安井 弥Wataru Yasui

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
大学院医歯薬保健学研究科(医) 医学講座 教授
ホームページ
メールアドレス
wyasuihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
病理学は病気の原因と病態を明らかにする統合の医科学であり、医学・医療の根源をなしています。病理には、病理診断と実験病理の大きなふたつの柱がありますが、私たちの研究室では、どちらに片寄ることなく、地域医療そして先進医療開発と広く医療に貢献しています。

基本情報

主な職歴

  • 1986年04月01日, 1987年06月30日, 広島大学, 病理学第一講座, 助手
  • 1987年07月01日, 1989年04月30日, 米国スクリップス研究所, 研究員
  • 1989年08月01日, 1992年09月30日, 広島大学, 病理学第一講座, 講師
  • 1992年10月01日, 2000年05月31日, 広島大学, 病理学第一講座, 助教授
  • 2000年06月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 病理学第一講座, 教授
  • 2002年04月01日, 広島大学, 分子病理学研究室, 教授
  • 2012年04月01日, 2013年03月31日, 広島大学, 研究企画室, 副理事
  • 2013年03月15日, 広島大学, Distinguished Professor
  • 2014年04月01日, 2017年03月31日, 広島大学, 医歯薬保健学研究院, 研究院長
  • 2014年04月01日, 広島大学, 医歯薬保健学研究科, 研究科長

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 病理学, 日本, 1982年04月, 1986年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1976年04月, 1982年03月

学位

  • 医学博士 (広島大学)
  • 医学士 (広島大学)

教育担当

  • 医学部:医学科, 医歯薬保健学研究科:医歯科学専攻, 医歯薬保健学研究科:医歯薬学専攻

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 人体病理学

研究キーワード

  • 腫瘍分子形態学
  • 分子病理診断
  • 包括的遺伝子発現解析
  • トランスクリプトーム ダイセクション
  • 分子基盤 消化管がん
  • 分子基盤 泌尿器系腫瘍
  • 新規診断・治療標的の同定
  • 非翻訳RNA
  • 遺伝子発現制御とエピジェネティクス
  • がん幹細胞

所属学会

  • 日本病理学会, 1982年
  • 日本癌学会, 1998年
  • 日本胃癌学会, 1998年
  • アメリカ癌学会, 1992年
  • 国際胃癌学会, 1995年
  • 国際病理アカデミー, 1989年
  • 国際消化器発癌学会, 1996年
  • 日本消化器癌発生学会, 1995年
  • 日本臨床細胞学会, 1990年
  • 日本がん転移学会, 1998年
  • 日本消化器病学会, 1994年
  • 分子病理学研究会, 1989年
  • 日本分子腫瘍マーカー研究会, 1989年
  • 日本生化学会, 1982年

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 医療行動学
  2. 2017年, 学部専門, 集中, 病因病態学
  3. 2017年, 学部専門, 2ターム, 医学研究序論
  4. 2017年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  5. 2017年, 学部専門, 集中, 臨床実習・臨床実践学
  6. 2017年, 学部専門, 集中, アドバンスト医学実習
  7. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  8. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  9. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  10. 2017年, 学部専門, 集中, 病因病態学
  11. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学概論
  12. 2017年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 研究方法概論
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 基礎生命科学コースワーク
  15. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 基礎生命科学コースワーク
  16. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 基礎生命科学コースワーク
  17. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 基礎生命科学コースワーク
  18. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 基礎生命科学コースワーク
  19. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯薬保健学特論
  20. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯薬保健学特論
  21. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯薬保健学特論
  22. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯薬保健学特論
  23. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯薬保健学特論
  24. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯薬保健学特論
  25. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯薬保健学特論
  26. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯薬保健学特論
  27. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯薬保健学特論
  28. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯薬保健学特論
  29. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯薬保健学特論
  30. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯薬保健学特論
  31. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 情報医工学特論
  32. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 情報医工学特論
  33. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 情報医工学特論
  34. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 情報医工学特論
  35. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 情報医工学特論
  36. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 情報医工学特論
  37. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 情報医工学特論
  38. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医工学イノベーション特論
  39. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医工学イノベーション特論
  40. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医工学イノベーション特論
  41. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医工学イノベーション特論
  42. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 健康生活科学
  43. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 健康生活科学
  44. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 健康生活科学
  45. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 健康生活科学
  46. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  47. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), スタートアップ生命科学コースワーク
  48. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), スタートアップ生命科学コースワーク
  49. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), スタートアップ生命科学コースワーク
  50. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), スタートアップ生命科学コースワーク
  51. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), アドバンスド生命科学コースワーク
  52. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), アドバンスド生命科学コースワーク
  53. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), アドバンスド生命科学コースワーク
  54. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), アドバンスド生命科学コースワーク
  55. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), バイオメディカルサイエンスの創生展開
  56. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), バイオメディカルサイエンスの創生展開
  57. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), バイオメディカルサイエンスの創生展開
  58. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), バイオメディカルサイエンスの創生展開
  59. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学特別研究(分子病理学)
  60. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学特別研究(分子病理学)
  61. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), English Presentation
  62. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), English Presentation
  63. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), English Presentation
  64. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), English Presentation
  65. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), English Presentation
  66. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), English Presentation
  67. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), English Presentation
  68. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), English Presentation
  69. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 病因病態学
  70. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学演習(分子病理学)
  71. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学演習(分子病理学)
  72. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子病理学特別演習
  73. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分子病理学特別演習
  74. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子病理学特別実験
  75. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分子病理学特別実験

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. KIF11 Is Required for Spheroid Formation by Oesophageal and Colorectal Cancer Cells, ANTICANCER RESEARCH, 37巻, 1号, pp.47-pp.55, JAN 2017
  2. Overexpression of Transmembrane Protein BST2 is Associated with Poor Survival of Patients with Esophageal, Gastric, or Colorectal Cancer, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 24巻, 2号, pp.594-pp.602, FEB 2017
  3. KIFC1 induces resistance to docetaxel and is associated with survival of patients with prostate cancer, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 35巻, 1号, JAN 2017
  4. BRAF(V600E) cooperates with CDX2 inactivation to promote serrated colorectal tumorigenesis, ELIFE, 6巻, JAN 10 2017
  5. Clinicopathological significance of SPC18 in colorectal cancer: SPC18 participates in tumor progression, CANCER SCIENCE, 108巻, 1号, pp.143-pp.150, JAN 2017
  6. Characteristic expression of fukutin in gastric cancer among atomic bomb survivors, ONCOLOGY LETTERS, 13巻, 2号, pp.937-pp.941, FEB 2017
  7. SIX1 maintains tumor basal cells via transforming growth factor- pathway and associates with poor prognosis in esophageal cancer, CANCER SCIENCE, 108巻, 2号, pp.216-pp.225, FEB 2017
  8. Regeneration of rat corpora cavernosa tissue by transplantation of CD133(+) cells derived from human bone marrow and placement of biodegradable gel sponge sheet, ASIAN JOURNAL OF ANDROLOGY, 19巻, 2号, pp.203-pp.207, MAR-APR 2017
  9. Mesenchymal Stem Cells Induce Epithelial to Mesenchymal Transition in Colon Cancer Cells through Direct Cell-to-Cell Contact, NEOPLASIA, 19巻, 5号, pp.429-pp.438, MAY 2017
  10. The Expression of BTS-2 Enhances Cell Growth and Invasiveness in Renal Cell Carcinoma, ANTICANCER RESEARCH, 37巻, 6号, pp.2853-pp.2860, JUN 2017
  11. Regression of Cecal MALT Lymphoma after Antibiotic Treatment in a Patient with Helicobacter pylori Infection, INTERNAL MEDICINE, 55巻, 2号, pp.135-pp.139, 2016
  12. TSPAN8, identified by Escherichia coli ampicillin secretion trap, is associated with cell growth and invasion in gastric cancer, GASTRIC CANCER, 19巻, 2号, pp.370-pp.380, APL 2016
  13. Fukutin, identified by the Escherichia coli ampicillin secretion trap (CAST) method, participates in tumor progression in gastric cancer, GASTRIC CANCER, 19巻, 2号, pp.443-pp.452, APR 2016
  14. A case of tubulocystic carcinoma of the kidney with aggressive features, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 34巻, 4号, pp.307-pp.311, APR 2016
  15. Mouse model of proximal colon-specific tumorigenesis driven by microsatellite instability-induced Cre-mediated inactivation of Apc and activation of Kras, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 51巻, 5号, pp.447-pp.457, MAY 2016
  16. Induction of KIFC1 expression in gastric cancer spheroids, ONCOLOGY REPORTS, 36巻, 1号, pp.349-pp.355, JUL 2016
  17. Multikinase inhibitor regorafenib inhibits the growth and metastasis of colon cancer with abundant stroma, CANCER SCIENCE, 107巻, 5号, pp.601-pp.608, MAY 2016
  18. The transcribed-ultraconserved regions in prostate and gastric cancer: DNA hypermethylation and microRNA-associated regulation, ONCOGENE, 35巻, 27号, pp.3598-pp.3606, JUL 7 2016
  19. Regulation of multidrug resistance 1 expression by CDX2 in ovarian mucinous adenocarcinoma, CANCER MEDICINE, 5巻, 7号, pp.1546-pp.1555, JUL 2016
  20. Increased Calcineurin A Expression Is Associated with a Lower Relapse-Free Survival Rate after Colorectal Cancer Surgery, PATHOBIOLOGY, 83巻, 6号, pp.308-pp.315, 2016
  21. KRAS mutation leads to decreased expression of regulator of calcineurin 2, resulting in tumor proliferation in colorectal cancer, ONCOGENESIS, 5巻, AUG 2016
  22. Intrahepatic cholangiocarcinoma coinciding with a liver metastasis from a rectal carcinoma: a case report, SURGICAL CASE REPORTS, 2巻, SEP 9 2016
  23. ALK(R1275Q) perturbs extracellular matrix, enhances cell invasion and leads to the development of neuroblastoma in cooperation with MYCN, ONCOGENE, 35巻, 34号, pp.4447-pp.4458, AUG 2016
  24. Balloon Cell Malignant Melanoma in a Young Female: A Case Report and Review of the Literature, CASE REPORTS IN ONCOLOGY, 9巻, 1号, pp.262-pp.266, 2016
  25. Overexpression of KIF11 in Gastric Cancer with Intestinal Mucin Phenotype, PATHOBIOLOGY, 84巻, 1号, pp.16-pp.24, SEP 2016
  26. Clinicopathologic characteristics and management of minute esophageal lesions diagnosed by narrow-band imaging endoscopy, ENDOSCOPY INTERNATIONAL OPEN, 4巻, 9号, pp.E927-pp.E932, SEP 2016
  27. Pure invasive micropapillary carcinoma of the esophagogastric junction with lymph nodes and liver metastasis, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 66巻, 10号, pp.583-pp.586, OCT 2016
  28. Gasdermin C Is Upregulated by Inactivation of Transforming Growth Factor beta Receptor Type II in the Presence of Mutated Apc, Promoting Colorectal Cancer Proliferation, PLOS ONE, 11巻, 11号, NOV 11 2016
  29. Russell body gastritis concurrent with eosinophilia: a case report, Hiroshima J Med Sci, 65巻, 3-4号, pp.69-pp.72, 2016
  30. 広島県腫瘍登録における食道腫瘍の組織型別登録数・登録割合の検討, JACR Monograph, 22巻, pp.28-pp.37, 2016
  31. 情報学・医学・工学の大学間連携教育プログラムとトランスレーショナルリサーチ, 日本神経回路学会誌, 23巻, 4号, pp.129-pp.134, 2016
  32. 大学間連携による医学・情報学・工学の異分野融合教育の実践と今後の展望:臨床情報医工学に卓越した先進医療をチームで担う人材育成, 医療情報学, 36巻, pp.1018-pp.1021, 2016
  33. 皮膚軟部組織感染、敗血症を来たし死亡したAeromonas sobria感染症の1症例, 麻酔と蘇生, 52巻, 1号, pp.3-pp.6, 2016
  34. 甲状腺ワルチン腫瘍様乳頭癌の1例, 広島医学, 69巻, 11号, pp.749-pp.751, 2016
  35. 希少腫瘍における捺印細胞診と穿刺吸引細胞診像の比較, 広島県臨床細胞学会誌, 37巻, pp.43-pp.50, 2016
  36. Chlorinated Water Modulates the Development of Colorectal Tumors with Chromosomal Instability and Gut Microbiota in Apc-Deficient Mice, PLOS ONE, 10巻, 7号, JUL 17 2015
  37. Characteristic miR-24 Expression in Gastric Cancers among Atomic Bomb Survivors, PATHOBIOLOGY, 82巻, 2号, pp.68-pp.75, 2015
  38. Vasculo-smooth muscle hamartomatous structure is linked to morphogenesis of colorectal polypoid adenoma, MEDICAL MOLECULAR MORPHOLOGY, 48巻, 2号, pp.112-pp.115, JUN 2015
  39. Clinicopathologic and molecular characteristics of gastric cancer showing gastric and intestinal mucin phenotype, CANCER SCIENCE, 106巻, 8号, pp.951-pp.958, AUG 2015
  40. Aberrant DNA Methylation of DLX4 and SIM1 is a Predictive Marker for Disease Progression of Uterine Cervical Low-Grade Squamous Intraepithelial Lesion, DIAGNOSTIC CYTOPATHOLOGY, 43巻, 6号, pp.462-pp.470, JUN 2015
  41. High-grade epithelial-myoepithelial carcinoma of the parotid gland with mucous cell differentiation, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 65巻, 9号, pp.490-pp.494, SEP 2015
  42. Significance of miR-148a in Colorectal Neoplasia: Downregulation of miR-148a Contributes to the Carcinogenesis and Cell Invasion of Colorectal Cancer, PATHOBIOLOGY, 82巻, 5号, pp.233-pp.241, 2015
  43. The relationship between inflammation and neoangiogenesis of epicardial adipose tissue and coronary atherosclerosis based on computed tomography analysis, ATHEROSCLEROSIS, 243巻, 1号, pp.293-pp.299, NOV 2015
  44. Stochastic resonance enhanced tactile feedback in laparoscopic surgery, SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 29巻, 12号, pp.3811-pp.3818, DEC 2015
  45. The Potential Role of Inflammation Associated with Interaction between Osteopontin and CD44 in a Case of Pulmonary Tumor Thrombotic Microangiopathy Caused by Breast Cancer, INTERNAL MEDICINE, 54巻, 22号, pp.2877-pp.2880, 2015
  46. TEM1 expression in cancer-associated fibroblasts is correlated with a poor prognosis in patients with gastric cancer, CANCER MEDICINE, 4巻, 11号, pp.1667-pp.1678, NOV 2015
  47. 胃癌診療に必要な基礎知識:胃癌の遺伝子異常, 臨床消化器内科, 30巻, 7号, pp.773-pp.777, 2015
  48. 専門医のためのアトラス「管状腺腫(腸型と胃型), 胃がんperspective, 8巻, 2号, pp.104-pp.108, 2015
  49. 大腸癌とタイトジャンクション, G.I. Research, 23巻, 6号, pp.501-pp.506, 2015
  50. Alpha-fetoprotein-producing clear cell carcinoma of the gallbladder with neuroendocrine differentiation, MEDICAL MOLECULAR MORPHOLOGY, 47巻, 1号, pp.54-pp.56, MAR 2014
  51. Canonical Wnt signals combined with suppressed TGF beta/BMP pathways promote renewal of the native human colonic epithelium, GUT, 63巻, 4号, pp.610-pp.621, APR 2014
  52. Clinicopathological significance of MMP-7, laminin gamma 2 and EGFR expression at the invasive front of gastric carcinoma, GASTRIC CANCER, 17巻, 3号, pp.412-pp.422, JUL 2014
  53. High miR-21 expression from FFPE tissues is associated with poor survival and response to adjuvant chemotherapy in colon cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 134巻, 8号, pp.1926-pp.1934, APR 15 2014
  54. Identification of Novel Transmembrane Proteins in Scirrhous-Type Gastric cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap (CAST) Method: TM9SF3 Participates in Tumor Invasion and Serves as a Prognostic Factor, PATHOBIOLOGY, 81巻, 3号, pp.138-pp.148, 2014
  55. Identification of PRL1 as a novel diagnostic and therapeutic target for castration-resistant prostate cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap (CAST) method, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 32巻, 6号, pp.769-pp.778, AUG 2014
  56. MicroRNA-143 regulates collagen type III expression in stromal fibroblasts of scirrhous type gastric cancer, CANCER SCIENCE, 105巻, 2号, pp.228-pp.235, FEB 2014
  57. MicroRNA-145 is a potential prognostic factor of scirrhous type gastric cancer, ONCOLOGY REPORTS, 32巻, 4号, pp.1720-pp.1726, OCT 2014
  58. MicroRNA-148a is downregulated in gastric cancer, targets MMP7, and indicates tumor invasiveness and poor prognosis, CANCER SCIENCE, 105巻, 2号, pp.236-pp.243, FEB 2014
  59. NRD1, which encodes nardilysin protein, promotes esophageal cancer cell invasion through induction of MMP2 and MMP3 expression, CANCER SCIENCE, 105巻, 1号, pp.134-pp.140, JAN 2014
  60. Oligophrenin-1 Is Associated with Cell Adhesion and Migration in Prostate Cancer, PATHOBIOLOGY, 81巻, 4号, pp.190-pp.198, 2014
  61. Overexpression of ZDHHC14 promotes migration and invasion of scirrhous type gastric cancer, ONCOLOGY REPORTS, 32巻, 1号, pp.403-pp.410, JUL 2014
  62. Signal peptidase complex 18, encoded by SEC11A, contributes to progression via TGF-alpha secretion in gastric cancer, ONCOGENE, 33巻, 30号, pp.3918-pp.3926, JUL 24 2014
  63. Canonical Wnt signals combined with suppressed TGF beta/BMP pathways promote renewal of the native human colonic epithelium, GUT, 63巻, 4号, pp.610-pp.621, 2014
  64. Interaction between bone marrow-derived mesenchymal stem cells and tumor cells induces expression of fibronectin in human colon cancer cells, CANCER RESEARCH, 74巻, 19号, 2014
  65. 座談会: 胃がん診療における病理医の果たす役割~現状と今後~, 胃がんperspective, 7巻, 3号, pp.153-pp.161, 2014
  66. スキルス胃癌:分子病理と治療標的, 日本臨床, 72巻, 1号, pp.628-pp.631, 2014
  67. スキルス胃癌の分子生物学と発癌機序, 日本臨床, 72巻, 1号, pp.615-pp.618, 2014
  68. CPC解説:術後にPulmonary tumor thrombotic microangiopathyを合併した乳腺扁平上皮癌の一剖検例, 病理と臨床, 32巻, 8号, pp.901-pp.906, 2014
  69. 学生の声:病理の魅力と病理への提言, 病理と臨床, 32巻, 8号, pp.918-pp.920, 2014
  70. 茎捻転を伴ったMeckel憩室による小腸絞扼性イレウスの1例, 日本臨床外科学会雑誌, 75巻, 9号, pp.112-pp.115, 2014
  71. 化生性胸腺腫の1例, 日本臨床外科学会雑誌, 75巻, 2号, pp.360-pp.364, 2014
  72. 予備的研究:原爆被爆者肺腺がんにおけるALK遺伝子再配列の解析, 広島医学, 67巻, 4号, pp.361-pp.364, 2014
  73. 原爆被爆者の大腸癌におけるマイクロサテライト不安定性とMLH1の変化, 広島医学, 67巻, 4号, pp.356-pp.360, 2014
  74. Combining Molecular Targeted Drugs to Inhibit Both Cancer Cells and Activated Stromal Cells in Gastric Cancer, NEOPLASIA, 15巻, 12号, pp.1391-pp.1399, DEC 2013
  75. Decreased FANCJ caused by 5FU contributes to the increased sensitivity to oxaliplatin in gastric cancer cells, GASTRIC CANCER, 16巻, 3号, pp.345-pp.354, JUL 2013
  76. Eosinophilic coronary periarteritis (vasospastic angina and sudden death), a new type of coronary arteritis: report of seven autopsy cases and a review of the literature, VIRCHOWS ARCHIV, 462巻, 2号, pp.239-pp.248, FEB 2013
  77. Expression of olfactomedin 4 and claudin-18 in serrated neoplasia of the colorectum: a characteristic pattern is associated with sessile serrated lesion, HISTOPATHOLOGY, 62巻, 7号, pp.1018-pp.1027, JUN 2013
  78. Expression of podoplanin/D2-40 in pericryptal stromal cells in superficial colorectal epithelial neoplasia, MEDICAL MOLECULAR MORPHOLOGY, 46巻, 1号, pp.20-pp.23, MAR 2013
  79. Improved PCR amplification for molecular analysis using DNA from long-term preserved formalin-fixed, paraffin-embedded lung cancer tissue specimens, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL PATHOLOGY, 6巻, 1号, pp.76-pp.79, 2013
  80. Meeting Report "MicroRNAs in Cancer: The 22nd Hiroshima Cancer Seminar/the 4th Japanese Association for RNA interference Joint International Symposium, 30 August 2012, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 43巻, pp.579-pp.582, 2013
  81. MicroRNA-155 is a predictive marker for survival in patients with clear cell renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 20巻, 5号, pp.468-pp.477, MAY 2013
  82. MicroRNAs in Cancer: The 22nd Hiroshima Cancer Seminar/The 4th Japanese Association for RNA Interference Joint International Symposium, 30 August 2012, Grand Prince Hotel Hiroshima, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 43巻, 5号, pp.579-pp.582, MAY 2013
  83. New molecular staging with G-factors (VEGF-C and Reg IV) by supplementing TNM classification in colorectal cancers, ONCOLOGY REPORTS, 30巻, 6号, pp.2609-pp.2616, DEC 2013
  84. Resistin-Like Molecule Is Abundantly Expressed in Foam Cells and Is Involved in Atherosclerosis Development, ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY, 33巻, 8号, pp.1986-pp.1993, AUG 2013
  85. Stroma-directed imatinib therapy impairs the tumor-promoting effect of bone marrow-derived mesenchymal stem cells in an orthotopic transplantation model of colon cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 132巻, 4号, pp.813-pp.823, FEB 15 2013
  86. The Search for Secreted Proteins in Prostate Cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap: Expression of NBL1 Is Highly Restricted to the Prostate and Is Related to Cancer Progression, PATHOBIOLOGY, 80巻, 2号, pp.60-pp.69, 2013
  87. A possible therapeutic agent for pulmonary fibrosis: Antibody against integrin alpha 8 beta 1, EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL, 42巻, 2013
  88. Eosinophilic coronary periarteritis (vasospastic angina and sudden death), a new type of coronary arteritis: report of seven autopsy cases and a review of the literature (vol 462, pg 239, 2013), VIRCHOWS ARCHIV, 462巻, 3号, pp.369-pp.369, 2013
  89. Interaction between bone marrow-derived mesenchymal stem cells and tumor cells induces metallothionein gene expression in human colon cancer, CANCER RESEARCH, 73巻, 8号, 2013
  90. Search for biomarkers of stage II/III gastric cancer and development of individualized therapy., JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 31巻, 15号, 2013
  91. 病理夏の学校の意義と今後への期待, 病理と臨床, 31巻, 5号, pp.580-pp.582, 2013
  92. Claudin-based paracellular proton barrier in the stomach, ANN NY ACADEMY OF SCIENCE, 1258巻, pp.108-pp.114, 2012
  93. Clinicopathological features of minute pharyngeal lesions diagnosed by narrow-band imaging endoscopy and biopsy, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 18巻, 44号, pp.6468-pp.6474, NOV 28 2012
  94. Cytokeratin 7 is a Predictive Marker for Survival in Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 19巻, 6号, pp.1902-pp.1910, JUN 2012
  95. Cytokeratin Expression Profiling in Gastric Carcinoma: Clinicopathologic Significance and Comparison with Tumor-Associated Molecules, PATHOBIOLOGY, 79巻, 3号, pp.154-pp.161, 2012
  96. Deficiency of Claudin-18 Causes Paracellular H+ Leakage, Up-regulation of Interleukin-1 beta, and Atrophic Gastritis in Mice, GASTROENTEROLOGY, 142巻, 2号, pp.292-pp.304, FEB 2012
  97. Expression of cancer stem cell markers ALDH1, CD44 and CD133 in primary tumor and lymph node metastasis of gastric cancer, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 2号, pp.112-pp.119, FEB 2012
  98. Infantile adenomyoma subclinically excreted into the patient's diaper, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 8号, pp.532-pp.537, AUG 2012
  99. Liver-intestine cadherin induction by epidermal growth factor receptor is associated with intestinal differentiation of gastric cancer, CANCER SCIENCE, 103巻, 9号, pp.1744-pp.1750, SEP 2012
  100. Meeting Report “Recent Progress in Carcinogenesis, Progression and Management of Upper GI Cancer: The 21st Hiroshima Cancer Seminar-the 5th Three Universities’ Consortium International Symposium, November 2011, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 42巻, pp.351-pp.356, 2012
  101. Olfactomedin-4 is a glycoprotein secreted into mucus in active IBD, JOURNAL OF CROHNS & COLITIS, 6巻, 4号, pp.425-pp.434, MAY 2012
  102. Presence of vascular adventitial fibroblastic cells in diffuse-type gastric carcinomas, JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY, 57巻, 9号, pp.970-pp.972, SEP 2004
  103. Primary mammary mucinous cystadenocarcinoma: Cytological and histological findings, DIAGNOSTIC CYTOPATHOLOGY, 40巻, 7号, pp.624-pp.628, JUL 2012
  104. Reg IV Is a Direct Target of Intestinal Transcriptional Factor CDX2 in Gastric Cancer, PLOS ONE, 7巻, 11号, NOV 2 2012
  105. Upregulation of HOXA10 in gastric cancer with the intestinal mucin phenotype: reduction during tumor progression and favorable prognosis, CARCINOGENESIS, 33巻, 5号, pp.1081-pp.1088, 2012
  106. 胃癌におけるトランスレーショナルリサーチ, 消化器外科, 35巻, pp.153-pp.159, 2012
  107. 胃の前癌性病変におけるエピジェネティックな異常, Helicobacter Research, 16巻, 1号, pp.119-pp.122, 2012
  108. スキルス胃癌発生の分子機構, 臨床消化器内科, 27巻, 9号, pp.1181-pp.1184, 2012
  109. 座談会: がんの多発、再発は予知可能か~新たな分子診断の展開~, 胃がんperspective, 5巻, 3号, pp.147-pp.155, 2012
  110. 病理学の研究推進と病理学会カンファレンスの意義, 病理と臨床, 30巻, 6号, pp.686-pp.688, 2012
  111. 文献紹介:AKTによる非対称性分裂の制御, 胃がんPerspective, 5巻, 3号, pp.190-pp.193, 2012
  112. 横行結腸切除術を施行した1例, 日本消化器外科学会雑誌, 6巻, 7号, pp.1187-pp.1193, 2012
  113. SAGE法を用いた食道扁平上皮癌の解析:食道扁平上皮癌の新規マーカーNRD1の同定, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 27巻, pp.71-pp.72, 2012
  114. 広島県組織「腫瘍登録」の現状とその「地域がん登録」に果たす役割について −特に広島県医師会「腫瘍登録室」の沿革と事業内容について, 広島医学, 65巻, 6号, pp.426-pp.433, 2012
  115. A Functional Single Nucleotide Polymorphism in Mucin 1, at Chromosome 1q22, Determines Susceptibility to Diffuse-Type Gastric Cancer, GASTROENTEROLOGY, 140巻, 3号, pp.892-pp.902, MAR 2011
  116. Anti-stromal therapy with imatinib inhibits growth and metastasis of gastric carcinoma in an orthotopic nude mouse model, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 128巻, 9号, pp.2050-pp.2062, MAY 1 2011
  117. Desmocollin 2 is a new immunohistochemical marker indicative of squamous differentiation in urothelial carcinoma, HISTOPATHOLOGY, 59巻, 4号, pp.710-pp.721, OCT 2011
  118. Future Perspective of Gastric Cancer Treatment - From Bench to Bedside - , PATHOBIOLOGY, 78巻, pp.293-pp.294, 2011
  119. Identification of Transmembrane Protein in Prostate Cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap: Expression of CDON Is Involved in Tumor Cell Growth and Invasion, PATHOBIOLOGY, 78巻, 5号, pp.277-pp.284, 2011
  120. Meeting Report "Recent progress in carcinogenesis, progression and therapy of breast cancer. The 20th Hiroshima Cancer Seminar-the 4th Three Universities' Consortium International Symposium, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 41巻, pp.924-pp.930, 2011
  121. Molecular pathology of gastric cancer: Research and practice, PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 207巻, 10号, pp.608-pp.612, 2011
  122. Serum concentration and expression of Reg IV in patients with esophageal cancer: Age-related elevation of serum Reg IV concentration, ONCOLOGY LETTERS, 2巻, 2号, pp.235-pp.239, MAR-APR 2011
  123. トランスレーショナルリサーチに向けた病理学的研究-消化管がんの新規診断マーカー・治療標的の同定, 日本薬理学会誌, 137巻, 3号, pp.146-pp.149, 2011
  124. 消化器癌におけるmicroRNAの意義, 日本臨床, 69巻, pp.103-pp.107, 2011
  125. 網羅的検索から見出した新規腫瘍マーカー, Current Therapy, 29巻, 12号, pp.1109-pp.1112, 2011
  126. DSC2は膀胱扁平上皮癌成分の検出に有用な新規マーカーである, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 26巻, pp.34-pp.35, 2011
  127. 腸型粘液形質を有する胃癌におけるDSC2の診断マーカーとしての意義, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 26巻, pp.36-pp.37, 2011
  128. Chemoprevention by nonsteroidal anti-inflammatory drugs eliminates oncogenic intestinal stem cells via SMAC-dependent apoptosis, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 107巻, 46号, pp.20027-pp.20032, NOV 16 2010
  129. Expression of platelet-derived growth factor (PDGF)-B and PDGF-receptor beta is associated with lymphatic metastasis in human gastric carcinoma, CANCER SCIENCE, 101巻, 9号, pp.1984-pp.1989, SEP 2010
  130. Immunohistochemical analysis of colorectal cancer with gastric phenotype: Claudin-18 is associated with poor prognosis, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 60巻, 10号, pp.673-pp.680, OCT 2010
  131. Immunostaining of gastric cancer with neuroendocrine differentiation: Reg IV-positive neuroendocrine cells are associated with gastrin, serotonin, pancreatic polypeptide and somatostatin, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 60巻, 4号, pp.291-pp.297, APR 2010
  132. Mesenchymal stem cells enhance growth and metastasis of colon cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 127巻, 10号, pp.2323-pp.2333, NOV 15 2010
  133. Olfactomedin 4 (GW112, hGC-1) is an independent prognostic marker for survival in patients with colorectal cancer, EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE, 1巻, 1号, pp.73-pp.78, JAN-FEB 2010
  134. Relation between microRNA expression and progression and prognosis of gastric cancer: a microRNA expression analysis, LANCET ONCOLOGY, 11巻, 2号, pp.136-pp.146, FEB 2010
  135. Search for transmembrane protein in gastric cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap: expression of DSC2 in gastric cancer with intestinal phenotype, JOURNAL OF PATHOLOGY, 221巻, 3号, pp.275-pp.284, JUL 2010
  136. Serial analysis of gene expression of esophageal squamous cell carcinoma: ADAMTS16 is upregulated in esophageal squamous cell carcinoma, CANCER SCIENCE, 101巻, 4号, pp.1038-pp.1044, APR 2010
  137. Upregulation of Connexin 30 in Intestinal Phenotype Gastric Cancer and Its Reduction during Tumor Progression, PATHOBIOLOGY, 77巻, 5号, pp.241-pp.248, 2010
  138. Wnt5a signaling is involved in the aggressiveness of prostate cancer and expression of metalloproteinase, ONCOGENE, 29巻, 14号, pp.2036-pp.2046, APR 8 2010
  139. CDX2 Regulates Multidrug Resistance 1 Gene Expression in Malignant Intestinal Epithelium, CANCER RESEARCH, 70巻, 17号, pp.6767-pp.6778, 2010
  140. Serial analysis of gene expression of esophageal squamous cell carcinoma: ADAMTS16 is upregulated in esophageal squamous cell carcinoma, CANCER SCIENCE, 101巻, 4号, pp.1038-pp.1044, 2010
  141. Potential role for vascular endothelial growth factor-D as an autocrine factor for human gastric carcinoma cells, CANCER SCIENCE, 101巻, 10号, pp.2121-pp.2127, 2010
  142. 内視鏡の読み方:消化管濾胞性リンパ腫, 臨床消化器内科, 25巻, 6号, pp.741-pp.745, 2010
  143. 専門医のためのアトラス:胃癌原発巣と転移巣の組織像, 胃癌Perspective, 3巻, 4号, pp.256-pp.261, 2010
  144. 座談会:胃癌研究の目指すもの, 胃癌Perspective, 3巻, 4号, pp.225-pp.235, 2010
  145. 腫瘍登録からみた広島県における中枢神経系腫瘍の実態, JACR Monograph, 15巻, pp.38-pp.43, 2010
  146. 胃型粘液形質と関連するclaudin-18 の大腸癌予後不良マーカーとしての意義, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 25巻, pp.25-pp.26, 2010
  147. SAGE 法による食道扁平上皮癌の新規マーカーADAMTS16 の同定, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 25巻, pp.39-pp.40, 2010
  148. Reg IVの前立腺癌における予後予測因子、血清腫瘍マーカーとしての有用性, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 25巻, pp.57-pp.58, 2010
  149. 大腸癌におけるOlfactomedin 4 の予後予測・血清診断マーカーとしての意義, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 25巻, pp.63-pp.64, 2010
  150. 上皮性、間葉性悪性腹水を呈した子宮体部異所性癌肉腫の1例, 広島医学, 63巻, 11号, pp.751-pp.755, 2010
  151. Characteristic gene expression in stromal cells of gastric cancers among atomic-bomb survivors, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 124巻, 5号, pp.1112-pp.1121, MAR 1 2009
  152. h-prune Is an Independent Prognostic Marker for Survival in Esophageal Squamous Cell Carcinoma, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 16巻, 5号, pp.1390-pp.1396, MAY 2009
  153. Identification of Nectin-4 Oncoprotein as a Diagnostic and Therapeutic Target for Lung Cancer, CANCER RESEARCH, 69巻, 16号, pp.6694-pp.6703, AUG 15 2009
  154. Immunohistochemical analysis of Reg IV in urogenital organs: Frequent expression of Reg IV in prostate cancer and potential utility as serum tumor marker, ONCOLOGY REPORTS, 21巻, 1号, pp.95-pp.100, JAN 2009
  155. Laminin gamma 2 Mediates Wnt5a-Induced Invasion of Gastric Cancer Cells, GASTROENTEROLOGY, 137巻, 1号, pp.242-pp.252, JUL 2009
  156. Meeting Report "Recent Progress in Pathogenesis and Management of Colorectal Cancer: The Eighteenth International Symposium of Hiroshima Cancer Seminar, November 2008, CANCER SCIENCE, 100巻, pp.978-pp.981, 2009
  157. Reg IV enhances peritoneal metastasis in gastric carcinomas, CELL PROLIFERATION, 42巻, 1号, pp.110-pp.121, FEB 2009
  158. Serum olfactomedin 4 (GWI 12, hGC4) in combination with Reg IV is a highly sensitive biomarker for gastric cancer patients, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 125巻, 10号, pp.2383-pp.2392, NOV 15 2009
  159. Transcriptome dissection of gastric cancer: Identification of novel diagnostic and therapeutic targets from pathology specimens, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 59巻, 3号, pp.121-pp.136, MAR 2009
  160. Recent progress in pathogenesis and management of colorectal cancer. Eighteenth International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, November 2008, CANCER SCIENCE, 100巻, 5号, pp.978-pp.981, 2009
  161. トランスレーショナルリサーチと病理学, 病理と臨床, 27巻, pp.341-pp.345, 2009
  162. 病理材料を用いたSAGE法によるトランスクリプトーム解析, 医学のあゆみ, 229巻, pp.949-pp.953, 2009
  163. SAGE法・CAST法を用いた胃がんの新規診断・治療標的の探索, 胃癌Perspective, 2巻, 2号, pp.93-pp.97, 2009
  164. 座談会:胃癌診断の今昔-マクロとミクロの時代,そして分子マーカーへ-, 胃癌Perspective, 2巻, pp.4-pp.19, 2009
  165. 胃癌に対する分子標的治療と個別化医療, 消化器内視鏡, 21巻, 5号, pp.788-pp.793, 2009
  166. 胃癌の発生・進展の分子機構, 細胞, 41巻, 12号, pp.482-pp.485, 2009
  167. 広島市における小児がんの罹患・死亡・生存率, JACR Monograph, 14巻, pp.70-pp.71, 2009
  168. 腫瘍登録からみた広島県における皮膚腫瘍の実態, JACR Monograph, 14巻, pp.66-pp.67, 2009
  169. Olfactomedin 4 は胃癌の新規血清腫瘍マーカーであり、血清 Olfactomedin 4 と Reg IV の組合わせは感度の高い胃癌検出法である, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 24巻, pp.39-pp.41, 2009
  170. Gene expression profiling with microarray and SAGE identifies PLUNC as a marker for hepatoid adenocarcinoma of the stomach, MODERN PATHOLOGY, 21巻, 4号, pp.464-pp.475, APR 2008
  171. Genetic variation in PSCA is associated with susceptibility to diffuse-type gastric cancer, NATURE GENETICS, 40巻, 6号, pp.730-pp.740, JUN 2008
  172. High mobility group box-1-inducible melanoma inhibitory activity is associated with nodal metastasis and lymphangiogenesis in oral squamous cell carcinoma, CANCER SCIENCE, 99巻, 9号, pp.1806-pp.1812, SEP 2008
  173. Immunohistochemical staining of Reg IV and claudin-18 is useful in the diagnosis of gastrointestinal signet ring cell carcinoma, AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY, 32巻, 8号, pp.1182-pp.1189, AUG 2008
  174. In Silico analysis of Gastric carcinoma Serial Analysis of Gene Expression libraries reveals different profiles associated with ethnicity, MOLECULAR CANCER, 7巻, FEB 27 2008
  175. Overexpression of RegIV in peritoneal dissemination of gastric cancer and its potential as a novel marker for the detection of peritoneal micrometastasis, ANTICANCER RESEARCH, 28巻, 2B号, pp.1169-pp.1179, MAR-APR 2008
  176. Positive immunohistochemical staining of gamma H2AX is associated with tumor progression in gastric cancers from radiation-exposed patients, ONCOLOGY REPORTS, 20巻, 5号, pp.1131-pp.1136, NOV 2008
  177. Presence of perivenular elastic fibers in nonalcoholic steatohepatitis Fibrosis Stage III, HISTOLOGY AND HISTOPATHOLOGY, 23巻, 4号, pp.407-pp.409, APR 2008
  178. Protection of telomeres 1 protein levels are associated with telomere length in gastric cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 21巻, 5号, pp.599-pp.604, MAY 2008
  179. Reg IV expression is associated with cell growth and prognosis of adenoid cystic carcinoma in the salivary gland, HISTOPATHOLOGY, 53巻, 6号, pp.667-pp.675, DEC 2008
  180. Reg IV is an independent prognostic factor for relapse in patients with clinically localized prostate cancer, CANCER SCIENCE, 99巻, 8号, pp.1570-pp.1577, AUG 2008
  181. RET/PTC rearrangements preferentially occurred in papillary thyroid cancer among atomic bomb survivors exposed to high radiation dose, CANCER RESEARCH, 68巻, 17号, pp.7176-pp.7182, SEP 1 2008
  182. Vascular Endothelial Growth Factor C Stimulates Progression of Human Gastric Cancer via Both Autocrine and Paracrine Mechanisms, CLINICAL CANCER RESEARCH, 14巻, 22号, pp.7205-pp.7214, NOV 15 2008
  183. Presence of perivenular elastic fibers in nonalcoholic steatohepatitis Fibrosis Stage III, HISTOLOGY AND HISTOPATHOLOGY, 23巻, 4号, pp.407-pp.409, 2008
  184. Protection of telomeres 1 protein levels are associated with telomere length in gastric cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 21巻, 5号, pp.599-pp.604, 2008
  185. Radiation therapy for Cancer - The Fifteenth Anniversary of Hiroshima Cancer Seminar Foundation, the Seventeenth International Symposium of Hiroshima Cancer Seminar, November 2007, CANCER SCIENCE, 99巻, 6号, pp.1287-pp.1291, 2008
  186. Immunohistochemical staining of Reg IV and claudin-18 is useful in the diagnosis of gastrointestinal signet ring cell carcinoma, AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY, 32巻, 8号, pp.1182-pp.1189, 2008
  187. Olfactomedin 4 and Reg IV: Novel Serum Biomarkers for Gastric Cancer Patients, TUMOR BIOLOGY, 29巻, pp.67-pp.67, 2008
  188. Immunohistochemical Analysis and Serum Concentration of Reg IV in Patients with Esophageal Cancer, TUMOR BIOLOGY, 29巻, pp.79-pp.79, 2008
  189. がんとmicroRNA, 病理と臨床, 26巻, 3号, pp.310-pp.311, 2008
  190. がんの分子病理診断の現状と展望, 病理と臨床, 26巻, 3号, pp.660-pp.664, 2008
  191. 地域がん登録と病理組織登録, 病理と臨床, 26巻, 12号, pp.1310-pp.1311, 2008
  192. 胃癌の分子生物学:胃癌のgenetic change, 消化器外科, 31巻, 5号, pp.606-pp.609, 2008
  193. がん登録資料はそのように活用されるのか−広島県でがんは増えているか?−, JACR Monograph, 13巻, pp.31-pp.34, 2008
  194. 血清腫瘍マーカーとしてのReg IVの有用性:大腸癌においてReg IV高値は肝転移と関連している, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 23巻, pp.21-pp.22, 2008
  195. Activation of KIF4A as a prognostic biomarker and therapeutic target for lung cancer, CLINICAL CANCER RESEARCH, 13巻, 22号, pp.6624-pp.6631, NOV 15 2007
  196. Activation of KIF4A as a Prognostic Biomarker and Therapeutic Target for Lung Cancer., CLINICAL CANCER RESEARCH, 13巻, 22号, pp.6624-pp.6631, 20071115
  197. Cancer-testis antigen lymphocyte antigen 6 complex locus K is a serologic biomarker and a therapeutic target for lung and esophageal carcinomas, CANCER RESEARCH, 67巻, 24号, pp.11601-pp.11611, DEC 15 2007
  198. DNA demethylation of Vascular endothelial growth factor-C is associated with gene expression and its possible involvement of lymphangiogenesis in gastric cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 120巻, 8号, pp.1689-pp.1695, APR 15 2007
  199. DNA methylation of the RIZ1 gene is associated with nuclear accumulation of p53 in prostate cancer, CANCER SCIENCE, 98巻, 1号, pp.32-pp.36, JAN 2007
  200. Fibroblast growth factor receptor 1 oncogene partner as a novel prognostic biomarker and therapeutic target for lung cancer, CANCER SCIENCE, 98巻, 12号, pp.1902-pp.1913, DEC 2007
  201. Increased expression of h-prune is associated with tumor progression and poor survival in gastric cancer, CANCER SCIENCE, 98巻, 8号, pp.1198-pp.1205, AUG 2007
  202. Meeting Report "Cancer Stem Cell: The Sixteenth International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, October 2006”, CANCER SCIENCE, 98巻, pp.753-pp.756, 20070101
  203. Melanoma-associated antigen-A1 expression predicts resistance to docetaxel and paclitaxel in advanced and recurrent gastric cancer, ONCOLOGY REPORTS, 18巻, 2号, pp.329-pp.336, AUG 2007
  204. Reg IV is a serum biomarker for gastric cancer patients and predicts response to 5-fluorouracil-based chemotherapy, ONCOGENE, 26巻, 30号, pp.4383-pp.4393, JUN 2007
  205. Serum concentration of Reg IV in patients with colorectal cancer: Overexpression and high serum levels of Reg IV are associated with liver metastasis, ONCOLOGY, 72巻, 5-6号, pp.371-pp.380, 2007
  206. Synchronous squamous cell carcinoma of the breast and invasive lobular carcinoma, APMIS, 115巻, pp.1422-pp.1425, 20070101
  207. Cancer stem cells - The Sixteenth International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, October 2006, CANCER SCIENCE, 98巻, 5号, pp.753-pp.756, 2007
  208. Melanoma-associated antigen-A1 expression predicts resistance to docetaxel and paclitaxel in advanced and recurrent gastric cancer, ONCOLOGY REPORTS, 18巻, 2号, pp.329-pp.336, 2007
  209. HMGB1-inducible MIA is associated with nodal metastasis in oral squamous cell carcinoma, CLINICAL & EXPERIMENTAL METASTASIS, 24巻, 4号, pp.288-pp.289, 2007
  210. High expression of h-prune in gastric cancer with gastric phenotype : expression of h-prune is associated with poor survival in gastric cancer, CLINICAL & EXPERIMENTAL METASTASIS, 24巻, 4号, pp.291-pp.291, 2007
  211. Synchronous squamous cell carcinoma of the breast and invasive lobular carcinoma, APMIS, 115巻, 12号, pp.1422-pp.1425, 2007
  212. 病理学教育に対する今後の展望:基礎医学(実験病理)の立場から, 病理と臨床, 25巻, pp.581-pp.582, 20070601
  213. Accumulation of DNA methylation is associated with tumor stage in gastric cancer, CANCER, 106巻, 6号, pp.1250-pp.1259, MAR 15 2006
  214. Characterization of SEZ6L2 cell-surface protein as a novel prognostic marker for lung cancer, CANCER SCIENCE, 97巻, 8号, pp.737-pp.745, AUG 2006
  215. Clinicopathologic and genetic characteristics of gastric cancer in young male and female patients, ONCOLOGY REPORTS, 16巻, 1号, pp.11-pp.15, JUL 2006
  216. Correlation of human Bub1 expression with tumor-proliferating activity in salivary gland tumors, ONCOLOGY REPORTS, 15巻, 4号, pp.933-pp.938, APR 2006
  217. Differential expression of claudin-2 in normal human tissues and gastrointestinal carcinomas, VIRCHOWS ARCHIV, 448巻, 4号, pp.428-pp.434, APR 2006
  218. DNA methylation of CHFR is not a predictor of the response to docetaxel and paclitaxel in advanced and recurrent gastric cancer, ANTICANCER RESEARCH, 26巻, 1A号, pp.49-pp.54, JAN-FEB 2006
  219. Down-regulation of the claudin-18 gene, identified through serial analysis of gene expression data analysis, in gastric cancer with an intestinal phenotype, JOURNAL OF PATHOLOGY, 208巻, 5号, pp.633-pp.642, APR 2006
  220. Expression of Wnt-5a is correlated with aggressiveness of gastric cancer by stimulating cell migration and invasion, CANCER RESEARCH, 66巻, 21号, pp.10439-pp.10448, NOV 1 2006
  221. Gene expression profiles of small-cell lung cancers: Molecular signatures of lung cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 29巻, 3号, pp.567-pp.575, SEP 2006
  222. Glycogen synthase kinase 3 and h-prune regulate cell migration by modulating focal adhesions, MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 26巻, 3号, pp.898-pp.911, FEB 2006
  223. Improved RT-PCR amplification for molecular analyses with long-term preserved formalin-fixed, paraffin-embedded tissue specimens, JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY, 54巻, 7号, pp.773-pp.780, JUL 2006
  224. Lack of pericryptal fibroblastic cells adjacent to intestinal epithelial metaplastic glands, HISTOPATHOLOGY, 48巻, pp.610-pp.612, 20060401
  225. Meeting Report "Current progress of cancer chemotherapy": The Fifteenth International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, October 2005”, CANCER SCIENCE, 97巻, pp.328-pp.331, 20060401
  226. Molecular characteristics of differentiated-type gastric carcinoma with distinct mucin phenotype: LI-cadherin is associated with intestinal phenotype, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 56巻, 4号, pp.200-pp.205, APR 2006
  227. Molecular pathobiology of gastric cancer, SCANDINAVIAN JOURNAL OF SURGERY, 95巻, 4号, pp.225-pp.231, 2006
  228. Nuclear and mitochondrial DNA microsatellite instability in gastrointestinal stromal tumors, PATHOBIOLOGY, 73巻, 2号, pp.93-pp.97, 2006
  229. Systematic search for gastric cancer-specific genes based on SAGE data: melanoma inhibitory activity and matrix metalloproteinase-10 are novel prognostic factors in patients with gastric cancer, ONCOGENE, 25巻, 17号, pp.2546-pp.2557, APR 2006
  230. The neuromedin U-growth hormone secretagogue receptor 1b/neurotensin receptor 1 oncogenic signaling pathway as a therapeutic target for lung cancer, CANCER RESEARCH, 66巻, 19号, pp.9408-pp.9419, OCT 1 2006
  231. 消化管と分子標的治療, 病理と臨床, 24巻, pp.606-pp.610, 20060401
  232. 細胞生物学講座:SAGEによる遺伝子発現解析-胃癌を例として-, 細胞, 38巻, pp.207-pp.210, 20060401
  233. 広島市における女性乳がんの実態, JACR Monograph, 11巻, pp.55-pp.59, 2006
  234. 組織登録からみた広島県における前立腺腫瘍登録数の推移, JACR Monograph, 11巻, pp.60-pp.64, 2006
  235. Gene expression profiles of small-cell lung cancers: Molecular signatures of lung cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 29巻, 3号, pp.567-pp.575, 2006
  236. A single nucleotide polymorphism in the 5 ' untranslated region of the EGF gene is associated with occurrence and malignant progression of gastric cancer, PATHOBIOLOGY, 72巻, 3号, pp.133-pp.138, 2005
  237. A single nucleotide polymorphism in the extracellular domain of TRAIL receptor DR4 at nucleotide 626 in gastric cancer patients in Japan, ONCOLOGY REPORTS, 14巻, 2号, pp.465-pp.470, AUG 2005
  238. A single nucleotide polymorphism in the MMP-9 promoter affects tumor progression and invasive phenotype of gastric cancer, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 131巻, 1号, pp.19-pp.25, JAN 2005
  239. Clinicopathological significant and prognostic influence of cadherin-17 expression in gastric cancer, VIRCHOWS ARCHIV, 447巻, 4号, pp.717-pp.722, OCT 2005
  240. DNA methylation of genes linked to retinoid signaling in squamous cell carcinoma of the esophagus: DNA methylation of CRBP1 and TIG1 is associated with tumor stage, CANCER SCIENCE, 96巻, 9号, pp.571-pp.577, SEP 2005
  241. DNA methylation of genes linked with retinoid signaling in gastric carcinoma - Expression of the retinoid acid receptor beta, cellular retinol-binding protein 1, and tazarotene-induced gene 1 genes is associated with DNA methylation, CANCER, 104巻, 8号, pp.1609-pp.1619, OCT 15 2005
  242. DNA methylation profiles of differentiated-type gastric carcinomas with distinct mucin phenotypes, CANCER SCIENCE, 96巻, 8号, pp.474-pp.479, AUG 2005
  243. Expression and localization of Reg IV in human neoplastic and non-neoplastic tissues: Reg IV expression is associated with intestinal and neuroendocrine differentiation in gastric adenocarcinoma, JOURNAL OF PATHOLOGY, 207巻, 2号, pp.185-pp.198, OCT 2005
  244. G1P3, an interferon inducible gene 6-16, is expressed in gastric cancers and inhibits mitochondrial-mediated apoptosis in gastric cancer cell line TMK-1 cell, CANCER IMMUNOLOGY IMMUNOTHERAPY, 54巻, 8号, pp.729-pp.740, AUG 2005
  245. Genes involved in invasion and metastasis of gastric cancer identified by array-based hybridization and serial analysis of gene expression, ONCOLOGY, 69巻, pp.17-pp.22, 2005
  246. Histone H3 acetylation is associated with reduced p21(WAF1/CIP1) expression by gastric carcinoma, JOURNAL OF PATHOLOGY, 205巻, 1号, pp.65-pp.73, JAN 2005
  247. Loss of heterozygosity and histone hypoacetylation of the PINX1 gene are associated with reduced expression in gastric carcinoma, ONCOGENE, 24巻, 1号, pp.157-pp.164, JAN 6 2005
  248. Meeting Report "Cancer and epigenetics - basic research and clinical implication - Joint Meeting of the Fourteenth International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar and the Eighth Meeting of the Tottori Bioscience Promotion Foundation, October 2004”, CANCER SCIENCE, 96巻, pp.245-pp.248, 20050401
  249. Morphological changes in human gastric tumours after eradication therapy of Helicobacter pylori in a short-term follow-up, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 21巻, 5号, pp.559-pp.566, MAR 1 2005
  250. No evidence of correlation between the single nucleotide polymorphism of DNMT3B promoter and gastric cancer risk in a Japanese population, ONCOLOGY REPORTS, 14巻, 5号, pp.1151-pp.1154, NOV 2005
  251. Quantitative analysis of lymphangiogenic markers for predicting metastasis of human gastric carcinoma to lymph nodes, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 115巻, 3号, pp.388-pp.392, JUN 20 2005
  252. uantitative analysis of lymphangiogenic markers for predicting metastasis of human gastric carcinoma to lymph nodes., INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 115巻, pp.388-pp.392, 20050401
  253. Somatic mutations of mitochondrial DNA in digestive tract cancers, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 20巻, 11号, pp.1679-pp.1684, NOV 2005
  254. 胃癌における遺伝子発現プロファイリングとその臨床応用, 日本内科学会雑誌, 94巻, pp.25-pp.30, 20050401
  255. 胃癌の分子病理学的診断, 癌と化学療法, 32巻, pp.427-pp.431, 20050401
  256. A single nucleotide polymorphism in the MMP-1 promoter is correlated with histological differentiation of gastric cancer, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 130巻, 5号, pp.259-pp.265, MAY 2004
  257. ADAM8 as a novel serological and histochemical marker for lung cancer, CLINICAL CANCER RESEARCH, 10巻, 24号, pp.8363-pp.8370, DEC 15 2004
  258. Adenocarcinoma arising from a gastric duplication cyst with invasion to the stomach: a case report with literature review, JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY, 57巻, 4号, pp.428-pp.431, APR 1 2004
  259. Characterization of vitamin D-mediated induction of the CYP 24 transcription, MOLECULAR AND CELLULAR ENDOCRINOLOGY, 226巻, 1-2号, pp.27-pp.32, OCT 29 2004
  260. Chromosomal and microsatellite instability in sporadic gastric cancer, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 19巻, 7号, pp.756-pp.760, JUL 2004
  261. Cyclin D1 overexpression is not a specific grouping marker, but may collaborate with CDC37 in myeloma cells, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 25巻, 3号, pp.579-pp.595, SEP 2004
  262. Epigenetic inactivation of SOCS-1 by CpG island hypermethylation in human gastric carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 112巻, 6号, pp.1003-pp.1009, DEC 20 2004
  263. Expression of Cbl linking with the epidermal growth factor receptor system is associated with tumor progression and poor prognosis of human gastric carcinoma, VIRCHOWS ARCHIV, 444巻, 4号, pp.324-pp.331, APR 2004
  264. Expression of POT1 is associated with tumor stage and telomere length in gastric carcinoma, CANCER RESEARCH, 64巻, 2号, pp.523-pp.529, JAN 15 2004
  265. Expression of RhoC is associated with metastasis of gastric carcinomas, PATHOBIOLOGY, 71巻, 1号, pp.19-pp.25, 2004
  266. Expression of thymidylate synthase, thymidine phosphorylase, dihydropyrimidine dehydrogenase, E2N-1, Bak, Bcl-X, and Bcl-2, and clinical outcomes for gastric cancer patients treated with bolus 5-fluorouracil, ONCOLOGY REPORTS, 11巻, 1号, pp.9-pp.15, JAN 2004
  267. Frequent epigenetic inactivation of RIZ1 by promoter hypermethylation in human gastric carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 110巻, 2号, pp.212-pp.218, JUN 10 2004
  268. Frequent loss of RUNX3 expression by promoter hypermethylation in gastric carcinoma, PATHOBIOLOGY, 71巻, 3号, pp.137-pp.143, 2004
  269. Gene expression profile of gastric carcinoma: Identification of genes and tags potentially involved in invasion, metastasis, and carcinogenesis by serial analysis of gene expression, CANCER RESEARCH, 64巻, 7号, pp.2397-pp.2405, APR 1 2004
  270. High molecular weight caldesmon positive stromal cells in the capsule of hepatocellular carcinomas, JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY, 57巻, 7号, pp.776-pp.777, JUL 2004
  271. Lack of vascular adventitial fibroblastic cells in tumour stroma of intestinal-type and solid-type gastric carcinomas, JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY, 57巻, 2号, pp.183-pp.185, FEB 1 2004
  272. Loss of maspin expression is associated with development and progression of gastric carcinoma with p53 abnormality, ONCOLOGY REPORTS, 12巻, 5号, pp.985-pp.990, NOV 2004
  273. Meeting Report "New approaches to identification of biomarkers for early cancer detection": The Thirteenth International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, October 2003, CANCER SCIENCE, 95巻, pp.193-pp.195, 20040401
  274. Molecular-pathological prognostic factor of gastric cancer: a review, GASTRIC CANCER, 8巻, pp.86-pp.94, 20040401
  275. Search for new biomarkers of gastric cancer through serial analysis of gene expression and its clinical implication, CANCER SCIENCE, 95巻, pp.385-pp.392, 20040401
  276. Search for new biomarkers of gastric cancer through serial analysis of gene expression and its clinical implications, CANCER SCIENCE, 95巻, 5号, pp.385-pp.392, MAY 2004
  277. Single nucleotide polymorphism in the hypoxia-inducible factor-1 alpha gene in colorectal carcinoma, ONCOLOGY REPORTS, 12巻, 5号, pp.1033-pp.1037, NOV 2004
  278. 医学用語解説:Serial analysis of gene expression (SAGE)法, G.I Research, 12巻, pp.534-pp.536, 20040401
  279. 医学用語解説:ヒストンアセチル化, G.I Research, 12巻, pp.537-pp.538, 20040401
  280. 胃癌の遺伝子診断-現況と展望-, Medical Practice, 21巻, 1号, pp.105-pp.107, 20040401
  281. 必要な基礎知識:エピジェネティックな異常-ヒストンアセチル化の役割-, 病理と臨床, 22巻, pp.64-pp.68, 20040401
  282. 診断への応用と展望:腫瘍 胃癌, 病理と臨床, 22巻, pp.130-pp.136, 20040401
  283. 病理診断に役立つ分子病理学:消化管癌, 臨床検査, 48巻, 2号, pp.232-pp.240, 20040401
  284. 胃癌の増殖,浸潤、転移に関与する分子機構, 臨牀消化器内科, 19巻, 7号, pp.807-pp.814, 20040401
  285. 胃癌の発生における内因の重要性-遺伝子多型、遺伝子不安定性について, 臨牀消化器内科, 19巻, 3号, pp.326-pp.332, 20040401
  286. ヒストンアセチル化とがん, 血液・腫瘍科, 48巻, 2号, pp.221-pp.227, 20040401
  287. 消化管血管腫に内視鏡的治療を行い長期経過観察が可能であったblue rubber bleb nevus syndromeの1例, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 46巻, 10号, pp.2272-pp.2278, 2004
  288. 単独脳転移をきたした進行胃癌の1例, 日本臨床外科学会雑誌, 65巻, 71号, pp.1818-pp.1822, 2004
  289. A possible role for the loss of CD27-CD70 interaction in myelomagenesis, BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 120巻, 2号, pp.223-pp.234, JAN 2003
  290. A single nucleotide polymorphism in the transmembrane domain coding region of HER-2 is associated with development and malignant phenotype of gastric cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 107巻, 4号, pp.593-pp.596, NOV 20 2003
  291. Correlation of a single nucleotide polymorphism in the E-cadherin gene promoter with tumorigenesis and progression of gastric carcinoma in Japan, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 23巻, 2号, pp.421-pp.427, AUG 2003
  292. DNA hypermethylation and histone hypoacetylation of the HLTF gene are associated with reduced expression in gastric carcinoma, CANCER SCIENCE, 94巻, 8号, pp.692-pp.698, AUG 2003
  293. DNA methylation of multiple genes in gastric carcinoma: Association with histological type and CpG island methylator phenotype, CANCER SCIENCE, 94巻, 10号, pp.901-pp.905, OCT 2003
  294. Expression of integrin-linked kinase is closely correlated with invasion and metastasis of gastric carcinoma, VIRCHOWS ARCHIV, 442巻, 2号, pp.118-pp.123, FEB 2003
  295. Expression of osteoprotegerin correlates with aggressiveness and poor prognosis of gastric carcinoma, VIRCHOWS ARCHIV, 443巻, 2号, pp.146-pp.151, AUG 2003
  296. Expression of theTSP-1 gene and its association with promoter hypermethylation in gastric carcinomas, ONCOLOGY, 64巻, pp.423-pp.429, 20030401
  297. Expression of thrombospondin-1 is correlated with microvessel density in gastric carcinoma, VIRCHOWS ARCHIV, 442巻, 6号, pp.563-pp.568, JUN 2003
  298. Helicobacter pylori infection influences expression of genes related to angiogenesis and invasion in human gastric carcinoma cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 311巻, 4号, pp.809-pp.814, NOV 28 2003
  299. Helicobactor pylori infection is closely associated with telomere reduction in gastric mucosa, ONCOLOGY, 65巻, 3号, pp.275-pp.282, 2003
  300. Histone acetylation and gastrointestinal carcinogenesis, ANN NY ACADEMY OF SCIENCE, 983巻, pp.220-pp.231, 20030401
  301. Hypoxia-inducible factor-1 alpha polymorphisms associated with enhanced transactivation capacity, implying clinical significance, CARCINOGENESIS, 24巻, 11号, pp.1779-pp.1783, NOV 2003
  302. Induction mechanism of apoptosis by troglitazone through peroxisome proliferator-activated receptor-gamma in gastric carcinoma cells, ANTICANCER RESEARCH, 23巻, 1A号, pp.267-pp.273, JAN-FEB 2003
  303. Molecular targeting therapy for cancer: the twelfth international symposium of the Hiroshima cancer seminar November 2002, CANCER SCIENCE, 94巻, 2号, pp.221-pp.223, 20030201
  304. Monocyte chemoattractant protein-1 expression correlates with macrophage infiltration and tumor vascularity in human gastric carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 22巻, 4号, pp.773-pp.778, APR 2003
  305. Promoter methylation of cyclin D2 gene in gastric carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 23巻, 6号, pp.1663-pp.1670, DEC 2003
  306. Rapid and preferential induction of ATF3 transcription in response to low doses of UVA light, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 310巻, 4号, pp.1168-pp.1174, OCT 31 2003
  307. Reduced expression of the TSP1 gene and its association with promoter hypermethylation in gastric carcinoma, ONCOLOGY, 64巻, 4号, pp.423-pp.429, 2003
  308. Small cell carcinoma of the extrahepatic bile duct: Case report and immunohistochemical analysis, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 53巻, 12号, pp.887-pp.891, DEC 2003
  309. The promoter methylation status of the DNA repair gene O-6-methylguanine-DNA methyltransferase in ulcerative colitis, VIRCHOWS ARCHIV, 443巻, 4号, pp.518-pp.523, OCT 2003
  310. 胃癌の遺伝子診断, Medical Science Digest, 29巻, 8号, pp.300-pp.303, 20030401
  311. 低分子量G蛋白RhoC, 日本臨床, 61巻, suppl 8号, pp.151-pp.155, 20030401
  312. 異時性5臓器5重複癌の1例, 日本臨床外科学会雑誌, 64巻, 11号, pp.264-pp.268, 2003
  313. 魚骨穿通により横行結腸狭窄を来した炎症性肉芽腫の1例, 消化器内視鏡, 15巻, 8号, pp.1155-pp.1160, 2003
  314. Barrett食道に発生した食道腺癌の1例, 消化器内視鏡, 15巻, 3号, pp.449-pp.455, 2003
  315. Acetylated histone h4 is reduced in human gastric adenomas and carcinomas, JOURNAL OF EXPERIMENTAL & CLINICAL CANCER RESEARCH, 21巻, 3号, pp.377-pp.382, SEP 2002
  316. Chromatin and Cancer: The eleventh international symposium of the Hiroshima Cancer Seminar., JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 93巻, pp.467-pp.469, 20020401
  317. Distinct promoter hypermethylation of p16(INK4a), CDH1, and RAR-beta in intestinal, diffuse-adherent, and diffuse-scattered type gastric carcinomas, JOURNAL OF PATHOLOGY, 198巻, 1号, pp.55-pp.59, SEP 2002
  318. Expression and distribution of human telomerase catalytic component, hTERT, in human breast tissues, ANTICANCER RESEARCH, 22巻, 6C号, pp.4101-pp.4107, NOV-DEC 2002
  319. Expression of receptors for advanced glycation end-products (RAGE) is closely associated with the invasive and metastatic activity of gastric cancer, JOURNAL OF PATHOLOGY, 196巻, 2号, pp.163-pp.170, FEB 2002
  320. Increased expression of Chk2 in human gastric carcinomas harboring p53 mutations, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 99巻, 1号, pp.58-pp.62, MAY 1 2002
  321. Induction of hRAD9 is required for G2/M checkpoint signal transduction in gastric cancer cells, PATHOBIOLOGY, 70巻, 1号, pp.40-pp.46, 2002
  322. Monocyte chemoattractant protein-1 expression correlates with macrophage infiltration and tumor vascularity in human esophageal squamous cell carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 102巻, 3号, pp.220-pp.224, NOV 20 2002
  323. No mutations of the Bub1 gene in human gastric and oral cancer cell lines, ONCOLOGY REPORTS, 9巻, 6号, pp.1229-pp.1232, NOV-DEC 2002
  324. Vascular endothelial growth factor-C expression predicts lymph node metastasis of human gastric carcinomas invading the submucosa, EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 38巻, 10号, pp.1413-pp.1419, JUL 2002
  325. 癌の分子診断学:胃癌, 日本外科学会雑誌, 103巻, 6号, pp.463-pp.467, 2002
  326. 消化器癌における増殖因子(食道、胃、大腸), Biotherapy, 16巻, 4号, pp.349-pp.356, 2002
  327. 消化管の遺伝子診断法:胃癌, Mebio, 19巻, 10号, pp.57-pp.61, 2002
  328. 腫瘍病理のコントラバーシー:分子病理学の立場から, 医学のあゆみ, 203巻, 3号, pp.163-pp.166, 2002
  329. 消化管生検組織の悪性度診断とその応用, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 44巻, 11号, pp.1923-pp.1929, 2002
  330. NPG type早期大腸癌類似の形態を呈した直腸カルチノイド, 早期大腸癌, 6巻, 3号, pp.280-pp.281, 2002
  331. 多発するびらん様微小陥凹病変を呈した転移性大腸印環細胞癌の1例, 日本消化器病学会雑誌, 99巻, 6号, pp.615-pp.621, 2002
  332. 横行結腸内分泌細胞癌の1例, 日本臨床外科学会雑誌, 63巻, 3号, pp.639-pp.643, 2002
  333. Clinicopathological significance of vascular endothelial growth factor (VEGF)-C in human esophageal squamous cell carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 93巻, 5号, pp.662-pp.666, SEP 1 2001
  334. DNA methylation status of hMLH1, p16(INK4a), and CDH1 is not associated with mRNA expression levels of DNA methyltransferase and DNA demethylase in gastric carcinomas, ONCOLOGY REPORTS, 8巻, 5号, pp.1085-pp.1089, SEP-OCT 2001
  335. Epithelial-myoepithelial carcinoma of the parotid gland with adenoid cystic carcinoma-like features: a case report with immunohistochemical study, Hiroshima J. Med. Sci., 50巻, pp.101-pp.104, 20010401
  336. Expression of Bub1 gene correlates with tumor proliferating activity in human gastric carcinomas, PATHOBIOLOGY, 69巻, 1号, pp.24-pp.29, 2001
  337. Expression of MRE11 complex (MRE11, RAD50, NBS1) and hRap1 and its relation with telomere regulation, telomerase activity in human gastric carcinomas, PATHOBIOLOGY, 69巻, 4号, pp.219-pp.224, 2001
  338. Expression of telomeric repeat binding factor 1 and 2 and TRF1-interacting nuclear protein 2 in human gastric carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 19巻, 3号, pp.507-pp.512, SEP 2001
  339. Expression of TRF1 (telomeric repeat binding factor 1 and 2) and TIN2 (TRF1-interacting nuclear protein 2) in human gastric carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 19巻, pp.507-pp.512, 20010401
  340. Genetic and epigenetic changes in stomach cancer, INTERNATIONAL REVIEW OF CYTOLOGY - A SURVEY OF CELL BIOLOGY, VOL 204, 204巻, pp.49-pp.95, 2001
  341. Heparan sulfate enhances invasion by human colon carcinoma cell lines through expression of CD44 variant exon 3, CLINICAL CANCER RESEARCH, 7巻, 12号, pp.4067-pp.4072, DEC 2001
  342. Inactivation of retinoic acid receptor beta by promoter CpG hypermethylation in gastric cancer, DIFFERENTIATION, 68巻, 1号, pp.13-pp.21, AUG 2001
  343. Increased expression but not genetic alteration of BRG1, a component of the SWI/SNF complex, is associated with the advanced stage of human gastric carcinomas, PATHOBIOLOGY, 69巻, 6号, pp.315-pp.320, 2001
  344. Interferon-alpha prevents selection of doxorubicin-resistant undifferentiated-androgen-insensitive metastatic human prostate cancer cells, PROSTATE, 49巻, 1号, pp.19-pp.29, SEP 15 2001
  345. Interleukin-15 expression is associated with malignant potential in colon cancer cells, PATHOBIOLOGY, 69巻, 2号, pp.86-pp.95, 2001
  346. Meeting Report"Gene Diagnosis-Introduction of New Technology" : The Tenth International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, October 2000(共著), JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 92巻, pp.239-pp.242, 20010401
  347. Molecular diagnosis of gastric cancer: present and future, GASTRIC CANCER, 4巻, pp.113-pp.121, 20010401
  348. No mutations of the Bub1 gene in human gastric carcinomas, ONCOLOGY REPORTS, 8巻, 4号, pp.791-pp.794, JUL-AUG 2001
  349. Overexpression of retinoic acid receptor beta induces growth arrest and apoptosis in oral cancer cell lines, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 92巻, 1号, pp.42-pp.50, JAN 2001
  350. Pleomorphic adenoma of the parotid gland with extensive bone formation, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 51巻, 11号, pp.883-pp.886, NOV 2001
  351. Promoter hypermethylation of MGMT is associated with protein loss in gastric carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 93巻, 6号, pp.805-pp.809, SEP 15 2001
  352. Promoter methylation status of the DNA repair genes hMLH1 and MGMT in gastric carcinoma and metaplastic mucosa, PATHOBIOLOGY, 69巻, 3号, pp.143-pp.149, 2001
  353. Prostpective study of Ki-67 labeling index in the mucosa adjacent to cancer as a marker for colorectal cancer metastasis, JOURNAL OF EXPERIMENTAL AND CLINICAL CACER RESEARCH, 20巻, 4号, pp.543-pp.548, 20010401
  354. Proton pump inhibitors reduce cell cycle abnormalities in Barrett’s esophagus, ONCOGENE, 20巻, pp.7987-pp.7991, 20010401
  355. The promoter methylation status of the DNA repair genes, hMHL1 and MGMT, in gastric carcinoma and metaplastic mucosa, PATHOBIOLOGY, 69巻, pp.143-pp.149, 20010401
  356. Southern blot analysis, 早期大腸癌, 5巻, 3号, pp.292-pp.293, 20010401
  357. 胃癌の遺伝子診断, 医学のあゆみ, 197巻, 13号, pp.1183-pp.1187, 20010401
  358. ヒストンアセチル化と消化器癌, G.I Research, 9巻, pp.299-pp.303, 20010401
  359. ルーチン病理検査における遺伝子異常検索の実際, 医学のあゆみ, 197巻, 13号, pp.987-pp.990, 20010401
  360. K-sam遺伝子, 日本臨床, 59巻, pp.53-pp.59, 20010401
  361. 胃癌の診断 : 遺伝子診断, 日本臨床, 59巻, 4号, pp.213-pp.218, 20010401
  362. 大腸癌とテロメア・テロメラーゼ, 早期大腸癌, 5巻, 3号, pp.225-pp.229, 20010401
  363. 大腸癌の増殖・浸潤・転移・予後 : 増殖因子, 早期大腸癌, 5巻, 3号, pp.231-pp.235, 20010401
  364. 胃癌の遺伝子診断, 癌の臨床, 43巻, pp.176-pp.182, 20010401
  365. 直腸膣中隔に発症したgastrointestinal stromal tumor (uncomitted type)の1例, 日本臨床外科学会雑誌, 62巻, 4号, 2001
  366. 消化管癌に対する分子病理診断の実践, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 16巻, pp.26-pp.28, 2001
  367. A case of calcium pyrophosphate dihydrate crystal deposition in the knee joint with synovial osteochondromatosis, JOURNAL OF TRANSPORTATION MEDICINE, 54巻, pp.93-pp.96, 20000401
  368. Clinicopathological implication of cripto expression in early stage invasive cervical carcinomas, EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 36巻, 8号, pp.1002-pp.1007, MAY 2000
  369. DNA hypermethylation at the pS2 promoter region is associated with early stage of stomach carcinogenesis, CANCER LETTERS, 149巻, 1-2号, pp.125-pp.134, FEB 28 2000
  370. Effect of 9-cis-retinoic acid on oral squamous cell carcinoma cell lines, CANCER LETTERS, 151巻, 2号, pp.199-pp.208, APR 14 2000
  371. Effect of trichostatin A on cell growth and expression of cell cycle- and apoptosis-related molecules in human gastric and oral carcinoma cell lines, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 88巻, 6号, pp.992-pp.997, DEC 15 2000
  372. Expression of cell cycle regulators and growth factor/receptor systems in gastric carcinoma in young adults: Association with Helicobacter pylori infection, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 5巻, 2号, pp.185-pp.190, FEB 2000
  373. Helicobactor pylori infection and carcinogenesis of the stomach, LANGENBECKS ARCHIVES OF SURGERY, 385巻, 2号, pp.69-pp.74, MAR 2000
  374. Immuno-histochemical detection of human telomerase reverse transcriptase in human liver tissues, ONCOGENE, 19巻, 34号, pp.3888-pp.3893, AUG 10 2000
  375. Induction of angiogenesis by hyperplastic colonic mucosa adjacent to colon cancer, AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY, 157巻, 5号, pp.1523-pp.1535, NOV 2000
  376. Meeting Report ’Pediatric Tumors and Secondary Cancer. The Ninth International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, September 1999, Hiroshima, Japan’, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 126巻, pp.357-pp.359, 20000401
  377. Microsatellite instability in squamous cell carcinomas and dysplasias of the esophagus, ANTICANCER RESEARCH, 20巻, 1A号, pp.213-pp.217, JAN-FEB 2000
  378. Regulation of disease-progression genes in human gastric carcinoma cells by interleukin 8, CLINICAL CANCER RESEARCH, 6巻, 7号, pp.2735-pp.2740, JUL 2000
  379. Trichostatin A inhibits cell growth and modulate expression of cell cycle- and apoptosis-related molecules in human gastric and oral cancer cell lines, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 1巻, pp.992-pp.997, 20000401
  380. DNAメチレーション, G.I Research, 8巻, 6号, pp.478-pp.479, 20000401
  381. テロメア、テロメラーゼ, G.I Research, 8巻, 6号, pp.476-pp.477, 20000401
  382. 癌におけるテロメラーゼ発現の意義-胃癌を中心として-, 医学のあゆみ, 194巻, 3号, pp.138-pp.141, 20000401
  383. 胃癌の発生・進展の分子機構, 消化器科, 30巻, 1号, pp.10-pp.15, 20000401
  384. "pre-linitis"状態における癌細胞の特性, 胃と腸, 35巻, 7号, pp.937-pp.943, 20000401
  385. Abnormalities in the expression cell cycle related proteins in tumors of the small bowel, CANCER EPIDEMIOLOGY BIOMARKERS AND PREVENTION, 8巻, pp.1101-pp.1105, 19990401
  386. Alterations of p73 preferentially occur in gastric adenocarcinomas with foveolar epithelial phenotype, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 83巻, pp.192-pp.196, 19990401
  387. Effect of antisense human telomerase RNA transfection on the growth of human gastric cancer cell lines, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 255巻, pp.753-pp.758, 19990401
  388. Effect of antisense human telomerase RNA transfection on the growth of human gastric cancer cell lines, 生化的生物物理学的研究報告集, 255巻, 3号, pp.753-pp.758, 19990401
  389. Evidence for the causal role of IL-8 in angiogenesis and tumorigenecity of human gastric carcinoma cells, BRITISH JOURNAL OF CANCER, 81巻, pp.647-pp.653, 19990401
  390. EXPRESION OF THE E2F FAMIRY IN HUMAN GASTROINTEST INAL CARCINOMAS, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 81巻, pp.535-pp.538, 19990101
  391. Expression of cell cycle regulating transcription factor E2F-1 in colorectal carcinomas, PATHOBIOLOGY, 67巻, pp.174-pp.179, 19990401
  392. Expression of p27Kip1, cyclin E and E2F-1 in primary and metastatic tumors of gastric carcinoma, ONCOLOGY REPORTS, 6巻, pp.983-pp.987, 19990401
  393. Expression of the E2F family in human gastrointestinal carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 81巻, pp.535-pp.538, 19990401
  394. Immuno-histochemical detection of human telomerase catalytic component, hTERT, in human colorectal tumor and non-tumor tissue sections, ONCOGENE, 18巻, 8号, pp.1561-pp.1567, 19990401
  395. Immunohistochemical detection of human telomerase reverse transcriptase in normal mucosa and precancerous lesions of the stomach, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 90巻, 6号, pp.589-pp.595, 19990401
  396. Meeting Report ’Aging and cancer’. The Eighth International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, November 1998, Hiroshima, Japan’, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 125巻, pp.375-pp.377, 19990401
  397. Molecular-pathological diagnosis of gastrointestinal tissues and its contribution to cancer histopathology, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 49巻, 9号, pp.763-pp.774, 19990401
  398. No mutations of the Smad2 gene in human sporadic gastric carcinomas, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 29巻, pp.3-pp.7, 19990401
  399. Overexpression of human telomerase RNA is an early event in oesophageal carcinogenesis, VIRCHOWS ARCHIV, 434巻, pp.483-pp.487, 19990401
  400. Quantitative reevaluation of telomerase activity in cancerous and noncancerous gastrointestinal tissues, MOLECULAR CARCINOGENESIS, 26巻, 4号, pp.312-pp.320, 19990401
  401. Reduced expression of cyclin-dependent kinase inhibitor p27Kip1 in oral malignant tumors, PATHOBIOLOGY, 67巻, pp.169-pp.173, 19990401
  402. Silencing of the CD44 gene by CpG methylation in a human gastric carcinoma cell line, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 90巻, 5号, pp.485-pp.489, 19990401
  403. Subcutaneous leiomyoma arising from the srteriole: case report, JOURNAL OF TRANSPORTATION MEDICINE, 53巻, pp.80-pp.82, 19990401
  404. 転移の機序-転移と遺伝子異常, Mebio, 16巻, 2号, pp.50-pp.53, 19990401
  405. 消化管腫瘍における細胞周期制御因子の異常, 病理と臨床, 17巻, 8号, pp.801-pp.805, 19990401
  406. 胃癌の遺伝子診断と臨床的有用性, 癌の臨床, 45巻, 7号, pp.565-pp.571, 19990401
  407. Abnormal expression of cripto and p53 protein in endometrial carcinoma and its precursor lesions, Eur J Gynaecol Oncol, 19巻, pp.316-pp.318, 19980401
  408. Co-expression of osteopontin and CD44v9 in gastric cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 79巻, pp.127-pp.132, 19980401
  409. Expression of CD44 containing variant exon 9(CD44v9) in gastric adenomas and adenocarcinomas: Relation to the proliferation and progression., INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 12巻, pp.1253-pp.1258, 19980401
  410. Expression of telomerase catalytic component, telomerase reverse transcriptase, in human gastric carcinomas, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 89巻, 11号, pp.1099-pp.1103, 19980401
  411. Expression of vascular endothelial growth factor in human gastric carcinomas, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 48巻, pp.499-pp.506, 19980401
  412. Frequent microsatellite instability and loss of heterozygosity in the region including BRCA1 (17q21) in young patients with gastric cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 12巻, pp.1245-pp.1251, 19980401
  413. Frequent p53 gene mutations in serrated adenomas of the colorectum, JOURNAL OF PATHOLOGY, 186巻, pp.131-pp.139, 19980401
  414. In situ mRNA hybridization technique for analysis of human telomerase RNA in gastric precancerous and cancerous lesions, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 89巻, 11号, pp.1187-pp.1194, 19980401
  415. Meeting Report ’Gene therapy : Application to disease’. The Seventh International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, November 1997, Hiroshima, Japan’, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 124巻, pp.285-pp.287, 19980401
  416. Microsatellite Instability Associated with Primary Head and Neck Cancers and Secondary Esophageal Cancers, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 28巻, 12号, pp.733-pp.739, 19981201
  417. nm23 expression in carcinoma of the uterine cervix, Eur J Gynaecol Oncol, 19巻, pp.312-pp.315, 19980401
  418. nm23 protein expression in renal cell tumors: the role of the cell type, ONCOLOGY REPORTS, 5巻, pp.979-pp.983, 19980401
  419. Reduced Expression of Cyclin-dependent Kinase Inhibitor p27Kip1 is an Indicator of Malignant Behavior of Oral Squamous Cell Carcinomas, CANCER, 83巻, pp.2447-pp.2466, 19980401
  420. Reduced expression of the CD44 variant exons in oral squamous cell carcinoma and its relationship to metastasis, JOURNAL OF ORAL APTHOLOGY AND MEDICINE, 27巻, pp.197-pp.201, 19980401
  421. ウエスタンブロット法、免疫沈降法, 外科, 60巻, pp.1526-pp.1530, 19980401
  422. In situ mRNA hybridization法を用いた胃前癌性病変および癌におけるテロメラーゼRNA発現の検索, 日本臨床, 56巻, pp.1190-pp.1193, 19980501
  423. 消化管の病理組織検体に対する遺伝子診断, 検査と技術, 26巻, 6号, pp.529-pp.534, 19980401
  424. 遺伝子変異からみたスキルス胃癌-初期硬化像の解明は可能か-, 消化器内視鏡, 10巻, pp.293-pp.300, 19980401
  425. 胃癌診断とテロメラーゼ, 消化器科, 27巻, 3号, pp.261-pp.266, 19980401
  426. 遺伝子異常からみた胃の腸上皮化生、腺腫と腺癌, 病理と臨床, 16巻, pp.24-pp.29, 19980401
  427. 消化管がんの遺伝子診断, 癌と化学療法, 25巻, pp.186-pp.193, 19980401
  428. 遺伝子異常からみた胃の境界領域病変, 癌の臨床, 44巻, pp.509-pp.514, 19980401
  429. 遺伝子診断と病理診断の接点, 臨床外科, 53巻, pp.823-pp.827, 19980401
  430. 消化器癌とテロメラーゼ, 最新医学, 53巻, pp.1812-pp.1816, 19980401
  431. 免疫組織学的遺伝子診断による早期胃癌のリンパ節転移能判定と臨床応用, 日本消化器外科学会雑誌, 31巻, 12号, pp.2312-pp.2318, 1998
  432. Altered microsatellites in incomplete-type intestinal metaplasia adjacent to primary gastric cancers, JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY, 50巻, pp.841-pp.846, 19970401
  433. Expression of human telomerase RNA is an early event of stomach carcinogenesis, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 88巻, pp.103-pp.107, 19970401
  434. Expression of Interleukin-6 and its effect on the cell growth of gastric carcinoma cell lines, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 88巻, pp.953-pp.958, 19970401
  435. Expression of p21WAF1/CIP1 in colorectal adenomas and adenocarcinomas and its correlation with p53 protein expression. 「(共著)」, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 47巻, pp.470-pp.477, 19970401
  436. Growth inhibition of cultured human gastric cancer cells by 9-cis-retinoic acid with induction of cdk inhibitor Waf1/Cip1/Sdi1/p21 protein, DIFFERENTIATION, 61巻, pp.313-pp.320, 19970401
  437. Growth inhibitory effect of interferon-beta is associated with the induction of cyclin-dependent kinase inhibitor p27(Kip1) in a human gastric carcinoma cell line, CELL GROWTH AND DIFFERENTIATION, 8巻, 1号, pp.47-pp.52, 19970401
  438. Growth stimulatory effect of interleukin (IL)-1a produced by oral squamous carcinoma cell lines., INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 11巻, pp.807-pp.812, 19970401
  439. Identification of concurrent germ-line mutations in hMSH2 and/or hMLH1 genes in Japanese hereditary nonpolyposis colorectal cancer kindreds, CANCER EPIDEMIOLOGY BIOMARKERS AND PREVENTION, 6巻, pp.1057-pp.1064, 19970401
  440. Immunohistochemical studies on EGF family growth factors in normal and ulcerated human gastric mucosa, Digestive Diseases Sci, 42巻, pp.1199-pp.1209, 19970401
  441. Overexpression of CDK-activating CDC25B phosphatase in human gastric carcinomas, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 88巻, pp.947-pp.952, 19970401
  442. Reduced expression of cyclin-dependent kinase inhibitor p27Kip1 is associated with advanced stage and invasiveness of gastric carcinomas, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 88巻, pp.625-pp.629, 19970401
  443. 大腸癌と細胞増殖, Medio, 14巻, pp.58-pp.64, 19970401
  444. 上部消化器がんに関連する遺伝子, 最新医学, 52巻, pp.1295-pp.1305, 19970401
  445. 悪性度から見た胃がんの分子生物学的特性, 消化器外科, 20巻, pp.1387-pp.1397, 19970401
  446. 若年者大腸癌における遺伝子不安定性とTGF-β typeⅡreceptor遺伝子の異常について, 消化器癌の発生と進展, 9巻, pp.153-pp.155, 19970401
  447. 癌の遺伝子診断, 病理と臨床, 15巻, pp.50, 19970401
  448. 増殖因子レセプターの遺伝子異常と腫瘍, 細胞, 29巻, pp.264-pp.268, 19970401
  449. ヒトがんでの遺伝子異常と遺伝子診断:胃癌, 蛋白質 核酸 酵素, 42巻, pp.1739-pp.1746, 19970401
  450. A case of hepatoblastoma in an adult associated with c-met proto-oncogene imbalance, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 46巻, pp.1005-pp.1010, 19960401
  451. Expression of cripto in human gall bladder lesions, JOURNAL OF PATHOLOGY, 180巻, pp.166-pp.168, 19960401
  452. Expression of cyclin D1, CDK4 and p27KIP1 is associated with the p16MTS1 gene status in human esophageal carcinoma cell lines, JOURNAL OF EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC ONCOLOGY, 1巻, pp.7-pp.12, 19960401
  453. Expression of cyclin E in colorectal adenomas and adenocarcinomas: Correlation with expression of Ki-67 antigen and p53 protein, VIRCHOWS ARCHIV, 429巻, pp.13-pp.19, 19960401
  454. Expression of cyclin E in human gastric adenomas and adenocarcinomas: Correlation with proliferative activity and p53 status, JOURNAL OF EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC ONCOLOGY, 1巻, pp.88-pp.94, 19960401
  455. Expression of cyclin-dependent kinase inhibitor p21WAF1/CIP1 in non-neoplastic mucosa and neoplasia of the stomach : Relation with p53 status and proliferative activity, JOURNAL OF PATHOLOGY, 180巻, pp.122-pp.128, 19960401
  456. Genetic status and expression of the cyclin-dependent kinase inhibitors in human gastric carcinoma cell lines, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 87巻, 8号, pp.824-pp.830, 19960401
  457. High frequency of p53 gene mutations in adenocarcinomas of the gallbladder, CANCER EPIDEMIOLOGY BIOMARKERS AND PREVENTION, 5巻, pp.461-pp.466, 19960401
  458. Inhibition of cell growth by transforming growth factor beta 1 is associated with p53-independent induction of p21 in gastric carcinoma cells, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 87巻, 4号, pp.377-pp.384, 19960401
  459. Meeting Report ’Telomerase and cancer. The Fifth International Symposium of Hiroshima Cancer Seminar, October 1995, Hiroshima, Japan’, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 122巻, pp.770-pp.773, 19960401
  460. Microsatellite instability in precancerous lesions and adenocarcinomas of the stomach, CANCER, 77/8S巻, pp.1620-pp.1627, 19960401
  461. Molecular diagnosis of gastrointestinal cancers: The applications to clinical practice, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 1巻, pp.63-pp.68, 19960401
  462. No point mutations but a codon 31 polymorphism and decreased expression of p21SDI1/WAF1/CIP1/MDA6 gene in human gastric carcinomas, MOLECULAR AND CELLULAR DIFFERENTIATION, 4巻, pp.187-pp.198, 19960401
  463. 胃癌をモデルとした遺伝子診断の実際, 病理と臨床, 14巻, pp.113-pp.116, 19960401
  464. 分子生物学的アプローチによる胃癌の超早期スクリーニングの可能性(共著), Modern Physician, 16巻, pp.1331-pp.1334, 19960401
  465. 胃癌における遺伝子変化, 日本外科学会雑誌, 97巻, 4号, pp.252-pp.256, 19960401
  466. 胃の前癌性病変および表在胃癌における遺伝子異常, 消化器内視鏡, 8巻, 1号, pp.33-pp.40, 19960401
  467. 「スキルス胃癌」の分子生物学, 消化器外科, 19巻, pp.1463-pp.1471, 19960401
  468. Virchowリンパ節転移を伴った早期胃癌のl例 核DNAならびに癌関連遺伝子の検討:核DNAならびに癌関連遺伝子の検討, 日本消化器外科学会雑誌, 29巻, 5号, pp.1040-pp.1044, 1996
  469. A case of fetal epidural hematoma caused by a slight car collision and liability for the fatality, 法医学の実際と研究, 38巻, pp.231-pp.234, 19950401
  470. Are Japanese and European gastric cancer the same biological entity? An immunohistochemical study, BRITISH JOURNAL OF CANCER, 72巻, pp.976-pp.980, 19950401
  471. Concurrent amplification of cyclin E and cdk2 genes in colorectal carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 62巻, pp.25-pp.28, 19950401
  472. Expression of amphiregulin in human gastric cancer cell lines, CANCER, 75巻, pp.1460-pp.1466, 19950401
  473. Expression of IL-6 and its effect on the cell growth of gastric carcinoma cell lines, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 88巻, pp.953-pp.958, 19970401
  474. Expression of Stat91, Ras-independent signal transducer and activator, in human gastric carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 7巻, pp.907-pp.911, 19950401
  475. Frequent amplification of the cycin E gene in human gastric carcinomas, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 86巻, pp.617-pp.621, 19950401
  476. IL-1αin produced by oral squamous carcinoma cell lines and stimulates their growth, ORAL ONCOLOGY, 4巻, pp.324-pp.327, 19950401
  477. Immunohistochemical analysis of nm23 gene product in human gallbladder carcinomas, VIRCHOWS ARCHIV, 426巻, 4号, pp.355-pp.359, 19950501
  478. Increased expression and posphorylatioln of SH-PTP2 (SYP) in human gastric carcinolmas, ONCOLOGY REPORTS, 2巻, pp.819-pp.823, 19950401
  479. Telomerase activity in preneoplastic and neoplastic gastric and colorectal lesions, CLINICAL CANCER RESEARCH, 1巻, 11号, pp.1245-pp.1251, 19950401
  480. Expression of E-cadherin, α- and β-catenins in human gastric carcinomas : correlation with histology and tumor progression, ONCOLOGY REPORTS, 2巻, pp.111-pp.117, 19950401
  481. 増殖因子と癌関連遺伝子, Surgery Frontier, 2巻, 1号, pp.25-pp.32, 19950401
  482. 癌の増殖とプロテアーゼインヒビター, Surgery Frontier, 2巻, 4号, pp.118-pp.122, 19950401
  483. 食道癌の遺伝子異常とその臨床応用, 外科診療, 37巻, 6号, pp.719-pp.728, 19950401
  484. EGFファミリー, 生体の科学, 46巻, 5号, pp.424-pp.425, 19950401
  485. 胃癌における遺伝子変異, 血液・腫瘍科, 31巻, 6号, pp.442-pp.448, 19950401
  486. Alterations and expression of bcl-2 gene in human gastric and colonic carcinomas, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 85巻, pp.584-pp.591, 19940401
  487. Coamplification of cyclin D, hst-1 and int-2 genes is a good biological marker of high malignancy for human esophageal carcinomas., ONCOLOGY REPORTS, 1巻, pp.493-pp.496, 19940401
  488. Effect of hepatocyte growth factor on the expression of E- and P-cadherin in gastric carcinoma cell lines, VIRCHOWS ARCHIV, 425巻, pp.139-pp.144, 19940401
  489. Expression of a 31-kDa lactoside-binding lectin in normal human gastric mucosa and in primary and metastatic gastric carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 56巻, pp.474-pp.480, 19940401
  490. Expression of cripto in human gastric carcinomas : an association with tumor stage and prognosis, JOURNAL OF EXPERIMENTAL AND CLINICAL CACER RESEARCH, 13巻, pp.151-pp.157, 19940401
  491. Expression of cripto in human pancreatic tumors, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 85巻, pp.118-pp.121, 19940401
  492. Expression of β1 integrin in human gastric carcinomas : correlation with histological type and tumor progression, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 5巻, pp.225-pp.230, 19940401
  493. Frequent loss of heterozygosity of chromosome 7q is closely associated with progression of human gastric carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 59巻, pp.597-pp.600, 19940401
  494. Frequent replication errors at microsatellite loci in tumors of patients with multiple primary cancers, CANCER RESEARCH, 54巻, pp.3373-pp.3375, 19940401
  495. Gene alterations in intestinal metaplasia and gastric cancer, Eur J Gastroenterol Hepatol, 6巻, pp.97-pp.101, 19940401
  496. Meeting Report ’The First International Workshop of the Princess Takamatsu Cancer Research Fund: Intestinal metaplasia and gastric cancer’, MOLECULAR CARCINOGENESIS, 11巻, pp.1-pp.7, 19940401
  497. Meeting Report ’Tumor suppressor gene, TheThird International Symposium of Hiroshima Cancer Seminar, Hiroshima, Japan, October 1993’, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 120巻, pp.615-pp.619, 19940401
  498. 増殖因子とその受容体の発見と腫瘍増殖-サイトカインを介した癌細胞と間質細胞との相互作用, Biotherapy, 8巻, 2号, pp.175-pp.179, 19940401
  499. 胃がんの分子診断のあゆみ-実践医療への導入と成果-, INNERVISION, 9巻, 8号, pp.64-pp.67, 19940401
  500. c-met遺伝子, Research Forum on Digestive Disease, 1巻, 1号, pp.131-pp.135, 19940401
  501. 増殖因子の異常と消化器癌, 医学のあゆみ, 171巻, 5号, pp.421-pp.424, 19940401
  502. 胃癌の多段階発生機構とその進展, 消化器外科, 17巻, 6号, pp.1011-pp.1017, 19940401
  503. スキルス胃癌の分子生物学, 癌と化学療法, 21巻, 14号, pp.2371-pp.2377, 19940401
  504. 胃癌の分子生物学, 臨床検査, 38巻, 10号, pp.1123-pp.1128, 19940401
  505. 消化管癌の遺伝子診断, 臨床病理, 42巻, 4号, pp.359-pp.363, 19940401
  506. A case of death after trichloroethylene sniffing and a fight, Jpn. J Forensic Toxicol., 11巻, pp.187-pp.193, 19930401
  507. Aberrant expression of c-met mRNA in human gastric carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 55号, pp.72-pp.75, 19930401
  508. Biologic effect of hepatocyte growth factor on human gastric carcinoma cell lines, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 3巻, pp.89-pp.93, 19930401
  509. Expression of amphiregulin, a novel gene of the epidermal growth factor family, in human gastric carcinomas, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 84巻, pp.879-pp.884, 19930401
  510. Expression of growth factors and their receptors in human esophageal carcinomas:regulation of expresion by EGF and TGF-alpha., JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 119巻, pp.401-pp.407, 19930401
  511. Expression of P-cadherin in gastric carcinomas and its reduction in tumor progression, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 54巻, pp.49-pp.52, 19930401
  512. GC factor represses transcription of several growth factor/receptor genes and causes growth inhibition of human gastric carcinoma cell lines, CELL GROWTH AND DIFFERENTIATION, 4巻, pp.291-pp.296, 19930401
  513. IL-1a acts as an autocrine growth stimulator for human gastric carcinoma cells, CANCER RESEARCH, 53巻, pp.4102-pp.4106, 19930401
  514. Increased expression of p34cdc2 and its kinase activity in human gastric and colonic carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 53巻, pp.36-pp.41, 19930401
  515. Interleukin 1a acts as an autocrine growth stimulator for human gastric carcinoma cells, CANCER RESEARCH, 53巻, pp.4102-pp.4106, 19930401
  516. Meeting Report ’Carcinogenesis and metastasis, The second international symposium of Hiroshima Cancer Seminar, Hiroshima, Japan, June 1992’, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 119巻, pp.560-pp.563, 19930401
  517. Occifying fibromyxoid tumor of soft parts : A case report, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 23巻, pp.64-pp.68, 19930401
  518. Reduced expression of nm23 is associated with metastasis of human gastric carcinomas, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 84巻, pp.184-pp.190, 19930401
  519. Reduced expression of nm23 protein is associated with advanced tumor stage and distant metastases in human colorectal carcinomas, VIRCHOWS ARCHIV B (Cellullar Pathology), 63巻, pp.213-pp.218, 19930401
  520. Reduced tumorigenicity and cell motility of a gastric carcinoma cell line by introduction of wild-type p53 gene, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 3巻, pp.265-pp.271, 19930401
  521. 胃癌における癌遺伝子・癌抑制遺伝子異常, G. I. Research, 1巻, pp.149-pp.155, 19930401
  522. 消化器癌に対する分子病理診断の展開, 消化器癌, 3巻, pp.5-pp.10, 19930401
  523. ヒト食道癌、胃癌、大腸癌における転移関連遺伝子と悪性化, 癌と化学療法, 20巻, pp.326-pp.331, 19930401
  524. 胃がんの多段階発がん, 細胞工学, 2巻, pp.104-pp.110, 19930401
  525. TGF-βレセプターと癌の発生・進展, 組織培養, 19巻, pp.227-pp.230, 19930401
  526. 胃癌の組織分化度と遺伝子, 臨床病理, 94巻, pp.19-pp.28, 19930401
  527. 食道切開下に粘膜側から切除しえた頚部食道血管腫の1例, 日本消化器外科学会雑誌, 26巻, 4号, pp.1018-pp.1022, 1993
  528. A serine protease inhibitor of benzamidine derivative inhibits the growth of human colon carcinoma cells, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 83巻, pp.723-pp.728, 19920401
  529. Expression of transforming growth factor alpha in human tissue : immunohistochemical study and Northern blot analysis, VIRCHOWS ARCHIV A (Pathological Anatomy and Histopathology), 421巻, pp.513-pp.519, 19920401
  530. Frequent amplification and expression of the c-met gene in human scirrhous type stomach cancer, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 189巻, pp.227-pp.232, 19920401
  531. Genetic abnormalities and expression of p53 in human colon carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 1巻, pp.431-pp.437, 19920401
  532. Growth inhibition of transforming growth factor beta on human gastric carcinoma cells : Receptor and postreceptor signaling, CANCER RESEARCH, 52巻, pp.295-pp.300, 19920401
  533. p53 gene mutations in gastric cancer cell lines, ONCOLOGY (Life Sci Adv), 11巻, pp.7-pp.12, 19920401
  534. p53 point mutations in primary human gastric carcinomas, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 119巻, pp.67-pp.70, 19920401
  535. Reduced levels of transforming growth factor-beta type I receptor in human gastric carcinomas, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 83巻, pp.86-pp.92, 19920401
  536. The level of transcription factor Sp1 is correlated with the expression of EGF receptor in human gastric carcinomas, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 189巻, pp.1342-pp.1348, 19920401
  537. Tyrosine kinase activity of epidermal growth factor receptor in human gastric carcinomas, PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 188巻, pp.37-pp.43, 19920401
  538. 癌の増殖、進展におけるTGFβの役割, 実験医学, 10号, pp.89-pp.93, 19920101
  539. 胃癌の新しい予後因子, 癌と化学療法, 19号, pp.26-pp.33, 19920101
  540. Effect of tyrosine kinase inhibitor, erbstatin, on cell growth and growth factor/recptor expression in human gastric carcinoma cells, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 47巻, pp.938-pp.942, 19910401
  541. Express of cripto a novel gene of the epidermal growth factor family,in human gastrointestinal carcinomas., JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 821巻, pp.963-pp.973, 19910401
  542. Expression of basic fibroblast growth factor in human gastric carcinomas, VIRCHOWS ARCHIV B (Cellullar Pathology), 61巻, pp.263-pp.267, 19910401
  543. Expression of cripto, a novel gene of the epidermal growth factor family, in human gastrointestinal carcinomas, VIRCHOWS ARCHIV A (Pathological Anatomy and Histopathology), 82巻, pp.969-pp.973, 19910401
  544. Expression of epidermal growth factor in human tissues : Immunohistochemical and biochemical analysis, VIRCHOWS ARCHIV A (Pathological Anatomy and Histopathology), 418巻, pp.27-pp.32, 19910401
  545. Inhibitory effect of 8-Chloro-cyclic adenosine 3',5'-monophosphate on cell growth of gastric carcinoma cell lines, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 82巻, pp.325-pp.331, 19910401
  546. Myxoid leiomyosarcoma of the stomach: A case report, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 21巻, pp.447-pp.452, 19910401
  547. 移植腎病理組織診断におけるmicrowave固定法の応用, 移植, 26号, pp.246-pp.252, 19910101
  548. Depressed tubular adenoma of the stomach: Pathological and immunohisto- chemical properties, HISTOPATHOLOGY, 17巻, pp.419-pp.426, 19900401
  549. DNA ploidy pattern and amplification of ERBB and ERBB2 genes in human gastric carcinomas, VIRCHOWS ARCHIV B (Cellullar Pathology), 58巻, pp.273-pp.277, 19900401
  550. Effect of epidermal growth factor on rat stomach carcinogenesis induced by N-methyl-N’-nitro-N-nitrosoguanidine, ACTA PATHOL JPN, 40巻, pp.165-pp.171, 19900401
  551. Expression of ERBB2 in human gastric carcinomas : Relationship between p185ERBB2 expression and the gene amplification, CANCER RESEARCH, 50巻, pp.8002-pp.8009, 19900401
  552. Expression of several growth factors and their receptor genes in human colon carcinomas, VIRCHOWS ARCHIV B (Cellullar Pathology), 59巻, pp.173-pp.178, 19900401
  553. Growth factors in progression of human esophageal and gastric carcinomas, EXPERIMENTAL PATHOLOGY, 40号, pp.291-pp.300, 19900401
  554. pp60c-src protein kinase activity in human gastric carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 45巻, pp.847-pp.851, 19900401
  555. Induction of growth factor receptor and metalloproteinase genes by epidermal growth factor and/or transforming growth factor-α in human gastric carcinoma cell line MKN-28, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 81巻, pp.793-pp.798, 19900401
  556. 増殖因子からみたヒト消化器癌, Oncologia, 22号, pp.39-pp.44, 19900101
  557. Characterization of early DNA synthesis in Xenopus eggs after injection of circular plasmid DNA, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 17巻, pp.3709-pp.3723, 19890401
  558. Effect of phorbol esters on cell growth and epidermal growth factor receptor modulation in a human gastric carcinoma cell line TMK-1, Hiroshima J. Med. Sci., 38巻, pp.191-pp.195, 19890401
  559. Minichromosome assembly accompanying repair-type DNA synthesis in Xenopus oocytes, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 17巻, pp.10243-pp.10258, 19890401
  560. Presence of multiple species of polypeptides immunologically related to transcription factor TFIIIA in adult Xenopus tissues, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 17巻, pp.5597-pp.5610, 19890401
  561. Quantitation and subcellular localization of proliferating cell nuclear antigen (PCNA/cyclin) on oocytes and eggs of Xenopus laevis, EXPRIMENTAL CELL RESEARCH, 182巻, pp.384-pp.393, 19890401
  562. Expression of epidermal growth factor receptor in human gastric and colonic carcinomas, CANCER RESEARCH, 48巻, pp.137-pp.141, 19880401
  563. Interaction between epidermal growth factor and its receptor in progression of human gastric carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 41巻, pp.211-pp.217, 19880401
  564. Phenotypic expression of human epidermal growth factor in fetal submandibular gland and pleomorphic adenoma of salivary gland., VIRCHOWS ARCHIV A (Pathological Anatomy and Histopathology), 412巻, pp.301-pp.306, 19880101
  565. Effects of a protein-free diet on the rat stomach, GASTROENTEROLOGY, 92巻, pp.1051-pp.1059, 19870401
  566. Expression of Ha-ras oncogene product in rat gastrointestinal carcinomas induced by chemical carcinogens, ACTA PATHOL JPN, 37巻, pp.1731-pp.1741, 19870401
  567. Immunohistochemical detection of c-myc-oncogene product in human gastric carcinomas: Expression in tumor cells and stromal cells, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 78巻, pp.1169-pp.1174, 19870401
  568. Cholecystokinin inhibition of tumor growth and gastrin-stimulated cAMP metabolism in human gastric carcinoma in nude mice, CANCER RESEARCH, 46巻, pp.740-pp.743, 19860401
  569. Gut endocrine cells in rat stomach carcinoma induced by N-methyl-N’-nitro-N-nitrosoguanidine, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 111巻, pp.87-pp.92, 19860401
  570. Ha-ras oncogene product in human gastric carcinoma: Correlation with invasiveness, metastasis or prognosis, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 77巻, pp.517-pp.522, 19860401
  571. Human epidermal growth factor in gastric carcinoma as a biologic marker of high malignancy, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 77巻, pp.145-pp.152, 19860401
  572. Light and electron microscopic observations of the white pulp of the dog spleen during hemorrhagic shock, PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 181巻, pp.586-pp.595, 19860401
  573. Calcium-activated, phospholipid-dependent protein kinase in human gastric mucosa and carcinoma, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 76巻, pp.1168-pp.1173, 19850401
  574. Effect of gastrin on gastric mucosal cyclic adenosine 3’:5’-monophosphate- dependent protein kinase activity in rat stomach carcinogenesis induced by N-methyl-N’-nitro-N-nitrosoguanidine, CANCER RESEARCH, 45巻, pp.4763-pp.4767, 19850401
  575. Growth-promoting effect of gastrin on human gastric carcinoma cell line TMK-1, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 76巻, pp.1064-pp.1071, 19850401
  576. Type I and II cyclic adenosine3’:5’-monophosphate-dependent protein kinase in human gastric mucosa and carcinomas, CANCER RESEARCH, 45巻, pp.1565-pp.1568, 19850401
  577. Effect of gastrin on tumor growth and cyclic nucleotide metabolism in xenotransplantable human gastric carcinoma in nude mice, CANCER RESEARCH, 44巻, pp.4276-pp.4280, 19840401
  578. Secretory component and immunoglobulin in human gastric carcinoma: An immunohistochemical studySecretory component and immunoglobulin in human gastric carcinoma: An immunohistochemical study, JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 75巻, pp.166-pp.176, 19840401

著書等出版物

  1. 2017年02月, 標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野「病理学」第4版, 病理学総論:8 腫瘍, 医学書院, 2017年, 2017, 教科書, 共著, Japanese, 安井 弥, 978-4-260-02871-4, 295, 19
  2. 2015年08月15日, シンプル病理学改訂第7版, 南江堂, 2015年, 8, 教科書, 共編著, Japanese, 笹野公伸、岡田保典、安井 弥, ISBN978-4-524-26154-3C3047, 394, 394
  3. 2015年08月15日, シンプル病理学改訂第7版, 上部消化管, 南江堂, 2015年, 8, 教科書, 共著, 安井 弥
  4. 2015年08月15日, シンプル病理学改訂第7版, 腹膜, 南江堂, 2015年, 8, 教科書, 共著, 安井 弥
  5. 2015年, 最新臨床大腸癌学, 消化管癌におけるマイクロRNAの意義, 日本臨牀社, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 大上直秀、安井 弥, 4
  6. 2014年, 臨床医のための胃がん病理アトラス, メディカルレビュー社, 2014年, 08, 単行本(学術書), 編著, Japanese, 安井 弥、北島政樹、吉田和弘, 143, 143
  7. 2014年, 臨床医のための胃がん病理アトラス, 胃癌原発巣と転移巣の組織像, メディカルレビュー社, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 仙谷和弘、安井 弥
  8. 2014年, 胃外科のすべて, 胃切除標本の取り扱い, メジカルビュー社, 2014年, 201403, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 仙谷和弘、安井 弥, 978-4-7583-1514-2 C3047
  9. 2014年, 胃外科のすべて, 胃癌における遺伝子異常−腺管形成と粘液形質の面から, メジカルビュー社, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 大上直秀、安井 弥
  10. 2013年, Principle of molecular diagnostics and personalized cancer medicine, Lippincott Williams & Wilkins, 2013年, 共著, Yasui W, Oue N, Sentani K, Tan DF
  11. 2012年, 臨床放射線腫瘍学, 腫瘍生物学, 南江堂, 2012年, 201212, 共著, 安井 弥 , 26322-6 C3047
  12. 2012年, 月, 原爆放射線の人体影響 改訂第2版, 人体への影響、後障害の種類−放射線疫学の知見、原爆被曝(生存)者、悪性腫瘍、部位別がんリスク:食道がん, 文光堂, 2012年, 3, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 978-4-8306-3741-4 C3047
  13. 2012年, 月, 原爆放射線の人体影響 改訂第2版, 人体への影響、後障害の種類−放射線疫学の知見、原爆被曝(生存)者、悪性腫瘍、部位別がんリスク:胃がん, 文光堂, 2012年, 3, 単行本(学術書), 共著
  14. 2012年, 月, 原爆放射線の人体影響 改訂第2版, 人体への影響、後障害の種類−放射線疫学の知見、原爆被曝(生存)者、悪性腫瘍、部位別がんリスク:大腸がん, 文光堂, 2012年, 3, 単行本(学術書), 共著
  15. 2011年, マスターメディシン病理学, 西村書店, 2011年, 共訳, 安井 弥、中山宏文
  16. 2011年, 放射線被曝と甲状腺-広島、チェルノブイリ、セミパラチンスク-, 渓水社, 2011年, 単行本(一般書), 共著, Japanese, 武市宣雄、星 正治、安井 弥, 978-4-86327-152-4 C3047, 141
  17. 2010年, スキルス胃癌—基礎と臨床—改訂版, スキルス胃癌の遺伝子, 医薬ジャーナル社, 2010年, 3, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 安井 弥、本下潤一、大上直秀, 978-4-7532-2429-6 C3047
  18. 2010年, アトラス「細胞診と病理診断」, 医学書院, 2010年, 6, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 安井 弥 , 978-4-260-00941-6 C3047
  19. 2010年, シンプル病理学 改訂第6版, 南江堂, 2010年, 共著, 安井 弥
  20. 2010年, 新しい診断と治療のABC 14胃癌 改訂第2版, 最新医学社, 2010年, 共著, 仙谷和弘、安井 弥
  21. 2010年, ダイナミック病理学, 西村書店, 2010年, 12, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 中山宏文、安井 弥, 978-4-89013-402-1 C3047
  22. 2009年, NEWエッセンシャル病理学, 医歯薬出版株式会社, 2009年, 04, 共編著, 安井 弥, 9784263731123
  23. 2009年, Histological and serological tumor markers and their clinical usefulness in cancers, Nova Science Publishers, 2009年, 共著, Yasui W, Sentani K, Sakamoto N, Motoshita J, Oue N
  24. 2009年, 標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野「病理学」第3版 , 医学書院, 2009年, 共著, 安井 弥
  25. 2009年, Knack & Pitfalls「胃外科の要点と盲点」第2版, 文光堂, 2009年, 共著, 大上直秀、安井 弥
  26. 2008年, 消化器がん 化学療法2008, 日本メディカルセンター, 2008年, 共著, 北台靖彦、安井 弥
  27. 2007年, International Congress Series: Radiation Risk Perspectives , Elsevier Science Publishers, 2007年, 05, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  28. 2007年, ルービン病理学 第4版 , 西村書店, 2007年, 11, 教科書, 共訳, 安井 弥, 1367
  29. 2006年, Recent advances in molecular pathobiology of gastric carcinoma. , Mol Pathol Gastric Carcinoma, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥 N. Oue 北台 靖彦 H. Nakayama , 51
  30. 2005年, The Diversity of Gastric Carcinoma: Pathogenesis, Diagnosis, and Therapy , Springer-Verlag, 2005年, 単行本(学術書), 共著, yasui w oue n kitadai y nakayama h 安井 弥
  31. 2005年, 予防医学事典 , 朝倉出版, 2005年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  32. 2005年, 肝転移のすべて , 永井書店, 2005年, 単行本(学術書), 共著, 大上 直秀 伊藤 玲子 安井 弥
  33. 2003年, 臨床腫瘍学第3版 病理診断学 , 癌と化学療法社, 2003年, 09, 単行本(学術書), 共編著, 中山 宏文 安井 弥
  34. 2003年, Handbook of Experimental Pharmacology Mechanisms in Carcinogenesis and Cancer Research , Springer-Verlag, 2003年, 単行本(学術書), 共著, ohgaki h yasui w yokota j 安井 弥
  35. 2003年, Knack & Pitfalls「胃外科の要点と盲点」 , 文光堂, 2003年, 単行本(学術書), 共編著, 安井 弥
  36. 2003年, 臨床腫瘍学 , 癌と化学療法社, 2003年, 単行本(学術書), 共著, 中山 宏文 安井 弥
  37. 2003年, 標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野「病理学」第2版 , 医学書院, 2003年, 単行本(学術書), 共編著, 安井 弥
  38. 2001年, A Survey of Cell Biology , Academic Press, 2001年, 単行本(学術書), 共著, yokozaki h yasui w tahara e 安井 弥
  39. 2001年, 21世紀の消化器がんの内科治療-現状での問題点の総括と展望- , 新興医学出版社, 2001年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥 大上 直秀 横崎 宏
  40. 2000年, 消化管癌の発生と自然史 , 金原出版, 2000年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  41. 2000年, 標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野「病理学」 , 医学書院, 2000年, 教科書, 共著, 安井 弥
  42. 1999年, Molecular Pathology of Early Cancer , IOS press, 1999年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  43. 1999年, Gastritis , Lippincott Williams & Wilkins, 1999年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  44. 1999年, 臨床腫瘍学 , 癌と化学療法社, 1999年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  45. 1999年, 臨床家のためのがん遺伝子/がん抑制遺伝子 , 南江堂, 1999年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  46. 1998年, がんの浸潤・転移-基礎研究の臨床応用- , 医学書院, 1998年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  47. 1998年, 消化器疾患-state of arts Ver.2 , 医歯薬出版株式会社, 1998年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  48. 1998年, 症候・病態の分子メカニズム , 中山書店, 1998年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  49. 1997年, Molecular Pathology of Gastrointestinal Cancer -Application to Clinical Practice- , Springer-Verlag, 1997年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  50. 1997年, 続=がんの浸潤・転移研究マニュアル , 金芳堂, 1997年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  51. 1997年, スキルス胃癌 -基礎と臨床- , 医薬ジャーナル社, 1997年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  52. 1997年, これだけは知っておきたい癌診療の知識 , 篠原出版, 1997年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  53. 1997年, 現代内科学 , 金芳堂, 1997年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  54. 1996年, Cell Proliferation in Cancer , Oxford University Press, 1996年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  55. 1996年, Recent Advances in Gastroenterological Carcinogenesis I , Monduzzi Editore, 1996年, 調査報告書, 共著, 安井 弥
  56. 1996年, 消化器病セミナー・62 消化器疾患とサイトカイン , へるす出版, 1996年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  57. 1996年, メディカル用語ライブラリー 消化器病「胃・腸・食道」 , 羊土社, 1996年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  58. 1996年, 消化器病セミナー・63 消化器病と癌遺伝子 , へるす出版, 1996年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  59. 1996年, The Chernobyl Accident. Thyroid Abnormalities in Children, Congenital Abnormalities and Other Radiation Related Information - The First Ten Years - , Hiroshima-Nagasaki Peace Foundation, 1996年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  60. 1996年, 新外科学体系(追補1)消化管の外科 , 中山書店, 1996年, 教科書, 共著, 安井 弥
  61. 1995年, 臨床DNA診断法 , 金原出版, 1995年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  62. 1995年, 最新医学からのアプローチ13 細胞増殖因子 , メジカルビュー社, 1995年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  63. 1995年, KEY WORD1995-’96癌 , 先端医学社, 1995年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  64. 1995年, 癌の新しい遺伝子診断と治療 , 医薬ジャーナル社, 1995年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  65. 1995年, 分子生物学的アプローチによる癌研究プロトコール(実験医学バイオマニュアルUPシリーズ) , 羊土社, 1995年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  66. 1995年, 現代病理学体系(補遺2)循環器 消化管 乳腺 血液・造血器 , 中山書店, 1995年, 単行本(一般書), 共著, 安井 弥
  67. 1994年, Gann Monograph on Cancer Research No. 42, Growth factors: cell growth, morphogenesis, and transformation , CRC Press, 1994年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  68. 1994年, Oncology -遺伝子の病気としての「がん」- , メジカルビュー社, 1994年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  69. 1993年, Surgical Gynecologic Oncology , Georg Thime Verlag, 1993年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  70. 1993年, Gastric Cancer , Springer-Verlag, 1993年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  71. 1993年, Bioscience Mook 癌の悪性化と転移 , 中外医学社, 1993年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  72. 1993年, 消化器診療プラクティカルシリーズ「大腸癌」 , 文光堂, 1993年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  73. 1992年, Diagnostic Molecular Pathology Vol. II: A Practical Approach , IRL Press= Oxford University Press, 1992年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  74. 1992年, ヒトがん細胞株とその特性 , 中外医学社, 1992年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥
  75. 1988年, Progress in Cancer Research and Therapy, Hormone and Cancer 3 , Raven Press Ltd, 1988年, 単行本(学術書), 共著, 安井 弥

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 子宮体部腫瘤, 服部 結、仙谷和弘、中山宏文、服部拓也、坂本直也、安井 弥, 第67回広島病理集談会, 2016年12月03日, 通常, 日本語, 広島
  2. Dynamic roles of GTP metabolism in cancers – Challenge for a new, selective and safe approach to eradicate cancers, Kofuji S, Hirayama A, Okumura K, Finley K, Sakamoto N, Mori M, Yoshino H, Malhotra A, Warren M, Sumita K, Ramkissoon A, Chow L, Ozawa T, Holland E, Kobayashi T, Yamasaki T, Shibuya S, Nakamura E, Ogawa O, Wakimoto H, Horbinski C, Yasui W, Soga T and Sasaki AT:, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月30日, 招待, 英語, 横浜
  3. 膀胱癌におけるSignal peptidase complex 18(SPC18)の発現・機能解析, 重松慶紀、関野陽平、大上直秀、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月24日, 通常, 日本語, 山口
  4. 子宮頚部腫瘍, 石川 洸、仙谷和弘、服部 結、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第121回スライドカンファレンス, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 広島
  5. Message from Japanese Gastric Cancer Association - Cross-disciplinary approach to control gastric cancer in precision medicine, Wataru Yasui, The 2016 Annual Congress of Korean Surgical Society, 2016年11月03日, 招待, 英語, Seoul
  6. Significance of KIF Genes in Gastric Spheroid Formation, Oue N, Imai T, Yasui W, The 3rd International Forum for Japan and Korea Medical Exchange, 2016年10月15日, 招待, 英語
  7. PCDHB9は胃癌の予後不良因子である, 大上直秀、向井正一朗、今井健晴、坂本直也、仙谷和弘、國安弘基、大段秀樹、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  8. CAST法によって同定したFukutinは胃癌の進展に寄与する, 仙谷和弘、Zarni Oo Htoo、向井正一朗、服部拓也、後藤景介、坂本直也、PT Trang、今井健晴、大上直秀、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  9. 胃腺腫癌化例における増殖細胞と腫瘍関連組織級の分布, 谷山大樹、谷山清己、在津潤一、齋藤彰久、倉岡和矢、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  10. 食道扁平上皮癌におけるKIFC1の発現と幹細胞の関連, 服部 結、大上直秀、服部拓也、今井健晴、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  11. 食道癌におけるSignal peptidase complex18の発現は予後不良因子である, 山本悠司、大上直秀、今井健晴、坂本直也、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  12. 大腸癌におけるSPC18の発現解析, 服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  13. スキルス胃癌微小環境における癌関連線維芽細胞由来細胞外小胞の機能解析, 内藤 寛、八代正和、清野 透、平川弘聖、勝田 毅、安井 弥、落谷孝広, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  14. StageⅡ/Ⅲ胃癌根治切除後の再発リスク層別化マーカー検索, 大島 貴、木村弥生、坂巻顕太郎、宮城洋平、山中正二、吉川貴己、塩澤 学、大上直秀、仙谷和弘、利野 靖、安井 弥、今田敏夫、益田宗孝, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  15. CDX2P-CreERT2:APCflox/flox;KrasG12Dマウスモデルを用いたタモキシフェン投与量依存性腫瘍発育速度の検討, 河内雅年、檜井孝夫、安達智洋、齋藤保文、三口真司、新津宏明、佐田春樹、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  16. 膀胱癌におけるBST2の発現・機能解析, 重松慶紀、大上直秀、関野陽平、向井正一朗、後藤景介、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  17. 膀胱癌における化学療法耐性獲得へのp38MAPKの役割, 神明俊輔、林哲太郎、藤井慎介、亭島 淳、仲 一仁、安井 弥、松原昭郎, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  18. CAST法により同定されたprotocadherin-β9の前立腺癌における発現と機能解析, 関野陽平、後藤景介、向井正一朗、重松慶紀、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  19. 転写超保存領域Uc.416+Aは去勢抵抗性前立腺癌と関連する, 後藤景介、本間りりの、関野陽平、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  20. REG4は去勢抵抗性前立腺癌患者における新規のバイオマーカー候補となる, 藤井慎介、亭島 淳、永松弘孝、正路晃一、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、林哲太郎、大上直秀、安井 弥、松原昭郎, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  21. レセプター型チロシンキナーゼ、DDR1の胃癌遊走能及び浸潤能に及ぼす影響, 弓削 亮、北台靖彦、瀧川英彦、田中信治、安井 弥、茶山一彰, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  22. STAT1シグナルは抗がん剤耐性膀胱癌で亢進し、STAT1制御は抗がん剤感受性の回復に関与する, 林 哲太郎、後藤景介、神明俊輔、亭島 淳、Peter Black、安井 弥、松原昭郎, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  23. 転写超保存領域Uc.160+の胃癌における発現・機能解析, 本間りりの、後藤景介、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  24. 食道扁平上皮癌におけるKinesis family member11の発現解析, 石川 洸、今井健晴、向井正一朗、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  25. KIF11は腸型胃癌の発生に関与する, 今井健晴、大上直秀、向井正一朗、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  26. 癌細胞と間葉系細胞の直接接触による腫瘍先進部における上皮間葉系転換促進作用, 瀧川英彦、北台靖彦、弓削 亮、田中信治、安井 弥、茶山一彰, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  27. KIF C1とKIF 11の胃癌における分子腫瘍マーカーとしての意義, 今井健晴、大上直秀、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第36回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2016年10月05日, 通常, 日本語, 横浜
  28. miR-148aは大腸癌の発がん・進展に寄与している, 坂本直也、日比野佑美、後藤景介、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月05日, 通常, 日本語, 横浜
  29. 大腸癌におけるmiR-148a発現低下と細胞生物学的機能に関する検討, 坂本直也、本間りりの、石川 洸、今井健晴、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 鹿児島
  30. CDX2P-CreERT2:Apcflox/flox;KrasG12Dマウスモデルを用いた大腸癌発生速度の検討, 河内雅年、檜井孝夫、安達智洋、斎藤保文、三口真司、新津宏明、佐田春樹、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 鹿児島
  31. Uc.160+の胃癌における発現調節機能と生物学的意義, 本間りりの、後藤景介、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 鹿児島
  32. 胃癌におけるKIF11の機能解析および発現意義, 今井健晴、大上直秀、坂本直也、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 鹿児島
  33. 胃癌におけるAnnexin A10(ANXA10)発現に関する臨床病理学的検討, 石川 洸、坂本直也、本間りりの、今井健晴、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 鹿児島
  34. 膜貫通蛋白質PCDHB9は接着及び播種を促進し胃癌の予後不良に関与する, 大上直秀、向井正一朗、今井健晴、國安弘基、仙谷 和弘、坂本直也、大段秀樹、吉田和弘 、安井 弥, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 招待, 日本語
  35. 消化器癌の進展・転移のメカニズムと制御:特別発言, 安井 弥, 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年09月15日, 招待, 日本語
  36. スキルス胃癌癌関連線維芽細胞に由来する分泌型microRNAの機能解析, 内藤 寛、吉岡祐亮、山本雄介、八代正和、清野 透、平川弘聖、安井 弥、落合孝広, 第8回日本RNAi研究会, 2016年08月31日, 通常, 日本語, 広島
  37. Molecular pathological appreoach to develop novel cancer diagnostics and therapeutics, 安井 弥, 第27回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2016年08月12日, 招待, 英語, 広島
  38. 食道癌におけるSPC18の発現・機能解析, 山本悠司、大上直秀、今井健晴、坂本直也、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第13回日本病理学会カンファレンス, 2016年07月29日, 通常, 日本語, 神戸
  39. 胃癌、大腸癌におけるmiR-148aの発現低下, 坂本直也、山本悠司、重松慶紀、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第13回日本病理学会カンファレンス, 2016年07月29日, 通常, 日本語, 神戸
  40. 膀胱癌におけるSignal peptidase complex18(SPC18)の発現・機能解析, 重松慶紀、大上直秀、安井 弥, 第13回日本病理学会カンファレンス, 2016年07月29日, 通常, 日本語, 神戸
  41. 眼窩内腫瘍, 石川 洸、仙谷和弘、坂本直也、安井 弥, 第66回 広島病理集談会, 2016年07月23日, 通常, 日本語, 広島
  42. Identification of diagnostic and therapeutic targets of gastroesophageal cancer, 安井 弥, GAP-related meeting between Hiroshima University and the University of Texas MD Anderson Cancer Center, 2016年07月21日, 招待, 英語, Hiroshima (Japan)
  43. Kinesin family member11の胃癌における発現・機能解析, 今井健晴、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第25回日本がん転移学会学術集会, 2016年07月21日, 通常, 日本語, 米子
  44. Identification of diagnostic and therapeutic targets of gastroesophageal cancer, Wataru Yasui, GAP-related meeting between Hiroshima University and the University of Texas MD Anderson Cancer Center, 2016年07月21日, 招待, 英語
  45. 胃癌におけるAnnexin A10 (ANXA10)発現に関する臨床病理学的検討, 石川 洸、坂本直也、関野陽平、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第35回分子病理研究会, 2016年07月15日, 通常, 日本語, 横浜
  46. CAST法により同定されたprotocadherin-beta 9の前立腺癌における発現と機能解析, 関野陽平、石川 洸、後藤景介、重松慶紀、林哲太郎、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第35回分子病理研究会, 2016年07月15日, 通常, 日本語, 横浜
  47. 甲状腺腫瘍, 服部 結、仙谷和弘、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第120回スライドカンファレンス, 2016年06月26日, 通常, 日本語, 香川
  48. がんの新たな診断・治療標的の同定, 安井 弥, 神戸大学大学院「先端医学トピックス」バイオメディカルサイエンス修士課程「バイオメディカルサイエンスB」, 2016年06月18日, 通常, 日本語
  49. 後腹膜腔に進展した腹膜原発漿液性腺癌の1例, 小羽田悠貴、井上省吾、松崎信治、服部 結、栗村嘉昌、定秀孝介、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、亭島 淳、安井 弥、松原昭郎, 第159回日本泌尿器科学会広島地方会, 2016年06月11日, 通常, 日本語, 広島
  50. 大腸表在性腫瘍の腺管周囲間質細胞におけるCD10の発現, 中山宏文、円山英昭、三重野寛、峠 誠司、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  51. 原爆被曝者に発生した胃癌におけるFKTNの解析, Trang Pham Thi Binh、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、浦岡直礼、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  52. 胃癌におけるPCDHB9の機能および発現意義について, 向井正一朗、大上直秀、後藤景介、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  53. 胃癌におけるKinesin family member11の発現・機能解析, 今井健晴、向井正一朗、大上直秀、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  54. KIFC1は胃癌において高発現しておりスフェロイド形成に重要である, 大上直秀、向井正一朗、Pham T.B.,Trang、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  55. 膀胱癌におけるSPC18の発現・機能解析, 重松慶紀、後藤景介、関野陽平、仙谷和弘、大上直秀、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  56. マウス大腸正常粘膜及び大腸腺腫におけるCdx2発現消失の影響, 坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  57. 小胞体膜上分泌制御タンパクSPC18の大腸癌における検討, 服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  58. 食道扁平上皮癌におけるolfactomedin4の臨床病理学的解析, 浦岡直礼、向井正一朗、今井健晴、服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  59. 転写超保存領域Uc.416+Aの胃癌における生物学的機能解析, 後藤景介、本間りりの、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  60. 胃癌における転写超保存領域T-UCRのDNAメチル化解析, 本間りりの、後藤景介、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  61. CAST法によって同定されたFukutinの腸型粘液形質胃癌における臨床病理学的意義, 仙谷和弘、Htoo ZarniOo、向井正一朗、服部拓也、後藤景介、坂本直也、Pham,Thi Binh Trang、今井健晴、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  62. 胃腺腫の長期予後に関する検討 第2報, 谷山大樹、谷山清己、坂根潤一、在津潤一、齋藤彰久、倉岡和矢、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第105回日本病理学会総, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  63. CAST法により同定されたprotocadherin-β9の前立腺癌における発現と機能解析, 関野陽平、後藤景介、向井正一朗、重松慶紀、林哲太郎、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  64. 胃癌細胞のスフェロイド形成におけるKIFC1の役割, 大上直秀、向井正一朗、大島 貴、Pham T.B Trang、仙谷和弘、安井 弥, 第88回日本胃癌学会総会, 2016年03月17日, 通常, 日本語, 別府
  65. PCDHB9は胃癌細胞の接着性に関与する, 今井健晴、大上直秀、向井正一朗、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第88回日本胃癌学会総会, 2016年03月17日, 通常, 日本語, 別府
  66. CAST法によって同定されたFukutinの胃癌における臨床病理学的意義, 仙谷和弘、Zarni Oo Htoo、今井健晴、大上直秀、安井 弥, 第88回日本胃癌学会総会, 2016年03月17日, 通常, 日本語, 別府
  67. 胃癌に対する病理診断, 安井 弥, Gastric Cancer Symposium in 中四国, 2016年03月12日, 招待, 日本語, 岡山
  68. 消化管癌の分子病理のトピックス, 安井 弥, 奈良県立医科大学「腫瘍病理」特別講義, 2016年03月01日, 通常, 日本語
  69. Molecular Pathology of Gastrointestinal Cancer, 安井 弥, Special lecture at Hacettepe University, 2016年02月09日, 招待, 英語, アンカラ
  70. 病理からみた胃癌とは?, 安井 弥, Taiho Gastric Cancer Forum in West Japan, 2016年01月30日, 招待, 日本語, 大阪
  71. 組織型・分子型・遺伝子型による消化管がんの新しい診断・治療への病理学的アプローチ, 安井 弥, 東広島医療センター研修会, 2016年01月16日, 招待, 日本語
  72. インテグリンα8β1は筋繊維芽細胞分化を誘導して組織繊維化を促進する, 西道教尚、菅野啓司、杉山晶子、仙谷和弘、安井 弥、横崎恭之, 第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月01日, 通常, 日本語, 神戸
  73. スキルス胃がん微小環境における細胞外小胞の機能, 内藤 寛、八代正和、平川弘聖、安井 弥、落合孝広786. 内藤 寛、八代正和、平川弘聖、安井 弥、落合孝広, 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学大会合同大会, 2015年12月01日, 通常, 日本語, 神戸
  74. 大腸癌のマウスモデルを用いた新たなTGF-βシグナルターゲット癌関連遺伝子の同定, 三口真司、檜井孝夫、安達智洋、斉藤保文、新津宏明、河内雅年、佐田春樹、伊地知秀明、田中屋宏爾、北台靖彦、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月19日, 通常, 日本語, 米子
  75. KRAS変異型大腸癌自然発生マウスモデルを用いた遺伝子プロファイル解析, 新津宏明、檜井孝夫、川口康夫、仙谷和弘、大上直秀、弓削 亮、齋藤保文、三口真司、河内雅年、佐田春樹、北台靖彦、安井 弥、大段秀樹, 第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月19日, 通常, 日本語, 米子
  76. CAST法によって同定されたFukutinの胃癌における臨床病理学的意義, 今井健晴、仙谷和弘、Zarni Oo Htoo、大上直秀、安井 弥, 第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月19日, 通常, 日本語, 米子
  77. 胃癌幹細胞およびスフェロイド形成におけるKIFC1の役割, 大上直秀、向井正一朗、今井健晴、T.B.Pham Trang、仙谷和弘、安井 弥, 第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月19日, 通常, 日本語, 米子
  78. 大腸癌自然発生マウスモデルにおけるシンバイオテイクスが腫瘍形成に及ぼす効果の解析, 齋藤保文、檜井孝夫、安達智洋、惠木浩之、下村 学、三口真司、澤田紘幸、新津宏明、河内雅年、佐田春樹、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月19日, 通常, 日本語, 米子
  79. 男性乳腺エコー検査10年間のまとめ, 矢野聡美、琴浦 恵、松尾 宏、中島由喜、高永甲文男、網岡 愛、舛本法生、安井 弥, 第33回安佐医学会, 2015年11月15日, 通常, 日本語, 安佐医学会, 広島
  80. Molecular pathology of gastric cancer, 安井 弥, The 2nd International Forum for Japan and Korea Medical Exchange, 2015年10月17日, 招待, 英語, Kure (Japan)
  81. バイオマーカー探索を統合したがん診断に向けて—病理学の役割—:SAGE法・CAST法から同定した胃癌関連マーカーとその意義, 大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、浦岡直礼、服部拓也、安井 弥, 第35回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2015年10月17日, 招待, 日本語, 名古屋
  82. Pathological diagnosis using a virtual microscope, Taniyama D, Taniyama K, Kuraoka K, Zaitsu J, Saito A, Yasui W, National University Hospital of Singapore – MD Anderson Cancer Center Pathology Update 2015, 2015年10月15日, 通常, 英語, Singapore (Singapore)
  83. 大腸がんの新規治療開発に有用な2種類の異なるゲノム不安定性を持つ自然発生型大腸がんマウスモデルの確立, 檜井孝夫、安達智洋、斉藤保文、三口真司、新津宏明、河内雅年、下村 学、北台靖彦、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  84. StageⅡ/Ⅲ胃癌根治切除後のリスク層別化マーカー検索, 大島 貴、木村弥生、中居祐介、坂巻顕太郎、吉川貴己、宮城洋平、山中正二、利野 靖、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、今田敏夫、益田宗孝, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  85. Transforming growth factor beta receptorⅡ(TGFBR2)変異大腸癌マウスモデルの作製と解析, 三口真司、檜井孝夫、安達智洋、斎藤保文、新津宏明、伊地知秀明、北台靖彦、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  86. 大腸癌自然発生マウスモデルを用いたKRAS変異型大腸癌の遺伝子発現プロファイル解析, 新津宏明、檜井孝夫、川口康夫、仙谷和弘、大上直秀、安達智洋、齊藤保文、三口真司、河内雅年、佐田春樹、下村 学、安井 弥、大段秀樹, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  87. 大腸癌においてEGFL6遺伝子発現量は増加し、腫瘍の増大に関連する, 安達智洋、檜井孝夫、新津宏明、斎藤保文、下村 学、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  88. 胃癌におけるPCDHB9の発現とその意義, 向井正一朗、大上直秀、後藤景介、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  89. KIFC1は胃癌細胞のスフェロイド形成に重要である, 大上直秀、向井正一朗、Pham T.B Trang、仙谷和弘、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  90. 胃癌浸潤先進部におけるMMP-7、lamininγ2、EGFRの臨床的意義, 仙谷和弘、浦岡直礼、服部拓也、内藤 寛、坂本直也、大上直秀、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  91. 胃腺腫の長期経過に関する検討, 谷山大樹、谷山清己、倉岡和矢、在津潤一、齋藤彰久、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  92. スキルス胃癌微小環境における細胞外小胞の機能解析, 内藤 寛、八代正和、平川弘聖、安井 弥、落谷孝広, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  93. 食道扁平上皮癌におけるPCDHB9の機能解析, 今井健晴、向井正一朗、大上直秀、後藤景介、仙谷和弘、大段秀樹、吉田和弘、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  94. 食道扁平上皮癌におけるolfactomedin4の発現とその臨床病理学的意義, 浦岡直礼、大上直秀、仙谷和弘、向井正一朗、服部拓也、野口 剛、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  95. SPC18の大腸癌における発現と機能解析, 服部拓也、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  96. レセプター型チロシンキナーゼ、DDR1の大腸癌遊走能に及ぼす影響, 弓削 亮、北台靖彦、滝川英彦、田中信治、安井 弥、茶山一彰, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  97. DNA異常メチル化解析は子宮頸部重層扁平上皮内低異型度病変の予測に有用である, 坂根潤一、谷山清己、宮本和明、齋藤彰久、仙谷和弘、倉岡和矢、大上直秀、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  98. 転写超保存領域T-UCRの胃癌・前立腺癌における発現制御機構, 後藤景介、石川 聖、本間りりの、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  99. 食道癌におけるBST2の発現, 服部 結、大上直秀、Htoo Zarni Oo、向井正一朗、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  100. 膀胱癌における新規HER2標的治療薬T-DM1の有効性, 林哲太郎、Peter C Black、後藤景介、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、亭島 淳、安井 弥、松原昭郎, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  101. 腎細胞癌同所移植モデルにおける分子標的薬の微小環境への効果, 北野弘之、亭島 淳、林哲太郎、神明俊輔、永松弘孝、後藤景介、弓削 亮、品川 慶、仙谷和弘、Peter C Black、北台靖彦、安井 弥、松原昭郎, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  102. 膀胱癌におけるSPC18の発現と機能, 重松慶紀、後藤景介、関野陽平、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  103. 前立腺癌におけるPCDHB9は浸潤に関与する, 関野陽平、後藤景介、向井正一朗、重松慶紀、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  104. 去勢抵抗性前立腺癌におけるRegⅣの役割, 亭島 淳、永松弘孝、正路晃一、山中亮憲、平野達也、小畠浩平、北野弘之、後藤景介、林哲太郎、大上直秀、安井 弥、松原昭郎, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  105. 同所移植マウスモデルにおけるレゴラフェニブの腫瘍・間質細胞阻害作用, 滝川英彦、北台靖彦、弓削 亮、田中信治、安井 弥、茶山一彰, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 名古屋
  106. SPC18の大腸癌における組織腫瘍マーカーとしての意義, 服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第35回分子腫瘍マーカー研究会, 2015年10月07日, 通常, 日本語, 名古屋
  107. SAGE法・CAST法から同定した胃癌関連マーカーとその意義, 大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、浦岡直礼、服部拓也、安井 弥, 第35回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2015年10月07日, 招待, 日本語
  108. スキルス胃癌微小環境における分泌型microRNAの機能解析, 内藤 寛、八代正和、平川弘聖、安井 弥、落合孝広, 第7回日本RNAi研究会, 2015年08月26日, 通常, 日本語, 広島
  109. 世界の胃癌診療における日本の病理の役割, 安井 弥, 平成27年度広島大学広仁会山陰支部講演会, 2015年08月22日, 招待, 日本語, 松江
  110. 会議開催事例紹介:学会の誘致・運営と国際化について, 安井 弥, 広島の未来をMICEで語る-未来を考える広島市と広島大学との共同シンポジウム, 2015年08月18日, 招待, 日本語, 広島
  111. Molecular pathology of gastric cancer, Wataru Yasui, JP Kim Memorial International Gastric Cancer Symposium, 2015年07月31日, 招待, 英語, Seoul (Korea)
  112. Molecular pathology of gastric cancer, Wataru Yasui, JP Kim Memorial International Gastric Cancer Symposium, 2015年07月31日, 招待, 日本語
  113. CAST法を用いて同定したBST2の大腸癌における発現と機能解析, 今井健晴、向井正一朗、大上直秀、仙谷和弘、吉田和弘、安井 弥, 第34回分子病理研究会, 2015年07月25日, 通常, 日本語, 神戸
  114. 胃癌細胞のスフェロイド形成におけるKIFC1の役割, 大上直秀、向井正一朗、Pham T.B. Trang、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第24回日本がん転移学会学術集会・総会, 2015年07月23日, 通常, 日本語, 大阪
  115. Function analysis of Signal peptidase complex 18 in colorectal cancer, 服部拓也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第24回日本がん転移学会学術集会・総会, 2015年07月23日, 通常, 英語, 大阪
  116. 胃腫瘍, 浦岡直礼、仙谷和宏、安井弥, 第64回広島病理集談会, 2015年07月18日, 通常, 日本語, 広島病理集談会, 広島
  117. 胃腫瘍, 浦岡直礼、仙谷和宏、安井弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第117回スライドカンファレンス, 2015年06月27日, 通常, 日本語, 日本病理学会中四国支部, 鳥取
  118. Tubulosystic Carcinoma in the Left Kidney with Lymph Node Metastasis : Case Report, Maeda Y, Honda Y, Higaki T, Iida M, Date S, Goto K, Sentani K, Yasui W, Kitano H, Kajiwara M, Matsubara A, Tsuji S, Kuroda N, Matsuura N, Toyota N, Awai K, 第29回日本腹部放射線学会, 2015年06月19日, 通常, 英語, 浜松
  119. がんの診断・治療標的の同定-胃癌の分子病理学, 安井 弥, 神戸大学大学院「先端医学トピックス」バイオメディカルサイエンス修士課程「バイオメディカルサイエンスB」, 2015年06月18日, 招待, 日本語
  120. 広島県腫瘍登録における精巣腫瘍の解析, 西坂 隆、杉山裕美、小笹晃太郎、歌田真衣、有田建一、野間 純、山田博康、津谷隆史、梶原博毅、米原修治、武島幸男、安井 弥, 地域がん登録全国協議会第24回学術集会, 2015年06月10日, 通常, 日本語, 地域がん登録全国協議会, 前橋
  121. Endoscopic management of early gastric cancer: Molecular analysis in endoscopic specimen, 安井 弥, The 11th International Gastric Cancer Congress, 2015年06月, 招待, 英語, サンパウロ
  122. 世界の胃癌診療における日本の病理の役割, 安井 弥, 広島大学広仁会広島支部講演会, 2015年05月16日, 招待, 日本語, 広島
  123. Presence of elastic fibers in liver needle biopsy specimens from patients with chronic hepatitis C, 中山宏文、山科敬太郎、相光汐美、円山英昭、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 名古屋
  124. 皮膚balloon cell melanomaの一例, 服部 結、仙谷和弘、浦岡直礼、服部拓也、大上直秀、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 名古屋
  125. 非翻訳領域をコードする転写超保存領域T-UCRの胃癌における発現, 後藤景介、石川 聖、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 名古屋
  126. 胃癌におけるBST2発現は5-FU感受性と関連がある, 向井正一朗、大上直秀、仙谷和弘、Htoo Zarni Oo、大段秀樹、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 名古屋
  127. 大腸癌におけるSPC18の機能解析, 服部拓也、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 名古屋
  128. CAST法を用いて同定したBST2の食道癌における機能解析, 立本淑子、向井正一朗、PhamThi Binh Trang、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 名古屋
  129. 低異型度扁平上皮内病変進行におけるDNAメチル化異常, 坂根潤一、谷山清己、仙谷和弘、倉岡和矢、大上直秀、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 名古屋
  130. CAST法により同定されたOligophrenin-1の前立腺癌における発現と機能解析, 重松慶紀、後藤景介、林哲太郎、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 名古屋
  131. 前立腺癌における転写超保存領域T-UCRの発現調節機構, 関野陽平、後藤景介、石川 聖、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 名古屋
  132. 胃癌浸潤先進部におけるMMP-7,lamininγ2,EGFRの発現パターンとその臨床病理学的意義, 仙谷和弘、浦岡直礼、向井正一朗、服部拓也、大上直秀、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 名古屋
  133. Fukutin and CD10 expression in gastric cancer, Trang T.B Pham, Htoo Z.Oo, Kazuhiro Sentani, Naohiro Uraoka, Naohide Oue, Wataru Yasui, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 英語, 日本病理学会, 名古屋
  134. 胃癌におけるスフェロイド形成関連遺伝子と癌幹細胞との関連, 大上直秀、向井正一朗、Pham T.B Trang、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 名古屋
  135. 真の腫瘍被膜構成紡錘形細胞は筋繊維芽細胞である−臓器横断的考察−, 中山宏文、円山英昭、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 名古屋
  136. 食道扁平上皮癌におけるolfactomedin4発現に関する分子病理学的検討, 浦岡直礼、大上直秀、仙谷和弘、向井正一朗、服部拓也、野口 剛、安井 弥, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 名古屋
  137. Functional analysis of extracellular vesicles as a novel regulatory agent of scirrhous type gastric cancer microenvironment, Naito Y, Yashiro M, Hirakawa K, Yasui W, Ochiya T, International Society for Extracellular Vesicles 2015, 2015年04月23日, 通常, 英語, Washington D.C. (USA)
  138. Significance of KIFC1 in spheroid formation of gastric cancer cells., Oue N, Mukai S, Pham TBT, Sentani K, Yasui W, AACR (American Association for Cancer Research) Annual Meeting 2015, 2015年04月18日, 通常, 英語, Philadelphia, Pennsylvania (USA)
  139. The expression of FKTN gene in gastric cancer related to radiation exposure: research on atomic bomb survivors, Trang T. Pham, Oue N, Yasui W, AACR (American Association for Cancer Research) Annual Meeting 2015, 2015年04月18日, 通常, 英語, Philadelphia, Pennsylvania (USA)
  140. CTパターンを用いた尿管癌の術前病期診断, 後藤 景介、本田 有紀子、池田 健一郎、小畠 浩平、亭島 淳、仙谷 和弘、粟井 和夫、安井 弥、松原 昭郎, 第103回日本泌尿器科学会総会, 2015年04月18日, 通常, 日本語, 金沢
  141. スフェロイドを用いた胃癌幹細胞マーカーの同定, 大上直秀、向井正一朗、T.B Trang Pham、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第87回日本胃癌学会総会, 2015年03月04日, 通常, 日本語, 広島
  142. 胃癌におけるBST2発現と機能解析, 向井正一朗、大上直秀、仙谷和弘、Htoo Zarni Oo、大段秀樹、安井 弥, 第87回日本胃癌学会総会, 2015年03月04日, 通常, 日本語, 広島
  143. 世界の胃癌診療における日本の病理の役割:過去・現在・未来, 安井 弥, 第87回日本胃癌学会総会, 2015年03月, 招待, 日本語, 広島
  144. Novel biomarkers and therapeutic targets of gastrointestinal cancer identified through transcriptome dissection, 安井 弥, The 2nd International Symposium of Hiroshima Research Center for Healthy Ageing, 2015年03月, 招待, 英語, 東広島
  145. Molecular pathology of cancer cell growth and progression in gastrointestinal cancer, 安井 弥, 2015 International Symposium on Tissue Microenvironmental Modulators, 2015年03月, 招待, 英語, 東京
  146. 消化管癌の分子病理のトピックス, 安井 弥, 奈良県立医科大学「腫瘍病理」特別講義, 2015年02月23日, 通常, 日本語
  147. The expression of FKTN gene in gastric cancer related to radiation exposure: research on atomic bomb survivors, Pham TBT, Oo HZ, Sentani K, Oue N, Yasui W, The 4th International Symposium of Phoenix Leader Education Program for Renaissance from Radiation Disaster, 2015年02月14日, 通常, 英語, 広島
  148. Molecular Pathology of Gastrointestinal Cancer: Identification of novel biomarkers through transcriptome dissection, 安井 弥, Special lecture at Federation of Turkish Pathology and Ankara Pathology Society, 2015年02月11日, 招待, 英語, アンカラ
  149. 腎腫瘍, 本間りりの、服部拓也、黒田直人、仙谷和弘、安井 弥, 日本病理学会中四国支部学術集会第119回スライドカンファレンス, 2015年02月06日, 通常, 日本語, 山口
  150. Transcriptome dissectionによるがんの診断・治療標的の同定と展開, 安井 弥, 長崎大学生化学セミナー, 2015年01月16日, 招待, 日本語
  151. 原爆被爆者の大腸癌における高マイクロサテライト不安定性(MSI-H)症例の特徴, 伊藤玲子、濱谷清裕、矢野志保、篠原智子、高橋恵子、大上直秀、安井 弥、中地 敬、楠 洋一郎, 第60回日本病理学会秋期特別総会, 2014年11月20日, 通常, 日本語, 沖縄
  152. 腹膜表層に沿ってびまん性に進展した悪性リンパ腫の1例, 服部拓也、仙谷和弘、浦岡直礼、安井 弥, 第60回日本病理学会秋期特別総会, 2014年11月20日, 通常, 日本語, 沖縄
  153. Relation of Inflammation and neoangiogenesis of epicardial adipose tissue to coronary atherosclerosis based on computed tomography analysis, Tsushima H, Kitagawa T, Yamamoto H, Sentani K, Yasui W and Kihara Y, Scientific Sessions 2014 of American Heart Association, 2014年11月15日, 通常, 英語, Chicago, Illinoi (USA)
  154. Investigation of cell surface protein BST2 expression and its significance in gastric cancer, 向井正一朗、大上直秀、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第8回日本消化器癌発生学会, 2014年11月13日, 通常, 日本語, 福岡
  155. The role of bone marrow-derived mesenchymal stem cells in human colon cancer, 品川 慶、北台靖彦、弓削 亮、斧山美恵子、田中信冶、安井 弥、茶山一彰, 第8回日本消化器癌発生学会, 2014年11月13日, 通常, 日本語, 福岡
  156. Impact of Synbiotics administration on tumorigenesis of colon cancer mouse model, 斎藤保文、檜井孝夫、恵木浩之、下村 学、安達智洋、三口真司、新津宏明、澤田紘幸、河内雅年、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第8回日本消化器癌発生学会, 2014年11月13日, 通常, 日本語, 福岡
  157. Sulindac delayed and suppressed tumor progression in a human colorectal cancer mouse model (CPC;APC mouse), Adachi T, Hinoi T, Sasaki Y, Shimomura M, Saito Y, Miguchi M, Niitsu H, Kouchi M, Oue N, Yasui W and Ohdan H, The 8th International Conference of the International Society of Gastroenterological Carcinogenesis, 2014年11月13日, 招待, 英語
  158. Significance of spheroid formation associated genes in gastric cancer, Oue N, Mukai S, Trang Pham TB, Sentani K, Yasui W, The 8th International Conference of the International Society of Gastroenterological Carcinogenesis, 2014年11月13日, 招待, 日本語
  159. Fukutin, identified by Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap (CAST) method, participates in tumor progression in gastric cancer, Sentani K, Oo HZ, Shinmei S, Mukai S, Sakamoto N, Naito Y, Goto K, Hattori Y, Uraoka N, Oue N and Yasui W, The 5th Taiwan-Japan Conjoint Slide Conference of IAP, 2014年10月25日, 通常, 英語, Taipei (Taiwan)
  160. 大腸癌におけるSPC18の発現とその意義, 服部拓也、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  161. ポドプラニンは食道扁平上皮癌において放射線化学療法の効果予測に有効である, 大上直秀、仙谷和弘、浦岡直礼、服部拓也、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  162. 食道扁平上皮癌におけるolfactomedin4の発現解析, 浦岡直礼、大上直秀、仙谷和弘、服部拓也、野口 剛、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  163. 去勢抵抗性前立腺癌におけるregⅣの意義, 亭島 淳、正路晃一、山中亮憲、後藤景介、永松弘孝、大原慎也、林哲太郎、岡 清貴、大上直秀、安井 弥、松原昭郎, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  164. CAST法により見いだされたPRL1の前立腺癌における発現と機能解析, 神明俊輔、仙谷和弘、林哲太郎、坂本直也、後藤景介、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、國安弘基、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  165. 子宮頚癌スクリーニング液状検体(LBC)法におけるDLX4及びSIM1遺伝子抑制と検出, 坂根潤一、谷山清己、宮本和明、仙谷和弘、倉岡和矢、大上直秀、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  166. mTORシグナル及びPDGFシグナル阻害による大腸癌の転移抑制, 弓削 亮、北台靖彦、品川 慶、斧山美恵子、田中信冶、安井 弥、茶山一彰, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  167. 胃癌におけるBST2の発現と機能, 向井正一朗、大上直秀、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  168. 非翻訳RNAコードする超保存領域の胃癌における発現解析, 後藤景介、石川 聖、服部拓也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  169. The expression of FKTN gene in gastric cancer related to radiation exposure:research on atomic bomb survivors, Thi Binh Pham Trang、Htoo Zarni Oo、Kazuhiro Sentani、Naohiro Uraoka、Naohide Oue、Wataru Yasui, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 英語, 横浜
  170. 腎細胞癌Xenograftモデルにおける発光imagingについての検討, 北野弘之、亭島 淳、林哲太郎、神明俊輔、後藤景介、宮本克利、弓削 亮、仙谷和弘、Peter Black、北台靖彦、安井 弥、松原昭郎, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  171. 網羅的解析から同定した胃癌関連遺伝子の臨床的意義と幹細胞における役割, 大上直秀、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  172. スキルス胃癌微少環境における分泌型microRNAの網羅的解析, 内藤 寛、八代正和、平川弘聖、安井 弥、落谷孝広, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  173. ヒト大腸癌において骨髄由来間葉系幹細胞がメタロチオネインとフィブロネクチンの発現を誘導する, 品川 慶、北台靖彦、弓削 亮、斧山美恵子、田中信冶、安井 弥、茶山一彰, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  174. 腎細胞癌におけるBST2の発現と臨床病理学的因子との検討, 坂本直也、神明俊輔、仙谷和弘、向井正一朗、後藤景介、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  175. 大腸鋸歯状病変におけるolfactomedin4 とclaudin―18の臨床病理学的意義, 仙谷和弘、坂本直也、嶋本文雄、浦岡直礼、服部拓也、大上直秀、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  176. CAST法により同定したBST2の大腸癌における機能解析, 立本淑子、大上直秀、Htoo Zarni Oo、向井正一朗、大段秀樹、仙谷和弘、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜
  177. 非翻訳RNAをコードする超保存領域の癌における組織腫瘍マーカーとしての意義, 後藤 景介、石川 聖、服部 拓也、向井 正一朗、浦岡 直礼、仙谷 和弘、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥, 第34回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2014年09月24日, 通常, 日本語, 横浜
  178. トランスクリプトームダイセクションによって同定した胃がんの新規診断・治療標的, 安井 弥, 第73回日本癌学会学術集会, 2014年09月, 招待, 日本語, 横浜
  179. CAST法により同定した細胞表面蛋白質BST2の胃癌における発現、及びその機能に関する検討, 向井正一朗、大上直秀、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第11回日本病理学会カンファレンス, 2014年08月01日, 通常, 日本語, 神戸
  180. CAST法を用いて同定したBST2の大腸癌における機能解析, 立本淑子、大上直秀、向井正一朗、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、安井 弥, 第11回日本病理学会カンファレンス, 2014年08月01日, 通常, 日本語, 神戸
  181. 大腸癌におけるSPC18の発現とその意義. 第33回分子病理学研究会, 服部拓也、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第33回分子病理学研究会, 2014年07月25日, 通常, 日本語, 蔵王
  182. 非翻訳RNAをコードする超保存領域の胃癌、前立腺癌における発現解析, 後藤 景介、石川 聖、浦岡 直礼、仙谷 和弘、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥, 第33回分子病理学研究会, 2014年07月25日, 通常, 日本語, 蔵王
  183. Functional analysis of BST2 in gastric cancer, identified by CAST method, 向井正一朗、大上直秀、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第23回日本がん転移学会学術総会, 2014年07月10日, 通常, 日本語, 金沢
  184. 胃癌におけるFKTNの発現と癌の進展との関連, 大上直秀、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、向井正一朗、安井 弥, 第23回日本がん転移学会学術総会, 2014年07月10日, 通常, 日本語, 金沢
  185. Novel biomarkers and therapeutic targets for gastric cancer, 安井 弥, The 7th Annual Scientific Meeting of the Singapore Gastric Cancer Consortium, 2014年07月, 招待, 英語, シンガポール
  186. 消化管癌の分子病理のトピックス, 安井 弥, 奈良県立医科大学「腫瘍病理」特別講義, 2014年06月11日, 招待, 日本語
  187. 消化管癌の発生・進展メカニズムと新規診断・治療開発へのアプローチ, 安井 弥, 九州大学医学部, 2014年06月09日, 招待, 日本語
  188. 消化管癌の分子病理学, 安井 弥, 神戸大学大学院「先端医学トピックス」バイオメディカルサイエンス修士課程「バイオメディカルサイエンスB」, 2014年06月05日, 招待, 日本語
  189. 消化管癌の新しい診断治療展開への分子病理学的アプローチ, 安井 弥, 平成26年度広島大学循環器内科同門会, 2014年05月18日, 招待, 日本語
  190. Regenerating islet-derived family, member 4 enhances cell proliferation, castration-resistance, and chemoresistance through acceleration of neuroendocrine differentiation in human prostate cancer cells., Teishima J, Shoji K, Goto K, Ryoken Y, Shikuma H, Nagatsuma H, Shinmei S, Kitano H, Ohara S, Hayashi T, Oue N, Yasui W and Matsubara A, Annual Meeting of the American Urological Association 2014,, 2014年05月16日, 通常, 英語, Orland, Florida (USA)
  191. 転写超保存領域T-UCRの前立腺癌における発現解析, 後藤景介、石川 聖、内藤 寛、Oo Htoo Zarni、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  192. ヒト小腸虚血における平滑筋形質の発現, 中山宏文、円山英昭、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  193. 大腸鋸歯状腫瘍におけるolfactomedin4とclaudin-18の臨床病理学的意義, 仙谷和弘、坂本直也、浦岡直礼、服部拓也、大上直秀、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  194. 原爆被爆者の大腸癌における高マイクロサテライト不安定性(MSI-H)症例の特徴, 伊藤玲子、濱谷清裕、矢野志保、篠原智子、高橋恵子、大上直秀、安井 弥、中地 敬、楠洋一郎, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  195. CAST法で見いだしたPRL1の前立腺癌における発現と機能解析, 神明俊輔、仙谷和弘、後藤景介、近藤翔太、坂本直也、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、國安弘基、大上直秀、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  196. SAGE法により同定された食道扁平上皮癌の新規マーカーNRD1の発現, 浦岡直礼、坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、Oo Htoo Zarni、内藤 寛、野口 剛、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  197. 胃癌における細胞表面蛋白質TSPAN8の発現とその意義, 服部拓也、大上直秀、仙谷和弘、Htoo Zarni Oo、阿南勝宏、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  198. CAST法により同定した細胞表面蛋白質BST2の胃癌における異常, 向井正一朗、大上直秀、仙谷和弘、Oo Htoo Zarni、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  199. DLX4及びSIM1遺伝子の異常メチル化解析は子宮頸部病変進行予測に有効である, 坂根潤一、谷山清己、宮本和明、浦岡直礼、坂本直也、仙谷和弘、倉岡和也、大上直秀、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  200. スキルス胃癌組織を用いたCAST法による解析;ZDHHC14の細胞生物学的機能への影響, Htoo Zarni Oo、坂本直也、阿南勝宏、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、柳原五吉、大島 貴、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  201. スキルス胃癌形態形成におけるmiR-143の役割, 内藤 寛、坂本直也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  202. 原爆被爆者に発生した胃癌におけるFKTNの発現異常, Thi Binh Pham Trang、大上直秀、仙谷和弘、Oo Htoo Zarni、藤原 惠、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 英語, 広島
  203. 腫瘍関連マイクロファージから分泌されるケモカインによるヒト食道扁平上皮癌の進展機構の解明, 飯島 綾、狛雄一郎、裏川直樹、宇都宮壮顕、高瀬信尚、西尾真理、重岡 学、綿島健人、仙波秀峰、安井 弥、横崎 宏, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  204. 腺窩上皮過形成ポリープ由来胃癌の生物学的特徴, 桂川広幸、羅 奕、北吉美沙穂、田邊絵里子、桑田真臣、森若優希子、藤井 澄、安井 弥、國安弘基, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  205. スキルス胃癌間質の線維芽細胞におけるmicroRNA-145の機能, 田川寛子、内藤 寛、安野恭平、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  206. 胃癌における非翻訳領域をコードする転写超保存領域の発現調節機構, 石川 聖、後藤景介、内藤 寛、Oo Htoo Zarni、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  207. CAST法を用いて同定したBST2の大腸癌における発現・機能解析, 向井理沙、Oo Htoo Zarni、向井正一朗、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  208. 大腸癌におけるmiR-148aの発現と臨床病理学的因子との相関, 日比野佑美、坂本直也、内藤 寛、Oo Htoo Zarni、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  209. SAGE法・CAST法から明らかとなった胃癌における分泌および細胞表面蛋白と胃型・腸型形質との関連, 大上直秀、仙谷和弘、浦岡直礼、服部拓也、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 招待, 日本語
  210. 病理学の魅力―広島大学の取り組みと提言―, 日比野佑美、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 招待, 日本語
  211. CAST法による胃癌関連遺伝子の同定:胃癌においてFukutinは腸型形質と関連している, 大上直秀、Oo Zarni Htoo、向井正一朗、服部拓也、仙谷和弘、坂本直也、浦岡直礼、安井 弥, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月24日, 通常, 日本語, 広島
  212. Regenerating islet-derived family, member 4 enhances cell proliferation, castration-resistance, and chemoresistance through acceleration of neuroendocrine differentiation in human prostate cancer cells, Teishima J, Shoji K, Goto K, Ryoken Y, Shikuma H, Nagatsuma H, Shinmei S, Kitano H, Ohara S, Hayashi T, Oue N, Yasui W and Matsubara A, 29th Annual Congress of the European Association of Urology, 2014年04月11日, 通常, 英語, Stockholm (Sweden)
  213. Sulindac delayed and suppressed the tumor progression, was not effective on inhibition of tumor initiation in a human colorectal cancer mouse model (CPC;Apc mouse), Adachi T, Hinoi T, Sasaki Y, Shimomura M, Saito Y, Miguchi M, Niitsu H, Sotomura Y, Oue N, Yasui W and Ohdan H, The 105th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2014年04月05日, 通常, 英語, San Diego, California (USA)
  214. Aberrant DNA methylation of DLX4 and SIM1 is a predictive marker for disease progression of uterine cervical low-grade squamous intrsepithelial lesion, Sakane J, Taniyama K, Miyamoto K, Sentani K, Oue N and Yasui W, The 105th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2014年04月05日, 通常, 英語, San Diego, California (USA)
  215. Clinicopathological significance of MMP-7, laminin gamma2 and EGFR expression at the invasive front of gastric carcinoma, 向井正一朗、大上直秀、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、大段秀樹、安井 弥, 第86回日本胃癌学会総会, 2014年03月20日, 通常, 日本語, 横浜
  216. SPC18はTGF-αの分泌を促進し胃癌の進行に関与する, 大上直秀、内藤 寛、永妻晶子、仙谷和弘、Oo Htoo Zarni、浦岡直礼、柳原五吉、落合淳志、佐々木博己、安井 弥, 第86回日本胃癌学会総会, 2014年03月20日, 招待, 日本語
  217. ついにがん登録を規定する法律ができました, 安井 弥, 県民フォーラム・市民公開講座「広島県のがんにまつわる最近のトピックス」, 2014年03月01日, 招待, 日本語
  218. 病理診断でわかるがんの実像, 安井 弥, 広島がんサポート・市民公開講座「がんとともに」, 2014年02月22日, 招待, 日本語
  219. The utility of microRNA expression as a potential marker for radiation-associated gastric cancer, Naito Y, Sakamoto N, Uraoka N, Sentani Km Oue N and Yasui W, The 3rd International Symposium of Phoenix Leader Education Program for Renaissance from Radiation Disaster, 2014年02月15日, 通常, 英語, Hiroshima
  220. Identification of ZDHHC14 by CAST method and its significance in scirrhous-type gastric cancer, Oo HZ, Sakamoto N, Uraoka N, Anami K, Sentani K, Oue N, Oshima T, Yanagihara K and Yasui W, The 3rd International Symposium of Phoenix Leader Education Program for Renaissance from Radiation Disaster, 2014年02月15日, 通常, 英語, Hiroshima
  221. Relationship between FKTN gene expression in gastric cancer and radiation exposure of atomic bomb survivors, Pham TBT, Oo HZ, Sentani K, Hattori T, Mukai S, Uraoka N, Oue N and Yasui W, The 3rd International Symposium of Phoenix Leader Education Program for Renaissance from Radiation Disaster, 2014年02月15日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  222. ZDHHC14, identified by CAST method, is a putative regulator for peritoneal dissemination of scirrhous-type gastric cancer, Oo HZ, Sakamoto N, Uraoka N, Anami K, Sentani K, Oue N, Oshima T, Yanagihara K, Yasui W, The 4th JCA-AACR Special Joint Conference, Urayasu, 2013年12月16日, 通常, 英語, Chiba (Japan)
  223. Role of microRNA-143 and its potential of prognostic factor in scirrhous type gastric cancer, Naito Y, Sakamoto N, Uraoka N, Sentani K, Oue N and Yasui W, The 4th JCA-AACR Special Joint Conference, Urayasu, 2013年12月16日, 通常, 英語, Chiba (Japan)
  224. Search for biomarkers of stage II/III gastric cancer and development of individualized therapy, Oshima T, Sakamoto N, Yasui W, Yoshikawa T, Rino Y, Kunisaki C, Imada T and Masuda M, The 4th JCA-AACR Special Joint Conference, Urayasu, 2013年12月16日, 通常, 英語, Chiba (Japan)
  225. Combining molecular target drugs to inhibit cancer-stromal cell interaction in gastric cancer, Onoyama M, Kitadai Y, Tanaka Y, Yuge R, Shinagawa K, Tanaka S, Yasui W and Chayama K, The 4th JCA-AACR Special Joint Conference, Urayasu, 2013年12月16日, 通常, 英語, Chiba (Japan)
  226. Novel biomarkers and therapeutic targets of gastric cancer, 安井 弥, The 4th JCA-AACR Special Joint Conference: The Latest Advances in Gastric Cancer Research, 2013年12月, 招待, 英語, Chiba (Japan)
  227. 消化管がんの新しい診断治療展開に向けた病理学的・分子病理学的アプローチ, 安井 弥, 第37回分子診断病理Seminar in Diagnostic Pathology, 2013年11月, 招待, 日本語, 盛岡
  228. 癌細胞膜蛋白質TSPAN8の発現と胃癌の予後、悪性度との相関, 向井正一朗、阿南勝宏、大上直秀、仙谷和弘、内藤 寛、Htoo Zarni Oo、大段秀樹、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  229. Evaluation of genes potentially involved in peritoneal disseminatioin of scirrhous gastric cancer by CAST method, Htoo Zarni Oo、Naoya Sakamoto、Naohiro Uraoka、Katsuhiro Anami、Kazuhiro Sentani、Nohide Oue、Kazuyoshi Yanagihaea、Wataru Yasui, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  230. 子宮頸癌スクリーニング検体(LBC法)におけるDLX4遺伝子抑制と検出, 坂根潤一、谷山清己、宮本和明、浦岡直礼、坂本直也、仙谷和弘、倉岡和矢、大上直秀、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  231. 腸型粘液形質胃癌で多く発現するHOXA10は予後良好因子である, 仙谷和弘、大上直秀、内藤 寛、坂本直也、Htoo Zarni Oo、浦岡直礼、青柳一彦、佐々木博己、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  232. スキルス胃癌形態形成におけるmiR-143の役割と腫瘍マーカーとしての有用性, 内藤 寛、坂本直也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、八代正和、平川弘聖、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  233. CAST法により同定した前立腺癌新規バイオマーカーのOPHN1は前立腺癌の進展に関わる, 後藤景介、林哲太郎、神明俊輔、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  234. 大腸癌におけるmiR-148aの発現と予後との関連, 安井 弥、坂本直也、日比野佑美、Htoo Zarni Oo、大上直秀, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  235. 大腸癌におけるTransmembrane 9 super family member 3(TM9SF3)の発現とβ-カテニンとの関連, 坂本直也、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  236. SAGE法による食道扁平上皮癌の新規マーカーNRD1の同定, 浦岡直礼、坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、野口 剛、吉田和弘、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  237. ポドプラニンの発現様式は食道扁平上皮癌の予後と相関する, 大上直秀、阿南勝宏、内藤 寛、Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、佐々木博己、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  238. CAST法により見いだされたPRL1の前立腺癌における発現と機能解析, 神明俊輔、林哲太郎、坂本直也、後藤景介、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、國安弘基、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  239. 大腸癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の発現, 藤井 澄、佐藤清哉、羅 奕、田邊絵里子、北吉美沙穂、笹平智則、佐々木隆光、安井 弥、國安弘基, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  240. 胃上皮性管状腫瘍および腫瘍類似病変における腺管周囲podoplanin/D2-40陽性間質細胞の分布, 中山宏文、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  241. 胃癌におけるKIAA1199のbiomarker および新規targetとしての有効性, 大島 貴、坂本直也、安井 弥、吉川貴己、利野 靖、國崎主税、今田敏夫、益田宗孝, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  242. 大腸癌におけるK-ras異変とGLUT1発現の関連, 川口康夫、檜井孝夫、齋藤保文、佐々田達成、下村 学、安達智洋、三口真司、新津宏明、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  243. 低酸素が誘導する胃癌細胞浸潤能促進因子CD24の発現はHIF-2aによって制御される, 藤國宣明、山本英喜、内藤 寛、坂本直也、田中友加、五十嵐友香、三隅俊博、ボウ ダン、鈴木崇久、徳本憲昭、田邊和照、安井 弥、大段秀樹, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  244. 骨髄由来間葉系幹細胞はヒト大腸癌においてメタロチオネインを誘導する, 品川 慶、北台靖彦、田中雄一郎、弓削 亮、釜山美恵子、田中信治、安井 弥、茶山一彰, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  245. 前立腺癌細胞におけるRegIVの発現は細胞増殖および化学療法耐性を増強する, 岡 清貴、亭島 淳、正路晃一、後藤景介、永松弘孝、神明俊輔、大原慎也、林哲太郎、大上直秀、安井 弥、松原昭郎, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  246. 前立腺癌細胞におけるFGF9の集積は上皮間葉移行およびVEGFAの誘導に関与する, 亭島 淳、林哲太郎、正路晃一、後藤景介、岡 清貴、神明俊輔、松原昭郎, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  247. FGF19は前立腺癌の増殖を促進する, 永松博孝、亭島 淳、正路晃一、後藤景介、岡 清貴、神明俊輔、松原昭郎, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語,  横浜
  248. CAST法を用い同定したOligophrenin-1の前立腺癌における組織腫瘍マーカーとしての意義, 後藤景介、林哲太郎、神明俊輔、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第33回分子腫瘍マーカー研究会, 2013年10月02日, 通常, 日本語, 横浜
  249. 消化管癌–分子病理のトピックス–, 安井 弥, 京都府立医科大学医学部・大学院医学研究科特別講義, 2013年09月19日, 通常, 日本語
  250. Expression analysis of novel biomarkers identified by Escherichia coli ampicillin secretion trap: Oligophrenin-1 is associated with cell adhesion and migration in prostate cancer, Goto K, Hayashi T, Shinmei S, Sakamoto N, Sentani K, Oue N, Teishima J, Matsubara A and Yasui W, The 33rd Congress of the International Society of Urology, 2013年09月08日, 通常, 英語, Vancouver (Canada)
  251. A possible therapeutic agent for pulmonary fibrosis: antibody against integrin a8b1, Nishimichi N, Sentani K, Kanno K, Yausi W and Yokosaki Y, European Respiratory Society Annual Meeting 2013, 2013年09月07日, 通常, 英語, Barcelona (Spain)
  252. 左結腸癌モデル(CPC;Apc)マウスを使用した大腸癌発育浸潤因子の同定と臨床応用に向けて, 安達智洋、檜井孝夫、佐々木由布、新津宏明、斎藤保文、三口真司、下村 学、大上直秀、安井 弥、大段秀樹, 第24回日本消化器癌発生学会, 2013年09月05日, 招待, 日本語
  253. インテグリンα8β1阻害抗体による肺線維化抑制, 西道教尚、仙谷和弘、菅野啓司、安井 弥、横崎恭之, 第16回間質性肺炎細胞分子病態研究会, 2013年08月24日, 通常, 日本語, 東京
  254. スキルス胃癌形態形成におけるmicroRNA-143の役割, 内藤 寛、坂本直也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、八代正和、平川弘聖、安井 弥, 第10回日本病理学会カンファレンス, 2013年08月02日, 通常, 日本語, 神戸
  255. 組織型・分子型・遺伝子型による胃がんの新しい診断・治療への病理学的アプローチ, 安井 弥, 大阪消化管がん化学療法研究会2013夏季セミナー, 2013年08月, 招待, 日本語, 大阪
  256. CAST法を用い同定したOligophrenin-1の前立腺癌における発現と機能解析, 後藤景介、神明俊輔、林哲太郎、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第32回分子病理学研究会吉野シンポジウム, 2013年07月20日, 通常, 日本語, 吉野
  257. CAST法を用いたスキルス型胃癌における遺伝子発現解析, 向井正一朗、Htoo Zarni Oo、神明俊輔、後藤景介、内藤 寛、浦岡直礼、仙谷和弘、大島 貴、大上直秀、安井 弥, 32回分子病理学研究会吉野シンポジウム, 2013年07月20日, 通常, 日本語, 吉野
  258. Differential gene expression of two scirrhous type gastric cancer cell lines, analyzed by CAST method, Oo HZ、坂本直也、浦岡直礼、阿南勝宏、仙谷和弘、大上直秀、柳原五吉、安井 弥, 第22回日本がん転移学会第22回日本がん転移学会学術集会・総会, 2013年07月11日, 招待, 日本語
  259. 食道扁平上皮癌におけるpodoplaninおよび分化マーカーの発現と予後との関連, 大上直秀、佐々木博己、仙谷和弘、坂本直也、浦岡直礼、安井 弥, 第22回日本がん転移学会学術集会・総会, 2013年07月11日, 招待, 日本語
  260. がんの病理組織から新しい診断・治療ターゲットをみつける, 安井 弥, 第10回北海道病理夏の学校, 2013年07月, 招待, 日本語, 札幌
  261. 病理学的Omics研究からがんの新しい診断・治療標的をみつける, 安井 弥, 第52回広島大学第二外科同門研修会, 2013年06月30日, 招待, 日本語
  262. miR-148a, down-regulated in gastric cancer, targets MMP7 and participates in tumor invasion and poor prognosis, Sakamoto N, Naito Y, Oue N, Sentani K, Uraoka N, Oo HZ, Yanagihara K, Aoyagi K, Sasaki H and Yasui W, 10th International Gastric Cancer Congress, 2013年06月19日, 通常, 英語, Verona (Italy)
  263. Imada T and Masuda M: Search for biomarkers of stage II/III gastric cancer and development of individualized therapy, Oshima T, Sakamoto N, Sato T, Cho H, Yukawa N, Yoshikawa T, Rino Y, Kunisaki C, Yasui W, 10th International Gastric Cancer Congress, 2013年06月19日, 通常, 英語, Verona (Italy)
  264. HP and carcinogenesis -Pathogenesis and novel diagnostic and therapeutic targets, Yasui W, 10th International Gastric Cancer Congress, 2013年06月19日, 招待, 英語
  265. 消化管癌の発生・進展メカニズムと新規診断・治療開発へのアプローチ, 安井 弥, 九州大学医学部特別講義, 2013年06月12日, 招待, 日本語
  266. CAST法を用いた胃癌細胞表面マーカーの同定:TSPAN8の胃癌における解析, 大上直秀、阿南勝宏、仙谷和弘、坂本直也、浦岡直礼、安井 弥, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 札幌
  267. 腸型粘液形質胃癌におけるHOXA10の臨床病理学的意義, 仙谷和弘、大上直秀、内藤 寛、坂本直也、浦岡直礼、安井 弥, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 札幌
  268. microRNA-143のスキルス胃癌における機能と腫瘍マーカーとしての有用性, 内藤 寛、坂本直也、安野恭平、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 札幌
  269. CAST法を用い同定したOPHN1の前立腺癌における発現上昇と予後との相関, 後藤景介、神明俊輔、林哲太郎、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 札幌
  270. 子宮頸部病変におけるDNAメチル化異常の検討(第3報), 坂根潤一、谷山清己、宮本和明、浦岡直礼、坂本直也、仙谷和弘、倉岡和矢、大上直秀、安井 弥, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 札幌
  271. SAGE法により同定した食道扁平上皮癌の新規マーカーNRD1の解析, 浦岡直礼、坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、野口 剛、吉田和弘、安井 弥, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 札幌
  272. 高腹膜播種能を有するスキルス胃癌細胞株44As3を用いたCAST解析, Htoo Zarni Oo、坂本直也、菅裕美子、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 札幌
  273. 大腸腺腫近傍血管平滑筋構築とCD34陽性血管外膜線維芽細胞分布の相関性, 中山宏文、円山英昭、安井 弥, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 札幌
  274. CAST法で見いだしたPRL1の前立腺癌における発現と機能解析, 神明俊輔、後藤景介、近藤翔太、坂本直也、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、安井 弥, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 札幌
  275. 原爆被爆者の大腸癌におけるマイクロサテライト不安定性(MSI)とそれに関わる遺伝子の異変, 伊藤玲子、濱谷清裕、矢野志保、篠原智子、高橋恵子、大上直秀、安井 弥、中地 敬、楠洋一郎, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 札幌
  276. 予備的研究:原爆被爆者肺腺がんにおけるALK遺伝子再配列の解析, 多賀正尊、向井真弓、小山和章、伊藤玲子、三角宗近、中地 敬、楠洋一郎、安井 弥、濱谷清裕, 第54回原子爆弾後障害研究会, 2013年06月02日, 通常, 日本語, 広島
  277. 原爆被爆者の大腸がんにおけるマイクロサテライト不安定性とMLH1変化, 伊藤玲子、濱谷清裕、矢野志保、篠原智子、高橋恵子、安井 弥、中地 敬、楠洋一郎, 第54回原子爆弾後障害研究会, 2013年06月02日, 通常, 日本語, 広島
  278. HP and carcinogenesis -Pathogenesis and novel diagnostic and therapeutic targets, 安井 弥, 10th International Gastric Cancer Congress, 2013年06月, 招待, 英語, ベローナ
  279. 遺伝子・分子異常を標的とした消化管癌の診断・治療の現状と展開, 安井 弥, 神戸大学大学院「先端医学トピックス」バイオメディカルサイエンス修士課程「バイオメディカルサイエンスB」, 2013年05月30日, 招待, 日本語
  280. 消化管癌の分子病理のトピックス, 安井 弥, 奈良県立医科大学「腫瘍病理」特別講義, 2013年05月29日, 招待, 日本語
  281. 胃癌におけるHER2の発現様式と評価の仕方, 大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, Gastric Cancer Seminar in Oita, 2013年05月23日, 招待, 日本語
  282. TSPAN8 expression in renal cell carcinoma is a poor prognostic factor and a novel therapeutic target, Hayashi T, Sentani K, Black PC, Goto K, Shinmei S, Teishima J, Anami K, Yasui W and Matsubara A, Annual Meeting of the American Urological Association 2013, 2013年05月04日, 通常, 英語, San Diego, California (USA)
  283. Search for biomarkers of stage II/III gastric cancer and development of individualized therapy, Oshima T, Sakamoto N, Yoshikawa T, Rino Y, Kunisaki C, Yasui W, Imada T and Masuda M, 2013 ASCO Annual Meeting, 2013年04月31日, 通常, 英語, Chicago, Illinois (USA)
  284. SEC11A contributes to malignant progression through promotion of EGF and TGF-alpha secretion, Oue N, Hayashi T, Takigahara M, Nagatsuma A, Sentani K, Sakamoto N, Anami K, Uraoka N, Naito Y, Yanagihara K, Ochiai A, Sasaki H and Yasui W, The 104th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2013年04月06日, 通常, 英語, Washington D.C., Maryland (USA)
  285. ZDHHC14, a potential regulator of peritoneal dissemination of scirrhous type gastric carcinoma, identified by CAST method, Oo HZ, Sakamoto N, Uraoka N, Anami K, Sentani K, Oue N, Yanagihara K and Yasui W, The 104th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2013年04月06日, 通常, 英語, Washington D.C., Maryland (USA)
  286. Novel Biomarkers and therapeutic targets of scirrhous type stomach cancer, 安井 弥, Commemorative Symposium for the 2nd anniversary of SNUCH, 2013年04月, 招待, 英語, ソウル
  287. 胃癌に対する病理診断, 安井 弥, Gastric Cancer Symposium in 中四国, 2013年03月12日, 招待, 日本語, 岡山
  288. CAST法を用いた前立腺癌の新規バイオマーカーの解析:前立腺癌におけるOPHN1発現上昇と予後との関係, 後藤景介、林哲太郎、神明俊輔、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第22回泌尿器科分子・細胞研究会, 2013年03月08日, 通常, 日本語, 高知
  289. スキルス胃癌の形態形成におけるmicroRNA-143の役割, 内藤 寛、坂本直也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、八代正和、平川弘聖、安井 弥, 第85回日本胃癌学会総会, 2013年02月27日, 通常, 日本語, 大阪
  290. 胃癌細胞株におけるERC/mesothelinの発現と分泌, 伊藤智彰、折田 創、前川 博、佐藤浩一、梶山美明、坂本直也、安井 弥、梶野一徳、阿部雅明、樋野興夫, 第85回日本胃癌学会総会, 2013年02月27日, 通常, 日本語, 大阪
  291. The expression and molecular analysis of TSPAN8, which is one of the components of exosome,in gastric cancer, Naohide Oue、Katsuhiro Anami、Kazuhiro Sentani、Naoya Sakamoto、Naohiro Uraoka、Wataru Yasui, 第85回日本胃癌学会総会, 2013年02月27日, 通常, 日本語, 大阪
  292. Analysis of gene expression profile in scirrhous type gastric cancer by CAST method, Htoo Zarni Oo、Naoya Sakamoto、Naohide Oue、Kazuyoshi Yanagihara、Wataru Yasui, 第85回日本胃癌学会総会, 2013年02月27日, 通常, 日本語, 大阪
  293. 胃癌診療における新規バイオマーカー:Stage II/III胃癌のbiomarker探索と個別化治療への展開, 大島 貴、坂本直也、安井 弥、吉川貴己、利野 靖、國崎主税、増田宗孝、今田敏夫, 第85回日本胃癌学会総会, 2013年02月27日, 招待, 日本語
  294. Differential expression and identification of novel genes in scirrhous type gastric cancer, by CAST method, Oo HZ, Sakamoto N, Uraoka N, Anami K, Sentani K, Oue N, Yanagihara K and Yasui W, The 2nd International Symposium Phoenix Leader Education Program (Hiroshima Initiative) for Renaissance from Radiation Disaster, 2013年02月11日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  295. The utility of miR-143/miR-145 cluster as a potential marker for radiation-associated gastric cancer, Naito Y, Sakamoto N, Uraoka N, Sentani K, Oue N and Yasui W, The 2nd International Symposium Phoenix Leader Education Program for Renaissance from Radiation Disaster, 2013年02月10日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  296. これからの日本の胃癌はどうなるか:病理学的見地から, 安井 弥, 第85回日本胃癌学会総会, 2013年02月, 招待, 日本語, 大阪
  297. 胃癌の分子・遺伝子を標的とした診断, 安井 弥, 第85回日本胃癌学会総会, 2013年02月, 招待, 日本語, 大阪
  298. スキルス胃癌の分子病理と治療標的, 安井 弥, 第85回日本胃癌学会総会, 2013年02月, 招待, 日本語, 大阪
  299. Function of microRNA-143 and its potential of prognostic factor in scirrhous type gastric cancer, Naito Y, Sakamoto N, Uraoka N, Sentani K, Oue N, Yashiro M, Hirakawa K and Yasui W, The 104th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2013年01月06日, 通常, 英語, Washington D.C., Maryland (USA)
  300. インテグリンα8β1は活性化星細胞に発現し肝線維化を促進する, 西道教尚、菅野啓司、仙谷和弘、安井 弥、横崎恭之, 第35回日本分子生物学会年会, 2012年12月11日, 通常, 日本語, 福岡
  301. スキルス胃癌におけるmicroRNA-143の機能の解析, 内藤 寛、坂本直也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第35回日本分子生物学会年会, 2012年12月11日, 通常, 日本語, 福岡
  302. 急激に全身状態の悪化を来たし死亡したpseudomesotheliomatous carcinomaの1例, 坂本直也、仙谷和弘、浦岡直礼、大上直秀、安井 弥, 第58回日本病理学会秋期特別総会, 2012年11月22日, 通常, 日本語, 名古屋
  303. Novel biomarkers of gastric cancer identified by SAGE data analysis, 安井 弥, Korea-Japan Cancer Workshop on Gastric Cancer and Liver Cancer, 2012年11月, 招待, 英語, プサン
  304. Molecular targets for diagnosis and therapeutics of gastric cancer - Present and future, 安井 弥, The 17th Japan-Korea Cancer Research Workshop, 2012年11月, 招待, 英語, プサン
  305. NBI拡大内視鏡検査により診断された食道微小病変の臨床病理学的検討, 熊本 隆、仙谷和弘、安井 弥, 第84回日本消化器内視鏡学会, 2012年10月10日, 通常, 日本語, 神戸
  306. エクソソーム構成分子TSPAN8の胃癌における発現と分子病理学的検討, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林哲太郎、仙谷和弘、浦岡直礼、Htoo Zarni Oo、内藤 寛、神明俊輔、後藤景介、野口 剛、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  307. 大腸低分化腺癌充実型の間質線維芽細胞および血管性状, 中山宏文、円山英昭、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  308. 分子標的薬の併用による胃癌・間質相互作用の抑制, 斧山美恵子、北台靖彦、品川 慶、弓削 亮、大西真由、田中信治、安井 弥、茶山一彰, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  309. スキルス胃癌におけるmiR-143の機能解析, 内藤 寛、坂本直也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  310. 食道扁平上皮癌に対するAdjuvant therapy効果予測因子としてのサイトケラチン7, 大上直秀、野口 剛、阿南勝宏、坂本直也、仙谷和弘、浦岡直礼、青柳一彦、吉田輝彦、佐々木博己、北野正剛、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  311. SAGE法により同定された食道扁平上皮癌の新規マーカーNRD1の解析, 浦岡直礼、坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、野口 剛、吉田和弘、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  312. 進行腎細胞癌におけるmiR-486発現の予後予測因子としての意義, 後藤景介、神明俊輔、坂本直也、仙谷和弘、阿南勝宏、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  313. CAST法によるスキルス胃癌組織における遺伝子発現解析, 今本奈緒、坂本直也、Htoo Zarni Oo、内藤 寛、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  314. 大腸がんにおけるTransmembrane 9 super family member 3(TM9SF3)発現の重要性, 山本利枝、坂本直也、Htoo Zarni Oo、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  315. 大腸鋸歯状病変におけるolfactomedin 4とclaudin-18の発現パターンの検討, 仙谷和弘、坂本直也、大上直秀、嶋本文雄、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  316. 5FUとOxaliplatinの相乗効果におけるFANCJの役割について, 森龍太郎、吉田和弘、長田真二、棚橋利行、八幡和憲、加藤順子、津谷康大、大上直秀、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  317. 胃癌で発現が低下しているmiR-148aはMMP7を標的とし、浸潤に関与する, 坂本直也、内藤 寛、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  318. Identification of gene expression profile in scirrhous type gastric cancer cell lines by CAST method, Htoo Zarni Oo、坂本直也、浦岡直礼、阿南勝宏、仙谷和弘、大上直秀、柳原五吉、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  319. 子宮頸癌スクリーニング液状細胞診検体を用いたエピジェネティック異常の検出, 坂根潤一、宮本和明、谷山清己、浦岡直礼、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  320. microRNA-155発現の腎細胞癌における予後予測因子としての意義, 神明俊輔、坂本直也、後藤景介、仙谷和弘、阿南勝宏、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  321. CAST法で同定したTMEM50Bの発現は前立腺癌の進展と相互する, 林哲太郎、仙谷和弘、阿南勝宏、内藤 寛、神明俊輔、後藤景介、坂本直也、大上直秀、松原昭郎、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  322. スキルス胃癌におけるmicroRNA-143の機能解析と腫瘍マーカーとしての有用性, 内藤 寛、坂本直也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第32回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2012年09月18日, 通常, 日本語, 札幌
  323. 胃癌研究のマイルストーンと今後の展望 Milestone and future of gastric cancer research, 安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月, 招待, 日本語, 札幌
  324. 大腸有茎性腺腫の有茎部血管構築とCD34陽性血管外膜線維芽細胞欠失の相関性, 中山宏文、円山英昭、安井 弥, 第9回日本病理学会カンファレンス, 2012年08月03日, 通常, 日本語, 山口
  325. microRNA-143のスキルス胃癌における機能解析, 内藤 寛、坂本直也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第9回日本病理学会カンファレンス, 2012年08月03日, 通常, 日本語, 山口
  326. 高腹膜播種能を有するスキルス胃癌細胞株を用いたCAST法による解析:ZDHHC14の細胞生物学的機能への影響, Htoo Zarni Oo、坂本直也、阿南勝宏、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、柳原五吉、安井 弥, 第9回日本病理学会カンファレンス, 2012年08月03日, 通常, 日本語, 山口
  327. 腎炎明細胞癌における予後因子としてのmiR-155の発現の意義, 神明俊輔、後藤景介、坂本直也、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、安井 弥, 第9回日本病理学会カンファレンス, 2012年08月03日, 通常, 日本語, 山口
  328. 遺伝子・分子異常を標的とした消化管がんの診断・治療の現状と展開, 安井 弥, 第21回南九州腫瘍研究会学術集会, 2012年08月, 招待, 日本語, 鹿児島
  329. 腎細胞癌におけるmiR-486の発現と予後との相関, 後藤景介、神明俊輔、坂本直也、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、安井 弥, 第31回分子病理学会研究会, 2012年07月21日, 通常, 日本語, 岐阜
  330. SAGE法で同定された食道扁平上皮癌の新規マーカーNRD1の解析, 浦岡直礼、坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、野口 剛、吉田和弘、安井 弥, 第31回分子病理学会研究会, 2012年07月21日, 通常, 日本語, 岐阜
  331. SPC(SEC11A)によるEGF、TGF-aの分泌促進と胃癌における意義, 第21回地域がん登録全国協議会学術集会, 第21回日本がん転移学会学術集会・総会, 2012年07月12日, 通常, 日本語, 広島
  332. MiR-148aの胃癌における発現低下とMMP7を介した浸潤への関与, 坂本直也、内藤 寛、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第21回日本がん転移学会学術集会・総会, 2012年07月12日, 通常, 日本語, 広島
  333. 原爆被爆者の大腸癌におけるマイクロサテライト不安定性(MSI)とそれに関わる遺伝子の変異, 伊藤玲子、濱谷清裕、矢野志保、篠原智子、高橋恵子、大上直秀、安井 弥、中地 敬、楠洋一郎, 第21回日本がん転移学会学術集会・総会, 2012年07月12日, 通常, 日本語, 広島
  334. 消化管がんの新規診断・治療開発に向けた分子病理学的アプローチ, 安井 弥, 第21回日本がん転移学会学術集会・総会, 2012年07月, 招待, 日本語, 広島
  335. 組織登録からみた広島県における膵胆道系腫瘍の実態, 藤原 恵、小笹晃太郎、杉山裕美、有田健一、鎌田七男、梶原博毅、安井 弥, 第21回地域がん登録全国協議会学術集会, 2012年06月07日, 通常, 日本語, 高知
  336. Molecular pathology of gastric cancer - microRNA and novel diagnostic & therapeutic targets, 安井 弥, The 96th Annual Meeting of the German Society of Pathology, 2012年05月, 招待, 英語, ベルリン
  337. 食道癌術後補助療法の効果予測マーカーとしてのサイトケラチン7, 大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、坂本直也、浦岡直礼、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  338. 胃癌におけるDNAメチル化によるmiR-148aの発現低下とMMP7を介した浸潤への関与, 坂本直也、内藤 寛、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  339. スキルス胃癌におけるmicroRNA-143の発現と機能解析, 内藤 寛、大上直秀、坂本直也、浦岡直礼、仙谷和弘、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  340. 進行腎細胞癌におけるmiR-486の発現上昇と予後との相関, 後藤景介、神明俊輔、坂本直也、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  341. 乳児の発生し、便中に自然排泄されたAdenomyomaの1例, 阿南勝宏、仙谷和弘、坂本直也、浦岡直礼、大上直秀、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  342. 食道扁平上皮癌を用いたSAGE法による解析:新規マーカーNRD1の同定, 浦岡直礼、坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、野口 剛、真田雄市、吉田和弘、横崎 宏、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  343. エクソソーム構成分子TSPAN8の胃癌における発現と予後との関連および生物学的機能に関する検討, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、仙谷和弘、浦岡直礼、Htoo Zarni Oo、内藤 寛、野口 剛、横崎 宏、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  344. 高腹膜播種能を有するスキルス胃癌細胞株を用いたCAST法による解析, Htoo Zarni Oo、坂本直也、阿南勝宏、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、柳原五吉、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  345. 進行性腎細胞癌における予後因子としてのmiR-155の意義, 神明俊輔、後藤景介、坂本直也、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  346. 大腸低分化腺癌充実型の腫瘍間質, 中山宏文、円山英昭、弘井 誠、戸井 慎、清久泰司、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  347. 大腸癌パラフィン切片を用いたmiR-21の発現解析と薬剤感受性・予後との関連, 大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、Aaron J. Schetter、安井 弥、Curtis C. Harris, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  348. 原爆被爆者の大腸癌におけるマイクロサテライト不安定性とMLH1蛋白発現の関連, 伊藤玲子、濱谷清裕、矢野志保、篠原智子、高橋恵子、大上直秀、安井 弥、中地 敬、楠洋一郎, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  349. 乳腺原発mucinous cystadenocarcinoma の一例, 仙谷和弘、浦岡直礼、田代 敬、坂本直也、大上直秀、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  350. 子宮頸部病変におけるDNAメチル化異常の検討(第2報), 坂根潤一、宮本和明、谷山清己、浦岡直礼、阿南勝宏、坂本直也、仙谷和弘、倉岡和矢、大上直秀、安井 弥, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京
  351. 消化管がんの発生と制御・形態の理解における統括病理学, 安井 弥、仙谷和弘、坂本直也、大上直秀, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月, 招待, 日本語, 東京
  352. Transcriptome analysis of esophageal squamous cell carcinoma by SAGE identifies a new biomarker, NRD1, Uraoka N, Sakamoto N, Oue N, Sentani K, Anami K, Noguchi T, Yoshida K and Yasui W, The 103rd Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2012年03月31日, 通常, 英語, Chicago, Illinois (USA)
  353. CAST法を用いた前立腺癌の新規膜蛋白・分泌蛋白の解析, 林哲太郎、大原慎也、大上直秀、亭島 淳、阿南勝宏、仙谷和弘、安井 弥、松原昭郎, 第20回泌尿器科分子・細胞研究会, 2012年03月11日, 通常, 日本語, 三重
  354. 組織型と分子型に基づいた胃癌診断・治療戦略, 安井 弥, 第92回横浜GIセミナー, 2012年03月, 招待, 日本語, 横浜
  355. CAST法を用いた胃癌における新規診断マーカー・治療標的の探索, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、仙谷和弘、浦岡直礼、内藤 寛、Htoo Zarni Oo、野口 剛、安井 弥, 第84回日本胃癌学会総会, 2012年02月08日, 通常, 日本語, 大阪
  356. 胃癌におけるSignal peptidase complexのサブユニットSPC 18の高発現とその生物学的意義, 大上直秀、柳原五吉、内藤 寛、阿南勝宏、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第84回日本胃癌学会総会, 2012年02月08日, 通常, 日本語, 大阪
  357. HistologyとMolecular typeからみた胃癌治療戦略, 安井 弥, 第6回 Chugoku Oncology and DIF Conference (CODC), 2012年01月, 招待, 英語, 岡山
  358. Mir-148a, down-regulated in gastric cancer, targets MMP and participates in tumor invasion, Sakamoto N, Naito Y, Sentani K, Oue N and Yasui W, The 21st International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2011年11月06日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  359. Identification of transmembrane protein in scirrhous type gastric cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap method, Oo HZ, Sakamoto N, Anami K, Wakamatsu Y, Naito Y, Uraoka N, Sentani K, Oue N and Yasui W, The 21st International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2011年11月06日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  360. Upregulation of HOX10 in intestinal phenotype gastric cancer: Reduction during tumor progression and favorable prognosis, Sentani K, Oue N, Sakamoto N, Naito Y, Anami K, Oo HZ, Uraoka N and Yasui W, The 21st International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2011年11月06日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  361. Analysis of a novel transcriptional target: Reg IV is regulated by CDX2, Naito Y, Oue N, Sentani K, Sakamoto N, Anami K, Hayashi T, Uraoka N, Oo HZ and Yasui W, The 21st International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2011年11月06日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  362. HistologyとMolecular typeからみた胃癌治療戦略, 安井 弥, 第24回下関悪性腫瘍研究会, 2011年11月, 招待, 日本語, 下関
  363. Molecular characteristics of gastric and intestinal phenotypes of gastric cancer, 安井 弥, The 21st International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2011年11月, 招待, 英語, 広島
  364. CAST法を用いた前立腺癌の分泌蛋白の検討:NBL1の発現は前立腺に特異的である, 林哲太郎、仙谷和弘、大上直秀、阿南勝宏、坂本直也、浦岡直礼、内藤 寛、後藤景介、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  365. CAST法を用いた胃癌細胞株における遺伝子発現解析, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林哲太郎、仙谷和弘、浦岡直礼、Htoo Zarni Oo、内藤 寛、坂根潤一、後藤景介、野口 剛、安井 弥, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  366. miR-21の発現は大腸癌の予後、薬剤感受性に関与する, 大上直秀、Aaron J.Schetter、Markus Moehler、下村 学、檜井孝夫、青柳一彦、佐々木博己、岡島正純、大段秀樹、Peter R.Galle、安井 弥、Curtis C.Harris, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  367. 新規消化管癌診断マーカーであるRegIVのCDX2による転写制御, 内藤 寛、大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、檜井孝夫、岡島正純、大段秀樹、安井 弥, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  368. 胃癌で発現低下しているmiR-148aはMMP7を標的とし、浸潤に関与する, 坂本直也、内藤 寛、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  369. 子宮頸部液状細胞診におけるエピジェネティックな異常, 坂根潤一、宮本和明、浦岡直礼、阿南勝宏、坂本直也、仙谷和弘、倉岡和也、大上直秀、谷山清己、安井 弥, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  370. SEC11AはTGF-aの分泌を促進し、胃癌の進行に関与する, 安井 弥、大上直秀、柳原五吉、仙谷和弘、坂本直也、浦岡直礼、野口 剛, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  371. 5FUとOxaliplatinの相乗効果におけるFANCJの役割について, 森龍太郎、吉田和弘、長田真二、棚橋利行、八幡和憲、加藤順子、津谷康大、大上直秀、安井 弥, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  372. 腎癌におけるTSPAN8の免疫組織学的検討:TSPAN8は腎癌の予後不良因子である, 後藤景介、林哲太郎、仙谷和弘、阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、浦岡直礼、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  373. ヒト浸潤性扁平上皮癌間質にはCD34発現未熟線維芽細胞および血管外膜線維芽細胞を欠く, 中山宏文、円山英昭、安井 弥, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  374. SAGE法を用いた食道扁平上皮癌の解析:食道扁平上皮癌におけるNRD1の発現亢進, 浦岡直礼、坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、野口 剛、真田雄市、吉田和弘、安井 弥, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  375. 大腸鋸歯状病変におけるolfactomedin4とclaudin-18の発現パターンの検討, 仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、阿南勝宏、安井 弥, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  376. SAGE法を用いた食道扁平上皮癌の解析:食道扁平上皮癌の新規マーカーNRD1の同定, 浦岡直礼、坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、野口 剛、真田雄市、吉田和弘、安井 弥, 第31回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2011年10月02日, 通常, 日本語, 名古屋
  377. microRNA-143の胃癌における機能解析と腫瘍マーカーとしての有用性, 内藤 寛、坂本直也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第31回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2011年10月02日, 通常, 日本語, 名古屋
  378. Gene expression profile of scirrhous type gastric cancer analyzed by CAST method, Oo HZ, Uraoka N, Hayashi T, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Oue N and Yasui W, 8th International Symposium on Minimal Residual Cancer, 2011年09月21日, 通常, 英語, Osaka (Japan)
  379. Overexpression of SEC11A is associated with tumor progression through TGF-alpha secretion in gastric cancer, Oue N, Yanagihara K, Anami K, Sentani K, Sakamoto N, Naito Y and Yasui W, 8th International Symposium on Minimal Residual Cancer, 2011年09月21日, 通常, 英語, Osaka (Japan)
  380. 地域がん登録における収集方法の違いによる完全性と項目内容への影響, 杉山裕美、小笹晃太郎、津村裕昭、有田健一、安井 弥、梶原博毅, 第20回地域がん登録全国協議会学術集会, 2011年09月15日, 通常, 日本語, 千葉
  381. Epigenetic alterations in colorectal cancer among atomic-bomb survivors, Ito R, Eguchi H, Hamatani K, Taga M, Oue N, Yasui W, Nakachi K and Kusunoki Y, Second AACR International Conference on Frontiers in Basic Cancer Research, 2011年09月14日, 通常, 英語, San Francisco, California (USA)
  382. 胃癌におけるTSPAN8発現に関する分子病理学的検討, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、仙谷和弘、浦岡直礼、内藤 寛、Htoo Zarni Oo、後藤景介、野口 剛、安井 弥, 第8回日本病理学会カンファレンス, 2011年08月05日, 通常, 日本語, 長野
  383. SAGE法を用いた食道扁平上皮癌のtranscriptome解析:新規マーカーNRD1の同定, 浦岡直礼、坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、野口 剛、真田雄市、吉田和弘、安井 弥, 第8回日本病理学会カンファレンス, 2011年08月05日, 通常, 日本語, 長野
  384. CAST法を用いた前立腺癌細胞に発現している膜蛋白質の網羅的解析, 後藤景介、林哲太郎、大原慎也、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、安井 弥, 瀬戸内シンポジウム~第30回分子病理学研究会, 2011年07月22日, 通常, 日本語, 岡山
  385. 消化管癌関連遺伝子であるRegIVのCDX2による発現制御機構, 内藤 寛、大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、安井 弥, 瀬戸内シンポジウム~第30回分子病理学研究会, 2011年07月22日, 通常, 日本語, 岡山
  386. 遺伝子発現プロファイルで同定したHOXA10は胃癌の予後良好因子である, 仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、浦岡直礼、安井 弥, 第20回日本がん転移学会学術集会・総会, 2011年06月30日, 通常, 日本語, 浜松
  387. CAST法で同定されたTSPAN8の胃癌組織における発現と機能解析, 浦岡直礼、阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林哲太郎、仙谷和弘、野口剛、安井 弥, 第20回日本がん転移学会学術集会・総会, 2011年06月30日, 通常, 日本語, 浜松
  388. スキルス胃癌組織を用いたCAST法による解析:新規マーカーTM9SF3の同定, 坂本直也、Htoo Zarni Oo、阿南勝宏、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第20回日本がん転移学会学術集会・総会, 2011年06月30日, 通常, 日本語, 浜松
  389. Identification of novel diagnostic and therapeutic targets of gastric cancer by transcriptome dissection, 安井 弥, The Third CREAST - SBM International Conference "Mathematical Methods in Cancer Cell Biology", 2011年06月, 招待, 英語, 広島
  390. Identification of transmembrane protein in prostate cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap: expression of CDON is involved in tumor cell growth and invasion, Hayashi T, Ohara S, Shoji K, Teishima J, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Oue N, Yasui W and Matsubara A, The 2011 Annual Meeting of the American Urological Association, 2011年05月14日, 通常, 英語, Washington D.C. (USA)
  391. DSC2 is a new immunohistochemical marker indicative of squamous cell carcinoma component in urinary bladder cancer and a value of prognostic factor, Hayashi T, Ohara S, Shoji K, Teishima J, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Oue N, Yasui W and Matsubara A, The 2011 Annual Meeting of the American Urological Association, 2011年05月14日, 通常, 英語, Washington D.C. (USA)
  392. OLFM4 -a bacterial induced epithelial peptide in IBD downstream of Notch, Gersemann M, Becker S, Liu W, Oue N, Yasui W, Rodgers GP, Wehkamp J and Stange EF, Digestive Disease Week (DDW) 2011, 2011年05月07日, 通常, 英語, Chicago, Illinois (USA)
  393. Canonical Wnt signals promote intestinal stem cell proliferation in the native human colonic epithelium, Parris A, Scobioala-laker N, Reynolds A, Bigwood L, Mitchell EM, Lewis MP, Speakman CT, Wharton R, Hernon J, Sargen K, Kapur S, Oue N, Yasui W and Williams M, Digestive Disease Week (DDW) 2011, 2011年05月07日, 通常, 英語, Chicago, Illinois (USA)
  394. Compromised tissue renewal in the ageing human colonic epithelium., Mitchell EM, Parris A, Bigwood L, Scobioala-laker N, Reynolds A, Lewis MP, Leung W, Belshaw N, Johnson IT, Oue N, Yasui W, Beals I, Jamieson CP, Tremelling M, Tighe R, Prior A and Williams M, Digestive Disease Week (DDW) 2011, 2011年05月07日, 通常, 英語, Chicago, Illinois (USA)
  395. CAST法で同定されたTSPAN8の胃型胃癌における発現と機能解析, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林哲太郎、仙谷和弘、浦岡直礼、野口 剛、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  396. SAGE-based microarrayにより同定したSEC11A(SPC18)はTGF-aの分泌を促進し胃癌の進行に関連している, 大上直秀、林哲太郎、柳原五吉、若松雄太、内藤 寛、仙谷和弘、坂本直也、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  397. CAST法を用いた前立腺癌の新規膜蛋白・分泌蛋白の解析:前立腺癌におけるTMEM50Bの発現の意義, 林哲太郎、仙谷和弘、大上直秀、阿南勝宏、内藤 寛、浦岡直礼、坂本直也、松原昭郎、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  398. SAGE法を用いた食道扁平上皮癌の新規マーカーNRD1の同定, 浦岡直礼、坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、野口 剛、真田雄市、吉田和弘、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  399. 胃癌組織を用いたCAST法による解析:新規マーカーTM9SF3の同定, Htoo Zarni Oo、坂本直也、阿南勝宏、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  400. 子宮頸部病変におけるDNAメチル化異常の検討, 坂根潤一、宮本和明、浦岡直礼、阿南勝宏、坂本直也、仙谷和弘、倉岡和矢、大上直秀、谷山清己、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  401. 腎細胞癌におけるTSPAN8の発現の意義, 林哲太郎、阿南勝宏、大上直秀、内藤 寛、浦岡直礼、坂本直也、仙谷和弘、松原昭郎、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  402. 胃癌の原発巣及びリンパ節転移巣における粘液形質発現、幹細胞マーカーに関する免疫組織化学的検討, 坂本直也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  403. 胃底腺ポリープ内の拡張した胃底腺々管周囲にD2-40陽性間質細胞が出現する, 中山宏文、円山英昭、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  404. 消化管特異的遺伝子REG4のCDX2による発現誘導, 内藤 寛、大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  405. 皮膚軟骨様汗管腫の腫瘍間質, 中山宏文、円山英昭、宮嵜恵利子、弘井 誠、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  406. 原爆被爆者の大腸癌におけるCIMP解析, 伊藤玲子、江口英孝、濱谷清裕、多賀正尊、高橋恵子、大上直秀、安井 弥、中地 敬、楠洋一郎, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  407. 大腸鋸歯状病変におけるolfactomedin4とclaudin-18の発現と臨床病理学的意義, 仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、阿南勝宏、安井 弥, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 横浜
  408. 広島県地域がん登録を基盤に置いた肺癌の医療連携ネットワークの構築, 有田健一、山崎正弘、岡田守人、安井 弥、鎌田七男、津山順子、碓井静照, 第51回日本呼吸器学会学術講演会, 2011年04月22日, 通常, 日本語, 東京
  409. 扁平上皮癌成分を伴う膀胱癌の新規診断マーカーDSC2とその予後因子としての意義, 林哲太郎、仙谷和弘、大原慎也、亭島 淳、正路晃一、安井 弥、松原昭郎, 第99回日本泌尿器科学会総会, 2011年04月21日, 通常, 日本語, 名古屋
  410. Gene expression profile in scirrhous type gastric mcancer by CAST method, Oo HZ, Uraoka N, Hayashi T, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Oue N and Yasui W, 9th International Gastric Cancer Congress, 2011年04月20日, 通常, 英語, Seoul (Korea)
  411. microRNA expression profiles in gastric cancer: miR-148a is down-regulated in gastric cancer and involved in gastric cancer invasion by repression of MMP7 expression, Sakamoto N, Naito Y, Uraoka N, Anami K, Sentani K, Oue N and Yasui W, 9th International Gastric Cancer Congress, 2011年04月20日, 通常, 英語, Seoul (Korea)
  412. Unique microRNA signatures associated with progression and prognosis of gastric cancer, Ueda T, Yasui W, Yoshida K, Sasaki S, Nomura S, Seto Y, Kaminishi M, Calin G, Croce C, Volinia S, Okumura H, Shimizu M, Taccioli C, Rossi S, Alder H, Liu C and Oue N, 9th International Gastric Cancer Congress,, 2011年04月20日, 通常, 英語, Seoul (Korea)
  413. DSC2 is a new immunohistochemical marker indicative of squamous cell carcinoma component in urinary bladder cancer and a value of prognostic factor, Hayashi T, Ohara S, Shoji K, Teishima J, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Oue N, Yasui W and Matsubara A, The 26th Annual Congress of the European Association of Urology, 2011年04月02日, 通常, 英語, Vienna (Austria)
  414. Transcriptional regulation of REG4, a novel diagnostic marker of gastrointestinal cancer by CDX2, Naito Y, Oue N, Sentani K, Sakamoto N, Anami K, Hayashi T, Uraoka N, Oo HZ, Wakamatsu Y and Yasui W, The 102nd Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2011年04月02日, 通常, 英語, Orland, Florida (USA)
  415. Blockade of PDFR signaling impairs the tumor promoting effect of bone marrow-derived mesenchymal stem cell in colon cancer., Shinagawa K, Kitadai Y, Ohnishi M, Ohara E, Tanaka M, Sumida T, Tanaka S, Yasui W and Chayama K, The 102nd Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2011年04月02日, 通常, 英語, Orland, Florida (USA)
  416. HistologyとMolecular typeからみた胃癌治療戦, 安井 弥, 第9回Hiroshima Oncology Group of Gastric Cancer, 2011年04月, 招待, 英語, 広島
  417. Novel diagnostic and therapeutic targets of gastric cancer identified by "Omics" study, Yasui W, Sentani K, Sakamoto N, Anami K, Naito Y and Oue N, 9th International Gastric Cancer Congress, 2011年04月, 招待, 英語, ソウル
  418. 胃癌の原発巣と転移巣における粘液形質発現および幹細胞マーカーの免疫組織化学的検討, 浦岡直礼、若松雄太、内藤 寛、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第83回日本胃癌学会総会, 2011年03月03日, 通常, 日本語, 青森
  419. 胃癌におけるmicroRNA網羅的発現解析 miR-148の胃癌組織における発現低下, 内藤 寛、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第83回日本胃癌学会総会, 2011年03月03日, 通常, 日本語, 青森
  420. OLFM4 -a bacterial induced epithelial peptide in IBD downstream of Notch, Gersemann M, Becker S, Liu W, Oue N, Yasui W, Rodgers GP, Wehkamp J, Stange EF, 6th Congress of European Crohn's and Colitis Organization, 2011年02月24日, 通常, 英語, Dublin (UK)
  421. Analyses of novel genes encoding secreted and transmembrane proteins identified by the Escherichia coli ampicillin secretion trap: expression of CDON is involved in tumor cell growth and invasion, Hayashi T, Ohara S, Teishima J, Shoji K, Sentani K, Oue N, Yasui W and Matsubara A, Advancements in Urology 2011 an AUA/JUA Symposium, 2011年02月17日, 通常, 英語, Hawaii (USA)
  422. Molecular character of gastric and intestinal phenotypes of gastric cancer, 安井 弥, The 6th International Conference on Gastroenterological Carcinogenesis, 2011年01月, 招待, 英語, ヒューストン
  423. DSC2は膀胱扁平上皮癌成分の検出に有用な新規マーカーである, 林 哲太郎、仙谷和弘、大上直秀、阿南勝宏、坂本直也、大原慎也、松原昭郎、安井 弥, 第30回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2010年92月, 通常, 日本語, 大阪
  424. Identification of transcriptional regulator of REG4, a novel diagnostic marker of gastrointestinal cancer, Yutaka Naito, Naohide Oue, Naoya Sakamoto and Wataru Yasu, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月07日, 通常, 日本語, 神戸
  425. Vessels constituting benign vascular lesions except arteriovenous hemangiomas lack vascular adventitial fibroblastic cells, Nakayama H, Enzan H and Yasui W, 56th Special Meeting of the Japanese Society of Pathology, International Poster Session, 2010年11月25日, 通常, 英語, Kokura (Japan)
  426. 胃型粘液形質と関連するclaudin-18の大腸癌での臨床病理学的意義と種々の分子との相関, 仙谷和弘、大上直秀、阿南勝宏、坂本直也、安井 弥, 第21回日本消化器癌発生学会総会, 2010年11月18日, 通常, 日本語, 軽井沢
  427. CAST法で同定された胃型胃癌関連分子TSPAN8の解析, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林 哲太郎、仙谷和弘、野口 剛、安井 弥, 第21回日本消化器癌発生学会総会, 2010年11月18日, 通常, 日本語, 軽井沢
  428. 広島県地域がん登録からみた原発性肺癌の実態とその評価, 有田健一、杉山裕美、小笹晃太郎、安井 弥、鎌田七男、津山順子、碓井静照, 第51回日本肺癌学会, 2010年11月03日, 通常, 日本語, 広島
  429. がんの新規診断・治療標的の探索と実践導入, 安井 弥, 山口HER2 Pathology Seminar, 2010年11月, 招待, 日本語, 山口
  430. Mammary mucinous cystadenocarcinoma with ductal carcinoma in situ, Sentani K, Uraoka N and Yasui W, The 20th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2010年10月31日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  431. 原爆被爆者で発生した非小細胞肺がんにおけるLINE1のDNAメチル化, 多賀正尊、伊藤玲子、丹羽保晴、三角宗近、中地 敬、安井 弥、楠 洋一郎、濱谷清裕, 日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月20日, 通常, 日本語, 京都
  432. 組織登録からみた広島県における中枢神経系腫瘍の組織型別検討, 立山義朗、西 信雄、杉山裕美、小笹晃太郎、有田健一、鎌田七男、梶原博毅、安井 弥, 第19回地域がん登録全国協議会学術集会, 2010年10月15日, 通常, 日本語, 横浜
  433. 広島県の地域がん登録, 有田健一、安井 弥、梶原博毅、鎌田七男、坂本好孝、杉山裕美、小笹晃太郎、新宅郁子、宇津宮仁志, 第19回地域がん登録全国協議会学術集会, 2010年10月15日, 通常, 日本語, 横浜
  434. A study of central nervous system tumors by histological type in the Hiroshima Prefecture Tumor Registry, Tachiyama Y, Nishi N, Sugiyama H, Ozasa K, Arita K, Kamada N, Kajihara H and Yasui W, 32nd Annual Meeting of International Association of Cancer Registries, 2010年10月12日, 通常, 英語, Yokohama (Japan)
  435. 原爆被爆者に発生した胃癌におけるmicroRNA発現解析, 浦岡直礼、坂本直也、内藤 寛、若松雄太、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語
  436. 胃癌におけるmicroRNA発現解析:miR-148aの胃癌組織における発現低下, 坂本直也、内藤 寛、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  437. Wnt5aはJNKを活性化しMMP-1の発現を促進して前立腺癌細胞の浸潤能を亢進する, 山本英喜、大上直秀、山本英樹、佐藤 朗、長谷川泰久、大段秀樹、松原昭郎、安井 弥、菊池 章, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  438. 胃癌における原発巣とリンパ節転移巣の粘液形質発現の比較, 若松雄太、坂本直也、仙谷和弘、野口 剛、大上直秀、安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語
  439. 消化管におけるREG4遺伝子のCDX2による誘導, 内藤 寛、大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、檜井孝夫、岡島正純、安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  440. RegIVとgastrin、serotonin、pancreatic polypeptide、somatostatinの発現の関連, 大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、野口 剛、安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  441. 胃癌細胞株を用いたCAST法による胃癌特異的な分泌・膜蛋白質の同定, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林 哲太郎、大原慎也、仙谷和弘、浦岡直礼、Htoo Zarni Oo、野口 剛、安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  442. 胃癌組織を用いたCAST法による胃癌の新たなバイオマーカーの探索, 安井 弥、大上直秀、阿南勝宏、坂本直也、林 哲太郎、大原慎也、仙谷和弘、浦岡直礼、Htoo Zarni Oo、野口 剛, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  443. トランスクリプトーム解析による新規診断標的の同定とがん病理診断への応用, 安井 弥、仙谷和弘、坂本直也、大上直秀, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  444. 扁平上皮癌成分を伴う膀胱癌の新規診断マーカーDSC2とその予後因子としての意義, 林 哲太郎、仙谷和弘、大上直秀、阿南勝宏、大原慎也、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  445. 前立腺癌細胞株において発現している分泌/膜貫通蛋白質のCAST法を用いた解析, 坂根潤一、林 哲太郎、大上直秀、阿南勝宏、坂本直也、大原慎也、松原昭郎、谷山清己、安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  446. 大腸癌におけるclaudin-18の臨床病理学的意義:種々の分子との相関, 仙谷和弘、松田美穂、内藤 寛、坂本直也、大上直秀、安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  447. 胃癌におけるMMP-7とlamininγ2の発現と臨床病理学的意義, 山本利枝、仙谷和弘、松田美穂、大上直秀、安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  448. 胃癌の原発巣とリンパ節転移巣におけるCK7/CK20発現パターンの変化, Htoo Zarni Oo、仙谷和弘、内藤 寛、大上直秀、安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 大阪
  449. 腸型粘液形質を有する胃癌におけるDSC2の診断マーカーとしての意義, 阿南勝宏、仙谷和弘、野口 剛、坂本直也、林 哲太郎、浦岡直礼、大上直秀、安井 弥, 第30回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2010年09月21日, 通常, 日本語, 大阪
  450. 疾患の治療を目指して:オーミクス研究からがんの新しい診断・治療ターゲットをみつける, 安井 弥, 第50回生命科学夏の学校, 2010年09月, 招待, 日本語, 箱根
  451. トランスクリプトーム解析による新規診断標的の同定とがん病理診断への応用, 安井 弥, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月, 招待, 日本語, 大阪
  452. 胃癌の原発巣と転移巣における粘液形質発現の比較検討, 若松雄太、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第7回日本病理学会カンファレンス, 2010年08月06日, 通常, 日本語, 岡山
  453. 消化器特異的遺伝子REG4の発現調節機構に関する検討, 内藤 寛、大上直秀、坂本直也、安井 弥, 第7回日本病理学会カンファレンス, 2010年08月06日, 通常, 日本語, 岡山
  454. 大腸正常粘膜、表在性上皮性腫瘍および腫瘍類似病変におけるD2-40/podoplanin陽性間質細胞およびマクロファージの分布の特異性, 中山宏文、円山英昭、安井 弥, 第7回日本病理学会カンファレンス, 2010年08月06日, 通常, 日本語, 岡山
  455. Novel diagnostic and therapeutic targets of gastrointestinal cancer identified by "Omics" study, 安井 弥, The 9th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society, 2010年08月, 招待, 英語, Gifu (Japan)
  456. Mitotically active leiomyomaの1例, 山本弥寿子、藤原久也、平田英司、工藤美樹、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第48回婦人科腫瘍学会学術講演会, 2010年07月08日, 通常, 日本語, つくば
  457. Immunohistochemical analysis of colorectal cancer with gastric phenotype: claudin-18 is associated with poor prognosis, Sentani K, Matsuda M, Anami K, Sakamoto N, Oue N and Yasui W, The 198th Scientific Meeting of the Pathological Society of Great Britain & Ireland, 2010年06月29日, 通常, 英語, St Andrews (Scotland), UK
  458. 分泌/膜貫通蛋白質のCAST法を用いた解析:前立腺癌におけるCDONの発現と増殖・浸潤との関連, 林 哲太郎、大上直秀、阿南勝宏、坂本直也、仙谷和弘、大原慎也、松原昭郎、安井 弥, 第19回日本がん転移学会学術集会・総会, 2010年06月16日, 通常, 日本語, 金沢
  459. Molecular basis of intestinal and gastric phenotypes of gastric cancer, 安井 弥, The 17th Seoul International Cancer Symposium, 2010年06月, 招待, 英語, ソウル
  460. 膀胱癌におけるDSC2の発現と臨床病理学的検討, 林 哲太郎、仙谷和弘、大上直秀、阿南勝宏、坂本直也、大原慎也、松原昭郎、中山宏文、谷山清己、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 新潟
  461. 胃癌におけるDSC2発現と腸型粘液形質との関係, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林 哲太郎、仙谷和弘、野口 剛、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  462. 遺伝子発現プロファイルで同定したHOXA10の胃癌腸型形質との関連, 仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  463. ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)標本を用いた胃癌におけるmicroRNA発現解析, 坂本直也、内藤 寛、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  464. ヒト扁平上皮癌組織におけるCD34陽性間質細胞の分布, 中山宏文、円山英昭、宮嵜恵利子、森木利昭、弘井 誠、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  465. SAGE法を用いた食道扁平上皮癌の新規マーカーADAMTS16の同定, 浦岡直礼、坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、野口 剛、真田雄市、吉田和弘、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  466. 消化器特異的遺伝子であるREG4のプロモーター解析, 内藤 寛、大上直秀、坂本直也、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  467. 胃癌組織を用いたCAST法による胃癌特異的な分泌・細胞表面蛋白質の同定, 坂本直也、阿南勝宏、林 哲太郎、大上直秀、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  468. CAST法による腸型形質の胃癌細胞株に発現している分泌・膜蛋白質の同定, 阿南勝宏、坂本直也、林 哲太郎、大上直秀、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  469. Wnt-5aはlaminin g2の発現を誘導し,胃癌細胞の浸潤を促進する, 大上直秀、菊池 章、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  470. 胃癌の発現巣及びリンパ節転移巣における粘液形質発現に関する免疫組織化学的検討, 若松雄太、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  471. 胃癌におけるMMP-7とlamininγ2の発現と臨床病理学的意義, 本下潤一、仙谷和弘、松田美穂、大上直秀、安井 弥, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  472. 原爆被爆者の大腸がんにおけるMSIに関わる遺伝子変化とその免疫組織学的検討, 伊藤玲子、江口英孝、濱谷清裕、多賀正尊、高橋恵子、大上直秀、安井 弥、中地 敬, 第99回日本病理学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  473. Analyses of novel genes necoding secreted and transmembrane proteins identified by CAST method: Cdon is highly expressed in prostate cancer, Hayashi T, Oue N, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Ohara S, Teishima J, Matsubara A and Yasui W, The 101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2010年04月17日, 通常, 英語, Washington D.C., Maryland (USA)
  474. Desmocollin 2 (DSC2), identified by CAST method, is associated with intestinal phenotype of gastric cancer, Anami K, Oue N, Sakamoto N, Hayashi T, Ohara S, Sentani K, Noguchi T and Yasui W, The 101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2010年04月17日, 通常, 英語, Washington D.C., Maryland (USA)
  475. Serial Analysis of gene expression (SAGE) of esophageal squamous cell carcinoma: ADAMTS-16 is up-regulated in esophageal squamous cell carcinoma, Sakamoto N, Oue N, Noguchi T, Sentani K, Anami K, Sanada Y, Yoshida K and Yasui W, The 101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2010年04月17日, 通常, 英語, Washington D.C., Maryland (USA)
  476. Inhibition of platelet derived growth factor receptor tyrosine kinase reduces lymphangiogenesis of human gastrointestinal cancer., Kodama M, Kitadai Y, Sumida T, Ohnishi M, Ohara E, Shinagawa K, Tanaka M, Tanaka S, Yasui W and Chayama K, The 101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2010年04月17日, 通常, 英語, Washington D.C., Maryland (USA)
  477. Inhibition of platelet-derived growth factor receptor tyrosine kinase reduces tumor growth and metastasis in an orthotopic nude mice model of human gastric cancer, Sumida T, Kitadai Y, Ohnishi M, Ohara E, Shinagawa K, Tanaka M, Kodama M, Tanaka S, Yasui W and Chayama K, The 101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2010年04月17日, 通常, 英語, Washington D.C. (USA)
  478. CDX2 regulates multidrug resistance 1 gene expression in malignant intestinal epithelium, Takakura Y, Hinoi T, Oue N, Sasada T, Kawaguchi Y, Okajima M, Yasui W and Ohdan H, The 101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2010年04月17日, 通常, 英語, Washington D.C. (USA)
  479. Significance of mesenchymal stem cells in growth and metastasis of colon cancer, Shinagawa K, Kitadai Y, Tanaka M, Sumida T, Kodama M, Tanaka S, Yasui W and Chayama K, The 101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2010年04月17日, 通常, 英語, Washington D.C. (USA)
  480. 網羅的遺伝子解析法で同定されたHOXA10の腸型胃癌における発現, 仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、阿南勝宏、安井 弥, 第82回日本胃癌学会総会, 2010年03月03日, 通常, 日本語, 新潟
  481. EGFRシグナルによるLI-cadherinの発現誘導, 坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第82回日本胃癌学会総会, 2010年03月03日, 通常, 日本語, 新潟
  482. CAST法で同定したDSC2の腸型粘液形質胃癌における発現, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林 哲太郎、仙谷和弘、野口 剛、安井 弥, 第82回日本胃癌学会総会, 2010年03月03日, 通常, 日本語, 新潟
  483. 原爆被爆者で発生した非小細胞肺がんにおけるがん関連遺伝子のDNAメチル化, 多賀正尊、伊藤玲子、三角宗近、中地 敬、安井 弥、濱谷清裕, 日本放射線影響学会第52回大会, 2009年11月11日, 通常, 日本語, 広島
  484. 胃癌におけるEGFRシグナルによるLI-cadherinの発現誘導, 坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、檜井孝夫、岡島正純、安井 弥, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  485. CAST法で同定された胃がんにおける分泌・膜蛋白質の解析, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林 哲太郎、大原慎也、仙谷和弘、野口 剛、安井 弥, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  486. 分泌/膜貫通蛋白質のCAST法を用いた解析:CDONは前立腺癌で高発現している膜貫通蛋白である, 林 哲太郎、大上直秀、阿南勝宏、坂本直也、大原慎也、松原昭郎、安井 弥, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  487. 胃癌遺伝子発現プロファイルによって同定されたHOXA 10と腸型形質との関連, 仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、青柳一彦、佐々木 博己、安井 弥, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  488. Wnt5aの発現は前立腺癌の術後再発と相関する, 山本英喜、大上直秀、佐藤 朗、長谷川泰久、山本英樹、松原昭郎、安井 弥、菊池 章, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  489. olfactomedin 4とReg IVは高感度の胃癌血清診断マーカーである, 大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、本下潤一、野口 剛、安井 弥, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  490. 原爆被爆者に発生した胃癌におけるTumor-associated macrophageの解析, 山本利枝、大上直秀、世古直嗣、仙谷和弘、本下潤一、安井 弥, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  491. SAGE法を用いた食道扁平上皮癌における新規マーカーの同定, 本下潤一、坂本直也、大上直秀、野口 剛、仙谷和弘、真田雄市、吉田和弘、安井 弥, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  492. olfactomedin 4は大腸がんの独立した予後予測因子である, 世古直嗣、大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、本下潤一、安井 弥, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  493. 腸上皮細胞特異的転写因子CDX 2は消化管上皮細胞および癌細胞でMDR1/ABCB1の発現を制御する, 高倉有二、檜井孝夫、大上直秀、佐々田 達成、川口康夫、岡島正純、安井 弥、大段秀樹, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  494. 肝細胞癌被膜および腫瘍内血管壁の病理組織形態学的検討, 中山宏文、円山英昭、安井 弥, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  495. 胃型形質を示す大腸癌の免疫組織化学的検討, 松田美穂、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  496. 胃癌におけるサイトケラチン発現パターンと各種がん関連分子の発現との相関, 高見北斗、仙谷和弘、松田美穂、大上直秀、安井 弥, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  497. 胃がんの新規診断治療標的の同定と展開, 安井 弥, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月, 招待, 日本語, 横浜
  498. SAGE法による食道扁平上皮癌の新規マーカーADAMTS 16の同定, 坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、野口 剛、真田雄市、吉田和弘、安井 弥, 第29回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2009年09月30日, 通常, 日本語, 横浜
  499. Reg IVの前立腺癌における予後予測因子、血清腫瘍マーカーとしての有用性, 林 哲太郎、大上直秀、大原慎也、松原昭郎、坂本直也、仙谷和弘、安井 弥, 第29回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2009年09月30日, 通常, 日本語, 横浜
  500. 大腸癌におけるOlfactomedin 4の予後予測・血清診断マーカーとしての意義, 大上直秀、世古直嗣、野口 剛、仙谷和弘、内藤 寛、本下潤一、安井 弥, 第29回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2009年09月30日, 通常, 日本語, 横浜
  501. 広島県のがん罹患率の動向, 杉山裕美、西 信雄、有田健一、安井 弥、梶原博毅、鎌田七男、小笹晃太郎, 第18回地域がん登録全国協議会, 2009年09月03日, 通常, 日本語, 新潟
  502. 組織登録からみた広島県における中枢神経系腫瘍の実態, 立山義朗、西 信雄、杉山裕美、有田健一、鎌田七男、梶原博毅、安井 弥, 第18回地域がん登録全国協議会, 2009年09月03日, 通常, 日本語, 新潟
  503. 広島県の地域がん登録, 有田健一、安井 弥、梶原博毅、鎌田七男、高杉敬久、坂本好孝、杉山裕美、西信雄、小笹晃太郎、渡邊かおり、津山順子, 第18回地域がん登録全国協議会, 2009年09月03日, 通常, 日本語, 新潟
  504. 胃型粘液形質と関連するclaudin-18の大腸癌予後不良マーカーとしての意義, 仙谷和弘、松田美穂、高見北斗、若松雄太、坂本直也、大上直秀、安井 弥, 第29回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2009年09月03日, 通常, 日本語, 横浜
  505. 胃がんの組織像とオーミクス, 安井 弥, 第6回日本病理学会カンファレンス, 2009年08月, 招待, 日本語, 筑波
  506. ヒト浸潤癌線維性間質における血管外膜線維芽細胞(血管中膜直外側CD34陽性紡錘形間質細胞)の分布, 中山宏文、円山英昭、宮嵜恵利子、森木利昭、清久泰司、弘井 誠、安井 弥, 第6回日本病理学会カンファレンス「病理組織学の新展開, 2009年07月31日, 通常, 日本語, 筑波
  507. 口腔癌のリンパ管新生・リンパ節転移へのMIAの関与, 笹平智則、桐田忠昭、大上直秀、栗原 都、安井 弥、國安弘基, 第18回日本がん転移学会学術集会・総会, 2009年07月23日, 通常, 日本語, 旭川
  508. 扁平上皮癌の新規診断マーカーDSC 2の膀胱癌における発現と臨床病理学的検討, 林 哲太郎、仙谷和弘、大上直秀、阿南勝宏、坂本直也、大原慎也、松原昭郎、中山宏文、谷山清己、安井 弥, 第18回日本がん転移学会学術集会・総会, 2009年07月23日, 通常, 日本語, 旭川
  509. 胃型形質を示す大腸癌におけるclaudin-18の発現と臨床病理学的検討, 仙谷和弘、松田美穂、大上直秀、坂本直也、林 哲太郎、安井 弥, 第18回日本がん転移学会学術集会・総会, 2009年07月23日, 通常, 日本語, 旭川
  510. 大腸癌におけるclaudin-18の異所性発現の臨床病理学的解析と予後解析, 第64回日本消化器外科学会総会, 第28回分子病理学研究会, 2009年07月18日, 通常, 日本語, 神戸
  511. Olfactomedin 4は大腸癌の予後予測因子である, 世古直嗣、大上直秀、仙谷和弘、若松雄太、本下潤一、安井 弥, 第28回分子病理学研究会, 2009年07月18日, 通常, 日本語, 神戸
  512. サイトケラチンパターン別に見た胃癌の臨床病理学的特徴と腫瘍関連分子との比較, 高見北斗、仙谷和弘、松田美穂、大上直秀、安井 弥, 第28回分子病理学研究会, 2009年07月18日, 通常, 日本語, 神戸
  513. CAST法を用いた胃癌における分泌・膜蛋白質の同定, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林 哲太郎、大原慎也、野口 剛、安井 弥, 第64回日本消化器外科学会総会, 2009年07月16日, 通常, 日本語, 大阪
  514. Usefulness of Reg IV and claudin-18 immunostaining in the diagnosis of gastrointestinal signet ring cell carcinoma, Sentani K, Oue N, Anami K and Yasui W, 8th International Gastric Cancer Congress, 2009年06月10日, 通常, 英語, Krakow (Poland)
  515. Identification of novel genes encoding secretory and transmembrane protein in gastric cancer using CAST method, Anami K, Oue N, Sakamoto N, Hayashi T, Ohara S, Motoshita J, Noguchi T and Yasui W, 8th International Gastric Cancer Congress, 2009年06月10日, 通常, 英語, Krakow (Poland)
  516. 急性出血性壊死性膵炎から急性腎不全を来し死亡した一例, 平塩秀麿、頼岡徳在、本下潤一、安井 弥, 第54日本透析医学会総会, 2009年06月05日, 通常, 日本語, 横浜
  517. Identification of potential therapeutic targets in gastric cancer by basic and translational research-state of art lecture-, 安井 弥, 8th International Gastric Cancer Congress, 2009年06月, 招待, 英語, Krakow (Poland)
  518. EGFRシグナルによる胃癌の腸型形質の誘導, 坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  519. 胃癌におけるolfactomedin 4の発現と、血清腫瘍マーカーとしての意義, 大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  520. 尿路系腫瘍におけるReg IVの解析:Reg IVは前立腺癌で高発現しており、血清腫瘍マーカーとして有用である, 大原慎也、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  521. ADAMTS 16は食道癌において高発現しており、浸潤を促進する, 本下潤一、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  522. サイトケラチン 7免疫染色の食道扁平上皮癌予後予測における有用性, 大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  523. SEC11はEGF、TGF-αの分泌を調整し胃癌の進行と関連している, 大上直秀、仙谷和弘、柳原五吉、坂本直也、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  524. 胃癌におけるReg IVと種々の神経内分泌ホルモン発現との関連, 仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  525. 遺伝子発現プロファイルで同定されたHOXA 10の胃癌における解析, 仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  526. CAST法を用いた胃癌における分泌・膜蛋白の同定, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林 哲太郎、大原慎也、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  527. 胃癌におけるサイトケラチン発現パターンと粘液形質等の各種組織マーカー発現との関連, 高見北斗、仙谷和弘、松田美穂、大上直秀、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  528. 大腸癌におけるclaudin-18の臨床病理学的解析と粘液形質との関連, 松田美穂、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  529. 大腸癌におけるOlfactomedin 4の発現と血清腫瘍マーカーへの応用, 世古直嗣、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  530. CAST法を用いた前立腺癌の分泌・膜蛋白質の網羅的遺伝子解析, 林 哲太郎、大上直秀、阿南勝宏、坂本直也、大原慎也、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  531. 甲状腺腫瘍および腫瘍類似病変は血管外膜線維芽細胞を欠く, 中山宏文、円山英昭、清久泰司、森本利昭、戸井慎、弘井誠、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  532. 甲状腺腫瘍および腫瘍類似病変における被膜構成細胞の特徴, 中山宏文、円山英昭、清久泰司、森本利昭、戸井慎、弘井誠、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  533. 肝細胞癌組織における間質細胞におよび血管壁の性状, 中山宏文、円山英昭、安井 弥, 第98回日本病理学会総会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 京都
  534. Olfactomedin 4 in combination with Reg IV have utility in the early detection of gastric cancer, Oue N, Sentani K, Sakamoto N, Noguchi T, Ito R and Yasui W, The 100th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2009年04月18日, 通常, 英語, Denver, Colorado (USA)
  535. Reg IV expression in cancer of the prostate, kidney, and urinary tract: frequent expression of Reg IV in prostate cancer, Ohara S, Ito R, Oue N, Hayashi T, Matsubara A and Yasui W, The 100th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2009年04月18日, 通常, 英語, Denver, Colorado (USA)
  536. 尿路系腫瘍におけるRegIVの免疫組織学的検討と血清RegIV値の腫瘍マーカーとしての有用性の検討, 林 哲太郎、大原慎也、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第97回日本泌尿器科学会総会, 2009年04月16日, 通常, 日本語, 岡山
  537. 消化管由来印環細胞癌の新規マーカーとしてのReg IVとclaudin-18の有用性, 仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、安井 弥, 第81回日本胃癌学会総会, 2009年03月04日, 通常, 日本語, 東京
  538. がんの生物学, 安井 弥, 日本がん治療認定医機構教育セミナー, 2009年01月, 招待, 日本語, 東京
  539. 原爆被爆者で発生した非小細胞肺がんにおけるp53遺伝子変異, 多賀正尊、江口英孝、濱谷清裕、伊藤玲子、今井一枝、片山博昭、西信雄、田原榮一、和泉志津恵、松村俊二、大上直秀、安井 弥、中地 敬, 日本放射線影響学会第51回大会, 2008年11月19日, 通常, 日本語, 北九州
  540. Reg IV and claudin-18 are novel markers in the diagnosis of gastrointestinal signet ring cell carcinoma, Sentani K, Oue N, Sakamoto N, Taniyama K and Yasui W, The 18th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2008年11月09日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  541. Novel biomarkers identified through SAGE data analysis in colorectal cancer, 安井 弥, The 18th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2008年11月, 招待, 英語, 広島
  542. Olfactomedin 4は胃癌の新規血清腫瘍マーカーであり、血清Olfactomedin 4とReg IVの組み合わせは感度の高い胃癌検出法である, 大上直秀、野口 剛、仙谷和弘、坂本直也、伊藤公訓、田中信治、安井 弥, 第28回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2008年10月28日, 通常, 日本語, 名古屋
  543. 原爆被爆者胃癌における網羅的遺伝子発現解析, 本下潤一、大上直秀、仙谷和弘、松田美穂、佐々木 博己、中地 敬、安井 弥, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語
  544. Wnt5aはlaminin-5γ2の発現を介して胃癌細胞の転移能を促進する, 山本英喜、山本英樹、北台靖彦、大上直秀、安井 弥、菊池 章, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語
  545. 食道癌における血清Reg IVと免疫組織学的解析, 野口 剛、阿南勝宏、北野正剛、大上直秀、安井 弥, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語
  546. 神経内分泌への分化を示す胃癌の免疫組織化学的検討, 山本利枝、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語, 名古屋
  547. 胃癌におけるEGF、TGF -αによるLI-cadherinの発現誘導, 坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、檜井孝夫、岡島正純、安井 弥, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語, 名古屋
  548. 胃癌におけるCAST法を用いた分泌/膜貫通蛋白質の網羅的解析, 阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、林 哲太郎、大原慎也、野口 剛、安井 弥, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語
  549. Olfactomedin4は胃癌の新規血清腫瘍マーカーである, 安井 弥、大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、野口 剛, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語
  550. 原爆被爆者の大腸がんにおけるマイクロサテライト不安定性に関わる遺伝子変化の解析, 伊藤玲子、江口英孝、濱谷清裕、多賀正尊、平野尚子、高橋恵子、大上直秀、田原榮一、安井 弥、中地 敬, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語, 名古屋
  551. 前立腺がんにおいて発現している分泌/膜貫通蛋白質のCAST法を用いた解析, 林 哲太郎、大原慎也、阿南勝宏、坂本直也、松原昭郎、國安弘基、大上直秀、安井 弥, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語, 名古屋
  552. 前立腺癌、腎細胞癌、尿路上皮癌におけるReg IVの発現解析:Reg IVは前立腺癌において高頻度に発現しており予後予測に有効である, 大原慎也、松原昭郎、三田耕司、長谷川泰久、林 哲太郎、國安弘基、大上直秀、安井 弥, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語, 名古屋
  553. HMGB1により誘導されるMIAは口腔篇平上皮癌のリンパ節転移・リンパ管新生に関わる, 笹平智則、桐田忠昭、大上直秀、バワールウジャール、山本一彦、藤井澄、大森斉、ロイ、安井 弥、ボッサーフアンナ、國安弘基, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語, 名古屋
  554. ヒト胃癌細胞におけるオートクラインファクターとしてVEGF -Dの役割, 田中 美和子、北台靖彦、児玉 美千世、大原英治、品川 慶、炭田 知宜、田中信治、大上直秀、安井 弥、茶山一彰, 第67回日本癌学会総会, 2008年10月28日, 通常, 日本語, 名古屋
  555. MicroarrayとSAGE法を用いた遺伝子発現プロファイリングにより同定されたPLUNCは胃原発hepatoid adenocarcinomaの新規マーカーである, 仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、安井 弥, 第28回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2008年10月27日, 通常, 日本語, 名古屋
  556. Olfactomedin 4 and Reg IV: Novel serum biomarkers for gastric cancer patients, Oue N, Sentani K, Sakamoto N, Noguchi T and Yasui W, 36th Congress of the International Society of Oncology and Biomarkers, 2008年10月05日, 通常, 英語, Tokyo (Japan)
  557. Immunohistochemical analysis and serum concentration of Reg IV in patients with esophageal cancer, Anami K, Oue N, Sentani K, Sakamoto N, Noguchi T and Yasui W, 36th Congress of the International Society of Oncology and Biomarkers, 2008年10月05日, 通常, 英語, Tokyo (Japan)
  558. 胃癌のトランスクリプトーム・ダイセクション transcriptome dissection  -新しい診断・治療標的をみつける-, 安井 弥, 第1回臨床と病理の接点を考える会, 2008年10月, 招待, 日本語, 盛岡
  559. 広島市における小児がんの罹患・死亡・生存率, 杉山裕美、西信雄、笠置文善、木矢克造、有田健一、安井 弥, 第17回地域がん登録全国協議会, 2008年09月11日, 通常, 日本語, 長崎
  560. Novel biomarker of gastrointestinal cancers identified by Transcriptome Dissection, 安井 弥, The 5th International Conference on Gastroenterological Carcinogenesis, 2008年09月, 招待, 英語, Oxford (UK)
  561. The correlation between LI-cadherin and EGFR in gastric cancer, Sakamoto N, Oue N, Sentani K and Yasui W, The 5th International Conference on Gastroenterological Carcinogenesis, 2008年08月31日, 通常, 英語, Oxford (UK)
  562. Gene expression profiling with microarray and SAGE identifies PLUNC as a marker for gastric hepatoid carcinoma, Sentani K, Oue N, Sakamoto N and Yasui W, The 5th International Conference on Gastroenterological Carcinogenesis, 2008年08月31日, 通常, 英語, Oxford (UK)
  563. 胃がんの分子病理学的特性と新規診断・治療標的の探索, 安井 弥, 第5回病理と臨床福島フォーラム, 2008年08月, 招待, 日本語, 福島
  564. SAGE法とマイクロアレイの比較で同定されたPLUNCの胃原発肝様腺癌の診断マーカーとしての有用性, 仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第17回日本がん転移学会, 2008年07月24日, 通常, 日本語, 鹿児島
  565. SAGE-based microarray で同定したSEC11A (SPC18)によるEGF、TGF -αの分泌促進と胃癌進行との相関, 大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、柳原五吉、安井 弥, 第17回日本がん転移学会, 2008年07月24日, 通常, 日本語, 鹿児島
  566. 腸型形質を有する胃癌におけるEGFRの発現とEGFによるLi-cadherinの発現誘導, 坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、檜井孝夫、岡島正純、安井 弥, 第17回日本がん転移学会, 2008年07月24日, 通常, 日本語, 鹿児島
  567. 食道癌における新規血清腫瘍マーカーReg IVの解析, 阿南勝宏、野口 剛、和田伸介、森山初男、大上直秀、安井 弥, 第62回日本食道学会学術集会, 2008年06月21日, 通常, 日本語, 東京
  568. Reg IVとclaudin-18は消化管由来印環細胞癌の新規マーカーである, 仙谷和弘、大上直秀、田代敬、坂本直也、西阪隆、福原敏行、谷山清己、松浦博夫、有廣光司、落合淳志、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  569. SAGE-based microarray により同定したSEC11A(SPC18)は胃癌の進行と関連している, 大上直秀、仙谷和弘、柳原五吉、坂本直也、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  570. 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)肝針生検材料における中心静脈周囲弾性線維化とstageとの相関性, 中山宏文、円山英昭、弘井誠、黒田直人、戸井慎、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  571. 食道癌におけるReg IVの免疫組織学的解析と血清Reg IVの測定, 阿南勝宏、大上直秀、仙谷和弘、坂本直也、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  572. GSK-3結合蛋白質であるh—pruneは食道扁平上皮癌の独立した予後予測因子である, 坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  573. 原爆被爆者に発生した胃癌におけるγH2AXの免疫組織学的検討, 仙谷和弘、大上直秀、山本利枝、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  574. 遺伝子発現プロファイリングにより同定されたPLUNCは胃原発hepatoid adenocarcinomaの新規マーカーである, 仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  575. 原爆被爆者に発生した胃癌では、癌間質に変化がおきている, 本下潤一、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  576. 遺伝子発現プロファイルで同定されたconnexin30は腸型形質を有する胃癌のマーカーである, 大上直秀、仙谷和弘、阿南勝宏、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  577. 大腸鋸歯状腫瘍と過形成性ポリープにおける粘膜固有層浸潤マクロファージの分布とその病理組織診断への応用, 中山宏文、本下潤一、中川仁、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  578. 原爆被爆者の大腸がんにおけるマイクロサテライト不安定性に関わる遺伝子変化, 伊藤玲子、江口英孝、濱谷清裕、多賀正尊、平野尚子、高橋恵子、大上直秀、田原榮一、安井 弥、中地 敬, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  579. Reg IVは大腸癌の血清腫瘍マーカーであり予後予測に有用である, 大上直秀、國安弘基、仙谷和弘、坂本直也、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  580. 腺様袤胞癌におけるReg IVの発現, 笹平智則、大上直秀、桐田忠昭、安井 弥、國安弘基, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  581. 乳腺扁平上皮癌と浸潤性小葉癌が混在した一例, 山本利枝、仙谷和弘、田代敬、大上直秀、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  582. 尿路系腫瘍におけるReg IVの発現と神経内分泌への分化に関する検討, 林 哲太郎、大原慎也、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢
  583. 前立腺癌におけるReg IVとEGFRの発現の関連, 大原慎也、大上直秀、林 哲太郎、仙谷和弘、國安弘基、安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語
  584. h-pruneは食道癌の予後予測因子である, 野口 剛、大上直秀、菊池彰、和田伸介、森山初男、衛藤剛、安田一弘、猪股雅史、白石憲男、安井 弥、北野正剛, 第108回日本外科学会定期学術集会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 長崎
  585. 宿題報告:胃がんのtranscriptome dissection-組織からのシーズの発見とその診断・治療への展開-, 安井 弥, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月, 招待, 日本語, 金沢
  586. がんの生物学, 安井 弥, 第2回日本がん治療認定医機構教育セミナー, 2008年05月, 招待, 日本語, 東京
  587. 胃癌のtranscriptome dissection-病理組織からのシーズの発見と臨床への展開-, 安井 弥, 第2回沖縄消化管臨床病理研究会, 2008年03月, 招待, 日本語, 沖縄
  588. Recent Topics: Molecular Pathobiology of gastric cancer, 安井 弥, The 8th Korea-Japan Gastrointestinal Pathology Seminar, 2008年02月, 招待, 英語, 横浜
  589. がんの生物学, 安井 弥, 第1回日本がん治療認定医機構教育セミナー, 2008年01月, 招待, 日本語, 東京
  590. Serum Concentration of Reg IV in patients with colorectal cancers, Oue N, Sentani K, Sakamoto N and Yasui W, The 17th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2007年11月11日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  591. Gene expression profiling with microarray and SAGE identifies PLUNC as a marker for hepatoid adenocarcinoma of the stomach, Sentani K, Oue N, Sakamoto N and Yasui W, The 17th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2007年11月11日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  592. Reg IV is an independent prognostic indicator of relapse of prostate cancer, Ohara S, Hayashi T, Matsubara A, Usui T, Oue N and Yasui W, The 17th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2007年11月11日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  593. The effect of activity outside the field of view in estimation of human neuroreceptor binding with PET, Shiraishi T, Shidahara M, Tanimoto K, Ando A, Miyamoto T, Koganezawa R, Fukuda H, Yasui W, Ito K and Watanabe K, 2007 Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine, 2007年11月10日, 通常, 英語, Copenhagen (Denmark)
  594. Transcriptome dissection of gastric cancer through serial analysis of gene expression to identify novel diagnostic and therapeutic targets, 安井 弥, The 14th Seoul International Cancer Symposium, 2007年11月, 招待, 英語, ソウル
  595. Vascular endothelial growth factor (VEGF) -C stimulates progression of human gastric cancer via autocrine mechanism, 児玉 美千世、北台靖彦、田中 美和子、炭田智宜、田中信治、大上直秀、安井 弥、茶山一彰, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  596. Overexpression and high Reg IV serum level is associated with liver metastasis in colorectal cancer, 安井 弥、大上直秀、國安弘基、野口 剛、仙谷和弘、伊藤公訓、田中信治、瀬戸山 徹郎、夏越 祥次, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  597. Gene expression profile of esophageal squamous cell carcinoma by serial analysis of gene expression (SAGE), 坂本直也、大上直秀、仙谷和弘、吉田和弘、野口 剛、安井 弥, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  598. Gene expression profile of intestinal type gastric canver: connexin30 is associated with intestinal mucin phenotype, 伊藤玲子、仙谷和弘、大上直秀、青柳一彦、佐々木 博己、中地 敬、安井 弥:Gene expression profile of intestinal type gastric canver: connexin30 is associated with intestinal mucin phenotype, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  599. Immunohistochemical analysis of Reg IV in renal cell carcinoma and carcinoid tumor of the kidney, 林 哲太郎、大原慎也、松原昭郎、三田耕司、長谷川泰久、碓井亞、有広光司、櫛谷桂、武島幸男、大上直秀、安井 弥, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  600. Expression of Reg IV in salivary gland adenoid cystic carcinoma, 笹平智則、桐田忠昭、バワール ウジャール、大上直秀、安井 弥、國安弘基, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  601. Gene alterations relative to microsatellite instability in colorectal cancer among atomic-bomb survivors, 江口英孝、濱谷清裕、多賀正尊、伊藤玲子、高橋恵子、西信雄、片山博昭、田原榮一、和泉志津恵、松村俊二、大上直秀、安井 弥、中地 敬, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  602. utations of p53 gene in non-small cell lung cancer among atomic-bomb survivors (2 nd report), 多賀正尊、江口英孝、濱谷清裕、伊藤玲子、今井一枝、片山博昭、西信雄、田原榮一、和泉志津恵、松村俊二、大上直秀、安井 弥、中地 敬M, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  603. Immunohistochemical analysis of gastric and intestinal phenotype of gastric cancer among atomic bomb survivors, 本下潤一、大上直秀、仙谷和弘、安井 弥:, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  604. Positive staining for H2AX is correlated with tumor progression in gastric cancer among atomic bomb survivors, 山本利枝、仙谷和弘、大上直秀、本下潤一、安井 弥, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  605. Periglandular podoplanin/D2 -40 positive stromal cells in colorectal adenomas and adenocarcinomas, 中山宏文、本下潤一、山本利枝、安井 弥, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  606. Pot1 expression is associated with telomere length in gastric mucosa and cancer, 藤井澄、笹平智則、森若優貴子、大上直秀、安井 弥、國安弘基, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  607. Gene expression profiling with microarray and identifies PLUNC as a marker for gastric hepatoid carcinoma, 仙谷和弘、大上直秀、坂本直也、青柳一彦、佐々木 博己、安井 弥, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  608. h-prune is an independent prognostic marker for survival in esophageal squamous cell carcinoma, 野口 剛、大上直秀、和田伸介、北野正剛、仙谷和弘、坂本直也、菊池 章、安井 弥, 第66回日本癌学会総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 横浜
  609. がんの分子診断学, 安井 弥, 日本癌治療学会第13回教育セミナー, 2007年10月, 招待, 日本語, 京都
  610. 広島県地域がん登録と広島市地域がん登録の今後の関係について, 有田健一、鎌田七男、安井 弥、高杉敬久、碓井静照、二宮基樹、桑原正雄、平松恵一、西信雄、児玉和紀、善岡雅之、奥野博文, 第16回地域がん登録全国協議会総会研究会, 2007年09月06日, 通常, 日本語, 広島
  611. 組織登録からみた広島県における甲状腺腫瘍の実態, 福原敏行、西信雄、有田健一、鎌田七男、安井 弥, 第16回地域がん登録全国協議会総会研究会, 2007年09月06日, 通常, 日本語, 広島
  612. がん登録資料はどのように活用されるのか-広島県でがんは増えているのか?-, 安井 弥, 第16回地域がん登録全国協議会総会研究会, 2007年09月, 招待, 日本語, 広島
  613. Microsatellite instability in colorectal cancers among atomic-bomb survivors, Eguchi H, Hamatani K, Taga M, Ito R, Takahashi K, Imai K, Katayama H, Kodama K, Tahara E, Izumi S, Matsumura S, Oue N, Yasui W and Nakachi K, 13th International Congress of Radiation Research, 2007年07月08日, 通常, 英語, San Francisco, California (USA)
  614. h-pruneは食道癌の予後予測因子である, 野口 剛、大上直秀、菊池 章、和田伸介、北野正剛、安井 弥, 第61回日本食道学会学術集会, 2007年06月21日, 通常, 日本語, 横浜
  615. Identification of new serum marker for gastric cancer through SAGE data analysis, 安井 弥, The 19th Federation of Asia and Oceanian Biochemists and Molecular Biologists (FAOBMB) Conference, 2007年05月, 招待, 英語, ソウル
  616. Increased peritoneal metastasis of reg IV-transfected MKN28 gastric carcinoma cells, Kuniyasu H, Kitadai Y, Oue N, Sasahira T, Ohmori H and Yasui W, The 98th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2007年04月14日, 通常, 英語, Los Angeles, California (USA)
  617. Vascular endothelial growth factor C stimulates progression of human gastric cancer via both autocrine and paracrine mechanisms, Kodama M, Kitadai Y, Tanaka M, Sumida T, Tanaka S, Oue N, Yasui W, Fujii K and Chayama K, The 98th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2007年04月14日, 通常, 英語, Los Angeles, California (USA)
  618. 胃癌遺伝子発現プロファイルにおけるSAGE法とGeneChip法の比較, 仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  619. SAGE法により同定したReg IVはEGFRをリン酸化し5-FU誘導性のアポートシスを制御する, 大上直秀、國安弘基、安井 弥, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  620. SAGE法による食道扁平上皮癌の網羅的遺伝子発現解析, 本下潤一、大上直秀、安井 弥, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  621. SAGE-based microarrayを用いた新規胃癌関連遺伝子の探索, 松村俊二、大上直秀、安井 弥, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  622. 胃粘膜におけるテロメア短縮病変, 藤井澄、北台靖彦、笹平智則、大森斉、大上直秀、安井 弥、國安弘基, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  623. 大腸癌由来HMGB1によるリンパ節マクロファージの抑制, 大森斉、楠目晃子、下元貴澄、小林健、立本直邦、大上直秀、安井 弥、國安弘基, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  624. 大腸腺腫および早期大腸癌の腺管周囲におけるD2 -40/podoplanin陽性間質細胞の分布, 中山宏文、本下潤一、山本利枝、安井 弥, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  625. 原爆被爆者に発生した胃癌における胃型腸型形質の解析, 本下潤一、仙谷和弘、大上直秀、安井 弥, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  626. 胃癌におけるh-prune、nm23-H1の発現と臨床病理学的因子との関連, 大上直秀、安井 弥, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  627. :薬剤耐性遺伝子DPDのDNAメチル化は胃癌においてはまれである, 山本利枝、大上直秀、安井 弥, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  628. 前立腺癌におけるReg IVの発現と腸上皮への分化に関する検討, 大原慎也、長谷川泰久、大上直秀、仙谷和弘、國安弘基、安井 弥, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  629. 前立腺癌におけるRIZ1遺伝子のDNAメチル化とp53の異常との関連, 長谷川泰久、大原慎也、大上直秀、安井 弥, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  630. 血管平滑筋腫を構成する血管は血管外膜線維芽細胞を欠く, 中山宏文、円山英昭、黒田直人、戸井慎、安井 弥, 第96回日本病理学会総会, 2007年03月13日, 通常, 日本語, 大阪
  631. 広島県で発生するがんの実態, 安井 弥, 広島県医師会県民公開講座「みんなで考える、広島県のがん医療」, 2006年11月, 招待, 日本語, 広島
  632. RegIV overexpression inhibits apoptosis, Oue N, Mitani Y, Kamata N and Yasui W, The 16th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2006年10月22日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  633. DNA methylation of the RIZ1 gene is associated with nuclear accumulation of p53 in prostate cancer, Hasegawa Y, Matsubara A, Teishima J, Seki M, Mita K, Usui T, Oue N and Yasui W, The 16th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2006年10月22日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  634. Mutations of TP53, KRAS, and EGFR genes in lung cancer from atomic bomb survivors, Taga M, Eguchi H, Hamatani K, Ito R, Katayama H, Kodama K, Tahara E, Matsumura S, Yasui W and Nakachi K, The 16th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2006年10月22日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  635. Microsatellite instability in colorectal cancers among atomic-bomb survivors, Eguchi H, Hamatani K, Taga M, Ito R, Katayama H, Kodama K, Tahara E, Matsumura S, Yasui W and Nakachi K, The 16th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2006年10月22日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  636. Increased peritoneal metastasis of RegIV-transfected MKN28 gastric carcinoma cells, Kuniyasu H, Oue N, Sasahira T, Mitani Y, Ohmori H and Yasui W, The 16th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2006年10月22日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan),
  637. Expression of Wnt-5a is correlated with aggressiveness of gastric cancer by stimulating cell migration and invasion, Kurayoshi M, Oue N, Yamamoto H, Kishida M, Inoue A, Asahara T, Yasui W and Kikuchi A, The 16th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2006年10月22日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  638. 臨床腫瘍学の基礎知識:がんの科学的基盤−病理学−, 安井 弥, 日本癌治療学会第12回教育セミナー, 2006年10月20日, 招待, 日本語, 日本癌治療学会, 東京
  639. Wnt-5aは接着班ダイナミクスを制御することにより胃癌細胞における細胞運動を促進する, 倉吉学、大上直秀、山本英樹、岸田想子、安井 弥、菊池 章, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語, 横浜
  640. 前立腺癌におけるRIZ1遺伝子の発現とDNAメチル化の解析, 長谷川泰久、亭島淳、松原昭郎、碓井亞、大上直秀、安井 弥, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語
  641. h-pruneは胃癌、大腸癌、膵癌で高発現しており、胃癌の予後と相関している, 安井 弥、大上直秀、菊池 章, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語, 横浜
  642. RegIVは胃癌の腹膜播種を促進する, 國安弘基、大上直秀、笹平智則、安井 弥、大森斉, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語, 横浜
  643. 甲状腺腫瘍および腫瘍類似病変の被膜部間質細胞の平滑筋形質と組織型の相関性, 中山宏文、円山英昭、黒田直人、安井 弥, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語
  644. 分化型胃癌における粘液形質発現と癌関連遺伝子発現:Ll-cadherinの発現は腸型形質に関連する, 本下潤一、中山宏文、谷山清己、松崎圭祐、安井 弥, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語, 横浜
  645. SAGE法による口腔および食道扁平上皮癌の網羅的遺伝子発現解析, 杉山真一、大上直秀、三谷佳嗣、野口 剛、鎌田伸之、安井 弥, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語
  646. Claudin-18の発現減弱は腸型形質を有する胃癌に関連している, 伊藤玲子、真田雄市、吉田和弘、大上直秀、安井 弥, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語, 横浜
  647. Claudin-2は胃癌、大腸癌において高発現している, 山本利枝、Aung Phyu Phyu、安井 弥, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語, 横浜
  648. RegIVは5-FUによるアポトーシスを抑制し、5-FU耐性および血清診断のマーカーとして有用である, 大上直秀、三谷佳嗣、野口 剛、國安弘基、鎌田伸之、安井 弥, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語
  649. 胃癌におけるDPD遺伝子のDNAメチル化の解析, 吉田和弘、杉山真一、大上直秀、安井 弥, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語
  650. 原爆被爆者で発生した肺がんにおけるTP53、KRAS、EGFR遺伝子変異(第1報), 多賀正尊、江口英孝、濱谷清裕、伊藤玲子、今井一枝、片山博昭、田原榮一、和泉志津恵、松村俊二、安井 弥、中地 敬, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語
  651. 原爆被爆者で発生した大腸癌におけるマイクロサテライト不安定性, 江口英孝、濱谷清裕、多賀正尊、伊藤玲子、今井一枝、片山博昭、田原榮一、和泉志津恵、松村俊二、安井 弥、中地 敬, 第65回日本癌学会総会, 2006年09月28日, 通常, 日本語
  652. Serial analysis of gene expression法による食道癌の網羅的遺伝子発現解析, 大上直秀、杉山真一、本下潤一、仙谷和弘、中山宏文、安井 弥, 第26回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2006年09月27日, 通常, 日本語, 横浜
  653. 胃型胃癌、腸型胃癌:SAGE法で同定した胃癌関連遺伝子と胃型腸型形質との関連, 大上直秀、本下潤一、仙谷和弘、安井 弥, 第17回日本消化器癌発生学会, 2006年09月15日, 招待, 日本語, 日本消化器癌発生学会, 名古屋
  654. Molecular pathology of gastrointestinal carcinoma: Epigenetic alterations and its diagnostic application, Yasui W, The 5th International Group Training Course of "Histopathological Diagnosis of Early Esophagogastric and Colorectal Carcinomas" (Japan International Cooperation Agency; JICA), 2006年09月07日, 招待, 英語, Japan International Cooperation Agency, Hiroshima (Japan)
  655. High expression of h-Prune in gastric cancer with gastric phenbotype: expression of h-prune is associated with poor survival in gastric cance, Oue N, Kikuchi A and Yasui W, The 11th International Congress of Metastasis Research Society jointed with the 15th Annual Meeting of Japanese Association for Metastasis Research, 2006年09月03日, 通常, 英語, Tokushima (Japan)
  656. 組織登録からみた広島県における卵巣腫瘍の実態, 西信雄、杉山裕美、笠置文善、片山博昭、児玉和紀、万代光一、有田健一、鎌田七男、安井 弥, 第15回地域がん登録全国協議会総会研究会, 2006年09月01日, 通常, 日本語, 山形
  657. 胃癌のトランスクリプトームダイセクション -探索と展開-, 安井 弥, 第17回日本消化器癌発生学会, 2006年09月, 招待, 日本語, 名古屋
  658. Molecular pathogenesis of gastrointestinal neoplasia: Stomach, 安井 弥, The XXVI International Congress of the International Academy of Pathology, 2006年09月, 招待, 英語, Montréal (Canada)
  659. Systematic search for novel biomarker of gastric cancer through SAGE data analysis, 安井 弥, The 4th International Conference on Gastroenterological Carcinogenesis, 2006年08月, 招待, 英語, Honolulu, Hawaii (USA)
  660. Systematic collection of tissue specimens and molecular pathological analysis of newly diagnosed solid cancers among Atomic-bomb survivors, 安井 弥, The Second Nagasaki Symposium of International Consortium for Medical Care of Hibakusha and Radiation Life Science, 2006年07月, 招待, 英語, 長崎
  661. ゲノム情報を用いたがん特異的遺伝子の探索とその診断への応用, 安井 弥, 広島鉄道病院オープンカンファレンス, 2006年06月05日, 招待, 日本語, 広島
  662. 広島県における石綿汚染不安に対する腫瘍登録事業の利用と基盤整備, 有田健一、鎌田七男、碓井静照、安井 弥、西信雄、堀益弘明, 第46回日本呼吸器学会学術講演会, 2006年06月01日, 通常, 日本語, 東京
  663. 原爆被爆者で発生した肺癌におけるp53、K-ras、EGFR遺伝子変異, 多賀正尊、江口英孝、濱谷清裕、伊藤玲子、今井一枝、John b. Cologne、片山博昭、児玉和紀、松村俊二、安井 弥、Curtis C. Harris、中地 敬, 第7回日本がん分子疫学研究会, 2006年05月19日, 通常, 日本語, 広島
  664. 原爆被爆者で発生した大腸癌におけるマイクロサテライト不安性, 江口英孝、濱谷清裕、多賀正尊、伊藤玲子、今井一枝、John b . Cologne、片山博昭、児玉和紀、松村俊二、安井 弥、中地 敬, 第7回日本がん分子疫学研究会, 2006年05月19日, 通常, 日本語, 広島
  665. 甲状腺腫瘍および腫瘍類似病変の被膜部における高分子量カルデスモン陽性間質細胞の分布, 中山宏文、円山英昭、清久泰司、森木利昭、黒田直人、戸井慎、弘井誠、安井 弥, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  666. SAGE法で同定したREGIVは胃癌の血清診断マーカーとして有用である, 大上直秀、國安弘基、三谷佳嗣、安井 弥, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 20060430
  667. SAGEデータ解析により同定したclaudin-18の胃癌における発現減弱の意義, 大上直秀、真田雄市、三谷佳嗣、安井 弥, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  668. 口腔癌の新規転移マーカー:MIAについて, 笹平智則、大上直秀、大森斉、桐田忠昭、安井 弥、國安弘基, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  669. 網羅的遺伝子発現解析法であるSAGE法とGeneChipの比較, 安井 弥、杉山真一、大上直秀, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  670. 食道癌におけるレチノイン酸シグナル関連遺伝子のDNAメチル化の解析, 杉山真一、大上直秀、安井 弥, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  671. ヒト胃癌の進展、悪性度とHER-2、E-cadherin、DR4遺伝子–塩基多型との関連, 倉岡和矢、松村俊二、濱井洋一、中地 敬、今井一枝、江口英孝、松崎圭祐、大上直秀、中山宏文、安井 弥, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  672. 胃癌におけるVEGF -Cの高発現とDNA脱メチル化との関連, 大上直秀、松村俊二、安井 弥, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  673. REGIVは胃癌細胞の腹膜播種を促進する, 國安弘基、大上直秀、笹平智則、安井 弥、大森斉, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  674. 胃癌におけるタキサン系抗癌剤耐性にMAGE-A1が関連している, 三谷佳嗣、大上直秀、中山宏文、安井 弥, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  675. REGIVの発現は胃癌における5FU耐性に関与しアポトーシスを抑制する, 三谷佳嗣、大上直秀、國安弘基、安井 弥, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  676. 正常臓器および消化管癌におけるClaudin-2の発現, Aung Phyu Phyu、三谷佳嗣、中山宏文、安井 弥, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  677. OSNA法による定量的大腸癌リンパ節微小癌転移の検討, 本下潤一、谷山清己、赤井保正、安井 弥, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  678. 肺動脈intimal Sarcomaの一例, 庄嶋健作、清水陽元、齋藤聡志、倉岡和矢、中山宏文、嶋本文雄、櫛谷桂、安井 弥, 第95回日本病理学会総会, 2006年04月30日, 通常, 日本語, 東京
  679. がん関連遺伝子に関する最近の話題-特にエピジェネティクスについて-, 安井 弥, 第135回広島細胞診研究会・平成18年度日本臨床細胞学会広島県支部細胞検査士会総会, 2006年04月, 招待, 日本語, 広島
  680. がん特異的発現遺伝子の探索とその診断への応用, 安井 弥, 臨床病理イブニングセミナー, 2006年03月31日, 招待, 日本語, 岩手医科大学, 盛岡
  681. SAGE法で同定した胃癌特異的遺伝子Reg IVの血清腫瘍マーカーへの応用, 大上直秀、三谷佳嗣、Aung Phyu Phyu、野口 剛、吉田和弘、安井 弥, 第78回日本胃癌学会総会, 2006年03月09日, 通常, 日本語, 大阪
  682. 病理腫瘍登録と腫瘍登録の精度, 安井 弥, 第2回広島県腫瘍登録・地域がん登録協力施設実務者会議, 2006年03月04日, 招待, 日本語, 広島県腫瘍登録委員会, 福山
  683. p53, EGFR and K-ras mutations in lung cancer among atomic bomb survivors, Taga M, Hagiwara N, Mechanic L, Hussain P, Harris CC, Eguchi H, Ito R, Hamatani K, Imai K, Kodama K, Katayama K, Cologne JB, Tahara E, Nakachi K and Yasui W, The workshop on US-Japan cooperative cancer research program, 2006年02月, 通常, 英語, Washington (USA)
  684. Molecular analysis on colorectal cancer in atomic bomb survivors, Eguchi H, Hamatani K, Taga M, Ito R, Kodama K, Katayama H, Tahara E, Nakachi K, Matsumura S and Yasui W, The workshop on US-Japan cooperative cancer research program, 2006年02月, 通常, 英語, Washington (USA)
  685. Down-regulation of claudin-18 and its prognostic impact in gastric cancer, Sanada Y, Oue N, Mitani Y, Aung PP, Yoshida K and Yasui W, The 15th International Symposium of The Hiroshima Cancer Seminar, 2005年10月30日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  686. MAGE gene expression is correlated with resistance to taxan in gastric cancer, Oue N, Suzuki T, Yoshida K and Yasui W, The 15th International Symposium of the Hiroshima cancer Seminar, 2005年10月30日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  687. RegIVは胃癌、大腸癌の新規血清腫瘍マーカーである, 大上直秀、國安弘基、三谷佳嗣、夏越 祥次、瀬戸山 徹郎、野口 剛、安井 弥, 第16回日本消化器癌発生学会, 2005年10月13日, 招待, 日本語, 鹿児島
  688. Claudin-18は胃癌の新規予後因子である, 真田雄市、大上直秀、Aung PP、吉田和弘、安井 弥, 第16回日本消化器癌発生学会, 2005年10月13日, 通常, 日本語, 鹿児島
  689. 消化器癌の発生-病理、分子生物、遺伝子の知見を臨床へ:RegIVは胃癌、大腸癌の新規血清腫瘍マーカーである, 大上直秀、國安弘基、三谷佳嗣、夏越 祥次、瀬戸山 徹郎、野口 剛、安井 弥, 第16回日本消化器癌発生学会, 2005年10月, 招待, 日本語, 鹿児島
  690. 病理診断における間質細胞の評価の重要性, 中山宏文、円山 英昭、宮嵜 恵利子、林 芳弘、清久 泰司、森木 利昭、黒田 直人、戸井 慎、弘井 誠、安井 弥, 第37回日本臨床分子形態学会総会・学術講演会, 2005年09月30日, 招待, 日本語, 日本臨床分子形態学会, 大阪
  691. Molecular pathology of gastrointestinal carcinoma: Epigenetic alterations and its diagnostic application, Wataru Yasui, The 4th international Group Training Course of “Histopathological Diagnosis of Early Esophagogastric and Colorectal Carcinomas” (JICA), 2005年09月22日, 招待, 日本語, Hiroshima (Japan)
  692. 大腸腺腫におけるRAGE-HMGB1系の関与, 藤井澄、笹平智則、丸山博司、大上直秀、安井 弥、國安弘基, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  693. 胃癌診断用のミニアレイの開発, 安井 弥、首藤真理子、野口 剛、大上直秀、松崎圭祐, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  694. 胃癌におけるCHFRのDNAメチル化とタキサン系抗癌剤の感受性の検討, 吉田和弘、大上直秀、國安弘基、安井 弥, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  695. 糖化修飾によるHMGB1の変化, 國安弘基、市場正良、大上直秀、安井 弥、大森斉, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  696. 胃における腸上皮化生腺管周囲間質細胞の平滑筋形質:上皮性腫瘍発生における意義, 中山宏文、円山英昭、黒田直人、安井 弥, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  697. 口腔扁平上皮癌におけるCCND2のメチル化の検討, 小野重弘、米田進吾、重石英生、瀧雅行、東川晃一郎、安井 弥、鎌田伸之, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  698. さまざまなヒトがんにおけるReg IVの免疫組織化学的解析, 大上直秀、三谷佳嗣、Aung Phyu Phyu、中山宏文、國安弘基、安井 弥, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  699. ヒト胃癌のリスクおよび悪性度HER-2、E-cadherin、DR4の一塩基多型との関連, 倉岡和矢、松村俊二、中地 敬、今井一枝、江口英孝、松崎圭祐、大上直秀、安井 弥, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  700. MMP10は胃癌の診断、悪性度の予測に有用なマーカーである, 松村俊二、Aung Phyu Phyu、大上直秀、吉田和弘、野口 剛、國安弘基、安井 弥, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  701. RAR-beta、CRBP1、TIG1のDNAメチル化は胃癌において広くおきている, 首藤真理子、大上直秀、Aung Phyu Phyu、野口 剛、中山宏文、安井 弥, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  702. 原爆被害者に発生した肺がん・大腸がんの分子疫学的解析, 江口英孝、多賀正尊、伊藤玲子、濱谷清裕、片山博昭、児玉和紀、田原榮一、松村俊二、安井 弥、中地 敬, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  703. MAGE-A1遺伝子の発現は胃癌におけるタキサン系抗癌剤感受性マーカーである, 鈴木崇久、吉田和弘、大上直秀、安井 弥, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  704. 食道扁平上皮癌におけるCRBP1, TIG1のDNAメチル化はステージと相関する, 水入寛純、吉田和弘、大上直秀、野口 剛、安井 弥, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語
  705. 口腔扁平上皮癌におけるMIA発現, 笹平智則、桐田忠昭、大上直秀、安井 弥、國安弘基, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 札幌
  706. SAGEデータに基づいた胃癌特異的遺伝子の探索:MIAとMMP-10は胃癌の血清腫瘍マーカーである, Aung Phyu Phyu、大上直秀、三谷佳嗣、安井 弥, 第25回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2005年09月12日, 通常, 日本語, 札幌
  707. 広島市における女性乳がんの実態, 杉山裕美、西信雄、笠置文善、片山博昭、児玉和紀、桑原正雄、有田健一、安井 弥, 第14回地域がん登録全国協議会総会研究会, 2005年09月02日, 通常, 日本語, 東京
  708. 組織登録からみた広島県における前立腺腫瘍登録数の推移, 西信雄、杉山裕美、笠置文善、片山博昭、児玉和紀、米原修治、有田健一、安井 弥, 第14回地域がん登録全国協議会総会研究会, 2005年09月02日, 通常, 日本語, 東京
  709. 発現プロファイルによるがん診断:SAGEデータに基づく癌(胃癌)特異的遺伝子の網羅的解析, Phyu Phyu Aung、大上直秀、三谷佳嗣、中山宏文、安井 弥, 第64回日本癌学会総会, 2005年09月, 招待, 日本語, 札幌
  710. 新規転移遺伝子:ヒト悪性腫瘍におけるRegIVの発現プロファイル-RegIVは大腸癌の転移、ステージと関連している-, 大上直秀、Phyu Phyu Aung、三谷佳嗣、國安弘基、安井 弥, 第14回日本がん転移学会総会, 2005年06月, 招待, 日本語, 大阪
  711. Identification of MIA as a cancer specific gene and prognostic indicator in gastric cancer, Aung PP, Oue N, Mitani Y, Nakayama H and Yasui W, The 6th International Gastric Cancer Congress, 2005年05月04日, 通常, 英語, Yokohama (Japan)
  712. Aberrant methylation of three genes associated with retinoid signaling pathway in human gastric cancer, Shutoh M, Oue N, Aung PP, Noguchi T, Nakayama H, Kawahara K and Yasui W, The 6th International Gastric Cancer Congress, 2005年05月04日, 通常, 英語, Yokohama (Japan)
  713. Expression and effect of cadherin 17 on human gastric carcinomas, Ito R, Oue N, Yoshida Y, Nakayama H, Nakachi K and Yasui W, The 6th International Gastric cancer Congress, 2005年05月04日, 通常, 英語, Yokohama (Japan)
  714. がん細胞の不思議, 安井 弥, NPO法人「がん患者支援ネットワークひろしま」平成17年度「市民のためのがん講座」, 2005年05月, 招待, 日本語
  715. Screening of cancer specific gene and identification of MIA as a cancer specific gene and prognostic indicator in gastric cancer, Aung PP, Oue N, and Yasui W, The 96th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2005年04月16日, 通常, 英語, Anaheim, California (USA)
  716. 胃粘膜の腸上皮化生腺管周囲にpericryptal fibroblast (PCF) は存在しない, 中山宏文、黒田直人、戸井慎、弘井誠、倉岡和矢、円山英昭、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  717. 胃癌のおけるCadherin-17 (CDH17) および Cdx2の発現相関とその意義, 伊藤玲子、大上直秀、吉田和弘、中地 敬、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  718. REGIVは消化管癌に特異的に発現している, 大上直秀、三谷佳嗣、Aung Phyu Phyu、國安弘基、中山宏文、安井 弥:さまざまな癌組織におけるREGIV発現の免疫組織化学的検討, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  719. 胃癌におけるタキサン系抗癌剤の感受性とMAGE-A1の発現、DNAメチル化との関連, 大上直秀、鈴木崇久、吉田和弘、峠 哲哉、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  720. 胃癌におけるCHFRのDNAメチル化とタキサン系抗癌剤の感受性の検討, 大上直秀、濱井洋一、吉田和弘、三谷佳嗣、峠 哲哉、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  721. 日本におけるDR4遺伝子多型と胃癌との関連:症例対照研究及び臨床病理学的解析, 倉岡和矢、松村俊二、松崎圭祐、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  722. Dnmt3b遺伝子プロモーター領域の新規SNPとヒト胃癌の発生・進展との関連について, 松村俊二、Aung Phyu Phyu、首藤真理子、大上直秀、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  723. DNAメチル化の蓄積は遺伝子の種類非依存的に胃癌の進行に関与する, 三谷佳嗣、大上直秀、Aung Phyu Phyu、倉岡和矢、中山宏文、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  724. 胃癌におけるPINX1遺伝子のLOH, DNAメチル化、ヒストンアセチル化と遺伝子発現、テロメラーゼ活性との関連, 三谷佳嗣、近藤丈博、大上直秀、國安弘基、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  725. 癌(特に胃癌)特異的遺伝子郡の網羅的探索:MIAは胃癌の新規予後因子である, Aung Phyu Phyu、大上直秀、三谷佳嗣、中山宏文、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  726. 胃癌におけるRetinoid signaling pathway 関連遺伝子郡のDNAメチル化の解析, 首藤真理子、大上直秀、Aung Phyu Phyu、倉岡和矢、中山宏文、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  727. カスタムアレイを用いた新規胃癌関連遺伝子の同定, 首藤真理子、大上直秀、Aung Phyu Phyu、中山宏文、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  728. 胃癌におけるCLDN18遺伝子発現抑制とDNAメチル化およびSNPの解析, 真田雄市、大上直秀、松村俊二、中山宏文、安井 弥, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語
  729. 糖化修飾によるHMGB1の変化, 大森斉、赤間芳彦、市場正良、大上直秀、安井 弥、國安弘基, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月14日, 通常, 日本語, 横浜
  730. 分子病理診断:ゲノム・形態・臨床の架け橋:ゲノム医療時代において分子病理診断が果たす役割, 安井 弥、大上直秀、中山宏文, 第94回日本病理学会総会, 2005年04月, 招待, 日本語, 横浜
  731. Identification of novel genes of gastric cancer through serial analysis of gene expression, 安井 弥, The 10th US Japan Clinical Trial Summit Meeting “NEW Era of Gastric and Colorectal Cancer Treatment”, 2005年02月, 招待, 英語, Maui, Hawaii (USA)
  732. 胃癌におけるMAGE1遺伝子発現とタキサン系抗癌剤感受性の検討, 鈴木崇久、吉田和弘、大上直秀、峠 哲哉、安井 弥, 第77回日本胃癌学会総会, 2005年, 通常, 日本語, 東京
  733. 胃癌におけるCadherin-17(CDH17)の発現と予後に対する影響, 伊藤玲子、大上直秀、吉田和弘、中地 敬、安井 弥, 第64回日本癌学会総会, 2005年, 通常, 日本語, 札幌
  734. 診断病理学の将来-形態診断と分子診断の統合:上皮性腫瘍の遺伝子診断-形態診断との関連を中心に-, 安井 弥, 第50回日本病理学会秋期特別総会, 2004年12月, 招待, 日本語, 名古屋
  735. 発熱を主訴とし内視鏡にて観察しえた空腸Gastrointestinal stromal tumor (GIST) の1例, 宮下真奈備、澤山智之、木原康裕、近藤直樹、三亀宏、井上純一、湊武、杉山悟、宮出喜生、清水康廣、中山宏文、安井 弥, DDW-Japan 2004・第46回日本消化器病学会, 2004年10月21日, 通常, 日本語, 福岡
  736. Identification of genes potentially involved in gastric carcinogenesis through serial analysis of gene expression, Aung PP, Oue N, Mitani Y, Nakayama H and Yasui W, The 25th International Congress of the International Academy of Pathology, 2004年10月10日, 通常, 英語, Brisbane (Australia),
  737. 胃腺腫、胃上皮内腺癌および粘膜内浸潤癌の分子病理形態学的解析, 中山宏文、本下潤一、倉岡和矢、黒田直人、円山英昭、安井 弥, 第63回日本癌学会総会, 2004年09月29日, 通常, 日本語, 福岡
  738. 胃癌組織におけるリンパ管新生マーカー発現定量とリンパ節転移との関連, 北台靖彦、児玉 美千世、趙成大、黒田 剛、落海健彦、木村茂、桑井寿雄、小野川 靖二、田中信治、松村俊二、大上直秀、安井 弥、茶山一彰, 第63回日本癌学会総会, 2004年09月29日, 通常, 日本語, 福岡
  739. 胃癌におけるCadherin-17 (CDH17) の発現と予後に及ぼす影響, 伊藤玲子、大上直秀、吉田和弘、中地 敬、安井 弥, 第63回日本癌学会総会, 2004年09月29日, 通常, 日本語, 福岡
  740. 口腔扁上皮癌におけるCHFR (checkpoint with FAH and ring finger ) のメチル化の検討, 小野重弘、杉山勝、米田進吾、重石英生、大上直秀、安井 弥、鎌田伸之, 第63回日本癌学会総会, 2004年09月29日, 通常, 日本語, 福岡
  741. DR4遺伝子多型のヒト胃癌における症例対照研究及び臨床病理学的解析, 倉岡和矢、松村俊二、中地 敬、今井一枝、江口英孝、松崎圭祐、中山宏文、安井 弥, 第63回日本癌学会総会, 2004年09月29日, 通常, 日本語
  742. ヒト胃癌におけるDnmt3b遺伝子プロモーター領域の新規SNP (single nucleotide polymorphism) の検討, 松村俊二、Aung Phyu Phyu、大上直秀、北台靖彦、吉田和弘、江口英孝、中地 敬、安井 弥, 第63回日本癌学会総会, 2004年09月29日, 通常, 日本語, 福岡
  743. SAGE法を用いた胃癌に特異的に発現している遺伝子の同定, Aung Phyu Phyu、大上直秀、三谷佳嗣、國安弘基、中山宏文、安井 弥, 第63回日本癌学会総会, 2004年09月29日, 通常, 日本語, 福岡
  744. 胃癌におけるRIZ1遺伝子のメチル化, 首藤真理子、大下恭弘、大上直秀、三谷佳嗣、北台靖彦、安井 弥, 第63回日本癌学会総会, 2004年09月29日, 通常, 日本語, 福岡
  745. 胃癌におけるSOCS-1遺伝子のメチル化とその臨床病理学的意義, 真田雄市、大下恭弘、倉岡和矢、吉田和弘、中山宏文、安井 弥, 第63回日本癌学会総会, 2004年09月29日, 通常, 日本語, 福岡
  746. 胃癌の分子生物学的解析とその臨床的意義:遺伝子検索とその病理診断への応用, 安井 弥、大上直秀、三谷佳嗣、Phyu Phyu Aung、中山宏文, 第63回日本癌学会総会, 2004年09月, 招待, 日本語, 福岡
  747. Caveolin-1 is specifically expressed in human gastric cancer, Ito R, Oue N, Yoshida K, Nakachi K and Yasui W, The 3rd International Conference on Gastroenterological Carcinogenesis, 2004年08月19日, 通常, 英語, Sapporo (Japan)
  748. Search for novel genes of gastric cancer through serial analysis of gene expression, Aung PP, Oue N, Mitani Y, Nakayama H and Yasui W, The 3rd International Conference on Gastroenterological Carcinogenesis, 2004年08月19日, 通常, 日本語, Sapporo (Japan)
  749. Identification of genes involved in invasion and metastasis of gastric cancer by serial analysis of gene expression, 安井 弥, The 3rd International Conference on Gastroenterological Carcinogenesis, 2004年08月, 招待, 英語, 札幌
  750. SAGE法により同定された胃癌特異的遺伝子REGIVの機能および発現解析, 大上直秀、三谷佳嗣、Aung Phyu Phyu、國安弘基、中山宏文、安井 弥, 第23回分子病理学研究会「2004年ひろしま本郷シンポジウム」, 2004年07月31日, 通常, 日本語, 広島
  751. 胃癌におけるCadherin-17(CDH17)の発現および予後との関連, 伊藤玲子、大上直秀、吉田和弘、中地 敬、安井 弥, 第1回日本病理学会カンファレンス, 2004年07月30日, 通常, 日本語, 広島
  752. 胃癌に特異的に発現している遺伝子の同定, Aung Phyu Phyu、大上直秀、三谷佳嗣、中山宏文、安井 弥, 第1回日本病理学会カンファレンス, 2004年07月30日, 通常, 日本語, 広島
  753. 胃癌におけるCLDN18のプロモーター領域のSNP解析, 真田雄市、大上直秀、松村俊二、三谷佳嗣、中山宏文、安井 弥, 第1回日本病理学会カンファレンス, 2004年07月30日, 通常, 日本語, 広島
  754. 異なる臨床経過を辿った肛門扁平上皮癌の3例と免疫組織学的検討, 栗原毅、岡島正純、池田聡、川堀勝史、有田道典、恵木浩之、浅原利正、倉岡和矢、伊藤玲子、安井 弥, 第59回日本消化器外科学会定期学術総会, 2004年07月21日, 通常, 日本語, 鹿児島
  755. SAGE法による胃癌特異的遺伝子の探索研究とその臨床展開, 安井 弥, 第6回大阪がん学術セミナー, 2004年07月, 招待, 日本語, 大阪
  756. がんの発生・進展に関する分子病理学的探索と臨床応用, 安井 弥, 第36回日本婦人科腫瘍学会学術集会, 2004年07月, 招待, 日本語, 広島
  757. 胃がん関連遺伝子の分子病理学的探索研究と臨床応用, 安井 弥, 第1回日本病理学会カンファレンス, 2004年07月, 招待, 日本語, 広島
  758. SAGE 法による胃癌特異的遺伝子の探索研究と臨床展開, 安井 弥, 第7回癌ゲノムサイエンス研究会, 2004年06月25日, 招待, 日本語, 東京
  759. 胃上皮内腺癌の分子病理形態学的検討, 中山宏文、本下潤一、倉岡和矢、戸井慎、黒田直人、弘井誠、中川仁、円山英昭、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  760. 胃腫瘍におけるCaveolin-1の発現と悪性形質転換との相関, 伊藤玲子、中山宏文、吉田和弘、小田典子、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  761. 胃癌におけるCadherin-17 (CDH17) の発現とその進展・予後との相関, 伊藤玲子、大上直秀、吉田和弘、小田典子、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  762. SAGE法を用いた胃癌に特異的に発現している遺伝子の同定, 大上直秀、濱井洋一、三谷佳嗣、松村俊二、Aung Phyu Phyu、中山宏文、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  763. 重複胃に発生し胃への浸潤を伴った腺癌の一例, 倉岡和矢、中山宏文、香河哲也、市川徹、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  764. ヒト胃癌におけるDR4遺伝子多型の臨床病理学的検討, 倉岡和矢、松村俊二、濱井洋一、中地 敬、今井一枝、江口英孝、松崎圭祐、中山宏文、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  765. 早期及び進行期の高分化型胃癌における胃型・腸型形質と各種癌関連因子発現との関係, 本下潤一、中山宏文、大上直秀、伊藤玲子、松崎圭祐、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  766. ヒト胃癌におけるVEGF -C遺伝子プロモーター領域のメチル化状態の検討, 松村俊二、大上直秀、北台靖彦、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  767. 胃癌におけるPOT1遺伝子の発現とテロメア長、3'telomeric overhang との相関, 近藤丈博、大上直秀、三谷佳嗣、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  768. 胃癌におけるSOCS-1のCpg islandのメチル化による不活化, 大下恭弘、大上直秀、倉岡和矢、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  769. 胃癌において高頻度に認められるプロモーター領域のメチル化によるRIZ1の不活化, 大下恭弘、大上直秀、三谷佳嗣、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  770. 胃癌において高頻度に認められるプロモーター領域のメチル化によるRIZ1の不活化, 大下恭弘、大上直秀、三谷佳嗣、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  771. ヒト胃癌におけるp21のヒストンH3, H4アセチル化と発現との関係, 三谷佳嗣、大上直秀、杉山勝、石川武憲、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  772. SAGE法を用いた胃癌のリンパ節転移に関わる遺伝子群の同定, Aung Phyu Phyu、大上直秀、濱井洋一、三谷佳嗣、伊藤玲子、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  773. SAGE法を用いた胃癌の進展に関わる遺伝子郡の同定, 濱井洋一、大上直秀、三谷佳嗣、小西和男、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第93回日本病理学会総会, 2004年06月09日, 通常, 日本語, 札幌
  774. がんの遺伝子解析研究のフロントラインと倫理, 安井 弥, 医療と倫理を考える会広島第24回例会, 2004年06月, 招待, 日本語, 広島
  775. Expression of cadherin-17 is associated with advanced stage of gastric carcinoma, Ito R, Oue N, Motoshita J, Nakayama H, Kuraoka K, Yoshida K and Yasui W, The 95th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2004年03月27日, 通常, 英語, Orlando, Florida (USA)
  776. A single nucleotide polymorphism in the MMP-9 promoter is correlated with tumor progression and malignant phenotype of gastric cancer, Matsumura S, Oue N, Hamai Y, Kitadai Y, Chayama K, Yoshida K, Imai K, Nakachi K and Yasui W, The 95th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2004年03月27日, 通常, 英語, Orlando, Florida (USA)
  777. DNA hyper methylation and histone hypoacetylation of the HLTF gene is associated with reduced expression in gastric carcinoma, Hamai Y, Oue N, Mitani Y, Ito R, Matsusaki K, Yoshida K, Toge T and Yasui W, The 95th Annual Meeting of the American Association for cancer Research, 2004年03月27日, 通常, 英語, Orlando, Florida (USA)
  778. Histone hypoacetylation and reduced expression of p21waf1 in gastric carcinoma, Mitani Y, Oue N, Nakayama H, Sugiyama M, Ishikawa T and Yasui W, The 95th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2004年03月27日, 通常, 英語, Orlando, Florida (USA)
  779. Gene expression profile of gastric carcinoma: Identification of genes and tags potentially involved in invasion, metastasis, and carcinogenesis using serial analysis of gene expression, Oue N, Hamai Y, Mitani Y, Matsumura S, Aung PP, Kuraoka K, Yoshida K, Nakayama H and Yasui W, The 95th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2004年03月27日, 通常, 英語, Orlando, Florida (USA)
  780. 超高齢者(85歳以上)胃がん22例の臨床病理学的・免疫組織学的特徴, 松崎圭祐、戸田智博、川野豊一、三浦修、南園義一、長崎進、安井 弥, 第76回日本胃癌学会総会, 2004年03月04日, 通常, 日本語, 米子
  781. 胃癌におけるp21の発現と転写調節領域のヒストンH3, H4のアセチル化との相関, 三谷佳嗣、大上直秀、中山宏文、石川武憲、安井 弥, 第76回日本胃癌学会総会, 2004年03月04日, 通常, 日本語
  782. 胃癌におけるEGF遺伝子5' untranslated regionの遺伝子多型の検討, 濱井洋一、大上直秀、吉田和弘、安井 弥, 第76回日本胃癌学会総会, 2004年03月04日, 通常, 日本語, 米子
  783. 分子生物学からみた胃癌診療:SAGE法により同定された胃癌高発現遺伝子RegIVの解析, 大上直秀、浜井 洋一、三谷佳嗣、安井 弥, 第76回日本胃癌学会総会, 2004年03月, 招待, 日本語, 米子
  784. ビタミンDによるヒトCYP24遺伝子の発現誘導特性の解析, 田代克久、阿部高也、大上直秀、安井 弥、龍治英, 第26回日本分子生物学会年会, 2003年12月10日, 通常, 日本語, 神戸
  785. がんの病因・病態の分子病理学的探索研究とその診断への応用-胃癌を例として-, 安井 弥, 国立病院呉医療センター臨床研究部講演会, 2003年12月, 招待, 日本語, 呉市
  786. Molecular pathology of gastric cancer and its diagnostic application, 安井 弥, Fifth People Hospital affiliated to Fudan University, 2003年11月, 招待, 英語, Shanghai (China)
  787. Search for novel markers of gastric cancer through global analysis of gene expression profiles and its clinical implication, 安井 弥, Research Institute of Surgery, Third Military Medical University, 2003年11月, 招待, 英語, Chongqing (China)
  788. 消化管癌の病因・病態に係る分子病理学的解析とその臨床の場への還元, 安井 弥, 南大阪がん研究会, 2003年10月, 招待, 日本語, 大阪
  789. Search for new biomarkers of gastric cancer through serial analysis of gene expression, 安井 弥, The 13th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar , 2003年10月, 招待, 英語, Hiroshima (Japan)
  790. 胃腺癌及び腺腫におけるCaveolin-1の発現, 安井 弥、伊藤玲子、大上直秀、吉田和弘、中山宏文, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  791. 胃癌間質血管中膜周囲におけるCD34 陽性間質細胞(CD34陽性線維芽細胞様細胞) の分布, 中山宏文、円山英昭、黒田直人、本下潤一、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  792. 胃癌におけるCbIの発現とEGFR発現との相関, 伊藤玲子、吉田和弘、小田典子、中山宏文、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  793. SAGE法により同定された胃癌高発現遺伝子RegIVの発現解析と機能解析, 大上直秀、三谷佳嗣、濱井洋一、小西和男、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  794. 胃癌におけるHER2transmembrane domain cSNPの臨床病理学的検討, 倉岡和矢、松村俊二、濱井洋一、中地 敬、今井一枝、松崎圭祐、大上直秀、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  795. 早期・進行期分化型胃癌における胃型・腸型形質と増殖関連因子発現との関係, 本下潤一、伊藤玲子、松崎圭祐、湧川温子、谷山清己、中山宏文、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  796. ヒト胃癌におけるpot1遺伝子の発現解析とその意義, 近藤丈博、大上直秀、松谷憲政、松崎圭祐、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  797. 胃癌におけるRUNX3 のプロモーター領域のメチル化と発現抑制, 大下恭弘、大上直秀、三谷佳嗣、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  798. ヒト胃癌におけるVEGF -C遺伝子プロモーター領域のメチル化の検討, 松村俊二、大上直秀、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  799. 胃癌におけるHLT遺伝子のメチル化とヒストン脱アセチル化による発現抑制, 濱井洋一、伊藤玲子、横崎 宏、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  800. 胃癌におけるp21の発現と転写調節領域のヒストンH3, H4のアセチル化との相関, 三谷佳嗣、大上直秀、倉岡和矢、石川武憲、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  801. 胃癌におけるEGF遺伝子プロモーターのSNP(single nucleotide polymorphism) の検討, Aung Phyu Phyu、濱井洋一、松村俊二、倉岡和矢、大上直秀、北台靖彦、吉田和弘、山口佳之、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  802. ヒト胃癌におけるPINX1遺伝子の発現解析と臨床病理学的検討, 小西和男、近藤丈博、大上直秀、松谷憲政、伊藤玲子、松崎圭祐、中山宏文、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  803. 胃癌細胞のイレッサによる増殖抑制, 吉田和弘、田辺和照、藤井大輔、峠 哲哉、大上直秀、安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  804. 口腔扁平上皮癌細胞株の抗癌剤耐性獲得とCOX-2の発現, 小野重弘、中川裕之、杉山勝、安井 弥、石川武憲, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 20030925
  805. 大腸癌患者におけるhypoxia-inducible factor (HIF) -1 αのSNP (single nucleotide polymorphism) の検討, 桑井寿雄、北台靖彦、田中信治、黒田 剛、梢成大、木村茂、小野川 靖二、松村俊二、大上直秀、安井 弥、谷木圭司、西山正彦、茶山一彰, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  806. SAGE法により同定された胃癌特異的高発現遺伝子Reg IVの発現解析と機能解析, 大上直秀、三谷佳嗣、濱井洋一、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第14回日本消化器癌発生学会総会, 2003年09月11日, 通常, 日本語, 金沢
  807. ヒト胃癌おけるMMP-9遺伝子プロモーター領域のSNP (single nucleotide polymorphism) の解析, 松村俊二、大上直秀、濱井洋一、倉岡和矢、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第14回日本消化器癌発生学会総会, 2003年09月11日, 通常, 日本語, 金沢
  808. 胃癌におけるHLTF遺伝子のメチル化とヒストン脱アセチル化による発現抑制, 濱井洋一、大上直秀、三谷佳嗣、伊藤玲子、中山宏文、松崎圭祐、吉田和弘、峠 哲哉、安井 弥, 第14回日本消化器癌発生学会総会, 2003年09月11日, 通常, 日本語, 金沢
  809. モーニングセッション臓器がんシリーズ:胃癌の病因・病態の分子病理学的探索と臨床応用, 安井 弥, 第62回日本癌学会総会, 2003年09月, 招待, 日本語, 名古屋
  810. Molecular pathology of gastrointestinal carcinoma: Epigenetic alterations and its diagnostic application, 安井 弥, 国際協力事業団 (JICA) 第2回「早期食道胃大腸癌の病理組織診断(中南米)」コース、特別講演「消化管癌の分子病理学」, 2003年09月, 招待, 日本語, 広島
  811. Expression of Cbl and its correlation with EGFR expression in gastric carcinomas, Ito R, Oue N, Kuraoka K, Yoshida K, Nakayama H and Yasui W, The 94th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2003年07月11日, 通常, 英語, Washington, D.C. (USA)
  812. Helicobacter pylori infection enhances gene expression related to angiogenesis and invasion by human gastric carcinoma cells, Kitadai Y, Sasaki a, Tanaka S, Oue N, Yasui W and Chayama K, The 94th Annual Meeting of the American Association for cancer Research, 2003年07月11日, 通常, 英語, Washington, D.C. (USA)
  813. 胃癌におけるosteoprotegerin (OPg) の発現および浸潤・転移との関連, 伊藤玲子、松村俊二、吉田和弘、中山宏文、安井 弥, 第12回日本がん転移学会学術集会, 2003年06月27日, 通常, 日本語, 金沢
  814. 胃癌におけるosteoprotegerinの発現とその進展への役割, 伊藤玲子、吉田和弘、松崎圭祐、Aung Phyu Phyu、中山宏文、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語
  815. 胃癌におけるCblおよびEGFRの発現とその相関, 伊藤玲子、吉田和弘、北台靖彦、中山宏文、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語, 福岡
  816. 胃癌におけるthrombospondinの発現と血管新生との関連, 伊藤玲子、張杰、本下潤一、大上直秀、北台靖彦、中山宏文、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語, 福岡
  817. 胃癌のおけるnm23のプロモーター領域のヒストンアセチル化の解析, 大上直秀、三谷佳嗣、中山宏文、伊藤玲子、松村俊二、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語, 福岡
  818. HER2 SNPの胃癌患者及び健常人における臨床病理学的検討, 倉岡和矢、松村俊二、濱井洋一、大上直秀、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語, 福岡
  819. 高分化胃癌における胃型・腸型形質とDNAメチル化、増殖関連因子発現との関係, 本下潤一、大上直秀、伊藤玲子、松崎圭祐、湧川温子、谷山清己、中山宏文、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語
  820. ヒト胃癌におけるpot1遺伝子の発現解析とその意義, 近藤丈博、大上直秀、松谷憲政、伊藤玲子、松崎圭祐、中山宏文、安井 弥:ヒト胃癌におけるpot1遺伝子の発現解析とその意義。, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語
  821. ヒト胃癌におけるPinX1遺伝子の発現解析と臨床病理学的検討, 近藤丈博、大上直秀、松谷憲政、伊藤玲子、松崎圭祐、中山宏文、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語, 福岡
  822. 胃癌のおけるRUNX3のプロモーター領域のメチル化と発現抑制, 大下恭弘、大上直秀、三谷佳嗣、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語, 福岡
  823. 胃癌患者及び健常人におけるMMP-9遺伝子プロモーターのSNP (single nucleotide polymorphism) の解析, 松村俊二、大上直秀、濱井洋一、倉岡和矢、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語, 福岡
  824. 胃癌におけるEGF遺伝子プロモーターのSNP (single nucleotide polymorphism) の検討, 濱井洋一、大上直秀、松村俊二、倉岡和矢、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語, 福岡
  825. 胃癌におけるp21 の発現と転写調節領域のヒストンH3, H4のアセチル化との相関, 三谷佳嗣、大上直秀、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年04月23日, 通常, 日本語, 福岡
  826. 網羅的遺伝子発現解析-特にSAGE法-を用いたがんのmorphological genomics, 安井 弥, 第6回IFN治療研究会, 2003年04月, 招待, 日本語, 広島
  827. SELEX法によるTGF -beta受容体DNA拮抗分子の体系的検索, 朱 旭東、伊藤玲子、大上直秀、安井 弥, 日中医学協会第11期特別研究者研究報告会, 2003年03月14日, 通常, 日本語
  828. 消化管癌間質の血管中膜周囲におけるCD34陽性間質細胞(CD34陽性線維芽細胞様幹細胞), 中山宏文、円山英昭、弘井誠、黒田直人、戸井慎、清久泰司、大上直秀、伊藤玲子、安井 弥, 第92回日本病理学会総会, 2003年03月14日, 通常, 日本語, 東京
  829. Recent advances in molecular carcinogenesis, 安井 弥, 第3回胃癌の多様性に関する研究会, 2003年03月, 招待, 日本語, 東京
  830. 胃癌におけるosteoprotegerin (OPg ) の発現とその意義, 伊藤玲子、松村俊二、倉岡和矢、本下潤一、中山宏文、安井 弥, 第75回日本胃癌学会総会, 2003年02月06日, 通常, 日本語, 東京
  831. 胃癌のリスクファクター:家族歴・体質-geneticな視点から-, 安井 弥, 第1回胃癌のリスクファクター研究会, 2002年12月, 招待, 日本語, 東京
  832. DNAチップ等による網羅的遺伝子発現解析とそのがん研究への応用, 安井 弥, ひろしまバイオフォーラム2002, 2002年12月, 招待, 日本語, 広島
  833. Expression of RhoC is associated with metastasis of gastric carcinomas, Kondo T, Sentani K, Oue N, Matsumura S, Ito R, Nakayama H and Yasui W, The 12th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2002年11月10日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  834. Expression of PRL-3, a metastasis related phosphatase gene, in human gastric carcinomas, Yokozaki H, Oue N, Maskad UA, Kato H Matsumoto N, Semba S and Yasui W, The 12th international Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2002年11月10日, 通常, 英語, Hiroshima (Japan)
  835. 胃癌におけるメチル化のパターンと組織型との関連について, 安井 弥、中山宏文、伊藤玲子、本下潤一、仙谷和弘、大上直秀, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  836. ヒト胃癌の増殖パターン別にみた間質細胞の平滑筋形質, 中山宏文、円山英昭、安井 弥, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  837. 胃癌においてヒストンアセチル化により発現が制御されている遺伝子群の解析, 大上直秀、三谷佳嗣、中山宏文、伊藤玲子、仙谷和弘、本下潤一、安井 弥, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  838. 胃癌患者及び健常人におけるHER2遺伝子多型の臨床病理学的検討, 倉岡和矢、松村俊二、濱井洋一、大上直秀、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  839. 高分化胃癌における胃型・腸型形質発現とgenetic, epigenetic alteration との関連, 本下潤一、大上直秀、伊藤玲子、松崎圭祐、湧川温子、谷山清己、中山宏文、安井 弥, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  840. ヒト胃癌におけるPot1遺伝子の発現解析, 近藤丈博、大上直秀、松谷憲政、伊藤玲子、松崎圭祐、横崎 宏、安井 弥, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  841. 胃癌におけるcyclin D2のプロモーター領域のメチル化とその意義, 大下恭弘、大上直秀、近藤丈博、本下潤一、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  842. 胃癌患者におけるMMP-1のSNP (single nucleotide polymorphism) の検討, 松村俊二、大上直秀、倉岡和矢、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  843. 胃癌におけるMMP-9遺伝子プロモーターのSNP (single nucleotide polymorphism) の解析, 井洋一、松村俊二、大上直秀、倉岡和矢、伊藤玲子、中山宏文、安井 弥, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  844. ヒト胃癌におけるRhoCの発現と浸潤・転移への関与, 三谷佳嗣、近藤丈博、仙谷和弘、大上直秀、国安弘基、伊藤玲子、横崎 宏、安井 弥, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語
  845. ヒト胃癌における転移関連フォスファターゼ遺伝子PRL3の発現, 横崎 宏、大上直秀、安井 弥, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  846. 胃癌におけるPPAR gammaの意義, 吉田和弘、田辺和照、藤井大輔、大上直秀、安井 弥、峠 哲哉, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  847. 口腔癌の発生と進展におけるMGMTのメチル化の関与, 小野重弘、杉山勝、大上直秀、安井 弥、石川武憲, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  848. ヒト胃癌と口腔癌におけるChk 1, Chk 2遺伝子の発現解析, 重石英生、大上直秀、横崎 宏、杉山勝、安井 弥、石川武憲, 第61回日本癌学会総会, 2002年10月01日, 通常, 日本語, 東京
  849. Dimethylnitrosamine(DMH)1回大量投与ラットの壊死肝組織における類洞の再形成と浸潤mast cellの相関, 金玉蘭、林芳弘、宮嵜恵利子、張彦虎、戸井慎、黒田直人、郭麗梅、弘井誠、中山宏文、円山英昭, 第34回日本臨床電子顕微鏡学会総会, 2002年09月27日, 通常, 日本語, 札幌
  850. Altered histone acetylation and gene expression in gastrointestinal cancer, 安井 弥, "RERF (Radiation Effects Research Foundation) Lecture, Special lecture", 2002年09月, 招待, 英語, 広島
  851. 消化器疾患の遺伝子診断-現状と展望-, 安井 弥, 第163回佐伯臨床研修会, 2002年09月, 招待, 日本語, 広島
  852. 消化管の病理組織に対する遺伝子診断, 安井 弥, 日本臨床衛生検査技師会第28回形態検査部門研修会, 2002年08月, 招待, 日本語, 広島
  853. 胃癌におけるIntegrin-linked kinase (ILK) の発現および浸潤・転移との相関, 伊藤玲子、大上直秀、吉田和弘、横崎 宏、安井 弥, 第11回日本がん転移学会総会, 2002年06月06日, 通常, 日本語, 東京
  854. がんの遺伝子診断の臨床運用-広島市における実践と今後の展望-, 安井 弥, 第20回日本脳腫瘍病理学会, 2002年05月, 招待, 日本語, 広島
  855. Vascular endothelial growth factor-C expression predicts lymph node metastasis of human gastric carcinomas invading the submucosa, Kitadai Y, Amioka T, Tanaka S, Akagi M, Yasui W and Chayama K, The 93rd Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2002年04月06日, 通常, 英語, San Francisco, California (USA)
  856. 高頻度マイクロサテライト不安定性胃癌の分子病理学的解析, 横崎 宏、大上直秀、本下潤一、仙谷和弘、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  857. ヒト胃癌組織におけるIntegrin-linked kinase(ILK) の発現及び悪性度への影響, 伊藤玲子、倉岡和矢、横崎 宏、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  858. ヒト胃癌におけるMaspinの発現とその役割。第91回日本病理学会総会, 伊藤玲子、大上直秀、横崎 宏、安井 弥, 伊藤玲子、倉岡和矢、横崎 宏、安井 弥:ヒト胃癌組織におけるIntegrin-linked kinase(ILK) の発現及び悪性度への影響。第91回日本病理学会総会。3月26-28日、横浜、2002, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  859. 胃癌におけるメチル化のパターンと組織型との関連について, 大上直秀、重石英生、谷山清己、松崎圭祐、横崎 宏、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  860. 胃癌におけるAmphiregulinの発現とそのプロモーター領域におけるヒストンH4のアセチル化についての検討, 大上直秀、小野重弘、倉岡和矢、近藤丈博、横崎 宏、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  861. 胃癌におけるRAR-betaのメチル化とnm23との関連についての検討, 大上直秀、大下恭弘、松村俊二、近藤丈博、横崎 宏、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  862. 胃癌及び非胃癌症例におけるE-cadherin promoter region のSNPの臨床病理学的解析, 倉岡和矢、大上直秀、横崎 宏、國安弘基、北台靖彦、松谷憲政、伊藤玲子、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  863. 高分化型胃癌における胃型・腸型形質とgenetic, epigenetic alteration との関連, 本下潤一、大上直秀、伊藤玲子、北台靖彦、國安弘基、松崎圭祐、横崎 宏、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  864. ヒト胃癌におけるPot1遺伝子の発現解析, 近藤丈博、大上直秀、松谷憲政、伊藤玲子、松崎圭祐、横崎 宏、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  865. ヒト胃癌におけるRhoCの発現と浸潤・転移への関与, 近藤丈博、仙谷和弘、大上直秀、國安弘基、伊藤玲子、横崎 宏、安井 弥, 第91回日本病理学会総会。, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  866. 胃癌におけるcyclin D2のプロモーター領域のメチル化は腫瘍のステージと逆相関する, 大下恭弘、大上直秀、横崎 宏、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  867. 胃癌患者及び健常人におけるMMP-1のSNP(single nucleotide polymorphism) 解析, 松村俊二、大上直秀、倉岡和矢、横崎 宏、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  868. 潰瘍性大腸炎におけるMGMTのプロモーター領域のメチル化と発癌について, 松村俊二、大上直秀、横崎 宏、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  869. 胃腸上皮化生粘膜におけるtelomere volume の減少, 國安弘基、堤雅弘、北台靖彦、三重野寛、吉田和弘、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  870. 胃癌におけるFHIT(fragile histidine triad) の発現異常の解析, 藤本淳也、有廣光司、國安弘基、横崎 宏、大上直秀、小関萬里、中場寛行、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  871. PIVKA-II生産を伴う胃原発hepatoid carcinomaの一例, 湧川温子、大上直秀、本下潤一、仙谷和弘、横崎 宏、安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  872. Altered histone acetylation and gene expression in human cancers, 安井 弥, "NCI Special Meeting ""Epigenetic Mechanisms in Human Disease""", 2002年03月, 招待, 英語, Bethesda, Maryland (USA)
  873. 明日の病理学-分子と人体の対話:分子と人体の対話としての分子病理診断, 安井 弥, 第91回日本病理学会総会, 2002年03月, 招待, 日本語, 横浜
  874. 形態と遺伝子の対話-生検における分子病理情報-, 安井 弥, 安芸学術講演会(安芸地区医師会), 2002年02月, 招待, 日本語, 広島
  875. 4型胃癌の発生・進展の分子基盤, 安井 弥, 第15回神奈川術後代謝栄養研究会, 2002年01月, 招待, 日本語, 横浜
  876. 生検情報と癌治療:基調報告「生検におけるがんの分子病態情報の把握」, 安井 弥, 第39回日本癌治療学会総会, 2001年11月, 招待, 日本語, 広島
  877. 胃癌におけるMGMTのメチル化とその意義, 安井 弥、國安弘基、横崎 宏、倉岡和矢、重石英生、大上直秀, 第60回日本癌学会総会, 2001年09月26日, 通常, 日本語, 横浜
  878. 高頻度マイクロサテライト不安定性胃腫瘍の分子病理学的解析, 横崎 宏、大上直秀、本下潤一、仙谷和弘、大下恭弘、安井 弥, 第60回日本癌学会総会, 2001年09月26日, 通常, 日本語, 横浜
  879. 胃癌組織におけるIntegrin-linked kinase(ILK) の発現とその影響, 伊藤玲子、井山禎之、大上直秀、横崎 宏、安井 弥, 第60回日本癌学会総会, 2001年09月26日, 通常, 日本語, 横浜
  880. RAGEとそのリガンドamphoterinのヒト大腸癌における発現と浸潤・転移能との関連, 仙谷和弘、國安弘基、大上直秀、伊藤玲子、横崎 宏、安井 弥, 第60回日本癌学会総会, 2001年09月26日, 通常, 日本語, 横浜
  881. 胃癌におけるTHBS1のメチル化とその意義, 本下潤一、大上直秀、國安弘基、横崎 宏、倉岡和矢、安井 弥, 第60回日本癌学会総会, 2001年09月26日, 通常, 日本語, 横浜
  882. Single nucleotide polymorphism:胃癌におけるE-cadherin promoterのSNP (single nucleotide polymorphism)の臨床病理学的検討, 倉岡和矢、大上直秀、横崎 宏、國安弘基、北台靖彦、安井 弥, 第12回日本消化器癌発生学会, 2001年09月, 通常, 日本語, 東京
  883. 病理学の挑戦-悪性化ならびに転移の病態の把握に向けて:消化管がんの病態把握から診断への応用に向けて, 安井 弥、大上直秀、伊藤玲子、國安弘基、横崎 宏, 第60回日本癌学会総会, 2001年09月, 招待, 日本語, 横浜
  884. 病理診断 vs 遺伝子診断-分子病理学の挑戦-, 安井 弥, 第145回火曜会(広島大学第一内科開業医会)学術講演会, 2001年09月, 招待, 日本語, 広島
  885. RAGEのヒト胃癌における浸潤能との関連, 國安弘基、大上直秀、倉岡和矢、横崎 宏、安井 弥, 第10回日本がん転移学会総会, 2001年06月14日, 通常, 日本語, 徳島
  886. 胃癌の発生・進展におけるジェネティクスとエピジェネティクス, 安井 弥, 第6回癌と遺伝子大分外科フォーラム, 2001年06月, 招待, 日本語, 大分
  887. 腫瘍血管新生の分子機構と意義:ヒト食道癌におけるVEGF-Cの発現とその臨床的意義, 北台靖彦、網岡 徹、田中信治、春間 賢、安井 弥、茶山一彰, 第10回日本がん転移学会総会, 2001年06月, 通常, 日本語, 徳島
  888. 胃癌の発生と進展の分子基盤と分子病理診断, 安井 弥, 中国労災病院学術講演会, 2001年05月, 招待, 日本語, 呉市
  889. 胃癌におけるMBD4遺伝子異常の解析, 横崎 宏、大上直秀、倉岡和矢、湧川温子、安井 弥, 第90回日本病理学会総会, 2001年04月05日, 通常, 日本語, 東京
  890. RAGEのヒト胃癌における浸潤能との関連, 國安弘基、大上直秀、湧川温子、横崎 宏、安井 弥, 第90回日本病理学会総会, 2001年04月05日, 通常, 日本語, 東京
  891. 胃癌及び腸上皮化生におけるMGMTとhMLH1のCpGメチル化その発現, 大上直秀、横崎 宏、國安弘基、北台靖彦、重石英生、安井 弥, 第90回日本病理学会総会, 2001年04月05日, 通常, 日本語, 東京
  892. ヒト胃癌におけるChk1及びChk2遺伝子の発現解析, 重石英生、横崎 宏、國安弘基、大上直秀、石川武憲、安井 弥, 第90回日本病理学会総会, 2001年04月05日, 通常, 日本語, 東京
  893. 癌患者及び健常人におけるE-Cadherin gene promoter region のSNP解析, 倉岡和矢、大上直秀、横崎 宏、國安弘基、北台靖彦、安井 弥, 第90回日本病理学会総会, 2001年04月05日, 通常, 日本語, 東京
  894. Molecular mechanism of gastrointestinal carcinogenesis and its application to Molecular diagnosis, 安井 弥, The 5th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society, 2001年04月, 招待, 英語, Taipei (Chinese Taipei)
  895. がんの発生・進展の新展開:テロメア・テロメラーゼとがん, 安井 弥、松谷憲政、國安弘基、横崎 宏, 第90回日本病理学会総会, 2001年04月, 招待, 日本語, 東京
  896. Interleukin-15 expression is associated with malignant potential in colon cancer cells, Kuniyasu H, Oue N, Fujimoto J, Yokozaki H and Yasui W, The 92nd Annual Meeting of The American Association for Cancer Research, 2001年03月24日, 通常, 英語, New Orleans, Louisiana (USA)
  897. CpG island methylation of hMLH1, p16, E-cadherin and MGMT and the expression of DNA methyltransferase and demethylase in gastric carcinomas, Oue N, Kuniyasu H, Yokozaki H, Fujimoto J, Kuraoka K and Yasui W, The Fifth Joint Conference of the American association for Cancer Research and the Japanese Cancer Association, 2001年02月12日, 通常, 英語, Maui, Hawaii (USA)
  898. 消化管癌の悪性度に関する分子病理と分子診断, 安井 弥, 第4回九州がんフォーラム「がんの悪性度を特徴づける分子標的と病態」, 2001年02月, 招待, 日本語, 福岡
  899. Practical molecular-pathological diagnosis of gastrointestinal tumors, 安井 弥, The 7th International Symposium of the Aichi Cancer Center, 2001年01月, 招待, 英語, Nagoya (Japan)
  900. 大腸粘膜、腺腫および大腸癌におけるアセチル化ヒストンH4の発現と意義, 倉岡和矢、小野重弘、大上直秀、田原榮一、安井 弥, 第58回日本癌学会総会, 2000年10月04日, 通常, 日本語, 横浜
  901. 口腔癌培養株の細胞増殖と浸潤能に対するトリコスタチンAの効果, 鈴木哲夫、小野重弘、中川裕之、國安弘基、横崎 宏、田原榮一、安井 弥、石川武憲, 第58回日本癌学会総会, 2000年10月04日, 通常, 日本語, 横浜
  902. リンパ節転移早期胃癌における臨床病理学的因子とp27Kip1発現, 松崎圭祐、戸田智博、川野豊一、南園義一、長崎進、安井 弥, 第58回日本癌学会総会, 2000年10月04日, 通常, 日本語, 横浜
  903. Molecular-pathological diagnosis system using routine histopathology specimens, 安井 弥, The 10th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar, 2000年10月, 招待, 英語, 広島
  904. 難治性がん What Why How:スキルス胃癌の病理学的特性, 安井 弥, 第59回日本癌学会総会, 2000年10月, 招待, 日本語, 横浜
  905. Molecular diagnosis of gastrointestinal tumors, Yokozaki H and Yasui W, The 22nd International Congress of the International Academy of Pathology, 2000年10月, 招待, 英語, Nagoya (Japan)
  906. Molecular-pathological apects of stomach carcinogenesis and its application to molecular diagnosis, 安井 弥, The 22nd International Congress of the International Academy of Pathology, 2000年10月, 招待, 英語, Nagoya (Japan)
  907. 大腸癌転移における周囲過形成性粘膜の役割, 國安弘基、横崎 宏、安井 弥, 第11回日本消化器癌発生学会総会, 2000年09月07日, 通常, 日本語, 米子
  908. 分子病理学の消化管癌診断への応用, 安井 弥, 第2回腫瘍分子生物学セミナー, 2000年09月, 招待, 日本語, 大阪
  909. 癌という病気, 安井 弥, 2000エソールふれあいフォーラム「生活習慣病を知ろう」, 2000年08月, 招待, 日本語, 広島
  910. 遺伝子解析を用いた早期胃癌の悪性度診断, 安井 弥, 神戸消化管第59回土曜会, 2000年07月, 招待, 日本語, 神戸
  911. 細胞周期調節因子の異常と分子病理診断へのアプローチ, 安井 弥, シスメックス中央研究所研修会, 2000年06月, 招待, 日本語, 神戸
  912. 日本における胃癌病理学研究の歩みと業績:胃癌の遺伝子研究.客観的に表現してもらうには, 安井 弥, 第72回日本胃癌学会総会, 2000年02月, 招待, 日本語
  913. 日本における胃癌病理学研究の歩みと業績:胃癌の遺伝子研究.客観的に表現してもらうには, 安井 弥, 第72回日本胃癌学会総会, 2000年02月, 招待, 日本語
  914. 大腸癌の臨床分子病理学, 安井 弥, 第16回広島早期大腸癌研究会, 1999年11月, 招待, 日本語
  915. 胃癌のEMR後の遺残再発をめぐって?遺伝子学的見地から?, 安井 弥, 第180回兵庫県消化管研究会, 1999年11月, 招待, 日本語
  916. 前立腺癌の生物学的特性と診断・治療の進歩:MMP/E?カドヘリン比及びVEGF/VPF発現による前立腺癌の悪性度診断, 安井 弥, 第58回日本癌学会総会, 1999年09月, 招待, 日本語
  917. 遺伝子診断:病理検体を用いた遺伝子診断システム, 安井 弥, 第58回日本癌学会総会, 1999年09月, 招待, 日本語
  918. Growth inhibition by retinoic acid and its molecular mechanism in oral carcinoma cells, 安井 弥, The 4th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society, 1999年08月, 招待, 英語
  919. 分子生物学的知見と胃癌治療:胃腫瘍多発の分子マーカーとしてのマイクロサテライト, 安井 弥, 第71回日本胃癌学会, 1999年06月, 招待, 日本語
  920. がんの遺伝子診断・治療の最前線:がんの遺伝子診断, 安井 弥, 第48回日本臨床衛生検査学会, 1999年05月, 招待, 日本語
  921. Molecular mechanism of gastric carcinogenesis and molecular diagnosis, 安井 弥, The 3rd International Gastric Cancer Congress, 1999年04月, 招待, 英語
  922. Recent advances in molecular mechanisms of human stomach carcinogenesis, 安井 弥, The Second International Conference on Gastroenterological Carcinogenesis, 1999年03月, 招待, 英語
  923. 内視鏡検査における分子生物学的診断, 安井 弥, 第12回日本消化器内視鏡学会近畿セミナー, 1999年02月, 招待, 日本語
  924. Gastric Carcinoma - State of the Art -: Genetic and epigenetic alterations in multistep carcinogenesis of the stomach, 安井 弥, "International Symposium-4, The Centennial Anniversary Meeting of the Japanese Society of Gastroenterology", 1998年10月, 招待, 英語
  925. Genetic and epigenetic alterations in gastric cancer. Application to molecular diagnosis, 安井 弥, The 17th International Cancer Congress, 1998年08月, 招待, 英語
  926. がん転移研究の基礎と臨床の接点?基礎研究の成果はどこまで臨床応用されているか?:がん転移における細胞周期調節因子の臨床的意義, 安井 弥, 第7回がん転移研究会, 1998年07月, 招待, 日本語
  927. 胃癌の生物学的特性を支配する遺伝子変化:スキルス胃癌で増幅している遺伝子、K-sam遺伝子, 安井 弥, 第70回日本胃癌学会総会, 1998年06月, 招待, 日本語
  928. 消化管癌の生検・手術検体に対する分子病理診断, 安井 弥, 関東逓信病院 第363回総合臨床懇話会, 1998年05月, 招待, 日本語
  929. 病理形態と遺伝子変化との接点:胃癌における形態と遺伝子異常?その診断への応用?, 安井 弥, 第87回日本病理学会総会, 1998年04月, 招待, 日本語
  930. Future directions: Molecular diagnosis of gastric cancer - Malignant potential -, 安井 弥, The 11th International Symposium of the Foundation for Promotion of Cancer Research ''Basic and Clinical Research in Gastric Cancer', 1998年04月, 招待, 英語
  931. Can we regard intestinal metaplasia as a premalignant condition?: From genetic basis, 安井 弥, The 11th International Symposium of the Foundation for Promotion of Cancer Research ''Basic and Clinical Research in Gastric Cancer', 1998年04月, 招待, 英語
  932. 胃癌の分子病理と遺伝子診断, 安井 弥, 第21回「胃を考える会」, 1997年11月, 招待, 日本語
  933. 消化管の生検・手術検体に対する分子病理診断, 安井 弥, 第43回日本病理学会秋期特別総会, 1997年11月, 招待, 日本語
  934. Molecular diagnosis of early gastric cancer, 安井 弥, Special Lecture: The 8th Annual Meeting of the Korea University Cancer Research Instititue, 1997年11月, 招待, 英語
  935. 癌の遺伝子診断:消化管腫瘍性病変に対する遺伝子診断の実践, 安井 弥, 第56回日本癌学会総会, 1997年09月, 招待, 日本語
  936. 早期大腸癌の病理診断と取扱い?その進歩?:遺伝子解析を応用した組織診断(基準)と取扱い, 安井 弥, 第86回日本病理学会総会, 1997年06月, 招待, 日本語
  937. 消化管癌における遺伝子異常とそれを応用した遺伝子診断の実際, 安井 弥, 防府市医師会学術講演会, 1997年05月, 招待, 日本語
  938. 癌関連遺伝子の臨床への応用:消化器がんの遺伝子診断, 安井 弥, 第8回日本臨床腫瘍研究会, 1997年02月, 招待, 日本語
  939. 消化器癌の遺伝子診断の実際, 安井 弥, 京都大学大学院医学研究科、腫瘍生物学特別セミナー, 1997年02月, 招待, 日本語
  940. ここまできた消化器疾患の治療:胃癌縮小手術への病理からの提言?遺伝子診断の立場から?, 安井 弥, 第49回広島医学会総会, 1996年11月, 招待, 日本語
  941. 細胞増殖・細胞周期:大腸腺腫および腺癌におけるCDK inhibitor p21WAF1/CIP1の発現とp53との関係, 安井 弥, 第55回日本癌学会総会, 1996年10月, 招待, 日本語
  942. がん抑制遺伝子:若年者胃癌における17q21染色体領域(BRCA1)の欠失, 安井 弥, 第55回日本癌学会総会, 1996年10月, 招待, 日本語
  943. Practical molecular diagnosis on gastrointestinal biopsies, 安井 弥, The First International Conference on Gastroenterological Carcinogenesis, 1996年10月, 招待, 英語
  944. 胃癌発生の分子機構とそれを応用した分子病理診断, 安井 弥, 第440回広島レントゲンアーベント, 1996年09月, 招待, 日本語
  945. がんにおける遺伝子異常とその診断への応用, 安井 弥, 広島市医師会第63回学術講演会, 1996年07月, 招待, 日本語
  946. 胃癌の発生進展の分子機構とその診断への応用, 安井 弥, 第4回上部消化管疾患研究会, 1996年05月, 招待, 日本語
  947. アポトーシスと疾患 I:ヒト胃癌におけるインターフェロン誘導遺伝子6-16によるアポトーシスの抑制, 安井 弥, 第85回日本病理学会総会, 1996年04月, 招待, 日本語
  948. 細胞周期と細胞増殖:胃癌および大腸癌におけるCyclin E遺伝子の増幅と過剰発現, 安井 弥, 第85回日本病理学会総会, 1996年04月, 招待, 日本語
  949. 病理診断における遺伝子診断 II:消化管の病理組織検体に対する遺伝子診断の実践, 安井 弥, 第85回日本病理学会総会, 1996年04月, 招待, 日本語
  950. 癌の分子生物学的診断, 安井 弥, 日本外科学会第49回卒後教育セミナー, 1996年04月, 招待, 日本語
  951. 癌細胞の増殖と間質との相互作用, 安井 弥, 第2回大分外科侵襲懇話会, 1996年02月, 招待, 日本語
  952. 多段階発がんの遺伝子機構:胃癌の多段階発癌, 安井 弥, 第54回日本癌学会総会, 1995年10月, 招待, 日本語
  953. 遺伝子異常と癌の病態:胃癌における肝細胞増殖因子・c-met系の異常, 安井 弥, 第84回日本病理学会総会, 1995年04月, 招待, 日本語
  954. 胃癌リンパ行性進展の基礎:胃生検組織検体に対する分子病理診断の実践, 安井 弥, 第64回胃癌研究会, 1995年03月, 招待, 日本語
  955. Molecular biology of stomach cancer and its application to molecular diagnosis, 安井 弥, "Special lecture at the Institute of Pathology, University of Erlangen-Nurnberg", 1995年03月, 招待, 英語
  956. 消化器癌発生の分子機構, 安井 弥, 名古屋市立大学病理学セミナー, 1994年07月, 招待, 日本語
  957. 転移研究を臨床から振り返る?遺伝子と転移?:各種がんにおける転移関連遺伝子nm23の発現とその意義, 安井 弥, 第3回がん転移研究会, 1994年03月, 招待, 日本語
  958. 細胞の増殖と死に関する最近のトピックス:癌細胞の増殖に関わる増殖因子・レセプターの発現調節機構, 安井 弥, 第83回日本病理学会総会, 1994年03月, 招待, 日本語
  959. 分子生物学の臨床応用と今後の展望:癌の分子病理学的診断の実践医療への導入, 安井 弥, 第46回広島医学会総会, 1993年11月, 招待, 日本語
  960. 癌の遺伝子診断:消化管癌の遺伝子診断, 安井 弥, 第40回日本臨床病理学会総会, 1993年10月, 招待, 日本語
  961. GC factor represses transcription of growth factor/receptor systems and causes growth inhibition of gastric cancer cells, 安井 弥, The Third International Symposium of Hiroshima Cancer Seminar ''Tumor Suppressor Gene'', 1993年10月, 招待, 英語
  962. Molecular basis of stomach carcinogenesis, 安井 弥, WHO-CC 10th International Seminar and Workshop and 5th General Meeting, 1993年09月, 招待, 英語
  963. Gene alterations in intestinal metaplasia and gastric cancer, 安井 弥, International Symposium on Helicobacter pylori and its disease, 1993年09月, 招待, 英語
  964. がん細胞増殖の調節:ヒト胃癌におけるIL-1aの増殖因子/受容体系遺伝子の発現に及ぼす影響, 安井 弥, 第82回日本病理学会総会, 1993年04月, 招待, 日本語
  965. 癌の遺伝子異常と臨床応用への展望, 安井 弥, 第86回内科臨床談話会, 1993年03月, 招待, 日本語
  966. 胃癌におけるGC結合性転写因子の増殖因子/受容体系遺伝子の発現および細胞増殖に及ぼす効果, 安井 弥, 癌ミニシンポジウム”癌増殖と転移”, 1992年10月, 招待, 日本語
  967. 癌転移の分子機構とその制御:ヒト食道癌、胃癌、大腸癌における転移関連遺伝子と悪性化, 安井 弥, 1992年度日本癌学会シンポジウム, 1992年07月, 招待, 日本語
  968. p53 gene abnormalities in human gastric carcinoma, 安井 弥, The Second Joint Meeting of American association for Cancer Research and Japanese Cancer Association, 1992年02月, 招待, 英語
  969. 癌診断:消化器癌のDNA診断について, 安井 弥, 第3回DNA診断フォーラム, 1991年12月, 招待, 日本語
  970. DNA-分子診断の進歩:消化器癌に対する分子病理診断の展開, 安井 弥, 第29回日本癌治療学会総会, 1991年10月, 招待, 日本語
  971. 消化器癌の前癌病変:消化器癌の前癌病変における分子生物学的解析, 安井 弥, 第23回日本医学会総会, 1991年04月, 招待, 日本語
  972. 分子病理学の将来:病理形態診断から分子病理診断へ, 安井 弥, 第5回分子病理学研究会, 1991年01月, 招待, 日本語
  973. 癌遺伝子ないしその産物からみた癌の臨床上の特性:胃癌におけるEpidermal growth factor receptorおよびERBB2遺伝子の発現, 安井 弥, 第28回日本癌治療学会総会, 1990年10月, 招待, 日本語
  974. 癌細胞培養:セリンプロテアーゼインヒビター(TAPP-Br)のヒト胃癌培養細胞に対する増殖抑制効果, 安井 弥, 第2回日本消化器癌発生研究会, 1990年09月, 招待, 日本語
  975. 増殖因子受容体とがん細胞の増殖:がんの増殖、進展と増殖因子受容体のキナーゼ活性, 安井 弥, 第49回日本癌学会総会, 1990年07月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2013年, Distinguished Professor, 広島大学
  2. 2011年03月13日, 広島県医師会代議員永年勤続表彰, 広島県医師会
  3. 2009年11月25日, 広島大学学長表彰, 広島大学, 胃がんのSAGE解析による診断・治療標的の同定
  4. 2008年05月, 日本病理学賞, 日本病理学会, 胃がんのtranscriptome dissection-組織からのシーズの発見とその診断・治療への展開-
  5. 2008年02月, 高松宮妃癌研究基金研究助成金賞, 財団法人高松宮妃癌研究基金, SAGE法とCAST法による消化器癌の新規診断・治療標的の同定
  6. 1997年11月, 日本病理学会学術研究賞, 日本病理学会, 消化管の生検・手術検体に対する分子病理診断
  7. 1995年03月, 第1回国際胃癌学会ポスター賞, 国際胃癌学会, 胃生検組織に対する分子病理診断の実践的研究

取得

  1. 特許権, 特許5055543, 2012年08月10日, 新規癌検出方法、癌検出器具、および癌検出キット
  2. 特許権, 特許5467256, 2014年02月07日, 消化器癌検出用血清腫瘍マーカー、消化器癌検出キット、および消化器癌検出方法

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本学術会議 連携会員, 2017年10月02日, 2023年09月30日, 日本学術会議
  2. 日本学術会議 連携会員, 2006年08月20日, 2008年09月30日, 日本学術会議
  3. 日本病理学会 副理事長, 2016年05月, 2018年05月, 日本病理学会
  4. 日本癌学会 理事, 2014年01月, 2019年12月, 日本癌学会
  5. 日本胃癌学会 理事, 2012年03月, 2019年03月, 日本胃癌学会
  6. 国際消化器発癌学会 理事, 2004年, 2021年03月, 国際消化器発癌学会
  7. 国際胃癌学会 理事, 2016年, 2021年03月, 国際胃癌学会
  8. 日本がん転移学会 評議員, 1998年, 2021年03月, 日本がん転移学会
  9. 公益財団法人広島がんセミナー 専務理事, 2000年06月, 公益財団法人広島がんセミナー
  10. 広島県医療審議会委員, 2014年08月, 広島県
  11. 広島県がん対策推進委員会委員, 2015年11月, 広島県
  12. 広島県死因究明等推進協議会委員長, 2016年09月13日, 広島県
  13. 広島県地域がん登録資料利用審査委員会委員, 2013年04月, 2015年03月, 広島県
  14. がん対策専門委員会委員, 2015年05月, 2017年03月, 広島県地域保健対策協議会
  15. 広島県腫瘍登録委員会委員, 2014年07月, 2016年06月, 広島県医師会
  16. 広島医学会 理事, 2014年04月, 2015年03月, 広島県医師会
  17. NPO法人病理診断の総合力を向上させる会 理事, 2014年04月01日, NOP法人病理診断の総合力を向上させる会
  18. NPO法人総合遠隔医療支援機構 理事, 2012年04月02日, NPO法人総合遠隔医療支援機構
  19. 日本放送協会中国地方放送番組審議会委員, 2015年05月, 2017年04月, NHK広島放送局
  20. 広島地元連絡協議会委員, 2014年04月, 2016年03月, (財)放射線影響研究所

学術会議等の主催

  1. The 10th Kure International Medical Forum, 顧問委員, 2017年07月, 2017年07月
  2. 12th International Gastric Cancer Congress, International Academic Committee member, 2017年04月, 2017年04月
  3. 第89回日本胃癌学会総会, 会長, 2017年03月, 2017年03月
  4. GAP-related Meeting between Hiroshima University and the University of Texas MD Anderson Cancer Center, 組織委員, 2016年07月, 2016年07月
  5. 11th International Gastric Cancer Congress, International Scientific Committee member, 2015年06月, 2015年06月
  6. 第34回札幌がんセミナー国際シンポジウム, 札幌国際がんセミナー国際シンポジウムプログラム委員, 2015年06月, 2015年06月
  7. 第75回日本癌学会学術総会, 第75回日本癌学会学術総会プログラム委員会, 2015年04月, 2016年10月
  8. 第103回日本病理学会総会, 会長, 2014年04月, 2014年04月
  9. 4th JCA-AACR Special Joint Conference, Organizer, 2013年12月, 2013年12月
  10. 第21回日本がん転移学会総会, 会長, 2012年07月, 2012年07月
  11. 第19回日本癌学会市民公開講座, 代表世話人, 2012年06月, 2012年06月
  12. 8th International Symposium on Minimal Residual Cancer, Organizing Committee member, 2011年09月, 2011年09月
  13. 日本病理学会中国四国支部第12回病理学夏の学校, 会長, 2011年08月
  14. The 3rd CREST-SBM International Conference “Mathematical Methods in Cancer Cell Biology”, Organizing Committee member, 2011年06月, 2011年06月
  15. 9th International Gastric Cancer Congress, International Scientific Committee member, 2011年04月, 2011年04月
  16. 第30回日本分子腫瘍マーカー研究会, 当番世話人, 2010年09月, 2010年09月
  17. 第19回広島がんセミナー国際シンポジウム, シンポなど組織委員, 2009年11月, 2009年11月
  18. 第20回日本消化器癌発生学会, 会長, 2009年11月, 2009年11月
  19. 8th International Gastric Cancer Congress, International Scientific Committee member, 2009年06月, 2009年06月
  20. 36th Congress of the International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine, Organizing Committee member, 2008年10月, 2008年10月
  21. 日本病理学会中国四国支部学術集会第95回スライドカンファレンス, 世話人, 2008年02月, 2008年02月
  22. 第6回日本病理学会病理技術講習会, 世話人, 2006年11月
  23. 第1回日本病理学会カンファンレンス, 代表世話人, 2004年07月, 2004年07月
  24. 第23回分子病理学研究会, 会長, 2004年07月
  25. 第58回日本癌学会総会, 大会実行委員長, 1999年09月
  26. 第87回日本病理学会総会, 実務委員長/財務委員長, 1998年04月
  27. 第1回消化器発癌国際会議, 実務委員長, 1996年10月
  28. 国際細胞分化学会第8回国際会議, 地域実務委員会幹事, 1994年10月
  29. 日本胃癌学会第22回市民公開講座, 2017年03月, 2017年03月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 日本胃癌学会第22回市民公開講座, 市民公開講座「これでわかる! 世界トップレベルの胃癌診療」, 日本胃癌学会, 2017年/03月/11日, 2017年/03月/11日, 広島市, 企画, 講演会, 社会人・一般
  2. The 2016 Annual Congress of Korean Surgical Society, 2016年韓国外科学会年次総会, Massage from Japanese Gastric Cancer Association - Cross-disciplinary approach to control gastric cancer in precision medicine:日本胃癌学会からのメッセージ:胃がん征圧のための横断的アプローチ, 韓国外科学会, 2016年/11月/03日, 2016年/11月/05日, ソウル, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 学術団体
  3. 広島の未来をMICEで語る-未来を考える広島市と広島大学との共同シンポジウム, 会議開催事例紹介:学会の誘致・運営と国際化について, 広島市・広島大学, 2015年/08月/18日, 2015年/08月/18日, 広島市, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般
  4. 日本病理学会市民公開講座, 市民公開講座「市民と病理の接点を探るー乳癌の診断と治療を通してー」, 日本病理学会, 2014年/04月/28日, 2014年/04月/28日, 企画, 講演会, 社会人・一般
  5. 県民フォーラム・市民公開講座「広島県のがんにまつわる最近のトピックス」, ついにがん登録を規定する法律ができました, 広島県, 2014年/03月/01日, 2014年/03月/01日, 広島, 講師, 講演会, 社会人・一般
  6. 広島がんサポート・市民公開講座「がんとともに」, 病理診断でわかるがんの実像, 広島がんサポート, 2014年/02月/22日, 2014年/02月/22日, 広島, 講師, 講演会, 社会人・一般
  7. 第10回北海道病理夏の学校, がんの病理組織から新しい診断・治療ターゲットをみつける, 日本病理学会北海道支部, 2013年/07月/06日, 2013年/07月/07日, 札幌市, 講師, 講演会, 大学生
  8. 第85回日本胃癌学会総会教育セミナー, 胃癌の分子・遺伝子を標的とした診断, 日本胃癌学会, 2013年/02月/27日, 2013年/03月/01日, 大阪市, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  9. 第19回日本癌学会市民公開講座, 日本癌学会, 第19回日本癌学会市民公開講座, 2012年/06月/09日, 2012年/06月/09日, 広島市, 企画, 講演会, 社会人・一般
  10. 広島・ホスピスケアをすすめる会第2回がん市民講座, がん細胞の素顔, 広島・ホスピスケアをすすめる会, 2011年/07月/10日, 2011年/07月/10日, 広島, 講師, 講演会, 市民団体
  11. 第50回生命科学夏の学校, 疾患の治療を目指して:オーミクス研究からがんの新しい診断・治療ターゲットをみつける, 生化学若い研究者の会, 2010年/09月/03日, 2010年/09月/05日, 箱根, 講師, 講演会, 研究者
  12. 平成21年度厚生労働省委託事業「がん医療を専門とする医師の学習プログラムeラーニング」、コンテンツ講義, 基礎腫瘍学:項目1 腫瘍生物学, 日本がん治療認定医機構, 2009年/08月/26日, 2009年/08月/26日, 講師, その他
  13. 2008年度日本がん治療認定医機構教育セミナー, がんの生物学, 日本がん治療認定医機構, 2009年/01月/10日, 2009年/01月/10日, 東京, 講師, 講演会
  14. 2007年度第2回日本がん治療認定医機構教育セミナー, がんの生物学, 日本がん治療認定医機構, 2008年/05月/24日, 2008年/05月/24日, 千葉, 講師, 講演会
  15. 2007年度第1回日本がん治療認定医機構教育セミナー, がんの生物学, 日本がん治療認定医機構, 2008年/01月/13日, 2008年/01月/13日, 東京, 講師, 講演会
  16. 日本癌治療学会第13 回教育セミナー, がんの分子診断学, 日本癌治療学会, 2007年/10月/26日, 2007年/10月/26日, 京都, 講師, 講演会, 研究者
  17. 第16回地域がん登録全国協議会総会研究会、市民公開講座「50周年を迎えた広島のがん登録」, がん登録資料はどのように活用されるのか—広島県でがんは増えているのか?—, 地域がん登録全国協議会, 2007年/09月/07日, 2007年/09月/07日, 広島
  18. 第6回日本病理学会病理技術講習会, 組織検体を用いた網羅的分子病理学的解析, 日本病理学会, 2006年/11月/01日, 2006年/11月/20日, 和歌山市, 企画, 講演会, 研究者
  19. 広島県で発生するがんの実態, 広島県医師会, 県民公開講座「みんなで考える、広島県のがん医療」, 2006年/11月, 2006年/11月, 社会人・一般
  20. 臨床腫瘍学の基礎知識:がんの科学的基盤-病理学-, 日本癌治療学会, 日本癌治療学会第12回教育セミナー, 2006年/10月, 2006年/10月, その他
  21. Molecular pathology of gastrointestinal carcinoma: Epigenetic alterations and its diagnostic application, 国際協力事業団 (JICA), 国際消化器病理学研修会 第5回「早期食道・胃・大腸癌の病理組織診断(中南米)」コース, 2006年/09月, 2006年/09月, その他
  22. 第135回広島細胞診研究会・平成18年度日本臨床細胞学会広島県支部細胞検査士会総会, がん関連遺伝子に関する最近の話題−特にエピジェネティクスについて−, 広島細胞診研究会・日本臨床細胞学会広島県支部細胞検査士会, 2006年/04月/09日, 2006年/04月/09日, 広島市, 講師, 講演会, 学術団体
  23. Molecular pathology of gastrointestinal carcinoma: Epigenetic alterations and its diagnostic application, 国際協力事業団 (JICA), 国際消化器病理学研修会 第4回「早期食道・胃・大腸癌の病理組織診断(中南米)」コース, 2005年/09月, 2005年/09月, その他
  24. がん細胞の不思議, NPO法人「がん患者支援ネットワークひろしま」, 平成17年度「市民のためのがん講座」, 2005年/05月, 2005年/05月, 社会人・一般
  25. Molecular pathology of gastrointestinal carcinoma: Epigenetic alterations and its diagnostic application, 国際協力事業団(JICA), 国際消化器病理学研修会 第3回「早期食道・胃・大腸癌の病理組織診断(中南米)」コース, 2004年/09月, 2004年/09月, 研究者
  26. がんの遺伝子解析研究のフロントラインと倫理, 医療と倫理を考える会・広島, 医療と倫理を考える会・広島第24回例会, 2004年/06月, 2004年/06月, その他
  27. Molecular pathology of gastrointestinal carcinoma: Epigenetic alterations and its diagnostic application, 国際協力事業団 (JICA), 国際消化器病理学研修会 第2回「早期食道・胃・大腸癌の病理組織診断(中南米)」コース, 2003年/09月, 2003年/09月, 研究者
  28. DNAチップ等による網羅的遺伝子発現解析とそのがん研究への応用, 広島バイオテクロノジー推進協議会 広島市先端科学技術フォーラム, ひろしまバイオフォーラム2002, 2002年/12月, 2002年/12月, その他
  29. Molecular pathology of gastrointestinal carcinoma: Epigenetic alterations and its diagnostic application, 国際協力事業団 (JICA), 国際消化器病理学研修会 第1回「早期食道・胃・大腸癌の病理組織診断(中南米)」コース, 2002年/09月, 2002年/09月, その他
  30. 第28回形態検査部門研修会, 消化管の病理組織に対する遺伝子診断, 日本臨床衛生検査技師会, 2002年/08月/02日, 2002年/08月/02日, 広島市, 講師, 講演会, 学術団体

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, Pathobiology, 編集長, Editor Far East
  2. 2017年, Cancer Science, 編集員, Associate Editor
  3. 2017年, Pathology International, 編集員, Editorial Board
  4. 2017年, Oncology, 編集員, Editorial Board
  5. 2017年, Japanese Journal of Clinical Oncology, 編集員, Associate Editor
  6. 2017年, Gastric Cancer, 編集員, Editor
  7. 2017年, 胃がんPerspective, 編集員, Editor
  8. 2017年, International Journal of Clinical Oncology, 編集員, Editorial Board
  9. 2016年, Pathobiology, 編集長, Editor-Far East
  10. 2016年, Gastric Cancer, 編集員, Editor
  11. 2016年, Cancer Science, 編集員, Associate Editor
  12. 2016年, Pathology International, 編集員, Editorial Board
  13. 2016年, Oncology, 編集員, Editorial Board
  14. 2016年, Japanese Journal of Clinical Oncology, 編集員, Associate Editor
  15. 2016年, 胃がんPerspective, 編集員, Editor
  16. 2016年, International Journal of Clinical Oncology, 編集員, Editorial Board
  17. 2015年, Pathobiology, 編集長, Editor-Far East
  18. 2015年, Cancer Science, 編集員, Associate Editor
  19. 2015年, Gastric Cancer, 編集員, Editor
  20. 2015年, Japanese Journal of Clinical Oncology, 編集員, Associate Editor
  21. 2015年, Oncology, 編集員, Editorial Board
  22. 2015年, Pathology International, 編集員, Editorial Board
  23. 2015年, 胃がんPerspective, 編集員, Editor
  24. 2014年, Cancer Science, 編集員
  25. 2014年, Japanese Journal of Clinical Oncology, 編集員
  26. 2014年, Oncology, 編集員
  27. 2014年, Gastric Cancer, 編集員
  28. 2014年, Pathology International, 編集員
  29. 2014年, Pathobiology, 編集長
  30. 2014年, 病理と臨床, 編集員, Editor
  31. 2014年, 胃がんPerspective, 編集員, Editor
  32. 2013年, Cancer Science, 編集員
  33. 2013年, Japanese Journal of Clinical Oncology, 編集員
  34. 2013年, Oncology, 編集員
  35. 2013年, Gastric Cancer, 編集員
  36. 2013年, Pathology International, 編集員
  37. 2013年, Pathobiology, 編集長
  38. 2013年, 病理と臨床, 編集員
  39. 2012年, Cancer Science, 編集員
  40. 2012年, Japanese Journal of Clinical Oncology, 編集員
  41. 2012年, Oncology, 編集員
  42. 2012年, Gastric Cancer, 編集員
  43. 2012年, Pathology International, 編集員
  44. 2012年, Pathobiology, 編集長
  45. 2012年, 病理と臨床, 編集員