笛吹 理絵RIE USUI

Last Updated :2020/02/20

所属・職名
大学院文学研究科 地表圏システム学講座 助教
メールアドレス
leahrieusuihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
「観光・人・動物」をキーワードに研究を行っています。近年、日本では動物との触れ合いを求めて旅行をする観光客が増加していますが、それに伴う問題も取り上げられるようになってきました。動物の利用と保全のバランスをどのようにとるべきか、保全以外の方向性があるのかなど、人と動物の共生をテーマに研究しています。

基本情報

学歴

  • 広島大学, 大学院総合科学研究科, 博士後期課程(転学科), 日本, 2015年10月, 2019年03月
  • 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 博士後期課程, 日本, 2014年04月, 2015年09月
  • Central Washington University, Primate Behavior and Ecology Program, アメリカ合衆国, 2011年09月, 2013年06月
  • The Ohio State University, Evolution and Ecology, Anthropology(3年次編入), アメリカ合衆国, 2007年09月, 2010年08月

学位

  • MS(Primate Behavior) (Central Washington University)
  • 博士(学術) (広島大学)

研究キーワード

  • 地理学
  • 人と動物
  • 観光
  • 地域振興
  • 日本

所属学会

  • Wildlife Tourism Australia
  • International Society for Anthrozoology
  • Animals and Society Institute
  • 日本観光研究学会
  • 地理科学学会
  • 日本霊長類学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), ILDP International On-site Training Advanced (I to J)
  2. 2019年, 学部専門, 3ターム, 地理学入門
  3. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 地理学研究法演習A
  4. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 地理学研究法演習B
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 地理学研究法A
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 地理学研究法B
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 地域文化創生論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, The power of social media in regional tourism development: a case study from Ōkunoshima Island in Hiroshima, Japan, Current Issues in Tourism, 21巻, 18号, pp. 2052-2056
  2. ★, Analysing food-derived interactions between tourists and sika deer (Cervus nippon) at Miyajima in Hiroshima, Japan: implications for the physical health of the deer in an anthropogenic environment, Journal of Ecotourism, 17巻, 1号, pp. 67-78
  3. ★, Park rangers’ behaviors and their effects on tourists and Tibetan macaques (Macaca thibetana) at Mt. Huangshan, China, Animals, 4巻, pp. 546-561
  4. Perceptions of Multiple Stakeholders about Environmental Issues at a Nature-Based Tourism Destination: The Case of Yakushima Island, Japan, ENVIRONMENTS, 6巻, 8号, 201908
  5. A cross-national comparative study on collaborative management of national parks, Parks, 25巻, pp. 69-82
  6. Tourism and animal welfare, Tourism Geographies, 21巻, 4号, pp. 735-737
  7. A Review of “Ecotourism's promise and peril: a biological evaluation”, edited by Daniel T. Blumstein, Benjamin Geffroy, Diogo S. M. Samia, and Eduardo Bessa, Tourism Geographies, 20巻, 5号, pp. 930-931

著書等出版物

  1. Wildlife Tourism, Environmental Learning and Ethical Encounters, Not quite wild, but not domesticated either: contradicting management decisions on free-roaming sika deer (Cervus nippon) at two tourism sites in Japan, Springer International Publishing, 2017年, 単行本(学術書), 共著, English, Usui, R. & Funck, C., 247-261

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. A meta-analytic review of wildlife tourism research: Longitudinal trends in theoretical foundations, Rie Usui, Takahiro Kubo, Thomas E. Jones, Second Critical Tourism Studies Asia Pacific, 2020年02月19日, 通常, 英語, Wakayama University
  2. Tourism development and lifestyle migration: a case study of Yakushima Island in Kagoshima, Japan, Funck, C. & Usui, R., Adewumi, I.B. & Nguyen, V.H., Royal Geographical Society, 2019年08月28日, 通常, 英語, London, UK
  3. The role that repeat visitors play in managing tourist-rabbit interactions for wildlife tourism on Okunoshima Island in Hiroshima, Japan, Usui, R., Funck, C., The 34th International Geographical Congress, 2018年08月09日, 通常, 英語
  4. Evaluating photography and videography as a means to measure tourist's experience, Usui, R., The Conference on Sustainable Tourism in Asia, 2018年01月05日, 通常, 英語
  5. Assessing inbound tourism development at Mitarai district in Kure City, Hiroshima through employing a monitoring tour, Usui, R., Anindita, M.J., The 32nd Japan Institute of Tourism Research Conference, 2017年12月03日, 通常, 英語
  6. Investigating animal ethics and management issues at nature-based tourism destination: a case study from Yakushima Island in Japan, Usui, R., Funck, C., The Visitor Economy: Strategies and Innovations, 2017年09月06日, 通常, 英語
  7. 宮島 (広島県) における観光客とシカ間の餌やり・ねだり行動: 行動観察および観光客アンケート調査に基づく分析, 笛吹理絵, フンク・カロリン, 日本観光研究学会全国大会, 2016年12月04日, 通常, 英語
  8. Emerging wildlife tourism on Okunoshima Island ("Rabbit Island") in Hiroshima, Japan: challenges and ethical implications, Usui, R., Funck, C., The 4th Wildlife Tourism Conference, 2016年11月08日, 通常, 英語
  9. Japanese and international tourists’ perceptions and attitudes toward the free-roaming sika deer (Cervus nippon) in Miyajima Island, Hiroshima, Japan, Usui, R., Funck, C., The 33rd International Geographical Congress, 2016年08月24日, 通常, 英語
  10. Analyzing food-derived interactions between tourists and sika deer (Cervus nippon) at Miyajima Island in Hiroshima, Japan, Usui, R., The 3rd Wildlife Tourism Australia Conference, 2015年08月30日, 通常, 英語

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. うさぎに水やり広がる『うさ活』, 中国新聞, 2019年/05月/25日, 取材協力, 新聞・雑誌, メディア
  2. うさぎの島の異変!?, 広島ホームテレビ 5up, 2019年/10月/22日, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, メディア
  3. 何が・大人気・ウサギの島に異変“争い”急増, テレビ朝日 『羽鳥慎一モーニングショー』, 2019年/11月/13日, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, メディア

学術雑誌論文査読歴

  1. 2019年, Journal of Ecotourism, その他, Reviewer, 1