日野 孝宗Takamune Hino

Last Updated :2019/08/08

所属・職名
病院(歯) 口腔維持修復歯科 講師
ホームページ
メールアドレス
thinohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(歯学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 歯周治療系歯学
  • 医歯薬学 / 歯学 / 社会系歯学

研究キーワード

  • 臨床的研究
  • 歯周病学
  • 歯周療法
  • 宿主免疫応答
  • 再生療法
  • 歯周病原性菌
  • 歯内療法
  • 歯周病
  • 口腔保健活動, 歯科保健
  • 過熱水蒸気、 滅菌装置

所属学会

  • 国際歯科研究学会
  • 国際歯周病学会
  • 日本免疫学会
  • 日本口腔検査学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本歯周病学会
  • 日本歯科保存学会

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. The green tea polyphenol (-)-epigallocatechin gallate precipitates salivary proteins including alpha-amylase: biochemical implications for oral health, EUROPEAN JOURNAL OF ORAL SCIENCES, 120巻, 2号, pp. 132-139, 201204
  2. 早期発症型歯周炎に対する初期治療の効果, 日本歯周病学会会誌, 36巻, 2号, pp. 444-450, 19940401
  3. Fusobacterinm nucleatumの赤血球凝集素の局在および付着特性に関する研究, 広島大学歯学雑誌, 27巻, 1号, pp. 99-115, 19950401
  4. Cellular immuno-competence of infected root canal contents in pathogenesis of periapical lesions, J. Endod., 23巻, 4号, pp. 213-216, 19970401
  5. Characteristics of multimodal co-aggregation between Fusobacterium nucleatum and streptococci, J. Periodont. Res., 30巻, pp. 252-257, 19950401
  6. Purification of arginine-sensitive hemagglutinin from Fusobacterium nucleatum and its role in coaggregation, J. Periodont. Res., 28巻, pp. 21-26, 19930401
  7. Purification of Staphylococcal exfoliative toxin by high pressure liquid chromatography, Zbl. Bakt., 273巻, pp. 5-11, 19900401
  8. Adherence of Bacteroides forsythus to host cells, Microbios, 101巻, 399号, pp. 115-126, 20000401
  9. Differential effects of various growth factos and cytokines on the syntheses of DNA, type I collagen, laminin, fibronectin, osteonectin/secreted protein, acidic and rich in cysteine (SPARC) , and alkaline phosphatase by human pulp cells in culture, J Cell Physiol, 174巻, 2号, pp. 194-205, 19980201
  10. 電子診療録を目指した歯科オーダリングシステムの開発とその評価, 第22回医療情報学連合大会論文集, 22巻, pp. 646-647, 20020401
  11. 電子診療録を意識した歯科システムの開発, 平成13年度国立大学附属病院情報処理部門連絡会議論文集, pp. 81-82, 20020401
  12. Cell transplantation for periodontal diseases. A novel periodontal tissue regenerative therapy using bone marrow mesenchymal stem cells, Clin Calcium, 29巻, 1号, pp. 99-104, 20050401
  13. 細菌検査に基づく抗菌薬の局所投与が奉功した感染根管治療症例, 日歯内療誌, 28巻, 1号, pp. 9-15, 20070131
  14. 生物学的根管治療を達成するための根管内細菌嫌気培養検査, 28巻, 1号, pp. 1-8, 20070131
  15. 抗菌ペプチドLL37によるヒト歯髄細胞の炎症性サイトカイン発現制御, 日本歯内療法学会雑誌, 29巻, 3号, pp. 147-154, 20080901
  16. Overexpression of the nlpI gene induces conformational changes of peptidoglycan in Escherichia coli K12., J. Hiroshima Univ. Dent. Soc., 424巻, 2号, pp. 166-179, 20100401
  17. Clinical periodontal findings and microflora profiles in children with chronic neutropenia under supervised oral hygiene, JOURNAL OF PERIODONTOLOGY, 72巻, 7号, pp. 945-952, 200107
  18. Microbiological, immunological genetic factors in family members with periodontitis as a manifestation os systemic disease, associated with hematological disorders, JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH, 37巻, 4号, pp. 307-315, 200208
  19. Proliferative ability and alkaline phosphatase activity with in vivo cellular aging in human pulp cells, JOURNAL OF ENDODONTICS, 29巻, 1号, pp. 9-11, 200301
  20. Neodymium-doped Yttrium-Aluminium-Garnet Laser Irradiation Abolishes the Increase in Interleukin-6 Levels Caused by Peptidoglycan through the p38 Mitogen-activated Protein Kinase Pathway in Human Pulp Cells, JOURNAL OF ENDODONTICS, 35巻, 3号, pp. 373-376, 200903
  21. Assessment of the Plasma/Serum IgG Test to Screen for Periodontitis, JOURNAL OF DENTAL RESEARCH, 91巻, 12号, pp. 1190-1195, 201212
  22. Prevalence of drug-resistant opportunistic microorganisms in oral cavity after treatment for oral cancer, JOURNAL OF ORAL SCIENCE, 55巻, 2号, pp. 145-155, 201306
  23. The differential expression of mgl mRNA by Porphyromonas gingivalis affects the production of methyl mercaptan, ORAL DISEASES, 21巻, 5号, pp. 626-633, 201507
  24. 歯科相談から見た大学生の口腔関連の悩みに関する報告, 総合保健科学, 33巻, pp. 77-82, 20170301

著書等出版物

  1. 2004年, 骨髄間葉系細胞を用いた歯周治療 , 炎症と免疫, 2004年, 調査報告書, 共著, 河口 浩之 平地昭雄 長谷川 直彦 吉野 宏 林 秀昭 日野 孝宗 , 8
  2. 2005年07月, 歯周組織の細胞移植療法 骨髄間葉系幹細胞を用いた歯周組織再生療法 , クリニカルカルシウム, 2005年, 07, 単行本(学術書), 共著, 藤田 剛 長谷川 直彦 柴 秀樹 中村 茂夫 日野 孝宗 , 6

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. A periodontopathogenic factor: L-arginine sensitive hemagglutinin (A-HA) from Fusobacterium nucleatum., 日野 孝宗, The Special Lecture of the Wonkwang Univ. Institute of Wonkwang Biomaterial Implant, 2001年12月, 招待, 英語, Wonkwang University Wonkwang Biomaterial Implant, 韓国
  2. 広島大学歯科診療所(東広島市)における感染対策, 日野 孝宗, 東広島市歯科医師会第3回学術講演会, 2012年02月, 招待, 日本語
  3. 精神科入院要因別にみた患者の口腔内疾患状況, 羽多野初子、本田美恵、日野孝宗、長谷川直彦、森本万有美、藤田剛、仁井谷幸、津久江一郎、栗原英見, 2006年10月17日, 通常, 日本語, 第14回総会 日本精神科救急学会
  4. 咀嚼機能を踏まえた食事形態変更へのチームアプローチ  ~ 食に対するQOLを充足するために ~, 中川悦子、山崎亜紀、下種涼、日野孝宗、羽多野初子, 平成28年度 日精看広島県支部 第6回支部研究会, 2016年09月08日, 通常, 日本語
  5. 高齢化統合失調症患者への食事形態変更を目指した関わり ~食に対するQOLを充足するためのチームアプローチ~, 中川悦子、山崎亜紀、下種涼、日野孝宗、羽多野初子, 平成28年度 看護研究学会, 2016年11月02日, 通常, 日本語, 日本精神科看護協会広島県支部
  6. 高齢化統合失調症患者への食事形態変更をめざした関わり 食に対するQOLを充足するためのチームアプローチ, 中川悦子、山崎亜紀、下種涼、日野孝宗、羽多野初子, 第42回 日本精神科看護学術集会, 2017年06月17日, 通常, 日本語, 岡山市

取得

  1. 特許権, 特許4783879, 2011年07月22日, 細長平板状器具の固着物除去装置及びそれを用いた固着物除去方法
  2. 特許権, 特許4857438, 2011年11月11日, 洗浄滅菌装置
  3. 特許権, 特許5007439, 2012年06月08日, 滅菌装置及びそれを用いた滅菌方法
  4. 実用新案権, 歯科根管治療用ドリル

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 指尖毛細血管採血による血漿抗体価測定を用いた歯周病細菌感染度の判定法の研究, 2006年, 2008年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 歯周病細菌に対する血清抗体価測定法の標準化に関する調査研究, 2005年, 2005年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 歯周病原因菌の共凝集因子に対するワクチンによるバイオフィルム形成抑制, 2000年, 2001年
  4. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 歯周病原性細菌由来の赤血球凝集因子/細菌共凝集因子に対するヒト型抗体の作製, 2000年, 2001年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 早期発症型歯周炎における自己免疫疾患様機序の関わり, 1998年, 1999年
  6. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 歯周病関連菌の共凝集を阻害する患者由来血清抗体の検出, 1996年, 1996年
  7. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), 歯周病病態形成における自己抗体の役割に関する研究, 1995年, 1996年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 日本歯周病学会, 大会実行委員, 2002年10月
  2. 日本歯周病学会第3回中国地区臨床研修会, 大会実行委員, 2000年11月
  3. 日本歯周病学会第2回中国地区臨床研修会, 大会実行委員, 1999年11月
  4. 日本歯周病学会第1回中国地区臨床研修会, 大会実行委員, 1998年
  5. 日本歯周病学会第4回中国地区臨床研修会, 大会実行委員, 2004年03月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 歯周病の発症・進行・遷延に関する細菌学的・免疫学的な考察, 広島大学臨床研究会, 2012年/02月, 2012年/02月
  2. 広島大学歯科診療所(東広島市)における感染対策.診療所の風景, 東広島市歯科医師会第3回学術講演会, 2012年/02月, 2012年/02月