渡谷 祐介YUSUKE WATADANI

Last Updated :2020/04/01

所属/職名
病院医療安全管理部/講師

基本情報

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  2. 2020年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Current State of and Problems Related to Cancer of the Intestinal Tract Associated with Crohn's Disease in Japan, ANTICANCER RESEARCH, 36巻, 7号, pp. 3761-3766, 201607
  2. Has widespread use of biologic and immunosuppressant therapy for ulcerative colitis affected surgical trends? Results of a questionnaire survey of surgical institutions in Japan, SURGERY TODAY, 46巻, 8号, pp. 930-938, 201608
  3. Sacrocolpopexy With Rectopexy for Pelvic Floor Prolapse Improves Bowel Function and Quality of Life, DISEASES OF THE COLON & RECTUM, 56巻, 12号, pp. 1415-1422, 2013
  4. 便失禁に対する新規治療法 仙骨神経刺激療法の有用性, 広島医学 (0367-5904), 68巻, 10号, pp. 9-10, 201510
  5. Has widespread use of biologic and immunosuppressant therapy for ulcerative colitis affected surgical trends?, Surgery Today, pp. 1-9, 20151014
  6. Two Cases of Severe Ulcerative Colitis with Colonic Dilatation Resolved with Tacrolimus Therapy., Case Reports in Gastroenterology, 9巻, 2号, pp. 272-277, 20150731
  7. 盲腸粘膜下腫瘍と鑑別が困難であった盲腸子宮内膜症の1例, 日本大腸肛門病学会雑誌, 68巻, 1号, pp. 40-45, 201501
  8. 地域医療のなかでの大学病院の果たすべき役割, 日本渡航医学会誌, 8巻, 1号, pp. 41-42, 201505
  9. Hand-assisted laparoscopic restorative proctocolectomy for ulcerative colitis, WORLD JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY, 8巻, 8号, pp. 578-582, 20160827
  10. Pharmacokinetics of piperacillin-tazobactam in plasma, peritoneal fluid and peritoneum of surgery patients, and dosing considerations based on site-specific pharmacodynamic target attainment, INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS, 50巻, 3号, pp. 393-398, 201709
  11. 漢方の臨床と薬理 腹腔鏡下手術と大建中湯の臨床と薬理, 漢方医薬学雑誌, 25巻, pp. 36-34, 20171201
  12. 【潰瘍性大腸炎・クローン病手術のすべて】 潰瘍性大腸炎 重症、劇症型潰瘍性大腸炎に対する緊急、準緊急手術, 手術, 71巻, 7号, pp. 959-963, 20170615
  13. 漢方薬の薬理作用 大建中湯の腸管に対する多様な作用機序., 漢方医薬学雑誌, 25, 45., 2017, 25巻, 2号, pp. 45-45, 201701
  14. 【炎症性腸疾患のストーマ造設とストーマケア】潰瘍性大腸炎患者のストーマ造設の実際と工夫, WOC Nursing, 6巻, 10号, pp. 19-23, 20181216

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Crohn病ストーマにおける再造設にいたる危険因子, 村尾 直樹, 渡谷 祐介, 繁本 憲文, 嶋田 徳光, 矢野 雷太, 上村 健一郎, 大毛 宏喜, 第70回日本大腸肛門病学会学術集会, 2015年11月13日, 通常, 日本語, 名古屋市
  2. 便失禁に対する新規治療法:仙骨神経刺激療法の有用性, 渡谷祐介、大毛宏喜、繁本憲文、嶋田徳光、村尾直樹、矢野雷太、近藤成、橋本泰司、上村健一郎、村上義昭、末田泰二郎, 第68回広島医学会総会, 2015年11月08日, 通常, 日本語
  3. 潰瘍性大腸炎手術におけるHALS導入の効果, 渡谷祐介,大毛宏喜,繁本憲文,嶋田徳光,村尾直樹,矢野雷太,中川直哉,近藤成,橋本泰司,上村健一郎,村上義昭,末田泰二郎, 第6回 HALS研究会グループミーティング, 2015年10月17日, 通常, 日本語
  4. 大腸肛門外科領域 最近の話題, 渡谷祐介, 三次地区学術講演会, 2015年09月10日, 通常, 日本語
  5. 潰瘍性大腸炎術後便失禁 Validated Questionnaireを用いた評価と影響因子の検討, 渡谷 祐介, 繁本 憲文, 嶋田 徳光, 村尾 直樹, 矢野 雷太, 上神 慎之介, 上村 健一郎, 大毛 宏喜, 第70回日本大腸肛門病学会学術集会, 2015年09月, 通常, 日本語
  6. Post-traumatic rectourethral fistula in adolescence successfully repaired with transperineal approach using a local tissue interposition flap, 2015年08月08日, 通常, 英語
  7. クローン病合併大腸癌の臨床像, 渡谷祐介、大毛宏喜、繁本憲文、嶋田徳光、村尾直樹、亀田靖子、近藤成、橋本泰司、上村健一郎、村上義昭、末田泰二郎, 第70回日本消化器外科学会総会, 2015年07月15日, 通常, 日本語
  8. 骨盤機能障害 外科領域での新たなアプローチ, 渡谷祐介 大毛宏喜 末田泰二郎, 第157回日本泌尿器科学会 広島地方会 レクチャー, 2015年07月11日, 通常, 日本語
  9. RISK FACTORS FOR FECAL DIVERSION AFTER SPHINCTER-PRESERVING SURGERY FOR FISTULA-IN-ANO WITH CROHN'S DISEASE., 2015年05月30日, 通常, 英語
  10. 癌合併潰瘍性大腸炎に対する治療上の問題点, 渡谷祐介,大毛宏喜,上神慎之介,繁本憲文,島田徳光,村尾直樹,亀田靖子,近藤成,橋本泰司,上村健一郎,村上義昭,末田泰二郎, 第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年04月16日, 通常, 日本語
  11. クローン病に対するS式吻合法, 渡谷祐介、大毛宏喜、繁本憲文、嶋田徳光、矢野雷太、村尾直樹、亀田靖子、近藤成、橋本泰司、上村健一郎、村上義昭、末田泰二郎, 第32回広島GISクラブ, 2015年03月13日, 通常, 日本語
  12. 高齢者潰瘍性大腸炎に対する直腸粘膜抜去の妥当性-Validated Questionnaireを用いた評価, 渡谷祐介、大毛宏喜、上神慎之介、繁本憲文、嶋田徳光、矢野雷太、村尾直樹、亀田靖子、近藤成、橋本泰司、上村健一郎、村上義昭、末田泰二郎, 第13回せとうち消化管運動研究会, 2015年02月07日, 通常, 日本語
  13. 閉鎖式ドレーンのドレナージ効果の違いに関する検討, 渡谷祐介, 大毛宏喜、上神慎之介、繁本憲文、嶋田徳光、矢野雷太、村尾直樹、亀田靖子、近藤 成、橋本泰司、上村健一郎、村上義昭、末田泰二郎, 第30回リスタークラブ学術集会, 2014年06月21日, 通常, 日本語
  14. 高齢者UCに対する直腸粘膜抜去の妥当性-Validated Questionnaireを用いた評価, 渡谷祐介, 大毛宏喜、上神慎之介、清水 亘、繁本憲文、北川浩樹、近藤成、橋本泰司、首藤 毅、上村健一郎、村上義昭、末田泰二郎, 第116回広島消化器病研究会, 2014年04月19日, 通常, 日本語
  15. 自然肛門温存を目指したクローン病痔瘻治療の問題点, 渡谷 祐介, 大毛 宏喜, 上神 慎之介, 嶋田 徳光, 繁本 憲文, 矢野 雷太, 村尾 直樹, 亀田 靖子, 近藤 成, 橋本 泰司, 上村 健一郎, 村上 義昭, 末田 泰二郎, 第68回日本大腸肛門病学会, 2013年11月15日, 通常, 日本語
  16. 免疫調節薬が潰瘍性大腸炎手術に与える影響, 嶋田徳光,大毛宏喜,渡谷祐介,上神慎之介,繁本憲文,村尾直樹,近藤 成,上村健一郎,村上義昭,末田泰二郎, 第70回日本消化器外科学会総会, 2015年07月, 通常, 日本語, 静岡県浜松市
  17. 潰瘍性大腸炎に対するタクロリムスの有効性と手術治療への影響, 嶋田徳光,大毛宏喜,渡谷祐介,繁本憲文,矢野雷太,村尾直樹,亀田靖子,近藤 成,橋本泰司,上村健一郎,村上義昭,上野義隆,田中信治,末田泰二郎, JDDW 2015 TOKYO, 2015年10月, 通常, 日本語, 東京都港区
  18. IBDに対する手術 開腹・腹腔鏡・ロボット 潰瘍性大腸炎手術におけるHALS導入に伴う効果の検討, 嶋田徳光,矢野 雷太, 村尾 直樹, 繁本 憲文, 上神 慎之助, 渡谷 祐介, 上村 健一郎, 大毛 宏喜, 第70回日本大腸肛門病学会学術集会, 2015年11月, 通常, 日本語, 愛知県名古屋市
  19. 腸管が露出した離開創に対し,腸管保護ガーゼを併用し局部陰圧閉鎖療法を施行したS城結腸穿孔の1例, 大毛宏喜,渡谷祐介,繁本憲文,嶋田徳光,矢野雷太,中川直哉,近藤 成,橋本泰司,上村健一郎,村上義昭,末田泰二郎, 第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月, 通常, 日本語, 福岡県福岡市
  20. 内瘻形成を認めた腸管ベーチェット病の一例, 亀田靖子,大毛 宏喜, 渡谷 祐介, 上神 慎之介, 繁本 憲文, 嶋田 徳光, 村尾 直樹, 矢野 雷太, 中川 直哉, 近藤 成, 橋本 泰司, 上村 健一郎, 村上 義昭, 末田 泰二郎, 第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月, 通常, 日本語, 福岡県福岡市
  21. IBD肛門病変の診断・治療のタイミング 渡谷祐介, 渡谷祐介, 第16回岡山IBDカンファレンス, 2016年09月15日, 通常, 日本語, 岡山市
  22. クローン病のSSI 発症危険因子からみた術中対策の課題, 渡谷祐介, 大毛宏喜, 繁本憲文, 嶋田徳光, 矢野雷太, 村尾直樹, 上神慎之介, 上村健一郎, 村上義昭, 末田泰二郎, 第71回日本消化器外科学会総会, 2016年07月14日, 通常, 日本語, 徳島市
  23. クローン病術後イレウスの危険因子に関する検討, 渡谷祐介, 繁本憲文, 嶋田徳光, 矢野雷太, 上神慎之介, 上村健一郎, 大毛宏喜, 第71回日本大腸肛門病学会学術集会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 三重県伊勢市
  24. クローン病腹部手術における腹腔内癒着の危険因子, 渡谷祐介, 大毛宏喜, 上神慎之介, 繁本憲文, 嶋田徳光, 矢野雷太, 村尾直樹, 上村健一郎, 村上義昭, 末田泰二郎, JDDW2016 , 2016年11月03日, 通常, 日本語, 神戸市
  25. Watadani Y, Ohge H, Shimada N, Uegami S, Yano R, Shigemoto N, Nakagawa N, Kondo N, Uemura K, Murakami Y, Sueda T, American Society of Colon & Rectal Surgeons (ASCRS) Annual Scientific Meeting, 2017, 2017年06月10日, 通常, 英語, シアトル
  26. 潰瘍性大腸炎術後の静脈血栓症予防に関する検討, 嶋田徳光, 岡本暢之, 矢野雷太, 渡谷祐介, 北川浩樹, 黒尾優太, 垰越宏幸, 上神慎之介, 上村健一郎, 大毛宏喜, 嶋田徳光, 岡本暢之, 矢野雷太, 渡谷祐介, 北川浩樹, 黒尾優太, 垰越宏幸, 上神慎之介, 上村健一郎, 大毛宏喜, 第72回日本大腸肛門病学会学術集会, 2017年11月18日, 通常, 日本語
  27. 潰瘍性大腸炎待機的手術における3期分割の選択とその妥当性, 矢野雷太, 大毛宏喜, 渡谷祐介, 嶋田徳光, 垰越宏幸, 黒尾優太, 北川浩樹, 岡本暢之, 上村健一郎, 村上義昭, 末田泰二郎, 矢野雷太, 大毛宏喜, 渡谷祐介, 嶋田徳光, 垰越宏幸, 黒尾優太, 北川浩樹, 岡本暢之, 上村健一郎, 村上義昭, 末田泰二郎, 第79回日本臨床外科学会総会, 2018年11月23日, 通常, 日本語
  28. 潰瘍性大腸炎術後の便失禁におけるバイオフィードバック療法の有用性, 矢野 雷太, 渡谷 祐介、上神 慎之介、嶋田 徳光、北川 浩樹、上村 健一郎、大毛 宏喜, 日本大腸肛門病学会, 2018年11月09日, 通常, 日本語, 日本大腸肛門病学会, 東京
  29. 直腸脱に対する経肛門手術および経腹手術の治療成績と課題, 上神 慎之介, 北川 浩樹、黒尾 優太、垰越 宏幸、矢野 雷太、嶋田 徳光、渡谷 祐介、上村 健一郎、大毛 宏喜, 日本大腸肛門病学会, 2018年11月09日, 通常, 日本語, 日本大腸肛門病学会, 東京
  30. 生物学的製剤はクローン病痔瘻術後長期成績を向上させるか?, 渡谷 祐介, 矢野 雷太、嶋田、徳光、上神 慎之介、北川 浩樹、繁本 憲文、上村 健一郎、大毛 宏喜, 日本大腸肛門病学会, 2018年11月09日, 通常, 日本語, 日本大腸肛門病学会, 東京
  31. 特徴的な画像・肉眼所見を呈した結核性腹膜炎の一例, 向田 敦史, 渡谷 祐介、大毛 宏喜、矢野 雷太、上神 慎之介、嶋田 徳光、上村 健一郎、村上 義昭、末田 泰二郎, 日本臨床外科学会総会, 2018年11月24日, 通常, 日本語, 日本臨床外科学会, 東京
  32. 大腸全摘術後における静脈血栓症早期診断の可能性, 上神 慎之介, 向田 敦史、矢野 雷太、嶋田 徳光、渡谷 祐介、北川 浩樹、黒尾 優太、垰越 宏幸、上村 健一郎、村上 義昭、大毛 宏喜、末田 泰二郎, 日本臨床外科学会総会, 2018年11月22日, 通常, 日本語, 日本臨床外科学会, 東京
  33. 潰瘍性大腸炎における回腸嚢肛門吻合術後の長期成績, 嶋田 徳光, 大毛 宏喜、渡谷 祐介、矢野 雷太、岡本 暢之、上神 慎之介、上村 健一郎、村上 義昭、末田 泰二郎, 日本消化器外科学会総会, 2018年07月11日, 通常, 日本語, 日本消化器外科学会, 鹿児島
  34. 一時的回腸人工肛門に対する早期閉鎖術の安全性, 岡本 暢之, 大毛 宏喜、嶋田 徳光、矢野 雷太、渡谷 祐介、上村 健一郎、村上 義昭、末田 泰二郎, 日本消化器外科学会総会, 2018年07月11日, 通常, 日本語, 日本消化器外科学会, 鹿児島
  35. クローン病痔瘻における病態分類と治療成績の関係, 渡谷 祐介, 大毛 宏喜、嶋田 徳光、矢野 雷太、岡本 暢之、上村 健一郎、村上 義昭、末田 泰二郎, 日本消化器外科学会総会, 2018年07月11日, 通常, 日本語, 日本消化器外科学会, 鹿児島
  36. クローン病合併大腸癌症例の臨床病理学的検討, 岡本 暢之, 大毛 宏喜、渡谷 祐介、嶋田 徳光、矢野 雷太、垰越宏幸、黒尾 優太、北川 宏樹、上村 健一郎、村上、義昭、末田 泰二郎, 日本外科学会総会, 2018年04月05日, 通常, 日本語, 日本外科学会, 東京
  37. 潰瘍性大腸炎術後の回腸嚢関連合併症の検討, 嶋田 徳光, 大毛 宏喜, 岡本 暢之, 矢野 雷太, 上神 慎之介, 渡谷 祐介, 上村 健一郎, 村上 義昭, 末田 泰二郎, 日本外科学会総会, 2018年04月05日, 通常, 日本語
  38. 臍部に生じた悪性黒色腫の1例, 金本 麻裕, 天野 愛純香, 壷井 聡史, 渡谷 祐介, 日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 日本皮膚科学会 西部支部, 松江
  39. 結腸直腸手術患者におけるメトロニダゾール静注の血漿・腹水・組織中濃度推移, 垰越 宏幸, 大毛 宏喜, 猪川 和朗, 渡谷 祐介, 嶋田 徳光, 矢野 雷太, 梶原 俊毅, 北野 弘之, 黒尾 優太, 北川 浩樹, 岡本 暢之, 森川 則文, 末田 泰二郎, 日本嫌気性菌感染症学会総会・学術集会, 2018年03月02日, 通常, 日本語, 日本嫌気性菌感染症学会, 広島
  40. クローン病の腸切除における吻合部再発に関する検討, 渡谷 祐介, 大毛 宏喜、河野 透、岡本 暢之、矢野 雷太、嶋田 徳光、上神 慎之介、上村 健一郎、村上 義昭、末田 泰二郎, 手術手技研究会, 2018年05月11日, 通常, 日本語, 手術手技研究会, 徳島
  41. 潰瘍性大腸炎に対するHALS併用2期分割大腸全摘術, 矢野 雷太, 大毛 宏喜、渡谷 祐介、上神 慎之介、向田 敦史、上村 健一郎、村上 義昭、末田 泰二郎, HALS研究会グループミーティング, 2018年10月20日, 通常, 日本語, HALS研究会, 東京
  42. クローン病肛門病変の治療 内科と外科の連携, 渡谷 祐介, 第6回 呉IBD病診連携の会, 2018年02月22日, 招待, 日本語, 呉IBD病診連携の会, 呉
  43. 排便障害(便秘・便失禁)診療の実際, 渡谷 祐介, 安芸学術講演会, 2018年11月22日, 招待, 日本語, 広島
  44. クローン病消化管吻合法の変遷と課題, 渡谷 祐介, 近畿外科学会, 2018年05月19日, 招待, 日本語, 近畿外科学会, 大阪