鈴木 賢一Kenichi Suzuki

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
大学院理学研究科 数理分子生命理学専攻 特任准教授

基本情報

学位

  • 博士(理学) (広島大学)
  • 修士(理学) (広島大学)

研究分野

  • 総合生物 / 実験動物学 / 実験動物学

研究キーワード

  • 発生生物学

所属学会

  • 日本発生生物学会
  • 日本動物学会
  • 日本分子生物学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), ゲノミクス
  2. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子遺伝学セミナー
  3. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 分子遺伝学セミナー

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Efficient TALEN construction and evaluation methods for human cell and animal applications, GENES TO CELLS, 18巻, 4号, pp.315-pp.326, APR 2013
  2. Repeating pattern of non-RVD variations in DNA-binding modules enhances TALEN activity, SCIENTIFIC REPORTS, 3巻, NOV 29 2013
  3. Zinc-finger nuclease-mediated targeted insertion of reporter genes for quantitative imaging of gene expression in sea urchin embryos., Proc Natl Acad Sci U S A., 20120701
  4. Screening Methods to Identify TALEN-Mediated Knockout Mice, EXPERIMENTAL ANIMALS, 63巻, 1号, pp.79-pp.84, JAN 2014
  5. Targeted mutagenesis of multiple and paralogous genes in Xenopus laevis using two pairs of transcription activator-like effector nucleases, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 56巻, 1号, pp.108-pp.114, JAN 2014
  6. Microhomology-mediated end-joining-dependent integration of donor DNA in cells and animals using TALENs and CRISPR/Cas9, NATURE COMMUNICATIONS, 5巻, NOV 2014
  7. Unliganded Thyroid Hormone Receptor alpha Regulates Developmental Timing via Gene Repression in Xenopus tropicalis, ENDOCRINOLOGY, 156巻, 2号, pp.735-pp.744, FEB 2015
  8. The Expression of TALEN before Fertilization Provides a Rapid Knock-Out Phenotype in Xenopus laevis Founder Embryos, PLOS ONE, 10巻, 11号, NOV 18 2015
  9. Novel role of hnRNP-A2/B1 in modulating aryl hydrocarbon receptor ligand sensitivity, ARCHIVES OF TOXICOLOGY, 89巻, 11号, pp.2027-pp.2038, NOV 2015
  10. The Ars insulator facilitates I-SceI meganuclease-mediated transgenesis in the sea urchin embryo., The Ars insulator facilitates I-SceI meganuclease-mediated transgenesis in the sea urchin embryo., 237巻, 9号, 2008

著書等出版物

  1. 2013年, TALENの効率的な作製と動物個体への応用, 細胞工学, 佐久間 哲史;鈴木 賢一;坂本 尚昭 他;坂本 尚昭
  2. 2010年, 高輝度ルシフェラーゼの開発と応用, バイオサイエンスとインダストリー / バイオサイエンスとインダストリー編集委員会 編, 野田 健一;鈴木 賢一;黒田 章夫
  3. 2007年, 高大連携による生命科学教材の開発とその実践的研究, 学部・附属学校共同研究紀要 / 広島大学学部・附属学校共同研究機構 編, 畦 浩二;鈴木 賢一;林 靖弘 他;林 靖弘
  4. 2008年-0月3-日, 高大連携による生命科学教材の開発とその実践的研究, 学部・附属学校共同研究紀要, 広島大学学部・附属学校共同研究機構, 畦, 浩二;鈴木, 賢一;林, 靖弘;山本, 卓;坂本, 尚昭
  5. 2007年-0月3-日, 遺伝子の転写と翻訳の科学的概念形成を図る生物教材の開発と授業実践 : 無細胞蛋白質合成システムとルシフェラーゼを用いて <第2部 教科研究>, 中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校, 広島大学附属福山中・高等学校, 畦, 浩二;鈴木, 賢一;福田, 康朗
  6. 2012年-0月, 過重力はアフリカツメガエルの頭部形成(特に眼と脳)に特異的に影響を与える, 宇宙利用シンポジウム 第28回: 平成23年度=Space Utilization Research, Vol. 28 2012: Proceedings of The Twenty-eighth Space Utilization Symposium, 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(JAXA)(ISAS)Institute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(ISAS), 柳澤, 誠;古野, 伸明;渡部, 稔;柏木, 啓子;花田, 秀樹;新海, 正;吉留, 賢;久保, 英夫;坂井, 雅夫;藤井, 博匡;鈴木, 賢一;山下, 雅道;柏木, 昭彦;Yanagisawa, Makoto;Furuno, Nobuaki;Watanabe, Minoru;Kashiwagi, Keiko;Hanada, Hideki;Shinkai, Tadashi;Yoshitome, Satoshi;Kubo, Hideo;Sakai, Masao;Fujii, Hirotada;Suzuki, Kenichi;Yamashita, Masamichi;Kashiwagi, Akihiko
  7. 2012年-0月, 両生類の行動に対する強磁場制御による微小および過重力環境の影響, 宇宙利用シンポジウム 第28回: 平成23年度=Space Utilization Research, Vol. 28 2012: Proceedings of The Twenty-eighth Space Utilization Symposium, 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(JAXA)(ISAS)Institute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(ISAS), 藤原, 好恒;柏木, 啓子;中川, 真依;新海, 正;柳澤, 誠;古野, 伸明;花田, 秀樹;鈴木, 賢一;勝, 賢二郎;山下, 雅道;山本, 卓;谷本, 能文;柏木, 昭彦;Fujiwara, Yoshihisa;Kashiwagi, Keiko;Nakagawa, Mai;Shinkai, Tadashi;Yanagisawa, Makoto;Furuno, Nobuaki;Hanada, Hideki;Suzuki, Kenichi;Katu, Kenjiro;Yamashita, Masamichi;Yamamoto, Takashi;Tanimoto, Yoshifumi;Kashiwagi, Akihiko
  8. 2010年-0月, 両生類の生活環に対する強磁場の影響: 卵成熟に対する影響, 宇宙利用シンポジウム=Space Utilization Research: Proceedings of Space Utilization Symposium, Institute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部, Furuno, Nobuaki;Futsuki, Daisuke;Kawasaki, Taishi;Shiraga, Masaya;Tanimoto, Yoshifumi;Kashiwagi, Keiko;Suzuki, Kenichi;Yamashita, Masamichi;Kashiwagi, Akihiko;古野, 伸明;夫津木, 大輔;川崎, 大志;白神, 聖也;谷本, 能文;柏木, 啓子;鈴木, 賢一;山下, 雅道;柏木, 昭彦
  9. 2002年, Study on the differentiation of epidermal basal cells during anuran metamorphosis, [鈴木賢一], 鈴木賢一 [著];鈴木, 賢一

社会活動

委員会等委員歴

  1. ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル運営委員会, 2015年, 2017年

学術会議等の主催

  1. 第39回日本発生生物学会年会