秀 道広Michihiro Hide

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)皮膚科学教授
ホームページ
メールアドレス
ed1h-w1de-roadhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
皮膚科学の幅広い領域を守備範囲としていますが、特に皮膚アレルギーを専門とする皮膚科医です。

基本情報

主な職歴

  • 1988年12月, 1989年03月31日, 米国国立心臓肺血液研究所(米国国立衛生研究所), 特別研究員
  • 1990年02月06日, 1993年03月31日, 英国ロンドン大学, ユナイテッド・メディカル・アンド・デンタルスクール(セントトーマス病院)皮膚科学研究所, 研究員
  • 1996年08月04日, 1999年03月31日, 広島大学, 医学部, 助手
  • 1999年11月04日, 2001年03月31日, 広島大学, 医学部, 講師
  • 2001年05月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 医学部, 教授
  • 2012年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 教授

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 皮膚科学, 日本, 1984年04月, 1988年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学, 日本, 1977年04月, 1984年03月

学位

  • 医学博士(広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 皮膚科学

研究キーワード

  • IgE|アトピー性皮膚炎
  • 画像化|遺伝性
  • Mediator|アトピー性皮膚炎
  • 治療|表面プラズモン共鳴
  • ヘルスケア|I型アレルギ-
  • 遺伝子|蕁麻疹
  • 汗|アレルギー
  • 局在プラズモン共鳴|血管性浮腫
  • 肥満細胞
  • 病態

所属学会

  • 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本研究皮膚科学会
  • 日本小児皮膚科学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本臨床皮膚科医会
  • 日本再生医療学会
  • 日本褥瘡学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学II
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  3. 2019年, 学部専門, 1ターム, 皮膚科学
  4. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 皮膚科学特別演習
  5. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 皮膚科学特別演習
  6. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 皮膚科学特別実験
  7. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 皮膚科学特別実験
  8. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 皮膚科学特別演習
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 皮膚科学特別演習
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 皮膚科学特別研究
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 皮膚科学特別研究

教育に関する受賞

  • 学長表彰

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Micro cell isolation column for allergic diagnosis, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 55巻, 3号, 201603
  2. A case of erythritol allergy studied by basophil histamine release and CD203c expression in vitro in addition to a challenge test in vivo., J Invest Allergol Clin Immunol., 26巻, 2号, pp. 135-136, 2016
  3. Pulverized konjac glucomannan ameliorates oxazolone-induced colitis in mice, EUROPEAN JOURNAL OF NUTRITION, 54巻, 6号, pp. 959-969, 201509
  4. Evaluation of recombinant MGL_1304 produced by Pichia pastoris for clinical application to sweat allergy, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 64巻, 3号, pp. 266-271, 201507
  5. 海外で進む蕁麻疹治療の標準化と遺伝性血管性浮腫治療の進歩, 日臨皮会誌, 32巻, 4号, pp. 474-482, 201509
  6. アトピー性皮膚炎と汗アレルギー, アレルギーの臨床, 35巻, 10号, pp. 945-949, 201509
  7. IL-17, アレルギー, 64巻, 7号, pp. 971-972, 201508
  8. Prevalences of specific IgE to wheat gliadin components in patients with wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis, Allergol Int, 64巻, 2号, pp. 206-208, 201504
  9. 蕁麻疹ガイドラインの国際コンセンサスの動向, MB Derma, 227号, pp. 1-8, 201501
  10. A Case of Erythrokeratodermia Variabilis Successfully Treated with Oral Vitamin A, J Dermatol, 42巻, pp. 1-2, 2015
  11. Increased thrombin generation potential in patients with chronic spontaneous urticaria, Allergol Int, 64巻, 1号, pp. 96-98, 2015
  12. A human monoclonal IgE antibody that binds to MGL_1304, a major allergen in human sweat, without activation of mast cells and basophils, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 468巻, 1-2号, pp. 99-104, 20151204
  13. Complex permittivities of breast tumor tissues obtained from cancer surgeries, APPLIED PHYSICS LETTERS, 104巻, 25号, pp. 253702-253702, JUN 23 2014
  14. Identification of a cell line producing high levels of TSLP: Advantages for screening of anti-allergic drugs, JOURNAL OF IMMUNOLOGICAL METHODS, 402巻, 1-2号, pp. 9-14, 20140115
  15. Tissue factor expression on the surface of monocytes from a patient with hereditary angioedema, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 41巻, 10号, pp. 929-932, OCT 2014
  16. Methods report on the development of the 2013 revision and update of the EAACI/GA(2)LEN/EDF/WAO guideline for the definition, classification, diagnosis, and management of urticaria, ALLERGY, 69巻, 7号, pp. E1-E29, JUL 2014
  17. The EAACI/GA(2)LEN/EDF/WAO Guideline for the definition, classification, diagnosis, and management of urticaria: the 2013 revision and update, ALLERGY, 69巻, 7号, pp. 868-887, JUL 2014
  18. A New Reliable Method for Detecting Specific IgE Antibodies in the Patients with Immediate Type Wheat Allergy due to Hydrolyzed Wheat Protein: Correlation of Its Titer and Clinical Severity, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 63巻, 2号, pp. 243-249, JUN 2014
  19. Elevated Serum IgE against MGL_1304 in Patients with Atopic Dermatitis and Cholinergic Urticaria, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 63巻, 1号, pp. 83-93, MAR 2014
  20. Surface Plasmon Resonance for Cell-Based Clinical Diagnosis, SENSORS, 14巻, 3号, pp. 4948-4959, MAR 2014
  21. Non-tumor mast cells cultured in vitro on a honeycomb-like structured film proliferate with multinucleated formation, NANOMEDICINE-NANOTECHNOLOGY BIOLOGY AND MEDICINE, 10巻, 2号, pp. 313-319, FEB 2014
  22. Diagnostic Tests for Urticaria, IMMUNOLOGY AND ALLERGY CLINICS OF NORTH AMERICA, 34巻, 1号, pp. 53, FEB 2014
  23. 蕁麻疹(血管性浮腫)/接触皮膚炎, 内科, 114巻, 6号, pp. 1165-1168, 2014.12
  24. 皮膚アレルギーに汗は悪玉?, 日皮会誌, 124巻, 13号, pp. 2486-2490, 2014.12
  25. 真菌による湿疹・皮膚炎, 小児内科, 46巻, 12号, pp. 1771-1775, 2014.12
  26. Hereditary Angioedema as the cause of death from asphyxia: postmortem computed tomography study, Allergol Int, 63巻, 3号, pp. 493-494, 2014.09
  27. 汗とアレルギー, MB Derma, 220号, pp. 67-72, 2014.09
  28. SPRイメージングを利用した即時型アレルギー診断法, 化学工業, 65巻, 8号, pp. 6-11, 2014.08
  29. 頭頸部領域の血管性浮腫, MB ENTONI, 170号, pp. 48-53, 2014.08
  30. 汗アレルギーとコリン性蕁麻疹, 皮膚病診療, 36巻, 8号, pp. 706-710, 2014.07
  31. プロプラのロールにより治療した乳児血管腫の4例, 日小皮会誌, 33巻, 2号, pp. 165-169, 2014.07
  32. 光線性口唇炎, MB Derma, 219号, pp. 12-16, 2014.06
  33. アトピー性皮膚炎と汗抗原, 臨床皮膚科, 68巻, 5(増刊号)号, pp. 43-46, 2014.05
  34. 好塩基球のSPRイメージングによるI型アレルギー原因抗原の同定法, アレルギーの臨床, 34巻, 2号, pp. 173-178, 2014.04
  35. 皮疹の種類とその発症機序 膨疹, メディチーナ, 51巻, 5号, pp. 802-807, 2014.04
  36. Case Title: 45 year-old male with recurrent angioedema: WAO international case-based discussions., World Allergy Organ J., 7巻, 1号, pp. 2, 2014.01
  37. SPRイメージングによるアレルギー検査法, Bio Clinica, 29巻, 1号, pp. 68-73, 2014.01
  38. Establishment of a mast cell line, NCL-2, without Kit mutation, derived from NC mouse bone marrow, FEBS OPEN BIO, 4巻, pp. 342-346, 2014
  39. Clinical diagnosis of type I allergy by means of SPR imaging with less than a microliter of peripheral blood, Sensing and BioSensing Research, 2巻, pp. 43-48
  40. 蕁麻疹, medicina 内科診療にガイドラインを生かす, 50巻, 11号, pp. 500-505, 2013.10(増刊号)
  41. Disseminated subcutaneous phaeohyphomycosis caused by Exophiala oligosperma in a patient with Wegener's granulomatosis., Acta Dermato-Venereologica, 93巻, 3号, pp. 356-357, 20130501
  42. Chronic Idiopathic Urticaria (CIU) is no longer idiopathic: time for an update!, Br J Dermatol, 168巻, 2号, pp. 455-456, 20130201
  43. Fungal protein MGL_1304 in sweat is an allergen for atopic dermatitis patients, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 132巻, 3号, pp. 608-+, SEP 2013
  44. 慢性蕁麻疹に対する患者自覚症状・治療実態調査, Progress in Medicine, 33巻, 9号, pp. 2031-2041, 2013.9
  45. 蕁麻疹診療ガイドラインについて, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 30巻, 3号, pp. 302-312, 2013.6
  46. 低用量docetaxelによる化学療法と放射線療法で加療した高齢者の血管肉腫, skin cancer, 28巻, 1号, pp. 20-23, 2013.6
  47. 蕁麻疹・即時型アレルギーの血液検査, Visual Dermatology, 12巻, 4号, pp. 368-372, 2013.4
  48. アトピー性皮膚炎の評価方法と重症度分類, 薬局, 64巻, 6号, pp. 1871-1877, 2013.4
  49. 全身に結節が多発した肥満細胞症の1例, 日小皮会誌, 32巻, 1号, pp. 49-53, 2013.3
  50. 序 ~蕁麻疹の病態の点をつなぐ糸~, アレルギー・免疫, 20巻, 2号, pp. 207-207, 2013.2
  51. 蕁麻疹と感染症の関わり, アレルギー・免疫, 20巻, 2号, pp. 216-222, 2013.2
  52. 機械性蕁麻疹の診断と治療, アレルギー・免疫, 20巻, 2号, pp. 272-278, 2013.2
  53. 同種皮膚移植と自家培養表皮移植を行った熱傷の1例, 広島医学, 66巻, 2号, pp. 95-99, 2013.2
  54. Characterization of Causative Allergens for Wheat-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis Sensitized with Hydrolyzed Wheat Proteins in Facial Soap, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 4号, pp. 435-445, 2013.12
  55. Aspirin Augments IgE-Mediated Histamine Release from Human Peripheral Basophils via Syk Kinase Activation, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 4号, pp. 503-511, 2013.12
  56. 慢性蕁麻疹における標準治療不応例に対するベポタスチンベシル酸塩増量の有用性の検討(UPDATE trial), 臨床医薬, 29巻, 12号, pp. 1057-1070, 2013.12
  57. 抗ヒスタミン薬のアドヒアランスを高めるために, 皮膚アレルギーフロンティア, 11巻, 2号, pp. 91-95, 2013.1
  58. アトピー性皮膚炎患者指導に関する医師および患者を対象としたアンケート調査:両者間でみられた認識の相違, 日本皮膚科学会雑誌, 123巻, 1号, pp. 2091-2013, 2013.1
  59. 熱傷、凍瘡, 小児外科, 45巻, 10号, pp. 1108-1112, 2013.1
  60. The Sensitivity and Clinical Course of Patients with Wheat-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis Sensitized to Hydrolyzed Wheat Protein in Facial Soap - Secondary Publication, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 3号, pp. 351-358, 2013.09
  61. Prognosis of chronic spontaneous urticaria in 117 patients not controlled by a standard dose of antihistamine, ALLERGY, 68巻, 2号, pp. 229-235, 2013.02
  62. Application of SPR Imaging Sensor for Detection of Individual Living Cell Reactions and Clinical Diagnosis of Type I Allergy, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 2号, pp. 163-169, 2013.01
  63. An autopsy case of metastatic extramammary Paget's disease treated with multimodality treatment including anti-HER2 therapy: What is the clinical and pathological significance of trastumab to the patient?, Modern Chemotherapy, 2巻, 4号, pp. 66-68, 2013
  64. GA2LEN Taskforce on unmet needs in urticaria: Chronic idiopathic urticaria (CIU) is no longer idiopathic: time for an update., Br J Dermatol, 168巻, 2号, pp. 455-456, 2013
  65. Mizoribine treatment for antihistamine-resistant chronic autoimmune urticaria, DERMATOLOGIC THERAPY, 25巻, 4号, pp. 379-381, 2012.7-8
  66. Germ line Mutation in ATR in Autosomal-Dominant Oropharyngeal Cancer Syndrome, AMERICAN JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 90巻, 3号, pp. 511-517, 2012.03.09
  67. Evaluation of peripheral blood basophil activation by means of surface plasmon resonance imaging, BIOSENSORS & BIOELECTRONICS, 32巻, 1号, pp. 62-68, 2012.02.15
  68. Surface plasmon resonance-biosensor detects the diversity of responses against epidermal growth factor in various carcinoma cell lines, BIOSENSORS & BIOELECTRONICS, 32巻, 1号, pp. 202-207, 2012.02.15
  69. Problems to be resolved in the management of urticaria., Allergol Int, 61巻, 4号, pp. 515-516, 20121201
  70. Novel and recurrent C1 inhibitor gene mutations in nine Japanese patients with hereditary angioedema, J Dermatol Sci, 68巻, 1号, pp. 68-70, 20121001
  71. Elevated Interleukin-18 secretion from monoclonal IgM+ B cells in a patient with Schnitzler syndrome, J American Academy Dermatol, 67巻, 3号, pp. e118-e20, 20120901
  72. 蕁麻疹の自然経過, アレルギー・免疫, 19巻, 9号, pp. 40(1394)-48(1402), 2012.8
  73. 蕁麻疹診療ガイドライン改訂のポイント, MB Derma, 194号, pp. 1-5, 2012.8
  74. 遺伝性血管性浮腫の管理の要点, MB Derma, 194号, pp. 57-61, 2012.8
  75. プロプラノロールが有効であった巨大な乳児血管腫の1例, 西日本皮膚科, 74巻, 4号, pp. 394-398, 2012.8
  76. International consensus on hereditary and acquired angioedema, ANNALS OF ALLERGY ASTHMA & IMMUNOLOGY, 109巻, 6号, pp. 395-402, 2012.12
  77. Japanese Guidelines for Diagnosis and Treatment of Urticaria in Comparison with Other Countries, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 61巻, 4号, pp. 517-527, 2012.12
  78. 膿痂疹様皮疹を契機に診断した補体C9欠損症の1例, 西日本皮膚科, 74巻, 6号, pp. 585-588, 2012.12
  79. Histamine release-neutralization assay for sera of patients with atopic dermatitis and/or cholinergic urticaria is useful to screen type I hypersensitivity against sweat antigens, ARCHIVES OF DERMATOLOGICAL RESEARCH, 304巻, 8号, pp. 647-654, 2012.1
  80. 希釈したアドレナリン含有1%リドカイン注射液を用いた熱傷創に対するデブリードマンの経験, 日本熱傷学会機関誌, 38巻, 5号, pp. 247-251, 2012.1
  81. 表面プラズモン共鳴法を利用した細胞屈折率可視科技術, 光アライアンス, 23巻, 10号, pp. 14-17, 2012.1
  82. 皮膚科セミナリウム 蕁麻疹の診療, 日皮会誌, 122巻, 11号, pp. 2627-2634, 2012.1
  83. ココアンホ酢酸ナトリウムによるアレルギー性接触皮膚炎の1例, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌, 6巻, 1号, pp. 22-28, 2012.1
  84. A Randomized, Open-Label, Multicenter Trial of Topical Tacrolimus for the Treatment of Pruritis in Patients with Atopic Dermatitis, ANNALS OF DERMATOLOGY, 24巻, 2号, pp. 144-150, 2012.05
  85. A large heterozygous deletion including the entire C1 inhibitor gene in a sporadic case of hereditary angio-oedema, CLINICAL AND EXPERIMENTAL DERMATOLOGY, 37巻, 1号, pp. 20-23, 2012.01
  86. Cellulose Sulfate Suppresses Immunoglobulin E Production by Murine B Lymphocytes In Vitro, JOURNAL OF INVESTIGATIONAL ALLERGOLOGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 22巻, 3号, pp. 180-187, 2012
  87. Remission of Wheat-dependent Exercise-induced Anaphylaxis after the Cessation of Hydrolysed Wheat-containing Soap Usage, ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA, 92巻, 5号, pp. 490-491, 2012
  88. Remission rate of patients with wheat allergy sensitized to hydrolyzed wheat protein in facial soap., Allergol lnt., 65巻, 1号, pp. 109-111, 2016
  89. The Toll-like receptor 4-activated neuroprotective microglia subpopulation survives via granulocyte macrophage colony-stimulating factor and JAK2/STAT5 signaling, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 93巻, pp. 82-94, 201602
  90. Diagnosis of immediate-type allergy using surface plasmon resonance, OPTICAL MATERIALS EXPRESS, 6巻, 4号, pp. 1339-1348, 20160401
  91. Definition, aims, and implementation of GA(2)LEN Urticaria Centers of Reference and Excellence, ALLERGY, 71巻, 8号, pp. 1210-1218, 201608
  92. Balloon Cell Malignant Melanoma in a Young Female: A Case Report and Review of the Literature, CASE REPORTS IN ONCOLOGY, 9巻, 1号, pp. 262-266, 2016
  93. アトピー性皮膚炎・蕁麻疹の疫学, アレルギーの臨床, 35巻, 11号, pp. 1035-1038, 201509
  94. 遺伝性血管性浮腫診療のためのWAOガイドライン, アレルギー, 64巻, 9号, pp. 1215-1241, 201511
  95. アトピー性皮膚炎における汗アレルギーの原因と対策, 日本小児皮膚科学会雑誌, 34巻, 3号, pp. 179-184, 201512
  96. 蕁麻疹, 小児内科, 47巻, pp. 799-804, 201512
  97. A ウイルスや細菌の感染、疲労やストレスなどで悪化する。薬物治療をつづけることが基本, すこやかファミリー, 2巻, pp. 31-31, 201501
  98. 産休・育休等の女性皮膚科医による僻地・在宅での遠隔皮膚診療支援の試み, 日本小児皮膚科学会雑誌, 11巻, 1号, pp. 2-6, 201507
  99. ステロイド外用薬による接触皮膚炎の1例, 皮膚臨床, 57巻, 13号, pp. 1979-1984, 201512
  100. しなやかリーダーシップワークショップ2014 ~Find Yourself in Dermatology~ キャリア支援委員会企画 平成26年度皮膚科リーダー養成ワークショップ, 日本皮膚科学会雑誌, 125巻, 6号, pp. 1205-1214, 201506
  101. 特発性の蕁麻疹の初期治療と病脳期間に関する解析, アレルギー, 64巻, 9号, pp. 1261-1268, 201511
  102. Clinical diagnosis of type I allergy by means of SPR imaging with less than a microliter of peripheral blood, Sensing and BioSensing Research, 2巻, pp. 43-48, 2014
  103. Environmental factors associated with childhood eczema: Findings from a national web-based survey, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 65巻, 4号, pp. 420-424, 201610
  104. Oral administration of -carotene or lycopene prevents atopic dermatitis-like dermatitis in HR-1 mice, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 43巻, 10号, pp. 1188-1192, 201610
  105. EEAGI/GA(2)LEN/EDF/WAO Guidelines pertaining to the definition, classification, diagnosis and management of urticaria: 2013 revision and update, Alergologia Polska-Polish Journal of Allergology, 2巻, 1号, pp. T1-T23, 2015
  106. Systematised naevus sebaceus resulting from post-zygotic mutation in HRAS, AUSTRALASIAN JOURNAL OF DERMATOLOGY, 58巻, 1号, pp. 58-60, 201702
  107. One-year safety and efficacy study of bilastine treatment in Japanese patients with chronic spontaneous urticaria or pruritus associated with skin diseases, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 44巻, 4号, pp. 375-385, 201704
  108. Efficacy and safety of bilastine in Japanese patients with chronic spontaneous urticaria: A multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled, parallel-group phase II/III study, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 66巻, 2号, pp. 317-325, 201704
  109. Evaluation of skin perfusion pressure to assess refractory foot ulcers, JOURNAL OF WOUND CARE, 26巻, 5号, pp. 267-270, 201705
  110. Contact urticaria syndrome with IgE antibody against a cefotiam-unique structure, evoked by nonapparent exposure to cefotiam, CLINICAL AND EXPERIMENTAL DERMATOLOGY, 42巻, 5号, pp. 527-531, 201707
  111. Airborne virus detection by a sensing system using a disposable integrated impaction device, JOURNAL OF BREATH RESEARCH, 10巻, 3号, 201609
  112. Analysis of primary treatment and prognosis of spontaneous urticaria, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 66巻, 3号, pp. 458-462, 201707
  113. Sweat allergy: Extrinsic or intrinsic?, JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE, 87巻, 1号, pp. 3-9, 201707
  114. Efficacy and safety of omalizumab in Japanese and Korean patients with refractory chronic spontaneous urticaria, JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE, 87巻, 1号, pp. 70-78, 201707
  115. The first nationwide surveillance of antibacterial susceptibility patterns of pathogens isolated from skin and soft-tissue infections in dermatology departments in Japan, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 23巻, 8号, pp. 503-511, 201708
  116. Novel splice site mutation in LIPH identified in a Japanese patient with autosomal recessive woolly hair, J Dermatol, 43巻, 11号, pp. 1384-1385, 2016
  117. Predictive phenotyping of inherited ichthyosis by next generation DNA sequencing, Br J Dermatol, 176巻, 1号, pp. 249-251, 201701
  118. Angioedema associated with excessive sweating and sweat allergy, J Dermatol, pp. e58-e59, 201704
  119. Contact urticaria syndrome with IgE antibody against cefotiam-unique structure evoked by non-apparent exposure to cefotiam: A case report, Clin Exp Dermatol, 2016
  120. Injury due to extravasation of thiopental and propofol: risks/effects o f local cooling/warming in rats, Biochemistry and Biophysics Reports, 8巻, pp. 207-211, 201609
  121. 蕁麻疹に今後期待される薬剤, アレルギーの臨床, 36巻, 4号, pp. 347-351, 201603
  122. 蕁麻疹で考えられる好塩基球の役割, マルホ皮膚科セミナー, 240号, pp. 4-9, 201604
  123. 蕁麻疹の問診と治療のコツ, Dermatology Today, 24巻, pp. 12-17, 201605
  124. アトピー性皮膚炎における汗アレルギー, アレルギー, 65巻, 3号, pp. 179-185, 201605
  125. 特集 蕁麻疹の最新知見 Ⅱ.蕁麻疹の統計(性差を含めて), アレルギー・免疫, 23巻, 7号, pp. 24-30, 201605
  126. ピキア酵母を用いて作製した組み替え汗抗原の汗アレルギーにおける評価, 小児科診療, 79巻, 10号, pp. 1325-1329, 201609
  127. 蕁麻疹の治療薬としてのステロイド、シクロスポリン、そしてオマリズマブ, マルホ皮膚科セミナー, 244号, pp. 32-36, 201612
  128. クインケ浮腫, MB Derma, 251号, pp. 11-16, 201612
  129. 皮膚科医に必要な使命感と公共心について考える, 日本皮膚科学会雑誌, 126巻, 13号, pp. 2405-2408, 201612
  130. しなやかリーダーシップワークショップ2015~Find Yourself in Dermatology~キャリア支援委員会企画 平成27年度皮膚科リーダー養成ワークショップ, 日本皮膚科学会誌, 126巻, 3号, pp. 273-282, 201603
  131. α2アドレナリン受容体作動薬の外用が紅斑の軽減に有効であった酒皶の症例, 皮膚病診療, 38巻, 6号, pp. 603-606, 201606
  132. 舌に生じ、類上皮型血管肉腫との鑑別を要した化膿性肉芽腫(pyogenic granuloma), 皮膚病診療, 38巻, 6号, pp. 607-611, 201606
  133. Case of cholinergic urticaria accompanied by anaphylaxis, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 44巻, 11号, pp. 1291-1294, 201711
  134. Impedance-Based Living Cell Analysis for Clinical Diagnosis of Type I Allergy, SENSORS, 17巻, 11号, 201711
  135. Staphylococcus aureus from atopic dermatitis skin alters cytokine production triggered by monocyte-derived Langerhans cell, JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE, 88巻, 3号, pp. 271-279, 201712
  136. Different hypersensitivities against homologous proteins of MGL_1304 in patients with atopic dermatitis, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 67巻, 1号, pp. 103-108, 201801
  137. The international WAO/EAACI guideline for the management of hereditary angioedema - the 2017 revision and update, WORLD ALLERGY ORGANIZATION JOURNAL, 11巻, 20180227
  138. Evaluation of Risk of Injury by Extravasation of Hyperosmolar and Vasopressor Agents in a Rat Model, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 41巻, 6号, pp. 951-956, 201806
  139. The international WAO/EAACI guideline for the management of hereditary angioedemaThe 2017 revision and update, ALLERGY, 73巻, 8号, pp. 1575-1596, 201808
  140. Impact of chronic urticaria on quality of life and work in Japan: Results of a real-world study, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 45巻, 8号, pp. 963-970, 201808
  141. Chronic spontaneous urticaria and the extrinsic coagulation system, Allergology International, 67巻, 2号, pp. 191-194, 201804
  142. Prognosis of adult-onset clinically amyopathic dermatomyositis treated with only topical the, J Dermatol, 44巻, 7号, pp. e178-e179, 201707
  143. A case of Kaposi's varicelliform eruption progressing to herpes simplex virus hepatitis in an immunocompetent patient, Clin Exp Dermatol, 43巻, 5号, pp. 636-638, 201807
  144. Pre-symptomatic genetic diagnosis of two siblings with hereditary angioedema, presenting with unusual normal levels of serum C4, J Dermatol, 45巻, 2号, pp. e31-e32, 201802
  145. A unique clinical phenotype of a patient bearing a newly identified deletion mutation in the PSENEN gene along with the pathogenic serum desmoglein-1 antibody, Clin Exp Dermatol, 43巻, 3号, pp. 329-332, 201804
  146. Histamine and TLR ligands synergistically induce endothelial-cell gap-formation by the extrinsic coagulating pathway., J Allergy Clin Immunol, 141巻, 3号, pp. 1115-1118, 201803
  147. 抗IgE抗体の登場, アレルギーの臨床, 37巻, 1号, pp. 40-44, 2017
  148. 血管性浮腫の治療展望, アレルギーの臨床, 37巻, 2号, pp. 43-46, 2017
  149. ブラジキニン, アレルギー, 66巻, 6号, pp. 813-814, 2017
  150. 蕁麻疹と血管性浮腫の最近のトピックス, 日本小児アレルギー学会誌, 31巻, 5号, pp. 714-720, 201712
  151. 汗アレルギー(アレルギー用語解説シリーズ), アレルギー, 66巻, 9号, pp. 1185-1186, 201711
  152. 慢性難治性蕁麻疹に対する生物学的製剤の効果とその位置づけ, アレルギー・免疫, 24巻, 12号, pp. 1582-1586, 201711
  153. 慢性蕁麻疹のこれからの治療について教えて下さい, 皮膚アレルギーフロンティア, 15巻, 3号, pp. 43-43, 201711
  154. このひとのキャリアを聞きたい!「一歩高いところを目指すためのアドバイス」, 日本皮膚科学会雑誌, 127巻, 3号, pp. 2779-2784, 201712
  155. ガイドラインのワンポイント解説 蕁麻疹診療ガイドライン 抗ヒスタミン薬に抵抗性の蕁麻疹への対応(解説), アレルギー, 66巻, 1号, pp. 23-26, 201702
  156. 先天性巨大色素性母斑から発生し、悪性黒色腫との鑑別を要したproliferative noduleの1例, 日本小児皮膚科学会雑誌, 36巻, 1号, pp. 61-64, 201702
  157. 腫れやむくみ、腹痛を繰り返す難病の実態, 月刊 難病と在宅ケア, 37巻, 1号, pp. 49-53, 201801
  158. Outbreak of immediate-type hydrolyzed wheat protein allergy due to a facial soap in Japan., Journal of Allergy and Clinical Immunology., 140巻, 3号, pp. 879-881, 201709
  159. Activation of Human Peripheral Basophils in Response to High IgE Antibody Concentrations without Antigens, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 20巻, 1号, 20190101
  160. Staphylococcus aureus from atopic dermatitis skin accumulates in the lysosomes of keratinocytes with induction of IL-1 alpha secretion via TLR9, ALLERGY, 74巻, 3号, pp. 560-571, 201903
  161. Efficacy and safety of rupatadine in Japanese adult and adolescent patients with chronic spontaneous urticaria: A double-blind, randomized, multicenter, placebo-controlled clinical trial, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 68巻, 1号, pp. 59-67, 201901
  162. Development of SPR Imaging-Impedance Sensor for Multi-Parametric Living Cell Analysis, SENSORS, 19巻, 9号, 20190501
  163. Staphylococcus aureus in atopic dermatitis: Strain-specific cell wall proteins and skin immunity, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 68巻, 3号, pp. 309-315, 201907
  164. Case of anaphylaxis to lansoprazole confirmed by histamine release test and oral provocation test, J Dermatol, 46巻, 4号, pp. e124-e125, Epub2018 Aug 27
  165. Long-term safety and efficacy of rupatadine in Japanese patients with itching due to chronic spontaneous urticaria, dermatitis, or pruritus: a 12-month, multicenter, open-label clinical trial, J Dermatol Sci, 94巻, 3号, pp. 339-345
  166. しなやかリーダーシップワークショップ2018~Find Yourself in Dermatology~ キャリア支援委員会企画 第5回皮膚科リーダー養成ワークショップ2018, 日本皮膚科学会雑誌, 129巻, 6号, pp. 1293-1302, 201905
  167. 皮膚科領域のアレルギー検査Up-to-date, アレルギーの臨床, 39巻, 9号, pp. 22-25, 201908
  168. 蕁麻疹, 内科, 124巻, 3号, pp. 1924-1927, 201908

著書等出版物

  1. 2015年04月, Label-Free Biosensor Methods in Drug Discovery, Surface Plasomon Resonance for Clinical Diagnosis of Type I Allergy, 2015年, 4, 単行本(学術書), 共著, 柳瀬雄輝, 秀 道広, 373-385
  2. 2015年12月, 今日の診断指針 第7版, 痒疹, 医学書院, 2015年, 12, 単行本(学術書), 単著, 秀 道広, 1591-1592
  3. 2015年09月, 今日の小児治療指針 第16版, じん麻疹, 医学書院, 2015年, 9, 単行本(学術書), 単著, 秀 道広, 313-315
  4. 2015年04月, 南山堂医学大辞典, 蕁麻疹, 蕁麻疹様血管炎, 南山堂, 2015年, 4, 単著, 1, 1270-1270
  5. 2015年04月, 年代別アレルギー疾患への対応, 蕁麻疹・血管性浮腫, 中山書店, 2015年, 4, 教科書, 単著, 4, 160-163
  6. 2015年02月, Q&A皮膚科診療ケースファイル, 症例45 顔面の浮腫, 金芳堂, 2015年, 2, 教科書, 単著, 秀 道広 , 2, 101-102
  7. 2015年01月, 治療薬Up-To-Date 2015, 48 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬, メディカルレビュー社, 2015年, 1, 事典・辞書, 単著, 3, 595-597
  8. 2015年01月, 皮膚疾患ガイドライン編, 蕁麻疹診療ガイドライン, メディカルレビュー社, 2015年, 1, 単行本(学術書), 単著, 10, 14-23
  9. 2015年01月, EBM皮膚疾患の治療up-to-date, オマリズマブは慢性特発性蕁麻疹に有効か?, 中外医学社, 2015年, 1, 単著, 4, 58-61
  10. 2015年11月, 新・総合診療医学 Case & Review, Primary Care Reviewアトピー性皮膚炎の診断と治療, 2015年, 11, 共著, 日本語, 横林ひとみ、秀 道広, 116-120
  11. 2015年11月, アトピー性皮膚炎治療のためのステロイド外用薬パーフェクトブック, アトピー性皮膚炎の評価方法と重症度分類, 南山堂, 2015年, 11, 共著, 戸田さゆり、秀 道広, 88-97
  12. 2014年05月, 臨床皮膚科Vol.68 No.5(増刊号), アトピー性皮膚炎と汗抗原, 医学書院, 2014年, 5, その他, 共著, 平郡真記子、平郡隆明、秀 道広, 43-46
  13. 2014年04月, イチから知りたいアレルギー診療, 蕁麻疹(血管性浮腫)/接触皮膚炎, 全日本病院出版会, 2014年, 4, 単行本(学術書), 共著, 平郡真記子、秀 道広, 122-129
  14. 2014年03月, 苦手な外来皮膚疾患100の解決法 ~そのとき達人達はどのように苦手皮膚疾患を克服したか?~, 汗がなぜADを悪化させるのか?その解決法は?, メディカルレビュー社, 2014年, 3, 単行本(学術書), 共著, 平郡隆明、秀 道広, 46-47
  15. 2014年03月, HWAT'S NEW in 臨床皮膚科学, アトピー性皮膚炎の汗:アトピー性皮膚炎増悪のメカニズム, メディカルレビュー社, 2014年, 3, 単行本(学術書), 共著, 平郡隆明、秀 道広, 54-55
  16. 2014年01月, 臨床病態学3, じんま疹, ヌーベルヒロカワ, 2014年, 1, 教科書, 単著, 秀 道広, 240-243
  17. 2014年01月, 治療薬Up-To-Date 2014, 48 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬, メディカルレビュー社, 2014年, 1, 事典・辞書, 単著, 秀 道広, 664-669
  18. 2013年11月, 今日の処方 改訂第5版, 蕁麻疹, 南江堂, 2013年, 11, 秀 道広 , 4, 904-907
  19. 2013年11月, 今日の処方 改訂第5版, 虫刺され、ストロフルス、痒疹, 南江堂, 2013年, 11, 秀 道広 , 3, 907-909
  20. 2013年07月, 続 患者さんから浴びせられる皮膚疾患100の質問, 蕁麻疹の飲み薬はいつまで飲めばよいのでしょうか?止め方は?, メディカルレビュー社, 2013年, 7, 秀 道広 , 2, 48-49
  21. 2013年07月, 続 患者さんから浴びせられる皮膚疾患100の質問, 蕁麻疹のお薬は蕁麻疹が出た時に飲めばよいのでしょうか?でなくても飲まなくてはいけませんか?, メディカルレビュー社, 2013年, 7, 秀 道広 , 2, 50-51
  22. 2013年06月, 皮膚科サブスペシャリティーシリーズ 1冊でわかる最新皮膚科治療 , 蕁麻疹に対する抗ヒスタミン薬の使い方, 文光堂, 2013年, 6, 単行本(学術書), 共著, 3
  23. 2013年03月, 標準皮膚科学第10版, 第14章 蕁麻疹、痒疹、皮膚瘙痒症, 医学書院, 2013年, 3, 秀 道広 , 12, 213-224
  24. 2013年03月, 抗ヒスタミン薬 達人の処方箋, 第Ⅰ章1種類・薬理作用Q14.抗ヒスタミン薬の外用は効くのか?, メディカルレビュー社, 2013年, 3, 秀 道広 , 2, 58-59
  25. 2013年03月, 抗ヒスタミン薬 達人の処方箋, 第Ⅰ章2蕁麻疹Q1.蕁麻疹に対して抗ヒスタミン薬は万能なのか?(病型別有効率), メディカルレビュー社, 2013年, 3, 秀 道広 , 3, 60-62
  26. 2013年03月, 抗ヒスタミン薬 達人の処方箋, 第Ⅱ章A2Q4.抗ヒスタミン薬の服用で慢性蕁麻疹はいつ頃、どれくらいよくなるのか?, メディカルレビュー社, 2013年, 3, 秀 道広 , 4, 164-167
  27. 2013年02月, 皮膚科アセット16 蕁麻疹・血管性浮腫 パーフェクトマスター, 蕁麻疹の症状, 中山書店, 2013年, 2, 共編著, 9
  28. 2013年02月, 皮膚科アセット16 蕁麻疹・血管性浮腫 パーフェクトマスター, 蕁麻疹の原因(総論), 中山書店, 2013年, 2, 秀 道広 , 4, 35-38
  29. 2013年01月, 治療薬Up-To-Date 2013, 48 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬, メディカルレビュー社, 2013年, 1, 単行本(学術書), 共編著, 9784779210044, 5, 588-592
  30. 2013年01月, 皮膚疾患最新の治療, 蕁麻疹診療ガイドライン, 南江堂, 2013年, 1, 単行本(学術書), 共編著, 4, 21-24
  31. 2012年07月, The 臨床推論, 皮膚科外来:どこをポイントに病変を診るか, 南山堂, 2012年, 7, 単行本(学術書), 共著, 9784525040215, 10
  32. 2012年04月, 病気と薬 パーフェクトBOOK2012, 蕁麻疹, 南山堂, 2012年, 4, 単行本(学術書), 共編著, 5
  33. 2012年04月, ファーマナビゲーター抗ヒスタミン薬編, 蕁麻疹診療ガイドライン, メディカルレビュー社, 2012年, 4, 単行本(学術書), 共編著, 9784779206795, 6
  34. 2012年03月, WHAT'NEW in 皮膚科学2012-2013, 日欧の蕁麻疹ガイドラインの対比, メディカルレビュー社, 2012年, 3, 単行本(学術書), 共編著, 2
  35. 2012年03月, 今日の皮膚疾患治療指針, 特発性の蕁麻疹, 医学書院, 2012年, 3, 秀 道広 , 8, 329-336
  36. 2012年03月, 今日の皮膚疾患治療指針, 刺激誘発型の蕁麻疹, 医学書院, 2012年, 3, 秀 道広 , 5, 336-340
  37. 2012年03月, 今日の皮膚疾患治療指針, 蕁麻疹関連疾患, 医学書院, 2012年, 3, 秀 道広 , 20, 323-342
  38. 2012年02月, 皮膚科サブスペシャリティーシリーズ 1冊でわかる皮膚アレルギー, 3) 蕁麻疹 ①ガイドラインの]解説と分類, 文光堂, 2012年, 2, 秀 道広 , 6, 150-156
  39. 2012年01月, 治療薬Up-To-Date 2011 , 48 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬, メディカルレビュー社, 2012年, 1, 単行本(学術書), 共編著, 5
  40. 2017年01月, 治療薬Up-To-Date 2017, 47 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬, メディカルレビュー社, 2017年, 1, 事典・辞書, 共著, 秀 道広, 604-618
  41. 2017年06月, 朝倉内科学 第11版III, アトピー性皮膚炎, 朝倉書店, 2017年, 6, 単行本(学術書), 共著, 秀 道広, 1336-1337
  42. 2017年07月, 1336専門家による私の治療, 蕁麻疹, 日本医事新報社, 2017年, 7, その他, 共著, 平郡真記子, 秀 道広, 961-963
  43. 2018年01月, 治療薬Up-To-Date 2018, 47 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬, メディカルレビュー社, 2018年, 1, 事典・辞書, 単著, 秀 道広, 614-628
  44. 2018年01月, 診療ガイド Upt-To-Date2018→2019, 2 蕁麻疹, メディカルレビュー社, 2018年, 1, 単行本(学術書), 共著, 秀 道広, 659-665
  45. 治療薬Up-To-Date 2019, 47 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬, メディカルレビュー社, 2019年, 01, 単行本(学術書), 共著, 秀 道広, 625-629
  46. 今日の診療のために ガイドライン外来診療2019, 蕁麻疹にもバイオ:オマリズマブによる蕁麻疹治療, 日経メディカル開発, 2019年, 02, 単行本(学術書), 共著, 森桶 聡, 秀 道広, 291-295
  47. 皮膚科・小児科の専門医がやさしく教えるこどもの皮膚のみかた, 蕁麻疹, 診断と治療社, 2019年, 03, 単行本(学術書), 共著, 秀 道広, 126-132
  48. 最新キーワードで読み解くAll About皮膚科学, 改訂蕁麻疹ガイドライン, メディカルレビュー社, 2019年, 06, 単行本(学術書), 共著, 秀 道広, 122-123
  49. WHAT'S NEW in皮膚科学2018-2019, 蕁麻疹にもバイオ:オマリズマブによる蕁麻疹治療, メディカルレビュー社, 2018年, 04, 単行本(学術書), 共著, 森桶 聡、秀 道広, 74-75
  50. アレルギーの臨床, 今月のことば 蕁麻疹診療における新しい時代の幕開け, 北隆館, 2019年, 単行本(学術書), 単著, 秀 道広, 349
  51. 2019年06月, じんましん 病型別治療ガイド, 序, クリニコ出版, 2019年, 06, 単行本(学術書), 単著, 秀 道広, 3
  52. 皮膚病診療, 私の視点 Delayed dermographiic urticaria ~皮膚の反応閾値の変動により現れる蕁麻疹?, 協和企画, 2019年, 08, 単行本(学術書), 共著, 秀 道広, 787

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 蕁麻疹診療における隘路と活路, 秀 道広, 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会 ランチョンセミナー, 2015年11月22日, 招待, 日本語, 島根
  2. 蕁麻疹治療の隘路に陥らないために, 秀 道広, 第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会 教育講演, 2015年11月01日, 招待, 日本語, 神戸
  3. 皮膚科医に必要な臨床免疫の基礎知識, 秀 道広, 第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会 イブニングセミナー, 2015年10月31日, 招待, 日本語, 神戸
  4. 抗ヒスタミンに抵抗性の蕁麻疹にどう対応するか, 秀 道広, 第67回日本皮膚科学会西部支部学術大会 ランチョンセミナー, 2015年10月18日, 招待, 日本語, 長崎
  5. アトピー性皮膚炎における汗アレルギー, 秀 道広, 第64回日本アレルギー学会 シンポジウム, 2015年05月27日, 招待, 日本語, 東京
  6. 蕁麻疹・血管性浮腫の病態と治療, 秀 道広, 平成26年度日本皮膚科学会研修講習会(東京支部企画) , 2015年02月20日, 招待, 日本語, 京都
  7. 海外で進む蕁麻疹治療の標準化と遺伝性血管性浮腫治療の進歩, 秀 道広, 平成26年度日本臨床皮膚科医会広島県支部総会 特別講演, 2015年01月25日, 招待, 日本語, 広島
  8. 蕁麻疹診療ガイドライン, 秀 道広, 日本アレルギー学会第1回総合アレルギー講習会, 2014年12月20日, 招待, 日本語, 横浜, その他
  9. Chronic Urticaria and Atopic Dermatitis in the Elderly, 秀 道広, WAO International Scientific Conference (WISC), 2014年12月09日, 招待, 英語, プレプリント
  10. Management of urticaria based on the international guideline and its adaptations: Tips from Japanese guideline for urticaria, 秀 道広, 3rd Eastern Asia Dermatology Congress (EADC), 2014年09月25日, 招待, 英語, 韓国、済州, 発表資料
  11. 蕁麻疹・血管性浮腫における国際的コンセンサスと治療目標, 秀 道広, 森田栄伸・山元教授就任10周年記念地方会, 2014年08月31日, 招待, 日本語, 松江, 発表資料
  12. 蕁麻疹治療における薬物治療の意義と抗ヒスタミン薬の位置づけ, 秀 道広, 第113回日本皮膚科学会総会 教育講演03 「汗関連疾患の謎に迫る」, 2014年05月30日, 招待, 日本語, 京都, プレプリント
  13. Application of SPR imaging for detection of individual living cell reaction and clinical diagnosis, 秀 道広, 2014 4th Research Week-International Symposium of Oral Medicine, 2014年05月24日, 招待, 英語, 台北, 発表資料
  14. 自己免疫性蕁麻疹, 秀 道広, 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会シンポジウム16 自己炎症性疾患とアレルギー, 2014年05月10日, 招待, 日本語, 京都, プレプリント
  15. 国際ガイドラインとなったEAACI版蕁麻疹診療ガイドラインの要点と我が国の現状, 秀 道広, 第77回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 2014年02月16日, 招待, 日本語, 東京, プレプリント
  16. Surface plasmon resonance for cell-based diagnosis, 秀 道広, 5th Hiroshima Conferenence on Education and Science in Dentistry, 2013年10月12日, 招待, 英語, 日本、広島市
  17. Urticaria in Asia., 秀 道広, European Academy of Allergy and Clinical Immunology & World Allergy Organization World Allergy &Asthma Congress, 2013年06月25日, 招待, 英語, イタリア
  18. Application of SPR imaging for detection of individual living cell reaction and clinical diagnosis, 秀 道広, International Workshop on Nanodevice and Bio Systems Technologies 2013, 2013年03月03日, 招待, 英語, 日本、東広島市
  19. Postgraduate Course 22: URTICARIA & ANGIOEDEMA TRACK -Diagnosis and Treatment of Hereditary Angioedema (HAE) Acute and Prophylactic Management", 秀 道広, WISC 2012; WAO International Scientific Conference, 2012年12月08日, 招待, 英語, インド、ハイデラバード
  20. Approach to Refractory Urticaria and Angioedema, 秀 道広, WISC 2012; WAO International Scientific Conference, 2012年12月07日, 招待, 英語, インド、ハイデラバード
  21. Pathogenesis of chronic urticaria: From definition, etiology and treatments, 秀 道広, 2nd East Asian Dermatology Congress, 2012年06月14日, 招待, 英語, 北京
  22. Prophylactic Intervention with Antihistamines on the Clinical Course of Idiopathic Urticaria, 秀 道広, Luncheon Seminar 2 The 36th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, 2011年12月10日, 招待, 英語, 日本、京都
  23. Increase of coagulation and its potential in plasma of chronic spontaneous urticaria, 秀 道広, Workshop 19 Beyond CRP: Biomarkers in Cutaneous Disease, 24nd World Congress of Dermatology, 2011年05月26日, 招待, 英語, ソウル
  24. Cholinergic urticaria and sweat allergy, 秀 道広, Symptosium 12 Urticarial Syndromes - Angioedema, 22nd World Congress of Dermatology, 2011年05月25日, 招待, 英語, ソウル
  25. Biomarkers in chronic urticaria, 秀 道広, Ancillary Meeting at 22nd World Congress of Dermatology Contact Dermatitis and Skin Allergy, 2011年05月24日, 招待, 英語, ソウル
  26. Application of SPR imaging for detection of individual living cell reaction and clinical diagnosis, 秀 道広, 広島大学ナノデバイスワークショップ "Electro-optic sensing for intact cell activation and its clinical application", 2015年03月03日, 招待, 英語, 広島大学, 東広島市
  27. Introduction: Historical background and global activities of urticaria and angioedema, 秀 道広, 23rd World Congress of Dermatology, "Symposium 4 - Urticaria and Angioedema", 2015年06月09日, 招待, 英語
  28. Antihistamines in the treatment of urticaria and angioedema, 秀 道広, 23rd World Congress of Dermatology, "Symposium 4 - Urticaria and Angioedema", 2015年06月09日, 招待, 日本語, Vancouver
  29. Controversies in CSU and Angioedema, 秀 道広, 1st Asian Chronic Spontaneous Urticaria Forum, "National Skin Centre Update in Dermatology and Venereology 2015", 2015年09月04日, 招待, 英語, Singapore
  30. Update in the Pathogenesis of Chronic Urticaria in Adults, 秀 道広, The 24nd Word Allergy Congress, " Workshop 3: Recent Update in Chronic Urticaria", 2015年10月14日, 招待, 英語, Seoul, Korea
  31. 蕁麻疹の治療薬としてのステロイド、シクロスポリン、そしてオマリズマブ, 秀 道広, 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, パネルディスカッション1【即時型アレルギー】, 2015年11月21日, 招待, 日本語, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 島根
  32. 蕁麻疹診療ガイドライン, 秀 道広, 第2回総合アレルギー講習会, 皮膚疾患ガイドライン, 2015年12月13日, 招待, 日本語, 横浜
  33. 高齢者のアトピー性皮膚炎の特徴と課題, 秀 道広, 日本皮膚科学会第372回福岡地方会 今福信一皮膚科主任教授就任記念, 2015年03月15日, 招待, 日本語, 日本皮膚科学会福岡地方会, 博多
  34. The role of mast cells in urticaria, 秀 道広, 1st GA(2)LEN UCARE Conference and Preceptionship/Session IV: The role of mast cells and basophils in urticaria, 2017年12月01日, 招待, 英語, バルセロナ Barcelona ESADE FORUM
  35. 蕁麻疹の診療ガイドライン, 秀 道広, 第80回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 2017年02月12日, 招待, 日本語, 横浜/パシフィコ横浜
  36. 蕁麻疹を通して見えてきた新たなIgEの役割, 秀 道広, 第80回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 2017年02月12日, 招待, 日本語, 横浜/パシフィコ横浜
  37. 研究は七転び八起き ~ 見えない道と光に気づく, 秀 道広, 第8回日本研究皮膚科学会きさらぎ塾, 2017年02月17日, 招待, 日本語, 沖縄・読谷村/ホテル日航アリビラ
  38. アレルギー疾患における治療目標と抗ヒスタミン薬の位置づけ, 秀 道広, 第117回日本皮膚科学会静岡地方会, 2017年03月11日, 招待, 日本語, 浜松/グランドホテル浜松
  39. 蕁麻疹とアトピー性皮膚炎における既存治療の限界と超克, 秀 道広, 日本皮膚科学会東北6県合同地方会第378回例会, 2017年05月14日, 招待, 日本語, 仙台/仙台サンプラザホテル
  40. 遺伝性血管性浮腫の国際ガイドラインと治療を巡る新展開, 秀 道広, 第116回日本皮膚科学会学術大会, 2017年06月02日, 招待, 日本語, 仙台/仙台国際センター
  41. 海外の蕁麻疹診療ガイドライン改訂の動向, 秀 道広, 第116回日本皮膚科学会学術大会, 2017年06月03日, 招待, 日本語, 仙台/仙台国際センター
  42. 慢性蕁麻疹におけるUnmet needsを新たな視点で解決を目指す-IgE captureの観点から-, 秀 道広, 第116回日本皮膚科学会学術大会, 2017年06月03日, 招待, 日本語, 仙台/仙台国際センター
  43. 日本版の診療ガイドラインにおける蕁麻疹治療の概要, 秀 道広, GA2LEN Allergy Academy in Japan/State of the art management of chronic urticaria, 2017年06月10日, 招待, 日本語, 幕張
  44. 良く使用される診断方法のハンズオン(プリックテスト、テンプテスト、フリックテスト), 秀 道広, GA2LEN Allergy Academy in Japan/State of the art management of chronic urticaria, 2017年06月10日, 招待, 日本語, 幕張
  45. 蕁麻疹診療ガイドライン改訂の情況, 秀 道広, 第81回日本皮膚科学会東部支部学術大会, 2017年09月24日, 招待, 日本語, 福島/ビッグパレットふくしま
  46. 皮膚アレルギーにおける抗ヒスタミン薬の役割とエビデンス, 秀 道広, 第68回日本皮膚科学会中部支部学術大会, 2017年10月08日, 招待, 日本語, 京都/国立京都国際会館
  47. Perspectives of antihistamines in the management of allergic skin diseases, 秀 道広, 第27回国際痒みシンポジウム, 2017年11月11日, 招待, 日本語, 東京/京急第二ビル
  48. 頭部に限局した無汗と疼痛を来した1例, 岡本 真由美, 岡本 真由美, 高萩 俊輔, 青木 友里恵, 齋藤 怜, 静川 寛子, 入福 令子, 秀 道広, 第140回広島地方会, 2017年03月05日, 通常, 日本語, 広島/広仁会館
  49. 大腿部に生じたclosed degloving injuryの1例, 松原大樹, 松原大樹、高萩俊輔、沼田智史、太田浩平、志馬伸朗、秀道広, 第33回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会, 2017年04月22日, 通常, 日本語, 神戸
  50. 胸部に生じた上皮性腫瘍の1例, 田中麻衣子, 田中麻衣子、壷井聡史、河合幹雄、有広光司、秀道広, 第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2017年06月30日, 通常, 日本語, 秋田
  51. Lateral orbital flapにて再建した下眼瞼脂腺癌の4例, 壷井聡史, 壷井聡史、梅田直樹、河合幹雄、菅崇暢、田中麻衣子、秀道広, 第116回日本皮膚科学会総会, 2017年06月02日, 通常, 日本語, 仙台
  52. アトピー性皮膚炎患者のMGL_1304相同蛋白に対する過敏性と生活環境中のMGL_1304抗原量の検討, 高萩俊輔, 高萩俊輔、平郡隆明、石井香、秀道広, 第116回日本皮膚科学会総会, 2017年06月02日, 通常, 日本語, 仙台
  53. モガムリズマブ月1回投与が有効であったSezary症候群の1例, 芦澤慎一, 芦澤慎一 ,松尾佳美,白石剛章,末岡愛実,森田知世,静川寛子,平郡隆明,秀道広, 第116回日本皮膚科学会総会, 2017年06月02日, 通常, 日本語, 仙台
  54. 壊死性筋膜炎と蜂窩織炎の鑑別におけるプロカルシトニン(PCT)の有用性について, 梅田直樹, 梅田直樹 壷井聡史 岡本真由美 森脇昌哉 森桶聡 岩本和真 高萩俊輔 河合幹雄 秀道広 森川博文, 第116回日本皮膚科学会総会, 2017年06月02日, 通常, 日本語, 仙台
  55. 日本語版蕁麻疹状況調査(Urticaria Control Test;UCT)の開発, 入福令子, 入福令子,森桶 聡,亀好良一,秀 道広, 第116回日本皮膚科学会総会, 2017年06月02日, 通常, 日本語, 仙台
  56. A case of multiple brownish plaques on the face and trunk, Maiko Tanaka, Maiko Tanaka, Koji Arihiro, Michihiro Hide, 第33回日本皮膚病理組織学会, 2017年06月17日, 通常, 日本語, 東京
  57. 好塩基球・ヒト皮膚マスト細胞の活性化に対するプリン代謝物の影響, 松尾佳美, 松尾佳美, 柳瀬雄輝, 川口智子, 石井 香, 秀 道広, 第66回日本アレルギー学会学術大会, 2017年06月16日, 通常, 日本語, 東京
  58. 網膜芽細胞腫治療後の義眼床に生じた結膜扁平上皮癌の2例, 壷井聡史, 壷井聡史、梅田直樹、田中麻衣子、菅崇暢、河合幹雄、秀道広、板倉秀記, 第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2017年07月01日, 通常, 日本語, 秋田
  59. アトピー性皮膚炎由来の黄色ブドウ球菌と皮膚免疫の解析, 岩本和真, 岩本和真、森脇昌哉、新津佳恵、才野正新、久恒順三、菅井基行、秀道広, 第66回日本アレルギー学会学術大会, 2017年06月16日, 通常, 日本語, 東京
  60. 放射線治療を行った眼瞼脂腺癌の2例, 梅田直樹, 梅田直樹、河合幹雄、壷井聡史、菅 崇暢、秀道広, 第34回日本皮膚悪性腫瘍学会学術集会, 2017年07月01日, 通常, 日本語, 秋田
  61. 眼窩内容除去術を行った9例の検討, 壷井聡史, 壷井聡史、河合幹雄、梅田直樹、田中麻衣子 、秀道広, 第32回日本皮膚外科学会総会・学術集会, 2017年07月22日, 通常, 日本語, 埼玉
  62. 広島県内における粉瘤の手術の実態調査, 梅田直樹, 梅田直樹 河合幹雄 壷井聡史 秀道広, 第32回日本皮膚外科学会総会・学術集会, 2017年07月22日, 通常, 日本語, さいたま市
  63. セフォチアムによる職業性接触蕁麻疹症候群の1例, 高萩俊輔, 高萩俊輔、秀 道広, 第48回日本職業・環境アレルギー学会, 2017年07月01日, 通常, 日本語, 福井
  64. 広島大学病院における入院治療を要した小児熱傷150例の検討, 平川佳葉子, 平川佳葉子、壷井聡史、河合幹雄、秀道広, 第41回日本小児皮膚科学会学術大会, 2017年07月08日, 通常, 日本語, 福井
  65. Neuromedin U directly activates human and mouse skin mast cells, Yoshimi Matsuo, Yoshimi Matsuo, Yuhki Yanase, Satoshi Tanaka, Kazuyuki Furuta, Michihiro Hide, 47thThe European Society for Dermatological Research, 2017年09月, 通常, 英語, ザルツブルグ
  66. Staphylococcus aureus isolated from patients with atopic dermatitis accumulate in lysosome and induces IL-1alpha via TLR9 in keratinocytes, Masaya Moriwaki, Masaya Moriwaki, Kazumasa Iwamoto, Yoshie Niitsu, Ayako Matsushima, Junzo Hisatsune, Motoyuki Sugai, Michihiro Hide, 47th Annual European Society for Dermatological Research (ESDR) Meeting 2017, 2017年09月27日, 通常, 英語, ザルツブルグ
  67. 温熱発汗試験を行ったコリン性蕁麻疹16例の臨床的検討, 小刀 茉耶, 小刀 茉耶, 亀頭 晶子, 入福 令子, 高萩 俊輔, 河合 幹雄, 石井 香, 秀  道広, 第141回広島地方会, 通常, 日本語, 広島
  68. 当院におけるアトピー性皮膚炎患者の血清TARC値の推移, 齋藤 怜, 齋藤 怜, 田中 暁生, 平郡 隆明 , 鍋島 由紀子, 田中 麻衣子, 高萩 俊輔, 岩本 和真, 森桶 聡, 平郡 真記子, 秀 道広, 第141回広島地方会, 2017年09月03日, 通常, 日本語, 広島
  69. 透析患者に生じた軟部組織感染症の1例, 串畑 あずさ, 串畑 あずさ, 平郡 隆明, 梅田 直樹, 平川 佳葉子, 壷井 聡史, 岡 思帆, 河合 幹雄, 秀 道広, 第141回広島地方会, 2017年09月03日, 通常, 日本語, 広島
  70. 広島県内における粉瘤の手術の実態調査, 梅田 直樹, 梅田 直樹, 平郡 隆明, 串畑 あずさ, 河合 幹雄, 壷井 聡史, 秀 道広, 第141回広島地方会, 2017年09月03日, 通常, 日本語, 広島
  71. 甲状腺機能亢進症に随伴した脛骨前粘液水腫, 末廣昌敬, 末廣昌敬、田中暁生、北野雅朗、田中麻衣子、有広光司、秀道広, 第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2017年10月28日, 通常, 日本語, 熊本
  72. 全身性エリテマトーデスの紅斑とびまん性脱毛に対しヒドロキシクロロキンの単剤投与が奏効した1例, 天野 愛純香, 天野 愛純香、松尾 佳美、平川 佳葉子、河合 幹雄、秀 道広, 第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2017年10月28日, 通常, 日本語, 熊本
  73. 透析患者の両眼瞼に生じた重症軟部組織感染症の1例, 串畑あずさ, 串畑あずさ、平川佳葉子、壷井聡史、岡思帆、河合幹雄、秀道広, 第69日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2017年10月28日, 通常, 日本語, 熊本
  74. エスシタロプラムによる薬疹でDIHSとの鑑別が困難だった一例, 松原大樹, 松原大樹,森桶 聡,徳永真和,志馬伸朗,秀 道広, 第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2017年10月28日, 通常, 日本語, 熊本
  75. 成人小麦アレルギー患者のIgE値の推移に関する研究, 濱田 祐斗, 千貫 祐子, 福冨 友馬, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 織田 好子, 福永 淳, 足立 厚子, 平郡 真記子, 秀 道広, 森田 栄伸, 第80回臨床アレルギー研究会, 2017年11月25日, 通常, 日本語, 東京
  76. 特発性の慢性蕁麻疹に対するオマリズマブの使用経験, 森脇 昌哉, 森脇 昌哉, 森桶 聡, 平郡 真記子, 岩本 和真, 田中 暁生, 秀 道広, 第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 鹿児島
  77. 当科での特発性の慢性蕁麻疹に対するオマリズマブの使用経験, 森脇昌哉, 森桶聡、平郡真紀子、岩本和真、高萩俊輔、田中暁生、秀道広, 第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会・第41回皮膚脈管・膠原病研究会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 鹿児島
  78. 慢性的な蕁麻疹症状がもたらすQOL及び労働生産性への影響の解析, 秀 道広, 第47回皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 鹿児島
  79. 発汗試験を行ったコリン性蕁麻疹の臨床的検討, 亀頭 晶子, 小刀 茉耶、入福 令子、高萩 俊輔、河合 幹雄、石井 香、秀 道広, 第47回日本アレルギー接触皮膚炎学会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 鹿児島
  80. Analysis of the allergy of gadus chalcogrammus roe (Tarako), Keiko Hanaoka, Kaori Ishii, Shunsuke Takahagi, Mieko Nakano and Michihiro Hide, 第42回研究皮膚科学会, 2017年12月15日, 通常, 英語, 高知
  81. 皮膚アレルギーの病態における ニューロメジンUの役割解明, 松尾佳美, 柳瀬雄輝, 田中智之 , 古田和幸, 秀 道広, 第21回日本ヒスタミン学会, 2017年12月21日, 通常, 日本語, 徳島
  82. Wheals but no urticaria-Angioedema but no wheals? How not to miss autoinflammatory diseases and Bradykinin-mediated angioedema – and how to treat them?, 秀 道広, 24th World Congress of Dermatology, 2019年06月12日, 招待, 英語, Milan
  83. 蕁麻疹診療ガイドライン2018におけるオマリズマブの位置づけ, 秀 道広, 日本皮膚科学会青森地方会, 2019年02月24日, 招待, 日本語, 青森
  84. 違和感が拓いた蕁麻疹の病態理解, 秀 道広, 第35回日本臨床皮膚科医会, 2019年04月21日, 招待, 日本語, 松山
  85. 蕁麻疹診療ガイドライン2018の目指すもの, 秀 道広, 第118回日本皮膚科学会総会, 2019年06月07日, 招待, 日本語, 名古屋
  86. 自己免疫性蕁麻疹から数理モデル解析への道のり~気づきを可視化する皮膚科学の楽しさ~, 秀 道広, 第118回日本皮膚科学会総会, 2019年06月07日, 招待, 日本語, 名古屋
  87. 治療薬から照らし出される蕁麻疹における免疫、血液、神経の協奏, 秀 道広, 第68回アレルギー学会, 2019年06月15日, 招待, 日本語, 東京
  88. New treatments for hereditary angioedema, 秀 道広, 第68回アレルギー学会, 2019年06月15日, 招待, 日本語, 東京
  89. 蕁麻疹の正しい治療, 秀 道広, 2019年度 日本皮膚科学会講習会選択(夏), 2019年08月25日, 招待, 日本語, 東京
  90. アトピー性皮膚炎に対するDupilumabの 長期非盲検試験*:日本人における安全性・有効性の中間解析, 秀 道広, 第118回日本皮膚科学会総会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 名古屋

受賞

  1. 2005年07月, 第35回日本皮膚アレルギー学会総会・第30回日本接触皮膚炎学会総会 展示発表優秀賞, 第35回日本皮膚アレルギー学会学会長, 遅延性圧蕁麻疹と考えられた8例

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第40回日本小児皮膚科学会学術大会, 会頭, 2016年07月, 2016年07月
  2. 日本皮膚科学会第137回広島地方会, 2015年09月, 2015年09月
  3. 日本皮膚科学会第138回広島地方会, 2016年03月, 2016年03月
  4. 日本皮膚科学会第139回広島地方会, 2016年09月, 2016年09月
  5. 日本皮膚科学会第141回広島地方会, 2017年09月, 2017年09月
  6. 日本皮膚科学会第142回広島地方会, 2018年03月, 2018年03月
  7. 日本皮膚科学会第143回広島地方会, 2018年09月, 2018年09月
  8. 第117回日本皮膚科学会総会, 2018年05月, 2018年06月
  9. 日本皮膚科学会第144回広島地方会, 2019年03月, 2019年03月
  10. 日本皮膚科学会第145回広島地方会, 2019年09月, 2019年09月
  11. 第1回日本アレルギー学会中国・四国支部地方会, 2019年02月, 2019年02月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 遺伝性血管性浮腫の情報サイト開設, 日刊薬業, 2017年/05月/10日, 情報提供, 新聞・雑誌
  2. 抜歯で急発するHAE 秀道広 広島大学医学部長が注意喚起, 日本歯科新聞, 2017年/05月/16日, 情報提供, 新聞・雑誌
  3. ゾレアで難治の特発性慢性蕁麻疹の8割が改善, 日経メディカル, 2017年/12月/08日, 寄稿
  4. しみについて, 広島FM, 2017年/05月/02日, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  5. ほくろのがん(?)アトピー性皮膚炎?, 広島FM, 2017年/08月/08日, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  6. 「慢性膿皮症」(お尻のおでき), 広島FM, 2017年/11月/07日, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般