山本 民次Tamiji Yamamoto

Last Updated :2017/10/10

所属・職名
大学院生物圏科学研究科 環境予測制御論講座 教授
ホームページ
メールアドレス
tamyamahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
1

基本情報

主な職歴

  • 2004年04月01日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 教授
  • 1995年08月01日, 2004年03月31日, 広島大学, 生物生産学部, 助教授
  • 1991年04月01日, 1995年07月31日, 広島大学, 生物生産学部, 講師
  • 1985年04月01日, 1991年03月31日, 愛知県水産試験場, 技師
  • 1983年04月01日, 1985年03月31日, 日本学術振興会, 奨励研究員

学位

  • 農学博士 (東北大学)
  • 農学修士 (東北大学)

教育担当

  • 生物生産学部:生物生産学科, 生物圏科学研究科:環境循環系制御学専攻, 生物圏科学研究科:環境循環系制御学専攻

担当主専攻プログラム

  • 生物圏環境学プログラム

研究分野

  • 農学 / 水圏応用科学 / 水圏生産科学

研究キーワード

  • モデリング|物質循環|海洋
  • リサイクル|スラグ|石炭灰|カキ殻
  • 貧酸素|底質
  • 富栄養|貧栄養
  • 有害プランクトン|環境|生理
  • 植物プランクトン|生理|生態
  • 環境|赤潮
  • 温暖化|水圏生態系
  • 藻類|栄養塩

所属学会

  • 日本海洋学会, 1979年02月
  • 日本プランクトン学会, 1979年05月
  • 水産海洋学会, 1981年04月
  • 日本藻類学会, 1988年09月
  • 日本水産学会, 1999年04月
  • 日本沿岸域学会, 2004年04月
  • 日本水環境学会, 2004年04月
  • 応用生態工学会, 2004年04月
  • 日本鉄鋼協会, 2004年04月
  • 日本水産工学会, 2008年04月
  • 海洋理工学会, 2009年04月
  • 日本沿岸湿地学会, 2009年04月
  • 日本陸水学会, 2004年04月, 2009年03月
  • 日本土木学会, 2006年03月, 2015年03月

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  2. 2017年, 学部専門, 集中, 生物圏環境学特論I
  3. 2017年, 学部専門, 1ターム, 生物環境学
  4. 2017年, 学部専門, 集中, 基礎生物学実験I
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 水域物質循環論
  6. 2017年, 学部専門, 集中, 水圏環境学実験実習
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 環境予測制御論演習(A)
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 環境予測制御論演習(A)
  9. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 環境予測制御論演習(B)
  10. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 環境予測制御論演習(B)
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 環境予測制御論実習
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 水圏生態環境学入門
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 水圏生態環境学応用編

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Combined adsorption and oxidation mechanisms of hydrogen sulfide on granulated coal ash, JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 377巻, pp.284-pp.290, 20120701
  2. 製鋼スラグによる閉鎖性海域における硫化物イオンの低減, 鉄と鋼, 98巻, 5号, pp.57-pp.64, 20120512
  3. Modeling the effect of nitrogen input from feed on the nitrogen dynamics in an enclosed intensive culture pond of black tiger shrimp (Penaeus monodon), Coast. Mar. Sci., 35巻, pp.39-pp.51, 201204
  4. Development of an on-site simplified determination method for hydrogen sulfide in marine sediment pore water using a shipboard ion electrode with consideration of hydrogen sulfide oxidation rate, Interdisciplinary Studies on Env. Chem., pp.345-pp.352, 201203
  5. Adsorption of hydrogen sulfide onto steel making slag, Proceedings of the 16th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, Higashi-Hiroshima, Japan, pp.98-pp.99, 201203
  6. 製鋼スラグを原料とする「マリーンストーン」を用いた海域環境改善, JFE技報, 40巻, pp.1-pp.6, 201708
  7. 施肥材とあぜ板によるアサリ漁場の改善効果, 日本土木学会論文集B2(海岸工学), 73巻, 1号, pp.12-pp.18, 20170520
  8. 大黒神島および周防大島沿岸における海底湧水による物質負荷, 日本水産学会誌, 83巻, pp.385-pp.392, 20170503
  9. Designing an effective action plan for sustainable local resources and the coastal environment: A case study of Mitsu Bay, Hiroshima, Japan, Proceedings of International Conference "Managing risks to coastal regions and communities in a changing world" (EMECS'11 - SeaCoasts XXVI, pp.22-pp.27, 20170315
  10. A pilot study on remediation of muddy tidal flat using porous pile, Marine Pollution Bulletin, 114巻, pp.837-pp.842, 20170123
  11. 貧栄養化に対する局所的施肥の提案, 瀬戸内海, 72巻, pp.24-pp.26, 20161001
  12. 栄養塩添加による漁場生産力の向上, 日本水産学会誌, 82巻, 5号, pp.834-pp.837, 20160915
  13. 鉄溶出施肥材適用によるカキ成長促進の試み, 水産工学, 53巻, 2号, pp.81-pp.85, 20160713
  14. A field experiment of sulfide reduction in silty sediment using steel-making slag, ISIJ International, 56巻, pp.2100-pp.2106, 20160708
  15. ★, Numerical evaluation of the use of granulated coal ash to reduce an oxygen-deficient water mass, MARINE POLLUTION BULLETIN, 107巻, 1号, pp.188-pp.205, JUN 15 2016
  16. Field Experiments on suppression of hydrogen sulfide in silty sediments using steelmaking slag, Proceedings of the 5th International Conference on Process Development in Iron and Steelmaking (SCANMET V), CD-ROM, CD-ROM巻, 11号, 20160614
  17. Enhancement of marine phytoplankton growth by steel-making slag as a promising component for the development of algal biofuels, ISIJ INTERNATIONAL, 56巻, 4号, pp.708-pp.713, 20160501
  18. ★, Assessing responses of the Hiroshima Bay ecosystem to increasing or decreasing phosphorus and nitrogen inputs, MARINE POLLUTION BULLETIN, 102巻, 2号, pp.256-pp.264, JAN 30 2016
  19. 瀬戸内海を「庭」や「畑」として利用する, Ocean Newsletter, 369巻, pp.4-pp.5, 20151220
  20. 鉄鋼スラグを用いた新たな底質改善材の開発, 広島大学新技術説明会資料集, pp.33-pp.36, 20151207
  21. Evaluation of steelmaking slag as basal media for coastal primary producers, MARINE POLLUTION BULLETIN, 100巻, 1号, pp.240-pp.248, NOV 15 2015
  22. 「きれいな海」から「豊かな海」へ, 豊かな海, 37巻, pp.50-pp.54, 20151101
  23. Reduction test of hydrogen sulfide in silty sediment of Fukuyama Inner Harbor using steelmaking slag, ISIJ INTERNATIONAL, 55巻, 12号, pp.2686-pp.2693, 20150908
  24. 瀬戸内海の貧栄養化と生態系構造の変化をどう見るか, 水産海洋研究, 79巻, pp.205-pp.208, 20150731
  25. 中海底泥近傍でのFePSMnO循環のモデル化, 2015年度日本沿岸域学会研究討論会講演概要集, 20150718
  26. 中海窪地修復のための石炭灰造粒物の施工の効果について, 2015年度日本沿岸域学会研究討論会講演概要集, 20150718
  27. 海域の貧栄養化 ~広島から瀬戸内海について考える~, 水産海洋研究, 79巻, pp.1-pp.2, 20150701
  28. 瀬戸内海の栄養塩管理~持続的な海藻養殖に向けて~, 海洋と生物, 218巻, pp.207-pp.208, 20150615
  29. 鉄溶出施肥材を用いた瀬戸内海2箇所でのカキ生産促進効果の検討, 平成27年度日本水産工学会学術講演会学術講演論文集, pp.147-pp.148, 20150530
  30. 施肥材によるカキ増産の効果と適正施肥量の見積もり, 平成27年度日本水産工学会学術講演会学術講演論文集, pp.79-pp.80, 20150530
  31. 貝類増産のための施肥具の改良~実用的施肥具への改良~, 平成27年度日本水産工学会学術講演会学術講演論文集, pp.75-pp.76, 20150530
  32. Estimation of hydrogen sulfide removal efficiency with granulated coal ash applied to eutrophic marine sediment using a simplified simulation model, MARINE POLLUTION BULLETIN, 94巻, pp.55-pp.61, 20150515
  33. 鉄鋼スラグを活用した底質改善技術~実海域における硫化水素抑制の実証試験~, ヘドロ, 123巻, pp.1-pp.5, 20150501
  34. 貧栄養化にともなう生態系の変化と今後の施策に対する提言, 環境技術, 44巻, pp.141-pp.146, 20150301
  35. ★, A pilot study on remediation of sediments enriched by oyster farming wastes using granulated coal ash, MARINE POLLUTION BULLETIN, 90巻, pp.54-pp.59, 20150115
  36. 製鋼スラグを用いた岩礁性藻場育成基盤の造成, 土木学会論文集B2(海岸工学), 170巻, pp.1231-pp.1235, 201412
  37. 沿岸海洋生態系再生のための鉄溶出施肥材の開発, 水産工学, 51巻, pp.105-pp.115, 201411
  38. 製鋼スラグによる底泥中硫化水素抑制の実海域試験, 鉄と鋼, 100巻, 11号, pp.1426-pp.1432, 201410
  39. 瀬戸内海の水底質環境と生態系修復技術, 環境と安全, 5巻, pp.199-pp.203, 20140901
  40. 貧栄養化によって想定される生態系構造の変化, 水産海洋研究, 78巻, pp.236-pp.237, 20140801
  41. Mechanism of suppression of sulfide ion in seawater using steelmaking slag, ISIJ International, 54巻, pp.1741-pp.1748, 201408
  42. 瀬戸内海西部海域における貧栄養化, 沿岸海洋研究, 52巻, pp.49-pp.58, 201408
  43. Field experiments on remediation of coastal sediments using granulated coal ash, MARINE POLLUTION BULLETIN, 83巻, 1号, pp.132-pp.137, 20140614
  44. 瀬戸内海の貧栄養化について(再考), 日本マリンエンジニアリング学会誌, 49巻, pp.496-pp.501, 20140601
  45. Mechanism of hydrogen sulfide removal from sediments of aquatic environments by granulated coal ash, Proceedings of the 18th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, Higashi-Hiroshima, Japan, pp.92-pp.93, 201403
  46. ★, Removal of hydrogen sulfide with steelmaking slag by concurrent reactions of sulfide mineralization and oxidation, ECOLOGICAL ENGINEERING, 63巻, pp.122-pp.126, 20140214
  47. 製鋼スラグによる福山内港底泥中硫化水素の低減試験, 鉄と鋼, 100巻, 3号, pp.421-pp.428, 201402
  48. カキ殻-カキ殻のリサイクルによる海域環境の修復, 化学と工業, 66巻, pp.978-pp.980, 201312
  49. 里海づくりにおける科学的知見の重要性, 日本水産学会誌, 79巻, 6号, pp.1041-pp.1042, 20131113
  50. 鉄鋼スラグによる硫化水素抑制技術, 環境浄化技術, 12巻, pp.59-pp.62, 201311
  51. Impact of steel slag on benthic community under semi-artificial environment, Proceedings of ISWA World Congress Vienna 2013, pp.875-pp.884, 201310
  52. Responses of the Hiroshima Bay ecosystem to inputs, Proceedings of the 10th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS), pp.53-pp.54, 201310
  53. Remediation of coastal sediments using granulated coal ash, Proceedings of the 10th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS), pp.87-pp.88, 201310
  54. 付着微細藻の増殖に対する炭酸化製鋼スラグの影響, 鉄と鋼, 99巻, 3号, pp.260-pp.266, 20130313
  55. Suppression of phosphate release from coastal sediments using granulated coal ash, ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE, 116巻, pp.41-pp.49, 20130111
  56. 周防灘の環境と水産を考える-瀬戸内海西部に残った漁場の危機と今後の展望, 日本水産学会誌, 79巻, pp.105-pp.109, 20130101
  57. Decrease of Sulfide in Enclosed Coastal Sea by Using Steelmaking Slag, ISIJ INTERNATIONAL, 53巻, 10号, pp.1894-pp.1901, 2013
  58. Remediation of muddy tidal flat sediments using hot air-dried crushed oyster shells, MARINE POLLUTION BULLETIN, 64巻, 11号, pp.2428-pp.2434, 20121112
  59. 鉄鋼スラグによる海水中の硫化物イオンの低減機構, 鉄と鋼, 98巻, 11号, pp.618-pp.625, 20121112
  60. 広島湾因島に造成した製鋼スラグ潜堤材の生物着生特性の長期評価, 土木学会論文集B3(海洋開発), 68巻, pp.I564-pp.I569, 201211
  61. 石炭灰造粒物の覆砂による底質改善, 水環境学会誌, 35巻, pp.159-pp.166, 201210
  62. ★, Mechanisms of Hydrogen Sulfide Removal with Steel Making Slag, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 46巻, 18号, pp.10169-pp.10174, 20120918
  63. Growth and uptake kinetics of phosphate by benthic microalga Nitzschia sp isolated from Hiroshima Bay, Japan, PHYCOLOGICAL RESEARCH, 60巻, 3号, pp.223-pp.228, 20120712
  64. 広島湾・安芸灘・伊予灘の水質と底質, 瀬戸内海, 62巻, pp.7-pp.13, 20111201
  65. 江田島湾のカキ筏配置の季節変動と海水交換率への影響, 土木学会論文集B3(海洋開発), 67巻, pp.I364-pp.I369, 201112
  66. 底生生物に対する石炭灰造粒物によるリサイクル材の安全性評価, 土木学会論文集B2(海岸工学), 67巻, pp.I1111-pp.I1115, 201112
  67. 製鋼スラグ製品を用いた藻場・魚礁マウンドへの生物着生, 土木学会論文集B3(海洋開発), CD-ROM巻, 201112
  68. 航路筋に堆積した有機泥の改善に関する研究:有光層への移動と鉄鋼スラグ添加による生物生息場形成, 海洋理工学会誌, 17巻, pp.99-pp.110, 201112
  69. カキ養殖の実施形態別有機物負荷特性の評価, 日本水産学会誌, 77巻, 6号, pp.1043-pp.1050, 20111110
  70. リサイクル材による海域環境修復の最前線, 日本水産学会誌, 77巻, pp.1110-pp.1113, 20111101
  71. Field experiments of restoring a muddy tidal flat using recycled oyster shells, Proceedings of the 2011 Joint International Symposium between Pukyong National University and Hiroshima University, pp.1-pp.1, 20111006
  72. Growth enhancement of benthic microalgae by nutrients and iron dissolution from steel making slag, Proceedings of the 2011 Joint International Symposium between Pukyong National University and Hiroshima University, pp.3-pp.3, 20111006
  73. Phosphorus mass balance in a highly eutrophic semi-enclosed inlet near a big metropolis: A small inlet can contribute towards particulate organic matter production, MARINE POLLUTION BULLETIN, 63巻, 42867号, pp.237-pp.242, 201104
  74. 貧栄養化によってもたらされる食物連鎖構造の変化, 水環境学会誌, 34巻, pp.51-pp.53, 20110201
  75. 閉鎖性海域における物質循環と環境管理に関する研究, 水産海洋研究, 75巻, pp.54-pp.62, 20110201
  76. 浮遊系-底生系カップリング・モデルによる広島湾北部海域の貧酸素水塊形成に関する動態解析, 水環境学会誌, 34巻, pp.19-pp.28, 201102
  77. 水産から見た「里海」のあり方, 沿岸海洋研究, 48巻, pp.125-pp.130, 201102
  78. XAFS analysis of calcium peroxide on the surface of peroxized oyster shell, Proceedings of the 15th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, Higashi-Hiroshima, Japan, pp.40-pp.41, 201102
  79. 熱風乾燥牡蠣殻片による閉鎖性水域の環境改善, 用水と廃水, 53巻, pp.371-pp.378, 201102
  80. 環境保全を考慮した持続的カキ養殖のあり方, 日本水産学会誌, 77巻, pp.129-pp.129, 20110101
  81. Evaluation of organic matter load in different methods of oyster culture, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 77巻, 6号, pp.1043-pp.1050, 2011
  82. Frontier of marine environmental restoration technique using recycled materials, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 77巻, 6号, pp.1110-pp.1113, 2011
  83. Activity for restoration of the muddy tidal flat at the innermost Hiroshima Bay, Proceedings of Techno-Ocean 2010, Kobe, Japan, CD-ROM巻, 201010
  84. Crushed oyster shell addition is effective in suppressing hydrogen sulfide build-up in anoxic marine sediments, Proceedings of Techno-Ocean 2011, Kobe, Japan, 201010
  85. Nitrate and phosphate uptake kinetics of the harmful diatom Coscinodiscus wailesii, a causative organism in the bleaching of aquacultured Porphyra thalli, HARMFUL ALGAE, 9巻, 6号, pp.563-pp.567, 20100910
  86. 陸域からの負荷変動に対するエスチュアリー生態系の応答, 東京湾の漁業と環境, 2巻, pp.9-pp.16, 20100901
  87. Characteristics of phosphate adsorption onto granulated coal ash in seawater, MARINE POLLUTION BULLETIN, 60巻, 8号, pp.1188-pp.1192, 201008
  88. 周防灘の水質・底質の変化と水産業, 瀬戸内海, 60巻, pp.1-pp.8, 20100401
  89. Blast furnace slag can effectively remediate coastal marine sediments affected by organic enrichment, MARINE POLLUTION BULLETIN, 60巻, 4号, pp.573-pp.578, 201004
  90. カキ筏の付着動物に対する鋼線被覆素材各種の防汚特性比較, 付着生物学会誌, 27巻, pp.1-pp.10, 201003
  91. Effects of phytoplankton vertical migration on the formation of oxygen depleted water in a shallow coastal sea, ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE, 86巻, 3号, pp.441-pp.449, 201002
  92. Identifying sulfur species for revealing adsorption mechanisms of hydrogen sulfide onto granulated coal ash by XAFS analysis, Proceedings of the 14th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, Higashi-Hiroshima, Japan, pp.31-pp.31, 201002
  93. Long-term changes in phosphorus and nitrogen cycles in northern Hiroshima Bay., Proceedings of the International Symposium on Terrestorial Envirionment. “Research of Watershed Environment ? Past to Future ?“, Hiroshima, Japan, pp.55-pp.59, 201002
  94. The Center for Restoration of Basin Ecosystem and Environment (CeRBEE), activity center for integrated coastal management, established in Hiroshima University, Japan., Proceedings of International Symposium on Integrated Coastal Management for Marine Biodiversity in Asia, Kyoto, Japan, pp.68-pp.72, 201001
  95. ★, Remediation of coastal marine sediments using granulated coal ash, JOURNAL OF HAZARDOUS MATERIALS, 172巻, 1号, pp.92-pp.98, 200912
  96. 石炭灰造粒物覆砂による環境修復効果-汽水域をフィールドとして-, 土木学会論文集B2(海岸工学), B2-65巻, pp.1026-pp.1030, 200912
  97. Adsorption mechanism of hydrogen sulfide onto crushed oyster shell, Proceedings of the 13th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, pp.37-pp.37, 200910
  98. Effects of culture density on the growth and fecal production of oyster Crassostrea gigas, Proceedings of PICES-2009“Understanding ecosystem dynamics and pursuing ecosystem approaches to management”, pp.261-pp.261, 200910
  99. 人工魚礁に形成される食物連鎖を通した炭素フロー, 日本水産学会誌, 75巻, 5号, pp.810-pp.818, 20090909
  100. 人工中層海底によるカキ養殖場沈降物量の軽減能評価-設置後半年間の調査から-, 日本水産学会誌, 75巻, 5号, pp.834-pp.843, 20090909
  101. ★, Removal of hydrogen sulfide using crushed oyster shell from pore water to remediate organically enriched coastal marine sediments, BIORESOURCE TECHNOLOGY, 100巻, 18号, pp.4127-pp.4132, 200909
  102. 沿岸海域生態系における底生微細藻の役割, 沿岸海洋研究, 47巻, pp.3-pp.10, 200908
  103. 微小酸素電極法および酸素フラックス法による底生微細藻光合成生産の実測, 沿岸海洋研究, 47巻, pp.43-pp.49, 200908
  104. 石炭灰造粒物による硫化物イオンの除去, 水環境学会誌, 200907
  105. Contribution of benthic microalgae to the whole water algal biomass and primary production in Suo Nada, the Seto Inland Sea, Japan, JOURNAL OF OCEANOGRAPHY, 65巻, 3号, pp.311-pp.323, 200906
  106. 石炭灰造粒物による有機質底泥の改善, 用水と廃水, 51巻, pp.237-pp.244, 200903
  107. Nitrate and phosphate uptake kinetics of the harmful diatom Eucampia zodiacus Ehrenberg, a causative organism in the bleaching of aquacultured Porphyra thalli, HARMFUL ALGAE, 8巻, 3号, pp.513-pp.517, 2009
  108. Effects of culture density on the growth and fecal production of the oyster Crassostrea gigas, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 75巻, 2号, pp.230-pp.236, 2009
  109. Carbon flow through the food web established on an artificial fish reef, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 75巻, 5号, pp.810-pp.818, 2009
  110. An artificial midlayer seafloor-Evaluation of reducing sinking particulate load from suspended oyster culture from an initial half-year observation, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 75巻, 5号, pp.834-pp.843, 2009
  111. 海産付着微細藻Nitzschia sp.の増殖に対するHUS?の影響, 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要, 47巻, pp.53-pp.59, 200812
  112. 江田島湾における流動・物質収支モデルの構築と広島牡蠣養殖の影響, 海岸工学論文集, 55巻, pp.1201-pp.1205, 200811
  113. 広島湾と周防灘の底質の比較-とくに季節変動と各項目間の関係について, 日本水産学会誌, 74巻, 6号, pp.1037-pp.1042, 200811
  114. Deterioration of sediment quality in Hiroshima Bay: Comparison with the neighboring area, Suo Nada, Proceedings of 5th World Fisheries Congress, CD-ROM巻, 200810
  115. Real-time monitoring of red tide and oxygen deficient water mass formations in Ago Bay, Japan, Proceedings of 5th World Fisheries Congress, CD-ROM巻, 200810
  116. 石炭灰造粒物を用いた沿岸底質環境改善材開発のための基礎的研究~栄養塩溶出試験およびSkeletonema costatumの増殖試験~, 水環境学会誌, 31号, pp.455-pp.462, 200809
  117. 2007年度における醸造地広島県西条および香川県八幡の森の地下水の水質, 用水と廃水, 50巻, pp.758-pp.767, 200809
  118. ★, An estimation of net ecosystem metabolism and net denitrification of the Seto Inland Sea, Japan, ECOLOGICAL MODELLING, 215巻, 42738号, pp.55-pp.68, 200807
  119. 人工中層海底による養殖場沈降有機物の分解促進, 日本水産学会誌, 74巻, 3号, pp.429-pp.431, 200805
  120. 瀬戸内海の貧栄養化と水産業, 用水と廃水, 50巻, pp.525-pp.532, 20080401
  121. 造粒石粉を用いた沿岸底質環境改善材開発のための基礎的研究~栄養塩溶出試験およびSkeletonema costatumの増殖試験~, 日本水環境学会誌, 31巻, pp.93-pp.94, 200804
  122. ★, Phytoremediation of shallow organically enriched marine sediments using benthic microalgae, MARINE POLLUTION BULLETIN, 57巻, 42740号, pp.108-pp.115, 2008
  123. 沿岸海域の物質循環研究におけるモニタリング・データの利用, 海と空, 84巻, pp.43-pp.52, 2008
  124. Enhancement of aerobic decomposition of organic matter from aquaculture by an artificial midlayer seafloor, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 74巻, 3号, pp.429-pp.431, 2008
  125. Comparison of sediment quality between Hiroshima Bay and Suo Nada-Special reference to the seasonal variations of sediment quality parameters and their relationships, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 74巻, 6号, pp.1037-pp.1042, 2008
  126. An estimation of net ecosystem metabolism and net denitrification of the Seto Inland Sea, Japan, ECOLOGICAL MODELLING, 215巻, 42738号, pp.55-pp.68, 2008
  127. 英虞湾に於ける漁獲による窒素回収, 水産増殖, 55巻, 4号, pp.653-pp.654, 20071201
  128. 広島県太田川・八幡川に設けられた貯水池前後での水質の長期変動, 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要, 46巻, pp.43-pp.57, 20071201
  129. ★, Analyses of phosphorus and nitrogen cyclings in the estuarine ecosystem of Hiroshima Bay by a pelagic and benthic coupled model, ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE, 75巻, 42737号, pp.189-pp.204, 20071007
  130. 我が国の干潟再生研究と事業, 月刊海洋, 39巻, pp.569-pp.574, 20070901
  131. 生物環境としての浅海域の重要性, 瀬戸内海, 51巻, pp.15-pp.18, 20070901
  132. 我が国の干潟再生研究と事業, 月刊海洋, 39巻, pp.569-pp.574, 20070901
  133. 閉鎖性海域の水産環境保全, 日本水産学会誌, 73巻, pp.1183-pp.1186, 20070701
  134. 水産環境保全にとっての干潟再生の意義, 日本水産学会誌, 73巻, pp.339-pp.342, 20070401
  135. 造粒石粉を用いた沿岸底質環境改善材開発のための基礎的研究~栄養塩溶出試験およびSkeletonema costatumの増殖試験~, 日本水環境学会誌, 10巻, pp.206-pp.211, 20070401
  136. Use of Mathematical model to assess the effects of dissolved organic phosphorus on species competition among the dinoflagellates Alexandrium tamarense and Gymnodinium catenatum and the diatom Skeletonema costatum., J. Kor. Fish. Soc., 40巻, pp.39-pp.49, 20070401
  137. エスチュアリー循環と一次生産, 沿岸海洋研究, 44巻, 2号, pp.137-pp.145, 20070201
  138. Oligotrophication and changes of phytoplankton species composition in estuaries induced by dam constructions, 日本水産学会誌, 73巻, 1号, pp.80-pp.84, 20070107
  139. ダム建設によるエスチュアリーの貧栄養化と植物プランクトン相の変化., 日本水産学会誌, 73巻, pp.80-pp.84, 20070101
  140. Numerical model analyses on the effects of steelmaking slag addition to growth of the marine diatom Skeletonema costatum: Importance of pH effects, 鉄と鋼, 92巻, 10号, pp.635-pp.642, 20061006
  141. Phosphorus and nitrogen cyclings in the pelagic system of Hiroshima Bay: Results of numerical model simulation, JOURNAL OF OCEANOGRAPHY, 62巻, 4号, pp.493-pp.509, 20060806
  142. Uptake and excretion of dissolved organic phosphorus by the two toxic dinoflagellates Alexandrium tamarense Lebour (Balech) and Gymnodinium catenatum Graham., J. Fish. Sci. Technol., 9巻, pp.30-pp.37, 20060501
  143. 内湾浅海域浮泥の水産環境保全における重要性, 日本水産学会誌, 20060401
  144. 沿岸水産海洋学のいま-内湾域における水産資源の維持と培養に水産海洋学がどこまで寄与できるか-, 水産海洋研究, 70巻, pp.256-pp.269, 20060401
  145. 製鋼スラグの添加が珪藻Skeletonema costatum の増殖に及ぼす影響に関する数値モデル解析:pHの影響の重要性, 鉄と鋼, 92巻, pp.635-pp.642, 20060401
  146. Importance of controlling community structure of living organisms in intensive shrimp culture ponds.3, Coast. Mar. Sci., 31巻, pp.91-pp.99, 20060401
  147. 河口循環流が夏季の広島湾北部海域の生物生産に与える影響, 水産海洋研究, 70巻, 1号, pp.23-pp.30, 20060201
  148. Biogeochemical cycles during the species succession from Skeletonema costatum to Alexandrium tamarense in northern Hiroshima Bay, JOURNAL OF MARINE SYSTEMS, 52巻, 42739号, pp.15-pp.32, 20051204
  149. Alkaline phosphatase activity and phosphatase hydrolyzable phosphorus for phytoplankton in Hiroshima Bay., Ocean Sci. J., 40巻, pp.183-pp.190, 20051201
  150. Effect of steel-making slag addition on growth of the diatom Skeletonema costatum and the dinoflagellate Alexandrium tamarense, 鉄と鋼, 91巻, 10号, pp.783-pp.787, 20051005
  151. 瀬戸内海が経験した富栄養化と貧栄養化, 海洋と生物, 158巻, pp.203-pp.210, 20050601
  152. 瀬戸内海の高次生産者の構造と生産性の変化は食物連鎖構造の変化から説明できるか?, 海洋と生物, 158巻, pp.210-pp.212, 20050601
  153. 栄養塩制限について, 海洋と生物, 1158巻, pp.212-pp.213, 20050601
  154. Water and sediment quality, partial mass budget and effluent N loading in coastal brackishwater shrimp farms in Bangladesh, MARINE POLLUTION BULLETIN, 48巻, 42861号, pp.471-pp.485, 20050504
  155. 有明海におけるノリと浮遊珪藻の栄養塩競合に及ぼす環境諸因子の影響評価, 海の研究, 14巻, 3号, pp.411-, 20050501
  156. 製鋼スラグの添加がSkeletonema costatumおよび渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseの増殖に及ぼす影響., 鉄と鋼, 91巻, pp.39-pp.43, 20050401
  157. ボトルおよびそれらの洗浄方法の違いによる鉄コンタミネーションの検討, 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要, 44巻, pp.25-pp.29, 20050401
  158. 底生付着珪藻Nitzschia sp.の増殖に対する付着基質サイズの影響, 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要, 44巻, pp.31-pp.38, 20050401
  159. 沿岸海洋生態系を包括的に考える:浮遊生態系と底生生態系の相互作用, 日本水産学会誌, 71巻, pp.222-pp.225, 20050401
  160. Proposal for new estuarine ecosystem management by discharge control of dams., Comprehensive and Responsible Coastal Zone Management for Sustainable and Friendly Coexistence between Nature and People (6th International Conference on Environmental Management of Enclosed Seas), pp.475-pp.486, 20050201
  161. Evaluation of benthic nutrient fluxes and their importance in the pelagic nutrient cycles in Suo Nada, Japan, FISHERIES SCIENCE, 71巻, 3号, pp.593-pp.604, 20050105
  162. 底生微細藻を用いた底質改善, 瀬戸内海, 40巻, pp.45-pp.49, 20041201
  163. A proposal simulating phytoplankton speces changes in shrimp pond by the multi-compartment model.3, Proceedings of the First Joint Seminar on Coastal Oceanography, pp.27-pp.38, 20040901
  164. 底泥境界面における物理・化学・生物過程について, 水産海洋研究, 68巻, pp.172-pp.176, 20040801
  165. 人工中層海底を用いたカキ養殖場底質への有機物負荷軽減策の検討., 日本水産学会誌, 70巻, 5号, pp.722-pp.727, 20040701
  166. Simultaneous remediation of water and sediment qualities in culturally oligotrophic coastal environments using steel-making slag., Proceedings of the Fifth International Symposium (43th Annual Conference of Metallurgists of CIM), pp.585-pp.598, 20040701
  167. 有明海の栄養塩環境とノリ養殖-ノリの不作は何故起こったか?, 水環境学会誌, 27巻, pp.293-pp.300, 20040401
  168. 沿岸モニタリングの必要性に対するコメント-瀬戸内海-, 月刊海洋, 36巻, pp.71-pp.75, 20040401
  169. 植物プランクトン数種の増殖に及ぼす攪拌の影響, 藻類, 52巻, pp.1-pp.4, 20040401
  170. 底生微細藻Nitzschia sp.の増殖に及ぼす水温,塩分及び光強度の影響, 藻類, 52巻, pp.5-pp.11, 20040401
  171. 水質の長期変動から見た有明海におけるノリおよび珪藻プランクトンの増殖制限元素の解明., 海の研究, 13巻, 2号, pp.173-pp.183, 20040301
  172. Growth and uptake kinetics for nitrate, ammonium and phosphate by the toxic dinoflagellate Gymnodinium catenatum isolated from Hiroshima Bay, Japan, 日本水産学会誌, 70巻, 1号, pp.108-pp.115, 20040204
  173. ★, Pulsed nutrient supply as a factor inducing phytoplankton diversity, ECOLOGICAL MODELLING, 171巻, 3号, pp.247-pp.270, 20040115
  174. Application of a two-compartment one-toxin model to predict the toxin accumulation in Pacific oysters in Hiroshima Bay, Japan, 日本水産学会誌, 69巻, 5号, pp.944-pp.950, 20031003
  175. Release of phosphorus and silicon from steelmaking slag and their effects on growth of natural phytoplankton assemblages, 鉄と鋼, 89巻, 4号, pp.482-pp.488, 20030403
  176. 製鋼スラグ利用による沿岸海域生態系改善の提案, 鉄と鋼, 89巻, 4号, pp.494-pp.496, 20030403
  177. 製鋼スラグからのリン,ケイ素の溶出とそれらが植物プランクトン自然群集の増殖に及ぼす影響, 鉄と鋼, 89巻, pp.482-pp.488, 20030401
  178. 養殖スサビノリ(Porphyra yezoensis)葉体の炭素,窒素,リン含有量, 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要, 42巻, pp.2-pp.9, 20030401
  179. 沿岸モニタリングの必要性に対するコメント(4)瀬戸内海, 水産海洋研究, 67巻, pp.214-pp.218, 20030401
  180. ★, The Seto Inland Sea - eutrophic or oligotrophic?, MARINE POLLUTION BULLETIN, 47巻, 42741号, pp.37-pp.42, 20030401
  181. 川と海の境目-エスチュアリーの生態系-, アクアネット, 6巻, pp.25-pp.29, 20030401
  182. Modelling the population dynamics of the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense in Hiroshima Bay, Japan. II. Sensitivity to physical and biological parameters, JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 25巻, 1号, pp.63-pp.81, 20030103
  183. 有明海熊本沿岸におけるノリ不作年度の水質環境の特徴., 海の研究, 11巻, pp.543-pp.548, 20020901
  184. Effects of winds, tides and river water runoff on the formation and disappearance of the Alexandrium tamarense bloom in Hiroshima Bay, Japan., Harmful Algae, 1巻, pp.301-pp.312, 20020801
  185. 1991-2000年の広島湾海水中における親生物元素の変動-プランクトン種の遷移を引き起こす主要因として, 沿岸海洋研究, 39巻, pp.163-pp.169, 20020401
  186. Effect of temperature, salinity and irradiance on the growth of the toxic dinoflagellate Gymnodinium catenatum (Dinophyceae) isolated from Hiroshima Bay, Japan., 日本水産学会誌, 68巻, pp.356-pp.363, 20020401
  187. Utilization of dissolved organic phosphorus by the two dinoflagellates: Alexandrium tamarense and Gymnodinium catenatum (Dinophyceae)., 日本水産学会誌, 68巻, pp.416-pp.424, 20020401
  188. 太田川河川水中のリンおよび窒素濃度の長期変動-植物プランクトン種の変化を引き起こす主要因として., 水産海洋学研究, 66巻, pp.102-pp.109, 20020401
  189. 有明海環境悪化機構究明と環境回復のための提言2, 海の研究, 11巻, pp.631-pp.636, 20020401
  190. Proposal of mesotrophication through nutrient discharge control for sustainable fisheries., 日本水産学会誌, 68巻, pp.538-pp.541, 20020401
  191. Effects of temperature, salinity and irradiance on the growth of the toxic dinoflagellate Gymnodinium catenatum (Dinophyceae) isolated from Hiroshima Bay, Japan, 日本水産学会誌, 68巻, 2号, pp.356-pp.363, 20020401
  192. Utilization of dissolved organic phosphorus by the two toxic dinoflagellates, Alexandrium tamarense and Gymnodinium catenatum (Dinophyceae), 日本水産学会誌, 68巻, 2号, pp.416-pp.424, 20020401
  193. Proposal of mesotrophication through nutrient discharge control for sustainable estuarine fisheries, 日本水産学会誌, 68巻, pp.538-pp.541, 20020401
  194. 1991~2000年の広島湾海水中における親生物元素の時空間変動,特に植物プランクトン態C:N:P比のレッドフィールド比からの乖離, 沿岸海洋研究, 39巻, 2号, pp.163-pp.169, 20020201
  195. ★, Modelling the population dynamics of the toxic dinoflagellate Alexandrium Tamarense in Hiroshima Bay, Japan, JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 24巻, 1号, pp.33-pp.47, 20020101
  196. Proposal of mesotrophication through nutrient discharge control for sustainable estuarine fisheries, FISHERIES SCIENCE, 68巻, pp.538-pp.541, 2002
  197. Effects of winds, tides and river water runoff on the formation and disappearance of the Alexandrium tamarense bloom in Hiroshima Bay, Japan, HARMFUL ALGAE, 1巻, 3号, pp.301-pp.312, 2002
  198. Spatial and temporal variations of sediment quality in and around fish cage farms: A case study of aquaculture in the Seto Inland Sea, Japan, 日本水産学会誌, 67巻, 4号, pp.619-pp.627, 20010801
  199. ★, Applying heat and mass balance theory to determine the flow rate for the measurement of benthic material flux in a flow-through system, HYDROBIOLOGIA, 435巻, 42738号, pp.135-pp.142, 20000901
  200. Middle layer intrusion as an important factor supporting phytoplankton productivity at a tidal front in Iyo Nada, the Seto Inland Sea, Japan., Journal of Oceanography, 56巻, 2号, pp.131-pp.139, 20000401
  201. Oyster culture as a biofilter, nutrient recycler and biohabitat new perspectives for sustainable environmental and resource management, Proceedings of the Joint Conference of the 4the International Conference on the Mediterranean Coastal Environment (MEDCOAST) and the 4th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS), pp.13-pp.15, 20000401
  202. The role of suspended oyster culture on nitrogen cycle in Hiroshima Bay., Journal of Oceanotraphy, 56巻, pp.223-pp.231, 20000401
  203. 温暖化防止の鍵を握る海, 瀬戸内海, 20巻, pp.41-pp.43, 20000401
  204. 広島湾北部海域におけるエスチュアリー循環過程, 沿岸海洋研究, 37巻, 2号, pp.111-pp.118, 20000201
  205. ★, Effects of diffusion and upwelling on the formation of red tides, JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 22巻, 2号, pp.363-pp.380, 20000201
  206. 有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarense(広島湾株)による溶存態有機リンの利用と排出, 生物生産学研究, 38巻, 2号, pp.151-pp.159, 200001
  207. 瀬戸内海における植物プランクトン態N:P比とその変動要因, 水産海洋研究, 63巻, 3号, pp.6-pp.13, 19990801
  208. 瀬戸内海福山沖海域の底質環境に関する研究, 広島大学生物生産学部紀要, 38巻, 1号, pp.39-pp.45, 19990701
  209. 瀬戸内海福山沖海域の底質環境に関する研究, 生物生産学研究, 38巻, 1号, pp.39-pp.45, 199907
  210. Effects of Si/P loading ratio and supply modes on the population dynamics of Alexandrium tamarense, Can. Tech. Rep. Fish. Aquat. Sci., 2261巻, pp.14-pp.17, 19990601
  211. 瀬戸内海表層底泥に見られる強熱減量,酸化還元電位および酸揮発性硫化物濃度の関係, 沿岸海洋研究, 36巻, pp.171-pp.176, 19990401
  212. 三河湾と志摩度会海域における赤潮発生の特徴-湾の形状と環境特性による検討(共著), 広島大学生物生産学部紀要, 38巻, pp.47-pp.57, 19990401
  213. 瀬戸内海における植物プランクトン態N:P比とその変動要因, 水産海洋研究, 63巻, pp.6-pp.13, 19990401
  214. 渦鞭毛藻赤潮発生の抑制に関する一考察?窒素とリンの同時抑制の重要性?, 瀬戸内海, 17巻, pp.44-pp.45, 19990401
  215. Application of water quality data to estimate the cultured oyster biomass in Hiroshima Bay (共著), 日本水産学会誌, 65巻, pp.673-pp.678, 19990401
  216. 有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarense(広島湾株)による溶存態有機リンの利用と排出 (共著), 広島大学生物生産学部紀要, 38巻, pp.151-pp.159, 19990401
  217. Growth and phosphate uptake kinetics of the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense from Hiroshima Bay in the Seto Inland Sea, Japan, Phycological research, 47巻, 1号, pp.27-pp.32, 19990301
  218. 瀬戸内海表層底泥に見られる強熱減量,酸化還元電位および酸揮発性硫化物濃度の関係, 沿岸海洋研究, 36巻, 2号, pp.171-pp.176, 19990225
  219. 瀬戸内海表層底泥に見られる強熱減量,酸化還元電位および酸揮発性硫化物濃度の関係., 沿岸海洋研究, 36巻, 2号, pp.171-pp.176, 19990201
  220. Application of Water Quality Data to Estimate the Cultured Oyster Biomass in Hiroshima Bay:Estimation of the Cultured Oyster Biomass, Fisheries science : FS, 65巻, 5号, pp.673-pp.678, 1999
  221. Quantitative analysis on the role of oyster culture on the nutrients budget in Hiroshima Bay: Case study, Proceedings of 7th Joint Seminar on Marine Science, pp.50-pp.54, 19980401
  222. Comparison of temperature adaptation patterns of subtropical/tropical, subantarctic and arctic phytoplankton communities., Journal of Faculty of Applied Biological Science= Hiroshima Univ., 37巻, pp.1-pp.10, 19980401
  223. 瀬戸内海海底泥からの溶存無機態窒素およびリン溶出量の見積もり, 海の研究, 7巻, 3号, pp.151-pp.158, 19980201
  224. 沿岸環境圏の科学 : 浅海堆積物 ; 植物プランクトン, 沿岸の環境圏, pp.144-pp.174, 1998
  225. 瀬戸内海底泥からの溶存無機態窒素およびリン溶出量の見積もり, 海の研究, 7巻, pp.151-pp.158, 1998
  226. 瀬戸内海の一次生産と海洋構造, 沿岸海洋研究, 35巻, 1号, pp.109-pp.114, 19970801
  227. Uptake and release of particulate materials by suspended oyster culture in Hiroshima Bay: Results from raft study, Journal of the Faculty of Applied Biological Science of Hiroshima University, 36巻, pp.147-pp.159, 19970801
  228. Nitrification, Denitrification and Nitrate Reduction Rates in the Sediment of Hiroshima Bay, Japan, Journal of oceanography, 53巻, 4号, pp.317-pp.324, 199708
  229. 広島湾産有毒渦鞭毛藻 Alexandrium tamarense の増殖に及ぼす水温, 塩分及び光強度の影響, 藻類, 45巻, 2号, pp.95-pp.101, 19970710
  230. 三河湾における赤潮多発年の気象の特徴, 水産海洋研究, 61巻, 2号, pp.114-pp.122, 19970520
  231. Uptake and release of particulate materials by suspended oyster culture in Hiroshima Bay : Results from raft study. (共著), 広島大学生物生産学部紀要, 36巻, pp.147-pp.159, 19970401
  232. 大気中二酸化炭素の吸収における沿岸海域の海要性, 水産海洋研究, 61巻, pp.300-pp.312, 19970401
  233. 瀬戸内海全域の季節別底質調査結果, 広島大学生物生産学部紀要, 36巻, 1号, pp.43-pp.49, 19970401
  234. Present status of water and sediment qualities in relation to the biological production in the Seto Inland Sea, Japan., JSPS-VCC Joint Seminar on Marine Science= Role of Oceanography in Sustainable Utilization of Living and Non-Living Marine Resources, pp.217-pp.226, 19970401
  235. Nitrogen budget and water quality management in the larviculture ponds of swimming crab, Proceedings of the 24th U.S.-Japan Aquaculture Panel Symposium, pp.25-pp.31, 19970401
  236. Temporal variation of photosynthetic pigment composition in sinking particles during the ice covered season in Saroma Ko lagoon., Journal of Marine Systems, 11巻, pp.123-pp.131, 19970401
  237. 三河湾における赤潮多発年の気象の特徴, 水産海洋研究, 61巻, 2号, pp.114-pp.122, 19970401
  238. 広島湾産有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseの増殖に及ぼす水温,塩分および光強度の影響., 藻類, 45巻, pp.95-pp.102, 19970401
  239. Nitrification, denitrification and nitrate reduction rates in the sediment of Hiroshima Bay, Japan., Journal of Oceanography, 53巻, pp.317-pp.324, 19970401
  240. CO_2 吸収における藻類の役割 ─沿岸海域の一次生産の重要性─, 藻類, 45巻, 1号, pp.67-pp.68, 19970310
  241. 植物プランクトン細胞内リン含量の変動に関する実験的・理論的解析, 海の研究, 6巻, 1号, pp.1-pp.9, 19970215
  242. 植物プランクトン細胞内リン含量の変動に関する実験的・理論的解析, 海の研究, 6巻, 1号, pp.1-pp.9, 19970201
  243. 瀬戸内海全域の季節別水質調査結果, 広島大学生物生産学部紀要, 35巻, 1号, pp.243-pp.274, 19961201
  244. 瀬戸内海に対する河川流入による淡水,全窒素および全リンの負荷.(共著), 広島大学生物生産学部紀要, 35巻, pp.81-pp.104, 19960401
  245. Growth and phosphate uptake kinetics of Alexandrium tamarense from Mikawa Bay, Japan., Harmful and Toxic Algal Blooms., pp.293-pp.296, 19960401
  246. 豊後水道における高栄養底層水の陸棚湧昇, 広島大学生物生産学部紀要, 34巻, 1号, pp.161-pp.165, 19951201
  247. 広島湾底泥からの無機態窒素溶出フラックスの見積もり, 広島大学生物生産学部紀要, 19951201
  248. 豊後水道における高栄養底層水の陸棚湧昇, 生物生産学研究, 34巻, 2号, pp.161-pp.165, 199512
  249. 広島湾底泥からの無機態窒素溶出フラックスの見積り, 生物生産学研究, 34巻, 2号, pp.185-pp.190, 199512
  250. 潮汐フロント域における一次生産, 沿岸海洋研究, 33巻, 1号, pp.19-pp.27, 19950801
  251. 沿岸フロントと栄養塩の供給機構, 沿岸海洋研究, 33巻, 1号, pp.9-pp.18, 19950801
  252. Vertical distribution of photosynthetic pigments characterized by HPLC under the ice of Saroma Ko lagoon., Proceedings of National Institute of Polar Research Symposium on Polar Biology, pp.29-pp.36, 19950401
  253. 三河湾産有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseの増殖に及ぼす水温,塩分及び光強度の影響., 藻類, 43巻, pp.91-pp.98, 19950401
  254. Physiological responses of Si-limited Skeletonema costatum to silicate supply with salinity decrease., 日本プランクトン学会報, 42巻, pp.1-pp.16, 19950401
  255. Vertical distribution of photosynthetic pigments characterized by HPLC under the ice of Saroma Ko lagoon.(共著), Proc. NIPR Symposium on Polar Biol., 8巻, pp.29-pp.36, 19950401
  256. Contribution fo micro- and nanophytoplankton cell carbon to particulate organic carbon in the East China Sea during May 1980., 広島大学生物生産学部紀要, 34巻, pp.147-pp.160, 19950401
  257. 広島湾底泥からの無機態窒素溶出フラックスの見積もり(共著), 広島大学生物生産学部紀要, 34号, pp.185-pp.190, 19950401
  258. 広島湾の海況特性-1989-1993年の変動と平均像-, 広島大学生物生産学部紀要, 33巻, 1号, pp.9-pp.19, 19940601
  259. 自然海水試料を用いたアンモニア分析二法(Solorzano法およびSasaki-Sawada法)の比較.(共著), 海の研究, 3巻, pp.165-pp.168, 19940401
  260. 種苗生産池中の窒素化合物の挙動からみたガザミ生産成績の違いについて.(共著), 広島大学生物生産学部紀要, 33巻, pp.29-pp.35, 19940401
  261. 広島湾,江田内湾,周防灘北東部海域および太田川における尿素の濃度について, 広島大学生物生産学部紀要, 33巻, pp.51-pp.58, 19940401
  262. 広島湾産Skeletonema costatumのリン酸塩取り込みおよび増殖の動力学, 広島大学生物生産学部紀要, 33巻, pp.59-pp.64, 19940401
  263. 瀬戸内海の漁業を支える基礎生産, 瀬戸内海科学, 16巻, 1号, pp.150-pp.153, 19940401
  264. 自然海水試料を用いたアンモニア分析二法(Solorzano法およびSasaki-Sawada法)の比較., Journal of the Oceanographical Society of Japan, 3巻, pp.165-pp.168, 19940401
  265. 日本周辺海域における春季および夏季の植物プランクトンクロロフィルaのサイズ画分(>10μmと<10μm)〔英文〕, 生物生産学研究, 32巻, 1号, pp.p1-pp.6, 199306
  266. 日本周辺海域における春季および夏季の植物プランクトンクロロフィルαのサイズ画分(>10μmと<10μm), Journal of the Faculty of Applied Biological Science, Hiroshima University, 32巻, 1号, pp.1-pp.6, 199306
  267. 呉港における1989年4月-1990-年1月の植物プランクトン優占種の変動, 生物生産学研究, 32巻, 1号, pp.7-pp.13, 199306
  268. Spring and summer phytoplankton chlorophyll a size fractions(〉10μm and 〈10μm)in the offshore waters around Japan, 広島大学生物生産学部紀要, pp.1-pp.6, 19930401
  269. 海水中懸濁粒子と沈降粒子のクロロフィルa類組成からみた富栄養内湾における植物プランクトンの分解過程, 広島大学生物生産学部紀要, pp.79-pp.86, 19930401
  270. 広島湾の貧酸素と硫化水素がガザミ幼生の初期発達段階に及ぼす影響, 広島大学生物生産学部紀要, pp.61-pp.70, 19930401
  271. 呉港における1989年4月~1990年1月の植物プランクトン優占種の変動, 広島大学生物生産学部紀要, pp.7-pp.13, 19930401
  272. Processes causing the chlorophyll a maximum in the tidal front in Iyo-Nada, Japan., Journal of Oceanography, 49巻, pp.57-pp.70, 19930401
  273. Processes Causing the Chlorophyll a Maximum in the Tidal Front in Iyo-Nada,Japan, Journal of Oceanography, 49巻, 1号, pp.p57-pp.70, 199302
  274. LATITUDINAL DIFFERENCES IN TEMPERATURE ADAPTATION PATTERN OF PHYTOPLANKTON PHOTOSYNTHETIC ACTIVITY (ABSTRACT) (14th Symposium on Polar Biology), Proceedings of the NIPR Symposium on Polar Biology, 6巻, 199301
  275. スペクトル解析による赤潮の発達の予測--新しいアプロ-チ〔英文〕, 生物生産学研究, 31巻, 1号, pp.p59-pp.69, 199207
  276. 渥美湾における冬季の赤潮の発生・消滅に伴う窒素収支(共著), 沿岸海洋研究, 30巻, pp.79-pp.90, 19920401
  277. Prediction of the development of red tide by the spectral analysis-a new approach., 広島大学生物生産学部紀要, pp.31, 19920401
  278. スサビノリ葉体によるアンモニア態および硝酸態窒素の定速度取り込み, 広島大学生物生産学研究部紀要, 31号, pp.155-pp.159, 19920401
  279. New experimental approach to nitrogen release from the marine sediments. The Second International Conference on Environmental Management of Enclosed Coastal Seas.(共著) Baltimore, U. S. A., 19920401
  280. Effects of low oxygen and hydrogen sulfide on crab population.(共著), The Second International Conference on Environmental Management of Enclosed Coastal Seas. Baltimore, U. S. A., 19920401
  281. 渥美湾における冬季の赤潮の発生 消滅に伴う窒素収支, 沿岸海洋研究ノート, 30巻, pp.79-pp.90, 1992
  282. 海洋前線域におけるプランクトンの不均一分布に関する研究., 日本海洋学会誌, 45巻, pp.233-pp.241, 19890401
  283. スサビノリPorphyra yezoensis葉体のアンモニア態および硝酸態窒素の取り込みに及ぼす温度の影響., 藻類, 36巻, pp.37-pp.42, 19880401
  284. Formation and retention mechanisms of phytoplankton peak abundance in the Kuroshio front., Journal of Plankton Research, 10巻, pp.1113-pp.1130, 19880401
  285. スサビノリPorphyra yezoensis葉体のアンモニア態および硝酸態窒素の取り込みに及ぼす温度の影響, 藻類, 36巻, 1号, pp.p37-pp.42, 198803
  286. ★, Small-scale zooplankton aggregations at the front of a Kuroshio warm-core ring., Deep-Sea Research, 33巻, pp.1729-pp.1740, 19860401
  287. Small-scale variations in phytoplankton standing stock and productivity across the oceanic fronts in the Southern Ocean, Memoirs of National Institute of Polar Research. Special issue, 40巻, pp.25-pp.41, 198602
  288. Formation and retention of phytoplankton assembly in the Kuroshio front (extended abstract), Memoirs of National Institute of Polar Research. Special issue, 32巻, pp.60-pp.62, 198408
  289. 三陸沖海域に発達した潮境における小型プランクトンの分布〔英文〕, 日本プランクトン学会報, 28巻, 2号, pp.p111-pp.120, 198112

著書等出版物

  1. 2015年03月, 海と湖の貧栄養化問題, 地人書館, 2015年, 3, その他, 共著, J, 4-8052-0885-4, 195, 50
  2. 2014年05月15日, 環境省環境研究総合推進費成果報告書, 鉄鋼スラグと浚渫土により造成した干潟・藻場生態系内の物質フローと生態系の評価, 2014年, 5, 調査報告書, 共著, J, 西嶋 渉・奥田哲士・中井智司・山本民次・佐々木晶子・陸田秀実・中野陽一・藤井貴敏・田尾博明・鈴村昌弘・左山幹雄・釣島修夫・中里哲也・長尾正之・谷本照己・高橋 暁, 103, 103
  3. 2012年06月, 森と海をむすぶ川, 京都大学学術出版会, 2012年, 6, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 4.88E+09, 24
  4. 2012年09月, 地球と宇宙の化学事典, 朝倉書店, 2012年, 9, 単行本(学術書), 共著, 日本語
  5. 2012年08月31日, 平成23年度JFEと広島大学の包括協定に基づく報告書, 製鋼スラグの硫化物固定効果の実験的検証, 2012年, 8, 調査報告書, 共著, 日本語, 山本民次・宮田康人・林 明夫・藪田和哉, 23, 23
  6. 2011年11月, 生命・食・環境のサイエンス, 共立出版, 2011年, 11, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 4
  7. 2011年03月, 平成22年度広島湾の環境修復技術の研究業務報告書, 2011年, 3, 調査報告書, 共著, 日本語, 日比野忠史・山本民次
  8. 2011年03月25日, 製鋼スラグによる海域環境改善に関する基礎研究, 2011年, 3, 調査報告書, 共著, 日本語, 山本民次, 35, 35
  9. 2010年03月, 私たちの「食の安全・安心」と環境問題, 広大生物圏出版会, 2010年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 26
  10. 2010年12月, 「里海」としての沿岸域の新たな利用, 恒星社厚生閣, 2010年, 12, その他, 編著, 日本語, 4769912374, 154, 50
  11. 2010年03月, 平成21年度江田島湾におけるかき養殖漁場環境改善に関する研究報告書(平成19-21年度3カ年のまとめ), 2010年, 3, 調査報告書, 共著, 日本語, 山本民次・陸田秀実・土井康明・橋本俊也, 32, 32
  12. 2010年03月, 平成21年度広島湾の環境修復技術の研究業務報告書, 2010年, 3, 調査報告書, 共著, 日本語, 日比野忠史・山本民次
  13. 2009年03月, 大学新入学生に勧める101冊の本, 岩波書店, 2009年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 2
  14. 2008年03月, 森・里・海のつながりと沿岸域の生物生産, 恒星社厚生閣, 2008年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 15
  15. 2008年03月, 海洋プランクトン生態学, 成山堂書店, 2008年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 334, 24
  16. 2008年04月, 瀬戸内海の底質環境, 恒星社厚生閣, 2008年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 15
  17. 2008年06月, 川と海-流域圏の科学-, 築地書館, 2008年, 6, その他, 共著, 日本語, 4806713708, 304, 50
  18. 2008年03月, 物質循環から見た生物浄化機能による評価技術, 鉄鋼スラグ水和固化体による直立護岸用環境修復技術の開発, 2008年, 3, 調査報告書, 共著, 日本語, 山本民次, 11, 11
  19. 2008年03月, 微小藻類による大気中二酸化炭素固定化技術における製鋼スラグの活用, 2008年, 3, 調査報告書, 共著, 日本語, 山本民次, 12, 12
  20. 2007年09月, 閉鎖性海域の環境再生, 恒星社厚生閣, 2007年, 9, その他, 共著, 日本語, 9784769910, 163
  21. 2007年09月, 新奇有毒プランクトンGymnodinium catenatumの発生機構の解明, 2007年, 9, 調査報告書, 共著, 日本語, 山本民次, 65, 65
  22. 2006年02月, 水圏生態系の物質循環, 翻訳, 恒星社厚生閣, 2006年, 2, 単行本(学術書), 単訳, 日本語, 259, 259
  23. 2006年03月, 養殖海域の環境収容力, 恒星社厚生閣, 2006年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 4769910398, 141, 19
  24. 2006年03月, 物質循環から見た生物浄化機能による評価技術, 鉄鋼スラグ水和固化体による直立護岸用環境修復技術の開発, 2006年, 3, 調査報告書, 共著, 日本語, 山本民次, 13, 13
  25. 2005年03月, Progress in Aquatic Ecosystem Research, NOVA Science Publishers= Inc., 2005年, 3, 単行本(学術書), 共著, English, yamamoto t. a.kubo t.hashimoto y.nishii 山本 民次, 1594543836, 225, 22
  26. 2004年01月, Red Tides, Terra Scientific Pub. Co., 2004年, 1, 単行本(学術書), 共著, English, t.okaichi ed. 山本 民次, 17
  27. 2004年, 私たちの生活と環境-環境修復・改善にどう取り組むか-, 広大生物圏出版会, 2004年, 教科書, 共著, 日本語, 21
  28. 2003年, 地球環境調査事典, フジテクノシステム, 2003年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 竹内均, 8
  29. 2003年07月, 製鋼スラグを栄養源として利用した海洋植物プランクトン増殖によるCO2固定化研究会最終報告書, 製鋼スラグからのりん,珪素の溶出とそれらが植物プランクトン自然群集の増殖に及ぼす影響, 2003年, 7, 調査報告書, 共著, 日本語, 山本民次・鈴木雅巳・呉 碩津・松田 治, 8, 8
  30. 2002年04月, 水圏の生物生産と光合成, 翻訳, 恒星社厚生閣, 2002年, 4, 事典・辞書, 単訳, 日本語, 4769909624, 387, 387
  31. 2001年, 海と大地の恵みのサイエンス, 共立出版, 2001年, 教科書, 共著, 日本語, 4
  32. 2001年, 海と環境, 講談社サイエンティフィク, 2001年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 10
  33. 2001年04月, 平成12年度国庫補助事業廃棄物の高度再資源化処理技術等の調査・検討事業報告書, 海域における富栄養化の現状, 2001年, 4, 調査報告書, 共著, 日本語, 山本民次, 9, 9
  34. 2000年, 有害・有毒赤潮の発生と予知・防除, 日本水産資源保護協会, 2000年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 27
  35. 1999年04月, 広島湾の持続的カキ養殖における浄化能力の評価, 1999年, 4, 調査報告書, 共著, 日本語, 松田 治・山本民次・橋本俊也, 50, 50
  36. 1998年, 沿岸の環境圏.(共著), フジテクノシステム, 1998年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 31
  37. 1998年04月, マガキによるN, Pの除去機能に注目した広島湾の環境保全と持続的生産に関する研究, 1998年, 4, 調査報告書, 共著, 日本語, 松田 治・上 真一・山本民次・橋本俊也
  38. 1998年04月, 広島湾の持続的カキ養殖における浄化能力の評価, 1998年, 4, 調査報告書, 共著, 日本語, 松田 治・山本民次・橋本俊也, 26, 26
  39. 1997年, Sustainable Development in the Seto Inland Sea, Terra Scientific Pub. Co., 1997年, 単行本(学術書), 共著, English, 42
  40. 1996年06月, 瀬戸内海の生物資源と環境, 恒星社厚生閣, 1996年, 6, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 4769908261, 272, 5
  41. 1994年04月, 非定常連続培養法による有害植物プランクトンの環境応答に関する研究, 1994年, 4, 調査報告書, 共著, 日本語, 山本民次・松田 治, 34, 34
  42. 1993年, 生物環境と情報, 共立出版, 1993年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 10
  43. 1991年04月, 伊勢湾珪藻赤潮広域共同調査結果の総合解析, 1991年, 4, 調査報告書, 共著, 日本語, 瀬古準之介・福西正生・水谷幸一・山本民次・石田基雄・内山正人・藤村裕子・加地 靖, 172, 172
  44. 1989年, 生物海洋学-低次食段階輪(共著), 恒星社厚生閣, 1989年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 21
  45. 1989年, Red Tides - Biology, Environmental Science, and Toxicology, Elsevier Publishing, 1989年, 単行本(学術書), 共著, English, 山本 民次, 5
  46. 1989年04月, 昭和63年度科学研究費補助金(一般研究A)研究成果報告書, パッチを単位とする海洋動植物プランクトンの相互関係の研究, 1989年, 4, 調査報告書, 共著, 日本語, 谷口 旭・西沢 敏・中村恵江・藤田直二・佐々木洋・石井晴人・服部 寛・山本民次・岩松道雄・鈴木利一, 41, 41
  47. 1989年04月, 愛知県沿岸域の主要海藻の植生とその利用, 愛知水試業績Bしゅう, 1989年, 4, 調査報告書, 共著, 日本語, 阿知波英明・石元伸一・山本民次・小山舜二・中村富夫・藤崎洸右, 47, 47
  48. 1988年, 21世紀の漁業と水産海洋研究, 恒星社厚生閣, 1988年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 谷口 旭, 9
  49. 1988年04月, 重要貝類毒化対策事業(広域分布調査昭和58~62年度5カ年のまとめ), 1988年, 4, 調査報告書, 共著, 日本語, 土屋晴彦・瀬古幸郎・山本民次・宮本淳司, 14, 14
  50. 1987年04月, 知多半島沿岸漁場調査--昭和41年度より60年度までの20年間のまとめ, 愛知水試業績Bしゅう, 1987年, 4, 調査報告書, 共訳, 日本語, 阿知波英明・山本民次・中村富夫・藤崎洸右, 42, 42
  51. 2016年04月06日, 二枚貝増産のための革新的環境改善技術体系の確立, 二枚貝増産のための革新的環境改善技術体系の確立, 二枚貝, 2016年, 04, 調査報告書, 単著, J, 山本民次, 47
  52. 2017年03月25日, 実海域におけるHiビーズの環境改善メカニズムに関する研究, 実海域におけるHiビーズの環境改善メカニズムに関する研究, 2017年, 3, 調査報告書, 単著, J, 山本民次, 27, 27
  53. 2017年03月31日, スラグ浅場造成後に形成される生態系の機能に関する研究, スラグ浅場造成後に形成される生態系の機能に関する研究, 2017年, 3, 調査報告書, 共著, J, 山本民次・宮田康人, 20, 20

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 人工藻場に新たに形成された生態系の水産的価値の評価の試み, 山本民次, 平成28年度日本水産学会秋季大会, 2016年09月09日, 通常, 日本語, 日本水産学会, 奈良市
  2. Application of steel-making slag for seaweed growth, Rohman, T. N., T. Yamamoto and K. Takeda, 平成28年度日本水産学会秋季大会, 2016年09月09日, 通常, 英語, 日本水産学会, 奈良
  3. Designing an effective action plan for sustainable local resources and the coastal environment: A case study of Mitsu Bay, Hiroshima, Japan, Yamamoto, T., S. Tateno, K. Hata, K. Mizushima, Y. Goda, S. Takahashi, K. Tarutani, H. Saito and T. Tanimoto, EMECS11 SeaCoasts XXVI Joint Conference, 2016年08月24日, 通常, 英語, EMECS, St. Petersburg, Russia
  4. 海を畑として使う, 山本民次, 広島市カキ養殖漁業者研修会, 2016年06月18日, 招待, 日本語, 広島市カキ養殖漁業者研修会, 広島
  5. Field experiments on suppression of hydrogen sulfide in silty sediments using steelmaking slag, Miyata, Y., T. Yamamoto, A. Hayashi, K. Takahashi, K. Watanabe and N. Urabe, 5th International Conference on Process Development in Iron and Steelmaking (SCANMET V), 2016年06月14日, 通常, 英語, SCANMET, Lulea, Sweden
  6. アサリ復活漁業者模索, 山本民次, フロントライン/備後,中国新聞, 2016年04月10日, 招待, 日本語, 中国新聞
  7. 干潟施肥によるアサリ増殖の試み, 伊藤友也, 山本民次・中川 光・中原真哉・平岡喜代典・大道優平・清田忠志・若本洋三, 平成28年度日本水産学会春季大会, 2016年03月28日, 通常, 日本語, 日本水産学会, 東京都
  8. 施肥によるカキ増殖の試み, 石田総和, 山本民次・中川 光・三瓶 真・陸田秀実・中原真哉・平岡喜代典・大道優平・小林陽介・横山信昭, 平成28年度日本水産学会春季大会, 2016年03月28日, 通常, 日本語, 日本水産学会, 東京都
  9. 瀬戸内海の貧栄養化の過程と水産業への影響, 山本民次, 日本水産学会水産環境保全委員会シンポジウム, 2016年03月26日, 通常, 日本語, 日本水産学会水産環境保全委員会, 東京
  10. 二枚貝増産のための施肥技術体系確立の試み(攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業)について, 山本民次, 中原真哉・平岡喜代典, 日本水産学会水産環境保全委員会シンポジウム, 2016年03月26日, 通常, 日本語, 日本水産学会水産環境保全委員会, 東京
  11. 神龍湖の水質悪化の原因と考えられる対策について, 山本民次, 帝釈川貯水池水質改善対策検討準備会, 2016年03月11日, 招待, 日本語, 帝釈川貯水池水質改善対策検討準備会, 広島市
  12. 二枚貝増産のための革新的環境改善技術体系の確立, 山本民次, 「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」のうち「産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立」における体系別検討会, 2016年03月07日, 通常, 日本語, 農林水産省, 東京
  13. カキ殻リサイクル材のアサリ育成資材としての検討・評価, 山田 寛, 森岡竜二・大塚善久・西村和之・崎田省吾・山本民次・米田輝隆・谷迫淳二・中山雄三, 平成27年度循環型社会形成推進機構最終報告会, 2016年03月02日, 通常, 日本語, 広島県循環型社会形成推進機構, 広島市
  14. 豊かな海の創生-私の提言, 山本民次, 平成27年度県立総合技術研究所水産海洋技術センター研究成果発表会, 2016年02月03日, 招待, 日本語, 広島県立総合技術研究所水産海洋技術センター, 広島市
  15. 窪地内のFe, P, S循環のモデル化, 山本民次, 中海の水質及び流動会議, 2016年01月29日, 通常, 日本語, 中海の水質及び流動会議, 松江
  16. 鉄鋼スラグを用いた新たな底質改善材の開発, 山本民次, 浅岡 聡, 広島大学新技術説明会, 2015年12月07日, 招待, 日本語, 広島大学, 広島市
  17. 窪地内のFe, P, S循環のモデル化, 山本民次, 中海自然再生推進会議, 2015年11月29日, 通常, 日本語, 中海自然再生推進会議, 松江
  18. 失われる豊かな海~瀬戸内海で起こる異変~, 山本民次, NHKおはよう日本, 2015年10月25日, 招待, 日本語, NHK
  19. 複雑系としての生態系をどうとらえるか, 山本民次, 平成27年度瀬戸内海環境保全トレーニングプログラム, 2015年10月, 招待, 日本語, 瀬戸内海環境保全協会, 岡山
  20. 失われる豊かな海~瀬戸内海で起こる異変~, 山本民次, 四国羅針盤, 2015年09月18日, 招待, 日本語, NHK四国
  21. 豊かな海の創生に向けて, 山本民次, 瀬戸内海について語り合う集い, 2015年08月18日, 招待, 日本語, 広島県環境部, 福山市
  22. 中海底泥近傍でのFePSMnO循環のモデル化, 中原駿介, 山本民次・桑原智之・樋野和俊・安野孝生, 平成27年度日本沿岸域学会研究討論会, 2015年07月18日, 通常, 日本語, 日本沿岸域学会, 水戸市
  23. 太田川-広島湾流域圏の溶存鉄と生物生産, 山本民次, 平成29年度日本水産学会春季大会シンポジウム,森川里海のつながりを科学で説明できるか?, 2017年03月26日, 招待, 日本語, 日本水産学会, 東京
  24. カキ殻リサイクル材のアサリ育成資材としての検討・評価, 山田 寛, 森岡竜二・矢田辺真吾・西村和之・崎田省吾・山本民次・米田輝隆・谷迫淳二, 平成28年度循環型社会形成推進強化事業成果発表会, 2017年03月21日, 通常, 日本語, 広島県循環型社会形成推進機構, 広島市
  25. Applicatin of fertilizer to enhance cultured oyster growth, Yamamoto, T., S. Ishida, S. Nakahara, K. Hiraoka, Y. Omichi and H. Mutsuda, International Conference on Marine Science and Aquaculture, New Frontier in Sustainable Marine Bioresouorces, 2017年03月14日, 通常, 英語, University of Malaysia Sabah, Kota Kinabalu, Indonesia
  26. Application of steel-making slag for Nori growth, Rohman, T. N., T. Yamamoto, K. Takeda, S. Hironaka and Y. Hirao, International Conference on Marine Science and Aquaculture, New Frontier in Sustainable Marine Bioresouorces, 2017年03月14日, 通常, 英語, University of Malaysia Sabah, Kota Kinabalu, Indonesia
  27. 施肥によるアサリの増殖促進と数値モデルによる評価, 山本民次, 伊藤友也・中原真哉・平岡喜代典・大道優平, あさり勉強会, 2016年12月22日, 通常, 日本語, 鳥羽光晴, 東京都
  28. 施肥によるアサリ生産増大の可能性, 山本民次, 第17回広島湾研究集会,干潟生態系の保全・再生・創出, 2016年12月16日, 招待, 日本語, 水産海洋学会, 広島市
  29. 瀬戸内海の貧栄養化問題について, 山本民次, 瀬戸内海の環境と水産―「せとうち」の海の幸は守れるか? 船舶海洋工学会海洋教育委員会海洋教育フォーラム, 2016年12月10日, 招待, 日本語, 船舶海洋工学会海洋教育委員会, 広島市
  30. カキ殻リサイクル材のアサリ育成資材としての検討・評価, 山田 寛, 森岡竜二・大塚善久・西村和之・崎田省吾・山本民次・米田輝隆・谷迫淳二・中山雄三, 平成28年度循環型社会形成推進機構中間報告会, 2016年12月02日, 通常, 日本語, 広島県循環型社会形成推進機構, 広島市
  31. 食物網解析モデルによる人工藻場造成にともなう漁業的価値評価の試み, 山本民次・宮田康人, 山本民次・宮田康人, 2016年度水産海洋学会研究発表大会, 2016年11月26日, 通常, 日本語, 水産海洋学会, 東京
  32. 鉄鋼スラグ等を用いた新たな底質改善材の開発, 山本民次, 東広島市産学金官マッチングイベント2016, 2016年11月15日, 招待, 日本語, 東広島市産学金官マッチングイベント2016, 東広島市
  33. 中海の生態系保全を考える, 山本民次, 美しい中海を守る住民会議, 2016年11月13日, 招待, 日本語, 美しい中海を守る住民会議, 米子市
  34. 数値モデルによる人工藻場の供給サービス(漁業的価値)に関する評価の試み, 山本民次, 平成28年度日本水産学会中四国支部ミニシンポジウム「瀬戸内海の漁業資源のいまとこれから」, 2016年10月23日, 招待, 日本語, 日本水産学会中四国支部会, 東広島市
  35. 中海浚渫窪地内の環境改善に関する研究, 米岡真実・山本民次・及川隆仁, 米岡真実・山本民次・及川隆仁, 日本水産学会中国・四国支部例会, 2016年10月22日, 通常, 日本語, 日本水産学会, 東広島
  36. 海域用固形肥料の開発, 平尾優介・山本民次, 平尾優介・山本民次, 日本水産学会中国・四国支部例会, 2016年10月22日, 通常, 日本語, 日本水産学会, 東広島
  37. Oyster competitors in Hiroshima Bay: Development of prey-predator numerical model, Wahyudin Putrasasmita; Tamiji Yamamoto, Wahyudin Putrasasmita; Tamiji Yamamoto, 日本水産学会中国・四国支部例会, 2016年10月22日, 通常, 英語, 日本水産学会, 東広島市
  38. ダム湖におけるアオコ発生に関して, 山本民次, 応用生態工学会・土木学会ジョイントシンポジウム「ダム貯水池の水環境に関する現状と将来」, 2016年10月14日, 招待, 日本語, 応用生態工学会・土木学会, 広島市
  39. Modelling of phosphorus and nitrogen cyclings in the estuarine ecosystem of Hiroshima Bay., Kittiwanich, J., T. Yamamoto and T. Hashimoto, Estuarine and Coastal Sciences Association 41st International Conference (ESCA41), 2016年10月07日, 通常, 英語, Estuarine and Coastal Sciences Association, Venezia, Italy
  40. アサリ増殖のために開発した施肥材の効果について, 中原真哉・大道優平・平岡喜代典・山本民次, 中原真哉・大道優平・平岡喜代典・山本民次, 第19回日本水環境学会シンポジウム, 2016年09月14日, 通常, 日本語, 日本水環境学会, 秋田市
  41. 間伐材魚礁を通した里山・里海生態系サービスの向上, 山本民次, 第3回流域環境平和学WS, 2016年09月14日, 招待, 日本語, 東広島
  42. 中海窪地修復のための石炭灰造粒物の施工の効果について, 山本民次, 桑原智之・岡田佳祐・中原駿介・中野陽一・藤井貴敏・伊達勇介・青木 薫・小田耕平・樋野和俊・安野孝生, 平成27年度日本沿岸域学会研究討論会, 2015年07月18日, 通常, 日本語, 日本沿岸域学会, 水戸市
  43. 二枚貝増産のための革新的環境改善技術の確立, 山本民次, 「二枚貝増産のための革新的環境改善技術の確立」普及勉強会, 2015年07月14日, 通常, 日本語, 国産二枚貝を増やす会, 東広島
  44. 瀬戸内海研究:次期プロジェクトの提案, 山本民次, 陸域環境研究会, 2015年07月11日, 通常, 日本語, 陸域環境研究会, 東広島
  45. 沿岸生態系のしくみと改善, 山本民次, 佐賀県有明海漁協青年部第9回夏期リーダー研修会, 2015年07月08日, 招待, 日本語, 佐賀県有明海漁協青年部第9回夏期リーダー研修会, 佐賀市
  46. イワシ大不漁の謎, 山本民次, NHKおはよう日本., 2015年07月03日, 招待, 日本語, NHK
  47. 「畑」としての沿岸生態系の管理, 山本民次, 有明海漁協支所運営委員研修会, 2015年07月, 招待, 日本語, 有明海漁協支所運営委員研修会, 武雄市
  48. イワシ大不漁の謎, 山本民次, ゆう6かがわ, 2015年06月25日, 招待, 日本語, NHK四国
  49. リンが制御する生物生産~瀬戸内海の例~, 山本民次, 陸域環境研究会, 2015年06月05日, 通常, 日本語, 陸域環境研究会, 東広島
  50. きれいな海から豊かな海へ, 山本民次, あけぼの漁具協会研修会, 2015年06月, 通常, 日本語, あけぼの漁具協会, 熱海
  51. 貝類増産のための施肥具の改良~実用的施肥具への改良~, 小林陽介, 横山信昭・山本民次・中原真哉・平岡喜代典・大道優平・清田忠志, 平成27年度日本水産工学会学術講演会, 2015年05月30日, 通常, 日本語, 日本水産工学会, 長崎市
  52. 施肥材によるカキ増産の効果と適正施肥量の見積もり, 山本民次, 中原真哉・平岡喜代典・大道優平・清田忠志・横山信昭, 平成27年度日本水産工学会学術講演会, 2015年05月30日, 通常, 日本語, 度日本水産工学会, 長崎
  53. 鉄溶出施肥材を用いた瀬戸内海2箇所でのカキ生産促進効果の検討, 中原真哉, 大道優平・平岡喜代典・清田忠志・横山信昭・石田総和・山本民次, 平成27年度日本水産工学会学術講演会, 2015年05月30日, 通常, 日本語, 日本水産工学会学, 長崎
  54. 鉄と湧水:沿岸海域生態系の物質循環で無視されてきたこと, 山本民次, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015年05月26日, 招待, 日本語, 日本地球惑星科学連合, 東京
  55. 循環型社会におけるカキ養殖, 山本民次, 中国火薬研修会, 2015年05月, 通常, 日本語, 中国火薬研修会, 江田島
  56. Modelling the algal blooms triggered by oxygen depletion in a dam reservoir, 2015年04月13日, 通常, 日本語
  57. 鉄鋼スラグによる硫化水素抑制技術, 宮田康人, 山本民次・林 明夫・卜部憲登, 第49回日本水環境学会年会, 2015年03月16日, 通常, 日本語
  58. 製鋼スラグの物理的・化学的違いによる海藻着生への影響, 杉本憲司, 中野陽一・高濱?盛・山本民次・土田 孝・関根雅彦・岡田光正, 第49回日本水環境学会年会, 2015年03月16日, 通常, 日本語
  59. 森・川・里・海からなる「流域圏」の環境再生をめざして, 山本民次, 山口県瀬戸内海環境保全協会平成26年度水質保全研修会, 2015年03月, 招待, 日本語
  60. 瀬戸内海の貧栄養化と生態系構造の変化をどう見るか, 山本民次, 第15回広島湾研究集会, 2014年12月, 招待, 日本語
  61. 製鋼スラグを用いた岩礁性藻場生育基盤の造成, 杉本憲司, 中野陽一・高濱?盛・山本民次・土田 孝・関根雅彦・岡田光正, 第61回海岸工学講演会, 2014年11月12日, 通常, 日本語
  62. 瀬戸内海の貧栄養化と漁業復活のための対策, 山本民次, 広島県漁業共済組合新運動推進会議, 2014年11月, 招待, 日本語
  63. 今後の閉鎖性海域での水産業のあり方, 山本民次, NPO法人有明海再生機構シンポジウム, 2014年11月, 招待, 日本語
  64. 帝釈峡神龍湖の環境変化について, 山本民次, 社会連携研究最終報告会, 2014年10月24日, 通常, 日本語
  65. 沿岸地下水におけるリンのホットスポットに関する研究, 福岡正人・小野寺真一・齋藤光代・清水裕太・金 広哲・佐藤高晴・山本民次・北岡豪一・大久保賢治・早川 敦・宮岡邦任, 2014年度日本水文科学会, 2014年10月04日, 通常, 日本語
  66. 岩礁性藻場生育基盤材料として使用される鉄鋼スラグの水域での影響, 杉本憲司, 高濱?盛・中野陽一・山本民次・土田 孝・関根雅彦・岡田光正, 第25回廃棄物資源循環学会研究会, 2014年09月15日, 通常, 日本語
  67. 製鋼スラグによる岩礁性藻場生育基盤の造成と海藻遷移, 杉本憲司, 中野陽一・高濱?盛・山本民次・土田 孝・関根雅彦・岡田光正, 第17回日本水環境学会シンポジウム, 2014年09月08日, 通常, 日本語
  68. 貧栄養化と貧酸素-水と泥のつながり, 山本民次, 平成26年度瀬戸内海環境保全トレーニングプログラム, 2014年09月, 招待, 日本語
  69. 瀬戸内海の水底質環境と生態系修復技術, 山本民次, 第32回大学等環境安全協議会, 2014年07月24日, 招待, 日本語
  70. 水域の貧栄養化と生態系の応答~瀬戸内海の例から宍道湖・中海の今後を考える~, 山本民次, 中海自然再生協議会, 2014年07月, 招待, 日本語
  71. カキ殻の化学的性状を活用した底生生態系の回復について, 山本民次, 貝殻利用研究会, 2014年06月, 招待, 日本語
  72. Application of granulated coal ash pile for remediation of muddy tidal flat., 2014年05月12日, 通常, 英語, ECSA54
  73. Dissolved iron concentration along the basin of the Ohta River-Hiroshima Bay estuary, Japan., Yamamoto, T., S. Ishida and K. Takeda, ECSA54 Coastal systems under change: tuning assessment and management tools, 2014年05月12日, 通常, 英語, ECSA54, Sesimbra, Portugal
  74. 人工干潟造成に関する基礎研究Ⅱ:有機泥と製鋼スラグを用いた人工干潟での藻類の発生, 山本民次, 木場恭平・西嶋 渉, 日本水産学会, 2014年03月30日, 通常, 日本語
  75. Remediation of coastal sediments using granulated coal ash., 2013年10月30日, 通常, 英語
  76. Responses of the Hiroshima Bay ecosystem to inputs., 2013年10月30日, 通常, 英語, EMECS, Marmaris, Turkey
  77. Impact of steel slag on benthic community under semi-artificial environment., 2013年10月07日, 通常, 英語
  78. Mechanisms of hydrogen sulfide oxidation by steelmaking slag., Okada, K., K. H. Kim, T. Yamamoto and S. Hayakawa, The 17th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 2013年02月28日, 通常, 英語, Hiroshima University, 広島
  79. Field experiments on removing hydrogen sulfide in coastal marine sediments using granulated coal ash., Yamamoto, T., K. H. Kim, K. Shirono, S. Asaoka, I. Yoshioka and K. Hino, ECSA 50, 2012年60月, 通常, 英語, ECSA, Venice, Italy
  80. Removal of hydrogen sulfide using steelmaking slag., Okada, K., T. Watanabe, T. Yamamoto, K.H. Kim, S. Asaoka, A. Hayashi, S. Hayakawa, K. Takeda and Y. Miyata, 4th IWA Young Water Professional Conference 2012, 2012年12月08日, 通常, 英語, International Water Association, Tokyo
  81. Remediation of eutrophic sediments using industrial byproducts., Asaoka, S., T. Yamamoto and H. Okamura, 4th IWA Young Water Professional Conference 2012, 2012年12月08日, 通常, 英語, International Water Association, Tokyo, Japan
  82. A field experiment of sulfide reduction using steelmaking slag., Miyata, Y., M. Kuwayama, A. Hayashi, T. Yamamoto and N. Urabe, 8th Global Slag Conference and Exhibition 2012, 2012年11月12日, 通常, 英語, Global Slag, Las Vegas, USA
  83. Estimation of phosphorus content in the sea bottom sediment of Hiroshima Bay, Japan., Yamamoto, T., K.H. Kim, S. Asaoka and H. Yamamoto, 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting,, 2012年07月09日, 通常, 英語, American Society of Limnology and Oceanography, Ohtsu, Japan
  84. Revisiting cultural oligotrophication in the Seto Inland Sea of Japan., Yamamoto, T., O. Kawaguchi and A. Wanishi, ECSA50, 2012年06月06日, 通常, 英語, ECSA, Venice, Italy
  85. Effects of silicate elution from hardened fly ash to natural marine environment., Saito, T., T. Yamamoto, T. Imaoka, K. Hino and T. Hibino, ECSA 50, 2012年06月05日, 通常, 英語, ECSA, Venice, Italy
  86. Growth enhancement of benthic microalgae by nutrients and iron dissolution from steel making slag., Ishii, M., T. Yamamoto, 2011 Joint International Symposium between Pukyong National University and Hiroshima University, 2011年10月06日, 通常, 英語, Hiroshima University,, Hiroshima, Japan
  87. Field experiments of restoring a muddy tidal flat using recycled oyster shells., Yamamoto, T., 2011 Joint International Symposium between Pukyong National University and Hiroshima University,, 2011年10月06日, 招待, 英語, Hiroshima University, Hiroshima, Japan
  88. Remediation of muddy tidal flat sediments using hot air dried crushed oyster shells., Yamamoto, T., S. Kondo, K. H. Kim, S. Asaoka, H. Yamamoto, M. Tokuoka and T. Hibino, The 4th IWA-ASPIRE Conference and Exhibition, 2011年10月05日, 通常, 英語, IWA-ASPIRE, Tokyo, Japan
  89. 熱風乾燥牡蠣殻片への底泥間隙水中の硫化物イオンの吸着機構, 浅岡 聡, 山本民次, 日本沿岸域学会, 2011年09月12日, 通常, 日本語
  90. 産業系リサイクル材による広島湾奥部海域の貧酸素水塊抑制効果に関する数値モデル解析, 山本裕規, 高橋 俊之・三戸 勇吾・浅岡 聡・金キョンヘ・山本民次, 日本沿岸域学会, 2011年09月12日, 通常, 日本語
  91. 製鋼スラグからの栄養塩および鉄の溶出と付着微細藻類増殖促進に関する研究, 石井瑞希, 山本民次・中原敬之・竹田一彦・浅岡 聡., 日本沿岸域学会, 2011年09月12日, 通常, 日本語
  92. 広島湾底泥中のリン含量の推算, 山本民次, 折本かおり,金キョンヘ,浅岡 聡,山本裕規,城野圭太,石井瑞希, 日本沿岸域学会, 2011年09月12日, 通常, 日本語
  93. 広島湾底泥中の硫化物量について, 山本民次, 折本かおり・山本裕規・金キョンヘ・浅岡 聡・城野圭太・石井瑞希, 日本沿岸域学会, 2011年09月12日, 通常, 日本語
  94. 底質改善材としての石炭灰造粒物に吸着した硫化物イオンの化学形態, 浅岡 聡, 山本民次・K. H. Kim・竹田一彦・早川慎二郎, 水環境学会, 2011年09月, 通常, 日本語
  95. Granulated coal ash can effectively adsorb hydrogen sulfide., Asaoka, S., Asaoka, S., T. Yamamoto, S. Hayakawa, K. H. Kim and H. Yamamoto, The 9th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS), 2011年08月29日, 通常, 英語, EMECS, Boltimore, USA
  96. Suppression of phosphate release from coastal sediments using granulated coal ash., Yamamoto, T., Yamamoto, T., K. Harada, K. H. Kim, S. Asaoka and I. Yoshioka, The 9th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS9), 2011年08月29日, 通常, 英語, EMECS, Boltimore, USA
  97. Hydrogen sulfide concentration in pore water of Hiroshima Bay and its suppression technology for maintaining healthy aquaculture activities., Asaoka, S., Asaoka, S., T. Yamamoto, K-H. Kim, H. Yamamoto and K. Orimoto, Intenational Symposium on Advanced Studies by Young Scientists on Environmental Pollution and Ecotoxicology, 2011年08月06日, 招待, 英語, SEAMES, Ehime, Japan
  98. 製鋼スラグ製品を用いた藻場・漁礁マウンドへの生物着生, 宮田康人, 本田秀樹・薮田和哉・林 明夫・山本民次, 第35回海洋開発シンポジウム, 2011年07月01日, 通常, 日本語
  99. 江田島湾のカキ筏配置の季節変動と海水交換率への影響, 陸田秀実, 村上一樹・土井康明・山本民次・川口 修, 第35回海洋開発シンポジウム, 2011年06月30日, 通常, 日本語
  100. 石炭灰造粒物を用いた沿岸域底泥からのリン酸塩溶出の抑制, Kim, K. H., 山本民次・原田啓太・I.C. Lee, 2011年度韓国海洋科学技術協議会共同学術大会, 2011年06月02日, 通常
  101. カキ養殖モデルによる養殖形態別生産および海底負荷の特徴の比較, 川口 修, 若野 真・平田 靖・山本民次・陸田秀実, 日本水産学会, 2011年03月28日, 通常, 日本語
  102. XAFS analysis of calcium peroxide on the surface of peroxidized oyster shell., Asaoka, S., Asaoka, S., T. Yamamoto, Y. Mogi and S. Hayakawa, The 15th Hiroshima International Symposium on Synchrotoron Radiation., 2011年03月03日, 通常, 英語, Hiroshima University, Higashi-Hiroshiima, Japan
  103. 広島湾奥部入江におけるリン収支と貧酸素化のメカニズム, 浅岡 聡, 山本民次・山本裕規, 第32回陸水物理研究会, 2010年11月27日, 通常, 日本語
  104. 瀬戸内海流域での地下水流動及び河川作用を考慮したリン循環の解明とその資源的評価に関する研究, 福岡正人, 小野寺真一・佐藤高晴・山本民次・於保幸正・地下まゆみ・天野敦子・大八木英夫・齋藤光代・浅岡 聡・清水裕太・北岡豪一, 第32回陸水物理研究会, 2010年11月27日, 通常, 日本語
  105. 江田島湾貧酸素水塊形成に関する数値モデルの高度化, 山本民次, 山下淳一・陸田秀実・土井康明・川口 修・平田 靖・若野 真・赤繁 悟, 水産海洋学会, 2010年11月20日, 通常, 日本語
  106. カキ殻片による泥質干潟の環境改善実証実験, 近藤俊祐, 山本民次・山本裕規・浅岡 聡・日比野忠史・徳岡誠人・保光義文, 水産海洋学会, 2010年11月20日, 通常, 日本語
  107. Numerical modeling of the slow-growing, motile harmful alga Gymnodium catenatum in Inokushi Bay, a small inlet in southern Japan., Yamamoto, T., Yamamoto, T. and R. Sakai, PICES-2010“North Pacific Ecosystems Today, and Challenges in Understanding and Forecasting Change”, 2010年10月27日, 招待, 英語, PICES, Portland, U.S.A.
  108. Crushed oyster shell addition is effective in suppressing hydrogen sulfide build-up in anoxic marine sediments., Asaoka, S., Asaoka, S., T. Yamamoto, S. Kondo and S. Hayakawa, Techno-Ocean 2010, 2010年10月15日, 通常, 英語, Techno-Ocean, Kobe, Japan
  109. Activity for restoration of the muddy tidal flat at the innermost Hiroshima Bay., Yamamoto, T., Yamamoto, T., S. Kondo, S. Asaoka, H. Yamamoto, T. Hibino, M. Tokuoka and Y. Yasumitsu, Techno-Ocean 2010, 2010年10月15日, 通常, 英語, Techno-Ocean, Kobe, Japan
  110. 鉄鋼スラグ混合による海域有機泥の改善-1.硫化物濃度抑制とビオトープ形成, 山本民次, 原田啓太, 海洋理工学会, 2010年10月13日, 通常, 日本語
  111. 鉄鋼スラグ混合による海域有機泥の改善-1.数値モデルによるリン循環変化の評価, 山本民次, 原田啓太, 海洋理工学会, 2010年10月13日, 通常, 日本語
  112. 広島湾再生における海田湾と江田島湾の状況比較, 山本民次, 山本裕規・浅岡 聡・日比野忠史, 日本水産学会, 2010年09月24日, 通常, 日本語
  113. カキ殻片による泥質干潟の環境改善に関する研究, 近藤俊祐, 山本民次・山本裕規・浅岡 聡・日比野忠史・徳岡誠人・保光義文, 日本水産学会, 2010年09月24日, 通常, 日本語
  114. Phosphorus mass balance in a highly eutrophic semi-enclosed inlet near a big metropolis: A small inlet can contribute towards particulate organic matter production., Asaoka, S., Asaoka, S. and T. Yamamoto, 6th International Conference on Marine Pollution and Ecotoxicology, 2010年06月01日, 通常, 英語, Elsevier, Hong Kong
  115. Identifying sulfur species for revealing adsorption mechanisms of hydrogen sulfide onto granulated coal ash by XAFS analysis., Asaoka, S., Asaoka, S., Hayakawa, T. Yamamoto and S. Kondo, The 14th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 2010年03月04日, 通常, 英語, Hiroshima University, Higashi-Hiroshima, Japan
  116. Simulation of water quality in Hiroshima Bay using the pelagic-benthic coupling model., Yamamoto, H., Yamamoto, H. and T. Yamamoto, International Symposium on Terrestorial Envirionment. “Research of Watershed Environment ? Past to Future ?“, 2010年02月20日, 通常, 英語, Hiroshima University, Hiroshima, Japan
  117. Estimation of phosphorus budget in a semi-enclosed inlet in northern Hiroshima Bay., Asaoka, S., Asaoka, S. and T. Yamamoto, International Symposium on Terrestorial Envirionment. “Research of Watershed Environment ? Past to Future ?“, 2010年02月20日, 通常, 英語, Hiroshima Univeristy, Hiroshima, Japan
  118. Long-term changes in phosphorus and nitrogen cycles in northern Hiroshima Bay., Yamamoto, T., Yamamoto, T., S. Asaoka and H. Yamamoto, International Symposium on Terrestorial Envirionment. “Research of Watershed Environment ? Past to Future ?“, 2010年02月20日, 通常, 英語, Hiroshima University, Hiroshima, Japan
  119. The Center for Restration of Basin Ecosystem and Environment (CeRBEE), activity center for integrated coastal management, established in Hiroshima University, Japan., Yamamoto, T., Yamamoto, T., S. Asaoka and H. Yamamoto, International Symposium on Integrated Coastal Management for Marine Biodiversity in Asia, 2010年01月14日, 通常, 英語, Kyoto University, Kyoto, Japan
  120. 江田島湾底層の貧酸素水塊形成・消滅に関する数値モデル解析, 山本民次, 山下淳一・陸田秀実・土井康明・平田 靖・川口 修・若野 真, 水産海洋学会, 2009年11月19日, 通常, 日本語
  121. 石炭灰造粒物覆砂による汽水域の環境修復効果, 福間晴美, 日比野忠史・山本民次・斉藤 直, 日本土木学会海岸工学部会, 2009年11月, 通常, 日本語
  122. Effects of culture density on the growth and fecal production of oyster Crassostrea gigas., Yamamoto, T., Yamamoto, T., H. Maeda, O. Matsuda and T. Hashimoto, PICES-2009“Understanding ecosystem dynamics and pursuing ecosystem approaches to management”, 2009年10月24日, 招待, 英語, PICES, Jeju, Korea
  123. 底生付着珪藻数種の光,水温,塩分に対する増殖応答, 姫野沙知子, 山本民次, 日本プランクトン学会, 2009年10月, 通常, 日本語
  124. 石炭灰造粒物による硫化物イオンの除去, 浅岡 聡, 山本民次・早川慎二郎, 日本分析化学会, 2009年09月, 通常, 日本語
  125. 固定化された硫化物イオンの放射光XAFS法による化学状態分析, 早川慎二郎, 浅岡 聡・中村秀明・山本民次・生天目博文・廣川 健, 日本分析化学会, 2009年09月, 通常, 日本語
  126. Adsorption Mechanisms of Hydrogen Sulfide onto Crushed Oyster shell., Kondo, S., Kondo, S., S. Asaoka, T. Yamamoto and S. Hayakawa, The 13th Hiroshima International Symposium on Synchrotoron Radiation, 2009年03月10日, 通常, 英語, Hiroshima University, Higashi-Hiroshima, Japan
  127. Adsprption mechanisms of hydrogen sulfide onto granulated coal ash., Asaoka, S., Asaoka, S., T. Yamamoto and S. Hayakawa, The 13th Hiroshima International Symposium on Synchrotoron Radiation, 2009年03月10日, 通常, 英語, Hiroshima University, Higashi-Hiroshima, Japan
  128. カキ殻片による海水中の硫化物イオンの吸着試験, 近藤俊祐, 浅岡 聡・山本民次, 第43回日本水環境学会, 2009年03月, 通常, 日本語
  129. Effects of phytoplankton vertical migration on the formation of oxygen depleted water in a shallow coastal sea., Haraguchi, K., Haraguchi, K., T. Yamamoto, Y. Shimizu, S. Chiba and M. Nagao, The 8th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS8), 2008年10月28日, 通常, 英語, EMECS, Shanghai, China
  130. Phytoremediation of organically enriched sediment ? Evaluation by a numerical model., Yamamoto, T., Yamamoto, T., O. Kawaguchi, and I. Goto, The 8th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS8), 2008年10月28日, 通常, 英語, EMECS, Shanghai, China
  131. Real-time monitoring of red tide and oxygen deficient water mass formations in Ago Bay, Japan., Haraguchi, K., Haraguchi, K., S. Chiba, Y. Yamagata, T. Yamamoto, T. Masuda, Y. Shimizu, H. Okumura, H. Kokubu and T. Atsumi, 5th World Fisheries Congress, 2008年10月22日, 通常, 英語, Fisheries Society of Japan, Tokyo, Japan
  132. Real-time monitoring of red tide and oxygen deficient water mass formations in Ago Bay, Japan., Haraguchi, K., S. Chiba, Y. Yamagata, T. Yamamoto, T. Masuda, Y. Shimizu, H. Okumura, H. Kokubu and T. Atsumi, Haraguchi, K., S. Chiba, Y. Yamagata, T. Yamamoto, T. Masuda, Y. Shimizu, H. Okumura, H. Kokubu and T. Atsumi, The 5th World Fisheries Congress, Yokohama, Japan, 2008年10月22日, 通常, 英語, Japanese Society of Fisheries Sience, Yokohama, Japan
  133. Deterioration of sediment quality in Hiroshima Bay: Comparison with the neighboring area, Suo Nada., Yamamoto, T., Yamamoto, T., T. Hashimoto, O. Matsuda, O. Kawaguchi, J. Kittiwanich, Md. J.Sarker, K. Haraguchi, S. Asaoka, The 5th World Fisheries Congress, 2008年10月22日, 通常, 英語, Japanese Society of Fisheries Science, Yokohama, Japan
  134. 環境配慮型直立護岸-有機泥と鉄鋼スラグ混合ビオトープ形成による生物浄化効果に関する数値モデル評価, 山本民次, 原田啓太, ELR2008福岡, 2008年09月, 通常, 日本語
  135. 広島湾と周防灘の底質比較, 山本民次, 橋本俊也・松田 治・原口浩一, 2008年度日本海洋学会秋季大会, 2008年09月, 通常, 日本語
  136. 江田島湾における貧酸素水塊発生軽減方策の検討, 山下淳一, 山本民次・橋本俊也・原口浩一, 2008年度日本海洋学会秋季大会, 2008年09月, 通常, 日本語
  137. 懸濁態粒子の粒径分布から見た凝集現象, 笹沼武二, 鷲見栄一・川澄敏治・山本民次, 第42回日本水環境学会, 2008年03月, 通常, 日本語
  138. 生物環境としての浅海域, 山本 民次, 瀬戸内海研究フォーラムin香川,豊かな海と島づくり-里海を守り育てる人と法-, 2007年09月, 招待, 日本語
  139. 閉鎖性海域の環境保全と再生, 山本 民次, 第10回水環境学会シンポジウム,健全な水環境の再生・創造, 2007年09月, 招待, 日本語
  140. 造粒石粉を用いた沿岸底質環境改善材開発のための基礎的研究~栄養塩溶出試験およびSkeletonema costatumの増殖試験~, 山本 民次, 第10回水環境学会シンポジウム,健全な水環境の再生・創造, 2007年09月, 招待, 日本語
  141. 底生微細藻類の増殖に及ぼす光強度の影響, 鈴木雅巳, 山本民次, 日本プランクトン・ベントス合同大会, 2007年09月, 通常, 日本語
  142. 製鋼スラグ添加が海底泥に及ぼす影響, 鈴木雅巳, 山本民次, 日本鉄鋼協会, 2007年09月, 通常, 日本語
  143. 炭素・窒素安定同位体比による閉鎖性海域底生動物の食物源解析, 鈴木雅巳, 山本民次,高井則之, 日本水産学会, 2007年09月, 通常, 日本語
  144. 底生微細藻を用いた浅海域の底質改善の試み, 原口浩一, 山本民次・笹田尚平・石樋由香, 日本水産学会, 2007年09月, 通常, 日本語
  145. 底生微細藻を用いた浅海域の底質改善効果の評価, 原口浩一, 山本民次・笹田尚平, 日本水産学会, 2007年09月, 通常, 日本語
  146. 江田島湾底質中の物質循環に関する研究, 山本民次, 山下淳一, 日本水産学会, 2007年09月, 通常, 日本語
  147. 江田島湾の環境再生ビジョン, 山本 民次, 江田島湾の環境再生を考える, 2007年08月, 招待, 日本語
  148. 江田島湾のカキ養殖と貧酸素水塊形成過程について, 山本 民次, 江田島湾の環境再生を考える, 2007年08月, 招待, 日本語
  149. 人工中層海底(シェルナース)による海底への負荷の削減, 山本 民次, 江田島湾の環境再生を考える,さとうみ・江田島湾再生協議会, 2007年08月, 招待, 日本語
  150. 江田島湾の底質悪化と底生生態系について, 山本 民次, 江田島湾の環境再生を考える, 2007年08月, 招待, 日本語
  151. 瀬戸内海底質からのリン・窒素の溶出, 山本 民次, 九州大学応用力学研究所共同研究集会, 2007年05月, 招待, 日本語
  152. 閉鎖性海域における水産環境保全, 山本 民次, 2007年度水産学会水産環境保全委員会シンポジウム「閉鎖性海域の水産環境保全-何が明らかとなったか,何をすべきか」, 2007年03月, 招待, 日本語
  153. 河川流量の時間変化に対する河口域生態系の応答, 山本 民次, 2007年度水産学会シンポジウム「森,里,川と沿岸域の生物生産」, 2007年03月, 招待, 日本語
  154. 広島湾生態系の保全と管理, 山本 民次, 2007年度水産学会水産環境保全委員会シンポジウム「閉鎖性海域の水産環境保全-何が明らかとなったか,何をすべきか」, 2007年03月, 招待, 日本語
  155. Functional roles of benthic microalgae in Suo Nada, the Seto Inland Sea, Japan., Sarker, M. J., Sarker, M. J., T. Yamamoto and T. Hashimoto, The 136th American Fisheries Society Annual Meeting and Conference, 2006年91月, 通常, 英語, American Fisheries Society, New York, USA
  156. 江田島湾の漁場再生-生態系モデルによる物質収支解析, 山本 民次, 平成18年度九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸海域の低次栄養段階をめぐる物質循環」, 2006年12月, 招待, 日本語
  157. An estimation of net ecosystem metabolism and net denitrification of the Seto Inland Sea, Japan., Yamamoto, T., Yamamoto, T., N. Hiraga, K. Takeshita and T. Hashimoto, International Conference on Ecological Modelling 2006 (ICEM2006), 2006年08月29日, 通常, 英語, Elsevier, Yamaguchi, Japan
  158. Benthic photosynthesis of the euphotic sea floor in Ago Bay, Japan., Haraguchi, K., Haraguchi, K., Y. Shimizu, K. Anggara, A. Gusti., Y. Yamagata, S. Chiba, T. Yamamoto, The 7th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS7), 2006年05月10日, 通常, 英語, EMECS, Caen, France
  159. Application of benthic microalgae for remediation of eutrophic sediments in a semi-enclosed bay., Yamamoto, T., Yamamoto, T., O. Kawaguchi, I. Goto, K. Minagawa, E. Ariyoshi and O. Matsuda, The 7th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS7), 2006年05月10日, 通常, 英語, EMECS, Caen, France
  160. 湾の物質収支から見た適正カキ養殖量の算定., 山本 民次, 水産海洋学会シンポジウム, 2006年04月, 招待, 日本語
  161. 河口循環流と基礎生産., 山本 民次, 沿岸海洋部会シンポジウム, 2006年03月, 招待, 日本語
  162. 微細藻類による酸素補給技術., 山本 民次, 英虞湾の再生を考えるシンポジウム, 2005年11月, 招待, 日本語
  163. 浅海域浮泥のサイズ別測定の試み., 山本 民次, 日本水産学会水産環境保全委員会研究会, 2005年11月, 招待, 日本語
  164. Importance of controlling community structure of living organisms in intensive shrimp culture ponds., Sonsangjinda, P., Sonsangjinda, P., T. Yamamoto, K. Fukami and T. Kaewtawee, The Second Joint Seminar on Coastal Oceanography, 2005年08月25日, 招待, 英語, MEXT, Tokyo, Japan
  165. 瀬戸内海に見られる人為的貧栄養化現象, 山本 民次, 生態工学会主催シンポジウム「森・川・海共生プロジェクト-椹野川流域フォーラム」-, 2005年08月, 招待, 日本語
  166. 環境収容力拡大の試み:陸からの物質流入., 山本 民次, 2004年度日本水産学会水産環境保全委員会シンポジウム, 2005年03月, 招待, 日本語
  167. 「浮遊系-底生系相互作用」研究の重要性., 山本 民次, 日本水産学会環境保全委員会研究会「沿岸海洋生態系を包括的に考える:浮遊生態系と底生生態系の相互作用」., 2004年12月, 招待, 日本語
  168. 広島湾におけるカキの成長及び周辺環境に与える養殖密度の影響., 山本 民次, 平成16年度九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸域の低次栄養段階をめぐる物質循環」, 2004年12月, 招待, 日本語
  169. 周防灘における底質過程の重要性., 山本 民次, 平成16年度九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸域の低次栄養段階をめぐる物質循環」, 2004年12月, 招待, 日本語
  170. 赤潮・貝毒発生予測モデルの有用性と問題点., 山本 民次, 水産庁漁場環境保全関係試験研究推進特別部会, 2004年12月, 招待, 日本語
  171. 瀬戸内海が経験した富栄養化と貧栄養化-フィールドは巨大な実験系-., 山本 民次, 平成16年度日本水産学会中国四国・近畿支部合同大会シンポジウム「瀬戸内海の漁業資源はどうなるのか?-食物連鎖に起きた異変」., 2004年09月, 招待, 日本語
  172. Simultaneous remediation of water and sediment qualities in culturally oligotrophic coastal environments using steel-making slag., Yamamoto, T., The 5th International Symposium (The 43th Annual Conference of Metallurgists of CIM), 2004年08月24日, 招待, 英語, CIM, Hamilton, Canada
  173. 太田川の流量と栄養塩濃度の変化が広島湾生態系に及ぼす影響., 山本 民次, 日本海洋学会2004年度春季大会海洋環境問題シンポジウム「比較流域・沿岸学の試み-河川流量・地形変化・管理を軸として-」., 2004年03月, 招待, 日本語
  174. 「広島大学で何が学べるか-とくに生物生産学部について」, 山本 民次, 兵庫県立芦屋高校進路指導セミナー., 2004年01月, 招待, 日本語
  175. A proposal simulating phytoplankton species changes in shrimp pond by the multi-compartment model., Yamamoto, T., Yamamoto, T., O. Kawaguchi, P. Songsangjinda and K. Fukami, The 1st Joint Seminar on Coastal Oceanography, 2003年12月15日, 通常, 英語, NRCT/JSPS, Chiang Mai, Thailand
  176. 水質の長期変動から見た有明海におけるノリおよび珪藻プランクトンの増殖制限元素の解明., 山本 民次, 平成15年度九州大学応用力学研究所共同研究集会「沿岸域の低次栄養段階をめぐる物質循環」., 2003年12月, 招待, 日本語
  177. ダム建設による沿岸域の水質と生物の応答., 山本 民次, 日本水産学会水産環境保全委員会研究会,河川流,流入土砂および水質の変化にともなう沿岸生態系の応答., 2003年12月, 招待, 日本語
  178. 栄養塩競合から見た赤潮発生とノリの色落ちのメカニズム., 山本 民次, 沿岸海洋環境連絡会議第10回ジョイントシンポジウム「有明海生態系異変原因解明の到達点」., 2003年12月, 招待, 日本語
  179. 底泥境界面における物理・化学・生物過程について., 山本 民次, 水産海洋地域研究集会第6回広島湾研究集会「底質から見た広島湾の現状と持続的漁業生産に向けた改善の試み」., 2003年12月, 招待, 日本語
  180. Proposal for new estuarine ecosystem management by discharge control of dams., Yamamoto, T., Yamamoto, T., K. Tarutani and O. Matsuda, The 6th International Conference on Environmental Management of Enclosed Seas (EMECS6), 2003年11月20日, 通常, 英語, EMECS, Bangkok, Thailand
  181. Uptake kinetics of nitrate, ammonia and phosphate by the novel dinoflagellate Heterocapsa circularisquama isolated from Hiroshima Bay, Japan., Yamamoto, T., Yamamoto, T. and T. Kishigami, The 7th International Conference on Modern and Fossil Dinoflagellates., 2003年09月24日, 通常, 英語, Nagasaki, Japan
  182. Factors causing harmful algal blooms of the novel dinoflagellate species Heterocapsa circularisquama in Hiroshima Bay, Japan., Yamamoto, T., Yamamoto, T., T. Kishigami and O. Kawaguchi, The 7th International Conference on Modern and Fossil Dinoflagellates, 2003年09月23日, 通常, 英語, Nagasaki, Japan
  183. 我が国の沿岸海域における環境問題とその解決策., 山本 民次, 鉄鋼スラグ利用植物プランクトン増殖研究の拡大研究会., 2003年08月, 招待, 日本語
  184. 水中光学の基礎と応用., 山本 民次, アレックテクニカルセミナー, 2003年08月, 招待, 日本語
  185. 製鋼スラグからのりん,珪素の溶出とそれらが植物プランクトン自然群集の増殖に及ぼす影響., 山本 民次, 製鋼スラグを栄養源として利用した海洋植物プランクトン増殖によるCO2固定化研究会最終報告会., 2003年07月, 招待, 日本語
  186. 沿岸モニタリングの必要性に対するコメント-瀬戸内海-., 山本 民次, 2003年度水産海洋シンポジウム「沿岸の環境と生態系に関するモニタリング」., 2003年03月, 招待, 日本語
  187. Relative importance of dissolved organic phosphorus as a supporting nutrient for harmful dinoflagellates blooms in Hiroshima Bay, Japan., Oh, S. J., Oh, S. J. and T. Yamamoto, The 10th International Conference on Harmful Algae, 2002年10月24日, 通常, 英語, Florida, USA
  188. 沿岸環境の保全・管理とノリ養殖., 山本 民次, 第6回沿岸環境関連学会ジョイントシンポジウム「ノリ養殖と沿岸環境」, 2002年03月, 招待, 日本語
  189. 有明海のノリと珪藻の栄養塩競合に及ぼす環境影響の評価., 山本 民次, 平成14年度九州大学応用力学研究所共同研究集会「瀬戸内海の低次栄養段階をめぐる物質循環」., 2002年, 招待, 日本語
  190. 沿岸海洋生態系を数値モデルで表現する-生態系モデルから種間競合モデルへ., 山本 民次, 生物資源学セミナー,福井県立大学, 2001年12月, 招待, 日本語
  191. 瀬戸内海は富栄養か?, 山本 民次, 第3回製鋼スラグを栄養源として利用した海洋植物プランクトン増殖によるCO2固定化研究会中間報告会, 2001年, 招待, 日本語
  192. 太田川河川水中窒素・リン濃度の長期変動と広島湾の生態系に予想される影響および対策., 山本 民次, 第3回広島湾研究集会「海-川-森」., 2000年, 招待, 日本語
  193. 生態系モデルによる広島湾の低次生物生産構造の解明., 山本 民次, 平成12年度九州大学応用力学研究所共同研究集会, 2000年, 招待, 日本語
  194. 広島湾海水中のN, P, Si濃度の長期変動と植物プランクトン種組成の変化., 山本 民次, 第2回製鋼スラグを栄養源として利用した海洋植物プランクトン増殖によるCO2固定化研究会, 2000年, 招待, 日本語
  195. 瀬戸内海における富栄養化と植物プランクトン群集-現況と問題点., 山本 民次, 第1回製鋼スラグを栄養源として利用した海洋植物プランクトン増殖によるCO2固定化研究会, 1999年, 招待, 日本語
  196. 広島湾北部海域における有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseの個体群動態数値モデルの開発., 山本 民次, 平成11年度漁場環境保全研究推進全国会議,赤潮貝毒部会, 1999年, 招待, 日本語
  197. 広島湾の水質と植物プランクトンの変化., 山本 民次, 第2回広島湾研究集会, 1999年, 招待, 日本語
  198. 有毒渦鞭毛藻-麻痺性貝毒原因藻類., 山本 民次, 1998年度日本水産学会秋季大会水産環境保全委員会シンポジウム, 1998年, 招待, 日本語
  199. 二酸化炭素吸収における藻類の役割-沿岸海域の一次生産の重要性-, 山本 民次, 第21回藻類学会公開シンポジウム, 1996年, 招待, 日本語
  200. 閉鎖性海域の富栄養化-瀬戸内海の水底質の現状は?-., 山本 民次, 中国地区大学放送公開講座, 1996年, 招待, 日本語
  201. 底質からの視点., 山本 民次, '96日本生命財団シンポジウム, 1996年, 招待, 日本語
  202. 瀬戸内海に対する窒素・リン流入負荷と水質底質環境., 山本 民次, 関西水圏環境研究機構公開シンポジウム, 1995年, 招待, 日本語
  203. 瀬戸内海の水質底質環境と生物生産., 山本 民次, 広島大学公開講座, 1995年, 招待, 日本語
  204. 潮汐フロント域における一次生産., 山本 民次, 1994年度日本海洋学会秋季大会沿岸海洋部会シンポジウム, 1994年, 招待, 日本語
  205. 沿岸フロントと栄養塩の供給機構., 山本 民次, 1994年度日本海洋学会秋季大会沿岸海洋部会シンポジウム, 1994年, 招待, 日本語
  206. 瀬戸内海の漁業を支える基礎生産の総量., 山本 民次, 瀬戸内海研究フォーラムin香川., 1993年, 招待, 日本語
  207. 孤立暖水塊の動植物プランクトンの分布構造と時間変化., 山本 民次, 第2回暖水塊の物理化学生物過程に関するシンポジウム, 1984年, 招待, 日本語
  208. 前線域における植物プランクトン群集の微細分布構造と潜在活性., 山本 民次, 第1回暖水塊の物理化学生物過程に関するシンポジウム, 1984年, 招待, 日本語

受賞

  1. 2015年07月18日, 日本沿岸域学会賞(出版・文化賞), 日本沿岸域学会, 「海と湖の貧栄養化問題-水清ければ魚棲まず」(地人書館)
  2. 2015年11月10日, 第12回エコプロダクツ大賞(農林水産大臣賞), エコプロダクツ大賞推進協議会, 閉鎖性海域の環境改善に寄与する水・底質浄化資材:マリンストーン
  3. 2012年05月, Marquis Who’s Who人物名鑑掲載, Marquis, Who’s Who人物名鑑掲載
  4. 2011年09月12日, 日本沿岸域学会賞(出版・文化賞), 日本沿岸域学会, 里海としての沿岸域の新たな利用
  5. 2010年03月30日, 水産海洋学会学会賞(宇田賞), 水産海洋学会, 閉鎖性海域における物質循環と環境管理に関する研究
  6. 2009年07月, 日本沿岸域学会賞(出版・文化賞), 日本沿岸域学会, 「川と海-流域圏の科学」(築地書館)
  7. 2008年07月, 日本沿岸域学会賞(出版・文化賞), 日本沿岸域学会, 閉鎖性海域の環境再生
  8. 2004年03月, 日本鉄鋼協会山岡賞, 日本鉄鋼協会, 製鋼スラグを栄養源として利用した海洋植物プランクトン増殖によるCO2固定化に関する研究
  9. 1989年04月, 日本海洋学会岡田賞, 日本海洋学会, 海洋前線域におけるプランクトンの不均一分布に関する研究.
  10. 2016年11月14日, 日本経済新聞社, リサイクル資材「マリンストーン®」を用いた海域環境改善技術

取得

  1. 特許権, 特許4945742, 2012年03月16日, 底質改善材およびそれを用いる底質改善方法
  2. 特許権, 特許5099773, 2012年10月05日, 底質環境改善材およびその利用
  3. 特許権, 特許5257928, 2013年05月02日, 酸素発生材、酸素発生材の製造方法及び環境改善方法
  4. 特許権, 6090665, 2017年/2月/1日, 底質改善・施肥材及びその利用方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 文科省科研費基盤(A), 沿岸地下におけるリンのホットスポット形成とその生物生産に及ぼす影響の定量的評価, 2015年, 2015年
  2. 文科省科研費基盤(A), 沿岸地下におけるリンのホットスポット形成とその生物生産に及ぼす影響の定量的評価, 2014年, 2014年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 北極圏ボーフォート海におけるバイオロジカルカーボンポンプの定量的解明, 2013年, 2015年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 渇水リスク農業地域における持続可能な流域地下水ハイブリッド再利用システムの構築, 2013年, 2015年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 沿岸地下におけるリンのホットスポット形成とその生物生産に及ぼす影響の定量的評価, 2013年, 2015年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 瀬戸内海流域での地下水流動及び河川作用を考慮したリン循環の解明とその資源的評価, 2009年, 2011年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 閉鎖性海域における地層中の窒素動態に及ほ?す地下水-―海水混合作用の影響, 2007年, 2009年
  8. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), 水産生物資源の持続性評価システムの開発, 1999年, 2001年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 抗生物質が底泥中微生物に及ぼす影響のバイオマーカー脂質による評価, 1998年, 2000年
  10. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), マガキによるN,Pの除去機能に注目した広島湾の環境保全と持続的生産に関する研究, 1995年, 1997年
  11. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), 16SrRNAの種および属に特異的な配列を利用する海洋細菌の現場での検出と計数, 1992年, 1993年
  12. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 非定常連続培養法による有害植物プランクトンの環境応答に関する研究, 1992年, 1993年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 簡易漁礁設置魚種調査検討委員会委員, 2017年05月, 2018年03月, (財)広島県環境保健協会
  2. 日本水産学会出版委員会委員, 2017年04月, 2018年02月, 社団法人 日本水産学会
  3. 赤潮・貧酸素水塊対策推進事業瀬戸内海等での有害赤潮発生機構解明と予察・被害防止等技術開発検討会議有識者, 2017年04月, 2018年03月, 国立研究開発法人水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所
  4. 広島県広島港地方港湾審議会委員, 2016年12月, 2018年12月, 広島県
  5. 伊方原子力発電所環境安全管理委員会委員, 2016年11月, 2018年10月, 愛媛県
  6. 伊方原子力発電所環境安全管理委員会環境専門部会委員, 2016年11月, 2018年10月
  7. 太田川再生方針に基づく取組の推進に向けたアユ調査・解析業務総合評価審査委員会特別委員, 2016年08月, 2016年10月, 広島市経済局農林水産部
  8. 環日本海海洋環境検討委員会委員, 2016年07月, 2018年03月, 公益財団法人環日本海環境協力センター
  9. 広島港長期構想検討委員会委員, 2016年07月, 2018年03月, 広島県
  10. 簡易魚礁設置魚種調査検討委員会委員, 2016年05月, 2017年03月, (財)広島県環境保健協会
  11. 赤潮・貧酸素水塊対策推進事業瀬戸内海等での有害赤潮発生機構解明と予察・被害防止等技術開発検討会議有識者, 2016年05月, 2017年03月, 国立研究開発法人水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所
  12. 帝釈川貯水池水質改善対策検討会委員, 2016年04月, 2017年03月, 中国電力(株)
  13. 日本水産学会理事, 2016年04月, 2017年03月, 日本水産学会
  14. 日本水産学会出版委員会委員, 2016年04月, 2017年03月, 社団法人 日本水産学会
  15. 日本水産学会中国四国支部長, 2016年04月, 2018年03月, 日本水産学会
  16. 日本水産学会中国四国支部幹事, 2016年04月, 2018年03月, 日本水産学会
  17. 水産海洋学会事業委員会委員, 2016年04月, 2017年03月, 水産海洋学会
  18. 日本水環境学会湿地・沿岸域研究委員会委員, 2016年04月, 2017年03月, 日本水環境学会
  19. 日本水産学会中四国支部評議員, 2016年04月, 2017年03月, 日本水産学会
  20. 水産海洋学会幹事, 2016年04月, 2017年03月, 水産海洋学会
  21. 日本海洋学会海洋環境問題委員会, 2016年04月, 2017年03月, 日本海洋学会
  22. 広島市工業技術支援アドバイザー, 2016年04月, 2017年03月
  23. 水産環境保全委員会委員, 2016年03月, 2017年02月, 社団法人 日本水産学会
  24. 簡易漁礁設置魚種調査検討委員会委員, 2015年10月, 2016年03月, (財)広島県環境保健協会
  25. 環日本海海洋環境検討委員会委員, 2015年06月, 2016年03月, 公益財団法人環日本海環境協力センター
  26. 日本海洋学会海洋環境問題委員会, 2015年04月, 2016年03月, 日本海洋学会
  27. 水産海洋学会幹事, 2015年04月, 2016年03月, 水産海洋学会
  28. 日本プランクトン学会英文誌編集委員会委員, 2015年04月, 2016年03月, 日本プランクトン学会
  29. 帝釈川貯水池水質改善対策検討会委員, 2015年04月, 2016年03月, 中国電力(株)
  30. 赤潮・貧酸素水塊対策推進事業瀬戸内海等での有害赤潮発生機構解明と予察・被害防止等技術開発検討会議有識者, 2015年04月, 2016年03月, 国立研究開発法人水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所
  31. 日本水産学会中四国支部評議員, 2015年04月, 2016年03月, 日本水産学会中四国支部会
  32. 日本水環境学会湿地・沿岸域研究委員会委員, 2015年04月, 2016年03月, 日本水環境学会
  33. 水産海洋学会事業委員会委員, 2015年04月, 2016年03月, 水産海洋学会
  34. 工業技術支援アドバイザー, 2015年04月, 2016年03月, 公益財団法人広島市産業振興センター
  35. 広島県地方港湾審議会委員, 2015年04月, 2016年03月, 広島県
  36. 中海自然再生協議会WG委員, 2015年04月, 2016年03月, 中海自然再生協議会
  37. 鉄鋼スラグの実海域適用に関する研究会委員, 2015年04月, 2016年03月, (財)沿岸技術研究センター
  38. 沿岸海域栄養塩管理技術開発検討会委員, 2015年04月, 2016年03月, 独立行政法人水産総合研究センター
  39. 貝殻利用研究会有識者委員, 2015年04月, 2016年03月, 全国漁業協同組合連合会
  40. 広島湾再生推進会議アドバイザリーボード委員, 2015年04月, 2016年03月, 国土交通省中国地方整備局
  41. 広島県循環型社会推進機構理事, 2015年04月, 2016年03月, 広島県循環型社会推進機構
  42. 鉄鋼スラグの実海域適用に関する研究会作業部会委員, 2015年04月, 2016年03月, (財)沿岸技術研究センター
  43. 樽床ダム水質改善検討会委員, 2015年04月, 2016年03月, 中国電力
  44. 山口県東部海域藻場造成研究委員会, 2015年04月, 2016年03月, JFEスチール.
  45. 土師ダム水質勉強会委員, 2015年04月, 2016年03月, 中国地方整備局土師ダム管理所
  46. 日本水産学会評議員, 2015年04月, 2017年03月, 水産海洋学会
  47. 水産環境保全委員会委員, 2015年03月, 2016年02月, 社団法人 日本水産学会
  48. 日本水産学会出版委員会委員, 2015年03月, 2015年03月, 社団法人 日本水産学会
  49. 日本水産学会賞選考委員会委員, 2015年03月, 2016年02月, 日本水産学会
  50. 広島県広島港地方港湾審議会委員, 2014年12月, 2016年12月, 広島県
  51. 伊方原子力発電所環境安全管理委員会委員, 2014年11月, 2016年10月, 愛媛県
  52. 伊方原子力発電所環境安全管理委員会環境専門部会委員, 2014年11月, 2016年10月
  53. 鉄鋼スラグ等の実海域適用に関する研究会委員, 2014年10月, 2015年03月, (財)沿岸技術研究センター
  54. 広島県環境影響評価技術審査委員会委員, 2014年08月, 2017年08月, 広島県
  55. 広島県環境影響評価技術審査会委員, 2014年08月, 2015年03月, 広島県
  56. 日本沿岸域学会理事, 2014年08月, 2015年07月, 日本沿岸域学会
  57. 土師ダム水質勉強会委員, 2014年08月, 2015年03月, 中国地方整備局土師ダム管理所
  58. 瀬戸内海区水産研究所赤潮・貧酸素水塊対策推進事業計画検討会議有識者, 2014年05月, 2015年03月, 独立行政法人水産総合研究センター
  59. 日本水産学会中四国支部幹事, 2014年04月, 2016年03月, 日本水産学会中四国支部
  60. 伊方原子力発電所環境安全管理委員会委員及び同委員会環境専門部会委員, 2014年04月, 2015年03月, 愛媛県
  61. 樽床ダム水質改善検討会委員, 2014年04月, 2015年03月, 中国電力
  62. 山口県東部海域藻場造成研究委員会, 2014年04月, 2015年03月, JFEスチール.
  63. 学会賞選考委員会委員, 2014年03月, 2015年02月, 社団法人 日本水産学会
  64. ベルソーブックス委員会委員, 2014年03月, 2015年02月, 社団法人 日本水産学会
  65. 水産環境保全委員会委員, 2014年03月, 2015年02月, 社団法人 日本水産学会
  66. 新成長ビジネス事業化支援事業アドバイザー, 2013年08月, 2014年03月, 広島市
  67. 海域の物質循環健全化計画統括検討委員会委員, 2013年07月, 2014年03月, いであ株式会社
  68. 沿岸海域栄養塩管理技術開発検討会委員, 2013年06月, 2014年03月, 独立行政法人水産総合研究センター
  69. 海域の物質循環健全化計画三津湾地域検討委員会委員長, 2013年06月, 2015年03月, 三洋テクノマリン(株)
  70. 瀬戸内海区水産研究所赤潮・貧酸素水塊対策推進事業計画検討会議有識者, 2013年05月, 2014年03月, 独立行政法人水産総合研究センター
  71. 樽床ダム観光放流水水質改善検討会委員, 2013年04月, 2015年03月, 中国電力(株)
  72. 樽床ダム水質改善検討会委員, 2013年04月, 2014年03月, 中国電力
  73. 山口県東部海域藻場造成研究委員会, 2013年04月, 2014年03月, JFEスチール.
  74. ベルソーブックス委員会委員, 2013年03月, 2014年02月, 社団法人 日本水産学会
  75. 水産環境保全委員会委員, 2013年03月, 2014年02月, 社団法人 日本水産学会
  76. 伊方原子力発電所環境安全管理委員会委員, 2013年02月, 2014年03月, 愛媛県
  77. 広島県広島港地方港湾審議会委員, 2012年11月, 2013年03月, 広島県港湾管理課
  78. 鉄鋼スラグ等の実海域適用に関する研究会委員, 2011年06月, 2012年03月, (財)沿岸技術研究センター
  79. 沿岸海域栄養塩管理技術開発検討会委員, 2010年08月, 2011年03月, 独立行政法人水産総合研究センター
  80. 広島湾再生推進会議アドバイザリーボード委員, 2006年08月, 2017年03月, 国土交通省中国地方整備局
  81. 独立行政法人国立環境研究所客員研究員, 2005年05月, 2015年03月, 独立行政法人国立環境研究所

学術会議等の主催

  1. 第17回広島湾研究集会, 水産海洋学会, 2016年12月, 2016年12月
  2. 第5回水圏環境フォーラム, 水環境フォーラム委員会, 2016年11月, 2016年11月
  3. 平成28年度日本水産学会中国・四国支部例会, 日本水産学会中国・四国支部会, 2016年10月, 2016年10月
  4. 日本水産学会中国・四国支部例会シンポジウム, 日本水産学会中国・四国支部会, 2016年10月, 2016年10月
  5. The 5th International Seminar of the Indonesian Association of Hydrolic Engeneers (HATHI), 科学委員会委員, 2016年04月, 2016年08月
  6. 日本水産学会水産環境保全委員会シンポジウム, 日本水産学会水産環境保全委員会, 2016年03月, 2016年03月
  7. 水産海洋学会第16回広島湾研究集会, コンビーナー, 2015年12月, 2015年12月
  8. 水産海洋学会第15回広島湾研究集会, コンビーナー, 2014年12月, 2014年12月
  9. 2014年度水産海洋学会シンポジウム, コンビーナー, 2014年03月
  10. 水産海洋学会第14回広島湾研究集会, コンビーナー, 2013年12月
  11. 沿岸環境関連学会連絡協議会第28回ジョイント・シンポジウム, 大会実行委員長, 2013年
  12. 2014年度水産海洋学会シンポジウム, 大会実行委員長, 2013年
  13. 2011年度日本沿岸域学会全国大会(広島), 大会実行委員, 2011年09月
  14. 2011年度水産学会環境保全委員会シンポジウム, コンビーナー, 2011年07月
  15. 応用生態工学会第3回フィールド・シンポジウム, 大会実行委員長, 2011年05月
  16. 平成22年度第1回日本水産学会水産増殖懇話会講演会, コンビーナー, 2010年09月
  17. 平成21年度沿環連ジョイントシンポジウム, コンビーナー, 2010年02月
  18. 応用生態工学会広島・江田島湾再生協議会ジョイントシンポジウム, 大会実行委員長, 2009年08月
  19. 2009年度水産学会水産環境保全委員会シンポジウム, コンビーナー, 2009年03月
  20. 2008年日本海洋学会沿岸海洋部会シンポジウム, 大会実行委員長, 2008年09月
  21. さとうみ・江田島湾再生協議会, 大会実行委員長, 2007年08月
  22. 日本水産学会環境保全委員会シンポジウム, 大会実行委員長, 2007年03月
  23. 浅海改善研究会(第5回), 大会実行委員長, 2007年03月
  24. 日本水産学会環境保全委員会研究会, 大会実行委員長, 2006年11月
  25. 2006年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 大会実行委員, 2006年09月
  26. 水産海洋学会研究発表大会, 大会実行委員, 2005年12月
  27. 日本水産学会環境保全委員会, 大会実行委員長, 2005年11月
  28. 日本水産学会環境保全委員会研究会, 大会実行委員長, 2005年11月
  29. 浅海改善研究会(第4回), 大会実行委員長, 2005年03月
  30. 日本水産学会環境保全委員会研究会, 大会実行委員, 2004年12月
  31. 浅海改善研究会(第3回), 大会実行委員長, 2004年12月
  32. 平成16年度日本水産学会中国四国・近畿支部合同大会シンポジウム., 大会実行委員長, 2004年09月
  33. 浅海改善研究会(第2回), 大会実行委員長, 2004年07月
  34. 浅海改善研究会(第1回), 大会実行委員長, 2004年05月
  35. 日本海洋学会2004年度春季大会海洋環境問題シンポジウム,, 大会実行委員, 2004年03月
  36. 日本海洋学会2004年度春季大会海洋環境問題シンポジウム, コンビーナー, 2004年03月
  37. 日本水産学会水産環境保全委員会平成15年度研究会, 大会実行委員, 2003年12月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 平成27年度第6回環境循環系セミナー, 大阪湾の環境に関する健康診断結果と治療法, 山本民次, 2015年/12月/04日, 2015年/12月/04日, 広島大学生物生産学部

学術雑誌論文査読歴

  1. 2016年, 日本水環境学会誌, その他
  2. 2016年, 県立広島大学生命環境学部学術誌, その他
  3. 2016年, 水環境学会誌, その他
  4. 2016年, 森川海の水系, その他
  5. 2015年, 日本プランクトン・ベントス学会英文誌, 編集員
  6. 2015年, 水産学シリーズ, 編集員
  7. 2015年, ベルソーブックス, 編集長
  8. 2015年, Estuarine Coastal Shelf Science, その他
  9. 2015年, 水産海洋研究, その他
  10. 2015年, 日本土木学会, その他
  11. 2015年, Plankton & Benthos Research, 編集員
  12. 2015年, Mar. Poll. Bull., その他
  13. 2015年, J. Oceanogr., その他
  14. 2015年, ベルソーブックス, その他
  15. 2014年, Estuarine, Coastal Shelf Science, その他
  16. 2014年, J. Oceanogr., その他
  17. 2014年, Mar. Poll. Bull.
  18. 2014年, Plankton & Benthos Research, 編集員
  19. 2014年, 編集員
  20. 2014年, Plankton & Benthos Research, 編集員
  21. 2008年, 日本プランクトン学会誌, 編集員
  22. 2008年, 日本水産学会, 編集員
  23. 2007年, 日本プランクトン学会誌, 編集員
  24. 2007年, 日本水産学会, 編集員
  25. 2016年, 水産学シリーズ, 編集員