金子 雅幸MASAYUKI KANEKO

Last Updated :2020/07/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 准教授
ホームページ
メールアドレス
mkanekohiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2番3号 霞総合研究棟610
TEL:082-257-5131 FAX:082-257-5134
自己紹介
バイオインフォマティクス的手法により同定した新規の膜貫通型ユビキチンリガーゼに関して生理機能の解明とそれに基づく創薬を目指しています。神経変性疾患・神経分化・腎臓病・炎症性腸疾患などを対象にゲノム編集技術を駆使して分子から個体レベルに及ぶ研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2000年07月15日, 2005年03月31日, 北海道大学, 大学院薬学研究科, 助手
  • 2005年04月01日, 2011年03月31日, 千葉科学大学, 薬学部, 講師
  • 2011年04月01日, 2012年05月31日, 千葉科学大学, 薬学部, 准教授
  • 2012年06月01日, 2014年06月30日, 岐阜薬科大学, 講師
  • 2014年07月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 准教授
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 准教授

学歴

  • 北海道大学, 大学院薬学研究科修士課程, 医療薬学専攻, 日本, 1998年04月, 2000年03月
  • 北海道大学, 薬学部, 総合薬学科, 日本, 1994年04月, 1998年03月

学位

  • 博士(薬学) (北海道大学)
  • 修士(薬学) (北海道大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 薬理系薬学
  • 総合生物 / 神経科学 / 神経化学・神経薬理学
  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学

研究キーワード

  • ユビキチンリガーゼ

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 通年, 組織細胞機能学
  2. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  3. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  4. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  5. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  6. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 研究方法論A
  7. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 研究方法論B

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Production of BBF2H7-derived small peptide fragments via endoplasmic reticulum stress-dependent regulated intramembrane proteolysis, FASEB JOURNAL, 34巻, 1号, pp. 865-880, 2020
  2. Hypertonicity-responsive ubiquitin ligase RNF183 promotes Na, K-ATPase lysosomal degradation through ubiquitination of its beta 1 subunit, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 521巻, 4号, pp. 1030-1035, 20200122
  3. ★, Inflammatory bowel disease-associated ubiquitin ligase RNF183 promotes lysosomal degradation of DR5 and TRAIL-induced caspase activation, SCIENTIFIC REPORTS, 9巻, 20191230
  4. Renal medullary tonicity regulates RNF183 expression in the collecting ducts via NFAT5, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 514巻, 2号, pp. 436-442, 20190625
  5. Calnexin promotes the folding of mutant iduronate 2-sulfatase related to mucopolysaccharidosis type II, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 514巻, 1号, pp. 217-223, 20190618
  6. ★, Functional evaluation of PDGFB-variants in idiopathic basal ganglia calcification, using patient-derived iPS cells, SCIENTIFIC REPORTS, 9巻, 1号, pp. 5698, 20190405
  7. ★, NFAT5 up-regulates expression of the kidney-specific ubiquitin ligase gene Rnf183 under hypertonic conditions in inner-medullary collecting duct cells, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 294巻, 1号, pp. 101-115, 20190104
  8. Shutdown of ER-associated degradation pathway rescues functions of mutant iduronate 2-sulfatase linked to mucopolysaccharidosis type II, CELL DEATH & DISEASE, 9巻, 8号, pp. 808, 20180724
  9. Axonal Activation of the Unfolded Protein Response Promotes Axonal Regeneration Following Peripheral Nerve Injury, NEUROSCIENCE, 375巻, pp. 34-48, 20180401
  10. ★, Sec16A, a key protein in COPII vesicle formation, regulates the stability and localization of the novel ubiquitin ligase RNF183, PLOS ONE, 13巻, 1号, pp. e0190407, 20180104
  11. Neuronal activity-dependent local activation of dendritic unfolded protein response promotes expression of brain-derived neurotrophic factor in cell soma, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 144巻, 1号, pp. 35-49, 201801
  12. ER Stress and Disease: Toward Prevention and Treatment, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 9号, pp. 1337-1343, 20170901
  13. Neuroprotective effects of 4-phenylbutyric acid and its derivatives: Possible therapeutics for neurodegenerative diseases, Journal of Health Science, 5巻, 1号, pp. 9-17, 2017
  14. The androgen-induced protein AIbZIP facilitates proliferation of prostate cancer cells through downregulation of p21 expression, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, pp. 37310, 20161117
  15. Multivesicular body formation enhancement and exosome release during endoplasmic reticulum stress, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 480巻, 2号, pp. 166-172, 20161111
  16. Neuroprotection by Endoplasmic Reticulum Stress-Induced HRD1 and Chaperones: Possible Therapeutic Targets for Alzheimer's and Parkinson's Disease, Medical Sciences, 4巻, 3号, pp. 14, 20160818
  17. The physiological roles of ER stress transducer BBF2H7/CREB3L2 and its potential as a target of disease therapy, Medical Research Archives, 4巻, 3号, 20160805
  18. ★, Genome-wide identification and gene expression profiling of ubiquitin ligases for endoplasmic reticulum protein degradation, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, pp. 30955, 20160803
  19. 小胞体ストレスによる神経成熟異常と神経発達障害, 薬学雑誌, 136巻, 6号, pp. 811-815, 20160603
  20. 小胞体に関連するユビキチンリガーゼの生理機能, 薬学雑誌, 136巻, 6号, pp. 805-809, 20160603
  21. Luman is involved in osteoclastogenesis through the regulation of DC-STAMP expression, stability and localization, JOURNAL OF CELL SCIENCE, 128巻, 23号, pp. 4353-4365, 20151201
  22. IRE1 alpha-XBP1 is a novel branch in the transcriptional regulation of Ucp1 in brown adipocytes, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, pp. 16580, 20151116
  23. OASIS modulates hypoxia pathway activity to regulate bone angiogenesis, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, pp. 16455, 20151112
  24. Promotion of Cancer Cell Proliferation by Cleaved and Secreted Luminal Domains of ER Stress Transducer BBF2H7, PLOS ONE, 10巻, 5号, pp. e0125982, 20150508
  25. Involvement of Serotonin Transporter Gene Polymorphisms (5-HTT) in Impulsive Behavior in the Japanese Population, PLOS ONE, 10巻, 3号, pp. e0119743, 20150316
  26. Evaluation of synthetic naphthalene derivatives as novel chemical chaperones that mimic 4-phenylbutyric acid, BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 25巻, 4号, pp. 811-814, 20150215
  27. ★, Zinc Transporters ZnT3 and ZnT6 Are Downregulated in the Spinal Cords of Patients With Sporadic Amyotrophic Lateral Sclerosis, JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 93巻, 2号, pp. 370-379, 201502
  28. Aberrant Neuronal Differentiation and Inhibition of Dendrite Outgrowth Resulting From Endoplasmic Reticulum Stress, JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 92巻, 9号, pp. 1122-1133, 201409
  29. ★, Effects of Oxidative Stress on the Solubility of HRD1, a Ubiquitin Ligase Implicated in Alzheimer's Disease, PLOS ONE, 9巻, 5号, pp. e94576, 20140501
  30. Inhibition of post-translational N-glycosylation by HRD1 that controls the fate of ABCG5/8 transporter, SCIENTIFIC REPORTS, 4巻, pp. 4258, 20140303
  31. Evaluation of SLC20A2 mutations that cause idiopathic basal ganglia calcification in Japan, NEUROLOGY, 82巻, 8号, pp. 705-712, 20140225
  32. 4-Phenylbutyric acid protects against neuronal cell death by primarily acting as a chemical chaperone rather than histone deacetylase inhibitor, BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 23巻, 21号, pp. 6015-6018, 20131101
  33. Localization of type-III sodium-dependent phosphate transporter 2 in the mouse brain, BRAIN RESEARCH, 1531巻, pp. 75-83, 20130919
  34. Discovery of Synthetic Methoxy-substituted 4-Phenylbutyric Acid Derivatives as Chemical Chaperones, Chemistry letters, 42巻, 9号, pp. 1051-1052, 20130905
  35. Endoplasmic Reticulum Stress and Parkinson's Disease: The Role of HRD1 in Averting Apoptosis in Neurodegenerative Disease, OXIDATIVE MEDICINE AND CELLULAR LONGEVITY, 20130528
  36. 変性タンパク質を分解除去する酵素の発見, ファルマシア, 49巻, 2号, pp. 121-125, 20130201
  37. 小胞体ストレス応答機構の分子薬理学的研究:神経変性疾患の予防・治療をめざして, 薬学雑誌, 132巻, 12号, pp. 1437-1442, 20121205
  38. Activation of OASIS family, ER stress transducers, is dependent on its stabilization, Cell Death and Differentiation, 19巻, 12号, pp. 1939-1949, 20121201
  39. Effects of Hsp90 inhibitors, geldanamycin and its analog, on ceramide metabolism and cytotoxicity in PC12 cells, Journal of toxicological sciences, 37巻, 5号, pp. 1049-1057, 20121001
  40. STT3B-Dependent Posttranslational N-Glycosylation as a Surveillance System for Secretory Protein, Molecular Cell, 47巻, 1号, pp. 99-110, 20120713
  41. Molecular approaches to the treatment, prophylaxis, and diagnosis of Alzheimer's disease: Possible involvement of HRD1, a novel molecule related to endoplasmic reticulum stress, in Alzheimer's disease, Journal of Pharmacological Sciences, 118巻, 3号, pp. 325-330, 20120412
  42. Possible involvement of ubiquitin ligase HRD1 insolubilization in amyloid beta generation, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 35巻, 2号, pp. 269-272, 201202
  43. Protective Effects of 4-Phenylbutyrate Derivatives on the Neuronal Cell Death and Endoplasmic Reticulum Stress, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 35巻, 1号, pp. 84-90, 201201
  44. Expression of the Ubiquitin Ligase HRD1 in Neural Stem/Progenitor Cells of the Adult Mouse Brain, Journal of pharmacological sciences, 117巻, 3号, pp. 208-212, 20111120
  45. Activation of Ceramidase and Ceramide Kinase by Vanadate via a Tyrosine Kinase-Mediated Pathway, Journal of pharmacological sciences, 114巻, 4号, pp. 420-432, 20101220
  46. Correlation between decrease in protein levels of ubiquitin ligase HRD1 and amyloid-beta production, Journal of pharmacological sciences, 113巻, 3号, pp. 285-288, 20100720
  47. ★, Loss of HRD1-Mediated Protein Degradation Causes Amyloid Precursor Protein Accumulation and Amyloid-beta Generation, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 30巻, 11号, pp. 3924-3932, 20100517
  48. ミトコンドリアにおけるS-ニトロシル化とアルツハイマー病発症機構, 日本薬理学雑誌, 134巻, 5号, 20091101
  49. 筋萎縮性側索硬化症ALSと小胞体ストレス : 小胞体タンパク質分解系ERADの神経変性疾患への関与, 日本薬理学雑誌, 134巻, 2号, 20090801
  50. ヒト新規小胞体タンパク質HRD1の神経変性疾患治療に関する薬理学的基盤研究, 日本薬理学雑誌, 133巻, 5号, pp. 252-256, 20090501
  51. Release of arachidonic acid by 2-arachidonoyl glycerol and HU210 in PC12 cells; roles of Src, phospholipase C and cytosolic phospholipase A(2)alpha, EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 590巻, 1-3号, pp. 1-11, 20080820
  52. Immunohistochemical localization of a ubiquitin ligase HRD1 in murine brain., Journal of neuroscience research, 86巻, 7号, pp. 1577-1587, 20080515
  53. Novel Functions of Ubiquitin Ligase HRD1 With Transmembrane and Proline-Rich Domains, Journal of pharmacological sciences, 106巻, 3号, pp. 512-519, 20080320
  54. Release of arachidonic acid induced by tumor necrosis factor-alpha in the presence of caspase inhibition: evidence for a cytosolic phospholipase A2alpha-independent pathway, Biochemical Pharmacology, 75巻, 6号, pp. 1358-1369, 20080315
  55. ★, A different pathway in the endoplasmic reticulum stress-induced expression of human HRD1 and SEL1 genes, FEBS Letters, 581巻, 28号, pp. 5355-5360, 20071127
  56. Neurodegeneration of mouse nigrostriatal dopaminergic system induced by repeated oral administration of rotenone is prevented by 4-phenylbutyrate, a chemical chaperone, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 101巻, 6号, pp. 1491-1504, 200706
  57. ★, A ubiquitin ligase HRD1 promotes the degradation of Pael receptor, a substrate of Parkin, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 99巻, 6号, pp. 1456-1469, 200612
  58. Involvement of a polymorphism in the 5-HT2A receptor gene in impulsive behavior, PSYCHOPHARMACOLOGY, 187巻, 1号, pp. 30-35, 200607
  59. ★, Suppressive effects of 4-phenylbutyrate on the aggregation of Pael receptors and endoplasmic reticulum stress, Journal of Neurochemistry, 97巻, 5号, pp. 1259-1268, 20060601
  60. 小胞体の変性タンパク質処理系を介するニューロン死防御作用, 日本薬理学雑誌, 124巻, 6号, pp. 391-398, 20041201
  61. Induction of murine HRD1 in experimental cerebral ischemia, Molecular Brain Research, 130巻, 1-2号, pp. 30-38, 20041104
  62. Sodium 4-phenylbutyrate protects against cerebral ischemic injury, Molecular Pharmacology, 66巻, 4号, pp. 899-908, 20041001
  63. Manganese Superoxide Dismutase Is Induced by Endoplasmic Reticulum Stress through IRE1-Mediated Nuclear Factor (NF)-κB and AP-1 Activation(Biochemistry/Molecular Biology), Biological & pharmaceutical bulletin, 27巻, 8号, pp. 1202-1206, 20040801
  64. ER signaling in unfolded protein response, Life Sciences, 74巻, 2-3号, pp. 199-205, 20031205
  65. ★, Activation signal of nuclear factor-kappa B in response to endoplasmic reticulum stress is transduced via IRE1 and tumor necrosis factor receptor-associated factor 2, Biological & pharmaceutical bulletin, 26巻, 7号, pp. 931-935, 20030701
  66. ★, Human HRD1 protects against ER stress-induced apoptosis through ER-associated degradation, FEBS LETTERS, 532巻, 1-2号, pp. 147-152, 20021204
  67. Involvement of nuclear factor-kappaB (NF-kappaB) signaling in the expression of inducible nitric oxide synthase (iNOS) gene in rat C6 glioma cells, Biochemical and Biophysical Research Communications, 275巻, 2号, pp. 268-273, 20000828
  68. Transient nuclear factor kappa B (NF-kappa B) activation stimulated by interleukin-1 beta may be partly dependent on proteasome activity, but not phosphorylation and ubiquitination of the I kappa B alpha molecule, in C6 glioma cells - Regulation of NF-kappa B linked to chemokine production, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 274巻, 22号, pp. 15875-15882, 19990528
  69. Possible involvement of p38 MAP kinase in HSP70 expression induced by hypoxia in rat primary astrocytes, Brain Research, 823巻, 1-2号, pp. 226-230, 19990327
  70. 中枢神経系とストレス応答蛋白質 : グリア細胞の低酸素/再酸素化に伴うストレス蛋白質誘導機構, Shock : 日本Shock学会雑誌, 13巻, 2号, pp. 47-50, 19981201

著書等出版物

  1. 2016年, ストレスシグナルと疾患−細胞恒常性維持機構の破綻と病態, 拡大する小胞体ストレス病 : 小胞体ストレスと疾患, 単行本(学術書), 共著, 金子 雅幸;今泉 和則
  2. 2015年08月01日, 拡大する小胞体ストレス病 : 小胞体ストレスと疾患, 医学のあゆみ, 単行本(学術書), 共著, 金子 雅幸;今泉 和則

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ライソゾームに局在するユビキチンリガーゼの役割, 金子雅幸, 第91回日本生化学会大会, 2018年09月26日, 招待, 日本語, 京都市(京都国際会館)
  2. 膜貫通型ユビキチンリガーゼの同定と生理機能の解析, 金子雅幸, 第1回オルガネラゾーン研究会, 2018年03月09日, 招待, 日本語, 東京都文京区
  3. CRISPR/Cas9システムを用いたユビキチンリガーゼの生理機能の解明, 金子雅幸, 第89回日本薬理学会年会, 2016年03月11日, 招待, 日本語, 日本薬理学会, 横浜市(パシフィコ横浜)
  4. 小胞体のタンパク質分解機構と疾患, 金子雅幸, 第89回日本薬理学会年会, 2016年03月10日, 招待, 日本語, 日本薬理学会, 横浜市(パシフィコ横浜)
  5. 小胞体に関連するユビキチンリガーゼの生理機能, 金子雅幸, 日本薬学会第135年会, 2015年03月26日, 招待, 日本語, 日本薬学会, 神戸市(兵庫医療大学)
  6. 亜鉛恒常性異常と筋萎縮性側索硬化症, 金子雅幸,位田雅俊,保住 功, 第57回日本神経化学会, 2014年09月30日, 招待, 日本語, 日本神経化学会

受賞

  1. 2012年03月, 日本薬学会奨励賞, 日本薬学会
  2. 2009年03月, 第24回日本薬理学会学術奨励賞, 日本薬理学会
  3. 2008年06月, 日本脳科学会奨励賞, 日本脳科学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 研究助成, ユビキチンリガーゼRNF183を標的とした炎症性腸疾患治療薬の開発, 2019年
  2. 薬学系研究助成, ライソゾームにおけるタンパク質分解を制御するユビキチンリガーゼを標的とした薬物の同定, 2019年
  3. がん医療研究推進助成, ライソゾームに局在するユビキチンリガーゼを標的とした新規mTOR阻害薬の同定, 2019年, 2020年
  4. 橋渡し研究戦略的推進プログラム, ユビキチンリガーゼRNF183を標的とした炎症性腸疾患治療薬の開発, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 神経分化に関与するユビキチンリガーゼRNF182のmTORC1シグナル調節機構, 2018年, 2020年
  6. 薬学系研究奨励, 腎臓に特異的に発現する膜貫通型ユビキチンリガーゼの生理機能解明, 2015年
  7. 研究助成, γ-セクレターゼ特異的に作用するユビキチンリガーゼを標的としたアミロイドβ抑制薬の基盤研究, 2015年
  8. 共同利用・共同研究拠点「和漢薬の科学基盤形成拠点」の(一般研究 I), 小胞体ストレス応答機構を標的とする和漢薬由来抗アルツハイマー病薬の創製研究, 2015年, 2016年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ユビキチンリガーゼ破綻による神経変性疾患発症機構, 2014年, 2016年
  10. 共同利用・共同研究(連携資源利用型共同研究), ヒトALSにおける亜鉛トランスポーターに起因する小胞体ストレスと治療法開発, 2013年
  11. ALS基金研究奨励金, ALSにおける亜鉛トランスポーターに起因する小胞体ストレスの作用機序の解明と治療薬の開発, 2013年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 新規ユビキチンリガーゼが関与するアルツハイマー病発症機構と根本治療薬の創製, 2012年, 2014年
  13. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ユビキチンリガーゼHRD1の不溶化によるアルツハイマー病発症機構, 2011年, 2013年
  14. 研究助成金, ヒトユビキチンリガーゼHRD1低下によるアルツハイマー病発症機構の解析, 2011年
  15. 薬学系研究奨励, 新規ユビキチンリガーゼによるアミロイド前駆体タンパク質細胞内輸送の制御機構の解明, 2011年
  16. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 新規ユビキチンリガーゼによる小胞体のタンパク質分解機構, 2010年, 2011年
  17. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 小胞体タンパク質分解機構のアルツハイマー病発症への関与, 2009年, 2010年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 小胞体への変性タンパク質蓄積抑制機構-抗脳変性疾患薬創製の基盤研究, 2009年, 2011年
  19. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 小胞体蓄積タンパク質の分解促進/凝集抑制活性を有する抗脳変性疾患薬の創製, 2008年, 2009年
  20. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 老化に伴う小胞体機能異常と神経変性疾患機構の解析, 2008年, 2010年
  21. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 小胞体の蛋白質分解系遺伝子の同定と機能解析, 2007年, 2008年
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 新規小胞体誘導タンパク質の脳変性疾患抑制機構と薬物作用機構, 2007年, 2008年
  23. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 小胞体ストレス抑制遺伝子の同定と機能解析:薬物を用いた小胞体ストレス抑制機構, 2005年, 2006年
  24. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 小胞体に蓄積する変性蛋白質の修復/分解系を用いた神経変性疾患防御機構, 2004年, 2005年
  25. 科学研究費助成事業(基盤研究(S)), 脳神経細胞の生死制御機構解明:新規因子発見と脳変性疾患モデル作出, 2003年, 2006年
  26. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 小胞体での変性蛋白質分解に関与する分子の単離・同定と神経変性疾患防御機構, 2002年, 2003年
  27. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 小胞体ストレスに対する応答機構と誘導遺伝子の単離・同定, 2002年, 2003年
  28. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 脳ニューロン・グリア細胞相関系のストレス応答機構に関する細胞分子生物学的研究, 2001年, 2003年

社会活動

委員会等委員歴

  1. ダイバーシティー推進員会委員, 2019年05月08日, 日本神経化学会
  2. ファルマシアトピックス小委員, 2015年04月, 2016年03月, 日本薬学会
  3. ファルマシアトピックス小委員, 2014年04月, 2015年03月, 日本薬学会
  4. 世話人, 2012年11月, 2014年07月, 小胞体ストレス研究会
  5. 世話人, 2011年11月, 2019年03月, 神経行動薬理若手研究者の集い
  6. 評議員, 2010年09月, 2019年03月, 日本神経化学会
  7. 若手世話人, 2009年06月, 2019年03月, 日本薬学会
  8. 評議員, 2007年04月, 2019年03月, 日本薬理学会