林 哲太郎TETSUTARO HAYASHI

Last Updated :2019/11/13

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)腎泌尿器科学助教
メールアドレス
tetsu-hayahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 博士課程創生医科学専攻, 日本, 2007年04月, 2011年05月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1993年04月, 1999年03月

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

研究キーワード

  • 尿路上皮癌

所属学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 米国臨床腫瘍学会(ASCO)
  • 泌尿器科分子細胞研究会
  • 西日本泌尿器科学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Preoperative risk classification using neutrophil-lymphocyte ratio and hydronephrosis for upper tract urothelial carcinoma, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 48巻, 9号, pp. 841-849, SEP 2018
  2. Current status of prognostic factors in patients with metastatic renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 26巻, 6号, pp. 608-617, 201906
  3. Transcribed ultraconserved region Uc.63+promotes resistance to cisplatin through regulation of androgen receptor signaling in bladder cancer, ONCOLOGY REPORTS, 41巻, 5号, pp. 3111-3118, 201905
  4. Longitudinal analysis of laparoendoscopic single-site adrenalectomy and conventional laparoscopic adrenalectomy regarding patient-reported satisfaction and cosmesis outcomes, ASIAN JOURNAL OF SURGERY, 42巻, 3号, pp. 514-519, 201903
  5. Protocadherin B9 promotes resistance to bicalutamide and is associated with the survival of prostate cancer patients, PROSTATE, 79巻, 2号, pp. 234-242, 20190201
  6. Fibroblast Growth Factor Family in the Progression of Prostate Cancer, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 2号, 201902
  7. SEC11A Expression Is Associated with Basal-Like Bladder Cancer and Predicts Patient Survival, PATHOBIOLOGY, 86巻, 4号, pp. 208-216, 2019
  8. Normalization of C-reactive protein levels following cytoreductive nephrectomy in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with tyrosine kinase inhibitors is associated with improved overall survival, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 36巻, 7号, 201807
  9. Tubulocystic renal cell carcinoma: a review of literature focused on radiological findings for differential diagnosis, ABDOMINAL RADIOLOGY, 43巻, 7号, pp. 1540-1545, 201807
  10. Unravelling disparate roles of NOTCH in bladder cancer, NATURE REVIEWS UROLOGY, 15巻, 6号, pp. 345-357, 201806
  11. Usefulness of personalized three-dimensional printed model on the satisfaction of preoperative education for patients undergoing robot-assisted partial nephrectomy and their families, INTERNATIONAL UROLOGY AND NEPHROLOGY, 50巻, 6号, pp. 1061-1066, 201806
  12. Anastomosing haemangioma with fatty changes in the perirenal space: a lesion mimicking liposarcoma, BJR CASE REPORTS, 4巻, 2号, 2018
  13. The effect of kinetics of C-reactive protein in the prediction of overall survival in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with tyrosine kinase inhibitor, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 35巻, 11号, 201711
  14. Combination therapy using molecular-targeted drugs modulates tumor microenvironment and impairs tumor growth in renal cell carcinoma, CANCER MEDICINE, 6巻, 10号, pp. 2308-2320, 201710
  15. Serous adenocarcinoma of retroperitoneum: a case report, INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL, 6巻, 4号, pp. 154-157, 201710
  16. Chronic kidney disease as a risk factor for recurrence and progression in patients with primary non-muscle-invasive bladder cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 24巻, 8号, pp. 594-600, 201708
  17. A comparison of clinicopathological features and prognosis in prostate cancer between atomic bomb survivors and control patients, ONCOLOGY LETTERS, 14巻, 1号, pp. 299-305, 201707
  18. Imaging features of papillary renal cell carcinoma with cystic change-dominant appearance in the era of the 2016 WHO classification, ABDOMINAL RADIOLOGY, 42巻, 7号, pp. 1850-1856, 201707
  19. Impact of neutrophil-to-lymphocyte ratio on effects of targeted therapy for metastatic renal cell carcinoma patients with extrapulmonary metastasis, CUAJ-CANADIAN UROLOGICAL ASSOCIATION JOURNAL, 11巻, 5号, pp. E207-E214, 201705
  20. Her2 alterations in muscle-invasive bladder cancer: Patient selection beyond protein expression for targeted therapy, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, 20170216
  21. Long-Term Outcomes and Prognosis of Transrectal High-Intensity Focused Ultrasound Therapy for Patients with Localized Prostate Cancer—Therapy after Recurrence and Predictive Factors., Open Journal of Urology, 7巻, pp. 87-102, 2017
  22. Not all NOTCH Is Created Equal: The Oncogenic Role of NOTCH2 in Bladder Cancer and Its Implications for Targeted Therapy, CLINICAL CANCER RESEARCH, 22巻, 12号, pp. 2981-2992, 20160615
  23. The impact of change in serum C-reactive protein level on the prediction of effects of molecular targeted therapy in patients with metastatic renal cell carcinoma, BJU INTERNATIONAL, 117巻, 6B号, pp. E67-E74, 201606
  24. A case of tubulocystic carcinoma of the kidney with aggressive features, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 34巻, 4号, pp. 307-311, 201604
  25. ★, Targeting HER2 with T-DM1, an Antibody-cytotoxic Drug Conjugate, is effective in HER2-overexpressing bladder cancer., JOURNAL OF UROLOGY, 194巻, 4号, pp. 1120-1131, 201510
  26. ★, Patient-derived bladder cancer xenografts in the preclinical development of novel targeted therapies., Oncotarget, 6巻, 25号, pp. 21522-21532, 201508
  27. TSPAN8, identified by Escherichia coli ampicillin secretion trap, is associated with cell growth and invasion in gastric cancer. , Gastric Cancer, 2015
  28. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における整容性の縦断的解析, 西日本泌尿器科, 77巻, 11号, pp. 391-397, 2015
  29. 前立腺癌 前立腺癌とメタボリックシンドローム., 日本臨床, 74巻, 1号, pp. 149-154, 2015
  30. Identification of PRL1 as a novel diagnostic and therapeutic target for castration-resistant prostate cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap (CAST) method, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 32巻, 6号, pp. 769-778, 201408
  31. Prognostic significance of C-reactive protein in patients with intermediate-risk metastatic renal cell carcinoma treated with molecular targeted therapy, ONCOLOGY LETTERS, 8巻, 2号, pp. 881-885, 201408
  32. Restoration of fibroblast growth factor receptor 2IIIb enhances the chemosensitivity of human prostate cancer cells, ONCOLOGY REPORTS, 32巻, 1号, pp. 65-70, 201407
  33. Oligophrenin-1 Is Associated with Cell Adhesion and Migration in Prostate Cancer, PATHOBIOLOGY, 81巻, 4号, pp. 190-198, 2014
  34. Minimally invasive establishment of murine orthotopic bladder xenografts. , J Vis Exp, 2014
  35. MicroRNA-155 is a predictive marker for survival in patients with clear cell renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 20巻, 5号, pp. 468-477, 201305
  36. The Search for Secreted Proteins in Prostate Cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap: Expression of NBL1 Is Highly Restricted to the Prostate and Is Related to Cancer Progression, PATHOBIOLOGY, 80巻, 2号, pp. 60-69, 2013
  37. Ultrasound-Guided Intramural Inoculation of Orthotopic Bladder Cancer Xenografts: A Novel High-Precision Approach. , PLoS ONE, 2013
  38. Hiding in plain view: Genetic profiling reveals decades old cross-contamination of bladder cancer cell line KU7 with HeLa., JOURNAL OF UROLOGY, 190巻, pp. 1404-1409, 2013
  39. 転移性腎細胞癌に対するエベロリムス投与後に急性腎不全を来たした1例, 西日本泌尿器科, 75巻, 7号, pp. 383-389, 2013
  40. 経尿道的尿管結石砕石術における圧縮空気破砕システムとHolmium YAG laserの治療成績における比較検討, 日本泌尿器科学会雑誌, 104巻, 3号, pp. 513-520, 2013
  41. 中津第一病院における恥骨後式前立腺全摘除術の臨床成績の検討, 西日本泌尿器科, 75巻, 2号, pp. 59-65, 2013
  42. 筋層非浸潤性膀胱癌(Ta、T1) に対するBCG膀胱腔内注入療法の治療成績とEAUガイドラインのリスク分類の検討, 西日本泌尿器科, 75巻, 3号, pp. 107-113, 2013
  43. Expression of miR-486 is a potential prognostic factor after nephrectomy in advanced renal cell carcinoma., Mol Clin Oncol, 1巻, pp. 235-240, 2013
  44. Impact of Laparoscopic Experience on the Proficiency Gain of Urologic Surgeons in Robot-Assisted Surgery, JOURNAL OF ENDOUROLOGY, 26巻, 12号, pp. 1635-1638, 201212
  45. Relationship between the localization of fibroblast growth factor 9 in prostate cancer cells and postoperative recurrence, PROSTATE CANCER AND PROSTATIC DISEASES, 15巻, 1号, pp. 8-14, 201203
  46. Desmocollin 2 is a new immunohistochemical marker indicative of squamous differentiation in urothelial carcinoma, HISTOPATHOLOGY, 59巻, 4号, pp. 710-721, 201110
  47. Identification of Transmembrane Protein in Prostate Cancer by the Escherichia coli Ampicillin Secretion Trap: Expression of CDON Is Involved in Tumor Cell Growth and Invasion, PATHOBIOLOGY, 78巻, 5号, pp. 277-284, 2011
  48. Transrectal high-intensity focused ultrasound for treatment of localized prostate cancer, Int J Urol, 18巻, pp. 358-363, 2011
  49. Search for transmembrane protein in gastric cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap: expression of DSC2 in gastric cancer with intestinal phenotype., J Pathol, 221巻, pp. 275-284, 2010
  50. Immunohistochemical analysis of Reg IV in urogenital organs: Frequent expression of Reg IV in prostate cancer and potential utility as serum tumor marker, ONCOLOGY REPORTS, 21巻, 1号, pp. 95-100, 200901
  51. Serum olfactomedin 4 (GW112, hGC-1) in combination with Reg IV is a highly sensitive biomarker for gastric cancer patients., Int J Cancer, 125巻, pp. 2382-2392, 2009
  52. Reg IV is an independent prognostic factor for relapse in patients with clinically localized prostate cancer, CANCER SCIENCE, 99巻, 8号, pp. 1570-1577, 200808

著書等出版物

  1. 2016年, 臨床泌尿器科. 2016, 第70巻 第4号(増刊号)泌尿器科処方のすべて すぐに使える実践ガイド. 膀胱癌, 泌尿器科処方のすべて すぐに使える実践ガイド. 膀胱癌, 膀胱癌, 臨床泌尿器科, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 林哲太郎
  2. 2016年, 臨床泌尿器科. 2016, 第70巻 第4号(増刊号), 172-174, 泌尿器科処方のすべて すぐに使える実践ガイド. 腎盂尿管癌., 腎盂尿管癌, 臨床泌尿器科, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 4. 林哲太郎
  3. 2017年10月, 日本臨床 新腎・泌尿器癌 外 基礎・臨床研究の進歩, 日本語, 陰茎癌研究の歴史的変遷と展望, 日本臨床, 2017年, 10, 共著, 林哲太郎
  4. 西日本泌尿器科, 膀胱癌のサブタイプ分類と分子標的治療への試み, 膀胱癌のサブタイプ分類と分子標的治療への試み, 2017, 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 2013年05月, 通常, 英語
  2. 2013年09月, 通常, 英語
  3. 2013年09月, 通常, 英語
  4. 2014年01月, 通常, 英語
  5. 2014年04月, 通常, 英語
  6. 2014年04月, 通常, 英語
  7. 2014年05月, 通常, 英語
  8. 2013年05月, 通常, 英語
  9. 2013年05月, 通常, 英語
  10. 2013年09月, 通常, 英語
  11. 2013年09月, 通常, 英語
  12. 2014年03月, 通常, 英語
  13. 2015年03月, 通常, 英語
  14. 2013年03月, 通常, 英語
  15. 2013年04月, 通常, 英語
  16. 2013年05月, 通常, 英語
  17. 2013年05月, 通常, 英語
  18. 2013年05月, 通常, 英語
  19. 2013年05月, 通常, 英語
  20. 2014年04月, 通常, 英語
  21. 2014年04月, 通常, 英語
  22. 2014年04月, 通常, 英語
  23. 2014年05月, 通常, 英語
  24. 2014年05月, 通常, 英語
  25. 2014年09月, 通常, 英語
  26. 2014年10月, 通常, 英語
  27. 2015年03月, 通常, 英語
  28. 2015年05月, 通常, 英語
  29. 2015年05月, 通常, 英語
  30. 2015年05月, 通常, 英語
  31. 2015年05月, 通常, 英語
  32. 2015年10月, 通常, 英語
  33. 2014年09月, 通常, 日本語
  34. 2014年09月, 通常, 日本語
  35. 2013年10月, 通常, 日本語
  36. 2013年10月, 通常, 日本語
  37. 2013年10月, 通常, 日本語
  38. 2013年10月, 通常, 日本語
  39. 2013年04月, 通常, 日本語
  40. 2013年04月, 通常, 日本語
  41. 2015年04月, 通常, 日本語
  42. 2015年10月, 通常, 日本語
  43. 2015年10月, 通常, 日本語
  44. 2015年07月, 通常, 日本語
  45. 2015年06月, 通常, 日本語
  46. 扁平上皮分化を示す尿路上皮癌は予後不良であり、DSC2は扁平上皮分化の免疫染色マーカーとして有用である, 20160213, 林哲太郎 村田大城 藤井慎介 定秀孝介 北野弘之 岩本秀雄 永松弘孝 稗田圭介 金岡隆平 神明俊輔 正路晃一 井上省吾 亭島 淳 松原昭郎., 第24回中国四国前立腺・腎尿路疾患研究会, 2016年02月13日, 通常, 日本語
  47. HER2抗体-薬物複合体(T-DM1)はHER2高発現細胞にアポトーシスを誘導し、膀胱癌の新規治療薬として有望である, Tetsutaro Hayashi, Keisuke Goto, Jun Teishima, Peter C Black, Wataru Yasui, Akio Matsubara., 第104回日本泌尿器科学会総会, 2016年04月18日, 通常, 英語
  48. Notch2シグナルは膀胱癌の進展を促進し、Notch2抗体は新規治療法となる., 林哲太郎, 郷力昭宏、金岡隆平、後藤景介、亭島淳、Peter C Black、松原昭郎, 第25回泌尿器科分子・細胞研究会, 2016年02月27日, 通常, 日本語
  49. 第2世代のLESS習得:術式の確立と指導医の助言が習得を早める, 林哲太郎, 井上省吾、村田大城、定秀孝介、藤井慎介、北野弘之、金岡隆平、神明俊輔、永松弘孝、稗田圭介、正路晃一、亭島 淳、松原昭郎, 第5回泌尿器単孔式・Reduced port腹腔鏡手術ワークショップ, 2016年03月26日, 通常, 日本語
  50. Notch2-HEY axis promotes tumor growth in bladder cancer through cell cycle progression and dedifferentiation, Hayashi T, Akihiro Goriki, Htoo Zarni Oo, Roland Seiler, Tilman Todenhofer, Wolfgang Jaeger, Shannon Awrey, Manuel Altamirano-Dimas, Ladan Fazli, Akio Matsubara, Peter C Black, 31th Annual European association of Urology Congress, 2016年03月14日, 通常, 英語
  51. STAT1 inhibition restored chemotherapy sensitivity in cisplatin/gemcitabine resistant bladder cancer, Hayashi T, R. Seiler, R. Bell, S. Ettinger, K. Wang, A. Goriki, H.Z. Oo, S. Awrey, K. Gust, W. Jaeger, T. Todenhoefer, M. Altamirano-Dimas, A. Matsubara, C. Collins, P. Black, 31th Annual European association of Urology (EAU) Congress, 2016年03月14日, 通常, 英語
  52. TSPAN8 expression in renal cell carcinoma is a poor prognostic factor and a novel therapeutic target, Hayashi T, K. Sentani, P. Black, K. Goto, S. Shinmei, K. Anami, H.Z. Oo, J. Teishima, W. Yasui, A. Matsubara, 31th Annual European association of Urology (EAU) Congress, 2016年03月14日, 通常, 英語
  53. 31th Annual European association of Urology (EAU) Congress, 2016年03月14日, 通常, 英語
  54. Targetting lactate transporters for the treatment of urothelial carcinoma, 31th Annual European association of Urology (EAU) Congress, 2016年03月14日, 通常, 英語
  55. 2016年03月13日, 通常, 英語
  56. 2016年03月13日, 通常, 英語
  57. 2016年03月12日, 通常, 英語
  58. 2016年05月09日, 通常, 英語
  59. Evaluation of lactate transporters as potential therapeutic target in urothelial carcinoma, 2016年05月09日, 通常, 英語
  60. Paternally expressed gene-10 promotes cell growth and invasion of bladder cancer, Yoshihisa Kawai, Shusuke Akamatsu, Hayashi T, Eliana Beraldi, Fan Zhang, Roland Seiler, Jeffrey Leong, Htoo Oo, Igor Moskalev, Ladan Fazli, Hideyasu Matsuyama, Peter Black, Colin Collins, Martin Gleave, The 2016 Annual Meeting of the American Urological Association, 2016年05月09日, 通常, 英語
  61. Notch2-HEY axis promotes tumor growth in bladder cancer through cell cycle progression and dedifferentiation, Hayashi T, Akihiro Goriki, Htoo Zarni Oo, Roland Seiler, Tilman Todenhofer, Wolfgang Jaeger, Shannon Awrey, Manuel Altamirano-Dimas, Ladan Fazli, Akio Matsubara, Peter C Black, The 2016 Annual Meeting of the American Urological Association, 2016年05月09日, 通常, 英語
  62. STAT1 inhibition restored chemotherapy sensitivity in chemo-resistant bladder cancer, Tetsutaro Hayashi, R. Seiler, R. Bell, S. Ettinger, K. Wang, A. Goriki, H.Z. Oo, S. Awrey, K. Gust, W. Jaeger, T. Todenhoefer, M. Altamirano-Dimas, A. Matsubara, C. Collins, P. Black, 71st Annual Meeting of the Canadian Urological Association, 2016年06月27日, 通常, 英語
  63. DSC2の免疫組織染色は予後不良な扁平上皮分化を示す尿路上皮癌の診断に有用である, 315. 林哲太郎, 後藤景介 神明俊輔 井上省吾 亭島 淳 松原昭郎, 第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年10月21日, 通常, 日本語
  64. 蛍光膀胱鏡補助下の経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術による膀胱平坦病変の病理学的評価, 林哲太郎, 小林加直、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016年11月19日, 通常, 日本語
  65. STAT1 inhibition restored chemotherapy sensitivity in bladder cancer, Tetsutaro Hayashi, Keisuke Goto, Shunsuke Shinmei, Jun Teishima, Peter C Black, Wataru Yasui, Akio Matsubara, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月08日, 通常, 日本語
  66. HER2免疫組織染色スコア2+以上が膀胱癌の新規HER2治療薬T-DM1の良い治療標的となる, 林哲太郎, 後藤景介 神明俊輔 井上省吾 亭島 淳 松原昭郎, 日本泌尿器腫瘍学会 第2回学術集会, 2016年10月22日, 通常, 日本語
  67. DSC2は扁平上皮分化を示す尿路上皮癌の診断に有用で予後予測因子となる, 林哲太郎, 後藤景介 神明俊輔 井上省吾 亭島 淳 松原昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月26日, 通常, 日本語
  68. T1の膀胱癌micropapillary variantに対するBCG療法, 林哲太郎, 小畠浩平、小林加直、後藤景介、三田耕司、橋本邦宏、森山浩之、林陸雄、井上洋二、久米隆、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第9回BCG注入療法研究会, 2016年12月02日, 通常, 日本語
  69. 2017年05月12日, 通常, 英語
  70. 2017年05月16日, 通常, 英語
  71. 2017年03月26日, 通常, 英語
  72. 通常, 英語
  73. 腎癌におけるTSPAN8の高発現は予後不良因子であり、TSPAN8の発現抑制は腎癌の新規治療法となる可能性がある., 林 哲太郎, 仙谷 和弘、後藤 景介、神明 俊輔、阿南 勝宏、井上 省吾、亭島 淳、安井 弥、松原 昭郎, 第26回泌尿器科分子細胞研究会, 2017年03月11日, 通常, 日本語, 泌尿器科分子細胞研究会, 大分市
  74. STAT1 シグナルは抗がん剤耐性膀胱癌で亢進し、STAT1発現抑制が抗がん剤感受性を回復させ、新規併用治療法となる., 林哲太郎, 郷力昭宏、神明俊輔、ピーターブラック、井上省吾、亭島淳、松原昭郎., 第105回日本泌尿器科学会総会, 2017年04月21日, 通常, 日本語, 日本泌尿器科学会総会, 鹿児島市
  75. 当院での単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の手術成績、患者満足度、手術手技習得., 林哲太郎, 井上省吾、栗村嘉昌、岩根亨輔、田坂亮、西田健介、福岡憲一郎、藤井慎介、定秀孝介、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、亭島淳、松原昭郎., 日本泌尿器科学会 第161回広島地方会学術集会, 招待, 日本語, 日本泌尿器科学会, 広島市
  76. 一歩すすんだ副腎手術 単孔式, 林 哲太郎, 第161回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017.8.5, 広島市, 2017年08月05日, 招待, 日本語
  77. 尿路上皮分化に基づいた免疫組織染色による分類は、膀胱癌の予後を層別化する., 林哲太郎, 仙谷和弘、坂本直也、牟田口和昭、小畠浩平、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、安井弥、松原昭郎., 第76回日本癌学会学術集会, 2017年09月30日, 通常, 日本語
  78. HER2抗体-薬物複合体(T-DM1)はHER2を高発現する膀胱癌の新規分子標的治療となる., 林哲太郎, 後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎., 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017年11月11日, 通常, 日本語
  79. T1微小乳頭型膀胱癌のTURBTでの治療成績., 林哲太郎, 藤井慎介、小畠浩平、後藤景介、神明俊輔、井上洋二、橋本邦弘、三田耕司、森山浩之、松原昭郎., 第31回日本泌尿器科内視鏡学会総会, 2017年11月18日, 通常, 日本語
  80. NOTCH2-HEY1 シグナルは膀胱癌の進展を促進する., 林哲太郎, 郷力昭宏、Black Peter C,亭島淳、松原昭郎., 第27回泌尿器科分子・細胞研究会, 2018年02月03日, 通常, 日本語
  81. ロボット支援前立腺全摘除術後の性機能障害, 井上省吾、岩根亨輔、田坂亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本性機能学会学術総会(西部総会), 2018年01月13日, 通常, 日本語, 米子
  82. 前立腺肥大症患者に対する低用量タダラフィルの性機能に及ぼす因子, 岩根亨輔、Xiangrui Han、田坂 亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎, 第27回日本性機能学会学術総会(西部総会), 2018年01月13日, 通常, 日本語, 米子
  83. 密封小線源治療後の死亡原因の検証, 定秀孝介、亭島淳、岩根亨輔、田坂亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、梶原充、和田崎晃一、松原昭郎, 第14回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会, 2018年01月21日, 通常, 日本語, 東京
  84. ロボット支援下前立腺全摘除術のスキル評価―泌尿器科医と非医療従事者の比較—, 福岡憲一郎、稗田圭介、服部稔、岩根亨輔、田坂亮、栗村嘉昌、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第10回ロボット外科学会学術集会, 2018年02月10日, 通常, 日本語, 東京
  85. ロボット支援腎部分切除術における高難度症例, 亭島淳、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、松原昭郎, 第4回泌尿器癌局所療法研究会, 2018年02月17日, 通常, 日本語, 岡山
  86. ARI-TRUS融合画像ガイドか前立腺生検の初期成績, 上野剛志、西田健介、藤井慎介、林哲太郎、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第4回泌尿器癌局所療法研究会, 2018年02月17日, 通常, 日本語, 岡山
  87. Comparisons of surgeons’ and assistants’ fatigue after laparoendoscopic single-site versus conventional laparoscopic adrenalectomy: A single surgeon’s experience., InoueS.HayashiT.HiedaK.ShinmeiS.TeishimaJ.MatsubaraA., EAU European Association Urology 2018, 2018年03月16日, 通常, 英語, Copenhagen
  88. MRI-TRUS融合前立腺生検において,襲撃部位のみから癌が検出された症例のプロファイル, 藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、西田健介、北野弘之、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸, 第26回中四国前立腺・腎尿路疾患研究会, 2018年03月17日, 通常, 日本語, 岡山
  89. 腹腔鏡下右副腎摘除術3術式間の比較検討 – 単孔式、従来法(経腹膜、後腹膜到達法)の経験から, 井上省吾、岩根亨輔、田坂 亮、Xiangrui Han、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎, 第7回泌尿器単孔式・Reduced port腹腔鏡手術ワークショップ, 2018年03月31日, 通常, 日本語, 豊中
  90. 臨床病期T1腎癌の病理病期T3以上へのアップグレード予測における腫瘍辺縁形態の意義, 亭島淳、林哲太郎、北野弘之、定秀孝介、神明俊輔、井上省吾、本田有紀子、仙谷和弘、粟井和夫、安井弥、松原昭郎, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語, 京都
  91. NOTCH2-HEY1 axis promotes tumor progression in bladder cancer through cell cycle progression and dedifferentiation, Tetsutaro Hayashi,Akihiro Goriki, Htoo Zarni Oo, Wolfgang Jaeger, Hamidreza Abdi, Roland Seiler, Tilman Todenhofer, Shannon Awrey, Manuel Altamirano-Dimas, Ladan Fazli, Akio Matsubara, Peter C Black, 16th UAA Congress 2018, 2018年04月18日, 通常, 英語, Kyoto
  92. Subtype classification by urothelial differentiation markers stratified prognosis in patients with muscle invasive bladder cancer, Tetsutaro Hayashi,Kazuhiro Sentani, Keisuke Goto, Kazuaki Mutaguchi, Kohei Kobatake, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Akio Matsubara, 16th UAA Congress 2018, 2018年04月18日, 通常, 英語, Kyoto
  93. NOTCH2 over-expression in the bladder promotes tumor development and leads to more malignant phenotype, Akihiro Goriki, Takeshi Sano, Tetsutaro Hayashi, Alberto Contreras-Sanz, Htoo Oo, Akio Matsubara, Peter Black, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 英語, Kyoto
  94. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における疲労感の検討 ーLESSは”疲れる”術式か?ー, 井上 省吾,岩根 亨輔, 田坂 亮, 西田 健介, 栗村 嘉昌, 福岡 憲一郎, 定秀 孝介, 藤井 慎介, 神明 俊輔, 稗田 圭介, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月18日, 通常, 日本語, 京都
  95. 前立腺再生検症例におけるMRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の意義, 藤井 慎介, 林 哲太郎, 上野 剛志, 西田 健介, 北野 弘之, 井上 省吾, 亭島 淳, 松原 昭郎, 本田 有紀子, 寺田 大晃, 粟井 和夫, 秋田 隆司, 北村 直幸, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月18日, 通常, 日本語, 京都
  96. MRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の有用性:狙撃生検は診断精度を向上させる, 西田 健介,藤井 慎介, 林 哲太郎, 上野 剛志, 岩根 亨輔, 田坂 亮, 栗村 嘉昌, 定秀 孝介, 福岡 憲一郎, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 井上 省吾, 松原 昭郎, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語, 京都
  97. High risk前立腺癌に対するロボット支援根治的前立腺全摘除術, 亭島 淳, 林 哲太郎, 藤井 慎介,上野 剛志, 井上 省吾, 稗田圭介,神明俊輔,三田耕司,松原 昭郎, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語, 京都
  98. ロボット支援前立腺全摘除術におけるアセトアミノフェン静注液の術後鎮痛効果, 定秀 孝介,井上 省吾, 西田 健介, 藤井 慎介, 福岡 憲一郎, 栗村 嘉昌, 上野 剛志, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月18日, 通常, 日本語, 京都
  99. Usefulness of morphological classification of clinical T1 renal cell cancer on predicting upstaging to pathological T3 or higher, Jun Teishima, Tetsutaro Hayashi, Hiroyuki Kitano, Kousuke Sadahide, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Yukiko Honda, Kazuhiro Sentani, Kazuo Awai, Wataru Yasui, Akio Matsubara, 2018 AUA Annual Meeting, 2018年05月18日, 通常, 英語, San Francisco
  100. Prognostic impact of kinetics of C-reactive protein between before and after surgery in patients with metastatic renal cell carcinoma undergoing cytoreductive nephrectomy treated with tyrosine kinase inhibitor, Jun Teishima, Shinya Ohara, Keisuke Hieda, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Hideki Mochizuki, Koji Mita, Akio Matsubara, 2018 AUA Annual Meeting, 2018年05月18日, 通常, 英語, San Francisco
  101. Immunohistochemical classification using urothelial differentiation markers can stratify prognosis in patients with muscle invasive bladder cancer, Tetsutaro Hayashi, Kazuhiro Sentani, Keisuke Goto, Htoo Zarni Oo,Hamidreza Abdi, Kazuaki Mutaguchi, Nakatsu, Japan, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Peter C Black,, Akio Matsubara, 2018 AUA Annual Meeting, 2018年05月18日, 通常, 英語, San Francisco
  102. NOTCH2 in the bladder promotes tumor development and leads to more malignant phenotype., "Akihiro Goriki,Takeshi Sano, Alberto Contreras, Htoo Oo, Tetsutaro Hayashi, Akio Matsubara, Peter Black", 2018 AUA Annual Meeting, 2018年05月18日, 通常, 英語, San Francisco
  103. 大きな前立腺に対するロボット支援下前立腺全摘術の成績, 神明 俊輔、西田 健介、栗村 嘉昌、福岡憲一郎、上野 剛志、稗田 圭介、井上 省吾、林 哲太郎、亭島 淳、松原 昭郎, 第29回 内視鏡外科フォーラムin秋田, 2018年05月26日, 通常, 日本語, 秋田市
  104. 志熊 紘行、畑山 智哉、向井 桜子、武藤 雅幸、馬場﨑 隆志、宮本 俊輔、Xiangrui Han、福岡 憲一郎、定秀 孝介、藤井 慎介、上野 剛志、神明 俊輔、稗田 圭介、井上 省吾、林 哲太郎、亭島 淳、松原 昭郎, Sunitinib治療中に発生した腸管気腫症の2例, 第163回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018年06月23日, 通常, 日本語, 広島
  105. 経尿道的NBCA注入療法が奏効した胃-上腎杯瘻の1例, 武藤 雅幸、向井 桜子、畑山 智哉、志熊 紘行、宮本 俊輔、馬場崎 隆志、藤井 慎介、福岡 憲一郎、定秀 孝介、上野 剛志 稗田 圭介、神明 俊輔、井上 省吾、林 哲太郎、亭島 淳、 松原 昭郎, 第163回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018年06月23日, 通常, 日本語, 広島
  106. 前立腺全摘除術施行患者における性行為頻度の術後変化, 井上省吾, 上野剛志, 福岡憲一郎, 定秀孝介, 藤井慎介, 神明俊輔, 稗田圭介, 林哲太郎, 亭島淳, 松原昭郎, 第18回日本Men’s Health医学会, 2018年07月14日, 通常, 日本語, 東京
  107. 転移性腎細胞癌の予後予測におけるsystemic immune-inflammation indexの意義, 亭島淳,大原慎也,神明俊輔,井上省吾,林哲太郎,長谷川泰久,望月英樹,梶原充,三田耕司,松原昭郎, 第49回腎癌研究会, 2018年07月07日, 通常, 日本語, 東京
  108. FGF family in progression of prostate cancer., Jun Teishima,Tetsutaro Hayashi,Hirotaka Nagamatsu,Koichi Shoji,Keisuke Goto, Akio Matsubara, 第5回前立線生物学シンポジウム伊勢志摩2018, 2018年07月12日, 通常, 英語, 鳥羽
  109. PI-RADS category1,2を有する症例のMRI-TRU融合画像アルタイムガイド下前立腺生検の意義, 上野剛志、宮本俊輔、藤井慎介、林哲太郎、定秀孝介、福岡憲一郎、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第27回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会, 2018年07月05日, 通常, 日本語, 長崎
  110. Longitudinal evalution of frequency of patients taking part in sexual intercourse and sexual activities after undergoing robot-assisted laparoscopicradical prostatectomy., Shogo Inoue,Kosuke Sadahide,Kenichiro Fukuoka,Shinsuke Fujii, Takeshi Ueno, Shunsuke Shinmei, Keisuke Hieda, Tetdutaro Hayashi, Jun Teishima, Akio Matsubara, 13th Japan-Asean Conference on Men's Health and Aging, 2018年09月16日, 通常, 英語, Kobe
  111. Change of preoperative symptoms of late onset hypogonadism syndrome after robot-assistanted radical prostatectomy, Jun Teishima, Shogo Inoue, Keisuke Hieda, Shunsuke Shinmei, Tetsutaro Hayashi, Akio Matsubara, 13th Japan-Asean Conference on Men's Health and Aging, 2018年09月16日, 通常, 英語, Kobe
  112. Significance of endocrine fibroblast growth factor subfamily as serum biomarkers in castration-resistant prostate cancer, Jun Teishima, Yuka Yamaguchi, Hirotaka Nagamatsu, Hiroyuki Shikuma, Shinsuke Fujii, Keisuke Goto, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Akio Matsubara, 第77回日本癌学会総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語, 大阪
  113. 古典的Notch2シグナルは細胞周期亢進、未分化能の医事、上皮間葉移行を介して膀胱癌の進展を促進する, 林哲太郎、郷力昭宏、池田健一郎、ブラックピーター、井上省吾、亭島淳、大上直秀、安井弥、松原昭郎, 第77回日本癌学会総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語, 大阪
  114. MRI-TRUS融合画像ガイド下前立腺生検の初回生検例に対する効用, 藤井慎介、早施設太郎、上野剛志、北野弘之、韓向鋭、志熊紘行、畑山智哉、向井桜子、武藤雅幸、馬場﨑隆志、宮本俊輔、定秀孝介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸, 第6回泌尿器画像診断・治療技術研究会, 2018年09月13日, 通常, 日本語, 京都
  115. UTX欠失は炎症性微小環境形成を促進し、p53の機能欠失と強調して膀胱癌を発症する 小畠浩平、世良康如、池田健一郎、林哲太郎、仙谷和弘、金山麻裕子、堀江重郎、安井弥、松原昭郎、本田浩章 大阪 大阪国際会議場 (グランキューブ大阪), 小畠浩平、世良康如、池田健一郎、林哲太郎、仙谷和弘、金山麻裕子、堀江重郎、安井弥、松原昭郎、本田浩章, 第77回日本癌学会総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語, 大阪
  116. RALPロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術におけるERAS(術後回復力強化プログラム)の効果, 向井 桜子, 武藤 雅幸, 志熊 紘行, 畑山 智哉, 韓 向鋭, 宮本 俊輔, 馬場崎 隆志, 藤井 慎介, 福岡 憲一郎, 定秀 孝介, 上野 剛志, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第112回広島がん治療研究会, 2018年09月22日, 通常, 日本語, 広島
  117. 臨床病期III期以下の上部尿路上皮癌における病理学的リンパ節転移の術前予測因子, 畑山 智哉, 林 哲太郎, 井上 省吾, 神明 俊輔, 後藤 景介, 福岡 憲一郎, 稗田 圭介, 亭島 淳, 松原 昭郎, 本田 有紀子, 粟井 和夫, 小羽田 悠貴, 第112回広島がん治療研究会, 2018年09月22日, 通常, 日本語, 広島
  118. 転移性腎細胞癌の予後予測におけるsystemic immune-inflammation indexの意義, 亭島淳、大原慎也、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、長谷川泰久、望月英樹、梶原充、三田耕司、松原昭郎, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月18日, 通常, 日本語, 横浜
  119. 上部尿路 ANXA10の発現低下は、上部尿路上皮癌の進展に関与する, 林 哲太郎、坂本直也、重松慶紀、小羽田悠貴、梅承恩、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、仙谷和弘、大上直秀、安井弥、松原昭郎, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月18日, 通常, 日本語, 横浜
  120. 尿路上皮分化マーカーを用いた膀胱癌の免疫組織学的分類は、病理学的悪性度と予後を層別化し、治療方針の決定に有用となる, 林哲太郎他, 日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  121. Targeting HER2 with T-DM1,an Antibody-cytotoxic Drug Conjugate, is effective in bladder cancer with HER2 IHC score 2+/3+, Tetsutaro Hayashi, Roland Seiler, Htoo Zarni Oo, Wolfgang Jäger, Tilman Todenhöfer, Na Li, Ladan Fazli, Akio Matsubara and Peter C. Black, 16th meeting of the International bladder cancer network, 2018年10月11日, 通常, 英語, Rotterdam
  122. MRI-TRUS融合画像ガイド下前立腺生検の導入により初回生検例の癌検出率はどう変化するか?, 藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、宮本俊輔、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫, 日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 横浜
  123. MRI-TRUS融合画像ガイド下前立腺生検の初回生検例に対する効用, 藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、馬場崎隆志、宮本俊輔、定秀孝介、北野弘之、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月18日, 通常, 日本語, 横浜
  124. 非転移性去勢抵抗性前立腺癌に対する治療効果の検討, 福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、三田耕司、繁田正信、小林加直、牟田口和昭、森山浩之、加藤昌生、梶原充、田丁貴俊、松原昭郎, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月18日, 通常, 日本語, 横浜
  125. 高Gleason score および被膜外進展を有する前立腺癌の術前診断における3T MRI の有用性, 上野剛志、宮本俊輔、藤井慎介、林哲太郎、秋田隆司、寺田大晃、本田有紀子、定秀孝介、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月18日, 通常, 日本語, 横浜
  126. STAT1 シグナルは膀胱癌の抗がん剤耐性化を促進し予後不良に寄与するが、STAT1発現抑制は抗がん剤感受性を回復させ、新規併用治療法となる, 林哲太郎、神明俊輔、福岡憲一郎、後藤景介、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  127. 腹腔鏡下右副腎摘除術におけるAdrenohepatic fusion ー副腎と肝臓の癒着が及ぼす手術成績への影響, 井上省吾, 林哲太郎, 宮本俊輔, 馬場﨑隆志, 定秀孝介, 福岡憲一郎, 藤井慎介, 上野剛志, 神明俊輔, 稗田圭介, 亭島淳, 松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  128. 気腫性腎盂腎炎におけるHuang分類の検討, 馬場﨑隆志、北野弘之、宮本俊輔、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  129. cT3/T4腎細胞癌における予後予測因子の検討, 宮本俊輔、馬場﨑隆志、定秀孝介、藤井慎介、福岡憲一郎、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  130. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術におけるERAS(術後回復力強化プログラム)の効果, 向井桜子、宮本俊輔、馬場﨑隆志、藤井慎介、福岡憲一郎、定秀孝介、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  131. 臨床病期Ⅲ期以下の上部尿路上皮癌における病理学的リンパ節転移の術前予測因子, 畑山智哉、林哲太郎、井上省吾、神明俊輔、本田有紀子、小羽田悠貴、後藤景介、福岡憲一郎、稗田圭介、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  132. 上部尿路上皮癌における尿管鏡検査および生検の有用性, 志熊紘行、宮本俊輔、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  133. 尿膜管疾患に対するReduced port 腹腔鏡下尿膜管摘除術の初期経験, 井上省吾, 林哲太郎,神明俊輔, 稗田圭介, 亭島淳, 松原昭郎, 第32回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  134. ロボット支援根治的前立腺全摘除術の術後におけるLOH症状の変化, 亭島 淳, 井上 省吾, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 林 哲太郎, 松原 昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  135. ロボット手術のトラブルをResilienceで切り抜ける, 亭島 淳, 井上 省吾, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 林 哲太郎, 松原 昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  136. MRI/TRUS fusion prostate biopsy~前立腺癌診断における意義と期待される今後〜 林哲太郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  137. 鏡視下腎尿管全摘除術を行なった尿管癌の術前予後予測因子, 林 哲太郎、後藤 景介, 本田 有紀子, 小羽田 悠貴, 池田 健一郎, 神明 俊輔, 井上 省吾, 亭島 淳, 粟井 和夫, 松原 昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  138. ロボット支援根治的前立腺全摘除術の習熟度評価におけるGEARSの有用性, 福岡 憲一郎, 定秀 孝介, 藤井 慎介, 上野 剛志, 神明 俊輔, 稗田 圭介, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  139. 蛍光膀胱鏡補助下の経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術による膀胱平坦病変の病理学的評価, 林哲太郎、小林加直、後藤景介、宮本俊輔、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第1回泌尿器光力学研究会学術集会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  140. TUR組織のARID1A免疫染色はBCG効果予測因子となるか?, 藤井慎介、林哲太郎、韓向鋭、志熊紘行、畑山智哉、向井桜子、武藤雅幸、宮本俊輔、馬場﨑隆志、福岡憲一郎、定秀孝介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第11回BCG注入療法研究会, 2018年11月, 通常, 日本語, 東京
  141. ロボット支援前立腺全摘除術におけるアセトアミノフェン静注液(アセリオ)定時投与による術後鎮痛効果, 定秀孝介、井上省吾、馬場﨑隆志、宮本俊輔、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  142. Retzius腔温存ロボット支援下前立腺全摘除術における早期尿禁制, 稗田 圭介,福岡 憲一郎, 上野 剛志, 神明 俊輔, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  143. QOLアウトカム改善を目指したロボット支援前立腺全摘除術の術式の工夫 ロボット支援前立腺全摘除術における解剖学的構造の再建, 第31回日本内視鏡外科学会, 2018年12月06日, 通常, 日本語, 福岡
  144. ロボット支援根治的前立腺全摘除術の術前後におけるLOH症状の変化, 第31回日本内視鏡外科学会, 2018年12月06日, 通常, 日本語, 福岡
  145. NOTCH2-HEY1 axis promotes tumor progression in bladder cancer by cell cycle progression and dedifferentiation, Tetsutaro Hayashi, Akihiro Goriki, Kenichiro Ikeda, Yohei Sekino, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Akio Matsubara, The 35th KOREA-JAPAN Urological Congress, 2018年12月07日, 通常, 英語, Naha
  146. MRI/TRUS fusion prostate biopsyを用いたPI-RADSにおける造影MRIの有用性の検討, 宮本俊輔、藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、本田有紀子、寺田大晃、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 第34回前立線シンポジウム, 2018年12月08日, 通常, 日本語, 東京
  147. 腎粘液管状紡錘細胞癌(Mucinous tubular and spindle cell carcinoma)の2例, 畑山 智哉、志熊 紘行、向井 桜子、武藤 雅幸、宮本 俊輔、Xiangrui Han、福岡  憲一郎、定 秀孝介、藤井慎介、上野 剛志、関野 陽平、神明 俊輔、稗田 圭介、井上 省吾、林 哲太郎、亭島 淳、松原 昭郎, 第164回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018年12月15日, 通常, 日本語, 広島
  148. 経尿道的NBCA注入療法を行った膀胱自然破裂の1例, 向井 桜子、神明 俊輔、武藤 雅幸、志熊 紘行、畑山 智哉、宮本 俊輔、馬場﨑 隆志、藤井 慎介、福岡 憲一郎、定秀孝介、上野 剛志、稗田 圭介、井上 省吾、林 哲太郎、亭島 淳、松原 昭郎, 第164回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018年12月15日, 通常, 日本語, 広島

受賞

  1. 2009年, 広島泌尿器科同門会仁平賞, 広島大学腎泌尿器科教室同門会
  2. 2011年11月, 第63回日本泌尿器泌尿器科学西日本総会 ヤングウロロジストリサーチコンテスト最優秀賞, 日本泌尿器科学会
  3. 2011年, 広島大学泌尿器科同門会賞, 広島大学腎泌尿器科教室同門会
  4. 2012年, 平成23年度広島大学学生表彰, 広島大学
  5. 2012年, 平成23年度広仁会賞, 広島大学医学部同門会
  6. 2014年04月, First Prize for the Best Abstract by a resident in the 29th Annual EAU Congress, ヨーロッパ泌尿器科学会, Notch2 promotes bladder cancer progression: Pre-clinical rationale for a novel targeted therapy
  7. 2014年04月, The 29th European Association of Urology acknowledges the selection of the Best Poster (Novel experimental therapies and resistance in urothelial cancer), 29th Congress of European Association of Urology, Targeting HER2 with trastuzumab-DM1 (T-DM1) is highly effective in preclinical models of HER2-overexpressing bladder cancer
  8. 2014年04月, The 29th European Association of Urology acknowledges the selection of the Best Poster (Molecular diagnostic and biomarkers of bladder cancer), 29th Congress of European Association of Urology, Notch2 promotes bladder cancer progression: Pre-clinical rationale for a novel targeted therapy
  9. 2015年04月, 第103回日本泌尿器科学会総会賞, 日本泌尿器科学会, Notch2は膀胱癌の進展を促進し、Notch2抗体療法は新規治療法として有望である
  10. 2015年10月30日, 第54回日本癌治療学会優秀演題賞, 日本癌治療学会, 膀胱癌における新規HER2標的治療薬T-DM1の有効性
  11. 2016年03月14日, 31th EAU Annual Congress (Munich), The EAU acknowledges the selection of the Best Poster, European Association of Urology, STAT1 inhibition restored chemotherapy sensitivity in cisplatin/gemcitabine resistant bladder cancer
  12. 2016年03月12日, The European Association of Urology acknowledges the selection of the Best Poster in Poster, The European Association of Urology, TSPAN8 expression in renal cell carcinoma is a poor prognostic factor and a novel therapeutic target
  13. 2016年, 第68回 西日本泌尿器科学会総会、学術奨励賞, 日本泌尿器科学会, DSC2は扁平上皮分化を示す尿路上皮癌の診断に有用で予後予測因子となる
  14. 2016年, 32th EAU Annual Congress (London, 2017), The EAU acknowledges the selection of the Best Poster
  15. 2017年11月, 第69回西日本泌尿器科学会総会 学術奨励賞, 西日本泌尿器科学会, HER2抗体-薬物複合体(T-DM1)はHER2を高発現する膀胱癌の新規分子標的治療となる
  16. 2018年10月, 16th Meeting of the IBCN (International Bladder Cancer Network,Rotterdam) Poster award, International Bladder Cancer Network, Targeting HER2 with T-DM1, an Antibody-cytotoxic Drug Conjugate, is effective in bladder cancer with HER2 IHC score 2+/3+
  17. 2018年10月, 日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会 学術集会奨励賞, 日本泌尿器腫瘍学会, 尿路上皮分化マーカーを用いた膀胱癌の免疫組織学的分類は、病理学的悪性度と予後を層別化し、治療方針の決定に有用となる

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 平成29年度 ノバルティス ファーマ研究助成, 腎癌に対する新規抗体-薬剤複合体治療の確立, 2017年, 2018年
  2. 公益財団法人武田科学振興財団「2017 年度医学系研究奨励(がん領域・基礎)」, オルガノイドを用いた去勢抵抗性前立腺癌個別化治療への応用, 2017年, 2019年

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 泌尿器科 研修医セミナー, 留学経験や海外勤務の経験について, 広島大学病院, 2018年/01月/11日, 2018年/01月/11日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  2. 患者サロン, 腎盂・尿管・膀胱がんの基礎と治療, 広島大学病院, 2018年/01月/18日, 2018年/01月/18日, 広島大学病院, 講師, 講演会, 社会人・一般