高橋 一郎Ichiro Takahashi

Last Updated :2020/08/03

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) 教授
ホームページ
メールアドレス
snatumhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2番3号歯学部A棟5階粘膜免疫学研究室
TEL:082-257-5650
自己紹介
免疫学研究者

基本情報

主な職歴

  • 2002年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 教授
  • 1996年06月01日, 2002年03月31日, 大阪大学微生物病研究所, 講師
  • 1991年10月01日, 1996年05月31日, 大阪大学歯学部, 助手
  • 1988年04月01日, 1991年09月30日, 国立予防衛生研究所, 厚生技官

学歴

  • 大阪大学大学院歯学研究科, 日本, 1984年04月, 1988年03月
  • 鹿児島大学, 歯学部, 日本, 1978年04月, 1984年03月

学位

  • 歯学博士 (大阪大学)

教育担当

  • 【学士課程】 歯学部 : 歯学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 歯学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 免疫学

研究キーワード

  • 粘膜免疫
  • 消化管粘膜における自然炎症
  • 共生微生物相
  • 免疫制御
  • 粘膜ワクチン
  • 粘膜免疫学

所属学会

  • 国際粘膜免疫学会
  • 日本免疫学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 1ターム, 初修生物学(受講場所:東広島キャンパス)
  2. 2020年, 教養教育, 1ターム, 初修生物学(受講場所:霞キャンパス)[1医,1歯,1薬]
  3. 2020年, 学部専門, 2ターム, 歯学研究特論II
  4. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 口腔微生物学・免疫学実習
  5. 2020年, 学部専門, 4ターム, 歯学概論
  6. 2020年, 学部専門, 4ターム, 免疫学
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習
  8. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 歯学研究実習
  9. 2020年, 学部専門, 集中, 粘膜免疫学実習
  10. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 粘膜免疫学特別実験
  11. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 粘膜免疫学特別演習
  12. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 粘膜免疫学特別演習
  13. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 粘膜免疫学特別実験
  14. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  18. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  19. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  20. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  21. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  22. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生体防御学
  23. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 粘膜免疫学特別演習
  24. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 粘膜免疫学特別演習
  25. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 粘膜免疫学特別研究
  26. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 粘膜免疫学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Alteration of interleukin 4 production results in the inhibition of T helper type 2 cell-dominated inflammatory bowel disease in T cell receptor alpha chain-deficient mice., Journal of Experimental Medicine, 190巻, pp. 607-615, 19990401
  2. Requirement of a properly acylated beta(1-6)-D-glucosamine disaccharide bisphosphate structure for efficient manifestation of full endotoxic and associated bioactivities of lipid A., Infection and Immunity, 55巻, pp. 57-68, 19870401
  3. Clonal expansion of double-positive IELs by MICA expressed in mouse small intestinal epithelium., Journal of Immunology, 171巻, pp. 4131-4139, 20031001
  4. Clonal expansion of double-positive intraepithelial lymphocytes by MHC Class I-related chain A expressed in mouse small intestinal epithelium, Journal of Immunology, 171巻, 8号, pp. 4131-4139, 20031001
  5. CD4+ T-cell population mediates development of inflammatory bowel disease in T-cell receptor alpha chain-deficient mice., Gastroenterology, 112巻, pp. 1876-1886, 19970401
  6. Mucosal regulatory cells in the gastrointestinal tract and periodontium, Periodontology2000, 54巻, pp. 247-256, 2010
  7. Commensal Proteobacteria in colonic CD11b+ cells induce intestinal T cell responses, International Immunology, 22巻, supplement号, pp. iv9, 20100801
  8. Intraepithelial lymphocytes: their shared and divergent immunological behaviors in the small and large intestine, IMMUNOLOGICAL REVIEWS, 215巻, pp. 136-153, 200702
  9. New horizon of mucosal immunity and vaccines, CURRENT OPINION IN IMMUNOLOGY, 21巻, 3号, pp. 352-358, 200906
  10. Analysis of hypoxia-associated dendritic cells in colitic mice and effects of probiotics on IL-10 production in inflammatory dendritic-cells under hypoxia., Beneficial Microbes

著書等出版物

  1. 2010年12月, 臨床粘膜免疫学, 株式会社シナジー, 2010年, 12, 教科書, 共編著, 722
  2. 2013年, 月No日, 口腔科学, 口腔の免疫, 朝倉書店, 2013年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 高橋一郎・清野宏, ISBN 978-254-35001-2

受賞

  1. 2005年12月, 広島大学学長表彰, 広島大学 牟田泰三学長, 教育研究活動における創意工夫と意欲あふれる授業

取得

  1. 特許権, 3089287, う蝕ワクチンの製造法
  2. 特許権, 5821128, 2015年10月16日, 大腸粘膜組織の免疫制御組成物

社会活動

学術雑誌論文査読歴

  1. 2016年, その他, 査読委員, 2