人間科学研究科, 人間環境科学専攻, 日本, 2005年04月, 2007年03月
  • 神戸大学, 人間発達環境学研究科, 人間環境学専攻, 日本, 2007年04月, 2010年03月

学位

  • 修士(学術) (神戸大学)
  • 博士(理学) (神戸大学)

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学
  • 総合理工 / 量子ビーム科学 / 量子ビーム科学
  • 数物系科学 / 物理学 / 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理

研究キーワード

  • 円二色性分光
  • 放射線生物学

所属学会

  • 日本放射光学会
  • 量子生命科学会(運営委員)
  • 日本放射線影響学会
  • 日本放射線化学会
  • 生命の起原および進化学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 放射光科学院生実験
  2. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 放射光物性セミナー
  3. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 放射光物性セミナー

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Structural analysis of DNA repair protein XRCC4 applying circular dichroism in an aqueous solution, Radiation Protection Dosimetry, 183巻, pp.36-pp.39, 2019
  2. DNA付随タンパク質の構造変化:放射光円二色性分光法を用いたヒストンタンパク質のDNA損傷誘起構造変化の観測, 放射線, 44巻, 4号, pp.135-pp.140, 2019
  3. Sample volume reduction using the Schwarzschild objective for a circular dichroism spectrophotometer and an application to the structural analysis of lysine-36 trimethylated histone H3 protein, Molecules, 23巻, pp.2865(1)-pp.2865(12), 2018
  4. ★, Structural analysis of lysine-4 methylated histone H3 proteins using synchrotron radiation circular dichroism spectroscopy, Chirality, 30巻, 5号, pp.536-pp.540, 2018
  5. Roles of hydration for inducing decomposition of 2-deoxy-D-ribose by ionization of oxygen K-shell electrons, Radiation Research, 189巻, 3号, pp.264-pp.272, 2018
  6. ★, Circular dichroism spectroscopic study on structural alterations of histones induced by post-translational modifications in DNA damage responses: Lysine-9 methylation of H3, Journal of Radiation Research, 59巻, 2号, pp.108-pp.115, 2018
  7. Wide-angle display-type retarding field analyzer with high energy and angular resolutions, Review of Scientific Instruments, 88巻, pp.123106, 2017
  8. DNA損傷により誘起されるヒストンタンパク質の二次構造変化, 放射線化学, 103巻, pp.35-pp.37, 2017
  9. ★, DNA damage response induces structural alterations of histone H3-H4, Journal of Radiation Research, 58巻, 1号, pp.59-pp.65, 2017
  10. ★, Structure change from β-strand and turn to α-helix in histone H2A-H2B induced by DNA damage response, Biophysical Journal, 111巻, 1号, pp.69-pp.78, 2016
  11. 紫外円二色性スペクトルを用いたタンパク質構造研究, 放射線生物研究, 51巻, pp.91, 2016
  12. 放射線DNA損傷の修復応答を開始させる染色体タンパク質ヒストンの構造変化, Isotope News, 746巻, pp.2-pp.5, 2016
  13. ★, Secondary structure alterations of histones H2A and H2B in X-irradiated human cancer cells: Altered histones persist in cells for at least 24 hours, Radiation Research, 184巻, pp.554, 2015
  14. Soft x-ray photoemission study of new BiS2-layered superconductor LaO1-xFxBiS2, Journal of the Physical Society of Japan, 83巻, pp.033703, 2014
  15. Nitrogen K-edge soft X-ray natural circular dichroism of histidine thin film, Journal of Physics: Conference Series, 502巻, pp.012038, 2014
  16. Low-temperature catalyst activator: Mechanism of dense carbon nanotube forest growth studied using synchrotron radiation, IUCrJ, 1巻, pp.221, 2014
  17. Electronic and local crystal structures of the ZrNiSn half-Heusler thermoelectric material, Materials Transactions, 55巻, pp.1209, 2014
  18. ★, Characteristic oxygen K-edge circular dichroism spectra of amino acid films by improved measurement technique, Journal of Chemical Physics, 138巻, pp.074305, 2013
  19. One-dimensional N2 gas inside single-walled carbon nanotubes, Carbon, 55巻, pp.196, 2013
  20. High-resolution photoelectron spectroscopy study of degradation of rubber-to-brass adhesion by thermal aging, Applied Surface Science, 268巻, pp.117, 2013
  21. Angle-resolved PES studies on transition layers at SiO2/SiC interfaces, ECS Transactions, 50巻, 3号, pp.243, 2013
  22. Length scales in orientational order of vertically aligned single walled carbon nanotubes, physica status solidi (b), 250巻, pp.2631, 2013
  23. Effectiveness of a hot-filament chemical vapor deposition method for preparation of a boron-doped superconducting diamond film with higher superconducting transition temperature, Diamond and Related Materials, 25巻, pp.5, 2012
  24. Quantum Yields of Decomposition and Homo-Dimerization of Solid L-Alanine Induced by 7.2 eV Vacuum Ultraviolet Light Irradiation: An Estimate of the Half-Life of L-Alanine on the Surface of Space Objects, Origins of Life and Evolution of Biospheres, 41巻, pp.385, 2011
  25. 軟X線円二色性スペクトルを用いたアミノ酸の円偏光軟X線誘起不斉光分解の可能性の検討, Viva Origino, 38巻, pp.23, 2010
  26. Study for Origins of Homochirality and Life: Investigation for the Cosmic Scenario Using Vacuum Ultraviolet Light and Synchrotron Radiation, 2010
  27. Radiation-induced chemical evolution of biomolecules, Radiation Physics and Chemistry, 78巻, pp.1198, 2009
  28. Measurement and comparison of absolute value of soft X-ray natural circular dichroism of serine and alanine, Journal of Physics: Conference Series, 190巻, pp.012209, 2009
  29. Preservation of homochirality of aspartic acid films irradiated with 8.5 eV vacuum ultraviolet light, Radiation Physics and Chemistry, 77巻, pp.1160, 2008
  30. Optical oscillator strength distribution of amino acids from 3 to 250 eV and examination of the Thomas-Reiche-Kuhn sum rule, Radiation Physics and Chemistry, 77巻, pp.1153, 2008
  31. 紫外~軟X線領域におけるアミノ酸の吸収スペクトル測定, Viva Origino, 36巻, pp.61, 2008

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 放射光円二色性分光によるK4/K9メチル化ヒストンH3の構造解析, 泉 雄大, 松尾光一, 第13回エピジェネティクス研究会年会, 2019年05月28日, 通常, 日本語, 日本エピジェネティクス研究会, 神奈川県民ホール・横浜産貿ホール
  2. ヒストンタンパク質のエピジェネティクス構造変化, 泉 雄大, 松尾 光一, 第23回HiSOR研究会 分子キラリティの計測・理論技術の革新から迫る生命機能研究の新展開, 2019年03月05日, 通常, 日本語, 広島大学 放射光科学研究センター, 広島大学
  3. 次世代放射光がつなぐ分子カイラリティとバイオロジー:軟X線自然円二色性測定, 泉 雄大, 多元物質科学研究所 放射光産学連携準備室第2回ワークショップ「次世代放射光と多元物質科学のアンサンブル―偏光の活用が展開する新しいサイエンス―」, 2019年02月20日, 招待, 日本語, 東北大学多元物質科学研究所 放射光産学連携準備室, 東北大学
  4. 集光ビームを用いた円二色性測定試料容量の低減, 泉 雄大、松尾光一, 第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム, 2019年01月09日, 通常, 日本語, 福岡国際会議場
  5. DNA損傷に誘起されるヒストン構造変化の円二色性分光による解析, 泉 雄大, 研究会「光・物質・生命・宇宙におけるキラリティ」, 2018年12月14日, 招待, 日本語, 自然科学研究機構分野融合型共同研究事業「光渦が拓く新しい自然科学」, 奈良女子大学
  6. 円二色性分光によるメチル化ヒストンH3の構造解析, 泉 雄大, 松尾光一, 日本放射線影響学会第61回大会, 2018年11月07日, 通常, 日本語, 日本放射線影響学会, 長崎ブリックホール
  7. 放射光円二色性分光を用いたK4メチル化ヒストンH3の構造解析, 泉 雄大、松尾 光一, 第61回放射線化学討論会, 2018年09月26日, 通常, 日本語, 日本放射線化学会, 大阪市立大学
  8. Synchrotron radiation circular dichroism spectroscopy for structural characterization of chiral materials, Y. Izumi, MIRAI Materials Science Workshop 2018 Spring, 2018年05月14日, 招待, 英語, Kyushu University
  9. 円二色性分光によるメチル化ヒストンH3の構造解析, 泉 雄大, 松尾 光一, 量子生命科学研究会第2回学術集会, 2018年05月10日, 通常, 日本語, 量子科学技術研究開発機構, 東京
  10. DNA付随タンパク質の構造変化:放射光円二色性分光法を用いたヒストンタンパク質のDNA損傷誘起構造変化の観測, 泉 雄大, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 2018年03月17日, 招待, 日本語, 応用物理学会, 東京
  11. 放射光円二色性分光によるメチル化ヒストンH3の構造解析, 泉 雄大、松尾光一、藤井健太郎、横谷明徳, 第31回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2018年01月08日, 通常, 日本語, 茨城
  12. 放射線ストレス応答におけるヒストン構造変化の放射光CDによる解析, 泉 雄大, ヒストン研究会, 2017年11月15日, 招待, 日本語, 京都
  13. 放射線生物学・量子生命科学研究における放射光円二色性分光の展開と可能性―ヒストン構造変化の観測を事例として―, 泉 雄大, 日本放射線影響学会第60回大会, 2017年10月25日, 招待, 日本語, 日本放射線影響学会, 千葉
  14. 放射光円二色性分光によるメチル化ヒストンH3の構造解析, 泉 雄大, 第60回放射線化学討論会, 2017年09月27日, 招待, 日本語, 日本放射線化学会, 茨城
  15. Methylation-induced structural alteration of histone H3 characterized by synchrotron radiation circular dichroism spectroscopy, Y. Izumi, K. Matsuo, 1st QST International Symposium “Quantum Life Science”, 2017年07月25日, 通常, 英語, 量子科学技術研究開発機構, 日本
  16. Structural analysis of lysine-4 methylated histone H3 proteins using synchrotron radiation circular dichroism spectroscopy, Y. Izumi, K. Matsuo, Chirality 2017, 2017年07月09日, 通常, 英語, 日本
  17. 放射光円二色性分光を用いたヒストンのDNA損傷誘起二次構造変化の観測, 泉 雄大, 第1回量子生命科学研究会, 2017年04月12日, 招待, 日本語, 量子科学技術研究開発機構, 東京
  18. VUV-CD measurements of methylated histone H3, Yudai Izumi, Koichi Matsuo, The 21st Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation -Present and Future Perspectives of Materials and Life Science Using VUV Synchrotron Radiation-, 2017年03月02日, 通常, 英語, 広島
  19. Structural changes of histone induced by DNA damage response, Yudai Izumi, Hiroshima International Workshop on Circular Dichroism Spectroscopy 2017 ~Application to Imaging Microscopy and Radiation Biology~, 2017年02月28日, 通常, 英語, 広島
  20. 放射光円二色性分光によるDNA損傷誘起ヒストン二次構造変化の観測, 泉 雄大, 山本悟史、藤井健太郎、松尾光一、横谷明徳, 第30回日本放射光学会年回・放射光科学合同シンポジウム, 2017年01月07日, 通常, 日本語, 日本放射光学会, 兵庫
  21. DNA損傷応答により生じるヒストンの二次構造変化, 泉 雄大、山本悟史、藤井健太郎、松尾光一、横谷明徳, 日本放射線影響学会第59回大会, 2016年10月26日, 通常, 日本語, 日本放射線影響学会, 広島
  22. DNA損傷により誘起されるヒストンタンパク質の二次構造変化, 泉 雄大、山本悟史、藤井健太郎、松尾光一、横谷明徳, 第59回放射線化学討論会, 2016年09月20日, 通常, 日本語, 日本放射線化学会, 群馬
  23. Secondary structural alteration of histone H2A-H2B induced by DNA damage responses, Y. Izumi, S. Yamamoto, K. Fujii, and A. Yokoya, 14th International Workshop on Radiation Damage to DNA, 2016年03月20日, 通常, 英語, オーストラリア
  24. VUV-CD measurements of histone H2A-H2B proteins: Secondary structural alteration induced by DNA damage responses, Y. Izumi, The 20th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 2016年03月11日, 招待, 英語
  25. VUV-CD measurements of proteins relating to DNA repair, Y. izumi, K. Fujii, S. Yamamoto, K. Matsuo, and A. Yokoya, The 20th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 2016年03月10日, 通常, 英語, 日本
  26. VUV-CD measurements of modified histone proteins, Y. izumi, K. Fujii, K. Matsuo, and A. Yokoya, The 19th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 2015年03月05日, 通常, 英語, 日本
  27. DNA損傷応答により生じるヒストンH2A/H2Bの二次構造変化, 泉 雄大, 山本 悟史、藤井健太郎、横谷明徳, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月01日, 通常, 日本語, 鹿児島
  28. Circular dichroism study of structural change of proteins triggering DNA repair, Y. Izumi, S. Yamamoto, K. Fujii, and A. Yokoya, The 5th Asia-Pacific Symposium on Radiation Chemistry, 2014年09月08日, 通常, 英語, 日本
  29. UV-CD measurement of phosphorylation of histone protein, Y. Izumi, K. Fujii and A. Yokoya, The 18th ASRC International Workshop “Initial processes of radiation effects on genomic stability”, 2014年03月12日, 通常, 英語
  30. An estimate of enantiomeric excess induced by circularly polarized soft X-ray, Y. Izumi, Hiroshima International Workshop on Circular Dichroism Spectroscopy, 2014年03月04日, 招待, 英語, 広島大学, 日本
  31. リン酸化ヒストンの放射光円二色性スペクトル, 泉 雄大, 松尾光一,藤井健太郎,横谷明徳, 第27回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2014年01月12日, 通常, 日本語, 広島
  32. ヒスチジン薄膜の窒素K殻自然円二色性スペクトル, 泉 雄大, 田中真人,谷川能章、桃木洋平、岩井美樹、武中 駿、石山公啓、黒木美沙、室 隆桂之,中川和道, 第56回放射線化学討論会, 2013年09月27日, 通常, 日本語, 広島
  33. Nitrogen K-edge soft X-ray natural circular dichroism of histidine thin film, Y. Izumi, M. Tanaka, Y. Tanigawa, M. Tanabe, Y. Momoki, M. Iwai, S. Takenaka, K. Ishiyama, M. Kuroki, T. Muro, and K. Nakagawa, Light and Particle Beams in Materials Science 2013 (LPBMS 2013), 2013年08月29日, 通常, 英語, 日本
  34. SiドープカーボンナノチューブのX線吸収/光電子分光測定, 泉 雄大, 室 隆桂之,木下豊彦,渡辺義夫,乗松 航,楠 美智子, 第26回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2013年01月12日, 通常, 日本語, 愛知
  35. Siドープカーボンナノチューブの放射光軟X線光電子分光測定, 泉 雄大, 室 隆桂之,木下豊彦,渡辺義夫,乗松 航,楠 美智子, 2012年秋季 第73回応用物理学会学術講演会, 2012年09月11日, 通常, 日本語, 愛媛
  36. アラニンジペプチドの窒素K殻吸収端自然円二色性スペクトル, 泉 雄大, 谷川能章,田中真人,室 隆桂之,木下豊彦,中川和道, 第25回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2012年01月06日, 通常, 日本語, 佐賀
  37. 透過法を用いて測定したアミノ酸の軟X線自然円二色性スペクトル, 泉 雄大, 桃木洋平,谷川能章,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之, 日本物理学会2011年秋季大会, 2011年09月21日, 通常, 日本語, 富山
  38. 放射光X線吸収分光によるSiドープカーボンナノチューブの化学結合状態, 泉 雄大, 室 隆桂之,木下豊彦,乗松 航,楠 美智子,渡辺義夫, 2011年秋季 第72回応用物理学会学術講演会, 2011年08月29日, 通常, 日本語, 山形
  39. 側鎖に窒素を含むアミノ酸の窒素K殻吸収端自然円二色性スペクトル測定, 泉 雄大, 田邊真依子,桃木洋平,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之, 第24回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2011年01月07日, 通常, 日本語, 茨城
  40. Soft X-ray natural circular dichroism of aspartic acid and tyrosine, Y. izumi, M. Tanabe, A. Imazu, A. Mimoto, K. Nakagawa, A. Agui, M. Tanaka and T. Muro, 37th International Conference on Vacuum UltraViolet and X-ray Physics (VUVX2010), 2010年07月11日, 通常, 英語, カナダ
  41. 円偏光軟X線による不斉分解反応の可能性の検討:固相アミノ酸の軟X線自然円二色性スペクトル測定, 泉 雄大, 今津亜季子,三本 晶,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之, 生命の起原および進化学会 第35回学術講演会, 2010年03月15日, 通常, 日本語, 北海道
  42. アスパラギン酸の軟X線自然円二色性スペクトル, 泉 雄大, 田中真文,今津亜季子,三本 晶,田邊真依子,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之, 第23回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2010年01月06日, 通常, 日本語, 兵庫
  43. アスパラギン酸の軟X線自然円二色性スペクトル測定, 泉 雄大, 田中真文,今津亜季子,三本 晶,田邊真依子,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之,  第52回放射線化学討論会, 2009年09月24日, 通常, 日本語, 福井
  44. Measurement and comparison of absolute value of soft X-ray natural circular dichroism of serine and alanine, Y. izumi, A. Imazu, A. Mimoto, M. Tanaka, K. Nakagawa, M. Tanaka, A. Agui and T. Muro, 14th International Conference on X-ray Absorption Fine Structure (XAFS-14), 2009年07月26日, 通常, 英語, イタリア
  45. 固相アラニンおよび固相アスパラギン酸の真空紫外線光分解におけるカイラル安定性, 泉 雄大, 中川和道, 生命の起原および進化学会 第34回学術講演会, 2009年03月17日, 通常, 日本語, 大阪
  46. アラニンおよびセリンの軟X線自然円二色性スペクトル:実験と理論の比較, 泉 雄大, 田中真文,今津亜季子,三本 晶,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之, 第22回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2009年01月09日, 通常, 日本語, 東京
  47. アラニンの軟X線自然円二色性スペクトル測定, 泉 雄大, 田中真文,今津亜季子,三本 晶,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之, 第51回放射線化学討論会, 2008年10月15日, 通常, 日本語, 茨城
  48. Chiral preservation of aspartic acid irradiated with non-polarized vacuum ultraviolet, Y. Izumi, K. Nakagawa, The 2nd Asia-Pacific Symposium on Radiation Chemistry, 2008年08月29日, 通常, 英語, 日本
  49. アラニンの軟X線自然円二色性スペクトル測定, 泉 雄大, 田中真文,今津亜季子,三本 晶,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之, 生命の起原および進化学会 第33回学術講演会, 2008年03月16日, 通常, 日本語, 東京
  50. アミノ酸軟X線自然円二色性スペクトルの絶対値測定, 泉 雄大, 蒲原真澄,田中真文,今津亜季子,三本 晶,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之,松下智裕,  第21回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2008年01月12日, 通常, 日本語, 滋賀
  51. Preservation of homochirality of aspartic acid films irradiated with 8.5 eV vacuum ultraviolet light, Y. Izumi, T. Matsui, T. Koketsu and K. Nakagawa, International Symposium on “Charged Particle and Photon Interactions with Matter”, 2007年11月06日, 通常, 英語, 日本
  52. Racemization in photodimerization of solid alanine induced by vacuum ultraviolet irradiation: Chiral problem in chemical evolution, Y. Izumi, A. Imazu, A. Mimoto and K. Nakagawa, 15th International Conference on the Origin of Life, 2007年11月06日, 通常, 英語, イタリア
  53. アミノ酸の軟X線自然円二色性スペクトルの絶対値測定, 泉 雄大, 蒲原真澄,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之,松下智裕, 第50回放射線化学討論会, 2007年10月10日, 通常, 日本語, 京都
  54. アミノ酸の軟X線自然円二色性スペクトル(SXNCD)の絶対値測定, 泉 雄大, 蒲原真澄,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之,松下智裕, 第1回分子科学討論会, 2007年09月17日, 通常, 日本語, 宮城
  55. Absolute values of natural circular dichroism of amino acids in soft X-ray region, Y. Izumi, M. Kamohara, K. Nakagawa, M. Tanaka, A. Agui, T. Muro and T. Matsuhsita, The 15th International Conference on Vacuum Ultraviolet Radiation Physcis (VUV-15), 2007年07月29日, 通常, 英語, ドイツ
  56. 軟X線円二色性と生命の起源, 泉 雄大, 蒲原真澄,安居院あかね,中川和道, 生命の起原および進化学会 第32回学術講演会, 2007年03月14日, 通常, 日本語, 兵庫
  57. 透過法を用いた軟X線自然円二色性スペクトルの測定, 泉 雄大, 蒲原真澄,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之,松下智裕, 第20回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2007年01月12日, 通常, 日本語, 広島
  58. 軟X線領域におけるアミノ酸円二色性スペクトル測定, 泉 雄大, 蒲原真澄,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之,松下智裕,  第49回放射線化学討論会, 2006年10月12日, 通常, 日本語, 群馬
  59. Photodimerization of solid alanine induced by vacuum ultraviolet light: Study for origin of life, Y. Izumi, T. Matsui, T. Koketsu and K. Nakagawa, 1st Asia-Pacific Symposium on Radiation Chemistry, 2006年09月17日, 通常, 英語, 中国
  60. アラニンからアラニン2量体への紫外線誘起化学進化, 泉 雄大, 中川和道, 生命の起原および進化学会 第31回学術講演会, 2006年03月15日, 通常, 日本語, 山形
  61. 軟X線領域におけるアミノ酸自然円二色性スペクトルの測定, 泉 雄大, 北田 朋,蒲原真澄,金子房恵,松井貴弘,中川和道,田中真人,安居院あかね,室 隆桂之,松下智裕, 第19回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2006年01月07日, 通常, 日本語, 愛知
  62. Measurement of natural circular dichroism in soft X-ray at SPring-8 BL25SU, Y. Izumi, F. Kaneko, T. Kitada, M. Kamohara, K. Nakagawa, M. Tanaka, A. Agui, T. Muro, and T. Matsushita, International Symposium on Application of Quantum Beam 2005, 2005年10月18日, 通常, 英語, 日本
  63. アスパラギン酸のVUV光分解~カイラリティーは保存するか?~, 泉 雄大, 古結俊行,西條佐智子,持田武志,中川和道, 第48回放射線化学討論会, 2005年10月12日, 通常, 日本語, 大阪
  64. Photodecomposition and chirality of aspartic acid: Wavelength- and phase-dependence, Y. Izumi, T. Koketsu, S. Saijo. T. Mochida, and K. Nakagawa, 17th International Symposium on Chiral Discrimination (ISCD-17), 2005年09月11日, 通常, 英語, イタリア
  65. Does homochirality of amino acid preserve on the space dust surface? ~Conservation of chirality of amino acid against non-polarized vacuum ultraviolet light irradiation: Aspartic acid~, Y. Izumi, K. Nakagawa, The 14th International Congress on the Origin of Life, 2005年06月19日, 通常, 英語, 中国
  66. 宇宙塵表面でアミノ酸のキラリティーは保存するか?~非偏光真空紫外線照射によるアスパラギン酸の分解反応~, 泉 雄大, 中川和道, モレキュラー・キラリティー2005, 2005年06月07日, 通常, 日本語, 大阪

受賞

  1. 2007年10月12日, 第50回放射線化学討論会 優秀ポスター賞, 日本放射線化学会, アミノ酸の軟X線自然円二色性スペクトルの絶対値測定
  2. 2016年03月24日, Young Investigator Award, 14th International Workshop on Radiation Damage to DNA Organizing Committee, Secondary structural alteration of histone H2A-H2B induced by DNA damage responses
  3. 2016年09月22日, 第59回放射線化学討論会 若手優秀講演賞, 日本放射線化学会, DNA損傷により誘起されるヒストンタンパク質の二次構造変化
  4. 2016年, 第10回日本熱電学会欧文論文賞 (Miyazaki et al., Mater. Trans. 55, 1209 (2014)に対して), 日本熱電学会
  5. 2017年11月04日, 広島大学長表彰, 広島大学

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費補助金 若手研究(B), 放射光円二色性分光によるヒストンのDNA損傷誘起「異常構造」形成過程の解明, 2017年04月01日, 2020年03月31日
  2. 科学研究費補助金 若手研究(B), DNA損傷修復過程で生じるヒストンタンパク質立体構造変化の放射光分光による追跡, 2015年04月01日, 2017年03月31日
  3. 科学研究費補助金 特別研究員奨励費, 宇宙環境で光学異性体の偏りは実現可能か? 円偏光放射光による生命の起源の研究, 2009年04月01日, 2011年03月31日