盛生 慶KEI MORIO

Last Updated :2018/11/01

所属・職名
大学院医歯薬保健学研究科(医) 医学講座 助教
メールアドレス
kmoriohiroshima-u.ac.jp

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Wisteria floribunda agglutinin positive Mac-2-binding protein level increases in patients with acute liver injury., Journal of Gastroenterology, 52巻, 12号, pp.1252-pp.1257
  2. ITPA polymorphism effects on decrease of hemoglobin during sofosbuvir and ribavirin combination treatment for chronic hepatitis C., Journal of Gastroenterology, 52巻, 6号, pp.746-pp.753
  3. Real-world efficacy and safety of daclatasvir and asunaprevir therapy for hepatitis C virus-infected cirrhosis patients., Journal of Gastroenterology and Hepatology, 32巻, 3号, pp.645-pp.650, 2017, 3
  4. Effects of ITPA polymorphism on decrease of hemoglobin during simeprevir, peg-interferon, and ribavirin combination treatment for chronic hepatitis C., Hepatology Research, 46巻, 12号, pp.1256-pp.1263, 20160405

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 肝細胞癌切除症例における病理脈管侵襲診断と術後肝外転移再発に対する術前18F-FDG PET-CTの予測診断能の検討, 盛生 慶、河岡 友和、児玉 健一郎、内川 慎介、中原 隆志、村上 英介、柘植 雅貴、平松 憲、今村 道雄、相方 浩、茶山 一彰, 第54回日本肝癌研究会, 2018年06月29日, 通常, 日本語, 日本肝癌研究会, 久留米シティプラザ
  2. 肝細胞癌切除症例における病理脈管侵襲診断と術後肝外転移再発に対する術前18F-FDG PET-CTの予測診断能の検討, 盛生 慶,河岡 友和,茶山 一彰, 第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月15日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 大阪国際会議場
  3. 急性肝障害におけるMac-2 binding protein glycosylation isomer (M2BPGi)の増加, 盛生 慶,今村 道雄,内川 慎介,児玉 健一郎,西田 祐乃,稲垣 有希,鳩岡 正浩,中原 隆志,村上 英介,河岡 友和,柘植 雅貴,平松 憲,川上 由育,相方 浩,茶山 一彰, 第42回日本肝臓学会西部会, 2017年11月30日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, ヒルトン福岡シーホーク
  4. 当科における肝細胞癌に対するRFAの経験と課題, 盛生 慶,河岡 友和,相方 浩,寺岡 雄吏,稲垣 有希,鳩岡 正浩,小林 知樹,柘植 雅貴,平松 憲,今村 道雄,川上 由育,茶山 一彰, 第53回肝癌研究会, 2017年07月07日, 通常, 日本語, 肝癌研究会, 京王プラザホテル(新宿)

受賞

  1. 2017年06月08日, 日本肝臓学会研究奨励賞, 日本肝臓学会

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 肝疾患コーディネーター養成講座, 肝がん, 2018年/09月/30日, 2018年/09月/30日, 広島県庁6階講堂, 講師, 講演会, 社会人・一般