宮園 健吾KENGO MIYAZONO

Last Updated :2017/10/06

所属・職名
大学院総合科学研究科 人間文化研究講座 准教授
ホームページ
メールアドレス
miyazonohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
現代英米の哲学(心の哲学、心理学の哲学、精神医学の哲学)や近世哲学(ヒュームなど)について研究しています。 東京大学哲学研究室にて修士号(2008)、博士号を取得(2014)。イェール大学哲学科研究生(2008-2010)、マサチューセッツ工科大学言語学哲学科研究生(2011-2012)、日本学術振興会特別研究員DC2(東京大学、2010-2012)、日本学術振興会海外特別研究員(バーミンガム大学、2013-2014)、日本学術振興会特別研究員PD(慶応義塾大学、2015-2016)などを経て、2016年4月より現職。

基本情報

主な職歴

  • 2010年04月, 2012年03月, 日本学術振興会, 特別研究員DC2(東京大学)
  • 2013年01月, 2014年12月, 日本学術振興会, 海外特別研究員(バーミンガム大学)
  • 2015年04月, 2016年03月, 日本学術振興会, 特別研究員PD(慶応義塾大学)
  • 2015年04月, 2016年03月, 駿河台大学, 非常勤講師
  • 2015年09月, 2016年03月, 埼玉大学, 非常勤講師
  • 2016年04月01日, 広島大学, 大学院総合科学研究科, 准教授

学歴

  • 早稲田大学, 教育学部, 2001年, 2005年
  • 東京大学, 大学院人文社会系研究科(修士課程), 2006年, 2008年
  • 東京大学, 大学院人文社会系研究科(博士課程), 2008年, 2012年
  • イェール大学, 哲学科(研究生), 2008年, 2010年
  • マサチューセッツ工科大学, 言語学哲学科(研究生), 2011年, 2012年

学位

  • 修士(文学) (東京大学)
  • 博士(文学) (東京大学)

担当主専攻プログラム

  • 総合科学プログラム
  • 人間文化プログラム

研究分野

  • 人文学 / 哲学 / 哲学・倫理学

研究キーワード

  • 心の哲学、心理学の哲学、精神医学の哲学、科学哲学、近世哲学

所属学会

  • The American Philosophical Association, The Aristotelian Society, 日本哲学会, 哲学会, 日本科学哲学会, 科学基礎論学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, 3ターム, 科学技術の哲学と倫理[P5B,PN8]
  2. 2017年, 教養教育, 1ターム, 哲学A
  3. 2017年, 教養教育, 4ターム, 哲学B
  4. 2017年, 学部専門, 1ターム, 現代思想
  5. 2017年, 学部専門, 3ターム, 比較哲学A
  6. 2017年, 学部専門, 2ターム, 現代思想演習
  7. 2017年, 学部専門, 4ターム, 比較哲学演習
  8. 2017年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  10. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 哲学・思想

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. グレアム・プリーストの矛盾論について, 哲学研究論集, 4巻, pp.170-pp.184, 2007, 9
  2. Paraconsistent web of beliefs, 論集, 27巻, pp.170-pp.184, 2008, 3
  3. Plantingaの進化論的自然主義批判:認識論と進化, 哲学研究論集, 5巻, pp.138-pp.154, 2008, 10
  4. 哲学的探求のアプリオリ性について, 論集, 28巻, pp.146-pp.159, 2009, 3
  5. Reformed epistemologyについて:認識論と進化(2), 哲学研究論集, 6巻, pp.92-pp.106, 2010, 3
  6. Imaginative resistance and truth-in-fiction, 論集, 29巻, pp.147-pp.160, 2010, 3
  7. 想像可能な命題とはどのような命題であるか?, 哲学, 62巻, pp.345-pp.359, 2011, 4
  8. 内語と自己知, 科学哲学, 44巻, 2号, pp.83-pp.98, 2011, 11
  9. Knobe効果について, 哲学研究論集, 7巻, pp.115-pp.137, 2013, 12
  10. Causal role argument against doxasticism about delusions, AVANT, 5巻, 3号, pp.30-pp.50, 2014, 12
  11. Are alien thoughts beliefs?, Teorema, 34巻, 1号, pp.135-pp.148, 2015, 2
  12. Delusions as harmful malfunctioning beliefs, Consciousness & Cognition, 33巻, pp.561-pp.573, 2015, 5
  13. Recent work on the nature and development of delusions, Philosophy Compass, 10巻, 9号, pp.636-pp.645, 2015, 9
  14. The ethics of delusional belief, Erkenntnis, 81巻, 2号, pp.275-pp.296, 2016, 4
  15. Book Review: Knowledge through Imagination. Amy Kind and Peter Kung (Editors). Oxford: Oxford University Press, 2016., Journal of Mind and Behavior, 37巻, 2号, pp.175-pp.181, 2016, 4
  16. Does functionalism entail extended mind?, Synthese, 194巻, 9号, pp.3523-pp.3541, 2017, 9

著書等出版物

  1. 2014年05月, シリーズ新・心の哲学III:情動篇, 勁草書房, 単行本(学術書), 共著, 信原幸弘、太田紘史(編), 第5章「妄想とその原因」
  2. 2014年11月, Aberrant Beliefs and Reasoning, Psychology Press, 単行本(学術書), 共著, N. Galbraith (ed.), Chapter 1: "Prediction-error and two-factor theories of delusion formation: competitors or allies?"
  3. 2016年01月, Routledge Handbook for Philosophy of Imagination, Routledge, 単行本(学術書), 共著, A. Kind (ed.), Chapter 17: "The cognitive architecture of imaginative resistance"
  4. 2016年08月, シリーズ精神医学の思想Ⅰ:精神医学の科学と哲学, 東京大学出版会, 単行本(学術書), 共著, 石原幸二・信原幸宏・糸川昌成編, 第3章「妄想の形成と維持:二要因理論と予測エラー理論」
  5. 2016年09月, Oxford Bibliographies in Philosophy, Oxford University Press, 事典・辞書, 共著, English, D. Pritchard (ed.), "Belief and imagination"の項目
  6. 2017年07月, ワードマップ 心の哲学, 新曜社, 単行本(学術書), 共著, 信原幸宏編, 「妄想」の項目
  7. SAGE Encyclopedia of Lifespan Human Development (forthcoming), SAGE, 事典・辞書, 共著, M. H. Bornstein (ed.), "Belief"の項目

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 妄想の形成・維持についての2つの理論, 宮園健吾, PPP研究会, 2015年01月25日, 招待, 日本語, 東京大学
  2. Does functionalism entail extended mind?, Kengo Miyazono, The 53rd Tokyo Colloquium of Cognitive Philosophy, 2015年02月13日, 通常, 英語, University of Tokyo
  3. ヒュームと信念の主観的な質, 宮園健吾, カント・アーベント, 2015年04月25日, 招待, 日本語, 東京大学
  4. 目的意味論と進化心理学, 宮園健吾, 第74回日本哲学会大会, 2015年05月17日, 通常, 日本語, 上智大学
  5. Does functionalism entail extended mind?, Kengo Miyazono, Korean Society for Analytic Philosophy 2015 Spring Meeting, 2015年05月23日, 通常, 英語, Hankuk University of Foreign Studies
  6. The role of imagination in philosophical thought experiments, Kengo Miyazono, Tokyo Forum for Analytic Philosophy, 2015年05月29日, 通常, 英語, University of Tokyo
  7. Prediction-errors and two-factors: A hybrid approach, Kengo Miyazono, Delusions Lunchtime Seminar, 2015年06月30日, 通常, 英語, University of Birmingham
  8. The role of imagination in philosophical thought experiments, Kengo Miyazono, Birmingham Work-In-Progress Seminar, 2015年06月30日, 通常, 英語, University of Birmingham
  9. The role of imagination in philosophical thought experiments, Kengo Miyazono, The Centre for Metaphysics and Mind Seminar, 2015年07月02日, 通常, 英語, University of Leeds
  10. Aliefs and pushmi-pullyu representations, Kengo Miyazono, The 2nd International Conference on Natural Cognition: Rationality and Its Rivals, 2015年12月10日, 通常, 英語, University of Macau
  11. コメント:ワークショップ「イギリス思想における常識と啓蒙の系譜:18世紀スコットランドから20世紀ケンブリッジへ」, 宮園健吾, 日本イギリス哲学会第40回総会・研究大会, 2016年03月29日, 招待, 日本語, 学習院大学
  12. The evolutionary debunking argument defeats itself, Kengo Miyazono, UHamburg-UTokyo Workshop: Language & Reality, 2016年06月25日, 招待, 英語, University of Tokyo
  13. A hybrid theory of delusion formation, Kengo Miyazono, The 31st International Congress of Psychology, 2016年07月26日, 招待, 英語, PACIFICO Yokohama
  14. Perception without presentational phenomenology, Kengo Miyazono, Philosophy of Mind & Mental Illness Symposium, 2016年07月30日, 通常, 英語, University of Tokyo
  15. なぜ心理学に哲学が必要なのか, 宮園健吾, 第30回人間文化研究会夏の大会, 2016年08月10日, 招待, 日本語, 広島大学
  16. Implicit biases and pushmi-pullyu representations, Kengo Miyazono, The 3rd Conference on Contemporary Philosophy in East Asia, 2016年08月20日, 通常, 英語, Seoul National University
  17. The evolutionary debunking argument defeats itself, Kengo Miyazono, Current Trends in Analytical Philosophy, 2016年08月22日, 招待, 英語, Yonsei University
  18. 妄想の形成と維持, 宮園健吾, シンポジウム『精神医学の哲学』, 2017年03月05日, 招待, 日本語, 東京大学
  19. Perception without presentational phenomenology, Kengo Miyazono, Philosophy Research Seminar, 2017年03月14日, 通常, 英語, University College Cork
  20. Does functionalism entail extended mind?, Kengo Miyazono, Philosophy of Mind (MA) by J. Walmsley & A. Salice, 2017年03月15日, 招待, 英語, University College Cork
  21. Intergroup bias, emotion, and pushmi-pullyu representation, Kengo Miyazono, Social Self-Conscious Emotions: The 2nd Cork Annual Workshop on Social Agency, 2017年03月16日, 招待, 英語, University College Cork
  22. Implicit biases and pushmi-pullyu representations, Kengo Miyazono, Minority and Philosophy Group at Leeds, 2017年03月21日, 招待, 英語, University of Leeds
  23. Philosophy and Psychology of Well-Being, Kengo Miyazono, Philosophy, Psychology, and Scientific Thought Programme by A. Meskin, 2017年03月21日, 招待, 英語, University of Leeds
  24. A hybrid theory of delusion formation, Kengo Miyazono, Philosophy,Psychology,and Informatics Group, 2017年03月22日, 招待, 英語, University of Edinburgh
  25. A hybrid theory of delusion formation, Kengo Miyazono, PERFECT Reading Group, 2017年03月27日, 通常, 英語, University of Birmingham
  26. Aliefs and pushmi-pullyu representations, Kengo Miyazono, PERFECT Seminar, 2017年03月27日, 通常, 英語, University of Birmingham
  27. Being one of us: Group identification, joint actions and collective intentionality, Alessandro Salice, Kengo Miyazono, Tokyo Workshop on Social and Collective Self-Conscious Emotions, 2017年07月02日, 通常, 英語, University of Tokyo
  28. 人間と動物:哲学の観点から, 宮園健吾, 公開ワークショップ:動物と自然をめぐる暴力と共生, 2017年07月31日, 招待, 日本語, 広島大学
  29. Experimental psychology and architecture of imagination, Kengo Miyazono, Workshop: Art & Mind, 2017年08月11日, 通常, 英語, University of Tokyo
  30. Implicit biases and pushmi-pullyu representations, Kengo Miyazono, The 17th Biennial Conference of the International Society for Theoretical Psychology, 2017年08月21日, 通常, 英語, Rikkyo University

受賞

  1. 2008年04月, 研究遂行制度に基づく学術研究業務委託, 東京大学
  2. 2008年08月, イェール・東大イニシアティブを基盤とした日本学関連若手研究者国際育成プログラム, 東京大学・日本学術振興会
  3. 2009年04月, 研究遂行制度に基づく学術研究業務委託, 東京大学
  4. 2011年09月, 次世代人文社会学育成プログラム, 東京大学・日本学術振興会
  5. 2011年11月, Graduate Student Stipend, American Philosophical Association
  6. 2012年05月, 日本哲学会若手研究者奨励賞佳作, 日本哲学会
  7. 2014年03月, “Catalyst” Fund, University of Birmingham

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 日本学術振興会:科学研究費補助金(特別研究員奨励費), 様相の認識論と哲学的探求, 2010年04月, 2011年03月
  2. 日本学術振興会:科学研究費補助金(特別研究員奨励費), 妄想の原因と信念形成プロセス, 2015年04月, 2016年03月
  3. 日本学術振興会:科学研究費補助金(研究活動スタート支援), 不合理または病的な信念の原因と結果についての研究, 2016年08月, 2018年03月
  4. サントリー文化財団:人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成, 感情の哲学の学際化に向けた国際的研究体制の構築:社会的・集団的な自己意識的感情を事例として, 2016年08月, 2017年07月
  5. 平和中島財団:国際学術研究助成(外国人研究者等招致助成), 美学に関する日本と英米の比較研究:「美」を通じた国際的な相互理解へ向けて(Dr. Aaron Meskin, University of Leeds), 2017年07月, 2017年08月
  6. サントリー文化財団:人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成, 感情の哲学の学際化に向けた国際的研究体制の構築:現象学的な方法の検討を通して, 2017年08月, 2018年07月
  7. 日本学術振興会:外国人招へい研究者(短期), デイヴィッド・ヒュームの哲学における自然主義と道徳感情論(Dr. Peter Kail, University of Oxford), 2018年02月, 2018年03月

社会活動

学術会議等の主催

  1. Philosophy of Mind & Mental Illness Symposium, 2016年07月, 2016年07月
  2. Hiroshima Philosophy Forum #1: Mind and Cognition, 2017年04月, 2017年04月
  3. Hiroshima Philosophy Forum #2: Comparative Issues in Aesthetics, 2017年08月, 2017年08月
  4. Workshop: Art and Mind, 2017年08月, 2017年08月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2012年, The Society of Philosophy and Psychology, 査読者(国際会議), 1
  2. 2013年, European Congress of Analytic Philosophy, 査読者(国際会議), 2
  3. 2013年, AVANT, 査読者, 1
  4. 2013年, The British Journal for the Philosophy of Science, 査読者, 1
  5. 2015年, New Ideas in Psychology, 査読者, 1
  6. 2016年, Journal of Consciousness Studies, 査読者, 1
  7. 2016年, Philosophical Explorations, 査読者, 1
  8. 2016年, Synthese, 査読者, 2
  9. 2016年, Philosophical Psychology, 査読者, 1
  10. 2016年, Polity Press, 査読者(書籍), 2
  11. 2016年, Philosophy, Psychiatry, & Psychology, 査読者, 1
  12. 2017年, Cognitive Neuropsychiatry, その他, 査読者, 1
  13. 2017年, Neuroethics, その他, 査読者, 1
  14. 2017年, Synthese, その他, 査読者, 1
  15. 2017年, 哲学(日本哲学会), その他, 査読者, 1