藤田 剛Tsuyoshi Fujita

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯)(歯学)歯周病態学准教授
メールアドレス
tfujihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(歯学)(広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 歯周治療系歯学

研究キーワード

  • 予防医学
  • 歯周病

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 2ターム, 全身の健康と口腔科学I[1歯][旧パッケージ]
  2. 2019年, 学部専門, 2ターム, 歯周病学
  3. 2019年, 学部専門, 3ターム, 歯周病学
  4. 2019年, 学部専門, 年度, 応用口腔医学特論
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, 診断・検査学
  6. 2019年, 学部専門, 4ターム, 歯周病態学演習・実習
  7. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 成人・高齢者歯科学
  8. 2019年, 学部専門, 2ターム, 臨床歯科医学総合演習
  9. 2019年, 学部専門, 年度, 臨床実習(歯周療法学)
  10. 2019年, 学部専門, 4ターム, 保存系歯科学(歯周病学)
  11. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 成人・高齢者歯科学
  12. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 成人・高齢者歯科学
  13. 2019年, 学部専門, 4ターム, 保存系歯科学(歯周病学)
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 歯周病態学特別演習
  15. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 歯周病態学特別演習
  16. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 歯周病態学特別研究
  17. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 歯周病態学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Regulation of defensive function on gingival epithelial cells can prevent periodontal disease, JAPANESE DENTAL SCIENCE REVIEW, 54巻, 2号, pp. 66-75, 201805
  2. The induced RNA-binding protein, HuR, targets 3-UTR region of IL-6 mRNA and enhances its stabilization in periodontitis, CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 192巻, 3号, pp. 325-336, 201806
  3. Reparative bone-like tissue formation in the tooth of a systemic sclerosis patient, INTERNATIONAL ENDODONTIC JOURNAL, 51巻, 9号, pp. 1059-1066, 201809
  4. Useful immunochromatographic assay of calprotectin in gingival crevicular fluid for diagnosis of diseased sites in patients with periodontal diseases, JOURNAL OF PERIODONTOLOGY, 89巻, 1号, pp. 67-75, 201801
  5. MSC/ECM Cellular Complexes Induce Periodontal Tissue Regeneration, JOURNAL OF DENTAL RESEARCH, 96巻, 9号, pp. 984-991, 201708
  6. A novel gingival overgrowth mouse model induced by the combination of CsA and ligature-induced inflammation, JOURNAL OF IMMUNOLOGICAL METHODS, 445巻, pp. 31-36, 201706
  7. Xenotransplantation of interferon-gamma-pretreated clumps of a human mesenchymal stem cell/extracellular matrix complex induces mouse calvarial bone regeneration, STEM CELL RESEARCH & THERAPY, 8巻, 20170426
  8. Brain-Derived Neurotrophic Factor Inhibits Peptidoglycan-Induced Inflammatory Cytokine Expression in Human Dental Pulp Cells, INFLAMMATION, 40巻, 1号, pp. 240-247, 201702
  9. Mobilization of TLR4 Into Lipid Rafts by Aggregatibacter Actinomycetemcomitans in Gingival Epithelial Cells, CELLULAR PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 39巻, 5号, pp. 1777-1786, 2016
  10. Aggregatibacter actinomycetemcomitans outer membrane protein 29 (Omp29) induces TGF--regulated apoptosis signal in human gingival epithelial cells via fibronectin/integrin1/FAK cascade, CELLULAR MICROBIOLOGY, 18巻, 12号, pp. 1723-1738, 201612
  11. Porphyromonas gingivalis infection exacerbates the onset of rheumatoid arthritis in SKG mice, CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 186巻, 2号, pp. 177-189, 201611
  12. Azithromycin recovers reductions in barrier function in human gingival epithelial cells stimulated with tumor necrosis factor-alpha, ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY, 62巻, pp. 64-69, 201602
  13. Brain-Derived Neurotrophic Factor Inhibits Intercellular Adhesion Molecule-1 Expression in Interleukin-1 beta-Treated Endothelial Cells, CELL BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 74巻, 3号, pp. 399-406, 201609
  14. Distinction Between Cell Proliferation and Apoptosis Signals Regulated by Brain-Derived Neurotrophic Factor in Human Periodontal Ligament Cells and Gingival Epithelial Cells, JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY, 117巻, 7号, pp. 1543-1555, 201607
  15. Sequential process in brain-derived neurotrophic factor-induced functional periodontal tissue regeneration, EUROPEAN JOURNAL OF ORAL SCIENCES, 124巻, 2号, pp. 141-150, 201604
  16. ★, Involvement of smad2 and Erk/Akt cascade in TGF-beta 1-induced apoptosis in human gingival epithelial cells, CYTOKINE, 75巻, 1号, pp. 165-173, 201509
  17. Irsogladine maleate inhibits Porphyromonas gingivalis-mediated expression of toll-like receptor 2 and interleukin-8 in human gingival epithelial cells, JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH, 50巻, 4号, pp. 486-493, 201508
  18. LL37 induces VEGF expression in dental pulp cells through ERK signalling, INTERNATIONAL ENDODONTIC JOURNAL, 48巻, 7号, pp. 673-679, 201507
  19. ★, Interleukin-8 induces DNA synthesis, migration and down-regulation of cleaved caspase-3 in cultured human gingival epithelial cells, JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH, 50巻, 4号, pp. 479-485, 201508
  20. Brain-derived neurotrophic factor prevents the endothelial barrier dysfunction induced by interleukin-1 beta and tumor necrosis factor-alpha, JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH, 50巻, 4号, pp. 444-451, 201508
  21. Clumps of a mesenchymal stromal cell/extracellular matrix complex can be a novel tissue engineering therapy for bone regeneration, CYTOTHERAPY, 17巻, 7号, pp. 860-873, 201507
  22. The differential expression of mgl mRNA by Porphyromonas gingivalis affects the production of methyl mercaptan, ORAL DISEASES, 21巻, 5号, pp. 626-633, 201507
  23. Houttuynia cordata suppresses the Aggregatibacter actinomycetemcomitans-induced increase of inflammatory-related genes in cultured human gingival epithelial cells, JOURNAL OF DENTAL SCIENCES, 10巻, 1号, pp. 88-94, 201503
  24. Introduction of a Mixture of beta-Tricalcium Phosphate Into a Complex of Bone Marrow Mesenchymal Stem Cells and Type I Collagen Can Augment the Volume of Alveolar Bone Without Impairing Cementum Regeneration, JOURNAL OF PERIODONTOLOGY, 86巻, 3号, pp. 456-464, 201503
  25. Smad2 is Involved in Aggregatibacter actinomycetemcomitans-induced Apoptosis, JOURNAL OF DENTAL RESEARCH, 93巻, 11号, pp. 1148-1154, 201411
  26. Amphotericin B down-regulates Aggregatibacter actinomycetemcomitans-induced production of IL-8 and IL-6 in human gingival epithelial cells, CELLULAR IMMUNOLOGY, 290巻, 2号, pp. 201-208, 201408
  27. BDNF mimetic compound LM22A-4 regulates cementoblast differentiation via the TrkB-ERK/Akt signaling cascade, INTERNATIONAL IMMUNOPHARMACOLOGY, 19巻, 2号, pp. 245-252, 201404
  28. miR-584 Expressed in Human Gingival Epithelial Cells Is Induced by Porphyromonas gingivalis Stimulation and Regulates Interleukin-8 Production via Lactoferrin Receptor, JOURNAL OF PERIODONTOLOGY, 85巻, 6号, pp. E198-E204, 201406
  29. 多数歯欠損を伴う叢生症例に対して歯の移植を適応した一治験例, 広島大学歯学雑誌, 46巻, 2号, pp. 156-161, 2014
  30. The antimicrobial peptide LL37 promotes bone regeneration in a rat calvarial bone defect, PEPTIDES, 46巻, pp. 136-142, 201308
  31. Irsogladine maleate regulates the inflammatory related genes in human gingival epithelial cells stimulated by Aggregatibacter actinomycetemcomitans, INTERNATIONAL IMMUNOPHARMACOLOGY, 15巻, 2号, pp. 340-347, 201302
  32. Antimicrobial peptide LL37 promotes vascular endothelial growth factor-A expression in human periodontal ligament cells, JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH, 48巻, 2号, pp. 228-234, 201304
  33. Loss of claudin-1 in lipopolysaccharide-treated periodontal epithelium, JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH, 47巻, 2号, pp. 222-227, 201204
  34. Smad2 is involved in the apoptosis of murine gingival junctional epithelium associated with inhibition of Bcl-2, ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY, 57巻, 11号, pp. 1567-1573, 201211
  35. Brain-derived neurotrophic factor induces migration of endothelial cells through a TrkB-ERK-integrin alpha(V)beta(3)-FAK cascade, JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY, 227巻, 5号, pp. 2123-2129, 201205
  36. Irsogladine maleate regulates epithelial barrier function in tumor necrosis factor-alpha-stimulated human gingival epithelial cells, JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH, 47巻, 1号, pp. 55-61, 201202
  37. Characteristics of High-Molecular-Weight Hyaluronic Acid as a Brain-Derived Neurotrophic Factor Scaffold in Periodontal Tissue Regeneration, TISSUE ENGINEERING PART A, 17巻, 7-8号, pp. 955-967, 201104
  38. The expressions of claudin-1 and E-cadherin in junctional epithelium, JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH, 45巻, 4号, pp. 579-582, 201008
  39. Irsogladine maleate regulates neutrophil migration and E-cadherin expression in gingival epithelium stimulated by Aggregatibacter actinomycetemcomitans, BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 79巻, 10号, pp. 1496-1505, 20100515
  40. Moesin-induced signaling in response to lipopolysaccharide in macrophages, JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH, 45巻, 5号, pp. 589-601, 201010
  41. Neodymium-doped yttrium-aluminium-garnet laser irradiation abolishes the increase in interleukin-6 levels caused by peptidoglycan through the p38 mitogen-activated protein kinase pathway in human pulp cells, Journal of Endodontics, 35巻, 3号, pp. 373-376, 20090301
  42. Irsogladine maleate abolishes the increase in interleukin-8 levels caused by outer membrane protein 29 from Aggregatibacter (Actinobacillus) actinomycetemcomitans through the ERK pathway in human gingival epithelial cells, Journal of Periodontal Research, 43巻, 5号, pp. 508-513, 20081001
  43. Brain-derived neurotrophic factor stimulates bone/cementum-related protein gene expression in cementoblasts, The Journal of Biological Chemistry, 283巻, 23号, pp. 16259-16267, 20080601
  44. Irsogladine maleate counters the IL-1b-induced suppression in gap-junctional intercellular communication without affecting increased ZO-1 levels by IL-1b in human gingival epithelial cells., Journal of Periodontal Research, 43巻, 1号, pp. 96-102, 20080201
  45. 抗菌ペプチドLL37によるヒト歯髄細胞の炎症性サイトカイン発現制御, 日本歯内療法学会雑誌, 29巻, 3号, pp. 147-154, 20080901
  46. Effect of neurotrophins on differentiation, calcification and proliferation in cultures of human pulp cells, Cell Biol Int, 31巻, 12号, pp. 1462-1469, 20071201
  47. Identification of marker genes distinguishing human periodontal ligament cells from human mesenchymal stem cells and human gingival fibroblasts., J Periodontal. Res., 42巻, 3号, pp. 283-286, 20070601
  48. Identification of marker genes distinguishing human periodontal ligament cells from human mesenchymal stem cells and human gingival fibroblasts,, J Periodontal Res, 42巻, 3号, pp. 283-286, 20070601
  49. Regulation of IL-8 by Irsogladine maleate is involved in abolishment of Actinobacillus actinomycetemcomitans-induced reduction of gap-junctional intercellular communication., Cytokine., 34巻, 5-6号, pp. 271-7, 20060630
  50. ★, CD38 cleavage in fMLP- and IL-8-induced chemotaxis is dependent on p38 MAP kinase but independent of p44/42 MAP kinase, CELLULAR SIGNALLING, 17巻, 2号, pp. 167-175, 200502
  51. CD38 expression in neutrophils from patients with localized aggressive periodontitis, JOURNAL OF PERIODONTOLOGY, 76巻, 11号, pp. 1960-1965, 200511
  52. Irsogladine maleate influences the response of gap junctional intercellular communication and IL-8 of human gingival epithelial cells following periodontopathogenic bacterial challenge., Biochem. Biophys. Res. Commun., 333巻, pp. 502-507, 20050401
  53. 自家骨髄間葉系幹細胞移植による歯周組織再生療法の開発, 4巻, pp. 69-77, 20050401
  54. Differential effects of growth factors and cytokines on the synthesis of SPARC, DNA, fibronectin and alkaline phosphatase activity in human periodontal ligament cells., Cell. Biol. Int., 28巻, pp. 281-286, 20040401
  55. The effect of extracellular calcium ion on gene expression of bone-related proteins in human pulp cells., J. Endodontics, 29巻, pp. 104-107, 20030401
  56. Expression of IL-1 and IL-8 by human gingival epithelial cells in response to Actinobacillus actiomycetemcomitans., Cytokine, 2001
  57. Effects of ageing on proliferative ability, and the expressions of secreted protein, acidic and rich in cysteine (SPARC) and osteopretegerin (osteoclastogenesis inhibitory factor) in cultures of human periodontal ligament cells., Mech Ageing Dev., 117巻, pp. 69-77, 2000
  58. Expression of osteopretegerin (osteoclastogenesis inhibitory factor) in cultures of human dental mesenchymal cells and epithelial cells., J Bone Miner Res., 14巻, 9号, pp. 1486-1492, 1999
  59. Differential effects of various growth factors and cytokines on the syntheses of DNA, type I collagen, laminin, fibronectin, osteonectin/secreted protein, acidic and rich in cysteine (SPARC), and alkaline phosphatase by human pulp cells in culture., J. Cell. Phys., 174巻, pp. 194-205., 19980401
  60. Transforming growth factor-1 and basic fibroblast growth factor modulate osteocalcin and osteonectin/SPARC syntheses in vitamin D-activated pulp cells., J Dent Res., 80巻, pp. 1653-1659, 2001

著書等出版物

  1. 2005年07月, 歯周組織の細胞移植療法 骨髄間葉系幹細胞を用いた歯周組織再生療法 , クリニカルカルシウム, 2005年, 07, 単行本(学術書), 共著, 藤田 剛 長谷川 直彦 柴 秀樹 中村 茂夫 日野 孝宗 , 6
  2. 2014年, ザ・ぺリオドントロジー第2版 , 第2章 歯周病のリスクファクター 3. 環境因子: 44-45, 4. 宿主因子(3)全身的因子:57-58, 永末書店, 2014年, 教科書, 共著
  3. 2014年, 歯界展望. 第123巻第2号, 特集 天然歯周組織とインプラント周囲組織:歯肉上皮細胞の機能制御による歯周病予防法の開発, 医歯薬出版, 2014年, その他, 単著
  4. 2015年, 歯周病学第2版 歯科衛生士教本(全国歯科衛生士教育協議会監修), I編 3章 ③ペリオドンタルメディシン(歯周医学): 37-38, 医歯薬出版, 2015年, 教科書, 共著, 日本語

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. イルソグラジンマレイン酸を用いた歯肉上皮細胞の機能制御による歯周病予防法開発に対する基礎的研究, 藤田剛, 第53回歯科基礎医学会, 2011年10月, 招待, 日本語
  2. 歯肉上皮細胞の機能制御に着目した歯周病予防法の開発, 藤田 剛, 第28回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い(平成23年度)」, 2012年01月, 招待, 日本語
  3. 藤田剛, 90th The International Association for Dental Research, 2012年06月, 通常, 英語
  4. 歯肉上皮細胞に着目した歯周炎発症メカニズムの解明とその制御, 藤田 剛, 第56回春季日本歯周病学会学術大会, 2013年05月, 招待, 日本語
  5. 歯肉上皮の細胞機能制御に着目した新規歯周病予防法開発の基礎研究, 藤田 剛, 第56回春季日本歯周病学会学術大会, 2013年05月, 招待, 日本語
  6. 接合上皮性付着に着目した歯周病予防法の開発, 藤田 剛, 日本歯周病学会中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部合同研修会, 2013年10月, 招待, 日本語
  7. 藤田 剛, The International Association for Dental Research, 2014年06月26日, 通常, 英語
  8. 藤田 剛, American Academy of Periodontology 102nd Annual Meeting, 2016年09月, 通常, 英語
  9. 教育講演:超高齢社会における歯周病予防法のパラダイムシフト~細菌制御から宿主制御へ~, 藤田 剛, 日本歯周病学会第4回中部地区臨床研修会, 2018年01月, 招待, 日本語
  10. 歯周組織における慢性炎症の制御からセンテナリアン到達へ, 藤田 剛, 第61回秋季日本歯周病学会学術大会, 2018年10月, 招待, 日本語
  11. CBCTから作成した3D模型を歯周組織再生療法に利用した侵襲性歯周炎の一症例, 應原一久, 内田 雄士,水野 智仁,藤田 剛,栗原 英見, 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年05月, 通常, 日本語
  12. 間葉系幹細胞と細胞外基質からなる細胞集塊を用いた新規の他家細胞移植療法の基礎研究, 竹下 慶, 加治屋 幹人, 竹脇 学、小松奈央、本池 総太、藤田 剛、栗原 英見, 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年05月, 通常, 日本語
  13. Optineurinが歯周組織破壊に及ぼす影響, 松井志薫, 水野智仁、松田真司、加治屋幹人、應原一久、藤田剛、栗原英見, 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年05月, 通常, 日本語
  14. Porphyromonas gulae感染糖尿病モデルマウスの歯周炎病態の評価, 芥川桂一, 藤田剛、水野智仁、内田雄士、竹村翼、應原一久、加冶屋幹人、松田真司、栗原英見, 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年05月, 通常, 日本語
  15. 凍結保存が間葉系幹細胞集塊Clumps of MSCs/ECM complexによる骨再生に及ぼす影響, 本池 総太, 加治屋 幹人, 竹下 慶、竹脇 学、岩田 倫幸、武田 克浩、應原 一久、藤田 剛、栗原 英見, 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年05月, 通常, 日本語
  16. 骨髄間葉系幹細胞集塊 Clumps of a MSC/ECM complex (C-MSC)におけるメカノトランスダクションの解析, 小松 奈央, 加治屋 幹人, 竹下 慶, 竹脇 学, 本池 総太, 應原 一久, 武田 克浩, 岩田 倫幸, 藤田 剛, 栗原 英見, 第37回日本炎症・再生医学会, 2016年06月, 通常, 日本語
  17. The effects of optineurin on periodontal tissue destruction, Shinobu Matsui, Noriyoshi Mizuno, Shinji Matsuda, Manabu Takewaki, Masahiro Yamakawa, Mikihito Kajiya, Kazuhisa Ouhara,Katsuhiro Takeda,Tomoyuki Iwata,Tsuyoshi Fujita,Hidemi Kurihara, 94th Annual Meeting of the International Association for Dental Research, 2016年06月, 通常, 英語
  18. Elucidation of the role of NR4A1 in drug induced gingival overgrowth, 岡信 愛, 松田真司、加治屋幹人、藤田 剛、栗原英見, 第49回広島大学歯学会総会, 2016年07月, 通常, 英語
  19. 関節リウマチ患者由来血清の歯周病原細菌Porphyromonas gingivalis表層抗原との反応性について, 應原 一久, 宗永 修一、山川 真宏、濱本 結太、水野 智仁、藤田 剛、栗原 英見, 日本歯周病学会 第8回中国地区臨床研修会, 2016年07月, 通常, 日本語
  20. 下顎前歯部の歯肉退縮に結合組織移植術を行った一症例, 永原 隆吉, 武田 克浩, 小園 知佳, 水野 智仁, 藤田 剛, 栗原 英見, 日本歯周病学会 第8回中国地区臨床研修会, 2016年07月, 通常, 日本語
  21. NR4A1に着目した薬物性歯肉増殖症のメカニズム解明の研究, 岡信 愛, 松田真司、加治屋幹人、藤田 剛、栗原英見, 第58回歯科基礎医学会学術大会, 2016年08月, 通常, 日本語
  22. 3次元培養される骨髄間葉系幹細胞集塊 Clumps of a MSC/ECM complex (C-MSC)におけるYAP/TAZシグナルの解析, 小松 奈央, 加治屋 幹人, 藤田 剛, 栗原 英見, 第58回歯科基礎医学会学術大会, 2016年08月, 通常, 日本語
  23. NR4A1を標的とした薬物性歯肉増殖症の新規治療法の開発, 松田 真司, 岡信愛、加治屋幹人、藤田 剛、栗原英見, 第32回歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い, 2016年09月, 招待, 日本語
  24. Optineurinが骨芽細胞分化に及ぼす影響, 水野智仁, 松田真司、吉本哲也、岩田倫幸、加治屋幹人、應原一久、武田克浩、藤田剛、栗原英見, 第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月, 通常, 日本語
  25. NR4A1に着目した薬物性歯肉増殖症のメカニズム解明の研究, 岡信 愛, 松田真司、加治屋幹人、藤田 剛、栗原英見, 第59回秋季歯周病学会学術大会, 2016年10月, 通常, 日本語
  26. 脳由来神経栄養因子(BDNF)を用いた非外科的歯周治療の基礎研究, 佐々木 慎也, 武田 克浩、竹脇 学、間 悠介、加治屋 幹人、松田 真司、水野 智仁、藤田 剛、栗原 英見, 第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月, 通常, 日本語
  27. コウボクはPorphyromonas gingivalisのmglを介したメチルメルカプタン産生を抑制する, 佐藤陽子, 應原一久 宗永修一 加冶屋幹人 水野智仁 藤田剛 栗原英見, 日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会(第145回), 2016年10月, 通常, 日本語
  28. Clumps of MSCs/ECM complexを用いた新規歯周組織再生療法, 竹脇学, 加治屋 幹人, 竹下 慶, 小松 奈央, 岩田 倫幸, 武田 克浩, 應原 一久, 藤田 剛, 栗原 英見, 第145回秋季日本歯科保存学会学術大会, 2016年10月, 通常, 日本語
  29. コウボクはPorphyromonas gingivalisのmglを介したメチルメルカプタン産生を抑制する, 佐藤陽子, 應原一久 山川真宏 宗永修一 加冶屋幹人 水野智仁 藤田剛 栗原英見, 第55回広島県歯科医学会・第100回広島大学歯学会, 2016年10月, 通常, 日本語
  30. 歯周組織再生を目的とした骨髄間葉系幹細胞集塊の3次元培養によって生じる特異的遺伝子発現の解析, 小松 奈央, 加治屋 幹人, 竹下 慶, 竹脇 学, 本池 総太, 應原 一久, 武田 克浩, 岩田 倫幸, 藤田 剛, 栗原 英見, 第55回広島県歯科医学会・第100回広島大学歯学会, 2016年10月, 通常, 日本語
  31. The C5a involvement in rheumatoid arthritis with P.gingivalis-infection in SKG-mice., 宗永修一, 應原一久 加治屋幹人 武田克浩 内田雄士 水野智仁 藤田剛 栗原英見, 95th General Session & Exhibition of the IADR, 2017年03月, 通常, 英語
  32. YAP/TAZ Signaling in 3D Culture Clumps of a MSC/ECM Complex, 小松 奈央, 加治屋 幹人, 本池 総太 , 竹脇 学,竹下 慶, 應原 一久, 武田 克浩, 岩田 倫幸, 藤田 剛, 栗原 英見, 95th General Session & Exhibition of the IADR, 2017年03月, 通常, 英語
  33. テーブルクリニック:模型を用いたGTR法の実習とエムドゲインについて, 藤田剛, 日本歯周病学会第8回中国地区臨床研修会, 2016年07月, 通常, 日本語
  34. 凍結保存した間葉系幹細胞集塊Clumps of MSCs/ECM complexを用いた新規細胞移植 療法の開発, 本池総太, 加治屋幹人, 竹下 慶, 竹脇 学, 小松奈央, 岩田倫幸, 武田克浩, 應原一久, 水野智仁,藤田剛, 栗原英見, 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年05月, 通常, 日本語, 実験データ
  35. 3次元培養骨髄間葉系幹細胞集塊 Clumps of a MSC/ECM complexの細胞分化を制御するメカノトランスダクション機構の解析, 小松奈央, 加治屋幹人, 本池総太, 竹脇 学, 竹下 慶, 應原一久, 武田克浩, 岩田倫幸, 藤田 剛, 栗原 英見, 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年05月, 通常, 日本語
  36. 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalis感染は補体因子C5aを介して関節炎を 増悪させる, 宗永修一, 應原一久,加治屋幹人, 武田克浩,内田雄士,水野智仁,藤田 剛, 栗原英見, 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年05月, 通常, 日本語
  37. Porphyromonas gingivalis感染関節リウマチモデルマウスにおける腸内細菌叢の解析, 濵本結太, 應原一久,宗永修一,加治屋幹人,水野智仁,藤田 剛,栗原英見, 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年05月, 通常, 日本語
  38. 絹糸結紮による実験的歯周炎マウスモデルにおける接合上皮の経時的変化について, 竹村 翼, 藤田 剛,松田真司,加治屋幹人,内田雄士,芥川桂一,應原一久, 武田克浩,水野智仁,栗原英見, 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年05月, 通常, 日本語
  39. 糖尿病マウスにおいて誘発された歯周炎に対するGlycyrrhizinの抗炎症作用の評価, 第50回広島大学歯学会総会, 芥川桂一, 藤田剛,竹村 翼,應原一久,加冶屋幹人,松田真司,水野智仁, 栗原英見, 2017年06月, 通常, 日本語
  40. 糖尿病マウスにおいて誘発された歯周炎に対するGlycyrrhizinの抗炎症作用の評価, 芥川桂一, 藤田 剛, 竹村 翼, 應原一久, 加冶屋幹人, 松田真司, 水野智仁, 栗原英見, 第38回日本炎症・再生医学会, 2017年07月, 通常, 日本語
  41. 3次元培養骨髄間葉系幹細胞集塊 Clumps of an MSC/ECM complexの細胞分化を制御するメカノトランスダクション機構の解析, 小松奈央, 加治屋幹人, 藤田 剛, 栗原英見, 第59回歯科基礎医学会学術大会, 2017年09月, 通常, 日本語
  42. Clumps of a mesenchymal stem cell/extracellular matrix complex induces periodontal tissue regeneration, 竹脇 学, 加治屋幹人, 武田克浩, 佐々木慎也, 本池総太, 小松奈央, 松田真司, 應原一久, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 第12回アジア太平洋歯周病学会, 2017年09月, 通常, 英語, 大韓民国ソウル
  43. Effects of brain-derived neurotrophic factor (BDNF) as an adjunct to non-surgical periodontal treatment on ligature-induced periodontitis in dogs, 佐々木慎也, 武田克浩,竹脇 学,加治屋幹人,松田真司,水野智仁,藤田 剛, 栗原英見, 第12回アジア太平洋歯周病学会, 2017年09月, 通常, 英語, 大韓民国ソウル
  44. Elucidation of the role of NR4A1 in CsA induced gingival overgrowth, 岡信 愛, 松田真司, 加治屋幹人, 藤田 剛, 栗原英見, 第12回アジア太平洋歯周病学会, 2017年09月, 通常, 英語, 大韓民国ソウル
  45. 脳由来神経栄養因子(BDNF)を用いた非外科的歯周治療に関する組織学的研究, 佐々木慎也, 武田克浩,竹脇 学,應原一久,加治屋幹人,松田真司,水野智仁,藤田 剛,栗原英見, 第101回広島大学歯学会, 2017年10月, 通常, 日本語, 広島市
  46. FimA typeの異なるPorphyromonas gingivalis口腔投与が関節リウマチモデルマウスへ与える影響, 濵本結太, 應原一久,久恒順三,宗永修一,加治屋幹人,水野智仁,藤田 剛, 菅井基行,栗原英見, 第101回広島大学歯学会, 2017年10月, 通常, 日本語, 広島市
  47. コウボクはPorphyromonas gingivalis mgl を介したメチルメルカプタン産生を抑制する, 佐藤陽子, 應原一久, 新谷智章, 北川雅恵, 小川郁子, 加冶屋幹人, 水野智仁, 藤田 剛,  栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語, 京都市
  48. FimA typeの異なるPorphyromonas gingivalis口腔投与が関節リウマチモデルマウスへ与える影響, 濵本結太, 應原一久, 宗永修一, 加治屋幹人, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語, 京都市
  49. 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalis感染により増加した補体因子C5aが関節炎に 及ぼす影響, 宗永修一, 應原一久, 加治屋幹人, 武田克浩, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語, 京都市
  50. 歯周炎を誘発した糖尿病モデルマウスに対するGlycyrrhizinの作用について, 芥川桂一, 藤田 剛, 竹村 翼, 應原一久, 加冶屋幹人, 松田真司, 田利美沙子, 水野智仁, 栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語, 京都市
  51. 間葉系幹細胞集塊Clumps of MSCs/ECM complexesは歯周組織再生を促進する, 竹脇 学, 加治屋幹人, 武田克浩, 佐々木慎也, 本池総太, 小松奈央, 松田真司, 應原一久, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語, 京都市
  52. 脳由来神経栄養因子(BDNF)を用いた非外科的歯周治療に関する組織学的研究, 佐々木慎也, 武田克浩, 竹脇 学, 應原一久, 加治屋幹人, 松田真司, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語, 京都市
  53. 実験的歯周炎マウスにおける海馬領域の炎症反応, 古玉大祐, 松田真司, 藤田剛, 山脇洋輔, 加治屋幹人, 畑野紗希, 岡信 愛, 水野智仁,兼松 隆,栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語, 京都市
  54. エピカテキンは歯肉線維芽細胞─マクロファージ相互作用による過剰な炎症反応を抑制する, 眞田 大樹,, 松永 紘明,佐野 朋美,竹村 翼,藤田 剛,栗原 英見, 西村 英紀, 日本歯周病学会60周年記念大会, 2017年12月, 通常, 日本語, 京都
  55. Porphyromonas gingivalis 感染関節リウマチモデルマウスにおける腸内細菌叢の変化が 関節炎 増悪に与える影響, 濵本結太,應原一久,宗永修一,加治屋幹人,水野智仁,藤田剛,栗原英見, 第61 回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年06月, 通常, 日本語
  56. 絹糸結紮による実験的歯周炎マウスモデル歯周組織における細胞応答の経時的変化, 竹村翼,藤田 剛 松田真司 加治屋幹人 芥川桂一 田利美沙子 應原一久 武田克浩 水野 智仁 栗原英見, 第61 回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年06月, 通常, 日本語
  57. 薬物性歯肉増殖症における NR4A1 の役割, 畑野紗希,松田真司 岡信 愛 加治屋幹人 古玉大祐 應原一久 水野智仁 藤田 剛 栗原英 見, 第61 回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年06月, 通常, 日本語
  58. 絹糸結紮実験的歯周炎マウスモデルにおける接合上皮の経時的解析, 竹村翼,藤田 剛,松田真司,加治屋幹人,芥川桂一,應原一久,武田克浩,水野智仁,栗原 英見, 第51 回広島大学歯学会総会(, 通常, 日本語
  59. Cryopreserved clumps of mesenchymal stem cell/extracellular matrix complexes retain osteogenic capacity and induce bone regeneration, 本池総太,加治屋幹人 小松奈央 竹脇 学 堀越 励 松田真司,應原一久 岩田倫幸 武田克浩 水野智仁,藤田 剛 栗原英見, 第51 回広島大学歯学会総会(, 2018年06月, 通常, 日本語

受賞

  1. 2012年09月23日, 2012年度 日本歯周病学会 学術賞, 特定非営利活動法人日本歯周病学会理事長, 歯肉上皮の細胞機能制御に着目した新規歯周病予防法の開発の基礎研究
  2. 2011年10月01日, 第23回歯科基礎医学会賞, 歯科基礎医学会 理事長 上西 秀則, Irsogladine maleate regulates neutrophil migration and E-cadherin expression in gingival epithelium stimulated by Aggregatibacter actinomycetemcomitans.
  3. 2011年, 平成23年度 日本歯科保存学会奨励賞
  4. 2008年, 第11回 広島大学歯学部同窓会賞

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本歯周病学会 評議員, 2015年04月, 2016年03月
  2. 日本歯周病学会  医療委員, 2015年04月, 2016年03月
  3. 日本歯周病学会 ペリオドンタルメディシン委員, 2015年04月, 2016年03月
  4. 日本歯周病学会 JDCP歯周病ワーキンググループ委員, 2015年04月, 2016年03月
  5. 日本歯科保存学会 編集連絡委員, 2015年04月, 2016年03月
  6. 評議員, 2016年04月, 2017年03月, 日本歯周病学会
  7. ペリオドンタルメディシン委員, 2016年04月, 2017年03月, 日本歯周病学会
  8. 医療委員, 2016年04月, 2017年03月, 日本歯周病学会
  9. ペリオドンタルメディシン委員, 2017年04月, 2018年03月, 日本歯周病学会
  10. 学会ありかた委員会 委員, 2017年04月, 2018年03月, 日本歯周病学会
  11. 日本歯周病学会 会計幹事, 2017年04月, 2018年03月
  12. 日本歯周病学会 評議員, 2017年04月, 2018年03月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. テレビ出演 HOME Jステーション「カラダ健康塾」, テレビ出演 HOME Jステーション「カラダ健康塾」, テレビ出演 HOME Jステーション「カラダ健康塾」, テレビ出演 HOME Jステーション「カラダ健康塾」, 2016年/02月/24日, 2016年/02月/24日, テレビ出演 HOME Jステーション「カラダ健康塾」, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  2. 第285回糖尿病教室, 糖尿病と歯周病, 広島県糖尿病協会, 2016年/04月/23日, 2016年/04月/23日, 講師, その他, 社会人・一般
  3. 南区地域医療医歯薬連携研修会, 医歯薬連携のための歯周病学「歯周治療から健康増進を考える」, 広島市南区医師会/広島市南区歯科医師会/広島市南区薬剤師会, 2016年/11月/14日, 2016年/11月/14日, 講師, 講演会, 学術団体

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, その他, 10