林 亮平RIYOUHEI HAYASI

Last Updated :2018/11/01

所属・職名
病院内視鏡診療科 内視鏡診療科 助教
メールアドレス
r-hayashihiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2016年04月01日, 広島大学, 内視鏡診療科, 助教

学歴

  • 広島大学医学部医学科

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 消化器内科学

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本炎症性腸疾患学会

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  2. 2018年, 学部専門, 集中, 臨床実習・臨床実践学
  3. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Reduced human α-defensin 6 in non-inflamed jejunal tissue of Crohn’s disease patients, Inflamm Bowel Dis., 22(5)巻, pp.1119-pp.1128, 2016
  2. Clinical usefulness of narrow band imaging magnifying colonoscopy for assessing ulcerative colitis-associated cancer/dysplasia, ENDOSCOPY INTERNATIONAL OPEN, 4巻, 11号, pp.E1183-pp.E1187, NOV 2016
  3. Choline Deficiency Causes Colonic Type II Natural Killer T (NKT) Cell Loss and Alleviates Murine Colitis under Type I NKT Cell Deficiency, PLOS ONE, 12巻, 1号, JAN 17 2017
  4. Two cases of severe ulcerative colitis with colonic dilatation resolved with tacrolimus therapy, Case Rep Gastroenterol, pp.272-pp.277, 2015
  5. Pulverized konjac glucomannan ameliorates oxazolone-induced colitis in mice, Eur J Nutr, 54巻, 6号, pp.956-pp.969, 2015
  6. Long-term Inflammation Transforms Intestinal Epithelial Cells of Colonic Organoids, JOURNAL OF CROHNS & COLITIS, 11巻, 5号, pp.621-pp.630, 2017
  7. Caudal type homeobox 2 expression induced by leukocytapheresis might be associated with mucosal healing in ulcerative colitis, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 32巻, 5号, pp.1032-pp.1039, 2017

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Human alpha-Defensin 6 regulated by the cooperation of beta-catenin and Atoh1, might be the pathogenesis of Crohn’s Disease, Ryohei Hayashi, Kiichiro Tsuchiya, Shuji Hibiya, Keita Fukushima, Nobukatsu Horita, Eriko Okada, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Digestive Disease Week, 2015年, 通常, 英語
  2. Delayed-release oral mesalazine and probiotics in maintaining of ulcerative colitis-a retrospective cohort study, Sagami S, Ueno Y, Tanaka S, Hayashi R, Nishiyama S, Nagai K, Oka S, Hiyama T, Ito M, Kitadai Y, Yoshihara M, Chayama K., The 3rd Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (AOCC), 2015年, 通常, 英語
  3. Methionine-choline deficient diet relieves dextran sodium sulfate-induced colitis via maintenance of non type Ⅰ NKT cells, Sagami S, Ueno Y, Tanaka S, Nishiyama S, Hayashi R, Nagai K, Oka S, Hiyama T, Ito M, Kitadai Y, Yoshihara M, Chayama K., The 17th International Cogress of Mucosal Immunology (ICMI2015), 2015年, 通常, 英語
  4. The potential role of polysaccharides derived from Ganoderma lucidum fungus mycelia (designated as MAK) on ameliorating indomethacin-induced small intestinal injuries through GM-CSF, Nagai K, Ueno Y, Tanaka S, Sagami S, Nishiyama S, Hayashi R, Shinagawa K, Oka S, Hiyama T, Ito M, Kitadai Y, Yoshihara M, Chayama K., The 17th International Cogress of Mucosal Immunology (ICMI2015), 通常, 英語
  5. 高脂肪食併用DSS腸炎におけるNKT細胞の検討, 佐上晋太郎, 上野義隆, 田中信治, 藤田 朗, 野村元宣, 西山宗希, 林 亮平, 岡 志郎, 兵庫秀幸, 日山 亨, 伊藤公訓, 北台靖彦, 吉原正治, 茶山一彰., 第43回日本臨床免疫学会, 2015年, 通常, 日本語
  6. Choline deficiency influences murine colitis via balance of colonic type Ⅰ and Ⅱ NKT cells, Sagami S, Tanaka S, Ueno Y, Fujita A, Nomura M, Nishiyama S, Hayashi R, Urabe Y, Oka S, Ito M, Kitadai Y, Chayama K., American Society for Gastrointestinal Endoscopy (ASGE) 2016 (DDW), 2015年, 通常, 英語
  7. Clinical course of rectal aphthous lesions with lymphoid follicle-like elevated appearance, Hayashi R, Ueno Y, Tanaka S, Kumada J, Nomura M, Fujita A, Sagami S, Chayama K., The 4th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis, 2016年, 通常, 英語
  8. リンパ濾胞様隆起を呈する大腸アフタ様病変の経過と予後の検討, 林 亮平, 上野義隆, 田中信治, 熊田純子, 野村元宣, 藤田 朗, 佐上晋太郎, 茶山一彰., JDDW2016 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年, 通常, 日本語
  9. Colonic Manifestations of Chronic Granulomatous Disease, Sagami S, Tanaka S, Ueno Y, Nagai K, Fujita A, Nishiyama S, Hayashi R, Oka S, Ito M, Kitadai Y, Miki M, Doi T, Mizoguchi Y, Kobayashi M, Chayama K., 2016年, 通常, 英語
  10. メセラジン起因性小腸炎の1例, 大谷一郎, 岡 志郎, 田中信治, 國原紗代子, 井川 敦, 佐上晋太郎, 影本賢一, 中野 誠, 弓削 亮, 保田智之, 林 亮平, 佐野村洋次, 卜部祐司, 上野義隆, 茶山一彰, 有廣光司., 第105回日本消化器病学会中国支部例会, 2016年, 通常, 日本語
  11. 幽門輪の全周性早期胃癌に対しESDを施行した1例, 板倉文乃, 佐野村洋次, 田中信治, 水本 健, 栗原美緒, 吉福良公, 林 亮平, 卜部祐司, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 有廣光司, 茶山一彰., 第116回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2016年, 通常, 日本語
  12. コリン欠乏食がマウスDSS腸炎に及ぼす影響とそのメカニズムの解明, 佐上晋太郎, 田中信治, 上野義隆, 熊田純子, 藤田 朗, 野村元宣, 林 亮平, 兵庫秀幸, 北台靖彦, 茶山一彰., 第44回日本臨床免疫学会, 2016年, 通常, 日本語
  13. 生物学的製剤使用中に腸管穿孔をきたしたクローン病の5例, 熊田純子, 上野義隆, 田中信治, 野村元宣, 檜山雄一, 藤田 朗, 瀧川英彦, 佐上晋太郎, 影本賢一, 弓削 亮, 林 亮平, 卜部祐司, 北台靖彦, 茶山一彰., 第106回日本消化器病学会中国支部例会, 2016年, 通常, 日本語
  14. PPI投与によって胃底腺ポリープの増大をみとめたFAPの1例, 中村耕樹, 卜部祐司, 平野大樹, 益田和彦, 弓削 亮, 林 奈那, 保田智之, 林 亮平, 松尾泰治, 佐野村洋次, 岡 志郎, 上野義隆, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 2017年, 通常, 日本語, 第107回日本消化器病学会中国支部例会
  15. 小腸多発憩室による穿通性腹膜炎の1例, 若井雅貴, 上野義隆, 田中信治, 熊田純子, 藤田 朗, 佐上晋太郎, 林 亮平, 岡 志郎, 矢野雷太, 嶋田徳光, 繁本憲文, 渡谷祐介, 大毛宏喜, 茶山一彰., 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年, 通常, 日本語
  16. 5-ASA製剤にて薬剤性肺炎をきたした潰瘍性大腸炎の一例, 熊田純子, 林 亮平, 田中信治, 野村元宣, 檜山雄一, 藤田 朗, 瀧川英彦, 佐上晋太郎, 影本賢一, 弓削 亮, 卜部祐司, 上野義隆, 北台靖彦, 益田 武, 服部 登, 茶山一彰., 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年, 通常, 日本語
  17. 特異な内視鏡形態を呈したA型胃炎の1例, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 林 亮平, 田中信治, 茶山一彰., 第118回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2017年, 通常, 日本語
  18. 原発性硬化性胆管炎を併発した高齢発症潰瘍性大腸炎の1例, 藤田 朗, 上野義隆, 田中信治, 若井雅貴, 熊田純子, 林 亮平, 岡 志郎, 日山 亨, 伊藤公訓, 吉原正治, 茶山一彰., 第118回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2017年, 通常, 日本語
  19. タクロリムス寛解導入難治性潰瘍性大腸炎の中長期予後の検討, 林 亮平, 上野義隆, 田中信治, 若井雅貴, 熊田純子, 野村元宣, 瀧川英彦, 藤田 朗, 弓削 亮, 卜部祐司, 北台靖彦, 茶山一彰., JDDW2017 第59回日本消化器病学会大会, 2017年, 通常, 日本語
  20. 直腸に巨大潰瘍を合併した潰瘍性大腸炎の1例, 若井雅貴, 林 亮平, 田中信治, 内藤聡雄, 中村耕樹, 熊田純子, 藤田 朗, 野村元宣, 瀧川英彦, 弓削 亮, 保田智之, 佐野村洋次, 岡 志郎, 上野義隆, 伊藤公訓, 茶山一彰., 第108回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年, 通常, 日本語
  21. 発作性心房細動に対するカテーテルアブレーション後に急性麻疹性胃拡張を来たした1例, 木戸佑基, 保田智之, 岡 志郎, 伊藤公訓, 畑 幸作, 木曽まり子, 益田和彦, 小刀崇弘, 住元庸二, 末成和義, 瀧川英彦, 弓削 亮, 林 亮平, 佐野村洋次, 田中信治, 茶山一彰., 第108回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年, 通常, 日本語
  22. 異所性胃腺合併早期胃癌に対してESDを施行した1例, 藤井久美子, 佐野村洋次, 田中信治, 頼田尚樹, 黒木一峻, 栗原美緒, 水本 健, 吉福良公, 林 亮平, 卜部祐司, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 吉原正治, 茶山一彰., 第119回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2017年, 通常, 日本語
  23. 表層拡大型食道悪性黒色腫の1例, 中村耕樹, 卜部祐司, 内藤聡雄, 若井雅貴, 熊田純子, 藤田 朗, 平野大樹, 益田和彦, 弓削 亮, 保田智之, 林 亮平, 佐野村洋次, 岡 志郎, 上野義隆, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 城間紀之., 第108回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年, 通常, 日本語
  24. 当院における原発性硬化性胆管炎合併炎症性腸疾患の特徴, 藤田 朗, 林 亮平, 田中信治, 若井雅貴, 内藤聡雄, 中村耕樹, 熊田純子, 野村元宣, 瀧川英彦, 弓削 亮, 保田智之, 石井康隆, 佐野村洋次, 芹川正浩, 岡 志郎, 上野義隆, 伊藤公訓, 茶山一彰., 第8回日本炎症性腸疾患学会学術集会, 2017年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2014年, Awardee of Distinguished Investigator, Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s and Colitis