大久 真幸MASAYUKI OHISA

Last Updated :2020/02/03

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)疫学・疾病制御学助教
ホームページ
メールアドレス
ohisamhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県広島市南区霞1-2-3 広島大学医学部基礎・社会医学棟7階疫学・疾病制御学
TEL:082-257-5162 FAX:082-257-5164
自己紹介
平成26年10月より疫学・疾病制御学の助教として採用して頂きました。計算機科学のバックグラウンドを活かして、データ解析に貢献していく所存です。

基本情報

主な職歴

  • 2005年05月01日, 2009年09月30日, 広島大学, 大学院理学研究科, 研究員
  • 2011年09月06日, 2011年09月30日, 広島大学, 若手研究人材養成センター, 研究員
  • 2011年10月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 研究員
  • 2012年04月01日, 2014年05月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 研究員
  • 2014年06月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 助教

学歴

  • 広島大学, 大学院理学研究科, 博士課程後期化学専攻, 日本, 2005年04月, 2011年09月
  • 広島大学, 大学院理学研究科, 博士課程前期化学専攻, 日本, 2003年04月, 2005年03月
  • 広島大学, 理学部, 化学科, 日本, 1999年04月, 2003年03月

学位

  • 博士(理学)(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 公衆衛生学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 社会医学 / 疫学・予防医学

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物統計学・臨床統計学基礎論
  2. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物統計学・臨床統計学基礎論
  3. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 疫学基礎論
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床研究方法論
  5. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 臨床研究の基礎および実践

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Validation and limitation of age-period-cohort model in simulating mortality due to hepatocellular carcinoma from 1940 to 2010 in Japan, Hepatology Research, 44巻, 7号, pp. 713-719, 2014
  2. Cost-effectiveness of the introduction of low-dose CT screening in Japanese Smokers aged 55 to 74 years old, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 63巻, 1-3号, pp. 13-22, 2014
  3. The association of hepatitis C virus infection with the prognosis of chronic hemodialysis patients: a retrospective study of 3,064 patients between 1999 and 2010, Journal of Medical Virology, 87巻, 9号, pp. 1558-1564, 2015
  4. Hepatitis B virus infection in hemodialysis patients in Japan: Prevalence, incidence and occult hepatitis B virus infection, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 12号, pp. 1211-1219, 201512
  5. Estimated numbers of patients with liver disease related to hepatitis B or C virus infection based on the database reconstructed from medical claims from 2008 to 2010 in Japan, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 12号, pp. 1228-1240, 201512
  6. Two-dimensional free-energy surface on the exchange reaction of alkyl chloride/chloride using the QM/MM-MC method., Two-dimensional free-energy surface on the exchange reaction of alkyl chloride/chloride using the QM/MM-MC method., 10巻, 6号, 2008
  7. Validation and limitation of age-period-cohort model in simulating mortality due to hepatocellular carcinoma from 1940 to 2010 in Japan., Validation and limitation of age-period-cohort model in simulating mortality due to hepatocellular carcinoma from 1940 to 2010 in Japan., 44巻, 7号, 2014
  8. High prevalences of hepatitis B and C virus infections among adults living in Binh Thuan province, Vietnam., High prevalences of hepatitis B and C virus infections among adults living in Binh Thuan province, Vietnam., 45巻, 3号, 2015
  9. Seroprevalence, genotypic distribution and potential risk factors of hepatitis B and C virus infections among adults in Siem Reap, Cambodia., Seroprevalence, genotypic distribution and potential risk factors of hepatitis B and C virus infections among adults in Siem Reap, Cambodia., 45巻, 4号, 2015
  10. Predicting future blood supply and demand in Japan with a Markov model: application to the sex- and age-specific probability of blood donation, TRANSFUSION, 56巻, 11号, pp. 2750-2759, 201611
  11. 疫学的視点からみた肝炎ウィルス患者に関する現状と対策, 臨床病理, 64巻, 4号, pp. 465-470, 2016
  12. わが国のHCV感染の変遷と現状, 臨牀消化器内科, 31巻, 11号, pp. 1431-1436, 2016
  13. 肝炎ウイルス検査受検状況と検査後の医療機関受診率の検討―都道府県別にみた認識受検率と非認識受検率―, 肝臓, 57巻, 12号, pp. 634-648, 2016
  14. Reduced prevalence of hepatitis B surface antigen positivity among pregnant women born after the national implementation of immunoprophylaxis for babies born to hepatitis B virus-carrier mothers in Japan, HEPATOLOGY RESEARCH, 47巻, 12号, pp. 1329-1334, 201711
  15. A seroepidemiological survey of the effect of hepatitis B vaccine and hepatitis B and C virus infections among elementary school students in Siem Reap province, Cambodia, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 3号, pp. E172-E182, 201802
  16. Pilot study for hepatitis virus screening among employees as an effective approach to encourage employees who screened positive to receive medical care in Japan, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 3号, pp. E291-E302, 201802
  17. Incidence and risk factors of colorectal cancer based on 56324 health checkups: A 7-year retrospective cohort study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 33巻, 4号, pp. 855-862, 201804
  18. Trends in the total numbers of HBV and HCV carriers in Japan from 2000 to 2011, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 25巻, 4号, pp. 363-372, 201804
  19. High prevalence of hepatitis B infections in Burkina Faso (1996-2017): a systematic review with meta-analysis of epidemiological studies, BMC PUBLIC HEALTH, 18巻, 20180425
  20. Cost-effectiveness analyses of anti-hepatitis C virus treatments using quality of life scoring among patients with chronic liver disease in Hiroshima prefecture, Japan, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 7号, pp. 509-520, 201806
  21. Long-term natural history of liver disease in patients with chronic hepatitis B virus infection: an analysis using the Markov chain model, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 11号, pp. 1196-1205, 201811
  22. Acquisition rate of antibody to hepatitis B surface antigen among medical and dental students in Japan after three-dose hepatitis B vaccination, VACCINE, 37巻, 1号, pp. 145-151, 20190103
  23. Very low prevalence of anti-HAV in Japan: high potential for future outbreak, SCIENTIFIC REPORTS, 9巻, 20190206
  24. A Questionnaire Survey on the Sequence of Events Prior to Undergoing Colonoscopy: The Influence of the Behavioral Response after a Fecal Occult Blood Test on the Early Detection of Colorectal Cancer, INTERNAL MEDICINE, 58巻, 11号, pp. 1541-1547, 2019
  25. Natural history of liver-related disease in patients with chronic hepatitis C virus infection: An analysis using a Markov chain model, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 91巻, 10号, pp. 1837-1844, 201910
  26. The Pilot Study for Health Check-Ups System at Elementary School in Cambodia, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 67巻, 3号, pp. 88-92, 2018

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 特定健診の有効性について〜受診回数および服薬導入率の関連性の検討, 藤井紀子、佐古通、原川貴之、大久真幸、田中純子, 第84回日本衛生学会学術総会, 2014年05月27日, 通常, 日本語
  2. AASLD/EASL Special Conference on Hepatitis C, 2014年09月12日, 通常, 英語
  3. 有限状態マルコフ連鎖モデルにおける状態分布の将来予測と推定精度, 秋田智之、大久真幸、坂宗和明、田中純子, 2014年度統計関連学会連合大会, 2014年09月14日, 通常, 日本語
  4. B型肝炎ウイルスキャリアの病態推移に関する理論疫学的研究-セロコンバージョンの時期別(35歳,40歳)有無別にみた病態推移の比較-, 大久真幸、山崎一美、松尾順子、片山惠子、田中純子, 第18回日本肝臓学会大会(JDDW), 2014年10月23日, 通常, 日本語
  5. 大腸がん検診受診者における便潜血検査の新規陽転率、大腸がんの新規発生率と大腸がん罹患リスク検討-7年間にわたる追跡調査より-, 藤井紀子、原川貴之、佐古通、大久真幸、片山惠子、田中純子, 第52回日本消化器がん検診学会大会(JDDW), 2014年10月24日, 通常, 日本語
  6. 2014年11月20日, 通常, 英語
  7. 特定健診成績からみた受診行動と関連因子の検討, 藤井紀子、片山恵子、大久真幸、秋田智之、海嶋照美、松岡俊彦、佐古通、田中純子, 第73回日本公衆衛生学会総会, 2014年11月05日, 通常, 日本語
  8. Sero-epidemiological study on hepatitis B and C virus infection among school students in Siem Reap, Cambodia, Fujimoto M, Yamada H, Matsuoka T, Akita T, Ohisa M, Lim O, Hok S, Do S H, Goto N, Katayama K, Svay S, Tanaka J, 第25回日本疫学会学術総会, 2014年01月23日, 通常, 英語
  9. 2015年03月12日, 通常, 英語
  10. 診療報酬記録の再構築と分類に基づいた2008年から2010年における病因ウイルス別肝疾患関連患者数の推計の試み, 大久真幸, 大久真幸、秋田智之、松尾順子、片山惠子、田中純子, 第51回日本肝臓学会総会, 2015年05月21日, 通常, 日本語
  11. 肝炎ウイルス持続感染者のマルコフモデルに基づく病態推移に関する理論疫学的研究, 大久真幸、坂宗和明、山本周子、松尾順子、田中純子, 大久真幸、坂宗和明、山本周子、松尾順子、田中純子, 第52回日本肝臓学会総会, 2016年05月19日, 通常, 日本語
  12. 青年層におけるHBs抗体陽性率及び「B型肝炎ワクチン」接種後の抗体獲得率に関する研究, 永島慎太郎、山本周子、藤本真弓、海嶋照美、片山惠子、大久真幸、田中純子, 永島慎太郎、山本周子、藤本真弓、海嶋照美、片山惠子、大久真幸、田中純子, 第52回日本肝臓学会総会, 2016年05月19日, 通常, 日本語
  13. 2016年07月18日, 通常, 英語
  14. 2016年08月30日, 通常, 英語
  15. 2016年09月17日, 通常, 英語
  16. 2016年09月22日, 通常, 英語
  17. カンボジアにおける学童期の子どもの栄養・食生活に関するパイロット研究, 藤井紘子、杉山文、秋田智之、Chuon Channarena、大久真幸、永島慎太郎、山本周子、田中純子, 藤井紘子、杉山文、秋田智之、Chuon Channarena、大久真幸、永島慎太郎、山本周子、田中純子, 第75回日本公衆衛生学会総会, 2016年10月27日, 通常, 日本語
  18. 2017年04月10日, 通常, 英語
  19. 慢性肝疾患関連患者のQOLスコアを用いた広島県における治療導入の医療経済評価に関する研究, 海嶋照美, 海嶋照美、秋田智之、大久真幸、坂宗和明、栗栖あけみ、杉山文、相方浩、茶山一彰、田中純子, 第53回日本肝臓学会総会, 2017年06月08日, 通常, 日本語
  20. 第53回日本肝臓学会総会, 2017年06月08日, 通常, 英語
  21. カンボジア小学生を対象とした出生時HBワクチン導入前後のHBV感染に関する疫学的検討, 藤本真弓, 藤本真弓、永島慎太郎、Ko Ko、Chuon Channarena、大久真幸、秋田智之、片山惠子、松尾順子、田中純子, 第53回日本肝臓学会総会, 2017年06月08日, 通常, 日本語
  22. 住民及び職域検診受験者集団を対象とした層化無作為抽出によるA型肝炎ウイルス抗体保有状況に関する疫学的考察, 山本周子, 山本周子、山下真未、藤井紀子、永島慎太郎、杉山文、大久真幸、秋田智之、片山惠子、高橋和明、田中純子, 第53回日本肝臓学会総会, 2017年06月08日, 通常, 日本語
  23. 肝疾患コーディネーターの活動実態に関する全国pilot調査の結果から, 杉山文, 杉山文、永島慎太郎、大久真幸、栗栖あけみ、坂宗和明、田中純子, 第53回日本肝臓学会総会, 2017年06月08日, 通常, 日本語
  24. 都道府県別にみた肝炎ウイルスキャリア数の経年推移, 秋田智之, 秋田智之、大久真幸、坂宗 和明、栗栖あけみ、田中純子, 第53回日本肝臓学会総会, 通常, 日本語
  25. 通常, 英語
  26. 健診データとレセプトデータを用いた「脳血管疾患および心疾患」に関する患者対象研究, 大和昌代, 大和昌代、会津宏幸、大久真幸、杉山文、秋田智之、田中純子, 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年11月01日, 通常, 日本語
  27. カンボジアにおけるHBユニバーサルワクチン導入後に出生した児におけるHBV感染状況把握のための血清疫学研究:層化無作為抽出法による全国調査, Chuon Channarena, Chuon Channarena、Ko Ko、永島慎太郎、山本周子、山下真未、秋田智之、杉山文、大久真幸、片山惠子、Ork V、Md Shafiqul Hossain、田中純子, 第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月14日, 通常, 日本語
  28. DBSを用いた肝炎ウイルスマーカー測定の検出効率の検討, 山本周子, 山本周子、永島慎太郎、 Chuon Channarena、Ko Ko、大久真幸、秋田智之、片山惠子、高橋和明、田中純子, 第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月14日, 通常, 日本語
  29. 日本における肝がん死亡の地理的分布に関する研究2011-2015年を追加した、計45年間の推移, 大久真幸, 大久真幸、三浦宜彦、田中純子, 第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月14日, 通常, 日本語
  30. 透析患者コホート疫学調査2017-血液透析患者コホートの長期予後と死因に関する調査研究-, Ko Ko, Ko Ko、永島慎太郎、山本周子、Mutalov Boburjou、Juraev Jasur,杉山文、大久真幸、秋田智之、片山惠子、田中純子, 第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月15日, 通常, 日本語
  31. 診療報酬記録に基づいた肝疾患関連患者の重複疾患数の推計, 大久真幸, 大久真幸、松尾順子、田中純子, 第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月15日, 通常, 日本語
  32. 第14回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 秋田智之, 秋田智之、大久真幸、栗栖あけみ、坂宗和明、茶山一彰、田中純子, 第14回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 2018年07月07日, 通常, 日本語
  33. Systematic Review and Meta-analysis on prevalence of Hepatitis B and C infection in Myanmar, Ko Ko, Ko Ko、大久真幸、杉山文、秋田智之、田中純子, 第22回日本肝臓学会(JDDW 2018), 2018年11月02日, 通常, 日本語
  34. NAFLD患者の肝病態推移に関する理論疫学的研究−糖尿病の有無別にみた長期予後の比較−, 大久真幸, 大久真幸、杉山文、秋田智之、栗栖あけみ、芥田憲夫、田中純子, 第62回中国四国合同産業衛生学会, 2018年11月18日, 通常, 日本語
  35. HIV/HCV重複感染の肝病態推移に関する理論疫学的研究, 大久真幸, 大久真幸、木村哲、田中純子, 第29回日本疫学会学術総会, 2019年01月31日, 通常, 日本語