神谷 研二KENJI KAMIYA

Last Updated :2017/09/08

所属・職名
医療政策室 特任教授
メールアドレス
kkamiyahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
1977年広島大学医学部卒業, 86年同大学院博士課程 単位取得退学。82年~87年米国ウィスコンシン大学研究員等, 87年より広島大学原爆放射能医学研究所に着任, 91年同助教授, 96年同教授。2001年~05年及び 09年~13年, 同研究所長併任。04年より広島大学緊急被ばく医療推進センター長, 11年より福島県立医科大学副学長, 13年より広島大学副学長(復興支援・被ばく医療担当),16年より福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター長を兼務。この間, 日本放射線影響学会会長(08年~11年,現在,評議員) 日本学術会議会員(14年~),放射線審議会会長(14年~), また09年 アジア放射線研究連合賞, 同年 防災功労者防災担当大臣表彰, 12年 防災功労者内閣総理大臣表彰,17年放射線影響研究功績賞を受賞。

基本情報

主な職歴

  • 1977年01月01日, 1979年03月31日, 広島大学, 医学部, 助手
  • 1982年01月01日, 1987年03月31日, ウィスコンシン大学, ヒト腫瘍学部, 助手・準研究員
  • 1987年01月01日, 1991年03月31日, 広島大学, 原爆放射能医学研究所, 助手
  • 1991年01月01日, 1996年03月31日, 広島大学, 原爆放射能医学研究所, 助教授
  • 1996年02月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 原爆放射能医学研究所, 教授
  • 2001年04月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 原爆放射能医学研究所, 所長
  • 2002年04月01日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 教授
  • 2002年04月01日, 2005年03月31日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 所長
  • 2004年09月01日, 広島大学, 緊急被ばく医療推進センター, センター長
  • 2005年04月01日, 2009年03月31日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 副所長
  • 2009年04月01日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 所長
  • 2013年04月01日, 広島大学, 副学長(復興支援・被ばく医療担当)
  • 2011年07月, 福島県立医科大学, 副学長

学歴

  • 広島大学, 医学研究科, 病理学, 日本, 1979年04月, 1986年01月
  • 広島大学, 医学部, 医学, 日本, 1971年04月, 1977年03月

学位

  • 医学博士 (広島大学)

担当主専攻プログラム

  • 歯学プログラム
  • 医学プログラム

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学

研究キーワード

  • 分子機構
  • 放射線

所属学会

  • 日本放射線影響学会, 1998年
  • 日本学術会議
  • 日本癌学会
  • 日本放射線事故・災害医学会, 2012年04月

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学演習(分子発がん制御学)
  2. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学特別研究(分子発がん制御学)
  3. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子発がん制御学特別演習
  4. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子発がん制御学特別実験
  5. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), ヒロシマ復興史
  6. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), ヒロシマ復興史
  7. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線生物学特論
  8. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), ゲノム障害科学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Increase in dicentric chromosome formation after a single CT scan in adults, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, SEP 9 2015
  2. Asymmetric nature of two subunits of RAD18, a RING-type ubiquitin ligase E3, in the human RAD6A-RAD18 ternary complex, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 40巻, 3号, pp.1065-pp.1076, FEB 2012
  3. Molecular nature of radiation injury and DNA repair disorders associated with radiosensitivity, INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 95巻, 3号, pp.239-pp.245, MAR 2012
  4. Induction of transplantable tumors by repeated subcutaneous injections of natural and synthetic vitamin E in mice and rats., Jpn.J.Cancer Res., 82巻, 5号, pp.511-pp.517, 19910401
  5. Association of minisatellite instability with c-myc amplification and K-ras mutation in methylcholanthrene-induced mouse sarcomas., Cancer Res., 55巻, 23号, pp.5670-pp.5676, 19950401
  6. Susceptibility to radiation-induced mammary carcinoma in genetically resistant Copenhagen rats., Proceedings of International Symposium on biological Effects of Low Dose Radiation, pp.151-pp.158, 19990401
  7. Mutations in the RAD54 recombination gene in primary cancers, Oncogene, 18巻, 22号, pp.3427-pp.3430, 19990401
  8. Deoxycytidyl transferase activity of the human REV1 protein is closely associated with the conserved polymerase domain, J. Biol. Chem., 276巻, 18号, pp.15051-pp.15058, 20010401
  9. Mutations of a novel human RAD54 homologue, RAD54B, in primary cancer, Oncogene, 18巻, 22号, pp.3422-pp.3426, 19990401
  10. Mutations of the WT1 gene in childhood nonlymphoid hematological malignancies, Genes Chromosomes Cancer, 25巻, 2号, pp.176-pp.183, 19990401
  11. p53 gene mutation and loss of heterozygosity of chromosome 11 in methylcholanthrene-induced mouse sarcomas, Jpn.J.Cancer Res., 89巻, 3号, pp.269-pp.277, 19980401
  12. Murine and human SDF2L1 is an endoplasmic reticulum stress-inducible gene and encodes a new member of the Pmt/rt protein family., Biochem. Biophys. Res. Commun., 280巻, 1号, pp.407-pp.414, 20010401
  13. Age-dependent exposure to radioactive iodine (131I) in the thyroid and total body of newborn, pubertal and adult fischer 344 rats., J. Radiat. Res., 42巻, 2号, pp.143-pp.155, 20010601
  14. ★, Deoxycytidyl transferase activity of the human REV1 protein is closely associated with the conserved polymerase domain., J. Biol. Chem., 276巻, 18号, pp.15051-pp.15058, 20010501
  15. Kinetics of Mammary Clonogenic Cells and Rat Mammary Cancer Induction by X-rays or Fission Neutrons., J. Radiat. Res., 40巻, Suppl号, pp.128-pp.137, 19991201
  16. Gain of chromosomes 15 and 19 is frequent in both mouse hepatocellular carcinoma cell lines and primary tumors, but loss of chromosomes 4 and 12 is detected only in the cell lines., Carcinogenesis, 20巻, 11号, pp.2083-pp.2088, 19991101
  17. Mutations of a novel human RAD54 homologue, RAD54B, in primary cancer., Oncogene, 18巻, 22号, pp.3422-pp.3426, 19990601
  18. Mutations in the RAD54 recombination gene in primary cancers., Oncogene, 18巻, 22号, pp.3427-pp.3430, 19990601
  19. Mutations of the WT1 gene in childhood non-lymphoid hematological malignancies., Genes Chromo. Cancer, 25巻, 2号, pp.176-pp.183, 19990601
  20. Quantitative studies of ductal versus alveolar differentiation from rat mammary clonogens., Proc Soc Exp Biol Med, 219巻, 3号, pp.217-pp.225, 19981201
  21. p53 gene mutation and loss of heterozygosity of chromosome 11 in methylcholanthrene-induced mouse sarcomas., Jpn.J.Cancer Res., 89巻, 3号, pp.269-pp.277, 19980501
  22. Induction of a germline mutation at a hypervariable mouse minisatellite locus by 252Cf radiation., J. Radiat. Res., 37巻, 3号, pp.217-pp.224, 19960901
  23. Dose-response of a radiation induction of a germline mutation at a hypervariable mouse minisatellite locus., Int J Radiat Biol, 68巻, 2号, pp.177-pp.183, 19950801
  24. ★, Evidence that carcinogenesis involves an imbalance between epigenetic high-frequency initiation and suppression of promotion., Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 92巻, 5号, pp.1332-pp.1336, 19950201
  25. ★, Radiation induction of germline mutation at a hypervariable mouse minisatellite locus., Int J Radiat Biol, 65巻, 5号, pp.549-pp.557, 19940501
  26. Vitamin E and carcinogenesis., J. Toxicol. Pathol., 7巻, pp.179-pp.190, 19940401
  27. Susceptibility of transgenic mice harboring human prototype c-Ha-ras gene to radiation carcinogenesis., J. Radiat. Res., 34巻, pp.41, 19930401
  28. Radiation induction of germ-line mutation at a hypervariable mouse minisatellite locus., J. Radiat. Res., 34巻, pp.43, 19930401
  29. Transcriptional repressor ZF5 identifies a new conserved domain in zinc finger proteins., Nucl. Acids Res., 21巻, 16号, pp.3767-pp.3775, 19930801
  30. Random process of metastasis and generation of heterogeneity in a mouse sarcoma line., Jpn.J.Cancer Res., 84巻, 1号, pp.42-pp.47, 19930101
  31. Carcinogenic effect of in utero 252Cf and 60Co irradiation in C57BL/6N x C3H/He F1 (B6C3F1) mice., J. Radiat. Res., 33巻, 4号, pp.319-pp.333, 19921201
  32. Repair of potentially lethal damage in rat mammary clonogens following irradiation in organoid culture., Int J Radiat Biol, 59巻, 5号, pp.1207-pp.1216, 19910501
  33. Control of ductal vs. alveolar differentiation of mammary clonogens and susceptibility to radiation-induced mammary cancer., J. Radiat. Res., 32巻, Suppl. 2号, pp.181-pp.194, 19911201
  34. Quantitative and molecular comparison of initiation frequency of mammary carcinogenesis by radiation and chemical carcinogens., Radiat Environ Biophys, 30巻, 3号, pp.221-pp.223, 19910401
  35. Induction of transplantable tumors by repeated subcutaneous injections of natu- ral and synthetic vitamin E in mice and rats., Jpn.J.Cancer Res., 82巻, 5号, pp.511-pp.517, 19910501
  36. Effects of administration of natural vitamin E on spontaneous hepatocarcinogene-sis and N-nitrosodiethylamine initiated tumors in mice., J. Toxicol. Pathol., 4巻, pp.55-pp.61, 19910401
  37. ★, Differential control of alveolar and ductal development in grafts of monodispersed rat mammary epithelium., Proc Soc Exp Biol Med, 196巻, 3号, pp.284-pp.292, 19910301
  38. Role of dietary fat component in radiation-induced mammary carcinogenesis., J. Radiat. Res., 31巻, pp.12, 19900401
  39. Clonogenic cells and rat mammary cancer: Effects of hormones, X rays, and fissi on neutrons., Radiat. Res., 120巻, 2号, pp.323-pp.338, 19891101
  40. Development of a hypersensitive rat model for low dose radiation exposure by controlling mammary epithelial cell differentiation., J. Radiat. Res., 29巻, pp.66, 19880401
  41. Carcinogenic and co-carcinogenic effects of radiation in rat mammary carcinogenesis and mouse T-cell lymphomagenesis: a review., Int J Radiat Biol, 51巻, 6号, pp.1069-pp.1080, 19870601
  42. Modification of expression of the malignant phenotype in radiation-initiated cells., Int J Radiat Biol, 51巻, 6号, pp.1081-pp.1090, 19870601
  43. Induction of hepatic tumors by diethylstilbestrol in N-nitrosobutylurea-initiated female rats., Jpn. J. Cancer Res. (Gann), 78巻, pp.134-pp.138, 19870401
  44. Control of ductal vs. alveolar differentiation of mammary clonogens, the presump tive target cells for radiogenic cancer., Proc. 8th Int. Congr. Radiat. Res., 1巻, pp.192, 19870401
  45. A hypersensitive rat model for low dose studies of radiation carcinogenesis., Proc. 8th Int. Congr. Radiat. Res., 1巻, pp.209, 19870401
  46. Dependence of mammary cancer induction by radiation on clonogenic target cell number: A hypersensitive rat model., Proc. Amer. Assoc. Cancer Res., 28巻, pp.239, 19870401
  47. Quantitative species-specific differences in DMBA and B(a)P activation in human and rat mammary epithelial cells (MEC)., Proc. Amer. Assoc. Cancer Res., 27巻, pp.88, 19860401
  48. Potentially lethal damage repair in normal rat mammary cells in primary culture., Proc. Radiation Research Annual Meeting, pp.128, 19860401
  49. Generation of lymphomagenic mouse type-C viruses from radiation- or chemically-induced non-producer T-cell lymphoma cell lines infected with non-oncogenic ecotropic virus., Jpn. J. Cancer Res. (Gann), 76巻, 5号, pp.331-pp.337, 19850501
  50. Protective effects of progesterone and tamoxifen in estrogen-induced mammary carcinogenesis in ovariectomized W/Fu rats., Jpn. J. Cancer Res. (Gann), 76巻, pp.699-pp.704, 19850401
  51. High mammary carcinogenicity of neutron irradiation in rats and its promotion by prolactin., Jpn. J. Cancer Res. (Gann), 76巻, 6号, pp.449-pp.456, 19850601
  52. Radiogenic neoplasia in the thyroid and mammary clonogens: Progress, problems and possibilities., Basic Life Sci., 33巻, pp.329-pp.344, 19850401
  53. In vitro concentration of rat mammary epithelial clonogens measured by in vivo assay., Proc. Amer. Assoc. Cancer Res., 26巻, pp.25, 19850401
  54. Synergistic effect of radiation and N-nitrosoethylurea in the induction of lymphoma in mice: Cellular kinetics and carcinogenesis., Jpn. J. Cancer Res. (Gann), 76巻, 1号, pp.20-pp.27, 19850101
  55. Significance of radiation quality and host factors as demonstrated in rat mammary tumorigenesis., J. Radiat. Res., 24巻, pp.58, 19830401
  56. Rat thyroid cell survival following irradiation with 14.3 MeV neutrons., J. Radiat. Res., 24巻, pp.11, 19830401
  57. Establishment and immunologic characterization of 3-methylcholanthrene-induced sarcoma cell lines metastasizing widely in mice and exhibiting distinct and selective propensities for the mode of metastasis., J. Natl. Cancer Inst., 69巻, pp.595-pp.605, 19820401
  58. Synergistic effect of radiation and chemical carcinogen on induction of thymic lymphoma in mice (III)., J. Radiat. Res., 23巻, pp.45, 19820401
  59. Transforming RNA: Considerations of the mechanism of leukemogenesis in mice., Acta Haematol. JPN., 45巻, pp.1314-pp.1316, 19820401
  60. Studies on the fission neutron-induced mammary carcinogenesis in three strains of rats: Its dependency on hormones and difference in susceptibility., J. Radiat. Res., 22巻, pp.38, 19810401
  61. Synergistic action of radiation and chemical carcinogen in induction of thymic lymphoma in mice., J. Radiat. Res., 22巻, pp.38, 19810401
  62. Leukemogenicity and cell transformation mechanisms in vitro by Gross murine leukemia virus: Analysis of virus subpopulations., J. Virology, 38巻, pp.327-pp.335, 19810401
  63. In vitro studies on the mechanism of leukemogenesis. 1. Establishment and characterization of cell lines derived from the thymic epithelial reticulum cell of the mouse., Leukemia Res., 5巻, 4-5号, pp.321-pp.329, 19810401
  64. Studies on familial amyloid polyneuropathy in Ogawa village, Japan., European Neurology, 19巻, pp.141-pp.151, 19800401
  65. Cyclic nucleotides in progressive muscular dystrophy., Proceedings of 4th International Congress on Neuromuscular Diseases, pp.72-pp.73, 19790401
  66. Genetic analysis of radiation-induced mouse hepatomas, Proceedings of International Symposium on Radiation and Homeostasis (Ed. by Sugahara= T.)= Elsevier, pp.151-pp.156, 20020401
  67. Structure and enzymatic properties of a stable complex of the human REV1 and REV7 proteins., J. Biol. Chem., 278巻, 14号, pp.12356-pp.12360, 20030401
  68. Effects of radioactive iodine (131I) on the thyroid of newborn, pubertal and adult rats., Proceedings of International Symposium on Radiation and Homeostasis (Ed. by Sugahara= T.)= Elsevier= Amsterdam= Netherland, pp.127-pp.131, 20020401
  69. Biochemical properties of the human REV1 protein., FEBS Letters, 520巻, 1-3号, pp.88-pp.92, 20020601
  70. Mechanisms of dCMP transferase reactions catalyzed by mouse Rev1 protein., J. Biol. Chem., 277巻, 4号, pp.3040-pp.3046, 20020101
  71. Mouse Rev1 protein interacts with multiple DNA polymerases involved in translesion DNA synthesis., EMBO Journal, 22巻, 24号, pp.6621-pp.6630, 20031201
  72. Some Approaches to Treatment of Patients with Thyroid Nodular Diseases in theSemipalatinsk Region of Kazakhstan., Hiroshima J. Med. Sci., 52巻, 4号, pp.81-pp.89, 20031201
  73. Some approaches to treatment of patients with thyroid nodular diseased in the Semipalatinsk region of Kazakhstan, Hiroshima J. Med. Sci., 52巻, 4号, pp.81-pp.89, 20030401
  74. Interaction of ligand-receptor system between stromal-cell-derived factor-1 and CXC chemokine receptor 4 in human prostate cancer: a possible predictor of metastasis., Biochem. Biophys. Res. Commun., 320巻, 3号, pp.656-pp.663, 20040701
  75. Interaction of ligand-receptor system between stromal-cell-derived factor-I and cxc chemokine receptor 4 in human prostate cancer:a possible predictor of metastasis., 生化的生物物理学的研究報告集, 320巻, pp.656-pp.663, 20040401
  76. Protective Effects of a Water-soluble Extract from Cultured Medium of Ganoderma Lucidum (Rei-shi) Mycelia and Agaricus blazei Murill Against X-irradiation in B6C3F1 Mice: Increased Small Intestinal Crypt Survival and Prolongation of Average Timeto Animal Death, Int. J. Mol. Med., 15巻, 3号, pp.401-pp.406, 20050301
  77. Decrease in size of azoxymethane induced colon carcinoma in F344 rats by 180-day fermented miso, Oncology Reports, 14巻, 6号, pp.1559-pp.1564, 20051201
  78. Role of single stranded DNA in targeting REV1 to primer termini., J. Biol. Chem., 281巻, 34号, pp.24314-pp.24321, 20060801
  79. A Miso (Japanese Soybean Paste) Diet Conferred Greater Protection against Hypertension than a Sodium Chloride Diet in Dahl Salt-Sensitive Rats, Hypertens. Res., 29巻, 9号, pp.731-pp.738, 20060901
  80. Site-specific photochemical reaction of PMMA and related polymers by inner shell electron excitation., Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena, 80巻, pp.117-pp.120, 19960401
  81. Synchrotron radiation as a scalpel for molecular systems; An evidence of site-specific chemical-bond scission of PMMA by oxygen 1s electron excitation., Optoelectronics Devices and Technologies, 11巻, 1号, pp.91-pp.98, 19960401
  82. Site-Specific photochemical reaction of PMMA and related polymers by inner shell electron excitation, Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena, 80巻, pp.117-pp.120, 19960401
  83. Synchrotron Radiation as a Scalpel for Molecular Systems; An Evidence of Site-Specific Chemical-Bond Scission of PMMA by Oxygen 1s Electron Excitation, Optoelectronics Devices and Technologies, 11巻, 1号, pp.91-pp.98, 19960301
  84. Mu1rine and human SDF2L1 is an endoplsmic reticulum stress-inducible gene and encodes a new member of the Pmt/rt protein family, Biochem Biophys Rese Communi, 280巻, pp.407-pp.414, 20010401
  85. Differentation of a hepatic phenotype after heterotropic transplantation of heart, kidney, brain, and skin tissues into liver in F344rats, Biochem. Biophys. Res. Commun., 354巻, 4号, pp.841-pp.845, 20070101
  86. Inhibitory effect of a water-soluble extract from cultured medium of Ganoderma lucidum (Rei-shi) mycelia on the development of the pulmonary adenocarcinoma induced by N-nitrosobis(2-hydroxypropyl)amine(BHP)in Wistar Rats, Oncology Report, 16巻, 6号, pp.1181-pp.1187, 20061201
  87. Dynamics of human replication factors in the elongation phase of DNA replication., Nucleic Acids Research, 35巻, 20号, pp.6904-pp.6916, 20071001
  88. DNA damage-dependent acetylation and ubiquitination of H2AX enhances chromatin dynamics, Mol Cell Biol., 27巻, 20号, pp.7028-pp.7040, 20071001
  89. DNA damage induced ubiquitylation of RFC2 subunit of RFC complex, J. Biol. Chem., 283巻, 14号, pp.9071-pp.9079, 20080401
  90. The induction of insulinomas by X-irradiation to the gastric region in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats, Oncology Reports, 20080401
  91. Tumor Induction by Monoenergetic Neutrons in B6C3F1 mice, J. Radiat Res, 48巻, 3号, pp.205-pp.210, 20070501
  92. Absence of Ku70 Gene Obliterates X-Ray-Induced 1acZ Mutagenesis of Small Deletions in Mouse Tissues, Radiation Research, 170巻, 2号, pp.216-pp.223, 20080401
  93. Biochemical analysis of human PIF1 helicase and functions of its N-terminal domain, Nucleic Acids Research, 36巻, 19号, pp.6295-pp.6308, 20081001
  94. Translesional DNA synthesis through a C8-guany1 adduct of 2-amino-1-methyl-6-phenylimidazo[4,5-b]pyridine(PhIP) in Vitro, J. Biol. Chem, 284巻, 38号, pp.25585-92, 20090901
  95. Roles of POLD4, smallest subunit of DNA polymerase delta, in nuclear structures and genomic stability of human cells, Biochem Biophys Res Commun, 391巻, 2010号, pp.542-pp.546, 20100101
  96. Specific amino acid residues are involved in substrate discrimination and template binding of human REV1 protein, Biochem Biophys Res Commun, 392巻, 2010号, pp.140-pp.144, 20100201
  97. DNA Replication-Coupled PCNA Mono-Ubiquitination and Polymerase Switching in a Human In Vitro System, J. Mol. Biol., 396巻, 2010号, pp.487-pp.500, 20100201
  98. The Rev1 translesion synthesis polymerase has multiple distinct DNA binding modes, DNA Repair, 10巻, pp.915-pp.925, 20110901
  99. Loss of life after evacuation: lessons learned from the Fukushima accident, The Lancet, 379巻, 9819号, pp.889-pp.891, 20120301
  100. Murine and human SDF2L1 is an endoplasmic reticulum stress-inducible gene and encodes a new member of the Pmt/rt protein family, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 280巻, 1号, pp.407-pp.414, JAN 12 2001
  101. Deoxycytidyl transferase activity of the human REV1 protein is closely associated with the conserved polymerase domain, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276巻, 18号, pp.15051-pp.15058, MAY 4 2001
  102. Age-dependent exposure to radioactive iodine (I-131) in the thyroid and total body of newborn, pubertal and adult Fischer 344 rats, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 42巻, 2号, pp.143-pp.155, JUN 2001
  103. Mechanisms of dCMP transferase reactions catalyzed by mouse Rev1 protein, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 277巻, 4号, pp.3040-pp.3046, JAN 25 2002
  104. Biochemical properties of the human REV1 protein, FEBS LETTERS, 520巻, 1-3号, pp.88-pp.92, JUN 5 2002
  105. Structure and enzymatic properties of a stable complex of the human REV1 and REV7 proteins, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 278巻, 14号, pp.12356-pp.12360, APR 4 2003
  106. Mouse Rev1 protein interacts with multiple DNA polymerases involved in translesion DNA synthesis, EMBO JOURNAL, 22巻, 24号, pp.6621-pp.6630, DEC 15 2003
  107. Interaction of ligand-receptor system between stromal-cell-derived factor-1 and CXC chemokine receptor 4 in human prostate cancer: a possible predictor of metastasis, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 320巻, 3号, pp.656-pp.663, JUL 30 2004
  108. Protective effects of a water-soluble extract from cultured medium of Ganoderma lucidum (Rei-shi) mycelia and Agaricus blazei murill against X-irradiation in B6C3F1 mice: Increased small intestinal crypt survival and prolongation of average, time to animal death, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 15巻, 3号, pp.401-pp.406, MAR 2005
  109. Tumor induction by azoxymethane (AOM) and 2-amino-1-methyl-6-phenylimidazo[4,5-b]pyridine (PhIP) in F344 rat gastric mucosa featuring intestinal metaplasia caused by X-irradiation, JOURNAL OF EXPERIMENTAL & CLINICAL CANCER RESEARCH, 24巻, 2号, pp.305-pp.312, JUN 2005
  110. Decrease in size of azoxymethane induced colon carcinoma in F344 rats by 180-day fermented miso, ONCOLOGY REPORTS, 14巻, 6号, pp.1559-pp.1564, DEC 2005
  111. Role of single-stranded DNA in targeting REV1 to primer termini, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 281巻, 34号, pp.24314-pp.24321, AUG 25 2006
  112. A miso (Japanese soybean paste) diet conferred greater protection against hypertension than a sodium chloride diet in Dahl salt-sensitive rats, HYPERTENSION RESEARCH, 29巻, 9号, pp.731-pp.738, SEP 2006
  113. Inhibitory effect of a water-soluble extract from the culture medium of Ganoderma lucidum (Rei-shi) mycelia on the development of pulmonary adenocarcinoma induced by N-nitrosobis (2-hydroxypropyl) amine in Wistar rats, ONCOLOGY REPORTS, 16巻, 6号, pp.1181-pp.1187, DEC 2006
  114. Differentiation of a hepatic phenotype after heterotropic transplantation of heart, kidney, brain, and skin tissues into liver in F344 rats, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 354巻, 4号, pp.841-pp.845, MAR 23 2007
  115. Tumor induction by monoenergetic neutrons in B6C3F1 mice, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 48巻, 3号, pp.205-pp.210, MAY 2007
  116. DNA damage-dependent acetylation and ubiquitination of H2AX enhances chromatin dynamics, MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 27巻, 20号, pp.7028-pp.7040, OCT 2007
  117. Dynamics of human replication factors in the elongation phase of DNA replication, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 35巻, 20号, pp.6904-pp.6916, NOV 2007
  118. The induction of insulinomas by X-irradiation to the gastric region in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats, ONCOLOGY REPORTS, 19巻, 4号, pp.987-pp.991, APR 2008
  119. DNA damage-induced ubiquitylation of RFC2 subunit of replication factor C complex, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 283巻, 14号, pp.9071-pp.9079, APR 4 2008
  120. Absence of Ku70 gene obliterates X-ray-induced lacZ mutagenesis of small deletions in mouse tissues, RADIATION RESEARCH, 170巻, 2号, pp.216-pp.223, AUG 2008
  121. Biochemical analysis of human PIF1 helicase and functions of its N-terminal domain, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 36巻, 19号, pp.6295-pp.6308, NOV 2008
  122. Translesional DNA Synthesis through a C8-Guanyl Adduct of 2-Amino-1-methyl-6-phenylimidazo[4,5-b]pyridine (PhIP) in Vitro REV1 INSERTS dC OPPOSITE THE LESION, AND DNA POLYMERASE kappa POTENTIALLY CATALYZES EXTENSION REACTION FROM THE 3 '-dC TERMINUS, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 284巻, 38号, pp.25585-pp.25592, SEP 18 2009
  123. Roles of POLD4, smallest subunit of DNA polymerase delta, in nuclear structures and genomic stability of human cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 391巻, 1号, pp.542-pp.546, JAN 1 2010
  124. Specific amino acid residues are involved in substrate discrimination and template binding of human REV1 protein, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 392巻, 2号, pp.140-pp.144, FEB 5 2010
  125. DNA Replication-Coupled PCNA Mono-Ubiquitination and Polymerase Switching in a Human In Vitro System, JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 396巻, 3号, pp.487-pp.500, FEB 26 2010
  126. Paternal monoenergetic neutron exposure results in abnormal sperm, and embryonal lethality and transgenerational tumorigenesis in mouse F-1 offspring, ONCOLOGY REPORTS, 23巻, 5号, pp.1351-pp.1360, MAY 2010
  127. Regulation of DNA Polymerase POLD4 Influences Genomic Instability in Lung Cancer, CANCER RESEARCH, 70巻, 21号, pp.8407-pp.8416, NOV 1 2010
  128. The Rev1 translesion synthesis polymerase has multiple distinct DNA binding modes, DNA REPAIR, 10巻, 9号, pp.915-pp.925, SEP 5 2011
  129. DEVELOPMENT OF A SENSITIVE ASSAY SYSTEM FOR TRITIUM RISK ASSESSMENT USING REV1 TRANSGENIC MOUSE, FUSION SCIENCE AND TECHNOLOGY, 60巻, 3号, pp.1204-pp.1207, OCT 2011
  130. En bloc transfer of polyubiquitin chains to PCNA in vitro is mediated by two different human E2-E3 pairs, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 40巻, 20号, pp.10394-pp.10407, NOV 2012
  131. A Modified System for Analyzing Ionizing Radiation-Induced Chromosome Abnormalities, RADIATION RESEARCH, 177巻, 5号, pp.533-pp.538, MAY 2012
  132. Study Protocol for the Fukushima Health Management Survey, JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 22巻, 5号, pp.375-pp.383, SEP 2012
  133. A novel interplay between the Fanconi anemia core complex and ATR-ATRIP kinase during DNA cross-link repair, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 41巻, 14号, pp.6930-pp.6941, AUG 2013
  134. Determination of the biochemical properties of full-length human PIF1 ATPase, PRION, 7巻, 4号, pp.341-pp.347, JUL 1 2013
  135. Nuclear accumulation of cyclin D1 following long-term fractionated exposures to low-dose ionizing radiation in normal human diploid cells, CELL CYCLE, 13巻, 8号, pp.1248-pp.1255, APR 15 2014
  136. A Novel ATM/TP53/p21-Mediated Checkpoint Only Activated by Chronic gamma-Irradiation, PLOS ONE, 9巻, 8号, AUG 5 2014
  137. Mutagenic Effects of Ionizing Radiation on Immature Rat Oocytes, RADIATION RESEARCH, 182巻, 4号, pp.430-pp.434, OCT 2014
  138. Identification of low-dose responsive metabolites in X-irradiated human B lymphoblastoid cells and fibroblasts, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 56巻, 1号, pp.46-pp.58, JAN 2015
  139. Life as an evacuee after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident is a cause of polycythemia: the Fukushima Health Management Survey, BMC PUBLIC HEALTH, 14巻, DEC 23 2014
  140. RAD18 Activates the G2/M Checkpoint through DNA Damage Signaling to Maintain Genome Integrity after Ionizing Radiation Exposure, PLOS ONE, 10巻, 2号, FEB 12 2015
  141. Evacuation after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident Is a Cause of Diabetes: Results from the Fukushima Health Management Survey, JOURNAL OF DIABETES RESEARCH, 2015
  142. Long-term effects of radiation exposure on health, LANCET, 386巻, 9992号, pp.469-pp.478, AUG 1 2015
  143. Health effects of radiation and other health problems in the aftermath of nuclear accidents, with an emphasis on Fukushima, LANCET, 386巻, 9992号, pp.479-pp.488, AUG 1 2015
  144. The Fukushima Health Management Survey: estimation of external doses to residents in Fukushima Prefecture, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, AUG 4 2015
  145. Mutagenic effects of ionizing radiation on immature rat oocytes, Radiation Research, 182巻, 4号, pp.430-pp.434, 201410
  146. Identification of low-dose responsive metabolites in X-irradiated human B lymphoblastoid cells and fibroblasts, Journal of Radiation Research, 56巻, 1号, pp.46-pp.58, 201409
  147. Psychological distress after the Great East Japan Earthquake and Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident: results of a mental health and lifestyle survey through the Fukushima Health Management Survey in FY2011 and FY2012, Fukushima Journal of Medical Science, 60巻, 1号, pp.57-pp.67, 201407
  148. External radiation dose estimation by the basic survey, Fukushima Journal of Medical Science, 60巻, 2号, pp.207-pp.207, 201412
  149. How lifestyle affects health--changes in health status before and after the earthquake, Fukushima J. Med. Sci, 60巻, 2号, pp.211-pp.212, 201410
  150. Increased prevalence of atrial fibrillation after the Great East Japan Earthquake: Results from the Fukushima Health Management Survey, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 198巻, pp.102-pp.105, NOV 1 2015

著書等出版物

  1. 1989年, Quantitative studies of rat mammary and thyroid clonogens, the presumptive cancer progenitor cells. , Cell Transformation and Radiation-induced Cancer (Adam Hilger= U. K. ), 1989年, 神谷 研二
  2. 1994年07月, Susceptibility of mammary glands to carcinogenesis. , Pathobiology of the Aging Rat (J. Albrecht ed. )= ILSI Press= Washington DC= USA, 1994年, 07, 単行本(一般書), 共著
  3. 2006年08月, 第11回WHO/REMPAN会議の概要報告,JAMMRA,14号 , 2006年, 08, 調査報告書, 共著
  4. 1999年09月, 第13章 中毒・環境による疾患 7)放射線障害 , 内科学2 光堂, 1999年, 09, 単行本(一般書), 共編著, 神谷 研二
  5. 1999年10月, 乳癌抵抗性.自然発症疾患モデル動物-コモンディジーズの原因遺伝子ハンティング , Molecular Medicine 中山書店, 1999年, 10, 単行本(学術書), 共著, 神谷 研二
  6. 1999年, ラット乳線腫瘍発生の遺伝的感受性.放射線の生体影響とその修飾-実験発がんを中心として- , 放射線科学 実業公報社, 1999年, 単行本(学術書), 共著, 神谷 研二
  7. 1999年06月, 放射線の生体影響とその修飾?実験発がんを中心としてー 42 臨時増刊号 , 実業公報社, 1999年, 06, 単行本(学術書), 共著, 神谷 研二
  8. 1982年02月, 内分泌実験講座 2. 内分泌動物実験法 , 講談社サイエンティフィク, 1982年, 02, 単行本(学術書), 共著, 神谷 研二
  9. 1991年12月, 低線量電離放射線被ばくによる健康影響 BEIR Ⅴ 概要と解説 , (財)原子力安全研究協会, 1991年, 12, 単行本(一般書), 共著, 神谷 研二
  10. 2007年03月, 放射線医科学 −生体と放射線・電磁波・超音波−(2.6 放射線による晩発影響) , 学会出版センター, 2007年, 03, 教科書, 共編著, 大西武雄 監修 , 4762230554, 150
  11. 2007年03月, 1-5)放射線による細胞死(放射線医科学 -生体と放射線・電磁波・超音波-)、(近藤、平岡、松本、宮川、宮越編) , 学会出版センター, 2007年, 03, 教科書, 共著, 前澤 博 立花 章 三浦雅彦 窪田宣夫 小松賢志 宮川 清 田代 聡 安部由直 難波裕幸 法村俊之 神谷 研二 高橋昭久 小野哲也 田内 広 桑原幹典 細井義夫 松本英樹 松本義久 内海博司 鈴木 文男 , 9784762230554, 148
  12. 2006年07月, 広島から世界の平和について考える , 現代史料出版, 2006年, 07, 単行本(一般書), 共編著, 小池 聖一 戸高一成 神谷 研二 川野 徳幸 篠田 英朗 , 877851402, 277
  13. 2008年04月, Proceedings of First International Symposium for the Nagasaki University Global COE Program "Global Strategic Center for Radiation Health Risk Control", Springer, 2008年, 04, 共編著
  14. 2012年03月, 原爆放射線の人体影響 改訂第2版 放射線被曝者医療国際協力推進協議会編, [3]基礎科学研究の現状と将来展望 [B] 放射線生物学研究., 文光堂, 2012年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 9784830637414, 402, 367-376, [3]基礎科学研究の現状と将来展望
  15. 2012年03月, 原爆症に関する調査研究 共同研究課題2「原爆被爆者の免疫機能に関する研究」 原爆被爆者に発生したがんに関する病態研究 平成23年度分担研究報告書, 2012年, 03, 調査報告書, 共編著
  16. 1982年, Advances in Comparative Leukemia Research 1981, In vitro studies on the mechanism of leukemogenesis. 10th International Symposium for Comparative Research on Leukemia and Related Diseases, Aug.-Sept., 1981, Los Angeles, Elsevier North Holland Inc., 1982年, 単行本(学術書), 共著, 英語, Yokoro, K., Yanagihara, K., Hamada, K., Imamura, N., Kodama, Y., Kajitani, T., Kamiya, K. and Seyama, T., 445-456, 445-456
  17. 1982年, 内分泌腺実験腫瘍 (井村裕夫, 加藤譲編), 内分泌実験講座 2. 内分泌動物実験法, 講談社サイエンテイフィク, 1982年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 横路謙次郎, 神谷研二, 80-94, 80-94
  18. 1984年, ホルモンによる発癌の促進と抑制 第14回放医研シンポジウム「発がん ー放射線と中心としてー」報文集, 1984年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 横路謙次郎, 神谷研二, 瀬山敏雄, 柳原五吉, 稲生章, 236-247
  19. 2016年, 原子力災害の公衆衛生, 広島大学出版会, 2016年, 安村誠司, 神谷研二, 978-4-903068-37-4, 437

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 福島原発事故による住民の被ばく線量とリスクコミュニケーション, 神谷研二, 第64回東日本整形災害外科学会, 2015年09月11日, 招待, 日本語
  2. 教育講演Ⅰ「新たな被ばく医療体制の構築」, 神谷研二, 第3回 日本放射線事故・災害医学総会学術集会, 2015年08月29日, 招待, 日本語
  3. 放射線医療と看護, 神谷研二, 日本看護研究学会 第41回学術集会, 2015年08月23日, 招待, 日本語
  4. 被ばく医療による国際貢献と福島支援, IAEA協働センター指定記念セミナー 世界に貢献するHICARE, 2014年05月26日, 招待, 日本語, 広島
  5. Analysis of radiation-induced responses during early embryonic development of zebrafish, 2015年03月, 通常, 英語
  6. Dose rate-dependent cellular senescence in response to chronic γ-irradiation via the ATM/TP53/p21 pathway, 2015年03月, 通常, 英語
  7. The effect of dose rate on γ-radiationinduced tumor incidence in ApcMin/+mice, 2015年03月, 通常, 英語
  8. Analysis of radiation induced mutations using next generation sequencer, Kanai A, Nagamachi A, Kawai H, Matsui H, Kamiya K, Inaba T, 2015年03月, 通常, 日本語
  9. The effect of low dose radiation exposure in the first hours after fertilization on the development of early mouse embryos, 2015年03月, 通常, 日本語
  10. Analysis of the effect of low-dose radiation on immune system using human iPS cell technology, 通常, 英語
  11. Radiation-induced upregulation of mammary stem cell frequency in BALB/c mice, 2015年03月, 通常, 英語
  12. Effects of low dose gamma irradiation on primary human endothelial cells, 2015年03月, 通常, 日本語
  13. RAD 18 mediates DNA damage signaling to activate G2/M checkpoint for maintaining genome integrity after ionizing radiation exposure, Xu Y, Sasatani M, Kawai H, Cao L, Iizuka D, Kamiya K, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  14. 福島原発事故でのリスクコミュニケーションの経験と科学者の役割, 2014年07月, 通常, 日本語, 福島
  15. がん分子病態:γ線照射環境下での線量率依存的な細胞運命決定とその分子機構の解析, 曹麗麗, 河合秀彦, 笹谷めぐみ, 飯塚大輔, 松井啓隆,金井昭教, 稲葉俊哉, 神谷研二, 鈴木文男, 第55回原子爆弾後障害研究会, 2014年06月, 通常, 日本語
  16. E3ユビキチンライゲースRAD18が放射線損傷応答におよぼす寄与, 徐衍賓, 笹谷めぐみ, 河合秀彦, 飯塚大輔, 神谷研二, 第55回原子爆弾後障害研究会, 2014年06月, 通常, 日本語
  17. Fukushima Nuclear Accident and Healthcare Risk Management, Kamiya K, The 2nd Global Chinese Congress of Radiation Research (GCCRR2014), 2014年05月13日, 通常, 英語, 中国蘇州市
  18. 乳腺幹細胞における低線量放射線被ばく影響解析, 飯塚大輔, 笹谷めぐみ, 神谷研二, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  19. External and Internal Exposure to Fukushima Residents, Kamiya K, The 14th Coordination and Planning Meeting of the WHO REMPAN Collaborating Centers and Liaison Institutions, 2014年05月07日, 通常, 英語, ヴュルツブルク
  20. The feature of radiatio-induced rat mammary cancer, 神谷 研二, THE U.S.-JAPAN COOPERATIVE CANCER RESEARCH PROGRAM, 1995年03月, 招待, 日本語
  21. Carcinogenesis involves an imbalance between high frequency initiation and suppression of promotion, 神谷 研二, 第10回国際放射線研究会議, 1995年08月, 招待, 日本語
  22. 放射線障害ー医学教育の中で伝えるべきこと., 神谷 研二, 第43回日本医学教育学会, 2011年07月, 招待, 日本語
  23. Experience and Lesson from Fukushima Daiichi Nuclear Disaster, 神谷 研二, International Expert Symposium in Fukushima: Radiation and Health Risks, 2011年09月, 招待, 日本語
  24. Network System for Radiation Emergency Medicine and the Role of Hiroshima University as the Center of Western Japan, 神谷 研二, The 11th Coordination and Planning Meeting of the WHO REMPAN Collaborating Centers and Liaison Institutions, 2006年04月, 招待, 日本語
  25. 放射線被曝と発がん危険度評価, 神谷 研二, 第70回日本癌学会学術総会 市民公開講座 特別企画シンポジウム「放射線発がんと化学発がん―原発事故から学ぶこと」, 2011年10月, 招待, 日本語
  26. 被ばく医療とがん, 神谷 研二, 第49回日本癌治療学会学術集会, 2011年10月, 招待, 日本語
  27. 福島第一原子力発電所事故と低線量放射線の人体影響, 神谷 研二, 第59回日本職業・災害医学会学術大会 未来へつなぐ職業・災害医学―たゆまぬ探究と挑戦―, 2011年11月, 招待, 日本語
  28. 放射線による人体への影響・健康被害, 神谷 研二, 第64回広島医学会総会 特別講演Ⅱ, 2011年11月, 招待, 日本語
  29. 低線量放射線の人体影響と生体応答, 神谷 研二, 日本放射線影響学会第54回大会 特別シンポジウム1 福島原子力発電所事故の概要と環境汚染,線量評価,健康影響, 2011年11月, 招待, 日本語
  30. 福島原子力発電所事故と放射線の健康影響, 神谷 研二, 日本放射線影響学会第54回大会 市民公開講座 (第23回いのちの科学フォーラム 市民公開講座)低線量被曝のリクスを科学する―福島原発事故を受けて―, 2011年11月, 招待, 日本語
  31. 福島第一原子力発電所事故と低線量放射線の人体影響, 神谷 研二, 平成23年度国立大学附置研究所・センター長会議 特別シンポジウム, 2012年02月, 招待, 日本語
  32. 原子力災害における放射線の健康影響, 神谷 研二, 第100回日本病理学会総会 緊急特別企画 市民公開講座, 2011年04月, 招待, 日本語
  33. 広島大学原爆放射線医科学研究所からの後障害研究成果の世界への発信, 神谷 研二, 第52回原子爆弾後障害研究会, 2011年06月, 招待, 日本語
  34. 福島原子力発電所事故と低線量放射線の人体影響, 神谷 研二, 第47回日本医学放射線学会 秋季臨床大会, 2011年10月, 招待, 日本語
  35. 福島第一原子力発電所事故と低線量放射線の人体影響, 神谷 研二, 2011 HICARE国際シンポジウム-放射線の人体影響 放射線被ばく者医療の国際的なネットワークの確立に向けて, 2011年11月, 招待, 日本語
  36. Experiences and Lessons of Radiation Emergency Medicine Activities at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident, 神谷 研二, International Symposium for 50th Anniversary of RIRBM, Hiroshima University –Support for Restoration from Fukushima Daiichi Nuclear Disaster-, 2012年02月, 招待, 日本語
  37. γ線照射環境での線量率依存的な老化様細胞増殖停止はATM/TP53/P21経路依存的である, 曹麗麗, 河合秀彦, 笹谷めぐみ, 飯塚大輔, 稲葉俊哉, 神谷研二, 鈴木文男, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  38. 福島原発事故の健康影響と低線量放射線の影響研究, 神谷研二, 第15回国際放射線研究会議(ICRR2015), 2015年05月, 招待, 日本語
  39. 放射線障害の病理学からみた課題と福島への貢献, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月24日, 招待, 日本語, その他
  40. 放射線が及ぼす呼吸器系への影響 放射線影響のメカニズム、特にDNA損傷応答と発がんの制御, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月26日, 招待, 日本語
  41. Comprehensive analyses of cellular responses to chronic ty (STS) PerspⅡ, 通常, 日本語
  42. 福島原発事故に関連する特別シンポジウムについて, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  43. Control of ductal vs. alveolar differentiation of mammary clonogens and susceptibility to radiation-induced mammary cancer., 神谷 研二, International Symposium Radiation Carcinogenesis in the Whole Body System, 1990年12月, 招待, 日本語
  44. Perturbation of AKT/cyclin D1 signaling pathway by oxidative stresses following low dose long-term fractionated radiation in normal human fibroblasts, 通常, 英語
  45. BCR-ABL トランスジェニックマウスを用いた放射線発がんの分子機構解明, 笹谷めぐみ, 徐衍賓, 本田浩章, 飯塚大輔, 神谷研二, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  46. Experience of Scientisits in Risk Communication during the Fukushima Nuclear Accident, 1st Technical Meeting on "Science, Technology, and Society (STS) Perspectives on Nuclear Science, Radiation, and Human Health: The View from Asia, 2014年11月, 通常, 英語
  47. 福島原発事故のその後~住民の健康への影響, 第48回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会, 2015年01月, 招待, 日本語
  48. 新規アポトーシス抑制剤KH-3の放射線防護活性評価, 森田明典, 高橋一平, 青木伸, 王冰, 有安真也, 笹谷めぐみ, 田中薫, 谷本圭司, 神谷研二, 細井義夫, 永田靖, 稲葉俊哉, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  49. ヒト培養細胞株を用いた低線量放射線メタボロミクス, 津山尚宏, 片渕淳, 阿部悠, 黒須由美子, 吉田光明, 神谷研二, 坂井晃, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  50. 乳腺幹細胞頻度から見た乳がんリスク評価の試み, 第157回日本獣医学会学術集会, 2014年10月, 通常, 日本語
  51. 福島原発事故と低線量放射線の健康影響, 神谷研二, 第42回日本毒性学会学術年会, 招待, 日本語
  52. Radiation exposure increases mammary stem cell self-renewal in Balb/c mice, 飯塚大輔, 笹谷めぐみ, Mary Helen Barcellos-Hoff, 神谷研二, 60th Annual Internatioal Meeting Radiation Research Society, 2014年09月, 通常, 英語, ラスベガス
  53. Genetic Changes in Radiation-Induced Mouse Hepatocellular Carcinomas, 神谷 研二, 第3 回広島国際シンポジウム, 1997年07月, 招待, 日本語
  54. Susceptibility to radiation-induced mammary carcinoma in genetically resistant Copenhagen rats., 神谷 研二, International Symposium on Biological Effects of Low Dose Radiation, 1999年10月, 招待, 日本語
  55. 糖鎖修飾の変化を指標とした放射線被ばくのバイオマーカー探索, 飯塚大輔, 桐山慧大, 岡崎恵美, 河合秀彦, 泉俊輔, 神谷研二, 第55回原子爆弾後障害研究会, 2014年06月, 通常, 日本語
  56. ホルモンによる乳腺上皮細胞の分化、増殖制御と癌化, 神谷 研二, 第36回日本病理学会秋季特別総会, 1990年11月, 招待, 日本語
  57. 放射線照射環境における線量率に依存した細胞運命決定機構の解析, 河合秀彦, 曹麗麗, 清水なつみ, 笹谷めぐみ, 飯塚大輔, 金井昭教, 松井啓隆, 稲葉俊哉, 神谷研二, 鈴木文男, 第39回中国地区放射線影響研究会, 2014年07月, 通常, 日本語
  58. 乳腺幹細胞を用いた放射線誘発乳がんリスク評価の試み, 飯塚大輔, 笹谷めぐみ, 神谷研二, 第39回中国地区放射線影響研究会, 2014年07月, 通常, 日本語
  59. イオン化放射線のラット未熟卵細胞に及ぼす突然変異影響, 浅川順一, 上口勇次郎, 神谷研二, 中村典, 第39回中国地区放射線影響研究会, 2014年07月, 通常, 日本語
  60. 異なる放射線照射線量率環境での細胞応答解析, 河合秀彦, 曹麗麗, 飯塚大輔, 松井啓隆, 金井昭教, 稲葉俊哉, 笹谷めぐみ, 神谷研二, 鈴木文男, 第10回広島大学・長崎大学連携研究事業カンファランス- 放射線災害医療の国際教育研究拠点確立に向けた機関連携事業, 2014年05月, 通常, 日本語
  61. Small Regional Gain and Loss Mutations in Chromosomes of Low-and Middle-Dose Rate Radiation Induced Murine Leukemia, 2015年03月, 通常, 日本語
  62. 放射線誘発乳がん発生メカニズム解析, 塚大輔, 笹谷めぐみ, 神谷研二, 第10回広島大学・長崎大学連携研究事業カンファランス- 放射線災害医療の国際教育研究拠点確立に向けた機関連携事業 –, 2014年05月, 通常, 日本語
  63. The use of γ-H2AX assay for validation of radioprotective effect of tempol against acute and chronic low-dose radiation exposure, 2015年03月, 通常, 英語
  64. 異なる線量率での放射線被爆環境と細胞運命決定機構, 河合秀彦, 曹麗麗, 笹谷めぐみ, 飯塚大輔, 松井啓隆, 金井昭教, 稲葉俊哉, 神谷研二, 鈴木文男, 日本放射線影響学会第57回大会, 通常, 日本語
  65. ラット乳腺腫瘍発生の遺伝的感受性, 神谷 研二, 第30回放医研シンポジウム, 1998年11月, 招待, 日本語
  66. Kinetics of mammary clonogenic cells and rat mammary cancer induction by X rays and fission neutrons., 神谷 研二, 第4 回広島国際シンポジウム「高LET放射線による生物影響」、広島, 1998年10月, 招待, 日本語
  67. 放射線誘発癌のinitiation頻度とその突然変異スペクトルからみた放射線発がん機構, 神谷 研二, 日本放射線影響学会第38回大会, 1995年11月, 招待, 日本語
  68. 放射線発癌の特異性と潜伏期, 神谷 研二, 日本放射線影響学会第37回大会, 1994年10月, 招待, 日本語
  69. Role of hormone and nutrition in radiation-induced rat mammary carcinogenesis., 神谷 研二, International Symposium and ILSI Histopathology Seminar on the Mammary Gland and Integumentary System of Laboratory Animals, 1989年04月, 招待, 日本語
  70. 放射線被ばくと健康管理システムー福島原発事故の健康への影響と広島のかかわりー, 神谷研二, 第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会, 2017年05月18日, 招待, 日本語
  71. 広島大学における「原子力科学、放射線と健康」STSプロジェクトの現状について, 神谷研二, IAEA-STS国際専門家会議 「原子力科学、放射線と健康」STSプロジェクトにおける国際展望, 2017年05月23日, 通常, 英語, 広島
  72. Current status of STS education program at Hiroshima University From Interdisciplinary/Multidisciplinary approach to Transdisciplinary approach -, Kenji Kamiya, Consultancy Meeting on Review and Future of Science and Technology Studies (STS) Curriculum in Japan, 2017年08月30日, 招待, 英語, 国際原子力機関, 福島市
  73. PhD Education focused on the development of human resources for innovation in reconstruction after radiation disaster and contribution to society, Kenji Kamiya, 広島大学 放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム 産学官人材育成コンソーシアム第3回国際シンポジウム 放射線災害復興におけるイノベーションを担う人材育成と社会への貢献, 2017年09月01日, 通常, 英語, 広島大学 放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム, 東京

受賞

  1. 2009年09月03日, 平成21年防災功労者防災担当大臣表彰, 国務大臣内閣府特命担当大臣防災担当
  2. 2012年09月10日, 平成24年防災功労者内閣総理大臣表彰(平成24年度), 内閣総理大臣
  3. 2011年07月, 広島大学学長特別表彰
  4. 2009年05月, The Asian Association for Radiation Research Award
  5. 2017年04月28日, 放射線影響研究功績賞, (公財)放射線影響協会

社会活動

委員会等委員歴

  1. 科学技術・学術審議会専門委員, 2013年02月, 2015年02月, 文部科学省研究振興局
  2. 環境放射能研究所研究連携推進会議委員, 2013年07月, 2014年03月, 福島大学
  3. 環境放射能研究所設置準備委員会委員, 2013年04月, 2013年06月, 福島大学
  4. 緊急時対策総合支援システム調査等委託費(被ばく医療体制実効性向上調査)専門家ワーキンググループメンバー, 2013年12月, 2014年03月, 独立行政法人放射線医学総合研究所
  5. 緊急被ばく医療ネットワーク会議委員, 2012年04月, 2014年03月, 独立行政法人放射線医学総合研究所
  6. 広島医学会役員, 2012年04月, 2014年03月, 広島県医師会
  7. 広島平和記念資料館展示説明文執筆会議委員, 2013年07月, 2015年03月, (財)広島平和文化センター
  8. 山口県原子力安全顧問, 2013年04月, 2015年03月, 山口県
  9. 山口県防災会議原子力防災対策専門部会委員, 2013年04月, 2014年03月, 山口県
  10. 資料調査研究会会員, 2012年04月, 2014年03月, 広島平和記念資料館
  11. 長崎市原子爆弾放射線影響研究会委員, 2013年12月, 2015年11月, 長崎市
  12. 鳥取県原子力防災専門家会議委員, 2012年04月, 2014年03月, 鳥取県
  13. 低線量放射線生物影響実験調査委員会委員, 2013年05月, 2014年03月, (財)環境科学技術研究所
  14. 展示検討会議委員, 2012年04月, 2014年03月, 広島平和記念資料館
  15. 日本学術会議連携会員, 2012年04月, 2014年09月, 日本学術会議
  16. 非常勤講師, 2013年04月, 2014年03月, 九州大学
  17. 非常勤講師, 2013年04月, 2014年03月, 九州大学医学部
  18. 評議員, 2012年01月, 2013年12月, 日本放射線影響学会
  19. 評議員, 2014年01月, 2015年12月, 日本放射線影響学会
  20. 福島県県民健康管理調査検討委員会委員, 2011年05月, 2013年05月, 福島県
  21. 福島県放射線と健康アドバイザー, 2013年04月, 2014年03月, 福島県
  22. 放射線健康リスク管理アドバイザー, 2013年04月, 2014年03月, 福島県
  23. 理事, 2012年04月, 2014年03月, (財)広島県地域保健医療推進機構
  24. 理事, 2012年06月, 2014年06月, (財)広島市原爆被爆者協議会
  25. 理事, 2011年04月, 2013年05月, (財)広島平和文化センター
  26. 理事, 2013年04月, 2015年04月, 放射線被曝者医療国際協力推進協議会
  27. 疫学部顧問, 2014年04月, 2016年03月, (財)放射線影響研究所
  28. 放射線審議会委員, 2014年04月, 2016年03月, 原子力規制委員会原子力規制庁
  29. 放射線健康リスク管理アドバイザー, 2014年04月, 2015年03月, 福島県
  30. 鳥取県原子力防災専門家会議委員, 2014年04月, 2014年10月, 鳥取県
  31. 山口県防災会議原子力防災対策専門部会委員, 2014年04月, 2015年03月, 山口県
  32. 非常勤講師, 2014年04月, 2015年03月, 九州大学医学部
  33. 環境放射能研究所研究連携推進会議委員, 2014年04月, 2015年03月, 福島大学
  34. 福島県放射線と健康アドバイザー, 2014年05月, 2015年03月, 福島県
  35. 緊急被ばく医療ネットワーク会議委員, 2014年06月, 2016年03月, 独立行政法人放射線医学総合研究所
  36. 日本学術会議会員, 2014年10月, 2016年03月, 日本学術会議
  37. 鳥取県原子力安全顧問, 2014年10月, 2016年03月, 鳥取県
  38. 原子力施設等防災対策等委託費事業専門家委員会委員, 2014年11月, 2015年03月, 独立行政法人放射線医学総合研究所
  39. 環境放射能研究所研究連携推進会議委員, 2015年04月, 2016年03月, 福島大学
  40. 福島県放射線と健康アドバイザー, 2015年04月, 2016年03月, 福島県
  41. 山口県防災会議原子力防災対策専門部会委員, 2015年04月, 2016年03月, 山口県
  42. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, 九州大学医学部
  43. 山口県原子力安全顧問, 2015年04月, 2016年03月, 山口県
  44. 福島県放射線健康リスク管理アドバイザー, 2015年04月, 2016年03月, 福島県
  45. 理事, 2015年04月, 2016年03月, 放射線被曝者医療国際協力推進協議会
  46. 広島平和記念資料館展示説明文執筆会議委員, 2015年04月, 2016年03月, (財)広島平和文化センター
  47. 国立研究開発法人審議会委員, 2015年06月, 2016年03月, 原子力規制委員会原子力規制庁

学術会議等の主催

  1. 全国共同利用・共同研究拠点事業, 広島大学・長崎大学連携研究事業 広島大学原爆放射線医科学研究所 第5回国際シンポジウム, プログラム委員, 2015年03月, 2015年03月
  2. 文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」平成23年度採択事業 放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム 第4回国際シンポジウム, プログラムコーディネーター, 2015年02月, 2015年02月
  3. IAEA-三大学(広島大学・長崎大学・シンガポール国立大学)共同開催 国際シンポジウム 1st Technical Meeting on "Science, Technology, and Society (STS) Perspectives on Nuclear Science, Radiation, and Human Health: The View from Asia", プログラムコーディネーター, 2014年11月, 2014年11月
  4. FMU-IAEA International Academic Conference 「Radiation, Health, and Population: The Multiple Dimensions of Post-Fukushima Disaster Recovery」, プログラム委員, 2014年07月, 2014年07月
  5. 文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」平成23年度採択事業 放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム 第3回国際シンポジウム 自然と人間と放射線, プログラムコーディネーター, 2014年02月, 2014年02月
  6. 全国共同利用・共同研究拠点事業, 広島大学・長崎大学連携研究事業 広島大学原爆放射線医科学研究所 第4回国際シンポジウム, プログラム委員, 2014年02月, 2014年02月
  7. 文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」平成23年度採択事業 放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム 第2回国際シンポジウム 放射線災害復興への提言, プログラムコーディネーター, 2013年02月, 2013年02月
  8. 全国共同利用・共同研究拠点事業, 広島大学・長崎大学連携研究事業 広島大学原爆放射線医科学研究所 第3回国際シンポジウム , 大会長, 2013年02月, 2013年02月
  9. 文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」平成23年度採択事業 放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム 第1回国際シンポジウム, プログラムコーディネーター, 2012年02月, 2012年02月
  10. 全国共同利用・共同研究拠点事業, 広島大学・長崎大学連携研究事業 広島大学原爆放射線医科学研究所創立50周年記念国際シンポジウム ー福島第一原子力発電所事故の復興支援に向けてー, 大会長, 2012年02月
  11. 全国共同利用・共同研究拠点事業, 広島大学・長崎大学連携研究事業 広島大学原爆放射線医科学研究所 第1回国際シンポジウム ゲノム障害から見た非がん性疾患研究, 大会長, 2011年03月, 2011年03月
  12. 広島大学21世紀COEプログラム「放射線災害医療開発の先端的教育拠点」第5回国際シンポジウム 放射線とがんー過去、今、未来の放射線被曝者のためにー, 拠点リーダー, 2008年01月, 2008年01月
  13. 広島大学21世紀COEプログラム「放射線災害医療開発の先端的教育拠点」第4回国際シンポジウム ゲノム障害と再生医療ー東海村臨界被爆事故の教訓を踏まえてー, 拠点リーダー, 2007年02月, 2007年02月
  14. 広島大学21世紀COEプログラム「放射線災害医療開発の先端的教育拠点」第3回国際シンポジウム, 拠点リーダー, 2006年02月
  15. 第1回アジア放射線研究会議, 大会長, 2005年11月
  16. 日本放射線影響学会第48回大会, 大会長, 2005年11月
  17. 広島大学21世紀COEプログラム「放射線災害医療開発の先端的教育拠点」第二回国際シンポジウム, 拠点リーダー, 2004年12月
  18. 広島大学21世紀COEプログラム「放射線災害医療開発の先端的教育拠点」第一回国際シンポジウム, 拠点リーダー, 2004年02月
  19. 日本放射線影響学会, 準備委員会委員長, 1999年09月
  20. 第4 回広島国際シンポジウム「高LET放射線による生物影響」、広島, プログラム委員長, 1998年10月
  21. 第15回国際放射線研究会議 (ICRR2015), 事務総長, 2015年05月, 2015年05月
  22. 文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」平成23年度採択事業 放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム 第5回国際シンポジウム 放射線災害後の復興方策, プログラム責任者, 2016年02月, 2016年02月
  23. 文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」平成23年度採択事業 放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム 産学官コンソーシアム第2回国際シンポジウム 放射線災害復興を推進する人材の育成とネットワーク構築, プログラム責任者, 2017年02月, 2017年02月
  24. 文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」平成23年度採択事業 放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム 第6回国際シンポジウム 原発事故の影響を受けたコミュニティの再構築:復興過程における「仲介者」の役割, プログラム責任者, 2017年02月, 2017年02月
  25. IAEA国際会合 核科学、放射線及び健康における科学技術社会論的展望に関する専門家会議一国際的展望, ホスト機関代表者, 2017年05月, 2017年05月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 放射線健康講演会, 福島県南相馬市, 2015年/02月/05日, 2015年/02月/05日, 南相馬市原町区高平生涯学習センター, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般
  2. 米国,サンフランシスコ州, ローレンス・バークレイ国立研究所への訪問・研究打合せ, 2015年/01月/08日, 2015年/01月/12日, ローレンス・バークレイ国立研究所
  3. ベラルーシ共和国BelMAPO(postgraduate academy of medical studies of Belarus)とThe republican research center for radiation medicine and human ecologyにて研究打合せ及び講演, 2014年/04月/08日, 2014年/04月/13日, ベラルーシ共和国BelMAPO(postgraduate academy of medical studies of Belarus)及びThe republican research center for radiation medicine and human ecology
  4. 放射線健康講演会・座談会, 放射線の健康への影響, 福島県南相馬市, 2014年/09月/18日, 2014年/09月/18日, 仲町児童センター, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般
  5. 放射線とこれからの私たちの生活, 福島県, 2014年/01月/29日, 2014年/01月/29日, 西郷村立西郷第二中学校, 講師, 出前授業, 中学生
  6. 放射線の人体への影響について, 福島県, 2014年/01月/29日, 2014年/01月/29日, 西郷村立米(よね)小学校, 講師, 出前授業, 小学生
  7. 福島県教育講演, 放射線ってなんだろう?, 福島県, さくら湖自然観察ステーション, 講師, 出前授業, 小学生
  8. 地域三次被ばく医療の対応(広島大学緊急被ばく医療推進センターの概要), 財団法人 原子力安全研究協会, 玄海地区における緊急被ばく医療講演会・実務セミナー, 2008年/12月, 2008年/12月
  9. 放射線発がん, 九州大学, 九州大学講義「放射線基礎医学」, 2007年/01月, 2007年/01月
  10. 放射線の人体影響とセーフティネット, 文部科学省, 「アジアの発展に役立つ原子力を考える」講演会, 2006年/07月, 2006年/07月
  11. 放射線の人体への影響, 社団法人 愛媛県放射線技師会, 緊急被ばく医療「愛媛フォーラム」, 2006年/09月, 2006年/09月
  12. 放射線を防護する生体システムと社会の安全, 広島大学, 広島大学東京イブニングセミナー第10回 「ゲノムを守る生体防護システムと新しい医療開発」, 2006年/08月/04日, 2006年/08月/04日
  13. "放射線発がんを考える 発がんとは何だろうか", 内閣府 原子力安全委員会, 私たちの健康と放射線被ばく 低線量の放射線影響を考える, 2003年/03月, 2003年/03月
  14. 放射線の人体影響と発がん研究, 財団法人 原子力安全研究協会, 第34回「原子力発電に関する安全特別セミナー」, 2003年/03月, 2003年/03月
  15. 放射線の人体影響, 広島市, 国内ジャーナリスト研修「ヒロシマ講座」, 2002年/07月, 2002年/07月
  16. 放射線発がんリスク評価における線量率効果研究の現状と問題点, 財団法人 原子力安全研究協会, 第35回原子力安全研究総合発表会, 2002年/08月, 2002年/08月
  17. 低線量放射線の人体影響について, 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 核融合科学研究所, 核融合研究所放射線安全教育(更新講演会), 2009年/03月, 2009年/03月
  18. 原爆被害の医学的影響, 広島市, 国内ジャーナリスト研修「ヒロシマ講座」, 2007年/08月, 2007年/08月
  19. 原爆被害の医学的影響, 広島市, 国内ジャーナリスト研修「ヒロシマ講座」, 2008年/07月, 2008年/07月
  20. 放射線防護と事故事例について, 財団法人 原子力安全研究協会, 鳥取県「緊急被ばく医療基礎講座I」, 2008年/10月, 2008年/10月
  21. 放射線の人体への影響, 広島大学, 広島大学公開講座, 2006年/06月/15日, 2006年/06月/15日
  22. 広島の緊急被ばく医療体制, 財団法人 放射線被曝者医療国際協力推進協議会, 緊急被ばく医療体制について考えるシンポジウム, 2002年/11月, 2002年/11月