税所 康正Yasumasa SAISHO

Last Updated :2019/11/07

所属・職名
大学院工学研究科システム基礎講座准教授
メールアドレス
saishohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(工学)(慶應義塾大学)
  • 工学修士(慶應義塾大学)

研究分野

  • 数物系科学 / 数学 / 数学基礎・応用数学

研究キーワード

  • 生命科学
  • 確率微分方程式
  • 数理モデル
  • 反射壁確率過程
  • 確率論

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 1ターム, 東広島キャンパスの自然環境管理
  2. 2019年, 学部専門, 3ターム, 応用数学I
  3. 2019年, 学部専門, 1ターム, 確率・統計
  4. 2019年, 学部専門, 1ターム, 確率・統計
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), システムサイバネティクス講究IA
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), システムサイバネティクス講究IB
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 数理学II
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), システムサイバネティクス講究IIA
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), システムサイバネティクス講究IIB
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), システムサイバネティクスセミナーIA
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), システムサイバネティクスセミナーIB
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), システムサイバネティクスセミナーIIA
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), システムサイバネティクスセミナーIIB

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A stochastic model describing the number of male insects which are left without partners, ECOLOGICAL MODELLING, 207巻, 2-4号, pp. 155-158, OCT 10 2007
  2. ★, Mathematical models of the generation of radiation-induced DNA double-strand breaks, JOURNAL OF MATHEMATICAL BIOLOGY, 67巻, 3号, pp. 717-736, SEP 2013
  3. ★, Stochastic differential equations for mutually reflecting Brownian balls, Osaka Journal of Mathematics, 23巻, 3号, pp. 725-740, 19860401
  4. On the symmetry of a reflecting Brownian motion defined by Skorohod’s equation for a multi-dimensional domain, Tokyo Journal of Mathematics, 10巻, 2号, pp. 419-435, 19870401
  5. ★, Pitman type theorem for one-dimensional diffusion processes, Tokyo Journal of Mathematics, 13巻, 2号, pp. 429-440, 19900401
  6. Mutually repelling particles of m types, Lecture Notes in Mathematics, 1299巻, pp. 444-453, 19880401
  7. Strong approximation of reflecting Brownian motion using penalty method and its application to computer simulation, Monte Carlo Method and Appl., 6巻, 2号, pp. 105-114, 20000401
  8. Limit theorems and random spacings related to cutting of DNAs by radiation, Statistics and Probability Letters, 43巻, 4号, pp. 361-367, 19990701
  9. A model of the random motion of mutually reflecting molecules in Rd, Kumamoto J. Math., 7巻, 1号, pp. 95-123, 19940301
  10. A Brownian ball interacting with infinitely many Brownian particles in R^d, Tokyo Journal of Mathematics, 16巻, 2号, pp. 429-439, 19931201
  11. On the equation describing the random motion of mutually reflecting molecules, Proc. Japan Acad., 67巻, 9号, pp. 293-298, 19911101
  12. ★, Stochastic differential equations for multi-dimensional domain with reflecting boundary, Probab. Th. Rel. Fields, 74巻, 3号, pp. 455-477, 19870301
  13. Penalty method を用いた反射壁 SDE の近似, 京都大学数理解析研究所講究録, 1032巻, pp. 13-20, 19980401
  14. 移動領域の反射壁過程に対するペナルティメソッドについて, 京都大学数理解析研究所講究録, 1127巻, pp. 134-137, 20000101
  15. 損失関数に関するRao-Blackwellの定理のある一般化, 広島大学大学院工学研究科研究報告, 50巻, 1号, pp. 15-19, 20011201
  16. Stochastic models describing human metabolism processes using stochastic differential equations, Stochastic Models, 22巻, 2号, pp. 273-287, 20060501
  17. Approximate solution of reflecting Brownian motion using penalty method and numerical application to imperfect elastic barrier, Dynamic Systems and Applications, 15巻, 2号, pp. 287-300, 20060201
  18. Numerical simulation of multi dimensional reflecting geometrical Brownian motion and its application to mathematical finance, Nonlinear Analysis, 63巻, 5-7号, pp. e2209-e2222, 20051201
  19. Mean square approximation of multi dimensional reflecting fractional Brownian motion via penalty method, Discrete and Continuous Dynamical Systems, 2005巻, Special号, pp. 463-475, 20050801
  20. Effect of random errors on statistical behavior of discretized dynamical system, INFORMATION, 10巻, 1号, pp. 5-14, 20070101
  21. Limit Distribution of a One-dimensional Reflecting Process of Jump Type, Tokyo Journal of Mathematics, 32巻, 1号, pp. 1-17, 20090601
  22. ★, Mathematical observations on the relation between eclosion periods and the copulation rate of cicadas, Mathematical Biosciences and Engineering, 7巻, 2号, pp. 443-453, 20100401
  23. Numerical simulation of multi dimensional reflecting geometrical Brownian motion and its application to mathematical finance, NONLINEAR ANALYSIS-THEORY METHODS & APPLICATIONS, 63巻, 5-7号, pp. E2209-E2222, NOV 30 2005
  24. Approximate solution of reflecting Brownian motion using penalty method and numerical application to imperfect elastic barrier, DYNAMIC SYSTEMS AND APPLICATIONS, 15巻, 2号, pp. 287-299, JUN 2006
  25. Stochastic models describing human metabolic processes using SDEs with reflection, STOCHASTIC MODELS, 22巻, 2号, pp. 273-287, 2006
  26. Effect of random errors on statistical behavior of discretized dynamical system, INFORMATION-AN INTERNATIONAL INTERDISCIPLINARY JOURNAL, 10巻, 1号, pp. 5-14, JAN 2007
  27. MATHEMATICAL OBSERVATIONS ON THE RELATION BETWEEN ECLOSION PERIODS AND THE COPULATION RATE OF CICADAS, MATHEMATICAL BIOSCIENCES AND ENGINEERING, 7巻, 2号, pp. 443-453, APR 2010
  28. DNA 2本鎖切断生成の確率モデル, 数理解析研究所講究録, pp. 202-209, 2013
  29. ヒグラシの朝の合唱について, CICADA, 23巻, 1号, pp. 14-18, 2016
  30. ★, Dependence of mating rate on variance of eclosion time of cicadas (Cicadidae), Mathematical Biosciences, 305C巻, pp. 55-59, 1 Oct 2018

著書等出版物

  1. 2011年02月, 日本産セミ科図鑑, 誠文堂新光社, 2011年, 02, 事典・辞書, 共編著, 9784416811146, 224
  2. 2015年04月, 改訂版 日本産セミ科図鑑 : 詳細解説、形態・生態写真、鳴き声分析図, 誠文堂新光社, 2015年, 4, 事典・辞書, 共編著, 日本語, 林正美, 税所康正編著, 9784416615607, 224, 224
  3. セミハンドブック, 文一総合出版, 2019年, 5, 事典・辞書, 単著, 税所 康正, 978-4-8299-8163-4, 112

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. セミ類の発音生態の問題点 -概論から数理的取り扱いまで-, 税所 康正, 日本音響学会関西支部 第8 回動物音響談話会, 2012年11月, 招待, 日本語
  2. DNA の 2 本鎖切断に関する数理生物学的考察, 税所 康正, 日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月, 招待, 日本語
  3. 放射線によるDNA2本鎖切断生成を表現する確率モデルについて, 税所 康正, 第50回九州放射線影響懇話会, 2013年07月, 招待, 日本語
  4. Some stochastic approaches for biological problems, 税所 康正, The special session in Stochastic Algorithms, Analysis and Applications, The 8th International Conference on Differential Equations and Dynamical Systems, 2012年08月, 招待, 日本語
  5. 放射線による DNA 切断生成の数理モデル, 税所 康正,伊藤 敦, 第 23 回日本数理 生物学会大会・企画シンポジウム「放射線によるDNA損傷問題の周辺 — 数理モ デルの可能性と役割」, 2013年09月11日, 招待, 日本語, 日本数理 生物学会, 静岡大学
  6. 2014年07月07日, 招待, 英語, スペイン、マドリッド
  7. 2015年52月, 通常, 英語, 京都
  8. セミの羽化日の分散が交尾率に与える影響について, 税所 康正, 日本昆虫学会 第76回大会, 2016年03月28日, 通常, 日本語
  9. DNA 二重鎖切断の LET 依存性についての数学モデルの構築, 税所 康正、伊藤 敦, 日本放射線影響学会第59回大会, 2016年10月26日, 通常, 日本語, 日本放射線影響学会, 広島市
  10. 2017年03月24日, 招待, 英語
  11. チッチゼミの孵化生態について, 税所 康正, 日本昆虫学会第 77 回大会, 2017年09月01日, 通常, 日本語, 日本昆虫学会, 愛媛大学
  12. OH ラジカルの収量 (G 値) の LET 依存性に関する 数理モデル, 税所 康正,伊藤 敦, 日本放射線影響学会第 60 回大会, 2017年10月25日, 通常, 日本語, 日本放射線影響学会, 京葉銀行文化プラザ(千葉市)
  13. 2018年07月05日, 招待, 英語

受賞

  1. 2008年09月, あきつ賞, 日本昆虫学会電子化推進委員会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), クラスターDNA損傷生成解析における確率論の応用, 2015年, 2019年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 動的システムの分岐過程への数値誤差の依存性解析と新規解適合スキームの開発, 2015年04月01日, 2018年03月31日
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ヒルベルト空間値確率変数列の中心極限定理の精密化と対称統計量の漸近理論への応用, 2014年.4月, 2018年.3月
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), DNA2本鎖切断生成過程における確率論の応用と理論, 2012年, 2014年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 誤差移入のランダム性を考慮した動的システムの構造解析と保存系数値解法への新展開, 2011年, 2013年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 反射壁確率過程の安定分布・極限分布とその生物学的応用, 2009年, 2011年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 対称統計量の漸近理論を用いた時系列解析における変化点分析の研究, 2008年, 2012年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ランダムな誤差移入が動的システムの構造に及ぼす影響に関する多角的数理解析, 2008年, 2010年