土田 孝Takashi Tsuchida

Last Updated :2017/11/08

所属・職名
大学院工学研究科 構造工学講座 教授
メールアドレス
ttuchidahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目4番1号 工学部A2棟512号室
TEL:0824-24-7784 FAX:0824-24-7784

基本情報

学位

  • 工学博士 (東京大学)

研究分野

  • 工学 / 土木工学 / 地盤工学

研究キーワード

  • 土質試験
  • 地盤調査
  • 地盤工学
  • 地盤防災学
  • 廃棄物処分場
  • 港湾・空港施設の設計

所属学会

  • 地盤工学会, 1976年
  • 土木学会, 1976年

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), 教養ゼミ
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 社会基盤技術と技術者の倫理
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 土の力学
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 土の力学演習
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 地盤工学
  6. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 維持管理工学
  7. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 橋梁と耐震
  8. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 社会基盤環境工学実験
  9. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 社会基盤環境デザイン
  10. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 社会基盤プロジェクトマネジメント
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), Soft Ground Engineering
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), Management of Natural Disasters
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 地盤工学特論
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学講究I
  15. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学講究II
  16. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 社会基盤環境工学講究II
  17. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 社会基盤環境工学講究IV
  18. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 社会基盤環境工学講究IV
  19. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 社会基盤環境工学講究V
  20. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学セミナーI
  21. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学セミナーII
  22. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 社会基盤環境工学セミナーII

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Effect of Humic Acid on Strength Behavior of Cement-Treated Marine Clay during Various Curing Time, Journal of Materials in Civil Engineering, ASCE, 2017,3,30
  2. ★, 東京湾の海底地盤から採取した不撹乱粘土試料の各種強度試験に基づいた品質評価, 地盤工学ジャーナル, 12巻, 1号, pp.135-pp.149, 2017,3,31
  3. 広島湾における観測値に基づいた埋立地の長期沈下特性に関する研究, 地盤工学ジャーナル, 12巻, 1号, pp.65-pp.78, 2017,3,31
  4. Strength and stiffness of cement-treated marine dredged clay   at various curing stages, CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS, 132巻, pp.71-pp.84, FEB 1 2017
  5. 支持力係数法円弧すべり解析とその適用性について, 地盤と建設, 34巻, 1号, pp.1-pp.10, 2016,12,28
  6. 公表雨量データを用いた自然斜面における簡易浸透流解析手法の開発, 地盤と建設, 34巻, 1号, pp.63-pp.70, 2016,12,28
  7. Engineering behavior of cement-treated marine dredged clay during early and later stages of curing, ENGINEERING GEOLOGY, 209巻, pp.163-pp.174, JUL 15 2016
  8. 施工性能を考慮した海面処分場底面遮水層の設計に関する研究, 地盤と建設, Vol.34,No.1,pp.81-90,2016., 地盤と建設, 34巻, 1号, pp.81-pp.90, 2016,12,28
  9. 中空ねじり試験機によるせん断変形を受けた地盤材料の透水係数測定法, ,地盤と建設, 34巻, 1号, pp.141-pp.146, 2016,12,28
  10. 福山港内港地区における再生資源を活用した底質改善技術の実証と計画 地盤と建設, 34巻, 1号, pp.71-pp.80
  11. ★, Study on Geotechnical Sealing Material for Coastal Disposal Facility for Wastes Contaminated by Radioactive Cesium, Marine Georesources & Geotechnology, 35巻, pp.481-pp.495, 2017,7
  12. Engineering behavior of cement-treated marine dredged clays during early and latter stages of curing, Engineering Geology, Engineering Geology, 209巻, pp.163-pp.174, 20160715
  13. ★, 海底に堆積する粘土の波浪作用下における安定条件と自然含水比, 地盤工学ジャーナルVol.11(2), 2016., 11巻, 2号, pp.149-pp.162, 20160630
  14. ★, e log σv’ relationship for marine clays considering initial water content to Evaluate Soil Structure, Marine Georesources & Geotechnology, 35巻, 1号, pp.104-pp.119, 20160601
  15. ★, 2014年広島豪雨災害において土石流が発生した渓流の状況と被害に関する調査, 地盤工学ジャーナル, 11巻, 1号, pp.33-pp.52, 201603
  16. 2014年8月20日の広島豪雨災害における雨量を用いた土砂災害危険度評価に関する考察, Vol.11(1), 53-68, 2016., 地盤工学ジャーナル, 11巻, 1号, pp.53-pp.68, 201603
  17. ベンダーエレメント試験で測定した養生初期のセメント処理土の弾性係数と発現した強度の関係について, 地盤と建設, 33巻, pp.97-pp.104, 20151226
  18. 広島県内の既往災害との比較の観点からみた2014年広島土砂災害の特徴, 地盤と建設, 33巻, pp.201-pp.212, 20151226
  19. 原位置せん断・摩擦試験の測定値と杭の載荷試験実測値の比較について, 地盤と建設, 33巻, pp.193-pp.200, 20151226
  20. Investigation of Landslide Calamity due to Torrential Rainfall at City of Shobara, Soils and Foundations, 55巻, 5号, 20151001
  21. 巨大地震に対して高い安全性を求められる海面処分場の護岸構造の提案-レベル2地震を想定した模型実験と数値解析-, 地盤工学ジャーナル, 10巻, 3号, pp.343-pp.358, 20150901
  22. カルシア改質土による固化層を有する圧入式人工干潟造成工法に関する研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71巻, 2号, pp.I_1155-pp.I_1160, 2015.09.30.
  23. 製鋼スラグ粒子を高含水比の粘土と混合したときの粒子の安定性に関する研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71巻, 2号, pp.I_1161-pp.I_1166, 20150930
  24. 海面処分場に用いる遮水地盤材料の吸着性能に関する研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71巻, 2号, pp.I_1071-pp.I_1076, 20150930
  25. 浚渫土圧入による人工干潟修復方法に関する解析手法の提案, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71巻, 2号, pp.I_820-pp.I_825, 20150930
  26. 中空ねじり試験機による遮水地盤材料のせん断変形後の水平方向透水係数に関する研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71巻, 2号, pp.I_1143-pp.I_1148, 20150930
  27. 浚渫土を利用した藻場生育基盤造成による藻場生態系の長期評価, 土木学会論文集B2(海岸工学), 70巻, 2号, pp.I_1231-pp.I_1235, 20150930
  28. Strength mobilization of cement-treated dredged clay during the early stages of curing, Soils and Foundaions, 55巻, 2号, pp.375-pp.392, 20150415
  29. Geotechnical Assesment of Natural Slopes and Valleys Based on Real Time Rainfall Data, International Journal of GEOMATE, 10巻, 1号, pp.1584-pp.1594, 201503
  30. 設計施工一括発注方式を採用した海上空港における地盤リスク監理について, 土木学会論文集F4(建設マネジメント), 71巻, 1号, pp.33-pp.43, 20150315
  31. A new geotechnical method for natural slope exploration and analysis, NATURAL HAZARDS, 75巻, 2号, pp.1327-pp.1348, 20150415
  32. ★, Estimation of compressive strength of cement-treated marine clays with different initial water contents, Soils and Foundaions, 55巻, 2号, pp.359-pp.374, 20150415
  33. ★, Estimation of Strength Mobilization on Cement-Treated Dredged Clay in Early Stages of Curing, Soils and Foundations, 55巻, 2号, pp.375-pp.392, 20150415
  34. ミャンマー粘土の物理・力学的性質に関する一考察, 地盤工学ジャーナルDOI:10.3208/jgs.10.163, 10巻, 1号, pp.163-pp.172, 20150315
  35. ★, 放射性セシウムで汚染された廃棄物を対象とした海面廃棄物処分場に用いる遮水地盤材料の研究, 地盤工学ジャーナル, 10巻, 1号, pp.17-pp.32, 20150215
  36. パイプフローが斜面安定に及ぼす影響に関する実験的研究, 地盤と建設, 33巻, pp.131-pp.138, 20151226
  37. ★, Practical slip circle method of slices for calculation of bearing capacity factors, Soils and Foundaions, 54巻, 6号, pp.1127-pp.1144, 20141101
  38. セメント固化処理土の強度発現特性に関する研究, 第50回地盤工学シンポジウム, pp.643-pp.650, 20141110
  39. リアルタイム雨量データを用いた危険渓流・斜面の危険度評価手法の開発, 第50回地盤工学シンポジウム, pp.127-pp.134, 20141110
  40. セシウムで汚染された土壌及び廃棄物を対象とした海面処分場に用いる遮水地盤材料の研究, 第50回地盤工学シンポジウム, pp.527-pp.534, 20141110
  41. ★, Landslide and mudflow disaster in disposal site of surplus soil at Higashi-Hiroshima due to heavy rainfall in 2009, Soils and Foundaions, 54巻, 4号, pp.621-pp.638, 20140601
  42. Individual landslide hazard assessment of natural valleys and slopes based on geotechnical investigation and analysis, Soils and Foundaions, 54巻, 4号, pp.806-pp.819, 20140601
  43. 変形を与えた遮水材料の透水特性について, 地盤と建設, 32巻, pp.111-pp.116, 20141228
  44. 混合初期におけるセメント固化処理土の強度発現特性に関する実験的研究, 地盤と建設, 32巻, pp.53-pp.60, 20141228
  45. 高含水比の粘土における固体の沈降特性に関する実験, 地盤と建設, 32巻, pp.117-pp.122, 20141228
  46. Restoration Method of Artificial Tidal Flat by Use of Pressure Injection of Slurry Dredged Clay, Geotechinical Engineering Journal, 4巻, pp.93-pp.101, 20141001
  47. 締固めのレベルと養生条件を変化させたときの製鋼スラグの透水特性, 第50回地盤工学シンポジウム, pp.491-pp.496, 20141110
  48. Characterization of Inherent Random Heterogeneity of Weathered Granite, International Journal of GEOMATE, 7巻, 2号, pp.1025-pp.1032, 20140901
  49. 製鋼スラグを用いた岩礁性藻場生育基盤の造成, 土木学会論文集,B2(海岸工学), 70巻, 2号, pp.I_1231-pp.I_1235, 20140920
  50. 浚渫土と製鋼スラグの混合土を用いた人工干潟修復工法の開発, 土木学会論文集B3(海洋開発), 70巻, 20140710
  51. セシウムを含む廃棄物を対象とした海面処分場に用いる遮水地盤材料の研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), 70巻, 2号, pp.I_846-pp.I_851, 20140710
  52. カルシア改質土を用いた人工干潟修復工法の開発, 土木学会論文集B3(海洋開発), 70巻, 2号, pp.I_744-pp.I_749, 2014,7
  53. Strength mobilization characteristic of dredged clay mixed with cement during initial curing time, ISOPE2014(Korea), pp.15-pp.20, 20140601
  54. 少量のセメントを添加し再圧密した再構成海成粘土のせん断特性, 地盤工学ジャーナル, 9巻, 2号, pp.71-pp.84, 20144001
  55. 一次元土層実験による降雨浸透過程と排水パイプの有効性に関する研究, 地盤と建設, Vol.30巻, No.1号, pp.85-pp.94, 2013
  56. 地域の自主防災組織と連携した土砂災害危険渓流の現地調査, 地盤と建設, Vol.30巻, No.1号, pp.141-pp.146, 2013
  57. 地盤調査と斜面安定解析に基づく土砂災害危険渓流の豪雨時危険度評価, 地盤工学ジャーナル, Vol.8巻, No.1号, pp.119-pp.131, 20130330
  58. ★, 防波堤建設工事における中間土地盤の設計強度の評価, 地盤工学ジャーナル, Vol.8巻, No.1号, pp.1-pp.14, 2013
  59. 高含水比の海成粘土を原料土とするセメント固化処理土の強度発現過程に関する研究, 地盤工学ジャーナル, Vol.8巻, No.1号, pp.53-pp.70, 20130330
  60. Seismic Performance of Caisson Type QuayWall with Lightweight Backfill, Indian Geotech J, pp.127-pp.136, 2013
  61. 地盤内のにおい強度と斜面崩壊時のにおい発生に関する一考察, 地盤工学ジャーナル, Vol.8巻, No.2号, pp.339-pp.348, 2013
  62. 人工干潟の段階的造成と維持管理を目的とした浚渫土の地盤内圧入に関する研究, 地盤と建設,, Vol.31巻, pp.85-pp.94, 2013
  63. 人工干潟造成における粘性土袋詰め潜堤の安定性に関する研究, 土木学会論文集B3(海洋開発, Vol.69巻, No.2号, pp.1066-pp.1071, 2013
  64. 人工降雨実験による自然斜面での排水パイプの有効性に関する検討, 地盤と建設,, Vol.31,巻, pp.149-pp.156, 2013
  65. 放射性セシウムで汚染された廃棄物を対象とした海 面処分場に用いる遮水地盤材料の研究,第10回環境地盤工学シンポジウム, 地盤工学会,, pp.311-pp.318, 2013
  66. 放射性セシウムで汚染された廃棄物を対象とした海面処分場に用いる遮水地盤材料に関する研究, 地盤と建設, Vol.31巻, pp.141-pp.148, 2013
  67. 浚渫土圧入による人工干潟修復方法の実規模実験,, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.69巻, No.2号, pp.1060-pp.1065, 2013
  68. 少量のセメント添加により高位な間隙構造を有する再構成海成粘土の圧縮特性, 地盤工学ジャーナル, Vol.8,巻, No.3号, pp.425-pp.439, 2013.9.30
  69. 波浪作用下における粘性土地盤の不安定化と含水比の変化, 地盤と建設, Vol.29巻, No.1号, pp.63-pp.70, 2012
  70. 2010年7月豪雨による広島県庄原市で発生した土砂災害の調査, 地盤と建設, Vol.29巻, No.1号, pp.145-pp.160, 2012
  71. 2011年3月東日本大震災に関する中国支部調査団の調査速報, 地盤と建設, Vol.29巻, No.1号, pp.161-pp.178, 2012
  72. 一軸圧縮強度と三軸CIU強度を用いた境港中間土地盤の強度評価, 地盤と建設, Vol.29巻, No.1号, pp.63-pp.70, 2012
  73. 2010年庄原土砂災害における平行斜面の崩壊事例に関する調査と考察, 地盤と建設, Vol.29巻, No.1号, pp.71-pp.80, 2012
  74. 2010年7月に広島県庄原市で発生した土砂災害の調査と考察-平行斜面中腹の崩壊メカニズムに関する検討-, 地盤工学ジャーナル, Vol.7巻, No.1号, pp.295-pp.309, 2012
  75. 波浪作用下における粘性土地盤の応答と安定解析手法の適用性について, 地盤工学ジャーナル, Vol.7巻, No.1号, pp.351-pp.360, 2012
  76. 浚渫土を利用したセメント処理土の若齢期の強度発現に関する研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.68巻, No.2号, pp.354-pp.359, 2012
  77. 浚渫土の地盤内圧入による人工干潟造成技術の開発, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.68巻, No.2号, pp.1085-pp.1090, 2012
  78. スラリー粘土圧入による人工干潟修復方法に関する研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.68巻, No.1号, pp.1073-pp.1078, 2012
  79. 高含水比状態における海成粘土の流動特性, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.68巻, No.1号, pp.551-pp.555, 2012
  80. 波浪作用下における軟弱地盤の安定性について, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.68巻, pp.711-pp.715, 2012
  81. 砂分を含有する底泥の波浪応答特性に関する実験的研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.68巻, pp.711-pp.715, 2012
  82. 海成粘土を用いたセメント固化処理土の強度推定法, 地盤工学ジャーナル, Vol.7巻, No.3号, pp.435-pp.457, 2012
  83. e-log p曲線を用いた簡易モデルによる自然海成粘土地盤における構造の評価, 地盤工学ジャーナル, Vol.7巻, No.4号, pp.435-pp.447, 2012
  84. ★, Estimation of in-situ shear strength parameters of weathered granitic (masado) slopes using lightweight dynamic cone penetrometer, Soils and Foundaions, 51巻, 3号, pp.497-pp.512, 2011
  85. 軽量動的コーン貫入試験を用いた干潟地盤の調査, 地盤と建設, Vol.28巻, pp.55-pp.62, 2011
  86. 2009年に東広島市志和町内地区で発生した土砂災害に関する研究, 地盤と建設, Vol.28巻, pp.63-pp.70, 2011
  87. セメント固化処理した海成粘土の強度推定法に関する一考察, 地盤と建設, Vol.28巻, pp.71-pp.78, 2011
  88. 2009 年に東広島市志和町内地区で発生した土砂災害の調査について, 地盤工学ジャーナル, Vol.6巻, No.2号, pp.243-pp.259, 2011
  89. Reproduction of microscopic structure of marine clays by cement addition, Proceedings Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Foundation Engineering, 2011
  90. Risk assessment of natural slopes by geotechnical data and rainfall analysis, Proceedings Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Foundation Engineering, 2011
  91. 波浪作用下における底泥の圧密挙動に関する実験的研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67巻, No.2号, pp.506-pp.510, 2011
  92. Ten year follow-up study of airfoam-treated lightweight soil, Ground Improvement, Proceedings of the Institution of Civil Engineers, 164巻, 3号, pp.189-pp.200, 2011
  93. SEM画像解析による海成粘土の構造の定量評価, 地盤と建設, Vol.27巻, pp.41-pp.48, 2010
  94. 港湾施設基礎の薬液浸透注入による耐震強化に関する模型実験, 地盤と建設, Vol.27巻, pp.49-pp.56, 2010
  95. 浚渫土と覆砂で造成された人工干潟地盤における軽量動的コーン貫入試験の適用, 土木学会海洋開発論文集, Vol.26巻, pp.711-pp.716, 2010
  96. 細粒分を含む地盤の簡易な強度定数推定法に関する研究, 地盤と建設, Vol.27巻, pp.73-pp.80, 2010
  97. 浚渫粘土の圧入による人工干潟の造成と修復に関する研究, 土木学会海洋開発論文集, Vol.26巻, pp.705-pp.710, 2010
  98. 2010年7月16日の豪雨による広島県庄原市土砂災害調査速報, 自然災害科学, Vol.29巻, No.2号, pp.245-pp.257, 2010
  99. 地盤工学視点からの森林土壌の保水機能の定量的評価の試み, 地盤工学会誌, Vol.58巻, No.9号, pp.22-pp.25, 2010
  100. Long-term properties of airfoam-treated lightweight soil made from dredged clay, Journal of ASTM International, Paper ID: JAI102134, 2009. doi: 10.1520/JAI102134巻, 2009
  101. 少量のセメントを添加した粘土の圧縮およびせん断特性に関する研究, 地盤と建設, Vol.26巻, No.1号, pp.49-pp.56, 2009
  102. 周辺地盤の変形抑制に着目した真空圧密の模型実験, 地盤と建設, Vol.26巻, No.01号, pp.57-pp.63, 2009
  103. 現場データに基づく空港盛土の地盤強度の不均質性に関する一考察, 地盤と建設, Vol.26巻, No.1号, pp.15-pp.22, 2009
  104. 波浪による水圧変動を受ける砂質地盤における細粒分流出に関する研究, 地盤と建設, Vol.26巻, No.1号, pp.41-pp.48, 2009
  105. 盛土の耐震診断に基づく高速道路の通行機能の耐震性評価, 土木学会論文集F, Vol.65巻, No.1号, pp.50-pp.58, 2009
  106. Reproduction of structure due to aging of marine clay due by addition of small amount of cement, 17th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering,, pp.360-pp.363, 2009
  107. 降雨による盛土の耐震性低下に関する一考察, 土木学会論文集C, Vol.65巻, No.2号, pp.401-pp.411, 2009
  108. 緑のダム機能の定量的評価の試み, 第17回地球環境シンポジウム講演論文集, pp.131-pp.140, 2009
  109. Variations in threshold acceleration for seismic induced deformations of embankments, International Conference on Performance-Based Design in Earthquake Geotechnical Engineering from case history to practice (IS-Tokyo9), pp.867-pp.872, 2009
  110. 常時微動計測に基づく高速道路盛土の入力地震動設定法の検討, 土木学会論文集F, Vol.65巻, No.4号, pp.529-pp.541, 2009
  111. 真空圧密工法で改良された浚渫粘土埋立地盤の変形挙動とその解析, 地盤工学ジャーナル, Vol.3巻, No.1号, pp.95-pp.108, 2008
  112. A Practical Method for Identifying Parameters on the Seismic Design of Embankments, Georisk, 2巻, 1号, pp.28-pp.40, 2008
  113. 地震時の斜面の変形量評価における解析手法および入力地震動の選定, 日本地すべり学会誌, 第45巻巻, 第1号号, pp.64-pp.71, 2008
  114. Evaluation of In-situ Shear Strength of Natural Slopes Vulnerable to Heavy Rainfall by Lightweight Dynamic Cone Penetrometer, Proceedings of the 2nd International Conference on Geotechnical Engineering for Disaster Mitigation & Rehabilitation (GEDMAR08), pp.578-pp.584, 2008
  115. Study on Rainwater Infiltration in Subsoil of Sandy Slope during Rainfall by Field Monitoring, Proceedings of the 2nd International Conference on Geotechnical Engineering for Disaster Mitigation & Rehabilitation (GEDMAR08), pp.508-pp.515, 2008
  116. 杭間粘土の応力履歴を考慮した低置換率SCP改良地盤の有限要素解析, 土木学会論文集C, Vol.64巻, No.4号, pp.550-pp.565, 2008
  117. Study on Rainfall Infiltration and Groundwater Generation in Subsoil of Natural Sandy Slopes, 36th International Association of Hydrogeologists Congress, 2008
  118. 原位置観測による森林斜面における雨水浸透・流出メカニズムおよび森林土壌の保水機能の評価, 土木学会河川技術論文集, Vol.14巻, pp.199-pp.204, 2008
  119. Effect of Heterogeneous Soil Strength on the Seismic Residual Displacement of Embankments, Proc. of 4th decennial Geotechnical Earthquake Engineering and Soil Dynamics Conference(Sacramento), 2008
  120. 高炉水砕スラグを用いた低置換率SCP改良地盤の強度・変形特性に関する解析的検討, 地盤工学ジャーナル, Vol.3巻, No.3号, pp.187-pp.202, 2008
  121. 大規模埋立工事に対応した施工管理システムの開発とその適用, 地盤工学ジャーナル, Vol.3巻, No.3号, pp.243-pp.259, 2008
  122. A Study on the Seismic Response of Embankments based on the Estimation of the Natural Frequency in the Vertical Direction, Proc, of 4th International Disaster and Risk Conference, Davos, Switzerland, 2008
  123. Wave-induced liquefaction and densification in muddy sand, Proc. of 31st International Conference on Coastal Engineering, pp.2875-pp.2885, 2008
  124. The Preparation on Practical Seismic Evaluation Method of the Existent Slopes, Proc, of 14thWorld Conference Earthquake Engineering (DVD-ROM), Beijing, 2008
  125. Study on Upward Movement of Fines from Sandy Seabed under Cyclic Water Pressure Change due to waves, Fourth International Conference on Scours and Erosion, Is-Tokyo2008, 2008
  126. ★, Mechanical properties of lightweight treated soil cured in water pressure, Soils and Foundaions, 47巻, 4号, pp.731-pp.748, 2007
  127. New design method on bearing capacity of rubble mound of composite breakwater with consideration of deformation, Soils and Foundaions, 47巻, 2号, pp.219-pp.235, 2007
  128. 自然に近い造成干潟の地盤環境の研究, 地盤と建設, Vol.25巻, No.1号, pp.105-pp.112, 2007
  129. 圧密とセメンテーションが同時に進行するときの粘土の圧縮特性, 地盤と建設, Vol.25巻, No.1号, pp.85-pp.92, 2007
  130. 軟弱地盤の側方変形予測の評価と事例解析, 地盤と建設, Vol.25巻, No.1号, pp.133-pp.144, 2007
  131. 真空圧密工法で改良された浚渫埋立地盤の変形とその解析, 地盤と建設, Vol.25巻, No.1号, pp.75-pp.84, 2007
  132. 自然斜面における雨水浸透・流出の原位置観測の事例紹介, 地下水技術, Vol.49巻, No.4号, pp.11-pp.20, 2007
  133. 水平変位の予測精度に着目した粘土の弾塑性構成モデルと現地計測事例による検証, 土木学会論文集C, Vol.63巻, No.4号, pp.936-pp.953, 2007
  134. Evaluation of in-situ strength of Masado slopes, 土木学会論文集C, Vol.63巻, No.3号, pp.848-pp.861, 2007
  135. 波浪による水圧変動をうける砂質土地盤からの細粒分の流出に関する研究, 海岸工学論文集, 54巻, pp.1266-pp.1270, 2007
  136. 軽量動的コーン貫入試験によるまさ土斜面地盤の強度評価と自然斜面の危険度評価への適用, 地盤工学会誌, Vol.55巻, No.6(593)号, pp.27-pp.29, 2007
  137. 沿岸域工事に用いた気泡混合処理土の長期安定性, 土木学会論文集C, Vol.63巻, No.1号, pp.237-pp.248, 2007
  138. 地盤工学視点からの緑のダム効果の評価に向けて, 地下水技術, Vol.49巻, No.12号, pp.11-pp.20, 2007
  139. A Lightweight Dynamic Cone Penetrometer for Evaluation of Natural Masado Slopes, 土木学会論文集C, 63巻, 2号, pp.403-pp.416, 2007
  140. 現場データを用いた盛土の耐震信頼性設計へのアプローチ, 構造物の安全性・信頼性(JCOSSAR2007)論文集, 6巻, pp.333-pp.338, 2007
  141. A Study on the applicability of the modified Newmark method, Proc. of 4th International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering, 2007
  142. 擬似過圧密海成粘性土の強度のばらつきに関する研究, 地盤工学ジャーナル, Vol.2巻, No.3号, pp.169-pp.181, 2007
  143. 波浪作用下における底泥表層の圧密促進メカニズム, 地盤工学ジャーナル, Vol.2巻, No.3号, pp.223-pp.235, 2007
  144. 盛土形状を考慮した簡便な固有周波数算定式, 地盤工学ジャーナル, Vol.2巻, No.3号, pp.197-pp.207, 2007
  145. 地震時における斜面の崩壊範囲に関する一考察, 土木学会論文集C, 63巻, 3号, pp.677-pp.690, 2007
  146. Determination of Shear Strength Parameters of Natural Masado Slopes, ISOPE 2007(Lisbon), Vol.2巻, pp.1205-pp.1212, 2007
  147. 傾斜基盤を有する盛土の地震応答特性に関する動的遠心模型実験, 土木学会地震工学論文集, 29巻, pp.295-pp.304, 2007
  148. 上下動が傾斜基盤を有する盛土の地震時応答に及ぼす影響, 土木学会地震工学論文集, 29巻, pp.305-pp.313, 2007
  149. 傾斜基盤を有する盛土の水平ならびに上下方向の簡便な固有周波数算定式, 土木学会地震工学論文集, 29巻, pp.314-pp.323, 2007
  150. 形状を考慮した簡便な盛土の固有周波数算定式, 地盤工学ジャーナル, 2巻, 3号, pp.197-20, 2007
  151. Movement and washout of fines in sand layer under one-dimensional water pressure change, The 13th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2007
  152. 簡易動的コーン貫入試験と軽量動的コーン貫入試験によるまさ土斜面の地盤調査, 地盤と建設, 25巻, 1号, pp.17-pp.24, 2007
  153. 上下動が盛土の地震時変形に及ぼす影響に関する一考察, 地盤と建設, 25巻, 1号, pp.93-pp.104, 2007
  154. 波浪による一次元水圧変動下のアマモ場海底地盤の安定性について, 海岸工学論文集,土木学会, 53巻, pp.1251-pp.1255, 2006
  155. 一次元水圧変動による海底地盤表層からの細粒分移動に関する研究, 海岸工学論文集, 53巻, pp.491-pp.495, 2006
  156. 波浪作用下における砂泥質土の粗粒化および液状化特性について, 海岸工学論文集, 53巻, pp.426-pp.430, 2006
  157. 造成干潟における機能発揮要因に関する研究, 海岸工学論文集, 53巻, pp.1026-pp.1030, 2006
  158. Investigation of Spacial Variability of Natural Masado Slopes, Proceedings of the 17th International Offshore (Ocean) and Polar Engineering Conference,2006 San Francisco, Vol.2巻, pp.324-pp.331, 2006
  159. 浚渫土の有効利用の新しい考え方, 基礎工, 第34巻巻, 第7号号, pp.15-pp.18, 2006
  160. A Study on Computation of Seismic Permanent Displacement of Embankments considering Horizontal and Vertical Seismic Motion, Proc. of First European Conference on Earthquake Engineering and Seismology (CD-ROM), Paper No. 904, Geneva, Switzerland, 2006
  161. Finite element analysis of the improved ground by sand compaction pile method, Proceedings of International Symposium on Geomechanics and Geotechnics of Particulate Media(Ube), pp.449-pp.455, 2006
  162. Upward movement of fines in sand under one-dimensional water pressure change, Proceedings of International International Symposium on Geomechanics and Geotechnics of Particulate Media(Ube), pp.415-pp.419, 2006
  163. 波浪による一次元水圧変動下のアマモ場海底地盤の安定性, 海岸工学論文集, 53巻, pp.1251-pp.1255, 2006
  164. サンドコンパクションパイル工法による改良地盤に対する有限要素解析の適用事例, 第7回地盤改良シンポジウム論文集, pp.249-pp.254, 2006
  165. Geo-statistical analysis of the spatial variability of Masado Formations, 降雨時の斜面モニタリング技術とリアルタイム崩壊予測に関するシンポジウム論文集, pp.107-pp.112, 2006
  166. 軽量動的コーン貫入試験による自然まさ土斜面の強度定数の評価, 降雨時の斜面モニタリング技術とリアルタイム崩壊予測に関するシンポジウム論文集, pp.51-pp.58, 2006
  167. 波浪作用下の底泥の挙動に関する解析手法, 海岸工学論文集, 52巻, pp.451-pp.455, 2005
  168. Structure due to cementation of Osaka Bay clay and its mathematical modeling, Proceedings of the Symposium on Geotechnical Aspects of Kansai International Airport, pp.31-pp.40, 2005
  169. サンドコンパクション改良地盤に建造されたケーソン式岸壁の圧密変形解析, 第50回地盤工学シンポジウム論文集, pp.385-pp.392, 2005
  170. 回転流がある場における粘土の沈降・圧密特性, 第50回地盤工学シンポジウム論文集, pp.219-pp.224, 2005
  171. One-dimensional compression of air-foam treated lightweight geo-material in microscopic point of view, Soils and Foundaions, 44巻, 6号, pp.53-pp.67, 2004
  172. 高温環境及び高温履歴条件下における海成粘土地盤の強度特性, 第49回地盤工学シンポジウム論文集, pp.55-pp.62, 2004
  173. One-Dimensional Compression for Air-Foam Treated Lightweight Geo-Material in Microscopic Point of View, Soils and Foundations, 44巻, 6号, pp.53-pp.68, 2004
  174. K0-consolidation in a triaxial cell and evaluation of in-situ K0 for marine clays with various characteristics, Soils and Foundations, 43巻, 1号, pp.1-pp.20, 2003
  175. 変形追随遮水材料を用いた管理型廃棄物海面処分場の遮水工法に関する実海域実証実験, 土木学会海洋開発論文集, 19巻, pp.177-pp.182, 2003
  176. Influence of Sand Fraction on the Impermeability of Seepage Control Clayey Layer, 2nd International Symposium on Contaminated Sediments= Characterzation= Evaluation= Mitigation/Restoration= Monitoring and Performance, 2003
  177. Effect of Drying Process on the Evaluation of Microstructure of Clays Using Scanning Electron Microscope (SEM) and Mercury Intrusion Porosimetry (MIP),, The Proceedings of the Sixth(1996) International Offshore and Polar Engineering Conference, 1巻, pp.385-pp.392, 2003
  178. Effect of drying and preparation method on microscopic analysis on Pleistocene clays using mercury intrusion porosimetry, Soft Ground Engineering in Coastal area, BALKEMA, pp.73-pp.78, 2003
  179. Evaluation of in-situ lateral earth pressure at rest for marine clay by means of triaxial cell,, Soft Ground Engineering in Coastal Area= BALKEMA, pp.97-pp.103, 2003
  180. Utilization of cement treated soft dredgings with special working ship, Soft Ground Engineering in Coastal Area= BALKEMA, pp.335-pp.344, 2003
  181. Construction of seawall for waste Landfill in Tachibana Port, Soft Ground Engineering in Coastal Area= BALKEMA, pp.345-pp.352, 2003
  182. Use of lightweight treated soil method in seaport and airport construction projects,, Soft Ground Engineering in Coastal Area= BALKEMA, pp.353-pp.365, 2003
  183. Stability analysis of a ground-sheet pile system on the soft ground, Soft Ground Engineering in Coastal Area= BALKEMA, pp.389-pp.396, 2003
  184. Development of clayey water interception material in a coastal area, Soft Ground Engineering in Coastal Area= BALKEMA, pp.193-pp.200, 2003
  185. 海面処分場の特徴と変形追随性遮水材の開発, 土と基礎, 51巻, 8号, pp.32-pp.34, 2003
  186. Case studies of Lightweight Treated Soil Method in Seaport and Airport Construction Project, Proceedings of 12th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2003
  187. 混成防波堤におけるマウンド支持力破壊に関する大規模水理模型実験, 海洋開発論文集, 19巻, pp.499-pp.504, 2003
  188. セメント混合処理作業船を用いた浚渫土の有効利用, 土木学会論文集, No.750/Ⅲ-65巻, pp.193-pp.204, 200312
  189. SEMおよびポロシメーターを利用した土の微視的構造の観察とその評価, 港湾空港技術研究所資料, 1024巻, pp.1-pp.25, 200303
  190. 矢板のすべり抵抗性を考慮した安定解析手法, 構造工学論文集=土木学会, 48A巻, 3号, pp.1441-pp.1452, 2002
  191. Undrained shear strength of Pleistocene clay in Osaka Bay, Journal of Geotechnical and Geoenvironmental Engineering, A.S.C.E., 128巻, 3号, pp.216-pp.226, 2002
  192. 実用分割法円弧すべり解析における新しい計算法, 地盤工学会論文報告集, 42巻, 2号, pp.139-pp.152, 2002
  193. 軽量混合処理土を用いた護岸構造物の地震時安定性, 第11回日本地震工学シンポジウム論文集, pp.999-pp.1002, 2002
  194. 変形追随性遮水材料を用いた管理型海面廃棄物最終処分場の新しい遮水構造の提案, 土木学会第27回海洋開発シンポジウム論文集, pp.77-pp.82, 2002
  195. 粘土係遮水材料における微視構造と透水係数の関係, 第49回地盤工学シンポジウム論文集, pp.381-pp.388, 2002
  196. 地盤上に打設された気泡混合処理土の摩擦特性と間隙への浸透特性, 第49回地盤工学シンポジウム論文集, 2002
  197. ポロシメーター試験における洪積粘土の圧密特性と間隙径分布の関係, 第49回地盤工学シンポジウム論文集, pp.157-pp.164, 2002
  198. 羽田空港沖合展開事業に関わる地盤工学的課題, 土木学会論文集, 722巻, Ⅲ-61号, pp.1-pp.12, 2002
  199. Evaluation of structure and mechanical properties of Pleistocene clay in Osaka Bay, 港湾空港技術研究所報告, 41巻, 2号, pp.45-pp.91, 200206
  200. 地盤解析汎用プログラム(GeoFem)による支持力解析および斜面安定解析, 港湾空港技術研究所資料, 1023巻, pp.1-pp.25, 200206
  201. 沿岸域の廃棄物埋立地における地盤環境の評価と改善に関する研究, 港湾空港技術研究所資料, 1025巻, pp.1-pp.96, 200206
  202. 地盤上に打設された軽量混合処理土の摩擦特性と捨石層への浸透特性に関する実験と考察, 港湾空港技術研究所資料, 1024巻, pp.1-pp.21, 200206
  203. Development of a Geomaterial from Dredged Bay Mud, A.S.C.E., Journal of Materials in Civil Engineering, Vol.13巻, Issue 2号, 2001,4,
  204. Comparative study on undrained strength of Osaka Bay Pleistocene clay determined by several kinds of laboratory tests, Soils and Foundations, 41巻, 5号, pp.47-pp.60, 2001
  205. Influence of stress release on sample quality of Pleistocene clay collected from large depth in Osaka Bay, Soils and Foundations, 41巻, 4号, pp.17-pp.24, 2001
  206. Practices of reused dredgings by cement treatment, Soils and Foundations, 41巻, 5号, pp.129-pp.143, 2001
  207. Field placing test of lightweight treated soil under seawater in Kumamoto Port, Soils and Foundations, 41巻, 5号, pp.145-pp.154, 2001
  208. ★, 海成粘土地盤の自然間隙比と土被り圧の関係に関する統一的な解釈,, 地盤工学会論文報告集= 地盤工学会, 41巻, 1号, 2001
  209. 分割法による地震時土圧算定法と軽量混合処理土への適用, 地盤工学会論文報告集= 地盤工学会, 41巻, 3号, pp.95-pp.105, 2001
  210. 混成防波堤マウンドの期待変形量の計算法と適用例, 海岸工学論文集= 第48巻= 土木学会, 48巻, pp.901-pp.905, 2001
  211. 浚渫泥土を利用した貧配合セメント処理土の力学特性, 土木学会論文集, No.694/Ⅲ-57巻, pp.331-pp.342, 200112
  212. 分割法円弧すべり解析における新しい計算法, 港湾技術研究所報告, 40巻, 1号, pp.81-pp.105, 200103
  213. 浚渫泥土を利用した貧配合セメント処理土の力学特性および材料特性, 港湾技術研究所報告, 40巻, 2号, pp.3-pp.22, 200106
  214. 分割型圧密試験による構造を有する洪積粘土の圧密挙動, 港湾技術研究所報告, 40巻, 2号, pp.23-pp.44, 200106
  215. 期待変形量を用いた防波堤のマウンド支持力に関する設計法, 港湾空港技術研究所報告, 40巻, 4号, pp.49-pp.72, 200112
  216. 水深10mの海域における軽量混合処理土の打設実験と考察, 港湾空港技術研究所資料, 1007巻, pp.1-pp.30, 200109
  217. ★, Evaluation of undrained shear strength of soft clay with consideration of sample quality, Soils and Foundations= Japanese Geotechnical Society, 40巻, 3号, pp.29-pp.42, 2000
  218. 波圧作用時における防波堤基礎の支持力不足に伴う沈下量の計算法, 土木学会論文集, No.645/Ⅲ-50巻, pp.91-pp.102, 200003
  219. 水中打設時における気泡混合処理土の材料分離抵抗性の評価, 土木学会論文集, No.644/Ⅵ-46巻, pp.13-pp.23, 200003
  220. 建設発生土を原料土とする軽量混合処理土の護岸工事への適用, 土木学会論文集, No.644/Ⅵ-46巻, pp.1-pp.12, 200003
  221. Compressive Behavior of Sensitive Ariake Clays, 港湾技術研究所報告, 39巻, 2号, pp.27-pp.45, 200006
  222. 地盤環境モニタリングコーンの開発, 港湾技研資料, 975巻, pp.1-pp.15, 200011
  223. Technology of air-transported stabilized dredged fill Part2: quality assesment, Ground Improvement, 3巻, pp.59-pp.66, 1999
  224. On compression characteristics of Ariake clays, Canadian Geotechnical Journal, 36巻, pp.807-pp.814, 1999
  225. The development of shear strength for sedimentary soft clay with respect to aging effect, Soils and Foundations, 39巻, 6号, pp.13-pp.24, 1999
  226. Restoration of A Wharf Structure, Journal of Performance of Constructed Facilities, A.S.C.E., 13巻, 1号, pp.1-pp.6, 1999
  227. 波による水圧変動に対する底泥層の安定について, 海岸工学論文集, 46巻, pp.596-pp.600, 1999
  228. ★, 港湾空港事業における軽量混合処理土工法の開発と適用事例, 港湾技術研究所報告, 38巻, 2号, pp.131-pp.167, 199906
  229. 粘性土のセメンテーションによる強度発現メカニズム, 港湾技術研究所報告, 38巻, 2号, pp.99-pp.129, 199906
  230. 海成粘土地盤の間隙比-有効土被り圧関係に関する統一的な解釈, 港湾技術研究所報告, 38巻, 3号, pp.153-pp.179, 199909
  231. 建設発生土を活用した軽量混合処理土の空港事業への適用, 港湾技研資料, 923巻, pp.1-pp.24, 199903
  232. 分割法による土圧算定法とその軽量地盤材料への適用, 港湾技研資料, 924巻, pp.1-pp.24, 199903
  233. 港湾構造物における最適な円弧すべりの安全率, 土木学会論文集, No.596/Ⅲ-43巻, pp.295-pp.306, 199806
  234. 自然堆積した中間土の強度特性, 土木学会論文集, No.589/Ⅲ-42巻, pp.195-pp.204, 1998
  235. 軽量混合処理土工法の港湾施設への適用, 土木学会論文集, No.602/Ⅵ-40巻, pp.35-pp.52, 199809
  236. 大阪湾洪積粘土の三軸せん断特性と大型護岸構造物の安定性, 港湾技術研究所報告, 37巻, 2号, pp.59-pp.74, 199806
  237. 沿岸域における軽量混合処理土工法の研究開発と適用事例, 平成10年度港湾技術研究所講演会講演集, pp.1-pp.43, 199811
  238. 阪神淡路大震災におけるガレキの処理・活用に関する調査と考察, 港湾技研資料, 899巻, pp.1-pp.33, 199803
  239. 一面せん断試験による洪積粘土地盤の強度変形特性の評価, 港湾技研資料, 918巻, pp.1-pp.18, 199809
  240. 信頼性設計法による防波堤の全体系安全性(第2報), 港湾技術研究所報告, 36巻, 1号, pp.25-pp.57, 199703
  241. 軽量混合処理土の水中打設時の流動特性と材料特性, 港湾技研資料, 865巻, pp.1-pp.25, 199706
  242. 軽量混合処理土の水中打設時における材料分離抵抗性の評価, 港湾技研資料, 884巻, pp.1-pp.24, 199712
  243. Comparative study on sample quality using several types of sampler, Soils and Foundations, 36巻, 2号, pp.57-pp.68, 1996
  244. 粘性土の水平方向圧密係数, 土木学会論文集, No.535/Ⅲ­34巻, pp.1-pp.12, 199603
  245. 港湾構造物の円弧すべり解析における最適な安全率, 港湾技術研究所報告, 35巻, 1号, pp.117-pp.146, 199603
  246. 港湾における軽量混合処理土の用途と現地打設実験, 港湾技研資料, 833巻, pp.1-pp.30, 199603
  247. 岸壁の裏込め材として打設された軽量混合処理土の土質特性, 港湾技研資料, 834巻, pp.1-pp.15, 199603
  248. 軽量混合処理土に及ぼす養生条件の影響, 港湾技研資料, 834巻, pp.1-pp.23, 199603
  249. 軽量混合処理土の三軸試験結果と考察, 港湾技研資料, 845巻, pp.1-pp.29, 199609
  250. Evaluation of Strength of Soft Clay Deposits ­A Review of Unconfined Compression Strength of Clay­, 港湾技術研究所報告, 34巻, 1号, pp.3-pp.37, 199503
  251. 海の波や流れと海底地盤, 土と基礎, 42巻, 6号, pp.11-pp.16, 199406
  252. 久里浜試験フィールドの土質特性, 土と基礎, 42巻, 8号, pp.11-pp.16, 199408
  253. Observation of differential settlement in offshore development project of Tokyo International Airport, Soils and Foundations, 33巻, 2号, pp.116-pp.125, 1993
  254. K0 consolidation of undisturbed clays by means of triaxial cell, Soils and Foundations, 31巻, 3号, pp.127-pp.137, 1991
  255. Effect of aging of marine clays and its duplicationby high temperature consolidation, Soils and Foundations, 31巻, 4号, pp.133-pp.147, 1991
  256. 粘性土の水平方向圧密係数の決定法, 港湾技術研究所報告, 29巻, 2号, pp.63-pp.83, 199006
  257. ★, 三軸試験による自然粘性土地盤の強度決定法に関する研究, 港湾技研資料, 688巻, pp.1-pp.197, 199012
  258. 羽田空港沖合展開事業における沈下観測と将来不同沈下の予測, 土と基礎, 37巻, 9号, pp.45-pp.50, 198908
  259. 高温再圧密による海成粘土の年代効果の再現, 港湾技術研究所報告, 28巻, 1号, pp.121-pp.147, 198903
  260. 埋立地における不同沈下の予測, 平成元年度港湾技術研究所講演会講演集, pp.155-pp.228, 198912
  261. ★, 一軸圧縮試験と三軸試験を併用した新しい粘性土地盤の強度決定法, ,港湾技術研究所報告, 28巻, 3号, pp.81-pp.145, 198909
  262. Experimental study on consolidation of marine clays in alternating current electric field, Soils and Foundations, 28巻, 4号, pp.38-pp.46, 1988
  263. 土質調査結果に及ぼす人為的要因の影響, 土と基礎, 36巻, 9号, pp.49-pp.54, 198809
  264. 一軸圧縮強度のばらつきとその要因について, 港湾技術研究所報告, 27巻, 1号, pp.93-pp.124, 198803
  265. ★, 数値シミュレーションによる不同沈下の予測とその空港舗装設計への適用, 港湾技術研究所報告, 27巻, 4号, pp.123-pp.200, 198812
  266. 空港における締固め土の強度試験, 港湾技研資料, 635巻, pp.1-pp.23, 198812
  267. 三軸試験機による静止土圧係数の測定, 港湾技研資料, 577巻, pp.1-pp.27, 198703
  268. 土質調査結果に及ぼす人為的要因の影響, 港湾技研資料, 546巻, pp.1-pp.42, 198603
  269. 大阪湾泉州沖洪積粘土のせん断特性, 土と基礎, 33巻, 3号, pp.15-pp.20, 198503
  270. 錦海湾における真空圧密工法現地実験, 港湾技研資料, 476巻, pp.1-pp.28, 198403
  271. 大阪湾泉州沖海底地盤の工学的性質, 港湾技研資料, 498巻, pp.1-pp.136, 198409
  272. 乱さない海成粘土の正規圧密状態におけるせん断特性について, 港湾技研資料, 444巻, pp.1-pp.41, 198303
  273. いくつかの廃棄物の圧縮特性, 港湾技研資料, 415巻, pp.1-pp.11, 198203
  274. 土質定数のばらつきを考慮した不同沈下の推定, 港湾技術研究所報告, 20巻, 3号, pp.131-pp.168, 198109

著書等出版物

  1. 2004年, The lightweight treated soil method , Balkema, 2004年, 単行本(学術書), 編著, Tsuchida, T and Egashira, K, 120
  2. 2002年, Soft Ground Engineering in Coastal Areas, Proceedings of the Nakase Memorial Symposium, BALKEMA, 2002年, Tsuchida,T., Watabe,Y., Kang.M.S. and Terashi,M, 1-423
  3. 2000年, 土質試験の方法と解説(第一回改訂版), 第7編せん断試験, 第3章土の三軸試験, 3.4 K0圧密した土の三軸試験, 3.4.4結果の解釈と利用, 2000年, 3, 土田 孝, 522-524
  4. 2000年, Coastal Geotechnical Engineering in Practice, Proceedings of the International Symposium IS-Yokoham2000, BALKEMA, 2000年, 編著, Nakase, A. and Tsuchida, T., 1-787
  5. 1999年, 地盤工学ハンドブック, 第2編地盤力学, 第3章土質力学, 3.2.4 粘土のせん断特性 第4編第1章 土構造物, 1.2.3盛土の設計(2)盛土の安定と沈下, 地盤工学会, 1999年, 土田 孝, 90-98,584-587
  6. 1999年, 港湾の施設の技術上の基準・同解説, 第2編設計条件, 第11章地盤 第14章土圧および水圧 第5編基礎 第2章浅い基礎の支持力 第5章基礎の沈下 第6章斜面安定 第7章地盤改良工法7.5軽量混合処理土工法, (社)日本港湾協会, 1999年, 4, 土田 孝, 227-244,289-291,422-430,497-508,509-512,536-539
  7. 1999年, 港湾構造物設計事例集, 第1編係留施設, 第1章 地象条件の設定, 沿岸開発技術ライブラリー No.1, (財)沿岸開発技術研究センター, 1999年, 4, 土田 孝, 1.1-1.28
  8. 1998年, 岩盤上の大型構造物基礎, 第4章人工島基礎, 土木学会, 1998年, 3, 土田 孝, 109-123
  9. 1998年, 地盤工学・実務シリーズ6, 地盤調査・土質試験結果の解釈と適用例,3章 静的せん断試験による土質定数の解釈と実際問題への適用, 地盤工学会, 1998年, 3, 土田 孝, 85-160
  10. 1996年, 地盤工学・実務シリーズ2, 盛土の挙動予測と実際, 4.3海岸部・海上部における盛土(埋立)の挙動予測 5.1軟弱地盤の沈下及び安定, 地盤工学会, 1996年, 12, 土田 孝, 226-235,321-331
  11. 1994年, Lowlands, Development and Management, "Manmade Coastal Islands", Balkema, 1994年, Tsuchida Takashi, 207-218
  12. 1992年01月, わかりやすい土質力学原論(第1回改訂版), 飽和粘性土の非排水せん断強度とその決定法, 土質工学会, 1992年, 1, 土田 孝, 245-296
  13. 1992年, 中間土-砂か粘土か-, 第3章中間土地盤における事例研究, 土質工学会, 1992年, 4, 土田 孝, 55-84

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 展望 リサイクルと新しい地盤材料, 土田 孝, "第37回地盤工学研究発表会, 地盤工学会", 2002年07月, 招待, 日本語
  2. Settlement of Pleistocene clay layer in coastal area, the reason, prediction and measure, 土田 孝, "The 3rd International Conference on Soft Soil Engineering, Hong Kong", 2001年12月, 招待, 英語
  3. Airport pavement design in consideration of differential settlement, 他, 土田 孝, "軟弱地盤上の舗装建設における新しい技術に関するショートコース, メキシコ地盤工学会, メキシコシチー.", 2001年11月, 招待, 英語
  4. Mechanical properties of Pleistocene clay and evaluation of structure due to aging", Coastal Geotechnical Engineering in Practice,, 土田 孝, "International Symposium on Coastal Geotechnical Engineering in Practice, IS-Yokohama2000", 2000年09月, 招待, 英語
  5. Evaluation of Strength of Soft Clay Deposits, a Review of Unconfined Compression Strength, Tsuchida Takashi, 日本-パキスタン共同地盤工学セミナー, 1993年, 招待, 英語, ラホール
  6. Evaluation of Strength of Soft Clay Deposits, a Review of Unconfined Compression Strength, Tsuchida Takashi, 日本-バングラディシュ地盤工学セミナー, 1993年, 招待, 英語, ダッカ, バングラディシュ
  7. Lightweight Treated Soil Method for Seaport and Sea-side Airport Construction, from Research to Practice, Takashi Tsuchida, 10th International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE2011), 2011年, 招待, 英語, 台湾
  8. 2014年8月豪雨による広島土砂災害について, 土田 孝, 土石流が発生した渓流の状況と被害に関する調査と考察,地域性を考慮した地盤防災減災技術に関するシンポジウム, 2015年07月31日, 招待, 日本語, 地盤工学会九州支部, 福岡
  9. 平成26年8月豪雨による広島土砂災害について, 土田 孝, 第27回中部地盤工学シンポジウム地盤工学会, 2015年08月07日, 招待, 日本語, 中部支部

受賞

  1. 2017年06月07日, 地盤工学会論文賞(和文論文部門), 地盤工学会, 海底に堆積する粘土の波浪作用下における安定条件と自然含水比
  2. 2017年04月25日, 地盤工学会中国支部技術賞, 地盤工学会中国支部, 再生地盤材料を活用した閉鎖水域の底質環境改善技術
  3. 2016年06月08日, 地盤工学会論文賞(英文論文部門), 公益社団法人地盤工学会, Estimation of Compressive Strength of Cement-Treated Marine Clays with Different Initial Water Contents 
  4. 2015年11月13日, 広島大学 学長特別表彰, 広島大学
  5. 2015年07月22日, 海事関係功労者表彰, 国土交通省中国地方整備局
  6. 2015年04月, 「地盤と建設」論文賞, 公益社団法人地盤工学会中国支部, 混合初期におけるセメント固化処理土の強度発現特性に関する実験的研究
  7. 2010年04月, 「地盤と建設」論文賞, 社団法人 地盤工学会中国支部支部, 港湾施設基礎の薬液浸透注入による耐震強化に関する模型実験
  8. 2008年03月31日, 地盤工学会功労賞, 公益社団法人 地盤工学会
  9. 2008年04月, 「地盤と建設」論文賞, 公益社団法人地盤工学会中国支部, 真空圧密工法で改良された浚渫埋立地盤の変形とその解析
  10. 2002年05月, 地盤工学会技術開発賞, (社)地盤工学会, 海域に打設する軽量混合処理土による岸壁の耐震強化技術の開発
  11. 1998年04月, 科学技術庁長官賞(研究功労者), 科学技術庁, 構造崩壊型粘土地盤の力学特性の測定に関する研究
  12. 1993年05月, 土質工学会論文賞, 社団法人 土質工学会, 海成粘土の年代効果と高温再圧密によるその再現

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 第3の土木材料-固化処理土-の強度発現メカニズムの解明, 2013年, 2015年
  2. 環境研究総合推進費, 放射能で汚染された廃棄物を対象とした海面最終処分場に関する研究, 2012年07月02日, 2014年03月31日
  3. 運輸分野における基礎的研究推進制度基盤研究, 港湾・航路の維持浚渫と長期的に両立する新たな干潟造成工法の開発, 2010年, 2012年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), シルト・粘土を多く含む地盤の波浪作用下における応答と物性変化メカニズムの解明, 2010年, 2012年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 第四紀における土の堆積環境と形成された地盤の工学的特性との関連性に関する研究, 2003年, 2006年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 土木学会中国支部 支部長, 2016年04月, 土木学会中国支部
  2. 堤防調査員, 2016年02月, 2016年03月, 国土交通省中国地方整備局浜田河川国道事務所
  3. 東広島市防災会議委員, 2015年12月, 2017年11月, 東広島市
  4. 中国管内の港湾施設等に係る技術的支援に関する検討会委員長, 2015年11月, 2016年03月, (財)沿岸技術研究センター
  5. 管内航路・泊地埋没対策等検討会座長, 2015年10月, 2016年03月, (財)沿岸技術研究センター
  6. 非常勤講師, 2015年10月, 2016年02月, 広島県立広島工業高等学校
  7. 中国地方整備局新技術活用評価会議委員長, 2015年06月, 2017年05月, 国土交通省中国地方整備局
  8. 岩国飛行場藻場・干潟回復調査研究委員会委員, 2015年06月, 2016年03月, 中国四国防衛局
  9. 広島県強靭化地域計画(仮称)検討委員会委員, 2015年06月, 2016年03月, 広島県
  10. 広島市環境影響評価審査会委員, 2015年05月, 2017年05月, 広島市環境局環境保全課
  11. 広島市防災会議専門委員, 2015年04月, 2017年03月, 広島市
  12. 中国地方整備局工事成績評定審査委員会委員, 2015年04月, 2016年03月, 国土交通省中国地方整備局
  13. 非常勤講師, 2015年04月, 2015年09月, 放送大学広島学習センター
  14. 土砂災害警戒区域等法指定検討委員会委員, 2015年02月, 2015年05月, 広島県
  15. 土砂災害警戒情報検討委員会委員長, 2015年02月, 2015年03月, 広島県
  16. 広島県広島港地方港湾審議会会長, 2014年12月, 2016年11月, 広島県
  17. 尾道糸崎港埋没対策検討会座長, 2014年12月, 2015年03月, (財)沿岸技術研究センター
  18. 中国管内の港湾施設等に係る技術的支援に関する研究会委員長, 2014年12月, 2015年03月, (財)沿岸技術研究センター
  19. 広島市消防局避難対策等検討会議 座長, 2014年08月, 広島市
  20. 広島市消防局避難対策等検討会議8.20豪雨災害検証部会 部会長, 2014年08月, 2015年03月, 広島市
  21. 広島県総合計画審議会委員, 2014年06月, 2016年06月, 広島県
  22. 広島市防災会議専門委員, 2014年06月, 2015年03月, 広島市消防局危機管理部
  23. 岩国飛行場藻場・干潟回復調査研究委員会委員, 2014年05月, 2015年03月, 中国四国防衛局
  24. 中国地方整備局工事成績評定審査委員会委員, 2014年04月, 2015年03月, 国土交通省中国地方整備局
  25. 港湾工事用製鋼スラグ利用マニュアル改訂委員会委員, 2014年04月, 2015年03月, (財)沿岸技術研究センター
  26. 中国管内の港湾施設等に係る技術的支援に関する検討委員会委員長, 2013年12月, 2014年03月, (財)沿岸技術研究センター
  27. 広島県海域利用審査会委員, 2013年09月, 2015年08月, 広島県
  28. 港湾工事用製鋼スラグ利用マニュアル改訂委員会委員, 2013年08月, 2014年03月, (財)沿岸技術研究センター
  29. 広島沿岸海岸保全基本計画変更検討委員会委員長, 2013年07月, 2014年03月, 広島県
  30. 中国四国地方鉱山保安協議会会長, 2013年07月, 2015年07月, 原子力安全・保安院中国四国産業保安監督部
  31. 中国地方整備局新技術活用評価会議委員長, 2013年07月, 2015年05月, 国土交通省中国地方整備局
  32. 岩国飛行場藻場・干潟回復調査研究委員会委員, 2013年05月, 2014年03月, 中国四国防衛局
  33. 広島市環境影響評価審査会委員, 2013年05月, 2015年05月, 広島市環境局環境保全課
  34. 中国地方整備局工事成績評定審査委員会委員, 2013年04月, 2014年03月, 国土交通省中国地方整備局
  35. 広島県地震被害想定調査検討委員会委員長, 2013年03月, 2014年03月, 広島県危機管理監
  36. 広島県広島港地方港湾審議会委員長, 2012年11月, 2014年10月, 広島県
  37. 広島市防災会議専門委員, 2012年07月, 2014年03月, 広島市消防局危機管理部
  38. 中国地方整備局総合評価審査委員会部会長, 2012年03月, 2014年03月, 国土交通省中国地方整備局
  39. 広島県海域利用審査会委員, 2011年09月, 2013年08月, 広島県
  40. 中国四国地方鉱山保安協議会委員長, 2011年07月, 2013年07月, 原子力安全・保安院中国四国産業保安監督部
  41. 中国地方整備局新技術活用評価会議委員長, 2011年07月, 2013年06月, 国土交通省中国地方整備局
  42. 広島市環境影響評価審査会委員, 2011年05月, 2013年05月, 広島市環境局環境保全課
  43. 地盤工学会 理事, 2007年05月, 2009年04月, 地盤工学会
  44. 地盤工学会中国支部 支部長, 2006年06月, 2007年05月, 地盤工学会中国支部
  45. 広島県強靭化地域計画検討委員会委員, 広島県
  46. 中国地方整備局新技術活用評価会議委員長, 国土交通省中国地方整備局
  47. 岩国飛行場藻場・干潟回復調査研究委員会委員, 中国四国防衛局

学術会議等の主催

  1. International Symposium on Coastal Geotechnical Engineering in Practice,IS-YOKOHAMA 2000, 事務局長, 2000年09月, 2003年08月