島末 洋Hiroshi Shimasue

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
病院(歯)口腔再建外科助教
メールアドレス
hiro30hiroshima-u.ac.jp

基本情報

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 外科系歯学

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 4ターム, 顎口腔医療学基礎実習II
  2. 2019年, 学部専門, 1ターム, 顎外科学II
  3. 2019年, 学部専門, 2ターム, 顎外科学III
  4. 2019年, 学部専門, 1ターム, 顎口腔医療学特論
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, 顎口腔医療学基礎実習I
  6. 2019年, 学部専門, 1ターム, 口腔外科学演習・実習
  7. 2019年, 学部専門, 2ターム, 総合歯科医療学
  8. 2019年, 学部専門, 年度, 臨床実習(口腔外科学II)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A Case of SAPHO Syndrome With Diffuse Sclerosing Osteomyelitis of the Mandible Treated Successfully With Prednisolone and Bisphosphonate, JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY, 70巻, 3号, pp. 626-631, MAR 2012
  2. 3回の大量出血を伴った大型再発性アフタの長期経過観察の1例, 日本口腔粘膜学会雑誌, 7巻, pp. 26-31, 99990101
  3. 側頭窩下部へ迷入した巨大ガラス片の1例, 広島大学歯学雑誌, 34巻, 2号, pp. 147-151, 20020401
  4. Cat Scratch Disease, Int. J. Oval Maxillofac. Sung., 16巻, pp. 142-145, 20040401
  5. 能動型臨床研修システムの構築-標準化と個別化に向けて-, 日本歯科医学教育学会雑誌, 21巻, pp. 196-204, 20050401
  6. 当科におけるエプーリスの臨床統計学的検討., 広大歯誌, 35巻, pp. 135-140, 20030401
  7. Cat Scratch Disease, Asian J Oral Maxillofac Surg, 16巻, pp. 142-145, 20040401
  8. 口腔扁平上皮癌におけるCENP-Fの発現とリンパ節転移との関係, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 2号, pp. 77-81, 20050401
  9. 生体内吸収性ポリ-L-乳酸プレートによる顎顔面骨骨折の治療, 広島大学歯学雑誌, 37巻, 2号, pp. 145-150, 20050401
  10. 口腔扁平上皮癌におけるCENP-Fの発現とリンパ節転移との関係, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 2号, pp. 77-81, 20050401
  11. 側頭筋内の遊離骨様組織と筋突起過形成様病変により開口障害を呈した1例, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 11号, pp. 547-550, 20051101
  12. 口腔扁平上皮癌におけるCENP-Fの発現とリンパ節転移との関係, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 2号, pp. 77-81, 20050201
  13. Warthin腫瘍12例の臨床病態的検討, 日本口腔外科学会雑誌, 50巻, 8号, pp. 483-486, 20040801
  14. Cat scratch disease, 日本口腔外科学会雑誌, 16巻, 2号, pp. 139-142, 20041101
  15. 生体内吸収性ポリ-L-乳酸プレートによる顎顔面骨骨折の治療, 広島大学歯学雑誌, 37巻, 2号, pp. 145-150, 20051201
  16. 側頭窩下部に迷入した巨大ガラス片の1例, 広島大学歯学雑誌, 34巻, 2号, pp. 147-151, 20021201
  17. 下顎骨骨折整復後の咬合不全と審美障害に起因した心身症の1例, 日本歯科心身医学会雑誌, 17巻, 2号, pp. 103-107, 20021201
  18. 3回の大出血を伴った大再発性アフタの長期経過観察の1例, 日本口腔粘膜学会雑誌, 7巻, 1号, pp. 26-31, 20010601
  19. 過去11年間の当科における小児救急患者の臨床的統計, 日本口腔顎顔面外傷学会雑誌, 4巻, 2号, pp. 47-51, 20051201
  20. 下顎切除時の下歯槽神経引き抜き法(石川法)の応用と適応症の拡大, 広島大学歯学雑誌, 35巻, 1号, pp. 118-124, 20030601
  21. 卒後臨床研修の総括的評価におけるOSCEの可能性, 日本歯科医学教育学会雑誌, 20巻, 1号, pp. 127-134, 20040401
  22. 新分類(WHO:2005年)による歯原性腫瘍の臨床統計的検討, 日本口腔腫瘍学会誌, 18巻, 2号, pp. 39-47, 20060601
  23. 当科におけるエプーリスの臨床統計学的検討, 広島大学歯学雑誌, 35巻, 1号, pp. 135-140, 20030401
  24. 側頭窩下部へ迷入した巨大ガラス片の1例, 広島大学歯学雑誌, 34巻, 2号, pp. 147-151, 20020401
  25. 下顎切除時の下歯槽神経引き抜き法(石川法)の応用と適応症の拡大, 広島大学歯学雑誌, 35巻, 1号, pp. 118-124, 20030401
  26. 口腔癌162例中の晩期再発扁平上皮癌7例の臨床病態的検討(1981?1990), 広島大学歯学雑誌, 35巻, 1号, pp. 125-129, 20030401
  27. 当科におけるエプーリスの臨床統計学的検討, 広島大学歯学雑誌, 35巻, 1号, pp. 135-140, 20030401
  28. Warthin 腫瘍12例の臨床病態的検討, 日本口腔外科学会雑誌, 50巻, 8号, pp. 483-486, 20040401
  29. 口腔扁平上皮癌におけるCENP-Fの発現とリンパ節転移との関係, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 2号, pp. 77-81, 20050401
  30. 生体内吸収性ポリ-L-乳酸プレートによる顎顔面骨折の治療, 広島大学歯学雑誌, 32巻, 2号, pp. 145-150, 20050401
  31. 三次元光造形モデルの口腔外科臨床への応用, 広島大学歯学雑誌, 第40巻巻, 第1号号, pp. 55-61, 20080601
  32. EXT1遺伝子変異を認めた下顎骨関節突起軟骨肉腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 58巻, 6号, pp. 357-361, 20120601
  33. Establishment of mesenchymal cell line derived from human developing odontoma, ORAL DISEASES, 18巻, 8号, pp. 756-762, NOV 2012
  34. Snail promotes Cyr61 secretion to prime collective cell migration and form invasive tumor nests in squamous cell carcinoma, CANCER LETTERS, 329巻, 2号, pp. 243-252, FEB 28 2013
  35. Autocrine galectin-1 promotes collective cell migration of squamous cell carcinoma cells through up-regulation of distinct integrins, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 441巻, 4号, pp. 904-910, NOV 29 2013
  36. A case of tooth autotransplantation after long-term cryopreservation using a programmed freezer with a magnetic field, ANGLE ORTHODONTIST, 85巻, 3号, pp. 518-524, MAY 2015
  37. CD44(high)/ALDH1(high) head and neck squamous cell carcinoma cells exhibit mesenchymal characteristics and GSK3-dependent cancer stem cell properties, JOURNAL OF ORAL PATHOLOGY & MEDICINE, 45巻, 3号, pp. 180-188, MAR 2016