松原 昭郎Akio Matsubara

Last Updated :2019/11/13

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)腎泌尿器科学教授
ホームページ
メールアドレス
matsuahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1985年06月01日, 1986年04月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 1998年11月01日, 2001年03月31日, 広島大学, 医学部附属病院, 助手
  • 2001年04月01日, 2002年09月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 講師
  • 2002年10月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 助教授
  • 2007年04月01日, 2008年09月30日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 准教授
  • 2008年10月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 教授
  • 2012年04月01日, 2014年03月31日, 広島大学, (併)医学部副学部長
  • 2012年04月01日, 2014年03月31日, 広島大学, 医学部 先端医療技術トレーニングセンター, (併) センター長
  • 2012年04月01日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 教授
  • 2017年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究科, 医歯薬学専攻 医学講座 腎泌尿器科学, 教授

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1979年04月, 1985年03月

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 泌尿器科学

研究キーワード

  • 前立腺癌
  • 腹腔鏡手術

所属学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 西日本泌尿器科学会
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本生殖内分泌学会
  • 日本Men's Health医学会
  • 日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本ロボット外科学会
  • 日本性機能学会
  • 日本尿路結石症学会
  • 日本性感染症学会
  • 日本泌尿器腫瘍学会, 2016年01月
  • 日本ステロイドホルモン学会
  • 米国泌尿器科学会 (AUA)
  • 米国臨床腫瘍学会(ASCO)
  • 欧州泌尿器科学会(EAU)
  • 国際泌尿器科学会 (SIU)
  • 泌尿器内視鏡学会 (ES)
  • International Society for Sexual Medicine (ISSM)
  • International Society For The Study of the Aging Male (ISSAM)
  • Asian Pacific Prostate Society(APPS)
  • Asian Pacific Society for Sexual Medicine (APSSM)
  • 泌尿器科再建再生研究会
  • 泌尿器科分子細胞研究会
  • 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会, 2015年07月
  • 日本臨床泌尿器科医会, 2016年04月
  • 単孔式内視鏡手術研究会
  • 腎癌研究会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学II
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  3. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 腎泌尿器科学特別演習
  4. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 腎泌尿器科学特別演習
  5. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 腎泌尿器科学特別実験
  6. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 腎泌尿器科学特別実験
  7. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 腎泌尿器科学特別演習
  8. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 腎泌尿器科学特別演習
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 腎泌尿器科学特別研究
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 腎泌尿器科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Needlescopic-assisted laparoendoscopic single-site adrenalectomy, ASIAN JOURNAL OF SURGERY, 39巻, 1号, pp. 6-11, 201601
  2. The clinical trial on the safety and effectiveness of the photodynamic diagnosis of non-muscle-invasive bladder cancer using fluorescent light-guided cystoscopy after oral administration of 5-aminolevulinic acid (5-ALA), PHOTODIAGNOSIS AND PHOTODYNAMIC THERAPY, 13巻, pp. 91-96, 201603
  3. Not all NOTCH Is Created Equal: The Oncogenic Role of NOTCH2 in Bladder Cancer and Its Implications for Targeted Therapy, Clinical Cancer Research, 22巻, 12号, pp. 2981-2992, 20160615
  4. T Categorization of Urothelial Carcinomas of the Ureter With CT: Preliminary Study of New Diagnostic Criteria Proposed for Differentiating T2 or Lower From T3 or Higher, AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 204巻, 4号, pp. 792-797, 201504
  5. Population perception of surgical approach in minimally invasive surgery, CUAJ-CANADIAN UROLOGICAL ASSOCIATION JOURNAL, 9巻, 1-2号, pp. E1-E4, 201501
  6. FGF19 Promotes Progression of Prostate Cancer, PROSTATE, 75巻, 10号, pp. 1092-1101, 20150701
  7. Pin1 Inhibitor Juglone Exerts Anti-Oncogenic Effects on LNCaP and DU145 Cells despite the Patterns of Gene Regulation by Pin1 Differing between These Cell Lines, PLOS ONE, 10巻, 6号, 20150603
  8. Promotion of Cancer Cell Proliferation by Cleaved and Secreted Luminal Domains of ER Stress Transducer BBF2H7, PLOS ONE, 10巻, 5号, 20150508
  9. The second nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Neisseria gonorrhoeae from male urethritis in Japan, 2012-2013, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 21巻, 5-6号, pp. 340-345, 2015
  10. Japanese nationwide surveillance in 2011 of antibacterial susceptibility patterns of clinical isolates from complicated urinary tract infection cases, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 21巻, 9号, pp. 623-633, 201509
  11. Phase II clinical trial of sorafenib plus interferon-alpha treatment for patients with metastatic renal cell carcinoma in Japan, BMC CANCER, 15巻, 20151009
  12. Accumulation of FGF9 in Prostate Cancer Correlates with Epithelial-to-Mesenchymal Transition and Induction of VEGF-A Expression, ANTICANCER RESEARCH, 34巻, 2号, pp. 695-700, 201402
  13. A Novel Protein, CHRONO, Functions as a Core Component of the Mammalian Circadian Clock, PLOS BIOLOGY, 12巻, 4号, APR 2014
  14. Identification of PRL1 as a novel diagnostic and therapeutic target for castration-resistant prostate cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap (CAST) method, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 32巻, 6号, pp. 769-778, AUG 2014
  15. Therapeutic efficacy of narrow band imaging-assisted transurethral electrocoagulation for ulcer-type interstitial cystitis/painful bladder syndrome, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 21巻, pp. 57-60, APR 2014
  16. Occurrence of infection following prostate biopsy procedures in Japan Japanese Research Group for Urinary Tract Infection (JRGU) - A multi-center retrospective study, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 20巻, 3-4号, pp. 232-237, MAR-APR 2014
  17. Rat Cavernous Nerve Reconstruction with CD133(+) Cells Derived from Human Bone Marrow, JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE, 11巻, 5号, pp. 1148-1158, MAY 2014
  18. Restoration of fibroblast growth factor receptor 2IIIb enhances the chemosensitivity of human prostate cancer cells, ONCOLOGY REPORTS, 32巻, 1号, pp. 65-70, JUL 2014
  19. Region-specific differences in the human myenteric plexus: an immunohistochemical study using donated elderly cadavers, INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE, 29巻, 7号, pp. 783-791, JUL 2014
  20. Prognostic significance of C-reactive protein in patients with intermediate-risk metastatic renal cell carcinoma treated with molecular targeted therapy, ONCOLOGY LETTERS, 8巻, 2号, pp. 881-885, AUG 2014
  21. Patient-reported satisfaction and cosmesis outcomes following laparoscopic adrenalectomy: Laparoendoscopic single-site adrenalectomy vs. conventional laparoscopic adrenalectomy, CUAJ-CANADIAN UROLOGICAL ASSOCIATION JOURNAL, 8巻, 1-2号, pp. E20-E25, JAN 2014
  22. Laparoendoscopic Single-Site Adrenalectomy sans Transumbilical Approach: Initial Experience in Japan, UROLOGY JOURNAL, 11巻, 4号, pp. 1772-1776, JUL-AUG 2014
  23. Clinical effectiveness and safety of tazobactam/piperacillin 4.5 g for the prevention of febrile infectious complication after prostate biopsy, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 20巻, 9-10号, pp. 631-634, SEP-OCT 2014
  24. Oligophrenin-1 Is Associated with Cell Adhesion and Migration in Prostate Cancer, PATHOBIOLOGY, 81巻, 4号, pp. 190-198, 2014
  25. Retention of robot-assisted surgical skills in urological surgeons acquired using Mimic dV-Trainer, CUAJ-CANADIAN UROLOGICAL ASSOCIATION JOURNAL, 8巻, 7-8号, pp. E493-E497, JUL 2014
  26. 序文, Japanese Journal of Endourology, 27巻, 2号, pp. 229-229, 2014
  27. Psychological factor, metacognition, is associated with the advantage of suturing techniques acquired on a virtual reality simulator of robot-assisted surgery., International Journal of Urology, 21巻, 3号, pp. 349-350, 201403
  28. Development of Nomogram to Non-steroidal Antiandrogen Sequential Alternation in Prostate Cancer for Predictive Model., Japanese Journal of Clinical Oncology, 44巻, 3号, pp. 263-269, 201403
  29. Treatment of acute uncomplicated cystitis with faropenem for 3 days versus 7 days: multicentre, randomized, open-label, controlled trial., JOURNAL OF ANTIMICROBIAL CHEMOTHERAPY, 69巻, 6号, pp. 1675-1680, 201406
  30. Topohistology of sympathetic and parasympathetic nerve fibers in branches of the pelvic plexus: an immunohistochemical study using donated elderly cadavers., Anat Cell Biol, 47巻, 1号, pp. 55-65, 201403
  31. MicroRNA-155 is a predictive marker for survival in patients with clear cell renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 20巻, 5号, pp. 468-477, MAY 2013
  32. MicroRNA-155 is a predictive marker for survival in patients with clear cell renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 20巻, 5号, pp. 468-477, MAY 2013
  33. Identification and Characterization of a Novel aac(6 ')-Iag Associated with the bla(IMP-1)-Integron in a Multidrug-Resistant Pseudomonas aeruginosa, PLOS ONE, 8巻, 8号, AUG 12 2013
  34. Expression of miR-486 is a potential prognostic factor after nephrectomy in advanced renal cell carcinoma., Molecular and clinical Oncology, 1(2)号, pp. 235-240, 20130101
  35. Restoration of IGFBP-rP1 Increases Radiosensitivity and Chemosensitivity in Hormore-refractory Human Prostate Cancer., Hiroshima University Medical Press, 62(1)号, pp. 13-19, 20130101
  36. STAT3 Polymorphism Can Predict the Response to Interferon-alpha Therapy in Patients with Metastatic Renal Cell Carcinoma, EUROPEAN UROLOGY, 63巻, 4号, pp. 745-752, APR 2013
  37. The Search for Secreted Proteins in Prostate Cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap: Expression of NBL1 Is Highly Restricted to the Prostate and Is Related to Cancer Progression, PATHOBIOLOGY, 80巻, 2号, pp. 60-69, 2013
  38. Assessment of antimicrobial prophylaxis to prevent perioperative infection in patients undergoing prostate brachytherapy: multicenter cohort study, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 19巻, 5号, pp. 926-930, OCT 2013
  39. Nocturia Potentially Influences Maintenance of Sexual Function in Elderly Men with Benign Prostatic Hyperplasia, LUTS-LOWER URINARY TRACT SYMPTOMS, 5巻, 2号, pp. 75-81, MAY 2013
  40. Nationwide surveillance of bacterial pathogens from patients with acute uncomplicated cystitis conducted by the Japanese surveillance committee during 2009 and 2010: antimicrobial susceptibility of Escherichia coli and Staphylococcus saprophyticus, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 19巻, 3号, pp. 393-403, JUN 2013
  41. Nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Neisseria gonorrhoeae from male urethritis in Japan, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 19巻, 4号, pp. 571-578, AUG 2013
  42. Nerves in the Intersphincteric Space of the Human Anal Canal with Special Reference to Their Continuation to the Enteric Nerve Plexus of the Rectum, CLINICAL ANATOMY, 26巻, 7号, pp. 843-854, OCT 2013
  43. Restoration of IGFBP-rP1 Increases Radiosensitivity and Chemosensitivity in Hormone-refractory Human Prostate Cancer, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 62巻, 1号, pp. 13-19, 201303
  44. Relationship between the localization of fibroblast growth factor 9 in prostate cancer cells and postoperative recurrence, PROSTATE CANCER AND PROSTATIC DISEASES, 15巻, 1号, pp. 8-14, MAR 2012
  45. Relationship between the localization of fibroblast growth factor 9 in prostate cancer cells and postoperative recurrence, PROSTATE CANCER AND PROSTATIC DISEASES, 15巻, 1号, pp. 8-14, MAR 2012
  46. Comparison of Renal Function after Partial Nephrectomy and Radical Nephrectomy for Renal Cell Carcinoma, UROLOGIA INTERNATIONALIS, 89巻, 2号, pp. 227-232, 2012
  47. Comparison of Renal Function after Partial Nephrectomy and Radical Nephrectomy for Renal Cell Carcinoma, UROLOGIA INTERNATIONALIS, 89巻, 2号, pp. 227-232, 2012
  48. Impact of pre-implant lower urinary tract symptoms on postoperative urinary morbidity after permanent prostate brachytherapy, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 19巻, 12号, pp. 1083-1089, DEC 2012
  49. Impact of pre-implant lower urinary tract symptoms on postoperative urinary morbidity after permanent prostate brachytherapy, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 19巻, 12号, pp. 1083-1089, DEC 2012
  50. Impact of Laparoscopic Experience on the Proficiency Gain of Urologic Surgeons in Robot-Assisted Surgery, JOURNAL OF ENDOUROLOGY, 26巻, 12号, pp. 1635-1638, DEC 2012
  51. The Japan Immunotherapy SNPs-Study Group for Kidney Cancer. STAT3 Polymorphism Can Predict the Response to Interferon-α Therapy in Patients with Metastatic Renal Cell Carcinoma., Eur Urol, 63(4)号, pp. 745-752, 20120101
  52. Identification of lymphatic pathway involved in the spread of bladder cancer: Evidence obtained from fluorescence navigation with intraoperatively injected indocyanine green., Can Urol Assoc J, 41527号, pp. 1-7, 20120101
  53. Reappraisal of intergender differences in the urethral striated sphincter explains why a completely circular arrangement is difficult in females: a histological study using human fetuses., Anat Cell Biol, 45 (2)号, pp. 79-85, 20120101
  54. Identification of Transmembrane Protein in Prostate Cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap: Expression of CDON Is Involved in Tumor Cell Growth and Invasion, PATHOBIOLOGY, 78巻, 5号, pp. 277-284, 2011
  55. Fetal topographical anatomy of the female urethra and descending vagina: A histological study of the early human fetal urethra, ANNALS OF ANATOMY-ANATOMISCHER ANZEIGER, 193巻, 6号, pp. 500-508, 2011
  56. Six-year experience of permanent prostate brachytherapy for clinically localized prostate cancer., 広島大学医学雑誌, 60巻, 4号, pp. 51-56, 20111201
  57. Kouda S, Fujiue Y, WatanabeY, Ohara M, 他8(4番).Sporadic isolations of a multi-drug resistant Pseudomonas aeruginosa clone during a 14-month epidemic in a general hospital in Hiroshima. Infection (2011)39:247–253, Infection, 39巻, 3号, pp. 247-253, 20110401
  58. Identification of Lymphatic Pathway Involved in Spreading of Prostate Cancer by Fluorescence Navigation Approach with Intraoperatively Injected Indocyanine Green., Can Urol Assoc J, ?5(4)号, pp. 254-259, 20110101
  59. Six-year experience of permanent prostatebrachytherapy for clinically localized prostate cancer., Hiroshima J Med Sci, 60(3)号, pp. 51-56, 20110101
  60. Sporadic isolations of a multi-drug resistant Pseudomonas aeruginosa clone during a 14-month epidemic in a general hospital in Hiroshima, INFECTION, 39巻, 3号, pp. 247-253, JUN 2011
  61. Retroperitoneoscopic Treatment of Ureteral Invagination Caused by a Long Fibroepithelial Polyp Protruding into the Bladder: Report of a Case, SURGERY TODAY, 41巻, 8号, pp. 1117-1121, AUG 2011
  62. Identification of lymphatic pathway involved in the spreading of prostate cancer by fluorescence navigation approach with intraoperatively injected indocyanine green, CUAJ-CANADIAN UROLOGICAL ASSOCIATION JOURNAL, 5巻, 4号, pp. 254-259, AUG 2011
  63. Desmocollin 2 is a new immunohistochemical marker indicative of squamous differentiation in urothelial carcinoma, HISTOPATHOLOGY, 59巻, 4号, pp. 710-721, OCT 2011
  64. Migration and distribution of neural crest-derived cells in the human adrenal cortex at 9-16 weeks of gestation : an immunohistochemical study., Okajimas Folia Anatomica Japonica, 87巻, (1)号, pp. 6-11, 20100501
  65. Dual Segmental arterial supple to a single renal semi-sections of maid-term fetuses., BJU Int, 105巻, (3)号, pp. 416-421, 20100301
  66. False positive reactivity of a substance P-antibody in the ectoderemal/epitthelial plug of the nose,ear,eye and perineum of the human and mouse fetuses., Okajimas Folia Anatomica Japonica, 87巻, (2)号, pp. 33-40, 20100801
  67. Wnt5a signaling is involved in the aggressiveness of prostate cancer and expression of metalloproteinase., Oncogene, 29(14)号, pp. 2036-2046?, 20100101
  68. Impact of a novel, extended approach of perineal radical prostatectomy on surgical margins in localized prostate cancer., BJU Int, 106(1)号, pp. 44-48, 20100101
  69. Wnt5a signaling is involved in the aggressiveness of prostate cancer and expression of metalloproteinase, ONCOGENE, 29巻, 14号, pp. 2036-2046, APR 8 2010
  70. Impact of a novel, extended approach of perineal radical prostatectomy on surgical margins in localized prostate cancer, BJU INTERNATIONAL, 106巻, 1号, pp. 44-48, JUL 2010
  71. Increased prevalence and clonal dissemination of multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa with the blaIMP-1 gene cassette in Hiroshima., Journal of Antimicrobial Chemotherapy, 64(1)号, pp. 46-51, 20090101
  72. A metabonomic approach identifies human urinary phenylacetelglutamine as a novel marker of interstitial cystis., J.Chromatography B, 877号, pp. 3806-3812, 20090101
  73. Dual segmental arterial supply to a single renal lobule: a study using semi-serial sections of mid-term fetuses., BJU Internationalis, 105(3)号, pp. 416-421, 20090101
  74. Multidisciplinary treatment including sorafenib stabilized the bone metastases of renal cell carcinoma in an immunosuppressed renal transplant recipient., International Journal of Clinical Oncology, 14(5)号, pp. 465-467, 20090101
  75. Immunohistochemical analysis of Reg IV in urogenital organs: Frequent expression of Reg IV in prostate cancer and potential utility as serum tumor marker., Oncology Reports, 21(1)号, pp. 95-100, 20090101
  76. Immunohistochemical analysis of Reg IV in urogenital organs: Frequent expression of Reg IV in prostate cancer and potential utility as serum tumor marker, ONCOLOGY REPORTS, 21巻, 1号, pp. 95-100, JAN 2009
  77. Development of the Human Retroperitoneal Fasciae, CELLS TISSUES ORGANS, 190巻, 5号, pp. 286-296, 2009
  78. Increased prevalence and clonal dissemination of multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa with the bla(IMP-1) gene cassette in Hiroshima, JOURNAL OF ANTIMICROBIAL CHEMOTHERAPY, 64巻, 1号, pp. 46-51, JUL 2009
  79. Multidisciplinary treatment including sorafenib stabilized the bone metastases of renal cell carcinoma in an immunosuppressed renal transplant recipient, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 14巻, 5号, pp. 465-467, OCT 2009
  80. A metabonomic approach identifies human urinary phenylacetylglutamine as a novel marker of interstitial cystitis, JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES, 877巻, 30号, pp. 3806-3812, NOV 15 2009
  81. Sexual activity of middle-aged women coupled with a male partner in Japan, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 16巻, 12号, pp. 953-958, DEC 2009
  82. Reg IV is an independent prognostic factor for relapse in patients with clinically localized prostate cancer, CANCER SCIENCE, 99巻, 8号, pp. 1570-1577, AUG 2008
  83. Histotopography of the female cavernous nerve:a study using donated fetuses and adult cadavers, Int Urogynecol Jounal, 19巻, pp. 1687-1695, 20080919
  84. ★, Restoration of FGF Receptor Type2 Enhances Radiosensitivity of Harmone -refractory Human Prostate Carcinoma PC-3 cells, Anticancer Research, 28巻, 4B号, pp. 2141-2146, 20080702
  85. Female perineal membrane: a study using pelvic floor semiserial sections from elderly nulliparous and multiparous women., International Urogynecology Journal, 19巻, 12号, pp. 1663-1670, 20080808
  86. Lack of information underlies women's perceptions of erectile dysfunction (ED) drugs in Japan., Journal of Sexual Medicine, 5(12)号, pp. 2808-2815, 20080101
  87. REG IV is an independent prognostic factor for relapse in patient with clinically localized prostate cancer., Cancer Science, 99(8)号, pp. 1570-1577, 20080101
  88. Female perineal membrane: a study using pelvic floor semiserial sections from elderly nulliparous and multiparous women, INTERNATIONAL UROGYNECOLOGY JOURNAL, 19巻, 12号, pp. 1663-1670, DEC 2008
  89. Histotopography of the female cavernous nerve: a study using donated fetuses and adult cadavers, INTERNATIONAL UROGYNECOLOGY JOURNAL, 19巻, 12号, pp. 1687-1695, DEC 2008
  90. Restoration of FGF receptor type 2 enhances radiosensitivity of hormone-refractory human prostate carcinoma PC-3 cells, ANTICANCER RESEARCH, 28巻, 4B号, pp. 2141-2146, JUL-AUG 2008
  91. Lack of Information Underlies Women's Perceptions of Erectile Dysfunction (ED) Drugs in Japan, JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE, 5巻, 12号, pp. 2808-2815, DEC 2008
  92. Anterior?urethral?valves?in?children: a possible association between?anterior?urethral?valves?and Cowper's duct cyst., International Journal of Urology, 14(2)号, pp. 156-160, 20070101
  93. Women's perception of male erectile dysfunction drug in the general population., Maturitas, 56(2)号, pp. 216-222, 20070101
  94. DNA methylation of the RIZ1 gene is associated with nuclear accumulation of p53 in prostate cancer, CANCER SCIENCE, 98巻, 1号, pp. 32-36, 200701
  95. Anterior urethral valves in children: A possible association between anterior urethral valves and Cowper's duct cyst, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 14巻, 2号, pp. 156-160, 200702
  96. Rectourethralis muscle and pitfalls of anterior perineal dissection in abdominoperineal resection and intersphincteric resection for rectal cancer, ANATOMICAL SCIENCE INTERNATIONAL, 82巻, 1号, pp. 8-15, 200703
  97. Women's perception of male erectile dysfunction drugs in the general population, MATURITAS, 56巻, 2号, pp. 216-222, 20070220
  98. Lower urinary tract symptoms after radical perineal prostatectomy, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 37巻, 7号, pp. 534-539, 200707
  99. Inguinal hernia after radical perineal prostatectomy: Comparison with the retropubic approach, UROLOGY, 70巻, 6号, pp. 1152-1156, DEC 2007
  100. Transrectal Ultrasound-guided 10-core Biopsy of the Prostate for Japanese Patients., Hiroshima J. Med Sci., 55(2)号, pp. 65-70, 20060101
  101. Nonfunctional pituitary macroadenoma manifested as muscular symptoms., Hiroshima J Med Sci., 55(4)号, pp. 117-120, 20060101
  102. Changes in quality of life in first year after radical prostatectomy by retropubic, laparoscopic, and perineal approach: Multi-institutional longitudinal study in Japan, UROLOGY, 67巻, 2号, pp. 321-327, 200602
  103. Microglial alpha 7 nicotinic acetylcholine receptors drive a phospholipase C/IP3 pathway and modulate the cell activation toward a neuroprotective role, JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 83巻, 8号, pp. 1461-1470, JUN 2006
  104. Lower urinary tract symptoms and risk of prostate cancer in Japanese men, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 13巻, 8号, pp. 1098-1102, 200608
  105. Transurethral ethanol injection for prostatic obstruction: An excellent treatment strategy for persistent urinary retention, UROLOGY, 68巻, 2号, pp. 307-311, AUG 2006
  106. Changes in quality of life following radical prostatectomy by the retropubic, perineal and laparoscopic approach: A multi-institutional longitudinal study in Japan, J Urol, 173巻, pp. 55, 20050401
  107. Variation in course of cavernous nerve with special reference to details of topographic relationships near prostatic apex: Histologic study using male cadavers, UROLOGY, 65巻, 1号, pp. 136-142, JAN 2005
  108. Local anesthesia during 10 core biopsy of the prostate: Comparison of 2 methods, JOURNAL OF UROLOGY, 173巻, 3号, pp. 742-745, 200503
  109. Urological retroperitoneoscopic surgery for patients with prior intra-abdominal surgery, EUROPEAN UROLOGY, 48巻, 1号, pp. 97-101, 200507
  110. Impact of radical perineal prostatectomy on urinary continence and quality of life: A longitudinal study of Japanese patients, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 12巻, 11号, pp. 953-958, 200511
  111. Restoration of Fibrablast Growth Factor Receptor2 Suppresses Growth and Tumorigenicity of Malignant Human Prostate Carcinoma PC-3 Cells, The Prostate, 60巻, 3号, pp. 236-242, 20041101
  112. Morphologies of the interfaces between the levator animuscle and pelvic viscera,with special reference to muscle insertion into the anorectum in elderly Japanese., Anatomical Science International, 79巻, pp. 72-81, 20040401
  113. Interaction of ligand-receptor system between stromal-cell-derived factor-I and cxc chemokine receptor 4 in human prostate cancer:a possible predictor of metastasis., 生化的生物物理学的研究報告集, 320巻, pp. 656-663, 20040401
  114. Quality of life following radical perineal prostatectomy: a longitudinal study, J Urol, 171巻, pp. 39, 20040401
  115. The expression of CXCR4 in human prostate cancer, BJU Int, 94巻, pp. 193, 20040401
  116. Restoration of IGFBP-rP1 increases radiosensitivity in hormone-refractory human prostate cancer, BJU Int, 94巻, pp. 196, 20040401
  117. Interaction of ligand-receptor system between stromal-cell-derived factor-1 and CXC chemokine receptor 4 in human prostate cancer: a possible predictor of metastasis, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 320巻, 3号, pp. 656-663, 20040730
  118. Restoration of fibroblast growth factor receptor2 suppresses growth and tumorigenicity of malignant human prostate carcinoma PC-3 cells, PROSTATE, 61巻, 3号, pp. 236-242, 20041101
  119. Topographic anatomy of the male perineal structures with special reference to perineal approaches for radical Prostatectomy, International Journal of Urology, 10巻, 3号, pp. 141-148, 20030301
  120. Topographic anatomy of the male perineal structures with special reference to perineal approaches for radical prostatectomy, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 10巻, 3号, pp. 141-148, 200303
  121. Restoration of insulin-like growth factor binding protein-related protein 1 has a tumor-suppressive activity through induction of apoptosis in human prostate cancer, CANCER RESEARCH, 63巻, 22号, pp. 7717-7723, 20031115
  122. Growth inhibition of human prostate carcinoma cells by fibroblast growth factor receptor 2 IIIb gene, BJU Int, 90巻, pp. 167, 20020401
  123. Restration of IGFBP-rP1 in human prostate cancer., BJU Int, 90巻, pp. 244, 20020401
  124. Hormone refractory prostate cancer and fibroblast growth factor receptor, Breast Cancer, 6巻, 4号, pp. 320-324, 19991001
  125. Inhibition of growth of malignant rat prostate tumor cells by restoration of fibroblast growth factor receptor 2., Cancer Research, 58巻, 7号, pp. 1509-1514, 19980401
  126. Inhibition of growth of malignant rat prostate tumor cells by restoration of fibroblast growth factor receptor 2., Prostate cancer & Prostatic disease, 1巻, 増刊号1号, pp. s41, 19980501
  127. Fibroblast growth factor receptor2 limits and receptor1 accelerates tumorigenicity of prostate epithelial cells, Cancer Research, 57巻, 23号, pp. 5369-5378, 19970401
  128. The impact of change in serum C-reactive protein level on the prediction of effects of molecular targeted therapy in patients with metastatic renal cell carcinoma, BJU INTERNATIONAL, 117巻, 6B号, pp. E67-E74, 201606
  129. Effect of Spatial Cognitive Ability on Gain in Robot-Assisted Surgical Skills of Urological Surgeons, JOURNAL OF SURGICAL EDUCATION, 73巻, 4号, pp. 624-630, 2016
  130. The transcribed-ultraconserved regions in prostate and gastric cancer: DNA hypermethylation and microRNA-associated regulation, ONCOGENE, 35巻, 27号, pp. 3598-3606, 20160707
  131. Maintenance of the functional integrity of mouse hematopoiesis by EED and promotion of leukemogenesis by EED haploinsufficiency, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, 20160719
  132. Targeting HER2 with T-DM1, an Antibody Cytotoxic Drug Conjugate, is Effective in HER2 Over Expressing Bladder Cancer, JOURNAL OF UROLOGY, 194巻, 4号, pp. 1120-1131, 2015
  133. Composite nerve fibers in the hypogastric and pelvic splanchnic nerves: an immunohistochemical study using elderly cadavers., Anatomy & cell biology, 48巻, 2号, 2015
  134. Prognosis of metastatic renal cell carcinoma with first-line interferon-alpha therapy in the era of molecular-targeted therapy, CANCER SCIENCE, 107巻, 7号, pp. 1013-1017, 201607
  135. Effect of Spatial Cognitive Ability on Gain in Robot-Assisted Surgical Skills of Urological Surgeons., Journal of surgical education, 2016
  136. 当院泌尿器科における膀胱膣瘻の臨床的検討, 西日本泌尿器科, 77巻, 3号, pp. 83-87, 2015
  137. Composite nerve fibers in the hypogastric and pelvic splanchnic nerves: an immunohistochemical study using elderly cadavers, Anat Cell Biol, 48巻, 2号, pp. 114-123, 2015
  138. IJU this issue, Int J Urol., 22巻, 9号, pp. 805-805, 2015
  139. ロボット時代の泌尿器科手術①-前立腺癌に対する新たなスタンダード Ⅱ.手術成績 性機能, 臨床泌尿器科, 69巻, 10号, pp. 862-868, 2015
  140. 2.ヒトCD133陽性細胞移植による新たな陰茎海綿体神経再生-前立腺全摘除術後における勃起不全治療への応用-, 泌尿器外科, 28巻, 8号, pp. 1307-1311, 2015
  141. 3.ハイリスク前立腺癌における術後PSA再発の予測因子, 泌尿器外科, 28巻, 8号, pp. 1345-1347, 2015
  142. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における整容性の縦断的解析, 西日本泌尿器科, 77巻, 11号, pp. 391-397, 2015
  143. 特集 腎・上部尿路疾患のCT・MRI 腎盂・尿管病変, 臨床画像, 32巻, 11号, pp. 1215-1227, 2015
  144. Nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Chlamydia trachomatis from male urethritis in Japan, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 22巻, 9-10号, pp. 581-586, 2016
  145. KIFC1 induces resistance to docetaxel and is associated with survival of patients with prostate cancer, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 35巻, 1号, 201701
  146. Laparoendoscopic single-site surgeries: A multicenter experience of 469 cases in Japan, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 24巻, 1号, pp. 69-74, 201701
  147. Regeneration of rat corpora cavernosa tissue by transplantation of CD133(+) cells derived from human bone marrow and placement of biodegradable gel sponge sheet, ASIAN JOURNAL OF ANDROLOGY, 19巻, 2号, pp. 203-207, 2017
  148. Impact of neutrophil-to-lymphocyte ratio on effects of targeted therapy for metastatic renal cell carcinoma patients with extrapulmonary metastasis, CUAJ-CANADIAN UROLOGICAL ASSOCIATION JOURNAL, 11巻, 5号, pp. E207-E214, 201705
  149. Overexpression of the transmembrane protein BST-2 induces Akt and Erk phosphorylation in bladder cancer, ONCOLOGY LETTERS, 14巻, 1号, pp. 999-1004, 201707
  150. A comparison of clinicopathological features and prognosis in prostate cancer between atomic bomb survivors and control patients, ONCOLOGY LETTERS, 14巻, 1号, pp. 299-305, 201707
  151. The clinical trial on the safety and effectiveness of the photodynamic diagnosis of non-muscle-invasive bladder cancer using fluorescent light-guided cystoscopy after oral administration of 5-aminolevulinic acid (5-ALA)., Photodiagnosis and photodynamic therapy, 13巻, 2016
  152. 特 集 泌尿器癌における局所療法の新展開 序文, 泌尿器外科, 29巻, 2号, pp. 99-99, 20160215
  153. 特集 意外に知らない? 泌尿器緩和ケアのすべて 序文, 泌尿器外科, 29巻, 3号, pp. 205-205, 20160315
  154. IJU this issue, International Journal of Urology, 23巻, 4号, pp. 283-283, 201604
  155. 前立腺癌と細胞増殖因子--増殖への関与と治療応用 (前立腺癌--基礎・臨床研究のアップデート) -- (臨床研究 特論), 日本臨床, 65巻, 0号, pp. 616-621, 200712
  156. 陰茎癌 基礎研究 陰茎癌の発症・進展メカニズム (腎・泌尿器癌--基礎・臨床研究のアップデート), 日本臨床, 68巻, 0号, pp. 589-592, 201004
  157. 外科治療 会陰式前立腺全摘除術 (前立腺癌(第2版)--基礎・臨床研究のアップデート) -- (臨床 前立腺癌の治療), 日本臨床, 69巻, 0号, pp. 339-343, 201106
  158. Prior intra-abdominal surgery does not compromise the outcome of urological retroperitoneoscopic surgery, JOURNAL OF ENDOUROLOGY, 20巻, pp. A238-A238, 2006
  159. Restoration of FGF receptor type 2 enhances radiosensitivity of hormone-refractory human prostate carcinoma PC-3 cells, ANTICANCER RESEARCH, 28巻, 4B号, pp. 2141-2146, 2008
  160. Dual segmental arterial supply to a single renal lobule: a study using semi-serial sections of mid-term fetuses, BJU INTERNATIONAL, 105巻, 3号, pp. 416-421, 2010
  161. PATIENT-REPORTED COSMESIS OUTCOMES FOLLOWING LAPAROSCOPIC ADRENALECTOMY; LESS VS. CONVENTIONAL SURGERY, JOURNAL OF ENDOUROLOGY, 25巻, pp. A23-A23, 2011
  162. IMPACT OF THE EXPERIENCE OF LAPAROSCOPIC SURGERY ON TECHNICAL ADAPTABILITY TO ROBOTIC SURGERY, JOURNAL OF ENDOUROLOGY, 25巻, pp. A27-A28, 2011
  163. UEFULNESS OF V-LOC (TM) 180 DURING LAPAROSCOPIC RADICAL PROSTATECTOMY, JOURNAL OF ENDOUROLOGY, 25巻, pp. A90-A90, 2011
  164. NARROW-BAND IMAGING SYSTEM AS A NEW DIAGNOSTIC AND THERAPEUTIC TOOL FOR ULCER TYPE INTERSTITIAL CYSTITIS/PAINFUL BLADDER SYNDROME, JOURNAL OF ENDOUROLOGY, 25巻, pp. A157-A157, 2011
  165. 腎盂・尿管病変 特集 腎・上部尿路疾患のCT・MRI, 臨床画像, 32巻, 11号, pp. 1215-1227, 201611
  166. PSYCHOLOGICAL FACTORS IN UROLOGICAL SURGEONS ON LEARNING ROBOT-ASSISTED SURGERY, JOURNAL OF ENDOUROLOGY, 26巻, pp. A50-A50, 2012
  167. EVALUATION OF FATIGUE OF SURGEONS ATTRIBUTED TO LAPARO-ENDOSCOPIC SINGLE-SITE RADICAL NEPHRECTOMY, JOURNAL OF ENDOUROLOGY, 26巻, pp. A317-A317, 2012
  168. Use of STAT3 polymorphisms to predict overall survival in patients treated with interferon-alpha for metastatic renal cell carcinoma., JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 30巻, 15号, 2012
  169. LOW INTENSITY EXTRACORPOREAL SHOCK WAVE THERAPY FOR ERECTILE DYSFUNCTION IN ED PATIENTS: INITIAL EXPERIENCE IN JAPAN, JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE, 10巻, pp. 224-224, 2013
  170. CAVERNOUS NERVE RECONSTRUCTION AFTER TRANSPLANTATION TO RATS OF CD133+CELLS DERIVED FROM HUMAN BONE MARROW, JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE, 10巻, pp. 227-227, 2013
  171. NOTCH2 inhibition on tumor growth and metastasis in bladder cancer, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 32巻, 4号, 2014
  172. Multicenter phase II clinical trial of everolimus in Japanese patients with unresectable or metastatic renal cell carcinoma (mRCC) after failure of treatment with first-line tyrosine kinase inhibitor (TKI) therapy, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 32巻, 4号, 2014
  173. Importance of performance status, corrected calcium, and microvascular invasion in predicting overall survival in patients with metastatic renal cell carcinoma at the era of molecular targeted therapy, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 31巻, 15号, 2013
  174. Laparoendoscopic Single-Site Adrenalectomy sans Transumbilical Approach: Initial Experience in Japan, UROLOGY JOURNAL, 11巻, 4号, pp. 1772-1776, 2014
  175. Occurrence of infection following prostate biopsy procedures in Japan: Japanese Research Group for Urinary Tract Infection (JRGU) A multi-center retrospective study (vol 20, pg 232, 2014), JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 20巻, 9-10号, pp. 660-660, 2014
  176. Hormone Refractory Prostate Cancer and Fibroblast Growth Factor Receptor, Breast cancer : the journal of the Japanese Breast Cancer Society, 6巻, 4号, pp. 320-324, 19991001
  177. 前立腺疾患とアンドロゲン, ホルモンと臨牀, 43巻, 5号, pp. 121-124, 19950501
  178. Klinefelter症候群と造精機能障害 - 思春期前後からの問題点 -, ホルモンと臨牀, 43巻, 12号, pp. 29-36, 19951201
  179. 血中 PSA 値/前立腺容積比 : 前立腺癌および肥大症における前立腺容積依存性の血中 PSA 値上昇, ホルモンと臨牀, 51巻, 6号, pp. 525-531, 20030601
  180. 系統的前立腺10か所生検の検討, 日本アンドロロジー学会記事, 21巻, pp. 162-163, 20020719
  181. 射精後血尿の1例, 日本アンドロロジー学会記事, 21巻, pp. 164-165, 20020719
  182. Morphologies of the interfaces between the levator ani muscle and pelvic viscera, with special reference to muscle insertion into the anorectum in elderly Japanese, Anatomical science international, 79巻, 2号, pp. 72-81, 20040601
  183. Impact of radical perineal prostatectomy on urinary continence and quality of life : A longitudinal study of Japanese patients, International journal of urology, 12巻, 11号, pp. 953-958, 20051101
  184. 会陰式前立腺全摘除術, 西日本泌尿器科, 67巻, 7号, pp. 413-422, 20050720
  185. 会陰式前立腺全摘除術のQOLへの影響, 西日本泌尿器科, 66巻, 4号, pp. 235-240, 20040420
  186. 中高年日本人女性における男性勃起不全改善薬(ED薬)に対する意識, 日本性機能学会雑誌 = The japanese journal of Impotence Research, 21巻, 2号, 20060801
  187. ヒト前立腺癌細胞株における線維芽細胞成長因子7(KGF)とアンドロゲン受容体(AR)のクロストークに関する基礎的検討, ホルモンと臨牀, 49巻, pp. 180-183, 20011130
  188. 広島県備北地区における前立腺癌検診 : 3年間の検討, 西日本泌尿器科, 68巻, 11号, pp. 527-532, 20061120
  189. 広島大学病院泌尿器科における体腔鏡下手術214例の臨床的検討, 西日本泌尿器科, 68巻, 9号, pp. 429-433, 20060920
  190. 前立腺癌のホルモン依存性消失におけるFGFレセプターの関わりと治療への応用, 日本内分泌学会雑誌, 82巻, 2号, 20060920
  191. Anterior urethral valves in children : A possible association between anterior urethral valves and Cowper's duct cyst, International journal of urology, 14巻, 2号, pp. 156-160, 20070201
  192. 精巣原発悪性リンパ腫の1例, 西日本泌尿器科, 58巻, 7号, pp. 758-760, 19960720
  193. 前立腺癌と線維芽細胞成長因子およびその受容体, 西日本泌尿器科, 58巻, 4号, pp. 310-314, 19960420
  194. 前立腺癌の臨床病期決定のための腹腔鏡下骨盤内リンパ節郭清術, 西日本泌尿器科, 61巻, 4号, pp. 293-297, 19990420
  195. 腎盂自然破裂をきたした尿管腫瘍の1例, 西日本泌尿器科, 67巻, 8号, pp. 507-511, 20050820
  196. 高リスク限局性前立腺癌に対する前立腺全摘除術の役割, 西日本泌尿器科, 69巻, 5号, pp. 291-294, 20070520
  197. 会陰式前立腺全摘除術の手技とコツ, 西日本泌尿器科, 65巻, 6号, pp. 346-349, 20030620
  198. 再燃前立腺癌に対する内分泌療法および内分泌化学療法, 西日本泌尿器科, 64巻, 4号, pp. 193-198, 20020420
  199. 新前立腺癌学 最新の基礎研究と診断・治療 前立腺癌の分子生理学と発癌機序 前立腺癌の発癌・進展, 日本臨床, 74巻, 3号, pp. 80-86, 201605
  200. 特集:泌尿器科処方のすべて すぐに使える実践ガイド.腎盂尿管癌, 臨床泌尿器科, 70巻, 4号, pp. 172-174, 2016
  201. 特集:泌尿器科処方のすべて すぐに使える実践ガイド.膀胱癌, 臨床泌尿器科, 70巻, 5号, pp. 175-178, 2016
  202. 低強度体外衝撃波によるED治療効果の検討-陰茎プレチスモグラフィを用いた客観的評価, 西日本泌尿器科, 78巻, 7号, pp. 330-337, 201607
  203. 特集:前立腺癌 前立腺癌とメタボリックシンドローム, 日本臨床, 74巻, 1号, pp. 149-154, 201601
  204. 腎・上部尿路疾患のCT・MRI 腎盂・尿管病変., 臨床画像, 32巻, 11号, pp. 1215-1227, 201610
  205. IJU this issue, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 23巻, pp. 905-905, 2016
  206. Chronic kidney disease as a risk factor for recurrence and progression in patients with primary non-muscle-invasive bladder cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 24巻, 8号, pp. 594-600, 201708
  207. Low-intensity extracorporeal shock wave therapy for patients with severe erectile dysfunction due to radical prostatectomy., Journal of Research Hospital, pp. 1-23, 2016
  208. Combination therapy using molecular-targeted drugs modulates tumor microenvironment and impairs tumor growth in renal cell carcinoma, CANCER MEDICINE, 6巻, 10号, pp. 2308-2320, 201710
  209. 根治的会陰式前立腺摘除術の手技とコツ, 西日本泌尿器科, 64巻, 20021120
  210. ヒト前立腺組織におけるIGFBP-7の検討, ホルモンと臨牀, 48巻, pp. 154-156, 20001115
  211. ハイリスク限局性前立腺癌に対する前立腺全摘除術の役割, 西日本泌尿器科, 68巻, 20061020
  212. Serous adenocarcinoma of retroperitoneum: a case report, INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL, 6巻, 4号, pp. 154-157, 201710
  213. Transcribed ultraconserved region Uc.63+promotes resistance to docetaxel through regulation of androgen receptor signaling in prostate cancer, ONCOTARGET, 8巻, 55号, pp. 94259-94270, 20171107
  214. The effect of kinetics of C-reactive protein in the prediction of overall survival in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with tyrosine kinase inhibitor, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 35巻, 11号, 201711
  215. IJU this issue, International Journal of Urology, 2017
  216. Urological laparoendoscopic single-site and reduced port surgery: A nationwide survey in Japan, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 25巻, 3号, pp. 263-268, 201803
  217. Endothelial dysfunction, abnormal vascular structure and lower urinary tract symptoms in men and women, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 261巻, pp. 196-203, 20180615
  218. Imaging features of papillary renal cell carcinoma with cystic change-dominant appearance in the era of the 2016 WHO classification, ABDOMINAL RADIOLOGY, 42巻, 7号, pp. 1850-1856, 201707
  219. Anastomosing haemangioma with fatty changes in the perirenal space: a lesion mimicking liposarcoma, BJR CASE REPORTS, 4巻, 2号, 2018
  220. Unravelling disparate roles of NOTCH in bladder cancer, NATURE REVIEWS UROLOGY, 15巻, 6号, pp. 345-357, 201806
  221. Usefulness of personalized three-dimensional printed model on the satisfaction of preoperative education for patients undergoing robot-assisted partial nephrectomy and their families, INTERNATIONAL UROLOGY AND NEPHROLOGY, 50巻, 6号, pp. 1061-1066, 201806
  222. Normalization of C-reactive protein levels following cytoreductive nephrectomy in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with tyrosine kinase inhibitors is associated with improved overall survival, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 36巻, 7号, 201807
  223. Prognosis of metastatic renal cell carcinoma with first-line Interferon-α therapy in the era of molecular-targeted therapy., Cancer science, 2016
  224. Tubulocystic renal cell carcinoma: a review of literature focused on radiological findings for differential diagnosis, ABDOMINAL RADIOLOGY, 43巻, 7号, pp. 1540-1545, 201807
  225. A case of tubulocystic carcinoma of the kidney with aggressive features, 34巻, 4号, pp. 307-311, 2016
  226. Preoperative risk classification using neutrophil-lymphocyte ratio and hydronephrosis for upper tract urothelial carcinoma, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 48巻, 9号, pp. 841-849, 201809
  227. 前立腺癌の内分泌療法および放射線療法における予後因子の解析, 日本泌尿器科學會雜誌, 84巻, 11号, pp. 1975-1979, 19931120
  228. ヒト前立腺肥大の間質細胞における線維芽細胞成長因子の作用機構に関する検討, 日本泌尿器科學會雜誌, 86巻, 5号, pp. 1034-1043, 19950520
  229. Uc.416+A promotes epithelial-to-mesenchymal transition through miR-153 in renal cell carcinoma, BMC CANCER, 18巻, 20181004
  230. The Embryonic Ascent of the Kidney Revisited, ANATOMICAL RECORD-ADVANCES IN INTEGRATIVE ANATOMY AND EVOLUTIONARY BIOLOGY, 302巻, 2号, pp. 278-287, 2019
  231. Longitudinal analysis of laparoendoscopic single-site adrenalectomy and conventional laparoscopic adrenalectomy regarding patient-reported satisfaction and cosmesis outcomes, ASIAN JOURNAL OF SURGERY, 42巻, 3号, pp. 514-519, 2019
  232. Fibroblast Growth Factor Family in the Progression of Prostate Cancer, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 2号, 2019
  233. Editorial Comment to Utility of robot-assisted radical cystectomy with intracorporeal urinary diversion for muscle-invasive bladder cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 26巻, 3号, pp. 340-341, 2019
  234. Editorial Comment to Peritumoral pseudocapsule status according to pathological characteristics from robot-assisted laparoscopic partial nephrectomy for localized renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 26巻, 4号, pp. 450-450, 2019
  235. Editorial Comment to "At-risk" kidney: How surgical factors influence renal functional preservation after partial nephrectomy, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 26巻, 5号, pp. 570-571, 2019
  236. Second nationwide surveillance of bacterial pathogens in patients with acute uncomplicated cystitis conducted by Japanese Surveillance Committee from 2015 to 2016: antimicrobial susceptibility of Escherichia coli, Klebsiella pneumoniae, and Staphylococcus saprophyticus, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 25巻, 6号, pp. 413-422, 2019
  237. Endoscopic repair of the urinary bladder with magnetically labeled mesenchymal stem cells: Preliminary report, REGENERATIVE THERAPY, 10巻, pp. 46-53, 2019
  238. Current status of prognostic factors in patients with metastatic renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 26巻, 6号, pp. 608-617, 2019
  239. Editorial Comment to Current status and future perspective of robot-assisted radical cystectomy for invasive bladder cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 2019
  240. Clinical staging of upper urinary tract urothelial carcinoma for T staging: Review and pictorial essay, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 2019
  241. C-reactive protein can be used to predict the therapeutic effects of nivolumab in patients with metastatic renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 2019
  242. Editorial Comment to Recent advances in the systemic treatment of metastatic non-clear cell renal cell carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 26巻, 9号, pp. 877-877, 2019
  243. Anastomosing haemangioma with fatty changes in the perirenal space: a lesion mimicking liposarcoma, BJR CASE REPORTS, 4巻, 2号, 2018
  244. Protocadherin B9 promotes resistance to bicalutamide and is associated with the survival of prostate cancer patients, PROSTATE, 79巻, 2号, pp. 234-242, 2019
  245. KIFC1 Inhibitor CW069 Induces Apoptosis and Reverses Resistance to Docetaxel in Prostate Cancer, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 2号, 2019
  246. SEC11A Expression Is Associated with Basal-Like Bladder Cancer and Predicts Patient Survival, PATHOBIOLOGY, 86巻, 4号, pp. 208-216, 2019
  247. miR-130b Promotes Sunitinib Resistance through Regulation of PTEN in Renal Cell Carcinoma, ONCOLOGY, 97巻, 3号, pp. 164-172, 2019
  248. TUBB3 Reverses Resistance to Docetaxel and Cabazitaxel in Prostate Cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 20巻, 16号, 2019

著書等出版物

  1. 2017年08月, 化学療法未施行の去勢抵抗性前立腺癌に対する新規アンドロゲンレセプターシグナル阻害薬の治療成績(多施設共同研究), 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology, 共著, 福岡 憲一郎;小羽田 悠貴;松崎 信治;栗村 嘉昌;上野 剛志;北野 弘之;神明 俊輔;稗田 圭介;井上 省吾;林 哲太郎;亭島 淳;松原 昭郎;大原 慎也;三田 耕司;岩本 秀雄;繁田 正信
  2. 2017年08月, 術前慢性腎臓病stageが腹腔鏡下・ロボット支援腎部分切除術の術後腎機能低下に及ぼす影響, 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology, 共著, 亭島 淳;井上 省吾;池田 健一郎;稗田 圭介;神明 俊輔;林 哲太郎;松原 昭郎;大原 慎也;加藤 昌生;三田 耕司
  3. 2016年07月, 第66回西日本泌尿器科学会総会 学術奨励賞 低強度体外衝撃波によるED治療効果の検討 : 陰茎プレチスモグラフィを用いた客観的評価, 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology, 共著, 馬場崎 隆志;井上 省吾;小畠 浩平;重松 慶紀;関野 陽平;北野 弘之;永松 弘孝;稗田 圭介;郷力 昭宏;正路 晃一;林 哲太郎;梶原 充;亭島 淳;松原 昭郎, 330-337
  4. 2015年01月20日, 精巣腫瘍診療ガイドライン 2015年版 第2版, CQ26: Stage II以上では治療終了後どのような経過観察が推奨されるか?, 精巣腫瘍, 金原出版, 2015年, 01, 単行本(学術書), 編著, 日本語, 松原 昭郎, 978-4-307-43057-9, 112, 85-89, CQ 26:Stage II以上では治療終了後どのような経過観察(サ-ベイランス)が推奨されるか?
  5. 2015年01月20日, 精巣腫瘍診療ガイドライン 2015年版 第2版, CQ25: Stage I非セミノーマに対してどのような経過観察が推奨されるか?, 精巣腫瘍, 金原出版, 2015年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 松原 昭郎, 978-4-307-43057-9, 112, 81-84
  6. 2014年07月, 高齢者の排尿の治療, 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology, 梶原 充;亭島 淳;松原 昭郎
  7. 2014年05月, 東勇志助成研究・研究成果報告 わが国小学生を対象にした睡眠と夜尿症に関するインターネットリサーチを用いた大規模疫学調査, 夜尿症研究 = Enuresis : 日本夜尿症学会雑誌 / 日本夜尿症学会事務局 編, 共著, 梶原 充;稗田 圭介;正路 晃一;宮本 克利;井上 省吾;小林 加直;大原 慎也;亭島 淳;松原 昭郎
  8. 2014年04月, ロボット支援手術におけるチーム医療, Japanese journal of endourology, 亭島 淳;妹尾 安子;松原 昭郎
  9. 2014年, ロボット支援手術におけるチーム医療, Japanese Journal of Endourology, 亭島 淳;妹尾 安子;松原 昭郎
  10. 2014年, 序文, Japanese Journal of Endourology, 松原 昭郎;河合 憲康
  11. 2014年, 全国アンケート結果, Japanese Journal of Endourology, 妹尾 安子;亭島 淳;井上 省吾;稗田 圭介;松原 昭郎
  12. 2013年04月, ロボット支援腎部分切除術 : 経腹膜アプローチ, Japanese journal of endourology, 亭島 淳;松原 昭郎
  13. 2013年, ロボット支援腎部分切除術-経腹膜アプローチ, Japanese Journal of Endourology, 亭島 淳;松原 昭郎
  14. 2013年, 泌尿器科領域における周術期感染症予防抗菌薬の使用状況についてのアンケート調査報告, 日本泌尿器科学会雑誌, 東郷 容和;田岡 利宜也;山本 新吾;桧山 佳樹;上原 央久;橋本 次朗;栗村 雄一郎;高橋 聡;塚本 泰司;宮崎 淳;西山 博之;清田 浩;矢澤 聰;大家 基嗣;安田 満;出口 隆;石川 清仁;星長 清隆;松本 穣;重村 克巳;田中 一志;荒川 創一;藤澤 正人;和田 耕一郎;上原 慎也;渡辺 豊彦;公文 裕巳;小林 加直;松原 昭郎;松本 正広;庄 武彦;濱砂 良一;松本 哲朗;速見 浩士;山根 隆史;中川 昌之; UTI共同研究会ガイドラインワーキンググループ
  15. 2013年, 腎腫瘍に対する経腹膜的単孔式腹腔鏡手術, Japanese Journal of Endourology, 井上 省吾;梶原 充;亭島 淳;松原 昭郎
  16. 2012年06月, 恥骨後式および会陰式前立腺全摘除術, 2012年, 06, 監修
  17. 2012年02月, 手術手技:指導的助手からみた泌尿器科手術のポイント9 恥骨後式前立腺全摘除術(解説), 臨床泌尿器科, 2012年, 02, 単行本(学術書), 編著
  18. 2012年02月, 恥骨後式前立腺全摘除術, 臨床泌尿器科, 亭島 淳;松原 昭郎
  19. 2012年, ロボット支援根治的膀胱全摘除術の初期経験, Japanese Journal of Endourology, 亭島 淳;井上 省吾;稗田 圭介;柴田 昌紀;池田 健一郎;正路 晃一;増本 弘史;宮本 克利;小林 加直;林 哲太郎;梶原 充;松原 昭郎
  20. 2011年06月, 外科治療 会陰式前立腺全摘除術, 日本臨床, 松原 昭郎;亭島 淳;井上 省吾
  21. 2011年03月20日, OP-166 α1遮断薬内服中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド0.5mg追加投与の有効性と安全性(前立腺肥大症/診断・薬物療法1,一般演題口演,第99回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 梶原 充;小畠 浩平;郷力 昭宏;岩本 秀雄;沖 真実;正路 晃一;宮本 克利;増本 弘史;井上 省吾;小林 加直;大原 慎也;亭島 淳;松原 昭郎
  22. 2011年03月20日, OP-005 前立腺癌細胞の増殖と浸潤におけるFGF9(前立腺腫瘍/基礎,一般演題口演,第99回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 亭島 淳;林 哲太郎;正路 晃一;大原 慎也;松原 昭郎
  23. 2011年03月20日, PP-348 Rectal swabを用いた広島大学病院泌尿器科外来患者における直腸内耐性大腸菌の保有率(一般演題ポスター発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 小林 加直;小畠 浩平;岩本 秀雄;郷力 昭宏;沖 真実;正路 晃一;宮本 克利;増本 弘史;井上 省吾;梶原 充;亭島 淳;松原 昭郎
  24. 2011年03月20日, 医道白寿3-2-4 潰瘍型間質性膀胱炎の診断、治療におけるnarrow band imageの可能性と問題点(女性泌尿器科の新たなartとscienceを目指して,第2部:ワークショップ,3.女性泌尿器科,医道白寿企画,第99回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 梶原 充;沖 真実;小畠 浩平;郷力 昭宏;岩本 秀雄;正路 晃一;宮本 克利;増本 弘史;井上 省吾;小林 加直;大原 慎也;亭島 淳;松原 昭郎
  25. 2011年03月20日, PP-289 去勢抵抗性前立腺癌の予後予測におけるHalabiノモグラムの有用性(一般演題ポスター発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 増本 弘史;小畠 浩平;郷力 昭宏;岩本 秀雄;沖 真実;正路 晃一;宮本 克利;井上 省吾;小林 加直;梶原 充;亭島 淳;松原 昭郎
  26. 2011年03月20日, PP-783 扁平上皮癌成分を伴う膀胱癌の新規診断マーカーDSC2とその予後因子としての意義(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 林 哲太郎;仙谷 和弘;大原 慎也;亭島 淳;正路 晃一;安井 弥;松原 昭郎
  27. 2011年03月20日, スキル1-4 会陰式アプローチの開発と技術の伝承(匠の伝承〜手術スキルの向上を目指して〜,スキルアップ企画1,指導医教育企画,第99回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎
  28. 2011年, DSC2は膀胱扁平上皮癌成分の検出に有用な新規マーカーである, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 林 哲太郎;仙谷 和弘;大上 直秀;阿南 勝宏;坂本 直也;大原 慎也;松原 昭郎;安井 弥
  29. 2010年11月20日, 【1-1班】専門医制度のあり方(【1班】卒後教育と指導医教育,背景・現状の分析と提言の解説,12の提言,教育ワークショップ2010), 日本泌尿器科學會雜誌, 藤澤 正人;横山 修;松原 昭郎;杉村 芳樹;奴田原 紀久雄;武中 篤
  30. 2010年05月, State of the Art.前立腺癌とアンドロゲンレセプター, Urology Today, 2010年, 05, 共著
  31. 2010年04月, 腎細胞癌に対する最新の治療, 新薬と臨床, 2010年, 04, 共著
  32. 2010年04月, 陰茎癌 基礎研究 陰茎癌の発症・進展メカニズム, 日本臨床, 井上 省吾;亭島 淳;松原 昭郎
  33. 2010年02月20日, OP-334 前立腺癌細胞に対するFGFR2キナーゼとゾレドロン酸の併用効果(前立腺腫瘍/基礎2,一般演題口演,第98回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 正路 晃一;亭島 淳;大原 慎也;林 哲太郎;松原 昭郎
  34. 2010年02月20日, OP-278 男性の間質性膀胱炎(CPPS/IC)に関する臨床統計(間質性膀胱炎,一般演題口演,第98回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 梶原 充;森山 浩之;正路 晃一;宮本 克利;増本 弘史;井上 省吾;桐谷 玲子;小林 加直;大原 慎也;亭島 淳;三田 耕司;沖 真実;松原 昭郎
  35. 2010年02月20日, PP-582 乳頭状腎細胞癌の臨床的検討(発表・討論,一般演題ポスター,第98回日本泌尿器科学総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 三田 耕司;正路 晃一;宮本 克利;増本 弘史;井上 省吾;桐谷 玲子;小林 加直;大原 慎也;梶原 充;亭島 淳;松原 昭郎
  36. 2010年02月20日, OP-333 前立腺癌の進展におけるFGF9の役割(前立腺腫瘍/基礎2,一般演題口演,第98回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 亭島 淳;林 哲太郎;正路 晃一;大原 慎也;松原 昭郎
  37. 2010年02月20日, PD9-4 会陰式前立腺全摘除術における断端陽性とその治療(断端陽性前立腺癌の治療戦略,パネルディスカッション9,第98回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;亭島 淳;井上 省吾;宮本 克利;正路 晃一;上田 晃嗣;増本 弘史;桐谷 玲子;小林 加直;大原 慎也;梶原 充;三田 耕司
  38. 2010年, Reg IVの前立腺癌における予後予測因子、血清腫瘍マーカーとしての有用性, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 林 哲太郎;大上 直秀;大原 慎也;松原 昭郎;坂本 直也;仙谷 和弘;安井 弥
  39. 2009年12月, 会陰式前立腺全摘除術アップデート, 臨床泌尿器科, 松原 昭郎
  40. 2009年02月20日, PP-622 限局性前立腺癌(T1c)におけるactive surveillanceの臨床的検討(前立腺腫瘍/診断・マーカー3,一般演題ポスター,第97回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 大原 慎也;甲田 俊太郎;大口 泰助;松原 昭郎;安川 明廣
  41. 2009年02月20日, PP-335 間質性膀胱炎患者尿のメタボローム解析(Neurourology/基礎2,一般演題ポスター,第97回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 加藤 昌生;井上 洋二;福井 陽介;岡 俊範;松原 昭郎
  42. 2009年02月20日, OP-429 表在性膀胱癌におけるTS/DPDmRNA発現とUFT再発予防効果についての検討(膀胱腫瘍/薬物療法3,一般演題口演,第97回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 安本 博晃;松原 昭郎;中本 貴久;牟田口 和昭;公文 裕巳;井川 幹夫;沼田 明;赤澤 誠二;橋本 寛文;藤井 元廣;金山 博臣;横山 雅好
  43. 2009年02月20日, OP-043 腹腔鏡下副腎摘除術における腹腔内手術既往の影響(副腎・後腹膜,一般演題口演,第97回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 三田 耕司;石田 吉樹;増本 弘史;小林 加直;長谷川 泰久;甲田 俊太郎;加藤 昌生;亭島 淳;安本 博晃;松原 昭郎
  44. 2009年02月20日, PP-611 日本人前立腺生検と血中アディポネクチン(前立腺腫瘍/診断・マーカー2,一般演題ポスター,第97回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 長谷川 泰久;三田 耕司;石田 吉樹;増本 弘史;小林 加直;甲田 俊太郎;加藤 昌生;亭島 淳;安本 博晃;松原 昭郎
  45. 2009年02月20日, APP-108-AM bla_インテグロンカセットに存在する新規アミノグリコシド耐性遺伝子の解析(総会賞応募ポスター,第97回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 小林 加直;甲田 俊太郎;加藤 文紀;藤原 環;板羽 秀之;大毛 宏喜;松原 昭郎;菅井 基行
  46. 2009年02月20日, PP-614 尿路系腫瘍におけるRegIVの免疫組織学的検討と血清RegIV値の腫瘍マーカーとしての有用性の検討(前立腺腫瘍/診断・マーカー3,一般演題ポスター,第97回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 林 哲太郎;大原 慎也;松原 昭郎;仙谷 和弘;大上 直秀;安井 弥
  47. 2009年02月20日, PP-316 In113に由来するblaIMP-1インテグロンカセットを含むmobile genetic elementの解析(感染症1,一般演題ポスター,第97回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 甲田 俊太郎;小林 加直;小原 勝;松原 昭郎;菅井 基行
  48. 2009年02月20日, DB3-1 腹腔鏡下腎部分切除術(ディベート3「腎部分切除術:腹腔鏡手術 vs ミニマム創手術」,第97回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 繁田 正信;角西 雄一;神明 俊輔;松原 昭郎
  49. 2008年02月20日, PP-300 高齢女性における尿道膣括約筋および深会陰横筋の組織学的検討(Female urology 1,一般演題ポスター,第96回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 加藤 昌生;井上 洋二;松原 昭郎;碓井 亞
  50. 2008年02月20日, PP-002 アンドロゲン非依存性ヒト前立腺癌PC-3細胞におけるFGFR2IIIbと放射線およびドセタキセルとの併用効果(前立腺腫瘍/基礎1,一般演題ポスター,第96回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;亭島 淳;Mirkhat Suichinov;望月 英樹;安本 博晃;石 光広;碓井 亞
  51. 2008年02月20日, OP-135 リンパ節転移・遠隔転移のない限局腎癌に対する治療成績(体腔鏡/腎・尿管,一般演題口演,第96回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 三田 耕司;小林 加直;井上 洋二;長谷川 泰久;甲田 俊太郎;加藤 昌生;安本 博晃;松原 昭郎;碓井 亞
  52. 2008年, Suegeryシリーズ1 前立腺癌の手術, メジカルビュー社, 2008年, 単行本(学術書), 共編著, 9
  53. 2008年, 前立腺癌に対する密封小線源療法の短期治療成績, 広島医学, 和田崎 晃一;安本 博晃;松原 昭郎 他;松原 昭郎
  54. 2007年12月, 前立腺癌と細胞増殖因子--増殖への関与と治療応用, 日本臨床, 松原 昭郎;安本 博晃;亭島 淳 他;亭島 淳
  55. 2007年05月, 高リスク限局性前立腺癌に対する前立腺全摘除術の役割, 西日本泌尿器科, 松原 昭郎;安本 博晃;亭島 淳 他;亭島 淳
  56. 2007年02月20日, OP-042 静脈浸潤・転移のない7cmを超える腎細胞癌に対する手術 : Open surgery vs. Laparoscopic surgery(第95回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 三田 耕司;繁田 正信;池田 健一郎;大原 慎也;井上 洋二;長谷川 泰久;石 光広;加藤 昌生;亭島 淳;松原 昭郎;碓井 亞
  57. 2007年02月20日, PP-323 ヒト前立腺癌細胞の放射線感受性および Docetaxel の抗癌併用に及ぼすIGFBP-rP1の効果(第95回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 石 光広;亭島 淳;安本 博晃;松原 昭郎;碓井 亞
  58. 2007年02月20日, OP-298 非ステロイド性アンチアンドロゲン交替療法の臨床的意義 : 生存率と予後因子(NASA-PC研究会データ第2報)(第95回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 沖原 宏治;鈴木 啓悦;三宅 秀明;植村 元秀;藤本 直浩;矢野 明;滝花 義男;麦谷 荘一;松原 昭郎;雑賀 隆史;木下 秀文;三木 恒治;市川 智彦
  59. 2007年02月20日, PP-292 前立腺癌におけるRIZ1遺伝子の発現とDNAメチル化の解析(第95回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 長谷川 泰久;亭島 淳;石 光広;三田 耕司;松原 昭郎;碓井 亞
  60. 2007年02月20日, PP-416 生検グリーソンスコア8以上の前立腺癌患者に対する前立腺全摘除術の意義(第95回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;中本 貴久;丸山 聡;亭島 淳;石 光広;長谷川 泰久;大原 慎也;碓井 亞
  61. 2007年02月, 泌尿器癌に使用する薬1 前立腺癌(内分泌療法), 泌尿器ケア, 松原 昭郎
  62. 2007年, 外科手術はこう行う, 臨床腫瘍プラクティス, 松原 昭郎;安本 博晃;碓井 亞
  63. 2007年, 前立腺癌の診断, 広島医学, 亭島 淳;松原 昭郎;安本 博晃 他;安本 博晃
  64. 2007年, 前立腺がんの治療, 広島医学, 松原 昭郎;亭島 淳;安本 博晃 他;安本 博晃
  65. 2006年11月, 広島県備北地区における前立腺癌検診--3年間の検討, 西日本泌尿器科, 亭島 淳;松原 昭郎;吉野 干城 他;吉野 干城
  66. 2006年04月, 7-泌尿器科手術と解剖 会陰・尿道の手術「新泌尿器科手術のための解剖学」, MEDICAL VIEW, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, 10
  67. 2006年03月10日, OP-274 限局性前立腺癌に対する密封小線源永久挿入治療後のIPSSの変化について(一般演題口演,第94回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 亭島 淳;長谷川 泰久;石 光広;安本 博晃;松原 昭郎;碓井 亞;橋本 泰年;和田崎 晃一;伊藤 勝陽
  68. 2006年03月10日, MP-217 泌尿器癌におけるKu70蛋白の免疫組織化学的検討(一般演題ポスター,第94回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 長谷川 泰久;加藤 昌生;亭島 淳;郷力 昭宏;石 光広;角西 雄一;三田 耕司;繁田 正信;松原 昭郎;碓井 亞
  69. 2006年03月10日, MP-338 会陰式前立腺全摘除術後の膀胱形態と排尿のQOL(一般演題ポスター,第94回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 三田 耕司;松原 昭郎;郷力 昭宏;長谷川 泰久;石 光広;加藤 昌生;角西 雄一;亭島 淳;繁田 正信;碓井 亞
  70. 2006年, 新泌尿器科手術のための解剖学 , メジカルビュー社, 2006年, 単行本(学術書), 共編著, 松原 昭郎 , 10
  71. 2006年, 経皮的膀胱穿刺と切開, 外科治療, 亭島 淳;松原 昭郎
  72. 2005年;2月00日, ホルモン不応性ヒト前立腺癌に対する新しい治療法の開発, [松原昭郎], 松原昭郎, 広島大学 [著];松原, 昭郎;広島大学
  73. 2005年09月20日, 簡便な唾液テストステロン酵素免疫測定, 日本泌尿器科學會雜誌, 三田 耕司;松原 昭郎;碓井 亞
  74. 2005年09月, 簡便な唾液テストステロン酵素免疫測定, 日本泌尿器科学会雑誌, 三田 耕司;松原 昭郎;碓井 亞
  75. 2005年08月, 症例 腎盂自然破裂をきたした尿管腫瘍の1例, 西日本泌尿器科, 梶原 充;松原 昭郎;碓井 亞 他;碓井 亞
  76. 2005年07月, 会陰式前立腺全摘除術, 西日本泌尿器科, 松原 昭郎
  77. 2005年03月05日, 前立腺肥大や前立腺癌再燃による尿閉症例に対する経尿道的前立腺内エタノール注入療法の検討(第93回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 牟田口 和昭;大口 泰助;花田 麻里;溝口 裕昭;安本 博晃;松原 昭郎;碓井 亞;大原 慎也;藤井 元広
  78. 2005年03月05日, 局所前立腺癌に対する手術法別のQOL : 多施設共同前向き研究(第93回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 荒井 陽一;並木 俊一;頴川 晋;馬場 志郎;臼井 幸男;寺地 敏郎;松原 昭郎;碓井 亞;米田 達明;井川 幹夫;寺井 章人;桑原 正明;庵谷 尚正
  79. 2005年03月05日, 前立腺癌検診 : リピーターについての解析(第93回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 安本 博晃;松原 昭郎;三田 耕司;亭島 淳;望月 英樹;石 光広;碓井 亞
  80. 2005年03月05日, IGFBP-rP1の発現回復によるヒト前立腺癌細胞の放肘線感受性および Docetaxel の併用による効果(第93回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 石 光広;望月 英樹;安本 博晃;松原 昭郎;碓井 亜
  81. 2005年, 臨床腫瘍内科学入門 , 永井書店, 2005年, 単行本(学術書), 共編著, 松原 昭郎 , 5
  82. 2005年, 前立腺癌に対する125Iシード線源による密封小線源療法の治療経験, 広島医学, 和田崎 晃一;松原 昭郎;安本 博晃 他;安本 博晃
  83. 2005年, 簡便な唾液テストステロン酵素免疫測定, 日本泌尿器科学会雑誌, 三田 耕司;松原 昭郎;碓井 亞
  84. 2004年03月15日, OP3-083 IGFBP-rP1の発現回復によるヒト前立腺癌細胞の放射線感受性(一般演題(口演)), 日本泌尿器科學會雜誌, 石 光広;望月 英樹;安本 博晃;松原 昭郎;碓井 亞
  85. 2004年03月15日, OP3-082 線維芽細胞成長因子受容体2の発現回復によるヒト前立腺癌細胞の放射線感受性(一般演題(口演)), 日本泌尿器科學會雜誌, 望月 英樹;石 光広;安本 博晃;松原 昭郎;碓井 亞
  86. 2004年, 今日の治療指針 2004 私はこう治療している , 医学書院, 2004年, 教科書, 共編著, 松原 昭郎 , 2
  87. 2004年, 今日の治療と看護、前立腺疾患 , 南江堂, 2004年, 教科書, 共著, 松原 昭郎 , 5
  88. 2004年, 泌尿器科周術期管理のすべて , メジカルビュー社, 2004年, 単行本(学術書), 共編著, 松原 昭郎 , 10
  89. 2003年;2月00日, ヒト前立腺癌のホルモン依存性消失に関するFGFR2の遺伝子変異と治療への応用, [松原昭郎], 松原昭郎, 広島大学 [著];松原, 昭郎;広島大学
  90. 2003年08月, 検診・人間ドックで見つかる泌尿器科疾患, 治療, 松原 昭郎;牟田口 和昭;安本 博晃 他;安本 博晃
  91. 2003年05月10日, 男性ホルモン補充療法, 医学のあゆみ, 碓井 亜;松原 昭郎
  92. 2003年02月15日, 解剖学的会陰式前立腺摘除術, 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;安本 博晃;牟田口 和昭;三田 耕司;望月 英樹;碓井 亞
  93. 2003年02月15日, 解剖学的会陰式前立腺摘除術(「早期前立腺癌の治療」), 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;安本 博晃;牟田口 和昭;三田 耕司;望月 英樹;碓井 亜
  94. 2002年02月20日, ヒト前立腺におけるIGFBP-rP1の局在性と腫瘍増殖抑制作用, 日本泌尿器科學會雜誌, 牟田口 和昭;望月 英樹;亭島 淳;安本 博晃;矢野 明;松原 昭郎;碓井 亞
  95. 2002年02月20日, 系統的前立腺10か所生検の検討, 日本泌尿器科學會雜誌, 牟田口 和昭;安本 博晃;松原 昭郎;碓井 亞
  96. 2002年02月20日, 線維芽細胞成長因子受容体2(FGFR2 IIIb)の発現回復によるヒト前立腺癌細胞の増殖抑制ならびに分化誘導, 日本泌尿器科學會雜誌, 安本 博晃;牟田口 和昭;望月 英樹;亭島 淳;松原 昭郎;碓井 亞
  97. 2002年01月, 「認定医・専門医のための内科学レビュー2002」-最新主要文献と解説- 5.生殖腺 , 総合医学社, 2002年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 松原 昭郎 安本 博晃 碓井亜 , 6
  98. 2001年02月20日, 線維芽細胞成長因子受容体2(FGFR2IIIb)の発現回復によるヒト前立腺癌細胞の増殖抑制, 日本泌尿器科學會雜誌, 安本 博晃;松原 昭郎;牟田口 和昭;亭島 淳;神谷 研二;確井 亞
  99. 2001年02月20日, ヒト前立腺組織におけるIGFBP-7の検討, 日本泌尿器科學會雜誌, 牟田口 和昭;亭島 淳;安本 博晃;矢野 明;橋本 邦宏;三田 耕司;松原 昭郎;碓井 亞
  100. 2001年, ホルモン不応性ヒト前立腺癌に対するチロシンキナ-ゼを用いた新治療法の基礎的研究, 松原, 昭郎, 広島大学;松原, 昭郎
  101. 2000年03月20日, 前立腺癌細胞株におけるFGF-7とARのクロストークについての基礎的研究, 日本泌尿器科學會雜誌, 安本 博晃;亭島 淳;松原 昭郎;碓井 亞
  102. 1998年02月20日, ヒト前立腺におけるインスリン様成長因子およびそのレセプターと結合蛋白の発言, 日本泌尿器科學會雜誌, 三田 耕司;橋本 邦広;矢野 明;高橋 宏明;松原 昭郎;中原 満;碓井 亞
  103. 1998年02月20日, ヒト前立腺癌における線維芽細胞成長因子およびその受容体の発現 : 第86回日本泌尿器科学会総会, 日本泌尿器科學會雜誌, 高橋 宏明;三田 耕司;松原 昭朗;中原 満;碓井 亞
  104. 1998年02月20日, 繊維芽細胞成長因子受容体2の発現回復によるラット悪性前立腺腫瘍細胞の増殖抑制 : 第86回日本泌尿器科学会総会, 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;中原 満;碓井 亞;菅 幹雄;Feng Shuju;McKeehan Wallace L.
  105. 1998年, 前立腺癌に対する成長因子受容体を用いた新しい遺伝子治療の基礎的研究, 松原, 昭郎, 広島大学;松原, 昭郎
  106. 1996年02月20日, アンドロジェン感受性ヒト前立腺癌細胞の増殖およびPSA産生におけるアンドロジェンおよび線維芽細胞成長因子の作用, 日本泌尿器科學會雜誌, 高橋 宏明;松原 昭郎;丸山 聡;三田 耕司;中原 満;碓井 亞
  107. 1996年, ヒト前立腺肥大の間質細胞における線維芽細胞成長因子の作用機構に関する検討, 松原昭郎 [著];松原, 昭郎
  108. 1996年, ヒト前立腺肥大の間質細胞における線維芽細胞成長因子の作用機構に関する検討, 松原昭郎 [著];松原, 昭郎
  109. 1995年05月20日, ヒト前立腺肥大の間質細胞における線維芽細胞成長因子の作用機構に関する検討, 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎
  110. 1995年03月20日, ヒト前立腺癌細胞増殖における線維芽細胞成長因子およびその受容体に関する検討, 日本泌尿器科學會雜誌, 高橋 宏明;松原 昭郎;丸山 聡;中原 満;碓井 亞
  111. 1995年03月20日, SV40形質転換ラット前立腺背側葉細胞における成長因子の検討, 日本泌尿器科學會雜誌, 田丁 貴俊;白根 猛;松原 昭郎;中原 満;碓井 亞
  112. 1995年01月20日, 前立腺腫瘍における血清中遊離型および結合型PSAの意義, 日本泌尿器科學會雜誌, 白根 猛;井川 幹夫;松原 昭郎;田丁 貴俊;中原 満;碓井 亜
  113. 1995年01月20日, ヒト前立腺肥大症の間質細胞における線維芽細胞成長因子およびその受容体の発現に関する検討, 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;白根 猛;田丁 貴俊;中原 満;碓井 亞
  114. 1995年01月20日, SV40形質転換ラット前立腺背側葉細胞における成長因子の検討, 日本泌尿器科學會雜誌, 田丁 貴俊;白根 猛;松原 昭郎;中原 満;碓井 亞
  115. 1995年, ヒト前立腺肥大の間質細胞における線維芽細胞成長因子の作用機構に関する検討, 日本泌尿器科学会雑誌, 松原 昭郎
  116. 1994年12月, Expression of fibroblast growth factors and fibroblast growth factor receptors in human benign prostatic hyperplasia: Comparison between epithelium and stroma. , Adenine Press, 1994年, 12, 単行本(学術書), 共著, 中原 滿 松原 昭郎 takatoshi tacho takeshi shirane mikio igawa 碓井 亞 , 11
  117. 1994年07月20日, 副腎皮質癌の1例 : 第91回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 安本 博晃;松原 昭郎;碓井 亞
  118. 1993年11月20日, 前立腺癌の内分泌療法および放射線療法における予後因子の解析, 日本泌尿器科學會雜誌, 田丁 貴俊;井川 幹夫;松原 昭郎;白根 猛;福島 雅之;中原 満;相模 浩二;碓井 亞
  119. 1993年, 前立腺癌の内分泌療法および放射線療法における予後因子の解析, 日本泌尿器科学会雑誌, 田丁 貴俊;井川 幹夫;松原 昭郎;白根 猛;福島 雅之;中原 満;相模 浩二;碓井 亜
  120. 1992年08月20日, 再燃前立腺癌に対する化学療法の経験 : 第88回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;小林 勲男;中津 博
  121. 1992年08月20日, 総合病院双三中央病院泌尿器科における1987〜1988年の臨床統計 : 第87回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 中津 博;松原 昭郎
  122. 1992年08月20日, 超音波断層法を用いた残尿測定 : 第87回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;中津 博
  123. 1992年08月20日, 双三中央病院泌尿器科における1990年の臨床統計 : 第89回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 小林 勲勇;三田 耕司;中津 博;松原 昭郎
  124. 1992年08月20日, 膀胱原発悪性リンパ腫の1例 : 第89回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 三田 耕司;小林 勲勇;松原 昭郎
  125. 1992年08月20日, 手術的に治療した腎孟腫瘍術後肺転移の1例 : 第90回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;上田 光孝;碓井 亞
  126. 1992年06月20日, Ureterominiscopeとlaser砕石装置によるTUL : 第79回日本泌尿器科学会総会, 日本泌尿器科學會雜誌, 相模 浩二;松原 昭郎;大口 泰助;田丁 貴俊;三谷 信二;上田 光孝;藤原 政治;井川 幹夫;中原 満;碓井 亞
  127. 1992年, 尿路性器感染症に対するMeropenemの臨床的検討, CHEMOTHERAPY, 井川 幹夫;三谷 信二;藤原 政治;碓井 亜;岩佐 嗣夫;長岡 修司;中野 博;松原 昭郎;中津 博;瀬尾 一史;小野 浩;平山 多秋
  128. 1989年12月20日, 総合病院双三中央病院泌尿器科における1987年度の臨床統計 : 第85回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;中津 博
  129. 1989年12月20日, 停留睾丸を合併したSilver-Russell症候群の1例 : 第85回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;中津 博
  130. 1989年02月20日, 内視鏡的治療を行った外傷性尿道閉塞の1例(第84回広島地方会), 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;中津 博
  131. 1989年02月20日, M-VACと丸山ワクチンの併用により完全寛解が得られた進行性膀胱癌の1例(第83回広島地方会), 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;中津 博
  132. 1986年11月20日, 石灰化を伴った巨大腎嚢胞の1例 : 第80回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 藤原 政治;松原 昭朗;福重 満;石野 外志勝;中本 貴久
  133. 1986年11月20日, 出血性腎嚢胞と診断した腎癌の1例 : 第80回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;藤原 政治;福重 満;三谷 信二
  134. 1986年11月20日, 家族内発生をみた腎癌症例 : 第79回広島地方会, 日本泌尿器科學會雜誌, 松原 昭郎;世古 昭三;中野 博
  135. 2012年04月25日, 前立腺癌診療ガイドライン2012年版, CQ6: 経会陰式前立腺全摘除術は恥骨後式に比較してどのような利点・欠点があるか?, 金原出版, 2012年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 松原 昭郎, 978-4-307-43050-0, 240, 131-133
  136. 2018年03月, がん薬物療法の副作用 : 膀胱癌 : BCG療法, 臨床泌尿器科 = Japanese journal of clinical urology, 共著, 井上 省吾;亭島 淳;松原 昭郎

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 線維芽細胞成長因子受容体2の発現回復によるラット悪性前立腺腫瘍細胞の増殖抑制, 松原 昭郎, 第50回日本泌尿器科学会西日本総会, 1998年11月, 招待, 日本語
  2. Inhibition of growth of malignant rat prostate tum, 松原 昭郎, "Innovators in Urology, inaugural international meeting", 1998年02月, 招待, 日本語
  3. 再燃前立腺癌に対する内分泌療法および内分泌化学療法の治療成績, 松原 昭郎, 第53回日本泌尿器科学会西日本総会, 2001年11月, 招待, 日本語
  4. ホルモン不応性前立腺癌と線維芽細胞成長因子受容体, 松原 昭郎, 第7回日本乳癌学会, 1999年05月, 招待, 日本語
  5. 前立腺癌の悪性化と線維芽細胞成長因子受容体, 松原 昭郎, 第58回日本癌学会総会, 1999年09月, 招待, 日本語
  6. Malignant progression and fibroblast growth factor receptor in prostate cancer, 松原 昭郎, The 2nd KANAZAWA International Urologic Oncology Seminar, 2000年10月, 招待, 日本語
  7. LUTS and impotence after radical perineal prostatectomy., 松原 昭郎, 7th meeting of Hellenic Andrological Congress, 2006年11月, 招待, 日本語
  8. Role of radical prostatectomy for high-risk localized prostate cancer., 松原 昭郎, Annual EAU (European Association of Urology) Congress, 2007年03月, 招待, 日本語
  9. Role of radical prostatectomy for patients with a prostate-specific antigen level of >20 ng/ml or biopsy Gleason score of >_8 prostate cancer., 松原 昭郎, ASCO (American Society of Clinical Oncology) The Prostate Cancer Symposium, 2007年02月, 招待, 日本語
  10. Implication of FGFR in loss of hormone dependency of prostate cancer and its application to new therapy for prostate cancer., 松原 昭郎, The international workshop on biodental education & research 2009 Hiroshima, 2009年02月, 招待, 日本語
  11. 前立腺癌の増殖因子とその受容体―増殖への関与と治療応用―, 松原 昭郎, 日本泌尿器科学会第49回新潟地方会, 2008年03月, 招待, 日本語
  12. 会陰式前立腺摘除術における断端陽性とその治療, 松原 昭郎, 第98回日本泌尿器科学学会総会, 2010年04月, 招待, 日本語
  13. ここまできたロボット手術-その実際と今後の展望-, 松原 昭郎, 第63回広島医学会総会, 2010年11月, 招待, 日本語
  14. 2013年04月13日, 通常, 英語
  15. 腫瘍型間質性膀胱炎/膀胱痛症候群の治療におけるnarro-band imaging systemを用いた経尿道的焼灼術の有用性について, 梶原充, 池田健一郎, 稗田圭介, 井上省吾, 小林加直, 大原慎二, 亭島淳, 松原昭郎, 梶原充, 池田健一郎, 稗田圭介, 井上省吾, 小林加直, 大原慎二, 亭島淳, 松原昭郎, 梶原充, 池田健一郎, 稗田圭介, 井上省吾, 小林加直, 大原慎二, 亭島淳, 松原昭郎, 2013年04月27日, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 札幌
  16. 心理学的因子がda Vinciの鉗子操作習得に及ぼす影響, 亭島淳, 服部稔, 池田健一郎, 稗田圭介, 正路晃一, 宮本克利, 井上省吾, 小林加直, 大原慎也, 梶原充, 松原昭郎, 亭島淳, 服部稔, 池田健一郎, 稗田圭介, 正路晃一, 宮本克利, 井上省吾, 小林加直, 大原慎也, 梶原充, 松原昭郎, 第101回日本泌尿器科学会総会, 2013年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 札幌
  17. 腎癌患者の予後における被爆の影響, 池田健一郎, 池田健一郎, 亭島淳, 林哲太郎, 後藤景介, 仙谷和弘, 有広光司, 安井弥, 松原昭郎, 第101回日本泌尿器科学会総会, 2013年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 札幌
  18. 被爆者前立線癌の臨床病理学的特徴と予後ー非被爆者との比較, 正路晃一, 亭島淳, 林哲太郎, 神明俊輔, 秋田智之, 仙谷和弘, 武島幸男, 有広光司, 田中純子, 安井弥, 松原昭郎, 正路晃一, 亭島淳, 林哲太郎, 神明俊輔, 秋田智之, 仙谷和弘, 武島幸男, 有広光司, 田中純子, 安井弥, 松原昭郎, 被爆者前立線癌の臨床病理学的特徴と予後ー非被爆者との比較, 2013年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 札幌
  19. ヒト骨髄由来 CD133 陽性細胞を用いたラット陰茎海綿体神経の再生, 宮本克利, 井上省吾, 池田健一郎, 稗田圭介, 正路晃一, 小林加直, 大原慎也, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 宮本克利, 井上省吾, 池田健一郎, 稗田圭介, 正路晃一, 小林加直, 大原慎也, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 第101回日本泌尿器科学会総会, 2013年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 札幌
  20. Jun Teishima, Jun Teishima,Koichi Shoji, Tetsutaro Hayashi, Shigeki Yano, Kiyotaka Oka, Hirotaka Nagamatsu, Shinya Ohara, Akio Matsubara, 2013年05月, 通常, 英語
  21. Teishima Jun, 2013年05月, 通常, 英語
  22.  Prognositic Significance of C-reactive Protein in Intermediate-risk Japanese Metastatic Renal Cell Carcinoma Patients Treated with Molecular Targeted Therapy, Teishima Jun, 2013年05月, 通常, 英語
  23. 2013年05月, 通常, 英語
  24. 2013年05月, 通常, 英語
  25. 2013年05月, 通常, 英語
  26. 2013年05月, 通常, 英語, kanazawa( Japan)
  27. 2013年05月, 通常, 英語
  28. 第28回国際化学治療法学会, 2013年06月, 通常, 英語
  29. ヒト骨髄由来 CD133 陽性細胞を用いたラット陰茎海綿体神経の再生, 宮本克利, 宮本克利, 井上省吾, 池田健一郎, 稗田圭介, 正路晃一, 小林加直, 大原慎也, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 第10回泌尿器科再建再生研究会, 2013年06月, 通常, 日本語, 泌尿器科再建再生研究会, 東京
  30. 低強度体外衝撃波(ED1000)によるED治療の初期経験, 井上省吾, 井上省吾、藤原弘道、赤坂保行、西田健介、藤井照護、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎, 第153回日本泌尿器科学会広島地方会, 2013年06月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会広島地方会, 広島市
  31. 広島大学病院におけるロボット支援手術の臨床的検討, 稗田圭介, 稗田圭介、赤坂保行、西田健介、藤井照護、正路晃一、宮本克利、井上省吾、大原慎也、小林加直、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎, 第153回日本泌尿器科学会広島地方会, 2013年06月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会広島地方会, 広島市
  32. 広島大学病院泌尿器科の最新治療 ― 第1回 前立腺癌 -, 松原昭郎, 市民公開講座, 2013年07月, 通常, 日本語, 広島大学腎泌尿器科学講座, 広島大学
  33. 転移性腎癌における非淡明細胞癌と淡明細胞癌の比較, 亭島 淳, 亭島 淳、池田健一郎、稗田圭介、正 路晃一、宮本克利、井上省吾、 小林加直、大原慎也、梶原 充、松原昭郎, 第44回腎癌研究会, 2013年07月, 通常, 日本語, 腎癌研究会, 東京
  34. 針状細径鉗子(MiniLap)を使用した単孔式腹腔鏡下左副腎摘除術の検討, 井上省吾, 井上省吾、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島淳、松原昭郎, Reduced Port Surgery Form in Morioka, 2013年07月, 通常, 日本語, 盛岡市
  35. The correlation of accumulated fibroblast growth factor 9 in prostate cancer cells with epithelial-mesenchymal transition and the induction of VEGFA expression., Teishima J, Teishima J, Yano S, Hayashi T, Shoji K, Oka K, Nagamatsu H, Ohara S, and Matsubara A, 2013年09月, 通常, 英語
  36. Notch-2 regulates growth, self-renewal and metastasis in invasive bladder cancer., Hayashi T, 2013年09月, 通常, 英語
  37. Trastuzumab-DM1 (T-DM1) is highly effective in HER2-overexpressing bladder cancer., Hayashi T, 2013年09月, 通常, 英語
  38. Restoration of Fibroblast Growth Factor Receptor 2Ⅲb Enhances the Chemosensitivity of Human Castration Resistant Prostate Cancer Cells, 2013年09月, 通常, 英語
  39. Oligophrenin-1 Is Associated with Cell Adhesion and Migration in Prostate Cancer., 2013年09月, 通常, 英語
  40. 前立腺癌とメタボリック症候群, 松原 昭郎, 松原 昭郎、亭島 淳、永松 弘孝、後藤 景介, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 招待, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  41. 前立腺癌細胞におけるFGF9の集積は上皮間葉移行およびVEGFAの誘導に関与する, 亭島 淳, 亭島 淳、林 哲太郎、正路 晃一、岡 清貴、永松 弘孝、後藤 景介、神明 俊輔、松原 昭郎, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  42. 前立線癌細胞におけるFGF2Ⅲbの発現回復は化学療法感受性を増強する, 正路 晃一, 正路 晃一、亭島 淳、大原 慎也、松原 昭郎, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  43. FGF19は前立腺癌細胞の増殖を促進する, 永松 弘孝, 永松 弘孝、亭島 淳、正路 晃一、後藤 景介、岡 清貴、神明 俊輔、松原 昭郎, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  44. CAST 法により見いだされたPRL1の前立腺癌における発現と機能解析, 神明 俊輔, 神明 俊輔、林 哲太郎、坂本 直也、後藤 景介、仙谷 和弘、亭島 淳、松原 昭郎、大上 直秀、國安 弘基、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  45. 前立腺癌細胞における Reg IV の発現は細胞増殖および化学療法耐性 を増強する, 岡 清貴, 岡 清貴、亭島 淳、正路 晃一、後藤 景介、永松 弘孝、神明 俊輔、大原 慎也、林 哲太郎、大上 直秀、安井 弥、松原 昭郎, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  46. CAST 法により同定した前立腺癌新規バイオマーカーの OPHN1 は 前立腺癌の進展に関わる, 後藤 景介, 後藤 景介、林 哲太郎、神明 俊輔、坂本 直也、仙谷 和弘、 大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  47. ダ・ヴィンチが切り開く外科手術最先端, 松原昭郎, 世羅郡医師会学術講演会, 2013年10月, 招待, 日本語, 世羅郡医師会、キッセイ薬品, 世羅郡
  48. 分子標的治療を施行された転移性腎細胞癌の無増悪生存期間におけるCRPの影響, 亭島 淳, 亭島 淳,小畠浩平,北野弘之,岡清貴,永松弘孝,稗田圭介,正路晃一,宮本克利,井上省吾,小林加直,大原慎也,梶原 充,三田耕司,松原昭郎, 分子標的治療を施行された転移性腎細胞癌の無増悪生存期間におけるCRPの影響, 2013年10月, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 京都市
  49. 切迫性尿失禁を伴う過活動膀胱患者に対するフェソテロジン4mgの安全性、忍容性、有用性の検討, 梶原充, 梶原充, 稗田圭介, 正路晃一, 宮本克利, 井上省吾, 小林加直, 大原慎也, 亭島淳, 松原昭郎, 第65回西日本泌尿器科学会総会 , 2013年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会 , 佐賀市
  50. 前立腺癌患者における肥満と臨床病理学的因子の関連, 永松弘孝, 永松弘孝, 後藤景介, 亭島淳, 岡清貴, 正路晃一, 松原昭郎, 第65回西日本泌尿器科学会総会 , 2013年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会 , 佐賀市
  51. 筋層非浸潤性膀胱癌に対する膀胱内注入療法後の再発に喫煙が及ぼす影響, 西田健介, 西田健介, 北野弘之, 小林加直, 亭島淳, 藤井照護, 稗田圭介, 正路晃一, 宮本克利, 井上省吾, 大原慎也, 梶原充, 松原昭郎, 第65回西日本泌尿器科学会総会 , 2013年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会 , 佐賀市
  52. 総会賞ポスター2 腹腔鏡・ロボット 泌尿器科医におけるda Vinciの鉗子操作習得後のretentionについて, 亭島 淳, 亭島 淳、服部稔、井上省吾、稗田圭介、池田健一郎、大原慎也、梶原充、松原昭郎, 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 名古屋市
  53. 前立腺癌の検出における光力学診断の有用性の検討, 小林加直, 小林加直、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、井上省吾、大原慎也、梶原充、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 名古屋市
  54. 広島大学病院泌尿器科におけるロボット手術の取り組み, 稗田圭介, 稗田圭介,北野弘之、正路晃一、宮本克利、井上省吾、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 名古屋市
  55. 患者から見たLESSの評価-単孔式vs.従来法-, 井上省吾, 井上省吾、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 名古屋市
  56. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における針状細径鉗子の有用性, 井上省吾, 井上省吾、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 名古屋市
  57. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の現状と将来-Needlescopic Surgeryとの融合-, 井上省吾, 井上省吾、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島淳、松原昭郎, 第26回日本内視鏡外科学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本内視鏡外科学会総会, 福岡市
  58. ワークショップ23 泌尿器科ロボット支援手術におけるトラブルシューティング, 亭島 淳, 亭島 淳、井上省吾、稗田圭介、大原慎也、梶原 充、松原昭郎, 第26回 日本内視鏡外科学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本内視鏡外科学会総会, 福岡市
  59. 広島大学におけるロボット支援根治的前立線全摘除術の初期成績, 亭島 淳, 亭島 淳、稗田圭介、井上省吾、大原慎也、池田健一郎、藤井照護、西田健介、永松弘孝、川﨑真実、正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原充、松原昭郎, 第29回前立線シンポジウム, 2013年12月, 通常, 日本語, 公益財団法人前立腺研究財団, 東京
  60. 最先端ロボット手術の実際, 松原昭郎, 市民公開講座, 2014年01月, 通常, 日本語, 広島大学腎泌尿器科学講座, 広島大学
  61. ハンナー領域を伴う古典的間質性膀胱炎/膀胱痛症候群に対するnarrow-band imaging systemを用いた経尿道的焼灼術について, 梶原 充, 梶原 充、井上省吾、北野弘之、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、小林加直、大原慎也、亭島 淳、松原昭郎, 第13回日本間質性膀胱炎研究会, 2014年01月, 通常, 日本語, 日本間質性膀胱炎研究会, 東京
  62. ヒト骨髄由来CD133陽性細胞移植によるラット陰茎再生の試み, 井上省吾, 井上省吾、宮本克利、藤井照護、西田健介、北野弘之、永松弘孝、稗田圭介、正路晃一、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島 淳、松原昭郎, 第24回日本性機能学会西部総会, 2014年01月, 通常, 日本語, 日本性機能学会, 山口市
  63. ここまで来たロボット手術-その現状、仮題と将来展望-, 松原昭郎, 第60回広島麻酔医学会, 2014年01月, 招待, 日本語, 広島麻酔医学会, 広島市
  64. 針状細径鉗子(MiniLap)を使用した単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の検討~ Needlescopic surgery との融合~, 井上省吾, 井上省吾,北野弘之,稗田圭介,正路晃一,宮本克利,小林加直,大原慎也,梶原 充,亭島 淳,松原昭郎, 第10 回 Needlescopic Surgery Meeting, 2014年01月, 通常, 日本語, Needlescopic Surgery Meeting事務局, 鎌倉
  65. 前立腺がんの治療最前線-ロボット手術, 松原昭郎, 平成25年度がん医療ネットワーク説明会, 2014年01月, 招待, 日本語, 広島県医師会, 三次市
  66. Notch2 promotes tumor growth and metastasis in bladder cancer: Notch2 inhibition is a rational treatment., Hayashi T, Hayashi T, Gust KM, Jäger W, Awrey S, Li N, Altamirano-Dimas M, Buttyan R, Fazli L, Matsubara A and Black PC, 2014 GU Cancers Symposium (ASCO GU), 2014年01月, 通常, 日本語
  67. 勃起機能温存のための神経血管の温存テクニック, 松原昭郎, 第16回前立腺癌臨床課題研究会, 2014年02月, 招待, 日本語, 前立腺癌臨床課題研究会, 広島市
  68. ロボット支援手術での機器関連トラブルとその対処, 亭島 淳, 亭島 淳、井上省吾、稗田圭介、大原慎也、梶原 充、松原昭郎, 第22回中国四国前立線疾患研究会, 2014年02月, 通常, 日本語, 中国四国前立線疾患研究会, 岡山市
  69. 前立線がんの最新治療と将来展望, 松原昭郎, 福山医療センター市民公開講座2014 前立線がんのすべてがわかる!PASA検診による早期発見から前立腺がんの最新治療まで, 2014年02月, 招待, 日本語, 福山医療センター, 福山市
  70. ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の経験, 亭島 淳, 亭島 淳, 井上省吾, 稗田圭介, 池田健一郎, 大原慎也, 松原昭郎, 第6回日本ロボット外科学会, 2014年02月, 通常, 日本語, 日本ロボット外科学会, 福岡市
  71. 特別講演 ロボット支援下前立線全摘除術の手技と解剖, 松原昭郎, 第101回徳島県泌尿器科疾患研究会, 2014年03月, 招待, 日本語, あすか製薬,徳島県医師会,徳島県泌尿器科疾患研究会, 徳島市
  72. ロボット支援下前立線全摘除術の手技と解剖, 松原昭郎, 第18回青森前立腺癌研究会, 2014年03月, 招待, 日本語, 青森前立腺癌研究会,日本化薬, 青森市
  73. 前立線癌の進行におけるRegⅣの役割, 亭島 淳, 亭島 淳、正路晃一、永松弘孝、後藤景介、北野弘之、岡清貴、大上直秀、安井弥、松原昭郎, 第23回泌尿器科分子・細胞研究会, 2014年03月, 通常, 日本語, 泌尿器科分子・細胞研究会, 山形
  74. The role of regenerating islet-derived family, member 4 in human castration-resistant prostate cancer cells., Teishima J, Teishima J, Shoji K, Yamanaka R, Goto K, Nagamatsu H, Ohara S, Hayashi T, Oka K, Oue N, Yasui W, Matsubara A, The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society (APPS2014), 2014年03月, 通常, 英語, Asian Pacific Prostate Society (APPS)
  75. Prevalence of hand joint symptoms of androgen deprivation therapy., Shogo Inoue, Shogo Inoue, Kenichiro Ikeda, Keisuke Hieda, Koichi Shoji, Katsutoshi Miyamoto, Shinya Ohara, Kanao Kobayashi, Mitsuru Kajiwara, Jun Teishima, Akio Matsubara, The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society (APPS2014), 2014年03月, 通常, 英語
  76. FGF19 subfamily promotes orogression in prostate cancer., Nagamatsu H, Nagamatsu H, Teishima J, Goto K, Matsubara A, The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society (APPS2014), 2014年03月, 通常, 英語
  77. Regenerating islet-derived family, member 4 enhances cell proliferation, castration-resistance and chemoresistance through acceleration of neuroendocrine differentiation in human prostate cancer cells., J.Teishima, J.Teishima, K.Shoji, K.Goto, R.Yamanaka, H.Shikuma, H.Nagamatsu, S.Shinmei, H.Kitano, S.Ohara, T.hayashi, N.Oue, W.Yasui, A.Matsubara, 29th Annual EAU Congress, 2014年04月, 通常, 英語
  78. Notch2 promotes bladder cancer progression: Pre-clinical rationale for a novel targeted therapy., T.Hayashi, T.Hayashi, K.M.Gust, W.Jager, S.Awrey, N.Li, M.Altamirano-Dimas, R.Buttyan, L.Fazil, A.Matsubara, 29th Annual EAU Congress, 2014年04月, 通常, 英語
  79. Targeting HER2 with trastuzumab-DM1( T-DM1) is highly effective in preclinical models of HER2-overexpressing bladder cancer., T.Hayashi, T.Hayashi, W.Jager, I.Moskalev, S.Awrey, N.Li.Fazli, W.Yasui, A.Matsubara, P.C. Black, 29th Annual EAU Congress, 2014年04月, 通常, 英語
  80. 前立腺肥大症患者に対するデュタステリド療法時におけるα1遮断薬別治療効果, 梶原 充, 梶原 充、小畠浩平、加藤昌生、三田耕司、橋本邦宏、 植木哲裕、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  81. パネルディスカッション  単孔式ないしはリデュースポートサージェリー:安全性と整容性の両立, 松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 座長
  82. 前立線癌におけるReg Ⅳの意義, 亭島 淳, 亭島 淳、永松弘孝、北野弘之、後藤景介、 岡清貴、正路晃一、大上直秀、安井弥、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  83. パネルディスカッション  単孔式ないしはリデュースポートサージェリー:安全性と整容性の両立 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における整容性評価ー縦断的解析による従来法との比較ー, 井上 省吾, 井上 省吾、北野 弘之、稗田 圭介、正路 晃一、宮本 克利、大原 慎也、小林 加直、梶原 充、 亭島 淳、松原 昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  84. ヒト骨髄由来CD133陽性細胞移植によるラット陰茎再生の試み, 井上省吾, 井上省吾、宮本克利、藤井照護、西田健介、北野弘之、 稗田圭介、正路晃一、大原慎也、小林加直、梶原 充、 亭島 淳、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  85. 低強度体外衝撃波(ED1000)によるED治療の検討, 井上省吾, 井上省吾、藤井照護、西田健介、北野弘之、稗田圭介、 正路晃一、宮本克利、大原慎也、小林加直、梶原 充、 亭島 淳、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  86. 前立腺癌細胞におけるFGFR2Ⅲbの発現回復は化学療法感受性を増強する, 正路晃一, 正路晃一、亭島 淳、大原慎也、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  87. FGF19は前立線癌細胞の増殖を抑制する, 永松弘孝, 永松弘孝、亭島 淳、後藤景介、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  88. わが国小学生を対象にしたインターネットリサーチを利用した過活動膀胱とQOLに関する疫学調査, 梶原 充, 梶原 充、池田健一郎、稗田圭介、正路晃一、宮本克利、 井上省吾、大原慎也、小林加直、亭島 淳、松原昭郎, 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014年04月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 神戸市
  89. Needlescopic-assisted laparoendoscopic single-site (LESS) adrenalectomy., Shogo Inoue, Shogo Inoue, Hiroyuki Kitano, Keisuke Hieda, Katsutoshi Miyamoto, Shinya Ohara, Kanao Kobayashi, Mitsuru Kajiwara, Jun Teishima, Akio Matsubara, AUA Annual Meeting 2014, 2014年05月, 通常, 英語
  90. Restoration of Fibroblast Growth Factor Receptor 2IIIb Enhances the Chemosensitivity of Human Prostate Cancer Cells., Koichi Shoji, Koichi Shoji, Jun Teishima, Shinya Ohara, Akio Matsubara, AUA Annual Meeting 2014, 2014年05月, 通常, 英語
  91. FGF19 subfamily promotes progression in prostate cancer cells., Hirotaka Nagamatsu, Hirotaka Nagamatsu, Jun Teishima, Keisuke Goto, Akio Matsubara, AUA Annual Meeting 2014, 2014年05月, 通常, 英語
  92. Regenerating islet-derived family, member 4 enhances cell proliferation, castration-resistance, and chemoresistance through acceleration of neuroendocrine differentiation in human prostate cancer cells., Jun Teishima, Jun Teishima, Koichi Shoji, Keisuke Goto, Ryoken Yamaoka, Hiroyuki Shikuma, Hirotaka Nagamatsu, Kiyotaka Oka, Shunsuke Shinmei, Hiroyuki Kitano, Shinya Ohara, Tetsutaro Hayashi, Norihide Oue, Wataru Yasui, Akio Matsubara,, AUA Annual Meeting 2014, 2014年05月, 通常, 英語
  93. Targeting HER2 with trastuzumab-DM1( T-DM1) is highly effective in HER2-overexpressing bladder cancer., Hayashi T, Hayashi T, Jäger W, Moskalev M, Awrey S, Li N, Fazli L, Yasui W, Matsubara A and Black PC, AUA Annual Meeting 2014, 2014年05月, 通常, 英語
  94. 前立腺癌治療における病診連携, 松原昭郎, 広島市南区学術講演会, 2014年05月, 招待, 日本語, 広島市南区医師会・アステラス製薬, 広島市
  95. 特別講義「広島大学・異分野3教授に聞く、最新医学の分かりやすいお話~広大は今、最新医学が分かる20分レクチャー~」ここまで来たロボット外科手術~その現状、課題と将来展望, 松原昭郎, 平成26年広仁会広島支部総会, 2014年05月, 招待, 日本語, 広仁会広島支部, 広島市
  96. 腎部分切除術におけるRENAL nephrometry scoreを用いた術式別手術成績の評価, 重松慶紀, 重松慶紀, 亭島 淳, 井上省吾, 馬場﨑隆志, 小畠浩平, 関野陽平, 北野弘之, 稗田圭介, 永松弘孝, 郷力昭宏, 川﨑真実, 正路晃一, 梶原 充, 松原昭郎, 第155回日本泌尿器科学会広島地方会, 2014年06月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会広島地方会, 広島市
  97. FGF family in the progression of prostate cancer., Jun Teishima, Jun Teishima, Hirotaka Nagamatsu, Koichi Shoji, Hiroyuki Kitano, Tetsutaro Hayashi, Keisuke Goto, Akio Matsubara, 前立腺生物学シンポジウム 伊勢志摩2014, 2014年06月, 通常, 日本語, 鳥羽市
  98. 分子標的薬を投与された転移性腎細胞癌の治療効果予測におけるCRPの意義, 亭島 淳, 亭島 淳, 北野弘之, 小畠浩平, 永松弘孝, 稗田圭介, 正路晃一, 井上省吾, 梶原 充, 三田耕司, 松原昭郎, 第45回腎癌研究会, 2014年07月, 通常, 日本語, 腎癌研究会, 東京都
  99. Laparoendoscopic Single-Site Surgeries: A Multicencer Experience of 469 Cases in Japan., Fuminori Sato, Ken Nakagawa, Akihiro Kawauchi, Akio Matsubara, Takatsugu Okegawa, Tomonori Habuchi, Koji Yoshimura, Akio Hoshi, Hidefumi Kinoshita, Hiromitsu Mimata, Tadashi Matsuda, Toshiro Terachi., 32nd World Congress of Endourology & SWL WCE2014, 2014年09月, 通常, 日本語
  100. 去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法の予後予測, 北野弘之, 北野弘之, 馬場﨑隆志, 小畠浩平, 重松慶紀, 関野陽平, 郷力昭宏, 稗田圭介, 永松弘孝, 正路晃一, 井上省吾, 梶原 充, 亭島 淳, 松原昭郎, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  101. 去勢抵抗性前立腺癌におけるregIVの意義, 亭島 淳, 亭島 淳, 正路晃一, 山中亮憲, 後藤景介, 永松弘孝, 大原慎也, 林 哲太郎, 岡 清貴, 大上直秀, 安井 弥, 松原昭郎, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  102. Endocrine FGFs promote progression in prostate cancer., 永松弘孝, 永松弘孝、亭島 淳、後藤景介、松原昭郎, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  103. 腎細胞癌Xenograft モデルにおける発光imaging についての検討, 北野弘之, 北野弘之, 亭島 淳, 林 哲太郎, 神明俊輔, 後藤景介, 宮本克利, 弓削 亮, 仙谷和弘, Peter Black, 北台靖彦, 安井 弥, 松原昭郎, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜市
  104. 泌尿器科医におけるda Vinciの鉗子操作習得後のretentionについて, 亭島 淳, 亭島 淳, 服部 稔, 井上省吾, 稗田圭介, 池田健一郎, 大原慎也, 松原昭郎, 第79回日本泌尿器科学会東部総会, 2014年10月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会, 横浜市
  105. 前立線癌診療の最新の話題, 堀江 重郎教授(順天堂大学大学院医学研究科 泌尿器外科学), 広島県CRPC学術講演会-ジェブタナ発売記念-, 2014年10月, 通常, 日本語, サノフィ・アベンティス株式会社, 広島市, 座長
  106. Over Viewing for Optical Treatment of Prostatic Disease, Prof.Antonio Alcaraz (Department of Urology, Hospital Clinic, University of Barcelona, Spain), Meet the Expert in Hiroshima, 2014年11月, 通常, 英語, グラクソ・スミスクライン株式会社, 広島市, 座長・総合司会
  107. 教育セミナー4 ADPKDに対するサムスカ投与のマネージメント, 武藤智教授(帝京大学医学部 泌尿器科学 准教授), 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会, 倉敷市, 座長
  108. ロコモティブシンドロームと過活動膀胱の関連性についての疫学, 梶原充, 梶原充, 小畠浩平, 正路晃一, 井上省吾, 亭島淳, 松原昭郎, 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会, 倉敷市
  109. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における整容性の縦断的解析, 井上省吾, 井上省吾, 馬場崎隆志, 小畠浩平, 重松慶紀, 関野陽平, 郷力昭宏, 稗田圭介, 正路晃一, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会, 倉敷市
  110. D'amico risk 分類のintermediate risk群におけるPSA 再発の検討, 永松弘孝, 永松弘孝, 後藤景介, 亭島淳, 繁田正信, 丸山聡, 小深田義勝, 三田耕司, 松原昭郎, 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会, 倉敷市
  111. 去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法の予後予測, 北野弘之, 北野弘之, 亭島淳, 松原昭郎, 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会, 倉敷市
  112. 前立腺癌Gleason Score と男性生殖器の関連, 北野弘之, 北野弘之, 亭島淳, 馬場崎隆志, 小畠浩平, 重松慶紀, 関野陽平, 後藤景介, 稗田圭介, 郷力昭宏, 正路晃一, 井上省吾, 梶原充, 松原昭郎, 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会, 西日本泌尿器科学会総会
  113. 低強度体外衝撃波によるED 治療効果の検討 −陰茎プレチスモグラフィを用いた客観的評価−, 馬場崎隆志, 馬場崎隆志, 小畠浩平, 重松慶紀, 関野陽平, 北野弘之, 郷力昭宏, 永松弘孝, 稗田圭介, 正路晃一, 井上省吾, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会, 倉敷市
  114. 筋層非浸潤性膀胱癌の再発におけるChronic Kidney Diseaseの影響, 小畠浩平, 小畠浩平, 馬場崎隆志, 重松慶紀, 関野陽平, 北野弘之, 後藤景介, 稗田圭介, 郷力昭宏, 正路晃一, 井上省吾, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 西日本泌尿器科学会総会, 倉敷市
  115. ロボット支援前立腺全摘除術における疲労感-腹腔鏡下前立腺全摘除術との比較-, 井上省吾, 井上省吾, 稗田圭介, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 齋藤満, 井上高光, 成田伸太郎, 土谷順彦, 羽渕友則, 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 倉敷市
  116. ‌da Vinci 支援下前立腺全摘術〜安全な導入と円滑な医療のための取り組み〜, 松原昭郎, 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会 , 2014年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会 , 博多市
  117. ビデオディスカッション3「単孔式腹腔鏡手術」, 松原昭郎, 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会 , 2014年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会 , 博多市, 座長
  118. 泌尿器科医がda Vinciの鉗子を操作する際の空間認知能力の影響, 亭島 淳, 亭島 淳, 服部 稔, 井上省吾, 稗田圭介, 松原昭郎, 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会総会, 博多市
  119. ディベート ロボットの手術前の腹腔鏡経験 ロボット手術前の腹腔鏡下経験-必要である, 亭島淳, 亭島淳, 稗田圭介, 井上省吾, 松原昭郎, 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会, 博多市
  120. ロボット支援前立腺全摘除術における神経温存と術後性機能, 稗田圭介, 稗田圭介, 重松慶紀, 関野陽平, 北野弘之, 郷力昭宏, 正路晃一, 井上省吾, 梶原充, 亭島淳, 松原昭郎, 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2014年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器内視鏡学会, 博多市
  121. 特別講演 尿路・性器感染症の治療に役立つ抗菌薬の基礎知識, 出口隆教授(岐阜大学大学院医学系研究科 泌尿器科学分野), 第156回日本泌尿器科学会広島地方会, 2014年11月, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会広島地方会, 広島市, 座長
  122. 陰茎海綿体膿瘍の1例, 正路晃一, 正路晃一、亭島 淳、宮本克利、小林加直、馬場崎隆志、小畠浩平、北野弘之、永松弘孝、神明俊輔、稗田圭介、郷力昭宏、井上省吾、梶原 充、松原昭郎, 第36回広島感染症研究会, 2014年11月, 通常, 日本語, 広島感染症研究会, 広島市
  123. 特別講演 ロボット支援下前立腺全摘叙述(RALP)手技と解剖, 松原昭郎, 第79回TEUS Tokyo Expert Urology Seminer, 2014年12月, 招待, 日本語, ノバルティス, 東京都
  124. ヒト末梢血CD133陽性細胞移植による新たな陰茎海綿体神経再生 -前立腺全摘除術後における勃起不全治療への応用-, 井上省吾, 井上省吾、宮本克利、松原昭郎, 第30回前立腺癌シンポジウム, 2014年12月, 通常, 日本語, 公益財団法人前立腺研究財団, 東京都
  125. ハイリスク前立腺癌における術後PSA再発の予測因子, 郷力昭宏、井上省吾, 郷力昭宏、馬場崎隆志、小畠浩平、重松慶紀、関野陽平、北野弘之、後藤景介、永松弘孝、稗田圭介、正路晃一、井上省吾、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎, 第30回前立腺癌シンポジウム, 2014年12月, 通常, 日本語, 公益財団法人前立腺研究財団, 東京都
  126. CRPCの治療戦略2015 知っておきたいAR標的薬のエビデンスと位置づけ, 松原昭郎, 第9回KURF(Kobe Urological Research Forum), 2015年01月, 招待, 日本語, 第一三共株式会社, 神戸市
  127. 転移性腎細胞癌の転移臓器および分子標的薬の治療効果と好中球/リンパ球比の関連, 亭島淳,大原慎也,定秀孝介,藤井慎介,北野弘之,小畠浩平,神明俊輔,正路晃一,井上省吾,林哲太郎,三田耕司,松原昭郎, 亭島淳,大原慎也,定秀孝介,藤井慎介,北野弘之,小畠浩平,神明俊輔,正路晃一,井上省吾,林哲太郎,三田耕司,松原昭郎, 第104回日本泌尿器科学会総会, 2016年04月25日, 通常, 日本語, 東北大学泌尿器科, 仙台国際センター,東北大学百周年記念会館
  128. Targeting HER2 with T-DM1, an Antibody-cytotoxic Drug Conjugate, is effective in HER2 overexpressing bladder cancer, Tetsutaro Hayashi,Wolfgang Jaeger, Igor Moskalev, Shannon Awrey, Na Li, Ladan Fazli, Wataru Yasui, Akio Matsubara, Peter C Black, Tetsutaro Hayashi,Wolfgang Jaeger, Igor Moskalev, Shannon Awrey, Na Li, Ladan Fazli, Wataru Yasui, Akio Matsubara, Peter C Black, 第104回日本泌尿器科学会総会, 2016年04月23日, 通常, 日本語, 東北大学泌尿器科, 仙台国際センター,東北大学百周年記念会館
  129. 血小板由来成長因子受容体の制御による腎細胞がん微小環境を標的とした分子標的薬併用療法の検討, 北野弘之,亭島淳, 弓削亮, 神明俊輔, 永松弘孝, 後藤景介,正路晃一, 井上省吾, 林哲太郎, 仙谷和弘, 北台靖彦, 安井弥, 松原昭郎, 北野弘之,亭島淳, 弓削亮, 神明俊輔, 永松弘孝, 後藤景介,正路晃一, 井上省吾, 林哲太郎, 仙谷和弘, 北台靖彦, 安井弥, 松原昭郎, 第104回日本泌尿器科学会総会, 2016年04月23日, 通常, 日本語, 東北大学泌尿器科, 仙台国際センター,東北大学百周年記念会館
  130. 前立腺全摘除術が及ぼす下部尿路症状(LUTS)の影響 −ロボット支援手術,腹腔鏡手術,開放手術における各術式間の縦断的検討から−, 井上省吾,村田大城,定秀孝介,藤井慎介,上田晃嗣,小畠浩平,北野弘之,岩本秀雄,神明俊輔,永松弘孝,稗田圭介,正路晃一,林哲太郎,亭島淳,松原昭郎, 井上省吾,村田大城,定秀孝介,藤井慎介,上田晃嗣,小畠浩平,北野弘之,岩本秀雄,神明俊輔,永松弘孝,稗田圭介,正路晃一,林哲太郎,亭島淳,松原昭郎, 第104回日本泌尿器科学会総会, 2016年04月25日, 通常, 日本語, 東北大学泌尿器科, 仙台国際センター,東北大学百周年記念会館
  131. 好中球/リンパ球比(NLR)を含む術前臨床病理学的因子を用いた膀胱癌における膀胱全摘後の再発,予後予測の検討, 藤井慎介,小畠浩平,林哲太郎、定秀孝介,後藤景介,岩本秀雄,井上省吾,大原慎也,加藤昌生,三田耕司、亭島淳、松原昭郎, 藤井慎介,小畠浩平,林哲太郎、定秀孝介,後藤景介,岩本秀雄,井上省吾,大原慎也,加藤昌生,三田耕司、亭島淳、松原昭郎, 第104回日本泌尿器科学会総会, 2016年04月25日, 通常, 日本語, 東北大学泌尿器科, 仙台国際センター,東北大学百周年記念会館
  132. Regenerating islet-derived related protein 4 as a candidate of a novel biomarker in castration-resistant prostate cancer patients., Jun Teishima, Hirotaka Nagamatsu, Koichi Shoji, Ryoken Yamanaka, Kohei Kobatake, Hiroyuki Kitano, Keisuke Goto, Tetsutaro Hayashi, Norihide Oue, Wataru Yasui, Akio Matsubara, Jun Teishima, Hirotaka Nagamatsu, Koichi Shoji, Ryoken Yamanaka, Kohei Kobatake, Hiroyuki Kitano, Keisuke Goto, Tetsutaro Hayashi, Norihide Oue, Wataru Yasui, Akio Matsubara, American Urological Association (AUA) 2016 Annual Meeting, 2016年05月09日, 通常, 英語, American Urological Association (AUA), San Diego Convention Center
  133. Notch2-HEY axis promotes tumor growth in bladder cancer through cell cycle progression and dedifferentiation, Tetsutaro Hayashi, Hiroshima, Japan, Akihiro Goriki, Htoo Zarni Oo, Roland Seiler, Tilman Todenhofer, Wolfgang Jaeger, Shannon Awrey, Manuel Altamirano-Dimas, Ladan Fazli, Vancouver , Canada, Akio Matsubara, Tetsutaro Hayashi, Hiroshima, Japan, Akihiro Goriki, Htoo Zarni Oo, Roland Seiler, Tilman Todenhofer, Wolfgang Jaeger, Shannon Awrey, Manuel Altamirano-Dimas, Ladan Fazli, Vancouver , Canada, Akio Matsubara, American Urological Association Annual meeting2016, 2016年05月09日, 通常, 英語, AUA, San Diego
  134. 膀胱癌におけるSPC18の発現・機能解析, 重松 慶紀、後藤 景介、関野 陽平、 仙谷 和弘、大上 直秀、林 哲太郎、 亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥, 重松 慶紀、後藤 景介、関野 陽平、 仙谷 和弘、大上 直秀、林 哲太郎、 亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2017年05月12日, 通常, 日本語, 東北大学大学院医学系研究科 病理診断学分野, 仙台
  135. CAST法により同定されたprotocadherin-β 9の前立腺癌における発現と機能解析, 関野 陽平、後藤 景介、向井 正一朗、 重松 慶紀、林 哲太郎、仙谷 和弘、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、 安井 弥, 関野 陽平、後藤 景介、向井 正一朗、 重松 慶紀、林 哲太郎、仙谷 和弘、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、 安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月14日, 通常, 日本語, 東北大学大学院医学系研究科 病理診断学分野, 仙台
  136. ACHT非依存性大結節性副腎皮質過形成(AIMAH)における単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の経験, 井上省吾、松原昭郎, 井上省吾、松原昭郎, 第28回日本内分泌外科学会, 2016年05月27日, 通常, 日本語, 東海大学医学部外科学系泌尿器科学 , 横浜
  137. 根治的前立腺全摘除術の術後血尿における縫合糸の影響, 定秀孝介、亭島淳、井上省吾、藤井慎介、北野弘之、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、松原昭郎, 定秀孝介、亭島淳、井上省吾、藤井慎介、北野弘之、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、松原昭郎, 第13回泌尿器科再建再生研究会への参加, 2016年06月18日, 通常, 日本語, 鳥取大学医学部器官制御外科学講座 腎泌尿器学分野, 鳥取市
  138. STAT1 inhibition restored chemotherapy sensitivity in chemo-resistant bladder cancer, Tetsutaro Hayashi, Roland Seiler, Robert H Bell, Susan Ettinger, Kendric Wang, Akihiro Goriki, Htoo Zarni Oo, Shannon Awrey, Manuel Altamirano-Dimas, Akio Matsubara, Colin Collins, Peter C Black, Tetsutaro Hayashi, Roland Seiler, Robert H Bell, Susan Ettinger, Kendric Wang, Akihiro Goriki, Htoo Zarni Oo, Shannon Awrey, Manuel Altamirano-Dimas, Akio Matsubara, Colin Collins, Peter C Black, CUA2016, 2016年06月27日, 通常, 英語, CUA, Vancouver
  139. 逆行性腎盂造影検査と経尿道的尿管ステント留置における有熱性尿路感染症の発症予測因子の検討, 北野弘之,亭島淳, 正路晃一,藤井慎介、定秀 孝介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、松原昭郎, 北野弘之,亭島淳, 正路晃一,藤井慎介、定秀 孝介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、松原昭郎, 第25回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会, 2016年07月08日, 通常, 日本語, 慶應義塾大学医学部 泌尿器科学教室, 横浜市
  140. 分子標的薬の逐次投与を施行された転移性腎細胞癌の予後における1st line薬剤の効果の意義, 亭島 淳、大原慎也、藤井慎介、定秀孝介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、三田耕司、松原昭郎, 亭島 淳、大原慎也、藤井慎介、定秀孝介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、三田耕司、松原昭郎, 第47回腎癌研究会(25周年記念大会), 2016年07月09日, 通常, 日本語, 岩手医科大学 泌尿器科学講座, 東京
  141. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における性機能長期改善奨励の検討, 井上省吾、栗村嘉昌、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 井上省吾、栗村嘉昌、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 日本性機能学会第27回学術総会・第26回中部総会, 2016年08月28日, 通常, 日本語, 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学, 大阪
  142. 前立腺全摘除術における術後総テストステロン値の変動とGleason Grading system (ISUP2015)におけるupgradingの関連, 栗村嘉昌、井上省吾、定秀孝介、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 栗村嘉昌、井上省吾、定秀孝介、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 日本性機能学会第27回学術総会, 2016年08月28日, 通常, 日本語, 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学, 大阪市
  143. 根治切除不能または転移性の腎細胞癌患者に対するエベロリムス投与前後のQOL変化, 下妻 晃二郎、小山 政史、舛森 直哉、松原 昭郎、松山 豪泰、神波 大己、西村 和郎、樋之津 史郎、赤座 英之、大園 誠一郎, 下妻 晃二郎、小山 政史、舛森 直哉、松原 昭郎、松山 豪泰、神波 大己、西村 和郎、樋之津 史郎、赤座 英之、大園 誠一郎, 第75回日本癌学会学術集会, 2016年10月07日, 通常, 日本語, 東京大学大学院 医学系研究科, 横浜
  144. STAT1シグナルは抗がん剤耐性膀胱癌で亢進し、STAT1抑制は抗がん剤感受性の回復に関与する, 林哲太郎、神明俊輔、亭島淳、ブラック・ピーター、安井弥、松原昭郎, 林哲太郎、神明俊輔、亭島淳、ブラック・ピーター、安井弥、松原昭郎, 第75回日本癌学会学術集会, 2016年10月08日, 通常, 日本語, 東京大学大学院 医学系研究科, 横浜
  145. 膀胱癌における化学療法耐性獲得へのp38MAPKの役割, 神明俊輔、林哲太郎、藤井慎介、亭島淳、仲一仁、安井弥、松原昭郎, 神明俊輔、林哲太郎、藤井慎介、亭島淳、仲一仁、安井弥、松原昭郎, 第75回日本癌学会学術集会, 2016年10月07日, 通常, 日本語, 東京大学大学院 医学系研究科, 横浜
  146. REGⅣは去勢抵抗性前立腺癌患者における新規のバイオマーカー候補となる, 藤井慎介、亭島淳、永松弘孝、正路晃一、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、林哲太郎、大上直秀、安井弥、松原昭郎, 藤井慎介、亭島淳、永松弘孝、正路晃一、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、林哲太郎、大上直秀、安井弥、松原昭郎, 第75回日本癌学会学術集会, 2016年10月07日, 通常, 日本語, 第75回日本癌学会学術集会
  147. 転写超保存領域Uc.416+Aは去勢抵抗性前立腺癌と関連する, 後藤景介、本間りりの、関野陽平、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎、安井弥, 後藤景介、本間りりの、関野陽平、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎、安井弥, 第75回日本癌学会学術集会, 2016年10月07日, 通常, 日本語, 東京大学大学院 医学系研究科, 横浜
  148. 膀胱癌におけるBST2の発現・機能解析, 重松慶紀、大上直秀、西岡祐里、関野陽平、向井正一朗、後藤景介、仙谷和弘、亭島淳、松原昭郎、安井弥, 重松慶紀、大上直秀、西岡祐里、関野陽平、向井正一朗、後藤景介、仙谷和弘、亭島淳、松原昭郎、安井弥, 第75回日本癌学会学術集会, 2016年10月07日, 通常, 日本語, 東京大学大学院 医学系研究科, 横浜
  149. CAST法により同定されたprotocadherin-β9の前立腺癌における発現と機能解析, 関野陽平、後藤景介、向井正一朗、重松慶紀、仙谷和弘、大上直秀、亭島淳、松原昭郎、安井弥, 関野陽平、後藤景介、向井正一朗、重松慶紀、仙谷和弘、大上直秀、亭島淳、松原昭郎、安井弥, 第75回日本癌学会学術集会, 2016年10月07日, 通常, 日本語, 東京大学大学院 医学系研究科, 横浜
  150. Serous adenocarcinoma of retropertoneum: case report, Yuki Kohadda, Shinji Matsuzaki, Yoshimasa Kurimura, Kousuke Ssadahide, Kenichiro Fukuoka, Shinsuke Fujii, Takeshi Ueno, Hiroyuki Kitano, Keisuke Goto, Keisuke Hieda, Shunsuke Shimnei, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Jun Teishima, Akio Matsubara, Yuki Kohadda, Shinji Matsuzaki, Yoshimasa Kurimura, Kousuke Ssadahide, Kenichiro Fukuoka, Shinsuke Fujii, Takeshi Ueno, Hiroyuki Kitano, Keisuke Goto, Keisuke Hieda, Shunsuke Shimnei, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Jun Teishima, Akio Matsubara, The 33th japan-Korea Urological Congress, 2016年10月08日, 通常, 日本語, 弘前大学大学院医学研究科泌尿器科 講座, 青森
  151. 分子標的薬を逐次投与された胃癌の予後における1st line薬剤の効果と中止理由の意義, 亭島淳、大原慎也、藤井慎介、定秀孝介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、三田耕司、松原昭郎, 亭島淳、大原慎也、藤井慎介、定秀孝介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、三田耕司、松原昭郎, 第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年10月20日, 通常, 日本語, 群馬大学大学院医学系研究科 腫瘍放射線学, 横浜
  152. DSC2の免疫組織染色は予後不良な扁平上皮分化を示す尿路上皮癌の診断に有用である, 林哲太郎、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 林哲太郎、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年10月21日, 通常, 日本語, 群馬大学大学院医学系研究科 腫瘍放射線学, 横浜
  153. HER2免疫組織染色スコア2+以上が膀胱癌の新規HER2治療薬T-DM1の良い治療標的となる, 林哲太郎、後藤景介、神明俊輔、郷力昭宏、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 林哲太郎、後藤景介、神明俊輔、郷力昭宏、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 日本泌尿器腫瘍学会 第2回学術集会, 2016年10月22日, 通常, 日本語, 大阪大学大学院医学系研究科 器官制御外科学講座(泌尿器科学, 横浜市
  154. ロボット支援腎部分切除術, 亭島淳、井上省吾、神明俊輔、稗田圭介、松原昭郎, 亭島淳、井上省吾、神明俊輔、稗田圭介、松原昭郎, 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学, 大阪
  155. 単施設における単孔式腹腔鏡下副腎摘除術100例の検討, 井上省吾、林哲太郎、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、亭島淳、松原昭郎, 井上省吾、林哲太郎、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、亭島淳、松原昭郎, 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016年11月17日, 通常, 日本語, 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学, 大阪
  156. 蛍光膀胱鏡補助下の経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術による膀胱平坦病変の病理学摘評価, 林哲太郎、小林加直、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 林哲太郎、小林加直、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016年11月19日, 通常, 日本語, 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学, 大阪
  157. ISUP2015を用いたロボット支援腹腔鏡下前立線摘除術における神経温存術式の検討, 神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学, 大阪
  158. 後腹膜アプローチによるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の経験, 稗田圭介、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 稗田圭介、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学, 大阪
  159. 術前慢性腎臓病stagegaが腹腔鏡下・ロボット支援腎部分切除術の術後腎機能低下に及ぼす影響, 亭島淳、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、大原慎也、加藤昌生、三田耕司、松原昭郎, 亭島淳、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、大原慎也、加藤昌生、三田耕司、松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月25日, 招待, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野, 下関
  160. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における性機能の縦断的検討, 井上省吾、小羽田悠貴、松崎信治、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 井上省吾、小羽田悠貴、松崎信治、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月25日, 通常, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野, 下関
  161. DSC2は扁平上皮分化を示す尿路上皮癌の診断に有用で予後予測因子となる, 林哲太郎、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 林哲太郎、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月26日, 通常, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野), 下関
  162. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における好中球リンパ球比と臨床病理学的因子との検討, 神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月25日, 通常, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野, 下関
  163. 経尿道的double J尿管ステント留置における有熱性尿路感染症の発症予測因子と予防的抗菌薬の検討, 北野弘之、正路晃一、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 北野弘之、正路晃一、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月25日, 通常, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野, 下関
  164. Combination therapy using molecular-targeted drugs inhibiting platelet-derived growth factor receptors in the tumor microenvirnment of renal cell carcinoma, 北野弘之、亭島淳、弓削亮、神明俊輔、永松弘孝、後藤景介、正路晃一、井上省吾、林哲太郎、仙谷和弘、北谷靖彦、安井弥、松原昭郎, 北野弘之、亭島淳、弓削亮、神明俊輔、永松弘孝、後藤景介、正路晃一、井上省吾、林哲太郎、仙谷和弘、北谷靖彦、安井弥、松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月26日, 通常, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野, 下関
  165. 前立腺癌に対するマルチパラメトリックMRIの有用性の検討, 上野剛志、林哲太郎、本田有紀子、寺田大晃、後藤景介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 上野剛志、林哲太郎、本田有紀子、寺田大晃、後藤景介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月26日, 通常, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野, 下関
  166. 尿路上皮癌に対するGC療法の効果の検討, 栗村嘉昌、松崎信治、小羽田悠貴、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 栗村嘉昌、松崎信治、小羽田悠貴、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月25日, 通常, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野, 下関
  167. 去勢抵抗性前立腺癌に対する新規治療薬の治療効果の検討, 福岡健一郎、松崎信治、小羽田悠貴、栗村嘉昌、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 福岡健一郎、松崎信治、小羽田悠貴、栗村嘉昌、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月25日, 通常, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野, 下関
  168. 上部尿路上皮癌における術前好中球/リンパ球比の再発、予後予測因子としての有用性の検討, 小羽田悠貴、藤井慎介、林哲太郎、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 小羽田悠貴、藤井慎介、林哲太郎、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月26日, 通常, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野, 下関
  169. 膀胱癌によるpulmonary tumor thrombotic microangiopathy(PTTM)-肺動脈血細胞診を用いて生前診断した1例, 松崎信治、小畠浩平、藤井慎介、定秀孝介、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 松崎信治、小畠浩平、藤井慎介、定秀孝介、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月26日, 通常, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野, 下関
  170. 根治的前立腺全摘除術の術後血尿における縫合糸の影響, 定秀孝介、松原昭郎、亭島淳、林哲太郎、井上省吾、神明俊輔、稗田圭介、後藤景介、北野弘之、上野剛志、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介, 定秀孝介、松原昭郎、亭島淳、林哲太郎、井上省吾、神明俊輔、稗田圭介、後藤景介、北野弘之、上野剛志、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月26日, 通常, 日本語, 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野, 下関
  171. マルチパラメトリックMRIを用いた前立腺被膜外進展の予測因子, 上野剛志、林哲太郎、本田有紀子、寺田大晃、後藤景介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 上野剛志、林哲太郎、本田有紀子、寺田大晃、後藤景介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 第32回前立腺シンポジウム, 2016年12月11日, 通常, 日本語, 第32回前立腺シンポジウム運営委員会、公益財団法人前立腺研究財団, 東京
  172. pT1の膀胱癌micropapillary variant に対するBCG療法, 林哲太郎、小畠浩平、小林加直、後藤景介、三田耕司、橋本邦宏、森山浩之、林陸雄、井上洋二、久米隆、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 林哲太郎、小畠浩平、小林加直、後藤景介、三田耕司、橋本邦宏、森山浩之、林陸雄、井上洋二、久米隆、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第9回BCG注入療法研究会, 2016年12月02日, 通常, 日本語, BCG注入療法研究会, 東京
  173. 腹腔鏡下およびロボット支援腎部分切除術の術後腎機能低下の予測におけるRENAL nephrometry scoreの意義, 亭島淳、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、大原慎也、加藤昌生、三田耕司、松原昭郎, 亭島淳、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、大原慎也、加藤昌生、三田耕司、松原昭郎, 第29回日本内視鏡外科学会総会, 2016年12月10日, 通常, 日本語, 北里大学医学部外科 , 横浜
  174. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術100例の検討, 井上省吾、林哲太郎、稗田圭介、神明俊輔、亭島淳、松原昭郎, 井上省吾、林哲太郎、稗田圭介、神明俊輔、亭島淳、松原昭郎, 第29回日本内視鏡外科学会総会, 2016年12月09日, 通常, 日本語, 北里大学医学部外科
  175. 内科医が知っておきたい泌尿器科疾患, 松原 昭郎, 第553回広島市内科医会学術講演会, 2016年06月07日, 招待, 日本語, 広島市内科医会/アステラス製薬株式会社, 広島
  176. Session VIII: Prostate Cancer 4 - Surgical Treatment Panel Discussion, Akio Matsubara, APPS2016( (The 6th Congress of Asian Pacific Prostate Society), 2016年09月09日, 招待, 英語, The 6th Congress of Asian Pacific Prostate Society, Seoul
  177. ここまで来たロボット支援手術 ーその現状と将来展望ー, 松原 昭郎, 第33回安芸医学会, 2016年12月04日, 招待, 日本語, 安芸地区医師会, 広島
  178. 低強度対外衝撃波によるED治療効果の検討-前立線全摘除術後ED症例に対する治療の可能性, 井上省吾、松崎信治、小羽田悠貴、藤井慎介、福岡憲一郎、栗村嘉昌、定秀孝介、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 井上省吾、松崎信治、小羽田悠貴、藤井慎介、福岡憲一郎、栗村嘉昌、定秀孝介、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第26回日本性機能学会西部総会, 2017年01月14日, 通常, 日本語, 松原 昭郎(広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 総合健康科学部門腎泌尿器科学), 広島
  179. ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術における術後腎機能とRENAL nephrometry score, 亭島淳、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、松原昭郎, 亭島淳、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、松原昭郎, 第9回日本ロボット外科学会学術集会, 2017年01月19日, 通常, 日本語, 佐賀大学医学部 一般・消化器外科, 佐賀
  180. 去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセルの初期治療経験, 福岡憲一郎、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、大原慎也、加藤昌生、三田耕司、清水優子、小林加直、岩本秀雄、田村賢司、甲田俊太郎、繁田正信, 福岡憲一郎、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、大原慎也、加藤昌生、三田耕司、清水優子、小林加直、岩本秀雄、田村賢司、甲田俊太郎、繁田正信, 第25回中国四国前立線・腎尿路疾患研究会, 2017年02月11日, 通常, 日本語, 松原 昭郎(広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 総合健康科学部門腎泌尿器科学)/アストラゼネカ株式会社, 岡山
  181. T1膀胱癌の再発・進展予測における好中球/リンパ球比の意義, 藤井慎介、林哲太郎、小羽田悠貴、松崎信治、定秀孝介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 藤井慎介、林哲太郎、小羽田悠貴、松崎信治、定秀孝介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第25回中国四国前立線・腎尿路疾患研究会, 2017年02月11日, 通常, 日本語, 松原 昭郎(広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 総合健康科学部門腎泌尿器科学)/ アストラゼネカ株式会社, 岡山
  182. 臨床的意義のある前立腺癌の検出と被膜外浸潤の予測における術前3T MRIの有用性, 上野剛志、林哲太郎、本田有紀子、寺田大晃、後藤景介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 上野剛志、林哲太郎、本田有紀子、寺田大晃、後藤景介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 第25回中国四国前立線・腎尿路疾患研究会, 2017年02月11日, 通常, 日本語, 松原 昭郎(広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 総合健康科学部門腎泌尿器科学)/ アストラゼネカ株式会社, 岡山
  183. 広島大学病院におけるMRI Fusion prostate biopsyの初期経験, 藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、北野弘之、松崎信治、小羽田悠貴、定秀孝介、井上省吾、亭島淳、松原昭朗, 藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、北野弘之、松崎信治、小羽田悠貴、定秀孝介、井上省吾、亭島淳、松原昭朗, 第三回日本泌尿器癌局所療法研究会, 2017年02月17日, 通常, 日本語, 防衛医科大学校 泌尿器科講座, 東京
  184. Prognostic impact of immunohistochemical classification of bladder cancer according to luminal (Uroplakin III) and basal (Cytokeratin 5/6) markers, T. Hayashi, K. Sentani, S. Kakumoto, H.Z. Oo, N. Sakamoto, K. Mutaguchi, K. Kobatake, K. Goto, S. Inoue, J. Teishima, W. Yasui, P.C. Black, A. Matsubara, T. Hayashi, K. Sentani, S. Kakumoto, H.Z. Oo, N. Sakamoto, K. Mutaguchi, K. Kobatake, K. Goto, S. Inoue, J. Teishima, W. Yasui, P.C. Black, A. Matsubara, 32nd Annual EAU Congress London, 2017年03月26日, 通常, 英語, EAU, London
  185. T-DM1, a novel HER2 antibody-cytotoxic drug conjugate, has anti- metastatic potential and is a promising targeted therapy for bladder cancer with HER2 IHC score 2+/3+, T. Hayashi, H. Oo, W. Jäger, K. Kobatake, A. Goriki, R. Seiler, T. Todenhöfer, N. Li, L. Fazli, A. Matsubara, P. Black, T. Hayashi, H. Oo, W. Jäger, K. Kobatake, A. Goriki, R. Seiler, T. Todenhöfer, N. Li, L. Fazli, A. Matsubara, P. Black, 32nd Annual EAU Congress London, 2017年03月27日, 通常, 英語, EAU, London
  186. Longitudinal evaluation of health related quality of life following laparoscopic adrenalectomy: Impact of adrenalectomy on cortisol-producing adenoma, Inoue S., Kurimura Y., Fukuoka K., Ueno T., Kitano H., Goto K., Shinmei S., Hieda K., Hayashi T., Teishima J., Matsubara A., Inoue S., Kurimura Y., Fukuoka K., Ueno T., Kitano H., Goto K., Shinmei S., Hieda K., Hayashi T., Teishima J., Matsubara A., 32nd Annual EAU Congress London, 2017年03月25日, 通常, 英語, EAU, London
  187. 腎癌におけるTSPAN8の高発現は予後不良因子であり、TSPAN8の発現抑制は腎癌の新規治療法となる可能性がある, 林 哲太郎、仙谷 和弘、後藤 景介、神明 俊輔、阿南 勝宏、井上 省吾、亭島 淳、安井 弥、松原 昭郎, 林 哲太郎、仙谷 和弘、後藤 景介、神明 俊輔、阿南 勝宏、井上 省吾、亭島 淳、安井 弥、松原 昭郎, 第26回泌尿器科分子細胞研究会, 2017年03月11日, 通常, 日本語, 大分大学医学部腎泌尿器外科学講座, 大分
  188. 尿路上皮癌における化学療法耐性獲得へのP38 MAPKの役割, 神明 俊輔、林 哲太郎、福岡 憲一郎、藤井 慎介、仙谷 和弘、亭島 淳、沖 一仁、安井 弥、松原 昭郎, 神明 俊輔、林 哲太郎、福岡 憲一郎、藤井 慎介、仙谷 和弘、亭島 淳、沖 一仁、安井 弥、松原 昭郎, 第26回泌尿器科分子細胞研究会, 2017年03月11日, 通常, 日本語, 大分大学医学部腎泌尿器外科学講座, 大分
  189. ヒストン脱メチル化酵素UTXの遺伝子改変による膀胱癌マウスモデルの開発, 池田 健一郎、小畠 浩平、仙谷 和弘、林 哲太郎、亭島 淳、安井 弥、本田 浩章、堀江 重郎、松原 昭郎, 池田 健一郎、小畠 浩平、仙谷 和弘、林 哲太郎、亭島 淳、安井 弥、本田 浩章、堀江 重郎、松原 昭郎, 第26回泌尿器科分子細胞研究会, 2017年03月11日, 通常, 日本語, 大分大学医学部腎泌尿器外科学講座, 大分
  190. 泌尿器内視鏡技術認定の有無による単孔式腹腔鏡下手術(LESS)に対する認識の相違, 稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、神明俊輔、亭島 淳、松原昭郎, 稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、神明俊輔、亭島 淳、松原昭郎, 第6回泌尿器単孔式・Reduced port 腹腔鏡手術ワークショップ, 2017年03月25日, 通常, 日本語, 東京歯科大学 泌尿器科, 成田市
  191. 臨床医が知っておきたい泌尿器疾患, 松原 昭郎, 柳井医師会講演会, 2017年03月24日, 招待, 日本語, アステラス製薬株式会社, 山口
  192. Expression and functional analysis of Signal peptidase complex 18 in Bladder cancer, Yoshinori Shigematsu, Yohei Sekino, Naoya Sakamoto, Naohide Oue, Tetsutaro Hayashi, Jun Teishima, Akio Matsubara, Wataru Yasui, Yoshinori Shigematsu, Yohei Sekino, Naoya Sakamoto, Naohide Oue, Tetsutaro Hayashi, Jun Teishima, Akio Matsubara, Wataru Yasui, American association of cancer research AACR 2017, 2017年04月01日, 通常, 英語, Washington DC (USA)
  193. STAT1 シグナルは抗がん剤耐性膀胱癌で亢進し、STAT1発現抑制が抗がん剤感受性を回復させ、新規併用治療法となる, 林哲太郎、郷力昭宏、神明俊輔、ピーターブラック、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 林哲太郎、郷力昭宏、神明俊輔、ピーターブラック、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第105回日本泌尿器科学会総会, 2017年04月20日, 通常, 日本語, 鹿児島
  194. チロシンキナーゼ阻害剤を投与された転移性腎細胞癌の予後における血中パラメーターの変動の意義, 亭島 淳、大原慎也、三田耕司、松原昭郎, 亭島 淳、大原慎也、三田耕司、松原昭郎, 第105回日本泌尿器科学会総会, 2017年04月21日, 通常, 日本語, 鹿児島
  195. 腹腔鏡下副腎摘除術における術後QOLの縦断的検討—QOL改善の視点からみたコルチゾール産生腫瘍における副腎摘除術の意義, 井上省吾、林哲太郎、定秀孝介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、北野弘之、神明俊輔、稗田圭介、亭島淳、松原昭郎, 井上省吾、林哲太郎、定秀孝介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、北野弘之、神明俊輔、稗田圭介、亭島淳、松原昭郎, 第105回日本泌尿器科学会総会, 2017年04月21日, 通常, 日本語, 鹿児島
  196. 尿路上皮癌における化学療法耐性獲得へのp38MAPK の役割, 神明俊輔、林哲太郎、藤井慎介、仙谷和弘、亭島淳、仲一仁、安井弥、松原昭郎, 神明俊輔、林哲太郎、藤井慎介、仙谷和弘、亭島淳、仲一仁、安井弥、松原昭郎, 第105回日本泌尿器科学会総会, 2017年04月21日, 通常, 日本語
  197. The impact of kinetics of biomarkers on the prediction of overall survival in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with a tyrosine kinase inhibitor., Jun Teishima, Shinya Ohara, Kousuke Sadahide, Shinsuke Fujii, Hiroyuki Kitano, Shunsuke Shinmei, Keisuke Hieda, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Koji Mita, Akio Matsubara, Jun Teishima, Shinya Ohara, Kousuke Sadahide, Shinsuke Fujii, Hiroyuki Kitano, Shunsuke Shinmei, Keisuke Hieda, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Koji Mita, Akio Matsubara, AUA 2017 Annual Meeting, 2017年05月12日, 通常, 英語, Boston, USA
  198. Expression of the transcribed ultraconserved region Uc.63+ in prostate cancer., Sekino Y, Sakamoto N, Goto K, Honma R, Shigematsu Y, Oue N, Sentani K, Teishima J, Matsubara A, Yasui W, Sekino Y, Sakamoto N, Goto K, Honma R, Shigematsu Y, Oue N, Sentani K, Teishima J, Matsubara A, Yasui W, Annual meeting of American Association for Cancer Research 2017,, 2017年04月01日, 通常, 英語, Washington DC (USA)
  199. Signal peptidase complex 18(SPC18)の膀胱癌における発現・機能解析, 重松 慶紀、後藤 景介、関野 陽平、 仙谷 和弘、大上 直秀、林 哲太郎、 亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥, 第105回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語, 仙台
  200. 前立腺癌におけるUc.63+の発現解析, ,関野陽平、後藤景介、本間りりの、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語, 東京
  201. Longitudinal valuation of Health Related Quality of Life Following Laparoscopic Adrenalectomy: Impact of Adrenalectomy on Cortisol-Producing Adenoma, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Keisuke Hieda, Shunsuke Shinmei, Jun Teishima, Akio Matsubara, AUA 2017 Annual Meeting, 2017年05月13日, 通常, 英語, Boston(USA)
  202. Prognostic impact of immunohistochemical classification of bladder cancer according to luminal (Uroplakin III) and basal (Cytokeratin 5/6) markers, Tetsutaro Hayashi, Kazuhiro Sentani, Shinji Kakumoto, Htoo Zarni Oo, Naoya Sakamoto, Kazuaki Mutaguchi, Kohei Kobatake, Keisuke Goto, Shogo Inoue, Jun Teishima,Peter Black, Akio Matsubara, AUA 2017 Annual Meeting, 2017年05月12日, 通常, 英語, Boston(USA)
  203. T-DM1, a novel HER2 antibody-cytotoxic drug conjugate, has anti- metastatic potential and is a promising targeted therapy for bladder cancer with HER2 IHC score 2+/3+, Tetsutaro Hayashi, Htoo Zarni Oo, Wolfgang Jäger, Kohei Kobatake, Akihiro Goriki, Roland Seiler, Tilman Todenhöfer, Na Li, Ladan Fazli, Akio Matsubara, Peter Black, AUA 2017 Annual Meeting, 2017年05月16日, 通常, 英語, Boston(USA)
  204. 磁気ターゲティングを用いた磁性体化骨髄間葉系幹細胞移植による膀胱再生の試み, 定秀孝介、松原昭郎他, 第14回泌尿器科再建再生研究会, 2017年06月03日, 通常, 日本語, 東京
  205. 腎管状嚢胞癌の画像診断所見, 本田有紀子、寺田大晃、中村優子、谷 千尋、馬場康孝、飯田 慎、関野陽平、仙谷和弘、安井 弥、後藤景介、林哲太郎、松原昭郎、粟井和夫, 第31回日本腹部放射線学会, 2017年06月30日, 通常, 日本語, 旭川
  206. 転移性腎細胞癌に対する分子標的薬治療における2nd lineチロシンキナーゼ阻害剤の効果予測, 亭島 淳、大原慎也、池田健一郎、神明俊輔、井上省吾、林 哲太郎、望月英樹、三田耕司、松原昭郎, 第48回腎癌研究会, 2017年07月08日, 通常, 日本語, 東京
  207. ロボット支援腎部分切除術 ~症例ごとの最適な対応~, 亭島 淳, 井上省吾,稗田圭介, 神明俊輔, 林 哲太郎, 松原昭郎, 第26回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会, 2017年07月14日, 招待, 日本語, 津
  208. SPC18の膀胱癌における発現・機能解析, 重松慶紀、大上直秀、関野陽平、坂本直也、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第26回日本がん転移学会学術集会・総会, 2017年07月27日, 通常, 日本語, 大阪
  209. 腎癌におけるBST2の発現・機能解析, ,Pham Quoc Thang、関野陽平、大上直秀、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第26回日本がん転移学会学術集会・総会, 2017年07月27日, 通常, 日本語, 大阪
  210. 広島大学における単孔式腹膜鏡下副腎摘除術100例の経験, 井上省吾、栗村嘉昌、福岡健一郎、上野剛志、池田健一郎、稗田圭介、神明俊輔、林 哲太郎、亭島 淳、松原昭郎, 6th Reduced Port Surgery Forum2017, 2017年08月04日, 通常, 日本語, 大分
  211. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における疲労感の検討ーLESSは"疲れる”術式か?, 井上省吾、林 哲太郎、栗村嘉昌、福岡健一郎、定秀孝介、藤井慎介、神明俊輔、稗田圭介、亭島 淳、松原昭郎, 6th Reduced Port Surgery Forum2017, 2017年08月04日, 通常, 日本語, 大分
  212. ロボット支援根治的前立線全摘除術における性機能温存希望に関連する因子の検討, 栗村嘉昌、田坂亮、岩根亨輔、西田健介、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、北野弘之、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第28回日本性機能学会総会, 2017年09月22日, 通常, 日本語, 東京
  213. 去勢抵抗性前立腺がん〜最適な治療選択のために〜, 亭島淳、松原昭郎, 第28回日本性機能学会総会, 2017年09月22日, 招待, 日本語, 東京
  214. 進行性尿路上皮癌の二次化学療法としてのゲムシタビン、ドセタキセル、白金製剤併用療法の検討, 田坂亮、林哲太郎、栗村嘉昌、神明俊輔、松原昭郎, 第111回広島がん治療研究会, 2017年09月23日, 通常, 日本語, 広島
  215. 去勢抵抗性前立腺癌における血清マーカーとしての内分泌性FGFsの意義, 亭島淳、山口佑果、永松弘孝、藤井慎介、藪本直也、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、松原昭郎, 第76回日本癌学会学術集会, 2017年09月28日, 通常, 日本語, 横浜
  216. 尿路上皮分化に基づいた免疫組織染色による分類は、膀胱癌の予後を層別化する, 林哲太郎、仙谷和弘、坂本直也、牟田口和昭、小畠浩平、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、安井弥、松原昭郎, 第76回日本癌学会学術集会, 2017年09月30日, 通常, 日本語, 横浜
  217. Expression and functional analysis of KIF23 in bladder cancer, Yoshinori Shigematsu,Naohide Oue, Yohei Sekino, Naoya Sakamoto, Jun Teishima, Akio Matsubara, Wataru Yasui, 第76回日本癌学会学術集会, 2017年09月28日, 通常, 日本語, 横浜
  218. 広島大学病院におけるMRI/TRUS fusion prostate biopsyの導入初期成績, 藤井慎介,林哲太郎,上野剛志,西田健介,北野弘之,岩根享輔,田坂 亮,定秀孝介,福岡憲一郎,栗村嘉昌,稗田圭介,神明俊輔,井上省吾,亭島 淳,松原昭郎,本田有紀子,寺田大晃,粟井和夫,秋田隆司,北村直幸, 第5回泌尿器画像診断・治療技術研究会, 2017年09月29日, 通常, 日本語, 京都
  219. ヒストン脱メチル化酵素UTXの膀胱特異的欠失による新規膀胱癌モデルマウスの作製, 小畠浩平、池田健一郎、中田雄一郎、世良康如、林哲太郎、金山麻裕子、仙谷和弘、堀江重郎、安井 弥、松原昭郎、本田浩章,, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語, 横浜
  220. 転写超保存領域Uc.63+はアンドロゲンレセプターを介してドセタキセル抵抗性に関与する, ,関野陽平、坂本直也、後藤景介、本間りりの、重松慶紀、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, ,第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 日本語, 横浜
  221. Where is position of Li-ESWT in guideline?, Shogo Inoue, Akio Matsubara, 16th Asia Pacific Society for Sexual Medicine / 12th Japan-Asian conference on Men's Health and Aging, 2017年10月13日, 通常, 英語, Chiang Mai(Tailand)
  222. Evaluation of the sexual function of sildenafil citrate on the patients with benign prostatic hyperplasia related lower urinary tract symptoms, Kyosuke Iwane, Shogo Inoue, Hamidreza Abdi, Tetsutaro Hayashi, Jun Teishima,Akio Matsubara, 17th Asia Pacific Society for Sexual Medicine / 12th Japan-Asian conference on Men's Health and Aging, 2017年10月13日, 通常, 英語, Chiang Mai(Tailand)
  223. 臨床病期T1腎癌の病理病期T3以上へのアップグレード予測における腫瘍辺縁形態の意義, 亭島 淳、林哲太郎、北野弘之、定秀孝介、神明俊輔、井上省吾、本田有紀子、仙谷和弘、粟井和夫、安井弥、松原昭郎, 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  224. 尿路上皮分化マーカーによる膀胱癌の免疫組織学的層別化は予後予測因子となる, 林 哲太郎、仙谷和弘、坂本直也、牟田口和昭、小畠浩平、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、安井弥、松原昭郎, 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  225. 転移性腎細胞癌に対するcytoreductive nephrectomy前後のCRP変動の意義, 亭島淳、大原慎也、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、望月英樹、三田耕司、松原昭郎, 2017年10月22日, 通常, 日本語, 東京
  226. 尿路上皮癌におけるデスモソームの存在は、扁平上皮分化の特異的診断マーカーとなる, 林哲太郎、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第3回日本泌尿器腫瘍学会, 2017年10月22日, 通常, 日本語, 東京
  227. 去勢抵抗性前立腺癌患者における治療前NSE値およびpro-GRP値の意義, 福岡憲一郎、栗村嘉昌、上野剛志、稗田景介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第3回日本泌尿器腫瘍学会, 通常, 日本語, 東京
  228. 去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセルの治療成績, 福岡憲一郎、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、大原慎也、三田耕司、清水優子、小林加直、岩本秀雄、繁田正信、金岡隆平、森山浩之、永松弘孝、牟田口和昭, 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  229. 高Gleason scoreおよび皮膜外進展を有する前立腺癌の術前診断における3T MRIの有用性, 上野 剛志、林哲太郎、後藤景介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、北野弘之、池田健一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  230. ロボット支援腎部分切除術の術前説明における三次元模型の有用性, 亭島淳、高山幸宏、岩畔将吾、林哲太郎、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、三田耕司、加藤了嗣、松原昭郎, 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 大分
  231. ロボット支援根治的膀胱全摘除術ー高齢者の導入ー, 亭島淳、藤井慎介、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、松原昭郎, 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 大分
  232. HER2抗体-薬物複合体(T-DM1)はHER2を高発現する膀胱癌の新規分子標的治療となる, 林哲太郎、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 大分
  233. 腎尿管全摘をおこなった上部尿路上皮癌のpTStageを予測する因子としての腫瘍径の検討, 神明俊輔、岩根享輔、田坂亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 大分
  234. 去勢抵抗性前立腺癌に対する一次治療の至適投与対象の探索, 福岡憲一郎、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎、三田耕司、繁田正信、小林加直、牟田口和昭, 第69回西日本泌尿器科学会総会, 0171年10月, 通常, 日本語, 大分
  235. タダラフィルの慢性前立腺炎症状に対する副次的効果, 岩根享輔、西田健介、藤井慎介、福岡憲一郎、栗村嘉昌、定秀孝介、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 大分
  236. 進行性尿路上皮癌の二次化学療法としてのゲムシタビン、ドセタキセル、白金製剤併用療法の検討, 田坂亮、林哲太郎、神明俊輔、栗村嘉昌、藤井慎介、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、池田健一郎、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 大分
  237. Signal peptidase complex 18(SPC18)contributes to proliferation and invasion capacity throuh EGRE pathway in bladder cancer, 重松慶紀、関野陽平、Naoya Sakamoto,Kazuhiro Sentani,Naohide Oue,林哲太郎,亭島淳,安井弥,松原昭郎, 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 大分
  238. T1微小乳頭型膀胱癌のTURBTでの治療成績, 林哲太郎、藤井慎介、小畠浩平、後藤景介、神明俊輔、井上洋二、橋本邦弘、三田耕司、森山浩之、松原昭郎, 第31回日本泌尿器科内視鏡学会総会, 2017年11月16日, 通常, 日本語, 徳島
  239. 腎尿管全摘をおこなった上部尿路上皮癌のpTStageを予測する因子としての腫瘍径の検討, 神明俊輔、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第31回日本泌尿器科内視鏡学会総会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 徳島
  240. 副腎オンコサイトーマの1例, 田坂亮、岩根享輔、西田健介、定秀孝介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 広島大学大学院医歯薬保健学研究科腎泌尿器科学, 広島
  241. Hybrid oncocytic/chromophobe renal tumorの1例, 岩根享輔、田坂亮、西田健介、栗村嘉昌、田坂亮、定秀孝介、上野剛志、藤井慎介、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 広島大学大学院医歯薬保健学研究科腎泌尿器科学, 広島
  242. 広島大学病院におけるロボット支援下前立腺全摘除術, 定秀孝介、稗田圭介、岩根享輔、田坂亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 広島
  243. MRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の有用性:狙撃生検は診断精度を向上させる, 西田健介、藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、岩根享輔、田坂亮、栗村嘉昌、定秀孝介、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 広島
  244. 再生検症例におけるMRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の成績, 上野剛志、藤井慎介、西田健介、林哲太郎、岩根享輔、田坂亮、栗村嘉昌、定秀孝介、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 広島
  245. 去勢抵抗性前立腺癌に対するcabazitaxelの治療成績(多施設共同研究), 福岡憲一郎、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、三田耕司、小林加直、繁田正信、牟田口和昭、森山浩之、加藤昌生、梶原充, 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 広島
  246. 後腹膜リンパ節腫大と肝機能障害を認め、診断に苦慮した第 1 期梅毒の 1 例, 北野弘之、梶原俊毅、大毛宏喜、松原昭郎, 第30回日本性感染症学会, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 札幌
  247. BCG注入療法前好中球数と治療効果は関連する, 藤井慎介、林哲太郎、岩根享輔、田坂亮、西田健介、定秀孝介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第10回BCG注入療法研究会, 2017年12月01日, 通常, 日本語, 東京
  248. ロボット支援腎部分切除術の術前説明における3次元模型の有用性, 亭島 淳、高山幸宏、岩畔将吾、林 哲太郎、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、三田耕司、加藤了嗣、松原昭郎, 第30回日本内視鏡外科学会総会, 2017年12月07日, 通常, 日本語, 京都
  249. MRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の有用性:狙撃生検は診断精度を向上させる, 西田健介、藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、岩根享輔、田坂亮、栗村嘉昌、定秀孝介、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第33回前立腺シンポジウム, 2017年12月09日, 通常, 日本語, 東京
  250. ロボット支援前立腺全摘除術後の性機能障害, 井上省吾、岩根亨輔、田坂亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本性機能学会学術総会(西部総会), 2018年01月13日, 通常, 日本語, 米子
  251. 前立腺肥大症患者に対する低用量タダラフィルの性機能に及ぼす因子, 岩根亨輔、Xiangrui Han、田坂 亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎, 第27回日本性機能学会学術総会(西部総会), 2018年01月13日, 通常, 日本語, 米子
  252. 密封小線源治療後の死亡原因の検証, 定秀孝介、亭島淳、岩根亨輔、田坂亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、梶原充、和田崎晃一、松原昭郎, 第14回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会, 2018年01月21日, 通常, 日本語, 東京
  253. NOTCH2-HEY1 シグナルは膀胱癌の進展を促進する, 林哲太郎、郷力昭宏、Black Peter C,亭島淳、松原昭郎, 第27回泌尿器科分子・細胞研究会・評議員会, 2018年02月02日, 通常, 日本語, 東京
  254. ロボット支援下前立腺全摘除術のスキル評価―泌尿器科医と非医療従事者の比較—, 福岡憲一郎、稗田圭介、服部稔、岩根亨輔、田坂亮、栗村嘉昌、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第10回ロボット外科学会学術集会, 2018年02月10日, 通常, 日本語, 東京
  255. ロボット支援腎部分切除術における高難度症例, 亭島淳、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、松原昭郎, 第4回泌尿器癌局所療法研究会, 2018年02月17日, 通常, 日本語, 岡山
  256. ARI-TRUS融合画像ガイドか前立腺生検の初期成績, 上野剛志、西田健介、藤井慎介、林哲太郎、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第4回泌尿器癌局所療法研究会, 2018年02月17日, 通常, 日本語, 岡山
  257. ヒストン脱メチル化酵素 UTX の機能欠失は炎症シグナルの亢進を介して膀胱癌発症に寄与する, 小畠浩平、中田雄一郎、世良康如、山崎憲政、池田健一郎、仙谷和弘、松原昭郎、本田浩章, 第27回泌尿器科分子・細胞研究会, 2018年02月03日, 通常, 日本語, 東京
  258. Comparisons of surgeons’ and assistants’ fatigue after laparoendoscopic single-site versus conventional laparoscopic adrenalectomy: A single surgeon’s experience, InoueS.HayashiT.HiedaK.ShinmeiS.TeishimaJ.MatsubaraA., EAU European Association Urology 2018, 2018年03月16日, 通常, 日本語, Copenhagen
  259. Transcribed ultraconserved region Uc.63+ promotes resistance to docetaxel through regulation of androgen receptor signaling in prostate cancer, Transcribed ultraconserved region Uc.63+ promotes resistance to docetaxel through regulation of androgen receptor signaling in prostate cancer, EAU European Association Urology 2018, 2018年03月16日, 通常, 英語, Copenhagen
  260. MRI-TRUS融合前立腺生検において,襲撃部位のみから癌が検出された症例のプロファイル, 藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、西田健介、北野弘之、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸, 第26回中四国前立腺・腎尿路疾患研究会, 2018年03月17日, 通常, 日本語, 岡山
  261. 腹腔鏡下右副腎摘除術3術式間の比較検討 – 単孔式、従来法(経腹膜、後腹膜到達法)の経験から, 井上省吾、岩根亨輔、田坂 亮、Xiangrui Han、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎, 第7回泌尿器単孔式・Reduced port腹腔鏡手術ワークショップ, 2018年03月31日, 通常, 日本語, 豊中
  262. 臨床病期T1腎癌の病理病期T3以上へのアップグレード予測における腫瘍辺縁形態の意義, 亭島淳、林哲太郎、北野弘之、定秀孝介、神明俊輔、井上省吾、本田有紀子、仙谷和弘、粟井和夫、安井弥、松原昭郎, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語, 京都
  263. NOTCH2-HEY1 axis promotes tumor progression in bladder cancer through cell cycle progression and dedifferentiation, Tetsutaro Hayashi,Akihiro Goriki, Htoo Zarni Oo, Wolfgang Jaeger, Hamidreza Abdi, Roland Seiler, Tilman Todenhofer, Shannon Awrey, Manuel Altamirano-Dimas, Ladan Fazli, Akio Matsubara, Peter C Black, 16th UAA Congress 2018, 2018年04月19日, 通常, 英語, Kyoto
  264. Subtype classification by urothelial differentiation markers stratified prognosis in patients with muscle invasive bladder cancer, Tetsutaro Hayashi,Kazuhiro Sentani, Keisuke Goto, Kazuaki Mutaguchi, Kohei Kobatake, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Akio Matsubara, 16th UAA Congress 2018, 2018年04月19日, 通常, 英語, 京都
  265. Uc.63+ promotes resistance to docetaxel through androgen receptor signaling and a promising serum biomarker for docetaxel treatment in prostate cancer, Yohei Sekino,Naoya Sakamoto, Keisuke Goto, Ririno Honma, Yoshinori Shigematsu, Kazuhiro Sentani, Naohide Oue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Akio Matsubara, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語, 京都
  266. NOTCH2 over-expression in the bladder promotes tumor development and leads to more malignant phenotype, Akihiro Goriki, Takeshi Sano, Tetsutaro Hayashi, Alberto Contreras-Sanz, Htoo Oo, Akio Matsubara, Peter Black, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語, 京都
  267. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における疲労感の検討 ーLESSは”疲れる”術式か?ー, 井上 省吾,岩根 亨輔, 田坂 亮, 西田 健介, 栗村 嘉昌, 福岡 憲一郎, 定秀 孝介, 藤井 慎介, 神明 俊輔, 稗田 圭介, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語, 京都
  268. 前立腺再生検症例におけるMRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の意義, 藤井 慎介, 林 哲太郎, 上野 剛志, 西田 健介, 北野 弘之, 井上 省吾, 亭島 淳, 松原 昭郎, 本田 有紀子, 寺田 大晃, 粟井 和夫, 秋田 隆司, 北村 直幸, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語, 京都
  269. MRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の有用性:狙撃生検は診断精度を向上させる, 西田 健介,藤井 慎介, 林 哲太郎, 上野 剛志, 岩根 亨輔, 田坂 亮, 栗村 嘉昌, 定秀 孝介, 福岡 憲一郎, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 井上 省吾, 松原 昭郎, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語, 京都
  270. High risk前立腺癌に対するロボット支援根治的前立腺全摘除術, 亭島 淳, 林 哲太郎, 藤井 慎介,上野 剛志, 井上 省吾, 稗田圭介,神明俊輔,三田耕司,松原 昭郎, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語, 京都
  271. ロボット支援前立腺全摘除術におけるアセトアミノフェン静注液の術後鎮痛効果, 定秀 孝介,井上 省吾, 西田 健介, 藤井 慎介, 福岡 憲一郎, 栗村 嘉昌, 上野 剛志, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年01月, 通常, 日本語, 京都
  272. Usefulness of morphological classification of clinical T1 renal cell cancer on predicting upstaging to pathological T3 or higher, Jun Teishima, Tetsutaro Hayashi, Hiroyuki Kitano, Kousuke Sadahide, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Yukiko Honda, Kazuhiro Sentani, Kazuo Awai, Wataru Yasui, Akio Matsubara, 2018 AUA Annual Meeting, 2018年05月18日, 通常, 英語, AUA, San Francisco
  273. Prognostic impact of kinetics of C-reactive protein between before and after surgery in patients with metastatic renal cell carcinoma undergoing cytoreductive nephrectomy treated with tyrosine kinase inhibitor, Jun Teishima, Shinya Ohara, Keisuke Hieda, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Hideki Mochizuki, Koji Mita, Akio Matsubara, 2018 AUA Annual Meeting, 2018年05月18日, 通常, 英語, AUA, San Francisco
  274. Immunohistochemical classification using urothelial differentiation markers can stratify prognosis in patients with muscle invasive bladder cancer, Tetsutaro Hayashi, Kazuhiro Sentani, Keisuke Goto, Htoo Zarni Oo,Hamidreza Abdi, Kazuaki Mutaguchi, Nakatsu, Japan, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Peter C Black,, Akio Matsubara, 2018 AUA Annual Meeting, 2018年05月18日, 通常, 英語, AUA, San Francisco
  275. NOTCH2 in the bladder promotes tumor development and leads to more malignant phenotype., Akihiro Goriki,Takeshi Sano, Alberto Contreras, Htoo Oo, Tetsutaro Hayashi, Akio Matsubara, Peter Black, 2018 AUA Annual Meeting, 2018年05月18日, 通常, 英語
  276. 大きな前立腺に対するロボット支援下前立腺全摘 術の成績, 神明 俊輔、西田 健介、栗村 嘉昌、福岡憲一郎、上野 剛志、稗田 圭介、井上 省吾、林 哲太郎、亭島  淳、松原 昭郎, 第29回 内視鏡外科フォーラムin秋田, 2018年05月26日, 通常, 日本語, 秋田市
  277. Sunitinib治療中に発生した腸管気腫症の2例, 志熊 紘行、畑山 智哉、向井 桜子、武藤 雅幸、馬場_ 隆志、宮本 俊輔、Xiangrui Han、福岡 憲一郎、定秀 孝介、藤井 慎介、上野 剛志、神明 俊輔、稗田 圭介、井上 省吾、林 哲太郎、亭島 淳、松原 昭郎, 第163回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018年06月23日, 通常, 日本語, 広島
  278. 経尿道的NBCA注入療法が奏効した胃-上腎杯瘻の1例, 武藤 雅幸、向井 桜子、畑山 智哉、志熊 紘行、宮本 俊輔 馬場崎 隆志、藤井 慎介、福岡 憲一郎、定秀 孝介、上野 剛志、稗田 圭介、神明 俊輔、井上 省吾、林 哲太郎、亭島 淳 松原 昭郎, 第163回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018年06月23日, 通常, 日本語, 広島
  279. Retzius-sparing腔温存ロボット支援下前立線全摘除術における早期尿禁制, 稗田圭介, 福岡憲一郎, 上野剛志, 神明俊輔, 井上省吾, 亭島 淳, 松原昭郎, 第15回泌尿器再建再生研究会, 2018年06月16日, 通常, 日本語, 那覇
  280. KIFC1は前立腺癌においてドセタキセル感受性の制御に関与している, 小池 優毅, 関野 陽平, 重松 慶紀, 塩田 真己, 坂本 直也, 仙谷 和弘, 大上 直秀, 亭島 淳, 松原 昭郎, 安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 札幌
  281. Kinesin family member 23(KIF23)の膀胱癌における発現・機能解析, 重松 慶紀, 大上 直秀, 関野 陽平, 服部 拓也, 坂本 直也, 仙谷 和弘, 亭島 淳, 松原 昭郎, 安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 札幌
  282. Uc.416+Aは腎癌においてmiR-153の制御を介して上皮間葉転換を促進する, 関野 陽平, 本間 りりの, 重松 慶紀, 服部 拓也, 坂本 直也, 仙谷 和弘, 大上 直秀, 亭島 淳, 松原 昭郎, 安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 札幌
  283. KIFC1 is involved in the regulation of resisitance against docetaxel and a combibation of KIFC1 inhibitor and docetaxel cloud be a promising strategy., Yohei Sekino, Yuki Koike, Yoshinori Shigematsu,Naoya Sakamoto, Masaki Shiota, Kazuhiro Sentani, Naohide Oue, Jun Teishima,Wataru Yasui, Akio Matsubara, 第5回前立線生物学シンポジウム伊勢志摩2018, 2018年07月12日, 通常, 日本語, 鳥羽
  284. 前立腺全摘除術施行患者における性行為頻度の術後変化, 井上省吾, 上野剛志, 福岡憲一郎, 定秀孝介, 藤井慎介, 神明俊輔, 稗田圭介, 林哲太郎, 亭島淳, 松原昭郎, 第18回日本Men’s Health医学会, 2018年07月14日, 通常, 日本語, 東京
  285. 転移性腎細胞癌の予後予測におけるsystemic immune-inflammation indexの意義, 亭島淳,大原慎也,神明俊輔,井上省吾,林哲太郎,長谷川泰久,望月英樹,梶原充,三田耕司,松原昭郎, 第49回腎癌研究会, 2018年07月07日, 通常, 日本語, 東京
  286. FGF family in progression of prostate cancer., Jun Teishima,Tetsutaro Hayashi,Hirotaka Nagamatsu,Koichi Shoji,Keisuke Goto, Akio Matsubara, 第5回前立線生物学シンポジウム伊勢志摩2018, 2018年07月12日, 通常, 英語, 鳥羽
  287. PI-RADS category1,2を有する症例のMRI-TRU融合画像アルタイムガイド下前立腺生検の意義, 上野剛志、宮本俊輔、藤井慎介、林哲太郎、定秀孝介、福岡憲一郎、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会, 2018年07月05日, 通常, 日本語, 長崎
  288. Longitudinal evalution of frequency of patients taking part in sexual intercourse and sexual activities after undergoing robot-assisted laparoscopicradical prostatectomy., Shogo Inoue,Kosuke Sadahide,Kenichiro Fukuoka,Shinsuke Fujii, Takeshi Ueno, Shunsuke Shinmei, Keisuke Hieda, Tetdutaro Hayashi, Jun Teishima, Akio Matsubara, 第29回日本性機能学会学術総会 13th Japan-Asean Conference on Men's Health and Aging, 2018年09月16日, 通常, 英語, kobe
  289. Change of preoperative symptoms of late onset hypogonadism syndrome after robot-assistanted radical prostatectomy, Jun Teishima, Shogo Inoue, Keisuke Hieda, Shunsuke Shinmei, Tetsutaro Hayashi, Akio Matsubara, 13th Japan-Asean Conference on Men's Health and Aging, 2018年09月16日, 通常, 英語, kobe
  290. Significance of endocrine fibroblast growth factor subfamily as serum biomarkers in castration-resistant prostate cancer, Jun Teishima, Yuka Yamaguchi, Hirotaka Nagamatsu, Hiroyuki Shikuma, Shinsuke Fujii, Keisuke Goto, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Akio Matsubara, 第77回日本癌学会総会, 2018年09月27日, 通常, 英語, 大阪
  291. 古典的Notch2シグナルは細胞周期亢進、未分化能の医事、上皮間葉移行を介して膀胱癌の進展を促進する, 林哲太郎、郷力昭宏、池田健一郎、ブラックピーター、井上省吾、亭島淳、大上直秀、安井弥、松原昭郎, 第77回日本癌学会総会, 2018年09月27日, 通常, 英語, 大阪
  292. MRI-TRUS融合画像ガイド下前立腺生検の初回生検例に対する効用, 藤井慎介、早施設太郎、上野剛志、北野弘之、韓向鋭、志熊紘行、畑山智哉、向井桜子、武藤雅幸、馬場﨑隆志、宮本俊輔、定秀孝介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸, 第6回泌尿器画像診断・治療技術研究会, 2018年09月13日, 通常, 日本語, 京都
  293. KIF23の腎癌における発現・機能解析, 重松慶紀、大上直秀、関野陽平、服部拓也、坂本直也、仙谷和弘、亭島淳、松原昭郎、安井弥, 第77回日本癌学会総会, 2018年09月27日, 通常, 英語, 大阪
  294. KIFC1は前立腺癌においてドセタキセル感受性の制御に関与している, 関野陽平、小池優毅、重松慶紀、服部拓也、坂本直也、塩田真己、仙谷和弘、大上直秀、亭島淳、松原昭郎、安井弥, 第77回日本癌学会総会, 2018年09月27日, 通常, 英語, 大阪
  295. UTX欠失は炎症性微小環境形成を促進し、p53の機能欠失と強調して膀胱癌を発症する, 小畠浩平、世良康如、池田健一郎、林哲太郎、仙谷和弘、金山麻裕子、堀江重郎、安井弥、松原昭郎、本田浩章, 第77回日本癌学会総会, 2018年09月27日, 通常, 英語, 大阪
  296. プロリン異性化酵素Pin1は、アセチルCoAカルボキシラーゼ1の制御を介して前立腺癌細胞を増殖させる, 上田 晃嗣, 中津 祐介, 山本屋 武, 井上 賢紀, 水野 優, 松原 昭郎, 浅野 知一郎, 第91回日本生化学会大会, 2018年09月24日, 通常, 日本語, 京都
  297. RALPロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術におけるERAS(術後回復力強化プログラム)の効果, 向井 桜子, 武藤 雅幸, 志熊 紘行, 畑山 智哉, 韓 向鋭, 宮本 俊輔, 馬場崎 隆志, 藤井 慎介, 福岡 憲一郎, 定秀 孝介, 上野 剛志, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第112回広島がん治療研究会, 2018年09月22日, 通常, 日本語, 広島
  298. 臨床病期III期以下の上部尿路上皮癌における病理学的リンパ節転移の術前予測因子, 畑山 智哉, 林 哲太郎, 井上 省吾, 神明 俊輔, 後藤 景介, 福岡 憲一郎, 稗田 圭介, 亭島 淳, 松原 昭郎, 本田 有紀子, 粟井 和夫, 小羽田 悠貴, 第112回広島がん治療研究会, 2018年09月22日, 通常, 日本語, 広島
  299. 75 歳以上の転移性腎細胞癌症例に対する分子標的薬投与, 亭島淳、三田耕司、繁田正信、長谷川康之、角西雄一、松原昭郎, 日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  300. 転移性腎細胞癌の予後予測におけるsystemic immune-inflammation indexの意義, 亭島淳、大原慎也、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、長谷川泰久、望月英樹、梶原充、三田耕司、松原昭郎, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  301. ANXA10の発現低下は、上部尿路上皮癌の進展に関与する, 林 哲太郎、坂本直也、重松慶紀、小羽田悠貴、梅承恩、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、仙谷和弘、大上直秀、安井弥、松原昭郎, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  302. 前立腺癌におけるKIFC1のドセタキセル耐性機構への関与およびKIFC1阻害薬の可能性, 関野陽平、小池優毅、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、塩田真己、亭島淳、松原昭郎、安井弥, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  303. 尿路上皮分化マーカーを用いた膀胱癌の免疫組織学的分類は、病理学的悪性度と予後を層別化し、治療方針の決定に有用となる, 林哲太郎、松原昭郎他, 日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  304. Targeting HER2 with T-DM1,an Antibody-cytotoxic Drug Conjugate, is effective in bladder cancer with HER2 IHC score 2+/3+, Tetsutaro Hayashi, Roland Seiler, Htoo Zarni Oo, Wolfgang Jäger, Tilman Todenhöfer, Na Li, Ladan Fazli, Akio Matsubara and Peter C. Black, 16th meeting of the International bladder cancer network, 2018年10月11日, 通常, 英語, Rotterdam
  305. MRI-TRUS融合画像ガイド下前立腺生検の導入により初回生検例の癌検出率はどう変化するか?, 藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、宮本俊輔、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫, 日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  306. MRI-TRUS融合画像ガイド下前立腺生検の初回生検例に対する効用, 藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、馬場崎隆志、宮本俊輔、定秀孝介、北野弘之、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月18日, 通常, 日本語, 横浜
  307. 非転移性去勢抵抗性前立腺癌に対する治療効果の検討, 福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、三田耕司、繁田正信、小林加直、牟田口和昭、森山浩之、加藤昌生、梶原充、田丁貴俊、松原昭郎, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月18日, 通常, 日本語, 横浜
  308. 高Gleason score および被膜外進展を有する前立腺癌の術前診断における3T MRI の有用性, 上野剛志、宮本俊輔、藤井慎介、林哲太郎、秋田隆司、寺田大晃、本田有紀子、定秀孝介、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月18日, 通常, 日本語, 横浜
  309. 75歳以上の転移性腎細胞癌症例に対する分子標的治療, 亭島淳,三田耕司,繁田正信,長谷川泰久,角西雄一,松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  310. STAT1 シグナルは膀胱癌の抗がん剤耐性化を促進し予後不良に寄与するが、STAT1発現抑制は抗がん剤感受性を回復させ、新規併用治療法となる, 林哲太郎、神明俊輔、福岡憲一郎、後藤景介、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  311. 腹腔鏡下右副腎摘除術におけるAdrenohepatic fusion ー副腎と肝臓の癒着が及ぼす手術成績への影響, 井上省吾, 林哲太郎, 宮本俊輔, 馬場﨑隆志, 定秀孝介, 福岡憲一郎, 藤井慎介, 上野剛志, 神明俊輔, 稗田圭介, 亭島淳, 松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  312. 気腫性腎盂腎炎におけるHuang分類の検討, 馬場﨑隆志、北野弘之、宮本俊輔、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  313. cT3/T4腎細胞癌における予後予測因子の検討, 宮本俊輔、馬場﨑隆志、定秀孝介、藤井慎介、福岡憲一郎、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  314. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術におけるERAS(術後回復力強化プログラム)の効果, 向井桜子、宮本俊輔、馬場﨑隆志、藤井慎介、福岡憲一郎、定秀孝介、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、胃の絵宇省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  315. 臨床病期Ⅲ期以下の上部尿路上皮癌における病理学的リンパ節転移の術前予測因子, 畑山智哉、林哲太郎、井上省吾、神明俊輔、本田有紀子、小羽田悠貴、後藤景介、福岡憲一郎、稗田圭介、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  316. 上部尿路上皮癌における尿管鏡検査および生検の有用性, 志熊紘行、宮本俊輔、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  317. HIV 感染症おける梅毒の serofast reaction についての検討, 北野弘之、大毛宏喜、山崎尚也、井上暢子、梶原俊毅、亭島淳、藤井輝久、松原昭郎, 日本性感染症学会 第31回学術大会, 2018年11月24日, 通常, 日本語, 東京
  318. 尿膜管疾患に対するReduced port 腹腔鏡下尿膜管摘除術の初期経験, 亭島 淳, 井上 省吾, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 林 哲太郎, 松原 昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  319. ロボット支援腎部分切除術のトラブルシューティング, 亭島 淳, 井上 省吾, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 林 哲太郎, 松原 昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  320. 鏡視下腎尿管全摘除術を行なった尿管癌の術前予後予測因子, 林 哲太郎、後藤 景介, 本田 有紀子, 小羽田 悠貴, 池田 健一郎, 神明 俊輔, 井上 省吾, 亭島 淳, 粟井 和夫, 松原 昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  321. ロボット支援根治的前立腺全摘除術の習熟度評価におけるGEARSの有用性, 福岡 憲一郎, 定秀 孝介, 藤井 慎介, 上野 剛志, 神明 俊輔, 稗田 圭介, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  322. 蛍光膀胱鏡補助下の経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術による膀胱平坦病変の病理学的評価, 林哲太郎、小林加直、後藤景介、宮本俊輔、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第1回泌尿器光力学研究会学術集会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  323. KIFC1 is involved in the regulation of resistance against docetaxel and a combination of KIFC1 inhibitor and docetaxel could be a promising strategy, 関野陽平、小池優毅、重松慶紀、坂本直也、塩田真己。仙谷和弘、大上直秀、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  324. TUR組織のARID1A免疫染色はBCG効果予測因子となるか?, 藤井慎介、林哲太郎、韓向鋭、志熊紘行、畑山智哉、向井桜子、武藤雅幸、宮本俊輔、馬場﨑隆志、福岡憲一郎、定秀孝介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第11回BCG注入療法研究会, 2018年11月, 通常, 日本語, 東京
  325. ロボット支援前立腺全摘除術におけるアセトアミノフェン静注液(アセリオ)定時投与による術後鎮痛効果, 定秀孝介、井上省吾、馬場﨑隆志、宮本俊輔、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  326. Retzius腔温存ロボット支援下前立腺全摘除術における早期尿禁制, 稗田 圭介,福岡 憲一郎, 上野 剛志, 神明 俊輔, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  327. RALPにおける拡大リンパ節郭清の短期治療成績の検討, 神明俊輔、向井桜子、宮本俊輔、馬場﨑隆志、福岡憲一郎、藤井慎介、定秀孝介、上野剛志、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  328. RALPにおける拡大リンパ節郭清の短期治療成績の検討, 神明俊輔、宮本俊輔、馬場﨑隆志、福岡憲一郎、上野剛志、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  329. 腎癌において転写超保存領域Uc.416+Aはsarcomatoid differentiatioに関与する, 関野 陽平, Pham Quoc Thang, 本間 りりの, 重松 慶紀, 坂本 直也, 仙谷 和弘, 大上 直秀, 亭島 淳, 松原 昭郎, 安井 弥, 第64回日本病理学会秋期特別総会, 2018年11月22日, 通常, 日本語, 広島
  330. 周術期予防抗菌薬にセファゾリンを用いたロボット支援下前立腺全摘除術における閉鎖式ドレーンと尿道カテーテル定着菌の検討, 北野 弘之, 小羽田 悠希, 松崎 信治, 木場 由美子, 樫山 誠也, 小野寺 一, 梶原 俊毅, 井上 省吾, 亭島 淳, 松原 昭郎, 大毛 宏喜, 第31回日本外科感染症学会総会学術集会, 2018年11月28日, 通常, 日本語, 大阪
  331. 黄色ブドウ球菌による有熱性尿路感染症の検討, 北野 弘之, 木場 由美子, 梶原 俊毅, 久保 有子, 吉松 由香里,森 美菜子,樫山 誠也, 小野寺 一, 亭島 淳, 松原 昭郎, 大毛 宏喜, 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会, 2018年11月16日, 通常, 日本語, 鹿児島
  332. 高難度副腎手術症例における手技の工夫 ―内視鏡手術の特性を活かした新たな展開と挑戦―, 井上省吾, 林哲太郎,神明俊輔,稗田圭介,亭島淳,松原昭郎, 第31回日本内視鏡外科学会, 2018年12月06日, 通常, 日本語, 福岡
  333. これからのReduced port 腹腔鏡下副腎摘除術", 井上省吾, 林哲太郎,神明俊輔,稗田圭介,亭島淳,松原昭郎, 第31回日本内視鏡外科学会, 2018年12月06日, 通常, 日本語, 福岡
  334. QOLアウトカム改善を目指したロボット支援前立腺全摘除術の術式の工夫 ロボット支援前立腺全摘除術における解剖学的構造の再建, 亭島淳、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、松原昭郎, 第31回日本内視鏡外科学会, 2018年12月08日, 通常, 日本語, 福岡
  335. ロボット支援根治的前立腺全摘除術の術前後におけるLOH症状の変化, 亭島淳、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、松原昭郎, 第31回日本内視鏡外科学会, 2018年12月06日, 通常, 日本語, 福岡
  336. NOTCH2-HEY1 axis promotes tumor progression in bladder cancer by cell cycle progression and dedifferentiation, "Tetsutaro Hayashi, Akihiro Goriki, Kenichiro Ikeda, Yohei Sekino, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Akio Matsubara", The 35th KOREA-JAPAN Urological Congress, 2018年, 通常, 英語, 那覇
  337. Uc.416+A promotes epithelial-to-mesenchymal transition through miR-153 in renal cell carcinoma(94/100), Yohei Sekino,Pham Quoc Thang, Ririno Honma, Yoshinori Shigematsu, Naoya Sakamoto, Kazuhiro Sentani,Naohide Oue, Jun Teishima,Wataru Yasui, Akio Matsubara, The 35th KOREA-JAPAN Urological Congress, 2018年12月07日, 通常, 英語, 那覇
  338. MRI/TRUS fusion prostate biopsyを用いたPI-RADSにおける造影MRIの有用性の検討, 宮本俊輔、藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、本田有紀子、寺田大晃、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 第34回前立線シンポジウム, 2018年12月08日, 通常, 日本語, 東京
  339. 腎粘液管状紡錘細胞癌(Mucinous tubular and spindle cell carcinoma)の2例, 畑山 智哉、志熊 紘行、向井 桜子、武藤 雅幸、宮本 俊輔、Xiangrui Han、福岡  憲一郎、定 秀孝介、藤井慎介、上野 剛志、関野 陽平、神明 俊輔、稗田 圭介、井上 省吾、林 哲太郎、亭島 淳、松原 昭郎, 第164回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018年12月15日, 通常, 日本語, 広島
  340. 経尿道的NBCA注入療法を行った膀胱自然破裂の1例, 向井 桜子、神明 俊輔、武藤 雅幸、志熊 紘行、畑山 智哉、宮本 俊輔、馬場﨑 隆志、藤井 慎介、福岡 憲一郎、定秀孝介、上野 剛志、稗田 圭介、井上 省吾、林 哲太郎、亭島 淳、松原 昭郎, 第164回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018年12月15日, 通常, 日本語, 広島
  341. 前立腺癌密封小線源永久挿入治療後に去勢抵抗性前立腺癌へと進行した症例の検証, 定秀孝介、亭島淳、志熊紘行、畑山智哉、向井桜子、武藤雅幸、宮本俊輔、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、梶原充、和田崎晃一、松原昭郎, 第15回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会, 2019年01月20日, 通常, 日本語, 東京
  342. ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術における術後腎機能の推移, 亭島淳,井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、松原昭郎, 第11回日本ロボット外科学会学術集会, 2019年01月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  343. MRI/TRUS fusion biopsy を用いた PI-RADSv2 における multiparametric MRI の意義-Biparametric MRI との比較 -, 宮本俊輔、林哲太郎、上野剛志、藤井慎介、本田有紀子、寺田大晃、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 第5回前立腺癌局所療法研究会, 2019年02月01日, 通常, 日本語, 横浜
  344. 黄色ブドウ球菌による有熱性尿路感染症の検討, 北野 弘之, 木場 由美子, 樫山 誠也, 小野寺 一, 梶原 俊毅, 久保 有子, 吉松 由香里, 森 美菜子, 亭島 淳, 横崎 典哉, 松原 昭郎, 大毛 宏喜, 第30回日本臨床微生物学会 総会・学術集会, 2019年02月01日, 通常, 日本語, 東京
  345. Retzius腔温存ロボット支援下前立腺全摘除術における早期尿禁制回復, 稗田圭介、福岡憲一郎、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第27回中国四国前立腺・腎尿路疾患研究会, 2019年02月09日, 通常, 日本語, 岡山
  346. PERIPROSTATIC FAT THICKNESS IS CORRELATED WITH PROSTATE CANCER GRADE AND IS AN PREDICTIVE MARKER OF CANCER DETECTION FOR PATIENTS OF PI-RADS 3 TO 5, Shinsuke Fujii, Tetsutaro Hayashi, Shunsuke Miyamoto, Xiangrui Han,Hiroyuki Shikuma, Tomoya Hatayama, Sakurako Mukai, Masayuki Mutou, Youhei Sekino, Shogo Inoue, Jun Teishima, Akio Matsubara, Yukiko Honda, Daiki Terada, Kazuo Awai, Ryuji Akita, Naoyuki Kitamura, 第11回Focal therapy and Imanging in prostate and kidney cancer, 2019年02月09日, 通常, Kyoto
  347. PREOPERATIVE DIAGNOSIS OF PROSTATE CAPSULAR INVASION IN HIGH GLEASON SCORE PROSTATE CANCER BY 3T MRI, 第11回Focal therapy and Imanging in prostate and kidney cancer, 2019年02月09日, 通常, 英語, Kyoto
  348. MULTIPARAMETRIC MAGNETIC RESONANCE IMAGING-TRANSRECTAL ULTRASOUND IMAGE-FUSION BIOPSIES FOR DETECTION OF THE INDEX TUMOR IN PROSTATE CANCER, Tetsutaro Hayashi, Shinsuke Fujii, Takeshi Ueno, Shunsuke Miyamoto, Xiangrui Han, Shogo Inoue, Jun Teishima, Yukiko Honda, Daiki Terada ,Ryuji Akita, Hamidreza Abdi, Naoyuki Kitamura, Kazuo Awai, Akio Matsubara, 第11回Focal therapy and Imanging in prostate and kidney cancer, 2019年02月09日, 通常, 英語, Kyoto
  349. 尿路上皮癌に対する抗体薬物複合体治療の可能性, 林哲太郎、関野陽平、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第28回泌尿器科分子・細胞研究会, 2019年02月22日, 通常, 日本語, 下関
  350. 磁性体化骨随間葉系幹細胞移植による膀胱組織再生, 定秀孝介、福岡憲一郎、藤井慎介、関野陽平、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第28回泌尿器分子細胞研究会, 2019年02月23日, 通常, 日本語, 下関
  351. 前立腺癌においてprocadherin B9はビカルタミド耐性に関わり、予後不良因子である。, 関野陽平、大上直秀、後藤景介、重松慶紀、林哲太郎、坂本直也、仙谷和弘、亭島淳、安井弥、松原昭郎, 第28回泌尿器分子細胞研究会, 2019年02月23日, 通常, 日本語, 下関
  352. 臍逆Y字切開を用いたReduced port 腹腔鏡下副腎摘除術, 井上省吾、林哲太郎、神明俊輔、稗田圭介、亭島淳、松原昭郎, 第8回泌尿器単孔式_Reduced port 腹腔鏡手術ワークショップ, 2019年03月09日, 通常, 日本語, 静岡
  353. Predictive value and potentials for co-targeted therapy of STAT1 signaling in gemcitabine/cisplatin resistant bladder cancer., Hayashi T. , Ikeda K. , Seiler R. , Bell R.H. , Ettinger S. , Wang K. , Oo H.Z., Abdi H. , Jaeger W. , Todenhoefer T. , Collins C. , Matsubara A. , Black P.C., 2019年03月15日, 通常, 英語, Barcelona
  354. Parallels between immunohistochemical classification of upper and lower tract urothelial carcinoma using markers of urothelial differentiation., Tetsutaro Hayashi, Kazuhiro Sentani, Kenichiro Ikeda, Keisuke Goto, Htoo Zarni Oo, Hamidreza Abdi Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Peter C Black and Akio Matsubara., 34th Annual EAU Congress, 2019年03月15日, 通常, 英語, Barcelona
  355. Accurate clinical T3 staging by a Computed Tomography scoring system is an independent preoperative predictor of survival in patients with urothelial carcinoma of the ureter., Tetsutaro Hayashi, Keisuke Goto, Yukiko Honda, Ryan S Hsi, Kazuhiro Sentani, Ikeda Kenichiro, Yuki Kohada, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Kazuo Awai and Akio Matsubara., 34th Annual EAU Congress, 通常, 英語, Barcelona
  356. Improved prognosis for old-aged patients with metastatic renal cell carcinoma after targeted therapy, Teishima J , Mita K , Shigeta M , Hasegawa Y., Kadonishi Y, Inoue S , Hayashi T, Matsubara A., 34th Annual EAU Congress, 2019年03月15日, 通常, 英語, Barcelona
  357. PCDHB9 promotes resistance to bicalutamide and is associated with the survival of prostate cancer patients., Sekino Y. , Goto K , Sakamoto N , Oue N , Sentani K , Hayashi T, Teishima J , Yasui A , Matsubara A., 34th Annual EAU Congress, 2019年03月15日, 通常, 英語, Barcelona
  358. KIFC1 inhibitor CW069 induces apoptosis and reverses resistance to docetaxel in prostate cancer, Sekino Y, Koike Y , Sakamoto N , Shiota M, Shigematsu Y, Sentani K, Oue N , Teishima J , Yasui W , Matsubara A., 2019年03月15日, 通常, 英語, Barcelona
  359. HIV 感染症に合併した梅毒の serofast reaction についての検討, 北野弘之,山崎尚也,井上暢子,梶原俊毅,亭島 淳 松原昭郎,藤井輝久,大毛宏喜, 第93回日本感染症学会総会・学術講演会, 2019年04月04日, 通常, 日本語, 名古屋

受賞

  1. 1996年04月, 日本泌尿器科学会坂口賞, 日本泌尿器科学会, ヒト前立腺肥大の間質細胞における線維芽細胞成長因子の作用機構に関する検討
  2. 2008年11月, 第60回日本泌尿器科学会西日本総会 学術奨励賞, 前立腺癌に対するI-125密封小線源永久挿入治療後のQOL評価
  3. 2017年07月27日, 社会を明るくする運動に対する支援 感謝状, 広島刑務所
  4. 2015年07月01日, 社会を明るくする運動に対する支援 感謝状, 広島刑務所

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 前立腺癌の神経内分泌分化に関わる新規バイオマーカーの同定と診断・治療への応用, 2012年, 2014年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), メタボリック症候群と前立腺癌に関与するFGFの分子機構解明と新たな治療戦略確立, 2012年, 2014年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), CAST法による前立腺癌の分泌・膜蛋白検索と診断・治療への応用, 2009年, 2011年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 前立腺癌のホルモン依存性消失におけるFGF受容体の関わりと新しい治療法への応用, 2007年, 2008年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 前立腺癌におけるアンドロゲンレセプター共役因子の機能解析と臨床応用, 2006年, 2007年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ホルモン不応性ヒト前立腺癌に対する新しい治療法の開発, 2005年, 2006年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ホルモン不応性ヒト前立腺癌に対する新しい治療法の開発, 2003年, 2004年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ヒト前立腺癌のホルモン依存性消失に関するFGFR2の遺伝子変異と治療への応用, 2003年, 2004年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ヒト前立腺癌のホルモン依存性消失の分子機構解明と新治療法への応用, 2001年, 2002年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ホルモン不応性ヒト前立腺癌に対するチロシンキナーゼを用いた新治療法の基礎的研究, 2001年, 2002年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 前立腺癌に対する成長因子受容体を用いた新しい遺伝子治療の基礎的研究, 1998年, 1999年
  12. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), ヒト前立腺肥大症の上皮と間質の相互作用における線維芽細胞成長因子の役割の検討, 1994年, 1994年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 去勢抵抗性前立腺癌マーカーRegⅣ・OLFM4を標的とした新規診断・治療開発, 2016年, 2018年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 内分泌性FGFsの分子機構解明による去勢抵抗性前立腺癌に対する新規治療戦略の確立, 2015年, 2018年
  15. 平成29年度厚生労働科学研究費補助金, 間質性膀胱炎の患者登録と診療ガイドラインに関する研究, 2017年04月, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本泌尿器科学会 理事, 2015年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  2. 日本泌尿器科学会 教育委員会 委員長, 2015年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  3. 「西日本泌尿器科」編集委員, 2008年04月, 2024年03月, 西日本泌尿器科学会
  4. 西日本泌尿器科学会 理事, 2008年04月, 2019年03月, 西日本泌尿器科学会
  5. 泌尿器科分子・細胞研究会 世話人, 2009年02月, 2024年03月, 泌尿器科分子・細胞研究会
  6. 日本癌学会 評議員, 2018年01月01日, 2020年12月31日, 日本癌学会
  7. 日本生殖内分泌学会 評議員, 2004年04月, 2020年03月, 日本生殖内分泌学会
  8. 日本生殖内分泌学会 評議員, 2004年04月, 2020年03月, 日本生殖内分泌学会
  9. 専門医制度審議会専門医認定更新管理委員会, 2016年09月, 2018年09月, 日本泌尿器科学会専門医機構
  10. 日本泌尿器科学会 学術委員会 委員, 2003年04月, 2014年03月, 日本泌尿器科学会
  11. 日本泌尿器科学会 精巣腫瘍診療ガイドライン作成委員会 委員, 2012年04月, 2015年01月, 日本泌尿器科学会
  12. 日本泌尿器科学会 IT委員会 委員, 2013年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  13. 日本泌尿器科学会 総務委員会 委員, 2013年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  14. 日本泌尿器科学会 教育委員会 委員, 2013年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  15. 日本泌尿器科学会 広報委員会 委員, 2013年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  16. 日本泌尿器科学会 総会委員会, 2015年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  17. 日本泌尿器科学会 将来計画委員会, 2015年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  18. 日本泌尿器科学会 編集委員会, 2015年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  19. 日本泌尿器科学会 卒後教育部会委員長, 2015年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  20. 日本泌尿器科学会 国際委員会 委員, 2015年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  21. 日本泌尿器科学会 がん登録推進委員会 委員, 2015年04月, 2017年04月, 日本泌尿器科学会
  22. 日本泌尿器科学会 NCDワーキンググループ委員, 2017年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  23. 日本泌尿器科学会 財務委員会 委員, 2017年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  24. 日本泌尿器科学会 JUAacademy運営委員会 委員, 2017年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  25. 日本泌尿器科学会 Webinar運営委員会 委員, 2017年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  26. 総会委員会委員, 2017年04月, 2012年00月, 日本泌尿器科学会
  27. 単孔式内視鏡手術研究会 世話人, 2010年, 2018年, 単孔式内視鏡手術研究会
  28. 評議員, 2010年10月, 2015年09月, 日本泌尿器内視鏡学会
  29. 日本泌尿器内視鏡学会 チーム医療推進委員会 委員, 2012年11月, 2016年11月, 日本泌尿器内視鏡学会
  30. 単孔式泌尿器腹腔鏡手術検討部会員 委員, 2011年11月, 2018年11月, 日本泌尿器内視鏡学会
  31. 日本泌尿器内視鏡学会 Innovation Award選考委員会 委員, 2016年11月, 2018年11月, 日本泌尿器内視鏡学会
  32. 日本泌尿器内視鏡学会 倫理・COI委員会 委員, 2016年11月, 2018年11月, 日本泌尿器内視鏡学会
  33. 日本泌尿器内視鏡学会 代議員, 2016年11月, 2018年11月, 日本泌尿器内視鏡学会
  34. 日本性機能学会 西部支部 世話人, 2015年09月, 2018年09月, 日本性機能学会西部支部
  35. 日本性機能学会 評議員, 2009年09月, 2014年09月, 日本性機能学会
  36. 日本性機能学会 代議員, 2014年10月, 2016年09月, 日本性機能学会
  37. 日本性機能学会 理事, 2016年10月, 2018年09月, 日本性機能学会
  38. 代議員, 2015年12月, 2018年12月, 日本性感染症学会中四国支部 
  39. 日本尿路結石症学会 評議員, 2015年08月, 2021年08月, 日本尿路結石症学会
  40. 日本Men's health 医学会 評議員, 2006年04月, 2018年03月, 日本Men's health 医学会
  41. 評議員, 2016年04月, 2018年03月, 日本 Men’s Health 医学会
  42. 非常勤講師, 2017年04月, 2017年09月, 広島都市学園大学
  43. 非常勤講師, 2018年04月, 2018年09月, 広島都市学園大学
  44. 広島県地域保健対策協議会 前立腺がんクリニカルパス作成WG WG長, 2013年11月, 2015年03月, 広島県地域保健対策協議会
  45. 理事, 2014年04月, 2020年03月, 広島県地域保健対策協議会
  46. 広島がん高精度放射線治療センター運営協議会臓器別検討会議委員, 2016年09月, 2017年03月, 広島県
  47. 広島がん高精度放射線治療センター運営協議会臓器別検討会議委員, 2017年10月, 2018年03月, 広島県
  48. Executive Committee, 2015年, 2018年, Asian Pacific Prostate Society
  49. 広島県地域保健対策協議会 前立腺がん部会 委員, 2001年, 2003年, 広島県地域保健対策協議会
  50. 泌尿器科分子・細胞研究会 評議員, 2009年02月, 2024年03月, 泌尿器科分子・細胞研究会
  51. 泌尿器科再建再生研究会 世話人, 2012年06月, 2018年06月, 泌尿器科再建再生研究会
  52. 中国四国前立腺・腎尿路疾患研究会 世話人, 2008年, 2018年, 中国四国前立腺・腎尿路疾患研究会
  53. 中国四国前立腺・腎尿路疾患研究会 世話人, 2008年, 2018年, 中国四国前立腺・腎尿路疾患研究会
  54. 前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会 運営委員, 2012年01月, 2024年03月, 前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会
  55. UTI共同研究会 理事, 2018年, UTI共同研究会
  56. BCG注入療法研究会 運営委員, 2018年, BCG注入療法研究会
  57. 広島県医師会 代議員, 2018年06月, 2020年06月, 広島県医師会
  58. 第102回日本泌尿器科学会総会プログラム委員, 2014年, 2014年, 日本泌尿器科学会
  59. 日本泌尿器科学会 がん登録推進委員会 委員, 2015年04月, 2019年04月, 日本泌尿器科学会
  60. 日本泌尿器科学会 学会賞・坂口賞選考委員会 委員, 2009年04月, 2011年04月, 日本泌尿器科学会
  61. 日本泌尿器内視鏡学会 学術委員会 委員, 2008年11月, 2012年11月, 日本泌尿器内視鏡学会
  62. 西日本泌尿器科学会 評議員, 2008年, 2024年03月, 西日本泌尿器科学会
  63. 広島大学医師会 理事, 2018年05月, 2020年05月, 広島大学医師会
  64. 日本泌尿器科学会 代議員, 2020年, 日本泌尿器科学会

学術会議等の主催

  1. 第2回泌尿器単孔式腹腔鏡手術ワークショップ, 大会長, 2013年03月, 2013年03月
  2. 市民公開講座 広島大学病院泌尿器科の最新治療 ― 第1回 前立腺がん -, 2013年07月, 2013年07月
  3. 市民公開講座 最先端ロボット手術の実際, 2014年01月, 2014年01月
  4. 第157回日本泌尿器科学会広島地方会, 大会長, 2015年06月, 2015年06月
  5. 第158回日本泌尿器科学会広島地方会, 大会長, 2015年11月, 2015年11月
  6. 第159回日本泌尿器科学会広島地方会, 大会長, 2016年06月, 2016年06月
  7. 第160回日本泌尿器科学会広島地方会, 大会長, 2016年11月, 2016年11月
  8. 第26回日本性機能学会西部総会, 大会長, 2017年01月, 2017年01月
  9. 第 25 回中国四前立腺・腎尿路疾患研究会, 当番世話人, 2017年02月, 2017年02月
  10. ふれあいロボット手術体験, 2017年03月, 2017年03月
  11. 第161回日本泌尿器科学会広島地方会, 大会長, 2017年08月, 2017年08月
  12. 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 大会長, 2017年09月, 2017年12月
  13. 第16回アジア泌尿器科学会(UAA2018), 国内組織委員, 2015年05月, 2018年04月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 求められる医療にアンテナを張って, 株式会社九州医事新報社, 中四国医事新報, 2014年/11月/20日, 2014年/11月/20日, 2014/11/20 中四国医事新報, 取材協力, 新聞・雑誌, 市民団体
  2. 第1回市民公開講座, 広島大学病院泌尿器科の最新治療-第1回 前立腺がん, 広島大学病院泌尿器科, 第1回市民公開講座, 2013年/07月/14日, 2013年/07月/14日, 霞キャンパス広仁会館, 講師, 講演会, その他
  3. 手術支援ロボット「ダヴィンチ」2台体制へ, 広島大学病院泌尿器科, 広島大学病院記者説明会, 2017年/03月/05日, 2017年/03月/05日, 広島大学病院, 運営参加・支援, 施設一般公開, メディア
  4. 息をのむほどに高精細な内視鏡手術ロボット 中国四国地区で初めて2台態勢へ, 広島大学病院  患者支援センター・がん治療センター, がん医療相談(がん相談支援センター) がん医療相談だより No.59 平成29年3月号, 2017年/03月/01日, 2017年/03月/31日, 寄稿, その他, 社会人・一般
  5. ふれあいロボット手術体験(記者説明会) 手術支援ロボット「ダヴィンチ」2台体制へ, 広島大学病院, テレビ新広島 ニュース 3/5, 2017年/03月/05日, 2017年/03月/05日, テレビ新広島 ニュース, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  6. 第553回広島市内科医会学術講演会, 内科医が知っておきたい泌尿器科疾患, 2016年/07月/28日, 2016年/07月/28日, 広島市, 講師, 講演会, その他
  7. 第33回安芸医学会, ここまで来たロボット支援手術 ーその現状と将来展望ー, 安芸地区医師会, 2016年/12月/04日, 2016年/12月/04日, マツダふれあい会館, 講師, 講演会, 社会人・一般
  8. APPS2016( (The 6th Congress of Asian Pacific Prostate Society), Session VIII: Prostate Cancer 4 - Surgical Treatment Panel Discussion, APPS, 2016年/09月/10日, 2016年/09月/10日, Seoul, パネリスト, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  9. Prostate Cancer Meeting in Hiroshima, 特別講演 前立線癌診療ガイドライン2016を踏まえた新しい集学的治療アプローチ, アステラス製薬株式会社, 2017年/01月/19日, 2017年/01月/19日, 広島市, 司会, 講演会, 社会人・一般
  10. 柳井医師会講演会, 臨床医が知っておきたい泌尿器疾患, アステラス製薬株式会社, 2017年/03月/24日, 2017年/03月/24日, 柳井市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  11. ロボット手術(ダ・ヴィンチ)のふれあい体験会, 中国新聞, 中国新聞健康掲示板, 2017年/03月/01日, 2017年/03月/01日, 中国新聞健康掲示板, 情報提供, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  12. 息をのむほどに高精細な内視鏡手術ロボット 中国四国地区で初めて2台態勢へ, 広島大学病院 患者支援センター・がん治療センター, がん医療相談(がん相談支援センター) がん医療相談だより No.59 平成29年3月号, 2017年/03月/01日, 2017年/03月/01日, がん医療相談(がん相談支援センター) がん医療相談だより No.59 平成29年3月号, その他, 会誌・広報誌, 社会人・一般
  13. 学内でも進む、技術イノベーション 「体内の3D画像を見ながら、遠隔で4本のアームを操作。最先端の手術ロボ、2台体制へ。ー内視鏡手術ロボット(ダヴィンチXi), 広島大学, 広島大学広報誌 H-plus Vol.3, 2017年/04月/01日, 2017年/04月/01日, 広島大学広報誌 H-plus Vol.3, 寄稿, 会誌・広報誌, 社会人・一般
  14. ロボット支援腹鏡下前立腺全摘術手術手技研究会, ロボット支援腹腔鏡下前立腺癌全摘除術, 2017年/03月/02日, 2017年/03月/02日, 琉球大学, 講師, 講演会, 研究者
  15. 福山医療センター 地域医療連携のつどい, ロボット内視鏡手術の最前線, 福山医療センター, 2017年/05月/18日, 2017年/05月/18日, 福山医療センター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  16. 第9回信州泌尿器科談話会, ロボット支援下前立腺全摘除術 ー 3つの疑問 ー, 2017年/09月/23日, 2017年/09月/23日, 講師, 講演会, 教育関係者
  17. わかしゃち泌尿器科セミナー, ロボット支援下前立腺全摘除術:3つの疑問, 2017年/10月/04日, 2017年/10月/04日
  18. 岩手泌尿器科泌尿器疾患治療セミナー, 泌尿器疾患治療についての最近の知見, 2017年/10月/06日, 2017年/10月/06日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  19. 第36回新潟泌尿器科腫瘍研究会, ロボット支援下前立腺全摘除術:3つの疑問, 2017年/10月/27日, 2017年/10月/27日, 新潟市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  20. 第8回山口ウロオンコロジーフォーラム, ロボット支援下前立腺全摘除術ー3つの疑問ー, 2017年/11月/24日, 2017年/11月/24日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  21. 前立腺がんのロボット手術と合併症-尿漏れや性機能障害などの後遺症を減らすために, メディカルノート , 2017年/08月, 2017年/08月, インターネット
  22. 前立腺がんの原因と症状とは?ステージごとの治療法と早期発見の重要性, メディカルノート, 2017年/08月, インターネット, 社会人・一般
  23. うつくしま泌尿器科研究会, 前立腺癌のあれこれ, 2018年/05月/25日, 2018年/05月/25日, 福島市, 講師, 講演会
  24. 西日本ゾーフィゴ講演会, 特別講演 CRPCの骨転移に対するマネジメント, 2018年/03月/24日, 2018年/03月/24日, 広島, 司会, 講演会