大澤 亮介RYOSUKE OHSAWA

Last Updated :2020/08/03

所属・職名
原爆放射線医科学研究所 助教
メールアドレス
rohsawahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2013年07月01日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 助教
  • 2012年04月01日, 2013年06月30日, テキサス大学 MD アンダーソンがんセンター, 講師
  • 2010年08月01日, 2012年03月31日, テキサス大学 MD アンダーソンがんセンター, 博士研究員
  • 2007年05月01日, 2010年08月31日, コロラド大学, 博士研究員
  • 2005年10月01日, 2007年04月30日, 京都大学, ウイルス研究所増殖制御学分野, 博士研究員

学歴

  • 京都大学, 大学院生命科学研究科, 高次生命科学専攻博士後期課程, 日本, 2002年04月, 2005年09月
  • 京都大学, 大学院生命科学研究科, 高次生命科学専攻修士課程, 日本, 2000年04月, 2002年03月
  • 京都大学, 理学部, 理学科生物科学専攻, 日本, 1996年04月, 2000年03月

学位

  • 博士(生命科学) (京都大学)
  • 修士(生命科学) (京都大学)

研究分野

  • 総合生物 / 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学

所属学会

  • 日本神経科学学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生物学と放射線防護

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Compound heterozygote mutations in the SIGMAR1 gene in an oldest-old patient with amyotrophic lateral sclerosis, Geriatrics Gerontology International, 18巻, pp. 1519-1520, 2018
  2. ★, A mutation in the low voltage-gated calcium channel CACNA1G alters the physiological properties of the channel, causing spinocerebellar ataxia, MOLECULAR BRAIN, 8巻, 2015
  3. The Commercial Antibodies Widely Used to Measure H3 K56 Acetylation Are Non-Specific in Human and Drosophila Cells, PLoS One, 11巻, 5号, 2016
  4. Mutations in Twinkle primase-helicase cause Perrault syndrome with neurologic features, NEUROLOGY, 83巻, 22号, pp. 2054-2061, 2014
  5. At the intersection of non-coding transcription, DNA repair, chromatin structure, and cellular senescence, Frontiers in Genetics, 4巻, pp. 136, 2013
  6. Epigenetic inheritance of an inducibly nucleosome-depleted promoter and its associated transcriptional state in the apparent absence of transcriptional activators, Epigenetics and Chromatin, 2巻, 1号, pp. 1, 2009
  7. Helix–Loop–Helix (bHLH) Proteins: Hes Family, Encyclopedia of Neuroscience, Oxford: Academic Press, 4巻, pp. 1057-1065, 2009
  8. Cell differentiation, Encyclopedia of Neuroscience (Eds. M.D. Binder, N. Hirokawa, and U. Windhorst) Academic Press, Oxford, pp. 591-596, 2009
  9. Regulation of retinal cell fate specification by multiple transcription factors, BRAIN RESEARCH, 1192巻, pp. 90-98, 2008
  10. Hes1 and Hes5 control the progenitor pool, intermediate lobe specification, and posterior lobe formation in the pituitary development, Molecular Endocrinology, 21巻, 6号, pp. 1458-1466, 2007
  11. Sustained Notch signaling in progenitors is required for sequential emergence of distinct cell lineages during organogenesis, Genes and Development, 20巻, 19号, pp. 2739-2753, 2006
  12. ★, Mash1 and Math3 are required for development of branchiomotor neurons and maintenance of neural progenitors, The Journal of Neuroscience, 25巻, 25号, pp. 5857-5865, 2005
  13. Roles of bHLH genes in neural stem cell differentiation, Experimental Cell Research, 306巻, 2号, pp. 343-348, 2005
  14. Mitochondrial DNA haplogroups and age at onset of Machado-Joseph disease/spinocerebellar ataxia type 3: a study in patients from multiple populations, EUROPEAN JOURNAL OF NEUROLOGY, 26巻, 3号, pp. 506-512, 201903
  15. C-terminal mutations in SYNE1 are associated with motor neuron disease in patients with SCAR8, JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES, 402巻, pp. 118-120, JUL 15 2019

著書等出版物

  1. 2014年11月25日, 脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究, オプチニューリン遺伝子異常による脳内環境変化と神経変性の関わりの解明, 筋萎縮性側索硬化症, メディカル ドゥ, 2014年, 11, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大澤亮介 川上秀史, ISSN 1349-2527, 228

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), Optineurin変異によるALS発症メカニズムの分子基盤の解明, 2014年, 2015年