秀 和泉Izumi Hide

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)神経薬理学講師
メールアドレス
ihidehiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 薬学博士(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 薬理学一般

研究キーワード

  • ミクログリア
  • 神経炎症
  • プリン作動性シグナル

所属学会

  • 日本薬理学会
  • 日本薬学会
  • 日本神経化学会
  • 日本癌学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 脳神経医学II
  2. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 総合薬理学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Propofol induced diverse and subtype-specific translocation of PKC families, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 137巻, 1号, pp. 20-29, 201805
  2. The Role of Cysteine String Protein alpha Phosphorylation at Serine 10 and 34 by Protein Kinase C gamma for Presynaptic Maintenance, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 38巻, 2号, pp. 278-290, 20180110
  3. Validation of Anti-CSP alpha, SNAP25, Tyrosine Hydroxylase, Ubiquitin, Cleaved Caspase 3, and pSer PKC Motif Antibodies for Utilization in Western Blotting, ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA, 50巻, 6号, pp. 177-180, 2017
  4. The Subcellular Dynamics of the Gs-Linked Receptor GPR3 Contribute to the Local Activation of PKA in Cerebellar Granular Neurons, PLOS ONE, 11巻, 1号, 20160122
  5. ★, The Toll-like receptor 4-activated neuroprotective microglia subpopulation survives via granulocyte macrophage colony-stimulating factor and JAK2/STAT5 signaling, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 93巻, pp. 82-94, 201602
  6. The Development of Screening Methods to Identify Drugs to Limit ER Stress Using Wild-type and Mutant Serotonin Transporter, ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA, 49巻, 6号, pp. 197-206, 2016
  7. Developmental expression of GPR3 in rodent cerebellar granule neurons is associated with cell survival and protects neurons from various apoptotic stimuli, NEUROBIOLOGY OF DISEASE, 68巻, pp. 215-227, 201408
  8. Deregulation of the actin cytoskeleton and macropinocytosis in response to phorbol ester by the mutant protein kinase C gamma that causes spinocerebellar ataxia type 14, FRONTIERS IN PHYSIOLOGY, 5巻, 20140401
  9. Mutant gamma PKC that causes spinocerebellar ataxia type 14 upregulates Hsp70, which protects cells from the mutant's cytotoxicity, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 440巻, 1号, pp. 25-30, 20131011
  10. Effects of the Chemical Chaperone 4-Phenylbutylate on the Function of the Serotonin Transporter (SERT) Expressed in COS-7 Cells, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 122巻, 2号, pp. 71-83, JUN 2013
  11. Long-Term Exposure of RN46A Cells Expressing Serotonin Transporter (SERT) to a cAMP Analog Up-regulates SERT Activity and Is Accompanied by Neural Differentiation of the Cells, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 121巻, 1号, pp. 25-38, 201301
  12. Novel PKC alpha-mediated phosphorylation site(s) on cofilin and their potential role in terminating histamine release, MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 23巻, 18号, pp. 3707-3721, 20120915
  13. Hypoxic stress activates chaperone-mediated autophagy and modulates neuronal cell survival, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 60巻, 4号, pp. 431-442, 201203
  14. Establishment of a Novel Fluorescence-Based Method to Evaluate Chaperone-Mediated Autophagy in a Single Neuron, PLOS ONE, 7巻, 2号, 20120207
  15. ★, Extracellular ATP differentially modulates Toll-like receptor 4-mediated cell survival and death of microglia, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 116巻, 6号, pp. 1138-1147, 201103
  16. ★, A critical role of conventional protein kinase C in morphological changes of rodent mast cells, IMMUNOLOGY AND CELL BIOLOGY, 89巻, 1号, pp. 149-159, JAN 2011
  17. Effect of Trehalose on the Properties of Mutant gamma PKC, Which Causes Spinocerebellar Ataxia Type 14, in Neuronal Cell Lines and Cultured Purkinje Cells, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 285巻, 43号, pp. 33252-33264, 20101022
  18. Congo Red, an Amyloid-Inhibiting Compound, Alleviates Various Types of Cellular Dysfunction Triggered by Mutant Protein Kinase C gamma That Causes Spinocerebellar Ataxia Type 14 (SCA14) by Inhibiting Oligomerization and Aggregation, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 114巻, 2号, pp. 206-216, 201010
  19. Mutant protein kinase C gamma that causes spinocerebellar ataxia type 14 (SCA14) is selectively degraded by autophagy, GENES TO CELLS, 15巻, 5号, pp. 425-437, 201005
  20. Decoralin, a novel linear cationic alpha-helical peptide from the venom of the solitary eumenine wasp Oreumenes decoratus., Peptides, 28巻, 12号, pp. 2320-2327, 20071201
  21. インテグリンと多発性硬化症, 日本薬理学雑誌, 129巻, 2号, pp. 144, 20070201
  22. Substance P release evoked by capsaicin or potassium from rat cultured dorsal root ganglion neurons is conversely modulated with bradykinin, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 97巻, 5号, pp. 1412-1418, 200606
  23. Eumenitin, a novel antimicrobial peptide from the venom of the solitary eumenine wasp Eumenes rubronotatus', Peptide, 27巻, pp. 2624-2631, 20061001
  24. ★, Microglial alpha7 nicotinic acetylcholine receptors drive a phospholipase C/IP3 pathway and modulate the cell activation towards a neuroprotective role., J. Neurosci Res., 83巻, pp. 1461-1470, 20060401
  25. ★, Protein kinase C alpha mediates TNF release process in RBL-2H3 mast cells., Br. J. Pharmacol., 145巻, pp. 415-423, 20051001
  26. ミクログリアの活性制御と神経保護, 日本薬理学雑誌, 124巻, pp. 123-124, 20041101
  27. ★, Production and release of neuroprotective tumor necrosis factor from P2X7 receptor-activated microglia, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 24巻, pp. 1-7, 2004
  28. Anti-allergic substances contained in the pollen of Cryptomeria japonica possess diverse effects of the degranulation of RBL-2H3 cells., Journal of Pharmacological Sciences, 92巻, pp. 291-295, 20030901
  29. Cell differentiation and p38MAPK cascade are inhibited in human osteoblasts cultured in a three-dimensional clinostat., In vitro Cellular and Developmental Biology Animal, 39巻, 1-2号, pp. 89-98, 20030201
  30. Interleukin-1 beta-induced substance P release from rat cultured primary afferent neurons driven by two phospholipase A2 enzymes: secretory type IIA and cytosolic type IV, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 80巻, 6号, pp. 989-997, 200203
  31. Nitric oxide synergistically potentiates interleukin-1β induced substance P increase of cyclooxygenase-2 mRNA levels, resulting in the facilitation of substance P release from primary afferent neurons :involvement of cGMP-independent mechanisms, Neuropharmacology, 48巻, pp. 868-876, 20020401
  32. ★, Extracellular ATP triggers tumor necrosis factor-alpha release from rat microglia, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 75巻, 3号, pp. 965-972, 200009
  33. Repeated haloperidol treatment decreases sigma(1) receptor binding but does not affect its mRNA levels in the guinea pig or rat brain, EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 401巻, 3号, pp. 307-316, 20000811
  34. Interleukin-1β induces substance P release from primary afferent neurons through the cyclooxygenase-2 system, J. Neurochem., 73巻, pp. 2206-2213, 19990601
  35. Calcium signalig and protein kinase C for TNF-α release in a rat mast cell line, Life Sci., 62巻, pp. 1653-1657, 19980301
  36. Differential effects on D2 dopamine receptor and prolactin gene expression by haloperidol and aripiprazole in the rat pituitary, Molecular Brain Res, 55巻, pp. 285-292, 19980101
  37. ★, Suppression of TNF-α secretion by azelastine in rat mast (RBL-2H3) cell line -evidence for differential regulation of TNF-α release, transcription, and degranulation, J. Immunology, 159巻, pp. 2932-2940, 19970901
  38. 5-hydroxytryptamine-facilitated release of substance P from rat spinal cord is mediated by nitric oxide and cyclic GMP, J. Neurochem., 68巻, pp. 128-133, 19970101
  39. SKF-10047, a prototype Sigma-1 receptor agonist, augmented the membrane trafficking and uptake activity of the serotonin transporter and its C-terminus-deleted mutant via a Sigma-1 receptor-independent mechanism, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 139巻, 1号, pp. 29-36, 201901
  40. New Mastoparan Peptides in the Venom of the Solitary Eumenine Wasp Eumenes micado, TOXINS, 11巻, 3号, 20190310
  41. Histamine and Toll-like receptor ligands synergistically induce endothelial cell gap formation by the extrinsic coagulating pathway, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 141巻, 3号, pp. 1115-1118, 201803
  42. Spinocerebellar ataxia type 14 caused by a nonsense mutation in the PRKCG gene, MOLECULAR AND CELLULAR NEUROSCIENCE, 98巻, pp. 46-53, 201907

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 海馬神経細胞において内在性に発現するGPR3が神経極性形成に与える影響, 田中 茂、嶋田直人、宮城達博、白榊紘子、秀 和泉、白藤俊彦、酒井規雄, Conbio2017(生命科学系学会合同年次大会) , 2017年12月07日, 通常, 日本語, 神戸市
  2. GPR3を介した海馬神経極性形成促進のメカニズム, 田中茂 嶋田直人 白榊紘子 猪川文朗 宮城達博 秀和泉 白藤俊彦 酒井規雄, 第132回日本薬理学会近畿部会 , 2017年11月24日, 通常, 日本語, 豊中市
  3. ミクログリアの死細胞貪食のイメージング解析とP2Y2受容体の関与, 秀和泉 白榊紘子 益田顕拓 柳瀬雄輝 白藤俊彦 田中茂 秀道広 酒井規雄, 第132回日本薬理学会近畿部会 , 2017年11月24日, 通常, 日本語, 豊中市
  4. The potential role of G-protein-coupled receptor 3 in the formation of neuronal polarity in rat hippocampal neurons, S. TANAKA, N. SHIMADA, T. MIYAGI, I. HIDE, T. SHIRAFUJI, N. SAKAI, Neuroscience meeting  , 2017年11月21日, 通常, 英語, Washington DC, USA
  5. The role of Cysteine string protein alpha (CSPa) phosphorylation at Ser10 and Ser34 by PKCg for the presynaptic maintenance,, Shirafuji, T., Ueyama, T., Adachi, N., Yoshino, K., Tanaka, S., Hide, I., Saito, N., Sakai, N., 第23回世界神経学会議/第58回日本神経学会学術大会, 2017年09月16日, 通常, 日本語, 京都市
  6. The development of screening methods to identify drugs, which can relieve ER stress, using wild-type and mutant serotonin transporter, 酒井規雄 荊尾一草 村川青矢 浅野昌也 白藤俊彦 秀和泉 田中茂 第61回日本神経化学会大会 2017年9月8日 仙台, 酒井規雄 荊尾一草 村川青矢 浅野昌也 白藤俊彦 秀和泉 田中茂, 2017年09月08日, 通常, 日本語, 仙台市
  7. セロトニントランスポーター(SERT)の膜輸送促進活性を持つ薬物検索の試み -非ステロイド性抗炎症薬FlurbiprofenのSERTに対する効果―, 酒井規雄、平川明樹、村川青矢、浅野昌也、秀和泉、白藤俊彦、田中茂, 第21回「活性アミンに関するワークショップ」 , 2017年08月25日, 通常, 日本語, 京都市
  8. ラット海馬神経細胞において内因性発現GPR3は神経極性を修飾する, 田中茂 嶋田直人 宮城達博 秀和泉 白藤俊彦 酒井規雄, 第40回日本神経科学大会 , 2017年07月22日, 通常, 日本語, 千葉市
  9. 非ステロイド性抗炎症薬Flurbiprofenのセロトニントランスポーター(SERT)に対する効果  , 酒井規雄 平川明樹 村川青矢 浅野昌也 秀和泉 白藤俊彦 田中茂, 第131回日本薬理学会近畿部会, 2017年06月30日, 通常, 日本語, 名古屋市
  10. 恒常的Gs活性化型受容体GPR3のT細胞における発現と機能  , 田中茂 嶋田直人 平野耕一 亀岡翼 林亜紀 小栗直人 宮城達博 秀和泉 白藤俊彦 柳瀬雄輝 酒井規雄, 第131回日本薬理学会近畿部会, 2017年06月30日, 通常, 日本語, 名古屋市
  11. ミクログリアのTLR4活性化を介した死細胞貪食におけるP2Y2受容体の役割, 秀 和泉、白榊紘子、神垣真由美、柳瀬雄輝、白藤俊彦、田中 茂、秀 道広、酒井規雄, 第90回日本薬理学会年会, 2017年03月15日, 通常, 日本語
  12. セロトニントランスポーター(SERT)の膜輸送を促進する薬物の検索ー抗潰瘍薬のSERT機能調節への効果ー, 村川青矢、浅野昌也、秀 和泉、白藤俊彦、田中茂、酒井規雄, 第90回日本薬理学会年会, 2017年03月15日, 通常, 日本語, 植田弘師(長崎大学), 長崎市
  13. Toll-like receptor 4 活性化ミクログリアはP2Y2受容体を介して血管内皮細胞増殖因子(VEGF)およびアクチビンAの発現誘導を亢進させる, 白榊紘子、秀 和泉、神垣真由美、柳瀬雄輝、白藤俊彦、田中 茂、秀 道広、酒井規雄, 第59回日本神経化学会大会, 2016年09月08日, 通常, 日本語, 日本神経化学会, 20160908
  14. Toll様受容体4活性化ミクログリアのサブポピュレーションはGM-CSF自己分泌を介して長期生存し神経保護効果を示す, 神垣真由美、秀 和泉、白榊紘子、柳瀬雄輝、田中 茂、白藤俊彦、秀 道広、赤木宏行、酒井規雄, 第129回日本薬理学会近畿部会, 2016年06月24日, 通常, 日本語, 小澤光一郎, 広島市
  15. 黒質線条体におけるPKCγの基質の解析:Cysteine string protein αリン酸化の細胞生存での役割, 白藤俊彦、上山健彦、吉野健一、足立直子、田中 茂、秀 和泉、斎藤尚亮、酒井規雄, 第129回 日本薬理学会近畿部会, 2016年06月24日, 通常, 日本語, 小澤光一郎 (広島大学), 広島市
  16. セロトニントランスポーター変異体を用いた膜輸送促進活性を持つ薬物検索の試み, 酒井規雄、村川青矢、浅野昌也、荊尾一草、秀 和泉、白藤俊彦、田中 茂, 第129回日本薬理学会近畿部会, 2016年06月24日, 通常, 日本語
  17. 小脳顆粒神経細胞におけるGPR3を介した神経突起伸長メカニズムの解明, 田中 茂、嶋田直人、秀 和泉、白藤俊彦、酒井規雄, 第129回日本薬理学会近畿, 2016年06月24日, 通常, 日本語, 小澤光一郎 (広島大学), 広島市
  18. 海馬神経細胞におけるGPR3の神経極性形成に与える影響, 嶋田直人、田中 茂、秀 和泉、白藤俊彦、酒井規雄, 第90回日本薬理学会年会, 2016年03月15日, 通常, 日本語
  19. PKCγによるCSPαリン酸化の神経細胞生存における役割, 白藤俊彦、秀和泉、田中茂、酒井規雄, 第90回日本薬理学会年会, 2016年03月15日, 通常, 日本語, 植田弘師(長崎大学), 長崎市
  20. ミクログリアのToll-like receptor 4およびプリン受容体を介したVEGFおよびアクチビンAの相乗的発現誘導, 白榊紘子、秀 和泉、神垣真由美、星野 駿、柳瀬雄輝、白藤俊彦、田中 茂、秀 道広、酒井規雄, 第89回日本薬理学会年会, 2016年03月09日, 通常, 日本語, 横浜市
  21. 小脳顆粒神経細胞におけるGPR3の細胞内動態の伴う細胞局所でのPKA活性化, 宮城達博、田中 茂、秀 和泉、白藤俊彦、酒井規雄, 第89回日本薬理学会年会, 2016年03月09日, 通常, 日本語, 横浜市
  22. 黒質線条体系におけるPKC γ基質の解析:ドバミン遊離と神経細胞生存におけるPKC γのリン酸化の役割, 白藤俊彦、上山健彦、吉野健一、足立直子、秀 和泉、田中 茂、斎藤尚亮、酒井規雄, 第89回日本薬理学会年会, 2016年03月09日, 通常, 日本語, 横浜市
  23. GPR3による神経突起伸長にはGβγを介したシグナル伝達経路が関与する, 田中 茂、嶋田直人、宮城達博、秀 和泉、白藤俊彦、酒井規雄, 第89回日本薬理学会年会, 2016年03月09日, 通常, 日本語
  24. α3α5型ニコチン受容体機能のcAMPを介した調節, 宇野珠世、田中 茂、宮城達博、秀 和泉、白藤俊彦、入船正浩、酒井規則, 第128回日本薬理学会近畿部会 , 2015年11月20日, 通常, 日本語, 大阪市
  25. Analyses of signaling pathways involved in the GPR3-mediated neurite outgrowth, Shigeru Tanaka, Tatsuhiro Miyagi, Izumi Hide, Toshihiko Shirafuji, Norio Sakai, Neuroscience Meeting 2015, 2015年10月19日, 通常, 英語, Chicago, USA
  26. ドパミン遅離におけるPKC γによるリン酸化の役割, 白藤俊彦、秀 和泉、田中 茂、酒井規雄, 第19回活性アミンに関するワークショップ, 2015年08月20日, 通常, 日本語, いわき市
  27. リン酸化プロテオームを用いた黒質縁条体におけるPKC γの基質の解析, 金岡杏純、白藤俊彦、上山健彦、宇和田淳介、吉野健一、高橋英之、足立直子、秀 和泉、田中 茂、斎藤尚亮、酒井規雄, 第38回日本神経科学大会, 2015年07月29日, 通常, 日本語, 神戸市
  28. Tリンパ球に発現するGPR3は実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態発現を修飾する, 田中 茂、亀岡 翼、宮城達博、秀 和泉、白藤俊彦、酒井規雄, 第38回日本神経科学大会, 2015年07月28日, 通常, 日本語, 神戸市
  29. シグマ1受容体、及びシグマ1受容体リガンドによるセロトニントランスポーター機能調節, 酒井規雄、浅野昌也、宮城達博、田中 茂、白藤俊彦、秀 和泉, 第38回日本神経科学大会, 2015年07月28日, 通常, 日本語
  30. シグマ受容体及びシグマ1受容体リガンドがセロトニントランスポーターの機能に及ぼす影響, 酒井規雄、浅野昌也、横田智香、臼杵直人、白藤俊彦、秀 和泉、田中 茂, 第127回日本薬理学会近畿部会, 2015年06月26日, 通常, 日本語, 岐阜市
  31. 恒常的GS活性化型受容体CPR3を介した神経突起伸長メカニスムの検討, 田中 茂、宮城達博、白藤俊彦、秀 和泉、酒井規雄, 第127回日本薬理学会近畿部会, 2015年06月26日, 通常, 日本語, 岐阜市
  32. シグマ1受容体及びシグマ1受容体リガンドがセロトニントランスポーターの機能に及ほす影響, 酒井規雄、浅野昌也、横田智香、臼杵直人、白藤俊彦、秀 和泉、田中 茂, 第127回日本薬理学会近畿部会, 2015年06月16日, 通常, 日本語
  33. 虚血脳において神経細胞生存に関連するG蛋白共役型受容体GPR3, 田中 茂、宮城達博、土肥栄祐、秀 和泉、佐伯嘉修、Antonio Chiocca、松本昌泰、酒井規雄, 第40回脳卒中学会総会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 広島リーガロイヤルホテル(広島市)
  34. 虚血脳において神経細胞生存に関連するG蛋白共役型受容体GPR3, 田中 茂、宮城達博、土肥栄祐、秀 和泉、佐伯嘉修、Antonio Chiocca、松本昌泰、酒井規雄, 第40回脳卒中学会総会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 広島市
  35. TLR4活性化ミクログリアはGM-CSFシグナルを上方制御しその生存を維持する, 神垣真由美、秀 和泉、柳瀬雄輝、田中茂、白藤俊彦、秀 道広、酒井規雄, 第88回日本薬理学会年会, 2015年03月18日, 通常, 英語, 名古屋国際会議場(名古屋市)
  36. シグマ受容体リガンドのセロトニントランスポーター取り込み活性に対する影響, 浅野昌也、臼杵直人、山本 光、秀 和泉、田中 茂、白藤俊彦、酒井規雄, 第88回日本薬理学会年会, 2015年03月18日, 通常, 日本語, 名古屋国際会議場(名古屋市)
  37. Mechanism of TLR4-mediated survival of microglia: Roles of GM-CSF self-production and the activation of JAK2/STAT5 signaling pathways, Mayumi Kamigaki, Izumi Hide, Yuhki Yanase, Shigeru Tanaka, Toshihiko Shirafuji, Michihiro Hide, Norio Sakai, 米国神経科学学会 2014, 2014年11月15日, 通常, 英語, Washington D.C. (USA)
  38. Neuronal expression of GPR3 in rodent brain is associated with cell survival. Washington D.C. (USA), 米国神経科学学会 (Neuroscience 2014), 2014年11月15日, 通常, 英語
  39. The subcellular locarization and local function of Gs-linked receptor GPR3 in neural cells, 米国神経科学学会 (Neuroscience 2014), 2014年11月15日, 通常, 英語, Washington D.C. (USA)
  40. 小脳顆粒細胞における恒常的Gs活性型GPR3の局在と機能, 宮城達博、田中 茂、秀 和泉、白藤俊彦、酒井規雄, 第126回日本薬理学会近畿部会, 2014年10月24日, 通常, 日本語, 和歌山県JAビル(和歌山市)
  41. GM-CSF自己産生とJAK2/STAT5シグナル伝達がTLR4活性化ミクログリアの生存に関与する, 神垣真由美、秀 和泉、柳瀬雄輝、白榊紘子、田中茂、白藤俊彦、秀 道広、酒井規雄, 第57回日本神経化学会大会, 2014年09月29日, 通常, 日本語, 奈良県分化会館・奈良県新講堂(奈良市)
  42. TLR4活性化ミクログリアはGM-CSFの自己産生とJAK2/STAT5シグナル伝達を介して生存を維持する, 神垣真由美、秀 和泉、柳瀬雄輝、田中 茂、白藤俊彦、秀 道広、酒井規雄, 第125回日本薬理学会年会近畿部会, 2014年06月20日, 通常, 日本語, 岡山コンベンションセンター(岡山市)
  43. Purinergic P2Y2 receptor is involved in dying cell phagocytosis and mediator production in Toll-like receptor 4-activated microglia, Izumi Hide, Hiroko Shiraki, Yuhki Yanase, Toshihiko Shirafuji, Shigeru Tanaka, Norio Sakai, 第91回日本薬理学会年会 第18回国際薬理学・臨床薬理学会議, 2018年07月02日, 通常, 英語, 成宮 周 (京都大学), 京都
  44. LPS刺激ミクログリアの長期生存におけるp38のリン酸化とGM-CSF受容体シグナルの関与, 神垣真由美、秀 和泉、白榊紘子、田中 茂、酒井規雄、赤木宏行, 第133回日本薬理学会近畿部会, 2018年06月01日, 通常, 日本語, 酒井規雄(広島大学), 広島市
  45. ヒト好塩基球およびマスト細胞の脱顆粒に対するアデノシンの影響, 柳瀬雄輝、松尾佳美、川口智子、石井 香、秀 和泉、秀 道広, 第133回日本薬理学会近畿部会, 2018年06月30日, 通常, 日本語, 酒井規雄 広島大学, 広島市
  46. 第91回日本薬理学会年会 第18回国際薬理学・臨床薬理学会議, 2018年07月02日, 通常, 英語, 成宮周 京都大学, 京都市
  47. Potential role of G-protein-coupled receptor 3 in mast cells following brain ischemia, Shigeru Tanaka, Yuhki Yanase, Masahiro Yamamoto, Tatsuhiro Miyagi, Hiroko, Shiraki, Izumi Hide, Norio Sakai, 第91回日本薬理学会年会 第18回国際薬理学・臨床薬理学会議, 2018年07月03日, 通常, 英語, 成宮周 京都大学, 京都市
  48. SKF-10047, a prototype Sigma-1 receptor agonist, facilitated the membrane trafficking and uptake activity of serotonin transporter and its mutant by the mechanism independent of Sigma-1receptor, Norio Sakai, Masaya Asano, Chika Yokota, Naoto Usuki, Hikaru Yamamoto, Izumi Hide, Shigeru Tanaka, 第61回日本神経化学会大会, 2018年09月07日, 通常, 日本語, 神戸市
  49. Intrinsic expression of G protein-coupled receptor 3 facilitates formation of neuronal polarity in hippocampal neurons, Shigeru Tanaka, Naoto Shimada, Masahiro Yamamoto, Tatsuhiro Miyagi, Hiroko, Shiraki, Izumi Hide, Norio Sakai, Neurosciece Meeting 2018, 2018年11月04日, 通常, 英語, San Diego, USA
  50. マウス腹腔マクロファージにおけるサイトカイン産生に及ぼすポリリン酸の影響, 原田佳奈、安部奈央、中嶋康陽、楠本 萌、中富一彰、 平山実穂、岡本桃子、木村美月、秀 和泉、田中 茂、酒井規雄、石原熊寿, 第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月23日, 通常, 日本語
  51. 海馬培養神経細胞に発現するGPR3は軸索形成を促進する  , 田中茂 嶋田直人 白榊紘子 宮城達博 原田佳奈 秀和泉 酒井規雄, 第92回日本薬理学会年会, 2019年03月15日, 通常, 日本語
  52. ポリリン酸によるマクロファージSTAT1制御機構とCXCL10, iNOS産生抑制, 原田佳奈 安部奈央 中嶋康陽 楠本 萌 中富一彰 平山実穂 岡本桃子 木村美月 秀 和泉 田中 茂 酒井規雄 石原熊寿, 第92回日本薬理学会年会, 2018年03月15日, 通常, 日本語
  53. ポリリン酸はLPSによるマクロファージ細胞内情報伝達の活性化と炎症関連分子の産生を調節する  , 原田佳奈、安部奈央、中嶋康陽、楠本萌、中富一彰、平山実穂、岡本桃子、木村美月、秀和泉、田中茂、酒井規雄、石原熊寿, 日本薬学会第139年会, 2019年03月23日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2002年03月, 第17回日本薬理学学術奨励賞, 炎症疾患に関わる腫瘍壊死因子(TNF-α)の産生・放出
  2. 2008年11月18日, 広島大学女性研究者奨励賞, 広島大学

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ミクログリアの神経保護シフトの分子基盤と神経疾患治療への活用, 2015年, 2017年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 難治性神経疾患の治療に資する膜輸送・リソソーム分解調節薬物の検索と開発, 2013年, 2015年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 細胞保護的ミクログリアの選別・機能解析と神経疾患治療への発展, 2012年, 2014年
  4. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), ハイコンテント顕微鏡イメージング用いた新規神経変性疾患治療薬の自動検索法の開発, 2012年, 2013年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ケミカルシャペロンを活用した難治性神経疾患の新規治療戦略の構築, 2010年, 2012年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ミクログリアのα7ニコチン受容体の新しいシグナル伝達様式と脳内炎症治療への展開, 2009年, 2011年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ミクログリアに発現する新規α7ニコチン受容体の機能解析と神経変性防御に果たす役割, 2007年, 2008年
  8. 民間からの助成金, ミクログリアに発現する新規α7ニコチン性アセチルコリン受容体のシグナル特性と神経保護における役割, 2006年
  9. 科学研究費助成事業(特定領域研究), ATP受容体を介したミクログリアの神経保護作用の機序解明, 2004年, 2005年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ミクログリア活性化による神経保護作用の機序解明と神経変性疾患への細胞治療応用, 2003年, 2004年
  11. 科学研究費助成事業(国際学術研究), 開口放出の細胞内調節機構に関する研究, 1994年, 1995年