七種 和美KAZUMI SAIKUSA

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
大学院理学研究科 生命理学講座 助教
メールアドレス
saikusahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(理学) (広島大学)
  • 修士(理学) (広島大学)

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 生物物理学

所属学会

  • 日本質量分析学会
  • 日本化学会
  • 日本生物物理学会
  • アメリカ質量分析学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 有機化学演習
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 生物化学
  3. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生物化学セミナー
  4. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生物化学セミナー
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), バイオインフォマティクス

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Crystal structure of the overlapping dinucleosome composed of hexasome and octasome, Science, 356巻, pp.205-pp.208, 2017.4.14
  2. Charge-neutralization effect of the tail regions on the histone H2A/H2B dimer structure, Protein Science, 24巻, pp.1224-pp.1231
  3. Mass spectrometric approach for characterizing the disordered tail regions of the histone H2A/H2B dimer, Analytical Chemistry, 87巻, pp.2220-pp.2227
  4. Stability of the betaB2B3 crystallin heterodimer to increased oxidation by radical probe and ion mobility mass spectrometry, Journal of Structural Biology, 189巻, pp.20-pp.27
  5. Conclusive evidence of the reconstituted hexasome proved by native mass spectrometry, Biochemistry, 52巻, pp.5155-pp.5157
  6. ★, Gas-phase structure of the histone multimers characterized by ion mobility mass spectrometry and molecular dynamics simulation, Analytical Chemistry, 85巻, pp.4165-pp.4171
  7. Characterisation of an intrinsically disordered protein complex of Swi5–Sfr1 by ion mobility mass spectrometry and small-angle X-ray scattering, Analyst, 138巻, pp.1441-pp.1449
  8. Topology and dynamics of melittin within the liposome revealed by a combination of mass spectrometry and chemical modification, Biochemical and Biophysical Research Communications, 397巻, pp.1-pp.4

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 質量分析で観たヒストンTail領域の挙動, 七種 和美, 第17回日本蛋白質科学会年会, 2017年.6月, 通常, 日本語
  2. 不揮発性緩衝液で調製したタンパク質複合体の Native 質量分析, 七種 和美、加藤 大貴、長土居 有隆、胡桃坂仁志、明石知子, 第67回質量分析総合討論会, 2017年.5月, 通常, 日本語
  3. アセチル化に伴うヌクレオソーム の構造変化の解析, 七種 和美、新屋 大貴、加藤 大貴、畔上 菜々子、長土居 有隆、泉 俊輔、西村 善文、胡桃坂 仁志、明石 知子, 日本化学会 第97春季年会, 2017年.3月, 通常, 日本語
  4. アセチル化に伴うヌクレオソームの構造変化の解析, 七種 和美, 第16回日本蛋白質科学会年会, 2016年.6月, 通常, 日本語
  5. Stability of the B2B3-beta crystallin heterodimer to increased oxidation by radical probe and ion mobility mass spectrometry, K. Downard, S. Akashi, K. Saikusa, S. Maleknia., 20 th International Mass Spectrometry Conference, 2014年.8月, 通常, 英語
  6. Native mass spectrometry of reconstituted human nucleosome core particle, S. Akashi, N. Azegami, K. Saikusa, Y. Todokoro, A. Nagadoi, H. Kurumizaka, Y. Nishimura., 20 th International Mass Spectrometry Conference, 2014年.8月, 通常, 英語
  7. Behavior of the disordered tail regions of the histone H2A/H2B dimer, K. Saikusa, A. Nagadoi, K. Hara, S. Fuchigami, H. Kurumizaka, Y. Nishimura, S. Akashi., 20 th International Mass Spectrometry Conference,, 2014年.8月, 通常, 英語
  8. ヒストン H2A/H2B 二量体の気相中における構造多様性の要因, 七種 和美、長土居 有隆、原 佳那、渕上 壮太郎、胡桃坂 仁志、西村 善文、明石 知子, 第62回質量分析総合討論会, 2014年.5月, 通常, 日本語

受賞

  1. 広島大学女性研究者奨励賞, 広島大学
  2. BMSトラベルアワード, 日本質量分析学会 BMS研究会