斎藤 祐見子YUMIKO SAITO

Last Updated :2020/02/03

所属・職名
大学院統合生命科学研究科総科・生命・物性・自然(自然探究領域)教授
メールアドレス
yumisthiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2006年10月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 総合科学研究科, 教授
  • 2001年04月01日, 2006年09月30日, 埼玉医科大学, 医学部薬理学教室, 講師
  • 2000年07月01日, 2001年03月31日, 東京都臨床医学総合研究所, ., 研究員
  • 1997年07月01日, 2000年06月30日, カリフォルニア大学, アーバイン校, Associate Specialist
  • 1992年04月01日, 1997年06月30日, 東京都臨床医学総合研究所, ., 研究員
  • 1987年06月01日, 1992年03月31日, 東京都老人総合研究所, ., プロジェクト研究員

学歴

  • お茶の水女子大学, 理学研究科, 日本, 1981年04月, 1983年03月

学位

  • 博士(理学)(東京大学)
  • 理学修士(お茶の水女子大学)

研究分野

  • 総合生物 / 神経科学 / 神経化学・神経薬理学

研究キーワード

  • 摂食
  • RGS蛋白質
  • Gタンパク質
  • GPCRを介したシグナリング機構
  • うつ不安
  • 1次繊毛
  • オーファン受容体

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 3ターム, 脳と行動[旧パッケージ]
  2. 2019年, 教養教育, 2ターム, 自然科学基礎実験法・同実験A
  3. 2019年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1理生,1理地,1工三]
  4. 2019年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1理生,1理地,1工三]
  5. 2019年, 学部専門, 1ターム, 脳科学
  6. 2019年, 学部専門, 4ターム, 生命科学英語演習
  7. 2019年, 学部専門, 2ターム, 生命科学概論
  8. 2019年, 学部専門, 1ターム, 基礎細胞生物学
  9. 2019年, 学部専門, 2ターム, 細胞生物学
  10. 2019年, 学部専門, 2ターム, 生命科学実験D
  11. 2019年, 学部専門, 2ターム, 生命科学実験法D
  12. 2019年, 学部専門, 1ターム, Fundamentals of Life Science (ライフサイエンスの世界)
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究(生命科学研究)
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 先端的神経細胞科学
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 総合科学系演習Ⅰ
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生命環境総合科学特別研究
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命環境総合科学特別演習A
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命環境総合科学特別演習A
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命環境総合科学特別演習B
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命環境総合科学特別演習B
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 総合科学系概論
  24. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 先端的神経細胞科学
  25. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 総合科学系演習II
  26. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 4ターム, 統合生命総合科学演習
  27. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Dynamic Changes in Ultrastructure of the Primary Cilium in Migrating Neuroblasts in the Postnatal Brain, J Neuroscience, 39巻, pp. 9967-9988, 2019,12,11
  2. 一次繊毛局在型GPCRー細胞センサーとしての分子基盤を探る-, 日本薬理学雑誌, 154巻, 4号, pp. 179-185, 2019,10,01
  3. Characterization of functional primary cilia in human induced pluripotent stem cell-derived neurons, Neurochemical Research, 44巻, pp. 1736-1744, 2019, 07
  4. Cyclin-dependent kinase 5 promotes proteasomal degradation of the 5-HT1A receptor via phosphorylation., Biochem Biophys Res Commun, 510巻, pp. 370-375, 20190312
  5. ★, Depression-resistant phenotype in mice overexpressing regulator of G protein signaling-8 (RGS8), Neuroscience, 383巻, pp. 160-169, 20180517
  6. Cytoskeleton-related regulation of primary cilia shortening mediated by melanin-concentrating hormone receptor 1, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 253巻, pp. 44-52, 20170821
  7. Dimerization of melanocortin receptor 1 (MC1R) and MC5R creates a ligand-dependent signal modulation: Potential participation in physiological color change in the flounder, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 230巻, pp. 103-109, 20160501
  8. ★, Modulation of primary cilia length by melanin-concentrating hormone receptor 1, Cellular Signalling, 28巻, pp. 572-584, 20160601
  9. MCHR1のinternalization機構, 顕微鏡, 51巻, 1号, pp. 13-16, 20160401
  10. メラニン凝集ホルモン受容体-最近の基礎研究における話題, 医学のあゆみ特集号 GPCR研究の最前線, 256巻, 5号, pp. 608-6015, 20160130
  11. 摂食関連メラニン凝集ホルモン受容体 (MCHR1) のGi/o選択的活性に関与するアミノ酸残基の特定, BioMedサーカス, http://biomedcircus.com/paper_03_32.html巻, 20150513
  12. ★, Identification of amino acids that are selectively involved in Gi/o activation by rat melanin-concentrating hormone receptor 1, Cellular Signalling, 27巻, 4号, pp. 818-827, 20150401
  13. Molecular cloning, expression, and signaling pathway of four melanin-concentrating hormone receptors from Xenopus tropicalis, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 212巻, pp. 114-123, 20150401
  14. Involvement of melanin-concentrating hormone 2 in background color adaptation of barfin flounder Verasper moseri, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 214巻, pp. 140-148, 20150401
  15. ネッタイツメガエルから同定した4種のMCHRサブタイプの網羅的解析, 比較内分泌, 41巻, pp. 130-131, 20151013
  16. Interrelation between melanocyte-stimulating hormone and melanin-concentrating hormone in physiological body color change: Roles emerging from barfin flounder Verasper moseri, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 181巻, pp. 229-234, JAN 15 2013
  17. Characterization of ciliary targeting sequence of rat melanin-concentrating hormone receptor 1, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 188巻, pp. 159-165, JUL 1 2013
  18. Regulated control of melanin-concentrating hormone receptor 1 through glycosylation and phosphorylation., Frontiers in Endocrinology, 4巻, pp. e154, 20131001
  19. Mutation of Phe318 within the NPxxY(x)5,6F motif in melanin-concentrating hormone receptor 1 results in an efficient signaling activity., Front. Endocrinology, 20121101
  20. Inhibiting roles of melanin-concentrating hormone for skin pigment dispersion in barfin flounder, Verasper moseri (vol 171, pg 75, 2011), GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 179巻, 3号, pp. 358-358, 2012
  21. Melanocortin systems on pigment dispersion in fish chromatophores., Frontiers in Experimental Endocrinology, 20120201
  22. Signalling pathway of goldfish melanin-concentrating hormone receptors 1 and 2, REGULATORY PEPTIDES, 169巻, 1-3号, pp. 6-12, AUG 8 2011
  23. オーファンGPCR系とうつ病, 日本薬理学会編集「実践治療薬」, 20120801
  24. 第26回ヨーロッパ比較内分泌学会(CECE2012):シンポジウムco-organizerとして, 比較内分泌学, 38巻, 147号, pp. 225-226, 2012
  25. Signalling pathway of the goldfish melanin-concentrating hormone receptor 1 and 2, Regulatory Peptides, 169巻, pp. 6-12, 20110601
  26. メラニン凝集ホルモン--MCH (特集 摂食制御の分子過程), 生体の科学, 62巻, 1号, pp. 37-43, 201101
  27. 日本における生理活性ペプチド研究の流れとその展開, 実験医学増刊号, 29巻, pp. 14-22, 20110301
  28. 新規生理活性ペプチドの探索方法の進歩, 実験医学増刊号, 29巻, pp. 80-85, 20110301
  29. MCHの最新の話題, 実験医学増刊号, 29巻, pp. 54-59, 20110301
  30. Identification, Localization, and Function of a Novel Avian Hypothalamic Neuropeptide, 26RFa, and Its Cognate Receptor, G Protein-Coupled Receptor-103, ENDOCRINOLOGY, 151巻, 5号, pp. 2255-2264, MAY 2010
  31. Functional interaction of regulator of G-protein-signaling-2 with melanin-concentrating hormone receptor 1, Ann NY Science, 1200巻, pp. 112-119, 20100401
  32. Identification of amino acid involved in "gain-of-function" conformational dynamics of melanin-concentrating hormone receptor, NEUROSCIENCE RESEARCH, 68巻, pp. E224-E224, 2010
  33. The anorexic effect of the MCH1 receptor antagonist, TPI1361-17, ENDOCRINE JOURNAL, 57巻, pp. S435-S435, 2010
  34. Identification, Localization, and Function of a Novel Avian Hypothalamic Neuropeptide, 26RFa, and Its Cognate Receptor, G Protein-Coupled Receptor-103, ENDOCRINOLOGY, 151巻, 5号, pp. 2255-2264, 2010
  35. Regulation of somatolactin release from cultured goldfish pituitary cells by PACAP and MCH, JOURNAL OF MOLECULAR NEUROSCIENCE, 42巻, 3号, pp. 308-308, 2010
  36. 肥満調節因子 摂食亢進を起こす因子系 脳由来 MCH (肥満症(第2版)--基礎・臨床研究の進歩) -- (肥満基礎研究の進歩 エネルギー代謝とその調節機序), 日本臨床, 68巻, 0号, pp. 125-128, 201002
  37. MCH (メラニン凝集ホルモン), 日本臨床増刊, 4巻, pp. 230-233, 20100801
  38. オーファンGPCR標的創薬--MCH受容体の場合 (第5土曜特集 最新 G蛋白質共役受容体研究--疾患解明とシグナル制御の新時代) -- (受容体の解析・制御のあらたな視点), 医学のあゆみ, 233巻, 9号, pp. 687-691, 20100529
  39. The pharmacological properties of a novel MCH1 receptor antagonist isolated from combinatorial libraries, European Journal of Pharmacology, 5巻, pp. 85-92, 20090101
  40. TH2 cytokines potently induce an orexigenic peptide, melanin-concentrating hormone, in human vascular endothelial cells., Journal of Allergy and Clinical Immunology, 124巻, pp. 612-614, 20090701
  41. Melanin-concentrating hormone reduces somatolactin release from the cultured goldfish pituitary cells in vitro., Journal of Endocrinology, 203巻, pp. 389-398, 20091101
  42. Molecular cloning and expression of 2 melanin-concentrating hormone receptors in goldfish., Peptides, 30巻, pp. 1990-1996, 20090501
  43. Distinct role of the DRY motif in rat melanin-concentrating hormone receptor 1 in signaling control., PEPTIDES, 30巻, pp. 974, 20090601
  44. MCH receptors/gene structure-in vivo expression., Peptides, 30巻, pp. 1985-1989, 20090501
  45. The pharmacological properties of a novel MCH1 receptor antagonist isolated from combinatorial libraries, EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 602巻, 2-3号, pp. 194-202, JAN 14 2009
  46. Distinct roles of the DRY motif in rat melanin-concentrating hormone receptor 1 in signaling control, Peptides, 30巻, 5号, pp. 974-981, 200905
  47. Melanin-concentrating hormone reduces somatolactin release from cultured goldfish pituitary cells, JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY, 203巻, 3号, pp. 389-398, 2009
  48. T(H)2 cytokines potently induce an appetite-stimulating peptide, melanin-concentrating hormone, in human vascular endothelial cells, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 124巻, 3号, pp. 612-U328, 2009
  49. ★, Regulation of melanin-concentrating hormone receptor 1 signaling by RGS8 with the receptor third intracellular loop. ,, Cellular Signaling, 20巻, pp. 2084-2094, 20080719
  50. オーファンG蛋白質共役型受容体研究の進歩, 比較内分泌, 34巻, pp. 24-28, 20080401
  51. 創薬のためのオーファンGPCRの使い方 : これまで,そしてこれから(セミナー), ファルマシア, 44巻, 2号, pp. 135-139, 20080201
  52. オーファンGタンパク質共役型受容体研究の進歩, 日本比較内分泌学会ニュース = Newsletter of Japan Society for Comparative Endocrinology, 128号, pp. 24-28, 20080201
  53. 2S5-4 脳に存在する摂食ホルモン受容体MCH1Rの情報伝達を修飾する分子群の解析(2S5 GPCR型受容体を介した生物機能の物理的理解,第46回日本生物物理学会年会), 生物物理, 48巻, 1号, 20081025
  54. Evolution of the Xenopus piggyBac transposon family TxpB: Domesticated and untamed strategies of transposon subfamilies, MOLECULAR BIOLOGY AND EVOLUTION, 24巻, 12号, pp. 2648-2656, DEC 2007
  55. メラニン凝集ホルモン(MCH)と摂食・うつ, 遺伝子医学MOOK, 8巻, pp. 174-179, 20070801
  56. MCH受容体と摂食・うつ・不安, 日本薬理学雑誌, 130巻, pp. 34-38, 20070701
  57. MCH受容体の同定と最近の知見, 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA, 130巻, 1号, pp. 34-38, 20070701
  58. Lignan compounds and 4,4'-dihydroxybiphenyl protect C2C12 cells against damage from oxidative stress, Biophys Biochem Res Commun, 344巻, pp. 394-396, 20061001
  59. Kyotorphin has a novel role on rat cardiac muscle, Biophys Biochem Res Commun, 339巻, pp. 805-809, 20060601
  60. Identification of MCH receptor and its impact on drug discovery, Journal of Experimental Zoology, 305巻, pp. 761-768, 20061201
  61. オーファンGPCRとうつ病, 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA, 127巻, 3号, pp. 190-195, 20060301
  62. メラニン凝集ホルモンと摂食・不安・うつ, Clinical Neuroscience, 24巻, pp. 968-969, 20060701
  63. メラニン凝集ホルモンによる摂食調節機構:受容体機能を修飾する分子の探索と解析, 食に関する助成研究調査報告書, 19号, pp. 49-57, 2006
  64. The deorphanization of orphan GPCRs., International Review of Neurobiology, 65巻, pp. 179-209, 2005
  65. Orphan GPCRs and their ligands, Pharmacology and Therapeutics, 110巻, pp. 525-532, 20061001
  66. Salusin beta is a surrogate lignad of the mas-like G-protein-coupled receptor MrgA1, European J Pharmacologu, 539号, pp. 145-150, 20060901
  67. Arginine residue 155 in the second intracellular loop plays a critical role in rat melanin-concentrating hormone receptor 1, Endocrinology, 146巻, pp. 3452-3462, 20050801
  68. MCH (メラニン凝集ホルモン), 日本臨床増刊 血液・尿化学検査・免疫学的検査 (第6版), 8巻, pp. 204-207, 2005
  69. ★, The basic residues in the membrane proximal C-terminal tail of the melanin-concentrating hormone receptor 1 is required for receptor function., Endocrinology, 145巻, pp. 3712-3723, 20040801
  70. Properties of the rat melanin concentrating hormone receptor 1 internalization., Peptides, 25巻, pp. 1597-1604, 20041101
  71. メラニン凝集ホルモン(MCH):摂食を調節する神経ペプチド (特集 GPCRリガンドの探索と機能解析--新しい生理機能の発見と創薬への応用), 細胞工学, 23巻, 8号, pp. 915-919, 200408
  72. Role of asparagine-linked oligosaccharides in the function of the melanin-concentrating hormone (MCH) receptor 1., FEBS Letter, 533巻, pp. 29-34, 20030701
  73. Different structural requirement for melanin-concentrating hormone (MCH) interacting with rat MCHR1 (SLC-1) and mouse B16 cell MCH-R., J. Recept. Signal Transduct., 23巻, pp. 69-81, 2003
  74. オーファン受容体が開くリガンドサーチ : 摂食受容体発見がもたらした進歩, 比較生理生化学, 20巻, 2号, pp. 64-68, 20030630
  75. Expression of the melanin-concentrating hormone (MCH) receptor mRNA in the rat brain., J. Comp. Neurology, 435巻, pp. 26, 20011001
  76. Endogenous melanin-concentrating hormone receptor SLC-1 in human melanoma SK-MEL-37 cells, BBRC, 289巻, pp. 44-50, 20010601
  77. Novel neurotransmitters as natural ligands of orphan G-protein-coupled receptors. . 24, 230-237., Trends in Neurosci, 24巻, pp. 230, 20010801
  78. The urotensin II receptor is expressed in the cholinergic mesopontine tegmentum of the rat., Brain Res., 923巻, pp. 120-127, 2001
  79. Gタンパク質キメラを用いたオーファン受容体リガンドの探索 : 摂食ホルモン, メラニン凝集ホルモン(MCH)受容体の発見, 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 21巻, 3号, pp. 77-82, 20010925
  80. Melanin-concentrating hormone receptor : An orphan receptor fits the key., Trends in Endocrinology and Metabolism, 11巻, pp. 299, 20001201
  81. メラニン凝集ホルモン (MCH) 受容体の発見-オーファン受容体ストラテジーが鍵となる-, 生化学, 73巻, pp. 38-42, 2000
  82. Identification of the natural ligand of an orphan G protein-coupled receptor involved in the regulation of vasoconstriction., Nature Cell Biology, 1巻, pp. 383, 19991101
  83. ★, Molecular characterization of the melanin-concentrating-hormone receptor., Nature, 400巻, pp. 265, 19990715
  84. Nociceptin/orphanin FQ前駆体遺伝子(N23K/N27K)と神経細胞分化 (あゆみ ノシセプチンの分子薬理学--新しい疼痛制御ペプチド), 医学のあゆみ, 185巻, 11号, pp. 797-800, 19980613
  85. Overexpression of a neuropeptide nociceptin/orphanin FQ precursor gene, N23K/N27K, induces neurite outgrowth in mouse NS20Y cells., J. Neurosci.Res, 48巻, pp. 397-406, 1997
  86. ★, Molecular cloning and characterization of a novel form of neuropeptide gene as a developmentally regulated molecule., J. Biol. Chem., 271巻, pp. 15615, 19961201
  87. Differential Inhibition of Calpain and Proteasone Activities by Peptidyl Aldehydes of Di-Leucine and Tri-Leucine, The journal of biochemistry, 119巻, 3号, pp. 572-576, 19960301
  88. Expression of dopamine transporter at the tips of growing neurites of PC12h cells., J.Histochem.Cytochem., 44巻, pp. 989-996, 1996
  89. ロイシン残基数が異なるペプチドアルデヒドのカルパインとプロテアソームに対する阻害効果, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19巻, 19960801
  90. 神経分化過程で一過的に誘導される新規神経ペプチド遺伝子N23K/N27K, 神経化学, 35巻, 3号, pp. 370-371, 19960905
  91. Identification and characterization of membrane-bound calpains in clathrin-coated vesicles from bovine brain., Eur. J. Biochem., 230巻, pp. 25-31, 1995
  92. N23K, a gene transiently up-regulated during neural differentiaton, encodes a precursor protein for a new identified neuropeptide nociceptin., Biochem. Biophys. Res. Commun., 217巻, pp. 539-545, 1995
  93. Expression of a domapine transporter in PC12 cells: an immunohistochemical study with an antipeptide antibody., Acta. Anat. Nipp., 70巻, pp. 248-251, 1995
  94. 神経分化に関与する新規遺伝子N16KのcDNAクローニング及びその解析, 神経化学, 34巻, 2号, pp. 26-27, 19950615
  95. The calpain-calpastatin system is regulated differently during human neuroblastoma cell differentiation to Schwannian and neuronal cells., FEBS Lett., 353巻, pp. 327-331, 1994
  96. Purification and characterization of an endogenous inhibitor specific to the Z-Leu-Leu-Leu-MCA degrading activity in proteasome and its identification as heat-shock protein 90., FEBS lett. 344, 229-233., 344巻, pp. 229-233, 1994
  97. The toxic effect of Alzeimer amyloid precursor overexpressed in the neuroblastoma cell line NB-1 on neurite outgrowth., Gerontology, 40巻, pp. S57-S64, 1994
  98. Purification and characterization of a Z-Leu-Leu-Leu-MCA degrading protease expected to regulate neurite formation: a novel catalytic activity in proteasome., Biochem. Biophys. Res. Commun., 196巻, pp. 1195-1201, 1993
  99. プロテアーゼインヒビター・神経突起伸長・神経機能障害, Dementia, 7巻, pp. 143-152, 1993
  100. 培養細胞におけるアルツハイマ-病アミロイド前駆体タンパク質の発現, Dementia, 7巻, pp. 250-257, 1993
  101. Inhibition of DNA polymerase by tripeptide derivative protease inhibitors., Biochem. Biophys. Res. Commun., 185巻, pp. 1133-1140, 1992
  102. Possible Involvement of Clathrin in Neuritogenesis Induced by a Protease Inhibitor(Benzyloxycarbonyl-Leu-Leu-Leu-Aldehyde) in PC12 Cells., The Journal of Biochemistry, 112巻, 4号, pp. 448-455, 1992
  103. Isolation and characterization of possible target proteins responsible for neurite outgrowth induced by tripeptide aldehyde in PC12 cells., Biochem. Biophys. Res. Commun., 184巻, pp. 419-426, 1992
  104. Replacement of m-calpain by u-calpain during maturation of megakaryocytes and possible involvement in platelet formation., Thrombos. Res., 66巻, pp. 757-764, 1992
  105. Calpain activation is essential for membrane fusion of erythrocytes in the presence of calcium., Biochem. Biophys. Res. Commun., 182巻, pp. 939-946, 1992
  106. 神経突起伸長誘発ペプチドアルデヒドの合成と性質, 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry, 1992巻, 11号, pp. 1363-1367, 19921110
  107. 神経分化とプロテアーゼ, Biomedica, 8巻, pp. 40-45, 1992
  108. 神経突起伸長とプロテアーゼシステム, Brain Medical, 4巻, pp. 303-310, 1992
  109. Activation of intracellular calcium-activated neutral protease in erythrocytes and its inhibition by exogenously added inhibitors. 1094, 256-259., Biochim. Biophys. Acta., 1094巻, pp. 256-259, 1991
  110. 神経突起伸長とプロテアーゼ, Dementia 5, 5巻, pp. 244-252, 1991
  111. Possible involvement of a novel protease in neurite outgrowth of PC12 cells, Neurosci. Res., 13巻, pp. S97-S101, 1990
  112. Binding sites for calcium-activated neutral protease on erythrocyte membrane are not membrane phospholipids., Biochem. Biophys. Res. Commun., 171巻, pp. 625-632, 1990
  113. The structure-function relationship between peptide aldehyde derivatives on initiation of neurite outgrowth in PC12 cells., Neurosci. Lett., 120巻, pp. 1-4, 1990
  114. 神経突起伸長におけるプロテアーゼインヒビターの役割, 神経研究の進歩, 34巻, pp. 632-641, 1990
  115. Properties of membrane binding and autolytic activation of calcium-activated neutral protease., J. Biol. Chem., 264巻, pp. 18838-18843, 1989
  116. 神経分化におけるプロテアーゼ-プロテアーゼインヒビター系の関与, 神経精神薬理, 11巻, pp. 625-632, 1989
  117. The neurite-initiating effect of a tripeptide aldehyde protease inhibitor on PC12h cells., The Journal of Biochemistry, 106巻, 6号, pp. 1035-1040, 1989
  118. Enhancement of neurite outgrowth in PC12h cells by a protease inhibiot, Neuroscience letters, 89巻, pp. 102-107, 1988
  119. Tissue distribution of calcium-activated neutral protease in rat., Biochim.Biophys.Acta. 965, 130-135., 965巻, pp. 130-135, 1988
  120. Rat atrial natriuretic polypeptide stimulation of adrenal zona glomerulosa cell growth, Biochem. Biophys. Res. Commun, 132巻, 1号, pp. 261-263, 19851015

著書等出版物

  1. 2018年, Encyclopedia of Signaling Molecules, 2nd Edition, Melanin-concentrating hormone receptor 1, Springer, 2018年, 事典・辞書, 共著, English, Hamamoto A, Kobayashi Y, Saito Y., 3075-3082
  2. 2015年07月16日, IUPHAR (国際薬理連合)Database: Melanin-concentrating hormone receptor 1 and 2, 2015年07月, 07, その他, 共著, English
  3. 2015年10月14日, Handbook of Hormones. Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research, Melanin-concentrating hormone (MCH), 2015年, 10, 単行本(学術書), 共著, English, 978-0-12-801028-0, 674
  4. 2015年10月14日, Handbook of Hormones. Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research, Cocaine and Amphetamine Regulated Transcript (CART), 2015年, 10, 単行本(学術書), 共著, English, 978-0-12-801028-0, 674, 4
  5. 2008年01月, New frontiers in lifestyle-related diseases, Orphan neuropetides and the regulation of food intake, Springer-Verlag, 2008年, 01, 単行本(学術書), 共編著, Nagasaki H Xy Y Civelli O , 9784431764, 160
  6. 2008年10月, Results and Problems in Cell Differentiation-Orphan G protein-coupled receptors and novel neuropeptides, The Melanin-Concentrating Hormone System and Its Physiological Functions, Springer Berlin / Heidelberg, 2008年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 21
  7. 2008年03月, 21世紀の教養5 知の根源を問う , 新しい方法で薬を創る, 培風館, 2008年, 03, 教科書, 編著, 9784563019044, 260
  8. 2006年, 「ネクスト・アインシュタイン:ようこそ研究室へ」③ 生物といのちの不思議, 研究室はワンダーランド:夢のダイエット薬ができる?食欲の仕組みのなぞを解く, 新日本出版社(的川泰宣監修編集), 単行本(一般書), 共著, 斎藤祐見子
  9. 2005年, G-protein Coupled Receptors in Drug Discovery, Orphan G protein-coupled receptors: Promising Targets for Drug Discovery., Taylor & Francis Books, FL, USA., 2005年, 単行本(学術書), 共著, 19
  10. 2003年, ポイントで学ぶ薬理学, 第2章 薬理作用の基礎, 丸善, 2013年, 教科書, 共著, 遠藤實 丸山敬 鈴木正彦

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 環境センサー一次繊毛を起点とする神経情報修飾機構, 斎藤祐見子 小林勇喜, 第92回日本薬理学会年会, 2019年03月14日, 招待, 日本語, 日本薬理学会
  2. 環境センサー「 一次繊毛」機能アッセイ系の構築に向けて, Yumiko Saito (斎藤祐見子) , Daisuke Miki (三木大輔) , Tatsuo Miyamoto (宮本達雄) , Yuko Sekino (関野祐子) , Tomoaki Shirao (白尾智明) , Yuki Kobayashi (小林勇喜), 第61回日本神経化学会, 2018年09月06日, 通常, 日本語
  3. Characterization of primary cilia in human induced pluripotent stem cell-derived cortical neurons, Daisuke Miki (三木大輔) , Yuki Kobayashi (小林勇喜) , Tatsuo Miyamoto (宮本達雄) 2 , Noriko Koganezawa(小金澤紀子, Nobuyuki Takei(武井延之), Yuko Sekino (関野祐子) , Tomoaki Shirao (白尾智明) , Yumiko Saito (斎藤祐見子), 第61回日本神経化学会, 2018年09月06日, 通常, 英語
  4. Ciliary G-protein-coupled receptor MCHR1 and SSTR3 affects cilia length control via different mechanisms, 〇Sakura Tomoshige (友重桜子) , Kosuke Imakado (今門宏輔) , Tatsuo Miyamoto (宮本達雄)  Yuki Kobayashi (小林勇喜) , Yumiko Saito (斎藤祐見子), 第61回日本神経化学会, 2018年09月06日, 通常, 英語
  5. Primary cilia length in energy balance signaling involved in melanin-concentrating hormone receptor, Tomoya Okada(岡田智哉),Daisuke Miki(三木大輔),Shogo Kohbuchi(河渕省吾)Yuki Kobayashi(小林勇喜),Yumiko Saito(斎藤祐見子), 第61回日本神経化学会, 2018年09月26日, 通常, 英語
  6. Feeding-related neuropeptide receptor MCHR1 localizes to neuronal primary cilia on hippocampal slice culture, 第41回神経科学学会, 2018年07月26日, 通常, 英語
  7. Characterization of orexigenic neuropeptide receptor in neuronal primary cilia in vitro and in vitro., 2018年06月29日, 通常, 英語
  8. Regulator of G protein signaling 8 (RGS8) modulates depression-like behavior via melanin-concentrating hormone receptor 1 activity, 2018年06月29日, 通常, 英語
  9. 絶食負荷におけるMCHR1陽性1次繊毛の局在領域による動態変化, 岡田智哉, 三木大輔, 小林勇喜, 斎藤祐見子, 日本動物学会中国四国支部・広島県会 , 2018年03月08日, 通常, 日本語
  10. 海馬CA1とCA3領域ではMCHR1陽性1次繊毛のリガンド応答性が異なる, 三木大輔, 岡田智哉, 小林勇喜, 斎藤祐見子, 日本動物学会中国四国支部・広島県会, 2018年03月08日, 通常, 日本語
  11. 脳凍結切片における一次繊毛局在タンパク質検出の基礎検討, 河淵省吾, 岡田智哉, 三木大輔, 小林勇喜, 斎藤祐見子, 日本動物学会中国四国支部・広島県会, 2018年03月08日, 通常, 日本語
  12. 海馬スライス培養を用いた摂食関連受容体MCHR1陽性1次繊毛長の評価, 三木大輔 岡田智哉 斎藤祐見子 小林勇喜, 2017年度生命科学系合同年次大会, 2017年12月, 通常, 日本語
  13. Immunoanalysis of melanin-concentrating hormone receptor 1 located in neuronal primary cilia, 岡田 智哉 大和 翔吾 三木 大輔 小林 勇喜 斎藤祐見子, 第60回神経化学会, 2017年09月08日, 通常, 英語, 仙台
  14. 1次繊毛膜に局在する中枢摂食関連GPCRを介した新規シグナルの解析, 今門宏補 友重桜子 小林勇喜 斎藤祐見子, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, 通常, 日本語
  15. Shortening of primary cilia length by melanin-concentrating hormone receptor 1-Gi/o mediated signaling., Yumiko Saito, Akie Hamamoto, Sakura Tomoshige, Shogo Yamato, Kosuke Hosoba, Tatsuo Miyamoto, Yuki Kobayashi, The 28th CDB meeting: Cilia and centrosome, 2016年11月28日, 通常, 英語, Riken, Kobe
  16. in vitro 神経細胞のciliaについて, 斎藤祐見子, AMED白尾班班会議, 2017年09月10日, 招待, 日本語
  17. Metabolic GPCR-mediated primary cilia shortening through dynamic cytoskeletal reorganization, 友重桜子 細羽康介 濱本明恵 大和翔吾 宮本達雄 小林勇喜 斎藤祐見子, 第60回神経化学会, 2017年09月08日, 通常, 英語
  18. 摂食関連受容体MCHR1を介した1次繊毛縮退メカニズムの解明, 友重桜子, 細羽康介, 濱本明恵, 大和翔吾, 宮本達雄, 小林勇喜, 斎藤祐見子, 第14回GPCR研究会, 2017年05月12日, 通常, 日本語
  19. 神経細胞1次繊毛膜に局在するメラニン凝集ホルモン受容体1 (MCHR1) の 生理的意義-絶食負荷による動態解析-, 岡田智哉、大和翔吾、三木大輔、小林勇喜、斎藤祐見子, 第14回GPCR研究会, 2017年05月12日, 通常, 日本語
  20. Melanin-concentrating hormone-mediated signaling induces cilium shortening via Gi/o-dependent Akt phosphorylation., Society for Neuroscience, 2016年11月12日, 通常, 英語
  21. RGS8tgマウスはMCHR1シグナルの抑制を介して抗うつ様表現型を示す, 小林勇喜 竹本梨紗 大和翔吾 濱本明恵  斎藤祐見子, 日本神経化学会, 2016年, 通常, 日本語
  22. 摂食・情動関連受容体MCHR1を介した1次繊毛縮退機構, 濱本明恵 大和翔吾 小林勇喜 児島将康 斎藤祐見子, 日本神経化学会, 2016年, 通常, 日本語
  23. 神経細胞における1次繊毛局在型Gタンパク質共役型受容体(GPCR)検出法の確立, 岡田智哉、大和翔吾、濱本明恵、小林勇喜、斎藤祐見子, 生物系三学会 中国四国大会, 2016年05月14日, 通常, 日本語
  24. 摂食ホルモンMCHは細胞のアンテナ1次繊毛の長さを短くする-モデル細胞を用いた解析, 友重桜子, 濱本明恵, 大和翔吾, 小林勇喜, 斎藤祐見子, 生物系三学会 中国四国支部大会, 2016年05月14日, 通常, 日本語
  25. メラニン凝集ホルモン受容体1による一次繊毛縮退及びその分子機構, 濱本明恵 大和翔吾 小林勇喜 斎藤祐見子, GPCR研究会, 2016年05月13日, 通常, 日本語
  26. Presidential lecture: Searching a novel neurotransmitter/hormone through G-protein coupled receptor Where now and where next ?, 日本神経化学会, 2015年09月13日, 招待, 英語, 大宮
  27. Structure -function insight on the melanin-concentrating hormone receptor 1, 第120回日本解剖学会・第92回日本生理学会合同大会, 2015年03月23日, 招待, 英語
  28. Signaling specificity on the melanin-concentrating hormone receptor 1, 第88回日本薬理学会, 2015年03月20日, 招待, 英語, 日本薬理学会, 名古屋
  29. メラニン凝集ホルモン受容体1を介した一次繊毛「縮退」機構の解析 Regulation of cilium length via melanin-concentrating hormone receptor 1, 濱本明恵、大和翔吾、小林勇喜、斎藤祐見子, 日本生化学会, 2015年12月03日, 通常, 英語
  30. 1次繊毛局在型受容体MCHR1の作用とシグナル解析, 斎藤祐見子 濱本明恵 大和翔吾 小林勇喜 , 繊毛研究会, 2015年11月13日, 通常, 日本語
  31. Functional characterization of the phosphorylation sites of rat melanin-concentrating hormone receptor 1, Mitsuyama S, Hamamoto A, Kobayashi Y, Saito Y, 日本神経化学会, 2015年09月11日, 通常, 英語
  32. Melanin-concentrating hormone-mediated signaling induces reduction of the primary cilium length., Yamato S, Hamamoto A, Kobayashi Y, Saito Y., 日本神経化学会, 2015年09月11日, 通常, 英語
  33. ボンベシン様ペプチド受容体BRS-3 の活性化機構, 德丸雄一、小林勇喜、濱本明恵、斎藤祐見子, GPCR研究会, 2015年05月15日, 通常, 日本語
  34. メラニン凝集ホルモンは1次繊毛縮退を誘発する, 大和翔吾 濱本明恵 小林勇喜 斎藤祐見子, GPCR研究会, 2015年05月15日, 通常, 日本語
  35. 1次繊毛における摂食関連受容体MCHR1を介したシグナリング機構, 大和翔吾 濱本明恵 小林勇喜 斎藤祐見子, 中四国生理学シンポジウム, 2014年11月16日, 通常, 日本語
  36. The intracellular residues which are important for the selective activation of Gi/o proteins in rat melanin-concentrating hormone receptor 1, 6th Special Conference of International Society for Neurochemistry, 2014年09月21日, 通常, 英語
  37. 摂食関連オーファン受容体BRS-3における新規作用物質探索, 徳丸雄一  岡村好子 斎藤祐見子, 日本神経化学会, 2014年09月, 通常, 英語
  38. うつ関連受容体の情報伝達調節因子RGS8の解析, 竹本梨紗 小林勇喜 斎藤祐見子, 日本神経化学会, 2014年09月, 通常, 英語
  39. 生物種間のオルソログ比較により作出したGi/o共役抑制型MCHR1変異体の機能解析, 濱本明恵、小林勇喜、斎藤祐見子, 日本神経化学会, 2014年09月, 通常, 英語
  40. ボンベシン様ペプチド受容体BRS-3のアゴニスト探索 -マリンメタゲノムライブラリーの適用-, 徳丸雄一 岡村好子 斎藤祐見子, GPCR研究会, 2014年05月, 通常, 日本語
  41. 細胞内情報伝達系解析による 摂食関連受容体MCHR1のGi/o選択的共役部位の解明, 濱本明恵 小林勇喜 斎藤祐見子, GPCR研究会, 2014年05月, 通常, 日本語
  42. ネッタイツメガエルにおける4種のメラニン凝集ホルモン受容体サブタイプの解析, 小林勇喜 濱本明恵 斎藤祐見子, GPCR研究会, 2014年05月, 通常, 日本語
  43. RGS8過剰発現マウスの系統確立及びRGS8の生化学的解析, 竹本梨紗、小林勇喜、濱本明恵、斎藤祐見子, 日本動物学会中国四国支部 広島県例会, 2014年03月, 通常, 日本語
  44. Identification of discrete amino acids that responsible for Gi/o selectivity by melanin-concentrating hormone receptor 1., A. Hamamoto、Y. Kobayashi、M. Horikawa、Y. Saito, Society for Neurosciecne, 2013年11月, 通常, 英語
  45. オーファン受容体bombesin receptor subtyper 3(BRS3)の代替リガンド , 徳丸雄一 岡村好子 斎藤祐見子, 日本動物学会, 2013年09月28日, 通常, 日本語
  46. オーファンペプチドCARTにより誘導される情報伝達系の同定 , 田口一馬 斎藤祐見子, 日本動物学会, 2013年09月28日, 通常, 日本語
  47. Gi/o選択的に活性低下を示すメラニン凝集ホルモン受容体1変異体の解析, 濱本明恵、小林勇喜、堀川学、斎藤祐見子, 日本生化学会大会, 2013年09月, 通常, 日本語
  48. The structure-activity relationship in rat melanin-concentrating hormone receptor 1 -Structural determinants for G-protein selectivity., A. Hamamoto、Y. Kobayashi、Y. Saito., Neuro2013, 2013年06月, 通常, 英語
  49. 魚類の体色調節機能から見出した,メラノコルチン受容体ヘテロダイマー形跡の検討, 小林勇喜、濱本明恵、高橋明義、斎藤祐見子, GPCR研究会, 2013年05月11日, 通常, 日本語
  50. メラニン凝集ホルモン受容体MCHR1における「機能獲得型」変異体の解析, 濱本明恵、堀川学、斎藤祐見子, GPCR研究会, 2013年05月, 通常, 日本語
  51. 構造生物学から創薬まで:GPCR研究がもたらすパラダイムシフト, 斎藤 祐見子, 第55回日本神経化学会公開シンポジウム(兼オーガナイザー), 2012年09月, 招待, 日本語
  52. Structure-function insight on the MCH receptor, Yumiko Saito, The 26th Conference of European Comparative Endocrinologists, 2012年08月, 招待, 英語
  53. The “gain-of-function” phenotype of rat melanin-concentrating hormone receptor., A. Hamamoto、M. Horikawa、Y. Saito., Congress Secretariat for The 11th Biennial Meeting of the Asian Pacific Society for Neurochemistry The 55th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry, 2012年09月30日, 通常, 英語
  54. ネッタイツメガエル ( Xenopus Tropicalis) MCHR のGタンパク質選択性と皮膚における役割, 小林 勇喜, 平山 大, 濱本 明恵, 斎藤祐見子, 日本動物学会, 2012年09月13日, 通常, 日本語
  55. ネッタイツメガエルMCHRのGタンパク質選択性とその生理作用, 小林 勇喜, 平山 大, 濱本 明恵, 斎藤祐見子(, 中国四国動物生理シンポジウム,, 2012年08月15日, 通常, 日本語
  56. ネッタイツメガエル(Xenopus tropicalis)のMCHシステム, 平山大 小林勇喜 濱本明恵 斎藤祐見子, 中国四国地区生物系三学会合同大会, 2012年05月13日, 通常, 日本語
  57. 魚類体色変化におけるMSHシステム, 小林勇喜 濱本明恵 高橋明義 斎藤祐見子, 中国四国地区生物系三学会合同大会, 2012年05月12日, 通常, 日本語
  58. メラニン凝集ホルモン受容体MCHR1におけるGi/o選択的共役に関与する細胞内領域, 濱本明恵 斎藤祐見子, GPCR研究会, 2012年05月14日, 通常, 日本語
  59. Xenopus tropicalisにおけるMCHRのGタンパク質共役系の解析, 小林勇喜 平山大 濱本明恵 斎藤祐見子, ペプチド・ホルモン若手研究会, 2012年03月, 通常, 日本語
  60. MCHR1におけるC末端Helix8領域の新しい機能, 濱本明恵 堀川学 斎藤祐見子, ペプチド・ホルモン若手研究会, 2012年03月, 通常, 日本語
  61. ネッタイツメガエルにおけるメラニン凝集ホルモン受容体(MCHR)のGタンパク質共役系の解析, 平山大 小林勇喜 濱本明恵 斎藤祐見子, 日本動物学会中国四国支部 広島県例会, 2012年03月, 通常, 日本語
  62. 魚類皮膚におけるメラノコルチンシステム-MCRヘテロダイマー形成の可能性-, 小林勇喜 濱本明恵 高橋明義 斎藤祐見子., 日本動物学会中国四国支部 広島県例会, 2012年03月, 通常, 日本語
  63. MCHR1の構造活性相関-Gタンパク質選択機構の解明-, 濱本明恵,斎藤祐見子, 日本動物学会中国四国支部 広島県例会, 通常, 日本語
  64. メラニン凝集ホルモン受容体1におけるGi/o選択的共役部位の特定濱, 濱本明恵 斎藤祐見子  , 日本神経化学会大会, 2011年09月27日, 通常, 英語
  65. 脳内摂食受容体MCHR1の1次繊毛局在に関わるアミノ酸残基の解明 , 永田麻実 濱本明恵 斎藤祐見子 , 日本神経化学会大会, 2011年09月26日, 通常, 英語
  66. うつに関与する受容体TACR1(タキキニン受容体1)の情報伝達調節因子, 古本有香 齊藤修 斎藤祐見子, 日本神経化学会, 2011年09月26日, 通常, 英語
  67. メラニン凝集ホルモン受容体-どのような信号が細胞内を駆け巡る?-, 斎藤 祐見子, 第2回 明治大学生殖内分泌研究所セミナー, 2011年11月, 招待, 日本語
  68. 一次繊毛におけるG蛋白質共役型受容体の局在解析, 斎藤 祐見子, 第63回日本細胞生物学会サテライトシンポジウム, 2011年06月, 招待, 日本語
  69. メラニン凝集ホルモン受容体の多彩な機能, 斎藤 祐見子, 日本薬理学会主催-新薬理学セミナー, 2010年11月, 招待, 日本語
  70. Recent update for MCH and its receptors in feeding, Yumiko Saito, Satellite symposium of the 9th International symposium on VIP, PACAP and related peptides., 2009年10月, 招待, 英語
  71. 摂食うつ不安に関連するGPCRの構造活性相関, 斎藤 祐見子, 第46回生物物理学会シンポジウム, 2008年12月, 招待, 日本語
  72. 摂食・うつ不安に関連する脳内受容体MCH1Rの分子解剖, 斎藤 祐見子, 情報計算化学生物学会第20回年次大会, 2007年10月, 招待, 日本語
  73. オーファンGPCRを駆使した創薬ーその理想と現実ー, 斎藤 祐見子, 日本薬理学会ランチョンセミナー, 2007年03月, 招待, 日本語
  74. 脳に存在する摂食受容体MCH1Rの構造活性相関, 斎藤 祐見子, 大阪大学蛋白質研究所主催セミナー膜蛋白質のファンクショナルダイナミクス, 2006年11月, 招待, 日本語
  75. Mapping of amino acid residues required for signaling activation of rat MCH receptor 1, 斎藤 祐見子, 第12回レチノールタンパク質国際会議, 2006年06月, 招待, 英語
  76. Identification of MCH receptor and its impact on drug discovery, Yumiko Saito, The 15th International coference of comparative endocrinology, 2005年52月, 招待, 英語
  77. 摂食とメラニン凝集ホルモン受容体, 斎藤祐見子 丸山敬, 日本内分泌学会シンポジウム, 2003年05月, 招待, 日本語, 日本内分泌学会
  78. オーファン受容体が切り開くリガンドサーチ, 斎藤祐見子, 学習院大学生命分子科学研究所セミナー, 2003年05月, 招待, 日本語, 学習院大学, 東京
  79. オーファン受容体と新しい生理活性物質, 東京都精神神経研究所セミナー, 2003年02月, 招待, 日本語
  80. The structure-function relationship of rat MCH receptor 1, Yumiko Saito, 国立遺伝学研究所シンポジウム, 2003年03月, 招待, 英語, 国立遺伝学研究所
  81. 新しいホルモンの探し方, 斎藤祐見子, 東京都老人総合研究所セミナー, 2002年09月, 通常, 日本語, 東京
  82. オーファンGタンパク型受容体が開くホルモンサーチ, 斎藤祐見子, 埼玉県立ガンセンターセミナー, 2002年06月, 招待, 日本語, 埼玉県立ガンセンター
  83. メラニン凝集ホルモンとその受容体の機能解析, 斎藤祐見子, 第2回GPCR研究会シンポジウム, 2002年05月, 招待, 日本語, GPCR研究会
  84. メラニン凝集ホルモンと摂食, 斎藤祐見子, 久留米大学生命研究所セミナー, 2001年07月, 招待, 日本語, 久留米大学
  85. Gタンパク質キメラを用いたリガンド探索法, 斎藤祐見子, 第31回脳の医学生物学研究会, 2001年06月, 招待, 日本語, 脳の医学生物学研究会
  86. オーファン受容体を用いたリガンド探索-メラニン凝集ホルモンの場合, 斎藤祐見子, 福島県立医科大学分子生命研究所セミナー, 2001年03月, 招待, 日本語, 福島県立医科大学, 福島
  87. Gタンパク質キメラを用いたオーファン受容体リガンドの探索, 斎藤祐見子, 東京都神経研究所セミナー, 2001年02月, 通常, 日本語, 東京都神経研究所
  88. MCH is the cognate ligand for the orphan GPCR: Feeding hormone finds its partner., Yumiko Saito, 2000年40月, 招待, 英語
  89. Melanin-concentrating hormone is a cognate ligand for the orphan GPCR, 理化学研究所(和光)セミナー, 2000年07月, 招待, 英語, 理化学研究所, 埼玉県
  90. Identification of MCH receptor, Yumiko Saito, 1999年10月14日, 招待, 英語
  91. The growth promoting effect of orphaninFQ/nociceptin gene, Yumiko Saito, 1997年08月03日, 招待, 英語
  92. Nociceptin/Orphanin前駆体遺伝子発現による神経細胞分化の誘導, 斎藤祐見子, 川島誠一, 第18回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム, 1997年08月, 招待, 日本語
  93. 新規神経特異的遺伝子N23K/N27Kの持つ2重の役割, 斎藤祐見子, 第3回岡崎シナプス研究会, 1996年12月, 招待, 日本語, 岡崎市(愛知)
  94. Initiation of neurite outgrowth by tripeptide aldehyde derivatives., Seiichi Kawashima, Yumiko Saito, 第15回国立岡崎生理学研究所国際シンポジウム, 1990年01月, 招待, 英語, 岡崎(愛知)

受賞

  1. 2011年09月30日, 平成23年度科学研究費補助金第1段審査委員表彰, 独立行政法人日本学術振興会理事長 小野 元之

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本生化学会誌 企画委員, 2019年03月01日, 2020年12月31日, 日本生化学会
  2. 日本学術会議連携会員, 2017年10月, 2023年09月, 日本学術会議
  3. 脳研究推進委員会・委員, 2015年, 日本神経化学会
  4. 学会プログラム委員, 2015年, 2015年度日本神経化学会大会委員会
  5. 脳研究推進委員, 2015年, 日本神経化学会
  6. 非常勤講師, 2013年12月, 2014年03月, 岐阜大学工学部
  7. 理事会企画シンポジウム委員会・委員長, 2013年, 2015年, 日本神経化学会
  8. 組織委員会委員, 2014年09月, 6th Special Conference of International Society for Neurochemistry
  9. 理事会企画シンポジム委員, 2011年, 2013年, 日本神経化学会
  10. 日本神経化学会・評議員, 2008年
  11. 国際会議組織委員会・委員, 2006年, 2007年, 第12回レチナール国際会議
  12. 将来検討委員会委員, 2001年, 2002年, 日本神経化学会
  13. 科研費調査委員員会委員, 2001年, 2002年, 日本神経化学会
  14. 将来検討委員会・委員, 1995年, 1997年, 日本神経化学会
  15. 1994, 1994年, 1995年, 国立生理学研究所シナプス研究会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 夢ナビライブ2014(福岡), 脳で食事をする, マイナビ, 2014年, 講師, セミナー・ワークショップ, 高校生
  2. 女子高校生体験科学講座, 総合科学部紹介, 広島大学総合科学研究科, 2012年, 企画, 施設一般公開, 高校生
  3. 広島大学オープンキャンパス, 総合科学部生命科学プログラムの紹介, 2012年, 企画, 施設一般公開, 高校生
  4. 広島大学体験科学講座 女子高校生特別コース, 私と研究, 広島大学, 2008年, 講師, セミナー・ワークショップ, 高校生
  5. 広島大学公開講座, 心と体の不思議「食欲と脳」, 広島大学エクステンションセンター, 2008年, 講師, 講演会, 社会人・一般
  6. 広島大学一日入学体験講座, 脳で食事をする, 広島大学総合科学部, 2007年, 講師, 施設一般公開, 高校生
  7. 広島大学高校生訪問講義, 摂食の脳科学, 広島大学総合科学部, 2007年, 講師, 講演会, 高校生