中原 隆志TAKASI NAKAHARA

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
病院(医) 消化器診療科 助教
メールアドレス
nakaharahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
NASHを中心とした肝疾患の研究を行っています

基本情報

主な職歴

  • 2005年04月01日, 広島県三次市市立三次中央病院, 初期研修医
  • 2007年04月01日, 厚生連JA広島総合病院 消化器内科, 医師
  • 2010年04月01日, 広島大学病院, 消化器代謝内科, 医科診療医
  • 2016年04月01日, 広島大学病院, 消化器・代謝内科, 助教

学歴

  • 徳島大学, 医学部, 医学科, 1999年04月, 2005年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本肝臓学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学I
  2. 2017年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  3. 2017年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  4. 2017年, 学部専門, 集中, 臨床実習・臨床実践学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Involvement of Porphyromonas gingivalis in the progression of non-alcoholic fatty liver disease., Journal of Gastroenterology
  2. Efficacy of rosuvastatin for the treatment of non-alcoholic steatohepatitis with dyslipidemia: An open-label, pilot study., Hepatology Research, 42巻, pp.1065-pp.1072
  3. Type 2 diabetes mellitus is associated with the fibrosis severity in patients with nonalcoholic fatty liver disease in a large retrospective cohort of Japanese patients., Journal of Gastroenterology, 49巻, 11号, pp.1477-pp.1488, 2014, 11
  4. Impact of Hepatitis C Virus Eradication on the Clinical Outcome of Patients with Hepatitis C Virus-Related Advanced Hepatocellular Carcinoma Treated with Sorafenib, ONCOLOGY, 92巻, 6号, pp.335-pp.346, 2017
  5. The risks of hepatocellular carcinoma development after HCV eradication are similar between patients treated with peg-interferon plus ribavirin and direct-acting antiviral therapy., PLoS One., 2017 Aug 10
  6. Late-onset ornithine transcarbamylase deficiency associated with hyperammonemia., Clinical Journal of Gastroenterology, 2017 Aug 10
  7. Efficacy and safety of ledipasvir/sofosbuvir with ribavirin in chronic hepatitis C patients who failed daclatasvir/asunaprevir therapy: pilot study., Journal of Gastroenterology, 2017 Aug 16
  8. Differences in characteristics of glucose intolerance between patients with NAFLD and chronic hepatitis C as determined by CGMS., Scientific Reports, 2017 Aug 31
  9. Efficacy and safety of edoxaban for treatment of portal vein thrombosis following danaparoid sodium in patients with liver cirrhosis., Hepatology Research, 2017 Mar 24
  10. Clinical outcomes of stereotactic body radiotherapy for elderly patients with hepatocellular carcinoma., Hepatology Research, 2017 May 20
  11. Erratum to: Serum HMGB1 concentrations at 4 weeks is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy., Journal of Gastroenterology, 2017 May 29
  12. Serum HMGB1 concentrations at 4 weeks is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy., Journal of Gastroenterology, 2017 May 4
  13. Wisteria floribunda agglutinin positive Mac-2-binding protein level increases in patients with acute liver injury., Journal of Gastroenterology, 2017 May 5
  14. Emergence of drug resistance-associated variants and changes in serum lipid profiles in sofosbuvir plus ledipasvir-treated chronic hepatitis C patients., Journal of Medical Virology, pp.1963-pp.1972, 2017 Nov
  15. The association between serum cytokine and chemokine levels and antiviral response by entecavir treatment in chronic hepatitis B patients., Antivir Ther., 2017 Sep 21.
  16. Efficacy and Safety of Daclatasvir Plus Asunaprevir Therapy for Chronic Hepatitis C Patients With Renal Dysfunction, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 89巻, 4号, pp.665-pp.671, APR 2017
  17. Improvement of renal dysfunction in a patient with hepatitis C virus-related liver cirrhosis by daclatasvir and asunaprevir combination therapy: A case report, HEPATOLOGY RESEARCH, 46巻, 9号, pp.944-pp.948, AUG 2016
  18. ITPA polymorphism effects on decrease of hemoglobin during sofosbuvir and ribavirin combination treatment for chronic hepatitis C, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 6号, pp.746-pp.753, JUN 2017
  19. The relationship between HBcrAg and HBV reinfection in HBV related post-liver transplantation patients, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 3号, pp.366-pp.375, MAR 2017
  20. Development of hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus infection who achieved sustained virological response following interferon therapy: A large-scale, long-term cohort study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 31巻, 5号, pp.1009-pp.1015, MAY 2016
  21. Antiviral effects of anti-HBs immunoglobulin and vaccine on HBs antigen seroclearance for chronic hepatitis B infection, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 51巻, 11号, pp.1073-pp.1080, NOV 2016
  22. Effects of ITPA polymorphism on decrease of hemoglobin during simeprevir, peg-interferon, and ribavirin combination treatment for chronic hepatitis C, HEPATOLOGY RESEARCH, 46巻, 12号, pp.1256-pp.1263, NOV 2016
  23. The relationship between HBcrAg and HBV reinfection in HBV related post-liver transplantation patients., Journal of Gastroenterology, 2017 Mar
  24. Effect of tenofovir disoproxil fumarate on drug-resistant HBV clones., Journal of Infection, 72巻, 1号, pp.91-pp.102

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. NASH進展における歯周病菌(Porphyromonas gingivalis)の関与について, 中原隆志, 第101回日本消化病学会総会, 2015年04月25日, 通常, 英語
  2. 複数回施行した肝生検例からみたNASH増悪因子の検討, 中原隆志, 第3回肝臓と糖尿病・代謝研究, 2016年07月16日, 通常, 日本語
  3. 複数回施行した肝生検例からみたNASH増悪因子の検討, 中原隆志, 第20回日本肝臓学会総会, 2016年11月04日, 通常, 日本語
  4. Involvement of type 4 porphyromonas gingivalis in the progression of non-alcoholic fatty liver diseas, nakahara Takashi, AASLD, 2016年11月11日, 通常, 英語
  5. SGLT2阻害薬の肝機能パラメーターに与える影響と体組成変化の検討, 中原隆志, 第119回広島消化器病研究会, 2017年04月08日, 通常, 日本語
  6. 非侵襲的肝線維化評価を用いた線維化非進展NASH拾い上げのための新規線維化予測モデルの検討, 中原隆志, 2017 酸化ストレスと肝疾患研究会, 2017年02月25日, 通常, 日本語
  7. Japanese genetic study could not suggest the importance of the NTCP l ocus for HBV persistence, D.Miki, Nakahara T, 第25回アジア太平洋肝臓病学会議(APASL)年次総会, 2016年02月20日, 通常, 英語
  8. 薬剤性過敏性症候群(DIHS)により急性肝不全を来した1症例, 森豪, 中原隆志, 日本内科学会中国支部主催 第115回中国地方会, 2016年11月17日, 通常, 日本語
  9. 肝細胞癌に対するシスプラチンによる肝動脈化学塞栓療法後に血栓性微小血管障害症を発症した一例, 大屋一輝, 中原隆志, 106回日本消化器病学会中国支部例会, 通常, 日本語
  10. 腎機能障害を有するC型慢性肝炎におけるダクラタスビル・アスナプレビル療法の有効性と安全性の検討, 中村有希, 中原隆志, 第20回日本肝臓学会, 2016年11月03日, 通常, 日本語
  11. 造影超音波検査が診断に有用であった肝細胞腺腫の1例, 河岡友和, 中原隆志, 日本超音波医学会第52回中国地方会学術集会第15回中国地方講習会, 2016年09月03日, 通常, 日本語
  12. 進行肝癌に対する肝動注化学療法とソラフェニブの位置づけ, 河岡友和, 中原隆志, 第14回日本肝がん分子標的治療研究会, 2016年06月11日, 通常, 日本語
  13. 小児食道胃静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法の治療経験, 長沖祐子, 中原隆志, 第5回中国門脈亢進症研究会, 2016年06月10日, 通常, 日本語
  14. 急性肝炎の後に急速に肝硬変へ進展し発癌したHBV genotype Dの一例, 中村有希, 中原隆志, 第105回日本消化器病学会中国支部例会, 2016年06月11日, 通常, 日本語
  15. 肝硬変に伴う2次性サルコペニアの評価と治療, 寺岡雄吏, 中原隆志, 第118回広島消化器病研究会, 2016年04月09日, 通常, 日本語

受賞

  1. 第1回 肝臓と糖尿病研究会 研究奨励賞
  2. 第28回 日本消化器病学会奨励賞 
  3. 第3回 肝臓と糖尿病研究会 研究奨励賞

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第1回肝臓病教室, NASH(非アルコール性脂肪肝炎)とは?~実はこわい脂肪肝~, 2016年/06月/29日, 広島大学病院 3階 大会議室, 講師, 講演会
  2. 広島肝炎市民フォーラム, 脂肪性肝疾患~あなたの脂肪肝、放って置いて大丈夫?~, 2016年/12月/11日, TKP ガーデンシティ, 講師
  3. 平成27年度第4回肝臓病教室, ウイルス性肝炎について, 2017年/02月/01日, 広島大学病院 3階 大会議室, 講師
  4. 肝疾患診療連携拠点病院第3回研修会, 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)について, 2017年/03月/25日, 広島市, 講師

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, Hematology research, 編集員