坂本 繁幸SIGEYUKI SAKAMOTO

Last Updated :2019/07/01

所属・職名
病院(医) 脳・神経・精神診療科 講師
メールアドレス
sakamotohiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 広島大学脳神経外科
TEL:082-257-5227
自己紹介
脳血管内治療を専門にしています

基本情報

主な職歴

  • 1997年05月16日, 1997年06月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 1997年07月01日, 1998年06月30日, 県立広島病院, 臨床研修医
  • 1998年07月01日, 1999年03月31日, マツダ株式会社マツダ病院, 研修医
  • 1999年04月01日, 2001年03月31日, 島根県立中央病院, 専攻科研修医
  • 2001年04月01日, 2002年03月31日, マツダ株式会社マツダ病院, 医師
  • 2002年04月01日, 2003年03月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員
  • 2007年04月01日, 2011年12月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2012年01月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 特任助教
  • 2012年04月01日, 2017年03月31日, 広島大学, 病院, 助教
  • 2017年04月01日, 広島大学, 病院, 診療講師
  • 2018年04月01日, 広島大学, 病院, 講師

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1991年04月, 1997年03月
  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 脳神経外科専攻, 日本, 2003年04月, 2008年01月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 脳神経外科学

所属学会

  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本脳神経血管内治療学会
  • 日本脳卒中の外科学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本心血管脳卒中学会
  • 日本頭痛学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学I
  2. 2019年, 学部専門, 2ターム, 外科学II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Surgical removal of a caverous angioma of the brain stem with a coexisting venous angioma−a case report−, 広島県立病院医誌, 30巻, pp.137-pp.142, 1998
  2. 脳幹部神経膠腫の臨床的検討, 広島県立病院医誌, 30巻, pp.91-pp.94, 1998
  3. 内頚動脈領域脳梗塞死亡例の検討, 広島県立病院医誌, 30巻, pp.85-pp.90, 1998
  4. 脳内出血発症1カ月後に自然消失した脳動静脈奇形の1例, 広島医学, 51巻, pp.1125-pp.1127, 1998
  5. チタンプレートを用いて前額顔面骨前方移動術(floating forehead)を行った乳児期頭蓋顔面異骨症, 広島医学, 51巻, pp.1225-pp.1228, 1998
  6. Stenting therapy for extra-cranial carotid stenosis, Interventional Neuroradiology, 5巻, pp.37-pp.42, 1999
  7. 円蓋部骨肥厚性平板型髄膜腫の1例, 広島医学, 52巻, pp.579-pp.581, 1999
  8. 脳底部穿通枝領域梗塞−臨床症状・画像所見・脳血管解剖を中心に−, 臨床と研究, 76巻, pp.947-pp.949, 1999
  9. 転移性脳腫瘍に類似した画像所見を示した膠芽腫の1例, 広島医学, 52巻, pp.723-pp.726, 1999
  10. 中枢性低換気症に対する非侵襲的陽圧呼吸(NIPPV)の使用経験, 臨床と研究, 76巻, pp.821-pp.824, 1999
  11. 短期間に増大した脳海綿状血管腫の1手術例, 広島医学, 52巻, pp.35-pp.38, 1999
  12. 脳卒中を既往とする脳出血48症例の臨床的特徴の検討, 広島医学, 52巻, pp.146-pp.150, 1999
  13. 急性脳底動脈閉塞症に対するdirect percutaneous transluminal angioplasty, 救急医学, 23巻, pp.1675-pp.1678, 1999
  14. 中大脳動脈狭窄症に対する経皮的血管形成術, 臨床と研究, 76巻, pp.129-pp.132, 1999
  15. 頭蓋外頚動脈狭窄症に対するステント留置術, 医学のあゆみ, 188巻, pp.783-pp.784, 1999
  16. 後頭蓋窩病変における頭蓋内圧測定の意義, 日本神経救急研究会雑誌, 12巻, pp.35-pp.37, 1999
  17. 脳梗塞急性期のMRIによる治療選択, CI研究, 21巻, pp.65-pp.73, 1999
  18. 慢性腎不全患者の脳神経外科手術における持続血液濾過透析を用いた周術期管理, 日本臨床救急医学会雑誌, 2巻, pp.232-pp.236, 1999
  19. 前大脳動脈末梢非分岐部に発生した嚢状脳動脈瘤の1例, 広島医学, 52巻, pp.155-pp.157, 1999
  20. 無症候性脳血管障害への対応 くも膜下出血データより分析した未破裂脳動脈瘤の破裂危険率と年間破裂率, 脳卒中, 22巻, pp.581-pp.584, 2000
  21. 破裂脳動脈瘤クリッピング後の残存動脈瘤に塞栓術を行い結果良好であった2例, 脳神経外科, 28巻, pp.1105-pp.1110, 2000
  22. Obliteration of the disrupted portion of the internal carotid artery using Guglielmi detachable coils in a patient with a traumatic aneurysm of the C2 and C3 segments, Interventional Neuroradiology, 7巻, pp.349-pp.352, 2001
  23. 中大脳動脈閉塞症急性期に対する脳血管内治療の有用性−自験例と現在の考え方−, 広島医学, 54巻, pp.811-pp.816, 2001
  24. 8年間pearl & string signが持続した解離性前大脳動脈瘤の1例, 脳神経外科, 29巻, pp.1093-pp.1098, 2001
  25. 超急性期脳虚血における拡散強調画像の意義−全国アンケート調査より−, The Mt Fuji Workshop on CVD, 18巻, pp.30-pp.33, 2001
  26. 中脳周囲非動脈瘤性くも膜下出血にびまん性脳血管攣縮を生じた1例, 脳と神経, 53巻, pp.1051-pp.1055, 2001
  27. Anterior cerebral artery dissections manifesting as cerebral hemorrhage and infarction, and presenting as dynamic angiographical changes−case report−, Neurologia medico-chirurgica, 42巻, pp.250-pp.254, 2003
  28. Intrathecal administration of vancomycin for coagulase-negative staphylococcal meningitis in a patient with blunt head injury−a case report−, The Journal of Trauma, 53巻, pp.1010-pp.1012, 2002
  29. Stent-assisted angioplasty for intracranial atherosclerosis, Neuroradiology, 44巻, pp.706-pp.710, 2002
  30. Intracranial meningeal melanocytoma: case report with review of the literature, Neurologia medico-chirurgica, 42巻, pp.504-pp.509, 2002
  31. 下垂体卒中が疑われた破裂前大脳動脈瘤とラトケ嚢胞の1合併例, 脳神経外科, 30巻, pp.199-pp.203, 2002
  32. 重症ペニシリン耐性肺炎球菌性髄膜炎に対し持続的バンコマイシン脳室−脊髄腔灌流療法が著効した1成人例, 日本救急医学会雑誌, 13巻, pp.443-pp.446, 2002
  33. 片側顔面痙攣に対する微小血管減圧術とボツリヌス毒素治療の経験., 広島医学, 55巻, pp.794-pp.796, 2002
  34. ハイドロキシアパタイトおよびポリ乳酸生体材料を用いて頭蓋形成を行ったLangerhans cell histiocytosisの2治験例, 小児の脳神経, 27巻, pp.231-pp.234, 2002
  35. Acute surgery for ruptured dissecting aneurysm of the M3 portion of the middle cerebral artery : case report, Neurologia medico-chirurgica, 43巻, pp.188-pp.191, 2003
  36. A case of MELAS showing both cytotoxic and vasogenic edema on serial diffusion-weighted imaging, European Journal of Radiology Extra, 45巻, pp.57-pp.63, 2003
  37. Subsequent Rupture after Clip on Wrap Method for Ruptured Dissecting Aneurysm of the Distal Middle Cerebral Artery: A case report and review of the literature, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 52巻, pp.15-pp.19, 2003
  38. Endovascular treatment of basilar tip aneurysms associated with moyamoya disease, Neuroradiology, 45巻, pp.441-pp.444, 2003
  39. Post-mortem pathological examination of two patients after intraaneurysmal embolization using Guglielmi detachable coils, Interventional Neuroradiology, 9巻, pp.57-pp.62, 2003
  40. Double wire technique for intracranial stent navigation, Journal of Vascular and Interventional Radiology, 14巻, pp.667-pp.668, 2003
  41. 高齢者頭蓋底再発髄膜腫の1治療例−視機能温存を目的とした集学的治療−, 島根県立中央病院医学雑誌, 27巻, pp.31-pp.33, 2003
  42. 遷延性意識障害と片麻痺を呈した外傷性迂回槽出血の1例−早期予後判定としての急性期FLAIR像の有用性−, 脳神経外科速報, 13巻, pp.417-pp.420, 2003
  43. 巨大破裂椎骨動脈瘤に対するballoon-assisted techniqueによるコイル塞栓術の1例, 脳神経外科速報, 13巻, pp.305-pp.309, 2003
  44. 頸部頸動脈狭窄性病変に対するステント留置術の有用性−広島大学脳神経外科における治療成績−, 広島医学, 56巻, pp.272-pp.274, 2003
  45. 性機能低下の改善を認めた男性プロラクチン産生下垂体腺腫の一治験例, 島根県立中央病院医学雑誌, 27巻, pp.27-pp.29, 2003
  46. 急性頭蓋内内頸動脈T型閉塞に対して脳血管内治療を行った1例, 救急医学, 27巻, pp.746-pp.750, 2003
  47. 破裂椎骨動脈解離性動脈瘤の血管内治療, 広島医学, 56巻, pp.286-pp.289, 2003
  48. 造影後FLAIR画像による脳静脈性血管腫の診断−2症例の報告−, 脳と神経, 55巻, pp.537-pp.541, 2003
  49. 眼症状で発症した特発性頸動脈海綿静脈洞瘻に対する血管内治療, 広島医学, 57巻, pp.682-pp.684, 2004
  50. Volume subtraction three-dimensional CT angiography for the cerebrovascular disease: report of two cases, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 54巻, pp.83-pp.86, 2006
  51. Staged bilateral vertebral artery occlusion for ruptured dissecting aneurysms of basilar artery: a report of 2 cases, Surgical Neurology, 64巻, pp.456-pp.461, 2006
  52. Churg-Strauss syndrome presenting with subarachnoid hemorrhage from ruptured dissecting aneurysm of the intracranial vertebral artery, Clinical Neurology and Neurosurgery, 107巻, pp.428-pp.431, 2005
  53. リモデリングテクニックを用いコイル塞栓術を行った広頚未破裂動脈瘤の1例, 広島医学, 58巻, pp.347-pp.349, 2005
  54. 新皮質てんかん患者における動画化傾斜磁場トポグラフィーと硬膜下電極モニタリングの比較, 日本生体磁気学会誌, 18巻, pp.120-pp.121, 2005
  55. 嗄声で発症し3日後にクモ膜下出血をきたした椎骨動脈解離性動脈瘤の1例, 日本神経救急学会雑誌, 18巻, pp.73-pp.76, 2005
  56. Voltage topographic mapping が切除範囲決定に有用であった外側側頭葉てんかんの1例, 広島医学, 58巻, pp.310-pp.313, 2005
  57. Characteristics of aneurysms of the internal carotid artery bifurcation, Acta Neurochirurgica, 148巻, pp.139-pp.143, 2006
  58. Subtracted 3D CT angiography for evaluation of internal carotid artery aneurysms: comparison with conventional digital subtraction angiography, American Journal of Neuroradiology, 27巻, pp.1332-pp.1337, 2006
  59. CT perfusion imaging for childhood moyamoya disease before and after surgical revascularization, Acta Neurochirurgica, 148巻, pp.77-pp.81, 2006
  60. CT perfusion imaging in the syndrome of the sinking skin flap before and after cranioplasty, Clinical Neurology and Neurosurgery, 108巻, pp.77-pp.81, 2006
  61. 鎖骨下動脈盗血症候群に対して、ステント留置術を行った1自験例, 広島医学, 59巻, pp.756-pp.759, 2006
  62. Angiographic Neovascularization after Bypass Surgery in Moyamoya Disease: Our Experience at Hiroshima University Hospital, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 56巻, pp.29-pp.32, 2007
  63. Transfemoral transvenous embolization of dural arteriovenous fistulas involving the isolated transverse-sigmoid sinus, Interventional Neuroradiology, 13巻, pp.109-pp.114, 2007
  64. Management of a giant intracranial aneurysm by coil embolization: a case report with review of literature, Nepal Journal of Neuroscience, 4巻, pp.113-pp.118, 2007
  65. 脳血管内治療:破裂脳動脈瘤によるくも膜下出血の治療, 広島医学, 60巻, pp.335-pp.336, 2007
  66. Perfusion Computed Tomographyを用いた脳腫瘍塞栓術の適応決定, 広島医学, 60巻, pp.433-pp.434, 2007
  67. 眼症状出現後短期間にて脳出血をきたした海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の1例, 脳神経外科ジャーナル, 16巻, pp.799-pp.804, 2007
  68. Transient headache related to enlargement of the contralateral vertebral artery after vertebral artery occlusion, Surgical Neurology, 70巻, pp.463-pp.465, 2008
  69. Course of apparent diffusion coefficient in cerebral edema of dural arteriovenous fistula before and after treatment, Clinical Neurology and Neurosurgery, 110巻, pp.400-pp.403, 2008
  70. Expression of vascular endothelial growth factor in dura mater of patients with moyamoya disease, Neurosurgical Review, 31巻, pp.77-pp.81, 2008
  71. Multiple Concurrent Anastomotic Procedures in the Management of Moyamoya Disease: A case report with review of literature, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 57巻, pp.47-pp.51, 2008
  72. 頸部頸動脈狭窄症に対する経皮的頸動脈ステント留置術, 広島医学, 61巻, pp.635-pp.636, 2008
  73. Volume subtraction法を応用したFusion CTA−コイル塞栓術後における術前CTAと術後コイルのFusion image−, CI研究, 30巻, pp.29-pp.34, 2008
  74. 海綿静脈洞への流出路を伴った前大脳動脈仮性動脈瘤の一例, Neurosurgical Emergency, 13巻, pp.199-pp.205, 2008
  75. 内頚動脈異常過形成前脈絡叢動脈分岐部破裂動脈瘤に対してコイル塞栓術を行った1例, 広島医学, 61巻, pp.521-pp.524, 2008
  76. Traumatic anterior communicating artery pseudoaneurysm with cavernous sinus fistula, Acta Neurochirurgica, 151巻, pp.1531-pp.1535, 2009
  77. Ruptured subclavian artery pseudoaneurysm associated with neurofibromatosis type 1, Acta Neurochirurgica, 151巻, pp.1163-pp.1166, 2009
  78. Analysis of morphology of the basilar-superior cerebellar artery aneurysms, Nepal Journal of Neuroscience, 6巻, pp.16-pp.21, 2009
  79. Endovascular coil occlusion of ruptured vertebral artery dissecting aneurysm: A case report, Neurology Asia, 14巻, pp.149-pp.152, 2009
  80. Ruptured Vertebral Artery Dissecting Aneurysms Treated with Endovascular Treatment, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 58巻, pp.55-pp.60, 2009
  81. シロスタゾール(プレタール)投与により狭窄改善を認めた症候性頭蓋内動脈狭窄の1例, Progress in Medicine, 29巻, pp.2798-pp.2800, 2009
  82. 外傷性浅側頭動脈瘤の1例, 広島医学, 62巻, pp.281-pp.282, 2009
  83. Evaluation of dural arteriovenous fistulas of cavernous sinus before and after endovascular treatment using time-resolved MR angiography, Neurosurgical Review, 33巻, pp.217-pp.223, 2010
  84. Cerebral Angiography using Gadolinium as an Alternative Contrast Medium in a Patient with Severe Allergy to Iodinated Contrast Medium, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 59巻, pp.15-pp.16, 2010
  85. Intracranial aneurysm with systemic lupus erythematosus treated by endovascular intervention, Journal of Nepal Medical Association, 49巻, pp.59-pp.61, 2010
  86. Carotid artery stenting in a patient with right-sided aortic arch with an aberrant left subclavian artery, Acta Neurochirurgica, 152巻, pp.2169-pp.2173, 2011
  87. Endovascular coil embolization for ruptured kissing aneurysms associated with A1 fenestration, Surgical Neurology International, 2巻, pp.85, 2011
  88. Endovascular Coil Embolization for Ruptured Aneurysm Associated With Persistent Primitive Anterior Choroidal Artery−Case Report−, Neurologia medico-chirurgica, 51巻, pp.127-pp.129, 2011
  89. 均一なチューブに種々のCarotid Wallstent を留置したときのステントセルの変化−Carotid Wallstentはステント径より細径の血管に置くと長軸方向にセルが伸びる−, Journal of Neuroendovascular Therapy, 5巻, pp.32-pp.35, 2011
  90. 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対する脳血管内治療, 広島医学, 64巻, pp.185-pp.186, 2011
  91. Time-resolved MRAによる脳血管内手術前後の海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の評価, 広島医学, 64巻, pp.59-pp.62, 2011
  92. Arterial Spin-labeling Imaging at 3-T in Dural Arteriovenous Fistulas of Cavernous Sinus before and after Endovascular Treatment, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 61巻, pp.105-pp.107, 2012
  93. Y-configured Double Stent-assisted Coil Embolization with Double Microcatheter Technique for Complex Basilar Bifurcation Aneurysm, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 61巻, pp.69-pp.73, 2012
  94. 高齢者破裂脳動脈瘤に対する脳血管内治療, 広島医学, 65巻, pp.3-pp.4, 2012
  95. 当院における経皮的頚動脈ステント留置術, 広島医学, 65巻, pp.497-pp.498, 2012
  96. 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対する脳血管内治療戦略時における320列area-detector CTの有用性, CI研究, 34巻, pp.85-pp.91, 2012
  97. 総頚動脈起始部狭窄症に対する経大腿動脈アプローチによるステント留置術の2例, 脳卒中の外科, 40巻, pp.117-pp.122, 2012
  98. Carotid artery stenting using proximal or dual protection method for near occulusion of cervical internal carotid artery, Neurosurgical Review, 36巻, pp.551-pp.558, 2013
  99. Endovascular stenting of symptomatic innominate artery stenosis under distal balloon protection of the internal carotid and vertebral artery for cerebral protection: a technical case report, Acta Neurochirurgica, 155巻, pp.277-pp.280, 2013
  100. Multiple antiplatelet therapy contributes the reversible high signal spots on diffusion weighted imaging in elective coiling of unruptured cerebral aneurysm, Neuroradiology, 55巻, pp.449-pp.457, 2013
  101. Unruptured Intracranial Aneurysm in ADPKD: An Overview with Illustrative Report of Three Cases, Nepal Journal of Neuroscience, 10巻, pp.81-pp.85, 2013
  102. 三叉神経痛,片側顔面痙攣に対する神経血管減圧術治療成績, 広島医学, 66巻, pp.229-pp.234, 2013
  103. 鎖骨下動脈完全閉塞病変に対して経皮的ステント留置術を行った1例, 広島医学, 66巻, pp.373-pp.376, 2013
  104. 頭蓋内椎骨動脈の窓形成に伴う未破裂嚢状脳動脈瘤に対し血管内治療を行った1例, Journal of Neuroendovascular Therapy, 7巻, pp.275-pp.280, 2013
  105. 破裂脳底動脈分岐部動脈瘤に対してYステントテクニックを用いて瘤内コイル塞栓術を施行した2例, Journal of Neuroendovascular Therapy, 7巻, pp.266-pp.274, 2013
  106. 右側大動脈弓を有する破裂脳動脈瘤症例に対して脳血管内治療を行った1例, Journal of Neuroendovascular Therapy, 7巻, pp.317-pp.322, 2013
  107. Carotid Wallstent留置後のMPR画像, CI研究, 36巻, pp.37-pp.42, 2014
  108. Balloon assisted penetration techniqueによる鎖骨下動脈慢性完全閉塞に対するステント留置術, Journal of Neuroendovascular Therapy, 8巻, pp.179-pp.184, 2014
  109. 椎骨動脈起始部狭窄症に対してステント留置術を施行した2例, 広島医学, 67巻, pp.43-pp.47, 2014
  110. 頭部外傷の画像診断-急性期の限られた時間内での対応の観点から-, CI研究, 36巻, pp.1-pp.10, 2014
  111. ★, Carotid artery stenting for vulnerable plaques on MR angiography and ultrasonography: utility of dual protection and blood aspiration method, Journal of NeuroInterventional Surgery, 8巻, pp.38-pp.41, 2016
  112. ★, Usefulness of dual protection combined with blood aspiration for distal embolic protection during carotid artery stenting, Acta Neurochirurgica, 157巻, pp.371-pp.377, 2015
  113. Endovascular stenting of symptomatic innominate artery stenosis under distal balloon protection of the internal carotid and vertebral artery for cerebral protection: a technical case report, Journal of Cerebrovascular and Endovascular Neurosurgery, 17巻, pp.27-pp.31, 2015
  114. ASAHI FUBUKI Dilator 6FrとENVOY Simmons 6Frを用いたcoaxial systemによる経上腕動脈アプローチでの左頚動脈ステント留置術, Journal of Neuroendovascular Therapy, 9巻, pp.115-pp.122, 2015
  115. 下垂体腺腫に対する経蝶形骨洞手術15年後に海綿静脈洞部内頸動脈瘤を生じた1例, 広島医学, 69巻, pp.611-pp.614

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Carotid Wallstentの術後MPR画像での注意点, 第10回日本頸部脳血管治療学会, 2011年06月10日, 通常, 日本語, 大阪
  2. Carotid WALLSTENTのサイズ別による接地面積の違い, 第10回日本頸部脳血管治療学会, 2011年06月10日, 通常, 日本語, 大阪
  3. 総頚動脈のみのproximal protection下にFilter wireを併用した頚動脈ステント留置術, 第40回日本脳卒中の外科学会, 2011年07月30日, 通常, 日本語, 京都
  4. 同一のチューブにCarotid Wallstent を留置した際のステントセルの変化, 第70回日本脳神経外科学会総会, 2011年10月14日, 通常, 日本語, 横浜
  5. Carotid Wallstentの術後MPR画像, 第27回日本脳神経血管内治療学会, 2011年11月25日, 通常, 日本語, 千葉
  6. 頚部内頚動脈near occlusionに対する頚動脈ステント留置術, 第37回日本脳卒中学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 福岡
  7. Evaluation of dural arteriovenous fistulas of cavernous sinus before and after endovascular treatment using time-resolved MR angiography, 10th Meeting of Asian Australasian Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology, 2012年06月15日, 通常, 英語, 名古屋
  8. 頚部内頚動脈偽閉塞に対する頚動脈ステント留置術, 第71回日本脳神経外科学会総会, 2012年10月18日, 通常, 日本語, 大阪
  9. 頚部内頚動脈pseudo-occlusionに対する頚動脈ステント留置術, 第28回日本脳神経血管内治療学会, 2012年11月16日, 通常, 日本語, 仙台
  10. Carotid Wallstentの術後MPR画像での注意点, 第36回日本脳神経CI学会総会, 2013年02月22日, 通常, 日本語, 広島
  11. 頚部内頚動脈高度狭窄による大脳半球stage2相当の症例に対する段階的血管形成術, 第72回日本脳神経外科学会総会, 2013年10月17日, 通常, 日本語, 横浜
  12. 頚部内頚動脈高度狭窄によるstage2相当症例に対する段階的血管形成術, 第29回日本脳神経血管内治療学会, 2013年11月22日, 通常, 日本語, 新潟
  13. 頚部内頚動脈高度狭窄によるstage2相当症例に対する段階的血管形成術, 第39回日本脳卒中学会総会, 2014年03月14日, 通常, 日本語, 大阪
  14. 頚動脈ステント留置術にParodi変法にfilter-wireを併用したdual protection法に血液吸引を行う有用性, 第43回日本脳卒中の外科学会総会, 2014年03月14日, 通常, 日本語, 大阪
  15. 広島大学脳血管内治療グループにおける80歳以上の高齢者に対する頚動脈ステント留置術, 第 27回日本老年脳神経外科学会, 2014年04月25日, 通常, 日本語, 新潟
  16. 頚動脈ステント留置術の遠位塞栓症予防としてdual protection法と血液吸引法の組み合わせの有用性, 第20回日本血管内治療学会総会, 2014年06月20日, 通常, 日本語, 和歌山
  17. 症候性腕頭動脈狭窄症に対する内頚・椎骨動脈のdouble balloon protection下でのステント留置術, 第20回日本血管内治療学会総会, 2014年06月21日, 通常, 日本語, 和歌山
  18. Dual protection法と血液吸引法の組み合わせによる頚動脈ステント留置術, 第73回日本脳神経外科学会学術総会, 2014年10月11日, 通常, 日本語, 東京
  19. 頚部内頚動脈高度狭窄によるstage2相当症例に対するstaged angioplasty, 第26回日本脳循環代謝学会総会, 2014年11月21日, 通常, 日本語, 岡山
  20. 頚部内頚動脈高度狭窄によるstage2相当症例に対する段階的血管形成術, 第30回日本脳神経血管内治療学会, 2014年12月04日, 通常, 日本語, 横浜
  21. 右鎖骨下動脈狭窄症による冠-鎖骨下盗血現象に対する脳・心保護下でのステント留置術, 第40回日本脳卒中学会総会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 広島
  22. CABG後の右鎖骨下動脈起始部狭窄症に対する脳・心保護下でのステント留置術, 第2回日本心血管脳卒中学会学術集会, 2015年06月12日, 通常, 日本語, 徳島
  23. MRA・超音波検査での不安定プラークに対する頚動脈ステント留置術, 第31回日本脳神経血管内治療学会, 2015年11月20日, 通常, 日本語, 岡山

受賞

  1. 2006年06月23日, 第7回 広島臨床脳循環代謝研究会奨励賞
  2. 2008年06月14日, 第26回 広仁会賞, 広仁会
  3. 2010年11月14日, 平成22年度 広島臨床外科医学会賞, 広島医学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 2016年度日本脳神経血管内治療学会 助成研究, 血栓化脳動脈瘤に対する脳血管内治療後の再発予知−脳動脈瘤壁イメージングにおける壁増強効果の臨床的意義−, 2017年, 2017年
  2. 2019年度ノバスティス研究助成, 好中球細胞外トラップ形成に関与するPAD4と頚動脈不安定性プラークの検討

社会活動

委員会等委員歴

  1. 代議員, 2017年, 日本脳卒中の外科学会
  2. 非常勤医師, 2017年05月, 2018年03月, 広島市立安佐市民病院
  3. 脳卒中医療体制検討特別委員会委員, 2017年05月, 2018年03月, 広島県地域保健対策協議会
  4. 非常勤医師, 2017年07月, 2018年03月, 荒木脳神経外科病院
  5. メディカルアドバイザー, 2018年01月, 2018年12月, (株)メディコスヒラタ
  6. 荒木脳神経外科病院, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  7. 代議員, 2018年08月, 日本脳卒中学会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2016年, Catheterization and Cardiovascular Interventions, その他, 査読
  2. 2017年, Catheterization and Cardiovascular Interventions, その他, 査読
  3. 2017年, Catheterization and Cardiovascular Interventions, その他, 査読
  4. 2017年, Journal of Neurology and Neurosurgery, その他, 査読
  5. 2018年, Interventional Neuroradiology, その他, 査読
  6. 2018年, Journal of Neurochemistry, その他, 査読