中島 覚Satoru Nakashima

Last Updated :2017/09/22

所属・職名
自然科学研究支援開発センター アイソトープ総合部門 教授
ホームページ
メールアドレス
snakahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2007年04月01日, 広島大学, 教授
  • 1995年06月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 助教授
  • 1991年02月01日, 1995年05月31日, 広島大学, 助手

学位

  • 理学博士 (東京都立大学)
  • 理学修士 (東京都立大学)

教育担当

  • 理学部:化学科

担当主専攻プログラム

  • 化学プログラム

研究分野

  • 化学 / 基礎化学 / 無機化学

研究キーワード

  • メスバウアー分光法
  • 酸化還元過程
  • 緩和現象
  • フェロセン
  • アレーン錯体
  • 集積型錯体
  • アザフェロセン
  • メタロセン
  • 混合原子価状態
  • スピンクロスオーバー挙動

所属学会

  • 日本化学会
  • 日本放射化学会
  • 日本アイソトープ協会
  • 日本放射線安全管理学会
  • 大学等放射線施設協議会, 1997年

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 放射化学
  4. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 化学特別研究
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 化学特別研究
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 放射線反応化学
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 放射線反応化学セミナー
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 放射線反応化学セミナー

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Benchmark study of the Mössbauer isomer shifts of Eu and Np complexes by relativistic DFT calculations for understanding the bonding nature of f-block compounds., Dalton transactions (Cambridge, England : 2003), 44巻, 17号, pp.8080-pp.8088, 2015
  2. Reversible structural change of host framework triggered by desorption and adsorption of guest benzene molecules in Fe(NCS)(2)(bpp)(2)center dot 2(benzene) (bpp=1,3-bis(4-pyridyl)propane), INORGANICA CHIMICA ACTA, 370巻, 1号, pp.82-pp.88, MAY 15 2011
  3. Isotopic determination of U, Pu and Cs in environmental waters following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident, GEOCHEMICAL JOURNAL, 46巻, 4号, pp.355-pp.360, 2012
  4. Spiral Assembly of the 1D Chain Sheet of Fe(NCBH3)(2)(bpa)(2)center dot(biphenyl) (bpa=1,2-bis(4-pyridyl)ethane) and its Stepwise Spin-Crossover Phenomenon, POLYMERS, 4巻, 1号, pp.880-pp.888, MAR 2012
  5. Reaction of Binuclear Ruthenium-Fulvalene Intermediates Intramolecularly Bridged by Alkyl Disulfides, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 86巻, 5号, pp.600-pp.607, MAY 15 2013
  6. Density Functional Study on Spin-crossover Phenomena of Assembled Complexes, [Fe(NCX)(2)(bpa)(2)](n) (X=S, Se, and BH3; bpa: 1,2-bis(4-pyridyl)ethane), CHEMISTRY LETTERS, 42巻, 11号, pp.1432-pp.1434, NOV 5 2013
  7. Solvent Effect on Reaction Rate of Ruthenium-Fulvalene Complexes Intramolecularly Bridged by Alkyl Disulfides and the Effect of Chalcogen, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 87巻, 4号, pp.498-pp.505, APR 15 2014
  8. Crystal structure and spin state of mixed-crystals of iron with NCS and NCBH3 for the assembled complexes bridged by 1,3-bis(4-pyridyl)propanes, JOURNAL OF RADIOANALYTICAL AND NUCLEAR CHEMISTRY, 303巻, 2号, pp.1589-pp.1593, FEB 2015
  9. Synthesis and oxidation study of the simplest binuclear metallocene compound of osmium, biosmocene, JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY, 779巻, pp.86-pp.90, MAR 1 2015
  10. Environmental Radioactivity of Water Samples Collected in Higashi-Hiroshima Campus, Hiroshima University, Japan, Radiation Protection Dosimetry, 2015
  11. Halogen effect on mixed-valence state of biosmocenium(II, IV) salts, JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY, 791巻, pp.225-pp.231, AUG 15 2015
  12. Computational Study on Thermal Spin-Crossover Behavior for Coordination Polymers Possessing trans-[Fe(NCS)(2)(pyridine)(4)] Unit, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 88巻, 8号, pp.1164-pp.1170, AUG 15 2015
  13. Bonding Study on the Chemical Separation of Am(III) from Eu(III) by S-, N-, and 0-Donor Ligands by Means of All-Electron ZORA-DFT Calculation, INORGANIC CHEMISTRY, 54巻, 14号, pp.7103-pp.7109, JUL 20 2015
  14. A correlation between the transfer factor of radioactive cesium from soil into rice plants and the grain size distribution of paddy soil in Fukushima, Radiation Safety Management, 2016
  15. Synthesis and characterization of [Fe(NCCH3)(6)][cis-Fe(InX3)(2)(CO)(4)] (X = Cl, Br, I) containing two terminal indium fragments, DALTON TRANSACTIONS, 45巻, 4号, pp.1327-pp.1330, 2016
  16. Computational Study on Mossbauer Isomer Shifts of Some Organic-neptunium (IV) Complexes, CROATICA CHEMICA ACTA, 88巻, 4号, DEC 2015
  17. Observation of radiocesium in seabed soil at the Notsuke Strait of the southern Okhotsk Sea derived from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, Radiation Safety Management
  18. Mechanisms of solidification and subsequent embrittlement of dephosphorization slag used in a subtidal zone as an alternative to sea sand and prevention of solidification by adding dredged soil, CLEAN TECHNOLOGIES AND ENVIRONMENTAL POLICY, 18巻, 4号, pp.1167-pp.1176, APR 2016
  19. THE FORMATION MECHANISM OF ASSEMBLED COMPLEXES BRIDGED BY 1,3-BIS(4-PYRIDYL)PROPANE, CHEMISTRY JOURNAL OF MOLDOVA, 11巻, 1号, pp.33-pp.38, 2016
  20. Oxidative C-C Bond Cleavage Reaction of Biosmocene, CHEMISTRY LETTERS, 45巻, 8号, pp.848-pp.850, AUG 5 2016
  21. Inter-Metallocene Cross-Coupling Reaction and Oxidation Study on Hetero Nuclear Bimetallocene Compounds including Fe, Ru and Os, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 89巻, 11号, pp.1344-pp.1353, NOV 2016
  22. Observation of radioactive cesium in seabed soil at the Soya Strait derived from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, Radiation Safety Management, 16巻, pp.8-pp.12, 20170215
  23. UV and IR Spectroscopy of Cryogenically Cooled, Lanthanide-Containing Ions in the Gas Phase, INORGANIC CHEMISTRY, 56巻, 1号, pp.277-pp.281, JAN 2 2017
  24. Roles of d- and f-orbital electrons in the complexation of Eu(III) and Am(III) ions with alkyldithiophosphinic acid and alkylphosphinic acid using scalar-relativistic DFT calculations, Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences, 17巻, pp.9-pp.15, 2017

著書等出版物

  1. 2013年, Mössbauer Spectroscopy: Applications in Chemistry, Biology, and Nanotechnology, Reversible Spin-state Switching Involving a Structural Change, John Wiley & Sons, 2013年, 単行本(学術書), 共著, English, Satoru Nakashima
  2. 2015年01月, 放射性物質対策技術 ~除染、モニタリング、装置・システム開発~, 溶媒抽出法を用いた汚染土壌からのセシウム除染技術, 宮下 直,中島 覚, 9
  3. 2015年, Osmium: Synthesis, Characterization and Applications, Synthesis and Mixed-Valence State of Binuclear Osmocene Derivatives, Nova Science Publishers, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 英語, H. Yasuhara and S. Nakashima
  4. 2016年05月31日, 大学等における申請書等の作成マニュアル2016年改訂版-放射線障害防止法関係法令に係る手続き-, アドスリー, 2016年, 5, 教科書, 共著, 日本語, 伊藤伸彦、川本卓男、菊池 透、齋藤 直、佐治英朗、佐藤信吾、柴 和弘、清水喜久雄、中島 覚、中村尚司、伴 秀一、桧垣正吾、桝本和義、百島則幸、渡部浩司, ISBN978-4-904419-63-2, 463
  5. 2012年, 神奈川県立川崎図書館 科学EYES 放射線の基礎「放射線についてのQ&A」, 単行本(一般書), 単著, 中島 覚
  6. 2016年09月23日, 大学等における放射線安全管理の実際, アドスリー, 2016年, 09, 単行本(学術書), 共著, 多数, 978-4-904419-67-0, 223
  7. 2017年, Advances in Chemistry Research. Volume 36, Chapter 6 A Spin-Crossover Phenomenon Depending on the Environment around an Iron Atom for the Assembled Coordination Polymers, NOVA, 2017年, 単行本(学術書), 共著, 英語, Satoru Nakashima and Masashi Kaneko

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. メスバウアー分光法を用いた化学研究, 中島 覚, 平成25年度 北海道地区大学等放射線施設協議会 ― 放射線安全管理研修会・アイソトープ利用研究会 ―, 2014年01月, 招待, 日本語, 北海道大学 アイソトープ総合センター, 札幌市
  2. DFT Study on Thermal Spin-Crossover Behavior for Complexes Having Fe(NCS)2(pyridine)4 Unit, S. Nakashima and M. Kaneko, Mediterranean Conference on the Applications of the Mössbauer Effect, 2015年06月10日, 招待, 英語, Zadar, Croatia
  3. 放射線災害復興のグローバルリーダーを育成する広島大学の取組み, 中島 覚, 2015製薬放射線研修会, 2015年06月25日, 招待, 日本語, 製薬放射線コンファレンス, 広島市
  4. Ligand field strength of Fe(NCS)(NCBH3) unit for the assembled complexes bridged by 1,2-bis(4-pyridyl)ethane, H. Dote, M. Kaneko, and S. Nakashima, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2015年, 通常, 英語, Honolulu, Hawaii
  5. Valence-detrapping in the mixed-valence state of biosmocenium(II,IV) salts, H. Yasuhara and S. Nakashima, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2015年, 通常, 英語, Honolulu, Hawaii
  6. Estimation of ΔR/R Values by Benchmark Study of the Mössbauer Isomer Shifts for Fe, Ru, Os complexes Using Relativistic DFT Calculations, M. Kaneko, H. Yasuhara, S. Miyashita, and S. Nakashima, ICAME2015, 2015年09月, 通常, 英語, Hamburg, Germany
  7. 放射線安全管理におけるこの20年の変化, 中島 覚, 放射線取扱技術研修会, 2016年03月11日, 招待, 日本語, 北陸原子力懇談会, 金沢市
  8. 学校教育における放射線教育 今後の放射線教育についての提言, 中島 覚, 平成26年度放射線安全取扱部会年次大会, 2014年10月30日, 招待, 日本語, 日本アイソトープ協会, 札幌市
  9. 20年の変遷から見た現在の放射線安全管理, 中島 覚, 放射線業務従事者のための教育訓練講習会, 2016年05月13日, 招待, 日本語, 日本アイソトープ協会放射線安全取扱部会中部支部, 名古屋市
  10. アイソトープ総合センターの取組み-広島大学の取組み-, 中島 覚, 第40回国立大学アイソトープ総合センター長会議, 2016年06月02日, 招待, 日本語, 第40回国立大学アイソトープ総合センター長会議, 東広島市
  11. 放射能の一般知識, 中島 覚, 廃棄物資源循環学会中国四国支部セミナー, 2011年08月03日, 招待, 日本語, 廃棄物資源循環学会中国四国支部, 広島市
  12. CHEMICAL INFORMATION REVEALED BY MÖSSBAUER SPECTROSCOPY AND DFT CALCULATION, Satoru Nakashima, XV LATIN AMERICAN CONFERENCE ON THE APPLICATIONS OF THE MÖSSBAUER EFFECT, 2016年11月17日, 招待, 英語, Panama-city
  13. ESTIMATION OF ΔR/R VALUES BY BENCHMARK STUDY OF THE MÖSSBAUER ISOMER SHIFTS FOR Ru, Os COMPLEXES USING RELATIVISTIC DFT CALCULATIONS, Satoru Nakashima, M. Kaneko, H. Yasuhara, S. Miyashita, and S. Nakashima, XV LATIN AMERICAN CONFERENCE ON THE APPLICATIONS OF THE MÖSSBAUER EFFECT, 2016年11月15日, 通常, 英語, Panama-city, 実験データ
  14. メスバウアー分光法とDFT計算を用いたスピンクロスオーバー現象と溶媒抽出の研究, 中島 覚, 第10回中国四国地区錯体化学研究会・若手の会中国四国支部勉強会, 2017年05月27日, 招待, 日本語, 錯体化学会中国四国, 東広島市

社会活動

委員会等委員歴

  1. 放射線安全取扱部会副部会長, 2014年04月, 2016年03月, 社団法人日本アイソトープ協会
  2. 副会長, 2014年06月, 2016年03月, 日本放射線安全管理学会
  3. 法人化検討アドホック委員会委員長, 2014年09月, 2016年03月, 日本放射線安全管理学会
  4. 安全管理の実際編集委員会(委員長), 2014年, 2016年, 大学等放射線施設協議会
  5. 平成28年度放射線対策委託費(品質保証制度の導入に向けた規制制度のあり方に関する調査)事業 委託調査運営委員会委員, 2016年05月, 2017年03月, 日本アイソトープ協会
  6. 日本アイソトープ協会放射線安全取扱部会企画専門委員会(委員長), 2016年04月, 2018年03月, 日本アイソトープ協会
  7. 理事, 2015年10月, 2017年09月, 大学等放射線施設協議会
  8. 副会長, 2016年04月, 2018年03月, 日本放射線安全管理学会
  9. メスバウアー分光研究会運営委員, 2017年04月, 2019年03月, メスバウアー分光研究会

学術会議等の主催

  1. 2008日本放射化学会年会・第52回放射化学討論会, 実行委員会委員長, 2008年09月, 2008年09月
  2. 日本放射線安全管理学会第9回学術大会, 実行委員会委員長, 2010年12月, 2010年12月
  3. 31st International Conference on the Applications of the Moessbaure Effect, 実行委員会, 2011年09月, 2011年09月
  4. 平成24年度放射線安全取扱部会年次大会, 実行委員会委員長, 2012年11月, 2012年11月
  5. 2013年日本化学会中国四国支部大会, 実行委員会, 2013年11月, 2013年11月
  6. 第40回国立大学アイソトープ総合センター長会議, 2016年06月, 2016年06月
  7. 日本保健物理学会第50回研究発表会、日本放射線安全管理学会第16回学術大会、合同大会, 組織委員会, 2016年11月, 2017年06月