佐能 正剛SEIGOU SANOU

Last Updated :2020/05/22

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬) (薬学)生体機能分子動態学 助教
ホームページ
メールアドレス
sanohhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医薬学) (広島大学)
  • 修士(薬学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 薬学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 薬学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 環境・衛生系薬学

研究キーワード

  • 薬物代謝
  • キメラマウス
  • 3次元培養
  • アルデヒドオキシダーゼ
  • 甲状腺ホルモン

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 2ターム, 衛生薬学II
  2. 2020年, 学部専門, 3ターム, 衛生薬学III
  3. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 社会薬学実習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Changes in Bile Acid Concentrations after Administration of Ketoconazole or Rifampicin to Chimeric Mice with Humanized Liver, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 42巻, 8号, pp. 1366-1375, 201908
  2. ★, Coordinated cytochrome P450 expression in mouse liver and intestine under different dietary conditions during liver regeneration after partial hepatectomy, TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY, 370巻, pp. 133-144, 20190501
  3. ★, Changes in Bile Acid Concentrations in Chimeric Mice Transplanted with Different Replacement Indexes of Human Hepatocytes, BPB Reports, 2巻, 2号, pp. 29-34, 20190427
  4. Utility of Chimeric Mice with Humanized Liver for Predicting Human Pharmacokinetics in Drug Discovery: Comparison with in Vitro-in Vivo Extrapolation and Allometric Scaling, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 42巻, 3号, pp. 327-336, 201903
  5. Profiling of bisphenol A and eight its analogues on transcriptional activity via human nuclear receptors, TOXICOLOGY, 413巻, pp. 48-55, 20190201
  6. ★, Inhibition of cytochrome P450 3A protein degradation and subsequent increase in enzymatic activity through p38 MAPK activation by acetaminophen and salicylate derivatives, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 509巻, 1号, pp. 287-293, 20190129
  7. ★, Inhibitory effects of drugs on the metabolic activity of mouse and human aldehyde oxidases and influence on drug-drug interactions, BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 154巻, pp. 28-38, 201808
  8. Comparison of Drug Metabolism and Its Related Hepatotoxic Effects in HepaRG, Cryopreserved Human Hepatocytes, and HepG2 Cell Cultures, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 41巻, 5号, pp. 722-732, 201805
  9. ★, Chimeric mice with humanized liver: Application in drug metabolism and pharmacokinetics studies for drug discovery, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 33巻, 1号, pp. 31-39, 201802
  10. Tributyltin induces epigenetic changes and decreases the expression of nuclear respiratory factor-1, METALLOMICS, 10巻, 2号, pp. 337-345, 201802
  11. ★, 創薬におけるヒト肝細胞キメラマウスを用いた薬効、毒性および薬物動態評価の有用性, 日本薬理学雑誌, 151巻, 5号, pp. 213-220, 2018
  12. ★, Assessment of amiodarone-induced phospholipidosis in chimeric mice with a humanized liver, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 42巻, 5号, pp. 589-596, 201710
  13. ★, Developmental changes in drug-metabolizing enzyme expression during metamorphosis of Xenopus tropicalis, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 42巻, 5号, pp. 605-613, 201710
  14. Altered expression of the Olr59, Ethe1, and Slc10a2 genes in the liver of F344 rats by neonatal thyroid hormone disruption, JOURNAL OF APPLIED TOXICOLOGY, 37巻, 9号, pp. 1030-1035, 201709
  15. Prenatal Exposure to Tributyltin Decreases GluR2 Expression in the Mouse Brain, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 7号, pp. 1121-1124, 201707
  16. ★, Acetaminophen analog N-acetyl-m-aminophenol, but not its reactive metabolite, N-acetyl-p-benzoquinone imine induces CYP3A activity via inhibition of protein degradation, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 486巻, 3号, pp. 639-644, 20170506
  17. Mild MPP+ exposure-induced glucose starvation enhances autophagosome synthesis and impairs its degradation, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, 20170426
  18. Lead-Induced ERK Activation Is Mediated by GluR2 Non-containing AMPA Receptor in Cortical Neurons, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 3号, pp. 303-309, 201703
  19. Perfluorooctane sulfonate induces neuronal vulnerability by decreasing GluR2 expression, ARCHIVES OF TOXICOLOGY, 91巻, 2号, pp. 885-895, 201702
  20. ヒトや野生生物における医薬品,環境化学物質の安全性評価の精度向上にむけて ―代謝的活性化,種差,エピジェネティクスの観点から― , 薬学雑誌, 137巻, 3号, pp. 247-248, 2017
  21. Carbofuran causes neuronal vulnerability to glutamate by decreasing GluA2 protein levels in rat primary cortical neurons, Arch Toxicol, 2017
  22. Low-Concentration Tributyltin Decreases GluR2 Expression via Nuclear Respiratory Factor-1 Inhibition., Int J Mol Sci., 18巻, 8号, pp. E1754, 2017
  23. Metabolism of methiocarb and carbaryl by rat and human livers and plasma, and effect on their PXR, CAR and PPAR alpha activities, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 41巻, 5号, pp. 677-691, 201610
  24. Mild MPP+ exposure impairs autophagic degradation through a novel lysosomal acidity-independent mechanism, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 139巻, 2号, pp. 294-308, 201610
  25. Mouse aldehyde-oxidase-4 controls diurnal rhythms, fat deposition and locomotor activity, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, 20160726
  26. Methoxychlor and fenvalerate induce neuronal death by reducing GluR2 expression, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 41巻, 2号, pp. 255-264, 201604
  27. ★, Acetaminophen induces accumulation of functional rat CYP3A via polyubiquitination dysfunction, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, 20160222
  28. ★, Detection of metabolic activation leading to drug-induced phospholipidosis in rat hepatocyte spheroids, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 41巻, 1号, pp. 155-164, 201602
  29. Protein extracts from cultured cells contain nonspecific serum albumin, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 80巻, 6号, pp. 1164-1167, 2016
  30. ★, ヒトにおける医薬品の肝毒性及び代謝物のin vitro, in vivo予測評価系の構築に関する研究, 日本薬学雑誌, 135巻, 11号, pp. 1273-1279, 201511
  31. ★, Predictability of plasma concentration-time curves in humans using single-species allometric scaling of chimeric mice with humanized liver, XENOBIOTICA, 45巻, 7号, pp. 605-614, 201507
  32. ★, Significance of aldehyde oxidase during drug development: Effects on drug metabolism, pharmacokinetics, toxicity, and efficacy, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 30巻, 1号, pp. 52-63, 201502
  33. Metabolism of UV-filter benzophenone-3 by rat and human liver microsomes and its effect on endocrine-disrupting activity, TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY, 282巻, 2号, pp. 119-128, 20150115
  34. アドメサークル, 広島大学大学院医歯薬保健学研究院生体機能分子動態学研究室の研究紹介 (1), 日本薬物動態学会ニュースレター, 30巻, 1号, pp. 37-38, 2015
  35. アドメサークル,広島大学大学院医歯薬保健学研究院生体機能分子動態学研究室の研究紹介 (2), 日本薬物動態学会ニュースレター, 30巻, 2号, pp. 24-26, 2015
  36. Development of a simple measurement method for GluR(2) protein expression as an index of neuronal vulnerability, TOXICOLOGY REPORTS, 2巻, pp. 450-460, 2015
  37. Endogenous neurotoxic dopamine derivative covalently binds to Parkinson's disease-associated ubiquitin C-terminal hydrolase L1 and alters its structure and function, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 130巻, 6号, pp. 826-838, 201409
  38. ★, Fluorometric assessment of acetaminophen-induced toxicity in rat hepatocyte spheroids seeded on micro-space cell culture plates., Toxicol In Vitro, 28巻, 6号, pp. 1176-1182, 20140328
  39. ★, Chimeric mice transplanted with human hepatocytes as a model for prediction of human drug metabolism and pharmacokinetics, BIOPHARMACEUTICS & DRUG DISPOSITION, 35巻, 2号, pp. 71-86, 201403
  40. 蔓延する危険ドラッグ, 環境衛生部会, 環境衛生トピックス, 2014
  41. Cell type-dependent agonist/antagonist activities of polybrominated diphenyl ethers, TOXICOLOGY LETTERS, 223巻, 2号, pp. 192-197, 20131125
  42. Tributyltin-induced endoplasmic reticulum stress and its Ca2+-mediated mechanism, TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY, 272巻, 1号, pp. 137-146, 20131001
  43. Involvement of decreased glutamate receptor subunit GluR2 expression in lead-induced neuronal cell death, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 38巻, 3号, pp. 513-521, 201306
  44. 2,5-Dihydroxy-4-methoxybenzophenone: a novel major in vitro metabolite of benzophenone-3 formed by rat and human liver microsomes, XENOBIOTICA, 43巻, 6号, pp. 514-519, 201306
  45. Photodegradation of pharmaceuticals in the aquatic environment by sunlight and UV-A, -B and -C irradiation, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 38巻, 2号, pp. 215-223, 201304
  46. Ultraviolet-photoproduct of acetaminophen: Structure determination and evaluation of ecotoxicological effect, JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY, 249巻, pp. 29-35, 20121201
  47. ★, Predictability of Metabolism of Ibuprofen and Naproxen Using Chimeric Mice with Human Hepatocytes, DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 40巻, 12号, pp. 2267-2272, 201212
  48. Developmental Changes of Aldehyde Oxidase Activity and Protein Expression in Human Liver Cytosol, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 27巻, 5号, pp. 543-547, 20121025
  49. ★, Prediction of In Vivo Hepatic Clearance and Half-Life of Drug Candidates in Human Using Chimeric Mice with Humanized Liver, DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 40巻, 2号, pp. 322-328, 201202
  50. An improved thyroid hormone reporter assay to determine the thyroid hormone-like activity of amiodarone, bithionol, closantel and rafoxanide, TOXICOLOGY LETTERS, 208巻, 1号, pp. 30-35, 20120105
  51. ★, Prediction of Human Metabolism of FK3453 by Aldehyde Oxidase Using Chimeric Mice Transplanted with Human or Rat Hepatocytes, DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 40巻, 1号, pp. 76-82, 201201
  52. Effect of tea beverages on aldehyde oxidase activity., Drug Metab Pharmacokinet., 26巻, 1号, pp. 94-101, 20101112
  53. 生理学的薬物速度論モデルを用いた化学物質及びその代謝物のヒトリスク評価, ファルマシア, 46巻, 5号, pp. 461, 2010
  54. Exploratory population pharmacokinetics (e-PPK) analysis for predicting human PK using exploratory ADME data during early drug discovery research., Eur J Drug Metab Pharmacokinet., 34巻, 2号, pp. 117-128, 2009
  55. Metabolic activation of proestrogens in the environment by cytochrome P450 system, JOURNAL OF HEALTH SCIENCE, 54巻, 4号, pp. 343-355, 200808
  56. ★, Effects of stilbene and related compounds on reproductive organs in B6C3F1/Crj Mouse., J. Health. Sci., 52巻, pp. 613-622, 2006
  57. Metabolism of the α,β-unsaturated ketones, chalcone and trans-4-phenyl-3-buten-2-one, by rat liver microsomes and estrogenic activity of the metabolisms, Drug. Metab. Dispos, 33巻, pp. 1115-1123, 2005
  58. Comparative study of the endocrine-disrupting activity of bisphenol A and 19 related compounds., Toxicol. Sci. Toxicol. Sci. Toxicol.Sci., 84巻, pp. 249-259, 2005
  59. Damage of the mouse testis by tritiated water and 137Cs-γ-Rays., Hiroshima J. Med. Sci., 52巻, pp. 53-58, 2003
  60. Estrogenic activity of anenvironmental pollutant, 2-nitrofluorene, after metabolic activation by rat liver microsomes., Biochem. Biophys. Res. Commun., 303巻, pp. 419-426, 2003
  61. Estrogenic activity of styrene oligomers after metabolic activation by rat liver microsomes., Environ. Health. Perspect., 111巻, pp. 329-334, 2003
  62. ★, Estrogenic activity of stilbene derivatives., J.Health.Sci., 49巻, pp. 359-367, 2003
  63. Metabolic activation of proestrogenic diphenyl and related compounds by rat liver microsomes., J. Health. Sci., 49巻, pp. 298-310, 2003
  64. ★, Cytochrome P450 1A1/2 mediated metabolism of trans-stilbene in rats and humans., Biol. Pharm. Bull., 25巻, pp. 397-400, 2002
  65. Metabolic activation of the proestrogens trans-stilbene and trans-stilbene oxide by rat liver microsomes., Toxicol. Appl. Pharmacol., 167巻, pp. 46-54, 2000

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Prediction of hepatotoxicity using hepatocytes spheroids and chimeric mice with humanized liver, Seigo Sanoh, 2019 Japan/Korea Joint Symposium on Pharmaceutical Health Science and Enviuronmental Toxicology, 2019年08月31日, 招待, 日本語, Kyoto
  2. カチノン誘導体とフェネチルアミン誘導体のマウスにおける興奮毒性の比較, 森田 恵利加, 佐能 正剛,須山 翔太,渡部 祥子,奥田 勝博,太田 茂,古武 弥一郎, フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー, 2019年08月31日, 通常, 日本語, 京都
  3. 1H-NMR metabolome解析法を用いた茶の成分解析, 杉原 数美, 末田 まどか,本永 真須美,清水 良,北村 繁幸,佐能 正剛,古武 弥一郎,太田 茂, フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー, 2019年08月31日, 通常, 日本語
  4. 製薬企業からアカデミアへのキャリアパス, 佐能正剛, 第6回衛生薬学・環境トキシコロジー若手研究者の会フォーラム2019プレシンポジウム, 2019年08月30日, 招待, 日本語
  5. シトクロムP450およびアルデヒド酸化酵素の生体内環境応答機序の解明, 佐能正剛, 第38回生体と金属・化学物質に関する研究会(チョークトーク2019), 2019年08月26日, 通常, 日本語
  6. Tributyltin decrease the expresion of nuclear respiratory factor-1 via epigenetic changes, Yaichiro Kotake, Saki Hanaoka, Keishi Ishida, Shuichiro Sakamoto, Katsuhiro Okuda, Seigo Sanoh, Shigeru Ohta, IUTOX 15th International Congress of Toxicology, 2019年07月15日, 通常, 英語, Hawaii
  7. ヒト肝細胞キメラマウスおよび肝細胞3次元培養を用いた薬物動態・薬物間相互作用の予測, 佐能正剛, 医療薬学フォーラム2019 第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年07月13日, 通常, 日本語, 広島
  8. 食餌成分や医薬品成分がマウス肝再生・肝機能に与える影響, 佐能 正剛, 藤野 智恵里,油野 陽香,田村 優香,石田 雄二,立野 知世,太田 茂,古武 弥一郎, 医療薬学フォーラム2019 第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年07月13日, 通常, 日本語, 広島
  9. 1H-NMRメタボローム解析を用いた漢方薬の成分比較, 本永 真須美, 上地 智輝,末田 まどか,水野 優斗,佐能 正剛,古武 弥一郎,杉原 数美, 医療薬学フォーラム2019 第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年07月13日, 通常, 日本語, 広島
  10. ヒト肝細胞キメラマウスにおける胆汁酸プロファイルと薬物性胆汁うっ滞の評価, 佐能 正剛, 藤野 智恵里、田村 優香,菅原 豪,吉実 康美,柳 愛美,石田 雄二,立野 知世,太田 茂,古武 弥一郎, 第46回日本毒性学会学術年会, 2019年06月26日, 通常, 日本語, 徳島
  11. 環境中医薬品の下水浄水処理後の塩素消毒による毒性変動, 杉原 数美, 久波 沙矢香,山光 翔也,清水 良、佐能 正剛,古武 弥一郎、北村 繁幸,太田 茂, 第46回日本毒性学会学術年会, 2019年06月26日, 通常, 日本語, 徳島
  12. 神経・肝・心筋細胞の3次元培養系の構築とジフェンヒドラミンの毒性評価, 今子 千鶴, 佐能 正剛,藤野 智恵里,大月 佑也,采 洋太朗,髙木 優志,山頭 征岳,宮良 政嗣,江尻 洋子,奥田 勝博,藤本 成明,河合 秀彦,太田 茂,古武 弥一郎, 日本薬学会第139年会, 2019年03月20日, 通常, 日本語, 千葉
  13. ウス、ヒトに発現するAOタンパク質の分解系の同定, 加藤 真帆, 佐能 正剛,高岡 尚輝、大月 佑也,杉原 数美、Mineko Terao、Enrico Garattini、太田 茂,古武 弥一郎, 日本薬学会第139年会, 2019年03月20日, 通常, 日本語, 千葉
  14. イメージング質量分析を用いたヒト肝細胞キメラマウスにおける薬剤性胆汁うっ滞の評価, 田村 優香, 佐能 正剛,菅原 豪,吉実 康美,柳 愛美,石田 雄二,立野 知世,太田 茂,古武 弥一郎, 第1回医薬品毒性機序研究会, 2019年01月10日, 通常, 日本語, 名古屋
  15. アルデヒド酸化酵素が関わる薬物代謝と生理的機能解明にむけて, 佐能 正剛, 平成30年度内外環境応答・代謝酵素研究会, 2018年11月23日, 通常, 日本語, 鳥取
  16. 核呼吸因子-1遺伝子メチル化状態に対する有機スズの影響, 古武弥一郎, 花岡早紀,石田慶士,田中早紀,坂本修一朗,奥田勝博, 佐能正剛,太田 茂, メタルバイオサイエンス研究会2018, 2018年11月16日, 通常, 日本語, 仙台
  17. Characterization of varidations in CYP expression during liver regeneration after partial hepatectomy in mice: possible contribution of endogeneous molecules, 藤野智恵里, 佐能正剛、立野知世、太田茂、古武弥一郎, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018年10月01日, 通常, 英語, 金沢
  18. Elucidation of the underlying mechanisms involved in the inhibition of Cytochrome P450 3A protein degradation, 大月佑也, 佐能正剛、山頭征岳、江尻洋子、太田茂、古武弥一郎, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018年10月01日, 通常, 英語, 金沢
  19. Assessment of inhibitory effects of drugs on mouse and human aldehyde oxidase through in silico, in vitro, and in vivo approaches, Naoki Takaoka, Seigo, Sanoh, Katsuhiro Okuda, Go Sugahara, Ami Yanagi, Yuji Ishida, Chise Tateno, Yoshitaka Tayama, Kazumi Sugihara, Shigeyuki Kitamura, Mami Kurosaki, Mineko Terao, Enrico Garattini, Shigeru Ohta, Yaichiro Kotake, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018年10月01日, 通常, 英語, 金沢
  20. Sex differences of aldehyde oxidases in mouse liver, Kazumi Sugihara, Yoshitaka Tayama, Seigo Sanoh, Shigeyuki Kitamura, Shigeru Ohta, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018年10月01日, 通常, 英語, 金沢
  21. アミオダロン曝露によるそのオタマジャクシへの蓄積と自然変態抑制メカニズムの解明, 佐能正剛, 森淳平,花田秀樹,柏木啓子,鈴木賢一,重田美津紀,山本卓,杉原数美,北村繁幸,柏木昭彦,太田茂,古武弥一郎, フォーラム2018衛生薬学・環境トキシコロジー, 2018年09月10日, 通常, 日本語, 佐世保
  22. Chlorpromazineの塩素消毒処理による毒性分解物の検索, 杉原数美, 岡田達司,國澤和憲,池田潔,清水良,北村繁幸,佐能正剛,古武弥一郎,太田茂, フォーラム2018衛生薬学・環境トキシコロジー, 2018年09月10日, 通常, 日本語, 佐世保
  23. 化学合成した危険ドラッグの薬理評価と毒性化学構造同定, 須山翔太, 佐能正剛,梅原祥太,奥田勝博,太田茂、古武弥一郎, 「広島神経医科学研究会」第2回学生・若手研究者ポスター発表会, 2018年08月08日, 通常, 日本語, 広島
  24. 創薬におけるヒト肝細胞キメラマウスを用いた薬物動態・毒性評価の有用性, 佐能正剛, 第45回日本毒性学会学術年会, 2018年07月20日, 招待, 日本語, 大阪
  25. 合成したフェネチルアミン誘導体の薬理評価および構造毒性相関に関する研究, 須山翔太, 佐能正剛,梅原祥太,奥田勝博,太田茂、古武弥一郎, 日本法中毒学会第37年会, 2018年07月06日, 通常, 日本語, 東京
  26. Prediction of Human Pharmacokinetics Using Chimeric Mice with Humanized Liver, Yoichi Naritomi, Seigo Sanoh, Shigeru Ohta, 4th International Symposium for Medicinal Sciences, 2018年03月27日, 通常, 日本語, Kanazawa
  27. 薬物代謝酵素cytochromeP450 3Aおよびaldehyde oxidaseタンパク質分解に影響を与える化学物質の探索, 佐能正剛, 大月佑也,加藤真帆,高岡尚輝,江尻洋子,古武弥一郎,太田茂, 日本薬学会第138年会, 2018年03月26日, 通常, 日本語, 金沢
  28. 味噌成分の1H-NMRメタボローム解析, 本永真須美, 上地智輝,沖中弥生,酒見律子,清水良,佐能正剛,太田茂,杉原数美, 日本薬学会第138年会, 2018年03月26日, 通常, 日本語, 金沢
  29. 3次元培養やヒト肝細胞キメラマウスを用いた薬物代謝反応を考慮に入れた肝毒性評価, 佐能正剛, 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月29日, 招待, 日本語, 東京
  30. シトクロムP450 3Aタンパク質分解抑制を惹起する化合物の探索, 大月 佑也, 佐能 正剛,山頭 征岳,江尻 洋子,古武 弥一郎,太田 茂, 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月29日, 通常, 日本語, 東京
  31. 肝切除後の肝再生過程におけるマウス肝臓および小腸のシトクロムP450の発現変動, 藤野 智恵里, 佐能 正剛,太田 茂, 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月29日, 通常, 日本語, 東京
  32. イメージング質量分析法を用いたヒト肝細胞移植キメラマウスにおける薬剤誘発性リン脂質症および胆汁うっ滞型肝障害の評価研究, 田村 優香, 佐能 正剛,山近 悠斗,菅原 豪,吉実 康美,柳 愛美,石田 雄二,立野 知世,太田 茂, 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月29日, 通常, 日本語, 東京
  33. マウス肝アルデヒド酸化酵素分子種の系統差と性差, 杉原 数美, 平本 耕一,田坂 真希,田山 剛崇,佐能 正剛,太田 茂,北村 繁幸, 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月29日, 通常, 日本語, 東京
  34. 有機スズ神経毒性のカギを握る核呼吸因子-1 のエピジェネティックな変化, 古武 弥一郎, 花岡 早紀, 石田 慶士, 田中 早紀, 坂本 修一朗, 奥田 勝博, 佐能 正剛, 太田 茂, 第5回メタロミクス研究フォーラム, 2017年11月25日, 通常, 日本語, 京都
  35. 化学物質によるCYP3Aタンパク質の分解抑制によるその酵素活性に与える影響, 佐能 正剛, 山頭 征岳,大月 佑也,江尻 洋子,古武 弥一郎,太田 茂, 平成29年度 内外環境応答・代謝酵素研究会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 福岡
  36. 肝再生過程におけるマウス肝臓および小腸のP450の発現変動と胆汁酸の影響, 藤野 智恵里, 佐能 正剛,太田 茂, 平成29年度 内外環境応答・代謝酵素研究会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 福岡
  37. ツメガエルの変態ホルモンによるチトクロームP450の制御とそのかく乱による代謝阻害を介した化学物質の蓄積・毒性発現の可能性, 森 淳平, 佐能 正剛,柏木 啓子,花田 秀樹,重田 美津紀,鈴木 賢一,山本 卓,古武 弥一郎,杉原 数美,北村 繁幸,柏木 昭彦,太田 茂, 平成29年度 内外環境応答・代謝酵素研究会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 福岡
  38. アセトアミノフェンおよび類縁体のCYP3Aタンパク質分解制御によるその酵素活性への影響, 佐能 正剛, 山頭 征岳,大月 佑也,江尻 洋子,古武 弥一郎,太田 茂, フォーラム2017衛生薬学・環境トキシコロジー, 2017年09月02日, 招待, 日本語, 日本薬学会環境衛生部会, 仙台
  39. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたアミオダロンにより誘発されるリン脂質症の評価, 佐能 正剛, 山近 悠斗,田村 優香,吉実 康美,石田 雄二,立野 知世,太田 茂, 第44回日本毒性学会学術年会, 2017年07月12日, 通常, 日本語, 日本毒性学会年会, 横浜
  40. PFOS発達期曝露はグルタミン酸興奮毒性に対する神経脆弱性を亢進させる, 石田 慶士, 古武 弥一郎,津山 由美,佐能 正剛,太田 茂, 第44回日本毒性学会学術年会, 2017年07月12日, 通常, 日本語, 日本毒性学会, 横浜
  41. 薬物代謝酵素により生成する医薬品代謝物と肝毒性~肝毒性を回避するための創薬アプローチ~, 佐能 正剛, 第43回日本急性肝不全研究会, 2017年06月07日, 招待, 日本語, 広島
  42. 3次元培養およびヒト肝細胞移植キメラマウスを用いた肝臓における薬物代謝,毒性評価, 佐能 正剛, 日本薬学会第137回年会, 2017年03月27日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 仙台国際センター・東北大学川内地区
  43. 肝細胞の三次元培養系およびヒト肝細胞移植キメラマウスを用いたカチノン誘導体の共通代謝物の探索, 渡部 祥子, 佐能 正剛,梅原 祥太,山頭 征岳,江尻 洋子,石田 雄二,加国 雅和,立野 知世,古武 弥一郎,太田 茂, 日本薬学会第137回年会, 2017年03月27日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 仙台国際センター・東北大学川内地区
  44. 肝細胞増殖過程におけるマウス肝臓および小腸の薬物代謝酵素の発現変動, 藤野 智恵里, 佐能 正剛,石田 雄二,立野 知世,太田 茂, 日本薬学会第137回年会, 2017年03月27日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 仙台国際センター・東北大学川内地区
  45. 合成ムスク類のラットin vivoにおける肝シトクロムP450活性への影響, 渡部 容子, 服部 祥子,立花 研,佐能 正剛,太田 茂,北村 繁幸, 日本薬学会第137回年会, 2017年03月27日, 通常, 中国語, 日本薬学会, 仙台国際センター・東北大学川内地区
  46. カルバメート系農薬のラットおよびヒトでのin vitro代謝とその核内受容体活性への影響, 北村 繁幸, 藤野 智恵里,渡部 容子,浦丸 直人,佐能 正剛,小島 弘幸,吉成 浩一,太田 茂, 日本薬学会第137回年会, 2017年03月27日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 仙台国際センター・東北大学川内地区
  47. PFOS Increases Neuronal Vulnerability to Excitotoxicity via Decrease of AMPA receptor Subunit GluR2 expression, Keishi Ishida, Yaichiro Kotake, Yumi Tsuyama, Seigo Sanoh, Shigeru Ohta., Society of Toxicology 56th Annual Meeting, 2017年03月12日, 通常, 英語, Baltimore, US
  48. アルデヒドオキシダーゼ代謝阻害におけるヒトとマウスの分子種差および基質依存的差異, 高岡尚輝, 佐能正剛,奥田勝博,石田雄二,柳愛実,立野知世,田山剛崇,杉原数美,北村繁幸,寺尾美年子、エンリコギャラティーニ,太田茂, 日本薬物動態学会第31回年会, 2016年10月15日, 通常, 英語, 日本薬物動態学会, 松本
  49. アセトアミノフェンによるユビキチン化阻害を介したCYP3Aタンパクの蓄積に基づく酵素活性の上昇 -新しい薬物間相互作用の可能性ー, 佐能正剛, 日本薬物動態学会第31回年会, 2016年10月13日, 招待, 日本語, 日本薬物動態学会, 松本
  50. ヒト肝細胞移植キメラマウスを用いたヒト・マウス領域での薬物代謝及び肝毒性の評価に向けて, 山近悠斗, 佐能正剛, 吉実康美, 石田雄二,立野知世, 太田茂, 平成28年度内外環境応答・代謝酵素研究会, 2016年09月17日, 通常, 日本語, 静岡県立大学薬学部
  51. ネッタイツメガエルの成長・発達過程における肝臓中薬物代謝酵素の変動とアミオダロンの蓄積, 佐能正剛, 森淳平, 鈴木賢一, 柏木啓子, 花田秀樹, 重田美津紀, 山本卓, 杉原数美, 北村繁幸, 柏木昭彦, 太田茂, 平成28年度内外環境応答・代謝酵素研究会, 2016年09月17日, 通常, 日本語, 静岡県立大学薬学部
  52. 環境化学物質の内分泌かく乱作用と体内動態を考慮に入れたヒトおよび野生生物のリスク評価に関する研究, 佐能正剛, フォーラム2016・衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月10日, 通常, 日本語, 日本薬学会環境・衛生部会, 東京
  53. Neurotoxicity of perfluorooctane sulfonate (PFOS) via GluR2 decrease, Ishida K, Kotake Y, Tsuyama Y, Saiki T, Sanoh S, Ohta S., 2016 Japan/Korea Joint Symposium on Pharmaceutical Health Science and Environmental Toxicology, 2016年09月10日, 通常, 英語
  54. フェネチルアミン誘導体およびカチノン誘導体のin vitro/in vivo薬物動態評価, 佐能正剛,渡部祥子,須山翔太,梅原祥太,奥田勝博,石田雄二,加国雅和,立野知世,古武弥一郎,太田茂, フォーラム2016・衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月10日, 通常, 日本語, 日本薬学会環境・衛生部会
  55. フェネチルアミン系危険ドラッグのトキシコフォア同定を目指した構造毒性相関, 古武弥一郎,梅原祥太,須山翔太,渡部祥子,奥田勝博,佐能正剛,太田茂, フォーラム2016・衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月10日, 通常, 日本語
  56. In vivoにおけるラット肝シトクロムP450活性に対するリン系難燃剤の影響, 渡部容子,杉原数美,立花研,佐能正剛,太田茂,北村繁幸, フォーラム2016・衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月10日, 通常, 日本語
  57. ツメガエル発達過程におけるアミオダロンの代謝活性変動とその原因因子の探索, 森淳平,佐能正剛,鈴木賢一,柏木啓子,花田秀樹,重田美津紀,山本卓,杉原数美,北村繁幸,柏木昭彦,太田茂, フォーラム2016・衛生薬学・環境トキシコロジー Forum2016 Pharmaceutical Health Science. Environmental Toxicology, 2016年09月10日, 通常, 日本語
  58. PFOSによるGluR2発現減少を介したinvivo詩神経毒性評価, 石田慶士,古武弥一郎,津山由美,齊木崇史,佐能正剛,太田茂, フォーラム2016・衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月10日, 通常, 日本語
  59. 毒性評価系構築を目指した3次元神経細胞培養系の検討, 采洋太朗,古武弥一郎,江尻洋子,佐能正剛,太田茂, フォーラム2016・衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月10日, 通常, 日本語
  60. カチノン誘導体における肝細胞三次元培養系を用いた共通代謝物の探索, 渡部祥子,佐能正剛,須山翔太,梅原祥太,山頭征岳,江尻洋子,古武弥一郎,太田茂, フォーラム2016・衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月10日, 通常, 日本語
  61. 新規GluR2発現減少化学物質カルボフランによる神経毒性評価, 梅田香苗, 古武弥一郎、杉山千尋、宮良政嗣、石田慶士、佐能正剛、太田茂, 第43回日本毒性学会学術年会, 2016年07月01日, 通常, 日本語, 日本毒性学会, ウィンクあいち/名古屋
  62. ラット肝細胞3次元培養系を用いたカチノン誘導体の還元代謝活性, 佐能正剛, 渡部祥子、梅原祥太、山頭征岳、江尻洋子、古武弥一郎、太田茂, 第43回日本毒性学会学術年会, 2016年07月01日, 通常, 日本語, 日本毒性学会, ウィンクあいち/名古屋
  63. 薬物代謝酵素の酸化反応に基づく化学物質や化学物質や医薬品の毒性発現に関する研究, 佐能正剛, 第43回日本毒性学会学術年会, 2016年06月30日, 通常, 日本語, 日本毒性学会, ウィンクあいち/名古屋
  64. Acetaminophen induces accumulation of functional rat CYP3A by altering gp78 localization, Santoh M, Sanoh S, Takagi M, Ejiri Y, Kotake Y, Ohta S, The 11th International ISSX Meeting, 2016年06月12日, 通常, 英語, ISSX, Busan/Korea
  65. Predictability of metabolic activities of CYP2D6 substrates using chimeric mice transplanted with human hepatocutes, Fujino C, Sanoh S, Shinagawa A, Yamasaki C, Ishida Y, Kakuni M, Tateno C, Ohta S, The 11th International ISSX Meeting, 2016年06月12日, 通常, 英語, ISSX, Busan/Korea
  66. Detection of aflatoxin B1 hepatotoxicity using PXB-cells, Yamasaki C, Ogawa Y, Kageyama Y, Sanoh S, Ishida Y, Tateno C, The 11th International ISSX Meeting, 2016年06月12日, 通常, 英語, ISSX, Busan/Korea
  67. Inhibitory effects of drugs on the metabolic activities of mouse and human aldehyde oxidase isoforms, Sanoh S, Takaoka N, Okuda K, Tayama Y, Sugihara K, Kitamura S, Kurosaki M, Terao M, Garattini E, Ohta S, The 11th International ISSX Meeting, 2016年06月12日, 通常, 英語, ISSX, Busan/Korea
  68. ヒト肝細胞移植キメラマウスを用いた医薬品のヒトPK予測, 佐能正剛, 日本薬物動態学会 第10回ショートコース, 2016年05月12日, 招待, 日本語, 千里ライフサイエンスセンター/大阪
  69. マウス肝臓における4-phenylbutyric acid代謝物のイメージング質量分析, 山近悠斗, 佐能正剛,吉実康美,石田雄二,立野知世,太田茂, 日本薬学会第136年会, 2016年03月29日, 通常, 日本語, 横浜
  70. マウスおよびヒトにおける医薬品類のアルデヒドオキシダーゼ阻害活性の種差, 高岡尚輝, 佐能正剛,奥田勝博,田山剛崇,杉原数美,北村繁幸,Mineko Terao,Enrico Garattini,太田茂, 日本薬学会第136年会, 2016年03月29日, 通常, 日本語, 横浜
  71. 医薬品、一般化学物質の体内動態を考慮に入れたヒトおよび野生生物におけるリスク評価, 佐能正剛, 2016年03月29日, 通常, 日本語
  72. Developmental Changes of Drug-Metabolizing Enzymes Related to Accumulation of Chemicals in Tadpoles and Adult Frogs, Seigo Sanoh, International Meeting on Aquatic Model Organisms for Human Disease and Toxicology Research, 2016年03月19日, 招待, 英語, Okazaki
  73. CYPで代謝される医薬品におけるヒト肝細胞移植キメラマウスを用いた体内動態の個人差予測, 佐能正剛, 品川晃彦,土居茜,山崎ちひろ,石田雄二,加国雅和,立野知世,太田茂, 日本薬物動態学会第30年会, 2015年11月13日, 通常, 日本語
  74. 化合物添加時の細胞内pH変化によるacylglucuronidationの活性化, 水垂亨, 金津卓史,山口嘉隆,佐能正剛,太田茂, 日本薬物動態学会第30回年会, 2015年11月13日, 通常, 日本語
  75. アセトアミノフェンが誘発するユビキチンプロテアソーム系阻害を介したラットCYP3A1の蓄積, 山頭征岳, 佐能正剛,髙木優志,江尻洋子,古武弥一郎,太田茂, 日本薬物動態学会第30回年会, 2015年11月12日, 通常, 日本語
  76. ヒト肝細胞移植キメラマウスを用いたヒト体内動態予測性の検証と展望, 佐能正剛, 日本薬物動態学会第30回年会, 2015年11月12日, 招待, 日本語
  77. ヒト肝細胞移植キメラマウスを用いたヒト型CYP代謝の個人差予測性の検証, 品川晃彦, 佐能正剛,土居茜,山崎ちひろ,石田雄二,加国雅和,立野知世,太田茂, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月01日, 通常, 日本語, 高知
  78. New Approach for Drug Discovery and Development: Prediction of Human Drug Metabolism using Chimeric Mice Transplanted with Human Hepatocytes, 太田茂, 佐能正剛,立野知世, ドイツ薬学会DPhG Annual Meeting 2015, 2015年09月24日, 招待, 英語, Dusseldorf
  79. ネッタイツメガエルの発達過程における肝臓中薬物代謝酵素の変動, 佐能正剛, 森淳平,鈴木賢一,柏木啓子,花田秀樹,重田美津紀,山本卓,杉原数美,北村繁幸,柏木昭彦,太田茂, フォーラム2015 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2015年09月17日, 通常, 日本語, 神戸
  80. イメージング質量顕微鏡を用いたヒト肝細胞移植キメラマウス肝臓切片における4-フェニル酪酸代謝物の分析, 佐能正剛, 山近悠斗;吉実康美;石田雄二;立野知世;太田茂, 第42回日本毒性学会学術年会, 2015年06月29日, 通常, 日本語, 金沢
  81. ラット肝細胞3次元培養における薬物代謝反応を考慮した薬剤誘発性リン脂質症評価, 髙木優志, 佐能正剛;山頭征岳;江尻洋子;太田茂, 第42回日本毒性学会学術年会, 2015年06月29日, 通常, 日本語, 金沢
  82. アルデヒドオキシダーゼで代謝される医薬品候補化合物のヒト体内動態予測, 佐能正剛, 第22回回HAB研究機構学術年会, 2015年06月26日, 招待, 日本語, 東京
  83. フェネチルアミン誘導体のマウス脳内モノアミンに対する影響, 梅原祥大, 古武弥一郎;渡部祥子;奥田勝博;佐能正剛;太田茂, 日本法中毒学会第34年会, 2015年06月26日, 通常, 日本語, 福岡
  84. ヒト肝細胞移植キメラマウスにおける薬物動態の個体差, 品川晃彦, 佐能正剛;藤本真美;土居茜;山崎ちひろ;石田雄二;加国雅和;立野知世;太田茂, 日本薬学会第135年会, 2015年03月28日, 通常, 日本語
  85. ラット肝細胞スフェロイド培養における医薬品代謝物を考慮した薬剤性誘発リン脂質症評価, 髙木優志, 佐能正剛;山頭征岳;太田茂, 日本薬学会第135年会, 2015年03月28日, 通常, 日本語, 神戸
  86. 環境汚染物質トリブチルスズによるゲノムワイドな低メチル化, 田中早紀, 古武弥一郎;佐能正剛;奥田勝博;諫田泰成;太田 茂, 日本薬学会第135年会, 2015年03月28日, 通常, 日本語, 神戸
  87. マウス肝aldehyde oxidase発現への脳下垂体の影響, 秋本有花, 岡嵜明穂;増岡さゆり;濱岡裕美;清水良;佐能正剛;太田茂;北村繁幸;杉原数美, 日本薬学会第135年会, 2015年03月28日, 通常, 日本語, 神戸
  88. 新生仔ラットへの水酸化PBDE 投与の影響, 藤本成明, 中村直樹; 佐能正剛;太田茂;浦丸直人; 北村繁幸;宮川信一;井口泰泉, 環境ホルモン学会第17回研究発表会, 2014年12月09日, 通常, 日本語, 東京
  89. ヒトにおける医薬品の肝毒性および代謝物のin vitro、in vivo予測評価系の構築に関する研究, 佐能正剛, 第53回日本薬学会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月09日, 通常, 日本語, 広島
  90. ヒト肝細胞移植キメラマウスを用いたCYP2D6基質のヒト体内動態予測, 土居茜, 佐能正剛;山崎ちひろ;石田雄二;加国雅和;立野知世;太田茂, 第53回日本薬学会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 広島
  91. ラット肝細胞3次元培養による蛍光プローブを用いた薬剤誘発性リン脂質症評価系の構築, 髙木優志, 佐能正剛;山頭征岳;江尻洋子;太田茂, 第53回日本薬学会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 広島
  92. 甲状腺ホルモンかく乱活性におけるポリ臭化ジフェニルエーテル類の培養細胞系による比較, 中村直樹, 佐能正剛;松原加奈;杉原数美;浦丸直人;北村繁幸;藤本真美;太田茂, 第53回日本薬学会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 広島
  93. Comparison of the correlation between CYP3A4 activity and protein expression in spheroid and monolayer culture, Santoh, Sanoh S.;Takagi M.;Ejiri Y.;Ohta S, 第29回 JSSX/ISSX meeting, 2014年10月19日, 通常, 英語, サンフランシスコ
  94. Toxicological studies of hepatotoxic compounds in human hepatoma hepaRG cells, Yokoyama Y., Sasaki Y.;Terasaki N.;Kawataki T.;Takekawa K.;Iwase Y.;Sanoh S.;Ohta S., 第29回 JSSX/ISSX meeting, 2014年10月19日, 通常, 英語, サンフランシスコ
  95. 薬物代謝酵素aldehyde oxidaseのマウス肝での性差発現と化学物質の影響, 杉原数美, 岡嵜明穂;秋本有花;田山剛崇;前田志津子;佐能正剛;北村繁幸; 太田茂, フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー, 2014年09月19日, 通常, 日本語, つくば
  96. 環境化学物質におけるカエル甲状腺ホルモン作用のアゴニストおよびアンタゴニスト活性, 佐能正剛, 中村直樹;鈴木賢一;柏木啓子;花田秀樹; 山本卓;新海正;杉原数美;藤本成明;北村繁幸;柏木昭彦;太田茂, フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー, 2014年09月19日, 通常, 日本語, つくば
  97. アルデヒドオキシダーゼで代謝される医薬品のin vitroおよびin vivoからのヒト体内動態予測アプローチ, 佐能正剛, 第18回薬物動態談話会セミナー, 2014年08月20日, 招待, 日本語, 東京
  98. アルデヒドオキシダーゼと薬物代謝・安全性研究, 佐能正剛, 田山剛崇;杉原数美;北村繁幸;Mineko Terao;Enrico Garattini;太田茂, 第41回日本毒性学会学術年会, 2014年07月04日, 通常, 日本語, 神戸
  99. ヒト肝細胞移植キメラマウス由来肝細胞を用いたRNA干渉による薬物代謝酵素ノックダウンの影響, 土居茜, 佐能正剛;山崎ちひろ;石田雄二;立野知世;太田茂, 2014年03月28日, 通常, 日本語, 熊本
  100. ツメガエルにおけるアミオダロンの蓄積と甲状腺ホルモン撹乱作用, 佐能正剛, 柏木啓子 花田秀樹;中村直樹;鈴木賢一;山本卓;新海正;杉原数美;北村繁幸;柏木昭彦;太田茂, 環境ホルモン学会第16回研究発表会, 2013年12月12日, 通常, 日本語, 東京
  101. 新生仔ラットの甲状腺ホルモン応答遺伝子発現への臭素化難燃剤の影響, 藤本成明, 中村直樹;佐能正剛;太田茂;浦丸直人;北村繁幸;宮川信一;井口泰泉, 環境ホルモン学会第16回研究発表会, 2013年12月12日, 通常, 日本語, 東京
  102. 3次元培養肝細胞を用いた医薬品の毒性予測評価系の構築, 髙木優志, 佐能正剛;山頭征岳;江尻洋子;杉原数美;堀江透;北村繁幸;太田茂, 第31回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2013年11月20日, 通常, 日本語, 広島
  103. マイクロ空間培養プレートを用いたアセトアミノフェンの代謝と肝細胞毒性評価, 佐能正剛, 山頭征岳;髙木優志;杉原数美;江尻洋子;北村繁幸;太田茂, 2013年10月26日, 通常, 日本語, 松山
  104. Importance of prediction of aldehyde oxidase-mediated metabolism in drug discovery, 佐能正剛, 第28回 日本薬物動態学会年会, 2013年10月09日, 招待, 日本語, 東京
  105. ヒト肝細胞移植キメラマウスを用いたアロメトリックスケーリングによるヒト体内動態予測性評価, 藤本真美, 佐能正剛;成富洋一;佐藤公也;河村章生;堀口彩;杉原数美;北村繁幸;堀江透;立野知世;太田茂, 第28回 日本薬物動態学会年会, 2013年10月09日, 通常, 英語, 東京
  106. ヒト肝キメラマウス由来肝細胞を用いたRNA干渉によるCYP2D6ノックダウンの影響, 土居茜, 佐能正剛;山崎ちひろ;石田雄二;立野知世;太田茂, 第28回 日本薬物動態学会年会, 2013年10月09日, 通常, 英語, 東京
  107. マウス・ヒトにおけるアルデヒドオキシダーゼの基質特異性の比較, 小原裕月, 佐能正剛;杉原数美;田山剛崇;浦丸直人;立野知世;北村繁幸;黒崎真美;寺尾美年子;エンリコギャラッチーニ;太田茂, 第28回 日本薬物動態学会年会, 2013年10月09日, 通常, 英語, 東京
  108. ラット肝細胞スフェロイドにおける蛍光プローブを用いた医薬品の代謝活性化による肝毒性評価, 山頭征岳, 佐能正剛;髙木優志;江尻洋子;杉原数美;堀江透;北村繁幸;太田茂, 第28回 日本薬物動態学会年会, 2013年10月09日, 通常, 英語, 東京
  109. マウス肝アルデヒド酸化酵素の性差とその発現機序, 杉原数美, 濱岡裕美;増岡さゆり;石川宏美;堀川謙太;田山剛崇;佐能正剛;北村繁幸;太田茂, 第28回 日本薬物動態学会年会, 2013年10月09日, 通常, 英語, 東京
  110. Predictability o plasma concentration-time profiles in humans using chimeric mice with humanized liver, Sanoh S., Fujimoto M.;Naritomi Y.;Sato K.;Kawamura A.;Horiguchi A.;Sugihara K.;Kitamura S.;Horie T.;Tateno C.;Ohta S., 10th ISSX meeting, 2013年09月29日, 通常, 英語, Toronto
  111. グルタミン酸受容体が関与する鉛の神経毒性メカニズムの解明, 石田慶士, 古武弥一郎;宮良政嗣;青木香織;佐能正剛;諫田泰成;太田茂, フォーラム2013衛生薬学・環境トキシコロジー, 2013年09月19日, 通常, 日本語, 福岡
  112. 紫外線吸収剤ベンゾフェノン-3のヒト肝ミクロソームによる核内受容体に対する代謝的活性変動, 渡部容子, 小島弘幸;武内伸治;浦丸直人;佐能正剛;太田茂;北村繁幸, フォーラム2013衛生薬学・環境トキシコロジー, 2013年09月19日, 通常, 日本語, 福岡
  113. 甲状腺ホルモン様物質によるカエルにおけるin vitroおよびin vivo評価, 佐能正剛, 柏木啓子;花田秀樹;中村直樹;鈴木賢一;山本卓;新海正;杉原数美;北村繁幸;柏木昭彦;太田茂, フォーラム2013衛生薬学・環境トキシコロジー, 2013年09月13日, 通常, 日本語, 福岡
  114. 新生児期甲状腺ホルモン撹乱の影響 –成体期肝遺伝子発現変化-, 中村直樹, 佐能正剛;松原加奈;杉原数美;浦丸直人;北村繁幸;宮川信一;井口泰泉;藤本成明;太田茂, フォーラム2013衛生薬学・環境トキシコロジー, 2013年09月13日, 通常, 日本語, 福岡
  115. ラット肝細胞3次元培養系を用いたアセトアミノフェンの肝毒性評価, 佐能正剛, 山頭征岳;髙木優志;杉原数美;江尻洋子;堀江透;北村繁幸;太田茂, 第40回日本毒性学会学術年会, 2013年06月17日, 通常, 日本語, 千葉
  116. アセトアミノフェン光分解物の同定と水生毒性評価, 杉原数美, 川畑光平;佐能正剛;北村繁幸;太田茂, 第40回日本毒性学会学術年会, 2013年06月17日, 通常, 日本語, 千葉
  117. ヒト肝細胞移植キメラマウスにおけるアロメトリックスケーリングを用いたヒト体内動態予測の検証, 藤本真美, 佐能正剛;成富洋一;佐藤公也;河村章生;堀口彩;杉原数美;立野知世;堀江透;北村繁幸;太田茂, 日本薬学会第133年会, 2013年03月30日, 通常, 日本語, 横浜
  118. ラット初代肝細胞スフェロイドにおける蛍光プローブを用いたアセトアミノフェンによる肝毒性評価, 山頭征岳, 佐能正剛;杉原数美;江尻洋子;堀江透;北村繁幸;太田茂, 日本薬学会第133年会, 2013年03月30日, 通常, 日本語, 横浜
  119. ヒト・マウスにおけるアルデヒドオキシダーゼの代謝活性と基質特異性の比較, 小原結月, 佐能正剛;杉原数美;岸野貴大;田山剛崇;浦丸直人;立野知世;北村繁幸;太田茂, 日本薬学会第133年会, 2013年03月29日, 通常, 日本語, 横浜
  120. アセトアミノフェンおよびスリンダクの水環境中における光分解物の同定, 川畑公平, 尾川雄一;杉原数美;佐能正剛;北村繁幸;太田 茂, 日本薬学会第133年会, 2013年03月29日, 通常, 日本語, 横浜
  121. In vitro and in vivo assays for thyroid hormone disrupting chemicals, Matsubara K., Matsubara K.;Nakamura N.;Sanoh S.;Fujimoto N.;Ohta S, 広島大学原爆放射線医科学研究所 第3回国際シンポジウム, 2013年02月12日, 通常, 英語, 広島
  122. 甲状腺ホルモン様化学物質アミオダロン曝露によるカエルの変態に対する影響, 佐能正剛, 柏木啓; 花田秀樹;松原加奈;川畑公平;中村直樹;鈴木賢一;山本 卓;新海正;藤本成明; 杉原数美;北村繁幸; 柏木昭彦;太田 茂, 環境ホルモン学会第15回研究発表会, 2012年12月18日, 通常, 日本語, 東京
  123. 臭素化難燃剤の甲状腺ホルモン活性-細胞依存的アゴニスト・アンタゴニスト作用, 藤本成明, 中村直樹;松原加奈;佐能正剛;太田茂;山口雅史;杉原数美4;浦丸直人5;北村繁幸, 環境ホルモン学会第15回研究発表会, 2012年12月18日, 通常, 日本語, 東京
  124. ヒト・マウス・ヒト肝キメラマウスにおけるアルデヒドオキシダーゼの酵素活性の比較, 小原裕月, 佐能正剛;杉原数美;岸野貴大;田山剛崇;浦丸直人;立野知世;北村繁幸;太田茂, 第27回 日本薬物動態学会年会, 2012年11月20日, 通常, 英語, 東京
  125. ラット肝細胞スフェロイドにおける蛍光プローブを用いたアセトアミノフェン,ジクロフェナクによる肝毒性評価, 山頭征岳, 佐能正剛;杉原数美;江尻洋子;堀江透;北村繁幸;太田茂, 第27回 日本薬物動態学会年会, 2012年11月20日, 通常, 英語, 東京
  126. 食餌がマウス肝薬物代謝酵素に及ぼす影響の1H-NMRメタボローム解析, 杉原数美, 佐光華佳;田上加苗;三間昭平;佐能正剛;北村繁幸;太田茂, 第27回 日本薬物動態学会年会, 2012年11月20日, 通常, 英語, 東京
  127. ヒト肝細胞移植キメラマウスにおけるアロメトリックスケーリングを用いたヒト血中動態予測性の検証, 藤本真美, 佐能正剛;成富洋一;佐藤公也;河村章生;堀口彩;杉原数美;立野知世;堀江透;北村繁幸;太田茂, 第27回 日本薬物動態学会年会, 2012年11月20日, 通常, 英語, 東京
  128. 水環境中におけるアセトアミノフェンの光分解と毒性変動, 川畑公平, 尾川雄一;杉原数美;佐能正剛;北村繁幸;太田茂, 第51回日本薬学会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月10日, 通常, 日本語, 松江
  129. 1H-NMRを用いた細胞のメタボローム解析, 三間昭平, 伊藤格;佐光華佳;佐能正剛;清水良;藤原正子;太田茂;杉原数美, 第51回日本薬学会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月10日, 通常, 日本語, 松江
  130. 環境化学物質による甲状腺ホルモン撹乱作用のin vitroおよびin vivo評価, 松原加奈, 中村直樹;佐能正剛;杉原数美;浦丸直人;北村繁幸;宮川信一;井口泰泉;藤本成明;太田茂, フォーラム2012衛生薬学・環境トキシコロジー, 2012年10月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  131. アセトアミノフェンの水環境中における光分解と光毒性, 川畑公平, 尾川雄一;杉原数美;佐能正剛;北村繁幸;太田茂, 2012年10月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  132. Perfluorooctane sulfonate(PFOS)長期曝露によるin vitro及びin vivo GluR2発現減少, 津山由美, 古武弥一郎;杉山千尋;瀧下智子;佐能正剛;太田 茂, フォーラム2012衛生薬学・環境トキシコロジー, 2012年10月25日, 通常, 日本語, 名古屋
  133. Effect of UV irradiation on the ecotoxicity of pharmaceuticals in aquatic environment, Kawabata K, Ogawa Y.;Sugihara K.;Sanoh S.;Kitamura S.;Ohta S., The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology, 2012年07月20日, 通常, 英語
  134. 水環境中医薬品類の太陽光・紫外線による毒性変動, 川畑公平, 尾川雄一;杉原数美;佐能正剛;北村繁幸;太田茂, 第39回日本毒性学会学術年会, 2012年07月17日, 通常, 日本語, 仙台
  135. Prediction of human pharmacokinetics y allometric scaling using chimeric mice with humanized liver, Sanoh S., Naritomi Y.;Sato K.;Kawamura A.;Horiguchi A.;Sugihara K.;Tateno C.;Horie T.;Kitamura S.;Ohta S., 19thMDO/12th ISSX European Regional meeting, 2012年06月17日, 通常, 英語, Noordwijk aan Zee (The Netherlands)
  136. ヒトおよびラット肝細胞キメラマウスを用いたアルデヒドオキシダーゼで代謝されるFK3453のヒト代謝動態予測, 佐能正剛, 野崎和吉;村井英継;寺下茂之;寺村俊夫;太田茂, 第19回HAB研究機構学術年会, 2012年05月18日, 通常, 日本語, 東京

受賞

  1. 2019年06月, 日本毒性学会ファイザー賞, 日本毒性学会, J. Toxicol. Sci. Vol.41, 255-264, 2016
  2. 2017年03月23日, 広島大学薬学教育研究奨励賞, 広島大学
  3. 2016年09月10日, 平成28年度日本薬学会 環境・衛生部会 部会賞・金原賞, 日本薬学会 環境・衛生部会 , 環境化学物質の内分泌かく乱作用と体内動態を考慮に入れたヒトおよび野生生物のリスク評価に関する研究
  4. 2016年06月30日, 日本毒性学会奨励賞, 日本毒性学会
  5. 2014年07月03日, 2014年度日本毒性学会田邊賞, 一般社団法人日本毒性学会理事長
  6. 2014年11月08日, 平成26年度日本薬学会中国四国支部奨励賞, 日本薬学会中国四国支部支部長

取得

  1. 6035343, 毒性スクリーニング方法

社会活動

委員会等委員歴

  1. Drug Metabolism and Pharmacokinetics誌 Editorial Advisory Board委員, 2017年04月, 2020年03月, 日本薬物動態学会
  2. 日本毒性学会評議員, 2016年07月, 2020年07月, 日本毒性学会
  3. 若手活性化小委員, 2016年04月, 2020年03月, 日本薬学会・環境衛生部会 
  4. 日本薬物動態学会評議員, 2016年01月, 2020年03月, 日本薬物動態学会
  5. Fundam Toxicol Sci誌編集委員, 2014年06月, 2020年03月, 日本毒性学会
  6. J Toxicol Sci誌編集委員, 2014年01月, 2020年03月, 日本毒性学会
  7. 代謝ディレクターズ・イニシアチブ・セッション委員, 2016年04月, 2018年03月, 日本薬物動態学会
  8. 代謝毒性ディレクターズ・イニシアチブ・セッション委員, 2018年04月, 2020年03月, 日本薬物動態学会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, ACS Omega, 1
  2. 2018年, Biochemical Pharmacology, 2
  3. 2018年, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 4
  4. 2018年, Computational and Structural Biotechnology Journal, 1
  5. 2018年, Current Medicinal Chemistry, 1
  6. 2018年, Drug Metabolism and Pharmacokinetics, 2
  7. 2018年, Environmental Science and Technology, 3
  8. 2018年, Fundamental Toxicological Sciences, 1
  9. 2018年, The Journal of Pharmacy and Pharmacology, 1
  10. 2018年, The Journal of Toxicological Sciences, 1
  11. 2018年, Molecule, 3
  12. 2018年, Scientific Reports, 1
  13. 2018年, The Journal of Biochemistry, 1
  14. 2018年, Xenobiotica, 1
  15. 2018年, 日本薬理学雑誌, 1