奥村 晃史Koji Okumura

Last Updated :2019/07/01

所属・職名
大学院文学研究科 地表圏システム学講座 教授
メールアドレス
kojiokhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
第四紀学・地震学・火山学・年代学の研究者

基本情報

主な職歴

  • 1996年10月01日, 2001年03月31日, 広島大学, 文学部, 助教授
  • 2001年04月01日, 広島大学, 文学研究科, 助教授
  • 1986年04月01日, 1996年09月30日, 通商産業省, 工業技術院地質調査所, 通商産業技官

学歴

  • 東京大学, 理学系研究科, 地理学, 日本, 1983年04月, 1986年03月
  • 東京大学, 文学部, 西洋古典学, 日本, 1975年04月, 1981年03月

学位

  • 理学博士 (東京大学)

研究分野

  • 複合領域 / 地理学 / 地理学

研究キーワード

  • 火山灰編年学
  • 活断層
  • 炭層同位体年代測定
  • 地震危険度評価
  • 第四紀
  • 古地震学

所属学会

  • 日本第四紀学会, 1983年
  • 日本火山学会, 1984年
  • 日本地震学会, 1986年
  • アメリカ地球物理学会, 1990年
  • 日本地質学会, 1991年
  • アメリカ地質学会, 1991年
  • アメリカ地震学会, 1991年
  • 国際第四紀学連合, 1992年
  • 国際火山地球内部学会, 1995年
  • 地理科学学会, 1996年
  • アメリカ原子力学会, 2013年

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 3ターム, 地理学入門
  2. 2019年, 学部専門, 2ターム, 地理学概論B
  3. 2019年, 学部専門, 4ターム, 地表変動論
  4. 2019年, 学部専門, 2ターム, 地域学B(地誌学)
  5. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 地理学野外実験
  6. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 自然地域システム論演習B
  7. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 地理学野外演習
  8. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 地理学研究法演習B
  9. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 地理学研究法演習C
  10. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文指導A
  11. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文指導B
  12. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 地表圏システム学の世界
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 自然地理学特論演習A
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 自然地域形成論演習A
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 自然地域システム論研究
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 地理学研究法A
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 地理学研究法B
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 地理学野外実験
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 地理学野外演習
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究指導 I (地表圏システム学)
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究指導 I (地表圏システム学)
  23. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究指導 II (地表圏システム学)
  24. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究指導 II (地表圏システム学)
  25. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 地球史
  26. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 断層と地震

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Characteristics of debris avalanche deposits inferred from source volume estimate and hummock morphology around Mt. Erciyes, central Turkey, Natural Hazards and Earth System Sciences, 18巻, pp.429-pp.444, 20180207
  2. 断層変位に対するリスク評価と工学的な対応策, 日本原子力学会誌, 59巻, 8号, pp.39-pp.43, 20170801
  3. 大地震が作る地形を読み解く, 地盤工学会誌, 65巻, 4号, pp.61-pp.68, 20170401
  4. Paleoseismic evidence of the CE 1505 (?) and CE 1803 earthquakes from the foothill zone of the Kumaon Himalaya along the Himalayan Frontal Thrust (HFT), India, Tectonophysics, in press巻, in press号, pp.in press-pp.in press, 20160727
  5. Koji Okumura: Earthquake Geology of the April 14 and 16, 2016 Kumamoto Earthquakes, Proceedings of the 7th International INQUA Workshop on Paleoseismology, Active Tectonics and Archaeoseismology, pp.191-pp.194, 20160530
  6. Surface rupture of a Great Himalayan 1905 Kangra earthquake (Mw7.8), NW Himalaya, India, Proceedings of the 7th International INQUA Workshop on Paleoseismology, Active Tectonics and Archaeoseismology, pp.162-pp.165, 20160530
  7. Studies of the Quaternary in Japan, Quaternary International, 397巻, pp.1-pp.2, 20160318
  8. Active Fault and Paleoseismic Studies in Kangra Valley: Evidence of Surface Rupture of a Great Himalayan 1905 Kangra Earthquake (M-w 7.8), Northwest Himalaya, India, BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 105巻, 5号, pp.2325-pp.2342, 201510
  9. Important Issues Solved and Unsolved on the Paleoseismology of the North Anatolian Fault, Proceeding of the 5th International INQUA Meeting on Paleoseismology, Active Tectonics and Archeoseismology, pp.94-pp.96, 20140921
  10. Active fault study along foothill zone of Kumaun Sub-Himalaya: influence on landscape shaping and drainage evolution, CURRENT SCIENCE, 106巻, 2号, pp.229-pp.236, 20140125
  11. 2011年3月11日東北太平洋沖地震と津波, デジタルブック最新第四紀学第二刷, pp.1548-pp.1561, 20130731
  12. 活断層と古地震, デジタルブック最新第四紀学第二刷, pp.1309-pp.1345, 20130731
  13. 更新世海成段丘と広域地殻変動--北海道を例に--, デジタルブック最新第四紀学第二刷, pp.1440-pp.1457, 20130731
  14. 第四紀の新しい定義とその模式露頭, デジタルブック最新第四紀学第二刷, pp.32-pp.40, 20130731
  15. 重要原子力施設直下・近傍の活断層, 日本原子力学会誌, 55巻, 6号, pp.314-pp.315, 20130601
  16. 地震地質学の最前線:サンアンドレアス断層1857震源断層, 地質と調査, 136巻, pp.24-pp.29, 20130401
  17. 長野県神城盆地の局地的な地形変化に対する完新世の花粉化石群集の応答, 第四紀研究, 51巻, 1号, pp.21-pp.33, 20120101
  18. 中国地方の活断層と地震による地盤災害, 地盤工学会誌, 59巻, pp.22-pp.25, 20110701
  19. 波長分散型電子プローブマイクロアナライザを用いた 忠類産ナウマンゾウ化石に関わる広域テフラの同定, 化石研究会会誌, 4巻, pp.40-pp.41, 20101201
  20. RTK-GPS を用いた段丘面高度の精密測定に基づくナウマンゾウ産出層準の検討, 化石研究会会誌, 4巻, pp.23-pp.26, 20101201
  21. 第四紀の新たな定義--その経緯と意義についての解説--, 第四紀研究, 49巻, 2号, pp.69-pp.77, 20100401
  22. RTK-GPS を用いた段丘面高度の精密測定に基づくナウマンゾウ産出層準の検討, 化石研究会会誌, 4巻, pp.23-pp.26, 20100301
  23. 波長分散型電子プローブマイクロアナライザを用いた 忠類産ナウマンゾウ化石に関わる広域テフラの同定, 化石研究会会誌, 4巻, pp.40-pp.41, 20100301
  24. 第四紀の位置と新定義--その経緯と意義--, 地盤工学会誌, 58巻, 2号, pp.46-pp.49, 20100201
  25. 中国地方の地震と活断層, 地盤工学会中国支部設立五十周年記念誌, pp.52-pp.72, 20091201
  26. 液体シンチレーション法における14C計数効率の経時変化, 地質学雑誌, 115巻, 11号, pp.614-pp.619, 20091101
  27. 中央構造線活断層帯・重信断層の歴史時代の断層活動, 31巻, 20090901
  28. A fault scarp in an urban area identified by LiDAR survey: A Case study on the Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line, central Japan, GEOMORPHOLOGY, 101巻, 4号, pp.731-pp.739, 20081101
  29. 空中レーザー計測による活断層変位地形の把握と変位量復元の試み, 活断層研究, 29巻, pp.1-pp.13, 20080901
  30. A fault scarp in an urban area identified by LiDAR survey: A Case study on the Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line, central Japan, Geomorphology, 101巻, pp.731-pp.739, 20080501
  31. Seasonal patterns of carbon chemistry and isotopes in tufa depositing groundwaters of southwestern Japan, Geochimica et Cosmochimica Acta, 72巻, 2号, pp.480-pp.492, 20080115
  32. 西条盆地の生い立ちをさぐる, 広島大学東広島キャンパス埋蔵文化財発掘調査報告書, 4巻, pp.529-pp.538, 20070331
  33. 糸魚川?静岡構造線活断層系・松本盆地東縁断層南部に沿う左横ずれ変位地形, 地学雑誌, 115巻, 2号, pp.208-pp.220, 20060425
  34. 地表断層変位の高精度ディジタルマッピング??野島断層1995地表断層を例に, 地球, 54巻, pp.206-pp.216, 20060401
  35. 地震地質研究:兵庫県南部地震から10年の成果と限りない挑戦, 月刊地球, 28巻, 3号, pp.156-pp.162, 20060301
  36. ★, Surface Deformation and the Fault Responsible for the 2003 Bam, Iran, Earthquake, Earthquake Spectra, 21巻, S1号, pp.113-pp.123, 20051201
  37. Late Quaternary faulting along the western margin of the Poronaysk Lowland in central Sakhalin, Russia, Tectonophysics, 407巻, pp.257-pp.268, 20051001
  38. GEOLOGIC EVIDENCE FOR LATE QUATERNARY MOVEMENT ON THE CLAN ALPINE FAULT, WEST-CENTRAL NEVADA―TRENCH LOGS, SCARP PROFILES, LOCATION MAPS, AND SAMPLE AND SOIL DESCRIPTIONS, United States Geological Survey Scientific Investigations Map, 2891巻, pp.1 SHEET, 20050801
  39. Slip distribution, fault geometry, and fault segmentation of the 1944 Bolu-Gerede earthquake rupture, North Anatolian fault, Turkey, BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 95巻, 4号, pp.1234-pp.1249, 200508
  40. Slip distribution, Fault Geometry, and Fault Segmentation of the 1944 Bolu-Gerede Earthquake Rupture, North Anatolian fault, turkey, Bulletin of the Seismological Society of America, 95巻, 4号, pp.1234-pp.1249, 20050701
  41. オンフォールト古地震学の展開-地震発生時期の解明を中心に-, 地理科学, 60巻, 3号, pp.167-pp.174, 20050701
  42. 北アナトリア断層系・1944年Bolu-Gerede地震断層における活動繰り返し様式の特徴, 地理科学, 60巻, 3号, pp.213-pp.219, 20050701
  43. 糸魚川―静岡構造線活断層系・下蔦木断層の活動履歴と平均変位速度の再検討, 活断層研究, 25巻, pp.75-pp.84, 20050601
  44. Research on Active Faulting to Mitigate Seismic Hazards: the State of the Art. Abstracts, Hokudan International Symposium on Active Faulting, Hokudan Intrantioanal Symporium on Active Faulting, pp.185, 20050101
  45. Evidence for Late Holocene Earthquakes on the Utsalady Point Fault, Northern Puget Lowland, Washington, Seismological Society of America Bulletin, 94巻, 6号, pp.2299-pp.2316, 20041201
  46. Evidence for Late Holocene earthquakes on the Utsalady Point Fault, northern puget lowland, Washington, BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 94巻, 6号, pp.2299-pp.2316, 200412
  47. アメリカの活断層データベースとその応用, 活断層研究, 23巻, pp.5-pp.12, 20030801
  48. Paleoseismicity of Two Historically Quiescent Faults in Australia Implications for Fault Behavior in Stable Continental Regions, Bulletin of Seismological Society of America, 93巻, pp.1913-pp.1934, 20030801
  49. Maps and data from a trench investigation of the Utsalady Point fault, Whidbey Island, WashingtonMaps and data from a trench investigation of the Utsalady Point fault, Whidbey Island, Washington, U.S. Geological Survey Miscellaneous Field Studies Map, MF-2420巻, pp.2420, 20030701
  50. 丹那断層の過去3000年間の活動履歴と単位変位量-田代地区における3Dトレンチ・Geoslicer調査, 地震第二輯, 55巻, pp.407-pp.424, 20030301
  51. 活断層詳細ディジタルマップ, 東京大学出版会, pp.60, 20020601
  52. Active faults in Sakhalin, Geotectonics, 36巻, pp.227-pp.246, 20020601
  53. サンアンドレアス断層系ヘイワード断層におけるジオスライサー調査, 2巻, pp.269-pp.277, 20020201
  54. 米国ニューマドリッド地震帯における地震液状化層の調査, 2巻, pp.257-pp.267, 20020201
  55. 白馬岳地域の地質, pp.105, 20020110
  56. ★, Paleoseismology of the Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line in Central Japan, Journal of Seismology, 3号, pp.411-pp.431, 20010701
  57. 日本の海成段丘アトラス, 東京大学出版会, pp.105, 20010601
  58. 活断層研究の過去.未来.現在, 月刊地球号外, 31巻, pp.152-pp.157, 20010301
  59. 鳥取県西部地震震源域の活断層, 月刊地球号外, 31巻, pp.152-pp.157, 20010301
  60. 中央構造線活断層系(四国)の最新活動時期からみた活断層系の活動集中期, 地震第二輯, 53巻, pp.205-pp.219, 20010110
  61. トルコ・北アナトリア断層の地震-過去から未来へ-, 地図ニュース, 333巻, pp.3-pp.6, 20000601
  62. サハリン,シュミット半島北東端における海成段丘面と第四紀後期地殻変動, 109巻, pp.318-pp.324, 20000301
  63. サハリンの活断層の分布と概要, 109巻, pp.311-pp.317, 20000301
  64. 糸魚川―静岡構造線活断層系活動史の再検討-牛伏寺断層中山トレンチと諏訪湖底ボーリングの詳細解析-, 月刊地球号外, 28巻, pp.92-pp.100, 20000301
  65. 日本の活断層の縮尺1/25,000での新規判読・図化と地理情報データベース化-特に技術的側面を中心とした報告-, 活断層研究, 19巻, pp.13-pp.22, 20000301
  66. Recent surface faulting of the North Antolian fault along the 1943 Ladik earthquake ruptures, 地質調査所月報, 51巻, pp.29-pp.35, 20000110
  67. Active Fault Research for the New Millenium - Proceedings of the Hokudan International Symposium on Active Faulting, Hokudan Co. Ltd., pp.606, 20000110
  68. Paleoseismology of the North Anatolian fault, pp.349-pp.352, 20000110
  69. Trench investigation along the Merida section of the Bocono fault (central Venezuelan Andes), Venezuela, Tectonophysics, 306巻, 1-2号, pp.1-pp.21, 19990701
  70. Paleoseismology of the Itoigawa-Shizuoka tectonic line active fault system in Central Japan, pp.18-pp.25, 19990601
  71. 中央構造線活断層系・重信断層の変位地形と活動履歴, 地理学評論, 72巻, pp.267-pp.279, 19990401
  72. 中央構造線活断層系・重信断層の変位地形と活動履歴, 地理学評論, 72巻, pp.267-pp.279, 19990401
  73. 古地震調査にもとづく1891年濃尾地震断層系のセグメント, 99巻, 3号, pp.115-pp.130, 19990301
  74. Paleoseismic investigations in the Santa Cruz mountains, 103巻, pp.17985-pp.18002, 19980801
  75. ★, 糸魚川-静岡構造線活断層系北部の最近の断層活動, 地震第2輯, 50巻, pp.35-pp.51, 19980301
  76. 地層抜き取り装置とボーリング調査による糸静線活断層系・神城断層のスリップレートの検討, 活断層研究, 16巻, pp.35-pp.43, 19970801
  77. 1995年兵庫県南部地震に伴う被害の分布と地形地質学的要, 8巻, pp.13-pp.18, 19961201
  78. 活断層トレンチにおける透過X線を用いた断層面の観察手法, 活断層研究, 15巻, pp.48-pp.54, 19961101
  79. Progress in Paleoseismology in Japan during the 1990s, 第四紀研究, 38巻, pp.253-pp.261, 19960601
  80. Wiggle Matchingを用いた中世樹幹試料の高精度年代決定, 4巻, pp.64-pp.75, 19960301
  81. 兵庫県南部地震に伴って淡路島北西岸に出現した地震断層, 地震第二輯, 49巻, pp.113-pp.124, 19960301
  82. 中国砂漠地域の表層地質形成過程と堆積環境の研究--特に風成層の特徴とその起源について, 地質調査所月報, 46巻, pp.651-pp.685, 19951201
  83. 14C年代の補正と高精度化のための手法, 34巻, pp.191-pp.194, 19950801
  84. 1988年糸魚川―静岡構造線活断層系牛伏寺断層(松本市並柳地区)トレンチ調査, 活断層研究, 13巻, pp.54-pp.59, 19950301
  85. 1988年長野活断層系荒舟断層(荒舟地区)トレンチ調査, 活断層研究, 13巻, pp.72-pp.79, 19950301
  86. 支笏・クッタラ両火山起源のテフラに関する加速器質料分析(AMS)法による14C年代, 第四紀研究, 34巻, pp.309-pp.313, 19950301
  87. 1988年8月中央構造線岡村断層(西条市八幡原区)トレンチ発掘調査, 活断層研究, 13巻, pp.60-pp.71, 19950110
  88. ★, 糸魚川-静岡構造線活断層系の最近の断層活動ー牛伏寺断層・松本市並柳地区トレンチ発掘調査ー, 地震 第2輯, 46巻, pp.425-pp.438, 19941201
  89. 989年会津断層系(塔寺地区)トレンチ調査, 活断層研究, 11巻, pp.56-pp.59, 19941201
  90. トルコ・エルジンジャン東方における北アナトリア断層の最近1000年間の活動, 6巻, pp.94-pp.109, 19941201
  91. 塔克拉馬干沙物質成分特性及其起源, 中国沙莫, 13巻, pp.32-pp.38, 19931001
  92. 波長分散型EPMA法(WDS), 東京大学出版会, pp.177-pp.189, 19930801
  93. 和田河流域沙和基岩的角閃石成分及石英δ18O値, 干旱区研究, 10巻, pp.22-pp.26, 19930801
  94. トルコ・エルジンジャン東方における北アナトリア断層の発掘調査, 5巻, pp.32-pp.46, 19930801
  95. Mode of mixture of oceanic fragments and terrigenous trench fill in an accretionary complex: example from southern Sakhalin, Tectonophysics, 202巻, pp.361-pp.374, 19920201
  96. Late Holocene Behavior and Seismogenic Potential of the Rodgers Creek Fault Zone, 113巻, pp.393-pp.398, 19920110
  97. ★, 北海道地方の第四紀テフラ研究, 第四紀研究, 30巻, pp.379-pp.390, 19910501
  98. 火山ガラスの主成分組成に基づくテフラの対比ムEPMA, 13巻, pp.169-pp.174, 19910301
  99. 北アナトリア断層(Gerede東方Ardicili地区)のトレンチ発掘調査―速報, 活断層研究, 8巻, pp.9-pp.14, 19900201
  100. 山ガラスのICP発光分析によるテフラ層の同定, 地質調査所月報, 40巻, pp.1-pp.18, 19890110
  101. ★, Collision Tectonics in Hokkaido, DELP Publication, pp.94-pp.96, 19881201
  102. Recurrence of Large Pyroclastic Flows and Innovation of Volcanic Activity in Eastern Hokkaido, pp.518-pp.521, 19880801
  103. 986年阿寺断層系・荻原断層(乗政地区)トレンチ調査,活断層研究, 5巻, pp.65-pp.70, 19880801
  104. 岐阜県宮川村野首における跡津川断層のトレンチ発掘調査, 98巻, pp.440-pp.463, 19880101
  105. 善光寺地震断層に関する史料と地震断層の現況, 3巻, pp.166-pp.174, 19871201
  106. 北日本を広くおおう洞爺火山灰, 第四紀研究, 26巻, pp.129-pp.145, 19870701
  107. 北日本を広くおおう洞爺火山灰, 第四紀研究, 26巻, pp.129-pp.145, 19870701
  108. 伊豆大島火山1986年の噴火-地質と噴火の歴史-, 地質調査所特殊地質図 26, 26巻, pp.1 sheet + 8 pages-pp.1 sheet + 8 pages, 19870301
  109. トレンチ掘削調査による阿寺断層系萩原断層の活動時期と間隔の解明, 地学雑誌, 96巻, pp.323-pp.325, 19870101
  110. Interglacial Climate and Relic Red Soils in Northern Japan Based on Pollen Records of Interglacial Deposits in Eastern Hokkaido, 18巻, pp.29-pp.48, 19861201
  111. 1981年濃尾活断層系梅原断層(高田地区)トレンチ調査, 活断層研究, pp.28-pp.32, 19860801
  112. Catalog for Late Quaternary marker-tephras in Japan II --Tephras occurring in Northeast Honshu and Hokkaido--, Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University, 21巻, pp.223-pp.250, 19860301
  113. 1981年濃尾活断層系根尾谷断層(佐野地区)トレンチ調査, 活断層研究, 3巻, pp.33-pp.36, 19860301
  114. 奈良盆地東縁地域の活構造, 第四紀研究, pp.85-pp.97, 19850701
  115. 黒松内低地帯の後期更新世段丘に関する年代資料, 第四紀研究, 23巻, pp.209-pp.212, 19841101

著書等出版物

  1. 2000年01月, Active Fault Research for the New Millenium - Proceedings of the Hokudan International Symposium on Active Faulting , Hokudan Co. Ltd., 2000年, 01, 編著, 奥村 晃史
  2. 1993年08月, 第四紀試料分析法 , 東京大学出版会, 1993年, 08, 共編著, 奥村 晃史
  3. 1999年09月, 道東の自然を歩く , 北海道大学図書刊行会, 1999年, 09, 共編著, 奥村 晃史
  4. 2002年06月, 活断層詳細デジタルマップ,,2 DVD-ROM,60 p , 東京大学出版会, 2002年, 06, 単行本(学術書), 共著, 中田 高 今泉俊文 奥村 晃史 , 60
  5. 断層変位に対するリスク評価と工学的な対応策, 断層変位に対するリスク評価と工学的な対応策, 日本原子力学会, 2017年, 04, 調査報告書, 共著, 日本語, 一般社団法人 日本原子力学会「断層の活動性と工学的なリスク評価」調査専門委員会, 278

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. The Last Surface Rupture Event on the Himalayan Frontal Thrust in Central Nepal near Butwal, Koji Okumura, P. Pokhrel, S. N. Sapkota, H. Kondo, and T. Furuhashi, American Geophysical Union 2018 Fall Meeting, 2018年12月11日, 通常, 英語, American Geophysical Union, Washington D.C., U.S.A.
  2. Communication on earthquake hazards and risks in Japan since 1995 Kobe earthquake, Koji Okumura, Geological Society of America 2018 Annual Meeting, 2018年11月06日, 通常, 英語, Geological Society of America, Indianapolis
  3. Fault displacement at the surface and beneath, Koji Okumura, Taiwan-Korean-Japan joint symposium on survey and evaluation technologies of underground environment, 2018年10月03日, 招待, 英語, Department of Earth Sciences, National Central University Ministry of Science and Technology, Taichung, Taiwan
  4. Performance of paleoseismology for disaster mitigation in recent large earthquakes in Japan, Koji Okumura, 9th International INQUA Meeting on Paleoseismology, Active Tectonics and Archeoseismology, 2018年06月17日, 通常, 英語, INQUA International Focus Group EGSHaz, Possidi, Greece
  5. Importance of geologic information on recurring large earthquake from paeoseismology in Japan, India, and Turkey, Koji Okumura, International Conference for the Decade Memory of the Wenchuan Earthquake with The 4th International Conference on Continental Earthquakes, 2018年05月12日, 招待, 英語, Ministry of Emergency Management of the People's Republic of China, People's Government of Sichuan Province, China Earthquake Administration and The 4th ICCE, Chengdu, China
  6. Tectonics and earthquakes of the North Anatolian fault and surrounding area, Koji Okumura, Workshop on Tectonic Deformation and Earthquake Mechanism, 2018年05月10日, 招待, 英語, STATE KEY LABORATORY OF EARTHQUAKE DYNAMICS, Chinese Academy of Science, Beijing
  7. Re-evaluation of the Seismic Risks From the Most Dangerous Onshore Fault, the ISTL (Itoigawa-Shizuoka Tectonic LIne Active Fault System in Central Japan, Koji Okumura, American Geophysical Union 2017 Fall Meeting, 2017年12月14日, 招待, 英語, American Geophysical Union, New Orleans
  8. Paleoseismology of the Himalayan Frontal Zones, Koji Okumura, Javed N. Malik, Joint Scientific Assembly of the International Association of Geodesy (IAG) and International Association of Seismology and Physics of the Earth’s Interior (IASPEI), 2017年08月04日, 招待, 英語, International Association of Geodesy (IAG) and International Association of Seismology and Physics of the Earth’s Interior (IASPEI), 神戸
  9. 地球惑星科学の突発的大災害への対応の最適化を考える, 奥村晃史, 日本地球惑星科学連合・アメリカ地球物理学連合2017年合同大会, 2017年05月25日, 招待, 日本語, 日本地球惑星科学連合・アメリカ地球物理学連合, 幕張,千葉
  10. 地震地表断層セッションのイントロダクション, 奥村晃史, 日本地球惑星科学連合アメリカ地球物理学連合2017年合同大会, 2017年05月24日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合・アメリカ地球物理学連合, 幕張,千葉
  11. ヒマラヤ衝突境界における古地震学, 奥村晃史, Javed N. Malik, アメリカ地震学会2017年大会, 2017年04月20日, 通常, 英語
  12. Quaternary Activity of the Erciyes Fault Southeast of the Kayseri Basin, Turkey, Koji Okumura, Yuichi S. Hayakawa, Ryoichi Contani, Fikri Kulakoglu, American Geophysical Union 2016 Fall Meeting, 2016年12月25日, 通常, 英語, American Geophysical Union, San Francisco
  13. Kumamoto earthquake: a complex earthquake sequence with large strike-slip ruptures, Koji Okumura, Southern California Earthquake Center 2016 Annual Meeting, 2016年09月14日, 招待, 英語, Southern California Earthquake Center, Palm Springs, CA
  14. 熊本地震の概要, 奥村晃史, 日本原子力学会2016年秋の大会, 2016年09月08日, 招待, 日本語, 日本原子力学会, 久留米市
  15. Motivation for High-resolution mapping: Kumamoto Earthquake sequence, prior geological works, and high resolution topography in Japan, Koji Okumura, Southern California Earthquake Center Summer School, 2016年07月26日, 招待, 英語, Southern California Earthquake Center, Lake Arrowhead Resort, CA
  16. The Kumamoto, JAPAN earthquakes of April 2016, Koji Okumura, 7th International INQUA Workshop on Paleoseismology, Active Tectonics and Archaeoseismology, 2016年05月30日, 招待, 英語, GEO-HAZ Consulting, Inc., Crestone, Colorado, U.S.A.
  17. 第四紀研究の地震災害調査研究への取り組み, 奥村晃史・吾妻 崇, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年05月25日, 通常, 日本語, 日本地球惑星科学連合, 千葉市
  18. 浜岡原子力発電所とその周辺の上盤プレート地殻内断層と地震, 奥村晃史, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年05月22日, 招待, 日本語, 日本地球惑星科学連合, 千葉市
  19. The Kumamoto, JAPAN earthquakes of April 2016, Koji Okumura, Seminar on the Kumamoto Earhtuqke, 2016, 2016年05月03日, 招待, 英語, Laboratoire de Tectonics, Institute de Physique du Globe, Paris, Institute de Physique du Globe, Paris
  20. Kumamoto Earthquake of April 16, 2016 in Japan, Koji Okumura, Seminar on the Kumamoto Earthquake of April 16, 2016 in Japan, 2016年04月28日, 招待, 英語, Earth Science Department, Oxford University, Earth Science Department, Oxford University
  21. Surface Ruptures and Deformation Associated with 3 Recent Earthquakes of 2004, 2007, and 2014 in Central Japan, Koji Okumura, Kick-off meeting for surface rupture database for Seismic Hazard Assessment, 2015年10月28日, 招待, 英語, Institut Radioprotection Sûreté Nucléaire, France, Institut Radioprotection Sûreté Nucléaire, France
  22. Global seismic safety issues after the Fukushima Daiichi accident: On Identification and Treatment of Uncertainty about Seismic Issues --How we treat fault displacement issues in NPP sites?--, Koji Okumura, American Nuclear Society 2014 Winter Meeting, 2014年11月11日, 招待, 英語, American Nuclear Society, Disneyland Hotel, Anaheim, CA, U.S.A.
  23. Important Issues Solved and Unsolved on the Paleoseismology of the North Anatolian Fault, Koji OKumura, 5th International INQUA Meeting on Paleoseismology, Active Tectonics and Archeoseismology, 2014年09月14日, 通常, 英語, INQUA Focus Group on Paleoseismology and Active Tectonics, Busan, Korea
  24. Global seismic safety issues after the Fukushima Daiichi accident --How to treat capable faults in NPP sites, Koji Okumura, 2014年06月17日, 招待, 英語, American Nuclear Society, Reno, NV.
  25. The Timing of the Recent Two Faulting Events on the Himalayan Frontal Fault in Ramnagar Area, Uttarakhand, India, Koji Okumura, Malik, J. N., Santiswarup, S., Naik, S. P., and Khan, A., Seismological Society of America 2014 Annual Meeting, 2014年05月02日, 招待, 英語, Seismological Society of America, Anchorage, AK
  26. What We Learned from the 2011 Megathrust Earthquake (M9.0) Along The Japan Trench --Paleoseismological Perspectives--, 奥村 晃史, Paleoseismology Along the North Anatolian Fault, 2012年10月, 招待, 日本語
  27. Urgent issues on paleoseismology of the North Anatolian fault, 奥村 晃史, Paleoseismology Along the North Anatolian Fault, 2012年10月, 招待, 日本語
  28. What We Learned from the 2011 Megathrust Earthquake (M9.0) Along The Japan Trench --Paleoseismological Perspectives--, 奥村 晃史, International Experts Meeting on Protection against Extreme Earthquakes and Tsunamis in the Light of the Accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, 2012年09月, 招待, 日本語
  29. What We Learned from the 2011 Megathrust Earthquake (M9.0) Along The Japan Trench --Paleoseismological Perspectives-- , 奥村 晃史, FRAGILE EARTH International Conference, 2011年09月, 招待, 英語
  30. Quaternary Research for Extreme Natural Hazards: Lessons from March 11, 2011 Earthquake and Tsunami, 奥村 晃史, International Union for Quaternary Research, XVIII international Congress, 2011年07月, 招待, 日本語
  31. Late Holocene Paleoearthquakes and Environmental Change in Northern Anatolia, Turkey, 奥村 晃史, International Conference on Geomorphology, 2010年09月, 招待, 日本語
  32. Active tectonics of the16 July 2007 Earthquake near Kashiwazaki, Central Japan: a key for seismic risk assessment of nuclear powerplants, 奥村 晃史, 33rd International Geological Congress, 2008年08月, 招待, 日本語
  33. Archaeoseismology of the Hittite Age in the Central Anatolia at Kaman, Turke, 奥村 晃史, Seismological Society of America Annual Meeting, 2008年04月, 招待, 日本語
  34. Paleoseismology of Blind Fault, 奥村 晃史, International Workshop on Active Fault Studies in Kutch, 2008年01月, 招待, 日本語
  35. Quaternary Geology of Earthquakes, 奥村 晃史, International Union for Quaternary, XVII Congress, 2007年07月, 招待, 日本語
  36. PALEOSESMOLOGY AND HAZARD ASSESSMENT OF ACTIVE BLIND FAULTS, 奥村 晃史, International Workshop on Blind dip slip faulting and strain partitioning in an active orogens: the Mireda Andes case, Venesuela, 2007年03月, 招待, 英語
  37. Preliminary maps of the active rupture zones along the Sagaing fault, 奥村 晃史, atoru Ohya Memorial Workshop on Seismotectonics in Myanmar and Earthquake Risk Management (SMERM 2007), 2007年01月, 招待, 日本語
  38. Fault mapping, paleoseismology, and risk assessment of Japanese onshore faults since the 1995 Kobe earthquake, 奥村 晃史, 26th International Conference on Geophysics, 2006年10月, 招待, 日本語
  39. Segmentation model of a long fault zone based on the size and temporal stability of the segment boundaries, 奥村 晃史, West Pacific Geophysical Meeting of American Geophysical Union, 2006年07月, 招待, 日本語
  40. Paleoseismology of reverse faulting, 奥村 晃史, 18th Symposium of the International School of Geophysics ADVANCES IN THE ASSESSMENT OF EARTHQUAKE AND VOLCANIC HAZARDS, 2001年07月, 招待, 英語
  41. 糸魚川?静岡構造線活断層系の地震危険度評価について, 奥村 晃史, 松本市防災会議, 2000年01月, 招待, 日本語
  42. Characteristic Earthquake Modelをめぐる地質デ-タとその解釈, 奥村 晃史, 日本地震学会, 1999年11月, 招待, 日本語
  43. 糸魚川?静岡構造線活断層系の活動様式と活動履歴, 奥村 晃史, 日本地震学会, 1999年11月, 招待, 日本語
  44. High-precision dating of Late Holocene tephras in Japan, 奥村 晃史, 15th International Congress of INQUA, 1999年08月, 招待, 日本語
  45. High-resolution paleoseismology in Japan, 奥村 晃史, Earthquake Recurrence: State of the art and directions for the future (ILP II-5 workshop), 1999年02月, 招待, 英語
  46. Active Fault Studies in Japan since Kobe earthquak, The Stability and Variability of Segmentationハ: Paleoseismological Examination, 奥村 晃史, European Center for Geophysics and Seismology: Summer School in Active Faulting and Paleoseismology, 1998年07月, 招待, 日本語
  47. Active Fault Studies in Japan since Kobe earthquak, The Stability and Variability of Segmentationハ: Paleoseismological Examination, 奥村 晃史, "Kozani, Greek Earhquake anniversary symposium", 1998年07月, 招待, 日本語
  48. 糸魚川?静岡構造線活断層系の地震危険度評価について, 奥村 晃史, 第6回麻酔科救急医療研究会, 1997年11月, 招待, 日本語
  49. 糸魚川?静岡構造線活断層系の活動様式と活動履歴, 奥村 晃史, 日本地震学会, 1997年03月, 招待, 日本語
  50. 糸魚川?静岡構造線活断層系の活動史について, 奥村 晃史, 科学技術庁 地震活断層セミナー, 1996年12月, 招待, 日本語
  51. Coastal Paleoseismology, 奥村 晃史, 30th International Geological Congress, 1996年08月, 招待, 英語
  52. Kobe Earthquake of January 17, 1995 and Studies on Active Faulting in Japan, 奥村 晃史, European Union Research Counsil: International School on Earthquake Hazards in Corinths, 1996年06月, 招待, 日本語
  53. 糸魚川?静岡構造線活断層系の活動履歴, 奥村 晃史, 信濃毎日新聞公開シンポジウム, 1995年10月, 招待, 日本語
  54. Kobe Earthquake of January 17, 1995 and Studies on Active Faulting in Japan, 奥村 晃史, International symposium and school on Solidearth Geophysics in Erice, 1995年09月, 招待, 英語
  55. 北海道の第四紀テフロクロノロジー, 奥村 晃史, 日本第四紀学会, 1990年08月, 招待, 日本語
  56. 北海道の第四紀地殻変動とプレート運動, 奥村 晃史, 日本地理学会, 1989年10月, 招待, 日本語
  57. 北海道の中・後期更新世テフロクロノロジ?と海成地形面の変動, 奥村 晃史, 地学団体研究会, 1987年08月, 招待, 日本語

社会活動

委員会等委員歴

  1. 土木学会原子力土木委員会断層変位評価小委員会, 2019年01月01日, 2022年01月01日, 土木学会
  2. 地球人間圏セクションプレジデント, 2018年05月, 2020年05月, 日本地球惑星科学連合
  3. 青森県原子力政策懇話会委員, 2017年10月, 2019年10月, 青森県
  4. 津波ハザード・リスク情報の高度利用に関する委員会委員, 2017年10月, 2020年03月, 国立研究開発法人防災科学技術研究所
  5. 標準委員会リスク専門部会外的事象PRA分科会断層変位PRA作業会委員, 2017年08月, 2019年03月, 一般社団法人 日本原子力学会
  6. 地震調査研究推進本部専門委員, 2017年04月, 2018年03月, 文部科学省研究開発局地震・防災研究課
  7. 山口県防災会議原子力防災対策専門部会委員, 2017年04月, 2019年03月, 山口県
  8. 山口県原子力安全顧問, 2017年04月, 2019年03月, 山口県
  9. 断層の活動性と工学的なリスク評価調査専門委員会委員, 2016年10月, 2019年03月, 一般社団法人 日本原子力学会
  10. 地震調査研究推進本部専門委員, 2016年05月, 2019年03月, 文部科学省研究開発局地震・防災研究課
  11. 理事, 2016年05月, 2018年05月, 公益社団法人 日本地球惑星科学連合
  12. 地震調査研究推進本部専門委員, 2016年04月, 地震調査研究推進本部専門委員
  13. 山口県原子力安全顧問, 2015年04月, 2017年03月, 山口県
  14. 山口県防災会議原子力防災対策専門部会委員, 2015年04月, 2017年03月, 山口県
  15. 断層の活動性と工学的なリスク評価調査専門委員会委員, 2015年01月, 2017年03月, 一般社団法人 日本原子力学会
  16. 日本学術会議地球惑星科学委員会INQUA分科会委員長, 2014年10月, 2020年09月, 日本学術会議
  17. 山口県防災会議原子力防災対策専門部会委員, 2014年04月, 2019年03月, 山口県
  18. 副会長, 2013年08月, 2017年08月, 日本第四紀学会
  19. 山口県原子力安全顧問, 2013年04月, 2019年03月, 山口県
  20. 山口県防災会議原子力防災対策専門部会委員, 2013年04月, 2014年03月, 山口県
  21. 石川県原子力安全専門委員会委員, 2013年04月, 2019年03月, 石川県
  22. 広島県地震被害想定調査検討委員会委員, 2013年03月, 2014年03月, 広島県危機管理監
  23. 標準委員会リスク専門部会地震PRA分科会地震ハザード評価作業会委員, 2012年11月, 2014年10月, 一般社団法人 日本原子力学会
  24. 理事, 2012年05月, 2018年05月, 日本地球惑星科学連合
  25. 審査委員, 2010年, 2012年, 原子力安全委員会原子炉安全専門審査委員会
  26. 日本学術会議連携会員, 2008年10月, 2020年09月, 日本学術会議
  27. 科学委員, 2008年, 2020年, 国際原子力機構 国際耐震安全センター
  28. INQUA分科会委員長, 2007年10月, 2018年09月, 日本学術会議
  29. 副会長, 2007年, 2015年, 国際第四紀学連合
  30. 専門委員, 2001年, 2012年, 原子力安全委員会
  31. 委員, 1998年, 2008年, 地震調査研究推進本部

学術会議等の主催

  1. Hokudan International Symposium and School on Active Faulting, 実行委員・事務局長, 2000年01月
  2. International Union on Quaternary Research, Commission on Tephrochronology, Field Workshop in Japan, オーガナイザー, 1992年09月
  3. 29th International Geological Congress, 事務局員, 1992年09月
  4. Hokudan International Symposium and School on Active Faulting, 大会実行委員, 2005年01月
  5. 日本地理学会2004年秋季大会, 大会実行委員, 2004年09月
  6. 日本第四紀学会ネオテクトニクス研究委員会フィールドワークショップ, 大会実行委員長, 2001年05月
  7. Hokudan International Symposium on Active Faulting, 大会実行委員, 2010年01月
  8. 国際第四紀学連合大19回大会, 大会組織委員会副委員長 INQUA副会長, 2012年01月, 2016年03月
  9. Hokudan International Symposium on Active Faulting 2015, 組織委員 事務局長, 2015年01月, 2015年01月
  10. 5th International INQUA Meeting on Paleoseismology, Active Tectonics and Archeoseismology, 組織委員, 2014年09月, 2014年09月