近藤 成NARU KONDO

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
病院(医)消化器診療科助教

基本情報

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 消化器外科学

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. An Increased Number of Perineural Invasions Is Independently Associated With Poor Survival of Patients With Resectable Pancreatic Ductal Adenocarcinoma, PANCREAS, 44巻, 8号, pp. 1345-1351, 201511
  2. GEM+S1 併用術後補助療法におけるDPD およびhENT1 発現の有用性, 膵癌治療up-to-date 2015, pp. 168-177, 2015
  3. Clinical pharmacokinetics of meropenem in pancreatic juice and site-specific pharmacodynamic target attainment against Gram-negative bacteria: Dosing considerations, PANCREATOLOGY, 14巻, 2号, pp. 95-99, 2014
  4. Elevated perioperative serum CA 19-9 levels are independent predictors of poor survival in patients with resectable cholangiocarcinoma, JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY, 110巻, 4号, pp. 422-429, 20140915
  5. Prognostic Significance of Telomerase Activity and Human Telomerase Reverse Transcriptase Expression in Ampullary Carcinoma, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 19巻, 9号, pp. 3072-3080, 201209
  6. Combined Analysis of Dihydropyrimidine Dehydrogenase and Human Equilibrative Nucleoside Transporter 1 Expression Predicts Survival of Pancreatic Carcinoma Patients Treated with Adjuvant Gemcitabine Plus S-1 Chemotherapy after Surgical Resection, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 19巻, pp. S646-S655, 201207
  7. Prognostic Factors After Surgical Resection for Intrahepatic, Hilar, and Distal Cholangiocarcinoma, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 18巻, 3号, pp. 651-658, 201103
  8. Evaluation of the efficacy of daikenchuto (TJ-100) for the prevention of paralytic ileus after pancreaticoduodenectomy: A multicenter, double-blind, randomized, placebo-controlled trial, SURGERY, 159巻, 5号, pp. 1333-1341, 201605
  9. Survival effects of adjuvant gemcitabine plus S-1 chemotherapy on pancreatic carcinoma stratified by preoperative resectability status, JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY, 113巻, 4号, pp. 405-412, 20160315
  10. Prognostic Impact of Para-Aortic Lymph Node Micrometastasis in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 23巻, 6号, pp. 2019-2027, 201606
  11. Prognostic value of circulating tumour DNA in patients undergoing curative resection for pancreatic cancer, BRITISH JOURNAL OF CANCER, 115巻, 1号, pp. 59-65, 20160628
  12. Survival impact of neoadjuvant gemcitabine plus S-1 chemotherapy for patients with borderline resectable pancreatic carcinoma with arterial contact, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 79巻, 1号, pp. 37-47, 201701
  13. Sarcopenia is closely associated with pancreatic exocrine insufficiency in patients with pancreatic disease, PANCREATOLOGY, 17巻, 1号, pp. 70-75, 2017
  14. Comparison of the prognostic impact of pre- and post-operative CA19-9, SPan-1, and DUPAN-II levels in patients with pancreatic carcinoma, PANCREATOLOGY, 17巻, 1号, pp. 95-102, 2017
  15. A phase 1 study of gemcitabine/nab-paclitaxel/S-1 (GAS) combination neoadjuvant chemotherapy for patients with locally advanced pancreatic adenocarcinoma, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 79巻, 4号, pp. 775-781, 201704
  16. Prognostic impact of normalization of serum tumor markers following neoadjuvant chemotherapy in patients with borderline resectable pancreatic carcinoma with arterial contact, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 79巻, 4号, pp. 801-811, 201704
  17. Impact of Secreted Protein Acidic and Rich in Cysteine (SPARC) Expression on Prognosis After Surgical Resection for Biliary Carcinoma, JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY, 21巻, 6号, pp. 990-999, 201706

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Borderline Resectable 膵頭部癌に対する肝動脈合併切除を伴う膵頭十二指腸切除の手技の工夫, 近藤 成, 第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年04月, 通常, 愛知県名古屋市
  2. Increased Number of Perineural Invasion is Independently Associated with Poor Survival of Patients with Resectable Pancreatic Cancer., Kondo N, 49th Annual Pancreas Club meeting, 2015年05月, 通常, 英語, Washington, DC, U.S.A
  3. 膵癌切除症例における周術期CA19-9, Span-I, Dupan-II値の予後予測因子としての有用性の比較検討, 近藤 成, 第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2015年06月, 通常, 東京都
  4. メロペネムの膵液への移行に関する薬物動態とグラム陰性桿菌に対する至適投薬, 近藤 成, 第46回日本膵臓学会大会, 2015年06月, 通常, 愛知県名古屋市
  5. Borderline Resectable 膵頭部癌に対する肝動脈合併切除を伴う膵頭十二指腸切除の手技の工夫, 近藤 成, 第70回日本消化器外科学会総会, 2015年07月, 通常, 静岡県浜松市
  6. 肝門部胆管癌に対するGemcitabineおよびS-1を用いた術後補助化学療法による集学的治療の意義, 近藤 成, 第51回日本胆道学会学術集会, 2015年09月, 通常, 栃木県宇都宮市
  7. 80歳以上の高齢者に対する膵頭十二指腸切除術の手術成績の検討, 近藤 成, 第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月, 通常, 福岡県福岡市
  8. N. Kondo,, N. Kondo,.Y. Murakami, K. Uemura, N. Nakagawa, K. Urabe, T. Sueda, Pancreas Club 2016, 2016年05月20日, 通常, 英語, San Diego USA
  9. 膵癌・胆道癌に対するGemcitabine-based Adjuvant chemotherapyにおけるhENT1/RRM1腫瘍内発現の効果予後予測因子としての意義  , 近藤 成, 村上義昭、上村健一郎 他, 第116回日本外科学会総会 , 2016年04月14日, 通常, 日本語, 大阪府大阪市
  10. N. Kondo,, 第27回日本肝胆膵外科学会総会, 2016年06月02日, 通常, 日本語, 大阪府大阪市
  11. 第71回日本消化器外科学会総会, 2016年07月14日, 通常, 日本語, 徳島県徳島市
  12. N. Kondo,.,  第47回日本膵臓学会総会 , 2016年08月03日, 通常, 日本語, 仙台
  13. 局所進行膵体部癌に対する腹腔動脈合併切除を伴う膵体尾部切除(DP-CAR)の手技と成績, 近藤 成, 村上義昭、上村健一郎 他, 第43回日本膵切研究会, 2016年08月19日, 通常, 日本語, 東京
  14. 局所進行膵体部癌に対する腹腔動脈合併尾側膵切除術(DP-CAR)の安全性・有効性を検証する前向き観察研究, 近藤 成, 村上義昭、上村健一郎 他, 第11回膵癌術前治療研究会, 2016年10月15日, 通常, 日本語, 仙台
  15. 切除可能膵癌に対するSMA神経叢全周温存郭清を伴う膵頭十二指腸切除の手技と成績 , 近藤 成, 村上義昭、上村健一郎 他 , 第78回日本臨床外科学会総会, 2016年11月24日, 通常, 日本語, 東京

受賞

  1. 2016年11月13日, 広島臨床外科医学会賞, 広島医学会会頭

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 膵組織から膵幹細胞の分離方法の確立と、膵外分泌機能不全に対する治療方法の開発, 2014年, 2015年