木内 良明Yoshiaki Kiuchi

Last Updated :2019/04/09

所属・職名
医療政策室 医療政策室 理事
ホームページ
メールアドレス
ykiuchihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2番3号 旧第1診療棟広島大学大学院視覚病態学教室
TEL:082-257-5245 FAX:082-257-5249

基本情報

主な職歴

  • 1983年06月01日, 1984年03月31日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 1984年04月01日, 1985年07月31日, 広島赤十字・原爆病院, 眼科, 医師
  • 1985年08月01日, 1986年08月31日, 光輝会光輝病院眼科医長, 眼科, 医師
  • 1986年09月01日, 1989年06月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員
  • 1989年07月01日, 1990年08月31日, 広島大学, 医学部, 文部教官助手
  • 1990年09月01日, 1992年08月31日, Yale大学, 医学部眼科および視覚学教室, Post doctoral associate
  • 1992年09月01日, 1995年06月30日, 広島大学, 医学部, 文部教官助手
  • 1995年07月01日, 1996年03月31日, 広島大学, 医学部, 文部教官学部内講師
  • 1996年04月01日, 1997年03月31日, 広島赤十字・原爆病院, 眼科, 医師
  • 1997年04月01日, 2003年07月31日, 国立大阪病院, 眼科, 医師
  • 1998年04月01日, 2006年07月31日, 大阪大学, 医学部, 非常勤講師
  • 2003年08月01日, 2006年07月31日, 大手前病院, 眼科, 眼科部長
  • 2006年08月31日, 広島大学, 医歯薬学総合研究科視覚病態学, 教授
  • 2018年04月01日, 広島大学, 理事・副学長(医療担当)

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1977年04月, 1983年03月

学位

  • 医学博士 (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 眼科学

研究キーワード

  • 放射線障害
  • 眼球の生体力学
  • 緑内障

所属学会

  • American Academy of Ophthalmology
  • 日本眼科学会, 1983年
  • 日本緑内障学会, 1990年04月
  • 日本眼科手術学会, 1998年01月

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  2. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  3. 2019年, 学部専門, 1ターム, 眼科学
  4. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 視覚病態学特別演習
  5. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 視覚病態学特別演習
  6. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 視覚病態学特別実験
  7. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 視覚病態学特別実験
  8. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 視覚病態学特別演習
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 視覚病態学特別演習
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 視覚病態学特別研究
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 視覚病態学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Comparison of the Intraocular Pressure Measured Using the New Rebound Tonometer Icare ic100 and Icare TA01i or Goldmann Applanation Tonometer., J Glaucoma, 28巻, 2号, pp.172-pp.177, 2019/02
  2. The effect of air pulse-driven whole eye motion on the association between corneal hysteresis and glaucomatous visual field progression, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, FEB 14 2018
  3. SUMO modification system facilitates the exchange of histone variant H2A.Z-2 at DNA damage sites, NUCLEUS, 9巻, 1号, pp.87-pp.94, 2018
  4. Glaucoma Implant Tube Lumen Obstruction Visualized Using Anterior Segment Optical Coherence Tomography, JOURNAL OF GLAUCOMA, 27巻, 3号, pp.E64-pp.E67, MAR 2018
  5. Changes in choroidal thickness in patients with diabetic retinopathy, INTERNATIONAL OPHTHALMOLOGY, 38巻, 1号, pp.279-pp.286, FEB 2018
  6. Usability and reproducibility of tear meniscus values generated via swept-source optical coherence tomography and the slit lamp with a graticule method, INTERNATIONAL OPHTHALMOLOGY, 38巻, 2号, pp.679-pp.686, APR 2018
  7. Genome-wide association study identifies seven novel susceptibility loci for primary open-angle glaucoma, HUMAN MOLECULAR GENETICS, 27巻, 8号, pp.1486-pp.1496, APR 15 2018
  8. 術後の浅前房と高眼圧, 臨床眼科, 72巻, 1号, pp.57-pp.64, 2018,1,15
  9. 新春随想 10年前と10年後, 日本の眼科, 89 89巻, 1号, pp.12-pp.12, 2018,1,20
  10. バルベルト緑内障インプラント手術を行った虹彩角膜内皮症候群の1例, あたらしい眼科, 35巻, 1号, pp.149-pp.151, 2018,1,31
  11. 緑内障セミナー 眼球の剛性と緑内障, あたらしい眼科, 35巻, 1号, pp.103-pp.104, 2018,1,30
  12. 原発閉塞隅角緑内障の手術治療, 眼科, 60巻, 3号, pp.229-pp.235, 2018,3,5
  13. Successful recovery from misdirection syndrome in nanophthalmic eyes by performing an anterior vitrectomy through the anterior chamber., International Ophthalmology, 2018,1, 3
  14. Usefulness of B-scan ocular ultrasound images for diagnosis of optic perineuritis, Am J Ophthalmol Case Rep, 12巻, pp.45-pp.48, 2018
  15. Changes in corneal biomechanics and intraocular pressure following cataract surgery., Am J Ophthalmol, 18巻, pp.30406-pp.30409, 20180730
  16. Time-dependent antimicrobial effect of photodynamic therapy with TONS 504 on Pseudomonas aeruginosa, LASERS IN MEDICAL SCIENCE, 33巻, 7号, pp.1455-pp.1460, 201809
  17. 第28回 日本緑内障学会 Meeting Report 特別寄稿「学会を終えて」, Frontiers in Glaucoma, 55号, pp.57-pp.57, 20180314
  18. Iris Thickness and Severity of Neovascular Glaucoma Determined Using Swept-source Anterior-segment Optical Coherence Tomography., J Glaucoma., 26巻, 201802
  19. The signs of ocular-surface disorders after switching from latanoprost to tafluprost/timolol fixed combination: a prospective study, CLINICAL OPHTHALMOLOGY, 11巻, pp.1175-pp.1181, 2017
  20. Genetic association study of exfoliation syndrome identifies a protective rare variant at LOXL1 and five new susceptibility loci, NATURE GENETICS, 49巻, 7号, pp.993-pp.+, JUL 2017
  21. Time Course of Conjunctival Hyperemia Induced by a Rho-kinase Inhibitor Anti-glaucoma Eye Drop: Ripasudil 0.4%, CURRENT EYE RESEARCH, 42巻, 5号, pp.738-pp.742, 2017
  22. Using CorvisST tonometry to assess glaucoma progression, PLOS ONE, 12巻, 5号, MAY 4 2017
  23. Cataract surgery causes biomechanical alterations to the eye detectable by Corvis ST tonometry, PLOS ONE, 12巻, 2号, FEB 21 2017
  24. The relationship between retinal nerve fibre layer thickness profiles and CorvisST tonometry measured biomechanical properties in young healthy subjects, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, MAR 24 2017
  25. Ocular hypotensive effects of a Rho-associated protein kinase inhibitor in rabbits, CLINICAL OPHTHALMOLOGY, 11巻, pp.591-pp.597, 2017
  26. Bimatoprost-induced late-onset choroidal detachment after trabeculectomy A case report and review of the literature, MEDICINE, 96巻, 5号, FEB 2017
  27. The usefulness of CorvisST Tonometry and the Ocular Response Analyzer to assess the progression of glaucoma, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, JAN 17 2017
  28. A Comparison of the Corrected Intraocular Pressure Obtained by the Corvis ST and Reichert 7CR Tonometers in Glaucoma Patients, PLOS ONE, 12巻, 1号, JAN 17 2017
  29. 検査のツボ, 眼科医マルチファインダー, 32巻, pp.4-pp.4, 2017
  30. 緑内障 今どきの手術対応, 日本眼科學會雑誌, 121巻, 2号, pp.164-pp.164, 2017
  31. トラスツズマブエムタンシン投与で角膜障害をきたした1例, 臨床眼科, 71巻, 7号, pp.1051-pp.1055, 2017
  32. 発達緑内障に対する初回 suture trabeculotomy の試み, 眼科臨床紀要, 10巻, 5号, pp.422-pp.425, 2017
  33. ラタノプロストからタフルプロスト・チモロールマレイン酸塩への切り替え時の自覚症状,治療満足度の検討, 臨床眼科, 71巻, 4号, pp.531-pp.537, 2017
  34. 特発性頭蓋内圧亢進症の経過観察に光干渉断層計が有用であった1例, 眼科臨床紀要, 10巻, 2号, pp.112-pp.118, 2017
  35. Laser gonioplastyは何に適応するのでしょうか?, 臨床眼科, 71巻, 7号, pp.986-pp.991, 2017
  36. どっちがどっち? 術式の選択, 臨床眼科, 71巻, 6号, pp.840-pp.846, 2017
  37. 認知症緑内障患者の診かた, 臨床眼科, 71巻, 5号, pp.660-pp.667, 2017
  38. 妊娠中の患者に対する緑内障治療の選択は?, 臨床眼科, 71巻, 4号, pp.492-pp.497, 2017
  39. 低眼圧で視野障害が進行する患者の診かた, 臨床眼科, 71巻, 3号, pp.309-pp.316, 2017
  40. 緑内障患者のアドヒアランスを高める方策は?, 臨床眼科, 71巻, 2号, pp.208-pp.213, 2017
  41. Role of macrophage migration inhibitory factor (MIF) in the effects of oxidative stress on human retinal pigment epithelial cells, CELL BIOCHEMISTRY AND FUNCTION, 35巻, 7号, pp.426-pp.432, OCT 2017
  42. Association between Corneal Biomechanical Properties with Ocular Response Analyzer and Also CorvisST Tonometry, and Glaucomatous Visual Field Severity, TRANSLATIONAL VISION SCIENCE & TECHNOLOGY, 6巻, 3号, MAY 2017
  43. Comparison of the anterior chamber angle structure between children and adults, JOURNAL OF AAPOS, 21巻, 1号, pp.57-pp.62, FEB 2016
  44. A Pilot Evaluation Assessing the Ease of Use and Accuracy of the New Self/Home-Tonometer IcareHOME in Healthy Young Subjects, JOURNAL OF GLAUCOMA, 25巻, 10号, pp.835-pp.841, OCT 2016
  45. The Relationship between Corvis ST Tonometry and Ocular Response Analyzer Measurements in Eyes with Glaucoma, PLOS ONE, 11巻, 8号, AUG 31 2016
  46. Down-regulation of semaphorin 3F in rat retinal ganglion cells in response to optic nerve crush, CELL BIOCHEMISTRY AND FUNCTION, 34巻, 5号, pp.378-pp.384, JUL 2016
  47. Reproducibility of optic disk evaluation in supine subjects with a Heidelberg Retina Tomograph II laser tomographic scanner, CLINICAL OPHTHALMOLOGY, 10巻, pp.1617-pp.1622, 2016
  48. Persistent hypotony after trabeculectomy: incidence and associated factors in the Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study, JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY, 60巻, 4号, pp.309-pp.318, JUL 2016
  49. SLC1A1 Gene Variants and Normal Tension Glaucoma: An Association Study, OPHTHALMIC GENETICS, 37巻, 2号, pp.194-pp.200, 2016
  50. Correlation between optic nerve head circulation and visual function before and after anti-VEGF therapy for central retinal vein occlusion: prospective, interventional case series, BMC OPHTHALMOLOGY, 16巻, APR 5 2016
  51. Effects of topical adrenergic agents on prostaglandin E2-induced aqueous flare and intraocular pressure elevation in pigmented rabbits, JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY, 60巻, 2号, pp.95-pp.102, MAR 2016
  52. Association between glaucoma eye drops and hyperemia, JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY, 60巻, 2号, pp.72-pp.77, MAR 2016
  53. Evidence-based medicine in glaucoma surgery, Taiwan Journal of Ophthalmology
  54. 〔回答者〕Ⅲ先天性疾患・小児疾患 Q16発達緑内障を見逃さないコツを教えてください。, あたらしい眼科 ’16臨時増刊号 小児眼科 Q&A, 33巻, pp.213-pp.216, 2016
  55. 特集 緑内障点眼薬の基礎と臨床 2.プロスタグランジン関連薬の臨床, 眼科, 58巻, 12号, pp.1435-pp.1440, 2016
  56. 緑内障, 小児内科2016年48巻増刊号 小児疾患診療のための病態生理3, 48巻, pp.1059-pp.1063, 2016
  57. Ocular Response AnalyzerとCorvis ST, 眼科2016年10月臨時増刊号 眼科検査の最新情報, 58巻, 11号, pp.1352-pp.1356, 2016
  58. Preperimetric glaucomaの治療をどうするか, 眼科, 58巻, 9号, pp.943-pp.950, 2016
  59. 前房内チューブインプラント, 臨床眼科, 70巻, 2号, pp.178-pp.184, 2016
  60. 多局所網膜電図波形に対するコンタクトレンズ電極が及ぼす影響, 日本視能訓練士協会誌, 45巻, pp.315-pp.321, 2016
  61. アミロイド緑内障に対するチューブ手術, 眼科手術, 29巻, 4号, pp.685-pp.689, 2016
  62. 両耳側半盲を呈した視交叉炎の1例, 眼科臨床紀要, 9巻, 7号, pp.597-pp.601, 2016
  63. 緑内障患者における立体視機能, 日本眼科学会雑誌, 120巻, 4号, pp.303-pp.309, 2016
  64. 広島大学病院におけるバルベルト緑内障インプラントの術後成績, 臨床眼科, 70巻, 3号, pp.315-pp.321, 2016
  65. 緑内障手術適応の明確化目指し, Japan Medicine, 2016
  66. 眼内腫瘍に対する治療の進歩, 日本眼科学会雑誌, 120巻, 10号, pp.671-pp.672, 2016
  67. 特集 基礎知識と種類を押さえれば患者指導が変わる! 点眼薬マスターガイド, 眼科ケア, 18巻, 9号, pp.5-pp.5, 2016
  68. 眼圧測定, メディカル・ビューポイント, 37巻, 3号, pp.1-pp.2, 2016
  69. 緑内障でしょうか?視野検査の診かた, 臨床眼科, 70巻, 3号, pp.270-pp.274, 206
  70. 緑内障でしょうか?視神経乳頭の診かた, 臨床眼科, 70巻, 2号, pp.194-pp.199, 2016
  71. Signals from the alpha 2 receptors suppress the flare and IOP elevation caused by PGE2, American Academy of Ophthalmology(AAO), 2016
  72. Efficiency, safety, and patient preference of switching from dorzolamide 1%/timolol 0.5% to brinzolamide 1%/timolol 0.5% while maintaining the prostaglandin F2 alpha analog, CLINICAL OPHTHALMOLOGY, 9巻, pp.475-pp.482, 2015
  73. Intraocular pressure readings obtained through soft contact lenses using four types of tonometer, CLINICAL OPHTHALMOLOGY, 9巻, pp.1875-pp.1881, 2015
  74. Inactivation of acyclovir-sensitive and -resistant strains of herpes simplex virus type 1 in vitro by photodynamic antimicrobial chemotherapy, Mol Vis, 21巻, pp.532-pp.537
  75. Prostaglandin-associated periorbitopathy in latanoprost users, CLINICAL OPHTHALMOLOGY, 9巻, pp.51-pp.56, 2015
  76. 緑内障手術, 眼科手術, 28巻, 2号, pp.170-pp.174, 2015
  77. 緑内障手術は「一歩前」, 眼科グラフィック, 4巻, 4号, pp.341-pp.347, 2015
  78. 緑内障のバイオメカニクス, 日本の眼科, 86巻, 7号, pp.7-pp.12, 2015
  79. ハラーマン・ストライフ症候群に緑内障を合併した2症例, 眼科手術, 28巻, 1号, pp.119-pp.122, 2015
  80. 多発性骨髄腫に合併した角膜混濁のレーザー生体共焦点顕微鏡による観察, 臨床眼科, 69巻, 3号, pp.5-pp.8, 2015
  81. 生体共焦点顕微鏡を用いた扁平角膜の角膜各層の観察, 臨床眼科, 69巻, 6号, pp.915-pp.920, 2015
  82. 非定型的な角膜上皮欠損症例に対する単純ヘルペスウイルス抗原検出キットの有用性, あたらしい眼科, 32巻, 3号, pp.409-pp.411, 2015
  83. 緑内障患者の眼表面管理, Frontiers in Glaucoma, 50巻, pp.15-pp.23, 2015
  84. チューブシャント手術(ロングチューブ)の現状と将来, NANO OPHTHALMOLOGY, 48巻, pp.14-pp.18, 2015
  85. Morphological Features and Important Parameters of Large Optic Discs for Diagnosing Glaucoma, PLOS ONE, 10巻, 3号, 2015
  86. Proteomic Study of Retinal Proteins Associated with Transcorneal Electric Stimulation in Rats, JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY, 2015
  87. A common variant mapping to CACNA1A is associated with susceptibility to exfoliation syndrome, NATURE GENETICS, 47巻, 4号, pp.387-pp.U145, 2015
  88. Antimicrobial action from a novel porphyrin derivative in photodynamic antimicrobial chemotherapy in vitro, LASERS IN MEDICAL SCIENCE, 30巻, 1号, pp.383-pp.387, 2015
  89. Up-regulation of semaphorin 4A expression in human retinal pigment epithelial cells by PACAP released from cocultured neural cells, CELL BIOCHEMISTRY AND FUNCTION, 33巻, 1号, pp.29-pp.36, 2015
  90. Intradevice and Interdevice Agreement Between a Rebound Tonometer, Icare PRO, and the Tonopen XL and Kowa Hand-held Applanation Tonometer When Used in the Sitting and Supine Position, JOURNAL OF GLAUCOMA, 24巻, 7号, pp.515-pp.521, 2015
  91. hCAS/CSE1L regulates RAD51 distribution and focus formation for homologous recombinational repair, GENES TO CELLS, 20巻, 9号, pp.681-pp.694, 2015
  92. ★, Exposure to Atomic Bomb Radiation and Age-Related Macular Degeneration in Later Life: The Hiroshima-Nagasaki Atomic Bomb Survivor Study, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 56巻, 9号, pp.5401-pp.5406, 2015
  93. Comparison of the Toxicity Profile of Benzalkonium Chloride-Preserved Tafluprost and SofZia-Preserved Travoprost Applied to the Ocular Surface, JOURNAL OF OCULAR PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS, 31巻, 3号, pp.156-pp.164, 2015
  94. ★, Intraocular Pressure Outcomes and Risk Factors for Failure in the Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study, OPHTHALMOLOGY, 122巻, 11号, pp.2223-pp.2233, 2015
  95. ★, The Relationship between Corvis ST Tonometry Measured Corneal Parameters and Intraocular Pressure, Corneal Thickness and Corneal Curvature, PLOS ONE, 10巻, 10号, 2015
  96. ★, Intraocular pressure readings obtained through soft contact lenses using four types of tonometer., Clin Ophthalmol, 9巻, 20151020
  97. Using the Early Postoperative Intraocular Pressure to Predict Pressure Control After a Trabeculectomy, JOURNAL OF GLAUCOMA, 23巻, 6号, pp.410-pp.414, 2014
  98. Oxidative stress regulates expression of claudin-1 in human RPE cells, CENTRAL EUROPEAN JOURNAL OF BIOLOGY, 9巻, 5号, pp.461-pp.468, 2014
  99. Cross-Sectional Study of the Association between a Deepening of the Upper Eyelid Sulcus-Like Appearance and Wide-Open Eyes, PLOS ONE, 9巻, 4号, 2014
  100. ★, Ocular Surface Displacement with and without Contact Lenses during Non-Contact Tonometry, PLOS ONE, 9巻, 4号, 2014
  101. Inner retinal layer comparisons of eyes with exudative age-related macular degeneration and eyes with age-related macular degeneration and glaucoma, GRAEFES ARCHIVE FOR CLINICAL AND EXPERIMENTAL OPHTHALMOLOGY, 252巻, 4号, pp.563-pp.570, 2014
  102. Width of abnormal ganglion cell complex area determined using optical coherence tomography to predict glaucoma, JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY, 58巻, 1号, pp.47-pp.55, 2014
  103. Intraobserver and interobserver agreement of computer software-assisted optic nerve head photoplanimetry, JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY, 58巻, 1号, pp.56-pp.61, 2014
  104. Neuropeptides Released From Trigeminal Neurons Promote the Stratification of Human Corneal Epithelial Cells, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 55巻, 1号, pp.125-pp.133, 2014
  105. ★, Is the Association Between Smoking and the Retinal Venular Diameter Reversible Following Smoking Cessation?, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 55巻, 1号, pp.405-pp.411, 2014
  106. The Whole Macular Choroidal Thickness in Subjects with Primary Open Angle Glaucoma, PLOS ONE, 9巻, 10号, 20141028
  107. Association study of genetic variants on chromosome 7q31 with susceptibility to normal tension glaucoma in a Japanese population, EYE, 27巻, 8号, pp.979-pp.983, 2013
  108. Intraocular Pressure of Supine Patients Using Four Portable Tonometers, OPTOMETRY AND VISION SCIENCE, 90巻, 7号, pp.700-pp.706, 2013
  109. Ocular Volumetry Using Fast High-Resolution MRI during Visual Fixation, AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY, 34巻, 4号, pp.870-pp.876, 2013
  110. Matrix metalloproteinase and cytokine expression in Tenon fibroblasts during scar formation after glaucoma filtration or implant surgery in rats, CELL BIOCHEMISTRY AND FUNCTION, 31巻, 6号, pp.482-pp.488, 2013
  111. Histological Findings of Uveal Capillaries in Rabbit Eyes After Multiple Intravitreal Injections of Bevacizumab, CURRENT EYE RESEARCH, 38巻, 4号, pp.487-pp.496, 2013
  112. ★, Evaluation of Corneal Displacement Using High-Speed Photography at the Early and Late Phases of Noncontact Tonometry, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 54巻, 4号, pp.2474-pp.2482, 2013
  113. Transcriptional Regulation of VEGFA by the Endoplasmic Reticulum Stress Transducer OASIS in ARPE-19 Cells, PLOS ONE, 8巻, 1号, 2013
  114. Comparison of Visual Performance of Multifocal Intraocular Lenses with Same Material Monofocal Intraocular Lenses, PLOS ONE, 8巻, 6号, 2013
  115. The Applicability of Ganglion Cell Complex Parameters Determined From SD-OCT Images to Detect Glaucomatous Eyes, JOURNAL OF GLAUCOMA, 22巻, 9号, pp.713-pp.718, 2013
  116. Development of Automated Conjunctival Hyperemia Analysis Software, CORNEA, 32巻, pp.S52-pp.S59, 2013
  117. Macular Choroidal Thickness and Volume in Healthy Pediatric Individuals Measured by Swept-Source Optical Coherence Tomography, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 54巻, 10号, pp.7068-pp.7074, 2013
  118. ★, Glaucoma in Atomic Bomb Survivors, RADIATION RESEARCH, 180巻, 4号, pp.422-pp.430, 2013
  119. Influence of Ocular Stiffness on Intraocular Pressure Estimation Using Goldmann Applanation Tonometry, JOURNAL OF MEDICAL AND BIOLOGICAL ENGINEERING, 33巻, 3号, pp.293-pp.299, 2013
  120. Comparison of anterior chamber depth measurements by 3-dimensional optical coherence tomography, partial coherence interferometry biometry, Scheimpflug rotating camera imaging, and ultrasound biomicroscopy, JOURNAL OF CATARACT AND REFRACTIVE SURGERY, 38巻, 7号, pp.1207-pp.1213, 2012
  121. ★, Corneal displacement during tonometry with a noncontact tonometer, JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY, 56巻, 3号, pp.273-pp.279, 2012
  122. Altered Stability of mRNAs Associated with Glaucoma Progression in Human Trabecular Meshwork Cells Following Oxidative Stress, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 53巻, 4号, pp.1734-pp.1741, 2012
  123. Up-regulation of matrix metalloproteinase-1 and interleukin-6 expression in cocultures of corneal fibroblasts and neural cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 419巻, 3号, pp.537-pp.542, 2012
  124. Differential expression of semaphorin 3A and its receptors during mouse retinal development, CELL BIOCHEMISTRY AND FUNCTION, 30巻, 7号, pp.563-pp.568, 2012
  125. INTRAOCULAR PRESSURE ELEVATION IS A DELAYED-ONSET COMPLICATION AFTER SUCCESSFUL VITRECTOMY FOR STAGES 4 AND 5 RETINOPATHY OF PREMATURITY, RETINA-THE JOURNAL OF RETINAL AND VITREOUS DISEASES, 32巻, 8号, pp.1636-pp.1642, 2012
  126. Intraocular Pressure Measurement Using Rebound Tonometer for Deviated Angles and Positions in Human Eyes, CURRENT EYE RESEARCH, 37巻, 2号, pp.109-pp.114, 2012
  127. Clinical applications of high-resolution ocular magnetic resonance imaging, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 30巻, 9号, pp.695-pp.705, 2012
  128. Magnetic Resonance Imaging-Determined Subretinal Fluid Volume in An Uveitic Patient.Okimoto S, Kiuchi Y, Tanitame K, Awai K.RETINAL Cases & Brief Reports.6(4)375-378,2012, RETINAL Cases & Brief Reports, 6巻, 4号, pp.375-pp.378, 2012
  129. Periodic analysis using two-way analysis of variance for the circadian rhythm of intraocular pressure in primary open angle glaucoma, BIOLOGICAL RHYTHM RESEARCH, 43巻, 5号, pp.461-pp.473, 2012
  130. Latanoprost Therapy After Sunken Eyes Caused by Travoprost or Bimatoprost, OPTOMETRY AND VISION SCIENCE, 88巻, 9号, pp.1140-pp.1144, 2011
  131. Comparison of Drug Permeabilities Across the Blood-Retinal Barrier, Blood-Aqueous Humor Barrier, and Blood-Brain Barrier, JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 100巻, 9号, pp.3904-pp.3911, 2011
  132. Effects of corneal thickness and axial length on intraocular pressure and ocular pulse amplitude before and after cataract surgery, CANADIAN JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY-JOURNAL CANADIEN D OPHTALMOLOGIE, 46巻, 3号, pp.242-pp.246, 2011
  133. Comparison of the Prevalence of Plateau Iris Configurations Between Angle-closure Glaucoma and Open-angle Glaucoma Using Ultrasound Biomicroscopy, JOURNAL OF GLAUCOMA, 20巻, 5号, pp.315-pp.318, 2011
  134. Evaluation of Rebound Tonometer for Measuring Intraocular Pressure at Deviated Angle and Position, CURRENT EYE RESEARCH, 36巻, 5号, pp.422-pp.428, 2011
  135. Platelet-Derived Growth Factor Receptor Alpha Is Associated with Oxidative Stress-Induced Retinal Cell Death, CURRENT EYE RESEARCH, 36巻, 4号, pp.336-pp.340, 2011
  136. Vascular risk factors in glaucoma: a review, CLINICAL AND EXPERIMENTAL OPHTHALMOLOGY, 39巻, 3号, pp.252-pp.258, 2011
  137. Investigation of the association between SLC1A3 gene polymorphisms and normal tension glaucoma, MOLECULAR VISION, 17巻, 89-90号, pp.792-pp.796, 2011
  138. Investigation of the association between SLC1A3 gene polymorphisms and normal tension glaucoma, MOLECULAR VISION, 17巻, 89-90号, pp.792-pp.796, 2011
  139. Cullin5 Reduces Retinal Cell Death Induced by Glutamate Toxicity, CURRENT EYE RESEARCH, 36巻, 1号, pp.66-pp.70, 2011
  140. COMPARATIVE STUDY OF DIFFERENT beta-RADIATION DOSES FOR PREVENTING PTERYGIUM RECURRENCE, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 81巻, 5号, pp.1394-pp.1398, 20011201
  141. Genotyping HLA-DRB1 and HLA-DQB1 alleles in Japanese patients with normal tension glaucoma, MOLECULAR VISION, 16巻, 203号, pp.1874-pp.1879, 2010
  142. ★, Efficacy of amniotic membrane-assisted bleb revision for elevated intraocular pressure after filtering surgery, Clinical Ophthalmology, 30巻, 4号, pp.839-pp.843, 2010
  143. Genotyping HLA-DRB1 and HLA-DQB1 alleles in Japanese patients with normal tension glaucoma, MOLECULAR VISION, 16巻, 203号, pp.1874-pp.1879, 2010
  144. Genome-wide Association Study of Normal Tension Glaucoma: Common Variants in SRBD1 and ELOVL5 Contribute to Disease Susceptibility, OPHTHALMOLOGY, 117巻, 7号, pp.1331-pp.U84, 2010
  145. ★, Phacoemulsification and trabeculotomy combined with goniosynechialysis for uncontrollable chronic angle-closure glaucoma, Ophthalmic Surgery,Lasers&Imaging, 41巻, 3号, pp.348-pp.354, 2010
  146. Phacoemulsification and Trabeculotomy Combined With Goniosynechialysis for Uncontrollable Chronic Angle-Closure Glaucoma, OPHTHALMIC SURGERY LASERS & IMAGING, 41巻, 3号, pp.348-pp.354, 2010
  147. 緑内障手術-術後早期の管理方法, 眼科手術, 23巻, 2号, pp.249-pp.261, 2010
  148. Analysis of microsatellite polymorphisms within the GLC1F locus in Japanese patients with normal tension glaucoma, MOLECULAR VISION, 16巻, 51-52号, pp.462-pp.466, 2010
  149. Effect of intravitreal bevacizumab on iris vessels in neovascular glaucoma patients, GRAEFES ARCHIVE FOR CLINICAL AND EXPERIMENTAL OPHTHALMOLOGY, 248巻, 11号, pp.1601-pp.1609, 2010
  150. ★, Association of micrlsatellite polymorphisms of the GPDS1 locus woth normal tension glaucoma in the Japanese population, Clin Ophthalmol, 3巻, 2号, pp.183-pp.188, 2009
  151. Double Hump Sign in Indentation Gonioscopy is Correlated With Presence of Plateau Iris Configuration Regardless of Patent Iridotomy, JOURNAL OF GLAUCOMA, 18巻, 2号, pp.161-pp.164, 2009
  152. Evaluation of relationship between the serum levels of inflammatory mediators and ocular injuries induced by sulfur mustard: Sardasht-Iran Cohort Study, INTERNATIONAL IMMUNOPHARMACOLOGY, 9巻, 13-14号, pp.1494-pp.1498, 2009
  153. Proteomic study of DBA/2J mice retina: Down-regulation of Integrin beta 7 correlated with retinal ganglion cell death, PROTEOMICS, 9巻, 21号, pp.4962-pp.4969, 2009
  154. ★, Douoble hump sign in indentation gonioscopy is correlated woth presence of plteau iris configulation regardlessof patent iridotomy, J Glaucoma, 18巻, 2号, pp.161-pp.164, 2009
  155. Wnt14 inhibits death of retinal precursor cells, EXPERIMENTAL EYE RESEARCH, 89巻, 4号, pp.462-pp.468, 2009
  156. Elevated Intraocular Pressure, Optic Nerve Atrophy, and Impaired Retinal Development in ODAG Transgenic Mice, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 50巻, 1号, pp.242-pp.248, 2009
  157. Association of toll-like receptor 2 gene polymorphisms with normal tension glaucoma, MOLECULAR VISION, 15巻, 306-07号, pp.2905-pp.2910, 20091226
  158. Functional proteomics of failed filtering blebs, MOLECULAR VISION, 15巻, 291-92号, pp.2762-pp.2770, 20091215
  159. ★, Wnt14 inhibits death of retinal precursor cells, Experimental Eye Research, 89巻, 4号, pp.462-pp.468, 20091001
  160. GABA(A) receptors are associated with retinal ganglion cell death induced by oxidative stress, EXPERIMENTAL EYE RESEARCH, 86巻, 5号, pp.727-pp.733, 2008
  161. Proteome profiling of embryo chick retina, PROTEOME SCIENCE, 6巻, 2008
  162. Association of Toll-like receptor 4 gene polymorphisms with normal tension glaucoma, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 49巻, 10号, pp.4453-pp.4457, 2008
  163. カラー眼底写真の画像処理による網膜神経線維層欠損(RNLD)の検出, あたらしい眼科, 24巻, 9号, pp.1241-pp.1243, 2007
  164. Proteomic analyses of retina of excitatory amino acid carrier 1 deficient mice, Proteome science, 5巻, 13号, 2007
  165. Proteomic analyses of retina of excitatory amino acid carrier 1 deficient mice, Proteome Science, 5巻, 13号, 2007
  166. Simultaneous measurement of eye stiffness and contact area for living human eyes, Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc, pp.2779-82, 2007
  167. 強膜バックリング術後に発症し自然軽快した若年者の硝子体黄斑牽引症候群の1例, 広島医学, 60巻, 3号, pp.209-pp.213, 2007
  168. 強膜バックリング術後に発症し自然軽快した若年者の硝子体黄斑牽引症候群の1例, 広島医学, 60巻, 3号, pp.209-pp.213, 2007
  169. A polymorphism of LOC387715 gene is associated with age-related macular degeneration in the Japanese population, Neuroscience Letters, 414巻, 1号, pp.71-pp.74, 2007
  170. 眼紀と私ー私と眼紀の出会いー, 日本眼科紀要, 58巻, 12号, pp.762-pp.763, 2007
  171. Topical latanoprost causes posterior movement of lens in a patient with exfoliation syndrome and subluxated lens: a case report, J Med Case Reports, 1巻, pp.172, 2007
  172. 経過をOCTで追えた自然閉鎖したstage3の突発性黄斑円孔の1例, 眼科臨床医報, 101巻, 10号, pp.1038-40, 20071001
  173. シリコーン眼内レンズに石灰化が発生した星状硝子体症の1例, 日本眼科学会雑誌, 110巻, 9号, pp.736-pp.740, 2006
  174. Trabeculectomy with Mitomycin C for Treatment of Neovascular Glaucoma in Diabetic Patients., Ophthalmologica, 220巻, 6号, pp.383-pp.388, 2006
  175. Pigment epithelium-derived factor promotes neurite outgrowth of retinal cells, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 55巻, 4号, pp.109-pp.116, 2006
  176. Pars plana vitrectomy and panretinal photocoagulation combined with trabeculectomy for successful treatment of neovascular glaucoma, Graefe’s Archive for Clinical and Experiment Ophthalmology, 244巻, 12号, pp.1627-pp.1632, 2006
  177. 眼科誌上グランドラウンド 23線維柱帯炎, 日本眼科紀要, 57巻, 11号, pp.825-pp.826, 2006
  178. Binding affinity of bunazosin, dorzolamide, and timolol to synthetic melanin., Japanese Journal of Ophthalmology, 48巻, 1号, pp.34-pp.36, 2004
  179. 星状神経節ブロックによる網膜循環の変化, 104巻, 1号, pp.29-pp.33, 2000
  180. 経強膜毛様体光凝固後高度な脈絡膜剥離をきたした1例, 14巻, 8号, pp.1269-pp.1272, 1997
  181. 房水が漏出する濾過胞(Leakinf beb) の再建術-Surgical repair of leaking filtration blebs-, 39巻, 5号, pp.667-pp.672, 1997
  182. 体位や光が眼圧の日内変動に与える影響, 14巻, 4号, pp.609-pp.612, 1997
  183. 特発性血小板減少性紫斑病に続発したステロイド緑内障, 13巻, pp.1259-pp.1262, 1996
  184. Ultrasound biomicroscopic study of ciliary body thickness after topical application of pharmacologic agents, American Journal of Ophthalmology, 121巻, (3)号, pp.319-pp.321, 1996
  185. Ultrasound biomicroscopic study of ciliary body thickness after topical application of pharmacologic agents, American Journal Ophthalmology, 121巻, 3号, pp.319-pp.321, 1996
  186. 健常人眼の房水動態の日内変動, 50巻, 2号, pp.139-pp.142, 1996
  187. 原発開放隅角緑内障および高眼圧症に対するPhXA41点眼液とマレイン酸チモロール点眼液の併用による眼圧下降作用, 45巻, 2号, pp.258-pp.266, 1996
  188. The effects of prostaglandins on the blood-ocular barrier, Japanese Journal of Ophtalmology, 39巻, 4号, pp.368-pp.376, 1995
  189. Ca2+/Calmodurin effects of cAMP personse in cultured chick ciliary epithelial cells, Japanese Journal of Ophthalmology, 39巻, 4号, pp.317-pp.322, 1995
  190. The effect of prostaglandins on the blood-ocular barrier., Jpn J Ophthalmol, 39巻, 4号, pp.368-pp.376, 1995
  191. Isoforms of glucose transporter in the iris-ciliary body, Japanese Journal of Ophthalmology, 39巻, 3号, pp.242-pp.247, 1995
  192. レーザー切糸術を併用した線維柱帯切除術の早期合併症, 46巻, 1号, pp.33-pp.37, 1995
  193. 網膜神経線維層観察におけるレーザー走査型検眼鏡の評価, 48巻, 3号, pp.481-pp.484, 1994
  194. 緑内障治療費の推移, 48巻, 3号, pp.491-pp.495, 1994
  195. コルヒチンはイソプロテレノールの眼圧下降作用を増強する, 10巻, 7号, pp.1229-1223, 1993
  196. Confocal laser scanning ophthalmoscopeの使用経験, 10巻, 7号, pp.1153-pp.1160, 1993
  197. Binding of antiglaucomatous drugs to synthetic melanin and their hypotensive effects on pigmented and nonpigmented rabbit eyes, Japanese Journal of Ophthalmology, 37巻, pp.32-pp.38, 1993
  198. Ophtahlmic diseases in bedridden patients with severe dementia, Japanese Journal of Ophthalmology, 37巻, pp.165-pp.170, 1993
  199. 周辺部に角膜潰瘍を生じた格子状角膜変性症, 10巻, 12号, pp.2113-pp.2116, 19931201
  200. A cyclic AMP phosphodiesterase inhibitor, 8’-pivaloyloxymethyl ester (POM-ester) of griseolic acid, lowers rabbit intraocular pressure, Current Eye Research, 10巻, 9号, pp.817-pp.822, 1991
  201. 白内障嚢外摘出と後房レンズ移植後の眼圧変動, 85巻, 9号, pp.2273-pp.2277, 1991
  202. 8-Hydroxy Carteolol 局所投与による眼圧動態とメラニン色素, 95巻, 8号, pp.752-pp.757, 1991
  203. 寝たきり痴呆患者の眼, 45巻, 6号, pp.1029-pp.1032, 1991
  204. 視力が不良な原発緑内障患者の臨床的特徴, 8巻, 5号, pp.755-pp.760, 1991
  205. 最近5年間に広島大学眼科を受診した続発緑内障患者の検討, 8巻, 4号, pp.579-pp.586, 1991
  206. 広島市における2年間の急性および続発緑内障の疫学調査, 85巻, 12号, pp.2996-pp.3000, 1991
  207. Primary orbital malignant lymphoma: a clinicopathology study of 17cases, Archives of Ophthalmology, 229巻, pp.206-pp.209, 1991
  208. Effects of a cyclic AMP phosphodiesterase inhibitor, 8’-pivaloyloxymethyl ester of griseolic acid, on aqueous humor dynamics in rabbits, Japanese Journal of Ophthalmology, 35巻, 1号, pp.23-pp.29, 1991
  209. 広島大学眼科における高眼圧症例の検討, 41巻, 8号, pp.1505-pp.1512, 1990
  210. 広島大学緑内障外来で加療した開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障の問題点, 84巻, 6号, pp.1198-pp.1203, 1990
  211. グリセオール酸エステルとメラニン色素, 7巻, 3号, pp.410-pp.414, 1990
  212. 緑内障薬物治療の新しい方向, 7巻, 1(増)号, pp.165-pp.169, 1990
  213. Tono-Pen2 の使用経験, 7巻, 10号, pp.1535-pp.1538, 19901001
  214. 禁煙と緑内障, 5巻, 8号, pp.1197-pp.1200, 1988
  215. Changes in choroidal area following trabeculectomy: Long-term effect of intraocular pressure reduction., PLoS One, 14巻, 3号, 20190320
  216. Evaluation of offset of conjunctival hyperemia induced by a Rho-kinase inhibitor; 0.4% Ripasudil ophthalmic solution clinical trial., Sci Rep., 6巻, 1号, pp.3755, 20190306
  217. An in vitro study of scarring formation mediated by human Tenon fibroblasts: Effect of Y-27632, a Rho kinase inhibitor., Cell Biochem Funct, 37巻, 2号, pp.113-pp.124, 201903
  218. Absence of the foveal avascular zone in a nanophthalmic child revealed by optical coherence tomography angiography., Am J Ophthalmol Case Rep, 201811
  219. Correlation between elastic energy stored in an eye and visual field progression in glaucoma., PLoS One., 201809
  220. Comparison of visual performance of toric vs non-toric intraocular lenses with same material., Clin Ophthalmol, 1巻, 12号, pp.2237-pp.2243, 201811
  221. Time-dependent antimicrobial effect of photodynamic therapy with TONS 504 on Pseudomonas aeruginosa, Lasers in Medical Science, 33巻, 7号, pp.1455-pp.1460, 201809
  222. Correlation between elastic energy stored in an eye and visual field progression in glaucoma., PLoS One, 13巻, 9号, 20180921

著書等出版物

  1. 2006年08月, Eye Surgery バトルロイヤル1 白内障、Ocular Surface、緑内障編 , メディカルレビュー社, 2006年, 08, 単行本(学術書), 共編著
  2. 2007年02月, 眼科インストラクションコース10 診療ガイドラインに準拠した視神経と視野による緑内障診断完全マスター , メジカルビュー社, 2007年, 02, 教科書, 共編著, 173
  3. 2007年10月, 眼科インストラクションコース13 眼科の処置と小手術完全マスター , メジカルビュー社, 2007年, 10, 教科書, 共編著, 235
  4. 2006年02月, 眼科インストラクションコース6 眼感染症ケース別まるごとマスター 前田直之・黒坂大次郎他編 , メディカルレビュー社, 2006年, 02, 単行本(学術書), 共編著, 木内 良明
  5. 2006年04月, 眼科インストラクションコース7 緑内障 細隙灯顕微鏡診断完全マスター 谷原秀信他編 , メディカルレビュー社, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 木内 良明
  6. 2006年10月, 緑内障と眼の病気~患者さん、介護者、医療従事者の手引き~ ジョセフ・フラマー著/監訳 桑山泰明・池田恒彦他 , メディカルレビュー社, 2006年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 木内 良明
  7. 2009年03月, 【眼科レーザー治療】 緑内障 緑内障のレーザー治療 レーザー切糸術, 文光堂, 2009年, 03, 共編著, 236-239
  8. 2009年03月, 【眼科レーザー治療】 緑内障 緑内障のレーザー治療 レーザー瞳孔形成術, 文光堂, 2009年, 03, 共編著, 240-242
  9. 2008年09月, 緑内障の薬物治療 A to Z, 文光堂, 2008年, 09, 共編著, 3-36
  10. 2011年04月, 救急診療指針 改訂第4版(X章 小児および特殊救急に対する診療 5.眼科領域), 2011年, 04, 単行本(学術書), 共編著
  11. 2012年01月, あたらしい眼科 29ー1(2012 1月号) 特集:小児と高齢者の緑内障:ここがポイント, メディカル葵出版, 2012年, 01, 単行本(学術書), 単著, 4896352823, 148
  12. 2012年03月, 眼科ベーシックポイント?専門医認定試験のための力の500題, メジカルビュー社, 2012年, 03, 単行本(学術書), 単著, 4758307431, 374
  13. 2010年03月, Eye Syrgery Now 緑内障手術これでバッチリ!Ⅲ.その他の緑内障術式 周辺虹彩切除術, 2010年, 03, 単行本(学術書), 共編著
  14. 2011年05月, 眼科学 第2版 Ⅰ構造とその病態 F.緑内障 6-7)眼外傷と緑内障, 2011年, 05, 教科書, 共編著
  15. 2011年01月, 専門医のための眼科診療クオリファイ 3 緑内障診断ガイド 緑内障性眼障害のとらえ方と進行評価の注意点, 2011年, 01, 単行本(学術書), 共編著
  16. 2005年04月, Ahmed glaucoma valveを挿入した難治性緑内障の術後経過, 臨床眼科, 木内 良明;長谷川 利英;原田 純 他;原田 純
  17. 2016年09月, Preperimetric glaucomaの治療をどうするか, 眼科, 杉本 洋輔;木内 良明
  18. 2011年03月, Schwann細胞腫からの5-Sシステイニルドーパ産生が疑われた1例, 臨床眼科, 沖本 聡志;木内 良明
  19. 2012年04月, β遮断薬, あたらしい眼科 / メディカル葵出版 [編], 望月 英毅;木内 良明
  20. 2011年12月, アドヒアランス, 日本眼科学会雑誌 / 日本眼科学会 [編], 木内 良明
  21. 2017年, 一般口演「視機能・縁内障・網膜」 発達緑内障に対する初回suture trabeculotomyの試み, 眼科臨床紀要, 松谷 香菜恵;中倉 俊祐;小林 由依;岡本 明子;寺尾 悦子;亀岡 真弘;清水 有紀子;田淵 昭雄;木内 良明
  22. 2014年05月, カラー臨床報告 角膜潰瘍の治療後に生じた薬剤過敏症の1例, 臨床眼科, 大田 遥;杉本 洋輔;木内 良明
  23. 2011年02月, 眼圧測定 基礎と臨床(非接触式を含めて), 眼科, 谷本 誠治;木内 良明
  24. 2009年, 眼圧変動の意義と捉え方, 臨床眼科, 木内 良明
  25. 2012年, 眼科ベーシックポイント : 専門医認定試験のための力の500題, メジカルビュー社, 下村嘉一, 木内良明, 井上幸次, 坂本泰二 監修, 9784758307437
  26. 1990年, グリセオール酸(cAMP-Phosphodiesterase阻害剤)局所投与による眼圧変化の基礎研究, 木内, 良明;木内良明 [著]
  27. 1990年, グリセオール酸(cAMP-Phosphodiesterase阻害剤)局所投与による眼圧変化の基礎研究, 木内良明 [著];木内, 良明
  28. 2007年, 経過をOCTで追えた自然閉鎖したstage 3の特発性黄斑円孔の1例, 眼科臨床医報, 小林 隆幸;皆本 敦;木内 良明
  29. 2010年08月, 原発開放隅角緑内障(狭義)の治療戦略--私の場合, あたらしい眼科 / メディカル葵出版 [編], 木内 良明
  30. 2012年08月, 広画角デジタル眼撮影装置(RetCam)による隅角検査の試み, 臨床眼科, 佐々木 崇暁;曽根 隆志;木内 良明
  31. 2013年10月, 知っておきたい眼部CT所見, 臨床放射線 / 金原出版株式会社 [編], 谷為 恵三;曽根 隆志;木内 良明 他;木内 良明
  32. 2015年, 知っておきたい眼科の救急, 広島県医師会, 板倉秀記 執筆 ; 杉本洋輔 執筆 ; 竹中丈二 執筆 ; 戸田良太郎 執筆 ; 木内良明 監修;板倉, 秀記;杉本, 洋輔;竹中, 丈二;戸田, 良太郎;木内, 良明
  33. 2007年, 失明原因の第1位と第2位--頂上対決,緑内障と糖尿病網膜症, 日本未病システム学会雑誌, 木内 良明
  34. 2011年07月, 磁気共鳴画像を用いた網膜はく離の診断, 臨床眼科, 森口 裕子;木内 良明;曽根 隆志 他;曽根 隆志
  35. 2012年06月, 弱視教育における携帯端末の活用に関する基礎的研究 : EVESとしての活用のための基礎的研究, 弱視教育, 氏間 和仁;木内 良明
  36. 2005年07月, 線維柱帯切除術の術後早期にステロイド緑内障をきたしたと思われる2例, あたらしい眼科 / メディカル葵出版 [編], 木内 良明;原田 純;藤本 雅彦
  37. 2008年05月, 選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)の術後6カ月の有効率, あたらしい眼科 / メディカル葵出版 [編], 望月 英毅;高松 倫也;木内 良明
  38. 2016年02月, 前房内チューブインプラント, 臨床眼科, 木内 良明
  39. 2009年07月, 第28回 日本眼薬理学会 原著(2)線維柱帯切除術後早期の濾過胞からの房水漏出に対し高分子量ヒアルロン酸ナトリウムの高濃度製剤の濾過胞内注入を行った2例, あたらしい眼科 / メディカル葵出版 [編], 出口 香穂里;横山 知子;木内 良明
  40. 2016年04月, チューブシャント手術の現状 : エクスプレス併用濾過手術, 眼科, 地庵 浩司;木内 良明
  41. 2010年07月, デング熱後に両眼視神経症を発症した1例, 臨床眼科, 出口 香穂里;横山 知子;木内 良明
  42. 2017年, 特発性頭蓋内圧亢進症の経過観察に光干渉断層計が有用であった1例, 眼科臨床紀要, 水野 優;木内 良明
  43. 2017年07月, トラスツズマブエムタンシン投与で角膜障害をきたした1例, 臨床眼科, 水野 優;近間 泰一郎;戸田 良太郎;井之川 宗右;木内 良明
  44. 2010年07月, 難治性緑内障に対するAhmed Glaucoma Valveの手術成績, あたらしい眼科 / メディカル葵出版 [編], 河原 純一;望月 英毅;木内 良明 他;木内 良明
  45. 2013年07月, 日本眼科学会専門医制度 生涯教育講座(総説55)緑内障薬物治療のアップデート, 日本眼科学会雑誌 / 日本眼科学会 [編], 木内 良明
  46. 2014年12月, 乳頭のみかたと視野, 眼科, 柳 昌秀;木内 良明
  47. 2016年02月, 熱血討論! 緑内障道場 : 診断・治療の一手ご指南(1)緑内障でしょうか? 視神経乳頭の診かた, 臨床眼科, 木内 良明;大鳥 安正;内藤 知子
  48. 2017年03月, 熱血討論! 緑内障道場 : 診断・治療の一手ご指南(14)低眼圧で視野障害が進行する患者の診かた, 臨床眼科, 木内 良明;廣岡 一行;溝上 志朗;馬場 哲也;中澤 徹
  49. 2017年04月, 熱血討論! 緑内障道場 : 診断・治療の一手ご指南(15)妊娠中の患者に対する緑内障治療の選択は?, 臨床眼科, 木内 良明;馬場 哲也;溝上 志朗;廣岡 一行
  50. 2016年03月, 熱血討論! 緑内障道場 : 診断・治療の一手ご指南(2)緑内障でしょうか? 視野検査の診かた, 臨床眼科, 内藤 知子;大鳥 安正;木内 良明
  51. 2017年09月, 熱血討論! 緑内障道場 : 診断・治療の一手ご指南(20)バルベルト緑内障インプラント手術2年後に眼圧上昇をきたした症例, 臨床眼科, 木内 良明;菅野 彰;谷戸 正樹;濱中 輝彦
  52. 2016年04月, 熱血討論! 緑内障道場 : 診断・治療の一手ご指南(3)隅角検査のポイント, 臨床眼科, 大鳥 安正;内藤 知子;木内 良明
  53. 2016年05月, 熱血討論! 緑内障道場 : 診断・治療の一手ご指南(4)眼底OCTの診かた : 緑内障と診断された乳頭低形成, 臨床眼科, 金森 章泰;寺西 慎一郎;中倉 俊祐;木内 良明
  54. 2016年06月, 熱血討論! 緑内障道場 : 診断・治療の一手ご指南(5)若年者の急性閉塞隅角緑内障の原因と治療方法, 臨床眼科, 中倉 俊祐;金森 章泰;寺西 慎一郎;木内 良明
  55. 2014年12月, バルベルト緑内障インプラント手術, 臨床眼科, 杉本 洋輔;木内 良明
  56. 2016年11月, プロスタグランジン関連薬の臨床, 眼科, 地庵 浩司;木内 良明
  57. 2017年04月, ラタノプロストからタフルプロスト・チモロールマレイン酸塩への切り替え時の自覚症状,治療満足度の検討, 臨床眼科, 末岡 千絵;二井 宏紀;奥道 秀明;竹中 丈二;柳 昌秀;小林 賢;馬場 哲也;金本 尚志;内藤 知子;中倉 俊祐;田淵 仁志;杉本 洋輔;佐々木 崇暁;木内 良明
  58. 2016年, 両耳側半盲を呈した視交叉炎の1例, 眼科臨床紀要, 髙本 有美子;山根 健;木内 良明
  59. 2010年02月, 緑内障, あたらしい眼科 / メディカル葵出版 [編], 木内 良明;谷本 誠治
  60. 2013年05月, 緑内障, 小児科, 木内 良明
  61. 2015年, 緑内障手術は「一歩前」, 眼科グラフィック = Graphic journal of ophthalmology : 「視る」からはじまる眼科臨床専門誌, 木内 良明
  62. 2012年07月, 緑内障手術法と合併症, 日本医師会雑誌 / 日本医師会 [編], 木内 良明
  63. 2014年, 緑内障診療クローズアップ = Essential Guide for Glaucoma Clinic, メジカルビュー社, 木内良明 編集;木内, 良明, 9784758310888
  64. 2013年10月, 臨床研究 トラボプロスト/チモロール配合剤点眼薬の眼圧および眼表面に対する評価, 日本眼科学会雑誌 / 日本眼科学会 [編], 金本 尚志;木内 良明;市岡 伊久子 他;市岡 伊久子
  65. 2016年04月, 臨床研究 緑内障患者における立体視機能, 日本眼科学会雑誌 / 日本眼科学会 [編], 吉川 知子;中尾 善隆;木内 良明
  66. 2002年12月, 臨床報告 開放隅角緑内障におけるラタノプロストとウノプロストンの併用効果, 臨床眼科, 相馬 剛至;木内 良明;福井 佳苗 他;福井 佳苗
  67. 2010年02月, 臨床報告 ガチフロキサシンとレボフロキサシン点眼による白内障および緑内障周術期の減菌効果, 臨床眼科, 望月 英毅;高松 倫也;木内 良明
  68. 2004年08月, 臨床報告 ぶどう膜炎に続発した緑内障の手術治療成績, 臨床眼科, 岡田 康平;木内 良明;伊東 奈美 他;伊東 奈美
  69. 2007年07月30日, 眼内レンズによるグレア発生原因解明のためのレンズのモデル化と光のシミュレーション, 福永, 充吉;玉木, 徹;金田, 和文;曽根, 隆志;三嶋, 弘;木内, 良明
  70. 2002年09月24日, P-251 ドルゾラミドと合成メラニンとの親和性について, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 寺川 伸江;木内 良明;中田 智子;山崎 邦夫;北村 良雄;赤野 威彦
  71. 2009年, 空気噴流印加時における角膜の凹部変形を考慮したダイナミックセンシング, 計測自動制御学会論文集, 山田 憲嗣;山崎 直幸;五所 卓巳;木内 良明;竹中 丈二;東森 充;金子 真
  72. 2007年07月, 眼内レンズによるグレア発生原因解明のためのレンズのモデル化と光のシミュレーション, MIRU2007 画像の認識・理解シンポジウム論文集, 画像情報フォーラム, 福永, 充吉;玉木, 徹;金田, 和文;曽根, 隆志;三嶋, 弘;木内, 良明
  73. 2014年07月15日, タフルプロストおよびトラボプロストの12週間点眼による自覚症状,治療満足度の検討 (<特集>第67回日本臨床眼科学会講演集(5)), 臨牀眼科, 医学書院, 中村, 友美;金本, 尚志;小松, 直樹;谷戸, 正樹;寺西, 慎一郎;内藤, 知子;馬場, 哲也;廣岡, 一行;溝上, 志朗;木内, 良明
  74. 2011年05月26日, 1P1-G01 正常眼圧緑内障及び強度近視を発症する眼球に共通する新しい評価パラメータの提案(非接触センシング), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 泉 巌;木村 洋介;金子 真;生野 恭司;三木 篤也;木内 良明
  75. 2012年05月27日, 1P1-N01 強制的眼圧上昇を利用した網膜黄斑部多層組織の変形特性評価(医療ロボティクス・メカトロニクス(1)), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 泉 巌;木村 洋介;金子 真;生野 恭司;三木 篤也;木内 良明
  76. 2007年10月20日, グレア発生原因解析のための光のシミュレーション, 福永, 充吉;玉木, 徹;金田, 和文;曽根, 隆志;三嶋, 弘;木内, 良明
  77. 2015年02月20日, コンピュータシミュレーションによる眼内レンズ挿入眼の網膜像作成手法, 研究報告グラフィクスとCAD(CG), 今井 新太郎;玉木 徹;Raytchev Bisser;金田 和文;曽根 隆志;木内 良明
  78. 2007年10月, グレア発生原因解析のための光のシミュレーション, 電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, 電気・情報関連学会中国支部, 福永, 充吉;玉木, 徹;金田, 和文;曽根, 隆志;三嶋, 弘;木内, 良明
  79. 2013年, コンタクトレンズ装着による眼圧計測ファントム現象の考察, 日本機械学会論文集 C編, 木村 洋介;金子 真;山田 憲嗣;木内 良明;Imin KAO
  80. 2012年01月06日, 7D11 OCTを用いた網膜組織の硬さ評価(OS12 ハイパーロボティクス・ハイパー計測の医療応用), バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 泉 巌;木村 洋介;金子 真;生野 恭司;三木 篤也;木内 良明
  81. グリセオール酸(cAMP-Phosphodiesterase阻害剤)局所投与による眼圧変化の基礎的研究,第1報 グリセオール酸の点眼、結膜下注射および硝子体内注入による眼圧動態,第2報 グリセオール酸エステル点眼後の房水循環動態の変化, 木内, 良明
  82. 2011年, 眼球運動を考慮した眼底断面画像の位置合わせ手法, 画像電子学会誌, 岡林 慶;檜垣 徹;RAYTCHEV Bisser;玉木 徹;金田 和文;曽根 隆志;木内 良明
  83. 眼球運動を考慮した眼底断面画像の位置合わせ手法, 岡林, 慶;檜垣, 徹;,;玉木, 徹;金田, 和文;曽根, 隆志;木内, 良明
  84. 2012年, 強制的眼圧上昇を利用した網膜黄斑部多層組織の変形特性評価, 日本機械学会論文集 C編, 泉 巌;木村 洋介;金子 真;生野 恭司;三木 篤也;城 友香理;木内 良明
  85. 2014年, コンピュータシミュレーションによる眼内レンズ挿入眼の網膜像作成とグレアの影響検討, 視覚の科学, 今井 新太郎;玉木 徹;Raytchev Bisser;金田 和文;曽根 隆志;木内 良明
  86. 2007年, 失明原因の第1位と第2位:―頂上対決, 緑内障と糖尿病網膜症―, 日本未病システム学会雑誌, 木内 良明
  87. 2014年09月, Preperimetric glaucoma, 眼科, 木内 良明
  88. 2011年, 空気噴流印加時の曲率に着目した角膜剛性のエイジング評価, 生体医工学, 五所 卓巳;山田 憲嗣;東森 充;金子 真;竹中 丈二;木内 良明;戸田 良太郎;西田 幸二
  89. 2008年07月01日, 構造規則性を考慮した円柱形状ボリュームデータの直接表示手法(画像処理・表示,<特集>医用画像論文), 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム, 檜垣 徹;玉木 徹;金田 和文;曽根 隆志;三嶋 弘;木内 良明
  90. 2003年09月01日, P-129 自己血清点眼薬のレボフロキサシンによる防腐抗菌効果の検討, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 寺川 伸江;中田 智子;山下 保喜;吉崎 悦郎;木内 良明;伊東 奈美;北村 良雄;赤野 威彦
  91. 2008年10月, 眼球運動を考慮したOCT断面画像の位置合わせ手法, 平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集, 電気・情報関連学会中国支部, 岡林, 慶;玉木, 徹;金田, 和文;曽根, 隆志;木内, 良明
  92. 眼球運動を考慮したOCT断面画像の位置合わせ手法, 岡林, 慶;玉木, 徹;金田, 和文;曽根, 隆志;木内, 良明
  93. 2007年05月11日, 1A2-M02 接触面積と変位の同時計測に基づく眼剛性評価(医療・福祉ロボティクス・メカトロニクス), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 栗田 雄一;飯田 義親;奥出 純平;金子 真;方倉 聖基;杉本 栄一郎;塚本 秀利;木内 良明;三嶋 弘
  94. 2008年03月14日, 504 空気噴流印加時における角膜振動(OS-8 医工連携), 関西支部講演会講演論文集, 山崎 直幸;東森 充;木内 良明;金子 真
  95. 2007年07月, 放射状断面画像からの眼底ボリュームデータの高精度再構成手法, MIRU 2007 画像の認識・理解シンポジウム論文集, 画像情報フォーラム, 田中, 優;桧垣, 徹;玉木, 徹;金田, 和文;曽根, 隆志;三嶋, 弘;木内, 良明
  96. 2008年11月, 眼球運動を考慮したOCT断面画像の位置合わせ手法, 岡林, 慶;玉木, 徹;金田, 和文;曽根, 隆志;木内, 良明
  97. 2007年07月30日, 放射状断面画像からの眼底ボリュームデータの高精度再構成手法, 田中, 優;桧垣, 徹;玉木, 徹;金田, 和文;曽根, 隆志;三嶋, 弘;木内, 良明
  98. 2008年11月, 眼球運動を考慮したOCT断面画像の位置合わせ手法, 第10回IEEE広島支部学生シンポジウム(HISS)論文集, IEEE広島支部学生シンポジウム(HISS), 岡林, 慶;玉木, 徹;金田, 和文;曽根, 隆志;木内, 良明
  99. 2015年, GLAUCOMA Medical Diagnosis & Therapy SECOND EDITION, Normal-Tension Glaucoma Japanese Perspective, 2015年, 単行本(学術書), 共著, English, 383
  100. 2015年, 今日の小児治療指針 第16版, 発達障害, 医学書院, 2015年, 単行本(学術書), 単著, 日本語
  101. 2015年, 〈眼科臨床エキスパート〉緑内障治療のアップデート, Ⅱ手術適応, 医学書院, 2015年, 単行本(学術書), 単著, 日本語
  102. 2015年, 〈眼科臨床エキスパート〉緑内障治療のアップデート, Ⅲ周術期の標準的な管理, 医学書院, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 望月英毅、木内良明
  103. 2015年, 小児眼科学, 第12章 小児の緑内障の特徴 疾患の概念と原因, 三輪書店, 2015年, 事典・辞書, 単著
  104. 2016年, 前視野緑内障に向き合う-PPGを発見した時、どう考え管理するか-, 角膜ヒステレシス, 文光堂, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 日本語
  105. 2016年, 今日の治療指針 2016版 私はこうして治療している, 眼科疾患 緑内障(手術療法), 医学書院, 2016年, 単行本(学術書), 単著
  106. 2018年10月, その他の眼圧計, 図説緑内障診断, メディカル葵出版, 2018年, 10, 単行本(学術書), 共著, 福地健郎、石田恭子、三木篤也、野崎実穂、新田耕治、山下高明、山崎芳夫、岩瀬愛子、野本裕貴、内藤知子、澤田 明、井上俊洋、原 岳、橋本尚子、木内良明、久保田敏昭、三嶋弘一、山本哲也

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 眼圧・隅角検査のアップデート, 木内良明, 2018 しらざぎ眼科講演会, 2018年03月10日, 招待, 日本語, 興和創薬㈱, 姫路市
  2. Discover the Tafluprost, Kiuchi Y, 2018 Santen OPHTHALMOLOGY FORUM, 2018年03月04日, 招待, 英語, Taiwan Santen Pharmaceutical, Taipei
  3. 緑内障、薬物治療に関して, 木内良明, 第2回Ochanomizu Crossover Conference, 2018年03月01日, 招待, 日本語, 大塚製薬㈱, 東京都文京区
  4. 全日本緑内障道場, 木内良明, 第5回 雪明・新潟眼科フォーラム, 2018年02月18日, 招待, 日本語, 雪明・新潟眼科フォーラム/参天製薬㈱, 新潟市
  5. パネルディスカッション:緑内障手術と薬物治療~その相性はいかに~, 木内良明, Glaucoma Forum 2018, 2018年02月03日, 招待, 日本語, 興和創薬㈱, 東京都港区
  6. 特別講演Ⅰ 緑内障診療のためのOCTの使い方, 木内良明, 第9回広島眼科 Winter Seminar, 2018年01月20日, 招待, 日本語, 大塚製薬㈱, 広島市
  7. 全日本緑内障道場, 木内良明, 第8回北九州抗加齢眼疾患研究会, 2018年01月18日, 招待, 日本語, 興和創薬株式会社, 北九州市
  8. 緑内障クリニカルクエッスチョン, 木内良明, 第147回眼疾患研究会(ドーナッツセミナー), 2017年03月23日, 招待, 日本語, 市川市
  9. 全日本緑内障道場, 木内良明, 岡山眼科講演会, 2017年03月04日, 招待, 日本語, 岡山市
  10. 緑内障クリニカルクエッスチョン, 木内良明, 第28回霧島眼科研鑽会, 2017年02月25日, 招待, 日本語, 都城市
  11. 緑内障のクリニカルクエスチョン, 木内良明, ミケルナ配合点眼液 製造販売承認記念講演会 in 神戸, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 神戸市
  12. 緑内障クリニカルクエッスチョン, 木内良明, 愛媛県眼科学術講演会, 2016年11月13日, 招待, 日本語, 松山市
  13. Glaucoma and Ocular surface, Yoshiaki Kiuchi, The 116th Annual meeting of The Korean Ophthalmological Society, 2016年11月05日, 招待, 英語
  14. 緑内障手術のEvidence Based Medicine, 木内良明, 第22回大阪眼科手術シンポジウム, 2016年10月29日, 招待, 日本語, 大阪市
  15. The change in Higher-order aberrations after lamellar keratoplasty in patients with limbal dermoid cyst using swept-source optical coherence tomography, Ryotaro Toda, Sousuke Inokawa, Taiichiro Chikama, Yoshiaki Kiuchi, XXII Biennial Meeting of the International Society for Eye Research, 2016年09月27日, 通常, 英語, Tokyo
  16. 小児における緑内障の診断から治療, 木内良明, 第9回小児眼科診療セミナー, 2016年09月24日, 招待, 日本語, 東京都千代田区
  17. 緑内障の治療, 木内良明, 第8回伯耆眼科医の会, 2016年08月27日, 招待, 日本語, 米子市
  18. Approaches for over filtering and leaking blebs, Yoshiaki Kiuchi, 2016 3rd Asia-Pacific Glaucoma Congress, 2016年07月16日, 招待, 英語, Chiang Mai
  19. チューブシャント手術の困った, 木内良明, 奈良眼科学術講演会, 2016年07月07日, 招待, 日本語, 奈良市
  20. Changes in ocular hypotensive effect of Rho-associated protein kinase inhibitor, Ripasudil, with pilocarpine and timolol in rabbit eye, Yoshiaki Kiuchi, Yu Mizuno, Momoko Shibasaki, Jiae Ko, 12th EGS Congress, 2016年06月21日, 通常, 英語, Prague
  21. Effects of rho-associated protein kinase inhibitor Y-27632 on scarring formation after glaucoma filtration surgery, Hideaki Okumichi, Wakana Iwata, Satoshi Okimoto, Jiae Ko, Yoshiaki Kiuchi, 12th EGS Congress, 2016年06月21日, 通常, 英語, Prague
  22. 緑内障手術のEvidance Based Medicine, 木内良明, 福井県眼科医会学術講演会, 2016年06月04日, 招待, 日本語, 福井市
  23. 緑内障とドライアイの密なる関係, 木内良明, 第10回 箱根ドライアイクラブ, 2016年05月21日, 招待, 日本語, 小田原
  24. Efffcts of retino-collicular coculture system on the neuroprotection of retinal ganglion cells, Jiae Ko, Jiae Ko, Wakana Iwata, Chinami Hiraoka, Hideaki Okumichi, Yoshiaki Kiuchi, ARVO2016 Annual Meeting, 2016年05月03日, 通常, 英語, seattle
  25. Changes in ocular hypotensive effect of Rho-associated protein kinase inhibitor, Ripasudil, with pilocarpine and timolol in rabbit eye, Yu Mizuno, Yu Mizuno, Yoshiaki Kiuchi, ARVO2016 Annual Meeting, 2016年05月03日, 通常, 英語, seattle
  26. Intraocular pressurelowering efficacy and safety of 0.4% ripasudil., Hideki Mochiduki, Hideki Mochiduki, Kazunami Noma, Yoshiaki Kiuchi, ARVO2016 Annual Meeting, 2016年05月03日, 通常, 英語, sesttle
  27. Effects of rho-associated protein kinase inhibitor Y-27632 on scarring formation after glaucoma filtration surgery., Hideaki Okumichi, Hideaki Okumiti, Wakana Iwata, Satoshi Okimoto, Jiae Ko, Yoshiaki Kiuchi, ARVO2016 Annual Meeting, 2016年05月03日, 通常, 英語, seattle
  28. Effect of cataract surgery on the biomechanical property of the cornea, Yoshiaki Kiuchi, Yoshitaka Nakao, Noriko Ihara, Syunsuke Nakakura, R Asaoka, M Aihara, ARVO2016 Annual Meeting, 2016年05月02日, 通常, 英語, seattle
  29. Temporal antimicrobial effect of photodynamic therapy with TONS504 on Pseudomonas aeruginosa, Kentaro Sueoka, Taiichiro Chikama, Latief M.A, Jiae Ko,Yoshiaki Kiuchi, Takemasa Sakaguchi, Akira Obana, ARVO2016 Annual Meeting, 2016年05月01日, 通常, 英語, seattle
  30. A new adaptor development for a high-power objective lens in in vivo confocal microscopy, Taiichiro Chikama, Taiichiro Chikama, Yuko Kadohiro, Takashi Sone, Ryotaro Toda, Sousuke Inokawa, yoshiaki Kiuchi, 2016 ARVO Imaging in the Eye Conference, 2016年04月30日, 通常, 英語, seattle
  31. The Inner and outer retinal thickness after rhegmatogenous retinal detachment, Hidetaka Miyagi, Hidetaka Miyagi, Kentaro Sueoka,Junko Hirata, Ken Yamane, Yoshiaki Kiuchi, 2016 ARVO Imaging in the Eye Conference, 2016年04月30日, 通常, 英語, seattle
  32. A troubled glaucoma case with Hoffmann elbow implantation, Yoshiaki Kiuchi, Refractory Glaucoma Conference, 2016年04月28日, 招待, 英語, Seattle
  33. Baerveldt glaucoma implant surgery for Japanese childhood glaucoma, Yoshiaki kiuchi, Yoshiaki kiuchi, Syun Masuda, satoshi Okimoto, Masahide Yanagi, kouji Jian, Hideaki Okumichi, 8th International Congress on Glaucoma Surgery, 2016年02月20日, 通常, 英語
  34. Treatment outcomes in the Orient Ex-PRESS Study - Trabeculectomy versus Ex-PRESS surgery, Syun Masuda, Syun Masuda, Yoshiaki Kiuchi, Satoshi Okimoto, Masahide Yanagi, kouji Jian, hideaki Okumichi, 8th International Congress on Glaucoma Surgery, 2016年02月20日, 通常, 英語, OMAN
  35. Treatment outcomes in the tube versus trabeculectomy study for neovascular glaucoma, kouji Jian, kouji Jian, Yoshiaki Kiuchi, Satoshi Okimoto, Masahide Yanagi, hideaki Okumichi, Syun Masuda, 8th International Congress on Glaucoma Surgery, 2016年02月20日, 通常, 英語, OMAN
  36. Postoperative complications after Baerveldt glaucoma implant surgery for Japanese glaucoma subjects, Hiroko moriguchi, Hiroko moriguchi, Yoshiaki Kiuchi, Satoshi Okimoto, Masahide Yanagi, Kouji Jian, Hideaki Okumichi, 8th International Congress on Glaucoma Surgery, 2016年02月20日, 通常, 英語, OMAN
  37. 小児緑内障の手術の基本, 木内良明, 第39回日本眼科手術学会学術総会, 2016年01月29日, 招待, 日本語, 福岡市
  38. Ocular Surface Changes Induced by Ocular Hypotensive Eye Drops, Yoshiaki Kiuchi, Santen Glaucoma Lunch Symposium PAO 2015 Santen Lunch on seminar , 2015年12月04日, 招待, 英語
  39. HOW to control the efficacy and side effects for medication, Yoshiaki Kiuchi, Santen Glaucoma Lunch Symposium PAO 2015 Santen Lunch on seminar , 2015年12月04日, 招待, 英語, MANILA
  40. Ocular Surface Changes Induced by Ocular Hypotensive Eye Drops, Yoshiaki Kiuchi, The 12th Japan-Taiwan Joint Meeting(Glaucoma), 2015年11月29日, 招待, 英語
  41. Contemporary Glaucoma Treatment, Yoshiaki Kiuchi, 2015 Asia ARVO, 2015年02月18日, 招待, 英語
  42. Glaucoma in Japan, Yoshiaki Kiuchi, The Appropriate Treatment for Glaucoma, 2015年01月25日, 招待, 英語
  43. Techniques for performing laser suturelysis and providing immediate postoperative care, Yoshiaki Kiuchi, International congress on glaucoma surgery 2014, 招待, 英語, International society on glaucoma surgery, Singapore
  44. Management of complications during Trabeculectomy, Yoshiaki Kiuchi, International congress on glaucoma surgery 2014, 招待, 英語, International society on glaucoma surgery, Singapore
  45. Management of complications related to low IOP after Trabeculectomy, Yoshiaki Kiuchi, International congress on glaucoma surgery 2014, 招待, 英語, International society on glaucoma surgery, Singapore
  46. Tubes - which patients should they be used for and when?, Yoshiaki kiuchi, 8th International Congress on Glaucoma Surgery, 招待, 英語, OMAN
  47. Effect and Risk Factor for Failure of Trabeculectomy in the Glaucoma Patients with Low Baseline Intraocular Pressure in the Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study., Yousuke Miyoshi, Yousuke Miyoshi, Hajime Sakata, Yoshiaki Kiuchi, Yousuke Sugimoto, Y Murakami, T omomi Higashide, Kazuhisa Sugiyama, ARVO2016 Annual Meeting, 通常, 英語, seattle

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ロービジョン患者が利用し易い医療機関Webページのコンテンツ要件の定義, 2018年, 2020年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 眼球の剛性の見地から緑内障の形態と機能の変化をつなぐ, 2017年, 2019年
  3. 長寿・障害総合研究事業, 緑内障の早期発見と早期治療, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  4. 障害者対策総合研究開発事業, 緑内障の早期発見と早期治療, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 神経ー角膜上皮ー角膜実質細胞3者共培養システムの開発及び角膜機能維持機構の解明, 2015年, 2018年
  6. 厚生労働科学研究, 小児・若年者の視覚障害の早期発見・診断・治療・訓練・リハビリ等の自立支援に資する技術開発等に関する研究, 2014年11月07日, 2015年03月31日
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 眼球の剛性は緑内障の危険因子か, 2014年, 2016年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 高速カメラによる角膜硬性のセンシング, 2010年, 2012年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 非侵襲ダイナミックアクティブセンシングによる生体眼の構造剛性と眼圧剛性の分離, 2009年, 2013年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 生体眼角膜変形遅れ特性の発生メカニズムの解明, 2007年, 2008年
  11. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 緑内障性網膜視神経障害とグルタミン酸誘発細胞死との関連についての神経生理学的検討, 1995年, 1996年
  12. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 家兎毛様体におけるbeta-アドレナジック受容体反応性の日内変動, 1993年, 1993年
  13. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), プロスタグランディンの眼圧下降作用と細胞内情報伝達系, 1992年, 1993年
  14. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 眼圧調節にはたす細胞内情報伝達機構の役割, 1990年, 1991年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第28回日本緑内障学会, 2017年09月, 2017年10月
  2. 第76回広島地方眼科学会, 大会実行委員長, 2017年11月
  3. 第104回中国四国眼科学会・平成19年度中国四国ブロック講習会, 大会実行委員長, 2007年07月
  4. 日本小児眼科眼科医, 大会実行委員長, 2013年07月, 2013年07月