坂田 省吾Shogo Sakata

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院総合科学研究科行動科学講座教授
メールアドレス
ssakatahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 医学博士(広島大学)
  • 学術修士(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 総合科学部 : 総合科学科
  • 【博士課程前期】 総合科学研究科 : 総合科学専攻
  • 【博士課程後期】 総合科学研究科 : 総合科学専攻

担当主専攻プログラム

  • 総合科学プログラム
  • 行動科学プログラム

研究分野

  • 社会科学 / 心理学 / 実験心理学

研究キーワード

  • 行動
  • 海馬
  • 脳と行動
  • 生物リズム
  • 弁別
  • 時間
  • 学習

所属学会

  • 国際比較心理学会, 2000年
  • Society for Neuroscience, 2000年
  • 日本行動科学学会, 1991年
  • 日本動物心理学会
  • 日本生理心理学会, 1986年
  • 日本基礎心理学会
  • 日本心理学会
  • 日本時間生物学会, 1988年
  • 日本神経科学学会
  • 日本生理学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 1ターム, 行動の科学
  2. 2019年, 教養教育, 3ターム, 心理学概論B[1教心]
  3. 2019年, 教養教育, 3ターム, 比較認知心理学[旧パッケージ]
  4. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 心理学実験C
  5. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 心理学実験D
  6. 2019年, 学部専門, 1ターム, 応用行動科学
  7. 2019年, 学部専門, 2ターム, 生物心理学
  8. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学基礎実験
  9. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学基礎実験法
  10. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 行動科学実習
  11. 2019年, 学部専門, 3ターム, 行動科学外書演習
  12. 2019年, 学部専門, 集中, 行動科学外書特別演習
  13. 2019年, 学部専門, 1ターム, 神経・生理心理学
  14. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学実験A
  15. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学実験法A
  16. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 心理学実験法C
  17. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 心理学実験法D
  18. 2019年, 学部専門, 1ターム, 認知と学習 I
  19. 2019年, 学部専門, 2ターム, 認知と学習 II
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究(人間行動研究)
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 時間行動論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. The transient decline in hippocampal theta power during response inhibition in a positive patterning task, NEUROREPORT, 26巻, 14号, pp. 833-837, 20150930
  2. ラットのピーク法を用いた計時行動のセッション間安定性の検討, 基礎心理学研究, 34巻, 1号, pp. 17-26, 20150930
  3. Distinct roles of basal forebrain cholinergic neurons in spatial and object recognition memory, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, 20150806
  4. Behavioral inhibition during a conflict state elicits a transient decline in hippoCampal theta power, BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 290巻, pp. 70-76, 20150901
  5. Change in hippocampal theta activity during behavioral inhibition for a stimulus having an overlapping element, BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 282巻, pp. 111-116, 201504
  6. A model of multisecond timing behaviour under peak-interval procedures, JOURNAL OF COMPUTATIONAL NEUROSCIENCE, 38巻, 2号, pp. 301-313, 201504
  7. Hippocampal theta activity during behavioral inhibition for conflicting stimuli, BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 275巻, pp. 183-190, 20141215
  8. Change in hippocampal theta activity with transfer from simple discrimination tasks to a simultaneous feature-negative task., Frontiers in Behavioral Neuroscience, 20140601
  9. Enhanced flexibility of place discrimination learning by targeting striatal cholinergic interneurons, NATURE COMMUNICATIONS, 5巻, 201405
  10. Retrospective and Prospective Views on the Role of the Hippocampus in Interval Timing and Memory for Elapsed Time., Timing & Time Perception, 2巻, 1号, pp. 51-61, 20140101
  11. ★, Brain electrophysiological activity correlates with temporal processing in rats, BEHAVIOURAL PROCESSES, 101巻, pp. 97-102, 201401
  12. Hippocampal theta wave activity during configural and non-configural tasks in rats, EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 225巻, 2号, pp. 177-185, 201303
  13. Transient decline in rats' hippocampal theta power relates to inhibitory stimulus-reward association, BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 246巻, 1号, pp. 132-138, 20130601
  14. ★, Transient Decline in Hippocampal Theta Activity during the Acquisition Process of the Negative Patterning Task, PLOS ONE, 8巻, 7号, 20130731
  15. ★, The decline in rat hippocampal theta activity during response inhibition for the compound stimulus of negative patterning and simultaneous feature-negative tasks, BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 257巻, pp. 111-117, 20131115
  16. 非空間性の刺激弁別学習と海馬の電気活動, 心理学評論, 56巻, 2号, pp. 265-278, 20131001
  17. 空間記憶と海馬, 心理学評論, 56巻, 2号, pp. 251-264, 20131001
  18. ★, Neural activity in the hippocampus during conflict resolution, BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 237巻, pp. 1-6, 20130115
  19. 非線形課題と線形課題中のラットの海馬θ波の検討, 生理心理学と精神生理学, 28巻, 3号, pp. 187-197, 20101201
  20. ★, Identification of rat P3-like processes in the anterior cingulate cortex and hippocampus, NEUROSCIENCE LETTERS, 472巻, 1号, pp. 43-46, 20100312
  21. ★, Timing and hippocampal theta in animals, REVIEWS IN THE NEUROSCIENCES, 17巻, 1-2号, pp. 157-162, 2006
  22. Adrenomedullary origin of the hindquarter vasodilation during the transposition response of the rat, Canadian Journal of Physiology and Pharmacology, 66巻, pp. 18-21., 19880401
  23. Influences of propranolol and atenolol on the circadian rhythm of heart rate in elderly patients with essential hypertension, Clinical Science, 78巻, pp. 403-407., 19900401
  24. Temporal discrimination in rats., International Journal of Psychophysiology, 27巻, 3/4号, pp. 39, 19920701
  25. 強化随伴性の先行経験が後の回避学習に及ぼす効果, 地域文化研究広島大学総合科学部紀要I, 14巻, pp. 59-75, 19900401
  26. Regional difference in sympathetic vasoconstrictor tone in conscious rats., Japanese Journal of Physiology, 35巻, pp. 1051-1063, 19850401
  27. マイクロコンピュータを用いたアナログデータの取り込み法, 地域文化研究広島大学総合科学部紀要I, 15巻, pp. 55-70, 19911201
  28. 老年者高血圧症に対するmetoprololの臨床効果と心拍数概日リズムに及ぼす影響, 広島大学医学雑誌, 37巻, pp. 255-263, 19890401
  29. オペラント行動中の電撃回避に伴うラットの海馬電気活動, 広島大学総合科学部紀要(III)情報行動科学研究, 13巻, pp. 27-36., 19891201
  30. Hippocampal electrical activity : comments on Dr, Hirano’s paper, Hiroshima Forum for Psychology, 13巻, pp. 77-79, 19880401
  31. 心理学分野でのコンピュータ支援学習システムの開発, 情報処理学会研究報告, 93巻, 105号, pp. 1-11, 19930401
  32. 境界域高血圧ラットHiroshima rat strainに対する食塩負荷の影響-神経節遮断後に発現するvasopressin系による代償性血圧維持機能-, 自律神経, 32巻, 1号, pp. 53-63, 19950201
  33. ラットの時間弁別学習における手がかり刺激の利用, 広島大学総合科学部紀要IV, 20巻, pp. 185-196, 19941201
  34. Enhancement of randomness by flotation rest (restricted environmental stimulation technique), Perceptual and Motor Skills, 80巻, pp. 999-1010, 19950401
  35. 刺激出現頻度がラットの聴覚誘発電位に及ぼす影響(共著), 広島大学総合科学部紀要IV, 21巻, pp. 207-218, 19951201
  36. 弁別学習時の脳波活動, 行動科学, 37巻, 1-2号, pp. 67-76, 19990801
  37. Hippocampal theta activity during delayed nonmatching- to- sample performance in rats., Psychobiology, 27巻, 3号, pp. 331-340, 19991101
  38. 時間情報処理と海馬機能, 生理心理学と精神生理学, 26巻, 1号, pp. 17-26, 20080401
  39. Event - related potentials elicited by wrong terminal notes : effects of temporal disruption., Biological Psychology, 52巻, 1号, pp. 1-16, 20000201
  40. Wistar rat 系から分離されたラット株 (Hiroshima rat strain) の hindquarter 血管領域における交感神経系及びバソプッレシン系の役割。, 自律神経学雑誌, 32巻, 1号, 19950201
  41. ★, 時間弁別の行動特性と脳の情報処理モデル, 生理心理学と精神生理学, 21巻, 1号, pp. 39-48, 20030401
  42. ラットの時間知覚における海馬の情報処理過程の検討, 生理心理学と精神生理学, 20巻, 3号, pp. 225-232, 20021201
  43. Pulse signal development on timing behavior better than continuous stimuli in rat., International Journal of Psychophysiology, 35巻, 3/4号, pp. 116, 20000701
  44. Effect of Unilateral or Bilateral Retrograde 6-OHDA Lesions of the Substantia Nigra Pars Compacta on Interval Timing., Society for Neuroscience Abstract, 26巻, pp. 650, 20001101
  45. Timing behavior and photic driving on EEG in rats., Society for Neuroscience Abstract, CD-ROM巻, pp. 584.15, 20021101
  46. オドボール課題を用いたラットにおける事象関連電位の検討, 広島大学総合科学部紀要IV(理系編), 27巻, pp. 35-43, 20011201
  47. ラットにおける計時処理の選択と時間情報の記憶の関連, 広島大学総合科学部紀要IV(理系編), 28巻, pp. 13-20, 20021201
  48. Measuring fluctuation of circadian rhythms by correlation dimension., International Journal of Psychophysiology, 35巻, 3/4号, pp. 234, 20000701
  49. 基礎から応用への線形性と非線形性 -動物モデルの立場から-, 行動科学, 39巻, 1号, pp. 15-23., 20001101
  50. Effects of ethanol on timing behavior in an interval bisection task in rats., International Journal of Psychophysiology, 30巻, 1-2号, pp. 123, 19980901
  51. 数字の選択行動に関する行動科学的アプローチ, 広島大学総合科学部紀要IV(理系編), 23巻, pp. 121-128., 19971201
  52. Evoked potentials and psychophysical correlates of critical flicker fusion in rats., International Journal of Psychophysiology, 31巻, 3/4号, pp. 197, 19960801
  53. 24時間連続記録心電図を用いた高齢者心拍数概日リズムの検討., 広島大学医学雑誌, 35巻, pp. 943-947, 19870401
  54. Event-related potentials in frontal cortex, hippocampus, and cerebellum during temporal discrimination task in rats, Cognitive Brain Research, 17巻, 2号, pp. 380-387, 20030701
  55. ラットにおける時間弁別行動, 広島大学総合科学部紀要III,情報行動科学研究, 5巻, pp. 31-39, 19811201
  56. Mechanism of suppression of pressor vasopressin secretion by circulating catecholamines, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 33巻, 3号, pp. 297-302, 19840901
  57. A pressor response to vibration in conscious rats, Japanese Journal of Physiology, 35巻, pp. 411-421, 19850401
  58. 高齢者本態性高血圧症における24時間連続記録心電図を用いたプロプラノロール徐放剤の心拍数概日リズムへの影響, 呼吸と循環, 36巻, 11号, pp. 1205-1210, 19881101
  59. ラットにおけるオペラント行動中の定位反応と海馬活動, 広島大学総合科学部紀要(III)情報行動科学研究, 12巻, pp. 65-73, 19881201
  60. 老年者高血圧症に対する metoprolol の臨床効果と心拍数概日リズムに及ぼす影響, 広島大学医学雑誌, 37巻, 2号, pp. 255-263, 19890401
  61. 老年者高血圧症に対する atenolol の臨床効果と心拍数概日リズムに及ぼす影響, 循環器科, 25巻, 4号, pp. 409-414, 19890401
  62. Bioactive substances in nerve-cord extracts from an echiuroid, Urechis unicinctus. : amine-like substances, Comparative Biochemistry and Physiology, 94C巻, 2号, pp. 603-612, 19890401
  63. コンピュータ版心理学テキストの作成手法の開発(1), 情報処理学会研究報告, 92巻, 77号, pp. 19-27, 19920901
  64. 動物学習の基礎実験Ⅱ-色光を用いたキンギョの分化活動条件づけ-, 広島修大論集, 35巻, 1号, pp. 161-181, 19940901
  65. 時間弁別課題遂行中のラットの血圧連続測定, 広島大学総合科学部紀要, 22巻, pp. 105-113, 19961201
  66. コンピュータ版心理学テキストの作成手法の開発(2)-CTPと書籍型テキストとの学習効果の比較-, 情報処理学会研究報告, 94巻, 77号, pp. 1-10, 19940401
  67. Changes in amplitude and frequency of hippocampal RSA on reversal discrimination learning in the rat., International Journal of Neuroscience, 74巻, pp. 134, 19940401
  68. 講座「行動科学2」行動科学の構築過程, 理学療法ジャーナル, 28巻, pp. 549-554, 19940401
  69. 講座「行動科学3」行動科学の進歩, 理学療法ジャーナル, 28巻, pp. 613-620, 19940401
  70. 講座「行動科学4」行動科学の学際領域, 理学療法ジャーナル, 28巻, pp. 695-698, 19940401
  71. 動物心理学への招待-動物の弁別学習と脳, 広大フォーラム: 開かれた学問, 325巻, pp. 225-227, 19960401
  72. 海馬θ波を用いた時間知覚における海馬機能の検討, 行動科学, 42巻, 2号, pp. 115-120, 20031201
  73. ピーク法によるタイミング行動の形成と時間的分布, 広島大学総合科学部紀要IV(理系編), 29巻, pp. 57-70, 20031201
  74. Plasma catecholamine levels during rat’s transposition response., Proceedings of the International Union of Physiological Sciences, 16巻, pp. 166, 19860701
  75. ラットのピーク法におけるタイミング行動の検討―セルフスタートレバーとギャップ手続きの効果―, 広島大学総合科学部紀要IV(理系編), 30巻, pp. 1-18, 20041201
  76. LORETA analysis of CNV in time perception., International Congress Series, 1270巻, pp. 291-294, 20040401
  77. Increase in spontaneous activity in rats fed diets containing Sake lees or Sake yeast., Food Science Technology Research, 10巻, 3号, pp. 300-302, 20040601
  78. An ERP study of temporal discrimination in rats., Behavioural Processes, 71巻, 2-3号, pp. 235-240, 20060201
  79. Timing and hippocampal theta in animals., Reviews in the Neurosciences, 17巻, 1-2号, pp. 157-162, 20060401
  80. ラットの自発的回転輪走行に及ぼす体重制限の効果, 動物心理学研究, 56巻, 2号, pp. 107-111, 20061201
  81. 動物の時間 実験データが示すもの, 心理学ワールド 実務教育出版, 32巻, pp. 21-24, 20060101
  82. Temporal peak behavior and EEG power of the striatum in rats., 12th Biennial ISCP Meeting, 20040901
  83. Temporal discrimination and EEG power of the hippocampus in rats., The FASEB journal, 19巻, 5号, pp. 678.2., 20050701
  84. Event-related potentials during the auditory iscrimination oddball task in the rat., International Australasian Winter Conference on Brain Research., 24巻, pp. 34, 20060801
  85. ラットの自発的回転輪走行と海馬脳波のセッション内変動, 行動科学, 45巻, 1号, pp. 65-75, 20061130
  86. Peak-interval procedure and hippocampal EEG in rats, Society for Neuroscience, 20071106
  87. マウスのエタノール経口摂取にともなう酔いの2種類の行動的評価, 動物心理学研究, 58巻, 1号, pp. 1-13, 20080601
  88. Social isolation stimulates hippocampal estradiol synthesis, Bichem. Biophys. Res. Commun, 379巻, pp. 480-484, 20090201
  89. ラットにおける負パターン課題の誤反応の分析, 人間科学研究, 3巻, pp. 29-38, 20081201
  90. Identification of rat P3-like processes in anterior cingulate cortex and hippocampus., Neuroscience Letters, 472巻, 1号, pp. 43-46, 20100301
  91. 前部帯状皮質におけるラットP3-like成分の検討, 行動科学, 48巻, 2号, pp. 103-114, 20100101
  92. 事象関連電位P3成分における動物モデルの構築 ―ラット前部帯状皮質に着目して―, 行動科学, 49巻, 2号, pp. 91-98, 20110301
  93. 成体期黒質損傷ラットにおける時間知覚の行動科学的検討, 人間科学研究, 6巻, pp. 1-11, 20111201
  94. The Role of the Rat Anterior Cingulate Cortex in Signal Detection: An Event-Related Potential Study., Horizons in Neuroscience Research, 13巻, pp. 139-149, 20140201
  95. 動物の学習能力, 広島生物, 35巻, pp. 1-8, FEB 01 2014
  96. Event-related potentials elicited by wrong terminal notes: effects of temporal disruption, BIOLOGICAL PSYCHOLOGY, 52巻, 1号, pp. 1-16, 200002
  97. Event-related potentials in the frontal cortex, hippocampus, and cerebellum during a temporal discrimination task in rats, COGNITIVE BRAIN RESEARCH, 17巻, 2号, pp. 380-387, 200307
  98. Increase in spontaneous locomotive activity in rats fed diets containing Sake lees or Sake yeast, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 10巻, 3号, pp. 300-302, AUG 2004
  99. An ERP study of temporal discrimination in rats, BEHAVIOURAL PROCESSES, 71巻, 2-3号, pp. 235-240, 20060228
  100. Social isolation stimulates hippocampal estradiol syntheses, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 379巻, 2号, pp. 480-484, 20090206
  101. Environmental enrichment alters gene expression of steroidogenic enzymes in the rat hippocampus, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 171巻, 1号, pp. 28-32, 20110301
  102. Change in hippocampal theta activity with transfer from simple discrimination tasks to a simultaneous feature-negative task, FRONTIERS IN BEHAVIORAL NEUROSCIENCE, 8巻, 20140603
  103. 時間情報処理と海馬機能 (特集 生理心理学の最近のトピックス), 生理心理学と精神生理学, 26巻, 1号, pp. 17-26, 200804
  104. Social isolation increases mRNA contents of estradiol synthetic enzymes, NEUROSCIENCE RESEARCH, 61巻, pp. S187-S187, 2008
  105. ラットのピーク法におけるタイミング行動の検討--セルフスタートレバーとギャップ手続きの効果, 広島大学総合科学部紀要 4 理系編, 30巻, pp. 1-18, 2004
  106. 特集「時間認知の解明への学際的アプローチ」巻頭言, 基礎心理学研究, 34巻, 1号, pp. 1-1, 20150930
  107. 先行経験の違いがラットの衝動性の指標に及ぼす影響, 人間科学研究, 10巻, pp. 1-7, 20151231
  108. 新生仔期 NMDA 受容体慢性遮断がラットの間隔二等分課題遂行に及ぼす影響, 生理心理学と精神生理学, 33巻, 3号, pp. in press
  109. Go/No-go 刺激弁別課題中の海馬θ波活動, 行動科学, 55巻, 1号, pp. 61-71, 20160930
  110. IP002 ラットの時間知覚における脳内電気活動のスペクトル分析による検討, 動物心理学研究, 53巻, 2号, 20031225
  111. マウスのエタノール経口摂取にともなう酔いの2種類の行動的評価, 動物心理学研究, 58巻, 1号, pp. 1-13, 20080625
  112. 時間知覚の数理モデル(高専・大学,第91回全国算数・数学教育研究(京都)大会第56回近畿算数・数学教育研究(京都)大会日本数学教育学会第91回総会), 日本数学教育学会誌. 臨時増刊, 総会特集号, 91巻, 20090801
  113. ラットの逆転弁別課題と前部帯状皮質(ACC)のP2成分の関連(日本基礎心理学会第30回大会,大会発表要旨), 基礎心理学研究, 30巻, 2号, 20120331
  114. ラットの時間弁別課題における二等分点移動の検討(日本基礎心理学会第31回大会,大会発表要旨), 基礎心理学研究, 31巻, 2号, 20130330
  115. ★, The role of the hippocampal theta rhythm in non-spatial discrimination and associative learning task., Neuroscience & Biobehavioral Reviews, In press巻, 2018. 09. 16

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Symposium ‘Hippocampal circuit and functions in rodents’, 坂田 省吾, XVIth Biennial Meeting of the International Society for Comparative Psychology, Jaén, Spain., 2012年09月, 招待, 日本語
  2. 生理心理学の教育・研究の今-動物実験の立場から-,心理学における生理心理学の今を考える, 坂田 省吾, 第29回日本生理心理学会大会シンポジウム, 2011年05月, 招待, 日本語
  3. Hippocampal Theta and Learning Behavior, 坂田 省吾, 17th Biennial Meeting of the International Society for Comparative Psychology, Bogota Colombia, 2014年09月, 招待, 日本語, ボゴタ,コロンビア
  4. ラットにおける時間認知と脳活動, 坂田省吾, 日本生理心理学会, 2014年05月17日, 招待, 日本語, 筑波大学

受賞

  1. 2013年09月16日, 日本動物心理学会優秀発表奨励賞, 日本動物心理学会, ラット海馬θ活動の減少と刺激弁別課題の関係

社会活動

学術会議等の主催

  1. 15th Biennial Scientific Meeting of The International Society for Comparative Psychology, 大会実行委員, 2010年05月
  2. 第32回日本行動科学学会ウィンターカンファレンス, 大会実行委員会, 2015年03月, 2016年03月
  3. 18th Biennial Meeting of the International Society for Comparative Psychology, 組織委員会委員, 2014年09月, 2016年07月
  4. 17th Biennial Meeting of the International Society for Comparative Psychology, 運営委員会, 2012年09月, 2014年09月
  5. International Behavioral Neuroscience Society for the 26th Annual Meeting, IBNS2017広島 国内組織委員会, 2016年06月, 2017年06月