登田 隆TAKASHI TODA

Last Updated :2018/06/01

所属・職名
大学院先端物質科学研究科 分子生命機能科学講座 特任教授
メールアドレス
takashi-todahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
私は平成27年(2015年)10月より、広島大学大学院先端物質科学研究科分子生命機能科学専攻の特任教授として赴任いたしました。それまでは英国ロンドンのフランシス・クリック研究所(旧英国癌研究所)にて上席主任研究員として21年間、研究グループを率いていました。研究分野は分子細胞生物学で、細胞増殖、染色体分離の分子メカニズムを研究しています。

基本情報

学位

  • 博士(理学) (京都大学)

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, ゲノム科学A
  2. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 先端物質科学特別講義
  3. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), フロンティア生命機能工学
  4. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 分子生命機能科学特別研究Ⅰ
  5. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 分子生命機能科学特別研究Ⅰ
  6. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 分子生命機能科学特別研究Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A non-canonical function of Plk4 in centriolar satellite integrity and ciliogenesis through PCM1 phosphorylation, EMBO REPORTS, 17巻, 3号, pp.326-pp.337, MAR 2016
  2. Synergistic role of fission yeast Alp16GCP6 and Mzt1MOZART1 in γ-tubulin complex recruitment to mitotic spindle pole bodies and spindle assembly, Mol Biol Cell, 27巻, 2016
  3. The hairpin region of Ndc80 is important for the kinetochore recruitment of Mph1/MPS1 in fission yeast, Cell Cycle, 15巻, pp.740-pp.747, 2016
  4. The conserved Wdr8-hMsd1/SSX2IP complex localises to the centrosome and ensures proper spindle length and orientation, Biochem Biophys Res Commun, 468巻, pp.39-pp.45, 2015
  5. Casein kinase 1γ acts as a molecular switch for cell polarization through phosphorylation of the polarity factor Tea1 in fission yeast, Genes Cells, 20巻, pp.1046-pp.1058, 2015
  6. Spatial control of translation repression and polarized growth by conserved NDR kinase Orb6 and RNA-binding protein Sts5, eLife, 17巻, 5号, pp.eLife.14216
  7. Regulation of centriolar satellite integrity and its physiology, Cell Mol Life Sci, 73巻, pp.1-pp.17
  8. An unconventional interaction between Dis1/TOG and Mal3/EB1 in fission yeast promotes the fidelity of chromosome segregation, Journal of Cell Science, 129巻, 22号, pp.1-pp.15, December
  9. ★, An unconventional interaction between Dis1/TOG and Mal3/EB1 in fission yeast promotes the fidelity of chromosome segregation, 129巻, 24号
  10. ★, An unconventional interaction between Dis1/TOG and Mal3/EB1 in fission yeast promotes the fidelity of chromosome segregation, Journal of Cell Science, 129巻, 24号, 21 November

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 登田 隆, Protein Trafficking and Intracellular Signaling of Plant and Fungal Cells, 2016年02月, 招待, 英語, Kyushu University, 九州大学, Kyushu University
  2. 酵母を用いた細胞分裂研究のフロンティアー微小管構築制御ー, 登田 隆, 第87回 広島発酵会, 1607年16月, 招待, 日本語, 広島発酵会, 広島ホテルグランヴィア
  3. 登田 隆, 0108年16月, 招待, 英語, 前島一博教授
  4. 酵母を用いた細胞分裂研究ー微小管構築制御ーのフロンティア, 登田 隆, 真核生物交流会, 招待, 日本語, 真核生物交流会, 酒類総合研究所
  5. 登田 隆, 2005年16月, 招待, 英語, 楯 真一教授, クロマチン動態拠点、 広島大学
  6. 中心小体サテライトを介した中心体機能制御の新展開, 登田 隆, 1902年16月, 招待, 日本語, 広島大学原爆放射線医科学研究所、宮本達雄講師