船瀬 広三kouzou funase

Last Updated :2020/02/03

所属・職名
大学院総合科学研究科行動科学講座教授
ホームページ
メールアドレス
funasehiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2001年04月01日, 2006年03月31日, 長崎大学, 医学部保健学科, 教授
  • 1998年04月01日, 2001年03月31日, 長崎大学, 医療技術短期大学部, 教授
  • 1991年04月01日, 1998年03月31日, 長崎大学, 医療技術短期大学部, 助教授
  • 1984年04月01日, 1991年03月31日, 岐阜大学, 医学部, 助手
  • 2006年04月01日, 広島大学, 大学院総合科学研究科, 教授

学歴

  • 筑波大学, 体育研究科, 運動生理学, 日本, 1980年04月, 1982年03月
  • 奈良教育大学, 教育学部, 保健体育, 日本, 1976年04月, 1980年03月

学位

  • 医学博士(岐阜大学)

教育担当

  • 【学士課程】 総合科学部 : 総合科学科
  • 【博士課程前期】 総合科学研究科 : 総合科学専攻
  • 【博士課程後期】 総合科学研究科 : 総合科学専攻

担当主専攻プログラム

  • スポーツ科学プログラム
  • 総合科学プログラム

研究分野

  • 複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

研究キーワード

  • 経頭蓋磁気刺激
  • Hoffman反射
  • 随意運動制御と反射性制御
  • 一次運動野の可塑性と運動パフォーマンスの関係
  • 運動学習と一次運動野興奮性

所属学会

  • ヒトの随意運動制御研究会, 1993年
  • 日本体力医学会, 1981年
  • 日本体育学会, 1991年
  • 日本生理学会, 1982年
  • 日本臨床神経生理学会, 2000年
  • 日本運動生理学会, 1993年

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 1ターム, 健康スポーツ科学
  2. 2019年, 教養教育, 3ターム, 健康スポーツ科学
  3. 2019年, 学部専門, 2ターム, 総合科学へのいざない
  4. 2019年, 学部専門, 4ターム, 総合科学概論
  5. 2019年, 学部専門, 2ターム, スポーツ健康科学実験法B
  6. 2019年, 学部専門, 2ターム, スポーツ健康科学実験B
  7. 2019年, 学部専門, 1ターム, 身体運動制御学
  8. 2019年, 学部専門, 3ターム, スポーツ健康科学演習A
  9. 2019年, 学部専門, 4ターム, 科学と倫理
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 身体運動神経生理学
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究(身体運動科学研究)
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 身体運動科学研究演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Neurotransmitteurs des neurones geant chez l’Escargot geant africain. Achatina fulica Feruussac. I. Les ganglions parietaux, Comptes Rendus des Seances de la Societe de Biologie et de Ses Filiales, 179巻, pp. 742-760, 19850401
  2. 軟体動物巨大神経細胞における芳香族アミノ酸誘導体の抑制作用, 神経化学, 24巻, pp. 190-192, 19850401
  3. Comparison of sensitivities to N-β-phenylpropionyl-L-tyrosine and its derivatives of identified giant neurones of an African giant snail (Achatina fulica Ferussac), Comparative Biochemistry and Physiology, 87C巻, pp. 51-57, 19870401
  4. Neural inhibition caused by an aromatic amino acid derivative, N-β-phenylpropionyl-L-tyrosine, and its related compounds, Inactivation of hypersensitive neurones ed. by Chalazonitis N and Gola M= Alan R. Liss Inc.= New York=, pp. 357-364, 19870401
  5. Identification and pharmacological characteristics of giant neurones of an African giant snail (Achatina fulica Ferussac), Neurobiology molluscan models ed. by Boer HH= Geraerts WPM= and Joosse J= North Holland Publishing Co.= Amsterdam, pp. 100-104, 19870401
  6. Ionic currents of an identifiable giant neurone, d-RPLN, of an African giant snail (Achatina fulica Ferussac), measured under voltage clamping-I. Inward currents, Comparative Biochemistry and Physiology part A, 88A巻, pp. 317-324, 19870401
  7. Ionic currents of an identifiable giant neurone, d-RPLN, of an African giant snail (Achatina fulica Ferussac), measured under voltage clamping-II. Outward currents, Comparative Biochemistry and Physiology, 88A巻, pp. 707-714, 19870401
  8. Classification of GABA receptors in snail neurones, European Journal of Pharmacology, 155巻, pp. 239-245, 19880401
  9. Two components of inhibition induced by N-β-phenylpropionyl-L-tyrosine in an snail neurone, Comparative Biochemistry and Physiology, 93C巻, pp. 181-187, 19890401
  10. Achatin-I, an endogenous neuroexcitatory tetra-peptide from Achatina fulica Ferussac containing a D-amino acid residue, 生化的生物物理学的研究報告集, 160巻, pp. 1015-1020, 19890401
  11. Oxytocin-induced sodium current is mediated by cAMP-dependent protein phosphorylation in an identified snail neuron, Brain Research, 517巻, pp. 263-268, 19900401
  12. Cyclic AMP elicits biphasic current whose activation is mediated through protein phosphorylation in snail neurons, Neuroscience Research, 10巻, pp. 263-268, 19910401
  13. Evaluation of the individual intrinsic excitability of the motoneuron pool using the developmental slope of H-reflex, Bulletin of the School of Allied Medical Sciences= Nagasaki University, 5巻, pp. 149-156, 19910401
  14. Kinesthetic information and sensorimotor functions, Bulletin of the School of Allied Medical Sciences= Nagasaki University, 5巻, pp. 149-156, 19910401
  15. Attenuation of somato-sensory evoked potentials following grip strength movement, Journal of Health and Physical Education= University of Tokushima, 25巻, pp. 7-11, 19920401
  16. Augmentation of bursting pacemaker activity by serotonin in an identified Achatina fulica neuron: An increase in sodium and calcium-activated negative slope resistance via cAMP-dependent protein phosphorylation, Journal of Experimental Biology, 175巻, pp. 33-44, 19930401
  17. Information-processing mediating the location-distance interference in motor short-term memory, The Annals of Physiological Anthropology, 5巻, pp. 269-283, 19930401
  18. Reconsidering the 90゜head-rotation paradigm used in neuro psychological research: Are there reflexive rather than hemispatial, Neuropsychologia, 5巻, pp. 569-578, 19940401
  19. Behavioral and methodological issues in motor short-term memory and its basic experimental paradigm, Bulletin of the Faculty of Liberal Arts= Nagasaki University= Natural Science, 35巻, pp. 41-57, 19940401
  20. Threshold of the soleus H-reflex is less sensitive to the change in excitability of the motoneuron pool during plantarflexion or dorsiflexion in man, European Journal of Applied Physiology, 69巻, pp. 21-25, 19940401
  21. Auditory middle latency response under different task conditions, Psychiatry and Clinical Neurophysiology, 34巻, pp. 409-414, 19940401
  22. Excitability of the soleus motoneuron pool revearled by the developmental slope of H-reflex as reflex gain, Electromyography and Clinical Neurophysiology=, 34巻, pp. 477-489, 19940401
  23. Behavioral models of motor control and short-term memory, Bulletin of the Faculty of Liberal Arts= Nagasaki University= Natural Science, 35巻, pp. 95-123, 19950401
  24. Changes in power spectral analysis of EEG-alpha bands during a sustained, voluntary contraction to fatigue, Advances in Exercise and Sports Physiology, 1巻, pp. 39-43, 19950401
  25. Frontal N30 potential following a sustained voluntary movement, Perceptual and Motor Skills, 81巻, pp. 441-442, 19950401
  26. Hemispace asymmetries and laterality effects in arm positioning, Brain and Cognition, 29巻, pp. 232-253, 19950401
  27. Inhibition of the soleus H-reflex during dorsiflexion is dependent on individual differences in maximal soleus H-reflex as a test reflex, Perceptual and Motor Skills, 82巻, pp. 403-410, 19960401
  28. Evident difference in the excitability of the motoneuron pool between normal subjects and patients with spasticity assessed by a new method using H-reflex and M-response, Neuroscience Letters, 203巻, pp. 127-130, 19960401
  29. Interference between location and distance information in the reproduction of arm positioning: Earlier implications and new directions, Advances in Exercise and Sports Physiology, 2巻, pp. 1-12, 19960401
  30. Somatosensory evoked potentials following voluntary movement during upper arm compression, Electromyography and Clinical Neurophysiology=, 36巻, pp. 21-28, 19960401
  31. Soleus motoneuron pool excitability in the resting state affecs the amount of reciprocal inhibition during dorsiflexion, Advances in Exercise and Sports Physiology, 2巻, pp. 65-72, 19960401
  32. Modification of central sensory-motor system in different sensory interferences tasks, Advances in Exercise and Sports Physiology, 2巻, pp. 57-64, 19960401
  33. Changes in central motor-sensory system following voluntary movement of stimulated finger, Journal of Sports Medicine and Physical Fitness=, 37巻, pp. 65-71, 19970401
  34. Selective modification of somatosensory evoked potential during voluntary finger movement in humans, Perceptual and Motor Skills, 85巻, pp. 259-266, 19970401
  35. Inter-individual differences of mtoneuron pool excitabiity assessed by H-reflx are associated with the presynaptic inhibition of Ia afferents, Advances in Exercise and Sports Physiology, 4巻, pp. 71-75, 19980401
  36. The effect of cold water stimulation on pain-related somatosensory evoked potential in humans, Advances in Exercise and Sports Physiology, 4巻, pp. 111-115, 19980401
  37. Observations on the variability of the H-reflex in human soleus, Muscle & Nerve, 22巻, pp. 341-346, 19990401
  38. Trial-to-trial fluctuations in the H-reflexes and motor evoked potentials in human wrist flexor, Neuroscience Letters, 271巻, pp. 25-28, 19990401
  39. P300 before and after transient hard exercise, Advances in Exercise and Sports Physiology, 5巻, pp. 49-54, 19990401
  40. 遠隔筋収縮による運動細胞興奮性の促通効果 -収縮強度および収縮側による違い-, 作業療法, 20巻, pp. 45-51, 20010401
  41. Patterns of muscle activation in human hopping, European Journal of Applied Physiology, 84巻, pp. 503-509, 20010401
  42. 遠隔筋収縮が運動野錐体路ニューロン興奮性に及ぼす影響 -促通手技の理論的根拠に関する基礎的研究-, 作業療法, 20巻, pp. 465-471, 20010401
  43. ★, Motoneuron pool excitability of hemiplegic patients: Assessing recovery stages by using H-reflex and M-response, Archives of Physical Medicine and Rehabilitation, 82巻, pp. 1604-1610, 20010401
  44. 痙縮の病態生理学的メカニズムとその客観的評価, 理学療法探求, 4巻, pp. 1-7, 20010401
  45. ヒトの運動ニューロン興奮性の評価とその応用, 体育学研究, 46巻, pp. 597-605, 20020401
  46. ヒトの脊髄運動ニューロン興奮性の評価とその運動制御研究への応用, 運動生理学雑誌, 9巻, pp. 1-19, 20020401
  47. 足関節底屈・背屈による対側ヒラメ筋運動ニューロン興奮性への促通効果, 理学療法学, 29巻, pp. 123-127, 20020401
  48. CNV 解消過程における成人-児童間の違い -P300の発達的変化との関係-, 長崎大学医学部保健学科紀要, 16巻, pp. 19-23, 20030401
  49. 痴呆性老人に対するコミュニケーション促進を目的としたロールプレイ活用の効果, 長崎大学医学部保健学科紀要, 16巻, pp. 37-43, 20030401
  50. Neural mechanism underlying the H-reflex inhibition during static muscle stretching, Advances in Exercise and Sports Physiology, 9巻, pp. 119-127, 20030401
  51. 随伴性陰性変動(CNV)解消過程の発達的変化と4種の認知検査のスコアとの関係, 長崎大学医学部保健学科紀要, 16巻, pp. 97-102, 20030401
  52. 等尺性収縮時における肘関節の運動肢位が肘関節筋群の筋疲労と筋出力に及ぼす影響, 理学療法科学, 19巻, pp. 121-125, 20040401
  53. ★, Difference of posture-related modulation of H-reflex between forearm and leg muscle, Advances in Exercise and Sports Physiology, 10巻, pp. 85-92, 20040401
  54. Effects of motor imagery are dependent on motor strategies, Neuroreport, 18巻, pp. 1241-1246, 20070806
  55. Effects of intermanual transfer induced by repetitive precision grip on input-output properties of untrained contralateral limb muscles, Experimental Brain Research, 182巻, pp. 459-467, 20070401
  56. Increased corticospinal excitability during direct observation of self-movement and indirect observation with a mirror box, Neuroscience Letters, 419巻, pp. 108-112, 20070401
  57. 上肢筋の持続性伸張時における前腕筋及び下肢筋の脊髄運動ニューロンの興奮性の変化, 日本作業療法研究学会雑誌, 10巻, pp. 25-30, 20070401
  58. Mirror Box 課題時における運動野及び体性感覚野の興奮性の変化-Mirror Neuron System との関連性について-, 保健学研究, 20巻, pp. 9-15, 20070401
  59. 音楽課題時における手指支配運動野の興奮性変化, 保健学研究, 20巻, pp. 23-27, 20070401
  60. Bilateral facilitation of hand-motor cortices during a reading task, Advances in Exercise and Sports Physiology, 14巻, pp. 57-62, 20081001
  61. Further evidence for excitability changes in human primary motor cortex during ipsilateral voluntary contractions, NEUROSCIENCE LETTERS, 433巻, 2号, pp. 135-140, 20080312
  62. 他者の身振りを伴う発話観察中の口唇部支配運動野の興奮性変化, 日本運動生理学雑誌, 16巻, pp. 33-39, 20091001
  63. 経頭蓋磁気刺激法による運動神経生理学研究の動向, 体育学研究, 60巻, pp. 39-44, 20100101
  64. 手指の複雑動作が同側皮質運動野興奮性に及ぼす影響, 日本運動生理学雑誌, 17巻, pp. 9-16, 20100301
  65. 長距離ランナーにおける大腿二頭筋反復随意収縮後の運動野の興奮性変化, 日本運動生理学雑誌, 17巻, pp. 43-49, 20100701
  66. 複雑動作や疑似動作の動作観察が皮質運動関連領域に及ぼす影響, 日本作業療法研究学会雑誌, 13巻, pp. 17-22, 20100801
  67. Effect of unilateral voluntary movement on motor imagery of the contralateral limb, Clinical Neurophysiology, 122巻, pp. 550-557, 20100901
  68. Spinal neuronal mechanisms explaining the modulation of soleus H-reflexes during sustained passive rotation of the hip joint, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 121巻, 7号, pp. 1121-1128, 201007
  69. ★, Excitability changes in the ipsilateral primaly motor cortex durng rhythmic contraction of finger muscles, Neuroscience Letters, 488巻, pp. 22-25, 20110101
  70. ★, Increased excitability and reduced intracortical inhibition in the ipsilateral primary motor cortex during a fine-motor manipulation task, Brain Research, 1371巻, pp. 65-73, 20110101
  71. Age-dependent changes in corticospinal excitability in humans, Advances in Exercise and Sports Physiology, 17巻, pp. 1-5, 20110801
  72. Modulation of corticospinal motor tract excitability during a fine finger movement under psychological pressure: a TMS study, International Journal of Sport and Health Science, 10巻, pp. 39-49, 20110901
  73. Effects of unilateral voluntary movement on motor imagery of the contralateral limb, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 122巻, 3号, pp. 550-557, 201103
  74. Multiple EMG Activity and Intracortical Inhibition and Facilitation During a Fine Finger Movement Under Pressure, JOURNAL OF MOTOR BEHAVIOR, 43巻, 1号, pp. 73-81, 2011
  75. Excitability changes in the ipsilateral primary motor cortex during rhythmic contraction of finger muscles, NEUROSCIENCE LETTERS, 488巻, 1号, pp. 22-25, 20110113
  76. Increased excitability and reduced intracortical inhibition in the ipsilateral primary motor cortex during a fine-motor manipulation task, BRAIN RESEARCH, 1371巻, pp. 65-73, 20110131
  77. Excitability Changes in the Human Primary Motor Cortex During Observation with Motor Imagery of Chopstick Use, JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 23巻, 5号, pp. 703-706, 201110
  78. Effect of observation combined with motor imagery of a skilled hand-motor task on motor cortical excitability: Difference between novice and expert, NEUROSCIENCE LETTERS, 518巻, 2号, pp. 96-100, 20120619
  79. Changes in interhemispheric inhibition from active to resting primary motor cortex during a fine-motor manipulation task, JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY, 107巻, 11号, pp. 3086-3094, 201206
  80. Modulation of corticospinal motor tract excitability during finger movement under pressure: A TMS study, International Journal of Sport and Health Science, 10巻, pp. 34-39, 20120701
  81. 脊髄伸張反射の可塑性をもたらす神経機構, リハビリテーション医学, 49巻, pp. 573-578, 20120501
  82. Change in the Ipsilateral Motor Cortex Excitability Is Independent from a Muscle Contraction Phase during Unilateral Repetitive Isometric Contractions, PLOS ONE, 8巻, 1号, 20130131
  83. Asymmetry of interhemispheric inhibition from active to resting primary motor cortex induced by a fine-motor maipulation task of either dominant or non-dominant hand, Advances in Exercise and Sports Physiology, 19巻, pp. 15-24, 2013
  84. Functional difference in short- and long-latency interhemispheric inhibitions from active to resting hemisphere during a unilateral muscle contraction, Advances in Exercise and Sports Physiology, 19巻, pp. 61-72, 2013
  85. Neural mechanisms underlying the changes in ipsilateral primary motor cortex excitability during unilateral rhythmic muscle contraction, BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 240巻, pp. 33-45, 20130301
  86. Inter-individual variation in reciprocal Ia inhibition is dependent on the descending volleys delivered from corticospinal neurons to Ia interneurons, JOURNAL OF ELECTROMYOGRAPHY AND KINESIOLOGY, 24巻, 1号, pp. 46-51, 201404
  87. Functional difference in short- and long-latency interhemispheric inhibitions from active to resting hemisphere during a unilateral muscle contraction, JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY, 111巻, 1号, pp. 17-25, 201401
  88. Contribution of ipsilateral primary motor cortex activity to the execution of voluntary movements in humans: A review of recent studies, The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 3巻, pp. 297-306, 2014
  89. Unilateral imagined movement increases interhemispheric inhibition from the contralateral to ipsilateral motor cortex, EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 232巻, 6号, pp. 1823-1832, 201406
  90. Different modulation of short- and long-latency interhemispheric inhibition from active to resting primary motor cortex during a fine-motor manipulation task, Physiological Reports, 2巻, 10号, pp. e12170, 2014
  91. 感覚入力方法の違いが脊髄反射回路の活動変化に及ぼす影響について-末梢神経電気刺激と筋振動刺激による比較-, 物理療法科学, 21巻, pp. 32-39, 2014
  92. Psychological pressure facilitates corticospinal excitanility: motor preparation processes and EMG activity in a choice reaction task, International Journal of Sports and Exercise Psychology, 12巻, pp. 287-301, 2014
  93. Long-Term Practice Induced Plasticity in the Primary Motor Cortex Innervating the Ankle Flexor in Football Juggling Experts, MOTOR CONTROL, 18巻, 3号, pp. 310-321, 201407
  94. Patterned sensory nerve stimulation enhances the reactivity of spinal Ia inhibitory interneurons, NEUROREPORT, 26巻, 5号, pp. 249-253, 201504
  95. Transcranial direct current stimulation improves ipsilateral selective muscle activation in a frequency dependent manner, PLoS ONE,, 10巻, 3号, pp. e0122434, 201504
  96. Excitability changes in the left primary motor cortex innervating the hand muscles induced during speech about hand or leg movements, NEUROSCIENCE LETTERS, 594巻, pp. 46-50, 201505
  97. Effect of tactile stimulation on primary motor cortex excitability during action observation combined with motor imagery, NEUROSCIENCE LETTERS, 600巻, pp. 1-5, 201507
  98. ★, Interactions among learning stage, retention, and primary motor cortex excitability in motor skill learning, Brain Stimulation, 8巻, 6号, pp. 1195-1204, 201511
  99. Changes in the Spinal Neural Circuits are Dependent on the Movement Speed of the Visuomotor Task, FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE, 9巻, 201512
  100. 視覚追従課題中の予期せぬ標的軌道外乱に対する修正反応について, 日本運動生理学雑誌, 24巻, 2号, pp. 21-30, 201909
  101. 遠隔筋収縮が運動野錐体路ニューロン興奮性に及ぼす影響 : 促通手技の理論的根拠に関する基礎的研究, 作業療法 = The Journal of Japanese Occupational Therapy Association, 20巻, 5号, pp. 465-471, 20011015
  102. 下腿三頭筋の持続伸張中におけるヒラメ筋H反射振幅の経時的変化, 作業療法 = The Journal of Japanese Occupational Therapy Association, 21巻, 20020415
  103. 随伴性陰性変動(CNV)解消課程の発達的変化と4種の認知検査のスコアとの関係, 長崎大学医学部保健学科紀要, 16巻, 2号, pp. 97-102, 200312
  104. 脊髄伸張反射の運動課題依存性(運動と脳), 体力科學, 53巻, 1号, 20040201
  105. ジャンプ着地後の下腿三頭筋における長潜時伸張反射について : 運動生理学的研究 II, 体力科學, 31巻, 6号, 19821201
  106. 2-16 刺激頻度に依存する事象関連電位の周波数変動, 日本生理人類学会誌, 10巻, 1号, pp. 132-133, 20050610
  107. 2-16 Changes in Frequency of Event Related Potentials Modulated by Stimulus Rate(Proceedings of the 53rd Meeting of Japan Society of Physiological Anthropology), Journal of physiological anthropology and applied human science, 24巻, 5号, pp. 564-565, 200509
  108. Mirror Box課題における運動野及び体性感覚野の興奮性の変化, 保健学研究, 20巻, 1号, pp. 9-15, 200710
  109. 41. 片側肢の随意運動に伴う半球間抑制の動態 : 両側運動野経頭蓋磁気刺激法を用いた解析(神経・感覚,一般口演,第63回日本体力医学会大会), 体力科學, 57巻, 6号, 20081201
  110. 他者の身振りを伴う発話観察中の口唇部支配運動野の興奮性変化, 日本運動生理学雑誌, 16巻, 2号, pp. 33-39, 20090930
  111. 手指の複雑動作課題が同側皮質運動野興奮性に及ぼす影響, 日本運動生理学雑誌, 17巻, 1号, pp. 9-16, 20100331
  112. 等尺性収縮時における肘関節角度が肘関節屈筋群の筋疲労と筋出力に及ぼす影響, 理学療法科学, 19巻, 2号, pp. 121-125, 2004
  113. 他者の把持動作観察時における体性感覚刺激が手指筋支配M1 興奮性に及ぼす影響, 日本理学療法学術大会, 2012巻, 0号, pp. 48100440-48100440, 2013
  114. 一側手指の運動リズムの違いが同側一次運動野の皮質内,皮質間抑制回路網に及ぼす影響について, 日本理学療法学術大会, 2011巻, 0号, pp. Aa0888-Aa0888, 2012
  115. 同側大脳皮質一次運動野の興奮性は手指リズム運動の変化に依存する:脳卒中リハビリテーション応用に向けての基礎的知見, 日本理学療法学術大会, 2010巻, 0号, pp. AbPI2118-AbPI2118, 2011
  116. 脊髄伸張反射の可塑性をもたらす神経機構 (第48回日本リハビリテーション医学会学術集会/千葉) -- (シンポジウム 脊髄の可塑性), The Japanese journal of rehabilitation medicine, 49巻, 9号, pp. 573-578, 201209
  117. Acquisition of motor memory determines the inter-individual variability of learning-induced plasticity in the primary motor cortex, Journal of Applied Physiology, 125巻, pp. 990-998, 2018
  118. The acquisition of skilled finger movements is accompanied by the reorganization of the corticospinal system, Journal of Neurophysiology,, 119巻, pp. 573-584

著書等出版物

  1. 1997年, 安静時における運動細胞興奮性とその随意運動時の変化量の関係について , 科学研究費補助金研究成果報告書, 1997年, 調査報告書, 共著, 西平賀昭 今中国泰
  2. 1999年12月, スポーツ医科学キーワード , 文光堂, 1999年, 12, 単行本(学術書), 共編著, 阿江通良 荒木 秀夫 小宮山伴与志 石原昭彦 下村吉治 須田和裕 田畑泉 西保岳 橋本勲 , 587
  3. 2001年, 新指標による脊髄運動細胞興奮性の興奮性から観た脳卒中患者痙縮の客観的評価 , 科学研究費補助金研究成果報告書, 2001年, 調査報告書, 共著, 東登志夫
  4. 2002年04月, 運動神経生理学講義 , 翻訳, 大修館書店, 2002年, 04, 共訳, 287
  5. 2003年, 運動レベルの違いによる随意動作習熟過程の神経機構に関する研究 , 科学研究費補助金研究成果報告書, 2003年, 調査報告書, 共著, 矢部京之助 大築立志 笠井 達哉
  6. 2003年, 上肢筋の伸張反射利得調節に対する中枢性制御に関する研究 , 科学研究費補助金研究成果報告書, 2003年, 調査報告書, 共著, 東登志夫
  7. 2003年12月, 入門運動神経生理学 , 市村出版, 2003年, 12, 単行本(学術書), 共編著, 青木久 木下博 久保田競 内藤栄一 中澤公孝 藤原勝夫 松村道一 小宮山伴与志 森谷敏夫 , 379
  8. 2005年08月, 運動生理学シリーズ7, 運動と高次神経機能 -運動の脳内機能を探索する- , 杏林書院, 2005年, 08, 単行本(学術書), 共著, 西平賀昭 大築立志 , 199
  9. 2006年09月, スポーツ科学事典 , 平凡社, 2006年, 09, 事典・辞書, 共編著, 勝田茂 , 1024
  10. 2008年, 身体運動におけるミラーニューロンシステムに関する研究, 2008年, 調査報告書, 共著
  11. 2010年09月, 運動生理学のニューエビデンス , 真興交易医書出版部, 2010年, 09, 単行本(学術書), 共編著
  12. 2012年, 複雑動作学習におけるモデル映像提示効果に関する運動神経生理学的研究, 2012年, 調査報告書, 単著, 日本語, 船瀬広三

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ジャンプ着地後の下腿三頭筋における長潜時伸張反射について, 船瀬 広三, 第37回日本体力医学会, 1982, 出雲, 1982年, 通常, 日本語
  2. 同時動作における下腿の一側優位性(左右差)について, 船瀬 広三, 第37回日本体力医学会, 1982, 出雲, 1982年, 通常, 日本語
  3. 皮膚感覚入力の下腿部運動ニューロンに及ぼす影響について, 船瀬 広三, 第12回日本脳波筋電図学会, 1982, 米子, 1982年, 通常, 日本語
  4. ヒトの皮膚感覚求心性インパルス(特に圧覚系)に及ぼすischemiaの影響について, 船瀬 広三, 第39回日本体力医学会, 1982, 奈良, 1982年, 通常, 日本語
  5. Cutaneous effects on ankle extensor and flexor motoneuron in man, 船瀬 広三, VII International Congress of Electromyography. 1983, Munchen, West-Germany, 1983年, 通常, 日本語
  6. 軟体動物巨大神経細胞興奮性に対する芳香族アミノ酸誘導体の抑制作用 第3報, 船瀬 広三, 第6回日本動物生理学会, 1984, 筑波, 1984年, 通常, 日本語
  7. アフリカマイマイ巨大神経細胞における神経伝達物質候補のパターン, 船瀬 広三, 第31回生理学中部懇話会, 1984, 甲府, 1984年, 通常, 日本語
  8. 軟体動物巨大神経細胞興奮性に対する芳香族アミノ酸誘導体の作用 第2報, 船瀬 広三, 第6回中部日本神経精神薬理学研究会, 1984, 岡崎, 1984年, 通常, 日本語
  9. 軟体動物巨大神経細胞興奮性に対する芳香族アミノ酸誘導体の抑制作用 第3報, 船瀬 広三, 第8回日本トリプトファン研究会, 1984, 大阪, 1984年, 通常, 日本語
  10. アフリカマイマイ巨大神経細胞における神経伝達物質候補のパターン, 船瀬 広三, 第6回日本動物生理学会, 1984, 筑波, 1984年, 通常, 日本語
  11. 軟体動物巨大神経細胞興奮性に対する芳香族アミノ酸誘導体の抑制作用 第3報, 船瀬 広三, 第31回生理学中部懇話会, 1984, 甲府, 1984年, 通常, 日本語
  12. Inhibitory effects of aromatic amino acid derivatives on the excitabiity of identifiable neurones of an African giant snail (Achatina fulica Ferussac). II, 船瀬 広三, The 62nd Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1985, Kurume, 1985年, 通常, 日本語
  13. Putative neurotransmitters of giant neurones of an African giant snail (Achatina fulica Ferussac), 船瀬 広三, The 62nd Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1985, Kurume, 1985年, 通常, 日本語
  14. アフリカマイマイ神経節に同定される巨大神経細胞の神経伝達物候補, 船瀬 広三, 第7回中部日本神経精神薬理学研究会, 1984, 松本, 1984年, 通常, 日本語
  15. 軟体動物巨大神経細胞における芳香族アミノ酸誘導体の抑制作用, 船瀬 広三, 第28回日本神経化学会, 1985, 熊本, 1985年, 通常, 日本語
  16. Decrease of action potential amplitudes, in sodium-free and calcium-free conditions, of idrntifiable giant neurones of an African giant snail (Achatina fulica Ferussac), 船瀬 広三, The 63rd Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1986, Yamagata, 1986年, 通常, 日本語
  17. Inhibition produced by derivatives of aromatic dipeptides (N-β-phenylpropionyl-L- tyrosine and its related compounds) of identified giant neurones of an African giant snail (Achatina fulica Ferussac), 船瀬 広三, Satellite Symposium to 30 the International Congress of Physiological Science. 1986, Vancouver, Inactivation of hypersensitive neurones., 1986年, 通常, 日本語
  18. Effects of substances proposed as catecholamine and monophenolamine agonists on molluscan giant neurones sensitive to three amines , 船瀬 広三, 30th International Congress of Physiological Science. Vancouver, 1986, 1986年, 通常, 日本語
  19. Identification and pharmacological characteristics of giant neurones of an African giant snail (Achatina fulica Ferussac), 船瀬 広三, Symposium of Molluscan Neurobiology, 1986, Amsterdam, 1986年, 通常, 日本語
  20. アフリカマイマイ神経細胞d-RPLNにおける膜電位固定法による活動電流の測定, 船瀬 広三, 第8回日本動物生理学会, 1987, 広島, 1987年, 通常, 日本語
  21. Effects of Vincamine and Brovincamine on membrane currents of giant neurones of an African giant snail (Achatina fulica Ferussac), 船瀬 広三, The 64th Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1987, Chiba, 1987年, 通常, 日本語
  22. Mechanism of inhibition caused by N-β-phenylpropionyl-L-tyrosine (BPLT), 船瀬 広三, The 64th Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1987, Chiba, 1987年, 通常, 日本語
  23. Analysis of inhibitory effects of N-β-phenylpropionyl-L-tyrosine (BPLT) on the membrane potential in a snail neuron, 船瀬 広三, The 65th Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1988, Wakayama, 1988年, 通常, 日本語
  24. Calcium-antagonistic effects of Brovincamine, 船瀬 広三, The 65th Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1988, Wakayama, 1988年, 通常, 日本語
  25. Classification of GABA receptors in snail neurones, 船瀬 広三, The 65th Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1988, Wakayama, 1988年, 通常, 日本語
  26. Oxytocin-induced sodium current is mediated by cAMP-dependent protein phosphorylation in an identified snail neuron, 船瀬 広三, The 66th Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1989, Okayama, 1989年, 通常, 日本語
  27. Oxytocin-induced sodium current is mediated by cAMP-dependent protein phosphorylation in an identified snail neuron, 船瀬 広三, The Biology and Medicine of Signal Transduction. 7th International Conference on Cyclic Nucleotides, Calcium, and Protein Phosphorylation. 8-13 October, 1989, Kobe, Japan, 1989年, 通常, 日本語
  28. The ionic mechanisms of two negative slope resistance regions evoked by serotonin in snail neuron, 船瀬 広三, The 67th Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1990, Miyazaki, 1990年, 通常, 日本語
  29. Involvement of protein phosphorylation in the activation process of cyclic AMP-elicited biphasic current in Euhadra neurons, 船瀬 広三, The 68th Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1991, Kyoto, 1991年, 通常, 日本語
  30. cAMPによる二相性膜電流の発現と細胞内蛋白リン酸化について, 船瀬 広三, 第44回日本細胞生物学会, 1991, 福岡, 1991年, 通常, 日本語
  31. 下等動物神経細胞を用いた細胞内情報伝達機構の検討, 船瀬 広三, 第40回九州体育学会シンポジウム, 1991年, 招待, 日本語
  32. H反射発達勾配からみた運動細胞の興奮性, 船瀬 広三, 第47回日本体力医学会, 1992, 山形, 1992年, 通常, 日本語
  33. 各種課題条件下の聴性中潜時反応, 船瀬 広三, 第47回日本体力医学会, 山形, 1992, 1992年, 通常, 日本語
  34. 腕および拇指の位置決め課題の正確さと動作空間の左右差, 船瀬 広三, 第43回日本体育学会, 1992, 東京, 1992年, 通常, 日本語
  35. 頭部 90゜回旋位における拇指屈筋郡およびヒラメ筋のH反射, 船瀬 広三, 第1回日本運動生理学会, 1993, 筑波, 1993年, 通常, 日本語
  36. 上腕圧迫中の随意動動作に伴う体性感覚誘発電位, 船瀬 広三, 第1回日本運動生理学会, 1993, 筑波, 1993年, 通常, 日本語
  37. Ia入力増加に伴うH反射の変化率からみた脊髄α運動細胞の興奮性, 船瀬広三, 第10回ヒトの随意運動制御研究会, 1993年, 通常, 日本語, ヒトの随意運動制御研究会, 奈良
  38. 足関節の持続性底・背屈時におけるヒラメ筋H反射閾値と最大値の変化, 船瀬 広三, 第44回日本体育学会, 1993, 大阪, 1993年, 通常, 日本語
  39. 安静時最大H反射と足関節背屈によるH反射の抑制量の関係について, 船瀬 広三, 第2回日本運動生理学会, 1994, 天理, 1994年, 通常, 日本語
  40. 刺激された手指の随意動作に伴う体性感覚誘発電位, 船瀬 広三, 第2回日本運動生理学会, 1994, 天理, 1994年, 通常, 日本語
  41. 往復動作による位置決めの正確性と動作空間, 船瀬 広三, 第49回日本体力医学会, 1994, 名古屋, 1994年, 通常, 日本語
  42. 安静時運動細胞興奮性と拮抗筋収縮に伴う抑制量との関係, 船瀬 広三, 第3回日本運動生理学会, 1995, 東京, 1995年, 通常, 日本語
  43. Amount of reciprocal inhibition during dorsiflexion depends on autogenetic presynaptic inhibition, 船瀬 広三, Inaugural Conference, "Understanding Movement, Culture-Science-Practice", 28-30 June, 1995, Otago University, Dunedin, New Zealand, 1995年, 通常, 日本語
  44. Effects of head position on response bias in arm and finger positioning, 船瀬 広三, Inaugural Conference, "Understanding Movement, Culture-Science-Practice", 28-30 June, 1995, Otago University, Dunedin, New Zealand, 1995年, 通常, 日本語
  45. Evident difference in the excitability of the motoneuron pool between normal subjects and patients with spasticity assessed by a new method using H-reflex and M-response, 船瀬 広三, The 73rd Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1996, Fukui, 1996年, 通常, 日本語
  46. Component of somatosensory evoked potential with finger stimulation and descriminative reaction movements, 船瀬 広三, The 73rd Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1996, Fukui, 1996年, 通常, 日本語
  47. 甲状腺ホルモン上昇患者のH反射の検討, 船瀬 広三, 第37回日本神経学会, 1996, 大宮, 1996年, 通常, 日本語
  48. 体性感覚刺激を用いて誘発したCNV(随伴性陰性変動)と脳波変動, 船瀬 広三, 第4回日本運動生理学会, 1996, 名古屋, 1996年, 通常, 日本語
  49. 90°head-rotation biases kinesthetically guided arm and finger positioning: The examination of underlying sources, 船瀬 広三, An International Conference, "Bernstein's Traditions in Motor Control", 23-25 August, 1996, Pennsylvania State University,, Pennsylvania, USA, 1996年, 通常, 日本語
  50. The effect of thyroid hormone on the excitability of the motoneuron pool, 船瀬 広三, 9th Asian Oceanian Congress of Neurology, 1-6 September, 1996, Seoul, Korea, 1996年, 通常, 日本語
  51. Hslp/Mslpによる健常者と痙性麻痺患者の安静時運動細胞興奮性の比較, 船瀬 広三, 第51回日本体力医学会, 1996, 広島, 1996年, 通常, 日本語
  52. 反応予告期間における体性感覚誘発電位の変動について, 船瀬 広三, 第51回日本体力医学会, 1996, 広島, 1996年, 通常, 日本語
  53. 律動的ホッピング動作における筋感覚入力について -行いやすいホッピング周波数と伸張反射との関連-, 船瀬 広三, 第32回日本作業療法学会, 1997, 長岡, 1997年, 通常, 日本語
  54. H反射を用いた脳卒中片麻痺患者の痙性評価, 船瀬 広三, 第32回日本作業療法学会, 1997, 長岡, 1997年, 通常, 日本語
  55. Frequency dependence of the soleus long-latency stretch reflex in human hopping, 船瀬 広三, Australian Physological and Pharmacological Society, 1997, Adelaide, Australia, 1997年, 通常, 日本語
  56. H反射とMEPの変動について, 船瀬広三, 第15回ヒトの随意運動制御研究会, 1998年, 招待, 日本語, ヒトの随意運動制御研究会, 松山
  57. Background EMG量とMEPおよびH-reflexの変動の関係, 船瀬 広三, 第53回日本体力医学会, 1998, 横浜, 1998年, 通常, 日本語
  58. Variability of H-reflexes and motor evoked potentials in human wrist flexor, 船瀬 広三, The 76th Annual Meeting of the Physiological Sociaty of Japan, 1999, Nagasaki, 1999年, 通常, 日本語
  59. 上肢屈筋群の等尺性収縮がヒラメ筋H反射に及ぼす影響, 船瀬 広三, 第34回日本作業療法学会, 1999, 弘前, 1999年, 通常, 日本語
  60. 下肢の等尺性収縮が上肢のH反射に及ぼす影響, 船瀬 広三, 第34回日本作業療法学会, 1999, 弘前, 1999年, 通常, 日本語
  61. 足関節の等尺性収縮が対側ヒラメ筋H反射に及ぼす影響, 船瀬 広三, 第21回九州理学療法士・作業療法士合同学会, 1999, 鹿児島, 1999年, 通常, 日本語
  62. 上肢脊髄運動細胞興奮性の肢位による違い -座位及び立位における検討-, 船瀬 広三, 第5回理学療法の医学的基礎研究回学術集会, 2000, 鹿児島, 2000年, 通常, 日本語
  63. 安静時運動細胞の興奮性から見た脳卒中片麻痺患者の痙縮とシナプス前抑制の関係, 船瀬 広三, 第5回理学療法の医学的基礎研究回学術集会, 2000, 鹿児島, 2000年, 通常, 日本語
  64. 脳卒中片麻痺患者の痙縮とシナプス前抑制との関係について, 船瀬 広三, 第34回日本作業療法学会, 2000, 横浜, 2000年, 通常, 日本語
  65. 座位から立位への姿勢変化が上肢脊髄運動細胞興奮性に及ぼす影響, 船瀬 広三, 第34回日本作業療法学会, 2000, 横浜, 2000年, 通常, 日本語
  66. 下肢筋の等尺性収縮による上肢筋MEPへの影響, 船瀬 広三, 第34回日本作業療法学会, 2000, 横浜, 2000年, 通常, 日本語
  67. 座位および立位時における下肢筋と上肢筋のH反射について, 船瀬 広三, 第8回日本運動生理学会, 2000, 大阪, 2000年, 通常, 日本語
  68. ヒトの運動ニューロン興奮性の評価とその応用, 船瀬 広三, 第51回日本体育学会運動生理分科会キーノートレクチャー, 2000, 奈良, 2000年, 通常, 日本語
  69. ホッピング動作中の筋活動パターンについて, 船瀬 広三, 第9回日本運動生理学会, 2001, 横浜, 2001年, 通常, 日本語
  70. Posture-related modulation of H-reflexes in arm and leg muscles in normal and hemiplegic subjects, 船瀬 広三, XXXIV IUPS Official Satellite Meeting, "Movement and Sensation", 2001, Cairns, Australia, 2001年, 通常, 日本語
  71. 下腿三頭筋の持続的伸張中におけるヒラメ筋H反射振幅の経時的変化, 船瀬 広三, 第36回日本作業療法学会, 2002, 広島, 2002年, 通常, 日本語
  72. 一過性筋伸張によるH反射抑制に対するPost-activation Depressionの関与について, 船瀬 広三, 第36回日本作業療法学会, 2002, 広島, 2002年, 通常, 日本語
  73. Facilitation of the motoneuron excitability induced by remote muscle contraction, 船瀬 広三, XIII WFOT World Congress of Occupational Therapist, 2002, Stockholm, Sweden, 2002年, 通常, 日本語
  74. Motoneuron pool excitability of the hemiplegic patients assessed by the Hslp/Mslp, 船瀬 広三, XIII WFOT World Congress of Occupational Therapist, 2002, Stockholm, Sweden, 2002年, 通常, 日本語
  75. ホッピング動作中の筋活動パターンについて -FSR (Functional Stretch Rteflex) は存在するか?-, 船瀬 広三, 日本体育学会東京支部, 第1回研究会 「スポーツと神経系」, 2002年, 招待, 日本語
  76. 静的筋ストレッチによるH反射抑制機序について, 船瀬 広三, 第10回日本運動生理学会, 2002, つくば, 2002年, 通常, 日本語
  77. 立位および膝立ち位におけるヒラメ筋H反射の抑制について, 船瀬 広三, 第37回日本作業療法学会, 2003, 北九州, 2003年, 通常, 日本語
  78. 脊髄伸張反射の運動課題依存性, 船瀬 広三, 第58回日本体力医学会シンポジウム「運動と脳」, 2003年09月, 招待, 日本語
  79. H反射を用いた運動ニューロン興奮性評価の新たな試み, 船瀬 広三, 九州臨床神経生理研究会, 2003年, 招待, 日本語
  80. Trial-to-trial fluctuations in H-reflexes and motor evoked potentials in human wrist flexor, 船瀬 広三, The First France-Japan Joint Symposium on Human Motor Control. "New Perspective of Human Movement Sciences", 2004, Tokyo, Japan, 2004年, 通常, 日本語
  81. 刺激頻度に依存する事象関連電位の周波数変動, 船瀬 広三, 第53回日本生理人類学会, 2005, 長崎, 2005年, 通常, 日本語
  82. 観察-実行システムの機能的意味と応用, 船瀬 広三, 第13回日本運動生理学会シンポジウム「感じたことを運動に活かす-知覚と行為の認知科学-」, 2005年08月, 招待, 日本語
  83. 観察-実行システムの機能的意味と応用, 船瀬 広三, 第13回日本運動生理学会シンポジウム「感じたことを運動に活かす-知覚と行為の認知科学-」, 2005, 東京, 2005年, 通常, 日本語
  84. 上肢の持続的伸張時における前腕筋および下腿筋の脊髄運動ニューロン興奮性の変化-臨床手技の基礎研究-, 船瀬 広三, 第40回日本作業療法学会, 2006, 京都, 2006年, 通常, 日本語
  85. Mirror Box 課題における体性感覚誘発電位(SEP)の変動, 船瀬 広三, 第40回日本作業療法学会, 2006, 京都, 2006年, 通常, 日本語
  86. 脳の活性化を探る -脳ブームの功罪-, 船瀬 広三, 第14回日本運動生理学会, 2006, 東広島, 2006年, 通常, 日本語
  87. 手指の運動イメージ効果は対側手指の運動負荷により影響される, 船瀬 広三, 第36回日本臨床神経生理学会, 2006, 横浜, 2006年, 通常, 日本語
  88. 言語課題の遂行と手指運動野の興奮性との関連, 船瀬 広三, 第36回日本臨床神経生理学会, 2006, 横浜, 2006年, 通常, 日本語
  89. Excitability changes of primary motor cortex during motor imagery of contralateral limb are dependent on movement phases of ipsilateral limb, 船瀬 広三, IBRO World Congress of Neuroscience Satellite Meeting, "Motor Control at the Top End", 2007, Darwin, Australia, 2007年, 通常, 日本語
  90. 随意筋収縮に伴う同側運動野の皮質内抑制と促通変化, 船瀬 広三, 第37回日本臨床神経生理学会, 2007, 宇都宮, 2007年, 通常, 日本語
  91. Modulation of excitability changes in the primary motor cortex shortly after repetitive wrist extensor by practice load condition, 船瀬 広三, 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2008, Makuhari, Japan, 2008年, 通常, 日本語
  92. プレッシャー下における皮質脊髄路の興奮性変化, 船瀬 広三, スポーツ心理学会第35回記念大会, 2008, 名古屋, 2008年, 通常, 日本語
  93. 運動イメージ想起中の大脳皮質運動野の興奮性変化に対する size-weight illusion の影響, 船瀬 広三, 第3回生理学研究所 Motor Control 研究会,2009, 岡崎, 2009年, 通常, 日本語
  94. Modulation of corticospinal excitability during fine finger movement under pressure, 船瀬 広三, ISSP 12th World Congress of Sport Psychology, 2009, Marrakesh, Morocco, 2009年, 通常, 日本語
  95. 複雑動作や疑似動作の動作観察が皮質運動関連領域に及ぼす影響, 船瀬 広三, 第43回日本作業療法学会, 2009, 福島, 2009年, 通常, 日本語
  96. プレッシャー下における手指運動中の筋放電活動ならびに運動野内抑制性・促通性回路 , 船瀬 広三, スポーツ心理学会第36回大, 2009年, 通常, 日本語
  97. 加齢と皮質脊髄路の変化-Hoffmann反射とTMSによる検討- , 船瀬 広三, 第18回日本運動生理学会シンポジウム「高齢者の運動と脳機能」, 2010年08月, 招待, 日本語
  98. 複雑動作映像提示が観察者の皮質運動野興奮性に及ぼす影響 , 船瀬 広三, 第18回日本運動生理学会, 2010年, 通常, 日本語
  99. 選択反応課題時の皮質運動野興奮性に対する心理的プレッシャーの影響 , 船瀬 広三, スポーツ心理学会第37回大会, 2010年, 通常, 日本語
  100. 2011年, 通常, 日本語
  101. 2011年, 通常, 英語, ローマ
  102. 2011年, 通常, 日本語
  103. 2011年, 通常, 日本語
  104. 脊髄伸張反射の可塑性をもたらす神経機構, 船瀬広三, 第48回日本リハビリテーション医学会学術集会シンポジウム, 2011年, 招待, 日本語, 日本リハビリテーション医学会, 幕張
  105. 最近の研究成果から,1. 運動学習の保持とM1機能, 2. NIBSと運動パフォーマンス, 船瀬広三, 長崎大学医歯薬学総合研究科大学院セミナー, 2017年06月09日, 招待, 日本語, 長崎大学医歯薬学総合研究科, 長崎
  106. 足関節屈筋による瞬発的力発揮調節課題に対する経頭蓋直流電気刺激の影響, 船瀬広三, 中原航平, 平野雅人, 田中新也,, 第25回日本運動生理学会, 2017年07月30日, 通常, 日本語, 日本運動生理学会, 横浜

受賞

  1. 2005年07月, 第6回日本運動生理学会学会賞, 日本運動生理学会会長, 随意運動時における脊髄反射機構の動態に関する研究

社会活動

委員会等委員歴

  1. 理事長, 2018年04月01日, 2021年03月30日, 日本運動生理学会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, Psychophysiology, その他, 査読, 1
  2. 2015年, Experimental Brain Research, その他, 査読, 1