姜 舜徹SOONCHUL KANG

Last Updated :2019/08/22

所属・職名
大学院工学研究科 化学工学講座 准教授
メールアドレス
kanghiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • 京都大学, 工学部, 工業化学科, 日本, 2000年04月, 2004年03月
  • 京都大学, 大学院工学研究科, 分子工学専攻修士課程, 日本, 2004年04月, 2006年03月
  • 京都大学, 大学院工学研究科, 分子工学専攻博士課程, 日本, 2006年04月, 2009年03月

学位

  • 修士(工学) (京都大学)
  • 博士(工学) (京都大学)

所属学会

  • 日本化学会
  • 化学工学会
  • 錯体化学会
  • 光化学協会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 2ターム, 応用化学・化学工学・生物工学序論
  2. 2019年, 学部専門, 4ターム, 技術英語演習
  3. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎化学実験
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, グリーンプロセス工学論
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, Green Process Engineering
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 化学工学講究IA
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 化学工学講究IB
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 化学工学講究IIA
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 化学工学講究IIB
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 化学工学セミナーIB
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 化学工学セミナーIIA
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 化学工学セミナーIIB

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Electron-Transfer Activity in a Cyanide-Bridged Fe42 Nanomagnet, Inorg. Chem., 58巻, pp. 10160-10166, 20190711
  2. Paramagnetism enhancement by in situ electrochemical hole doping into a Prussian Blue thin film, MATERIALS CHEMISTRY FRONTIERS, 2巻, 5号, pp. 1004-1008, 201805
  3. Nickel film synthesized by the thermal decomposition of nickel-amine complexes, THIN SOLID FILMS, 642巻, pp. 169-173, 20171130
  4. Nickel film synthesized by the thermal decomposition of nickel-amine complexes, Thin Solid Films, 642巻, pp. 169-173, 2017
  5. Anisotropic Change in Magnetic Susceptibility of a Dynamic Single Crystal of Cobalt(II) Complex, Angew. Chem. Int. Ed., 56巻, pp. 717-721, 2017
  6. Directional Electron Transfer in Crystals of [CrCo] Dinuclear Complexes Achieved by Chirality-Assisted Preparative Method, J. Am. Chem. Soc., 138巻, pp. 14170-14173, 2016
  7. Thermally Induced Intra-Carboxyl Proton Shuttle in a Molecular Rack-and-Pinion Cascade Achieving Macroscopic Crystal Deformation, Angew. Chem. Int. Ed., 55巻, pp. 14628-14632, 2016
  8. Influence of Intermolecular Interactions on Valence Tautomeric Behaviors in Two Polymorphic Dinuclear Cobalt Complexes, Chem. Eur. J., 22巻, pp. 17130-17135, 2016
  9. Superior thermoelasticity and shape-memory nanopores in a porous supramolecular organic framework, Nature Commun., 7巻, pp. 11564, 2016
  10. Charge-transfer phase transition of a cyanide-bridged FeII/FeIII coordination polymer, Angew. Chem. Int. Ed., 55巻, pp. 6047-6050, 2016
  11. Heterometallic FeIII/K coordination polymer with a wide thermal hysteretic spin transition at room temperature, Chem. Eur. J., 22巻, pp. 532-538, 2016
  12. A ferromagnetically coupled Fe42 cyanide-bridged nanocage, Nature Commun., 6巻, pp. 5955, 2015
  13. Assembling an alkyl rotor to access abrupt and reversible crystalline deformation of a cobalt(II) complex, Nature Commun., 6巻, pp. 8810, 2015
  14. Molecular motor-driven abrupt anisotropic shape change in a single crystal of a Ni complex, Nature Chem., 6巻, pp. 1079, 2014
  15. Crystal structure and magnetic properties of a novel Fe(II) complex with 2,2`:6`2-terpyridine ligand, Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 39巻, pp. 7, 2014
  16. A light-induced spin crossover actuated single-chain magnet, Nature Commun., 4巻, pp. 2826, 2013
  17. A switchable complex ligand exhibiting photoinduced valence tautomerism, Eur. J. Inorg. Chem., 24巻, pp. 4150, 2013
  18. Spin crossover behaviour of di-nuclear Fe(II) complexes with bis-tetradentate bridging-type ligands, Eur. J. Inorg. Chem., 24巻, pp. 725, 2013
  19. Preparation and valence tautomeric behavior of a cobalt-dioxolene complex with a new TTF-functionalized phenanthroline ligand, Chem. Lett., 42巻, pp. 700, 2013
  20. Slow magnetic relaxation in a 4,2-ribbon like FeIII2CoII heterobimetallic chain, Dalton Trans., 41巻, pp. 13575, 2012
  21. Photoswitchable dynamic magnetic relaxation in a well-isolated {Fe2Co} double-zigzag chain, Angew. Chem. Int. Ed., 51巻, pp. 5119, 2012
  22. Reversible electron transfer in an {Fe2Co} linear trinuclear complex induced by thermally treatment and photoirraditaion, Angew. Chem. Int. Ed., 51巻, pp. 4367, 2012
  23. 一分子がもつ磁石の大きさの世界記録の樹立に成功, 自動車技術, 69巻, pp. 102, 2015
  24. A Ferromagnetically Coupled Stellated Cuboctahedral Spin Nanocage, SPring-8 Research Frontier, pp. 38, 2015
  25. Multifunctional materials combining spin crossover with conductivity and magnetic ordering, Spin-Crossover Materials: Properties and Applications., 2013

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 100℃以下での低温プロセスを指向した導電性銅錯体インクの開発, 田坂和也,矢吹彰広,姜 舜徹, 第20回化学工学会学生発表会(東広島大会), 2018年03月03日, 通常, 日本語, 化学工学会
  2. 銅ペロブスカイト材料を用いた有機無機ハイブリッド膜の熱電特性, 江草大介,姜 舜徹,矢吹彰広, 化学工学会 第21回化学工学会学生発表会(京都大会), 2019年03月02日, 通常, 日本語, 化学工学会
  3. オクタシアノ金属錯体のゼーベック効果測定, 岡崎義史,田坂和也,姜 舜徹,矢吹彰広, 化学工学会 第84年会, 2019年03月13日, 通常, 日本語, 化学工学会
  4. 非水溶液系熱化学電池の性能評価, 田坂和也,岡崎義史,姜 舜徹,矢吹彰広, 化学工学会 第84年会, 2019年03月14日, 通常, 日本語, 化学工学会
  5. 次元制御した酸化鉄ナノロッドの熱電変換材料の作製及び特性評価, 稲葉久晃,姜 舜徹,矢吹彰広, 化学工学会 第84年会, 2019年03月14日, 通常, 日本語, 化学工学会
  6. 二次元性薄膜材料を用いた自己伝播発熱化学反応波の評価, 福永雅大,姜 舜徹,矢吹彰広, 化学工学会 第84年会, 2019年03月14日, 通常, 日本語, 化学工学会
  7. 200° C 以下低品位排熱エネルギーの利用を指向した熱化学電池, 姜舜徹, 広島大学若手研究者による研究シーズ発表会, 2019年07月31日, 通常, 日本語, 広島大学フェニックス協力会 中国地区化学工学懇話会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(A)), レアメタルフリーナノサイズ分子磁石合成の新展開-量子相制御と量子巨大応答-, 2017年, 2019年
  2. 公益財団法人 旭硝子財団 平成29年度 研究助成, 2017年, 2018年
  3. 公益財団法人新世代研究所 2016年度ATI研究助成, ヘテロメタルナノサイズ分子磁石の機能発現, 2016年
  4. 一般財団イオン工学振興財団 平成28年度研究助成, 金属イオン置換によるナノサイズ分子磁石の機能発現, 2016年
  5. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 混合原子価超分子金属錯体の電子状態制御, 2014年, 2015年
  6. 公益財団法人野口研究所 第4回 野口遵研究助成金, 新しい電子機能を併せ持つ超分子金属錯体の創製, 2014年, 2015年
  7. 文部科学省「統合物質創成化学推進事業」平成24年度統合物質創発研究, 機能性金属錯体ナノ薄膜の作製と電子構造解析, 2013年
  8. 公益財団法人 日本板硝子材料工学助成 平成23年度研究助成, 強磁性・強誘電フェロイック複合材料の開発, 2012年
  9. 科学研究費補助金 : 特別研究員奨励費, 光機能性分子集合体の創成と有機太陽電池への応用, 2007年, 2008年