江坂宗春MuneharuEsaka

Last Updated :2019/10/11

所属・職名
大学院統合生命科学研究科生生・応用分子細胞生物学(生生支援室)教授
ホームページ
メールアドレス
mesakahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目4番4号 生物生産学部A棟706号室
TEL:082-424-7927 FAX:082-424-7916
自己紹介
*酵素化学、植物生化学・分子生物学を専門とする教育者・研究者です。植物の酵素や遺伝子に着目し、応用的には、環境ストレス抵抗性の植物を作出し、食料・環境問題を解決する一つの方策にならないかと考えています。たとえば、植物のビタミンCを増やして、栄養価も高く、枯れず、ストレスにも強いスーパー植物を作出するための研究をしています。

基本情報

主な職歴

  • 1981年12月16日, 1981年09月30日, 広島大学, 生物生産学部, 助手
  • 1989年10月01日, 2001年03月31日, 広島大学, 助教授
  • 2000年01月01日, 宮崎大学, 非常勤講師
  • 2001年04月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 生物生産学部, 教授
  • 2002年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 教授
  • 2006年04月01日, 2007年05月20日, 広島大学, 学長補佐(教務担当)
  • 2008年04月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 生物生産学部, 学部長
  • 2008年04月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 研究科長
  • 2013年04月01日, 2015年03月31日, 広島大学, 副学長(学生支援担当)
  • 2013年04月01日, 2015年03月31日, 広島大学, グローバルキャリアデザインセンター(キャリアセンター), センター長
  • 2015年04月01日, 広島大学, 副学長(学生支援担当)
  • 2015年04月01日, 広島大学, グローバルキャリアデザインセンター, センター長

学歴

  • 名古屋大学, 農学研究科, 農芸化学, 日本, 1979年04月, 1981年12月
  • 名古屋大学, 農学部, 農芸化学, 日本, 1973年04月, 1977年03月

学位

  • 農学博士(名古屋大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 分子細胞機能学プログラム

研究分野

  • 農学 / 農芸化学 / 応用生物化学

研究キーワード

  • ビタミンC
  • 遺伝子組換え植物
  • 植物
  • 酵素
  • アスコルビン酸
  • 転写因子
  • 酸化的ストレス
  • 遺伝子

所属学会

  • 広島バイオテクノロジー推進協議会, 2007年
  • 日本植物生理学会, 2006年
  • 日本農芸化学会, 1990年
  • 日本農芸化学会中四国支部, 2001年
  • 日本ビタミン学会, 2000年

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 3ターム, 食の安心・安全と健康科学
  2. 2019年, 教養教育, 2ターム, 生命・食・環境のサイエンス
  3. 2019年, 教養教育, 3ターム, キャリア教養講座-世界に通用する高い社会人力を身につける-
  4. 2019年, 教養教育, 4ターム, キャリアデザイン講座-先輩プロフェッショナルが「あなたの未来」のために語る-
  5. 2019年, 学部専門, 1ターム, 分子生物学入門
  6. 2019年, 学部専門, 集中, 基礎化学実験
  7. 2019年, 学部専門, 2ターム, Introduction to Applied Biological Science I
  8. 2019年, 学部専門, 1ターム, 植物バイオサイエンス入門
  9. 2019年, 学部専門, 3ターム, 酵素・蛋白質化学
  10. 2019年, 学部専門, 集中, 酵素化学実験
  11. 2019年, 学部専門, 1ターム, 植物分子生物学
  12. 2019年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  13. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子生命開発学演習(B)
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分子生命開発学演習(B)
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生命開発学実験
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 植物分子生命科学
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 学術ボランティア演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Increase in Ascorbate Content of Transgenic Tobacco Plants Overexpressing the Acerola (Malpighia glabra) Phosphomannomutase Gene, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 50巻, 2号, pp. 423-428, 200902
  2. Gene expression of ascorbic acid biosynthesis related enzymes of the Smirnoff-Wheeler pathway in acerola (Malpighia glabra), JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY, 166巻, 6号, pp. 652-660, 2009
  3. RNAi-mediated knockdown of the XIP-type endoxylanase inhibitor gene, OsXIP, has no effect on grain development and germination in rice., Plant Cell Physiology, 49巻, 7号, pp. 1122-1127, 20080701
  4. Analysis of GDP-D-mannose pyrophosphorylase gene promoter from acerola (Malpighia glabra) and increase in ascorbate content of transgenic tobacco expressing the acelora gene, Plant and Cell Physiology, 49巻, 1号, pp. 126-132, 20080101
  5. Two G-box-like elements essential to high gene expression of SlAKR4B in tomato leaves, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 82巻, 3号, pp. 425-432, 20180131
  6. A novel regulatory element responsible for high transcriptional expression of acerola GDP-d-mannose pyrophosphorylase gene, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 81巻, 6号, pp. 1194-1197, 2017
  7. Gene expression and promoter analysis of a novel tomato aldo-keto reductase in response to environmental stresses., J. Plant Physiol., 200巻, 8号, pp. 35-44, 20160801
  8. Cloning and gene expression analysis of ascorbic acid biosynthesis enzymes in Moringa oleifera., African Journal of Agricultural Research, 10巻, 22号, pp. 2274-2285, 20150528
  9. Enhanced Salt-Mediated Oxidative Stress Tolerance in Transgenic Tobacco Overexpressing Acerola GDP-L-galactose Phosphorylase and Phosphomannomutase Genes., International Journal of Development Research, 4巻, 10号, pp. 2024-2028, 201410
  10. Analysis of Ascorbic Acid Biosynthesis Using a Simple Transient Gene Expression System in Tomato Fruit Protoplasts, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 77巻, 3号, pp. 673-675, 201303
  11. Comparative physiological analysis of salinity tolerance in rice, SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION, 59巻, 6号, pp. 896-903, 201312
  12. Characterization of Secretory Phospholipase A(2) with Phospholipase A(1) Activity in Tobacco, Nicotiana tabacum (L.), LIPIDS, 47巻, 3号, pp. 303-312, 201203
  13. Overexpression of the acerola (Malpighia glabra) monodehydroascorbate reductase gene in transgenic tobacco plants results in increased ascorbate levels and enhanced tolerance to salt stress, SOUTH AFRICAN JOURNAL OF BOTANY, 78巻, pp. 295-301, 201201
  14. Molecular Cloning and Characterization of L-Galactose-1-phosphate Phosphatase from Tobacco (Nicotiana tabacum), BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 76巻, 6号, pp. 1155-1162, 201206
  15. Gene expression of monodehydroascorbate reductase and dehydroascorbate reductase during fruit ripening and in response to environmental stresses in acerola (Malpighia glabra), J. Plant Physiol, 168巻, 6号, pp. 619-617, 20110401
  16. Light Regulation of Ascorbic Acid Biosynthesis in Rice via Light Responsive cis-Elements in Genes Encoding Ascorbic Acid Biosynthetic Enzymes, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 74巻, 4号, pp. 888-891, 201004
  17. Plant catalase is imported into peroxisomes by pex5p but is distinct from typical PTS1 import, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 49巻, 4号, pp. 671-677, 200804
  18. Analysis of GDP-D-mannose pyrophosphorylase gene promoter from acerola (Malpighia glabra) and increase in ascorbate content of transgenic tobacco expressing the acerola gene, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 49巻, 1号, pp. 126-132, 200801
  19. RNAi-Mediated knockdown of the XIP-type endoxylanase inhibitor gene, OsXIP, has no effect on grain development and germination in rice, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 49巻, 7号, pp. 1122-1127, 200807
  20. Expression of multi-copy flavonoid pathway genes coincides with anthocyanin, flavonol and flavan-3-ol accumulation of grapevine, VITIS, 47巻, 3号, pp. 135-140, 2008
  21. ★, Induction of a novel XIP-type xylanase inhibitor by external ascorbic acid treatment and differential expression of XIP-family genes in rice., Plant Cell Physiology, 48巻, 5号, pp. 700-714, 20070501
  22. 環境応答に伴う植物カタラーゼのペルオキシゾームへの輸送調節機構の解明, 2007年度特定領域研究「植物の環境適応戦略としてのオルガネラの分化」研究成果報告書, pp. 5, 20070616
  23. Cloning and expression of GDP-D-mannose pyrophosphorylase gene and ascorbic acid content of acerola (Malpighia glabra L.) fruit at ripening stages., Plant Physiol Biochem., 45巻, 9号, pp. 665-72, 20070901
  24. Induction of a novel XIP-type xylanase inhibitor by external ascorbic acid treatment and differential expression of XIP-family genes in rice, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 48巻, 5号, pp. 700-714, 200705
  25. Cloning and expression of GDP-D-mannose pyrophosphorylase gene and ascorbic acid content of acerola (Malpighia glabra L.) fruit at ripening stages, PLANT PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 45巻, 9号, pp. 665-672, 200709
  26. Molecular cloning and effect of c-fos mRNA on pharmacological stimuli in the goldfish brain, COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY D-GENOMICS & PROTEOMICS, 1巻, 2号, pp. 253-259, 200606
  27. Rapid quantification methods for genetically modified maize contents using genomic DNAs pretreated by sonication and restriction endonuclease digestion for a capillary-type real-time PCR system with a plasmid reference standard, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 70巻, 12号, pp. 2965-2973, 200612
  28. Expression of VvmybA1 gene and anthocyanin accumulation in various grape organs, AMERICAN JOURNAL OF ENOLOGY AND VITICULTURE, 57巻, 4号, pp. 507-510, 2006
  29. Expression of the flavonoid 3’-hydroxylase and flavonoid 3’, 5’-hydroxylase genes and flavonoid composition in grape (Vitis vinifera)., Plant Science, 170巻, 1号, pp. 61-69, 20060401
  30. Quantification of genetically modified soybeans using a combination of a capillary-type realtime PCR system and a plasmid reference standard, Biosci. Biotechnol. Biochem., 70巻, 4号, pp. 821-827, 20060401
  31. Rapid Quantification Methods of Genetically Modified Maize Contents Using Genomic DNAs Pretreted By Sonicaiton and Restriction Endonuclease Digestion For a Capillary-Type Real-Time PCR System with a Plasmid Reference Standard., Biosci. Biotechnol. Biochem., 70巻, 12号, pp. 2965-2973, 20061201
  32. Expression of VvmybA1 Gene and Anthocyanin Accumulation in Various Grape Organs., Am. J. Enol. Vitic., 57巻, 4号, pp. 507-510, 20060401
  33. Expression of Multi-copy Genes Encoding Chalcone Synthase and Flavanone 3-Hydroxylase Related to Anthocyanin and Flavonol Accumulation of Grapevine., 27th International Horiticultural Congress & Exhibition, pp. P225, 20060813
  34. Expression of VvmybA1 gene and anthocyanin accumulation in various grape organs., 27th International Horiticultural Congress & Exhibition, pp. 243, 20060813
  35. MOLECULAR CLONING AND EXPRESSION OF GDP-D-MANNOSE-3’, 5’-EPIMERASE DURING FRUIT DEVELOPMENT IN ACEROLA (MALPIGHIA GLABRA)., 27th International Horiticultural Congress & Exhibition, pp. 218, 20060813
  36. Expression of the flavonoid 3 '-hydroxylase and flavonoid 3 ',5 '-hydroxylase genes and flavonoid composition in grape (Vitis vinifera), PLANT SCIENCE, 170巻, 1号, pp. 61-69, 200601
  37. Quantification of genetically modified soybeans using a combination of a capillary-type real-time PCR system and a plasmid reference standard, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 70巻, 4号, pp. 821-827, 200604
  38. Generation and properties of ascorbic acid-overproducing transgenic tobacco cells expressing sense RNA for l-galactono-1,4-lactone dehydrogenase., Planta, 220巻, 6号, pp. 854-863., 20050401
  39. Partial cloning and expression of mRNA coding choline acetyltransferase in the spinal cord of the goldfish, Carassius auratus., Comp. Biochem. Physiol., 141巻, 3号, pp. 253-260, 20050401
  40. Partial cloning and the expression of mRNA coding choline acetyltransferase in the spinal cord of the goldfish, Carassius auratus, Comparative Biochemistry and Physiology, 141B巻, pp. 253-260, 20050701
  41. Molecular Cloning, Expression and Characterization of Secretory Phospholipase A2 in Tobacco, Lipids, 40巻, 9号, pp. 901-908, 20050901
  42. Generation and properties of ascorbic acid-overproducing transgenic tobacco cells expressing sense RNA for L-galactono-1,4-lactone dehydrogenase, PLANTA, 220巻, 6号, pp. 854-863, 200504
  43. Suppressed expression of the apoplastic ascorbate oxidase gene increases salt tolerance in tobacco and Arabidopsis plants, JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY, 56巻, 417号, pp. 1785-1796, 200507
  44. Partial cloning and expression of mRNA coding choline acetyltransferase in the spinal cord of the goldfish, Carassius auratus, COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY, 141巻, 3号, pp. 253-260, 200507
  45. Osmotolerance and growth stimulation of transgenic tobacco cells accumulating free proline by silencing proline dehydrogenase expression with double-stranded RNA interference technique, PHYSIOLOGIA PLANTARUM, 125巻, 2号, pp. 224-234, 200510
  46. Molecular cloning, expression, and characterization of secretory phospholipase A(2) in tobacco, LIPIDS, 40巻, 9号, pp. 901-908, 200509
  47. Function and Biosynthesis of Ascorbic Acid in Plants., International workshop: Cell and Molecular Biology of Tobacco BY-2 cells., pp. 39-40, 20040401
  48. ★, The Dof domain, a zinc finger DNA-binding domain conserved only in higher plants, truly functions as a Cys2/Cys2 Zn finger domain., Plant Journal, 37巻, 5号, pp. 741-749, 20040501
  49. Effects of plant hormones and shading on the accumulation of anthocyanins and the expression of anthocyanin biosynthetic genes in grape berry skins., Plant Sci., 167巻, pp. 247-252, 20040401
  50. 食の生命科学、迷える遺伝子組換え食品の未来、, 広大生物圏出版会, pp. 85-103, 20040401
  51. DNA-binding function and physiological function of the Dof transcription factors conserved only in higher plants., International Conference on Arabidopsis Research, pp. T09?038, 20040501
  52. The Dof domain, a zinc finger DNA-binding domain conserved only in higher plants, truly functions as a Cys2/Cys2 Zn finger domain, PLANT JOURNAL, 37巻, 5号, pp. 741-749, 200403
  53. Effects of plant hormones and shading on the accumulation of anthocyanins and the expression of anthocyanin biosynthetic genes in grape berry skins, PLANT SCIENCE, 167巻, 2号, pp. 247-252, 200408
  54. Identification of peroxisomal targeting signal of pumpkin catalase and the binding analysis with PTS1 receptor., Plant J., 33巻, 1号, pp. 161-175, 20030101
  55. Bacterial expression of three group IB phospholipase A2 isoforms of the Red sea bream, Pagrus major, 日本水産学会誌, 69巻, pp. 1263-1270, 20030401
  56. A simple and eficient method for high fidelity PCR cloning using antibody-neutralizing technology., Biosci. Biotechnol. Biochem., 67巻, 9号, 20030401
  57. Improvement of reverse transcription PCR by RNase H., Biosci. Biotechnol. Biochem., 67巻, 11号, pp. 2474-2476, 20030401
  58. Gene Cloning and Function Analysis of Replication Factor C from Thermococcus kodakaraensis KOD1., Biosci. Biotechnol. Biochem., 67巻, 11号, pp. 2373-2380, 20030401
  59. Recombinant expression and characterization of three group IB phospholipase A2 isoforms in the red sea bream Chrysophrys major., Fisheries Science, 69巻, pp. 1263-1270, 20030401
  60. Biological function and biosynthesis of L-ascorbic acid in higher plants., Recent Res. Devel. Plant Cell Physiol., 1巻, pp. 19-29, 20030401
  61. cDNA cloning and gene expression of phospholipase A2 in pearl millet and tobacco., In Plant Biology 2003= the 2003 annual meeting of the the American Society of Plant Physiologists, pp. 188, 20030401
  62. Molecular mechanism for catalase import into peroxisomes in Arabidopsis thaliana., In Plant Biology 2003= the 2003 annual meeting of the the American Society of Plant Physiologists, pp. 246, 20030401
  63. 光合成事典, 学会出版センター, 20030401
  64. Identification of peroxisomal targeting signal of pumpkin catalase and the binding analysis with PTS1 receptor, PLANT JOURNAL, 33巻, 1号, pp. 161-175, 200301
  65. A simple and efficient method for high fidelity PCR cloning using antibody-neutralizing technology, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 67巻, 9号, pp. 2034-2037, 200309
  66. Gene cloning and function analysis of replication factor C from Thermococcus kodakaraensis KOD1, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 67巻, 11号, pp. 2373-2380, 200311
  67. Improvement of reverse transcription PCR by RNase h, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 67巻, 11号, pp. 2474-2476, 200311
  68. Recombinant expression and characterization of three group IB phospholipase A(2) isoforms in the red sea bream Chrysophrys major, FISHERIES SCIENCE, 69巻, 6号, pp. 1263-1270, 200312
  69. Gene expression of ascorbic acid-related enzymes in tobacco, PHYTOCHEMISTRY, 61巻, 6号, pp. 631-635, 200211
  70. Gene expression of ascorbic acid-related enzymes in tobacco., Phytochemistry, 61巻, 6号, pp. 631-635, 20020401
  71. Gene cloning and PCR-application of proliferating cell nuclear antigen from Thermococcus kodakaraensis KOD1., Biosci. Biotechnol. Biochem., 66巻, 10号, pp. 2194-2200, 20020401
  72. Gene cloning and polymerase chain reaction with proliferating cell nuclear antigen from Thermococcus kodakaraensis KOD1, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 66巻, 10号, pp. 2194-2200, 200210
  73. 植物のアスコルビン酸は細胞分裂・伸長を調節する。 酸化還元状態の違いによって細胞周期の調節に関与か?, 化学と生物, 39巻, pp. 428-431, 20010401
  74. Generation and properties of ascorbic acid-deficient transgenic tobacco cells expressing antisense RNA for L-galactono-1, 4-lactone dehydrogenase., Plant J., 27巻, pp. 139-148, 20010401
  75. A basic class I chitinase expression in winged bean is up-regulated by osmotic stress., Biosci. Biotechnol. Biochem., 65巻, 7号, pp. 1663-1668, 20010701
  76. Cloning and expression of group IB phospholipase A2 isoforms in the red sea bream, Pagrus major., Lipids, 36巻, 5号, pp. 499-506, 20010501
  77. Cloning and Expression of Two Group IB Phospholipase A2 Isoforms in Red sea bream, Chrysophrys major, Lipids, 36巻, 5号, pp. 499-506, 20010501
  78. Germination and Properties of Ascorbic Acid-deficient Transgenic Tobacco Cells Expressing Antisense RNA for L-galactono-1,4-lactone Dehydrogenase, The Plant Journal, 27巻, 2号, 20010201
  79. Cloning and expression of group IB phospholipase A(2) isoforms in the red sea bream, Pagrus major, LIPIDS, 36巻, 5号, pp. 499-506, 200103
  80. A basic class I chitinase expression in winged bean is up-regulated by osmotic stress, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 65巻, 7号, pp. 1663-1668, 200107
  81. Generation and properties of ascorbic acid-deficient transgenic tobacco cells expressing antisense RNA for L-galactono-1,4-lactone dehydrogenase, PLANT JOURNAL, 27巻, 2号, pp. 139-148, 200107
  82. ★, Expansion of transgenic tobacco protoplasts expressing pumpkin ascorbate oxidase in more rapid than that of wild-type protoplats,, Planta, 210巻, 6号, pp. 1018-1022, 20000401
  83. Characterigation of a basic chitinase which is secreted to apoplast of cultured pumpkin cells., Physiologia Plantarum, 110巻, pp. 232-239, 20000401
  84. Purification, characterization, and molecular cloning of group I phospholipases A2 from the gills of the red sea bream, Pagrus major., Lipids, 35巻, 12号, pp. 1359-1370, 20000101
  85. Cloning and Expression of Group I Phospholipases A2 from the Gills of the Red sea bream, Pagrus major, Lipids, 35巻, 12号, pp. 1359-1370, 20001201
  86. Gene expression and secretion of chitinases in plant cultured cells., Current Topics in Plant Biology, pp. 181-193, 20000401
  87. Purification, characterization, and molecular cloning of group I phospholipases A2 from the gills of the red sea bream, Pagrus major., Lipids, 35巻, 12号, pp. 1359-1370, 20001201
  88. Expansion of transgenic tobacco protoplasts expressing pumpkin ascorbate oxidase is more rapid than that of wild-type protoplasts, PLANTA, 210巻, 6号, pp. 1018-1022, 200005
  89. Characterization of a basic chitinase which is secreted by cultured pumpkin cells, PHYSIOLOGIA PLANTARUM, 110巻, 2号, pp. 232-239, 200010
  90. Purification, characterization, and molecular cloning of group I phospholipases A(2) from the gills of the Red Sea bream, Pagrus major, LIPIDS, 35巻, 12号, pp. 1359-1370, 200012
  91. 植物のアスコルビン酸酸化酵素は細胞伸長に関与する。, ビタミン, 73巻, 7号, pp. 408-411, 19990401
  92. 植物で次々と見つかる新規Znフィンガー型タンパク質, 化学と生物, 37巻, 6号, pp. 356-359, 19990401
  93. Structure and function of a novel zinc finger DNA-binding domain, Dot domain, widely conserved in Plants., Current Topics in Plant Biology, 1巻, pp. 133-143, 19990401
  94. Changes in ascorbate oxidase gene expression and ascorbate levels in cell division and cell elongation in tobacco cells., Physiol. Plant., 105巻, 2号, pp. 1018-1022., 19990401
  95. Gene expression and function of ascorbate oxidase in higher plants., Recent Research Developments in Phytochemistry, 2巻, pp. 315-326, 19980401
  96. Functional analyses of Dof domain, a zinc finger DNA-binding domain, in a pumpkin DNA-binding protein AOBP., FEBS Letters, 430巻, 3号, pp. 251-256, 19980301
  97. cDNA cloning, gene expression and secretion of chitinase in winged bean., Plant Cell Physiol., 39巻, 3号, pp. 349-356, 19980301
  98. Characterization and expression of a new class of zinc finger protein that binds to silencer region of ascorbate oxidase gene., Plant Cell Physiol., 39巻, 10号, pp. 1054-1064, 19980101
  99. cDNA cloning and differential gene expression of three catalases in pumpkin., Plant Mol. Biol., 33巻, 1号, pp. 141-155, 19970101
  100. Cloning of the pumpkin ascorbate oxidase gene and analysis of a cis-acting region involved in induction by auxin., Plant Cell Physiol., 38巻, 5号, pp. 631-637, 19970501
  101. cDNA cloning and gene expression of ascorbate oxidase in tobacco., Plant Mol. Biol., 30巻, 4号, pp. 833-837, 19960201
  102. Specific secretion of proline-rich proteins by salt-adapted winged bean cells, Plant Cell Physiol., 36巻, 3号, pp. 441-446, 19950401
  103. Putative zinc-binding domain of plant transcription factor, AOPB, is related to DNA-binding of steroid hormone receptors and GATA1., Proc. Japan Acad., 71巻, pp. 288-292, 19950401
  104. Secretion of basic and acidic chitinases from salt-adapted and-unadapted winged bean cells, Physiol. Plant., 92巻, pp. 90-96, 19940401
  105. Analysis of cDNA clone for protein binding to directrepeated AT-rich sequence in 5’ upstream region of ascorbate oxidase gene from pumpkin, Proceedings of The Eighth International Conference of the International Society of Differentiation., pp. 176, 19940401
  106. 高等植物のアスコルビン酸酸化酵素遺伝子の発現調節(総合論文), ビタミン, 67号, pp. 301-310, 19930401
  107. Marked induction of basic chitinase in pumpkin in response to wounding., Phytochemistry, 34巻, 3号, pp. 631-635, 19930301
  108. Specific and abundant secretion of novel hydroxyproline-rich glycoprotein from salt-adapted winged bean cells., Plant Physiol., 100巻, pp. 1339-1345, 19920401
  109. Regulation of ascorbate oxidase expression in pumpkin by auxin and copper., Plant Physiol., 100巻, 1号, pp. 231-237, 19920901
  110. カボチャ培養細胞のアスコルビン酸酸化酵素の発現および分泌生産に関する遺伝子レベルの研究, 日本農芸化学会誌, 65号, pp. 1023-1024, 19910401
  111. ★, Molecular cloning and nucleotide sequence of full-length cDNA for ascorbate oxidase from cultured pumpkin cells., Eur. J. Biochem., 191巻, 3号, pp. 537-541, 19900801
  112. Purification and characterization of abundant secreted protein in suspension-cultured pumpkin cells. : Abundant secreted protein may be a chitinase., Plant Physiol., 93巻, 3号, pp. 1037-1041, 19900701
  113. Stimulation of ascorbate oxidase secretion from cultured pumpkin cells by eosine yellowish and potassium salicylate., Phytochemistry, 29巻, 5号, pp. 1547-1549, 19900501
  114. Rheological Properties of Corn oil-Water O/W Emulsions, Proceedings of 6th Internattional Congress on Engineering and Food, pp. 176-184, 19900401
  115. マイクロ波加熱による酵素・タンパク質の失活変性., New Food Industry, 32巻, 6号, pp. 51-66, 19900601
  116. 植物培養細胞におけるアスコルビン酸酸化酵素の生産分泌の調節., 化学と生物, pp. 351-353, 19900601
  117. Low Temperature Drying of Agar Gel Sphere in Desiccated Cold Air Flow, Journal of Food Science, 54巻, 2号, pp. 416-418, 457, 19890401
  118. Increases in the Acidity and Protein Amount of Ascorbate Oxidase during the Germination of Pumpkin Seeds, Agricultural and Biological Chemistry, 53巻, 4号, pp. 1181-1182, 19890401
  119. Stimulation of Ascorbate Oxidase Secretion from Cultured Pumpkin Cells by Divalent Cations, Phytochemistry, 28巻, 10号, pp. 2655-2658, 19890101
  120. Stimulation of ascorbate oxidase secretion from cultured pumpkin cells by divalent cations., Phytochemistry, 28巻, 10号, pp. 2655-2658, 19890101
  121. Secretion of ascorbate oxidase from suspension-cultured pumpkin cells。, Phytochemistry, 28巻, 1号, pp. 117-119, 19890101
  122. Increases in the activity and protein amount of ascorbate oxidase during the germination of pumpkin seeds., Agric. Biol. Chem., 53巻, 4号, pp. 1181-1182, 19890401
  123. Low temperature drying of agar gel sphere in desiccated cold air flow., J. Food Sci., 54巻, 2号, pp. 416-418, 19890201
  124. Secretion of Ascorbate Oxidase by Suspension-cultured Pumpkin Cells, Phytochemistry, 28巻, 1号, pp. 117-119, 19890101
  125. 円柱状ジャガイモのマイクロ波加熱におけるクッキング速度式の設定に関する研究, 35巻, 2号, pp. 78-82, 19880201
  126. Formation of Ascorbate Oxidase in Cultured Pumpkin Cells, Plant Cell Physiology, 29巻, 2号, pp. 231-235, 19880201
  127. Marked Increase in Ascorbate Oxidase Protein in Pumpkin Callus by adding Copper, Plant Physiology, 88巻, 4号, pp. 656-660, 19880401
  128. Marked increase in ascorbate oxidase protein in pumpkin callus by adding copper., Plant Physiol., 88巻, 3号, pp. 656-660, 19881101
  129. Formation of ascorbate oxidase in cultured pumpkin cells., Plant Cell Physiol., 29巻, 2号, pp. 231-235, 19880301
  130. 円柱状ジャガイモのマイクロ 波加熱におけるクッキング速度式の設定に関する研究., 日本食品工業学会誌, 35巻, 2号, pp. 78ー82, 19880201
  131. 蒸煮米の振動流動層凍結乾燥とその製品特性., 日本食品工業学会誌, 35巻, 3号, pp. 181ー187, 19880301
  132. 蒸煮米の振動流動層凍結乾燥とその製品特性, 35巻, 3号, pp. 181-187, 19880301
  133. Effects of microwave heating on lipoxygenase and trypsin inhibitor activities, and water absorption of winged bean seeds., J. Food Sci., 52巻, 6号, pp. 1738-1739, 19871101
  134. マイクロ波加熱によるデンプン性食品の殺菌., 日本食品工業学会誌, 34巻, 2号, pp. 69ー76, 19870201
  135. マイクロ波加熱によるデンプン性食品の殺菌, 34巻, 2号, pp. 69-76, 19870201
  136. Effects of Microwave Heating on Lipoxygenase and Tryosin Inhibitor Activities, and Water Absorption of Winged Seeds, Journal of Food Science, 52巻, 6号, pp. 1738-1739, 19871201
  137. Inactivation of lipoxygenase and trypsin inhibitor in soybeans on microwave irradiation., Agric. Biol. Chem., 50巻, 9号, pp. 2395-2396, 19860901
  138. Inactivation of Lipoxygenase and Trypsin Inhibitor in Soybeans on Microwave Irradiation, Agricultural and Biological Chemistry, 50巻, 9号, pp. 2395-2396, 19860901
  139. Determination method for L-ascorbic acid in foods with immobilized ascorbate oxidase., Agric. Biol. Chem., 49巻, 10号, pp. 2955-2960, 19850101
  140. 卵白,卵黄ゲルの熱拡散率の算出に関する研究, 32巻, 1号, pp. 51-55, 19850101
  141. Determination Method for L-Ascorbic Acid in Foods with Immobilized Ascorbate Oxidase, Agricultural and Biological Chemistry, 49巻, 10号, pp. 2955-2960, 19850101
  142. 卵白、卵黄ゲルの熱拡散率の算出に関する研究., 日本食品工業学会誌, 32巻, 1号, pp. 51ー55, 19840101
  143. Over-all Drying Rate Equations of Foodstuffs, Proceedings of 4th International Drying Simposium, pp. 322-327, 19840401
  144. Characteristices of Vibro-Fluidized Bed Freeze Drying, Proceedings of 4th International Drying Simposium, pp. 433-438, 19840401
  145. Effect of ethylene on the increase in catalase activity through microbody development in wounded sweet potato root tissue., Plant Cell Physiol., 24巻, 4号, pp. 625-633, 19830401
  146. Mechanism of the increase in catalase activity through microbody development in wounded sweet potato root tissue., Plant Cell Physiol., 24巻, 4号, pp. 615-623, 19830401
  147. 固体状食品のレオロジー特性測定のための簡便な測定装置試作と利用., ケミカル・エンジニアリング, 28巻, 7号, pp. 48-52, 19830701
  148. Studies on microbody development in wounded sweet potato root tissue: Proposal for the post-translational transport of catalase into preexisting microbodies., Plant Cell Physiol., 23巻, 8号, pp. 1463-1466, 19820801
  149. Purification and properties of catalase from sweet potato root microbodies., Plant Cell Physiol., 23巻, 2号, pp. 315-322, 19820201
  150. Isolation of microbodies from sweet potato root tissue and their development during aging of slices., Plant Cell Physiol., 20巻, 7号, pp. 1433-1440, 19790701

著書等出版物

  1. 2018年03月01日, Ascorbic acid in plant growth, development and stress tolerance., Regulation of ascorbic acid biosynthesis in plants., アスコルビン酸 植物, Springer, 2018年, 3, 単行本(学術書), 共著, E, Suekawa M, Kondo T, Fujikawa Y and Esaka M, 978-3-319-74056-0, 514, 20
  2. 2018年03月01日, Ascorbic acid in plant growth, development and stress tolerance., Physiological role of ascorbic acid recycling enzymes in plants., アスコルビン酸,植物, Springer, 2018年, 3, 単行本(学術書), 共著, E, Suekawa M, Fujikawa Y and Esaka M, 978-3-319-74056-0, 514, 19
  3. 2011年, 生命・食・環境のサイエンス, 共立出版, 2011年, 11, 単行本(学術書), 監修, 江坂宗春監修, 9.78E+12
  4. 2000年, 製パン用麦のアスコルビン酸酸化酵素遺伝子の発現とアスコルビン酸量の解析. 財団法人エリザベス・アーノルド富士財団平成11年度報告書, 財団法人エリザベス・アーノルド富士財団, 2000年, 単著
  5. 1998年, 植物カタラーゼのミクロボデイーへの輸送機構の解析. 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所共同研究報告書(1996・1997年度)第6号, 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所, 1998年, 単著
  6. 2001年03月, 遺伝子組換え食品、海と大地の恵みのサイエンス, 共立出版, 2001年, 3, 単行本(一般書), 共著
  7. 2001年, 遺伝子組換え食品、海と大地の恵みのサイエンス(共立出版株式会社), 2001年
  8. 1999年, 耐塩性シカクマメ培養細胞の耐塩性獲得機構の解明. 財団法人ソルト・サイエンス研究財団平成10年度助成研究発表会報告書, 財団法人ソルト・サイエンス研究財団, 1999年, 単著
  9. 1996年, 高等植物カタラーゼの環境応答に伴う遺伝子発現調節. 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所共同研究報告書(1994・1995年度)第5号, 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所, 1996年, 単著
  10. 1991年07月, マイクロ波加熱による酵素・タンパク質の失活変性、食品の物性(第16集)., 食品資材研究会, 1991年, 7, 共著
  11. 1991年02月, 植物有用酵素アスコルビン酸酸化酵素及びキチナーゼの効率的生産、化学工学シンポジウムシリーズ25, 生物機能の応用とバイオリアクター., 化学工学会, 1991年, 2, 共著
  12. 1991年, 食品のマイクロ波加熱における速度論的研究. 化学工学シンポジウムシリーズ27, 食品化学工学 3, 化学工学会, 1991年, 共編著
  13. 1991年, マイクロ波加熱による酵素・タンパク質の失活変性, 食品の物性(第16集)=食品資材研究会, 1991年
  14. 2001年, ビタミンC高含量遺伝子組み換えコメの作成に関する研究. 食に関する助成研究調査報告書 14号, 財団法人すかいらーくフードサイエンス研究所, 2001年, 単著
  15. 2000年, 耐塩性シカクマメ培養細胞の耐塩性獲得機構の解明. 財団法人ソルト・サイエンス研究財団平成10年度助成研究報告書, 財団法人ソルト・サイエンス研究財団, 2000年, 単著
  16. 1993年, Cucurbita pepo (pumpkin) : In vitro production of ascorbate oxidase. Biotechnology in Agriculture and Forestry., Springer-Verlag= Berlin Heidelberg, 1993年
  17. 1993年01月, Cucurbita pepo (pumpkin): In vitro production of ascorbate oxidase. Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 21 Medicinal and Aromatic Plants IV., Springer-Verlag, 1993年, 1, 共著
  18. 1993年03月, 植物生産とバイオテクノロジー、生物生産学のプロローグ, 共立出版, 1993年, 3, 単行本(一般書), 共著
  19. 1999年, 製パン用麦のアスコルビン酸酸化酵素遺伝子の発現とアスコルビン酸量の解析. 財団法人エリザベス・アーノルド富士財団平成10年度報告書, 財団法人エリザベス・アーノルド富士財団, 1999年, 単著
  20. 2009年03月, 分子から見た生命の不思議, 広大生物圏出版会, 2009年, 3, 教科書, 共編著, 4925221191, 148
  21. 1990年, Rheological properties of corn oil-water o/w emulsions. Proc. Fifth Internatl. Congr. Eng. Food., Cologne, 1990年, 共編著, 江坂 宗春
  22. 1988年, マイクロ波加熱における液状試料のエネルギー吸収と円筒状ジャガイモのクッキング速度式の設定に関する研究. 食品化学工学 2, 化学工学協会, 1988年, 共編著, 江坂 宗春
  23. 1988年, 加圧式円筒粘度計を用いた液状食品の流動特性の測定. 食品化学工学 2, 化学工学協会, 1988年, 共編著, 江坂 宗春
  24. 1985年, Characteristics of vibro-fluidized bed freeze drying. Drying’ 85., Hemisphere Pub.Co., 1985年, 共編著, 江坂 宗春
  25. 1985年, Over-all drying-rate equations of foodstuffs. Drying’ 85., Hemisphere Pub.Co., 1985年, 共編著, 江坂 宗春
  26. 1983年, 凡用的細管粘度計による液状食品の流動特性の測定に関する研究.食品化学工学 1, 化学工学協会, 1983年, 共編著, 江坂 宗春
  27. 2005年, アスコルビン酸高含量ストレス抵抗性トマトの作成, 広島大学大学院生物圏科学研究, 研究代表者 江坂宗春
  28. 2001年, アスコルビン酸高含量遺伝子組換えイネの作成に関する研究, 広島大学大学院生物圏科学研究, 研究代表者 江坂宗春
  29. 1983年, 傷害サツマイモ塊根組織でのミクロボディーの発達に関する研究, [出版者不明, 江坂宗春 [著]
  30. 2001年, アスコルビン酸高含量遺伝子組換え穀類の作成に関する研究, 食生活科学・文化及び地球環境科学に関する研究助成研究紀要, 江坂 宗春
  31. 1984年12月, 簡便なテクスチャー測定用装置の製作と,大豆のクッキングにおける各種物性値測定に関する研究〔英文〕, 広島大学生物生産学部紀要 / 広島大学生物生産学部 編, 久保田 清;江坂 宗春;鈴木 寛一
  32. 1993年07月, 高等植物のアスコルビン酸酸化酵素遺伝子の発現調節, ビタミン, 江坂 宗春
  33. 2001年07月, 今日の話題 植物のアスコルビン酸は細胞分裂・伸長を調節する--酸化還元状態の違いによって細胞周期の調節に関与か?, 化学と生物 : 日本農芸化学会会誌 : 生命・食糧・環境 / 日本農芸化学会 編, 田畑 和文;江坂 宗春
  34. 1991年06月, (財)農芸化学研究奨励会第17回(平成元年度)研究奨励金受領者研究報告-2-, 日本農芸化学会誌 : 生命・食糧・環境, 江坂 宗春 他;江坂 宗春
  35. 1999年06月, 植物で次々と見つかる新規Znフィンガー型タンパク質--植物特有のZnフィンガーか?, 化学と生物 : 日本農芸化学会会誌 : 生命・食糧・環境 / 日本農芸化学会 編, 江坂 宗春;木須 康智
  36. 1994年, 植物のアスコルビン酸酸化酵素遺伝子のオーキシンによる発現調節と細胞成長, 江坂, 宗春, 広島大学;江坂, 宗春
  37. 1998年, 植物のアスコルビン酸酸化酵素のオーキシンによる発現調節と細胞伸長, 江坂, 宗春, 広島大学;江坂, 宗春
  38. 1999年07月, 植物のアスコルビン酸酸化酵素は細胞伸長に関与する, ビタミン, 江坂 宗春;加藤 直洋
  39. 1990年06月, 植物培養細胞におけるアスコルビン酸酸化酵素の生産分泌の調節--アスコルビン酸酸化酵素はストレスタンパク質か(今日の話題), 化学と生物 : 日本農芸化学会会誌 : 生命・食糧・環境 / 日本農芸化学会 編, 江坂 宗春
  40. 2000年03月, 耐塩性シカクマメ培養細胞の耐塩性獲得機構の解明, 助成研究報告集, 江坂 宗春;西村 幹夫;田中 善之 他;田中 善之
  41. 2001年, ビタミンC高含量遺伝子組み換えコメの作成に関する研究, 食に関する助成研究調査報告書 / すかいらーくフードサイエンス研究所 [編], 江坂 宗春
  42. 2006年11月, フロンティア 植物のビタミンCは今, 日本の科学者 / 日本科学者会議 編, 江坂 宗春
  43. 1987年02月, マイクロ波加熱によるテンプン性食品の殺菌, 日本食品工業学会誌 / 日本食品工業学会 編, 江坂 宗春 他;江坂 宗春
  44. 1991年, カボチャ培養細胞のアスコルビン酸酸化酵素の発現および分泌生産に関する遺伝子レベルの研究, 日本農芸化学会誌, 江坂 宗春
  45. 2003年, タバコのホスホリパーゼA2のcDNAクローニングと遺伝子発現, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 藤川 律子;藤川 愉吉;飯島 憲章;江坂 宗春
  46. 2003年, タバコのペルオキシソーム形成因子とカタラーゼの輸送解析, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 神垣 あかね;大島 良美;真野 昌二;二藤 和昌;林 誠;西村 幹夫;江坂 宗春
  47. 2005年, カタラーゼの輸送におけるペルオキシソーム形成因子の機能解析, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 神垣 あかね;真野 昌二;二藤 和昌;林 誠;西村 幹夫;江坂 宗春
  48. 2006年, 塩ストレスに対するアスコルビン酸酸化酵素の役割, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 浅野 友吾;山本 淳子;田中 義人;日比野 隆;酒巻 史郎;江坂 宗春;大羽 和子;高倍 昭洋
  49. 2006年, カタラーゼのペルオキシソームへの輸送に関わる因子の解析, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 大島 良美;神垣 あかね;真野 昌二;林 誠;西村 幹夫;江坂 宗春
  50. 2006年, タバコの分泌型ホスホリパーゼA2アイソフォームの発現解析, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 藤川 律子;藤川 愉吉;山口 麻里子;飯島 憲章;江坂 宗春
  51. 2006年, タバコのホスホリパーゼA2の酵素性状の解析, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 山口 麻里子;藤川 律子;藤川 愉吉;飯島 憲章;江坂 宗春
  52. 2007年, カタラーゼのペルオキシソームへの特異的輸送に関わる因子の探索と解析, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 大島 良美;神垣 あかね;真野 昌二;林 誠;西村 幹夫;江坂 宗春
  53. 2007年, イネの新規キシラナーゼインヒビターの分子特性と発現様式の解析, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 篤永 隆昌;宮田 佳栄;江坂 宗春
  54. 2008年, シロイヌナズナ変異株を用いたカタラーゼのペルオキシソームへの輸送解析, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 大島 良美;神垣 あかね;真野 昌二;林 誠;西村 幹夫;江坂 宗春
  55. 2009年, イネにおけるプロリン生合成遺伝子P5CSの発現解析, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 井野 宏俊;江坂 宗春;藤川 愉吉
  56. 2009年, 植物カタラーゼのペルオキシソーム内輸送機構の解明, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 前田 裕太郎;藤川 愉吉;江坂 宗春
  57. 2009年, イネの分泌型ホスホリパーゼA2アイソフォームの発現解析, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 木村 裕一;藤川 愉吉;江坂 宗春
  58. 1985年, 卵白,卵黄ゲルの熱拡散率の算出に関する研究, 日本食品工業学会誌, 久保田 清;高瀬 祐美子;鈴木 寛一;江坂 宗春
  59. 1987年, マイクロ波加熱によるでんぷん性食品の殺菌, 日本食品工業学会誌, 江坂 宗春;岡田 貴代美;鈴木 寛一;久保田 清;川上 英之
  60. 1988年, 円柱状じゃがいものマイクロ波加熱におけるクッキング速度式の設定に関する研究, 日本食品工業学会誌, 久保田 清;黒川 真行;鈴木 寛一;江坂 宗春
  61. 1988年, 蒸煮米の振動流動層凍結乾燥とその製品特性, 日本食品工業学会誌, 鈴木 寛一;松本 光雅;久保田 清;江坂 宗春
  62. 2008年, 2 塩ストレスがトウガラシの生育、光合成およびアスコルビン酸濃度に与える影響(関西支部講演会,2007年度各支部会), 日本土壌肥料学会講演要旨集, 東 玲緒奈;中山 宣洋;実岡 寛文;江坂 宗春;山田 智;増永 二之;山本 定博;藤山 英保
  63. 2014年, 2 熱帯樹木モリンガの葉位別成分濃度の変動と地上部切除が生産性に及ぼす影響(関西支部講演会,2013年度各支部会), 日本土壌肥料学会講演要旨集, 秋吉 智紀;上田 晃弘;藤川 愉吉;長岡 俊徳;江坂 宗春;実岡 寛文;Calcano Manuel;Gonzalez Milton Martinez
  64. 2005年, 植物アスコルビン酸の新たな生理機能 : アスコルビン酸が病害抵抗性に関与する?, ビタミン, 篤永 隆昌;江坂 宗春
  65. 1999年, 植物のアスコルビン酸酸化酵素は細胞伸長に関与する, ビタミン, 江坂 宗春;加藤 直洋
  66. 1993年, 高等植物のアスコルビン酸酸化酵素遺伝子の発現調節, ビタミン, 江坂 宗春
  67. 1989年04月05日, 3Da01 カボチャ培養細胞から分泌されるアスコルビン酸酸化酵素と主要タンパク質について, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム : 講演要旨集, 江坂 宗春;河内 凡子;服部 束穂;鈴木 寛一;久保田 清
  68. 1983年04月02日, 3Dp-3 サツマイモ塊根組織におけるカタラーゼの生合成について, 日本植物生理学会年会とシンポジウム講演要旨集, 坂上 茂;江坂 宗春;旭 正
  69. 1982年05月08日, 3Cp-3 サツマイモ塊根ミクロボディー膜の分離と性質, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム : 講演要旨集, 江坂 宗春;高橋 剛;棚橋 直子;旭 正
  70. 1996年03月05日, タバコ培養細胞におけるアスコルビン酸酸化酵素の発現と機能について : 植物, 日本農藝化學會誌, 加藤 直洋;田畑 和文;江坂 宗春
  71. 1996年03月05日, アラビドプシスおよびライスのアスコルビン酸酸化酵素遺伝子の発現様式 : 植物, 日本農藝化學會誌, 廣瀬 綾;加藤 直洋;江坂 宗春
  72. 1996年03月05日, 植物の新規Znフィンガー様DNA結合ドメインを有する蛋白質cDNAのクローニングと解析 : 植物, 日本農藝化學會誌, 小野 智幸;板垣 亨;下古谷 直子;木須 康智;江坂 宗春
  73. 1996年03月05日, マダイのホスホリパーゼA2のcDNAクローニングと発現様式 : 酵素, 日本農藝化學會誌, 奈須 能子;飯島 憲章;高島 靖男;江坂 宗春
  74. 1999年07月25日, 植物のアスコルビン酸酸化酵素は細胞伸長に関与する, ビタミン, 江坂 宗春;加藤 直洋
  75. 2005年02月25日, 植物アスコルビン酸の新たな生理機能 : アスコルビン酸が病害抵抗性に関与する?, ビタミン, 篤永 隆昌;江坂 宗春
  76. 1988年03月15日, 米デンプンのマイクロ波加熱糊化と、その速度論的考察(食品-食品工学-), 日本農藝化學會誌, 黒川 眞行;久保田 清;鈴木 寛一;江坂 宗春
  77. 1988年03月15日, カボチャ培養細胞からのアスコルビン酸酸化酵素の生産と分泌(植物-細胞培養-), 日本農藝化學會誌, 福井 裕;江坂 宗春;西谷 逸男;榎 恵子;鈴木 寛一;久保田 清
  78. 1993年07月25日, 高等植物のアスコルビン酸酸化酵素遺伝子の発現調節, ビタミン, 江坂 宗春
  79. 1995年07月05日, アスコルビン酸酸化酵素遺伝子5'上流域結合蛋白質(AOBP)の構造と発現調節 : 植物, 日本農藝化學會誌, 木須 康智;奈須 能子;江坂 宗春
  80. 2008年09月09日, 2 塩ストレスがトウガラシの生育、光合成およびアスコルビン酸濃度に与える影響(関西支部講演会,2007年度各支部会), 日本土壌肥料学会講演要旨集, 東 玲緒奈;中山 宣洋;実岡 寛文;江坂 宗春;山田 智;増永 二之;山本 定博;藤山 英保
  81. 2010年09月25日, 2S-Cp02 農学、農芸化学におけるJABEEへの取り組み(生物工学教育-高等教育の実質化は大丈夫か-,シンポジウム,伝統の技と先端科学技術の融合), 日本生物工学会大会講演要旨集, 江坂 宗春
  82. 2014年09月09日, 2 熱帯樹木モリンガの葉位別成分濃度の変動と地上部切除が生産性に及ぼす影響(関西支部講演会,2013年度各支部会), 日本土壌肥料学会講演要旨集, 秋吉 智紀;上田 晃弘;藤川 愉吉;長岡 俊徳;江坂 宗春;実岡 寛文;Calcano Manuel;Gonzalez Milton Martinez
  83. 1987年11月, マイクロ波加熱における液状試料のエネルギー吸収に関する研究, 広島大学生物生産学部紀要, 広島大学生物生産学部農林水産研究情報センター, 黒川, 眞行;久保田, 清;鈴木, 寛一;江坂, 宗春
  84. 1990年07月, マイクロ波加熱におけるエネルギー吸収効率の測定に関する研究, 広島大学生物生産学部紀要, 広島大学生物生産学部農林水産研究情報センター, 久保田, 清;于, 秀法;津島, 和美;奥谷, 紀男;田村, 由紀;黒川, 眞行;鈴木, 寛一;江坂, 宗春
  85. 1990年07月, マイクロ波加熱乾燥装置の試作とジャガイモ乾燥に関する研究, 広島大学生物生産学部紀要, 広島大学生物生産学部農林水産研究情報センター, 久保田, 清;呂, 聯通;山下, 洋右;岡崎, 尚;望月, 博範;黒川, 眞行;鈴木, 寛一;江坂, 宗春
  86. 2010年09月25日, 2S-Cp02 農学、農芸化学におけるJABEEへの取り組み(生物工学教育-高等教育の実質化は大丈夫か-,シンポジウム,伝統の技と先端科学技術の融合), 日本生物工学会大会講演要旨集, 日本生物工学会, 江坂,宗春
  87. 1982年05月08日, 3Cp-3 サツマイモ塊根ミクロボディー膜の分離と性質, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム : 講演要旨集, 日本植物生理学会, 江坂,宗春;高橋,剛;棚橋,直子;旭,正
  88. 1983年04月02日, 3Dp-3 サツマイモ塊根組織におけるカタラーゼの生合成について, 日本植物生理学会年会とシンポジウム講演要旨集, 日本植物生理学会, 坂上,茂;江坂,宗春;旭,正
  89. 1989年04月05日, 3Da01 カボチャ培養細胞から分泌されるアスコルビン酸酸化酵素と主要タンパク質について, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム : 講演要旨集, 日本植物生理学会, 江坂,宗春;河内,凡子;服部,束穂;鈴木,寛一;久保田,清

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 農学教育の未来ビジョン, 江坂宗春, 日本農芸化学会名古屋大会, 2018年03月16日, 招待, 日本語, 日本農芸化学会, 名城大学、名古屋
  2. トマトにおけるアスコルビン酸生合成酵素ガラクツロン酸レダクターゼの遺伝子発現機構, 末川麻里奈,藤川愉吉,江坂宗春, 第32回バイオテクノロジー研究成果発表会, 2018年02月05日, 招待, 日本語, 広島バイオテクノロジー推進協議会, 広島市市民交流プラザ,広島
  3. The analysis of gene expression mechanism and physiological function of aldo-keto reductase in tomato., Suekawa M, Fujikawa Y and Esaka M, Taiwan-Japan Plant Biology 2017, 2017年11月03日, 通常, 英語, Academia Sinica, Taipei, Taiwan, Taipei, Taiwan
  4. トマトにおけるアルドケト還元酵素の遺伝子発現機構に関する研究  , 末川麻里奈,藤川愉吉,江坂宗春, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会, 2017年09月21日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部, 大阪府立大学,大阪
  5. トマトにおけるアルドケト還元酵素の遺伝子発現機構と機能解析, 末川 麻里奈、藤川 愉吉、江坂 宗春, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年03月19日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 京都 京都女子大学
  6. 農芸化学とJABEE、そして技術者教育, 江坂 宗春, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年03月18日, 招待, 日本語, 日本農芸化学会, 京都 京都女子大学
  7. 植物におけるアスコルビン酸生合成強化に関する研究, 稲村 尚美、近藤 隆之、末川 麻里奈、井上 明香里、藤川 愉吉、江坂 宗春, 第31回バイオテクノロジー研究成果発表会, 2017年02月02日, 通常, 日本語, 広島バイオテクノロジー推進協議会, 広島市まちづくり市民交流プラザ
  8. JABEEと技術者教育, 江坂 宗春, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年03月30日, 招待, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌コンベンションセンター(札幌)
  9. トマトのアルドケト還元酵素のアスコルビン酸生合成とストレス応答発現に関する機能解析, 末川 麻里奈、藤川 愉吉、江坂 宗春, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年03月29日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌コンベンションセンター(札幌)
  10. アセロラのアスコルビン酸生合成酵素GDP-D-mannose pyrophosphorylaseの転写調節因子の探索, 近藤 隆之、藤川 愉吉、江坂 宗春, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年03月29日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌コンベンションセンター(札幌)
  11. アセロラのアスコルビン酸大量集積機構の解明, 井上明香里、近藤隆之、藤川愉吉、江坂宗春, 第30回バイオテクノロジー研究成果発表会, 2016年02月04日, 通常, 日本語, 広島バイオテクノロジー推進協議会, 広島市まちづくり市民交流プラザ
  12. グローバル人材育成と教育改革, 江坂 宗春, 日本農芸化学会シンポジウム, 2015年03月, 招待, 日本語
  13. アセロラにおけるアスコルビン酸生合成酵素GDP-D-mannose pyrophosphorylaseの転写調節機構の解明, 江坂 宗春, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月, 通常
  14. トマトのアスコルビン酸生合成におけるガラクツロン酸レダクターゼの発現機構と生理機能, 江坂 宗春, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月, 通常
  15. トマトのアスコルビン酸生合成および生理機能に関する研究, 江坂 宗春, 第29回バイオテクノロジー研究成果発表会, 2015年02月, 通常
  16. 環境応答に伴う植物カタラーゼのペルオキシゾームへの輸送調節機構の解明, 江坂 宗春, 2007年度特定領域研究「植物の環境応答適応戦略としてのオルガネラ分化」研究, 2007年06月, 招待, 日本語
  17. 日本農芸化学会における技術者教育とJABEE, 江坂 宗春, 日本農芸化学会, 2007年03月, 招待, 日本語
  18. 遺伝子組換え食品はどうなる!, 江坂 宗春, 心塾, 2006年12月, 招待, 日本語
  19. ビタミンC強化遺伝子組換え植物の作成, 江坂 宗春, ひろしまバイオフォーラム2006, 2006年09月, 招待, 日本語
  20. 植物の抗酸化物質アスコルビン酸と抗酸化酵素カタラーゼの機能、生合成, 江坂 宗春, 岡山大学 生物資源化学特別セミナー 2006, 2006年09月, 招待, 日本語
  21. Peroxisome biogenesis factor Pex14p is not involved in catalase transport into peroxisomes?, 江坂 宗春, 53rd NIBB Conference, Dynamic Organelles in Plants, 2006年06月, 招待, 日本語
  22. Analysis of factors involved in peroxisome import of catalase., 江坂 宗春, Dynamic Organelles in Plants, 2006年06月, 招待, 日本語
  23. 生物生産学部における教育プログラムについて, 江坂 宗春, 教育プログラム実施に係わる教職員研究会, 2005年10月, 招待, 日本語
  24. 植物のアスコルビン酸の生合成・代謝および生理機能, 江坂 宗春, 生命科学フォーラム, 2005年04月, 招待, 日本語
  25. Function and biosynthesis of ascorbic acid in plants., 江坂 宗春, International Workshop: Cell and Molecular Biology of Tobacco BY-2 cells, 2004年06月, 招待, 日本語
  26. 広島県立大学生物生産システム学特別講義「アスコルビン酸高含量遺伝子組換え植物の作成」, 江坂 宗春, 2003年01月, 招待, 日本語
  27. 生命科学セミナー(広島大学総合科学部)「遺伝子組換えによるアスコルビン酸高含量スーパー植物の作成」, 江坂 宗春, 2002年06月, 招待, 日本語
  28. ―活性酸素:植物での生成、消去、作用―「アスコルビン酸による細胞分裂・伸長の制御」, 江坂 宗春, 日本植物生理学会2002年度年回 第42回シンポジウム, 2002年03月, 招待, 日本語
  29. 遺伝子組換え植物・食品はどうなっちゃうの? -ビタミンC強化遺伝子組換え植物の作成-, 江坂 宗春, ひろしまバイオフォーラム2001, 2001年12月, 招待, 日本語
  30. 植物のアスコルビン酸による細胞分裂・伸長の制御, 江坂 宗春, 2001年レドックス調節に関するRIBSシンポジウム, 2001年11月, 招待, 日本語
  31. ビタミンC高含量遺伝子組み換えコメの作成に関する研究, 江坂 宗春, 第13回財団法人すかいらーくフードサイエンス研究所学術助成研究成果発表会, 2001年11月, 招待, 日本語
  32. 遺伝子組み替え食品の現状とその将来, 江坂 宗春, 広島市健康づくりセンター健康科学館特別講演会, 2001年03月, 招待, 日本語
  33. 遺伝子組み換え食品, 江坂 宗春, 広島県立西条農業高等学校 キャリア教育推進特別講義, 2001年02月, 招待, 日本語
  34. 植物のアスコルビン酸の生合成、代謝および機能 ーアスコルビン酸強化遺伝子組換え植物作成に向けてー, 江坂 宗春, 宮崎大学農学部特別セミナー, 2000年12月, 招待, 日本語
  35. 遺伝子組み替え食品を知る, 江坂 宗春, 広島市老人大学, 2000年12月, 招待, 日本語
  36. 遺伝子組み換え食品について, 江坂 宗春, 呉市保健所職場内研修会, 2000年03月, 招待, 日本語
  37. 遺伝子組換え食品, 江坂 宗春, 広島市消費生活センター講演会, 2000年, 招待, 日本語
  38. 遺伝子組換え農産物の生産性と安全性, 江坂 宗春, 広島市中央公民館市民アカデミー講座「自然から学ぶ食と環境セミナー」, 1999年09月, 招待, 日本語
  39. 耐塩性シカクマメ培養細胞の耐塩性獲得機構の解明, 江坂 宗春, 第11回財団法人ソルトサイエンス研究財団助成研究発表会, 1999年07月, 招待, 日本語
  40. 遺伝子組換え食品の安全性とその将来, 江坂 宗春, 財団法人広島市ひとまちネットワーク市民アカデミー講座, 1999年07月, 招待, 日本語
  41. ズバリ!遺伝子組み換え食品を知る, 江坂 宗春, 広島市民アカデミー事業「きちんとキッチン?食のなるほど情報?」講座, 1999年01月, 招待, 日本語
  42. 植物の耐塩性機構およびアスコルビン酸酸化酵素に関する研究, 江坂 宗春, 高度化推進特別経費 国内招へい旅費、名古屋大学農学部, 1998年12月, 招待, 日本語
  43. 遺伝子組み換え食品の現況と問題点, 江坂 宗春, 広島市食品衛生監視員等業績発表会特別講演, 1998年08月, 招待, 日本語
  44. 植物のアスコルビン酸酸化酵素の遺伝子発現と機能, 江坂 宗春, 第3回岡山県先端技術研究会講師, 1998年06月, 招待, 日本語
  45. 植物有用酵素アスコルビン酸酸化酵素の機能と遺伝子発現, 江坂 宗春, 広島大学遺伝子実験施設公開学術講演会, 1997年12月, 招待, 日本語
  46. Identification of a new plant Zn/DNA-binding domain., 江坂 宗春, "International Workshop on Structural Biology of DNA, RNA, and Proteins", 1996年03月, 招待, 日本語
  47. 植物におけるアスコルビン酸生合成強化に関する研究, 近藤 隆之、末川 麻里奈、井上 明香里、藤川 愉吉、江坂 宗春, 第31回バイオテクノロジー研究成果発表会, 招待, 日本語, 広島バイオテクノロジー推進協議会

受賞

  1. 2016年09月15日, 日本農芸化学会中四国支部 功労賞, 日本農芸化学会, 功労賞

取得

  1. 特許権, 特許公開平6?80700, 新規糖蛋白質
  2. 特許権, 特許公開平9?163987, カボチャ由来キチナーゼをコードするDNA
  3. 特許権, 特許公開平9?94089, シカクマメ由来キチナ?ゼ及びシカクマメ由来キチナ?ゼをコ?ドするDNA
  4. 特許権, 特許公開平3?210182, カボチャ由来のアスコルビン酸オキシダーゼ活性をもつポリペプチドの遺伝情報を有するDNAおよびその用途

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 熱帯果樹アセロラのアスコルビン酸大量生合成・集積の分子機構, 2015年, 2017年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), トロピカル植物アセロラの果実へのアスコルビン酸大量集積機構の解明, 2012年, 2014年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), アセロラの大量アスコルビン酸生合成・集積機構の解明, 2009年, 2011年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), アセロラにおけるアスコルビン酸の生合成と大量集積機構の解明, 2007年, 2008年
  5. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 環境応答に伴う植物カタラーゼのペルオキシゾームヘの輸送調節機構の解明, 2007年, 2008年
  6. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 植物の環境応答に伴うカタラーゼの発現とペルオキシゾームへの輸送調節, 2005年, 2006年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), アスコルビン酸高含量ストレス抵抗性トマトの作成, 2005年, 2006年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 植物モデル細胞の高度利用と関連情報の統合に関する調査研究, 2004年, 2004年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), アスコルビン酸高含量遺伝子組換えイネの作成に関する研究, 2001年, 2002年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 植物のアスコルビン酸酸化酵素のオーキシンによる発現調節と細胞伸長, 1998年, 1999年
  11. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 植物のアスコルビン酸酸化酵素遺伝子のオーキシンによる発現調節と細胞成長, 1994年, 1995年
  12. 科学研究費助成事業(重点領域研究), カボチャのアスコルビン酸酸化酵素遺伝子の組識特異的発現とその制御機構の解明, 1991年, 1991年
  13. 科学研究費助成事業(重点領域研究), カボチャのアスコルビン酸酸化酵素遺伝子の組織特異的発現とその制御機構の解明, 1990年, 1990年
  14. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), 有用タンパク質結晶化の要素解析と単結晶育成, 1989年, 1991年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 科学研究実践活動推進プログラム, 2016年04月, 2017年03月, 広島県立祇園北高等学校
  2. JBO運営委員会委員, 2015年04月, 2018年03月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  3. 広島バイオテクノロジー推進協議会 副会長, 2015年04月, 2018年03月, 広島バイオテクノロジー推進協議会
  4. 広島バイオテクノロジー推進協議会理事, 2015年04月, 2018年03月, 広島バイオテクノロジー推進協議会
  5. 重点研究事業事後評価者, 2013年12月, 2013年12月, 県立広島大学
  6. 選考委員会委員, 2011年06月, 2013年06月, (財)広島大学後援会
  7. 地域中小企業の人材確保・定着支援事業運営委員会委員, 2013年06月, 2014年02月, (社)中国地域ニュービジネス協議会
  8. 理事及びアドバイザー, 2012年02月, 2013年12月, 特定非営利活動法人国際技術移転グループ
  9. サイエンス・パートナーシップ・プログラム事業主講師, 2014年06月, 2014年10月, 広島県立祇園北高等学校
  10. 理事及びアドバイザー, 2015年01月, 2016年03月, 特定非営利活動法人国際技術移転グループ
  11. 運営委員会委員, 2014年04月, 2015年03月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  12. 技術者教育推進委員会 副委員長, 2015年04月, 2019年03月, 財団法人農学会 
  13. 日本農芸化学会JABEE対応委員会 委員長, 2015年04月, 2019年03月, 日本農芸化学会
  14. 農学一般関連分野審査委員会委員, 2015年04月, 2019年03月, 財団法人農学会
  15. JABEE分野別委員会(生物工学および生物工学関連分野)委員, 2015年04月, 2019年03月, 日本生物工学会
  16. 全国国立大学学生指導担当副学長協議会委員, 2015年04月, 2016年03月, 全国国立大学学生指導担当副学長協議会
  17. 広島バイオテクノロジー推進協議会副会長, 2014年04月, 2015年03月, 広島バイオテクノロジー推進協議会
  18. 中高生のための科学実践活動推進プログラムの主講師, 2015年12月, 2016年02月, 広島県立祇園北高等学校
  19. 運営委員, 2016年04月, 2017年03月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  20. 広島県インターンシップ促進協議会 副委員長, 2015年04月, 2018年03月, 広島県インターンシップ促進協議会
  21. 中国・四国IDE 理事, 2016年04月, 2018年03月, 中国・四国IDE
  22. 東広島市立郷田小学校 学校評議員, 2015年04月, 2018年03月, 東広島市立郷田小学校
  23. 東広島市立郷田小学校 学校関係者評価委員, 2015年04月, 2018年03月, 東広島市教育委員会
  24. 日本農芸化学会中四国支部参与, 2016年04月, 2018年03月, 日本農芸化学会中四国支部
  25. 広島県インターンシップ促進協議会 副委員長, 2015年04月, 2017年03月, 広島県インターンシップ促進協議会
  26. 中国・四国IDE 理事, 2015年04月, 2016年03月, 中国・四国IDE
  27. 日本農芸化学会中四国支部参与, 2015年04月, 2016年03月, 日本農芸化学会中四国支部
  28. 理事及びアドバイザー, 2016年04月, 2016年12月, 特定非営利活動法人国際技術移転グループ
  29. スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員, 2017年05月, 2019年03月, 広島県教育委員会
  30. 国際生物学オリンピック日本委員会, 2017年04月, 2018年03月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  31. 技術者教育推進委員会, 2017年04月, 2018年03月, 公益財団法人農学会
  32. JABEE 農学一般関連分野審査委員会 副委員長, 2017年04月, 2018年03月, JABEE
  33. 国立大学キャリア支援担当者情報交換会 代表幹事, 2018年02月, 2019年02月, 国立大学キャリア支援担当者情報交換会
  34. 科学研究実践活動推進プログラム, 2017年04月, 2018年03月, 広島県教育委員会
  35. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2017年04月, 2018年03月, 広島県教育委員会(広島県立西条農業高校)
  36. 広島県SSH運営指導委員会 委員長, 2017年04月, 2018年03月, 広島県教育委員会
  37. 福山大学生命工学部外部評価委員会 委員長, 2017年04月, 2018年03月, 福山大学
  38. 広島県インターンシップ促進協議会, 2017年04月, 2018年03月, 広島県

学術会議等の主催

  1. 日本農芸化学会2004年度大会, 大会実行委員 総務, 2004年03月
  2. 大学院教育FD「魅力ある大学院教育をめざして」, 大会実行委員長, 2007年05月
  3. 研究科「大学院における学術英語教育」, 大会実行委員長, 2006年12月
  4. シンポジウム「日本農芸化学会における技術者教育とJABEE」, 大会実行委員長, 2007年03月
  5. 日本農芸化学会JABEE対応委員会, 2013年
  6. 日本生物工学会 JABEE分野別委員会(生物工学および生物工学関連分野), 2013年
  7. 農学アカデミー 会員, 2013年
  8. 全国国立大学学生指導担当副学長協議会, 2013年
  9. シンポジウム「グローバル人材育成と教育改革」, 責任者・世話人, 2015年03月
  10. 日本農芸化学会JABEE対応委員会, 委員長, 2014年
  11. 日本生物工学会 JABEE分野別委員会(生物工学および生物工学関連分野), 委員, 2014年
  12. 全国国立大学学生指導担当副学長協議会, 委員, 2014年
  13. 農学会技術者教育推進委員会, 委員, 2014年
  14. 中国・四国地区国立大学学生関係副学長会議, 委員, 2014年
  15. 2014年
  16. JABEEシンポジウム, JABEE対応委員長, 2016年03月
  17. 広島バイオフォーラム, 広島バイオテクノロジー推進協議会 副会長, 2015年11月
  18. 日本農芸化学会JABEE対応委員会, JABEE対応委員, 2015年04月, 2016年03月
  19. 農学会技術者教育推進委員会, 農学会技術者教育推進委員会 副委員長, 2015年04月, 2016年03月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 郷田っ子を育てる会, 2002年, 2007年
  2. アスコルビン酸高含量スーパー植物の作出に向けて, 広島県バイオテクノロジー推進協議会, ひろしまバイオフォーラム2006, 2006年/09月, 教育関係者
  3. 植物の抗酸化物質アスコルビン酸と抗酸化酵素カタラーゼの機能、生合成, 岡山大学, 岡山大学 生物資源化学特別セミナー, 2006年/04月, 2007年/03月, 教育関係者
  4. 遺伝子組換え植物・食品, 広島県立祇園北高等学校SPP事業, SPP事業(模擬授業、模擬実験、研究発表会), 2006年/04月, 2007年/03月, 高校生
  5. 遺伝子組換え食品ってなあに?, 広島県立庄原実業高等学校, 模擬授業 , 2006年/04月, 2007年/03月, 高校生
  6. JABEEランチョンシンポジウム JABEEと人材養成, 日本農芸化学会, シンポジウム, 2015年/03月, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議
  7. 遺伝子組換え植物・食品, 広島県立祇園北高等学校, 模擬授業、模擬実験、研究発表会, 2014年/07月