浅川 学Manabu Asakawa

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科生生・生理活性天然物化学(生生支援室)教授
メールアドレス
asakawahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 水産学博士(北海道大学)
  • 水産学修士(北海道大学)

研究分野

  • 農学 / 水圏応用科学 / 水圏生命科学

研究キーワード

  • プロスタグランジン
  • 渦鞭毛藻
  • フグ毒
  • ドーモイ酸
  • 麻痺性貝毒

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 1ターム, 生命・食・環境のサイエンス
  2. 2019年, 教養教育, 3ターム, 食の安心・安全と健康科学
  3. 2019年, 学部専門, 3ターム, 水産食品化学
  4. 2019年, 学部専門, 1ターム, 生物生産学入門
  5. 2019年, 学部専門, 集中, 基礎物理学実験
  6. 2019年, 学部専門, 2ターム, 外書講読
  7. 2019年, 学部専門, 3ターム, 生物生産リサーチフロント
  8. 2019年, 学部専門, 1ターム, 生物統計学
  9. 2019年, 学部専門, 集中, 海洋生物資源化学実験
  10. 2019年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  11. 2019年, 学部専門, 集中, 水産食品製造学実験実習
  12. 2019年, 学部専門, 集中, (AIMS) Modern Food Science
  13. 2019年, 学部専門, 3ターム, Modern Food Science
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 食資源科学実験
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, ターム外(前期), 水圏毒物学
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, ターム外(前期), 水産食品衛生分析化学
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品生命科学特別演習A
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 食品生命科学特別演習A
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品生命科学特別演習B
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品生命科学特別演習B
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 食品生命科学特別研究
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生理活性天然物化学Ⅰ
  24. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生理活性天然物化学Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 麻痺性貝毒産生渦鞭毛藻によるアサリの毒化試験とその毒組成について, Journal of the Food Hygienics Society of Japan, 46巻, 6号, pp. 251-255, 20050215
  2. Alexandrium tamarenseにより毒化した広島湾産二枚貝に含まれる麻痺性貝毒成分, Journal of the Food Hygienics Society of Japan, 34巻, 1号, pp. 50-54, 19930401
  3. 1993年から2004年における広島湾産麻痺性貝毒産生渦鞭毛藻の発生状況とその毒組成について, Journal of the Food Hygienics Society of Japan, 46巻, 6号, pp. 246-250, 20050201
  4. 麻痺性貝毒により毒化したカキ缶詰,乾製品及びオイスターソース製造中における毒性の変化, Journal of the Food Hygienics Society of Japan, 36巻, 1号, pp. 35-41, 19950401
  5. 広島県呉湾産マヒトデにおける麻痺性貝毒の存在について, Toxicon, 35巻, 7号, pp. 1081, 19970401
  6. トラフグから採取したコペポーダPseudocaligus fuguからの微生物の単離と諸性状, Toxicon, 50巻, pp. 779-790, 20071031
  7. 広島県二河川河口に生息するアカニシRapana venosaのPSPによる毒化について, Marine Pollution Bulletin, 48巻, pp. 1116-1121, 20040401
  8. Survey of Food Poisoning Incidents in Japan Due to Ingestion of Marine Boxfish, along with Their Toxicity, JOURNAL OF THE FOOD HYGIENIC SOCIETY OF JAPAN, 50巻, 5号, pp. 270-277, 20091001
  9. Paralytic toxins in a ribbon worm Cephalothrix species (Nemertean) adherent to cultured oysters in Hiroshima Bay, Hiroshima Prefecture, Japan, TOXICON, 38巻, 6号, pp. 763-773, 36678
  10. Paralytic toxicity in the ribbon worm Cephalothrix species (Nemertea) in Hiroshima Bay, Hiroshima Prefecture, Japan and the isolation of tetrodotoxin as a main component of its toxins, TOXICON, 41巻, 7号, pp. 747-753, 42889
  11. Occurrence of PSP-producing dinoflagellate Alexandrium tamiyavanichii in Bingo-Nada, the central coastal water of the Seto Inland Sea, Hiroshima Prefecture, Japan, MARINE POLLUTION BULLETIN, 56巻, 4号, pp. 758-763, 42833
  12. Urgent topics on tropical and subtropical poisonous fishes and toxic benthic dinoflagellates, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 74巻, 5号, pp. 908-908, 42986
  13. Developmental stages and growth of Pseudocaligus fugu Yamaguti, 1936 (Copepoda: Siphonostomatoida: Caligidae) host-specific to Puffer, JOURNAL OF NATURAL HISTORY, 43巻, 29-30号, pp. 1779-1804, 2009
  14. コイ胆汁から単離した毒成分の構造, Toxicin, 28巻, 9号, pp. 1063-1069, 19900401
  15. ナシフグFuqu vermicularis radiatusの毒性の地域差, 食品衛生学雑誌, 32巻, 3号, pp. 149-154, 19910401
  16. 北海道噴火湾産の有毒プランクトンProtogonyanlax tamarensisからのgonyautoxin-8及びそのエピマー検出, 衛生化学, 30巻, 5号, pp. 328-331, 19840401
  17. フグ毒の話, 食生活研究, 10巻, pp. 5, 19880401
  18. 麻痺性貝毒成分の生化学的還元剤による変換, 衛生化学, 33巻, pp. 1, 19870401
  19. 麻痺性貝毒成分の化学的還元的変換, 衛生化学, 32巻, pp. 3, 19860401
  20. スペイン産セイヨウトコブシの毒性, 食品衛生学雑誌, 35巻, 5号, pp. 548-549, 19940401
  21. 広島湾産毒化二枚貝の毒化原因としての渦鞭毛藻Alexandrium tamarense, Toxicon, 33巻, 5号, pp. 691-697, 19950401
  22. 広島湾産マヒトデAsterias amurensisに含まれる麻痺性貝毒について, 第12回動植物及び微生物毒に関する国際会議講演要旨集, pp. 17, 19970401
  23. 広島湾産養殖マガキに付着するヒモガタ動物Cephalothrix sp.に含まわる麻ひ毒について, Toxicon, 38巻, pp. 763-773, 20000401
  24. Phosphorylation of the Sendai virus M protein is not essential for virus replication either in vitro or in vivo., Virology, 235巻, pp. 360-366, 19970401
  25. Tetrodotoxin and its related substances in the ribbon worm identified as undescribed species of the genus Proceohalothrix in Hiroshima Bay,Hiroshima Prefecture, Japan., 第12回動植物及び微生物毒に関する国際会議講演要旨集, pp. 18-22, 20000901
  26. 神奈川県横浜市野島沿岸産紅藻オゴノリによる中毒, Journal of the Food Hygienics Society of Japan, 32巻, 12号, pp. 1533-1538, 19941201
  27. バイの毒, 11巻, 4号, pp. 361-366, 19981025
  28. コイ中毒, pp. 4-7, 19910101
  29. 魚介類による中毒, pp. 145-152, 19890201
  30. 噴火湾における有毒プランクトン(Protogonyaulax tamarensis)の麻痺性貝毒成分の同定, 北大水産研究彙報, 34巻, pp. 35-41, 19830301
  31. Protogonuaulax tamarensisと比較した噴火湾産毒化ホタテガイの麻痺性貝毒成分, 北大水産研究彙報, 34巻, pp. 140-147, 19830601
  32. 麻痺性貝毒に対するpH、加熱の影響~毒化ホタテガイのボイル加工、缶詰加工に関連して~., 北大水産研究彙報, 34巻, pp. 260-263, 19830801
  33. Quantitative relationship between PSP components of Protogonyaulax tamarensis and of scallops from Funka Bay, Hokkaido., Bull. Fac. Fish. Hokkaido Univ., 34巻, pp. 345-349, 19831201
  34. ホタテガイのボイル加工による毒の除去-Ⅱ., 函館短期大学研究報告, 19巻, pp. 19-21, 19830228
  35. 北海道噴火湾産のムラサキイガイに含まれる麻痺性貝毒について, 衛生化学, 30巻, pp. 19-22, 19840401
  36. 北海道噴火湾産の毒化ホタテガイにおける部位別PSP組成について, 衛生化学, 31巻, pp. 201-204, 19850401
  37. 麻ひ性貝毒成分の加圧加熱処理による組成変化について~毒化ホタテガイの缶詰加工に関連して~, 北大水産研究彙報, 37巻, pp. 252-256, 19860801
  38. First occurrence of Alexandrium catenella in Funka Bay, Hokkaido, along with its unique toxin composition, Toxic Marine Phytoplankton, pp. 439-498, 19900401
  39. Isolation of a toxin from carp (Cyprinus carpio) bile, J. Food Hyg.Soc. Japan, 31巻, pp. 222-226, 19900401
  40. 国内産アワビ、トコブシの安全性, 日本水産学会誌, 61巻, pp. 636-637, 19950401
  41. Paralytic toxins in a ribbon worm Cephalothrix species (Nemertean) adherent to cultured oysters in Hiroshima Bay, Hiroshima Prefecture, Japan, Toxicon, 38巻, pp. 763-773, 20000401
  42. プロスタグランジンの産生とその特性, 海藻資源, 5巻, pp. 53-56, 20010101
  43. Occurrence of paralytic shellfish poison (PSP) in the starfish Asteria pectinifera collected from the Kure Bay, Hiroshima Prefecture, Japan, Toxicon, 41巻, pp. 291-295, 20030401
  44. Paralytic toxicity in the ribbon worm Cephalothrix species (Nemertea) in Hiroshima Bay, Hiroshima Prefecture, Japan and the isolation of tetrodotoxin as a main component of its toxins, Toxicon, 41巻, pp. 747-753, 20030401
  45. Immunoenzymatic visualization of tetrodotoxin (TTX) in Cephalothrix species (Nemertea: Anopla: Palaeonemertea : Cephalothrichidae) and Planocera reticulate (Platyhelminthes: Turbellaria : Polycladia:Planoceridae., Toxicon, 44巻, pp. 515-520, 20040401
  46. Mouse bioassay and partial characterization of the toxic substance in Caulerpa lentillifera, UPV J. Nat. Sci., 12巻, pp. 75-82, 20070101
  47. 軟体動物ウミフクロウの有毒成分について, 四国大学紀要, 24巻, pp. 9-12, 20070101
  48. パリトキシンの高速液体クロマトグラフィーによる微量分析, 四国大学紀要, 24巻, pp. 13-17, 20070101
  49. Occurrence of PSP-Producing dinoflagellate Alexandrium tamiyavanichii in Bingo-Nada, the central coastal water of the Seto Inland Sea, Hiroshima Prefecture, Japan, Mar. Pollut. Bull., 56巻, pp. 758-763, 20080401
  50. 魚介類、海藻の毒, 中毒研究, 21巻, pp. 285-292, 20080101
  51. Isolation and characterization of bacteria from the copepod Pseudocaligus fugu ectoparasitic on the panther puffer Takifugu pardalis wth the emphasis on TTX, Toxicon, 50巻, pp. 779-790, 20070705
  52. クサフグTakifugu niphoblesに寄生する2種類のコペポーダにおけるフグ毒の検出, Toxicon, 48巻, pp. 620-626, 20060620
  53. トラフグTakifugu pardalisに寄生するコペポーダにおけるフグ毒の蓄積, Toxicon, 48巻, pp. 116-122, 20060419
  54. 麻痺性貝毒産生渦鞭毛藻投与によるカキの毒化試験とその毒組成について, Journal of the Food Hygienics Society of Japan, 47巻, 1号, pp. 28-32, 20050316
  55. Occurrence of paralytic shellfish poison (PSP) in the starfish Asterina pectinifera collected from the Kure Bay, Hiroshima Prefecture, Japan, TOXICON, 41巻, 3号, pp. 291-295, MAR 1 2003
  56. PSP-toxicification of the carnivorous gastropod Rapana venosa inhabiting the estuary of Nikoh River, Hiroshima Bay, Hiroshima Prefecture, Japan, MARINE POLLUTION BULLETIN, 48巻, 43051号, pp. 1116-1121, 42890
  57. Immunoenzymatic visualization of tetrodotoxin (TTX) in Cephalothrix species (Nernertea : Anopla : Palaeonemertea : Cephalotrichidae) and Planocera reticulata (Platyhelminthes : Turbellaria : Polycladida : Planoceridae), TOXICON, 44巻, 5号, pp. 515-520, 43012
  58. Occurrence of paralytic shellfish poison (PSP)-producing dinoflagellate Alexandrium tamarense in Hiroshima Bay, Hiroshima Prefecture, Japan, during 1993-2004 and its PSP profiles, JOURNAL OF THE FOOD HYGIENIC SOCIETY OF JAPAN, 46巻, 6号, pp. 246-250, 43074
  59. Paralytic shellfish poison (PSP) profiles and toxification of short-necked clams fed with the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense, JOURNAL OF THE FOOD HYGIENIC SOCIETY OF JAPAN, 46巻, 6号, pp. 251-255, 43074
  60. Accumulation of paralytic shellfish poison (PSP) and biotransformation of its components in oysters Crassostrea gigas fed with the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense, JOURNAL OF THE FOOD HYGIENIC SOCIETY OF JAPAN, 47巻, 1号, pp. A28-A32, 42772
  61. Detection of tetrodotoxin (TTX) from two copepods infecting the grass puffer Takifugu niphobles: TTX attracting the parasites?, TOXICON, 48巻, 6号, pp. 620-626, 43045
  62. Highly Toxic Ribbon Worm Cephalothrix simula Containing Tetrodotoxin in Hiroshima Bay, Hiroshima Prefecture, Japan, TOXINS, 5巻, 2号, pp. 376-395, 42779
  63. Taxonomic Identity of a Tetrodotoxin-Accumulating Ribbon-worm Cephalothrix simula (Nemertea: Palaeonemertea): A Species Artificially Introduced from the Pacific to Europe, ZOOLOGICAL SCIENCE, 30巻, 11号, pp. 985-997, 43052
  64. Food Poisonings by Ingestion of Cyprinid Fish, TOXINS, 6巻, 2号, pp. 539-555, 42780
  65. 富山県魚津補助港のトゲモミジガイの食性, 富山の生物(富山県生物学会誌), 52巻, pp. 101-104, 201305
  66. 身の回りに潜む海洋生物毒と健康危機管理, 食品衛生学雑誌, 54巻, pp. 233-236, 201310
  67. Paralytic toxin profiles of xanthid crab Atergatis floridus collected on reefs in Ishigaki Island, Okinawa Prefecture, Japan and Camotes Island, Cebu Province, Philippines, Sci.J. Clinic. Med., 19巻, 1号, 201409
  68. ハコフグ類の喫食による食中毒の実態と同魚類の毒性調査, 食品衛生学雑誌, 50巻, pp. 270-277
  69. Partial biochemical characterization of egg masses of the wedge seahare Dolabella auricularia (Lighfoot, 1786), Tropical Technology Journal, 19巻, 1号, 201508
  70. 水産学に必要不可欠な形態学、分類学-特にバイオミメティクスとの関連から, 遺伝, 69巻, 5号, pp. 398-404, 201509
  71. ★, Toxicity and Toxin Composition of the Greater Blue-Ringed Octopus Hapalochlaena lunulata from Ishigaki Island, Okinawa Prefecture, Japan, Toxins, 11巻, pp. 245, 2019, April, 29
  72. ★, 海洋動物プランクトンとバクテリアの関係, 日本プランクトン学会報, 66巻, 2号, pp. 86-100, 2019,June,17

著書等出版物

  1. 2013年-0月, シンポジウム 身の回りに潜む海洋生物毒と健康危機管理, 食品衛生学雑誌 / 日本食品衛生学会 [編], 浅川 学
  2. 1990年06月, FIRST OCCURRENCE OF ┣DBALEXANDRIUM(/)-┫DB ┣DBCATENELLA(/)-┫DB IN FUNKA BAY, HOKKAIDO, ALONG WITH ITS UNIQUE TOXIN, Toxic Marine Phytoplankton, 1990年, 共著, E, 204
  3. 1992年03月, Paralytic Shellfish Poison in Marine Fouling Organisms, EMERGING FOOD SAFETY PROBLEM RESULTING FROM MICROBIAL CONTAMINATION, 1992年, 共著, E, 浅川 学
  4. 2001年03月, 海と大地の恵みのサイエンス, 5.食資源の独, サキシトキシン、シガトキシン, 共立出版, 2001年, 3, 単行本(一般書), 共著, J, 浅川 学、宮澤啓輔, 4-320-05569-1, 204
  5. 2001年10月, 「オゴノリの利用と展望」, プロスタグランジンの産生とその特性, 紅藻類、オゴノリ、プロスタグランジン, 恒星社厚生閣, 2001年, 10, 単行本(学術書), 共著, J, 浅川 学、宮澤啓輔, 4-7699-0955-1 C3362, 10
  6. 2012年, 10, 単行本(学術書), 共著, English, 978-953-51-0813-9, 428, 26

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 沖縄県石垣島産オオマルモンダコの毒性と毒成分, 浅川 学、藤井美和子、笘野哲史、大塚 攻、山内望由季、梅崎航平、金子恭一朗、松本拓也, 松本拓也, 第10回 毒性学と応用薬理学に関する国際会議, 2017年72月, 通常, 英語, シカゴ(米国)
  2. 浅川 学, International Conference on Food Safety and Engineering, 2016年10月19日, 招待, 英語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 食品の安心・安全確保推進研究事業, 魚介類に含まれる食中毒原因物質の分析法に関する研究, 2005年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 亜熱帯域に生息する有毒甲殻類に含まれる高機能性新規構造多糖類に関する研究, 2011年, 2013年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 水族寄生生物の生活史、特に感染期の宿主特異性に関する研究, 2008年, 2012年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 紅藻類に含まれるフグ寄生性カイアシ類の新規駆虫成分に関する研究, 2008年, 2010年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ハコフグの喫食による特異的食中毒とその原因毒の諸性状, 2006年, 2007年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 広島湾産養殖マガキに付着する紐形動物の毒性と毒成分の諸性状, 1999年, 2000年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), オゴノリ科紅藻類におけるPGE2およびその関連物質の生成に関する研究, 1998年, 1999年
  8. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 海藻食中毒に関連してオゴノリ科紅藻のPGE2生成酵素に関する研究, 1995年, 1995年
  9. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 麻痺性貝毒により毒化した養殖カキの減毒と有効利用に関する研究, 1994年, 1994年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 亜熱帯産紅藻類に含まれる感染症媒介性双翅目昆虫に対する新規誘引物質に関する研究, 2015年, 2017年
  11. 学術研究助成基金助成金(基盤研究(C)), 海洋におけるカイアシ類とバクテリア類の相互作用に関する研究, 2016年, 2018年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 紅藻類に含まれる急性胃腸炎原因アニサキス寄生虫に対する新規駆虫物質に関する研究

社会活動

学術雑誌論文査読歴

  1. 2007年, 食品衛生学雑誌, その他, 査読委員
  2. 2007年, 食品衛生学雑誌, その他, 査読委員
  3. 2014年, 食品衛生学雑誌
  4. 2014年
  5. 2016年, その他, 査読, 1
  6. 2019年, 編集員