小林 元HAJIME KOBAYASHI

Last Updated :2018/11/01

所属・職名
大学院生物圏科学研究科 食料資源経済学講座 助教
メールアドレス
younthiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 博士課程後期生物生産学専攻, 日本, 2001年04月, 2004年03月
  • 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 博士課程前期生物生産学専攻, 日本, 1999年04月, 2001年03月
  • 広島大学, 生物生産学部, 生物生産学科, 日本, 1992年04月, 1999年03月

学位

  • 博士(農学) (広島大学)
  • 修士(農学) (広島大学)

研究分野

  • 農学 / 社会経済農学 / 経営・経済農学

研究キーワード

  • 協同組合、地域づくり、集落営農

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 外書講読
  2. 2018年, 学部専門, 4ターム, 食料循環経済学演習
  3. 2018年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  4. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 食料流通学
  5. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 食料資源経済学演習(A)
  6. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 食料資源経済学実験
  7. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 食料資源経済学実験
  8. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. JAトップアンケートにみる准組合員の現状と准組合員政策, 協同組合研究, 31巻, 2号, pp.31-pp.36, 2012
  2. 准組合員問題の所在と改革方向, 農業と経済, 82巻, 8号, pp.27-pp.87, 2016,8,1
  3. 共同購入のアイデンテティを探る-生協しまねの取り組みから-, にじ, pp.71-pp.82, 2014
  4. 「地産地消」運動にみられる新たな協同の諸形態と協同組合間連携 (2008年度 当研究所[財団法人協同組合経営研究所]特別研究奨励事業), にじ, 630号, pp.81-pp.92, 2010
  5. JAの総合力を発揮した農家経営支援への取り組み--JA宮崎中央を事例として (特集 持続可能な社会・経済システムのメカニズム), にじ, 628号, pp.100-pp.110, 2009
  6. 地域社会におけるコミュニティビジネスの役割と協同組合--島根県雲南市吉田町 (株)吉田ふるさと村の取り組み (特集 協同組合と地域社会との協同--地域内をヨコにつなぐ協同), にじ, 626号, pp.134-pp.145, 2009
  7. 地域づくり組織の協同組織的性格に関する考察--中国中山間地域を事例として (特集 協同組合と地域社会との協同--地域自治のあり方と協同組合の機能), にじ, 625号, pp.55-pp.71, 2009
  8. 農村地域における協同労働組織--広島県の集落型農業生産法人を対象として (特集:協同労働の協同組合--レイドロー報告 第2優先分野の現状を学び今後を展望する), にじ, 615号, pp.84-pp.97, 2006
  9. ★, 集落型農業生産法人の協同組織的性格と役割--東広島市重兼地区農事組合法人S農場の事例, 協同組合研究, 23巻, 2号, pp.18-pp.30, 200312
  10. 清酒市場における流通構造再編の現段階 : 特定名称酒流通に焦点を当てて, 農業市場研究, 11巻, 2号, pp.106-pp.112, 20021231
  11. 中間型農協―中四国の中山間地域の事例, 農業と経済, 84巻, 7号, pp.97-pp.103, 2018,08,01
  12. ★, 都市JAにおける准組合員の実態とJAの准組合員対応に関する調査研究, 協同組合奨励研究報告第四十三輯, 43巻, pp.9-pp.40, 2017,11,01
  13. 協同組合は「地域づくり」・「地域再生」に寄り添うことができるか, にじ, pp.15-pp.22, 2016,3,15
  14. 土地持ち非農家のコミットメントを確保するために, 農業と経済, 82巻, 1号, pp.40-pp.49, 2016,2,1
  15. 中山間地域稲作はどう対応する-集落営農の進む道, 農業と経済, 82巻, 11号, pp.26-pp.30, 2016,11,1
  16. 准組合員問題の所在と改革方向, 農業と経済, 82巻, 8号, pp.77-pp.87, 2016,8,1
  17. 准組合員「問題」の所在に関する検討, 農業・農協問題研究, 61号, pp.16-pp.27, 2016,11,25
  18. 准組合員問題はどこに向かうか, 協同組合研究誌にじ, pp.90-pp.101, 2016,9,15
  19. 農業生産の拡大・販売力強化のあり方をこう考える, 近畿農協研究, 255号, pp.7-pp.13, 2016,12,16
  20. 地域での小さな協同に、協同組合はどう接合していくのか, 協同組合研究, 36巻, 1号, pp.4-pp.9, 2016,12,15
  21. 集落営農の発展方向と組織的性格, 地域政策研究, 11号, pp.125-pp.134, 2014
  22. ★, 広域的な地域運営組織の協同組織的性格の検討, 協同組合研究, 33巻, 2号, pp.16-pp.22, 2014
  23. 組合員多様化時代のJA運営をどう進めるか-「農協改革論」を見据えて, 近畿農協研究, 248号, pp.17-pp.34, 2014,10,10

著書等出版物

  1. 2018年,7月,2日, JA自己改革対話運動の進め方, 全国農業協同組合中央会, 2018年, 2018,07, 教科書, 監修, 日本語, 79, 79
  2. 2017年,1月2,日, 次のステージに向かうJA自己改革, 家の光協会, 2017年, 2017,12, 単行本(一般書), 単著, J, 小林元, 9784259521936, 79, 79
  3. 2017年,1月0,日, JAの価値と役割, 「総合農協」の価値と役割, 全国共同出版, 2017年, 2017、10, 単行本(学術書), 編著, J, 小林元、石田正昭, 9784793417061, 195, 10
  4. 2017年,4月,1日, 協同の再発見, 農協における「小さな協同」の発展と農協の展望, 家の光協会, 2017年, 2017,04, 単行本(学術書), 単著, J, 小林元, 9784259521905, 207, 27
  5. 2017年,4月,1日, 協同の再発見, 「小さな協同」としての集落営農の実践と農協, 家の光協会, 2017年, 2017.04, 単行本(学術書), 単著, J, 小林元, 9784259521905, 207, 35
  6. 2016年,9月,1日, JA新流-先進JAの人づくり・組織づくり, 全国共同出版, 2016年, 9, 単行本(学術書), 編著, J, 石田正昭、小林元, 4793416098, 179
  7. 農協准組合員制度の大義, 地域住民参加による地域農業の展開と准組合員, 農山漁村文化協会, 2015年, 9, 単行本(学術書), 共著, J, 農山漁村文化協会編, 9784540151293, 105
  8. JAの運営と組合員組織, 日本型市民生協の組合員組織に学ぶ, 全国共同出版, 2015年, 8, 単行本(学術書), 編著, J, 石田正昭, 小林元編著, 9784793415074
  9. 日本農業年報61アベノミクス農政の行方, 中国四国:中山間地帯-集落営農法人先行地域と「4つの改革」-, 農林統計協会, 2015年, 3, 単行本(学術書), 共著, 谷口和信編, 9784541040213, 200
  10. 東日本大震災後の協同組合と公益の課題, 地域再生と協同組合, 文眞堂, 2015年, 10, 単行本(学術書), 共著, J, 現代公益学会編, 9784830948794, 245
  11. 地域は消えない-コミュニティ再生の現場から-, 「地域づくり」への協同組合論的アプローチ, 日本経済評論社, 2014年, 10, 単行本(学術書), 共著, 岡崎昌之編, 9784818823549, 369
  12. JAは誰のものか, 変貌する組合員構造とJAの対応, 家の光協会, 2013年, 6, 単行本(学術書), 共著, 増田佳明編, 9784259518516, 222
  13. JAは誰のものか, JAの基礎組織と課題, 家の光協会, 2013年, 6, 単行本(学術書), 共著, 増田佳明編, 9784259518516, 222
  14. 2013年,8月,1日, 支店協同活動で元気なJAづくり : 「次代へつなぐ協同」のすすめ方, 家の光協, 2013年, 8, 単行本(学術書), 共著, 松岡公明, 小林元, 西井賢悟著, 9784259521769
  15. 農山村再生の実践, 新しい地域産業の形成プロセス, 農山漁村文化協会, 2011年, 3, 単行本(学術書), 共著, 小田切徳美編, 9784540101625, 27
  16. 農山村再生の実践, 農山村再生とJAの可能性, 農山漁村文化協会, 2011年, 3, 単行本(学術書), 共著, 小田切徳美編, 9784540101625
  17. 日本農業年報53農業構造改革の現段階, 集落農場型農業生産法人の展開と課題, 農林統計協会, 2007年, 3, 単行本(学術書), 共著, 梶井功、谷口和信編, 9784541034090, 263
  18. 2007年10月20日, 集落型農業生産法人の組織的性格と課題 : 「労働参加形態」からみた組織的性格, 農政調査委員会, 単行本(学術書), 単著, 小林元[著]