山崎 勝義Katsuyoshi Yamasaki

Last Updated :2019/03/07

所属・職名
大学院理学研究科 分子反応化学講座 教授
ホームページ
メールアドレス
kyamhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
専門分野:物理化学

基本情報

主な職歴

  • 2005年04月01日, 広島大学, 大学院理学研究科化学専攻, 教授
  • 2003年04月01日, 2005年03月31日, 新潟大学, 自然科学系(理学部), 助教授
  • 1996年04月01日, 1999年03月31日, 東京大学, 工学部特定研究大講座レーザー工学ラボ, 客員助教授
  • 1993年06月01日, 2003年03月31日, 新潟大学, 理学部化学科, 助教授
  • 1991年04月01日, 1993年05月31日, 新潟大学, 理学部化学科, 講師
  • 1990年07月16日, 1991年03月31日, 東京大学, 工学部反応化学科, 助手
  • 1990年03月16日, 1990年07月15日, 東京大学, 工学部工学部附属総合試験所, 助手
  • 1988年08月01日, 1990年03月15日, 東京大学, 工学部反応化学科, 助手
  • 1986年07月21日, 1988年07月31日, 米国宇宙物理研究所(JILA), 博士研究員
  • 1986年04月01日, 1986年09月30日, 東京大学, 教養学部基礎科学科第一, 非常勤講師

学歴

  • 東京大学, 理学系研究科, 相関理化学専攻, 日本, 1983年04月, 1986年03月
  • 大阪大学, 基礎工学研究科, 化学系専攻, 日本, 1981年04月, 1983年03月
  • 大阪大学, 基礎工学部, 化学工学科, 日本, 1977年04月, 1981年03月

学位

  • 理学博士 (東京大学)
  • 工学修士 (大阪大学)
  • 工学士 (大阪大学)

教育担当

  • 理学部:化学科, 理学研究科:化学専攻, 理学研究科:化学専攻

担当主専攻プログラム

  • 化学プログラム

研究分野

  • 化学 / 基礎化学 / 物理化学

研究キーワード

  • 化学反応速度論
  • 化学反応動力学
  • 素反応
  • 振動励起
  • レーザ分光学
  • 溶媒-溶質相互作用
  • 微小液滴

所属学会

  • 分子科学会, 2006年
  • 日本分光学会, 2003年
  • 日本化学会, 1981年

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  2. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 化学演習
  3. 2018年, 学部専門, 1ターム, 物理化学IA
  4. 2018年, 学部専門, 3ターム, 物理化学IIA
  5. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  6. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 化学特別研究
  7. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 化学特別研究
  8. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 反応物理化学セミナー
  9. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 反応物理化学セミナー

教育に関する受賞

  • 2016年11月, 広島大学教育賞, 広島大学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Energy Dependence of Photodissociation Dynamics of Trimethylamine over the S2 and S1 Excited States, Chem. Phys. Lett, 716巻, pp.28-pp.34, 201902
  2. Direct Detection of S(3P) and S(1D) Generated in the O(1D) + OCS Reaction: Mechanism of the Formation of S2(X3Σg- and a1Δg), J. Phys. Chem. A, 122巻, 8号, pp.1948-pp.1953, 20180401
  3. Detection of Direct NO Rigand Loss in the Ultraviolet Photodissociation of CO(CO)3NO, Chem. Phys. Lett., 707巻, pp.150-pp.153, 20180901
  4. Detection of Atomic Oxygen O(3PJ) with Vacuum Ultraviolet Emission Subsequent to Two-Photon Absorption, Chem. Phys. Lett., 710巻, pp.96-pp.99, 20181016
  5. Vibrational relaxation of S2(a1Δg) by collisions with SF6 and CF4, Chem. Phys. Lett., 684巻, pp.171-pp.176, 20170916
  6. Internal and Translational Energy Partitioning of the NO Product in the S2 Photodissociation of Methyl Nitrite, Chem. Phys. Lett., 674巻, pp.58-pp.63, 2017
  7. Detection of the Excited-State NH2 (A2A1) in the Ultraviolet Photodissociation of Methylamine, J. Phys. Chem. A, 120巻, 43号, pp.8584-pp.8589, 20161103
  8. Multiple Product Pathways in Photodissociation of Nitromethane at 213 nm, J. Chem. Phys., 144巻, 6号, pp.64304, 2016
  9. Vibrational Relaxation of S2(a1Δg, v = 1 - 9) by Collisions with He, Chem. Phys. Lett., 657巻, pp.95-pp.101, 2016
  10. Impact of Diradical Spin State (Singlet vs Triplet) and Structure (Puckered vs Planar) on the Photodenitrogenation Stereoselectivity of 2,3-Diazabicyclo[2.2.1]heptanes, J. Phys. Chem. B, 120巻, 29号, pp.7217-pp.7226, 2016
  11. Enhancement of the NH2 + NO → OH + H + N2 Reaction by Vibrational Excitation of NH2, Chem. Phys. Lett., 638巻, pp.227-pp.232, 2015
  12. Photodissociation Dynamics of C3H5I in the Near-Ultraviolet Region, J. Chem. Phys., 141巻, 10号, pp.104316, 20140914
  13. ★, Kinetics and Dynamics on the Formation of S2(X3Σg-, a1Δg) in the S(1D) + OCS Reaction, J. Phys. Chem. A, 118巻, 40号, pp.9330-pp.9337, 20141009
  14. Quasiclassical Trajectory Study of Energy Relaxation Process in Collision of Highly Vibrationally Excited O2 and Ground-state N2, Chem. Phys. Lett., 592巻, pp.64-pp.68, 20140130
  15. Photodissociation Dynamics of Nitromethane at 213 nm Studied by Ion-Imaging, Chem. Phys. Lett., 556巻, pp.49-pp.54, 20130129
  16. Rate Coefficients for Vibrational Relaxation of OH(X2Π, v = 1 - 4) by He, J. Phys. Chem. A, 117巻, 16号, pp.3253-pp.3259, 20130425
  17. Vibrational Relaxation of O2(X3Σg-, v = 6 - 8) by Collisions with O2(X3Σg-, v = 0): Solution of the Problems in the Integrated Profiles Method, J. Phys. Chem. A, 116巻, 30号, pp.7791-pp.7796, 20120802
  18. Importance of the CH/π Hydrogen Bond in the Enhancement of CD Amplitude of Exomethylene Steroids, RSC ADVANCES, 2巻, 29号, pp.10891-pp.10898, 2012
  19. Theoretical Molecular Double Core-Hole Spectroscopy of Nucleobases, J. Phys. Chem. A, 115巻, 44号, pp.12070-pp.12082, 20111110
  20. ★, Acceleration of the Reaction OH + CO → H + CO2 by Vibrational Excitation of OH, J. Phys. Chem. A, 115巻, 19号, pp.4867-pp.4873, 20110519
  21. Theoretical Spectroscopy on K-2, K-1L-1, and L-2 Double Core Hole States of SiX4 (X = H, F, Cl, and CH3) Molecules, Chem. Phys., 384巻, 1-3号, pp.28-pp.35, 20110616
  22. Molecular Double Core-Hole Electron Spectroscopy of Large Molecules for Probing Molecular Size: A Series of Bridged Trihalosilyl-trimethylsilyl Molecules, Chem. Phys. Lett., 518巻, pp.44-pp.48, 20111215
  23. Nascent Vibrational Energy Distributions of O2(X3Σg-, v = 6 - 13) Generated in the Photolysis of O3 at 266 nm, J. Phys. Chem. A, 114巻, 2号, pp.735-pp.740, 20100121
  24. Direct Determination of the Rate Coefficient for the Reaction of O(1D) with OCS, Chem. Phys. Lett., 483巻, 1-3号, pp.16-pp.20, 20091124
  25. Molecular Dynamics Studies of the Structural Change in 1,3-Diamino-2,4,6-trinitrobenzene (DATB) in the Crystalline State under High-Pressure, J. Phys. Chem. A, 113巻, 11号, pp.2551-pp.2560, 20090319
  26. The Origin of the Generalized Anomeric Effect: Possibility of CH/n and CH/π Hydrogen Bonds, CARBOHYDRATE RESEARCH, 344巻, 10号, pp.1225-pp.1229, 20090706
  27. The Origin of the Relative Stability of Axial Conformers of Cyclohexane and Cyclohexanone Derivatives: Importance of the CH/n and CH/π Hydrogen Bonds, Bull. Chem. Soc. Jpn., 82巻, 2号, pp.272-pp.276, 20090215
  28. Chemical Bond Elongation Following Core-Excitation of Ammonia: Resonant Auger Spectra Calculation, J. Phys. B-Atomic Molecular and Optical Physics, 42巻, 24号, pp.245102, 20091228
  29. The Conformation of Levopimaric Acid Investigated by High-Level Ab Initio MO Calculations. Possibility of the CH/π Hydrogen Bond, TETRAHEDRON, 65巻, 17号, pp.3525-pp.3528, 20090425
  30. ★, Kinetic Study of Vibrational Energy Transfer from a Wide Range of Vibrational Levels of O2(X3Σg-, v = 6-12) to CF4, J. Phys. Chem. A, 112巻, 39号, pp.9290-pp.9295, 20081002
  31. The Conformation of Alkyl Cyclohexanones and Terpenic Ketones. Interpretation for the 'Alkylketone Effect' Based on the CH/π(C = O) Hydrogen Bond, TETRAHEDRON, 64巻, 10号, pp.2433-pp.2440, 20080303
  32. Origin of the Axial-Alkyl Preference of (R)-α-phellandrene and Related Compounds Investigated by High-Level Ab Initio MO Calculations. Importance of the CH/π Hydrogen Bond, TETRAHEDRON, 64巻, 24号, pp.5773-pp.5778, 20080609
  33. Short-Time Maximum Entropy Method Analysis of Molecular Dynamics Simulation: Unimolecular Decomposition of Formic Acid, Chem. Phys., 351巻, 1-3号, pp.7-pp.12, 20080703
  34. Origin of the Gauche Preference of n-Propyl Halides and Related Molecules Investigated by Ab Initio MO Calculations: Importance of the CH/n Hydrogen Bond, Chem. Phys. Lett., 440巻, 1-3号, pp.64-pp.69, 20070525
  35. The Anomeric Effect Revisited. A Possible Role of the CH/n Hydrogen Bond, CARBOHYDRATE RESEARCH, 342巻, 9号, pp.1202-pp.1209, 20070702
  36. Quenching and Vibrational Relaxation of SO(B3Σ-, v′ ≤ 3) by Collisions with Ar and N2, J. Phys. Chem. A, 111巻, 7号, pp.1200-pp.1206, 20070222
  37. Vibrational Relaxation of O2(X3Σg-, v = 9 - 13) by Collisions with O2, Phys. Chem. Chem. Phys., 9巻, 31号, pp.4407-pp.4413, 20070821
  38. Systematics of the Gradient on the Resonant Core-Hole State, J. Mol. Structure-THEOCHEM, 808巻, 1-3号, pp.35-pp.40, 20070430
  39. Origin of the π-Facial Stereoselectivity in the Addition of Nucleophilic Reagents to Chiral Aliphatic Ketones as Evidenced by High-Level Ab Initio Molecular-Orbital Calculations, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 1巻, 6号, pp.852-pp.859, 200612
  40. Efficient Vibrational Relaxation of O2(X3Σg-, v = 8) by Collisions with CF4, Phys. Chem. Chem. Phys., 8巻, 16号, pp.1936-pp.1941, 2006
  41. Isotope Effects in the Dissociation of the B1A1 State of SiH2, SiHD, and SiD2 Using Three-Dimensional Wave Packet Propagation, J. Chem. Phys., 124巻, 111号, pp.114308, 2006
  42. Radiative Lifetime and Multiquantum Vibrational Relaxation of SO(B3Σ-,v′ = 3) by Collisions with He, Chem. Phys. Lett., 413巻, 1-3号, pp.231-pp.236, 20050915
  43. Vibrational Energies for the X1A1, A1B1, and B1A1 States of SiH2/SiD2 and Related Transition Probabilities Based on Global Potential Energy Surfaces, J. Chem. Phys., 122巻, 14号, pp.144307, 2005
  44. Theoretical Transition Probabilities for the A2A1-X2B1 System of H2O+ and D2O+ and Related Franck-Condon Factors Based on Global Potential Energy Surfaces, J. Theo. Comp. Chem., 4巻, 1号, pp.225-pp.245, 2005
  45. Vibrational Relaxation of SO(X3Σ-, v = 1 - 5) and Nascent Vibrational Distributions of SO Generated in the Photolysis of SO2 at 193.3 nm, J. Phys. Chem. A, 108巻, 13号, pp.2382-pp.2388, 2004
  46. Collision-Free Lifetimes of SO(B3Σ-, v′ = 0, 1, and 2) and Vibrational Level Dependence of Deactivation by He, J. Phys. Chem. A, 107巻, 14号, pp.2442-pp.2447, 2003
  47. Kinetic Study on Vibrational Relaxation of SO(B3Σ-, v′ = 1 and 2) by Collisions of He, J. Phys. Chem. A, 107巻, 24号, pp.4796-pp.4800, 2003
  48. He(2 3S) Penning Ionization of H2S. I. Theoretical Franck-Condon Factors for the H2S(X2A1, v′ = 0) → H2S+(X2B1, A2A1) Ionization and H2S+(A-X) Transition, J. Chem. Phys., 119巻, 12号, pp.5874-pp.5881, 2003
  49. He(2 3S) Penning Ionization of H2S. II. Formation of the SH+ (A3Π) and H2S+(A2A1) Ions, J. Chem. Phys., 119巻, 12号, pp.5882-pp.5888, 2003
  50. Formation of HCl+(A2Σ+) and HBr+(A2Σ+) Resulting from He(2 3S) Penning Ionization of HCl and HBr, J. Phys. Chem. A, 106巻, 25号, pp.6068-pp.6074, 2002
  51. Kinetics of the Reaction NH2(X2B1, v2 = 0 and 1) + NO, J. Phys. Chem. A, 106巻, 28号, pp.6563-pp.6569, 2002
  52. Vibrational Energy Distributions of NH2(X2B1) Fragments Generated in the Photolysis of NH3 at 193 nm: Application of Kinetic Analysis on Vibrational Cascade, J. Phys. Chem. A, 106巻, 34号, pp.7728-pp.7735, 2002
  53. Formation of Electronically Excited Fragments Resulting from Collisions of He(23S) Atoms with CCl4 and Related Chloromethanes, Bull. Chem. Soc. Jpn., 74巻, 11号, pp.2037-pp.2043, 2001
  54. Reactions of HCO(X2A′, v1v2v3 = 000, 010, 001) with Molecular Oxygen, J. Phys. Chem. A, 104巻, 28号, pp.6517-pp.6522, 2000
  55. Deactivation Rate Constants of OH(X2Πi, v = 1 - 4) by Collisions of NH3, J. Phys. Chem. A, 104巻, 40号, pp.9081-pp.9086, 2000
  56. First Determination of the Branching Ratios between Reactive Removal and Vibrational Relaxation in Collisions of OH(X2Πi, v = 1 and 2) with CH4, J. Phys. Chem. A, 103巻, 4号, pp.451-pp.459, 1999
  57. Photoemission Cross Sections for Fragments and Molecular Ions Produced by Collisions of He(2 3S) Atoms with SiCl4 and GeCl4, Bull. Chem. Soc. Jpn., 72巻, 9号, pp.2067-pp.2072, 1999
  58. Application of a New Method to the Determination of Rate Constants: Examination of the Effect of Noise on the Data, Int. J. Chem. Kinet., 30巻, 1号, pp.47-pp.54, 1998
  59. Photoemission Cross Sections for Ions Produced by Collisions of He(2 3S) Atoms with Linear Triatomic Molecules and Fluorobenzenes, Bull. Chem. Soc. Jpn., 70巻, 1号, pp.71-pp.78, 1997
  60. ★, A New Method of Determining the Rate Constants for State-to-State Vibrational Relaxation: an Integrated Profiles Method, Bull. Chem. Soc. Jpn., 70巻, 1号, pp.89-pp.95, 1997
  61. Photoemission Cross Sections for CH Radicals Produced by Collisions of He(2 3S) Atoms with CH3X (X = H, Cl, Br, I), J. Chem. Phys., 106巻, 11号, pp.4491-pp.4498, 1997
  62. Rotational Excitation of Ions Produced by the He(2 3S) Penning Ionization of CO and N2, Chem. Phys. Lett., 270巻, 5-6号, pp.587-pp.592, 1997
  63. ★, A New Method for Eliminating Self-Absorption Effect from Dispersed Emission Spectra, Rev. Sci. Instrum., 68巻, 10号, pp.3697-pp.3701, 1997
  64. Branching Ratios of Excited Sn I States Produced by Collisions of He(2 3S) Atom with SnCl4 and Sn(CH3)4, Bull. Chem. Soc. Jpn., 69巻, 10号, pp.2815-pp.2820, 1996
  65. Collision Energy Dependence of the Overall Rate Constant for the Reaction NH(a1Δ) + HN3, Laser Chem., 15巻, 42039.0号, pp.183-pp.194, 1995
  66. An Inexpensive Handmade Gated Integrator, Rev. Sci. Instrum, 66巻, 8号, pp.4395-pp.4396, 1995
  67. Rate Constants for the Reactions CF2(X1A1, v2 = 0 and 1) + O Determined by a Photodissociation/Laser-Induced Fluorescence Technique, J. Phys. Chem., 99巻, 41号, pp.15086-pp.15092, 1995
  68. Pressure Dependence of the Rate Constant for the Reaction of CH3O + NO, Bull. Chem. Soc. Jpn., 66巻, 1号, pp.51-pp.56, 1993
  69. Studies on the Reactions of CH(v = 0 and 1) with NO and O2, Bull. Chem. Soc. Jpn., 66巻, 4号, pp.1004-pp.1011, 1993
  70. Bond Selectivity in the Reaction of NH(a1Δ) with Methanol, J. Chem. Phys., 98巻, 11号, pp.8667-pp.8672, 1993
  71. Dispersed Emission Spectrum of NH2(A2A1) in the Ultraviolet Laser Photolysis of HN3 and the Mechanism of Formation, Chem. Phys. Lett., 204巻, 1-2号, pp.106-pp.110, 1993
  72. Spin-Forbidden Excitation of CF2(a3B1 ← X1A1) by Collisions with N2(A3Σu+), Chem. Phys. Lett., 215巻, 5号, pp.483-pp.487, 1993
  73. Reactions of Acetylene with C2H Radical at High Temperature, Proceedings of the 18th International Symposium on Shock Waves, 2巻, pp.793-pp.798, 1992
  74. Microscopic Solvation of Acetone to 9,9′-Bianthryl Studied in a Free Jet: Polar Excited State Formation, J. Chem. Phys., 94巻, 5号, pp.3496-pp.3503, 1991
  75. An Optically-Pumped Ultraviolet Laser on SO(B3Σ--X3Σ-), Chem. Phys. Lett., 181巻, 2-3号, pp.250-pp.254, 1991
  76. Simple Way of Labeling Rotational Levels with Respect to Full Symmetry Point Group, J. Chem. Educ, 68巻, 7号, pp.574-pp.575, 1991
  77. Selective Product Channels in the Reactions of NH(a1Δ) and NH(X3Σ-) with NO, J. Chem. Phys., 95巻, 7号, pp.5087-pp.5096, 1991
  78. Laser-Induced Fluorescence and Scattering Studies on the Growth of Small Particles of SiO2 in a H2-O2-SiCl4 Mixture with a Flat Flame Burner, Trans. Japan Soc. Heat Fluid Engng., 6巻, pp.49-pp.55, 1991
  79. Solvent Effect in Supercritical Fluids: Keto-Enol Equilibria of Acetylacetone and Ethyl Acetoacetate, Chem. Phys. Lett., 172巻, 3-4号, pp.271-pp.274, 1990
  80. Quenching and Energy Transfer Processes of Single Rotational Levels of Br4 B3Π(0u+) v′ = 24 with Ar under Single Collision Conditions, J. Chem. Phys., 90巻, 2号, pp.964-pp.976, 1989
  81. Charge-Transfer-State Formation in Supercritical Fluid: (N,N-Dimethylamino) benzonitrile in CF3H, J. Phys. Chem., 92巻, 5号, pp.1347-pp.1352, 1988
  82. Intramolecular Charge-Transfer Reactions Studied in a Supercritical Fluid of Varying Densities and in a Molecular Beam, Faraday Discuss. Chem. Soc., 85巻, pp.65-pp.75, 1988
  83. The Torsional Potential of 9,9′-Bianthryl Determined by laser-Induced Fluorescence in a Free Jet, Chem. Phys. Lett., 123巻, 4号, pp.277-pp.281, 1986
  84. Solvent Effect in an "Isolated" Solvated Molecule in a Free Jet: Intramolecular Charge-Transfer State of Solvated 9,9′-Bianthryl, Chem. Phys. Lett., 125巻, 2号, pp.184-pp.188, 1986
  85. Studies on the Reaction N + N3 → N2(B3Πg) + N2(X1Σg+), Chem. Phys. Lett., 94巻, 4号, pp.425-pp.429, 1983

著書等出版物

  1. 2018年12月18日, 根深い誤りの伝統を断つには -高等学校教科書修正の必要性-, 東京化学同人・現代化学, 2018年, 12, 単行本(一般書), 単著, 日本語, 2, 2
  2. 2017年09月, 国際単位系(SI)の定義改訂の時期が迫る!, 日本化学会・化学と工業, 2017年, 09, 単行本(学術書), 共著, 2, 2
  3. 2017年08月, 連続固有値関数の規格化とFourier変換, 漁火書店・Monographシリーズ, 2017年, 08, 単行本(学術書), 単著, 12, 12
  4. 2017年01月, EinsteinのA係数とB係数, 漁火書店・Monographシリーズ, 2017年, 01, 単行本(学術書), 単著, 24, 24
  5. 2016年12月, 「物質量」という用語が「化学量」に変わる?, 日本化学会・化学と工業, 2016年, 12, 単行本(学術書), 共著, 黒田 裕,齋藤一弥,中田宗隆,山崎勝義, 2, 2
  6. 2016年11月23日, 物理化学Monographシリーズ(上) 第1版第5刷, 広島大学出版会・漁火書店, 2016年, 11, 単行本(学術書), 単著, 9784903068299, 403, 403
  7. 2016年11月23日, 物理化学Monographシリーズ(下) 第2版第1刷, 広島大学出版会・漁火書店, 2016年, 11, 単行本(学術書), 単著, 9784903068404, 509, 509
  8. 2016年11月, 相律における成分の数, 漁火書店・Monographシリーズ, 2016年, 11, 単行本(学術書), 単著, 23, 23
  9. 2015年10月, 「化学」の教科書のグローバル化, 日本化学会・化学と教育, 2015年, 10, 単行本(学術書), 単著, 1, 1
  10. 2013年12月, 反応速度論と平衡論の記述に関する注意点, 日本化学会・化学と教育, 2013年, 12, 単行本(学術書), 単著, 4, 4
  11. 2013年10月, 化学にかかわる物理量を表す記号と用語の重要性, 日本化学会・化学と工業, 2013年, 10, 単行本(学術書), 単著, 4, 4
  12. 2013年02月, 「成分」と「基底」の変換の相違点(第2版), 分子科学会・アーカイブス, 2013年, 02, 単行本(学術書), 単著, 41, 41
  13. 2012年04月, 量子論におけるブラ・ケット表記, 漁火書店・Monographシリーズ, 2012年, 04, 単行本(学術書), 単著, 33, 33
  14. 2010年12月, 電磁気学における単位系(第2版), 分子科学会・アーカイブス, 2010年, 12, 単行本(学術書), 単著, 28, 28
  15. 2010年09月, 第26回化学反応討論会, 日本化学会・化学と工業, 2010年, 09, 単行本(学術書), 単著, 00227684, 1, 1
  16. 2010年04月, 核交換操作と核スピン統計, 漁火書店・Monographシリーズ, 2010年, 04, 単行本(学術書), 単著, 10, 10
  17. 2010年04月, Born-Oppenheimer近似と断熱近似, 漁火書店・Monographシリーズ, 2010年, 04, 単行本(学術書), 単著, 27, 27
  18. 2009年06月, Pauli原理とSlater行列式, 分子科学会・アーカイブス, 2009年, 06, 単行本(学術書), 単著, 72, 72
  19. 2009年06月, Clebsch-Gordan係数と射影演算子(第2版), 分子科学会・アーカイブス, 2009年, 06, 単行本(学術書), 単著, 74, 74
  20. 2009年04月, 平衡定数に関する誤解 -高等学校教科書の解説における問題点-, (株)東京化学同人, 2009年, 04, 単行本(学術書), 単著, 4, 4
  21. 2008年12月, 対称性低下法による電子状態のterm決定法, 漁火書店・Monographシリーズ, 2008年, 12, 単行本(学術書), 単著, 14, 14
  22. 2008年12月, 球対称点群(Kh)の直積と対称積・反対称積, 漁火書店・Monographシリーズ, 2008年, 12, 単行本(学術書), 単著, 15, 15
  23. 2008年11月, Wigner-Witmer相関則の導出, 漁火書店・Monographシリーズ, 2008年, 11, 単行本(学術書), 単著, 26, 26
  24. 2007年10月, 高振動励起分子の反応速度論 , 日本化学会・物理化学ディビジョンレポート, 2007年, 10, 単行本(学術書), 単著, 1, 1
  25. 2007年04月, 統計熱力学における古典統計と量子統計の関係 , 漁火書店・Monographシリーズ, 2007年, 04, 単行本(学術書), 単著, 49, 49
  26. 2006年04月, 化学ポテンシャルと平衡定数 , 漁火書店・Monographシリーズ, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, 小口 達夫,梶本 興亜,山崎勝義, 50, 50
  27. 2006年04月, Jahn-Teller効果とRenner-Teller効果の統一理解 , 漁火書店・Monographシリーズ, 2006年, 04, 単行本(学術書), 単著, 12, 12
  28. 2006年04月, 有効Lennard-Jonesポテンシャルの極値問題 , 漁火書店・Monographシリーズ, 2006年, 04, 単行本(学術書), 単著, 10, 10
  29. 2004年04月, Coulomb相互作用による2電荷の運動 , 漁火書店・Monographシリーズ, 2004年, 04, 単行本(学術書), 単著, 9, 9
  30. 2004年04月, 気相均一熱化学反応 , 丸善・化学便覧 基礎編I, 2004年, 04, 事典・辞書, 共著, 大木 道則 , 1500, 18
  31. 2002年04月, 発光スペクトル強度と励起分子数の関係 , 漁火書店・Monographシリーズ, 2002年, 04, 単行本(学術書), 単著, 16, 16
  32. 2002年04月, 発光分光スペクトルによる振動緩和速度定数決定法 , 漁火書店・Monographシリーズ, 2002年, 04, 単行本(学術書), 共著, 竹谷文一,山崎勝義, 5, 5
  33. 2002年04月, 熱力学第2法則と状態関数 , 漁火書店・Monographシリーズ, 2002年, 04, 単行本(学術書), 単著, 30, 30
  34. 2001年04月, 化学反応速度理論の徹底的理解 , 漁火書店・Monographシリーズ, 2001年, 04, 単行本(学術書), 単著, 46, 46
  35. 2000年04月, 物体の速度と物質波の速度 , 漁火書店・Monographシリーズ, 2000年, 04, 単行本(学術書), 単著, 10, 10
  36. 1999年04月, 遷移状態理論の基礎仮定 , 漁火書店・Monographシリーズ, 1999年, 04, 単行本(学術書), 単著, 20, 20
  37. 1998年04月, 歳差運動の物理学 , 漁火書店・Monographシリーズ, 1998年, 04, 単行本(学術書), 単著, 44, 44
  38. 1998年04月, 成層圏化学とフリーラジカル過程 , 学会出版センター・フリーラジカルの科学, 1998年, 04, 単行本(学術書), 共著, 廣田 榮治 , 267, 16
  39. 1998年04月, 磁気モーメントとg値 , 漁火書店・Monographシリーズ, 1998年, 04, 単行本(学術書), 単著, 24, 24
  40. 1995年04月, 二分子反応機構 , シュプリンガー・フェアラーク東京, 1995年, 04, 単行本(学術書), 共著, 高山 和喜 , 1256, 8
  41. 1994年04月, 自作できるボックスカー積分器 , 日本化学会・化学と工業, 1994年, 04, 単行本(学術書), 単著, 2, 2
  42. 1993年04月, 線形分光計測 , 丸善・レーザ計測ハンドブック(基礎編), 1993年, 04, 単行本(学術書), 共著, 大沢 敏彦 , 570, 5
  43. 1989年04月, 反応場のレーザ計測の最近の進歩 , 化学工学会・化学工学, 1989年, 04, 単行本(学術書), 共著, 松為宏幸,越光男,山崎勝義, 6, 6
  44. 1987年04月, 超臨界流体中での化学反応の研究 , 日本分光学会・分光研究, 1987年, 04, 単行本(学術書), 共著, 梶本興亜,山崎勝義, 2, 2
  45. 1987年04月, 衝突頻度と平均自由行程, 漁火書店・Monographシリーズ, 1987年, 04, 単行本(学術書), 単著, 23, 23
  46. 1985年04月, 二波長レーザにより生成する分子の高振動励起状態の光音響効果法による検出 , 日本化学会・化学と工業, 1985年, 04, 単行本(学術書), 単著, 2, 2

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Photoinduced Elimination of CO and NO Ligands from the Heteroleptic Transition-Metal Complex: Co(CO)3NO, H. Nakata, K. Nagamori, M. Haze, K. Yamasaki, H. Kohguchi, The 15th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2018年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  2. Photochemistry of Transition-Metal Carbonyls in the Gas Phase, K. Nagamori, H. Nakata, M. Haze, K. Yamasaki, H. Kohguchi, The 15th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2018年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  3. Nascent vibrational energy distributions of S2(X3Σg-) generated in the S(1D) + OCS reaction, Shogo Tendo, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, The 15th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2018年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  4. 紫外光励起した遷移金属ニトロシル錯体の配位結合解離経路の分岐, 中田裕之, 長森啓悟, 山崎勝義, 高口博志, 第12回分子科学討論会, 2018年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 福岡国際会議場(福岡)
  5. N,N-ジメチルホルムアミドのN-CHOおよびN-CH3結合における光解離反応の動力学的研究, 井上昂輔 ,鬼塚侑樹 ,山崎勝義,高口博志, 第12回分子科学討論会, 2018年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 福岡国際会議場(福岡)
  6. 光励起されたトリメチルアミンの多段階分岐反応の励起エネルギー依存性, 鬼塚侑樹,門脇悠稀,山崎勝義,高口博志, 第12回分子科学討論会, 2018年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 福岡国際会議場(福岡)
  7. 酸素原子O(2p 3P)の2光子励起真空紫外蛍光検出法の確立および励起酸素原子O(3p 3P)の衝突素過程の解明, 天道尚吾,高口博志,山崎勝義, 第12回分子科学討論会, 2018年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 福岡国際会議場(福岡)
  8. Photodissociation and Electronic Relaxation in the S2 and S1 Excited States of Trimethylamine, Y. Onitsuka, Y. Kadowaki, Y. Yamasaki, H. Kohguchi, 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2018年06月, 通常, 英語, Organization committee of 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Kansai Photon Science Institute, QST(Kizugawa)
  9. Probing the effective reaction coordinates of ligand elimination in photodissociation of the Co(CO)3NO complex, H. Nakata, K. Nagamori, K. Yamasaki, H. Kohguchi, 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2018年06月, 通常, 英語, Organization committee of 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Kansai Photon Science Institute, QST(Kizugawa)
  10. Photoreaction Chemistry of Transition-Metal Carbonyls in the gas phase, K. Nagamori, H. Nakata, K. Yamasaki, H. Kohguchi, 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2018年06月, 通常, 英語, Organization committee of 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Kansai Photon Science Institute, QST(Kizugawa)
  11. Nascent vibrational distributions and relaxation of S2(X3Σg-) generated in the S(1D) + OCS reaction, Shogo Tendo, Haruka Tanimoto, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2018年06月, 通常, 英語, Organization committee of 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Kansai Photon Science Institute, QST(Kizugawa)
  12. Detection of Cl(2P) and Br(2P) with vacuum ultraviolet emission subsequent to two-photon absorption, Ayaka Nishimura, Shogo Tendo, Atumi Yoshiki, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2018年06月, 通常, 英語, Organization committee of 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Kansai Photon Science Institute, QST(Kizugawa)
  13. Rate coefficients and mechanisms of CH + CHX3 (X = Cl, Br) reactions, Atumi Yoshiki, Rintaro Fukami, Shogo Tendo, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2018年06月, 通常, 英語, Organization committee of 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Kansai Photon Science Institute, QST(Kizugawa)
  14. Radiative lifetime and the rate coefficient for quenching of electronically excited state S(4p 3P), Daigo Kawabata, Shogo Tendo, Haruka Tanimoto, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2018年06月, 通常, 英語, Organization committee of 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Kansai Photon Science Institute, QST(Kizugawa)
  15. Detection of Atomic Oxygen O(3P) with Vacuum Ultraviolet Emission Subsequent to Two-Photon Excitation, Shogo Tendo, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, The 14th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2017年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  16. Generation of CH and H as the Photoproducts of Trihalomethanes and Chemical Reactions of CH with the Precursors, Atsumi Yoshiki, Yuta Sugino, Shogo Tendo, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, The 14th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2017年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  17. Mechanism of Generation of S2 (X3Σg-, a1Δg) in the O(1D) + OCS Reaction System, Haruka Tanimoto, Shogo Tendo, Kenichi Orimi, Hiroki Goto, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, The 14th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2017年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  18. Detection of Electronically Excited NH2 product in the Ultraviolet Photodissociation of Methylamine, Yuuki Onitsuka, Shogo Tendo, Hiroki Goto, Katsuyoshi Yamasaki, Hiroshi Kohguchi, The 14th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2017年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  19. Photoelimination Dynamics Study of Tricarbonylnitrosylcobalt by Analyzing the Motion of Eliminated Ligands, H. Nakata, K. Nagamori, K. Yamasaki, H. Kohguchi, The 14th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2017年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  20. Non-adiabatic Dynamics around the Conical Intersection of Ammonia-derivative Species, 鬼塚侑樹,山崎勝義,高口博志, 第13回若手研究者による先端的レーザー分光シンポジウム, 2017年12月, 招待, 英語, 日本分光学会, 埼玉大学
  21. メチルアミンの紫外光解離における電子励起状態NH2の検出, 鬼塚侑樹,山崎勝義,後藤寛貴,高口博志, 第11回分子科学討論会, 2017年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 東北大学(川内北キャンパス)
  22. 配位子の運動解析による遷移金属カルボニル錯体の光解離反応の研究, 中田裕之, 山崎勝義, 高口博志, 第11回分子科学討論会, 2017年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 東北大学(川内北キャンパス)
  23. トリメチルアミン励起状態ダイナミクスと光解離機構の解明, 門脇悠稀, 鬼塚侑樹, 山崎勝義, 高口博志, 第11回分子科学討論会, 2017年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 東北大学(川内北キャンパス)
  24. Internal and translational energy partitioning of the NO product in the S2 photodissociation of methyl nitrite, M. Sumida, S. Masumoto, M. Kato, K. Yamasaki, and H. Kohguchi, 34th International Symposium on Free Radicals, 2017年08月, 通常, 英語, Organization committee of 34th International Symposium on Free Radicals, Hayama, Japan
  25. Genaration of CH(X2Π) and H in the UV two-photon dissociation of CHX3(X = Cl, Br), Atsumi Yoshiki, Yuta Sugino, Shogo Tendo, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, International Symposium on "Diversity of Chemical Reaction Dynamics", 2017年07月, 通常, 英語, The organizers of Himeji symposium, Jibasan Building(Himeji, Hyogo)
  26. Kinetic study on the vibrational relaxation of S2(a1Δg) by collisions with CF4, Shogo Tendo, Haruka Tanimoto, Hiroki Goto, Hiroshi Kohguchi, Kastuyoshi Yamasaki, International Symposium on "Diversity of Chemical Reaction Dynamics", 2017年07月, 通常, 英語, The organizers of Himeji symposium, Jibasan Building(Himeji, Hyogo)
  27. Structural dynamics of photoexcited transition metal carbonyls - Approach from the motion of photoeliminated ligands -, H. Nakata, K. Yamasaki, H. Kohguchi, International Symposium on "Diversity of Chemical Reaction Dynamics", 2017年07月, 通常, 英語, The organizers of Himeji symposium, Jibasan Building(Himeji, Hyogo)
  28. Detection of the Excited State NH2(A2A1) in the Ultraviolet photodissociation of methylamine, Yuuki Onitsuka, Katsuyoshi Yamasaki, Hiroki Goto, Hiroshi Kohguchi, International Symposium on "Diversity of Chemical Reaction Dynamics", 2017年07月, 通常, 英語, The organizers of Himeji symposium, Jibasan Building(Himeji, Hyogo)
  29. Genaration of CH(X2Π) and H in the UV two-photon dissociation of CHX3(X = Cl, Br), Atsumi Yoshiki, Yuta Sugino, Shogo Tendo, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, 33rd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2017年06月, 通常, 英語, Organization committee of 33rd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Nagoya University(Higashiyama)
  30. Mechanism of the generation of S2(a1Δg) in the O(1D) + OCS reaction system, Haruka Tanimoto, Hiroki Goto, Shogo Tendo, Hiroshi Kohguchi, Kastuyoshi Yamasaki, 33rd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2017年06月, 通常, 英語, Organization committee of 33rd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Nagoya University(Higashiyama)
  31. Kinetic study on the vibrational relaxation of S2(a1Δg) by collisions with CF4, Shogo Tendo, Haruka Tanimoto, Hiroki Goto, Hiroshi Kohguchi, Kastuyoshi Yamasaki, 33rd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2017年06月, 通常, 英語, Organization committee of 33rd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Nagoya University(Higashiyama)
  32. Probing photochemical reaction of pentacarbonyliron(0) in the MLCT state by using REMPI spectroscopy and ion imaging, H. Nakata, K. Yamasaki, H. Kohguchi, 33rd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2017年06月, 通常, 英語, Organization committee of 33rd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Nagoya University(Higashiyama)
  33. Detection of the Excited State NH2 (A2A1) in the Ultraviolet Photodissociation of Methylamine, Y. Onitsuka, K. Yamasaki, H. Goto, and H. Kohguchi, International Confrenence on Molecular Energy Transfer 2017 (iCOMET 2017), 2017年01月, 通常, 英語, Organization committee ofiCOMET 2017, Innsbruck, Austria
  34. Detection of Sulfur Atoms (1D and 3P) and Branching Ratio between Reaction and Quenching in the S(1D) + OCS System, H. Goto, H. Tanimoto, S. Miyachi, H. Kohguchi, K. Yamasaki, The 13th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2016年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University(Higashi-Hiroshima)
  35. Dynamics study of CH3ONO characterized by the internal state anti-correlation of the photofragments, 住田聖太, 益本修, 加藤光枝, 山崎勝義, 高口博志, 第10回分子科学討論会, 2016年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 神戸ファッションマート(神戸)
  36. 電子励起状態のNH2を生成するメチルアミンの光解離ダイナミクス, 鬼塚侑樹,山崎勝義,高口博志, 第10回分子科学討論会, 2016年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 神戸ファッションマート(神戸)
  37. Kinetic Study on the Relaxation of Vibrationally Excited S2(a1Δg) by Collisions with SF6, Ayano Hara, Hiroki Goto, Toru Uchiyama, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, 24th International Symposium on Gas Kinetics and Related Phenomena, 2016年07月, 通常, 英語, Royal Society of Chemistry, York, UK
  38. Identification of the Electronically Excited NH2 Product in the Photodissociation of Methylamine, Y. Onitsuka, K. Yamasaki, H. Kohguchi, 32nd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2016年06月, 通常, 英語, Organization committee of 32th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Sonic City Hall (Saitama, JAPAN)
  39. Detection of sulfur atoms (1D and 3P) and branching ratio between reaction and quenching in the S(1D) + OCS system, Hiroki Goto, Haruka Tanimoto, Shinwa Miyachi, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, 32nd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2016年06月, 通常, 英語, Organization committee of 32th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Sonic City Hall (Saitama, JAPAN)
  40. Kinetic study on the vibrational relaxation of S2(a1Δg) by collisions with SF 6, HARA, Ayano, GOTO, Hiroki, UCHIYAMA, Toru, KOHGUCHI, Hiroshi, YAMASAKI, Katsuyoshi, 32nd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2016年06月, 通常, 英語, Organization committee of 32th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Sonic City Hall (Saitama, JAPAN)
  41. Dynamics Study of Multiple Product Pathways in the Photodissociation of Nitromethane, M. Sumida, K. Yamasaki, H. Kohguchi, The 12nd Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2015年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  42. 解離生成物の全自由度測定によるニトロメタンの多経路光解離反応の動力学的研究, 山崎 勝義, 住田聖太,山崎勝義,高口博志, 第9回分子科学討論会, 2015年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 東京工業大学(東京都・大岡山)
  43. 特異的終状態分布を示すメチルアミンの前期解離ダイナミクスの観測, 鬼塚侑樹,柳井谷拓馬,山崎勝義,高口博志, 第9回分子科学討論会, 2015年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 東京工業大学(東京都・大岡山)
  44. 状態選別散乱分布測定によるCH3ONO光解離反応のエネルギー分配の決定, 加藤光枝,益本修,山崎勝義,高口博志, 第9回分子科学討論会, 2015年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 東京工業大学(東京都・大岡山)
  45. Chemical Reaction and Energy Transfer of Vibrationally Excited Molecules., 山崎 勝義, Japan-Asia Youth Exchange Program in Science, 2015年08月, 通常, 英語, 科学技術振興機構, 広島大学(東広島市)
  46. Physical Chemistry of Kinetics., 山崎 勝義, Introduction to Advanced and Integrated Science, 2015年08月, 通常, 英語, 広島大学(東広島市)
  47. Dynamics Study of the Photodissociation of Nitromethane following the π ← π Excitation, 山崎 勝義, M. Sumida, K. Yamasaki, H. Kohguchi, Symposium on Advanced Molecular Spectroscopy, 2015年07月, 通常, 英語, Morino Foundation, The University of Tokyo (Komaba, Tokyo)
  48. Site-selective Photochemistry Observed for Allyl Iodide., M. Sumida, T. Hanada, K. Yamasaki, H. Kohguchi, Symposium on Advanced Molecular Spectroscopy, 2015年07月, 通常, 英語, Morino Foundation, The University of Tokyo (Komaba, Tokyo)
  49. Observation of the photodissociation dynamics of methylamine showing the specific final state distribution, Y. Onitsuka, T. Yanaidani, K. Yamasaki, H. Kohguchi, International Symposium "Recent Progress in Molecular Science of Korea and Japan", 2015年07月, 通常, 英語, Hiroshima University
  50. Rate Coefficients for Vibrational Relaxation of S2(a1Δg, v ≤ 9) by Collisions with He, H. Goto, K. Fujihara, J. Yamashita, H. Kohguchi, K. Yamasaki, 31st Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2015年06月, 通常, 英語, Organization committee of 31st Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Hokkaido University (Sapporo, Japan)
  51. Dynamics Study of the Photodissociation of Nitromethane Following the π ← π Excitation., M. Sumida, K. Yamasaki, H. Kohguchi, 31st Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2015年06月, 通常, 英語, Organization committee of 31st Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Hokkaido University (Sapporo, Japan)
  52. Dependence of the Product Pathways in the Photodissociation of Methylamine on the Available Energy., Y. Onitsuka, T. Yanaidani, K. Yamasaki, H. Kohguchi, Y. Onitsuka, T. Yanaidani, K. Yamasaki, H. Kohguchi, 31st Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2015年06月, 通常, 英語, Organization committee of 31st Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Hokkaido University (Sapporo, Japan)
  53. Kinetic Study on the Vibrationally Excited OH(X2Π) by Collisions with Rare Gases, C. Kadochiku, N. Kohno, M. Shinohara, H. Kohguchi, K. Yamasaki, The 11th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2014年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  54. Kinetic Study on the Relaxation of S2(X3Σg-, a1Δg) by Collisions with He, K. Fujihara, J. Yamashita, H. Kohguchi, K. Yamasaki, The 11th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2014年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  55. The Multichannel Photodissociation Dynamics of Nitromethane (CH3NO2) Studied by the State-Resolved Ion Imaging, M. Sumida, Y. Kohge, K. Yamasaki, H. Kohguchi, The 11th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2014年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  56. 振動励起OH(X2Π)のHeおよびArによる緩和過程の速度論的研究, 門築ちひろ,河野七瀬,篠原美夜,高口博志,山崎勝義, 第8回分子科学討論会, 2014年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, Hiroshima University
  57. 状態選別散乱分布測定によるメチルアミンの光解離機構の動力学研究, 鬼塚侑樹,髙下慶典,山崎勝義,高口博志, 第8回分子科学討論会, 2014年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, Hiroshima University
  58. ヨウ化アリルのサイト選択的な光学観測, 住田聖太,花田拓也,山崎勝義,高口博志, 第8回分子科学討論会, 2014年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, Hiroshima University
  59. Kinetic Study on the Vibrational Relaxation of OH(X2Π) by Collisions with He and Ar., C. Kadochiku, N. Kohno, M. Shinohara, H. Kohguchi, K. Yamasaki, 30th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2014年06月, 通常, 英語, Organization committee of 30th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Eagret Himeji (Himeji, Japan)
  60. Kinetic Study on Relaxation of Vibrationally Excited S2(a1Δg) by Collisions with Nonpolar Molecules, K. Fujihara, T. Uchiyama, H. Kohguchi, K. Yamasaki, 30th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2014年06月, 通常, 英語, Organization committee of 30th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Eagret Himeji (Himeji, Japan)
  61. Elucidation of Photodissociation Mechanism of Methylamine by REMPI Spectroscopy and Ion Imaging Experiment., Y. Onitsuka, Y. Kohge, K. Yamasaki, H. Kohguchi, 30th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2014年06月, 通常, 英語, Organization committee of 30th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Eagret Himeji (Himeji, Japan)
  62. Site-Selective Photochemistry Observed for Allyl Iodide., M. Sumida, T. Hanada, K. Yamasaki, H. Kohguchi, 30th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2014年06月, 通常, 英語, Organization committee of 30th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Eagret Himeji (Himeji, Japan)
  63. 振動励起OHのHeによる超低速緩和過程の速度定数, 門築ちひろ,河野七瀬,高口博志,山﨑勝義, 2013年日本化学会中国四国支部大会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 広島大学(東広島市)
  64. 振動励起S2(X3Σg-, a1Δg)のHeによる緩和過程の速度定数, 藤原圭吾,山下潤,高口博志,山﨑勝義, 2013年日本化学会中国四国支部大会, 2013年11月, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 広島大学(東広島市)
  65. 核の運動を含んだオージェ電子分光スペクトルの理論計算, 高橋修,高木沙弥,国武尚登, 山崎勝義, 日本コンピュータ化学会2013秋季年会, 2013年10月, 通常, 日本語, 九州大学(福岡市)
  66. 生成物状態間相関によるCH3ONO光解離反応のO-N結合開裂機構の解明, 益本修,髙下慶典,山﨑勝義,高口博志, 第7回分子科学討論会, 2013年09月, 通常, 日本語, 分子科学会, 京都テルサ(京都府)
  67. Auger Decay Spectra Calculations for Some Small Molecules., O. Takahashi, S. Takaki, N. Kunitake, K. Yamasaki, XXVIII International Conference on Photonic, Electronic and Atomic Collision, 2013年07月, 通常, 英語, Lanzhou, China
  68. Rate Coefficients for Extremely Slow Vibrational Relaxation of OH(X2Π, v = 1 - 4) by Collisions with He, C. Kadochiku, N. Kohno, J. Yamashita, H. Kohguchi, K. Yamasaki, 29th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2013年06月, 通常, 英語, Organization committee of 29th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Tohoku University (Sendai, Japan)
  69. Kinetic Study on Relaxation of Vibrationally Excited S2(X3Σg-, a1Δg) by Collisions with He, K. Fujihara, J. Yamashita, H. Kohguchi, K. Yamasaki, 29th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2013年06月, 通常, 英語, Organization committee of 29th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Tohoku University (Sendai, Japan)
  70. Highly Rotational Excitation of NO(X2Π, v) Generated in Photodissociation of CH3ONO, O. Masumoto, Y. Kohge, K. Yamasaki, H. Kohguchi, 29th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 2013年06月, 通常, 英語, Organization committee of 29th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, Tohoku University (Sendai, Japan)
  71. Generation of Vibrationally Excited S2(X3Σg- and a1Δg) in the S(1D) + OCS Reaction, J. Yamashita, K. Fujihara, H. Takahashi, H. Kohguchi, K. Yamasaki, The 9th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2012年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  72. Enhancement of the NH2 + NO → OH + H + N2 Reaction by Vibrational Excitation of NH2, Nanase Kohno, Mari Izumi, Hideo Kobayashi, Hiroshi Kohguchi, and Katsuyoshi Yamasaki, 22nd International Symposium on Gas Kinetics, 2012年06月, 通常, 英語, Royal Society of Chemstry, Boulder (Colorado, USA)
  73. Kinetics and Dynamics on the Formation of S2(X3Σg-, a1Δg) in the S(1D) + OCS Reaction, Jun Yamashita, Hirofumi Takahashi, Kenichi Orimi, Tsubasa Hashimoto, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, 22nd International Symposium on Gas Kinetics, 2012年06月, 通常, 英語, Royal Society of Chemistry, Boulder (Colordo, USA)
  74. 振動励起分子のエネルギー移動と化学反応の速度論的研究, 山崎 勝義, 神戸大学大学院理学研究科講演会, 2010年12月, 招待, 日本語, 神戸大学, 神戸大学(神戸市)
  75. Detection of H Aatoms by 2-Photon LIF Technique and Its Application to Chemical Kinetics., Mari IZUMI, Hiroshi KOHGUCHI, Nanase KOHNO, and Katsuyoshi YAMASAKI, The 7th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2010年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  76. 振動励起分子のエネルギー移動と化学反応の速度論的研究, 山崎 勝義, 東北大学理学部化学教室(一般雑誌会), 2010年10月, 招待, 日本語, 東北大学, 東北大学(仙台市・青葉山)
  77. Dramatic Acceleration of the Reaction OH + CO → H + CO2 by Vibrational Excitation of OH., Nanase Kohno, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, 21st International Symposium on Gas Kinetics, 2010年07月, 通常, 英語, Royal Society of Chemistry, Leuven, Belgium
  78. Generation of Highly Vibrationally Excited S2(X3Σg-) in the O3/OCS/266 nm System., 折見健一,高橋寛史,高口博志,山崎勝義, 第26回化学反応討論会, 2010年06月, 通常, 日本語, 第26回化学反応討論会実行委員会, 広島大学(東広島市)
  79. Reaction OH + CO → H + CO2 Enhanced by Vibrational Excitation of OH, 河野七瀬,泉真里,高口博志,山崎勝義, 第26回化学反応討論会, 2010年06月, 通常, 日本語, 第26回化学反応討論会実行委員会, 広島大学(東広島市)
  80. Acceleration of the Reaction OH + CO → H + CO2 by Vibrational Excitation of OH, Nanase Kohno, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, The 6th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2009年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  81. Direct Determination of the Rate Coefficient for the Reaction of O(1D) with OCS, Kenichi Orimi, Shinji Watanabe, Hiroshi Kohguchi, Katsuyoshi Yamasaki, The 6th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2009年12月, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Science (QuLiS), Hiroshima University
  82. プロパンの紫外多光子解離による水素原子生成機構の解明, 泉真里,高口博志,山崎勝義, 日本化学会西日本大会2009, 2009年11月, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部・九州支部, 愛媛大学(松山市)
  83. OHの振動励起によるOH+CO → H+CO2反応の加速, 河野七瀬,高口博志,山崎勝義, 日本化学会西日本大会2009, 2009年11月, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部・九州支部, 愛媛大学(松山市)
  84. O(1D)+OCS反応による振動励起SO生成過程の速度論的研究, 折見健一,渡辺信嗣,高口博志,山崎勝義, 日本化学会西日本大会2009, 2009年11月, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部・九州支部, 愛媛大学(松山市)
  85. Dramatic Acceleration of the Reaction OH + CO → H + CO2 by Vibrational Excitation of OH, Nanase KOHNO, Mari IZUMI, Hiroshi KOHGUCHI, and Katsuyoshi YAMASAKI, International Workshop on Chemistry in the Earth's Atmosphere, 2009年09月, 通常, 英語, Morino Foundation, Tokyo Institute of Technology (Ookayama, Tokyo)
  86. Generation of Hydrogen Atom in Multiphoton Dissociation of Propane at 243 nm., 泉真里,高口博志,梅本宏信,山崎勝義, 第25回化学反応討論会, 2009年06月, 通常, 日本語, 第25回化学反応討論会実行委員会, 大宮ソニックシティ(さいたま市)
  87. Kinetic Study on the Reactions of Vibrationally Excited OH(X2Π) with CO, 河野七瀬,渡邊信嗣,高口博志,山崎勝義, 第25回化学反応討論会, 2009年06月, 通常, 日本語, 第25回化学反応討論会実行委員会, 大宮ソニックシティ(さいたま市)
  88. Rate Coefficients for the Single- and Multiquantum Vibrational Relaxation of O2(X3Σg-, v = 8 - 13) by Collisions with N2, 渡邊信嗣,高口博志,山崎勝義, 第25回化学反応討論会, 2009年06月, 通常, 日本語, 第25回化学反応討論会実行委員会, 大宮ソニックシティ(さいたま市)
  89. Generation of Highly Vibrationally Excited SO(X3Σ-) in the Reaction of O(1D) + OCS, 折見健一,渡邊信嗣,高口博志,山崎勝義, 第25回化学反応討論会, 2009年06月, 通常, 日本語, 第25回化学反応討論会実行委員会, 大宮ソニックシティ(さいたま市)
  90. Profile積分解析による多段階逐次反応速度の高精度測定, 山崎 勝義, 日本分光会中国四国支部広島地区講演会, 2007年12月, 招待, 日本語, 日本分光学会中国四国支部, 広島大学(東広島市)
  91. 振動準位感緩和速度定数の決定と多量子緩和機構, 山崎 勝義, 第23回化学反応討論会, 2007年06月, 招待, 日本語, 第23回化学反応討論会実行委員会, 神戸大学(神戸市)
  92. Kinetic Approach to Photodissociation Dynamics., Katsuyoshi Yamasaki, K. Yamasaki, Symposium on Recent Topics in Molecular Structure and Dynamics, 2006年04月, 招待, 英語, Kyoto Terrsa (Kyoto, Japan)
  93. Radiative Lifetimes, Quenching, and Multiquantum Vibrational Relaxation of SO(B3Σ-), Katsuyoshi Yamasaki, K. Yamasaki, 10th East Asian Workshop on Chemical Reactions, 2006年03月, 招待, 英語, Academia Sinica of Taiwan, National Taiwan University(Taipei, Taiwan)
  94. Kinetic Approach to Photodissociation Dynamics., Katsuyoshi Yamasaki, K. Yamasaki, 9th East Asian Workshop on Chemical Reactions, 2005年03月, 招待, 日本語, KAIST(Daejeon, Korea)
  95. 速度論的アプローチによる化学反応ダイナミックスの研究, 山崎 勝義, 特定領域研究B「大気化学燃焼化学における新規ラジカル連鎖反応」研究会, 2004年10月, 招待, 日本語, 特定領域研究「大気化学・燃焼化学における新規ラジカル連鎖反応」, 湘南国際村(神奈川県・葉山)
  96. 化学反応ダイナミックスに対する速度論的アプローチ, 山崎 勝義, 原子衝突研究会 第24回若手の会 秋の学校, 2003年10月, 招待, 日本語, 原子衝突研究会, 草津セミナーハウス(群馬県・草津町)
  97. A New Method for Determining Vibrational Relaxation Rate Constants and Nascent Vibrational Distributions., Katsuyoshi Yamasaki, 5th East Asian Workshop on Chemical Reactions, 2001年03月, 招待, 英語, Tohoku University (Sendai, Japan)

受賞

  1. 1981年03月, 楠本賞, 大阪大学

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 光電子エネルギー分布を利用する分光スペクトル測定素子の開発, 2016年, 2017年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 化学反応速度式の解析解を用いない新しい反応速度決定法の確立, 2013年, 2015年
  3. 森野基金外国人研究者招聘(森野レクチャー), 森野基金外国人研究者招聘(Craig A. Taatjes (Sandia National Laboratories, US)), 2010年, 2010年
  4. 森野基金海外渡航助成, 森野基金海外渡航助成(21th International Symposium on Gas Kinetics (Leuven, Belgium)), 2010年, 2010年
  5. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 無極性分子間の振動エネルギー移動機構の解明, 2007年, 2007年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 高振動励起分子のエネルギー緩和過程と反応過程の競争機構の解明, 2006年, 2008年
  7. 松尾学術振興財団研究助成, レーザ照射による複数振動準位の同時生成と新しい吸熱化学反応過程の発見, 2004年, 2005年
  8. 内田エネルギー科学振興財団助成金, 燃焼系化学反応におけるエネルギー放出機構と分子振動運動の相関, 2003年, 2005年
  9. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 電気回路のパルス応答理論を応用する化学反応速度決定法の確立, 2003年, 2004年
  10. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), 液滴からの溶媒脱離で生成する微小固体を利用した未知の電子励起状態の検出, 2000年, 2001年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 振動励起ラジカルの衝突過程における振動緩和過程と化学反応過程の分岐比の決定, 1998年, 1999年
  12. 科学研究費助成事業(重点領域研究), 微小液滴中に生成する異種分子クラスター中でのエネルギー移動, 1997年, 1997年
  13. 科学研究費助成事業(重点領域研究), 飽和微小液滴からの溶媒脱離により生成する固体クラスターの光化学, 1996年, 1996年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 化学反応ダイナミックスを解明するための速度論的解析法の確立, 1996年, 1997年
  15. 科学研究費助成事業(重点領域研究), 微小液滴からの溶媒脱離を利用する溶質分子のクラスター生成, 1995年, 1995年
  16. 学際理学研究助成, エアロゾルの内部・表面での光化学および化学反応, 1994年, 1997年
  17. 科学研究費助成事業(重点領域研究), 大気圏におけるフリーラジカル過程, 1993年, 1995年
  18. 科学研究費助成事業(重点領域研究), レ-ザ光解離法と組合せた衝撃波中でのラジカルの反応の研究, 1991年, 1991年
  19. 實吉奨学会研究助成, 分子振動が化学反応に与える影響, 1990年, 1990年
  20. 科学研究費助成事業(重点領域研究), レ-ザフラッシュフォトリシス法と組み合わせた衝撃波中でのラジカルの反応の研究, 1990年, 1990年
  21. 科学研究費助成事業(重点領域研究), 炭化水素系ラジカルとNOxの反応過程に関する研究, 1989年, 1990年

社会活動

委員会等委員歴

  1. Advisory Editorial Board of Chem. Phys. Lett., 2016年03月, Elsevier
  2. 単位・記号専門委員会委員, 2016年02月, (社)日本化学会
  3. 単位・記号専門委員会委員, 2015年06月, 2016年02月, (社)日本化学会
  4. 理事, 2013年05月, 2015年05月, (社)日本化学会
  5. 編集幹事会理事, 2013年05月, 2015年05月, (社)日本化学会
  6. 代議員, 2012年10月, 2015年09月, (社)日本化学会
  7. 代議員, 2012年04月, 2015年03月, (社)日本化学会
  8. 役員候補者選考委員, 2011年04月, 2012年03月, (社)日本化学会
  9. ディビジョン幹事, 2010年04月, 2011年03月, (社)日本化学会
  10. 地区幹事, 2010年04月, 2011年03月, (社)日本分光学会中国四国支部
  11. 第8回化学イノベーションシンポジウム委員会委員長, 2009年04月, 2010年03月, (社)日本化学会
  12. 事務局長, 2009年03月, 2010年02月, (社)日本化学会中国四国支部
  13. 会計幹事, 2008年03月, 2009年02月, (社)日本化学会中国四国支部
  14. 監査, 2006年04月, 2017年03月, (社)日本分光学会中国四国支部
  15. 代議員, 2006年04月, 2017年03月, (社)日本分光学会中国四国支部
  16. 庶務幹事, 2006年03月, 2007年02月, (社)日本化学会中国四国支部
  17. 代議員, 2004年04月, 2005年03月, (社)日本分光学会中国四国支部

学術会議等の主催

  1. 第8回分子科学討論会, 実行委員会委員, 2013年09月, 2014年09月
  2. 2010年度森野レクチャー, 森野レクチャー世話人, 2009年06月, 2010年06月
  3. 第26回化学反応討論会, 実行委員会委員長, 2008年06月, 2010年06月
  4. 第18回化学反応討論会, 実行委員会委員, 2000年06月, 2002年06月
  5. 第13回化学反応討論会, 実行委員会委員, 1995年05月, 1997年05月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 埼玉大学大学院「マクロ化学特論II」, 化学ポテンシャルと平衡定数, 埼玉大学, 2018年/12月, 2018年/12月, 埼玉大学, 講師, 出前授業, 大学院生
  2. グローバルサイエンスキャンパス事業 第5回セミナー, 研究室見学・研究紹介, 広島大学,広島県教育委員会, GSCセミナー, 2016年/03月, 2016年/03月, 高校生
  3. 広島県科学オリンピック開催事業 第4回広島県科学セミナー, 講評・表彰, 広島県教育委員会, 科学セミナー, 2016年/01月, 2016年/01月, 高校生
  4. 機関リポジトリ新任担当者研修, 研究者から見た機関リポジトリ, 国立情報学研究所, 新任担当者研修, 2015年/09月, 2015年/09月
  5. 大学模擬授業, サイエンス=科学=理学の楽しみ方と物理化学研究の最前線, 広島県立福山誠之館高等学校, 大学模擬授業, 2014年/07月, 2014年/07月, 高校生
  6. 大学模擬授業, サイエンス=科学=理学の楽しみ方, 広島県立広島皆実高等学校, 大学模擬授業, 2012年/07月, 2012年/07月, 高校生
  7. SSH特別講義, サイエンス=科学=理学の楽しみ方と物理化学研究の最前線, 広島大学附属高等学校, SSH特別講義, 2011年/11月, 2011年/11月, 高校生
  8. 学部・学科講演会, サイエンス(=科学=理学)の魅力と楽しみ方, 鳥取県立鳥取東高等学校, 学部・学科講演会, 2011年/10月, 2011年/10月, 高校生
  9. 大学模擬授業, 分子はコマのように回りバネのように伸び縮みする-サイエンス(=科学=理学)の魅力と楽しみ方, 広島県立広島皆実高等学校, 大学模擬授業, 2011年/07月, 2011年/07月, 高校生
  10. サイエンスカフェ, 化学反応の謎に迫る!, 広島大学大学院理学研究科(サイエンスカフェ委員会), サイエンスカフェ, 2011年/03月, 2011年/03月
  11. 神戸大学大学院理学研究科講演会, 振動励起分子のエネルギー移動と化学反応の速度論的研究, 神戸大学大学院理学研究科, 神戸大学大学院理学研究科講演会, 2010年/12月, 2010年/12月
  12. 大学模擬授業, サイエンス(=科学=理学)の魅力と楽しみ方, 鳥取県立鳥取東高等学校, 大学模擬授業, 2010年/11月, 2010年/11月, 高校生
  13. 東北大学理学部化学教室一般雑誌会, 振動励起分子のエネルギー移動と化学反応の速度論的研究, 東北大学理学部化学教室, 東北大学理学部化学教室一般雑誌会, 2010年/10月, 2010年/10月
  14. 科学研究費補助金説明会, 科学研究費補助金に採択されるためには,どのように研究計画調書を書けばよいか, 広島大学学術室, 科学研究費補助金説明会, 2009年/09月, 2009年/09月
  15. 実力養成化学スクール, 反応速度論・遷移状態理論, 日本化学会, 実力養成化学スクール, 2008年/08月, 2008年/08月
  16. 大学模擬授業, 分子はコマのように回り、バネのように伸び縮みする, 広島県立皆実高等学校, 大学模擬授業, 2008年/07月, 2008年/07月, 高校生
  17. 図書館における学習環境提供に関する懇談会, 協調演習による理学的知力の育成支援, 広島大学図書館, 図書館における学習環境提供に関する懇談会, 2008年/02月, 2008年/02月
  18. 中四国地区理学部理科教育フォーラム, 協調演習による理学的知力の育成支援, 高知大学理学部長, 中四国地区理学部理科教育フォーラム, 2007年/12月, 2007年/12月
  19. 広島大学図書館学術講演会, 単行書の公開と機関リポジトリへの期待, 広島大学図書館, 広島大学図書館学術講演会, 2007年/10月, 2007年/10月
  20. 実力養成化学スクール, 反応速度論・遷移状態理論, 日本化学会, 実力養成化学スクール, 2007年/08月, 2007年/08月
  21. 広島大学理工フェア, サイエンス(=科学=理学)の魅力と楽しみ方, 広島大学理学部・工学部, 広島大学理工フェア, 2007年/05月, 2007年/05月
  22. 大学模擬授業, 大学の化学と物理化学の楽しみ方, 広島県立広島高等学校, 大学模擬授業, 2006年/09月, 2006年/09月, 高校生
  23. 夢・化学21, 化学演示実験, 広島県内高等学校, 夢・化学21, 2006年/08月, 2006年/08月, 高校生
  24. 大学模擬授業, 分子に光をあてると化学結合の長さや強さがわかる, 広島県立皆実高等学校, 大学模擬授業, 2005年/10月, 2005年/10月, 高校生
  25. 放送大学面接授業, 大気化学, 放送大学, 放送大学面接授業, 2001年/02月, 2001年/02月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, Chem. Lett., 査読者, 1
  2. 2018年, J. Phys. Chem. A, 査読者, 1
  3. 2018年, Phys. Chem. Chem. Phys., 査読者, 1
  4. 2016年, Chem. Phys., 査読者, 1
  5. 2016年, J. Phys. Chem. A, 査読者, 1
  6. 2016年, Phys. Chem. Chem. Phys., 査読者, 3
  7. 2015年, 化学と教育, 編集員, 担当理事, 38
  8. 2015年, Chem. Phys. Lett., 査読者, 1
  9. 2015年, Int. J. Chem. Kinet., 査読者, 1
  10. 2015年, 分子科学会アーカイブス, 査読者, 1
  11. 2014年, 化学と教育, 編集員, 担当理事, 43
  12. 2014年, Chem. Lett., 査読者, 1
  13. 2013年, 化学と教育, 編集員, 担当理事, 11
  14. 2013年, Chem. Phys., 査読者, 1
  15. 2012年, Phys. Chem. Chem. Phys., 査読者, 2
  16. 2011年, J. Phys. Chem. A, 査読者, 2
  17. 2011年, Spectrochimica Acta Part A, 査読者, 1
  18. 2010年, J. Photochem. Photobio., 査読者, 1
  19. 2010年, Chem. Phys., 査読者, 1
  20. 2009年, J. Phys. Chem. A, 査読者, 1
  21. 2009年, Spectrochimica Acta Part A, 査読者, 1
  22. 2008年, J. Phys. Chem. A, 査読者, 1
  23. 2008年, Chem. Phys. Lett., 査読者, 2
  24. 2008年, Bull. Chem. Soc. Jpn., 編集員, 査読者, 1
  25. 2007年, Chem. Phys. Lett., 査読者, 1
  26. 2006年, シミュレーション, 査読者, 1
  27. 2006年, Bull. Chem. Soc. Jpn., 査読者, 1
  28. 2005年, Chem. Phys. Lett., 査読者, 1
  29. 2003年, Chem. Lett., 査読者, 1
  30. 2003年, Monatshefte für Chemie Chemical Monthly, 査読者, 1
  31. 2002年, Chem. Lett., 査読者, 2
  32. 2001年, Chem. Lett., 査読者, 1
  33. 2001年, Chem. Phys. Lett., 査読者, 1
  34. 2000年, Bull. Chem. Soc. Jpn., 査読者, 2
  35. 2000年, Chem. Lett., 査読者, 1
  36. 1999年, Bull. Chem. Soc. Jpn., 査読者, 1
  37. 1998年, Bull. Chem. Soc. Jpn., 査読者, 3
  38. 1998年, Res. Chem. Intermed., 査読者, 1
  39. 1997年, Bull. Chem. Soc. Jpn., 査読者, 1
  40. 1996年, Chem. Lett., 査読者, 2
  41. 1996年, Bull. Chem. Soc. Jpn., 査読者, 1
  42. 1995年, Bull. Chem. Soc. Jpn., 査読者, 3
  43. 1993年, Bull. Chem. Soc. Jpn., 査読者, 1