津久間秀彦HidehikoTsukuma

Last Updated :2019/10/09

所属・職名
病院医療情報部医療情報部准教授
メールアドレス
tsukumahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1999年04月01日, 広島大学, 医療情報部, 助教授
  • 1995年11月01日, 1999年03月31日, 広島大学, 総合情報処理センター, 講師
  • 1991年10月01日, 1995年10月31日, 広島大学, 病院医療情報部, 助手
  • 1991年06月01日, 1991年09月30日, 広島大学, 病院検査部, 助手
  • 1990年04月01日, 1991年05月31日, 日本学術振興会, 特別研究員
  • 1988年04月01日, 1990年03月31日, 東京大学, 原子核研究所理論物理研究部, 研究員

学歴

  • 九州大学, 理学研究科, 物理学専攻, 日本, 1983年04月, 1988年03月
  • 九州大学, 理学部, 物理学科, 日本, 1979年04月, 1983年03月

学位

  • 理学博士(九州大学)
  • 理学修士(九州大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 情報学 / 情報学フロンティア / 図書館情報学・人文社会情報学
  • 複合領域 / 社会・安全システム科学 / 社会システム工学・安全システム
  • 複合領域 / 人間医工学 / 医用システム
  • 医歯薬学 / 境界医学 / 医療社会学

研究キーワード

  • 病院情報システム
  • 人間行動
  • 医療安全
  • 情報システム
  • 原子核集団運動論

所属学会

  • 日本医療情報学会
  • 医療の質・安全学会
  • 情報処理学会
  • 日本医学教育学会
  • 日本物理学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 疫学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, 日本医療情報学会での医療情報技師に関するアクティビティの文献学的研究, 医療情報学, 38巻, 2号, pp. 81-104, 20180815
  2. 病院情報システムの診療支援機能の施設間差異に潜むリスクの体系的理解に向けた予備的研究, 第22回日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集, 22巻, pp. 122-123, 20180601
  3. 病院情報システムのデータ品質阻害要因の利用者行動指向での整理と改善のためのマネジメントモデルの試作, 医療情報学, 37巻, Suppl.号, pp. 337-342, 20171101
  4. ヘルプデスク問い合わせ事例を利用者行動の視点から整理・分析する意義, 医療情報学, 37巻, Suppl.号, pp. 1104-1109, 20171101
  5. 障がい者Web Accessibility に配慮してGrid-Layout を採用した医療機関用Webpageの試作, 医療情報学, 37巻, Suppl.号, pp. 1225-1229, 20171101
  6. 「患者紹介等に付随する医用画像についての合意事項」の受け取り側医療施設の遵守状況 -広島県における調査・分析-, 医療情報学, 37巻, Suppl.号, pp. 879-883, 20171101
  7. DWHの標準モデルを指向する医療用Semantic Data ModelのBIに関する有用性の検討, 医療情報学, 37巻, Suppl.号, pp. 554-557, 20171101
  8. ★, 日本医療情報学会での医療情報技師に関するアクティビティの文献学的研究, 第21回日本医療情報学会春季学術大会プログラム抄録集, pp. 58-59, 20170601
  9. 中国地方の医療情報技師は“3C”をどう認識しているか, 第21回日本医療情報学会春季学術大会プログラム抄録集, pp. 102-103, 20170601
  10. 大学病院および地方公的医療機関におけるWeb Accessibilityの認識と現状, 医療情報学, 36巻, Suppl.号, pp. 410-413, 20161101
  11. 障がいのある患者に情報提供するための病院Webページにおける合理的配慮, 日本医療・病院管理学会誌, 53巻, Suppl.号, pp. 191-191, 20161001
  12. ★, 病院情報システムが関連した問題事象の根本原因を利用者指向で把握するための概念モデル, 医療情報学, 36巻, 3号, pp. 95-111, 20160401
  13. ★, 医学科での臨床実習支援システムの現状と課題 -国立大学病院へのアンケート調査結果を基に-, 医療情報学, 36巻, 4号, pp. 181-195, 20160401
  14. 視覚障がい者Web Accessililityに配慮した病院Webpage標準仕様書の必要性, 医療情報学, 36巻, 1号, pp. 25-31, 20160401
  15. 視覚障がい者のWebアクセシビリティに関する医療機関意識調査, 第17回日本ロービジョン学会学術総会プログラム抄録集, pp. 111-111, 20160401
  16. 病院情報システム(HIS)が関連したリスク事象をもとに医療安全向上とHISの機能改善を図るためのリスク情報マネジメント戦略, 医療の質・安全学会誌, 10巻, suppl.号, pp. 210-210, 20151122
  17. ワークショップ 「あなたの研究・開発を医療情報学会で報告してみませんか?(第2回)」, 医療情報学, 35巻, Suppl.号, pp. 180-185, 20151101
  18. 電子診療看護記録の信頼性向上のための真正性の問題点に関する予備的調査 ~6W1Hモデルに基づく課題整理方法の検討~, 医療情報学, 35巻, Suppl.号, pp. 814-817, 20151101
  19. 多職種間の相互理解を目的とした研修の実施と評価 -シリーズ企画「隣は何をする人ぞ?」-, 医療情報学, 35巻, Suppl.号, pp. 466-469, 20151101
  20. JIS X 8341-3:2010に基づく国立大学病院Webサイトの視覚障害者Webアクセシビリティの試行的調査, 医療情報学, 35巻, 3号, pp. 99-105, 20150730
  21. 医学科臨床実習支援システムの現状と課題 -国立大学病院へのアンケート調査結果を基に-, 医学教育, 46巻, Supple.号, pp. 187-187, 20150710
  22. 医療安全の視点から見た病院情報システム(HIS)の課題管理・分析方法の有用性, 第16回日本医療情報学会看護学術大会論文集, 16巻, pp. 49-52, 20150703
  23. 病院情報システムが関連した問題・要望を利用者の心理・行動に注目して管理する時間発展モデルの提案, 第19回日本医療情報学会春季学術大会 -プログラム・抄録集-, 19巻, pp. 94-95, 20150611
  24. 医学科臨床実習での診療情報の活用と管理の課題 -国立大学病院へのアンケート調査結果を基に-, 第19回日本医療情報学会春季学術大会 -プログラム・抄録集-, 19巻, pp. 68-69, 20150611
  25. 視覚障がい者Web Accessibilityに配慮した病院Webpage標準仕様の必要性, 第19回日本医療情報学会春季学術大会 -プログラム・抄録集-, 19巻, pp. 92-93, 20150611
  26. ★, 病院情報システム評価した文献の記載状況 に関する文献学的研究 -事例報告から原著論文までをカバーする文献記載ガイドラインの必要性-, 医療情報学, 34巻, 6号, pp. 257-269, 20141210
  27. 病院情報システムが関連する課題をボトムアップで整理するためのフレームモデルの試作 -組織力と人間行動と教育の視野の組込み-, 医療情報学, 34巻, Suppl.号, pp. 760-763, 20141105
  28. クライアント端末からの データ持ち出し制限対策のために導入した新たなユーザファイル管理 -システムとその評価 -自己責任に基づくセキュリティと利便性の共存-, 医療情報学, 34巻, Suppl.号, pp. 778-781, 20141105
  29. 地方の医療情報技師会が行う医療情報技師育成支援の取り組み情報技師, 医療情報学, 34巻, Suppl.号, pp. 740-742, 20141105
  30. 医学科臨床実習での医療情報の収集・実習記録作成の現状と今後の方向性 -国立大学病院対象の全国アンケート調査結果を元に-, 医療情報学, 34巻, Suppl.号, pp. 892-895, 20141105
  31. HISランニングコスト削減に対して医療情報技師は貢献できるか, 新医療, 41巻, 11号, pp. 44-48, 20141101
  32. JIS X 8341-3:2010に基づく国立大学病院Webサイトの視覚障害者Webアクセシビリティの試行的調査, 電子情報通信学会信学技報, IEICE Technical Report WIT2014-24 (2014-09)巻, pp. 31-34, 20140901
  33. 病院情報システムの評価文献の記載状況の課題と対策 -事例報告~原著論文までを包含する記載指針の重要性-, 第18回日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集, 18巻, pp. 52-53, 20140605
  34. WCAG2.0に基づいた国立大学病院Webサイトへの視覚障害者のアクセシビリティの試行的評価, 第18回日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集, 18巻, pp. 68-69, 20140605
  35. 臨床実習支援システムの多様性現状と診療参加型臨床実習を睨んだ今後の在り方の検討に向けて, 平成25年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議抄録集, pp. 52-57, 20140213
  36. 多国籍の学生を対象とした医療情報セキュリティ教育における問題点, 医療情報学, 33巻, Suppl.号, pp. 208-2011, 20131120
  37. 地方医療情報技師会による医療情報技師の育成支援, 医療情報学, 33巻, Suppl.号, pp. 772-773, 20131120
  38. システムの有効性評価の現状に関する文献学的考察 -医療情報学連合大会の論文を対象とした予備調査-, 医療情報学, 33巻, Suppl.号, pp. 856-859, 20131101
  39. 医療安全の観点から見た医療プロセス電子化の評価, 第17回日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集, pp. 86-87, 20130601
  40. ★, 医療安全の観点から見た医療プロセス電子化の評価, 医療情報学, 33巻, 4号, pp. 201-210, 20130401
  41. ミニマム患者情報の利用場面と利用者権限, 医療情報学, 32巻, Suppl.号, pp. 222-225, 20121101
  42. 放射線治療部門における患者への説明として用いるタブレット端末の使用経験について, 医療情報学, 32巻, Suppl.号, pp. 450-451, 20121101
  43. ★, Lost Electronic Medical Records by System Troubles, Proceedings of APAMI 2012 (Beijing), pp. Submission Number 54, 20121001
  44. 第302回日本医療・病院管理学会例会報告: 病院情報システムの医療安全面からの評価, 日本医療・病院管理学会, 49巻, 2号, pp. 57-58, 20120331
  45. Is e-Healthcare Chart Contributory to Patient Safety?, Proceedings of HEALTHINF 2012, pp. 430-433, 20120201
  46. 病院情報システムの稼働状況と患者情報の信憑性~全国アンケート調査の結果から~, 平成23年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議抄録集, pp. 76-79, 20120201
  47. 患者情報の信憑性を阻害する要因の検証に基づく病院情報システムの再構築, 平成23年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議抄録集, pp. 72-75, 20120131
  48. 「患者安全向上」と「後利用に役立つデータ蓄積」の観点からの病院情報システムの評価, 医療情報学, 31巻, Suppl.号, pp. 315-318, 20111120
  49. 医療情報の二次利用と医療情報技師の役割, 医療情報学連合大会論文集, 31巻, Suppl.号, pp. 596-599, 20111101
  50. ★, 医療記録の電子化は有害事象を少なくするか?―日本の現状―, 医療情報学, 30巻, 5号, pp. 261-270, 20110801
  51. 施設間電子医療記録共有に求められる利用者アクセス権限制御の基本要件, 第15回日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集, pp. 139-140, 20110601
  52. 信憑性を阻害する因子と問題解決の方向性, 平成22年度大学病院マネジメント部門連絡会議, pp. 153-156, 20110201
  53. 「病院情報システムセッション」患者情報の信憑性を阻害する要因の検証に基づく病院情報システムの再構築, 平成22年度大学病院マネジメント部門連絡会議, pp. 139-142, 20110131
  54. ★, 病院情報システムの蓄積データの信憑性確保のための機能要件, 医療情報学, 30巻, suppl.号, pp. 145-148, 20101101
  55. 医療情報システムの管理・教育体制と有害事象との相関, 医療情報学, 30巻, suppl.号, pp. 514-517, 20101101
  56. 医療情報技師による医療スタッフを対象とした情報研修の重要性について, 医療情報学, 30巻, Suppl.号, pp. 1064-1066, 20101101
  57. Hospital Information Systems: are they sufficiently helpful for the management of patient safety? Valuable lessons from the Japanese experience, Proceedings of the 13th World Congress on Medical Informatics (MEDINFO 2010), 20100901
  58. 医療情報システムにおける患者情報へのアクセス制限の実態について, 日本医療・病院管理学会誌, 47巻, Suppl.号, pp. 275, 20100901
  59. 医療記録の電子化は有害事象を少なくするか?, 日本医療・病院管理学会誌, 47巻, Suppl.号, pp. 279, 20100901
  60. Proposal for a Wide Area Emergency Information System to Support Coordination between Rescue Sites and Hospitals., Proceedings of Asia Pacific Association for Medical Informatics (APAMI) 2009, pp. 105-112, 20091101
  61. いま、現況は?・・・ 電子医療記録(e-Healthcare Chart)の質の保証, 日本医療・病院管理学会誌, 46巻, Suppl.号, pp. 180, 20091001
  62. 次世代救急・災害支援情報システム -救急医療Net Hiroshima- 広域対応を目途とするリアルタイム応需機能, 医療情報学, 28巻, 4号, pp. 187-195, 20090701
  63. 病院施設におけるウィルス対策に関する考察, 平成20度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, pp. 115-118, 20090131
  64. 院外処方情報を軸とした地域連携システムの有用性, 医療情報学, 28巻, Suppl.号, pp. 1076-1077, 20081101
  65. 医療情報のセキュリティを考慮した階層化, 日本医療・病院管理学会誌, 45巻, Suppl.号, pp. 109-109, 20081101
  66. 地域EHRと健康ITカードを用いた災害―被災者情報システム―, 日本医療・病院管理学会誌, 45巻, Suppl/号, pp. 120, 20081101
  67. 地方における医療情報技師の研修に関する研究, 医療情報学, 28巻, Suppl.号, pp. 342-344, 20081101
  68. ハザードマップ情報を利用した災害-被災者情報システム構築に関する数値シミュレーション, 医療情報学, 28巻, Suppl.号, pp. 737-740, 20081101
  69. 病院情報システムにおける運用面での可用性に関する考察, 医療情報学, 28巻, Suppl.号, pp. 354-355, 20081101
  70. 医療安全向上のための戦略ツールとしての電子医療記録―教育研修病院における臨床過程評価を目指した構造転換―, 日本医療・病院管理学会誌, 45巻, Suppl.号, pp. 91-91, 20081101
  71. The requirements of disaster-victim information system combined with regional EHR and health IT cards, Proceedings of the 10th China-Japan-Korea Joint Symposium on Medical Informatics, pp. 2-4, 2008
  72. 大規模災害も想定した救急医療情報システムの要件・・・関連多職種による非常時シミュレーションによる検討, 医療情報学, 28巻, Suppl.号, pp. 741-744, 20080501
  73. ★, 注射指示・実施確認システムの患者安全面からの評価, 医療情報学, 27巻, Suppl.号, pp. 645-648, 20071123
  74. 患者安全からみた中小病院における指示記録の現状-病院業務プロセスと入力プロセス-(事例検討), 医療情報学, 27巻, Suppl.号, pp. 1039-1040, 20071123
  75. 次世代救急・災害支援情報システム - 救急医療Net Hiroshima - のリアルタイム応需機能, 医療情報学, 27巻, Suppl.号, pp. 897-900, 20071123
  76. 大規模災害にも堪えうるトリアージ情報とEHRの連携の要件, 医療情報学, 27巻, Suppl.号, pp. 525-528, 20071123
  77. ITリンクナース制度導入の効果と今後の課題, 医療情報学, 27巻, Suppl.号, pp. 1342-1343, 20071123
  78. 電子看護記録の監査結果と今後の課題, 医療情報学, 27巻, Suppl.号, pp. 1344-1345, 20071123
  79. ユビキタスネットワークにおける診療看護情報の2次利用システム要件, CD-ROM 医療情報学Supple.第27回医療情報学連合大会(第8回日本医療情報学会秋季学術大会)論文集, 27巻, Suppl.号, pp. 425-428, 20071123
  80. ある複合病院における情報の電子化検討の意義―業務と流通連関の可視化・評価を軸とする組織的業務改善活動―, 病院管理, 45巻, Suppl.号, pp. 102, 20070901
  81. ★, How Could Consistent Management of Information according to Clinical Care Process on Injection Contribute to Paients' Safety?, Proceedings of the 12th World Congress on Medical Informatics (MEDINFO 2007), pp. 206-206, 20070820
  82. Does Integrated EHR System Assure Safety Patient Management?, Proceedings of the 12th World Congress on Medical Informatics (MEDINFO 2007), pp. 190-190, 20070820
  83. Requirements of Linkage with Triage-Tag Information and Electronic Health Records Available in a Huge Disaster, Proceedings of the 12th World Congress on Medical Informatics (MEDINFO 2007), pp. 197-197, 20070820
  84. Development of Standardized Technique using EHR to Describe Clinical Processes, Proceedings of the 12th World Congress on Medical Informatics (MEDINFO 2007), pp. 300-300, 20070820
  85. インターネットを利用した情報収集での学生の意識, 医学教育, 38巻, Suppl.号, pp. 97-97, 20070731
  86. The Guideline of the Personal Health Data Structure to Secure Safety Healthcare-The balance between use and protection to satisfy the patients’ needs-, International Journal of Medical Informatics, 76巻, 5-6号, pp. 412-418, 20070501
  87. 広島大学病院に於ける歯科システムに対する評価と要望, 平成18年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議プログラム・論文集, pp. 60-63, 20070131
  88. 個人健康情報(PHR)の運用管理モデル再考, 医療情報学, 26巻, Suppl.号, pp. 1079-1082, 20061101
  89. 時間軸を考慮した臨床検査データの空間配置の試行, 医療情報学, 26巻, Suppl.号, pp. 546-549, 20061101
  90. 経過記録から見た看護必要度・看護度との比較分析, 医療情報学, 26巻, Suppl.号, pp. 979-982, 20061101
  91. 国際的広域災害に対応した国境を越えたEHR連携システムの要件, 医療情報学, 26巻, Suppl.号, pp. 908-911, 20061101
  92. 救急・広域災害時の活動評価機能を盛り込んだ次世代救急支援情報システムの構築企画, 医療情報学, 26巻, Suppl.号, pp. 569-572, 20061101
  93. Problems on a Transborder EHR System in a Disaster in Asia-Pacific Region, Proceedings of Asia Pacific Association for Medical Informatics (APAMI) 2006, pp. 138-141, 20061027
  94. ★, Construction and Evaluation of EHR which Supports Team Practice, Proceedings of Asia Pacific Association for Medical Informatics (APAMI) 2006, pp. 160-164, 20061001
  95. The Requirement of Health Record to Satisfy the Patients' Safety Management, Proceedings of Asia Pacific Association for Medical Informatics (APAMI) 2006, pp. 249-256, 20061001
  96. 医療安全面から見た病院医療情報システムの評価, 病院管理, 43巻, Suppl.号, pp. 181, 20060801
  97. 臨床実習入門コースにおける情報コミュニケーション演習-医療安全の 担保と患者との良好な関係を醸成する-, 医学教育, 37巻, Suppl.号, pp. 52-52, 20060731
  98. 医療情報管理及び情報コミュニケーションの総合教育, 平成17年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議プログラム・論文集, pp. 88-89, 20060201
  99. 新生児集中治療病棟における電子診療記録システムからの情報抽出による処置請求システムの構築, 医療情報学, 25巻, 1号, pp. 43-49, 20051216
  100. 医療安全と業務効率に対する電子化医療記録の効果, 医療情報学, 25巻, Suppl.号, pp. 29-30, 20051120
  101. 集中治療病棟における病院情報システムと部門情報システムの連携に基づく注射運用システムの構築と評価, 医療情報学, 24巻, 6号, pp. 605-612, 20050601
  102. 集中治療病棟における患者情報システムと病院情報システムの双方向性連携への展望(第25回医療情報学連合大会シンポジウム), 医療情報学, 25巻, Suppl.号, pp. 241-242, 20050101
  103. ★, 患者参画型病院の実現を支援する患者用コンテンツの開発, 医療情報学, 25巻, Suppl.号, pp. 1290-1293, 20050101
  104. ★, 患者参画型病院の実現を支援する患者用コンテンツの利用状況の評価, 医療情報学, 25巻, Suppl.号, pp. 259-262, 20050101
  105. 診療看護過程支援システム活用の効果-看護師を対象としたアンケート結果の分析-, 医療情報学, 25巻, Suppl.号, pp. 410-411, 20050101
  106. 院外処方情報自動FAX送信システム導入後の患者生活圏とかかりつけ薬局の相関関係, 医療情報学, 25巻, Suppl.号, 20050101
  107. 注射指示安全確認システム稼動5ヶ月後の注射業務の安全性の評価-システムログと看護師へのアンケート結果の分析-, 医療情報学, 25巻, Suppl.号, pp. 464-465, 20050101
  108. 標準看護ケア用語の有効性と活用方法の評価, 医療情報学, 25巻, Suppl.号, pp. 438-439, 20050101
  109. ★, 集中治療病棟における病院情報システムと部門情報システムの連携に基づく注射運用システムの構築と評価, 医療情報学, 24巻, 6号, pp. 605-612, 20041231
  110. 電子医療記録の欠落要因と対策, 医療情報学, 24巻, Suppl.号, pp. 636-637, 20041101
  111. 電子医療記録の安全な運用を阻害するシステム連携障害とその対策, 医療情報学, 24巻, Suppl.号, pp. 656-657, 20041101
  112. 診療記録システムからの情報抽出による処置請求システムの構築, 医療情報学, 24巻, suppl.号, pp. 412-413, 20041101
  113. 電子経過表の要求定義からの安定起動までの看護ワーキングの戦略的関わりとその評価, 医療情報学, 24巻, Suppl.号, pp. 932-933, 20041101
  114. 標準看護ケア用語導入6ヶ月後の利用実態の調査と分析, 医療情報学, 24巻, Suppl.号, pp. 712-713, 20041101
  115. 手術オリエンテーションツールとしてのベッドサイドコンテンツの構築, 医療情報学, 24巻, Suppl.号, pp. 702-703, 20041101
  116. 患者参画型チーム医療を支援する電子カルテ, 看護(臨時増刊号), 11号, pp. 92-99, 20041101
  117. Integration of Clinical Management System and Hospital Administration System, Proceedings of the 11th World Congress on Medical Informatics (MEDINFO 2004), pp. 1691-1691, 20040901
  118. 患者参画型チーム医療の設計 -「患者本位」と「安全管理」の視点の組み込み-, 医療情報学, 24巻, 1号, pp. 237-240, 20040401
  119. ★, 集中治療病棟における安定した診療業務をサポートするためのClinical Management SystemとHospital Administration Systemの連携, 医療情報学, 24巻, 1号, pp. 1-9, 20040401
  120. A clinical management system for patient participatory health care support - Assuring the patients' rights and confirming operation of clinical treatment and hospital administration, INTERNATIONAL JOURNAL OF MEDICAL INFORMATICS, 73巻, 3号, pp. 243-249, 20040331
  121. 安全な医療と合理的な経営を支援する螺旋的情報流通と業務一貫型情報システム, 平成15年度国立大学病院 情報マネジメント部門連絡会議 プログラムおよびシンポジウム・ポスター発表演題論文集, pp. 76-79, 20040101
  122. 患者参画型チーム医療を支援する電子カルテ ―ナースコーナーベッドサイドワゴン、患者用端末などで取り組む情報共有と開示―, 日本看護協会出版会 看護, 56巻, 14号, pp. 92-99, 20040101
  123. 病院情報システムと重症病棟部門システムが電子カルテを構築する際の進め方への提言 - 独立法人化を念頭においたHISとDISのシームレスを成功させるための提言 -, 医療情報学, Suppl.号, 20031121
  124. 医療の電子化に対応する可搬型端末用ワゴンの開発-ベッドサイドおよびスタッフステーションにおける機能性の追求-, 医療情報学, 23巻, Suppl.号, pp. 38-40, 20031120
  125. 電子経過表導入を契機とした看護師の意識改革-看護の戦略的活動の定性的分析-, 医療情報学, 23巻, Suppl.号, pp. 46-47, 20031120
  126. 診療看護過程が見える電子経過表の開発 ―計画・実施・結果・評価の プロセスを全医療スタッフ・患者と共有―, 医療情報学, 23巻, Suppl.号, pp. 64-65, 20031120
  127. ★, 医療過程の安全管理支援システムの構築, 医療情報学, 23巻, Suppl.号, pp. 597-600, 20031101
  128. 広島大学ICU/NICUにおけるClinical management systemとHospital administration systemのシームレス連携, 医療情報学, 23巻, Suppl.号, pp. 808-811, 20031101
  129. ICU/NICU部門の診療業務を円滑に遂行するためのClinical management systemとHospital administration systemのシームレス連携, 医療情報学, 23巻, Suppl.号, pp. 182-185, 20031101
  130. 病院情報システム管理の為の電子的プロブレムリストの要件, 医療情報学, 23巻, Suppl.号, pp. 502-503, 20031101
  131. 医療課程の安全管理支援, 病院管理, 40巻, Suppl.号, pp. 150-150, 20031031
  132. 患者参画を支援するクリニカルマネジメントシステム, 病院管理, 40巻, Suppl.号, pp. 305-305, 20031031
  133. Basic Configuration of Nursing Care Process Support System in Japan, Proceedings of the 8th International Congress in Nursing Care Process Support System in Informatics, pp. 681-681, 20030701
  134. 電子カルテ導入を契機とした組織のリエンジニアリング -必要なのは看護の意識改革-, 看護管理, 13巻, 6号, pp. 420-428, 20030601
  135. ★, 患者参画型病院の実現を支えるクリニカルマネジメントシステム-患者の権利と診療看護の安全および病院管理を保証する-, 医療情報学, 23巻, 1号, pp. 77-88, 20030401
  136. 患者の人権に配慮し患者参画型医療を実現するための病院情報システム利用規定, 平成14年度国立大学医療情報処理部門連絡会議プログラム及びシンポジウム・ポスター発表演題論文集, pp. 81-82, 20030101
  137. Clinical Management System の構築, 平成14年度国立大学医療情報処理部門連絡会議プログラム及びシンポジウム・ポスター発表演題論文集, pp. 79-80, 20030101
  138. ★, 電子診療看護記録の修正履歴の保存, 医療情報学, 22巻, Suppl.号, pp. 374-375, 20021101
  139. 電子診療録を目指した歯科オーダリングシステムの開発とその評価, 医療情報学, 22巻, Suppl.号, pp. 646-647, 20021101
  140. 高度先進病院における総合病床管理システムの設計, 医療情報学, 22巻, Suppl.号, pp. 503-504, 20021101
  141. SPD支援情報システムの開発-行為・情報・物流の一環化による病院運営のリエンジニアリング-, 医療情報学, 22巻, Suppl.号, pp. 554-555, 20021101
  142. 病院のリエンジニアリングを支援する電子診療看護記録の設計-質保証を実現するPOMRとSOMRのリンク-, 医療情報学, 22巻, Suppl.号, pp. 384-385, 20021101
  143. 医療の安全・効果・効率を支援するベッドサイド情報システム環境の整備, 医療情報学, 22巻, Suppl.号, pp. 756-757, 20021101
  144. 薬局ナビゲーションシステムとは -広島大学医学部附属病院の取り組み-, Nursing Today, 10号, pp. 82-84, 20021001
  145. ITと医学教育, 現代医療, 34巻, 7号, pp. 233-238, 20020701
  146. ★, 保険薬局ナビゲーション/院外処方情報自動FAX送信システムの運用と評価 -周辺薬局からの分散を目指して-, 医療情報学, 22巻, 1号, pp. 127-135, 20020401
  147. 患者参画型病院情報システムの運用規定 - 患者の権利と情報管理責任を担保する -, 医療情報学, 22巻, Suppl.号, pp. 310-311, 20020401
  148. 医学教育における授業アーカイブシステムの構築, 医療情報学, 22巻, Suppl.号, pp. 478-479, 20020401
  149. 高度先進病院における病院管理支援システム ―新病棟でのベッドコントロールシステムの構造化―, 平成13年度国立大学附属病院情報処理部門連絡会議論文集, pp. 32-33, 20020401
  150. 電子診療録を意識した歯科システムの開発, 平成13年度国立大学附属病院情報処理部門連絡会議論文集, pp. 81-82, 20020401
  151. 患者の人権とセキュリティに配慮した病院情報システム運用規定, 病院管理, 39巻, Suppl.号, pp. 119, 20020401
  152. 保健薬局ナビゲーション/院外処方情報自動FAX送信システム-電子処方せんを目指す試み-, 看護, 54巻, 11号, pp. 67-71, 20020401
  153. 保険薬局ナビゲーション/処方情報自動送信システムの開発 -大学周辺薬局から生活圏のかかりつけ薬局への分散を目指して-”, 医療情報学, 21巻, Suppl.号, pp. 157-158, 20011101
  154. 看護サービス改善プロジェクト支援情報システムの開発, 医療情報学, 21巻, Suppl.号, pp. 190-191, 20011101
  155. 看護実践における情報化に対応できる人材の問題と求める人材 ―臨床現場の責任者の立場からの提言―, 医療情報学, 21巻, Suppl.号, pp. 879-881, 20011101
  156. 高度先進病院における看護管理支援情報システム -看護の質評価指標の構造化―, 医療情報学, 21巻, Suppl.号, pp. 192-193, 20011101
  157. ★, アカウント体系再編の評価, 学術情報処理研究, 5巻, pp. 43-48, 20011001
  158. Construction of Structured Electric Health Information Distributing Systems -As the Base of Social Welfare and Security Protection-, Proceedings of the 10th World Congress on Medical Informatics (MEDINFO 2001), pp. 1497, 20010901
  159. Development of an Electronic Patient Record System for Supporting Informed Consent, Proceedings of the 10th World Congress on Medical Informatics (MEDINFO 2001), pp. 711, 20010901
  160. ★, Bifurcation Structure of Eigenstates and Periodic Trajectories in TDHF phase space - Interference effects in eigenstates -, Proceedings of International Symposium on Non-Equilibrium and Nonlinear Dynamics in Nuclear and Other Finite Systems, AIP Conference Proceedings., 597巻, 1号, pp. 357-361, 20010401
  161. 患者固有の権利を保障するための電子診療看護記録のセキュリティ要件, 医療情報学, 21巻, Suppl.号, pp. 717-718, 20010401
  162. VoDを用いたリハビリテーション評価支援システムの構築, 医療情報学, 21巻, Suppl.号, pp. 60-61, 20010401
  163. 電子ナーシングスケジューラ管理システムの開発 ―患者個別管理/ナースの受持ち患者管理/病棟看護管理/病院看護管理の一元化―., 医療情報学, 21巻, Suppl.号, pp. 186-187, 20010401
  164. 患者とのコミュニケーションを重視したベッドサイド情報機器の活用, 医療情報学, 21巻, Suppl.号, pp. 42-43, 20010401
  165. 電子看護記録における心理・社会的因子の経過記録システムの機能要件, 医療情報学, 21巻, Suppl.号, pp. 212-213, 20010401
  166. 医科系卒前・卒後における医療情報活用・管理教育., 医療情報学, 21巻, Suppl.号, pp. 851-852, 20010401
  167. ★, 利用者パスワード変更促進手法と評価, 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術研究会論文集, 22巻, 10号, pp. 57-61, 20010401
  168. ★, 診療看護記録電子化のための利用者管理システムの機能要件, 医療情報学, 20巻, Suppl.号, pp. 124-125, 20001101
  169. 病院経営の継続評価を可能とする総合物流管理システムの構築, 医療情報学, 20巻, Suppl.号, pp. 108-109, 20001101
  170. 院外処方ナビゲーションシステムの構築-院外処方薬局との連携強化を目指して-, 医療情報学, 20巻, Suppl.号, pp. 740-741, 20001101
  171. インフォームド・コンセントの形成と成果の検証を支援するシステムの構築, 医療情報学, 20巻, Suppl.号, pp. 354-355, 20001101
  172. 看護部門のトップマネジメントを支援する情報システムの開発-看護部長の業務分析結果に基づくシステム機能要件の検討-, 医療情報学, 20巻, Suppl.号, pp. 234-235, 20001101
  173. 個々の日常生活を構成する心理的・社会的因子の状態把握とその記録化を支援するシステムの開発, 医療情報学, 20巻, Suppl.号, pp. 268-269, 20001101
  174. 入院生活日内スケジュールの保証を目的とする看護サービス提供のモニタリング-患者スケジューラー開発過程におけるシステム要件の考察-, 医療情報学, 20巻, Suppl.号, pp. 288-289, 20001101
  175. セキュリティ-に配慮した医学教育研究活用システムの構築-病院情報システムとの連携-, 医療情報学, 20巻, Suppl.号, pp. 1018-1019, 20001101
  176. Integration Policy of Personal Health Data Management in Japan -Reform Solution of Comprehensive Health Care, Proceedings of Systemics Cybernet and Informatics, pp. 432-437, 20001001
  177. 地域ネットワーク型病院情報システムの基本設計-医療に関する個人情報の活用とプライバシー保護の調和-, 医療情報学, 20巻, pp. 454-455, 20000401
  178. ★, 大規模複合型キャンパス情報システムと利用者指向のサービス運営プロセス, 学術情報処理研究, 4巻, pp. 55-62, 20000401
  179. ★, 大学情報サービス基盤としてのアカウント体系, 学術情報処理研究, 4巻, pp. 63-72, 20000401
  180. ★, 大学情報サービス基盤整備における情報処理センターの役割, 学術情報処理研究, 4巻, pp. 93-97, 20000401
  181. 端末及び利用者管理システムとWWWを用いた情報共有, 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術研究会論文集, 20巻, 9号, pp. 49-54, 20000401
  182. ★, パスワード変更警告メールに対する利用者の反応, 学術情報処理研究, 4巻, pp. 99-103, 20000401
  183. NIS+による利用者情報共有とその問題点, 平成12年度情報処理教育研究集会講演論文集, pp. 301-304, 20000401
  184. 広島大学病院での電子カルテ構想, 新医療, 305巻, pp. 87-90, 20000401
  185. ワークショップ-保険医療機関に望まれる医療情報 (現状とあり方)- : 医療保険制度と特定機能病院の役割, 平成11年度国立大学附属病院情報処理部門連絡会議論文集, pp. 19-20, 20000131
  186. 保健指導支援システムのリスクマネジメント ― 2000年問題に備えて ―, 生活教育, 8巻, pp. 35-38, 19991201
  187. VoD技術を応用した病院部門間連携, 第19回医療情報学連合大会論文集, pp. 824-825, 19991101
  188. ★, 検索エンジンを活用した病歴情報統合検索システム, 第19回医療情報学連合大会論文集, pp. 520-521, 19991101
  189. 電子地図を活用した地域保険福祉関連情報提供システム -保健薬局FAXオーダシステム-, 第19回医療情報学連合大会論文集, 19巻, pp. 880-881, 19991101
  190. ★, 大学構成員全員登録下でのパスワード漏洩対策とその効果, 学術情報処理研究, 3巻, pp. 51-55, 19990401
  191. ★, Bifurcation Structure of Eigenstates and Periodic Trajectories in TDHF Phase Space-Weak Nonlinearity Casein SU(3) Model-, Progress of Theoretical Physics, 100巻, 6号, pp. 1203-1221, 19980401
  192. 大学全構成員のセンター利用アカウント登録に伴うセンター業務の変化, 学術情報処理研究, 2巻, pp. 34-38, 19980401
  193. インフォームドコンセントのプロセスレコードの構造化, 第18回医療情報学連合大会論文集, 18巻, Suppl.号, pp. 322-323, 19980401
  194. 入院患者移動情報を利用した病床管理システムの構築, 第18回医療情報学連合大会論文集, 18巻, pp. 524-525, 19980401
  195. 看護における情報の分類, 月刊ナーシングレコード, 6巻, 2号, pp. 28-33, 19970401
  196. 大学全構成員のセンターシステム利用を目指して-利用者管理の運用を中心に-, 平成8年度情報処理教育研究集会講演論文集, pp. 325-328, 19960401
  197. 広島大学総合情報処理センター新計算機システムの運用管理について, 情報処理学会分散システム運用技術研究会論文集, 6巻, pp. 31-36, 19960401
  198. 広島大学医学部・歯学部医療情報システムの構築, 平成7年度国立大学附属病院情報処理部門連絡会議論文集, pp. 27-30, 19960401
  199. 定型業務と情報系システムとの統合, 新医療, 259巻, 7号, pp. 45-49, 19960401
  200. ★, 病院情報システム構築における定型業務系/情報系システムの分離と共存-広島大学医学部・歯学部附属病院情報システム構築事例-, 第15回医療情報学連合大会論文集, pp. 115-118, 19951101
  201. 一元化をめざした医療材料物品管理システム, 第15回医療情報学連合大会論文集, 15巻, pp. 777-778, 19951101
  202. 看護支援システムの構築とその実際, 第15回医療情報学連合大会論文集, 15巻, pp. 787-790, 19951101
  203. 勤務表と連動した勤務時間管理, 第15回医療情報学連合大会論文集, pp. 607-608, 19951101
  204. ★, Quantum Nonlinear Resonance, Progress of Theoretical Physics, 91巻, 6号, pp. 1135-1147, 19940401
  205. 薬品在庫管理システムの再構築-ホスト・オンラインシステムからクライアント・サーバシステムへの移行-, 第14回医療情報学連合大会論文集, pp. 217-218, 19940401
  206. 薬品在庫管理システムの再構築, 平成5年度国立大学附属病院医療情報処理部門連絡会議論文集, pp. 111-113, 19940401
  207. 検体検査データと医事会計データを利用した患者診療情報照会システムの開発と評価(共著), 第13回医療情報学連合大会論文集, pp. 457-460, 19930401
  208. Toward the Fundamental Theory of Nuclear Matter Physics - Microscopic Theory of Nuclear collective Dynamics -, Springer proceedings in Physics, 58巻, pp. 187-218, 19920401
  209. 広島大学医学部附属病院におけるクライアント/サーバ方式による輸血部門システムの開発, 第12回医療情報学連合大会論文集, pp. 599-602, 19920401
  210. 新しい概念に基づく臨床検査システムの開発と応用(共著), 第12回医療情報学連合大会論文集, pp. 813-814, 19920401
  211. データエントリーシステムのための入力方法の検討(共著), 第11回医療情報学連合大会論文集, pp. 309-310, 19910401
  212. Microscopic Theory of Large Amplitude Collective Dynamics and Quantum Chaos, 素粒子論研究, 83巻, 4号, pp. 113-118, 19910401
  213. SCC法の量子論における安定性条件、分離可能性条件の古典的意味1, 素粒子論研究, 84巻, 2号, pp. 21-24, 19910401
  214. Quantum Correspondence of Singular Points in Non-linear Resonances., UTTAC-59 Annual Report, 59巻, pp. 62-64, 19910401
  215. Quantum Chaoticity and Fractional Parantage Plot based on The Microscopic Theory of Nuclear Collective Dynamics. - Violation of Separability Condition to Specify Optimum Collective Subspace -, INS-REP, 835号, 19900801
  216. Microscopic Theory of Nuclear Collective Dynamics - Interrelationship between Quantum Chaos and Nuclear Spectroscopy -, Proceeding of First Lanzhou Summer School on Frontier Topics in Nuclear Structure Physics, pp. 1-1, 19900501
  217. Nuclear Spectroscopy and Quantum Chaos, Nucl. Phys., A519巻, 1,2.号, pp. 93c-108c, 19900401
  218. A Study on Quantum-Classical Correspondence in a Simple Model, UTTAC-58 Annual Report, 58巻, pp. 64-67, 19900401
  219. Quantum Chaos and Nuclear Spectroscopy, RCNP-P (ガンマ-線と核構造(1989年8月)研究会報告), 108巻, pp. 33-33, 19900401
  220. 分離可能性条件の破れと量子力学系のカオス, 素粒子論研究(原子核集団運動の非線形動力学(1990年1月)」研究会報告), 81巻, 6号, pp. F118-F118, 19900401
  221. ★, Microscopic Study on the Shape Phase Transition in the Sm Isotopes (I). Effect of Ground-State Correlation, Nucl. Phys., A496巻, pp. 224-238, 19890401
  222. ★, Microscopic Study on the Shape Phase Transition in the Sm Isotopes (II). Contribution from Non-Collective Degrees of Freedom, Nucl. Phys., A496巻, pp. 239-254, 19890401
  223. ★, Breaking of Separability Condition for Dynamical Collective Subspace -Onset of Quantum Chaos in Large-Amplitude Collective Motion-, Prog. Theor. Phys., 82巻, pp. 965-987, 19890401
  224. 大振幅集団運動論と量子カオス, 素粒子論研究(原子核集団運動の非線形動力学(1988年12月)研究会報告), 79巻, 5号, pp. E22, 19890401
  225. 大振幅集団運動論と量子カオス, 素粒子論研究(有限多体系(原子核、原子、分子、超微粒子)の集団運動(1989年3月)研究会報告), 80巻, 5号, pp. E51-E51, 19890401
  226. ★, ダイソン・ボソン理論を用いた球形-変形相転移の研究, 素粒子論研究, 78巻, 1号, pp. 42-57, 19880401
  227. ★, Application of the Dyson Boson Mapping to the Analysis of the Transition at N=88-90, Nucl. Phys., A466巻, pp. 70-84, 19870401
  228. Contribution of the Non-Collective Phonon Degrees of Freedom to the Phase Transition at N=88-90, RCNP-P (高スピン状態における核物理(1986年9月)研究会報告), 87巻, pp. 65-65, 19870401
  229. 看護業務を支援するシステムの完成度に関する予備的研究 -日本医療情報学会での発表文献のタイトル情報に基づくシステム開発・評価のアクティビティの推移-, 医療情報学, 38巻, Suppl.号, pp. 682-687, 20181123
  230. 病院情報システムの診療支援機能の施設間差異に潜むリスクを体系的に把握するための概念モデルの導出, 医療情報学, 38巻, Suppl.号, pp. 1056-1061, 20181123
  231. 視覚障がい者にも晴眼者にも使い易い医療機関Webページに求められる情報項目と機能, 医療情報学, 38巻, Suppl.号, pp. 1118-1123, 20181123
  232. 医用画像情報専門技師へのアンケートに基づく「他施設画像取り込み時の検査日変更」の実態調査, 医療情報学, 38巻, Suppl.号, pp. 376-379, 20181123
  233. 論文・詳細抄録の書き方(システム開発研究編), 医療情報学, 38巻, 3号, pp. 171-202, 20180830

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 病院情報システムのデータ品質阻害要因の利用者行動指向での整理と改善のためのマネジメントモデルの試作, 津久間秀彦, 田中武志, 池内実, 第37回医療情報学連合大会, 2017年11月21日, 通常, 日本語, 大阪市
  2. ヘルプデスク問い合わせ事例を利用者行動の視点から整理・分析する意義, 津久間秀彦, 太田原顕, 亀田さつき, 田中武志, 第37回医療情報学連合大会, 2017年11月22日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 大阪市
  3. 障がい者Web Accessibility に配慮してGrid-Layout を採用した医療機関用Webpageの試作, 田中武志, 津久間秀彦, 池内実, 氏間和仁, 藤田利恵, 第37回医療情報学連合大会, 2017年11月22日, 通常, 日本語
  4. 「患者紹介等に付随する医用画像についての合意事項」の受け取り側医療施設の遵守状況 -広島県における調査・分析-, 今井康介, 守本京平, 中上康次, 戸政達之, 須藤優, 國重智之, 好村尚記, 田中武志, 津久間秀彦, 第37回医療情報学連合大会, 2017年11月21日, 通常, 日本語
  5. DWHの標準モデルを指向する医療用Semantic Data ModelのBIに関する有用性の検討, 島川龍載, 鈴木英夫, 津久間秀彦, 田中武志, 第37回医療情報学連合大会, 2017年11月22日, 通常, 日本語
  6. 日本医療情報学会での医療情報技師に関するアクティビティの文献学的研究, 津久間秀彦, 島川龍載, 田中武志, 池内実, 第21回日本医療情報学会春季学術大会, 2017年06月02日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 福井県福井市
  7. 中国地方の医療情報技師は“3C”をどう認識しているか, 津久間秀彦, 田中武志, 島川龍載, 池内 実, 第21回日本医療情報学会春季学術大会, 2017年06月02日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 福井県福井市
  8. 教育講演: 電子カルテは成熟したのか? ~現場は取り残されていないのか?~ ~成熟のために医療情報技師に求められる視野とは?, 津久間秀彦, 第3回山口医療情報システム研究会, 2017年02月11日, 招待, 日本語, 山口医療情報システム研究会, 山口県防府市
  9. 教育講演: 論文・詳細抄録の書き方 ~システム開発報告関係を中心に~, 津久間秀彦, 第11回広島県医療情報技師会研修会, 2016年09月17日, 招待, 日本語, 広島県医療情報技師会, 広島県広島市
  10. 基調講演: 医療情報技師の視野醸成の場としての中国医療情報技師会に期待すること, 津久間秀彦, 第1回中国医療情報技師会設立記念研修会, 2016年08月27日, 招待, 日本語, 中国医療情報技師会, 岡山県倉敷市
  11. 公開ディスカッション「医療情報システムが関連するインシデントへの取り組み」: 利用者行動指向で課題を管理し根本原因を分析するモデルの提案, 津久間秀彦, 第8回広島県医療情報技師会研修会, 2016年01月23日, 招待, 日本語, 広島県医療情報技師会, 広島県広島市
  12. 病院情報システム(HIS)が関連したリスク事象をもとに医療安全向上とHISの機能改善を図るためのリスク情報マネジメント戦略, 津久間秀彦, 渡邉春美, 第10回医療の質・安全学会学術集会, 2015年11月22日, 通常, 日本語, 医療の質・安全学会, 千葉市
  13. 教育ワークショップ「あなたの研究・開発を医療情報学会で報告してみませんか?(第2回)」, 奥原義保, 津久間秀彦, 鶴田陽和, 第35回医療情報学連合大会, 2015年11月04日, 招待, 日本語, 日本医療情報学会, 沖縄県宜野湾市
  14. 電子診療看護記録の信頼性向上のための真正性の問題点に関する予備的調査 ~6W1Hモデルに基づく課題整理方法の検討~, 津久間秀彦, 島川龍載, 渡邉春美, 田中武志, 岩本光実, 守本京平, 若林信浩, 須藤優, 坪田惇美, 内藤秀志, 第35回医療情報学連合大会, 2015年11月04日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 沖縄県宜野湾市
  15. 医学科臨床実習支援システムの現状と課題 -国立大学病院へのアンケート調査結果を基に-, 津久間秀彦, 石田博, 浜野英明, 第47回日本医学教育学会大会, 2015年07月25日, 通常, 日本語, 日本医学教育学会, 新潟県新潟市
  16. 医療安全の視点から見た病院情報システム(HIS)の課題管理・分析方法の有用性, 津久間秀彦, 渡邉春美, 須原麻砂江, 第16回日本医療情報学会看護学術大会, 2015年07月03日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 島根県松江市
  17. 教育セミナー「あなたの研究・開発を医療上学会で報告してみませんか? -論文と発表資料の作成で気を付けるべきこと-」, 奥原義保, 津久間秀彦, 鶴田陽和, 第19回日本医療情報学会春季学術大会, 2015年06月13日, 招待, 日本語, 日本医療情報学会, 宮城県仙台市
  18. 病院情報システムが関連した問題・要望を利用者の心理・行動に注目して管理する時間発展モデルの提案, 津久間秀彦, 渡邉春美, 須原麻砂江, 島川龍載, 田中武志, 池内実, 須藤優, 内藤秀志, 若林信浩, 守本京平, 第19回日本医療情報学会春季学術大会, 2015年06月13日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 宮城県仙台市
  19. 医学科臨床実習での診療情報の活用と管理の課題 -国立大学病院へのアンケート調査結果を基に-, 津久間秀彦, 石田博, 浜野英明, 第19回日本医療情報学会春季学術大会, 2015年06月12日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 宮城県仙台市
  20. 教育講演「医療情報システムの開発・評価論文を書いてみませんか? ~表現の難しさと書き方のヒント~」, 津久間秀彦, 第6回広島県医療情報技師会研修会, 2015年05月30日, 招待, 日本語, 広島県医療情報技師会, 広島県広島市
  21. 医療情報の真正性について ~医用画像情報の真正性は大丈夫ですか?~, 津久間秀彦, 医用画像情報の管理・運用における実務者向けセミナー(2014年度;広島開催)」, 2015年02月28日, 招待, 日本語, 日本医用画像情報専門技師会, 広島県広島市
  22. 電子診療看護記録の真正性再考, 津久間秀彦, 第34回中国四国医療情報学研究会, 2015年02月21日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 徳島県徳島市
  23. 「病院情報システムセッション」: 臨床実習での医療情報の運用状況と今後の方向性 -国立大学病院へのアンケート調査結果を基に-, 津久間秀彦, 浜野英明, 平成26年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2015年02月12日, 招待, 日本語, 岐阜大学医学部附属病院, 岐阜県岐阜市
  24. 病院情報システムが関連する課題をボトムアップで整理するためのフレームモデルの試作 -組織力と人間行動と教育の視野の組込み-, 津久間秀彦, 須原麻砂江, 渡邉春美, 若林信浩, 守本京平, 田中武志, 岩本光実, 須藤優, 岩田潤一, 松岡真希子, 島川龍載, 瀬尾浩昭, 藤井友広, 冨田 隆志, 伊藤 圭子, 第34回医療情報学連合大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 千葉県千葉市
  25. 医学科臨床実習での医療情報の収集・実習記録作成の現状と今後の方向性 -国立大学病院対象の全国アンケート調査結果を元に-, 津久間秀彦, 石田博, 浜野英明, 第34回医療情報学連合大会, 2014年11月07日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 千葉県千葉市
  26. 特別講演「(前回のアンケート結果を受けて・・・)電子カルテは成熟 したのでしょうか? ~現場は取り残されていませんか?~ ~成熟のために 医療情報技師に求められる視野とは, 津久間秀彦, 第4回広島県医療情報技師会研修会, 2014年09月27日, 招待, 日本語, 広島県医療情報技師会, 広島県広島市
  27. 病院情報システムが関連する課題をボトムアップで整理するためのフレームモデルの試作 -組織的対応力と人間行動と教育の視野の組込み-, 津久間秀彦, 第33回中国四国医療情報学研究会, 2014年09月06日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 岡山県真庭市
  28. 医学科臨床実習での医療情報の収集・実習記録作成の現状と今後の方向性 -国立大学病院を対象とした全国アンケート調査の結果を元に-, 津久間秀彦, 第33回中国四国医療情報学研究会, 2014年09月06日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部
  29. 病院情報システムの評価文献の記載状況の課題と対策 -事例報告~原著論文を包含する記載指針重要性-, 津久間秀彦, 田中武志, 池内実, 第18回日本医療情報学会春季学術大会, 2014年06月06日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 岡山県岡山市
  30. 病院情報システムの有効性評価に関する文献学的考察 -事例報告から原著論文までをカバーする投稿ガイドラインの必要性-, 津久間秀彦, 田中武志, 池内実, 第32回中国四国医療情報学研究会, 2014年03月07日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 高知県吾川郡 いの町
  31. 臨床実習支援システムの多様性現状と診療参加型臨床実習を睨んだ今後の在り方の検討に向けて, 津久間秀彦, 平成25年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2014年02月12日, 招待, 日本語, 徳島大学病院, 徳島県徳島市
  32. 病院情報システムの有効性評価の現状に関する文献学的考察 -医療情報学連合大会の論文を対象とした予備調査-, 津久間秀彦, 田中武志, 池内実, 第33回医療情報学連合大会, 2013年11月23日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 兵庫県神戸市
  33. 病院情報システムの有効性評価の現状に関する文献学的考察 -医療情報学連合大会の論文を対象とした予備調査-, 津久間秀彦, 第31回 中国四国医療情報学研究会, 2013年09月07日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 岡山県真庭市
  34. 医療安全の観点から見た医療プロセス電子化の評価, 津久間秀彦, 田中武志, 池内実, 楠岡英雄, 梅里良正, 岸真司, 土屋文人, 大原信, 高橋静子, 村上典子, 松村泰志, 小塚和人, 石川澄, 第17回日本医療情報学会春季学術大会, 2013年06月22日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 富山県富山市
  35. あなたの入力するデータは大丈夫ですか? ~電子カルテと部門システム連携~, 津久間秀彦, 広島県検査技師会研修会, 2013年02月02日, 招待, 日本語, 広島県臨床検査技師会, 広島県広島市
  36. 患者安全上の観点からの病院情報システムの評価, 津久間秀彦, 第29回中国四国医療情報学研究会, 2012年09月15日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 岡山県真庭市
  37. 臨床医学教育システムのあり方, 津久間秀彦, 第29回中国四国医療情報学研究会, 2012年09月14日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 岡山県真庭市
  38. 病院情報システムの医療安全面からの評価, 津久間秀彦, 第302会日本医療・病院管理学会例会「医療機関における情報システムの目的と評価」, 2012年02月18日, 招待, 日本語, 日本医療・病院管理学会, 岡山県倉敷市
  39. テーマセッション「病院情報システム」: 病院情報システムの稼働状況と患者情報の信憑性 ~全国アンケート調査の結果から~, 津久間秀彦, 池内実, 田中武志, 石川澄, 平成23年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2012年01月19日, 通常, 日本語, 愛媛大学医学部附属病院, 愛媛県松山市
  40. 「患者安全向上」と「後利用に役立つデータ蓄積」の観点からの 病院情報システムの評価, 津久間秀彦, 田中武志, 池内実, 奥原義保, 木村映善, 合地明, 楠岡英雄, 梅里良正, 岸真司, 土屋文人, 大原信, 高橋静子, 村上典子, 松村泰志, 大道久, 石川澄, 第31回医療情報学連合大会, 2011年11月21日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 鹿児島県鹿児島市
  41. 患者情報の信憑性を阻害する要因の検証に基づく病院情報システムの再構築, 津久間秀彦, 第27回中国四国医療情報学研究会, 2011年09月09日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 岡山県真庭市
  42. 病院情報システムの蓄積データの信憑性確保のための機能要件, 津久間秀彦, 石川澄, 田中武志, 池内実, 第30回医療情報学連合大会, 2011年03月25日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 静岡県浜松市
  43. シンポジウム「病院情報システムセッション」: 信憑性を阻害する因子と問題解決の方向性, 津久間秀彦, 石川澄, 田中武志, 池内実, 平成22年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2011年02月01日, 招待, 日本語, 筑波大学附属病院, 茨城県つくば市
  44. 科研費・基盤研究A(日本医療情報学会中四国支部共同研究): 「患者情報の信憑性を阻害する要因の検証に基づく病院情報システムの構築」本年度の成果と次年度の課題, 津久間秀彦, 第24回中国四国医療情報学研究会, 2010年03月27日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 徳島県鳴門市
  45. 医療記録の電子化は有害事象を少なくするか, 津久間秀彦, 石川澄, 田中武志, 池内実, 楠岡英雄, 梅里良正, 岸真司, 土屋文人, 大原信, 高橋静子, 村上典子, 菅原浩幸, 伊藤悦子, 大道久, 第48回日本医療・病院管理学会学術総会, 2010年11月16日, 通常, 日本語, 日本医療・病院管理学会, 広島県広島市
  46. 患者情報の信憑性を阻害する要因の検証に基づく病院情報システムの再構築, 津久間秀彦, 第25回中国四国医療情報学研究会, 2010年09月03日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 岡山県真庭市
  47. 病院情報システムの評価指標設計の試み ~日本医療機能評価機構のアンケートをもとに~, 津久間秀彦, 第23回中国四国医療情報学研究会, 2009年09月04日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部
  48. 院外処方情報を軸とした地域連携システムの有用性, 津久間秀彦, 田中武志, 岩田則和, 池内実, 小西央郎, 岩崎泰昌, 野村祐仁, 石川澄, 第28回医療情報学連合大会, 2008年11月25日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 神奈川県横浜市
  49. 注射指示・実施確認システムの患者安全面からの評価, 津久間秀彦, 田中武志, 小西央郎, 坂田香代, 岩田則和, 池内実, 石川澄, 第27回医療情報学連合大会, 2007年11月24日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 兵庫県神戸市
  50. How Could Consistent Management of Information according to Clinical Care Process on Injection Contribute to Patients' Safety?", H. Tsukuma, T. Tanaka, N. Konishi, K. Sakata, A. Kawamura, N. Iwata, M. Ikeuchi, K. Ishikawa, The 12th World Congress on Medical Informatics (MEDINFO 2007), 2007年09月22日, 通常, 英語, Brisbane, Australia
  51. 医療(診療看護)プロセスの説明責任を担保する電子医療記録の構造, 津久間秀彦, 第19回中国四国医療情報学研究会, 2007年09月07日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 岡山県真庭市
  52. インターネットを利用した情報収集での学生の意識, 津久間秀彦, 田中武志, 岩田則和, 池内実, 石川澄, 第39回日本医学教育学会大会, 2007年07月01日, 通常, 日本語, 日本医学教育学会, 岩手県盛岡市
  53. 医療情報部門の現状と今後の役割, 津久間秀彦, 第18回中国四国医療情報学研究会, 2007年03月16日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 徳島県徳島市
  54. シンポジウム2: システム事例を吟味する -ここまで到達した医療情報システム「注射に関るシステムの課題とソリューション」, 津久間秀彦, 日本医療情報学会・医療情報技師育成部会主催「医療情報技師生涯研修セミナー・2006 -上級のスキルを目指す人のために-」(九州大学会場), 2007年02月18日, 招待, 日本語, 日本医療情報学会, 福岡県福岡市
  55. シンポジウム2: システム事例を吟味する -ここまで到達した医療情報システム「注射に関るシステムの課題とソリューション」, 津久間秀彦, 日本医療情報学会・医療情報技師育成部会主催「医療情報技師生涯研修セミナー・2006 -上級のスキルを目指す人のために-」(大阪大学会場), 2007年01月20日, 招待, 日本語, 日本医療情報学会, 大阪府大阪市
  56. シンポジウム2: システム事例を吟味する -ここまで到達した医療情報システム「注射に関るシステムの課題とソリューション」, 津久間秀彦, 日本医療情報学会・医療情報技師育成部会主催「医療情報技師生涯研修セミナー・2006 -上級のスキルを目指す人のために-」(早稲田大学会場), 2006年12月09日, 招待, 日本語, 日本医療情報学会, 東京都新宿区
  57. 個人健康情報(PHR)の運用管理モデル再考, 津久間秀彦, 田中武志, 岩田則和, 池内実, 小西央郎, 岩崎泰昌, 坂田香代, 岩沢和男, 石川澄, 第26回医療情報学連合大会, 2006年11月03日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 北海道札幌市
  58. Construction and Evaluation of EHR which Supports Team Practice, H. Tsukuma, T. Tanaka, K. Sakata, N. Iwata, A. Kawamura, K.Ishikawa, Confference of Asia Paciffic Association for Medical Informatics (APAMI) 2006, 2006年10月28日, 通常, 英語, Taipei, Taiwan
  59. 医療安全面から見た病院医療情報システムの評価, 津久間秀彦, 石川澄, 田中武志, 坂田佳代, 河村明江, 杉村美由紀, 才野原照子, 第44回日本病院管理学会学術総会, 2006年10月01日, 通常, 日本語, 日本病院管理学会, 愛知県名古屋市
  60. パネルディスカッション: HIS共有化に向けて 「プロローグ」, 津久間秀彦, 第17回中国四国医療情報学研究会, 2006年09月08日, 招待, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 岡山県真庭市
  61. 臨床実習入門コースにおける情報コミュニケーション演習-医療安全の担保と患者との良好な関係を醸成する-, 津久間秀彦, 石川澄, 田中武志, 岩田則和, 第38回日本医学教育学会大会, 2006年07月01日, 通常, 日本語, 日本医学教育学会, 奈良県奈良市
  62. オーガナイズドセッション -注射に関わるシステムの課題とソリューション-;広島大学病院におけるソリューション, 津久間秀彦, 第10回日本医療情報学会春季学術大会, 2006年06月30日, 招待, 日本語, 日本医療情報学会, 兵庫県神戸市
  63. 電子医療記録システムのセキュリティ面・運用管理面の基本機能再考, 津久間秀彦, 第16回中国四国医療情報学研究会, 2006年03月03日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 高知県吾川郡
  64. シンポジウム「病院情報システムの教育とEBMにおける価値(学生の臨床実習教育とHIS):  医療情報管理及び情報コミュニケーションの総合教育, 津久間秀彦, 石川澄, 田中武志, 岩田則和, 平成17年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2006年01月31日, 招待, 日本語, 浜松医科大学医学部附属病院, 静岡県浜松市
  65. 患者参画型病院の実現を支援する患者用コンテンツの開発, 津久間秀彦, 河村明江, 坂田佳代, 田中武志, 池本かづみ, 池田俊貴, 藤井輝久, 伊藤義広, 藤井園子, 岡壽子, 中村文子, 藤井雄一, 森一郎, 伊藤嘉郎, 江上かおり, 石川澄, 第25回医療情報学連合大会, 2005年11月24日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 神奈川県横浜市
  66. 保険薬局ナビゲーション/院外処方情報自動FAX送信システム(電子処方せんシステム)の稼動状況と今後の展開 ~自己情報流通制御を意識した地域連携基盤~, 津久間秀彦, 第14回中国四国医療情報学研究会, 2005年04月01日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 愛媛県松山市
  67. 電子医療記録の安全な運用を阻害するシステム連携障害とその対策, 津久間秀彦, 田中武志, 河村明江, 坂田香代, 小西央郎, 岩田則和, 香西克之, 石川澄, 第24回医療情報学連合大会, 2004年11月27日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 愛知県名古屋市
  68. 大会企画「患者参画型チーム医療の設計 ―「患者本位」と「安全管理」の視点の組み込み―」 ~チーム医療と患者の医療参画支援環境~, 津久間秀彦, 水流聡子, 第8回日本医療情報学会春季学術大会, 2004年06月10日, 招待, 日本語, 日本医療情報学会, 広島県広島市
  69. 医療課程の安全管理支援システムの構築, 津久間秀彦, 小西央郎, 水流聡子, 河村明江, 吉川文花, 田中武志, 武居真一, 吉野純, 石川澄, 第23回医療情報学連合大会, 2003年11月23日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 千葉県千葉市
  70. 医療課程の安全管理支援, 津久間秀彦, 石川澄, 水流聡子, 河村明江, 田中武志, 第41回日本病院管理学会学術総会, 2003年10月01日, 通常, 日本語, 日本病院管理学会, 東京都新宿区
  71. 安全な医療のための情報管理(話題提供), 津久間秀彦, 日本病院管理学会第217回例会, 2003年07月01日, 通常, 日本語, 日本病院管理学会, 広島県広島市
  72. 患者参画型医療の実現を目指した試み, 津久間秀彦, 第10回中国四国医療情報学研究会, 2003年03月28日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 徳島県徳島市
  73. 電子診療看護記録の修正履歴の保存, 津久間秀彦, 田中 武志, 岩田則和, 森本徳明, 水流聡子, 河村明江, 吉川文花, 石川澄, 第22回医療情報学連合大会, 2002年11月15日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 福岡県福岡市
  74. 患者の人権とセキュリティに配慮した病院情報システム運用規定, 津久間秀彦, 石川澄, 岩田則和, 田中武志, 第40回日本病院管理学会学術総会, 2002年11月01日, 通常, 日本語, 日本病院管理学会, 福岡県北九州市
  75. 情報主体者(患者)の権利を考慮した病院情報システム利用内規, 津久間秀彦, 第8回中国四国医療情報学研究会, 2002年05月11日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 高知県高知市
  76. 患者固有の権利を保障するための電子診療看護記録のセキュリティ要件, 津久間秀彦, 田中武志, 原田正治, 森本徳明, 内山良一, 岩田則和, 天野秀昭, 水流聡子, 丹根一夫, 石川澄, 第21回医療情報学連合大会, 2001年11月28日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 東京都江東区
  77. 調剤薬局ナビゲーション/処方情報自動配信システムの構築, 津久間秀彦, 第7回中国四国医療情報学研究会, 2001年11月09日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 広島県廿日市市
  78. 調剤薬局ナビゲーション/処方情報自動配信システムの構築, 津久間秀彦, 第6回中国四国医療情学報研究会, 2001年02月02日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 愛媛県松山市
  79. 診療看護記録電子化のための利用者管理システムの機能要件, 津久間秀彦, 森本徳明, 天野秀昭, 田中武志, 内山良一, 名田信之, 岩沢和男, 丹根一夫, 石川澄, 第20回医療情報学連合大会, 2000年11月24日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 静岡県浜松市
  80. 病院情報システムと連携した医学教育研究支援システム, 津久間秀彦, 第5回中国四国医療情報学研究会, 2000年09月01日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会中国四国支部, 岡山県真庭市
  81. 検索エンジンを活用した病歴情報統合検索システム, 津久間秀彦, 石川澄, 天野秀昭, 森本徳明, 岩沢和男, 丹根一夫, 奥本伸雄, 岩田則和, 山田文香, 武居真一, 第19回医療情報学連合大会, 1999年11月26日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 神奈川県横浜市
  82. 有限量子多体系における非線形共鳴点のマクロな振る舞いとバンド構造, 津久間秀彦, 橋本幸男, 坂田文彦, 岩沢和男, 日本物理学会1997年秋の分科会, 1997年09月30日, 通常, 日本語, 日本物理学会
  83. 特別講演: ネットワーク時代は医療に何をもたらす(べきな)のか -高度情報化の光と影-」, 津久間秀彦, 広島医療情報システム研究会第2回総会, 1997年01月17日, 招待, 日本語, 広島医療情報システム研究会, 広島県広島市
  84. 病院情報システム構築における定型業務系/情報系システムの分離と 共存-広島大学医学部・歯学部附属病院情報システム構築事例-, 津久間秀彦, 森本徳明, 中西敏夫, 河野進, 迫田綾子, 栂文子, 吉原正治, 佐々木茂, 森浩, 天野秀昭, 呑谷裕治, 竹光三枝子, 第15回医療情報学連合大会, 1995年11月21日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 愛知県名古屋市
  85. 検体検査データと医事会計データを利用した患者診療情報照会システムの開発と評価, 津久間秀彦, 神辺眞之, 西村治彦, 松本重夫, 宮岡正浩, 第13回医療情報学連合大会, 1993年11月30日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 東京都千代田区
  86. 広島大学医学部附属病院におけるクライアント/サーバ方式による輸血部門システムの開発, 津久間秀彦, 岡田浩佑, 神辺眞之, 鈴木久美, 金田みゆき, 谷広ミサエ, 佐々木敏幸, 坪倉篤雄, 松本重夫, 宮岡正浩, 第12回医療情報学連合大会, 1992年11月27日, 通常, 日本語, 日本医療情報学会, 兵庫県神戸市
  87. SCC法の量子論における安定性条件, 分離可能性条件の破れの古典的理解I, 津久間秀彦, 板橋宏, 坂田文彦, 橋本幸男, 日本物理学会1991年春の分科会, 1991年03月31日, 通常, 日本語, 日本物理学会
  88. SCC法の量子論における安定性条件, 分離可能性条件の古典的意味I, 津久間秀彦, 板橋宏, 坂田文彦, 橋本幸男, 「原子核集団運動の非線形動力学」研究会, 1991年02月01日, 通常, 日本語, 京都大学基礎物理学研究所, 京都府京都市
  89. Microscopic Theory of Large Amplitude Collecitve Dynamics and Quantum Chaos, H. Tsukuma, Workshop on New Trends in Nuclear Collective Dynamics, 1990年10月29日, 通常, 英語, Kyoto, Japan
  90. 分離可能性条件の破れと量子力学系のカオス, 津久間秀彦, 坂田文彦, 「原子核集団運動の非線形動力学 」研究会, 1990年01月31日, 通常, 日本語, 京都大学基礎物理学研究所, 京都府京都市
  91. 大振幅集団運動論と量子カオス2, 津久間秀彦, 坂田文彦, 日本物理学会平成元年秋の分科会, 1989年10月01日, 通常, 日本語, 日本物理学会
  92. 量子カオスと核分光学, 津久間秀彦, 坂田文彦, 「ガンマ-線と核構造 」研究会, 1989年08月31日, 通常, 日本語, 大阪大学核物理学研究センター, 大阪府茨木市
  93. 大振幅集団運動論と量子カオス, 津久間秀彦, 坂田文彦, 日本物理学会第44回年会, 1989年03月31日, 通常, 日本語, 日本物理学会
  94. 大振幅集団運動論と量子カオス, 津久間秀彦, 坂田文彦, 「原子核集団運動の非線形動力学 」研究会, 1988年12月01日, 通常, 日本語, 基礎物理学研究所, 京都府京都市
  95. 核変形に対する集団的自由度と非集団的自由度の結合効果, 津久間秀彦, 日本物理学会第43回年会, 1988年04月01日, 通常, 日本語, 日本物理学会
  96. ダイソンボソン理論を用いた遷移領域偶偶核の研究, 津久間秀彦, 日本物理学会昭和62年秋の分科会, 1987年10月31日, 通常, 日本語, 日本物理学会
  97. 球形-変形相転移における非集団的四重極フォノンの重要性, 津久間秀彦, 高田健次郎, 日本物理学会昭和61年秋の分科会, 1986年09月30日, 通常, 日本語, 日本物理学会
  98. Contribution of the Non-Collective Phonon Degrees of Freedom to the Phase Transition at N=88-90, 津久間秀彦, 高田健次郎, 「高スピン状態における核物理 」研究会, 1986年07月31日, 通常, 日本語, 大阪大学核物理研究センター, 大阪府茨木市
  99. ダイソンボソン理論を用いた球形-変形相転移の研究, 津久間秀彦, 高田健次郎, 日本物理学会第41回年会, 1986年03月31日, 通常, 日本語, 日本物理学会
  100. 大振幅集団運動論と量子カオス(コメント), 津久間秀彦, 坂田文彦, 「有限多体系 (原子核, 原子, 分子, 超微粒子)の集団運動 」研究会, 1889年03月01日, 通常, 日本語, 京都大学基礎物理学研究所, 京都府京都市
  101. 病院情報システムの診療支援機能の施設間差異に潜むリスクの体系的理解に向けた予備的研究, 津久間秀彦, 金井陽奈, 田中武志, 池内実, 第22回日本医療情報学会春季学術大会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 新潟市
  102. 看護業務を支援するシステムの完成度に関する予備的研究: -日本医療情報学会での発表文献のタイトル情報に基づくシステム開発・評価のアクティビティの推移-, 津久間秀彦, 渡邉春美, 胡美恵, 糠信憲明, 須原麻砂江, 三原友吾, 相澤美香, 第38回医療情報学連合大会, 2018年11月22日, 通常, 日本語, 福岡市
  103. 病院情報システムの診療支援機能の施設間差異に潜むリスクを体系的に把握するための概念モデルの導出, 津久間秀彦, 田中武志, 池内実, 第38回医療情報学連合大会, 2018年11月22日, 通常, 日本語, 福岡市
  104. 視覚障がい者にも晴眼者にも使い易い医療機関Webページに求められる情報項目と機能, 田中武志,氏間和仁, 木内良明, 奈良井章人, 池内実, 藤田利恵, 津久間秀彦, 第38回医療情報学連合大会, 2018年11月22日, 通常, 日本語
  105. 医用画像情報専門技師へのアンケートに基づく「他施設画像取り込み時の検査日変更」の実態調査, 須藤優, 今井康介, 守本京平, 中上康次, 戸政達之, 國重智之, 好村尚記, 津久間秀彦, 田中武志, 第38回医療情報学連合大会, 2018年11月22日, 通常, 日本語, 福岡市

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究助成事業(基盤研究(C)), 情報サービス利用者の行動や思考を支援する機能の今後のあり方 ~電子カルテを例に~, 2019年04月01日, 2021年03月31日
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 利用者行動分析に基づく、電子カルテの真正性・医療安全阻害要因の抽出と改善, 2016年04月01日, 2018年03月31日
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 患者情報の信憑性を阻害する要因の検証に基づく病院情報システムの再構築, 2009年04月01日, 2011年03月31日
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 生活者の安心安全と自立を支援する電子生涯カルテ?医療と福祉介護記録の連続性?, 2006年, 2008年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 医療安全向上のための戦略ツールとしての電子医療記録-教育研修病院における臨床過程評価を目指した構造転換-, 2005年, 2007年
  6. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 自立支援のための受益者(患者)参画型情報システム -情報サービスの第4の流れ-, 2003年, 2005年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 受益者指向の施設間保健医療介護情報のオンライン流通基盤, 2001年, 2003年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 患者との情報共有を支援する電子看護記録システムの開発研究, 2001年, 2003年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 複雑系としてのヒトの性行動と性感染症流行の数理的解析, 2000年, 2001年
  10. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), 人間集団の行動特性を考慮した大規模複合型情報システム, 1999年, 2001年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 評議員, 2016年06月01日, 2019年05月31日, 日本医療情報学会
  2. 幹事, 2012年04月, 2018年09月, 日本医療情報学会中国四国支部会
  3. 科学研究費委員会専門委員, 2015年12月, 2016年11月, 独立行政法人日本学術振興会
  4. 科学研究費委員会専門委員, 2014年12月, 2015年11月, 独立行政法人日本学術振興会
  5. 参与, 2014年04月, 2019年03月, 広島県医療情報技師会

学術会議等の主催

  1. 第33回中国四国医療情報学研究会, 2014年04月, 2014年10月
  2. 第20回日本医療情報学会中国四国支部セミナー, 2017年08月, 2017年08月
  3. 第41回中国四国医療情報学研究会, 2018年09月, 2018年09月