Dr.郁子IkukoOgawa

Last Updated :2019/10/09

所属・職名
病院口腔検査センター口腔検査センター講師
メールアドレス
dlabo-hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
口腔顎顔面領域に発生する疾患の検査、特に病理診断が専門.唾液腺,歯原性疾患や口腔扁平上皮癌についての診断病理学的研究を行っている.

基本情報

主な職歴

  • 1993年11月01日, 1994年01月31日, 広島大学, 助手
  • 1994年02月01日, 広島大学, 講師
  • 1980年04月01日, 1986年03月31日, 広島大学, 助手

学位

  • 歯学博士(広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 形態系基礎歯科学

研究キーワード

  • 癌遺伝子
  • 病理学的診断
  • 癌抑制遺伝子
  • 頭頚部
  • 唾液腺腫瘍
  • 口腔癌
  • 臨床病理学

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 臨床見学演習・実習
  2. 2019年, 学部専門, 1ターム, 口腔病理学実習I
  3. 2019年, 学部専門, 2ターム, 口腔病理学実習II
  4. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 臨床見学演習・実習
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, 診断・検査学
  6. 2019年, 学部専門, 4ターム, 歯科医療管理学示説A
  7. 2019年, 学部専門, 年度, 臨床実習(口腔検査学)
  8. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 口腔工学概論
  9. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健工学臨床的実習
  10. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 口腔保健工学臨床的実習
  11. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健工学臨床的実習
  12. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔顎顔面病理病態学特別演習
  13. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔顎顔面病理病態学特別演習
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔顎顔面病理病態学特別実験
  15. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔顎顔面病理病態学特別実験
  16. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔顎顔面病理病態学特別演習
  17. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔顎顔面病理病態学特別演習
  18. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔顎顔面病理病態学特別研究
  19. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔顎顔面病理病態学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Histopathological evaluation including cytokeratin 13 and Ki-67 in the border between Lugol-stained and -unstained areas, ONCOLOGY REPORTS, 24巻, 1号, pp. 9-14, JUL 2010
  2. Sclerosing odontogenic carcinoma with benign fibro-osseous lesion of the mandible: An extremely rare case report, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 60巻, 10号, pp. 694-700, OCT 2010
  3. Ameloblastin Regulates Osteogenic Differentiation by Inhibiting Src Kinase via Cross Talk between Integrin beta 1 and CD63, MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 31巻, 4号, pp. 783-792, FEB 2011
  4. Multifocal nodular oncocytic hyperplasia of bilateral parotid glands: A case report with a histological variant of clear cells, PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 207巻, 7号, pp. 452-455, 2011
  5. MMP-10/Stromelysin-2 Promotes Invasion of Head and Neck Cancer, PLOS ONE, 6巻, 10号, OCT 5 2011
  6. Myxolipoma in the tongue - A clinical case report and review of the literature, HEAD & NECK ONCOLOGY, 3巻, DEC 20 2011
  7. 上顎の無色素性悪性黒色腫の1例, 日口外誌, 40巻, pp. 1006-1008, 19940401
  8. Reduced Expression of Cyclin-dependent Kinase Inhibitor p27Kip1 is an Indicator of Malignant Behavior of Oral Squamous Cell Carcinomas, Cancer, 83巻, pp. 2447-2466, 19980401
  9. nm23-H1 expression in salivary adenoid cystic carcinoma in relation to metastasis and survival, Oncology Reports, 4巻, pp. 707-711, 19970401
  10. p27Kip1 accumulation by inhibition of proteasome function induces apoptosis in Oral Squamous cell carcinoma cells, Clinical Cancer Research, 6巻, pp. 916-923, 20000401
  11. Reduced expression of p27Kip1 correlates with and early stage of cancer invasion in Oral Squamous cell carcinoma, Cancer Letters, 151巻, pp. 217-222, 20000401
  12. Reduced expression of p27Kip1 protein in relation to salivary adenoid cystic carcinoma metastasis, Cancer, 86巻, pp. 928-835, 19990401
  13. Clinical and histopathological analyses of desmoplastic ameloblastoma, Pathology Research and Practice, 195巻, pp. 669-675, 19990401
  14. Bio Synthesis of glycosaminoglycans and aggrecan by tumor cells in salivary pleomorphic adenoma : ulbrastructural evidence, Journal of Oral Pathology & Medicine, 28巻, pp. 442-450, 19990401
  15. So-called ’hybrid’ lesion of desmoplastic and convertional ameloblastoma : Report of a case and review of the literature, Pathology International, 49巻, pp. 1014-1018, 19990401
  16. Immunoexpression of transforming growth factor β in desmoplastic ameloblastoma, Virchows arch, 436巻, pp. 319-323, 20000401
  17. Clear cell tumors of minor salivary gland origin. An immunohistochemical and ultrastructural analysis, Oral Surgery= Oral Medicine and Oral Pathology, 72巻, 2号, pp. 200-207, 19910401
  18. 疣贅型黄色腫 -自験4症例と文献151例からみた臨床病理学的検討-, pp. 2430-2437, 19880401
  19. Immunocytochemical and ultrastructural features of mucoepidermoid tumors, 4th International Congress of the International association of Oral Pathologists, 19880401
  20. Histologic evaluation of myoepithelial participation in salivary gland tumors, International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, 15巻, pp. 597-605, 19860401
  21. 腺リンパ腫上皮成分の超微構造に関する検討, pp. 143-153, 19830401
  22. Ultrastructural cytochemical demonstration of elastin in the matrix of salivary gland tumors, Acta Pathologica Japonica, pp. 1171-1181, 19830401
  23. Bone formation in a carcinoma of the maxillary antrum, DENTOMAXILLOFAC RAD, 28巻, pp. 375-377, 19990401
  24. Cytokine expression in rat molar gingival periodontal tissues after topical application of lipopolysaccharide, Histochem Cell Biol, 116巻, pp. 57-62, 20010401
  25. Reduced expression of CD44 variant 9 is related to lymph node metastasis and poor survival in squamous cell carcinoma of tongue, Oral Oncology, 36巻, pp. 545-549, 20000401
  26. Expression of p53 and p21CIP1/WAF1 proteins in oral epithelial dysplasias and squamous cell carcinomas., Oncology Reports, 6巻, pp. 539-545, 19990401
  27. 下顎第二大臼歯に発生したparadental cystの1例, 広島歯誌, 29巻, pp. 34-37, 20010401
  28. Pleomorphic adenoma with extensive adenoid cystic carcinoma-like cribriform areas of parotid gland, Pathology International, 53巻, pp. 30-34, 20030401
  29. Solitary fibrous tumor with malignant potential arising in sublingual gland., Pathology International, 53巻, pp. 40-45, 20030401
  30. Inhibition of CD44v9 upregulates the invasion ability of oral squamous cell carcinoma cells., Oral Oncology, 39巻, pp. 27-30, 20030401
  31. Transfection of p27Kip1 threonine residue 187 mutant type gene, which is not influenced by ubiquitin-mediated degradation, induces cell cycle arrest in oral squamous cell carcinoma cells., Oncology, 63巻, pp. 398-404, 20020401
  32. 腺様嚢胞癌におけるp27Kip1タンパク発現低下の臨床的意義とその機序, 日本唾液腺学会誌, 41巻, pp. 64-66, 20000401
  33. 口腔扁平上皮癌におけるプロテアソームによるp27Kip1タンパクの分解, 口腔組織培養研究会誌, 7巻, pp. 79-80, 19980401
  34. 腺様嚢胞癌様の組織像を広範に伴った多形性腺腫の1例, 日本唾液腺学会誌, 2001巻, pp. 21-24, 20010401
  35. 生検診断が困難であった舌下腺部 solitary fibrous tumor の1例, 日本唾液腺学会誌, 41巻, pp. 23-24, 20000401
  36. 口腔癌の放射線治療後に発生した悪性線維性組織球腫, 病院病理, 16巻, pp. 19, 19980401
  37. 歯原性腫瘍の組織発生と病態, 病理と臨床, 19巻, pp. 275-280, 20010401
  38. 細胞周期と口腔癌, 広島大学歯学雑誌, 31巻, pp. 183-185, 19990401
  39. Immunolocalization of CXC chemokine and recruitment of polymorphonuclear leukocytes in the rat molar periodontal tissue after topical application of lipopolysaccharide., Histochemistry and Cell Biology, 121巻, pp. 291-297, 20040401
  40. Immuno-localization of COX-1 and COX-2 in the rat molar periodontal tissue after topical application of lipopolysaccharide., Archives of Oral biology, 49巻, pp. 739-746, 20040401
  41. Invasion and metastasis of oral cancer cells require methylation of E-cadherin and/or degradation of membranous beta-catenin., Clinical Cancer Research, 10巻, pp. 5455-5463, 20040401
  42. Two Malignant Myoepitheliomas of Intraoral Minor Salivary Glands:, Int. J. Oval Maxillofac. Sung., 26巻, pp. 259, 19970401
  43. Studies on the novel gene diagnosis and therapy targeting p27 and its related factors for oral malignancies., Journal of Oral Biosciences, 46巻, pp. 97-106, 20040401
  44. Down-regulation of Cdk inhibitor p27 in oral squamous cell carcinoma., Oral Oncology, 41巻, 2号, pp. 105-116, 20050201
  45. Dedifferentiated malignant myoepithelioma of the parotid gland, Pathology International, 53巻, pp. 704-709, 20030401
  46. Establishment of an oral squamous cell carcinoma cell line with high invasive and p27 degradation activity from lymph node metastasis, Oral Oncology, 39巻, pp. 515-520, 20030401
  47. Herniation of an antral polyp through an oro-antral fistula, Oral Medicine and Pathology, 8巻, pp. 101-103, 20030401
  48. Verruciform xanthoma: biological profile of 282 oral lesions based on a literature survey with 9 new cases from Japan, Oral Oncology, 39巻, pp. 325-336, 20030401
  49. Abnomalities of Cdk inhibitor p27 in oral malignancies, Applied Genomics and Proteomics, 2巻, pp. 197-206, 20030401
  50. 篩状構造を示す唾液腺腫瘍の鑑別診断 Differential diagnosis of salivary gland tumors showing cribriform pattern, 病理と臨床, 21巻, pp. 1158-1159, 20040401
  51. 下顎骨前歯部歯槽骨に発生した軟骨肉腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 49巻, pp. 658-661, 20030401
  52. 脱分化型唾液腺腫瘍の2例, 日本唾液腺学会誌, 44巻, pp. 30-32, 20030401
  53. Atypical carcinoid (neuroendocrine carcinoma) of the gingiva: Counterpart of a laryngeal tumor, Pathology International, 54巻, pp. 97-100, 20040401
  54. ガマ腫様の臨床病態を呈したcongenital teratoid cystの1例, 日本唾液腺学会, 45巻, pp. 41-42, 20040401
  55. 能動型臨床研修システムの構築-標準化と個別化に向けて-, 日本歯科医学教育学会雑誌, 21巻, pp. 196-204, 20050401
  56. Establishment of cementoblast cell lines from rat cementum lining cells by transfection with temperature-sensitive simian virus-40 T-antigen gene., BONE, 37巻, pp. 220-226, 20050401
  57. Establishment and characterization of a spindle cell squamous carcinoma cell line, Journal of Oral Pathology and Medicine, 35巻, pp. 479-483, 20060401
  58. Periostin promotes invasion and anchorage-independent growth in the metastatic process of head and neck cancer, Cancer Research, 66巻, pp. 6928-6935, 20060401
  59. Effect of F-spondin on cementoblastic differentiation of human periodontal ligament cells, Biochem. Biophys. Res. Commun., 349巻, pp. 1050-1056, 20060401
  60. 歯原性腫瘍の病理診断, 病理と臨床, 23巻, pp. 1186-1193, 20050401
  61. 唾液腺腫瘍の分子病理, 日本唾液腺学会誌, 46巻, pp. 57-68, 20050401
  62. SCF複合体によるタンパク質のユビキチン化, 広島大学歯学雑誌, 35巻, pp. 221-224, 20030401
  63. 唾液腺腫瘍の遺伝子異常, 病理と臨床, 20巻, pp. 59-63, 20020401
  64. Overexpression of Aurora-A potentiates HRAS-mediated oncogenic transformation and is implicated in oral carcinogenesis., Oncogene, 24巻, 6号, pp. 1122-1127, 20050401
  65. Small interfering RNA targeting of S phase kinase-interacting protein 2 inhibits cell growth of oral cancer cells by inhibiting p27 degradation., Molecular Cancer Therapy, 4巻, pp. 471-476, 20050401
  66. Upregulated CD44v9 expression inhibits the invasion of oral squamous cell carcinoma cells., Pathobiology, 71巻, pp. 171-175, 20040401
  67. Role of Cks1 overexpression in oral squamous cell carcinomas: cooperation with Skp2 in promoting p27 degradation., American Journal of Pathology, 165巻, pp. 2147-2155, 20040401
  68. Concrescence of teeth: cemental union between the crown of an impacted tooth and the roots of an erupted tooth, J Oral Pathol Med, 35巻, pp. 1-3, 20060401
  69. 嚢胞様のX線透過像を示したセメント質骨異形成症の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 4号, pp. 184-187, 20050401
  70. 多発性骨髄腫に移行した下顎骨形質細胞腫の1例, 広島大学歯学雑誌, 36巻, 2号, pp. 209-212, 20040401
  71. 側頭筋内の遊離骨様組織と筋突起過形成様病変により開口障害を呈した1例, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 11号, pp. 547-550, 20051101
  72. 卒後臨床研修の総括的評価におけるOSCEの可能性, 日本歯科医学教育学会雑誌, 20巻, 1号, pp. 127-134, 20040401
  73. Metastatic retinoblastoma of the maxilla and mandible, Dentomaxillofac Radiol, 34巻, pp. 136-131, 20050401
  74. 生物学的根管治療を達成するための根管内細菌嫌気培養検査, 日歯内療誌, 28巻, 1号, pp. 1-8, 20070131
  75. Immortalization and characterization of human dental pulp cells with odontoblastic differentiation., Archives of Oral Biology, 52巻, 8号, pp. 727-731, 20070801
  76. 顎下腺の繊維素性唾液管炎(クスマウル病)の1例, 歯科放射線, 37巻, 2号, pp. 151-155, 19970318
  77. 嚢胞様病態を呈したWarthin腫瘍の一例, 広島大学歯学会雑誌, 31巻, 2号, pp. 215-219, 19991201
  78. Characterization of established cementoblast-like cell lines from human cementum lining cells in vitro and in vivo., Bone, 39巻, 5号, pp. 1035-1042, 20061101
  79. 金属アレルギー被疑患者に対するパッチテストと元素分析の有効性, 広島歯誌, 33巻, pp. 32-36, 20051101
  80. 唾液検査キット総覧, デンタルハイジーン, 27巻, 2号, pp. 182-187, 20070401
  81. Constitutive phosphorylation of aurora-a on ser51 induces its stabilization and consequent overexpression in cancer., PLos ONE, 2巻, 9号, pp. E944, 20070926
  82. Immortalization and characterization of pleomorphic adenoma cells by transfection with the hTERT gene., International Journal Of Oncology, 31巻, 2号, pp. 339-344, 20070801
  83. Degradation of cyclin-dependent kinase inhibitor p27 in oral cancer, Oral Pathology and Medicine, 11巻, pp. 19-26, 20060401
  84. Periostin is frequently overexpressed and enhances invasion and angiogenesis in oral cancer, British Journal of Cancer, 95巻, 10号, pp. 1396-1403, 20060401
  85. Aurora-B expression and its correlation with cell proliferation and metastasis in oral cancer, Virchows Archiv, 450巻, 3号, pp. 297-302, 20070401
  86. Skp2 expression is associated with down-regulation of p27 protein and cell proliferation in salivary adenoid cystic carcinoma, Virchows Archiv, 450巻, 5号, pp. 567-574, 20070501
  87. VEGF-C is associated with lymphatic status and invasion in oral cancer., Journal of Clinical Pathology, IN PRESS巻, 20070301
  88. Analysis of histopathological and immunohistochemical differences of oral squamous cell carcinoma in young and old patients in Sri Lanka., Journal of Oral Pathology and Medicine, 36巻, 6号, pp. 357-362, 20070701
  89. Periostin: novel diagnostic and therapeutic target for cancer., Histology and Histopathology, 22巻, 10号, pp. 1167-1174, 20071001
  90. 広範にpapillary-cysticな組織構築を示し,細胞異型の明瞭な領域を伴った耳下腺原発上皮-筋上皮癌の1例, 診断病理, 22巻, 1号, pp. 231-234, 20050120
  91. 生物学的根管治療を達成するための根管内細菌嫌気培養検査, 28巻, 1号, pp. 1-8, 20070131
  92. 異汗性湿疹の手指症状が口腔内金属の除去治療により緩和された症例, 日本口腔検査学会誌, 1巻, 1号, pp. 31-36, 20090330
  93. 広島大学病院(歯科)総合診療室歯科治療ユニット水系の緑膿菌、レジオネラ属、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌と一般細菌検査, 広大歯誌, 40巻, 2号, pp. 129-135, 20080601
  94. 広島大学病院歯科における歯科用金属アレルギー被疑患者を対象としたパッチテストおよび元素分析の動向ー第一報 過去10年間の業績ー, 広大歯誌, 40巻, pp. 124-128, 20081006
  95. Aberrant beta-catenin expression and adenomatous polyposis coli gene mutation in ameloblastoma and odontogenic carcinoma, Oral Oncology, 45巻, 5号, pp. 103-108, 20090201
  96. IFITM1 promotes the invasion at the early stage of head and neck cancer progression., Clin Cancer Res, 14巻, 19号, pp. 6097-6105, 20081001
  97. Enamel Matrix Derivative Exhibits Anti-inflammation Properties in Monocytes., J Periodontol, 79巻, 3号, pp. 535-540, 20080301
  98. VEGF-C is associated with lymphatic status and invasion in oral cancer., J Clin Pathol., 61巻, 1号, pp. 103-108, 20080101
  99. 偽悪性変化を伴った下顎歯肉腫瘤の1例, 日本口腔科学会雑誌, 59巻, 2号, pp. 63-67, 20100201
  100. 臼歯部に発生した腺性歯原性嚢胞の1例 -国内外での比較および文献的考察-, 日口外誌, 55巻, pp. 359-363, 20090901
  101. 広島大学病院(歯科)口腔総合診療室・研修歯科医の鼻腔口腔内メチシリン耐性ブドウ球菌検査, 広島大学歯学会雑誌, 41巻, 2号, pp. 135-142, 20091001
  102. ドライマウスの臨床統計的検討-広島大学病院ドライマウス外来の診療ー, 日本口腔検査学会雑誌, 2巻, 1号, pp. 69-73, 20100301
  103. 導入した医療情報システムにおける運用状況アセスメント, 医療情報学, 30巻, 3号, pp. 129-132, 20100501
  104. N-cadherin expression is involved in malignant behavior of head and neck cancer in relation to epithelial-mesenchymal transition, HISTOLOGY AND HISTOPATHOLOGY, 26巻, 2号, pp. 147-156, 20110201
  105. 歯科用金属アレルギーの動向 : 過去10 年間に広島大学病院歯科でパッチテストを行った患者データの解析, 口腔検査学会雑誌, 4巻, 1号, pp. 23-29, 20120301
  106. 刺激時唾液分泌量とう蝕リスク検査項目および口腔カンジダ菌数に関する検討, 口腔検査学会雑誌, 5巻, 1号, pp. 31-37, 20130301
  107. EXT1遺伝子変異を認めた下顎骨関節突起軟骨肉腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 58巻, 6号, pp. 357-361, 20120601
  108. Malignant myoepithelioma arising from recurrent pleomorphic adenoma of minor salivary gland, AURIS NASUS LARYNX, 29巻, 1号, pp. 91-94, JAN 2002
  109. Atypical carcinoid (neuroendocrine carcinoma) of the gingiva: Counterpart of a laryngeal tumor, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 54巻, 2号, pp. 97-100, FEB 2004
  110. Overexpression of Aurora-A potentiates HRAS-mediated oncogenic transformation and is implicated in oral carcinogenesis, ONCOGENE, 24巻, 6号, pp. 1122-1127, FEB 3 2005
  111. Metastatic retinoblastoma of the maxilla and mandible, DENTOMAXILLOFACIAL RADIOLOGY, 34巻, 2号, pp. 126-131, MAR 2005
  112. An updated clinical and epidemiological profile of the adenomatoid odontogenic tumour: a collaborative retrospective study, JOURNAL OF ORAL PATHOLOGY & MEDICINE, 36巻, 7号, pp. 383-393, AUG 2007
  113. IFN-Induced Transmembrane Protein 1 Promotes Invasion at Early Stage of Head and Neck Cancer Progression, CLINICAL CANCER RESEARCH, 14巻, 19号, pp. 6097-6105, OCT 1 2008
  114. Ghost cell odontogenic carcinoma arising in calcifying odontogenic cyst, ANNALS OF DIAGNOSTIC PATHOLOGY, 13巻, 6号, pp. 394-397, DEC 2009
  115. Nuclear Survivin expression is correlated with malignant behaviors of head and neck cancer together with Aurora-B, ORAL ONCOLOGY, 46巻, 4号, pp. 263-270, APR 2010
  116. N-cadherin expression is involved in malignant behavior of head and neck cancer in relation to epithelial-mesenchymal transition, HISTOLOGY AND HISTOPATHOLOGY, 26巻, 2号, pp. 147-156, FEB 2011
  117. Matrix Metalloproteinase-13 (MMP-13) Directly and Indirectly Promotes Tumor Angiogenesis, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 287巻, 46号, pp. 38716-38728, NOV 9 2012
  118. Frequent Increased Gene Copy Number and High Protein Expression of tRNA (Cytosine-5-)-Methyltransferase (NSUN2) in Human Cancers, DNA AND CELL BIOLOGY, 31巻, 5号, pp. 660-671, MAY 2012
  119. Periostin Directly and Indirectly Promotes Tumor Lymphangiogenesis of Head and Neck Cancer, PLOS ONE, 7巻, 8号, AUG 30 2012
  120. Establishment of mesenchymal cell line derived from human developing odontoma, ORAL DISEASES, 18巻, 8号, pp. 756-762, NOV 2012
  121. Expression of receptor for hyaluronan-mediated motility (RHAMM) in ossifying fibromas, HISTOLOGY AND HISTOPATHOLOGY, 28巻, 4号, pp. 473-480, APR 2013
  122. Ameloblastic Carcinoma, Secondary Type, of the Mandible: A Case Report, JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY, 71巻, 1号, pp. E58-E62, JAN 2013
  123. Ectomesenchymal chondromyxoid tumor of the tongue: insights on histogenesis, ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY, 115巻, 2号, pp. 233-240, FEB 2013
  124. Selective Enhancing Effect of Early Mitotic Inhibitor 1 (Emi1) Depletion on the Sensitivity of Doxorubicin or X-ray Treatment in Human Cancer Cells, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 288巻, 24号, pp. 17238-17252, JUN 14 2013
  125. Malignant ossifying fibromyxoid tumor of the tongue: case report and review of the literature, HEAD & FACE MEDICINE, 9巻, JUN 24 2013
  126. Peripheral ameloblastoma with histologically low-grade malignant features of the buccal mucosa: a case report with immunohistochemical study and genetic analysis, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL PATHOLOGY, 8巻, 2号, pp. 2085-2089, 2015
  127. The differential expression of mgl mRNA by Porphyromonas gingivalis affects the production of methyl mercaptan, ORAL DISEASES, 21巻, 5号, pp. 626-633, JUL 2015
  128. High-grade epithelial-myoepithelial carcinoma of the parotid gland with mucous cell differentiation, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 65巻, 9号, pp. 490-494, SEP 2015
  129. Odontogenic carcinoma with dentinoid: A new odontogenic carcinoma, Head and Neck Pathology, 8巻, 3号, pp. 421-431, 201441
  130. 耳下腺に発生したintercalated duct lesionとepithelial-myoepithelial carcinomaの中間的な病変と考える一例, 診断病理, 31巻, 2号, pp. 165-169, 201431
  131. 上顎に発生した粘液線維肉腫の一例, 日本口腔外科学会雑誌, 60巻, 6号, pp. 354-358, 201461
  132. Churg-Strayss症候群に併発した舌癌術後頸部リンパ節転移の1例, 広島大学歯学会雑誌, 46巻, 1号, pp. 67-72, 201461
  133. 歯科用金属中のパラジウムによるアレルギーの関与が疑われた口腔扁平苔癬の1症例, 日本口腔検査学会雑誌, 6巻, 1号, pp. 66-70, 201441
  134. 上咽頭原発横紋筋肉腫に対する化学放射線治療約20年後に上顎に派生し,軟骨芽細胞型として前頭部に再発した骨肉腫の1例, 日本臨床細胞広島県支部会報, 35巻, 1号, pp. 47-52, 2014101
  135. microRNA-203 suppresses invasion and epithelial-mesenchymal transition induction via targeting NUAK1 in head and neck cancer, ONCOTARGET, 7巻, 7号, pp. 8223-8239, FEB 16 2016
  136. The FGFR1 inhibitor PD173074 induces osteoclastogenesis in gingival squamous cell carcinoma, Oral Surgery, Oral Medicine, Oral pathology and Oral Radiology, 119巻, 3号, pp. e172, 2015
  137. インプラント術前検査としてのチタンアレルギー検査の意義, 日本口腔検査学会雑誌, 7巻, 1号, pp. 31-34, 2015/3/1
  138. 健常な若年成人を対象としたスクリーニング検査(最大舌圧、咬合力、咬合接触面積、口腔細菌数)による口腔機能・環境の評価 -特に最大舌圧と他の検査結果との比較について-, 日本口腔検査学会誌, 7巻, 1号, pp. 42-46, 2015/3/1
  139. CRTC1-MAML2融合遺伝子を検出した嚢胞状粘表皮癌の1例, 診断病理, 32巻, 4号, pp. 327-330
  140. 術前PET/CTを用いた口腔扁平上皮癌の予後予測に関する臨床統計学的検討, 広島大学歯学雑誌, 47巻, 1号, pp. 8-12
  141. 内部に洞粘膜の観入を認めた大きな上顎骨腫の1例, 日本口腔外科学会誌, 61巻, 12号, pp. 673-677
  142. エナメル上皮腫,エナメル上皮線維腫,角化嚢胞性歯原性腫瘍, 病理と臨床, 33巻, 臨時増刊号号, pp. 50-52, 20150410
  143. 唾液のチカラ, DHstyle, 9巻, 107号, pp. 15-33, 20150301
  144. Human odontogenic epithelial cells derived from epithelial rests of Malassez possess stem cell properties, LABORATORY INVESTIGATION, 96巻, 10号, pp. 1063-1075, OCT 2016
  145. TNF--induced IL-6 and MMP-9 expression in immortalized ameloblastoma cell line established by hTERT, ORAL DISEASES, 23巻, 2号, pp. 199-209, MAR 2017
  146. A case of primordial odontogenic tumor: A new entity in the latest WHO classification (2017), PATHOLOGY INTERNATIONAL, 67巻, 7号, pp. 365-369, JUL 2017
  147. Central mucoepidermoid carcinoma arising from glandular odontogenic cyst confirmed by analysis of MAML2 rearrangement: A case report, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 68巻, 1号, pp. 31-35, JAN 2018
  148. Tissue inhibitor of metalloproteinase-1 promotes cell proliferation through YAP/TAZ activation in cancer, ONCOGENE, 37巻, 2号, pp. 263-270, JAN 11 2018
  149. Ameloblastin induces tumor suppressive phenotype and enhances chemosensitivity to doxorubicin via Src-Stat3 inactivation in osteosarcoma, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, JAN 5 2017
  150. Reparative bone-like tissue formation in the tooth of a systemic sclerosis patient, INTERNATIONAL ENDODONTIC JOURNAL, 51巻, 9号, pp. 1059-1066, SEP 2018
  151. 口腔扁平苔癬130例の臨床的検討, 日本口腔診断学会誌, 30巻, 2号, pp. 151-156
  152. 上唇に生じた筋上皮腫の一例, 広大歯誌, 49巻, 1号, pp. 48-52
  153. 当科における含歯性嚢胞患者の臨床統計的検討, 広大歯誌, 49巻, 2号, pp. 153-157
  154. 歯科医師と歯科衛生士に知ってほしい唾液とドライマウスの知識, 日本歯科医師会雑誌, 70巻, 12号, pp. 19-27, 2017,12
  155. 唾液なるほど学(10), DHstyle, 11巻, 1号, pp. 76-80, 20170101
  156. 唾液なるほど学(12), DHstyle, 11巻, 3号, pp. 48-52, 20170301
  157. Pathogenesis of primordial odontogenic tumour based on tumourigenesis and odontogenesis, ORAL DISEASES, 24巻, 7号, pp. 1226-1234, OCT 2018
  158. Pathological factors involved in local failure in squamous cell carcinoma of the oral cavity: retrospective study and proposal of a new clinical classification, INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY, 48巻, 2号, pp. 143-151, 201902
  159. Detection of MAPK/ERK pathway proteins and KRAS mutations in adenomatoid odontogenic tumors, ORAL DISEASES, 25巻, 2号, pp. 481-487, 201903
  160. Characteristics of 5015 Salivary Gland Neoplasms Registered in the Hiroshima Tumor Tissue Registry over a Period of 39 Years, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 5号, 201905
  161. Current status of dental metal allergy in Japan, JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 63巻, 3号, pp. 309-312, 201907
  162. 唾液腺腫瘍- 病理診断の基礎と細胞診新報告様式ミラノシステム, 奈良県臨床細胞学会雑誌, 19巻, 1号, pp. 41-43, 2018.12. 1
  163. 小線原治療による治療関連骨髄異形成症候群を発症後に晩期再発をきたした舌癌の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 64巻, 2号, pp. 68-72, 2018. 2. 1
  164. 小児の下顎臼歯部に生じた歯原性粘液線維腫の1例, 広島大学歯学会雑誌, 50巻, 2号, pp. 77-83, 2018.12.31

著書等出版物

  1. 1997年06月, 組織診断アトラス 顎口腔の病変 , 杏林出版, 1997年, 06, 共編著
  2. 2000年04月, Oral and Maxillofacial Radiology Today.contact ultrasonography in the detection of the oral tongue cancer. , Elsevier Science, 2000年, 04, 単行本(学術書), 共著, 藤田 實 高田 隆
  3. 2005年11月, 唾液腺腫瘍アトラス(唾液腺学会編)2.筋上皮腫,12.筋上皮癌 , 金原出版, 2005年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 183
  4. 2006年03月, 口腔病理アトラス第2版(高木 實監)唾液腺腫瘍 , 文光堂, 2006年, 03, 教科書, 共著, 高田 隆 久山 佳代 , 358
  5. 2007年07月, カラーアトラス病理組織の見方と鑑別診断.第5章消化器系(1)口腔および関連領域 , 医歯薬出版株式会社, 2007年, 07, 単行本(学術書), 共著, 高田 隆
  6. 1997年, 組織診断アトラス 顎口腔の病変(共著) , 杏林書院, 1997年, 小川 郁子
  7. 2006年04月, 臨床初期研修の評価法としてのAdvanced OSCE , 第25回 日本歯科医学教育学会総会および記念大会(仙台), 2006年, 04, 調査報告書, 共著, 小川 哲次 田口 則宏 岡田 貢 小川 郁子 田中 良治 笹原 妃佐子 白井 憲一 島末 洋 阿部 泰彦 西村 正宏 渡邉 峰朗 田口 明
  8. 2008年, 唾液腺腫瘍;新口腔病理学(下野正基,高田 隆編), 医歯薬出版株式会社, 2008年, 共著, 273-286
  9. 2008年, 外科病理マニュアル 各論 2.歯・顎骨, 病理と臨床 臨時増刊号 26, 2008年, 共著, 139-143
  10. 2010年03月, 口腔病変クローズアップ, デンタルダイヤモンド社, 2010年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 4885101999, 143
  11. 歯科医師とスタッフのための臨床検査 : 安全な口腔保健・医療に向けて, 医歯薬出, 井上孝編著 ; 石和久 [ほか] 著, 9784263456552
  12. 2015年04月16日, 腫瘍病理鑑別診断アトラス頭頸部腫瘍Ⅰ 唾液腺腫瘍, 明細胞癌, NOS,明細胞からなる唾液腺腫瘍の鑑別, 文光堂, 2015年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 小川郁子,髙田 隆,長尾俊孝,森永正二郎など, ISBN97-4-8306-2245-8, 247, 50-53, 180-186
  13. 2015年04月16日, 腫瘍病理鑑別診断アトラス頭頸部腫瘍Ⅱ 上気道・咽頭・口腔腫瘍と歯原性腫瘍, 口腔・口腔咽頭の扁平上皮癌の前癌病変, 文光堂, 2015年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 小川郁子,髙田 隆,長尾俊孝,森永正二郎ほか, 978-4-8306-2246-5, 301, 38-45
  14. 2015年11月20日, 細胞診ガイドライン 5.消化器, 唾液腺病変, 骨肉腫, 金原出版株式会社, 2015年, 11, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 小川郁子,田中陽一など, 978-4-307-05047-0, 325, 49,50,53,54,67,68,73-76
  15. 2016年12月24日, 徹底レクチャー 唾液・唾液腺, 唾液腺腫瘍の病理 悪性腫瘍, 唾液腺 腫瘍 悪性, 金原出版株式会社, 2016年, 12, 単行本(学術書), 共著, 小川郁子,髙田 隆, 208
  16. 2016年04月01日, DHstyle, 唾液なるほど学(1), 唾液 唾液腺 発達, デンタルダイヤモンド社, 2016年, 04, その他, 共著, 小川郁子
  17. 2016年05月01日, DHstyle, 唾液なるほど学(2), 唾液 成分, デンタルダイヤモンド社, 2016年, 05, その他, 共著, 小川郁子
  18. 2016年08月01日, DHstyle, 唾液なるほど学(5), デンタルダイヤモンド社, 2016年, 8, その他, 共著, 小川郁子
  19. 2016年09月01日, DHstyle, 唾液腺なるほど学(6), 唾液 う蝕 検査, デンタルダイヤモンド社, 2016年, 09, その他, 共著, 小川郁子
  20. 2016年12月01日, DHstyle, 唾液腺なるほど学(9), 唾液 歯周病 口臭, デンタルダイヤモンド社, 2016年, 12, その他, 共著, 小川郁子
  21. 2017年,0月4,日, 唾液のチカラQA, 唾液 口腔乾燥 検査, デンタルダイヤモンド社, 2017年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 小川郁子,北川雅恵, 978-4-88510-373-5 C3047, 106
  22. 2018年, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 英語, 高田 隆,宮内睦美,小川郁子,Mighell A
  23. 2018年.9月.1日, カラーアトラス 病理組織の見方と鑑別診断 第6版, 消化器系(2), 医歯薬出版株式会社, 2018年, 9, 単行本(学術書), 共著, 長尾俊孝,髙田 隆,小川郁子, 699
  24. 2018年. 月4.日, 新口腔病理学 第2版, 医歯薬出版株式会社, 2018年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 小川郁子,髙田 隆, 359
  25. 2018年. 月2.日, 口腔病理アトラス 第3版, 文光堂, 2018年, 2, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 小川郁子,久山佳代,髙田 隆, 380

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. シンポジウム 唾液腺悪性腫瘍の病態・診断・治療:唾液腺悪性腫瘍の病理診断, 小川郁子, 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2014年10月18日, 招待, 日本語, 日本口腔外科学会, 幕張
  2. ワークショップ:口腔表在癌,特にTis癌における診断の標準化に向けて:現行の分類,規約とその問題点, 小川郁子, 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2015年01月30日, 招待, 日本語, 日本口腔腫瘍学会, 奈良
  3. CRTC1-MAML2融合遺伝子産物の同定により診断を確定した顎骨中心性粘表皮癌の1例, 小川郁子,鈴木理樹ほか, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月25日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 広島
  4. 口腔癌の浸潤抑制因子としてのmiR-203の同定, 大林真理子,吉田真希,常松貴明,工藤保誠,小川郁子ほか, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月25日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 広島
  5. インプラント術前検査としてのチタンアレルギー検査の意義, 北川雅恵,大林真理子,長﨑敦洋,小川郁子ほか, 第7回日本口腔検査学会総会・学術大会, 2014年09月06日, 通常, 日本語, 日本口腔検査学会, 岡山
  6. 耳下腺low-grade cribriform cystadenocarcinomaの1例, 田中祐菜,小川郁子ほか, 第53回日本臨床細胞学会秋期大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 日本臨床細胞学会, 下関
  7. 歯肉病変の細胞像の検討 炎症性病変と扁平上皮癌の比較, 矢田直美,小川郁子,松尾 拡, 第53回日本臨床細胞学会秋期大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 日本臨床細胞学会, 下関
  8. 膵腫瘍(Solid-pseudopapillary neoplasm), 長﨑敦洋,小川郁子,髙田 隆,西田俊博, 日本病理学会中国四国支部学術集会第114回スライドカンファレンス, 2014年06月14日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 南国
  9. 頬粘膜腫瘍(Solitary fibrous tumor), 小川郁子,佐々木なおみほか, 日本病理学会中国四国支部第114回スライドカンファレンス, 2014年06月14日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 南国
  10. 頬粘膜腫瘍の1例(Solitary fibrous tumor), 小川郁子,大林真理子ほか, 第25回日本口腔病理学会総会・学術大会, 2014年08月27日, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 新潟
  11. 耳下腺腫瘍(Epithelial-myoepithelial carcinoma), 大林真理子,小川郁子ほか, 日本病理学会中国四国支部第115回スライドカンファレンス, 2014年11月01日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 広島
  12. 乳腺腫瘍(Adenoid cystic carcinoma), 長﨑敦洋,小川郁子,髙田 隆,西田俊博, 日本病理学会中国四国支部第115回スライドカンファレンス, 2014年11月01日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 広島
  13. 耳下腺腫瘍(Mammary analogue secretory carcinoma of salivary gland), 安藤俊範,長﨑敦洋,西阪 隆,小川郁子,髙田 隆, 第63回広島病理集談会, 2014年12月06日, 通常, 日本語, 広島県病理医の会, 広島
  14. 口蓋に発生したsignet-ring cell adenocarcinomaの1例-myoepithelial carcinomaのvariantか-, 小川郁子,櫛谷 桂,坂本哲彦,髙田 隆, 第59回日本唾液腺学会, 2014年12月06日, 通常, 日本語, 日本唾液腺学会, 東京
  15. New entities of salivary gland neoplasms, Ikuko Ogawa, Oral Disease Update Meeting 2015, 2015年08月01日, 招待, 英語, Oral Cancer Research & Coordinating Centre, University of Malaya, Kuala Lumpur, Malaysia
  16. Sclerosing polycystic adenosis and ectomesenchymal chondromyxoid tumor, Ikuko Ogawa, Oro-Maxillofacial Pathology Slide Seminar 2015, 2015年08月03日, 招待, 英語, Oral Cancer Research & Coordinating Centre, Kuala Lumpur, Malaysia
  17. 口腔表在癌, 特にTis癌における診断の標準化にむけて 現行の分類, 規約とその問題点, 小川郁子, 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2015年01月30日, 招待, 日本語, 日本口腔腫瘍学会, 奈良市
  18. IAPスライドセミナー 口腔病理, 小川郁子,髙田 隆, 2015年IAP病理学教育セミナー, 2015年11月07日, 招待, 日本語, 国際病理アカデミー, 東京都
  19. Ameloblastinは骨肉腫のSrc-Stat3の不活性化を介しドキソルビシン感受性を亢進する, 安藤俊範, 小川郁子, 宮内睦美, 髙田 隆, 第104回日本病理学会総会, 2015年05月01日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 名古屋市
  20. アジアにおける歯原性腫瘍の実態に関する大規模共同調査研究, 髙田 隆, 仙波伊知郎,前田初彦,武田泰典,熊本裕行,久山佳代,豊澤 悟,長塚 仁,宮内睦美,小川郁子, 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015年07月30日, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 札幌市
  21. Ameloblastinは骨肉腫の増殖進展を抑制し, ドキソルビシンに対する感受性を亢進する, 安藤俊範,梅原華子,小川郁子,工藤保誠,髙田 隆, 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015年07月30日, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 札幌市
  22. 口腔粘膜多発性疣贅状病変 (Cowden syndrome), 小川郁子,大林真理子,神田 拓,虎谷茂昭,岡本哲治,髙田 隆, 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015年07月30日, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 札幌市
  23. 耳下腺腫瘍 (Epithelial-myoepithelial carcinoma with sebaceous differentiation), 小川郁子, 中野麗香,坂井田紀子,髙田 隆, 日本病理学会中国四国支部学術集会(第117回スライドカンファレンス), 2015年06月27日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 米子市
  24. 抗HIV薬服用患者における口腔環境と味覚機能の評価, 新谷智章,山崎尚也,岩田倫幸,齊藤誠司,北川雅恵,小川郁子,岡田美穂,松井加奈子,濱本京子,畝井浩子,小川良子,木下一枝,池田有里,栗原英見,藤井輝久,柴 秀樹, 第8回日本口腔検査学会総会・学術大会, 2015年10月03日, 通常, 日本語, 日本口腔検査学会, 横須賀市
  25. 歯科用金属アレルギーと皮膚・粘膜疾患との関連性の検討, 北川雅恵,長﨑敦洋,辻 浩紀,新谷智章, 小川郁子, 栗原英見,柴 秀樹, 第8回日本口腔検査学会総会・学術大会, 2015年10月03日, 通常, 日本語, 日本口腔検査学会, 横須賀市
  26. 粘表皮癌の確定診断における融合遺伝子検索の有用性, 長﨑敦洋, 小川郁子, 大内知之, 長尾俊孝, 髙田 隆, 第60回日本唾液腺学会学術大会, 2015年12月05日, 通常, 日本語, 日本唾液腺学会, 東京都
  27. 下顎骨腫瘍 (Ameloblastoma with ectomesenchymal-like stroma), 矢田直美,宮本郁也,金氏 毅,吉岡 泉,小川郁子,髙田 隆,松尾 拡, 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015年07月30日, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 札幌市
  28. 口蓋粘表皮癌の頚部リンパ節転移術後に発症した組織球性壊死性リンパ節炎(菊池病)の1例, 檜垣美雷,神田 拓,安井多恵子,安藤俊範,谷 亮治,小川郁子,虎谷茂昭,岡本哲治, 第25回日本口腔内科学会, 2015年09月18日, 通常, 日本語, 日本口腔内科学会, 吹田市
  29. 口腔内多発腫瘤からCowden症候群の診断を得られた1例, 林 靖也,神田 拓, 檜垣美雷,大林史誠, 中峠洋隆,濱田充子, 赤木恵理, 山崎佐知子, 小川郁子, 虎谷茂昭, 岡本哲治, 第25回口腔内科学会, 2015年09月18日, 通常, 日本語, 日本内科学会, 吹田市
  30. 下顎骨病変 (Cherubism), 辻 浩紀, 安藤俊範, 神田 拓, 原 潤一, 米原修治, 小川郁子, 髙田 隆, 第65回広島病理集談会, 2015年12月19日, 通常, 日本語, 広島病理集談会, 広島市
  31. 口腔底腫瘍 (Squamous cell carcinoma, poorly differentiated, clear cell dominant), 古庄寿子,長﨑敦洋,宮内睦美,小川郁子,谷 亮治,末井良和,髙田 隆, 第64回広島病理集談会, 2015年07月18日, 通常, 日本語, 広島病理集談会, 広島市
  32. 摘出開窓術20年後に再発を認めたエナメル上皮腫の1例, 神田 拓, 中峠洋隆, 大林史誠, 安井多恵子, 安藤俊範, 谷 亮治, 小川郁子, 林堂安貴, 虎谷茂昭, 岡本哲治, 第63回日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2015年11月07日, 通常, 日本語, 日本口腔科学会中国・四国地方支部, 岡山市
  33. 顎骨中心性に発生した粘表皮癌の1例, 木村直大,末松美玲,安藤俊範,谷 亮治,小川郁子,林堂安貴,虎谷茂昭,岡本哲治, 第63回日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2015年11月07日, 通常, 日本語, 日本口腔科学会中国・四国地方支部会, 岡山市
  34. シンポジウム 口腔癌の前駆病変の病理診断 -組織学的特徴と診断クライテア- 診断クライテリア(現状と問題点), 小川郁子, 第105回日本病理学会総会, 2016年51月, 招待, 日本語, 日本病理学会, 仙台市
  35. ワークショップ 早期口腔癌の診断と治療 早期口腔癌の病理診断 -現状と問題点-, 小川郁子, 第64回日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2016年10月29日, 招待, 日本語, 日本口腔科学会, 宇部市
  36. 第27回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2016年08月11日, 通常, 英語, 日本臨床口腔病理学会, 広島市
  37. 2016年09月08日, 通常, 英語
  38. 2016年09月08日, 通常, 英語
  39. アジアにおける歯原性腫瘍の実態に関する大規模共同調査研究, 髙田 隆,仙波伊知郎,前田初彦,武田泰典,熊本裕行,久山佳代,豊澤 悟,長塚 仁,宮内睦美,小川郁子, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 英語, 日本病理学会, 仙台市
  40. Nodular oncocytic hyperplasiaを伴ったsialolipomaの1例, 小川郁子,高橋友香,田村麻衣子,長尾俊孝,髙田 隆, 第61回日本唾液腺学会, 2016年12月03日, 通常, 日本語, 日本唾液腺学会, 東京都
  41. 転移巣が黒色であったエプーリス様上顎歯肉悪性黒色腫の1例, 清野沙矢香,島末 洋,大田耕司,安藤俊範,小川郁子,武知正晃, 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2016年11月25日, 通常, 日本語, 日本口腔外科学会, 幕張市
  42. 口蓋腫瘍(Mucoepidermois carcinoma, clear cell variant), 小川郁子,安藤俊範,長﨑敦洋,岡本康正,谷 亮治,小西 勝,髙田 隆, 第119回日本病理学会中国四国支部学術集会(スライドカンファレンス), 2016年02月06日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 宇部市
  43. 口蓋腫瘍 (Pleomorphic adenoma with marked oncocytic metaplasia), 坂本真一,小川郁子,栢森 高,桐村 進,冨井翔平,髙田 隆, 第66回広島病理集談会, 2016年07月21日, 通常, 日本語, 広島病理, 広島市
  44. 耳下腺病変(Intercalated duct hyperplasia), 坂本真一,小川郁子,大林真理子,藤原 恵,髙田 隆, 第121回日本病理学会中国四国支部学術集会(スライドカンファレンス), 2016年11月05日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 広島市
  45. 13. Fibrous dysplasiaとの鑑別を要したodontogenic carcinomaの1例, 平井千浦子,神保直江,森永友紀子,岸野万伸,豊澤 悟,小川郁子,高田 隆,伊藤智雄, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 仙台市
  46. 抗HIV薬が口腔環境と味覚機能に及ぼす影響, 新谷智章,山崎尚也,岩田倫幸,齊藤誠司,北川雅恵,小川郁子,岡田美穂,松井加奈子,濱本京子,畝井浩子,小川良子,木下一枝,池田有里,栗原英見,藤井輝久,柴秀樹, 第9回日本口腔検査学会総会・学術大会, 2016年10月01日, 通常, 日本語, 日本口腔検査学会, 郡山市
  47. 唾液腺腫瘍病理診断における筋上皮/基底細胞マーカーの選択と特異性, 小川郁子,髙田 隆, 第106回日本病理学会総会, 2017年, 招待, 日本語, 日本病理学会, 東京
  48. WHO(2017)に基づくOral epithelial dysplasiaの病理診断, 小川郁子, 第56回日本臨床細胞学会秋期大会, 2017年11月, 招待, 日本語, 日本臨床細胞学会, 博多
  49. WHO(2017)に基づく病理診断- WHO(2005)からの変更点と隣接領域との異同-, 小川郁子, 第62回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2017年10月, 招待, 日本語, 日本口腔外科学会, 京都
  50. 浸潤性増殖を示した口蓋再発性多形腺腫の1例, 川郁子, 宮坂知佳, 石田光明, 藤澤琢郎, 井原 遥, 長尾俊孝, 高田 隆, 第62回日本唾液腺学会, 2017年11月, 通常, 日本語, 日本唾液腺学会, 東京
  51. 唾液腺腫瘍 –病理診断の基本と細胞診新報告様式ミラノシステム-, 小川郁子, 第32回奈良県臨床細胞学会総会・学術集会, 2017年12月, 招待, 日本語, 日本臨床細胞学会奈良県支部, 大和郡山
  52. 歯科用金属アレルギー患者の実態調査, 北川雅恵、村上 聡、明石良彦、新谷智章、小川郁子、井上 孝、栗原英見, 第10回日本口腔検査学会総会・学術大会, 2017年09月, 通常, 日本語, 日本口腔検査学会, 新潟
  53. 口腔細菌と全身病態 ―特に脳神経疾患やその治療との関連についての検査に基づく検討―, 北川雅恵、小川郁子、新谷智章、西 裕美、應原一久、柴 秀樹、栗原英見, 第20回日本臨床脳神経外科学会, 2017年07月, 通常, 日本語, 日本臨床脳神経外科学会, 広島
  54. 歯科用常温重合レジンによるアレルギーが疑われた患者に対して検査結果に基づく治療を行った1例, 北川雅恵、呉本晃一、新谷智章、小川郁子、柴 秀樹、栗原英見, 第9回日本メタルフリー学会学術大会, 2017年10月, 通常, 日本語, 日本メタルフリー学会, 東京
  55. 第50回広島大学歯学会, 2017年06月, 通常, 英語, 広島大学歯学会, 広島
  56. アジアにおける歯原性腫瘍の実態に関する大規模共同調査研究, 髙田 隆, 仙波伊知郎, 前田初彦, 武田泰典, 熊本裕行, 久山佳代, 豊澤 悟, 長塚 仁, 宮内睦美, 小川郁子, 第106回日本病理学会, 2017年04月, 通常, 日本語, 日本病理学会, 東京
  57. 軟口蓋腫瘍 (Desmoid-type fibromatosis), 古庄寿子, 大林真理子, 小川郁子, 藤田善教, 菅田辰海,藤原 恵, 髙田 隆, 第28回日本臨床口腔病理学会, 2017年08月, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 川越
  58. 第28回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2017年08月, 通常, 英語, 日本臨床口腔病理学会, 川越
  59. MYB rearrangementの検討によって診断を確定した非浸潤性腺様嚢胞癌の1例, 矢田直美, 小川郁子, 佐藤由紀子, 竹内賢吾, 坂口 修, 松尾 拡, 第62回日本唾液腺学会, 2017年11月, 通常, 日本語, 日本唾液腺学会, 東京
  60. 耳下腺病変(Sclerosing polycystic adenosis), 小川郁子、髙田 隆, 第123回日本病理学会中国四国支部学術集会(スライドカンファレンス), 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 倉敷
  61. 頬部腫瘍 (Carcinoma ex pleomorphic adenoma, widely invasive), 坂本真一,小川郁子,太田耕司,重石英生,中元 崇,髙田 隆, 第68回広島病理集談会, 2017年07月, 通常, 日本語, 広島病理集談会, 広島
  62. 「頭頸部腫瘍の病理と臨床」歯原性腫瘍の病理, 小川郁子, 第12回診断病理サマーフェスト-病理と臨床の対話-, 2018年08月18日, 招待, 日本語, 日本病理学会, 東京都
  63. 「唾液腺腫瘍WHO分類2017・新規の組織型を理解する」多型腺癌 –疾患概念と鑑別診断-, 小川郁子,高田 隆, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月22日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 札幌
  64. 抗HIV薬が口腔環境と味覚機能に及ぼす影響, 新谷智章,山崎尚也,岩田倫幸,齊藤誠司,北川雅恵,小川郁子,岡田美穂,松井加奈子,畝井浩子,藤田啓子,濱本京子,小川良子,木下一枝,池田有里,藤井輝久,柴秀樹, 第32回日本エイズ学会学術集会・総会, 2018年12月02日, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 大阪府
  65. Cnm-positive Streptococcus mutans保菌者の実態に関する検討:予備的研究, 北川雅恵,應原一久,長嶺憲太郎,新谷智章,小川郁子,栗原英見, 第29回日本臨床口腔病理学会・第11回日本口腔検査学会総会共催学術大会, 2018年08月25日, 通常, 日本語, 日本口腔検査学会, 東京都
  66. 第29回日本臨床口腔病理学会総会・第11回日本検査学会総会共催学術大会, 2018年08月25日, 通常, 英語, 日本臨床口腔病理学会, 東京都
  67. 歯科大学口腔病理における遺伝子診断の現状に関するアンケート調査の報告, 岡田康男,井上 孝,小川郁子,北川雅恵,熊本裕行,坂本 啓,仙波伊知郎,髙田 隆,武田泰典, 第29回日本臨床口腔病理学会・第11回日本口腔検査学会総会共催学術大会, 2018年08月26日, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 東京都
  68. 化学療法における有害事象発現に口腔内細菌が関与する, 西 裕美,大林泰二,新谷智章,北川雅恵,小川郁子,栗原英見,河口浩之, 第102回広島大学歯学会例会, 2018年06月09日, 通常, 日本語, 広島大学歯学会, 広島市
  69. 口腔内細菌と化学療法有害事象との関連について, 西 裕美,新谷智章,北川雅恵,太田耕司,大林泰二,小川郁子,栗原英見,河口浩之, 第27回日本口腔感染症学会総会・学術大会, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 日本口腔感染症学会, 広島市
  70. 腺腫様歯原性腫瘍の一例, 社領美紀,佐藤 淳,宇佐美 悠,廣瀬勝俊,小川郁子,宮内睦美,髙田 隆,大家香織,福田康夫,豊澤 悟, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月22日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 札幌市
  71. 上顎骨腫瘍 (Primordial odontogenic tumor), 小川郁子,Shrestha M.,山﨑佐知子,中元 崇,髙田 隆, 日本病理学会中国四国支部学術集会(第125回スライドカンファレンス), 2018年02月17日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 広島市
  72. 下顎骨腫瘍 (Sclerosing odontogenic carcinoma), 小川郁子,早田麻衣,佐野孝昭,高山 優,横尾 聡,髙田 隆, 第29回日本臨床口腔病理学会総会・第11回日本検査学会総会共催学術大会, 2018年08月25日, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 東京都
  73. 口蓋腫瘍 (Mucoepidermoid carcinoma), 古庄寿子,太田耕司,中元 崇,小川郁子,髙田 隆, 第70回広島病理集談会, 2018年07月21日, 通常, 日本語, 広島病理集談会, 広島市

受賞

  1. 2017年11月25日, 優秀演題賞, 日本病理学会中国四国支部, 耳下腺病変(Sclerosing polycystic adenosis)