濱田宏HiroshiHamada

Last Updated :2019/10/06

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)麻酔蘇生学准教授
メールアドレス
hhamadahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 麻酔科学

研究キーワード

  • 脳機能
  • 炭水化物
  • 血管
  • 腸管機能
  • 麻酔薬
  • 術後疼痛

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 全身性疾患制御学
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  3. 2019年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  4. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 麻酔蘇生学特別演習
  5. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 麻酔蘇生学特別演習
  6. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 麻酔蘇生学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Assessment of Internal Thoracic Artery Patency With Transesophageal Echocardiography During Coronary Artery Bypass Graft Surgery, JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA, 23巻, 6号, pp. 822-827, 200912
  2. The severity of sevoflurane-induced malignant hyperthermia, ACTA ANAESTHESIOLOGICA SCANDINAVICA, 56巻, 3号, pp. 351-356, 201203
  3. Calcium channel blockers are inadequate for malignant hyperthermia crisis, JOURNAL OF ANESTHESIA, 26巻, 4号, pp. 579-584, 201208
  4. Intrathecal adrenomedullin modulates acute inflammatory pain in the rat formalin test, NEUROSCIENCE LETTERS, 552巻, pp. 146-150, 20130927
  5. ペインクリニック診療30年間の統計的検討, ペインクリニック, 19巻, 2号, pp. 233-236, 19980401
  6. Anatomical distribution of Kuntz's fiber in patients with palmar hyperhidrosis -Prospective study during endoscopic thoracic sympathectomy-, 麻酔と蘇生, 35巻, 2号, pp. 105-7, 19990401
  7. Myofascial Pain in Patients with Postthoracotomy Pain Syndrome., Regional Aneth Pain Med, 25巻, 3号, pp. 302-305, 20000401
  8. Anatomical Distribution of Kuntzs Fiber in Patients with Palmar Hyperhidrosis., 麻酔と蘇生, 35巻, 2号, pp. 105-107, 19990401
  9. Quantification of thigmotropism (contact sensing) of Candida albicans and Candida tropicalis., Mycopathologia, pp. 13-19, 19970401
  10. Changes in circulating blood volume following isoflurane or sevoflurane anesthesia, Journal of Anesthesia, 7巻, pp. 316-324, 19930401
  11. Prophylactic hemostatic drugs do not reduce hemorrhage: thromboelastographic study                 during upper abdominal surgery., Journal of Anesthesia, 9巻, pp. 32-35, 19950401
  12. Intravenous anesthetics attenuate phenylephrine-induced calcium oscillations in individual pulmonary artery smooth muscle cells., Anesthesiology, 87巻, pp. 900-907, 19970401
  13. Phenylephrine-induced calcium oscillations in canine pulmonary artery smooth muscle cells., Circulation Research, 81巻, pp. 812-823, 19970401
  14. Opioid use for non-malignant pain -four case reports-, Management of Pain A World Perspective(Proceedings), pp. 137-140, 20000401
  15. Benzodiazepine拮抗薬, 臨床麻酔, 15巻, 6号, pp. 745-750, 19910401
  16. 脊椎麻酔時、局所麻酔薬へのエピネフリンまたはノルエピネフリン添加の効果, 日本臨床麻酔学会誌, 11巻, 4号, pp. 471-476, 19910401
  17. 帯状疱疹痛に対する交感神経節ブロックの有効性, ペインクリニック, 13巻, 4号, pp. 537-540, 19920401
  18. イソフルレン、セボフルレンの循環血液量に及ぼす影響 ―調節呼吸下における研究―, 麻酔, 41巻, 9号, pp. 1426-1433, 19920401
  19. イソフルレン、セボフルレンの循環血液量に及ぼす影響 ―自発呼吸下における研究―, 麻酔, 42巻, 1号, pp. 40-45, 19930401
  20. 多汗症に対する胸腔鏡下交感神経遮断術術後に両側腋窩部に知覚低下を来した1症例, ペインクリニック, 20巻, pp. 554-556, 19990401
  21. 人工心肺中のプロポフォール血中濃度―動脈血と内頸静脈球部血の比較―, 麻酔, 50巻, 7号, pp. 724-730, 20010401
  22. 当科における非がん性疼痛患者に対する麻薬使用の現状, ペインクリニック, 23巻, pp. 67-71, 20020401
  23. 人工心肺中のプロポフォール血中濃度―動脈血、内頸静脈球部血、混合静脈血の比較検討―, 麻酔, 52巻, pp. 716-721, 20030401
  24. 広島大学病院麻酔・疼痛治療科外来, 真興交易(株)医書出版部・ペインクリニック(別冊), 25巻, 8号, pp. (1097-1101), 20040801
  25. General anesthesia for patient with type III homocystinuria (tetrahydrofolate reductase deficiency), Journal of Clinical Anesthesia, 17巻, 7号, pp. 565-567, 20050101
  26. General anesthesia for patient with type III homocystinuria (tetrahydrofolate reductase deficiency), J Clin Anesth, 17巻, 7号, pp. 565-567, 20050701
  27. レーザー焼灼・ステント挿入術を行った気管腫瘍の麻酔経験, 麻酔, 55巻, pp. (103-105), 20060101
  28. Changes is serum S-100s protein and Mini-Mental State Examination in patients undergoing coronary artery bypass grafting or valve replacement surgery, 麻酔と蘇生, 2号, pp. 47-50, 20070620
  29. Orbital ultrasound monitoring during cardiopulmonary bypass -Relevance to postoperative neurocognitive outcome-, 麻酔と蘇生, 43巻, 3号, pp. 67-71, 20070920
  30. General anesthesia for patient with type III homocystinuria (tetrahydrofolate reductase deficiency), Journal of Clinical Anesthesia, 17巻, pp. 565-567, 20050601
  31. 体位と術中併発症(特集「きわめつけ術中体位の工夫」), オペナーシング, 21巻, 3号, pp. 64-68, 20060301
  32. 代謝その他に関係する薬剤(特集「事例に沿ってマスターする手術室のくすり」), オペナーシング, 22巻, 2号, pp. 59-67, 20070201
  33. 心臓血管手術中の中枢神経モニタリング:バイオマーカ, Anesthesia 21 Century, 7巻, pp. 1200-1206, 20051101
  34. 「痛み」を症状とする全身疾患のコントロール(特集「痛みの診断・治療に関するEBM」), EBMジャーナル, 6巻, 4号, pp. 75-79, 20050401
  35. 特殊病棟におけるくすりの使い方 ②手術室, 日本病院薬剤師会雑誌, 41巻, 8号, pp. 967-969, 20050801
  36. 抗痙攣薬ガバペンチンの基礎と臨床, Anesthesia 21 Century, 9巻, pp. 1756-1761, 20071101
  37. レーザー焼灼・ステント挿入術を行った気管腫瘍の麻酔経験, 麻酔, 55巻, 1号, pp. 103-105, 20060125
  38. Functional analysis of ryanodine receptor type 1 p.R2508C mutation in exson 47, Jounal of aneshesia, 23巻, pp. 341-346, 20090801
  39. Clinically relevant concentrations of olprinone reverse attenuating effect of propofol on isoproterenol-induced cyclic adenosine monophosphate accumulation in cardiomyocytes., Hiroshima Journal of Medical Sciences, 57巻, 1号, pp. 1-6, 20080401
  40. Thiamylal and thiopental attenuate beta-adrenergic signalling pathway by suppressing an adenylyl cyclase in rat ventricular myocytes., Hiroshima Journal of Medical Science, 58巻, 1号, pp. 9-15, 20090301
  41. Systolic arterial pressure variability reflects circulating blood volume in rabbits with lipopolysaccharide-induced shock., Anesth Resus, 45巻, 1号, pp. 15-22, 20090301
  42. 術中レミフェンタニル使用が開腹手術後早期の硬膜外自己調節鎮痛に及ぼす影響., 臨床麻酔 真興交易(株)医書出版部, 32巻, 8号, pp. 1335-1339, 20080401
  43. 心電図・動脈圧変動解析と循環血液量, 侵襲と免疫, 17巻, 3号, pp. 99-108, 20080901
  44. 区域麻酔はハイリスク患者の予後を改善するのか?, LiSA, 16巻, 3号, pp. 226-231, 20090901
  45. 「質疑応答」パーキンソン病患者の麻酔管理の注意点について., 臨床麻酔, 32巻, 4号, pp. 765-766, 20080401
  46. 静脈麻酔薬(徹底ガイド「心臓麻酔Q&A」), 麻酔科学レクチャー, 1巻, 4号, pp. 874-878, 20091201
  47. 術中覚醒, 麻酔と蘇生, 45巻, 4号, pp. 77-79, 20091201
  48. ERAS(Enhanced Recovery After Surgery), 臨床麻酔 真興交易(株)医書出版部, 34巻, 1号, pp. 77-82, 20100101
  49. Arterial Mechanical Impedance is a Sensitive Stress Response Monitor During General Anesthesia., Hiroshima J Med Sci, 58巻, 4号, pp. 75-82, 20091201
  50. Analysis of human cultured myotubes responses mediated by ryanodine receptor 1., Anaesthesia and Intensive Care, 39巻, 2号, pp. 252-261, 20110301
  51. コンパクトデジタルカメラを用いた携帯型ビデオ気管支ファイバースコープシステムの試作, 麻酔と蘇生, 46巻, 3号, pp. 39-43, 20100901
  52. 帝王切開を契機に発症した手根管症候群の1例., 麻酔と蘇生, 46巻, 3号, pp. 45-47, 20100901
  53. ERAS (Enhanced Recovery After Surgery)について, 臨床麻酔, 34巻, 1号, pp. 77-82, 20100101
  54. 培養ヒト骨格筋管細胞の1型リアノジン受容体を介する応答の解析, Anaesthesia and Intensive Care, 39巻, 2号, pp. 252-261, 20110301
  55. Effects of propofol on calcium homeostasis in human skeletal muscle., Anaesth Intensive Care, 27巻, 3号, pp. 415-425, 20090301
  56. 携帯電話機を使った麻酔薬のオフライン血中濃度シミュレーターの開発と評価, 第26回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会抄録, 20091201
  57. エアウェイスコープによる気管挿管に難渋したハンター症候群の患児., 麻酔, 58巻, 10号, pp. 1278-1281, 20091001
  58. 重炭酸リンゲル液を対照とした多施設共同無作為割付け並行群間比較試験(非盲検), 新薬と臨床, 57巻, 7号, pp. 1036-1071, 20080701
  59. Changes in serum S-100βprotein and mini-mental state examination in patients undergoing coronary artery bypass grafting or valve replacement surgery., 麻酔と蘇生, 43巻, 2号, pp. 47-50, 20070601
  60. 麻酔中の抗不整脈薬の使い方, 臨床麻酔, 32巻, 臨時増刊号号, pp. 381-392, 20080301
  61. これからの術後鎮痛ー硬膜外麻酔のエビデンスを中心にー, 日本臨床麻酔学会誌, 31巻, 1号, pp. 134-140, 20110101
  62. 麻酔科単独で行なう術後痛管理からチームで行なう術後痛管理へ, Anesthesia 21 Century, 13巻, pp. 4-9, 20110401
  63. 手術室看護師が術後疼痛管理チームに参加する意義, 日本手術医学会誌, 32巻, pp. 71-73, 20111001
  64. Electroconvulsive therapy using rocuronium and sugammadex in patient with neuroleptic malignant syndrome, Anaesthesia and Intensive Care, 39巻, 4号, pp. 762-763, 20110701
  65. Successful treatment of tabetic lightning pain and visceral crisis with gabapentin, Journal of Anesthesia, 25巻, 6号, pp. 952, 20111201
  66. Mutated p.4894 RyR1 Function Related to Malignant Hyperthermia and Congenital Neuromuscular disease with uniform Type 1 fiber (CNMDU1), ANESTHESIA AND ANALGESIA, 113巻, 6号, pp. 1461-1467, 201112
  67. 骨髄性プロトポルフィリン症合併患者の腹腔鏡下手術の麻酔管理の経験, 麻酔, 60巻, 4号, pp. 470-472, 20110401
  68. 2度の胸腺腫摘出術で術前予測と異なる術後経過をたどった重症筋無力症の1例, 日本臨床麻酔学会誌, 31巻, 4号, pp. 696-699, 20110801
  69. 糖尿病患者の肝切除術疼痛, 臨床麻酔, 35巻, 7号, pp. 1083-1086, 20110701
  70. 言語野近傍の手術-覚醒下手術と言語mapping-, 広島医学, 64巻, 10号, pp. 431-432, 20111001
  71. 手術中の体位により腕神経叢損傷をきたした麻酔管理症例, 麻酔と蘇生, 48巻, 1号, pp. 5-7, 20120301
  72. 麻酔科術前診察で高度気管狭窄を発見し甲状腺手術を先行実施した2例の先端巨大症例, 麻酔と蘇生, 48巻, 1号, pp. 9-12, 20120301
  73. 術中に生じたフィブリノゲン配合剤タココンブによるアナフィラキシーが術後まで遷延した症例, 日本臨床麻酔学会誌, 32巻, 4号, pp. 564-568, 20120701
  74. Bezold-Jarisch反射発現後に脊髄くも膜下麻酔を行い無脈性電気活動に至った1例, 日本臨床麻酔学会誌, 32巻, 5号, pp. 781-785, 20120901
  75. 2007年から5年間の広島大学麻酔蘇生学教室の入局者等の変遷と総括, 麻酔と蘇生, 48巻, 4号, pp. 75, 20121201
  76. 2007年から5年間の広島大学病院の手術室業務と麻酔科管理の変遷, 麻酔と蘇生, 48巻, 4号, pp. 77-80, 20121201
  77. 2007年から5年間の広島大学病院麻酔科で管理した術後ICU, 麻酔と蘇生, 48巻, 4号, pp. 81-83, 20121201
  78. 2007年から5年間の広島大学病院麻酔科のペインクリニックの実績, 麻酔と蘇生, 48巻, 4号, pp. 85-86, 20121201
  79. 広島大学病院麻酔・疼痛治療科外来, ペインクリニック, 25巻, 8号, pp. 1097-1101, 20040801
  80. サブ特集「多職種(麻酔科医、手術室看護師、薬剤師、臨床工学技士)が関わるチームで行う術後疼痛管理の実際とそれぞれの役割」, オペナーシング, 27巻, 7号, pp. 93-105, 20120701
  81. 肘正中皮静脈へのカニューレ留置により生じた動静脈瘻, 臨床麻酔, 36巻, pp. 755-757, 20120501
  82. 胸腔鏡下肺癌手術に対する術後鎮痛法の検討, 日本ペインクリニック学会誌, 19巻, 4号, pp. 12-16, 20121001
  83. 胸腔鏡下肺癌手術に対する術後鎮痛法の検討, 日本ペインクリニック学会誌, 19巻, 4号, pp. 12-16, 20121001
  84. 喉頭気管分離術を施行したクロイツフェルト・ヤコブ病患者の麻酔管理, 麻酔, 61巻, 10号, pp. 1088-1090, 20121001
  85. 手術中の体位により腕神経叢損傷をきたした麻酔管理症例, 麻酔と蘇生, 48巻, 1号, pp. 5-7, 20120301
  86. 2007年から5年間の広島大学病院緩和ケアチームと麻酔科医, 麻酔と蘇生, 48巻, 4号, pp. 87-88, 20121201
  87. 帯状疱疹後神経痛に対するプレガバリンの効果, 日本ペインクリニック学会誌, 19巻, 4号, pp. 497-502, 20121101
  88. 当院手術室の感染性廃棄物排出量と処理費用の年次推移, 日本手術医学会誌, 33巻, 4suppl号, pp. 107-107, 20121101
  89. 腹腔鏡下直腸手術後に腕神経叢損傷を来した1例, 麻酔と蘇生, 49巻, 1号, pp. 3-6, 20130301
  90. 悪性胸膜中皮腫に対し胸膜剥皮術を施行した患者の麻酔経験, 麻酔と蘇生, 49巻, 1号, pp. 26-27, 20130301
  91. 非癌性慢性痛に対するフェンタニル経皮吸収型製剤(デュロテップ)導入症例の検討, 日本ペインクリニック学会誌, 20巻, 1号, pp. 75-76, 20130301
  92. 術後悪性高熱症の検討, 麻酔と蘇生, 49巻, 1号, pp. 7-11, 20130301
  93. 感染性心内膜炎に対する僧帽弁置換術中に生じた肺出血の1例, 日本心臓血管麻酔学会誌, 17巻, 1号, pp. 147-149, 20130901
  94. 当院手術室の感染性廃棄物排出量・処理費用に及ぼすリユースガウン導入の効果, 日本手術医学会誌, 34巻, 4号, pp. 329-333, 20131101
  95. 胸腔鏡下大腸癌手術後の高齢患者に硬膜外投与したフェンタニルが術後疼痛強度と副作用に及ぼす影響, Pain Research, 28巻, 4号, pp. 219-226, 20131201
  96. 教室だより: 広島大学大学院医歯薬保健学研究院統合健康科学部門麻酔蘇生学, 広仁会会報, 84巻, pp. 65-66, 20130701
  97. Long-term administration of fluvoxamine attenuates neuropathic pain and involvement of spinal serotonin receptors in diabetic model rats, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 62巻, 4号, pp. 83-89, 20131201
  98. Intermittent reinflation is safe to maintain oxygenation without alteration of extravascular lung water during one-lung ventilation, jounal of clinical anesthesia, 26巻, pp. 177-183, 20140301
  99. Myofascial pain in patients with postthoracotomy pain syndrome, REGIONAL ANESTHESIA AND PAIN MEDICINE, 25巻, 3号, pp. 302-305, 2000
  100. Effects of propofol on calcium homeostasis in human skeletal muscle, ANAESTHESIA AND INTENSIVE CARE, 37巻, 3号, pp. 415-425, 200905
  101. Functional analysis of ryanodine receptor type 1 p.R2508C mutation in exon 47, JOURNAL OF ANESTHESIA, 23巻, 3号, pp. 341-346, 200908
  102. Analysis of human cultured myotubes responses mediated by ryanodine receptor 1, ANAESTHESIA AND INTENSIVE CARE, 39巻, 2号, pp. 252-261, 201103
  103. Intermittent reinflation is safe to maintain oxygenation without alteration of extravascular lung water during one-lung ventilation, JOURNAL OF CLINICAL ANESTHESIA, 26巻, 3号, pp. 177-183, 201405
  104. Team Approach for Postoperative Pain Management, Anesthesia and Resuscitation, 50巻, 3号, pp. 59-62, 2014
  105. 慢性痛に対するデュロキセチンの鎮痛効果と副作用の検討, 麻酔と蘇生, 50巻, pp. 33-36
  106. 硬膜外鎮痛を併用したロボット支援胸部手術の術後痛ー胸腔鏡補助下小開胸手術との比較ー, 麻酔と蘇生, 50巻, pp. 37-40
  107. 脳腱黄色腫症例の麻酔経験, 麻酔と蘇生, 50巻, pp. 41-44
  108. モルヒネを用いた経静脈自己調節鎮痛により術後に喘息症状を生じた若年女性患者, 麻酔と蘇生, 50巻, pp. 45-47
  109. Intraoperative use of large volume of hydroxyethyl starch 70/0.5 affects postoperative serum creatinine level -A retrospective study-, Journal of Anesthesia and Clinical Research, 5巻, pp. 455, 2014
  110. Factors related to accidental dural puncture in epidural anesthesia patients, JOURNAL OF CLINICAL ANESTHESIA, 27巻, 8号, pp. 665-667, 201512
  111. Several Ryanodine Receptor Type 1 Gene Mutations of p.Arg2508 Are Potential Sources of Malignant Hyperthermia, ANESTHESIA AND ANALGESIA, 121巻, 4号, pp. 994-1000, 201510
  112. 新方式の静脈留置針”セーフウィングキャス®”の使用後調査, 麻酔, 64巻, pp. 212-217
  113. チーム医療としての術後痛管理の現状と課題ーPOPS研究会第2回アンケート調査結果Part 1ー, ペインクリニック, 36巻, pp. 639-645
  114. Asystole following skull clamp to Chiari malformation, Journal of Anesthesia, 29巻, pp. 317-317, 2015
  115. Propofol for anesthesia and postoperative sedation resulted in fewer inflammatory responses than seveflurane anesthesia and midazolam sedation after thoracoabdominal esophagectomy, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 64巻, pp. 31-37, 2015
  116. 症例検討 よるあるトラブルを乗り越えよう1 「入室時の血圧が200/115mmHg このまま麻酔をする?」, LiSA, 22巻, pp. 170-173
  117. 術後急性期痛緩和の現状と問題点, ペインクリニック, 36巻, 12号, pp. 1591-1600
  118. アルブミン投与直後に突然の血圧低下 種々の昇圧薬をどう使うか, LiSA, 23巻, pp. 708-711
  119. 術中看護の押さえドコロ「脳神経系障害【せん妄/悪心・嘔吐】」, オペナーシング, 31巻, 11号, pp. 87-90
  120. Transient symptomatic worsening by atropine in opsoclonus-myoclonus syndrome, PEDIATRICS INTERNATIONAL, 59巻, 1号, pp. 97-98, 201701
  121. Genetic and functional analysis of the RYR1 mutation p.Thr84Met revealed a susceptibility to malignant hyperthermia, JOURNAL OF ANESTHESIA, 32巻, 2号, pp. 174-181, 201804
  122. Shoulder pain after hepatectomy occurs more frequently on the right side: A retrospective observational analysis, Eur J Anaesthesiol, 32巻, pp. 744-745, 2015
  123. A case of nephrogenic diabetes insipidus during transsphenoidal pituitary adenomectomy, J Neurosurg Anesthesiol, 28巻, pp. 79-80, 2016
  124. Myotoxicity of local anesthetics is equivalent in individuals with and without predisposition to malignant hyperthermia, J Anesth, 32巻, pp. 616-623, 2018
  125. Postoperative thoracic and low back pain following endovascular aortic repair associated with stenting location, JOURNAL OF ANESTHESIA, 33巻, 1号, pp. 75-79, 201902
  126. Relationship between age and frequency of side effects associated with postoperative analgesia, 麻酔と蘇生, 55巻, pp. 67-70
  127. Evaluation of hemodynamics during posture change to knee-chest position by FloTracTM, Anesth Resus, 55巻, pp. 75-77
  128. Precise prediction of right atrium position within expiratory phase thorax, Anesth Resus, 55巻, pp. 79-82
  129. Rotational thromboelastometry-guided perioperative management of coagulation in a patient with Heyde's syndrome undergoing transcatheter aortic valve implantation, JA Clinical Reports, 5巻, pp. 3-3

著書等出版物

  1. 2005年11月, 麻酔科術前管理ハンドブック2005 , 真興交易(株)医書出版部, 2005年, 11, 教科書, 共編著, 弓削孟文 , 226
  2. 2007年02月, 手術室・ICUで使う薬剤ノート−改訂4版− , メディカ出版, 2007年, 02, 事典・辞書, 共編著, 弓削孟文 河本昌志 讃岐美智義 福田秀樹 , 283
  3. 2004年10月, 麻酔科診療プラクティス16「これだけは知っておきたい術後管理」 , 文光堂, 2004年, 10, 教科書, 共編著, 276
  4. 2005年11月, 麻酔科術前管理ハンドブック2005 , 真興交易医書出版部, 2005年, 11, 教科書, 共編著, 弓削孟文 , 226
  5. 2005年05月, 麻酔科診療プラクティス17「麻酔科トラブルシューティング」 , 文光堂, 2005年, 05, 教科書, 共編著, 314
  6. 2004年10月, 高齢者における術後精神神経機能障害(譫妄)の診断と治療 , 文光堂, 2004年, 10, 教科書, 共編著, 276
  7. 2007年06月, 熱傷治療マニュアル , 中外医学社, 2007年, 06, 教科書, 共編著, 弓削孟文 , 419
  8. 2005年12月, 麻酔科術前管理ハンドブック−2005− , 真興交易医書出版部, 2005年, 12, 教科書, 編著, 濱田 宏
  9. 2011年07月, PCA患者自己調節鎮痛法 第2章 各投与経路の方法とコツ 1.静脈内投与, 克誠堂出版, 2011年, 07, 教科書, 共編著, 294
  10. 2011年11月, 術後痛サービス(POPS)マニュアル, 真興交易(株)医書出版部, 2011年, 11, 教科書, 共編著, 159
  11. 2014年01月, 麻酔科医のための周術期の疼痛管理,新戦略に基づく麻酔・周術期医学, Acute Pain Serviceとしての取り組み, 中山書店, 2014年, 01, 共著, 9784521737102, 320
  12. 2010年05月, 術後疼痛管理チームテキスト, 2010年, 05, 単行本(学術書), 共編著
  13. 2010年10月, 麻酔科トラブルシューティングAtoZ, 文光堂 (in press), 2010年, 10, 編著
  14. 2010年10月, 麻酔科トラブルシューティングAtoZ, 文光堂, 2010年, 10, 編著
  15. 2009年12月, 総合医学社, 2009年, 12, 共編著, 5
  16. 2015年, ポケット版術後痛サービス(POPS)マニュアルーアップグレードのためのプロトコール集ー, ivPCAの安全対策、硬膜外鎮痛の安全対策、小児のPCAは成人とは違いますか?、ivPCA管理患者の呼吸停止, POPS研究会, 2015年, 教科書, 共編著
  17. 2017年, 月, レジデントノート, どの輸液を使うか考えてみよう, 羊土社, 2017年, 5, その他, 共著
  18. 2017年, 月9,日, 救急・集中治療, 加温と加湿, 総合医学社, 2017年, 9, 単行本(学術書), 共著
  19. 術式対応“わがまま”術後鎮痛マニュアル, 胸部手術, 克誠堂出版, 2018年, 単行本(学術書), 共著
  20. 麻酔偶発症A to Z, 悪心・嘔吐, 文光堂, 2017年, 教科書, 共著
  21. 麻酔偶発症A to Z, 術後せん妄, 文光堂, 2017年, 教科書, 共著
  22. 2018年, 月5,日, 〜エビデンスと麻酔科医の本音に基づいた〜術式対応“わがまま”術後鎮痛マニュアル, 胸部手術 1.胸腔鏡下肺切除術、開胸肺切除術 2.胸腔鏡下ブラ切除術 3.縦隔腫瘍摘出術 4.胸腔鏡補助下胸骨挙上術[Nuss法], 克誠堂出版, 2018年, 5, 単行本(学術書), 共著, 田口志麻、濱田 宏, 978-4-7719-0504-7, 27-39
  23. 2019年, 月5,日, 麻酔科学レビュー2019, 悪性高熱症ガイドライン, 総合医学社, 2019年, 5, 単行本(学術書), 濱田 宏, 978-4-88378-674-9, 37-42

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 術中覚醒, 濱田 宏, 広島麻酔医学会総会, 2008年12月, 招待, 日本語
  2. 周術期の体温管理ー基礎と臨床ー, 濱田 宏, コヴィディエンセミナー「知っておきたい周術期の基礎知識」, 2013年06月, 招待, 日本語
  3. 絶食見直し・術前炭水化物負荷食導入時に直面する課題, 濱田 宏, 日本臨床麻酔学会第32回大会, 2012年11月, 招待, 日本語
  4. これからの術後鎮痛~硬膜外麻酔のエビデンスを中心に~, 濱田 宏, 日本臨床麻酔学会第29回大会, 2009年10月, 招待, 日本語
  5. 人工呼吸中のモニタリング~観察のpoint~, 濱田 宏, 第3回広島人工呼吸療法セミナー, 2010年02月, 招待, 日本語
  6. 麻酔科領域のガイドライン, 濱田 宏, 第2回麻酔科エキスパートセミナー, 2009年12月, 招待, 日本語
  7. Current status of obstetric anesthesia in Hiroshima, 濱田 宏, 2nd Kure International Medical Forum, 2009年07月, 招待, 日本語
  8. いまさらきけない術中輸液の基本からトピックスまで, 濱田 宏, 第1回広島麻酔エキスパートセミナー, 2010年07月, 招待, 日本語
  9. 区域麻酔はハイリスク患者の予後を改善するか?, 濱田 宏, 日本臨床麻酔学会第30回大会, 2010年11月, 招待, 日本語
  10. 痛みの基礎と臨床―整形外科の痛みに対するペインクリニック的アプローチ―, 濱田 宏, 整形外科医のためのペインアカデミー, 2011年04月, 招待, 日本語
  11. PBLD「良質な術後回復を提供する」コメンテーター, 濱田 宏, 日本麻酔科学会第60回学術集会, 2013年05月, 招待, 日本語
  12. がんの痛み緩和のための薬物治療, 濱田 宏, 市民公開講座「がんとともに」, 2013年02月, 招待, 日本語
  13. チーム医療としての術後疼痛管理, 濱田 宏, 第33回日本手術医学会総会, 2011年10月, 招待, 日本語
  14. 慢性痛の薬物治療ー選択肢の広がりと今後の課題ー, 濱田 宏, 備後麻酔懇話会, 2011年10月, 招待, 日本語
  15. ペインクリニック外来での最近の薬物治療, 濱田 宏, 第2回東広島痛みを学ぶ会, 2013年10月, 招待, 日本語
  16. ペインクリニック診療の実際, 濱田 宏, 全日本鍼灸学会中国四国支部A講座, 2013年12月, 招待, 日本語
  17. 常温人工心肺中の潅流圧が脳の酸素化に及ぼす影響―NIRSおよびSjO2による検討―, 濱田 宏, 日本麻酔科学会第50回学術集会, 2003年, 通常, 日本語
  18. 常温人工心肺中の灌流圧と脳血流・酸素化―S-100ß,SjvO2,NIRSによる検討―, 濱田 宏, 第8回日本心臓血管麻酔学会学術大会, 2003年, 通常, 日本語
  19. Biochemical marker and cognitive function following cardiopulmonary bypass, 濱田 宏, 9th International Congress of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, 2004年, 通常, 日本語
  20. 胸部大動脈瘤術後の血中バイオマーカーと中枢神経機能異常, 濱田 宏, 日本麻酔科学会第52回学術集会, 2005年, 通常, 日本語
  21. S-100ß蛋白は心臓血管外科術後譫妄の予測マーカーとなりうるか?, 濱田 宏, 日本麻酔科学会第53回学術集会, 2006年, 通常, 日本語
  22. Current status of obstetric anesthesia in Hiroshima, 濱田 宏, 2nd Kure International Medical Forum, 2009年, 通常, 日本語
  23. 人工心肺後の血中バイオマーカーと高次脳機能―S-100ß,NSE,MMSEによる検討―, 濱田 宏, 日本麻酔科学会第51回学術集会, 2004年, 通常, 日本語
  24. Orbital ultrasound monitoring during cardiopulmonary bypass and neuropsychological function following cardiac surgery, 濱田 宏, Euroanaesthesia 2005, 2005年, 通常, 日本語
  25. レミフェンタニルと術後シバリング, 濱田 宏, 日本臨床麻酔学会第27回大会, 2007年, 通常, 日本語
  26. 術後シバリングの発生頻度と麻酔法との関連, 濱田 宏, 日本麻酔科学会第55回学術集会, 2008年, 通常, 日本語
  27. 手術室看護師が術後疼痛管理チームに参加する意義, 濱田 宏, 第32回日本手術医学会総会, 2010年, 通常, 日本語
  28. 広島県における産科麻酔の現状, 濱田 宏, 第113回日本産科麻酔学会, 2009年, 通常, 日本語
  29. 経皮吸収型フェンタニル製剤使用開始後に著明な吃音と羞明感が出現した神経障害性疼痛の1例, 濱田 宏, 日本ペインクリニック学会第45回大会, 2011年, 通常, 日本語
  30. 当院手術室の感染性廃棄物排出量と処理費用の年次推移, 濱田 宏, 第34回日本手術医学会総会, 2012年, 通常, 日本語
  31. 2014年06月01日, 通常, 英語
  32. 2014年10月12日, 通常, 英語
  33. 2015年06月01日, 通常, 英語
  34. 2015年06月01日, 通常, 英語
  35. 2015年06月01日, 通常, 英語
  36. 緩和ケア領域での痛みに対する薬物治療—痛みの種類と薬物の使い分け-, 濱田 宏, 安芸高田医師会学術講演会, 2014年03月11日, 招待, 日本語, 安芸高田市吉田町
  37. 日中麻酔討論会, 2014年04月19日, 招待, 英語, 上海
  38. チーム医療としての術後痛管理の現状と課題 ランチョンセミナー「術後鎮痛の現状〜POPS研究会 第2回アンケート調査結果報告」, 濱田 宏, 第1回日本区域麻酔学会, 2014年04月25日, 招待, 日本語, 岡山市
  39. リユースガウン導入が感染性廃棄物排出量に及ぼす影響, 濱田 宏, 手術室・中材プロフェッショナルセミナー, 2014年08月31日, 招待, 日本語, 姫路市
  40. 体温管理の基礎と臨床, 濱田 宏, 栃木周術期体温管理セミナー, 2014年09月01日, 招待, 日本語, 獨協医科大学
  41. リユースガウン導入が感染性廃棄物排出量に及ぼす影響, 濱田 宏, 手術室・中材プロフェッショナルセミナー, 2014年10月26日, 招待, 日本語, 大阪市
  42. 呼吸療法セミナー1「手術中の呼吸管理」, 濱田 宏, 日本医工学治療学会第31回学術大会, 2015年03月28日, 通常, 日本語, 広島市
  43. シンポジウム「麻酔とチーム医療:周術期管理チームを有効に立ち上げるために」 チーム医療としての術後痛管理の現状と問題点, 濱田 宏, 日本麻酔科学会第62回学術集会, 2015年05月28日, 通常, 日本語, 神戸市
  44. これから術後鎮痛を始める麻酔科医が知っておくべきこと(リフレッシャーコース), 濱田 宏, 日本麻酔科学会第62回学術集会, 2015年05月28日, 通常, 日本語, 神戸市
  45. 急性痛管理 シンポジウム「遷延性術後痛への対応」, 濱田 宏, 日本ペインクリニック学会第49回大会, 2015年07月25日, 通常, 日本語, 大阪市
  46. 麻酔後のケア, 濱田 宏, 日本麻酔科学会中国・四国支部第52回学術集会, 2015年09月05日, 招待, 日本語
  47. 安全で効率的な術後痛管理, 濱田 宏, 日本臨床麻酔学会第35回大会, 2015年10月23日, 招待, 日本語, 発表資料
  48. ランチョンセミナー”本邦の術後鎮痛のレベルアップを目指して〜POPSマニュアル別冊の活用〜” POPSマニュアル別冊を活用するために知っておくべき術後鎮痛の現状, 濱田 宏, 日本臨床麻酔学会第35回大会, 2015年10月23日, 招待, 日本語, 発表資料
  49. 術後鎮痛に必要な知識と多職種での管理の実際, 濱田 宏, 周術期管理セミナー, 2016年03月27日, 招待, 日本語, 発表資料
  50. ランチョンセミナー「チームで実践する術後疼痛管理」 安全で質の高い術後鎮痛を目指して, 濱田 宏, 日本臨床麻酔学会第36回大会, 2016年11月04日, 招待, 日本語, 発表資料
  51. 2015年05月31日, 通常, 英語, 発表資料
  52. 2015年06月01日, 通常, 英語, 発表資料
  53. 2015年06月01日, 通常, 英語, 発表資料
  54. 高齢者の術後鎮痛と副作用との関連についての検討, 田 宏、三好寛二、中村隆治、池尻佑美、河本昌志, 第28回日本老年麻酔学会, 2016年02月06日, 通常, 日本語, 発表資料
  55. 2016年08月31日, 通常, 英語, 発表資料
  56. 2016年09月01日, 通常, 英語, 発表資料
  57. 2016年09月01日, 通常, 英語, 発表資料
  58. 患者自己調節鎮痛(PCA)を安全に使用するために, 第38回山梨大学医学部緩和ケア勉強会, 2016年12月01日, 招待, 日本語, 甲府市
  59. 術後急性期の痛みの管理と遷延性術後痛, 第27回中国四国ペインクリニック学会, 2017年05月13日, 招待, 日本語
  60. ProsCons”術後鎮痛にオピオイドはいるかいらないか”「オピオイドはいらない」, 日本麻酔科学会第64回学術集会, 2017年06月08日, 通常, 日本語
  61. 安全で質の高い術後鎮痛を目指して, 濱田 宏, 日本臨床麻酔学会第36回大会, 2016年11月04日, 招待, 日本語, 高知市
  62. 術後の痛みを考える−アセトアミノフェン静注液はこう使う−, 濱田 宏, 第82回日本泌尿器科学会東部総会, 2017年09月17日, 招待, 日本語
  63. 手術スタッフに知っておいてほしい術後鎮痛, 濱田 宏, 第39回日本手術医学会総会, 2017年10月06日, 招待, 日本語
  64. マルチモーダル鎮痛の実践−より良い術後鎮痛を目指して−, 濱田 宏, 日本臨床麻酔学会第37回大会, 2017年11月04日, 招待, 日本語
  65. 術後鎮痛を見直してみませんか?—より快適な術後回復を目指して−, 濱田 宏, 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017年11月10日, 招待, 日本語
  66. オピオイドと副作用対策, 濱田 宏, 日本麻酔科学会第65回学術集会, 2018年05月18日, 通常, 日本語
  67. 術後鎮痛の見直し〜より快適な術後経過を提供するために〜, 濱田 宏, 鹿児島周術期疼痛管理セミナー, 2018年06月16日, 招待, 日本語
  68. 緩和ケア領域でのオピオイドの使い方と副作用対策, 濱田 宏, 第30回がんオープンカンファレンス, 2018年09月12日, 招待, 日本語, 中国労災病院, 広島県呉市
  69. 術後疼痛管理が術後の回復と手術部位感染に果たす役割〜重症感染症を招かないための対策〜, 濱田 宏, 第112回広島がん治療研究会, 2018年09月22日, 招待, 日本語, 広島市
  70. 術後疼痛管理の意義と戦略〜より良い術後回復を目指して〜, 濱田 宏, 第88回新潟麻酔科懇話会, 2018年12月01日, 招待, 日本語, 新潟市
  71. 術後疼痛管理の意義と戦略〜より良い術後回復を目指して〜, 濱田 宏, 第88回新潟麻酔科懇話会, 2018年12月01日, 招待, 日本語, 新潟市
  72. 術後鎮痛が術後の経過を左右する, 濱田 宏, 呉国際医療フォーラム, 2019年07月25日, 招待, 日本語, 呉市
  73. 術後の回復に果たす術後疼痛管理の役割, 濱田 宏, 日本麻酔科学会中国・四国支部第56回学術集会, 2019年09月07日, 招待, 日本語

社会活動

委員会等委員歴

  1. 評議員, 2013年, 日本区域麻酔学会
  2. 代議員, 2009年, 日本麻酔科学会
  3. 日本麻酔科学会専門医認定試験 試験委員 実技試験出題委員, 2008年, 日本麻酔科学会
  4. 日本ペインクリニック学会用語委員, 2015年07月
  5. 日本麻酔科学会第64回学術集会 第5ペイン緩和・局所麻酔WGメンバー, 2015年10月, 日本麻酔科学会
  6. 評議員, 2018年05月, 中国四国ペインクリニック学会
  7. 日本麻酔科学会専門医試験委員, 2011年
  8. 日本麻酔科学会麻酔博物館委員会, 2019年06月, 2020年06月
  9. 日本麻酔科学会ハラスメント対策室委員, 2019年06月, 2020年06月
  10. 日本麻酔科学会代議員, 2019年06月, 2021年06月
  11. 日本麻酔科学会専門医試験問題作成委員, 2019年01月, 2019年10月
  12. 日本ペインクリニック学会評議員, 2019年07月
  13. 日本臨床麻酔学会評議員, 2018年11月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 医療事故外部調査委員会, 宇部協立病院, 2011年/02月, 2011年/03月, その他, その他, 企業
  2. ひろしまPステーション“はつらつドクターの健康応援団”(ラジオ番組)に出演 タイトル”「麻酔科」ってご存じですか?”, 情報提供
  3. 読売新聞広島県版に”病院の実力「ペインクリニック」”掲載, 情報提供
  4. 術中覚醒, 広島麻酔科学会, 広島麻酔科学会, 2008年/12月/20日, 2008年/12月/20日
  5. 血液ガス分析の基礎と臨床, 広島県臨床検査技師会, (社)広島県臨床検査技師会 生物化学部門研修会, 2009年/02月/21日, 2009年/02月/21日
  6. 人工呼吸中のモニタリング~観察のpoint~, 第3回広島人工呼吸療法セミナー, 2010年/02月/28日, 2010年/02月/28日, 調査担当
  7. 慢性疼痛に対する薬物治療ー薬剤師の役割ー, 医師薬剤師連携講演会, 2011年/04月/25日, 2011年/04月/25日, 調査担当
  8. 痛みの基礎と臨床, ファイザー製薬, ファイザー製薬社内研修会, 2010年/09月, 2010年/09月, 企業
  9. 慢性疼痛に対する薬物治療―薬剤師の役割―, ファイザー製薬, 医師薬剤師連携講演会, 2011年/04月, 2011年/04月, その他
  10. 術中輸液の現状と今後の展望, 大塚製薬工場, 大塚製薬社内研修会, 2009年/02月, 2009年/02月, 企業
  11. 麻酔科管理のすべてー術前から術後までー, 第一三共製薬, 第一三共製薬社内研修会, 2009年/07月, 2009年/07月, 企業
  12. がんの痛みに対する薬物治療, 塩野義製薬, 塩野義製薬社内研修会, 2012年/07月, 2012年/07月, 企業
  13. 手術患者の術前リスク評価・周術期管理について, 県立安芸津病院, 県立安芸津病院院内研修会, 2004年/09月, 2004年/09月
  14. 産婦人科小手術の麻酔管理, 広島市, 母体保護法指定医講習会, 2005年/02月, 2005年/02月
  15. 血液ガス分析の基礎と臨床, 広島県臨床検査技師会, 第2回東部地区生化学免疫研修会, 2009年/07月, 2009年/07月
  16. Current status of obstetric anesthesia in Hiroshima, 国立病院機構呉医療センター, 第2回呉国際医療フォーラム, 2009年/07月, 2009年/07月, その他
  17. 抗凝固療法と術後鎮痛「これからの術後鎮痛~硬膜外麻酔のエビデンスを中心に~」, 日本臨床麻酔学会, 日本臨床麻酔学会第29回大会 教育セミナー, 2009年/10月, 2009年/10月
  18. 区域麻酔はハイリスク患者の予後を改善するか?, 日本臨床麻酔学会, 日本臨床麻酔学会第30回大会「リフレッシャーコース」, 2010年/11月, 2010年/11月
  19. 痛みの基礎と臨床ー整形外科の痛みに対するペインクリニック的アプローチー, 広島県臨床整形外科医会, 整形外科医のためのペインアカデミー, 2011年/04月, 2011年/04月
  20. チーム医療としての術後疼痛管理, 日本手術医学会, 第33回日本手術医学会総会 イブニングセミナー, 2011年/10月, 2011年/10月
  21. 慢性痛の薬物治療ー選択肢の広がりと今後の課題ー, 備後麻酔科医会, 備後麻酔懇話会, 2011年/10月, 2011年/10月
  22. 術後の痛みを看護師との協働によるチームで管理する, コヴィディエン, 周術期管理の基礎, 2011年/04月, 2011年/04月, その他
  23. これだけは知っておきたい術後痛管理のコツ, 日本ペインクリニック学会中国・四国支部, 第22回中国・四国ペインクリニック学会 シンポジウム「これからのペインクリニック」, 2012年/05月, 2012年/05月
  24. 慢性疼痛治療の基礎知識ー薬物療法を中心にー, ヤンセンファーマ, J-PAT Practical Approach 1, 2012年/07月, 2012年/07月
  25. 絶食見直し・術前炭水化物負荷食導入時に直面する課題, 日本臨床麻酔学会, 日本臨床麻酔学会第32回大会 ランチョンセミナー, 2012年/11月, 2012年/11月
  26. 良質な術後回復を提供する, 日本麻酔科学会, 日本麻酔科学会第60回学術集会 PBLD, 2013年/05月, 2013年/05月
  27. 周術期の体温管理ー基礎と臨床ー, コヴィディエンジャパン, コヴィディエンセミナー「知っておきたい周術期の基礎知識」, 2013年/06月, 2013年/06月, その他
  28. ペインクリニック外来での最近の薬物治療, 東広島医師会, 第2回東広島痛みを学ぶ会, 2013年/10月, 2013年/10月
  29. ペインクリニック診療の実際, 全日本鍼灸学会, 全日本鍼灸学会中国四国支部A講座, 2013年/12月, 2013年/12月
  30. がんの痛み緩和のための薬物治療, NPO法人広島がんサポート, 市民公開講座「がんとともに」, 2013年/02月, 2013年/02月, 社会人・一般
  31. MRレベルアップ講座, 周術期管理をもっと深く知る<前編>, テルモ株式会社, 2016年/02月/16日, 講師, 講演会, 企業
  32. MRレベルアップ講座, 周術期管理をもっと深く知る<後編>, テルモ株式会社, 2016年/04月/19日, 講師, 講演会, 企業

学術雑誌論文査読歴

  1. 2008年, Journal of Anesthesia, その他, 査読委員
  2. 2009年, Journal of Anesthesia, その他, 査読委員
  3. 2003年, 麻酔と蘇生, 編集員, 編集委員
  4. 2004年, 麻酔と蘇生, 編集員, 編集委員
  5. 2005年, 麻酔と蘇生, 編集員, 編集委員
  6. 2006年, 麻酔と蘇生, 編集員, 編集委員
  7. 2007年, 麻酔と蘇生, 編集員, 編集委員
  8. 2008年, 麻酔と蘇生, 編集員, 編集委員
  9. 2014年, その他, 10
  10. 2014年, その他, 3
  11. 2015年, その他, 7
  12. 2015年, その他, 8
  13. 2015年, その他, 5
  14. 2016年, 編集員, 8
  15. 2017年, 編集員, 5
  16. 2018年, Journal of Anesthesia, その他, Reviewer, Associate Editorial Board Member, 10
  17. 2019年, その他
  18. 2019年, 日本ペインクリニック学会誌, その他, 査読員